Agile Cat — in the cloud

EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている : The Register のレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC denies VMware sale plan
http://wp.me/pwo1E-7R5
By Simon Sharwood, 12 Sep 2014
http://www.theregister.co.uk/2014/09/12/emc_denies_vmware_sale_plan/

_Register

Rumour and counter-rumour swirl around Wall Street

ーーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

EMC has reportedly denied it intends to sell a stake in VMware, after being reported as entertaining just such a sale.

伝えられるところによると、世間を騒がす売却話がレポートされた後に、EMC は VMware の株式売却を否定している。

Confused? Here’s how this is playing out.

混乱しているだろうか? 以下に、その経緯を説明する。

Back in July, activist investor Elliot Management picked up a stake in EMC. Someone then whispered in The Wall Street Journal’s ear that Elliot did so in order to engineer a spin-out of VMware, the better to line investors’ pockets.

話は 7月に戻るが、積極的に動きまわる投資家である Elliot Management が、EMC の株式を取得した。そして、誰か、VMware のスピンアウトを画策するために、つまり、投資家たちの懐を温めるために、Elliot が動いていると、The Wall Street Journal の耳元で囁いた。

In weeks since, EMC has acknowledged its duty to engage with shareholders in order to improve their prospects. It has also re-iterated the belief that EMC works best as a ”federation” of companies.

それから数週間が経過しているが、EMC は株主と密に接しながら、その見通しを改善していくという義務をまっとうしている。そして、複数の企業による Federation として、EMC が機能することがベストだという信念を、再繰り返して説明している。

Fast forward to Thursday, when The New York Post reported that EMC “has decided to explore selling its stake in VMware”.

ここで、再び、The New York Post が「EMC が VMware の売却を決心した」と報じた、この木曜日の時点まで時間を進める。

Not many hours after that story appeared, a credible source told Re/code that The Post’s story is bunk. Another 90 minutes or so later, Reuters heard similar whispers.

その売却話が浮上してから、数時間も経たないうちに、信頼できる情報筋が Re/code に、New York Post の話はガセだと語っている。 そこから、90分ほど後に、同じウワサを Reuters が拾った。

None of the allegations floating around can be tied down to an actual person willing to put their names to their “facts”. So this looks like either rumour-mongering or some kind of weird Wall Street leaking game in which players prod each other through the media.

いずれの主張も、話したとされる人物と、「事実」とされる内容が、結び付けられていない、あやふやなものである。

したがって、ウワサ商売のたぐいというか、Wall Street の奇妙なリーク・ゲームというか、そのようなものとして見るべきなのだろう。 つまり、メディアを通じてプレーヤーたちが、お互いを叩き合っているわけだ。

Let’s just keep the kit these players need to go about their business running, shall we?

それらの出来事は、プレイヤーたちがビジネスを展開するための、単なる道具として捉えるべきなのだろう。 それで、良いんじゃない?

ーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

真相は闇の中、、、という感じです。 この The Register のポストを読む限り、EMC もオフィシャルには否定していないようです。 続報があればと思い、ググッた結果は以下のとおりです(12日14時)。まだ、目を通してもいませんが、候補として IBM が登場したという説もあるようです。なにやら、話は広がり、いわゆる炎上モードに入っているような感じもしますね。

ーーーーー

<関連>

Channelnomics: EMC Considers Selling VMware to HP – Reports
Bnamericas: EMC may sell VMware to HP – report
ZDNet: EMC mulls selling stake in VMware, reportedly calls deal a ‘distraction’
Infotechlead: HP and IBM target VMware as EMC plans to exit
The Street: EMC Seen as Potential Target After Said to Mull VMware Stake Sale

 

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC considers selling stake in VMware: NY Post
http://wp.me/pwo1E-7QI

September 11, 2014 MYT 8:00:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/09/11/EMC-considers-selling-stake-in-VMware-NY-Post/

_Star Online

Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

データ・ストレージ・プロダクツのメーカーである EMC だが、同社の傘下で仮想化ソフトウェア・ユニットとして機能している、VMware を売却する方向で検討を始めたと、この状況に精通している情報筋の言葉を引用するかたちで、 New York Post がレポートしている。

Hewlett-Packard Co is a potential buyer for VMware, a source told the paper.

そして、この情報筋は、VMware の売却先が Hewlett-Packard Co になる可能性が高いと、紙面で述べている。

POTENTIAL SALE: Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

EMC has been resisting pressure from activist investor Elliott Management Corp to spin off VMware, saying that keeping the companies together helps the company win business.

これまでの EMC は、VMware のスピン・オフを推進すべきとする、投資家の Elliott Management Corp からの圧力に抵抗してきた。そして、両社が協調することで、ビジネスで勝利を収められると発言してきた。

Elliott has invested more than US $1 bil (RM 3.19 bil) in EMC with an aim to push it to spin off VMware, which has a market value of about US$41.88bil (RM 133.81 bil). EMC, which owns about 80% of VMware, had bought the company in 2004 for US $700 mil (RM 2.23 bil). VMware accounted for about 22% of EMC’s 2013 revenue of US $23.2 bil (RM 74.12 bil).

Elliott は EMC に US $1bil (RM 3.19 bil) 以上を出資しており、市場価格が US $41.88 bil (RM 133.81 bil) とされる VMware を、売却させようとしている。 また、EMC は、VMware の株式の約 80% を所有しているが、それは 2004年の時点で、US$700mil (RM2.23bil) という対価で買い求めたものである。そして、2013年の VMware は、EMC グループ全体の 22% に相当する、US $23.2 bil (RM 74.12 bil) という売上をあげている。

EMC may also look to put other assets on sale, another source told the Post. EMC, VMware and HP did not immediately respond to requests for comment.

また、EMC は、その他の資産の売却も検討していると、前述の情報筋は New York Post に語っている。EMC と、VMware と、HP にコメントを求めているが、いずれも無言を貫いている。

Up to Wednesday’s close, EMC shares had gained about 12% in 12 months, while the S&P 500 Index had risen about 21%. Shares of EMC, which has a market value of US$59.86bil (RM191.26bil), were up 2% at US$30.17 (RM96.40) in premarket trading. — Reuters

EMC の株価であるが、水曜日のマーケットが閉まる時点で、前年と比べて 12% の上昇を達成している。 ただし、S&P 500 Index が、21% の上昇を見せているという現実もある。 なお、EMC の株式総資産は  US $59.86 bil (RM 191.26 bil) であり、プレ・マーケット・トレーディングにおいて US $30.17 (RM 96.40) の上昇となっている。— Reuters

ーーーーー

否定説です:EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている

ーーーーー

今週は、この他にも、「Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポート」という話がありました。 この数年間を支配してきたとも言える、仮想化というテクノロジーは、クラウド・シフトと共に、次第に輝きを失っていくのでしょうか? もう、4年も前のポストですが、「VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを」という、Gogaom が付けたタイトルが、幾度となく脳裏を横切っていきます。

ーーーーー

<関連>

Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Hybrid 対 Public : ユーザーとっての必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on August 26, 2014

Hybrid and private vs. public cloud strategies: Assessing the duel
http://wp.me/pwo1E-7MI

By Larry Dignan for Between the Lines |July 6, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-and-private-vs-public-cloud-strategies-assessing-the-duel-7000031172/

_ zdnet normal

Summary: EMC will talk hybrid cloud this week—and new systems of course. AWS will obviously pitch public cloud. Your cloud reality will probably land in the middle.

Summary: 今週は(7月初旬の話)、EMC からハイブリッド・クラウドと、新しいシステムに関する説明がある。 そして AWS は、明らかにパブリック・クラウドをプッシュしてくるだろう。 あなたにとって、現実的なクラウドは、その中間に位置するのだろう。

ーーーーー

Welcome to a week of dueling cloud strategies. As noted in our special report on the hybrid cloud, many enterprises will mix and match their data centers with private and public computing resources, but the balance will be critical.

いくつかのクラウド戦略が、対決する週がやってきた。私たちもスペシャル・レポートで述べたように、ハイブリッド·クラウドについては、数多くのエンタープライズが自身のデータセンターと、プライベート/パブリック·コンピューティングのリソースを、上手く混ぜ合わせているが、そのバランスはクリティカルになっていく。

This week will feature an EMC event called "Redefine Possible." The July 8 event, hosted in London, promises to offer "game-changing innovations for your hybrid cloud." Two days later in New York, Amazon Web Services will drop into New York City with its Summit 2014, which offers technical sessions and bootcamps.

今週の目玉は、"Redefine Possible” という名の EMC のイベントである。 この、London で 7月8日に開催されるイベントには、ハイブリッド·クラウドのイノベーションをゲーム・チェンジさせるものが登場するという。 その 2日後には、Amazon Web Services が New York 入りして、テクニカル・セッションやブートキャンプで構成される Summit 2014 を開催する。

AWS CTO Werner Vogels is likely to talk about how most compute and storage will move to the public cloud. Privacy and security? Well good architecture can take care of that.

AWS の CTO である Werner Vogels は、大半のコンピューティングとストレージを、パブリック・クラウドへと移行する方式について、おそらく話をするだろう。プライバシーとセキュリティについては、適切なアーキテクチャが対処するという考え方である。

EMC will give a nod to the public cloud but also acknowledge—just like its VMware unit does—that the hybrid cloud will be reality for a long time. Companies aren’t going to simply chuck their data centers.

その一方で EMC は、パブリック・クラウドに同意はしても、VMware 部門が言い続けてきたように、長期的に見ればハイブリッド·クラウドが現実解になるとプッシュしてくる。つまり、自社データセンターを簡単に放棄するなと、エンタープライズたちを説得するだろう。

In the end, the truth is likely to lie somewhere between EMC’s take and AWS’ version of the truth. Discerning what’s real is one reason that hardware spending in the enterprise has slowed. Every IT buyer is wondering whether they really want to buy that one more server or storage array. Especially when CFOs and CEOs are questioning hardware spending and floating the cloud as an option.

結局のところ、EMC の主張と AWS の見解の間のどこかに、真実は存在するのだろう。 何が現実なのかを確認する時期に差し掛かっているためか、エンタープライズにおけるハードウェア支出が鈍化している。 すべての IT 購入部門は、さらにサーバーやストレージアレイを購入すべきかどうかと、疑問を抱いている。 とりわけ、ハードウェアへの支出と、クラウドの選択の間で、CFO と CEO が迷っているとき、その傾向が顕著に現れる。

The stakes are high for all vendors. The likes of IBM, EMC, NetApp, Hewlett-Packard and Oracle are looking to manage a transition to a cloud. If everyone goes cloud happy at once, the growth won’t offset lumpy hardware sales. Software companies have to worry about license and maintenance revenue being offset by subscriptions.

すべてのベンダーにとって、大きな利害関係が生じてくる。IBM/EMC/NetApp/Hewlett-Packard/Oracle といったベンダーたちは、クラウドへの移行をビジネスにしようと狙っている。誰もが一足飛びにクラウドへ移行してしまうと、ハードウェア販売における変動幅を調整できなくなってしまう。また、ソフトウェア・ベンダーは、ライセンスとメンテナンスによる収益が、クラウドのサブスクリプションで相殺されてしまうことを心配するはずだ。

For a vendor like VMware the question becomes whether the company is the last great enterprise software company or one of the first cloud innovators.

つまり、VMware のような企業は、最後まで偉大なエンタープライズ・ソフトウェア・ベンダーとして残るべきか、最初のクラウド·イノベーターになるべきかという、大きな岐路に差し掛かることになる。

In either case, the cloud game—public, private or hybrid—won’t be zero sum. Nevertheless, this week’s news could portray a zero sum game. As I said last week, the most important thing for an infrastructure buyer is to assess whether hybrid cloud architecture will tip more to public resources or private. Those educated guesses for your organization will inform what vendor you continue to use.

パブリック/プライベート/ハイブリッドが入り乱れるクラウド・ゲームは、いずれにしてもゼロ・サムにはなり得ない。それにもかかわらず、今週に登場するニュースは、ゼロ・サム・ゲームで脚色したものになるだろう。先週に、私たちが述べたように、インフラの購入担当者にとって最も重要なことは、ハイブリッド·クラウドのアーキテクチャと、パブリック/プライベートのリソースとの関係を評価することである。それを適切に調べあげることができれば、あなたの組織が継続して付き合うべきベンダーが見えてくるだろう。

Research: 70 percent using or evaluating a hybrid cloud solution | Hybrid cloud: Which way will the balance tip between public and private? | Hybrid cloud adds fizz for Coke

ーーーーー

訳していて、なかなか面白い記事でした。 また、文中には登場してきませんでしたが、キャリア系のプライベート・クラウドも育ってきていますし、さらに言えば、この領域でコロケーションを展開して、一大勢力となってきた Equinix の存在もあります。 なんとなく、クラウドはパブリックだけで完結するものではなく、そろそろ第2ラウンドの幕が開く・・・ という感じですね。 お楽しみは、これからです!

ーーーーー

<関連>

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない

Posted in On Monday, Research by Agile Cat on August 11, 2014

Cloud Computing: Rampant Failure of Cloud Implementation Projects
http://wp.me/pwo1E-7Kw
By Dick Weisinger − August 8, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-rampant-failure-of-cloud-implementation-projects/

_ formtek

Yikes!  Despite the stunning growth numbers behind the web, a new report shows a dark side: Cloud implementation failures.

な、なんと! Web の成功を後ろから支える素晴らしい数字にもかかわらず、この、最新レポートは、あるダーク・サイドを示しているのだ。 つまり、クラウド実装における、失敗の確率のことである。

63 percent of Amazon AWS projects are considered failed, compared to 57 percent of projects on Rackspace and 44 percent of Microsoft Azure projects.  That’s according to a report done by VMWare.  VMWare concluded in their study that  failures were least likely to occur on non-VMWare based platforms, which you might expect.  Although VMWare-based failures were also high at 33 percent.

Amazon AWS プロジェクトにおける 63% という失敗率に対して、Rackspace プロジェクトは 57%、Microsoft Azure プロジェクトは 44% と考察されている。このレポートは、VMware により作られたものである。そして、ご想像のとおり、VMWare における失敗の確率は、他のプラットフォームの比較において、最も低いであろうと結論付けている。 とは言え、VMware ベースでの失敗も、33% という高い数字を示しているのだが。。。

注記:上記のリンクから、対象となるレポートをダウンロードしましたが、それによると、「Amazon AWS 57%、Rackspace 63%」の失敗率となっています。Dick Weisinger さんのミスなのか、レポートが修正されたのか、いずれかの理由によるものと思われます。 また、そのレポートの作成に、VMware が関与しているという記述ですが、ダウンロード・サイトである iland が、VMware のビジネス・パートナーだからなのかと推測します。

The report said that “the promise of the cloud remains tantalizingly out of reach, and in its place are technical headaches, pricing challenges and unexpectedly high operational costs…  Respondents reported staggering failure rates across ‘tech giant’ IaaS implementations and identified the support and functionality needed to overcome top challenges.”

このレポートは、「 クラウドにおける約束は、テクニカルな悩み、および、価格設定の課題、予想外に高い運用コストといった領域を、依然として解決できないでいる。そして、調査における回答者たちは、テック・ジャイアントの IaaS を横断するかたちで、かなりの失敗が生じていることをレポートし、また、この最大の課題を克服するために必要な、サポートおよび機能を指摘した」と述べている。

There’s the question of whether these numbers are to be believed and also to understand in more detail just what constitutes a failure, but to put the high failure rates in perspective, in 2008 before the boom of cloud computing, a study found that, on average, 68 percent of IT projects are considered failures.  Maybe things just never change.

ここでの論点は、一連の数字を信じて良いのかというところだろう。 また、失敗の構成要素は、より深く掘り下げられるべきだろう。 しかし、クラウドがブームになる以前の 2008年にも、高い確率でプロジェクトは失敗するという視点の、調査結果がレポートされている。そのときには、IT プロジェクトの 68% が失敗とみなされていた。 おそらく、物事は、そう簡単に変わらないということなのだろう。

Other findings of the report are:

  • 33 percent of customers find cloud pricing confusing
  • 38 percent say that cloud service contracts are expensive and difficult to understand
  • 35 percent of customers experienced unexpected downtimes
  • 33 percent found the learning curve to managing their cloud resources as steep
  • 33 percent say that cloud scalability is more difficult than vendors would have you believe
  • 33% が、クラウドの価格構成に対して混乱している
  • 33% が、クラウドの契約を理解するための、手間と難しさを指摘している
  • 35% が、予期せぬダウンタイムを経験している
  • 33% が、自身のクラウド資産を管理するための、学習曲線に無理があるとしている
  • 33% が、スケーラビリティの達成は、ベンダーが言うほど簡単ではないと述べている

ーーーーー

出だしが凄かったので、ハラハラ・ドキドキの翻訳作業でしたが、上手く着地するものですね。 さすがは、Dick Weisinger さんです。 クラウド・プラットフォームごとに、プロジェクトの失敗率を調べたところで、いったい、どんな意味があるのかと、疑問を投げかけているようもに思えます。 もちろん、自身の記事の材料として、こうして参照しているわけですがら、1つの情報として利用する価値を認めているのだと推測しますが、その背景も理解すべきと言っているのでしょう。 

ーーーーー

<関連>

Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!

米国のハイテク・インターンたちは、学生でありながら年間で 750万円も稼ぐらしい

Posted in .Selected, Research, Weekend by Agile Cat on March 9, 2014

Some Tech Internships Pay More Than $75,000 A Year
http://wp.me/pwo1E-7ij

Niall McCarthy , March 6th, 2014
http://www.statista.com/chart/1966/the-highest-paying-companies-for-interns-in-the-united-states/

_ Statista

Incredibly, some American tech interns rake in more money than the median American household in the United States. According to the Census Bureau, that is $53,046 a year, yet some companies like Pilantir and VMware pay their interns much more.

信じられないことだが、アメリカのハイテク企業に所属する一部のインターンたちは、同じくアメリカの中流世帯よりも、多くの収入を得ている。 Census Bureau(統計局)によると、その平均年額は $53,046 である。 そして、Pilantir や VMware といった企業は、インターンたちにさらに多くを支払っている。

When it comes to the highest average monthly base pay for interns in the United States, those two companies occupy first and second place on the list, paying $7,012 and $6,966 respectively. Twitter comes a close third at $6,791 while LinkedIn occupies fourth place with an average monthly base pay level for interns of $6,230.

アメリカのインターンたちに対する基本給を月平均で計算してみると、前述の二社は $7,012 と $6,966 を支払っており、リストの 1位と 2位をを占めることになる。その後に続くのは、3位の Twitter が $6,791 で、4位の LinkedIn が $6,230 となる。

Facebook rounds off the top five. The popular social network also pays its interns extremely well – an average of $6,213 per month.

Top-5 を締め括るのは Facebook である。 この、人気のソーシャル・ネットワークも、インターンたちに高額を支払っており、その月平均は $6,213 である。

This chart shows the highest paying companies for interns in the United States in 2014.

このチャートが示すのは、2014年のアメリカにおいて、インターンたちに高額を支給している企業のリストである。

ーーーーー

weekend凄まじい勢いで、いわゆる青田刈りが行われているのですね。 これには驚きましたが、それだけ、優秀な頭脳と強いモチベーションを持つ人材が必要とされているのでしょう。 そして、きわめて妥当な投資として、企業側は判断しているのだろうと推測できます。 とは言え、相手は学生さんです。 こんなに多額の報酬を得てしまい、人生を誤らないかと、半分はやっかみ気分ですが、余計な心配をしてしまいます。 :) ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ホンモノの Sergey Brin を当てよう! なかなか笑える 13年前の TV ショー
27年前の Mac で、いまのインターネットに接続してみた – YouTube で ど~ぞ!
Angry Birds のすみかを暴く : その HQ 内部に 潜入してみた!
Facebook が 10歳 になった:ステキな 手書きイラストで おめでとう!
SimCity がオフラインになるが、もう少し待って、、、ということらしい

SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ

Posted in Data Center Trends, Network, SDN, Strategy by Agile Cat on October 10, 2013

SDN Is Not a Technology, It’s A Use Case
http://wp.me/pwo1E-6Ly

Posted by
Greg Ferro – August 07, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-networking-management/sdn-is-not-a-technology-its-a-use-case/240159609

_Network Computing

Commentators on software defined networking (SDN) often point out that no one has deployed SDN, or you that can’t buy SDN today. At a recent IETF meeting, someone stood up and said SDN stands for "Still Does Nothing."

SDN(Software Defined Networking )を取り巻くコメンテーターたちは、大半のケースにおいて、依然として誰もディプロイしておらず、どこへ行っても買い求めることはできないと指摘している。先日の IETFミーティングでは、SDN は Still Does Nothing の略だと、立ち上がって発言するオーディエンスもいたほどである。

This attitude fails to understand SDN is not a technology. It’s more practical to define SDN as a bunch of use cases that use many technologies to meet specific customer needs. Think of it in terms of the data center. Sometimes people will talk about purchasing a "data center network," but that phrase encompasses a variety of different technologies and functions. Do you mean top-of-rack and core Ethernet switches? MLAG and TRILL capability? QoS, MPLS or virtual contexts? Do you mean the OSPF and STP pathing software?

このような態度は、SDN がテクノロジーではないことを、理解できないところから生じる。つまり、特定の顧客のニーズを満たすために、数多くのテクノロジーを使用するユースケースの固まりとして、SDN を定義する方が実用的なのである。それについて、データセンターの観点から考えてみよう。 時として、人々は、"Data Center Network" の購買について話をするが、このフレーズが網羅するものは、それぞれのテクノロジーと、さまざまな機能という、とても幅広いものとなる。あなたは、トップ·オブ·ラックと、コア・イーサネット・スイッチを想像するだろうか?それとも、MLAG と TRILL のキャパシティ?QoS あれば、MPLS もあり、仮想コンテキストもある。さらに言えば、OSPF と  STP の Pathing ソフトウェアなのか?

Thus, a more reasonable discussion of SDN should focus the features it will provide and the technologies required to build it. Broadly speaking, SDN features deliver multi-tenancy, mobility, scalability and reliability on our networks. What differentiates SDN from existing networking is the use of controllers, APIs and software applications to achieve these features.

このように、SDN について合理的に議論を進めるなら、それが提供する機能と、それを構築するために必要なテクノロジーに、フォーカスしていくべきである。大まかに言えば、SDN の機能とは、それぞれのネットワーク上で、Multi-Tenancy/Mobility/Scalability/Reliability を提供することにある。そして、SDN と既存ネットワークの区別は、これらの機能を達成するために、Controller/API/Software Application を用いるところにある。

On the technology side, how you build and deploy SDN will vary according each network and the use cases of that network. Some networks will use OpenFlow, other will use SPB, TRILL, OSPF and others. The SDN platform you deploy might use the OpenDaylight controller or the BigSwitch Networks controller that interfaces to OpenStack. Or your SDN might be a full stack approach, such as Juniper’s Contrail V, Nuage Networks’ VSP or VMware’s NSX, that provides a different type integration and feature set to manage virtual switches in the hypervisor. For service providers, it’s likely that IETF efforts around I2RS will further enable "programmable MPLS" for WAN management to extend the tools that are available today, such as Cisco’s Cariden. And a careful look at Metro Ethernet shows that SDN functions have already arrived with SDH/Sonet already supporting external configuration.

テクノロジーの面から見ると、SDN を構築/ディプロイする方法は、それぞれのネットワークに依存するものとなり、また、対象となるネットワークのユースケースごとに異なるものとなる。 一部のネットワークでは OpenFlow が使用されても、他では SPB/TRILL/OSPF などが使用される。そしてデプロイすることになる SDN プラットフォームが、OpenStack とインターフェイスを取るにしても、そのコントローラは OpenDaylight にもなれば、BigSwitch Networks にもなるだろう。さもなければ、あなたの SDN は、Juniper の Contrail V や、Nuage Networks の VSPVMware の NSX といった、フル・スタックのアプローチを取るかもしれない。それらのアプローチでは、ハイパーバイザーの仮想スイッチを管理するために、それぞれのタイプに応じた統合が行われ、それぞれの機能が提供される。サービス・プロバイダーの視点から見ると、I2RS の関連する IETF での取り組みに似ている。つまり、Cisco の Cariden のように、現時点で利用が可能なツールを、WAN 管理のための "programmable MPLS" へと発展させていく可能性もあるのだ。そして、Metro Ethernet で注視すべきことは、SDN 機能が SDH/Sonet にまで到達し、すでに外部のコンフィグレーションをサポートしている点である。

And for more specialized or niche requirements, you can develop your own application to use proprietary APIs such as Cisco’s onePK for precise control over the network and its changes.

そして、さらに特化した要件や、ニッチな要件においては、このようなネットワークと、その変化を的確に制御する独自アプリケーションを開発し、そこで、Cisco の onePK のようなプロプライエタリ API を使用することも可能だ。

All of these approaches are Software Defined Networking. While some of the technology components are shipping today (as products or even updates to existing technology) many others are still under development. Vendors developing products seek feedback from the marketplace to determine if those products meets customer needs. This gives vendors insight into product viability and validates the investment plan. However, it also creates a good deal of uncertainty, which in turn generates a lot of noise that can distract from actual outcomes that these products create.

これら、すべてのアプローチが、SDN なのである。 いくつかのテクノロジー・コンポーネントが、現時点で出荷されている(新たなプロダクトや、既存テクノロジーのアップデートなど)。しかし、その一方では、依然として数多くのものが開発中である。 開発ベンダーたちは、自身のプロダクトが顧客のニーズを満たしているかどうかを判断するために、マーケットからのフィードバックを求めている。それによりベンダーたちは、そのプロダクトの生存能力に関する洞察を得て、投資の計画を検証していく。しかし、予期せぬビジネスが生まれることもある。 それにより、それらのプロダクトがもたらす、実質的な結果を曖昧にするという、数多くのノイズも発生していくだろう。

SDN is a major inflection in the curve of networking technology, but it’s not a revolutionary product that solves all of today’s challenges. Very few ideas in IT are new, and SDN is no exception. SDN is combining the useful features of existing products in new ways and adding some control methods with software interfaces that change configuration and operations. That’s not a single thing, it’s a strategy. In the same way that you don’t buy a "Data Center Network" today, you won’t buy "Software Defined Networking" tomorrow.

SDN は、ネットワーキング・テクノロジーの変遷に、大きな抑揚をもたらすが、今日における全ての課題を解するという、画期的なプロダクトではない。IT における新しいアイデアは、きわめて少なく、また、SDN も例外ではない。SDN は、既存プロダクトにおける有用な機能を、新しい方式で組み合わせている。 そして、コンフィグレーションとオペレーションを変更するための、ソフトウェア・インターフェイスを用いて、いくつかのコントロール・メソッドを追加している。それは、単一のものではなく、ストラテジーとして見なすべきだ。 つまり、現時点で "Data Center Network" を購入できないのと同じ理由で、明日になっても "Software Defined Networking" は購入できないのだ。

ーーーーー

imageとても刺激的なタイトルのポストなのですが、ずっと手つかずで、翻訳リストに残されたままになっていました。 訳してみて、Data Center Network との対比は分り易く、また、SDN の概念も自分なりに整理された感じがします。 なお、著者である Greg Ferro さんは、フリーランスの Network Architect and Engineer とのことで、Email および Twitter @etherealmind でコンタクトが可能とのことです。また、彼がホストしている、EtherealMind.com Packet Pushers というブログも、ご覧くださいとのことです。image

ーーーーー

<関連>

ネットワークの仮想化へ向けた論証 – Ben Cherian
Brocade が Vyatta を買収
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Apigee は、テレコムのための SDN を考える
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Posted in .Selected, Asia, OpenStack by Agile Cat on August 21, 2013

OpenStack Grows Up And China Notices
http://wp.me/pwo1E-6vZ

Charles Babcock| July 24, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/openstack-grows-up-and-china-notices/240158721

_ Information week

In three years, OpenStack has taken the lead in open source for the enterprise cloud. Fall summit scheduled to take place in Hong Kong.

この3年間にわたって OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのオープンソース化をリードし続けてきた。 そして、この秋に予定されるサミットは、その開催地として Honk Kong を選んでいる。

ーーーーー

When OpenStack uncorks the champagne for its anniversary on Wednesday at OSCON (the Open Source Conference) in Portland, Ore., it doesn’t need to cite surviving three tumultuous years or the number of lines of code produced. It will have more qualitative gains to celebrate.

この水曜日に、Portland, Ore で開催された OSCON (the Open Source Conference) で、OpenStack が 3年目を記念のシャンパンの封を切った。 しかし、そのときに、大量のコードを生成しながら、激動の 3年間を生き続けたと、あえて説明する必要もなかったようだ。これから先も、OpenStack の性質からして、さらなる祝福が訪れるだろう。

imageOpenStack is the de facto leader in open source code for the enterprise cloud. It’s moved decisively into the lead for the production of both cloud provisioning and management and software-defined networking — that still loosely defined area of private cloud operations.

OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのための、オープンソース·コードという領域におけるデファクト・リーダーであり、クラウドのプロビジョニングとマネージメントという 2つの局面で、生産すべきソフトウェアを決定するというポジションを、明確にリードするようになってきた。それは、プライベート・クラウド運用の領域を、大まかなところで定義する SDN についても言えることである、

OpenStack is downloaded with great regularity as the prototype system for a private cloud. According to founding member and Rackspace’s senior VP of private cloud Jim Curry, who spoke to us in an interview prior to the anniversary, the Rackspace release for private cloud has seen 29,000 downloads.

OpenStack は、プライベート・クラウドのプロトタイプとして、安定したペースでダウンロードされている。OpenStack の創立メンバーであり、Rackspace の Senior VP of Private Cloud でもある Jim Curry は、前述の記念日に先立ったインタビューにおいて、プライベート・クラウド用の Rackspace リリースは、すでに 29,000 ダウンロードに達していると説明していた。

Downloads, however, don’t mean much by themselves. What matters is the number of downloads that lead to working implementations. The list of publicly recognized implementers is shorter, but it includes, in addition to Rackspace and HP, such names as Comcast, Paypal and CERN. Also add Best Buy, Fidelity, Bloomberg and a fourth major enterprise user to be announced Thursday.

しかし、ダウンロードされるだけでは、それほどの意味もない。何が重要かといえば、実装につながるダウンロード数が重要となる。公認された実装者のリストは不足しているが、Rackspace と HP に加えて、Comcast および、Paypal、CERN などが加わるようになってきた。さらに言えば、Best Buy と、Fidelity、Bloomberg と、それに続く 4番目の主要エンタープライズ·ユーザーが、木曜日にはアナウンスされる。

It’s still too soon to compare OpenStack to Linux, although Openstack adherents are quite fond of doing so. Linux, through hard experience, produced a kernel development process that imposed the discipline of adding only processes or code that complemented what was already there. It’s not clear whether OpenStack, with its long list of code contributors, committers and sponsors (many of them competitors with rival agendas) will institute such discipline or drift into feature bloat. I’ve heard the team leaders say no benevolent dictator – i.e., Linus Torvalds — is needed at their project. Perhaps not, but some central disciplinary intelligence is needed. With no Torvalds on the scene, it’s not clear who’s responsible for such discipline at OpenStack. But let’s give OpenStack a chance to mature and show us how it addresses the issue.

OpenStack の支持者たちは、すぐに Linux と対比したがるが、それは時期尚早である。Linux は困難なエクスペリエンスを介して、すでに存在するものを補完する、プロセスとコードだけを追加するという、カーネル開発プロセスのための強制的な規律を創りだした。コードのコントリビューター/コミッター/スポンサーといった、長いリスト(その多くがライバルでありアジェンダを戦わせている)を伴う OpenStack が、将来の拡張に対して、そのような規律や趣意を提示するかと言えば、それは、まだ、明らかになっていない。このプロジェクには理解ある独裁者が、すなわち Linus Torvalds のような人が必要だと、チームリーダーたちが言っているのを聞いたことがある。おそらく、そのような人物はいないだろうが、その中心において、規律をインテリジェントに取り扱う機能は必要だ。そのような、Torvalds がいない現実において、OpenStack の規律に対して、誰が責任を持てるかといえば、それも不明確である。しかし、OpenStack には成熟のチャンスを与えるべきであり、そうすれば、問題への取り組み方も、明らかにしてくれるだろう。

Likewise, it’s hard to get past the simple quantitative measures to see how the new foundation and its development process are really working. We know OpenStack now has over one million lines of code, 231 company members, 238 unique contributors to the Grizzly release, etc. But the project is also taking on a much more international flavor, with members from 121 countries. In fact, the next OpenStack Summit will meet in November in Hong Kong — the first to take place outside the U.S.

それと同様に、定量的な測定をシンプルに行うだけで、この新しいファンデーションと、その開発プロセスが、適切に機能しているのかを確認するのも難しい。私たちが知っている範囲では、OpenStack は 100万行以上のコードを有し、231社のメンバーが参加し、238人のコントリビュータにより Grizzly などをリリースしている。しかし、それよりも、このプロジェクトは 121ヶ国からのメンバーが参加するという、はるかにインターナショナルなフレーバーに満ちているのだ。実際のところ、次回の OpenStack サミットは、11月の Hong Kong が予定されているが、アメリカ以外での初めての開催となる。

Chinese interest in OpenStack is huge because it opens wide the door to cloud computing. Developers at the Chinese firm Sina, previously contributors to the project, have helped form the China Open Source Cloud League, which adds more contributors to the project, according to Curry.

OpenStack は、クラウド·コンピューティングへのドアを大きく開くため、China の関心も大きく膨らんでいる。Curry によると、このプロジェクトに以前からコントリビュートしている、China 企業である Sina は、さらに多くの人々を集めるための、China Open Source Cloud League を形作ろうとしている。

In addition to its greater international focus, there’s another sign of growing OpenStack maturity. Each subproject of OpenStack holds an election every six months among active contributors to decide who should serve as technical lead of the project, a key position. No changes in these posts would suggest that one company’s or one faction’s influence was sufficient to maintain the same lead indefinitely. For example, early on, Rackspace and Nebula technology execs dominated these positions because Rackspace was a co-founder and organizer, as were the founders of Nebula, who came out of NASA.

こうした、素晴らしいインターナショナル・フォーカスに加えて、OpenStack の成熟度を示す別の兆候がある。OpenStack はにおける個々のサブ・プロジェクトは、このプロジェクトのテクニカル・リードという、重要なポジションを務めるべき人を、積極的なコントリビューターの中から選ぶため、半年ごとに選挙を実施している。このポストに変化がないということは、一社もしくは一派閥が、永遠に変わらないリードを維持するだけの、充分な影響力を行使していたと示唆される。たとえば、OpenStack の黎明期において、一連のポジションが Rackspace とNebula の技術幹部たちに独占されていたのは、Rackspace が Co-Founder であり、NASA から生じた Nebula に Founder たちが居たからである。

In April, Russell Bryant of Red Hat replaced Vishvananda Ishaya of Nebula, who had served as technical lead of the Nova compute project for 2.5 years. In addition, Dan Wendlandt, of the software-defined networking firm Nicira, was the technical lead on the Quantum networking project for a year, with Nicira acting as a major contributor. After Nicira was acquired by VMware, a competitor of OpenStack, Nicira remained a contributor but Wendlandt was replaced by Marshall McClain of Dreamhost. In other words, what might have been a narrow band of leadership reflecting company interests has gradually given way to broader leadership, suggesting a meritocracy of regular elections is at work.

この 4月には、Nova プロジェクトのリードが、Nebula の Vishvananda Ishayaから  Red Hat の Russell Bryan に替わった。Ishaya は、2年半にわたって、このテクニカル・リードを務めてきたのだ。また、SDN の企業である Nicira の Dan Wendlandt は、主要コントリビューター Nicira としての立場から、1年間にわたり Quantum ネットワーク・プロジェクトのテクニカル・リードを務めていた。そして Nichira は、OpenStack のライバルである VMware に買収された後もコントリビューターとして残っているが、Wendlandt のポジションは Dreamhost の Marshall McClain へと移行した。言い換えれば、企業の利益を反映する、狭い視野によるリーダーシップから、より広範なリーダーシップへと、徐々に変化しているのだ。これも、定期的な選挙の結果が示唆するものなのだろう。

In three years, OpenStack has come a long way in both its internal organization and its acceptance in the world. It’ll be up to the company’s current management team to achieve additional milestones going forward.

この 3年の間に、組織の内部において、そして、外側の世界において、長い道のりを歩むことで、OpenStack は受け入れられるようになってきた。 それにより、この先のマイル・ストーンを達成するまで、現行のマネージメント・チームは支持を受け続けるだろう。

Says Chris Kemp, former CIO of NASA and CEO of OpenStack firm Nebula: "It’s hard to find a computer company, with the exception of Amazon, that’s not part of OpenStack. It’s occupying a huge void that needed to be filled… Everyone agrees, the next 25 years of computing should be open."

NASA の CIO を努め、いまでは OpenStack を支持する Nebula の CEO である Chris Kemp は、「Amazon を例外として、OpenStack に参加していないコンピュータ会社は、なかなか見つからないはずである。それにより、満たされるべき、巨大な空間を占有できるようになった。 これから 25年の間に、コンピューティングはオープンになるといいう考え方に、誰もが同意している」と、発言している。

OpenStack Grizzly Has SDN TeethCharles Babcock | April 05, 2013

ーーーーー

openstack-55aこの 4月に、『 そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! 』という抄訳をポストしましたが、そこには、こんなことが書いてあります。 ーーー クラシカルなセールス・モデルとは、組立ラインの経済から生じた、ある種の不自然な結果である。 製造業という、パーツを構築する世界では、製品を完成させるためにアセンブリを行い、それらを倉庫から出荷し、収益を得るためにセールスとマーケティングに依存してきた。こうした方式により、自動車/医薬品/化粧品/書籍/食品/飲料などの製品が、長きにわたり構築され、販売されてきた。しかし、このクラシカルなモデルを、エンタープライズ·ソフトウェアに当てはめても、それは失敗の運命にある。ーーー 中国における Android の爆発的な成長からは、洗練された多国籍企業であっても、なかなか乗り越えられないテリトリーの壁を、オープンソースがやすやすと突破していった様子がうかがい知れます。Linux と Android に続き、OpenStack がアジアの広大なスペースを満たしてくれることを期待しています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

%d bloggers like this: