Agile Cat — in the cloud

Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った

Posted in .Selected, Asia, Google by agilecat.cloud on November 19, 2015
Google parent Alphabet may open units in China: WSJ
AFP – Oct 30, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-parent-Alphabet-may-open-units-in-China-WSJ/articleshow/49591608.cms
 
_ Times of India
 
 WASHINGTON: Google parent Alphabet may do business in China following the reorganization of the technology giant, co-founder Sergey Brin said in an interview Thursday.
 
WASHINGTON: Google の親会社である Alphabet は、このテック・ジャイアントを再編するという目的を持つが、その後には China でビジネスに取り組むだろうと、Co-Founder である Sergey Brin が、木曜日(10/29)のインタビューで語っている。
 
Sergey BrinFlickr
TED Conference
 
Brin, who is president of Alphabet, told the Wall Street Journal that the new organizational structure would allow each unit autonomy on the matter.
 
Alphabet の President である Brin は、この新しい組織構造により、それぞれのユニットが自主性を持つことになり、問題を解決していくだろうこと、Wall Street Journal に対して述べている。
 
“Each Alphabet business can make its own decisions on which countries to operate in,” Brin was quoted as saying. “We already do quite a lot of business in China, although it has not been an easy country for us.”
 
Brin の言葉を引用すると、「Alphabet の子会社は、それぞれの国における、それぞれの運営に関して、独自に意思決定していける。これまでも、China では多様なビジネスに取り組んできたが、私たちにとって容易に参入できる国ではなかった」となる。
 
Google ended most operations in China in 2010 in a dispute over censorship and an attack on Gmail users. It does sell ads to businesses in China, but Google services are not officially available in the country.
 
Google は 2010年の時点で、検閲をめぐる論争や、Gmail ユーザーへの攻撃を理由に、China 市場から全面撤退したという状況にある。例外として、China での広告販売は継続されているが、Google 自身のサービスは、同国内においてオフィシャルに展開されていない。
 
Earlier this month, Google bought a stake in Chinese artificial intelligence startup Mobvoi which is aiming to develop smart wearable technologies. The two firms previously announced an agreement earlier this year to bring the Google Android Wear operating system to China.
 
10月の初めに Google は、China でスマート・ウェアラブル・テクノロジーを開発している、Mobvoi という AI スタートアップの株式を取得している。 そして両社は、China マーケットに Google Android Wear OS を持ち込むという合意に、今年の初めの段階で達していたと発表している。
 
Google in August announced its plan to reshape under the newly formed parent company. The move gives the tech giant more ability to focus on its core business, while offering startup-like flexibility to long-shot, trailblazing projects.
 
そして、この 8月に、Google がアナウンスしたのは、新たに作られた Alphabet の下で、自身を再編していくための計画である。こうした変革により、このテック・ジャイアントは、自身のコア・ビジネスに集中できるようになる。また、その一方では、先駆的なプロジェクトをロング・レンジで狙っていく、スタートアップのような柔軟性も手にすることになる。
 
Alphabet will be the corporate parent, overseeing the Google unit for search and a handful of other operating firms created for projects in health, Internet delivery, investment and research.
 
Alphabet は、検索という役割を担う Google を、親会社として統括していく。 それだけではなく、その傘下には、ヘルスケア/インターネット配信/投資/研究などを担当する、いくつかの企業も含まれている。
 
ーーーーー
google-55a2015年 Q3 の決算報告が終わったところで、Google のトップたちは、Alphabet の具体的な役割について説明していこうと判断したのでしょう。 この、Sergey Brin へのインタビューとは別に、Larry Page の発言をマトメたものも用意していますので、近々にポストする予定です。 このインタビューを読んでみて感じたのは、たとえば Nest のようなプロダクトで中国市場に参入するとしたら、Google とは異なるポリシーで接する方が、より柔軟に対応していけるだろうという点です。Google が検索に課しているポリシーと、中国政府の政策にの間には、決して埋まることのない溝があるはずです。 そして、このギャップが他のビジネスを阻害する要因になってしまっては、あまりにも不合理という判断が、Google のトップたちの間で共有されたとしても、決して不思議ではありません。考えてみれば、Google と中国政府が激突した 2010年から、すでに5年の歳月が流れているわけであり、その間にプロダクト・ラインの幅も、大きく広がっているのです。 Google と中国というより、Alphabet と中国という切り口で、このテック・ジャイアントは、どのようにビジネスを展開していくのでしょうか? そう考えると、とても興味深いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:Smart Home の普及率を1枚のチャートで!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

Comments Off on Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った

Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile, Strategy by agilecat.cloud on November 18, 2015
Google’s mobile search just got a boost from Facebook
Jillian D’Onfro – Nov 17, 2015
http://www.businessinsider.com/googles-mobile-search-just-got-a-boost-from-facebook-2015-11
 
_ Business Insider
 
 Facebook just gave Google a nice boost in its quest to make search more useful on your smartphone. Facebook has begun allowing Google’s search engine to crawl and to index The Big Blue app, The Wall Street Journal reports.
 
Facebook から Google に、いま以上にスマホ検索を便利にするための、ステキな回答が手渡された。 The Wall Street Journal のレポートによると、The Big Blue アプリをインデックス化し、Google 検索エンジンによるクロールを許可するという、Facebook の判断がくだされたようだ。
 
Google with Facebook 3Google searches from Android smartphones will now display information from public Facebook profiles, Pages, Groups, and Events, and if a user clicks on a Facebook link, they’ll be directed to the right place within Facebook’s app.
 
それにより、Android スマホの Google 検索から、Facebook でパブリックになっている Profile/Page/Group/Event などを、探し出せるようになった。 つまり、それらの Facebook へのリンクをタップすると、Facebook アプリ内の適切なコンテントへとジャンプできるのだ。
 
This practice of making apps searchable in such a way that they launch to specific pieces of content via search is called “deep linking.” Google has been trying to convince all developers to index their apps to make it possible. If they don’t, Google’s mobile searches are much less useful (which could ultimately leads to fewer ad dollars from smartphone searches).
 
このような方式で、アプリを検索しようとする、Deep Linking と呼ばれる試みは、コンテントの特定部分を検索することで実現される。Google はデベロッパーたちに対して、彼らのアプリも Deep Linking インデックスに対応するよう説得している。この呼びかけに応じてもらえないと、Google のモバイル検索は、有用なものになれないのだ(つまり、スマホ検索から得られる広告費が増えていかない)。
 
Google has already convinced many other apps to index themselves for deep linking, too— the company says it has 100 billion app deep links total from upwards of 1,000 apps (all on Android). However, it’s not always the easiest sell: Deep linking can take up as much as 5% of the time it takes to develop an app, Alex Matjanec of ad agency AD:60 told Bloomberg earlier this year.
 
すでに Google は、数多くのサードパーティ・アプリが、この Deep Linking インデックスに対応したと確信している。さらに、同社の発言によると、1000本以上の Android アプリから、1000億ほどの Deep Link を得ているようだ。しかし、広告代理店である AD:60 の Alex Matjanec が、今年の初めに Bloomberg に語ったところによると、この方式により、広告の売上が、一挙に増大するわけでもない。なぜなら、Android アプリに Deep Linking を組み込むことで、5% ほどの開発時間が上乗せされるからだ。
 
This cooperation between the two tech giants also comes not long after Facebook revamped its own search function. That content — posts and photos that users see while they are logged in — still won’t be searchable through Google search, mobile or otherwise. Google’s search engine is not getting any additional Facebook content from this feature that it wasn’t getting on desktop search previously.
 
Facebook が独自の検索機能を刷新すると、このテック・ジャイアント同士の協力関係も、変化していくだろう。実際のところ、ユーザーが Facebook にログインしている状態であっても、このソーシャル上のポストやフォトを、Google を介して検索することは不可能だ。Google の検索エンジンが、Deep Linking インデックスを活用するにしても、Facebook 上の詳細なコンテントは取得できていない。それは、これまでのデスクトップ検索でも、実現されていないのだ。
 
For Facebook, allowing Google to start crawling its app might not have been an agonizing decision. If more people find their way onto Facebook through Google searches on mobile, that’s free traffic. And once they’re there, perhaps they’ll be distracted by the other content and stay even longer. Earlier this year, when Google announced on its earnings call that Etsy was seeing more traffic because of deep links in mobile search, stock of the arts-n-craft site exploded.
 
Facebook にとって、Google にアプリ・クロールを許可することが、それほど難しい判断になるとは思えない。まず、Google のモバイル検索を介して、より多くの人々が Facebook に到達するのであれば、そのトラフィックは無償で得られるものとなる。そして、Google 検索から Facebook に入ってきたユーザーは、他のコンテントにも興味を示すだろうし、長時間の滞在になる可能性もあるのだ。今年の初めの収支報告会において、Etsy のトラフィックが伸びていると、Google がアナウンスしたのは、モバイル検索の Deep Linking により、この arts-n-craft サイトの株価が急騰していたからである。
 
But the move is still fairly surprising considering how the two companies are starting to become bigger and bigger rivals as they fight for ad dollars, video views, and even the spread of connectivity.
 
ともあれ、この両社が、広告売上とビデオ・ビューにおいて、さらにはコネクティビティの普及方式において、巨大なライバル同士として戦っていることを考えると、今回の動きは、驚きに値する出来事である。
 
SEE ALSO: Power players: the most important Facebook execs you’ve never heard of
 
ーーーーー
facebookとても興味深い、展開ですね! 背景として、いろいろなことが考えられますが、一番に挙げられるのは、Facebook のモバイル広告戦略が確立され、強固なものに成長していることです。 それにより、Google に侵略されない領域が確保できたと、Facebook は判断しているのでしょう。 ただし、Google+ ほどに、Deep Linking インデックスを作り込んでいないのは、まだ様子見の状況だからだと推測できます。また、Facebook を見下していた(と思われる)Larry Page と Sergey Brin から、Sundar Pichai へと代替りしたことも、この提携の大きな要因になっていると考えられます。 さらに言えば、Apple の広告ブロックに対抗するという目論見が、両社で共有されているのも確かです。 Apple としては、Google と Facebook が連携することは無いという前提で、あらゆる戦略を考えてきたはずなので、なんらかの見直しが行われる可能性もありますね。 ーーー 今回の提携により、いろいろな影響が生じるはずなので、このトピックは追いかけ続けたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される!
Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!
 

Comments Off on Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on October 30, 2015
Google killing Chrome OS and building it into Android
Jacob Kastrenakes – October 29, 2015
http://www.theverge.com/2015/10/29/9639950/google-combining-android-chromeos-report
  
_ verge
 
Google’s two operating systems will soon be one. Chrome OS is going to be combined with Android, and the combined OS could be revealed as soon as next year, according toThe Wall Street Journal. The Journal reports that Chrome is essentially being folded into Android, because Android has emerged as the dominant operating system by quite a long stretch. Combining the two operating systems means setting up Android to run on laptops and desktop computers, which would require big changes, as well as supporting the Google Play Store. Chromebooks will reportedly receive a new name to reflect the new OS.
 
Google の 2つのオペレーティング・システムが、近々に一体化しそうだ。The Wall Street Journal によると、Chrome OS が Android に統合され、一体化した OS が来年の早い時期に登場するという。長い期間を経て Android が、支配的な OS として認識されてきたので、Chrome が Android に取り込まれるというのが基本的な路線になると、同誌はレポートしている。この 2つの OS が統合されるということで、ラップトップやデスクトップの PC でも、Android が走ることになる。それは、大きな変化になるばかりか、Google Play Store のサポートにも絡んでくる。伝えられるところによると、Chromebook というブランドには、新しい OS にちなんだ名前が付けられるという。
 
Acer-Chromebook-15The Verge has independently confirmed that Chrome OS and Android will combine, with a preview likely to be demonstrated at Google I/O next year. The move marks an effort at Google to reduce the number of independent platforms it has to maintain, sources said.
 
The Verge が独自に調べたところでは、Chrome OS と Android を統合したものが、来年の Google I/O でプレビューされる可能性が高い。Google はプラットフォーム数を減らすことで、メンテナンスの省力化を推進するというのが、この移行の目的であると、情報源は発言している。
 

<関連 > Chrome OS を終わりにしたい、Google の事情が見えてくる、1枚のチャートとは?

The new operating system is expected to be released sometime in 2017. While this is a major and somewhat surprising move — Chromebooks have been fairly successful and are a great low-cost computer option — it’s easy to see how Google got here. Sundar Pichai, who’s now leading Google, was put in charge of both Chrome and Android two years ago, and he’s made moves to bring the two operating systems closer in that time. That includes adding support for Android apps inside of Chrome OS. Though support is still limited, some Android apps are up and running on Chromebooks. Google also revealed a convertible Android laptop last month, called the Pixel C. Now, it seems like that’s just an early sign of what’s to come. Google declined to comment.
 
この新しい OS は、2017年のどこかのタイミングでリリースされるはずだが、この大規模な方針変更には、少し意外な感じがつきまとう。なぜなら、Chromebook は、それなりに成功をおさめ、きわめて低コストなコンピュータという選択肢を提供しているからだ。とは言え、Google の方針変更について、その脈略をたどっていくのは容易だ。いまの Google を率いる Sundar Pichai は、二年前から Chrome と Android の両方を担当している。そして、この 2つの OS を近づけるという方針で、その職務を推進してきた。その中には、Chrome OS 上での、Android アプリのサポートも含まれていた。それは、依然として限定的なものであるが、いくつかの Android アプリが Chromebook 上で走っている。さらに Google は、Pixel C と呼ばれる、Android のコンバーチブル・ラップトップを、先月に発表している。いまになって考えてみると、それが今回の兆候だったように思える。なお、この件に関して、Google はコメントを控えている。
 
ーーーーー
google-55aChromebook と Android を使っている Agile Cat としては、率直なところで、なぜ別々なのかという疑問がありました。文中にもあるように、たとえば Evernote の Android アプリは Chromebook でも走ります(でも、何かが中途半端)。さらに言えば、Chrome for Android では、Extension が動かないので、それも不便でした。 そして、Pixel C が出てくるなら、Chromebook の存在意義が無くなるのでは、と思っていたところでした。 なんか、すっきりして、イイですね! あっ、それはともかく、2万円台で買った、HP の Chromebook を、ちゃんとアップデートしてくださいね 〜〜〜  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
富士通 が Google と提携: 企業向けのフル・マネージドを Chromebook 上で実現!
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
 

Comments Off on Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!

Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?

Posted in Advertising, Amazon by Agile Cat on October 11, 2014

It Looks Like Amazon Wants To Go After Google’s Ad Business
http://wp.me/pwo1E-7Wv
Ramkumar Iyer, Reuters – Aug. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-advertising-2014-8

_ Business Insider

(Reuters) – Amazon Inc is planning to develop its own software for placing advertisements online, The Wall Street Journal reported, citing people with knowledge of the matter.

Amazon Inc が、オンライン広告を展開するための、独自ソフトウェアの開発を計画していると、この件に詳しい人々の言葉を引用する形で、The Wall Street Journal がレポートしている。

Getty / Scott Olson

While the in-house platform is initially planned to replace ads supplied by Google Inc on Amazon’s own website, the new system could challenge Google and Microsoft Corp’s advertising business in the future, the newspaper cited the people as saying.

この、内製プラットフォームは、Amazon 自身の Web サイトに供給される、Google からの広告を置き換えるために当初は計画されてたが、将来的には Google や Microsoft Corp などの広告ビジネスに挑戦していくだろうと、その情報筋の言葉を WSJ は引用している。

Amazon’s system would resemble Google’s AdWords, and is planned to make it easier for marketers to reach the company’s users, the newspaper reported the people as saying. The retailer is also building a tool that would help advertising agencies buy in bulk for thousands of advertisers, the Journal said, citing the people. (http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

この Amazon システムは、Google の AdWords に似たものであり、マーケティング担当者たちが、同社のユーザーに容易にリーチできるように計画されている。 そして、このリテーラーは、広告主のためにバルクで広告枠を購入する代理店にとって、役立つだろうツールを構築していくと、WSJ は述べている。(http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

Amazon is known as a sleeping giant in the ad industry because it has rich consumer data but has been tentative about using it for a lot of advertising. The company already has an advertising service it employs chiefly on its own website.

Amazon は、リッチなカスタマー・データを持っているため、広告業界における眠れる巨人として認識されているが、それらの情報を大規模な広告のために使用することをためらっている。すでに同社は、自身の Web サイト上で、主として従業員を対象とした広告サービスを提供している。

Amazon did not immediately respond to requests for comment.

この件について、Amazon にコメントを求めたが、回答は得られていない。

(Reporting by Ramkumar Iyer in Bangalore; Editing by Leslie Adler)

More from Reuters:


Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

This article originally appeared at Reuters. Copyright 2014. Follow Reuters onTwitter.

ーーーーー

Amazon のビジネスを一言で表現するなら、IT を用いた物販と流通の効率化というものになるのでしょう。 しかし、物を取り扱うだけに、どうしても人手に頼らざるを得ないという側面も持ちます。その点、デジタル広告の世界では、ビットを商うだけで、Google や Facebook などを成立させるだけの、大きな利益が生まれています。 そして、Amazon 自身が、Google AdWards を大量に消費しているという現実もあります。 そのような背景を考えると、Amazon が広告事業に参入しようとするのも、当然のことだと思えるのです。

ーーーーー

<関連>

Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
さぁ 来い iPhone 6! Amazon Fire Phone は 99セントで対抗だ!
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Comments Off on Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?

Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている

Posted in SnapChat, Social, Yahoo by Agile Cat on October 4, 2014

Yahoo Wants To Invest In Snapchat At A $10 Billion Valuation
http://wp.me/pwo1E-7V4

Jillian D’Onfro – Oct. 3, 2014, 2:55 PM
http://www.businessinsider.com/yahoo-to-invest-in-snapchat-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Yahoo wants to invest in Snapchat as part of the fundraising round that values the startup at $10 billion, The Wall Street Journal reports.

The Wall Street Journal のレポートによると、Yahoo は Snapchat の資金調達ラウンドに際して、このスタートアップに $10 billion の出資を考えているらしい。

https://agilecat.files.wordpress.com/2014/10/evan-spiegel-snapchat.jpg


AP/Jae C. Hong
Snapchat CEO
Evan Spiegel

Snapchat is close to finalizing a $20 million fundraising round led by Kleiner Perkins and Yahoo has been involved in the talks, according to The Journal’s sources.

The Journal の情報筋によると、Kleiner Perkins が率いてきたラウンドにより、Snapchat は $20 million を調達しようとしているが、そこに Yahoo が絡んできたらしい。

Yahoo just made more than $5 billion from selling part of its stake in Alibaba in the recent IPO, and apparently wants to use some of that money to invest in the fast-growing startup.

Yahoo は、先日の Alibaba の IPO 以降に、その株式の一部を売却したことで $5 billion 以上のキャッシュを手にしている。そして、その資金の一部を、急成長しているスタートアップに投資したいと考えているのも明らかだ。

The Journal notes that Yahoo is one of many potential investors that Snapchat has had conversations with, including tow former investors, Institutional Venture Partners and DST Global.

The Journal が指摘するには、これまでに Snapchat が可能性を探ってきた投資家である、Institutional Venture Partners と DST Global という顔ぶれに、Yahoo が加わったことになる。

It’s unclear how much Yahoo plans to invest in Snapchat. The app currently has more than 100 million users; it was valued at $3 billion last year. This new round would make Snapchat one of the most valuable startups in the world.

Yahoo が考えている、Snapchat に対する投資額は不明である。そして、このアプリだが、現時点で 100 million のユーザーを持ち、昨年の段階で $3 billion の価値があると評価されている。この、新しいラウンドにより Snapchat は、世界で最も評価の高い スタートアップの一角を占めることになるだろう。

SEE ALSO: Snapchat Is Now A $10 Billion Dollar Company

ーーーーー

Alibaba の IPO で生まれた利益が、こうして、次のスタートアップに注ぎ込まれていくのですね。 まだ、確定した話ではないようですが、また、大きな騒ぎになりそうです :) 昨年の Facebook からの $3B オファーを蹴り、1年後に $10 に跳ね上がり、なおかつ、買収ではなく出資という形になるのなら、Snapchat としては万々歳の展開です。 それにしても、Facebook の WhatsApp 買収から、まだ、半年くらいしか経っていないのですね。 どんどんと、クロックが上がっている感じがします。

ーーーーー

<関連>

Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
15歳は言う : イケてる Snapchat と Instagram、ダサい FB と TW
Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は 22億人だ!

Comments Off on Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい

Posted in Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on July 23, 2014

WSJ: Apple preparing 70M to 80M combined iPhone 6 units for biggest launch ever
http://wp.me/pwo1E-7GY
July 21, 2014 – By
AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/07/21/apple-preparing-70m-to-80m-combined-iphone-6-units-in-biggest-ever-iphone-launch-ever-

_ apple insider

Apple has reportedly asked partner suppliers in Asia to ramp up mass production of expected 4.7- and 5.5-inch "iPhone 6" models, with combined orders for both versions amounting to between 70 million and 80 million units.

伝えられるところによると、Apple はパートナーである Asia のサプライヤーたちに、4.7-inch と 5.5-inch と思われる iPhone 6 の両モデルを、量産するための指示を出したようだ。なお、双方のバージョンを合わせると、7000万〜8000万台にものぼる、発注の規模になるという。

"iPhone 6" and "iPhone 6c"
concepts by
Martin Hajek.

Citing sources familiar with the matter, The Wall Street Journal reports Apple is asking suppliers to produce between 70 million and 80 million 4.7-inch and 5.5-inch iPhone 6 models by the end of December, the biggest initial handset order in company history.

この件に精通している情報筋を引き合いに出すかたちで、The Wall Street Journal がレポートした内容によると、12月の終わりまでに Apple は、4.7-inch と 5.5-inch のモデルを合わせて、7000万〜8000万台もの iPhone 6 を製造したいと、サプライヤーたちに要求しているようだ。 同社の歴史の中で、このハンドセットの発注規模は、最大級のイニシャル・オーダーとなる。

As noted by the publication, the supposed order is much larger than the initial production run for combined iPhone 5s and 5c models, which came out to between 50 million and 60 million units in 2013.

今回の公表でも指摘されているように、想定されるイニシャル・オーダーの量は、2013年 の iPhone 5s/5c のときの 5000万〜6000万台と比べて、はるかに大きなものとなる。

In addition to the expectedly large launch offering, or offerings, Apple is reportedly asking suppliers to ready components for up to 120 million iPhones by the end of 2014 to compensate for possible display failures. With larger 4.7-inch and 5.5-inch screens, display makers are said to be seeing yield issues due to the inclusion of advanced in-cell touch technology. The overall figure is huge compared to last year, which saw Apple prepare parts for 90 million iPhones for its supply chain, sources said.

予想どおりの大規模なローンチに加えて、伝えられるところによると Apple は、ディスプレイの歩留まりを補正するために、この iPhone 用のコンポーネントを、2014年末を期限として 120万台分まで準備するよう、サプライヤーたちに求めているようだ。なお、4.7-inch と 5.5-inch という大型のスクリーンを採用することで、高度なセルタッチ・テクノロジーの取り込みが必要となり、また、ディスプレイ・メーカーたちは歩留まりの問題を気にしていると言われている。 全体的な発注量は、昨年と比べて大規模になっており、Apple は 9000万台の iPhone のための部品をサプライ・チェーンに要求していると、その情報筋は述べている。

It appears Apple may already be experiencing manufacturing delays, however, as the people said Foxconn and Pegatron are expected to start production of the 4.7-inch version in August. Foxconn is supposedly responsible for all 5.5-inch iPhone 6 orders and will begin manufacturing the "phablet" in September, suggesting the handset will not see release until October at the soonest.

そこから推測されるのは、すでに Apple は、製造ラインの遅れに悩まされているという可能性である。しかし、Foxconn と Pegatron は、8月から 4.7-inch の製造に入るだろうと、情報筋は述ている。また、Foxconn は、すべての 5.5-inch iPhone 6 の製造に責任を持っているはずであり、このファブレットの製造を 9月から開始するが、そのリリースは早くても 10月になると思われる。

The report contrasts a recent rumor that pegged iPhone 6 production to begin this week for the smaller version, while the larger next-gen model would hit the assembly line in August.

このレポートは、今週からの 4.7-inch の生産と、8月からの 5.5-inch の生産の開始という、最近のウワサを否定するものとなっている。

ーーーーー

一連のウワサを詳細まで見ているわけではありませんが、いつもの年より前倒しで、新しい iPhone をリリースというのは、ちょっと難しそうな感じですね。 このところ、台湾のマニュファクチャについても情報を漁っているのですが、大型スクリーンに関しては、歩留まりの問題もさることながら、製造が追いついていないという感じもします。 ひょっとすると、 Apple と Android 勢の間で、生産ラインの取り合いになっているのかもしれません。 これからも、いろいろなウワサが溢れ出てくるでしょうが、それを年中行事として楽しみたいと思っています。 :)

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
どうやら、Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?
Apple の 投資筋が iPhone 6 を熱望する理由:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

Comments Off on iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい

FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

Posted in .Selected, Government, Net Neutrality, Netflix, Standard, Telecom by Agile Cat on May 1, 2014

FCC fails to clarify new net neutrality plans
http://wp.me/pwo1E-7s8

By Chris Welch on April 24, 2014
http://www.theverge.com/2014/4/24/5647452/fcc-offers-vague-promises-to-keep-internet-open

_ verge

FCC Chairman Tom Wheeler has just published a blog post that expands on a statement he gave last night on the topics of net neutrality and an open internet. Earlier yesterday, The Wall Street Journal issued a troubling report alleging that the FCC will soon propose new rules that effectively spell the end of net neutrality. Wheeler came out hard against that notion last night, and he continues to refute the doomsday scenario today. Despite his best efforts, Wheeler’s words won’t do much to calm the storm.

昨夜(4/23)のことだが、FCC の Chairman である Tom Wheeler が、渦中のトピックであるネット・ニュートラリティとオープン・インターネットについて、自身のステートメントをブログ・ポストとして公開した。それに先立つように、昨日の朝に The Wall Street Journal が、ネット・ニュートラリティを効果的に終焉させる新たなルールを、直ぐにでも FCC は提示すると主張する、彼から見れば厄介なレポートを開示していたのだ。それに対して、昨夜に Wheeler が強く反発し、今日になっても、その最悪のシナリオに反論し続けている。しかし、彼の最善の努力にもかかわらず、Wheeler の言葉は、この嵐を静めるために必要な、数多くの事柄を語ろうとはしていない。

"There has been a great deal of misinformation that has recently surfaced regarding the draft Open Internet Notice of Proposed Rulemaking that we will today circulate to the Commission," he says. "The Notice does not change the underlying goals of transparency, no blocking of lawful content, and no unreasonable discrimination among users established by the 2010 Rule." Wheeler’s goal is to have enforceable Open Internet rules in place by the end of 2014.

「 このところ、Open Internet Notice of Proposed Rulemaking のドラフトに関して、重大な誤情報が浮上している。 それについて、私たちは、今日中に Commission に伝える。この Notice により、透明性という基本的な目的や、法的なコンテンツ・ブロッキングの排除、そして、不合理な差別の排除という、2010 Rule で確立されたユーザーの定義が変化することはない」と、彼は述べている。Wheeler の目標は、2014年末までに、強制力のある Open Internet のルールを発動することにある。

"Limiting the openness of the Internet will not be permitted."

"To be very direct, the proposal would establish that behavior harmful to consumers or competition by limiting the openness of the internet will not be permitted." But here again, Wheeler carefully steps around a major aspect of the Journal’s report, which claims that under the proposed rules, internet providers will be able to charge companies for speedier access to consumers. A so-called internet "fast lane" will allegedly be permitted so long as ISPs charge "commercially reasonable" rates.

しかし、Wheeler は、「 きわめて直接的に言うと、このプロポーザルが確立しようするのは、インターネットのオープン性を制限することなく、消費者や公平や競争に害をおよぼすものへ対応することである 」と言い、WSJ レポートの主張を慎重に回避しようとしている。WSJ の主張は、提案中のルールの下では、より高速でのアクセスを消費者に促す企業に対して、インターネット・プロバイダが対価を請求できるというものだ。伝えられるところでは、「高速レーン」という名のインターネットは、ISP が「商業的に合理的」な課金をする範囲で認められるようになる。

The big question is what the FCC considers to be reasonable. Right now, the commission doesn’t have a final answer. "We don’t know," a spokesperson said today. "We want to have a broad public debate. We want to know how people are affected in their daily life. We want to know how businesses are being affected. We want to know if innovation is being affected.” Based on that statement, the FCC seems aware that this "pay for access" aspect could bring on some trouble. But the FCC won’t eliminate the idea entirely. "After all, a prioritized connection for a heart monitor may be a good thing at home without harming anyone else." But even this positive example falls apart quickly because traffic prioritization for any service means some level of discrimination for everyone else.

最大の疑問は、なにをもって、FCC が合理的だと考えるのかという点である。 いまのところ、Commission は最終的な答えを持っていない。 今日の時点で、「 私たちは分かっていない。私たちは、広範囲におよぶパブリックな議論を持ちたい。 私たちは、人々の日常で生じる影響を知りたい。そして、企業に生じる影響を知りたい。イノベーションに影響が生じるなら、それも知りたい」と、スポークスマンは述べている。そのステートメントに基づいて考えると、この “Pay for Access” という側面がもたらす、いくつかの問題について、FCC は認識しているようだ。しかし、FCC は、その考えを、完全に排除していない。結局のところ、心臓モニターの接続に、優先順位を付けたとしても、それが家庭の中で行われるなら、他の誰も傷つけることがないので、良いことになのかもしれない。しかし、何らかのサービスのトラフィックに優先順位を付けることは、誰かを差別するという、何らかのレベル付けにつながるため、肯定的な事例が急速に崩壊してしまう。

Wheeler closes his blog post by outlining 3 principles that the new rules seek to protect. First, ISPs must "transparently disclose to their subscribers and users all relevant information as to the policies that govern their network." Second, no legal content can be blocked at the ISP level. And finally, Wheeler insists the new rules will forbid service providers from acting "in an unreasonable manner to harm the internet," and that’s said to include favoring traffic from an "affiliated entity" or business partner. Public debate will prove crucial in steering the conversation from here, so now’s the time to make your voice heard.

Wheeler は、新たなルールが保護しようとする 3つの原則を概説し、自身のブログ・ポストを書き終えている。第1に、ISP は、「 自身のネットワークを制御するポリシーに従って、自身のサブスクライバーやユーザーに対して、すべての適切な情報を、透過的に開示」する必要がある。 第2に、ISP レベルにおいて、法によるコンテンツのブロックはできない。そして最後に、Wheeler が強調しているのは、「インターネットに害を与える不当な方法」を実施する、サービス・プロバイダーを差し止めるという点である。そして、ここで言う、差し止めるべきトラフィックには、対象となるサービス・プロバイダーに関連する、なんらかの事業体やビジネス・パートナーからのものも含まれると述べている。ここでの気取らない会話が、パブリックな議論の本質を証明していくはずだ。あなたの声を、いまこそ聞かせて欲しい

ーーーーー

この背景にあるのは、言うまでもなく Netflix の存在です。 なんせ、アメリカのインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費しているのですから、キャリアや ISP から見ると、少しはインフラのコストを負担して欲しいという話につながるのです。 実際に、Comcast とはダイレクト・ピアリングを行っていますし、昨日には Verizon とも合意に至ったと報道されていました。もちろん、それらのピアリングは、民間企業同士の自由なビジネスというかたちで進められているのですが、それを FCC は、構成力のあるルールにしたいと考えているようです。ほんとうに、それで良いのかと、Newsweek に 瀧口範子さんが、「ネット・ニュートラリティーはなぜ万人にとって大問題なのか」という、すばらしい記事をポストしています。 ぜひ、ご覧いただければと思います。Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
Real World NoSQL シリーズ – Netflix における Amazon SimpleDB

Comments Off on FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

Posted in .Selected, Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on December 5, 2013

WSJ: Apple and China Mobile strike a deal, iPhone finally headed to world’s largest mobile carrier around Dec. 18
http://wp.me/pwo1E-6Ze

Written by:
MIKE BEASLEY – Dec 14, 2013
http://9to5mac.com/2013/12/04/wsj-apple-and-china-mobile-strike-a-deal-iphone-finally-headed-to-worlds-largest-mobile-carrier-around-dec-18/

_ 9 to 5 Mac

The Wall Street Journal reports that Apple has finally reached an agreement with China Mobile to carry the iPhone. China Mobile is currently the world’s largest mobile carrier with well over 700 million subscribers. Yesterday a subsidiary of the carrier started taking pre-orders for the smartphone, though the page was quickly pulled from its website.

The Wall Street Journalレポートによると、ついに Apple と China Mobile が、iPhone の販売に関する合意に至ったようだ。 China Mobile は、現時点において 700 million 以上のサブスクライバーを有する、世界で最大のモバイル・キャリアである。昨日 (12/3) のことだが、同キャリアの子会社が、このスマホの事前受注を開始したが、そのための Web ページは、すぐにサイトから消されてしまった。

In September the advertisment above leaked to the media. The image is a promotion for the iPhone 5s and 5c running on China Mobile’s network. The Chinese government, which controls China Mobile, confirmed that the phone would be available on December 18th last month, although neither Apple nor China Mobile would actually confirm the rumor.

この 9月に、上記の広告がメディアにリークされた。 そこで用いられたプロモーション・イメージは、China Mobile のネットワーク上で、iPhone 5S/5C が利用できるようになるとしていた。そして、先月には、iPhone が 12月18日から利用できるようになると、China Mobile をコントロールする中国政府が発言しているようだ。ただし、Apple も China Mobile も、このウワサを認めるとは思えない。

ーーーーー

apple-55a1この秋に、iPhone 5S/5C が発表されたとき、それらのデバイスに対する関心もさることながら、この China Mobile の対応が注目されていました。 しかし、中国市場を狙った廉価版と言われていた、iPhone 5C の価格政策は期待はずれのものであり、Agile_Cat もガッカリしてしまったわけです。 ところが、ここに来て、Apple と China Mobile が合意したというウワサが流れているようで、それを WSJ が煽っているというのも、なんとも興味深い展開です。 さて、ことの真意は何処にあるのか、12月18日が楽しみですねぇ~~~ :)  よろしければ、以下のリンクも ど~ぞ! image

ーーーーー

<関連>

Apple は 中国に チョー本気だ : 9月11日に 北京で iPhone 5C イベントを開催
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!

 

Comments Off on Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

%d bloggers like this: