Agile Cat — in the cloud

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!

Posted in .Selected, Big Data, Google, Open Graph by Agile Cat on February 19, 2013

Larry Page on Google’s Knowledge Graph: ‘We’re still at 1% of where we want to be’
http://wp.me/pwo1E-5FG

January 22, 2013 – John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/01/22/larry-page-on-googles-knowledge-graph-were-still-at-1-of-where-we-want-to-be/

_ VB Big Data

Google’s Knowledge Graph has a long, long way to go. At least according to Google CEO Larry Page.

Google の Knowledge Graph は、まだまだ先の長い話である。 少なくとも、Google の CEO である Larry Page は、そう考えている。

“We’re still in the early stages,” Page said on Google’s fourth-quarter 2012 earnings call. “We’re still at 1 percent of where we should be.”

『 私たちは、まだ、アーリー・ステージにいる。 そして、達成すべきことの、まだ 1% にしか届いていない 』と、Google の 2012年 Q4 収支説明会で Page は発言している。

 クリックで拡大 ⇒

Knowledge Graph is Google’s attempt to provide answers beyond simple keywords and queries. Answers, for instance, that an intelligent person or entity might provide and that demonstrate some degree of understanding of the concepts behind the questions.

Knowledge Graph は、シンプルなキーワードとクエリーを超えたレベルで、答えを提供しようとする Google の試みである。 たとえば、知的な人材や実体が回答するようなものとなり、また、問題の背景となる概念を、いくつかの視点から理解させていく。

In order to do that, Google has assembled a massive and growing “semantic network” of at least 570 million objects and 18 billion facts about and relationships between them, from sources such as the CIA World Factbook, Wikipedia, and Freebase, an entity graph of “people, places, and things” that is built the same way Wikipedia is: by interested volunteers.

それを実現するために Google は、少なくとも 5億7000万のオブジェクトと、実在している 180億のファクト、そして両者のリレーションシップの中で、成長し続ける膨大な Semantic Network を組み上げていくことになる。そのための情報源は、CIA World Factbook や、Wikipedia、Freebase などであり、そこに 『 People、Places、Things 』の Entity Garaph が加えられる。 なお、この Entity Graph は、Wikipedia と同じ方式により、つまり、興味を持つボランティアにより、構築されていく。

Those facts about things like “Lamborghini Countach,” “bike,” or “cat” — and the connections between them =– are what Google hopes to use to improve search results and make searching more natural, similar in some ways to how Wolfram Alpha and Siri work, at least in their limited contexts. Ultimately, the Star Trek experience would be nice: simply asking computers natural questions.

サーチ結果を改善するために Google が活用したいものはたとえば、“Lamborghini Countach”、“bike”、“cat” といった Things に関するファクトと、それらの関係となる。 そして、少なくとも限定された背景の中で、たとえば Wolfram Alpha や Siri が動くようなかたちで、より自然なサーチを作り上げていく。 究極的には、コンピュータに対して自然に質問するような、Star Trek エクスペリエンスが望まれるだろう。

That’s critical for Google, as Page acknowledged in a rare well-duh moment, saying that ”getting people correct answers is really important for our business.” But he also laid a finger on one of Google’s biggest challenges with Knowledge Graph: internationalization, saying that it was “hard work.”

当然のことのように、『 人々のために正しい答えを得ることが、私たちのビジネスとって、本当に重要なことである』と、珍しくも Page が素早く認めたのは、それが Google にとって、きわめて重要なことだからである。 さらに、彼は、Knowledge Graph を用いた、Google における大きなチャレンジにも目を向けている。 それは、Internationalization であり、きわめて「困難な仕事」であると発言している。

However, if humanity ever develops something that approaches artificial intelligence, it’ll probably be from something like Google Knowledge Graph. Perhaps when Page and team are at something like 75 percent.

しかし、もし人類が、人工知能にアプローチするために、何かを開発していくなら、Google Knowledge Graph のようなものから、始まっていくと思われる。 おそらく、Page のチームが 75% のレベルに達したとき、それが始まるのだろう。

ーーーーー

TAG indexFacebook に Open Graph があるなら、Google には Knowledge Graph があるというわけですね。この二社のような、他とは一線を画する、きわめて膨大なデータを蓄積しているサイトが、この方向へと向かうのは、とても自然なことだと思います。そして、それを実現するために、ハードウェア・インフラの進化も大きく寄与すると推測します。 先日の Open Compute の抄訳にある 『 サーバーの中でラックを走らせる 』という、Intel の 100 GBit 光コネクタなどが実用化されるにつれて、スタートレックへの道筋も見えてくるように思えます。でも、その前に、セマンティック Web の具体化であり、Web 3.0 への回答なんでしょうね。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Facebook が Open Graph アクションをアップデート
Facebook – Open Graph Beta の概説

Wikipedia や WordPress など、1500 以上のサイトが Anti-SOPA でブラックアウトした

Posted in .Chronicle, Government by Agile Cat on January 24, 2012

Wikipedia, WordPress & 1,500+ Sites to Blackout Tomorrow in Protest: SOPA/PIPA
http://wp.me/pwo1E-3Qe
By
Rania Eldekki
Posted in In the News on January 17, 2012
http://blog.hudsonhorizons.com/Article/Wikipedia-Wordpress-to-Blackout-Tomorrow-in-Protest-SOPA-PIPA.htm

image

1月24日に予定されていた SOPA 法案に関する投票が、見送りになったというニュースが入ってきたのは、日本時間の 21日(土)の朝でした。 Agile_Cat としても速報をと思い、L.A. Times、RT、Gigaom の記事から抜粋をまとめ、ポストしたのが 午前 8時過ぎです。ともあれ良かったと、安堵しましたが、いろいろと調べているうちに、WikiPedia をはじめとする Web サイトの、ブラックアウトまでも含む徹底的な抗議が、世論を大きく動かしたという報道が気になって来ました。

imageそして、いったい、どれだけの Web サイトが抗議行動に出たのかと調べてみたところ、SOPA Strike というサイトで一覧が見つかりました。 主だったところでは、Google/Wikipedia/reddit/Mozilla/WordPress/Tumblr/Vimeo/Flickr/4chan/Wired などですが、その他にも、たくさんのサイトがリスト・アップされています。

また、以下に抄訳を掲載するのは、Hudson Horizontal というサイトのコンテントであり、アメリカ時間で 17日にポストしたと書かれています。 と言うわけで、SOPA 法案への投票が見送られる前の、これからブラックアウトに入るぞというタイミングでの記事ですが、Wikipedia や Mashable の力強いメッセージが掲載されています。

どのようなサイトが、なぜブラックアウトに突入したのか、その辺りの経緯を共有できればと思います。 ーーー __AC Stamp 2

___space

ーーーーー 以下 抄訳です ーーー

This Wednesday, January 18th 2012, hundreds of websites will blackout as part of a strike against the proposed anti-piracy laws in the US.

この水曜日には、つまり 2012年1月18日には何百という Web サイトが、アメリカ合衆国において提案されている、反海賊行為法案に対するストライキの一貫としての、ブラックアウトに突入するだろう。

The Stop Online Piracy Act (SOPA) and the Protect Intellectual Property Act (PIPA) are bills currently being considered by legislation that many have opposing views on.

Stop Online Piracy Act (SOPA)と Protect Intellectual Property Act(PIPA)は、現時点において法制化が検討されており、また、それに対して多数の反対意見が渦巻いている。

On one hand, SOPA and PIPA supporters, including those in the music and movie industries, see the bills as a way to crack down on online content theft.

音楽や映画といった産業を含む SOPA と PIPA 支持者たちは、この法案について、オンライン上のコンテント泥棒を厳しく取り締まる法律だとみなしている。

On the other hand, SOPA and PIPA critics, including Internet companies Google, Facebook and Wikipedia, believe the bills will encourage censorship of online content and harm technological innovation.

その一方で、インターネット企業である GoogleFacebook、そして Wikipedia を含む、SOPA/PIPA に反対する勢力は、この法案は、オンライン・コンテントの検閲を奨励し、テクノロジー・イノベーションに打撃を与えるものだと信じている。

If enacted, SOPA/PIPA could have disastrous consequences for the basic infrastructure of the Internet. It would afford the Federal government and copyright holders excessive and far-reaching powers to take down sites they deem to be hosting protected content with little regard for the definition of "hosting." -Mashable

もし、法制化されるなら、SOPA/PIPA はインターネットのインフラに対して、破壊的な結果をもたらす可能性がある。 つまり、連邦政府と著作権者に対して、広範囲におよぶ過度の権力を与えることになる。 そして、「ホスティング機能」という定義をあまり考慮することなく、規制の対象になるコンテントをホストしていると思われるサイトを、解体してしまうだろう。 -Mashable

Even more frightening: If enacted, SOPA would make unauthorized streaming of copyrighted content a criminal offense, with a maximum penalty of five years in prison if a user gets caught streaming this content 10 times within six months

さらに恐るべきことは:この法案が制定されると、コピーライト付きのコンテントを、6カ月以内に 10回、無断でストリーミングしたユーザーが逮捕されると、最長で 5年の禁固刑という犯罪を、この SOPA が作り出すことである。

Internet Blackout?

Wikipedia, WordPress, Reddit, Twitpic, Mozilla and 1,500+ other websites plan to take part in a blackout tomorrow, January 18th, in which participating sites will either be unavailable from 8am to 8pm or for a full 24 hours in protest.

Wikipedia/Wordpress/Reddit/Twitpic/Mozilla などの、1,500 を超える Web サイトが、それに対する抗議として 1月18日に、午前 8時から午後 8時まで、あるいは 24時間のフルタイムで、それぞれのサイトを利用できなくするブラックアウトを計画している。

Jimmy Wales, co-founder of Wikipedia, recognizes that the decision to shut down Wikipedia is an "extraordinary" action, however, he feels it necessary in response to the proposed bills, which, "if passed, will harm the free, secure, and open Internet. These bills endanger free speech both in the United States and abroad, setting a frightening precedent of Internet censorship for the world."

Wikipedia の Co-Foounder である Jimmy Wales は、Wikipedia のシャットダウンという、「尋常」ではない行動に出ることを決定したが、この法案への抗議として、それが必要だと感じているようだ。「この法案が議会を通過すると、自由で、安全で、オープンなインターネットが阻害されるだろう。 そして、世界中のインターネットに対して、検閲をという怖ろしい前例をもたらし、アメリカの国内・国外を問わず、言論の自由を危険にさらすことになる」と、発言している。

ーーーーー

TAG index実は、Agile_Cat も WordPress の Stop Censorship キャンペーンに参加しているのですが、それを知ったのは、18日のブラックアウトの後というマヌケさで、とても残念という思いでいっぱいす。 だた、このキャンペーン自体は、投票予定日である 24日まで続くということなので、遅ればせながら Stop Censorship リボンを貼っています。

そして、力が入っているなぁ~~~ と思わせるのが、この WordPress の対応ぶりで、Admin 画面のメニューから [ Protest SOPA/PIPA ] を選ぶだけで、そのために作られた専用の画面にジャンプします。 この画面で、ラジオボタンを選択するだけで、ブラックアウトもリボンの表示も完了します。

たしか、今では 2000万以上の WordPress サイトがあると聞いています。 その内の、いったいどれだけのブロガーたちが、この Stop SOPA キャンペーンに参加したのでしょうかね? そのうち、もっと詳しい情報が提供されると思いますが、ものすごい数の Stop Censorship リボンにより、SOPA への抗議が繰り広げられているはずです。

もちろん、前述のとおり、Google でも、Tumblr でも、Flickr でも、Wired でも、こうした Anti-SOPA のキャンペーンが展開されています。 そして、ほとんどのサイトが、広告に依存してはいても、特定の広告主の顔色を伺わなくても良いという、そんな状況になっていることも見落とせない事実です。

この、2012年1月の出来事は、インターネットに生きる企業や、ごぐごく普通に生きる人だちが、政治の世界と従来からの産業の世界と対峙し、真っ向から意見をぶつけることで自由を勝ち得たという、歴史的な意味を持つのかも知れませんね。ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

SOPA の投票は延期! Freedom of Internet は勝利したのか?
SOPA は 止まったのか? – オバマ政権が反対を表明
CES も明言 NO SOPA
最新の Chrome Extension で、SOPA 支援者を炙り出せ
SOPA 法案の米議会通過は、インターネットに死をもたらす?
ネット規制法案 SOPA:反対する企業、賛同する企業、賛同をやめた企業

 

%d bloggers like this: