Agile Cat — in the cloud

Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Strategy, Telecom by Agile Cat on February 25, 2014

Sprint, Nokia squeeze a 2.6 Gbps connection out of a Spark network trial
http://wp.me/pwo1E-7fq

By Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/sprint-nokia-squeeze-a-2-6-gbps-connection-out-of-a-spark-network-trial/

_ Giga Om

Summary: Sprint and Nokia are showing off their latest feat, but it’s doubtful we’ll ever see such speeds in real life. Sprint likes to talk about the network it could build, but it never builds it.

Sprint と Nokia が、最新の偉業を披露しているが、私たちの実生活の中で、そのような通信速度が達成されるかというと、まだ、疑問が残る。Spring は、構築が可能なネットワークについて語るのが好きだが、それを構築したことがない。

ーーーーー

Nokia’s network division is returning to work at Sprint after a multiple-year hiatus, and it apparently wants to make a good impression. Nokia announced it has used its Flexi base station gear to transmit an eye-popping 2.6 Gbps downlink connection on Sprint’s Spark LTE network, breaking Sprint’s previous record of 1.6 Gbps.

Nokia のネットワーク部門が、数年の空白の後に Sprint での作業に戻ってきた。 そして、良い印象を与えたいと、明らかに望んでいるようだ。Nokia は、Sprint の Spark LTE ネットワーク上で、2.6 Gbps のダウン・リンクという、目を見張るような接続を実現するために、その Flexi 基地局ギアを使用したと発表している。それは、Sprint における 1.6 Gbps という記録を塗り替えるものとなる。

photo: Shutterstock / Ase

Nokia was able to accomplish this feat by tapping into Sprint’s enormous treasure trove of 2.5 GHz spectrum. Using LTE-Advanced carrier aggregation techniques, Nokia and Sprint bonded together 120 MHz of frequencies, giving it six times the bandwidth of most LTE networks deployed in the U.S. today.

Nokia は、2.5 GHz スペクトラムに存在する、Sprint の巨大な宝庫を活用することで、この偉業を達成できた。LTE-Advanced のキャリア・アグリゲーション・テクノロジーを用いて、Nokia と Sprint は 120MHz の周波数を結合することで、今日のアメリカにディプロイされている大半の LTE ネットワークに対して、6倍以上に達する帯域幅を提供する。

In addition, Nokia likely took advantage of the unique properties of the LTE technology variant Sprint uses in Spark. Time division-LTE uses the same frequencies to transmit to and from the tower – it just sends the uplink and downlink in different time intervals. Most other LTE network use frequency division configurations, which create separate channels for upstream and downstream connections. Think of FD-LTE as a divided highway, while TD-LTE is a single-track railroad.

それに加えて、Sprint が Spark で用いている、LTE テクノロジーの変種ともいえる、とてもユニークな性質を、Nokia は活用していると思われる。時分割 LTE は、タワーとの伝送において、同じ周波数を用いて、アップリンクとダウンリンクを時分割で送受信している。しかし、大半の LTE ネットワークは、周波数を分割するというコンフィグレーションがなされ、別個のチャネルを用いてアップストリームとダウンストリームが接続されている。つまり、FD-LTE は上下線が分割されたハイウェイに似ているが、TD-LTE は単線の鉄道のようなものである。

The advantage of TD-LTE is that it can devote a greater portion of its bandwidth to downstream communications if there isn’t much upstream traffic on the network. Consequently, Sprint can use nearly all of its 120 MHz to create a massive downlink pipe while other carriers would be limited to using half their bandwidth. Nokia and Sprint said they’ll recreate the trial at Mobile World Congress in Barcelona this year.

TD-LTE のアドバンテージは、ネットワーク上のアップストリームが空いているなら、その帯域幅の大部分を、ダウンストリームのトラフィックに費やせる点にある。その結果として、Sprint は、大規模なダウンリンク・パイプを作成するために、ほぼすべての 120 MHz 帯で使用できるが、他のキャリアは、使用できる範囲が半分の帯域幅に限定されるだろう。Nokia と Sprint は、Barcelona で開催される、今年の Mobile World Congress で、このトライアルを再構成すると述べている。

These trials show that Sprint has enormous pent-up capacity waiting to be unleashed. The problem is that the company isn’t in any hurry to unleash it. It just likes to flash these kinds of impressive speed results around, and talk about the network it could build.

これらのトライアルは、Sprint には膨大なキャパシティが鬱積しており、それが解放されるのを待っていると示している。ここでの問題は、それを必要とする状況が、同社を急がせていないという点である。つまり、それほど素晴らしいスピードが、結果として得られることを示し、それを構築できるネットワークについて話をするのが、好きなだけである。

Today, Sprint’s primary LTE network is the slowest in the country and has the smallest coverage footprint. Its new Spark service is definitely an improvement, but it’s still an average 4G system with the same capacity as the other carriers’ first-generation networks. Considering that Sprint is much smaller than AT&T or Verizon Wireless, it could get considerable mileage out of Spark – once it’s finally built. Right now Spark is in just 12 cities, and Sprint is moving very slowly to expand that coverage. Its target is 100 cities in three years.

今日において、Sprint の主たる LTE ネットワークは、アメリカ国内で最も遅く、また、カバレッジ・フットプリントも最小である。その、新たな Spark サービスは間違いなく改善されているが、依然として平均的な 4G システムであり、他のキャリアにおける第一世代のネットワークと同じキャパティシである。AT&T や Verizon Wireless と比べて、Sprint は遥かに小さな存在であることを考慮すると、Spark が構築された後に、かなりの有用性を引き出せると思われる。現時点において、Spark が供給されるのは 12都市に過ぎず、Sprint によるカバレッジの拡大は、きわめてユックリと動いている。その目標は、3年間で 100都市である。

As I’ve said before, Sprint has run out of excuses. With its acquisition of Clearwire it’s firmly in control of its spectrum future, and with SoftBank’s massive investment, it’s no longer financially strapped. If Sprint wants to convince us it’s investing in its network, then it should really invest in its network.

冒頭に述べたように、Sprint には、もう、言い訳が残っていない。Clearwire の買収により、将来におけるスペクトルのコントロールがシッカリとしてきたし、Softbank からの大規模な投資により、もはや財政難からも解放された。ネットワークへに投資すると、もし Sprint が、私たちを説得したいなら、本物のネットワークに投資する必要がある。

Photo courtesy of Shutterstock user SERHAT AKAVCI

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 – January 2014
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 – October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience – January 2013

ーーーーー

image141新しい世界を期待させてくれる、とてもワクワクする話ですね :)  いま、Barcelona で開催されている MWC で、なにか、もっと具体的な発表があると良いですね。そして、この記事を訳してみて、なんとなく Sprint という会社の持ち味が見えてきました。 Softbank からの資金により、このように新しい ワイヤレス・テクノロジーが、実験から運用へと移行していくなら、同じ日本人として、これほど嬉しい事はありません。 頑張って欲しいですね! image

ーーーーー

<関連>

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!

Posted in .Selected, Apple, Post-PC, Research, Strategy, Telecom by Agile Cat on November 3, 2013

iPad Air with LTE tip: You can switch carrier SIMs at will
http://wp.me/pwo1E-6Rw
By
Kevin C. Tofel
http://gigaom.com/2013/11/01/ipad-air-with-lte-tip-you-can-switch-carrier-sims-at-will/

_ Giga Om

Summary: Choosing an iPad Air with LTE? Apple’s site says your iPad will only work with the carrier you choose. That’s sorta correct: Out of the box, yes, it works with your carrier choice. After that, you can swap service by switching SIM cards.

Summary: iPad Air は、LTE 付きを選んでいるだろうか? Apple のサイトが言うには、あなたの iPad は、あなたが選んだキャリアで動作するとのことだ。 ただし、ちょっとだけ訂正すると : ボックスから取り出してください。 YES! あなたの選んだキャリアで動作していますね。 でも、その後に、SIM カードを差し替えることで、キャリアを切り替えることが可能です、、、となる。

ーーーーー

<関連> Apple の オンライン・ストアに、iPhone 5S の Sim フリー版が登場! – 11/23

ーーーーー

Look at Apple’s website for the iPad Air LTE models and you might think that the devices are locked to specific carriers in the U.S. Why? Because the iPad Air purchase page says exactly that: “Your iPad will only work with the carrier you choose.”

Apple の Web サイトで、iPad Air LTE モデルの項目を確認して欲しい。 そうすると、このデバイスが、アメリカ国内の特定キャリアにロックされていると思うだろう。Why? 正確にいうと、この iPad Air 購入ページは、“Your iPad will only work with the carrier you choose” とだけ言っているのだ。

Except, that phrase isn’t quite true.

As my colleague Kevin Fitchard wrote last week, there’s only one iPad Air model with LTE for all carriers. Apple was able to accomplish an incredible engineering feat by adding support for 14 LTE bands in one single device. And the devices aren’t subsidized or bought on contract, so they’re not locked to carriers because they’re not subsidized by carriers.

私の同僚である Kevin Fitchard が先週に書いたように、そこにあるのは、すべてのキャリアに対応する、単一の iPad Air LTE モデルである。Apple は、シングル・デバイスにおいて、14種類の LTE バンドをサポートをするという、信じられないほどの偉業を、エンジニアリングの面で成し遂げたのだ。そして、このデバイスだが、契約の縛りとは、無関係な存在なのだ。 つまり、Apple はキャリアからの助成金を得ていないため、キャリアにロックされる必要がないのだ。

So what’s the deal? Will your iPad only work on the carrier you choose or not? Out of the box, the statement is correct. There aren’t different iPad Air LTE models for different carriers, but if you choose an LTE carrier at time of purchase, your iPad Air comes with a SIM from that carrier. But after that, you can play the field.

そうなると、この契約とは、何のことを指すのだろうか? あなたの iPad は、あなたが選択したキャリアで動作するが、別のキャリアでも動作するのだろうか? ボックスから出せというステートメントに、間違いはない。 しかし、それぞれのキャリアのための、それぞれの iPad Air LTE モデルなど、存在しないのだ。 たしかに、購入時に LTE キャリアを選択しているから、あなたの iPad Air には、そのキャリアの SIM が付属してくる。 ただし、あなたには、幅広い選択肢が備わっているのだ。

I verified this with Apple directly last week and again at my local Apple Store on Friday morning. And then I tested it out in a limited fashion.

先週のことだが、私は Apple に対して、この件をダイレクトに確認した。 そして、金曜日の朝には、地元の Apple Store でも確認した。 その後に、限られた方法ではあるが、私はテストしてみた。

This morning, I bought a 32 GB iPad Air with LTE for T-Mobile. A T-Mobile nano SIM was already inside the iPad. When I got home, I activated the iPad Air on T-Mobile’s network to start my free 200 MB per month service. I’ll add more if needed. The process went without a hitch.

今朝、私は、T-Mobile 用とされる、iPad Air 32 GB with LTE を購入してきた。 その時点では、T-Mobile の nano SIM が、iPad に挿入されていた。 家に帰ってきて、上限を 200 MB/月とする、T-Mobile のネットワーク・サービスに接続するために、この iPad Air をアクティベートした。 必要に応じて、通信量を追加できるという、このプロセスが滞りなく終了した。

___space

___space

I then removed the AT&T nano SIM from my unlocked iPhone 5s as well as the T-Mobile nano SIM from the new iPad Air. I placed the AT&T SIM in the Air and after a few seconds of searching the iPad found AT&T’s LTE network and I began to surf the web. It’s not a perfect test because in a real world situation I’d be using a data only SIM card from AT&T in the iPad Air. Still, between the test and the fact that there’s really only one iPad Air model with LTE, it shows that this new iPad brings more freedom than prior models.

私は、自分の Unlocked iPhone 5S から AT&T の nano SIM を取り出し、新しい iPad Air からも T-Mobile の nano SIM を取り外した。 続いて、AT&T の SIM を Air に挿しこんでみたが、AT&T の LTE ネットワークを、この iPad が探しだすのに要したのは、ほんの数秒のみであった。 そして、いま、私はネット・サーフィンを開始している。 これが、完璧なテストではないのは、現実世界の状況と乖離があるからだ。 つまり、私が iPad Air にセットした、AT&T から SIM カードは、データ通信専用のはずなのだ。 それでも、このテストの結果と、単一の iPad Air with LTE モデルのみが存在するという事実を組み合わせると、新しいiPad は従来のモデルと比べて、より自由に利用できることが分かってくる。

___space

___space

The whole idea behind the multiband support here is for Apple to have one single iPad Air that covers most LTE networks. That’s a cost savings for Apple but it’s also a benefit to consumers who buy the LTE models of Apple’s tablet.

この、ほとんどの LTE ネットワークをカバーする単一の iPad Air により、マルチバンドをサポートするという全体的な発想は、Apple にとって有益なものとなる。 つまり、Apple におけるコスト削減を意味するものとなるが、Apple の LTE タブレットを購入する消費者にも、大きなメリットをもたらす。

If I’m traveling to an area with limited T-Mobile coverage, for example, I can get a SIM from a different carrier — one with better coverage where I’m heading — and use it in my iPad Air during the trip. If we ever witness a data price war, this could come in handy as well: Just get a SIM from the then-lowest priced carrier for data.

もし、T-Mobile に接続できない地域に旅行するなら、(その地域をサポートする)別のキャリアからの SIM を使用すれば良い。そして、旅行の間、私の iPad Air はインターネットへの接続を確保できる。 また、私たちが、データ通信における価格戦争の目撃者となるなら、これを機に、さらに便利な時代が到来するかもしれない。 まさに、その時々で、最低価格のサービスを提供するキャリアから、SIM を取得すれば良いのだ。

When discussing this with Kevin Fitchard, he raised a good point: It may be more difficult to do with an iPad that comes with a SIM from Verizon or Sprint. Moving from either of them to GSM carriers — AT&T or T-Mobile — could prove troublesome.

この件について Kevin Fitchard と議論したとき、彼は興味深い点を指摘していた。それは、Verizon もしくは Sprint の SIM が付属している iPad では、このような移行が困難になるかもしれないという話である。 それらのキャリアから、GSM キャリア(AT&T や T-Mobile など)への移行においては、面倒が生じると証明されるだろう。

If I could test that I would, but for now, I’ll have to assume that Apple’s information is correct: You can swap out SIMs and use any supported carrier here in the U.S. or abroad as needed for a weekly or monthly amount of data, depending on the operators available plans.

私の望むテストを実施できればと思うが、いまのところは、Apple からの情報が正確であるという、仮定の上に成り立つ話である。 それは、「あなたは、SIM を差し替えることで、アメリカ国内または海外でサポートされている任意のキャリアを利用できます。ただし、それらのキャリアが提供する、Weekly もしくは Monthly などの、プランに応じた料金が発生します」というものである。

This approach also portends a very interesting potential future for smartphones. Once we move to Voice over LTE, or VoLTE, for all voice services, everything is data. And that means if the devices have radios to support most or all LTE bands, consumers could gain tremendous flexibility in choosing which network to use for their phones. Instead of using the same carrier for a year or two, you could theoretically swap out SIMs on monthly basis due to coverage needs or cost savings.

このアプローチは、スマートフォンの将来に関しても、きわめて興味深い前兆となる。LTE または VoLTE 上の Voice サービスに移行すると、すべての音声サービスが、すべからくデータ通信の上に移行する。そして、対象となるデバイスが、大半もしくは全ての LTE バンドをサポートする無線を持つことになれば、消費者のフォンで用いられるネットワークに関して、きわめて柔軟が選択が可能になってくる。これまでのように、1年~2年という単位で同じキャリアに縛られることなく、カバレッジの必要性や、コストの削減のために、毎月のように SIM を入れ替えることが、理屈の上では可能になるのだ。

Related research

ーーーーー

TAG indexやってくれます Apple は :) iPad の値段が高いと、あれこれ言われていましたが、このような事情があったのですね。 とにかく、世界で最大のヘッジ・ファンドを持つくらいですから、キャリアからの助成金に依存しなくとも、充分にビジネスが成り立つのでしょうね。その一方で Google も、Nexus 5 を低価格 SIM フリーで出してきました。 デバイスと通信のコストが同時に下がり、しかも、有用なサービスが続々と登場してくるという、素晴らしい Post-PC の世界になりそうです! でも、ビンボーな Agile_Cat の手元には、iPad Air がないので、自分では試すことができません。 どなたか、SIM の挿しかえに成功したら、コメントをくださ~い!Image(221)

ーーーーー

<関連>

Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない
iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?
Opera の Coast for iPad は、タブレット・ファーストの Web ブラウザなのだ!
iPad のビジネスは大丈夫なのか? : それを示す1枚のチャート
オランダの iPad 教育構想は、Steve Jobs スクールを体現できるのか

 

Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨

Posted in Businesses, Research, Telecom by Agile Cat on October 21, 2013

Cloud Computing: Six Reasons Enterprises are Moving to the Cloud
http://wp.me/pwo1E-6NE

By Dick Weisinger – October 9th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4082

_ formtek

Businesses are buying into the idea of cloud computing in a big way.  A recent Verizon report on cloud computing found that over the last 18 months that the average amount spent by enterprises on cloud services has increased 45 percent.  Among Verizon business cloud customers, they’re reporting a 90 percent increase in the use of cloud-based storage and a 100 percent increase in the use of cloud-based memory.  Deployment of virtual machines among their customers is up 35 percent.

数多くの企業が、ものすごい勢いて、クラウド・コンピューティングの発想を買いあさっている。クラウド·コンピューティングに関する、最近の Verizon レポートでは、クラウド・サービスに企業が費やしたコストが、この18ヶ月間において、平均で 45% も増加したとされている。また、Verizon のビジネス・クラウド・カスタマーに関しては、クラウド・ベースのストレージ利用が 90% 増加し、メモリ利用は 100% 増加したとレポートしている。さらに、それらの顧客による、仮想マシンのデプロイメントは 35% の上昇となっている。

The six chief reasons why the trend has been towards the cloud are:

このように、クラウドへと向かうトレンドは、以下の 6つの、主だった理由による:

  • Cost
  • Provisioning speed
  • Compliance
  • Focus
  • Performance
  • Accessibility

Verizon reports that the most typical trend they’re seeing across businesses is to begin using the cloud for applications like electronic commerce and email, and once they’ve gained some experience with cloud delivery, to begin moving back-office applications like ERP to the cloud.

Verizon が確認している、企業全体にまたがる最も一般的なトレンドは、電子商取引や電子メールなどのアプリケーションから、クラウドを使い始めるというものだ。そして、クラウドから提供される、いくつかのエクスペリエンスを得た後には、たとえば ERP のような、バックオフィス·アプリケーションをクラウドへと移行し始める。

The report noted that “organizations are now using the cloud for more than development and testing.  They’re running external-facing and critical business applications in the cloud–production applications now account for 60 percent of cloud usage.”  ERP applications account for about a quarter of all Verizon customer application traffic.

このレポートは、「 それぞれ組織が、いまでは開発やテストを超えた範囲で、クラウドを使用している。そして、クラウド・プロダクション・アプリケーション上で外部へ向けたサービスを提供し、また、クリティカルなビジネス・アプリケーションを運用している組織が、クラウド利用の 60% を占めている」と指摘している。現実に、すべての Verizon カスタマー・アプリケーション・トラフィックにおいて、ERP アプリケーションの占める比率は 1/4 に至っている。

Verizon sees many organizations reaching a “tipping point” where they’ve begun to investigate moving more applications into the cloud. The report noted that “organisations have seen the benefits cloud can provide – both in efficiency and cost – and are ready to move an increasing number of mission-critical applications to cloud-based infrastructure…  However, in order for this to happen, cloud service providers must deliver to enterprise-grade availability and security.”

数多くの組織が、より多くのアプリケーションをクラウドへと移行させる "転換点" に達したと、Verizon は見ている。 このレポートは、「それぞれの組織は、クラウドが提供する、 効率とコストの両方からのメリットを確認し、また、ミッションクリティカルなアプリケーションを、クラウドベースのインフラへと大量に移動させる準備を整えている… しかし、実際に、そうなるためには、エンタープライズ・グレードの可用性と安全性を、クラウド·サービス·プロバイダーが提供していく必要がある」と指摘している。

ーーーーー

research_55ご覧のとおり、Verizon のレポートがベースとなり、このような記事が書かれる時代になったのですね。 一年前には、ちょっと考えられなかった状況ですが、『 Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる? 』とう抄訳で ご紹介したように、もうテレコム各社もノンビリとはしていられません。 先日の、『 NTT がリサーチ・センターを Silicon Valley 開設:Cloud Security/Big Data/Mobile にフォーカス 』にも、そのような背景があるのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Google Play は、Verizon のキャリア課金を代行するのか?
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
4G LTE 対決 – AT&T vs Verizon をアメリカの複数都市で
Verizon に買収されても、Terremark はキャリア・ニュートラルを維持すると言うが
VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは?

 

Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Posted in .Selected, Mobile, Telecom by Agile Cat on September 2, 2013

Verizon board to vote Monday on Vodafone deal: sources
http://wp.me/pwo1E-6yY

LONDON/NEW YORK | Sun Sep 1, 2013 2:23pm EDT
http://www.reuters.com/article/2013/09/01/us-vodafone-verizon-idUSBRE97S08C20130901

image

(Reuters) – The board of Verizon Communication will meet on Monday to vote on a $130 billion deal to buy out Vodafone from its joint venture, meaning a full announcement could come after the London market close, sources said.

(Reuters) – Verizon Communication の経営委員会は、Vodafone とのジョイント・ベンチャーから、同社の出資分である $130 billion  を買い上げる予定だ。それに関する、詳細までを含むアナウンスメントが、月曜日の London 市場が閉まった後に発表されると、情報筋は述べている。

One person familiar with the situation said the board meeting would be held on Monday morning New York time and three people said this meant the terms of the deal would likely be announced after the London market closes at 11:30 a.m. ET.

この状況に精通している人物は、New York 時間の月曜日の朝に、アナウンスメントがあると述べている。また、別の3人は、London 市場が閉まる、New York 時間の 11:30 に、この取引が発表されるだろうと述べている。

Both the telecom giants declined to comment. The Vodafone board had been due to meet on Sunday, sources said, but it was not clear what their decision was.

この 2つのテレコム・ジャイアントは、どちらもコメントを控えている。Vodafone は、日曜日に経営委員会を行う予定だと、ある情報筋は伝えているが、そこで、どのような決定があったのはかは明確になっていない。

Sources told Reuters on Saturday that Verizon plans to pay for half of the purchase with its own stock. For the rest, it has tapped JPMorgan Chase & Co, Morgan Stanley, Barclays Plc and Bank of America Merrill Lynch to help raise the funds through a mix of bonds and bank loans, the sources said.

いくつかの情報筋が、土曜日の時点で Reuters に伝えたところによると、その株式の半分に対して、Verizon からの支払いが行われるらしい。残りの半分については、JPMorgan Chase & Co や、Morgan Stanley、Barclays Plc、Bank of America Merrill Lynch などへの打診が行われ、債券やローンの組み合わせを介して、資金の調達を支援されるようになると、それらの情報源は述べている。

The banks have committed to the financing that is expected to be split evenly among the four.

それらの銀行筋は 4社間で、均等に資金を分割し、また、調達していくとされる。

One person familiar with the proceedings said on Sunday that Vodafone would get $60 billion in cash, $60 billion in Verizon stock, and an additional $10 billion from other smaller transactions that will take the total deal value to $130 billion.

また、今回の手続きに詳しい人物は、Verizon が購入する株式の対価として、Vodafone は $60 billion を得るだろうと、この日曜日に発言している。また、他の小口の取引により、$10 billion が調達され、総額で $130 billion という、今回の買収が進められることになる。

(Reporting by Kate Holton, Soyoung Kim, Michelle Sierra and Sinead Carew, editing by Mike Peacock)

ーーーーー

TAG index久々の、超弩級買収劇の勃発で、この Reuters も、Bloomberg も、Wall Street Journal も、毎時間ごとにニュースが更新されるような、たいへんな状況となっています。北米での(南米も?)での支配権を確率させたい Verizon と、インド/アフリカ/アジアへの膨大な投資を進めたい Vodafone の思惑が一致した結果だと思いますが、その取引額が 13兆円というのには、ただ、ただ、驚くばかりです。 よろしければ、関連情報として、先日の『 インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる? 』という抄訳も ご覧ください。image

ーーーーー

<関連>

VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは?
Verizon に買収されても、Terremark はキャリア・ニュートラルを維持すると言うが
iPhone 5 は、初めてのグローバル・デバイスになる – Verizon CEO
Netflix は Verizon に買収されてしまうのか?
4G LTE 対決 – AT&T vs Verizon をアメリカの複数都市で
Google Play は、Verizon のキャリア課金を代行するのか?

Android ヒストリー 写真集 : 世界の 80% を飲み込むパワーを探る

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 21, 2013

How Android Grew To Be Massively More Popular Than The iPhone
http://wp.me/pwo1E-6w7
Steve Kovach Aug. 13, 2013
http://www.businessinsider.com/history-of-android-2013-8

_ Business Insider

Last week, research firm IDC dropped a big bomb on Apple.

先週のことであるが、リサーチ会社である IDC が、とてつもない爆弾を Apple の頭上に投下した。

AP

Google’s smartphone operating system now powers a whopping 80% of devices worldwide. Apple’s iOS operating system for iPhones only powers 13% of smartphones. iOS controlled about 16% of the worldwide smartphone market a year ago, according to IDC.

いまや、Google のスマートフォン OS は、世界中の デバイスの、なんと 80% に対してパワーを供給しているのだ。 Apple の iOS は、iPhone だけにパワーを供給しており、その比率は 13% に過ぎない。 IDC によると、昨年の iOS は、世界のスマートフォン市場の、約 16% をコントロールしていた。

Apple should be freaking out, Jay Yarow says. (So does venture capitalist Fred Wilson and analyst Benedict Evans). So how did Android, which debuted after the iPhone, get to where it is today. Here’s a quick history lesson.

Apple は脅威を感じるべきだと、 Jay Yarow は発言している( VC の Fred Wilsonアナリストの Benedict Evans も同じ事を言っている)。 したがって、ここでは、iPhone に遅れて登場した Android が、どのようにして現在のポジションを得たのかを検証していく。 さぁ、その歴史を振り返ってみよう。

↓ クリックで Facbeook アルバムへ ↓

___space

Bottom line: Here’s why Android now controls 80% of the smartphone market

Google took a wildly different approach with Android than Apple did with iOS. Any hardware maker can use Android free of charge. Since Android is packed with excellent Google services like Gmail, Google Now, and Google Maps, most of the hard work was already done for manufacturers like Samsung and HTC.

Google は Android において、Apple の iOS とは大きく異る、きわめてワイルドなアプローチを取った。あらゆるハードウェア・メーカーが、Android を無料で使用できるようにした。 Android には、Gmail/Google Now/Google Maps といった、すばらしい Google サービスが詰め込まれているため、Sumsung や HTC といったメーカーにとって、厄介な作業が完了しているという状況が提示された。

As a result, manufacturers have been able to flood the market with devices. They’ve also been able to attack the low-end of the market with cheaper phones.

その結果として、それらのマニファクチャーたちは、このデバイスで市場を埋め尽くすことに成功した。 そして、安価なモバイル・フォンにより、ローエンドの市場にアタックすることができた。

It’s analogous to the PC industry. Microsoft’s Windows has been able to blow away Apple’s desktop OS in market share because any manufacturer can use it.

これは、PC の業界にも似ている。 Microsoft の Windows は、あらゆるメーカーが使用できたので、マーケット・シェアという観点で、Apple の Desktop OS を吹き飛ばすことができた。

ーーーーー

google-55aAgile_Cat でも、8月 6日付の 『 Android が 80% のシェアに到達 』という、とてもショッキングな Wall Street Journal の記事を紹介しました。 そして、このアルバムで振り返ってみると、キャリアの目論見と、マニファクチャーの思惑に、とても上手く対処した Android が、このような結果を残すのも当然と思えてきます。 そして、この先に控えるのは、中国やインドを含む、次の 10億人のモバイル・マーケットということになります。先進国向けとは異なる、経済の構造を持った途上国へと、誰もが雪崩を打って走り寄っていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

スマホ・アプリ Top-10 : 2013 Q2 のランキングをチャートで!
Google Play も 500億 ダウンロードを通過した!
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場
Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/7月

 

SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on July 19, 2013

SoftBank, Bloom Energy joint venture will bring fuel cells to Japan
http://wp.me/pwo1E-6o7

By
Signe Brewster – July 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/softbank-bloom-energy-joint-venture-will-bring-fuel-cells-to-japan/

_ Gigaom

Summary: The compact, efficient power sources are suited to companies looking for an on-site alternative to Japan’s national energy grid.

Summary: この、コンパクトで効率の良い電力源は、電力網をオンサイト発電で代替しようとする、日本の企業に適している。

ーーーーー

Since the 2011 earthquake and resulting Fukushima nuclear meltdown, Japan has shut down nearly all of its nuclear power plants, causing a spike in electricity costs. SoftBank and Bloom Energy announced today they will begin offering fuel cells this fall as an alternative off-the-grid power source.

2011年の大地震と、福島でのメルトダウンが起こってからというもの、ほとんどの原子力発電所をシャットダウンた日本は、電力コストの急増に直面している。今日のことだが、SoftBank と Bloom Energy 社は、オフ・グリッド電源としての燃料電池を、この秋には提供すると発表した。

The 50-50 joint venture will target corporate offices, data centers, hospitals, government centers and other large buildings that would benefit from multiple power sources. Each fuel cell system generates enough electricity to power 500 homes.

そのための 50% – 50% のジョイント・ベンチャーがターゲットとするのは、企業のオフィス/データセンター/病院施設/行政センターなどの大規模な建造物である。 そして、そのどれもが、複数の電源を持つという恩恵を被るだろう。 なお、単体としての燃料電池システムは、500戸の家庭に電力を供給するだけの、充分な容量を持っている。

The cells also offer a way to decentralize power. They are completely separate from the national energy grid and generate power onsite. If another disaster hit and an area’s primary fuel source was taken out, a fuel cell could take over. This is often how they’re used in the U.S. at data centers, where companies can’t afford to ever lose power completely.

さらに、この燃料電池は、電力を分散するための方式を提供する。つまり、それぞれの国における電力網から、完全に独立したかたちで、オンサイトで電力を生成できるのだ。なんらかの災害が発生し、いずれかの地域における、主要電力の供給が止まるとき、この燃料電池が、そのあとを引き継ぐだろう。 したがって、アメリカでの導入ケースとしては、電源を完全に失うわけにはいかないデータセンターで、実績を積み重ねている状況にある。

Fuel cells are cleaner and more efficient than fossil fuel energy sources, but more costly. SoftBank and Bloom Energy say the cells offer a stable alternative to rising electricity prices in Japan. Clients will pay for the initial cost of the cells over the course of a 20 year contract.

燃料電池はクリーンであり、また、化石燃料エネルギーよりも効率が良いが、そのコストも高くなる。しかし、SoftBank と Bloom Energy は、価格が高騰する日本の電気料金に対して、この燃料電池は安定的な代替手段を提供すると発言している。そして顧客は、20年契約の期間において、その初期費用を償却していくことになる。

SoftBank and Bloom Energy are each investing 1 billion yen — a total of roughly $20 million — to start Bloom Energy Japan Limited. Bloom Energy is based out of Sunnyvale, Calif., and has provided fuel cells to American corporations like Apple, eBay and Verizon. Japan Limited is its first venture outside the U.S. SoftBank owns a range of telecommunications, internet and technology companies, including Sprint Nextel, which it acquired this month.

SoftBank と Bloom Energy は、それぞれが 10億円の投資を行い(合計で $20 million)、Bloom Energy Japan Limited を設立する。Bloom Energy は Sunnyvale, Calif に本拠を置き、AppleeBayVerizon などのアメリカ企業に燃料電池を提供してきた。 そして、今回の Japan Limited は、初めての海外展開となる。また、SoftBank は、テレコムとインターネットのテック・カンパニーであり、また、 今月には Sprint Nextel を傘下に収めている。

Bloom Energy’s fuel cells run off natural gas and biogas, as opposed to the more common hydrogen. The gas is modified and exposed to oxygen, creating a chemical reaction that produces electricity. A small amount of carbon dioxide is released as a byproduct.

Bloom Energy の燃料電池は、水素を用いるものとは対照的に、天然ガスやバイオガスを活用するものである。 そして、ガスと酸素の化学反応により電力を生成する。また、副生成物として、少量の CO2 が放出される。

Related research

ーーーーー

imageなぜ、Bloom Energy は日本に来ないのか? どうして、誰もビジネスとして、取り組まないのか? ・・・ というのが、Agile_Cat にとって、長い間の疑問でした。 でも、ついに Softbank が Japan Limited を設立するのですね! すばらしいことです。 ほんと、すばらしい!!! ぜひ、以下のリンクも、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する

 

Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?

Posted in Amazon, Google, Strategy, Telecom by Agile Cat on June 19, 2013

Carrier Theories Meets Harsh Reality Of Competing With Amazon
http://wp.me/pwo1E-6g7
Matt Asay – June 6th, 2013
http://readwrite.com/2013/06/06/rosy-theory-meets-harsh-reality-of-competing-with-amazon

_ Read Write (2)

Carrier clouds should be killing Amazon. They own the networks. They own the billing relationship with business customers. Yet they’re struggling to make the slightest dent against the Amazon Web Services behemoth, which Morgan Stanley just pegged to impact 3% to 17% of all IT spending in the next few years. Is there any reason to expect this to change?

キャリア・クラウドは、Amazon を殺そうとしているはずである。彼らは、ネットワークを所有している。彼らは、ビジネス・カスタマーたちと、課金における関係を所有している。しかし 彼らは、Amazon Web Services という巨獣に対して、ささやかな勝利を得るだけでも、たいへんな苦労を強いられている。この巨獣は、これからの数年において、すべての IT 支出対する 3%〜17% というシェアを得て、とんでもない影響力を持つことになると Morgan Stanley は見通している。それを変えようと、キャリアたちが動いたとして、なにか別の理由があると、あなたは思うだろうか?

More Than Just Dumb Pipes

Image courtesy of Shutterstock.

For years telcos have looked for ways to maximize the value of their networks, getting away from the characterization that they’re merely "dumb pipes." In theory, cloud computing is an ideal way to do this and plays to the carriers strengths: existing billing relationships with businesses that need cloud computing resources and ownership of the networks so as to ensure quality of service. As Alcatel-Lucent has been telling the world since at least 2011, most cloud providers can’t promise high service-level guarantees because they rely on others’ networks and commodity, failure-prone hardware.

この何年かにわたって、テレコムたちは自らのネットワークに、最大の価値付をするための方式を探し求めてきた。 それにより、単なる「ダムパイプ」としてのポジションから、脱しようと試みてきたわけである。理論的に考えれば、クラウド·コンピューティングは、それを実施していくための理想的な方法であり、キャリアの強みを活かすものとなる。 つまり、テレコムが所有するクラウド·コンピューティングやネットワークのリソースを、サービスの品質を確保したい企業ユーザーに提供できるのだ。少なくみても 2011年以来、Alcatel-Lucent が世界に向かって語ってきたように、大半のクラウド·プロバイダーは、高度なサービス・レベルを保証できていない。 なぜなら、それらのプロバイダーは、他者が提供するネットワークに依存し、安価で故障しやすいハードウェアを使用しているから、というわけだ。

More recently, carriers like AT&T have been talking up the capability to "expose [a carrier's] network and billing capabilities as APIs, letting business customers seamlessly integrate AT&T’s capabilities into their own internal apps without extra logins." In order to compete, telecom operators like AT&T have spent $17 billion to build out their cloud technology portfolios, according to IDC, including Verizon’s $1.4 billion acquisition of Terremark in 2011 to give it a lead in cloud computing know-how.

さらに最近では、AT&T などのキャリアが、「 自身のネットワークと課金の機能を、API としてエクスポーズすることで、顧客である企業に対してワンタイム・ログインを提供し、それぞれのアプリと AT&T の機能をシームレスに統合する」と発言している。IDC によると、こうした競合を進めていくために、AT&T などのテレコム事業者は $17 billion を費やして、自身のクラウド・テクノロジー・ポートフォリオを構築している。また、Verizon の場合は、クラウド·コンピューティングのノウハウでリードするために、2011年に Terremark を $1.4 billion で買収している。

The technology is there. The will is there. What seems to be missing for the carriers is a focus on the right customer.

テクノロジーがある。 そして、意志がある。 キャリアにとって、何が欠落しているのかと言えば、それは、適切な顧客にフォーカスするという視点である。

Overlooking The Developer

At the most basic level, carriers have proved to be terrible marketeers of cloud services. In large part this revolves around the person to whom the carriers market their services: businesses.

キャリアたちは、クラウド・サービスの最も基本的なレベルにおいて、マーケティングが下手であることが判明している。 そして、大半のケースにおいて、キャリア・サービスを企業に売り込む担当者たちが、この問題をタライ回しにしているというのが現状である。

After all, the carriers largely ignore the developer, and that’s a huge mistake in a market that is driven by developers. As much as carrier clouds may make sense for a business with an existing billing relationship with Verizon or another carrier, it’s almost certainly the case that the person actually writing applications for the cloud isn’t privy to that billing relationship. Instead, she’s the developer down the hall who signs up for AWS because she just wants to get work done as conveniently as possible.

結局のところ、大半のキャリアは開発者を無視しているが、このマーケットが開発者により推進されていることを考えれば、それは大きな間違いとなる。たとえば Verizon などのキャリアにおいて、既存の課金メカニズムを用いたクラウドが、その顧客企業に対して意味を持てば持つほど、実際のクラウド・アプリケーションを書いている開発者たちは、その課金メカニズムに関与しなくなるこ。 それは、ほぼ確実に、起こり得る現象である。 つまり、当事者である開発者たちが、AWS にサインアップせざるを得なくなるのは、可能な限り効率化された環境で、自身の仕事を進めたいという、妥当な理由が存在するからなのだ。

AT&T’s Laura Merling gets this, and has been nudging the carrier toward open APIs in a bid to attract developers. It’s a good start, but has it come too late?

AT&T の Laura Merling は、この問題を理解している。 そして、開発者を引き込むために API をオープンにする方向へと、キャリアのスタンスを修正しようとしている。 それを始めることは、素晴らしいことであるが、その対応が遅すぎるとは言えないだろうか?

The Google In The Room

After all, Amazon isn’t the only company with developer cred. Google, for example, groks developers. Google I/O was one big geek fest, with the opening keynote lasting hours and bursting with developer love.

結局のところ、Amazon だけが、開発者の信頼を集めている唯一のプロバイダーというわけではない。 たとえば Google も、開発者たちのハートを、しっかりと掴んでいる。 Google I/O は、大規模なギーク・フェスティバルの 1つであり、また、開発者たちとの関係を、数時間におよぶキーノートにおいて構築していく。

Nor is Google’s developer outreach merely a matter of marketing. According to one ex-AWS engineer, Google also threatens Amazon because it arguably bests Amazon in compute performance. And while Amazon makes developers happy with consistent price decreases, Google has gone one step further and offered minutely, rather than hourly, rates, which saves developers on downtime.

さらに、Google の開発者たちは、単なるマーケティングの問題を、解決しようと邁進しているのではない。以前に Amazon のエンジニアであった人の話によると、Google のコンピューティング・パフォーマンスは、間違いなく Amazon を脅かす存在になっていくという。 Amazon は、一貫したコスト低減という方針により、開発者たちの信頼を得てきたが、Google はさらに一歩先を行っている。 たとえば、ダウンタイムのレートを、時間単位から、分単位へと切り詰めることで、開発者の信頼を得ようとしているのだ。

Google, then, is a legitimate threat to Amazon. The carriers? Not so much. Not until they stop trying to sell top-down to businesses and instead recognize that the cloud is very much a bottom-up phenomenon, driven by and for developers.

今後、Amazon にとって Google は、真の脅威となっていくだろう。 キャリアに対しては、どうだろう? あまり、関係ないのかもしれない。しかし、開発者が推進し、また、別の開発者を巻き込んでいくという、クラウドのボトムアップ現象を認識するなら、自身への脅威として目に映るようになるだろう。そのために、まず、これまでのトップダウン・セールスという方針を、捨て去る必要があるのだが。

ーーーーー

image先日にポストした 『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳では、Amazon のシェアある 27% に対して、それぞれのテレコム(NTT/AT&T/Verizon )のシェアが 2% 前後だと示されていました。 ただしBT の躍進を伝えるレポートもあり、実体が把握しにくいという状況のようです。その一方で、Amazon AWS のリージョン間における、速度の格差も指摘されており、クラウドが黎明期にあることを思い知らされます。 これから先、どのようにマーケットは変化していくのでしょうかね?__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち
中国とインドに進出する BT Cloud Compute は、すでに世界で第三位?
Apigee は、テレコムのための SDN を考える
NTT Com が 85% を出資する、英 Gyron のデータセンター・ビジネスとは?
Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?

NSA の Prism は、プロバイダーの手を借りなくても、こんなふうに個人データを盗み出せる

Posted in .Selected, Government, Privacy by Agile Cat on June 10, 2013

How the NSA might snoop personal web data without the provider’s knowledge
http://wp.me/pwo1E-6dZ

By Barb DarrowJun. 7, 2013
http://gigaom.com/2013/06/07/how-the-nsa-might-snoop-personal-web-data-without-the-providers-knowledge/

_ Gigaom

Summary: Whether these top tier tech vendors were complicit or dupes in government spying on people’s data, this news does nothing to help their credibility.

Summary: 人々のデータをスパイするという問題において、それらの一線級のベンダーは加担していたのか、あるいは、騙されていたのかという点に注目が集まっている。 しかし、このニュースが、彼らへの信頼を支持するかというと、そういう意図で書いたものもない。

ーーーーー

One of the biggest questions out of the NSA snooping controversy was how much 9 tech vendors –  Microsoft, Yahoo, Google, Facebook, PalTalk, AOL, Skype( msft), YouTube and Apple —  knew about a National Security Administration program for snooping on their users data.

NSA による覗き見という論争において、最大の問題となっているものには、Microsoft/Yahoo/Google/Facebook/PalTalk/AOL/Skype/YouTube/Apple といった 9社のハイテク・ベンダーが、どのくらいまでを知っていたのかという視点も含まれる。 つまり、National Security Administration が、彼らのユーザーのデータを、どのようにして覗き見るかという方式のことである。

They all denied — in carefully worded ways — that they provided direct access to customer information. The source of the original story — ostensibly leaked NSA slides obtained by the Washington Post and The Guardian — indicated that the National Security Agency tapped directly into these company servers to get at customer meta data.

それら、すべてのベンダーたちは、顧客情報へのダイレクト・アクセスを提供しているという指摘に対して、慎重に言葉を選びながら否定している。オリジナル・ストーリーの情報源は(表向きは、NSA のスライドが Washington Post と The Guardian によりリークされたとなっている)、National Security Agency(NSA)が、顧客のメタ・データを取得するために、それらの企業のサーバーにダイレクトにアクセスすると述べていた。

In a radio interview Friday on WBUR, Post reporter Barton Gellman said it’s more likely that the slide was poorly worded and that the NSA placed its own “black boxes” on vendor property next to the servers in question. Those black boxes could mirror the server and be queried as a proxy while giving those vendors plausible deniability if asked whether their own servers had been accessed.

金曜日の WBUR ラジオ・インタビューにおいて、Washington Post 記者である Barton Gellman は、それらのスライドでは説明が不十分であるが、それらのベンダーの施設内に置かれたサーバーの隣に、NSA が独自の "ブラック・ボックス" を配置した可能性が高いと、その問題点について述べていた。それらのブラック・ボックスは、対象となるサーバーをミラーリングし、そこへのアクセスについて質問されたときに、ベンダーたちに尤もらしい否認を与えながら、プロキシとして照会するものだという。

Obviously, if that is the case it’s hard for vendors to plead ignorance to what was going on. But there are ways the government could harvest people’s Google and Facebook and other data without those vendors knowing.

そのようなことが起こっていたとするなら、ベンダーたちが不可知であると自己弁護するのは、明らかに難しいものとなる。しかし、政府には、ベンダーたちのノウハウに頼ることなく、Google や Facebook などのデータを、取り込んでいくための方法がある。

First, they could eavesdrop on the HTTP traffic flowing over the internet — which is not usually encrypted. Or there could be a covert back door into these services themselves, something that Jon Oltsik, senior principal analyst at Enterprise Strategy Group finds hard to believe.

まず、彼らは、インターネット上を流れる HTTP トラフィックを盗聴できる。通常、それは暗号化されていない。 さもなければ、 Enterprise Strategy Group のシニア主席アナリストである  Jon Oltsik が見つけた、信じがたい秘密のバックドアのようなものが、それらのサービスに含まれるのかもしれない。

Facebook’s data center in Prineville, Ore

And, there have been reports that government agencies are indeed collecting data provided from internet service providers and telcos.  On Friday, The Wall Street Journal said that the NSA’s gathering data on Verizon customers, is just the tip of the iceberg. According to the Journal:

そして、金曜日のことだが、インターネット・サービス・プロバイダーやテレコムから提供されたデータを、政府機関が実際に収集しているという報告があった。 The Wall Street Journal は、NSA が Verizon の顧客データを収集していると発言したが、同誌によると、それは氷山の一角となる:

“… people familiar with the NSA’s operations said the initiative also encompasses phone-call data from AT&T Inc. and Sprint Nextel records from Internet-service providers and purchase information from credit-card providers.

"… NSA の活動に精通している人物が言うには、このイニシアチブは AT&TSprint Nextel から通話記録を、そして、インターネット・サービス・プロバイダーから通信記録を、さらには、クレジットカード・プロバイダーからは購入情報などを取り込んでいることになる。

Update: One security expert who did not want to be named becuase he does work for government agencies said if the NSA is doing what it does best — which is traffic analysis. This is stuff like who is talking to whom and for how long and when. “It is a kind of social network mapping … questions arise if there is a radio in an uninhabited jungle [or] when I call Djokar Tsarnaev at 1 a.m. or when one call comes in and one call goes out continguously,” he said via email.

Update: 政府機関のために作業している、ある匿名希望のセキュリティ専門家は、NSA にとって最適なことが行われているとしたら、それはトラフィック分析である、と発言している。それは、誰が誰と、いつの時点で、どのくらいの時間を、通話に費やしているのかという類の分析である。「 ソーシャル・ネットワーク・マッピングの一種である。無人島のジャングルから電波が発信されていたら、疑念が生じるだろうか?  私が深夜の 1時に、Djokar Tsarnaev(Boston 爆発事件の容疑者)に電話していたら、どう思う? つまり、誰から連絡があり、誰に連絡しているのかを、継続的に追いかけていくのさ」と、彼はメールで教えてくれた。

If this is the sort of traffic analysis the NSA is doing — the default assumption — then there is “no requirement for the cooperation of the endpoints, only the carriers,” he said. In all internet-based TCP/IP situations, the communications are all multi-hop, and thus there is no need to surveil all possible paths, just the “must go through” paths,” he continued. “If I can listen one hop outside your firewall, then there is nothing you can do about it, you won’t know I am doing it, and to the extent that traffic analysis is sufficient for the surveillance team, the job is done.”

デフォルトの仮定として、その種のトラフィック分析を NSA が行なっているなら、「エンドポイントからの協力は不要であり、キャリアだけが居ればよい」と、彼は発言している。 インターネット・ベース TCP/IP の状況下では、すべての通信はマルチ・ホップであるため、すべての可能性をもつ経路を調査する必要はない。「必ず通過しなければならない、パスだけを見れば良い。ファイアウォールの外側で、あなからの 1ホップをリッスンしてしまえば、それに対して、あなたは抵抗できない。そして、あなたは、私が行なっていることを知ることができない。そして、監視チームにとっては十分な、トラフィック分析の範囲が得られ、その後のジョブが実行されていく」と、彼は続けている。

This is really key stuff. When you post updates to your Facebook page or Google Drive, that data typically flows unencrypted over the web. That data-in-transit could, in theory, also be intercepted at the routers directing traffic or at Content Delivery Network (CDN) points that optimize traffic flow. We just don’t know, because security agencies won’t say. But the upshot is, if the government is collecting that traffic, it truly does have a ton of information about everything you do, or at least everything you say. That is truly a sobering use of big data.

これは、きわめて重要な指摘である。あなたが、Facebook Page や Google Drive にポストするとき、Web 上の暗号化されていないフローが用いられる。そして、理論的に考えるなら、転送中のデータは、トラフィックの行き先を指示するルーターや、トラフィック・フローを最適化する Content Delivery Network (CDN) において、傍受される可能性がある。それについて、セキュリティ機関が発言することはないので、私たちが知らないだけ、という状況になっていく。そして、政府がトラフィックを収集しているなら、たとえば、あなたの行動や発言のすべてが含まれる、膨大な情報が蓄積されていることになる。ありのままに結論づけるなら、それも Big Data における真実である。

As we learned last year, it may well be compiling a full dossier on you (and everyone) which it’s storing in the no-longer-quite-so-top-secret giant NSA data center in Bluffdale Bluffton, Utah,

私たちが、昨年に学んだように、そこからすべての人々の、完全な調書が編纂されるのだろう。そして、もはやトップ・シークレットではなくなった、Utah, Bluffdale の NSA データセンターに保存されているのだ。

Beyond that, we probably won’t know the truth of what Google, Microsoft, et al. knew and if or how much they participated in snooping for years to come.

Google や Microsoft などの真実について、それ以上のことを知ることができない。そして、それらの企業が、これからの数年間において、どのようなかたちで盗聴に参加していくのかも、知ることができない。

This story was updated at 4 p.m. PDT to correct the name of the town where the NSA data center is located and again at 9:14 a.m. PDT on June 8 to add additional comment and context from a security expert.

Related research

ーーーーー

TAG indexこの背景には、4月に起こった、ボストンでの爆破テロがあるのでしょう。 たしかに、こうした情報の収集と分析があれば、あのような事件を未然に防げたのかもしれませんが、誰がスパーバイザーになれるのか? また、スーパーバイザーを誰かに委ねてよいものか? ・・・という、永遠の議論が残されてしまいますね。 その意味で、この記事は、一連のプロバイダーに対する嫌疑を追うのではなく、インターネットにおける盗聴という、きわめて現実的な事象と、事の本質を捉えています。 さすが、GiaOM という感じの、良記事です。  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

諜報機関 NSA による Prism 問題とは? とりあえずのリンク集を作りました
Wikipedia や WordPress など、1500 以上のサイトが Anti-SOPA でブラックアウト
SOPA の投票は延期! Freedom of Internet は勝利したのか?
SOPA は 止まったのか? – オバマ政権が反対を表明
SOPA 関連の マトメ・ページを作りました

%d bloggers like this: