Agile Cat — in the cloud

台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?

Posted in .Chronicle, Asia, Cisco, Data Center Trends, Open Compute, Private Cloud, SDN, Storage, VMware by agilecat.cloud on May 22, 2015
Quanta Computer exclusively supplies VCE with servers used in VxRack System, say Taiwan makers
Aaron Lee, Taipei; Adam Hwang – May 19, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150519PD214.html
 
_ Digi Times
Quanta Computer has become VCE’s exclusive supplier of servers used in its VxRack System, a hyper-converged rack-scale system for private cloud applications unveiled by VCE in early May, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Taiwan のサプライチェーン・メーカーたちの話によると、今月の初めに VCE が発表したプライベート・クラウド・アプリケーション用の、ハイパー・コンバージェンスド VxRack System に搭載されるサーバーに関して、Quanta Computer が独占供給元になるようだ。
 
vxrackHowever, Quanta declined to comment on the report.
 
しかし、この件に関して、Quanta はコメントを拒否している。
 
VCE is a joint venture set up by EMC and Cisco Systems mainly for integrating EMC-developed storage equipment, Cisco-developed servers and VMware-developed virtualization software to provide private cloud computing solutions for enterprise users.
 
VCE とは、EMC と Cisco System によるジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ・ユーザーに対して、プライベート·クラウドのソリューションを提供するために、EMC のストレージ機器および、Cisco のサーバー、VMware の仮想化ソフトウェアを統合するという目的を持っていた。
 
While having cooperated with Cisco to launch Vblock System-series products, VCE recently selected Quanta in place of Cisco as the exclusive supplier of servers for use in its VxRack System, the sources indicated. The replacement of Cisco is because Cisco is unable to mass produce servers for use in VxRack Systems, the sources said.
 
そして、Vblock System シリーズ・プロダクツを立ち上げるために Cisco と協業していたが、最近になって VCE は、VxRack System に搭載するサーバーの独占サプライヤーとして、Cisco の代わりに Quanta を選んだと、この情報筋は示唆している。 Cisco の置き換えに関して、VxRack System で使用するサーバーの大量生産に問題があるためと、情報源は述べている。
 
Quanta has developed and produced white-box servers mainly for data centers for years, with clients including Google, Amazon, Facebook and Microsoft, the sources said. As many server ODMs have entered the white-box segment, price competition for orders has been increasing and therefore Quanta has started tapping the business-use segment, the sources noted. Since enterprise users mostly trust leading vendors such as Hewlett-Packard and Dell for product quality, Quanta’s supply to VCE may help it land orders from enterprise users, the sources indicated.
 
この数年、Quanta は主としてデータセンター用のホワイトボックス・サーバーを開発/生産しており、その顧客には Google/Amazon/Facebook/Microsoft などが含まれると、情報筋は述べている。しかし、数多くのサーバー ODM 企業が、このホワイト・ボックス・セグメントに参入するにつれて、価格競争が激化してきた。したがって Quanta は、ビジネス・ユース・セグメントに興味を示していたと、情報筋は指摘している。つまり、こうしたプロダクツの品質に関して、依然としてエンタープライズ·ユーザーは、Hewlett-Packard や Dell といった大手ベンダーを信頼しているという背景がある。そして、Quanta のサーバーが VCE に供給されることで、同社はエンタープライズ・ユーザーからの要求に応えられると、情報筋は示唆している。
 
ーーーーー
datacenter_55この記事は、コストの面で Quanta が Cisco をリプレイスしたと述べていますが、すでに VCE から Cisco は離脱 (?) しているようなので、Quanta のビジネス領域が広がったという、シンプルな展開なのだと思えます。 さらに言えば、文中で紹介されているクラウド・プロバイダーや、Open Compute Project などがサーバー市場を再編してきたことで、また一歩、ハードウェアのコモディティ化が進んだと捉えるべきなのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
OCP と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

VMware と Google の提携:両社の発言を整理してみた

Posted in Google, Hybrid, VMware by agilecat.cloud on February 3, 2015
VMware and Google in enterprise public cloud tie-up
vCloud Air gets Google Cloud Platform service access
By Juha Saarinen on Jan 30, 2015
http://www.itnews.com.au/News/399838,vmware-and-google-in-enterprise-public-cloud-tie-up.aspx
 
_ it news
 
VMware vCloud Air customers will have access to a range of Google Cloud Platform services from today, the two companies said.
 
VMware の vCloud Air ユーザーは、そのアクセスの範囲を、Google Cloud Platform にまで拡大できるようになると、今日(1/30)に両社が発言している。
 
Google’s Cloud Storage, BigQuery data analytics, Datastore NoSQL database and its low-latency globally distributed domain name system (DNS) service will be the initial set of services for vCloud Air.
 
Google の Cloud Storage および、BigQuery データ分析、Datastore NoSQL データベース、そして、低レイテンシとグローバル分散が売りの DNS が、vCloud Air のためのイニシャル・サービス・セットに取り込まれる。
 
vmware googlrThe Google Cloud Platform services will be integrated with vCloud Air, and available on a pay-as-use basis under existing contracts and network interconnects.
 
Google Cloud Platform サービスは vCloud と統合され、また、既存の契約およびネットワーク・インターコネクションの下で、pay-as-use ベースで利用できるようになる。
 
Google Cloud Platform services will be avaliable to VMware customers later this year, but the companies did not give an exact date.
 
Google Cloud Platform サービスが VMware に提供されるのは、今年の後半になるとされるが、具体的な日程については、両者とも明言していない。
 
VMware’s vice president of cloud services, Matthew Lodge, said the company’s networks will be directly connected with Google’s.
 
VMware の VP of Cloud Services である Matthew Lodge は、同社のネットワークが Google とダイレクト接続されるようになると述べている。
 
Google for Work’s managing director of global partner strategy and alliances, Murali Sitaram, said support for vCloud Air customers using Cloud Platform services will be handled by VMware.
 
Google for Work の Managing Director of Global Partner Strategy and Alliances である Murali Sitaram は、同社の Cloud Platform サービスを利用する vCloud Air カスタマーへのサポートは、VMware がハンドリングするようになると述べている。
 
Sitaram also said VMware was looking into extended support for Google Cloud Platform through the vRealize Cloud Management Suite for hybrid clouds.
 
また、Sitaram は、vRealize Cloud Management Suite を介したハイブリッド・クラウドに関して、VMware は Google Cloud Platform にまでサポート範囲を拡大しようと考えていたはずだと述べている。
 
vCloud Air is VMware’s public cloud platform, launched in 2013. In Australia, Telstra is scheduled to host a local vCloud Air node in Melbourne, starting this year.
 
vCloud Air は、2013年に立ち上げられた VMware のパブリック・クラウド・プラットフォームである。 Australia における vCloud Air ノードは、今年から Melbourne に、Telstra がホストすると予定されている。
 
ーーーーー
vmwarer-55aこの提携に関しては、日本でも様々なメディアが、先週の末に報道していましたが、この VMware と Google に限らず、今後は、あらゆるプライベート・クラウドとパブリック・クラウドが提携していくようになるのかもしれませんね。そして、Docker に代表されるコンテナを用いて、アプリがプライベートとパブリックの間を、そして複数のパブリック間を行き来するようになるのでしょう。さらに言えば、プライベート・クラウド・プロバイダーが、最も適したパブリック・クラウドを自動的に判別し、そこへ切り替えていくかもしれません  まぁ、次から次へかたちを変える雲のように、クラウドも変化し続けていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google も Cloud Exchange に乗った:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
 

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Container, Linux, On Monday, Red Hat by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

Posted in On Monday, SDN by Agile Cat on October 6, 2014

Software Defined Networking (SDN): Growing at a Blistering Rate of 90 Percent Annually
http://wp.me/pwo1E-7Vq

By Dick Weisinger – September 25th, 2014
http://formtek.com/blog/software-defined-networking-sdn-growing-at-a-blistering-rate-of-90-percent-annually/

_ formtek

The Software Defined Network (SDN) market will grow from just $960 million in 2014 to $8 billion by 2018, at an annual growth rate of 90 percent, predicts IDC.  That’s an incredible rate of growth.

Software Defined Network (SDN) のマーケットだが、2014年の時点では、わずか $960 million に過ぎないが、90% という年間成長率で伸び続け、2018年には $8 billion にいたると、IDC は予測している。つまり、信じられないほどのスピードで、成長していくことになる。

Leading vendors in this market include Cisco Systems (CSCO) and VMware (VMW).  Others also in the market include Big Switch, Brocade (BRCD), Dell, Extreme Networks (EXTR), Flextronics, Hewlett-Packard (HPQ), Huawei, Juniper Networks (JNPR), and Oracle (ORCL).

このマーケットをリードするベンダーとしては、Cisco Systems (CSCO) と VMware (VMW) の存在が挙げられる。また、Big Switch および、Brocade (BRCD)、Dell、Extreme Networks (EXTR)、Flextronics、Hewlett-Packard (HPQ)、Huawei、Juniper Networks (JNPR)、Oracle (ORCL) なども、そこには含まれる。

Factors that are driving the growth in the SDN market include:

  • Increasing adoption of cloud applications and services by businesses
  • Increased interest in the software-defined datacenter and the converging of computation, storage and networking
  • Increased demand for networks to be more flexible and to be able to support rapidly changing technologies like mobility, big data, and the Internet of Things (IoT)

このように、SDN マーケットを成長させていく要因としては、以下の項目が挙げられる:

  • クラウド上のアプリケーションおよびサービスを採用する企業が増えている。
  • Doftware-Defined Datacenter および、コンピューティング/ストレージ/ネットワークの集約に関する関心が高まっている。
  • より柔軟なネットワークに対する需要が高まっている。 つまり、Mobility/Big Data/IoT といった類の、新たなテクノロジーへの迅速な対応が求められている。

Rohit Mehra, Vice President, Network Infrastructure at IDC, said that “SDN is taking center stage among innovative approaches to some of the networking challenges brought about by the rise of the 3rd Platform, particularly virtualization and cloud computing.  With SDN’s growing traction in the datacenter for cloud deployments, enterprise IT is beginning to see the value in potentially extending SDN to the WAN and into the campus to meet the demand for more agile approaches to network architecture, provisioning, and operations.”

IDC の VP Network Infrastructure である Rohit Mehra は、「 SDN は、とりわけ仮想化とクラウドの台頭によりもたらされた、いくつかに革新的なアプローチにおいて、つまり、第三のプラットフォームとしてのネットワークへの取り組みにおいて、主役の座を得ようとしている。 エンタープライズ IT は、クラウドをディプロイするデータセンター内で、SDN の成長力を活用し、また、WAN と社内に拡大することの、価値を見出し始めている。 つまり、それにより、ネットワークのアーキテクチャプロビジョニング/オペレーションで必要とされる、より迅速な対応が実現されていく」と、述べている

ーーーーー

昨年の10月に、「 SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ 」という抄訳をポストしましたが、おそらく、ユーザー側は SDN で変化するものを知りたがり、ベンダー側は SDN で何を変えて欲しいのかを知りたがるという、なかなか出口の見つからない、堂々巡りが繰り返されていたのだろうと推測します。 もちろん、そこには、より柔軟なネットワークという合意があるのですが、何のためのという、最後のピースが見つからなかったのでしょう。 そして、SDN の内側ではなく外側に点在する、そのピースが見つかり始めたのだと、この記事は伝えているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる

Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める

Posted in Post-PC, Research by Agile Cat on October 5, 2014

クラウド界の再編が、着実に進み始める・・・
http://wp.me/pwo1E-7Vb

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

10月に入れば、今年の残りも3ヶ月です。一年の速さを実感してしまいますね。いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、久々に Gunosy が頑張ってくれて、とても嬉しいです :) その他は、いつもの月と変わらず、同じような数字となっています。 普段の年だと、新しい iPhone のことで盛り上がる秋口ですが、あまり熱心に追いかけなかったので、普通の PV という感じです。 なんというか、途上国マーケットへの対応が、Android と iPhone では正反対だというふうに、この一年で分かってきたのが、その理由なのです。昨年の Apple には、iPhone 5C で低価格スマホを狙う兆しが見えたのですが、それも消えてしまって、ちょっと残念に思っているところです。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、VMware の買収というウワサ話が沢山の PV を集めました。 今年のはじめに、「 これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される 」という、Gartner の予測を紹介しましたが、それが現実味を帯びてきたようです。その他では、Amazon と Google AdWards の関係が、みなさんの興味を引いたようです。 これには、Agile_Cat もびっくりしました :)

_--space13

1: VMware EMC から HP 却か? New York Post がレポ
2: 一番のお客 Amazon です: Google AdWards の凄まじさ
3: Evernote for Android が最高にイケている! Chromebook も OK
4: iCloud ハッカたちが用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセス
5: iOS 8 実現するアプリ携は、まるでマジックのようだ
6: VMware は知っている クラウドでは想化が不要になることを
7: iPhone 6 Apple は、北京政府にひじを食らってしまったのか?
8: EMC VMware 却を否定というも、Wall Street に流れている
9: Instagram のマイグレ200枚のイメジを AWS から FB へ!
10: iPhone 6 曲:こんなビジネスは、のためにもならない
11: IT 者の愛車Mark Z $1.3M から Jeff B $4000 まで
12: Evernote 6 for Android により、モバイルアプリの基わる
13: Facebook のゴジャスな DC を、15枚の写真で介しよう!
14: Open Source 調査OSSの人Top-5は? OSS ばれる理由は?
15: Apple アメリカ市 Android のシェアを削っている
16: Cloud Storage 調査コストは無償化へ向けて下がりける
17: さぁ来い iPhone 6 Amazon Fire Phone 99セントで抗だ!
18: iPhone 6A8 ProcessorApple PayApple Watch
19: 日本と世界のインタネットトラフィック – 2014年/8
20: Apple Watch 似合いそうな、11種類のアプリとは?

 
___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

その他では、iPhone と中国マーケットの関連性を、追いかけるポストが興味深かったです。 東京でも、アメリカの各都市でも、たくさんの中国人による転売行為が話題になりましたが、法を盾にして Apple にプレッシャーをかける、北京政府の存在があるのだろうと思っています。そして、中国が何を考えているのかといえば、国家戦略としての、TD-LTE の普及なのだと思うのです。

ーーーーー

image個人的には、Evernote for Android に関する記事が、2本とも上位に来て嬉しかったです。 その一方で、とても残念だったのが、iOS 8 でのアプリ間連携の先送りです。 Agile_Cat の場合は、電車の中などで、面白いと思う Web コンテントを、どんどんと Evernote にクリップしていくのですが、iOS での共有先は Facebook/Twitter/LinkedIn/Mail に限定されていて、他のアプリとの関連付けを認めてくれないのです。 方や Android では、今回の Evernote のアップデートにより、イメージまで含めたページ全体が、とても簡単にクリップできるようになったのです。 そんなことから、Evernote のようなアプリが、Android ファーストへと方針を切り替えている状況を、Apple に理解してほしいと思っています。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの
Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ

EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている : The Register のレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC denies VMware sale plan
http://wp.me/pwo1E-7R5
By Simon Sharwood, 12 Sep 2014
http://www.theregister.co.uk/2014/09/12/emc_denies_vmware_sale_plan/

_Register

Rumour and counter-rumour swirl around Wall Street

ーーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

EMC has reportedly denied it intends to sell a stake in VMware, after being reported as entertaining just such a sale.

伝えられるところによると、世間を騒がす売却話がレポートされた後に、EMC は VMware の株式売却を否定している。

Confused? Here’s how this is playing out.

混乱しているだろうか? 以下に、その経緯を説明する。

Back in July, activist investor Elliot Management picked up a stake in EMC. Someone then whispered in The Wall Street Journal’s ear that Elliot did so in order to engineer a spin-out of VMware, the better to line investors’ pockets.

話は 7月に戻るが、積極的に動きまわる投資家である Elliot Management が、EMC の株式を取得した。そして、誰か、VMware のスピンアウトを画策するために、つまり、投資家たちの懐を温めるために、Elliot が動いていると、The Wall Street Journal の耳元で囁いた。

In weeks since, EMC has acknowledged its duty to engage with shareholders in order to improve their prospects. It has also re-iterated the belief that EMC works best as a ”federation” of companies.

それから数週間が経過しているが、EMC は株主と密に接しながら、その見通しを改善していくという義務をまっとうしている。そして、複数の企業による Federation として、EMC が機能することがベストだという信念を、再繰り返して説明している。

Fast forward to Thursday, when The New York Post reported that EMC “has decided to explore selling its stake in VMware”.

ここで、再び、The New York Post が「EMC が VMware の売却を決心した」と報じた、この木曜日の時点まで時間を進める。

Not many hours after that story appeared, a credible source told Re/code that The Post’s story is bunk. Another 90 minutes or so later, Reuters heard similar whispers.

その売却話が浮上してから、数時間も経たないうちに、信頼できる情報筋が Re/code に、New York Post の話はガセだと語っている。 そこから、90分ほど後に、同じウワサを Reuters が拾った。

None of the allegations floating around can be tied down to an actual person willing to put their names to their “facts”. So this looks like either rumour-mongering or some kind of weird Wall Street leaking game in which players prod each other through the media.

いずれの主張も、話したとされる人物と、「事実」とされる内容が、結び付けられていない、あやふやなものである。

したがって、ウワサ商売のたぐいというか、Wall Street の奇妙なリーク・ゲームというか、そのようなものとして見るべきなのだろう。 つまり、メディアを通じてプレーヤーたちが、お互いを叩き合っているわけだ。

Let’s just keep the kit these players need to go about their business running, shall we?

それらの出来事は、プレイヤーたちがビジネスを展開するための、単なる道具として捉えるべきなのだろう。 それで、良いんじゃない?

ーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

真相は闇の中、、、という感じです。 この The Register のポストを読む限り、EMC もオフィシャルには否定していないようです。 続報があればと思い、ググッた結果は以下のとおりです(12日14時)。まだ、目を通してもいませんが、候補として IBM が登場したという説もあるようです。なにやら、話は広がり、いわゆる炎上モードに入っているような感じもしますね。

ーーーーー

<関連>

Channelnomics: EMC Considers Selling VMware to HP – Reports
Bnamericas: EMC may sell VMware to HP – report
ZDNet: EMC mulls selling stake in VMware, reportedly calls deal a ‘distraction’
Infotechlead: HP and IBM target VMware as EMC plans to exit
The Street: EMC Seen as Potential Target After Said to Mull VMware Stake Sale

 

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC considers selling stake in VMware: NY Post
http://wp.me/pwo1E-7QI

September 11, 2014 MYT 8:00:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/09/11/EMC-considers-selling-stake-in-VMware-NY-Post/

_Star Online

Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

データ・ストレージ・プロダクツのメーカーである EMC だが、同社の傘下で仮想化ソフトウェア・ユニットとして機能している、VMware を売却する方向で検討を始めたと、この状況に精通している情報筋の言葉を引用するかたちで、 New York Post がレポートしている。

Hewlett-Packard Co is a potential buyer for VMware, a source told the paper.

そして、この情報筋は、VMware の売却先が Hewlett-Packard Co になる可能性が高いと、紙面で述べている。

POTENTIAL SALE: Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

EMC has been resisting pressure from activist investor Elliott Management Corp to spin off VMware, saying that keeping the companies together helps the company win business.

これまでの EMC は、VMware のスピン・オフを推進すべきとする、投資家の Elliott Management Corp からの圧力に抵抗してきた。そして、両社が協調することで、ビジネスで勝利を収められると発言してきた。

Elliott has invested more than US $1 bil (RM 3.19 bil) in EMC with an aim to push it to spin off VMware, which has a market value of about US$41.88bil (RM 133.81 bil). EMC, which owns about 80% of VMware, had bought the company in 2004 for US $700 mil (RM 2.23 bil). VMware accounted for about 22% of EMC’s 2013 revenue of US $23.2 bil (RM 74.12 bil).

Elliott は EMC に US $1bil (RM 3.19 bil) 以上を出資しており、市場価格が US $41.88 bil (RM 133.81 bil) とされる VMware を、売却させようとしている。 また、EMC は、VMware の株式の約 80% を所有しているが、それは 2004年の時点で、US$700mil (RM2.23bil) という対価で買い求めたものである。そして、2013年の VMware は、EMC グループ全体の 22% に相当する、US $23.2 bil (RM 74.12 bil) という売上をあげている。

EMC may also look to put other assets on sale, another source told the Post. EMC, VMware and HP did not immediately respond to requests for comment.

また、EMC は、その他の資産の売却も検討していると、前述の情報筋は New York Post に語っている。EMC と、VMware と、HP にコメントを求めているが、いずれも無言を貫いている。

Up to Wednesday’s close, EMC shares had gained about 12% in 12 months, while the S&P 500 Index had risen about 21%. Shares of EMC, which has a market value of US$59.86bil (RM191.26bil), were up 2% at US$30.17 (RM96.40) in premarket trading. — Reuters

EMC の株価であるが、水曜日のマーケットが閉まる時点で、前年と比べて 12% の上昇を達成している。 ただし、S&P 500 Index が、21% の上昇を見せているという現実もある。 なお、EMC の株式総資産は  US $59.86 bil (RM 191.26 bil) であり、プレ・マーケット・トレーディングにおいて US $30.17 (RM 96.40) の上昇となっている。— Reuters

ーーーーー

否定説です:EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている

ーーーーー

今週は、この他にも、「Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポート」という話がありました。 この数年間を支配してきたとも言える、仮想化というテクノロジーは、クラウド・シフトと共に、次第に輝きを失っていくのでしょうか? もう、4年も前のポストですが、「VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを」という、Gogaom が付けたタイトルが、幾度となく脳裏を横切っていきます。

ーーーーー

<関連>

Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Hybrid 対 Public : ユーザーとっての必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on August 26, 2014

Hybrid and private vs. public cloud strategies: Assessing the duel
http://wp.me/pwo1E-7MI

By Larry Dignan for Between the Lines |July 6, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-and-private-vs-public-cloud-strategies-assessing-the-duel-7000031172/

_ zdnet normal

Summary: EMC will talk hybrid cloud this week—and new systems of course. AWS will obviously pitch public cloud. Your cloud reality will probably land in the middle.

Summary: 今週は(7月初旬の話)、EMC からハイブリッド・クラウドと、新しいシステムに関する説明がある。 そして AWS は、明らかにパブリック・クラウドをプッシュしてくるだろう。 あなたにとって、現実的なクラウドは、その中間に位置するのだろう。

ーーーーー

Welcome to a week of dueling cloud strategies. As noted in our special report on the hybrid cloud, many enterprises will mix and match their data centers with private and public computing resources, but the balance will be critical.

いくつかのクラウド戦略が、対決する週がやってきた。私たちもスペシャル・レポートで述べたように、ハイブリッド·クラウドについては、数多くのエンタープライズが自身のデータセンターと、プライベート/パブリック·コンピューティングのリソースを、上手く混ぜ合わせているが、そのバランスはクリティカルになっていく。

This week will feature an EMC event called "Redefine Possible." The July 8 event, hosted in London, promises to offer "game-changing innovations for your hybrid cloud." Two days later in New York, Amazon Web Services will drop into New York City with its Summit 2014, which offers technical sessions and bootcamps.

今週の目玉は、"Redefine Possible” という名の EMC のイベントである。 この、London で 7月8日に開催されるイベントには、ハイブリッド·クラウドのイノベーションをゲーム・チェンジさせるものが登場するという。 その 2日後には、Amazon Web Services が New York 入りして、テクニカル・セッションやブートキャンプで構成される Summit 2014 を開催する。

AWS CTO Werner Vogels is likely to talk about how most compute and storage will move to the public cloud. Privacy and security? Well good architecture can take care of that.

AWS の CTO である Werner Vogels は、大半のコンピューティングとストレージを、パブリック・クラウドへと移行する方式について、おそらく話をするだろう。プライバシーとセキュリティについては、適切なアーキテクチャが対処するという考え方である。

EMC will give a nod to the public cloud but also acknowledge—just like its VMware unit does—that the hybrid cloud will be reality for a long time. Companies aren’t going to simply chuck their data centers.

その一方で EMC は、パブリック・クラウドに同意はしても、VMware 部門が言い続けてきたように、長期的に見ればハイブリッド·クラウドが現実解になるとプッシュしてくる。つまり、自社データセンターを簡単に放棄するなと、エンタープライズたちを説得するだろう。

In the end, the truth is likely to lie somewhere between EMC’s take and AWS’ version of the truth. Discerning what’s real is one reason that hardware spending in the enterprise has slowed. Every IT buyer is wondering whether they really want to buy that one more server or storage array. Especially when CFOs and CEOs are questioning hardware spending and floating the cloud as an option.

結局のところ、EMC の主張と AWS の見解の間のどこかに、真実は存在するのだろう。 何が現実なのかを確認する時期に差し掛かっているためか、エンタープライズにおけるハードウェア支出が鈍化している。 すべての IT 購入部門は、さらにサーバーやストレージアレイを購入すべきかどうかと、疑問を抱いている。 とりわけ、ハードウェアへの支出と、クラウドの選択の間で、CFO と CEO が迷っているとき、その傾向が顕著に現れる。

The stakes are high for all vendors. The likes of IBM, EMC, NetApp, Hewlett-Packard and Oracle are looking to manage a transition to a cloud. If everyone goes cloud happy at once, the growth won’t offset lumpy hardware sales. Software companies have to worry about license and maintenance revenue being offset by subscriptions.

すべてのベンダーにとって、大きな利害関係が生じてくる。IBM/EMC/NetApp/Hewlett-Packard/Oracle といったベンダーたちは、クラウドへの移行をビジネスにしようと狙っている。誰もが一足飛びにクラウドへ移行してしまうと、ハードウェア販売における変動幅を調整できなくなってしまう。また、ソフトウェア・ベンダーは、ライセンスとメンテナンスによる収益が、クラウドのサブスクリプションで相殺されてしまうことを心配するはずだ。

For a vendor like VMware the question becomes whether the company is the last great enterprise software company or one of the first cloud innovators.

つまり、VMware のような企業は、最後まで偉大なエンタープライズ・ソフトウェア・ベンダーとして残るべきか、最初のクラウド·イノベーターになるべきかという、大きな岐路に差し掛かることになる。

In either case, the cloud game—public, private or hybrid—won’t be zero sum. Nevertheless, this week’s news could portray a zero sum game. As I said last week, the most important thing for an infrastructure buyer is to assess whether hybrid cloud architecture will tip more to public resources or private. Those educated guesses for your organization will inform what vendor you continue to use.

パブリック/プライベート/ハイブリッドが入り乱れるクラウド・ゲームは、いずれにしてもゼロ・サムにはなり得ない。それにもかかわらず、今週に登場するニュースは、ゼロ・サム・ゲームで脚色したものになるだろう。先週に、私たちが述べたように、インフラの購入担当者にとって最も重要なことは、ハイブリッド·クラウドのアーキテクチャと、パブリック/プライベートのリソースとの関係を評価することである。それを適切に調べあげることができれば、あなたの組織が継続して付き合うべきベンダーが見えてくるだろう。

Research: 70 percent using or evaluating a hybrid cloud solution | Hybrid cloud: Which way will the balance tip between public and private? | Hybrid cloud adds fizz for Coke

ーーーーー

訳していて、なかなか面白い記事でした。 また、文中には登場してきませんでしたが、キャリア系のプライベート・クラウドも育ってきていますし、さらに言えば、この領域でコロケーションを展開して、一大勢力となってきた Equinix の存在もあります。 なんとなく、クラウドはパブリックだけで完結するものではなく、そろそろ第2ラウンドの幕が開く・・・ という感じですね。 お楽しみは、これからです!

ーーーーー

<関連>

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

%d bloggers like this: