Agile Cat — in the cloud

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 13, 2015
Internet Of Things (IoT): Businesses That Ignore It Risk Falling Behind
By Dick Weisinger – April 2, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-businesses-that-ignore-it-risk-falling-behind/
_ formtek
Businesses that are ignoring investment in Internet of Thing (IoT) technology risk losing out in terms of future productivity, according to a new report on the Internet of Things (IoT) by Verizon.  The report estimates that adopters will be able to be 10 percent more profitable if they use IoT than if they ignore it because of gains in efficiency, quality and customer satisfaction.
 
Verizon の Internet of Things (IoT) 最新レポートによると、IoT テクノロジーへの投資を無視している企業は、将来における生産性という観点で、敗者になっていくリスクを抱えるという。IoT を採用する企業は、それを無視する企業と比較して、10% 以上の生産性を積み上げると推定されている。なぜなら、効率/品質/顧客満足度が、その分だけ向上するからである。
 
Sisley_5The report finds that “IoT isn’t just for multinational companies investing tens of millions of dollars.  A few dozen sensors and simple automated alerts can cut costs, create new revenue opportunities, and transform customer service.”
 
このレポートは、「数千万ドルの投資が可能な、多国籍企業のためだけに、IoT が存在するのではない。中小の企業においても、数十個のセンサーと、自動化された簡潔なアラートがコストを削減し、新たな収益のチャンスを生み出し、顧客サービスを改善していく」と指摘している。
 
Business sectors that are expected to see the most growth include
 
IoT により最大の成長が期待される業種は、以下などにより構成される:
 
  • Manufacturing (204 percent)
  • Finance and Insurance (128 percent)
  • Media and Entertainment (120 percent)
  • Healthcare and Pharmaceutical (40 percent)
  • 製造業(204%)
  • 金融・保険(128%)
  • メディア・エンタテーメント(120%)
  • ヘルスケア・製薬(40%)
 
Additional benefits from using Internet of Things technology include:
 
また、IoT を採用することで、以下のようなメリットも生じてくる:
 
  • Improved customer experience.  Businesses will be able to speed logistics and delivery of products.  They’ll also be able to better understand and respond to the needs of their customers.
  • Increased productivity.  Businesses that use Internet of Things will be able to improve their efficiency and productivity.
  • Reduced risk.  Businesses will be able to better address regulatory requirements, monitor equipment and improve employee safety
  • 顧客満足度の向上:IoT を導入する企業は、製品に関連する物流および供給の高速化を実現する。そして、さらに、顧客ニーズを適切を理解し、対応していけるようになる。
  • 生産性の向上:IoT を導入する企業は、その効率と生産性の向上を実現する。
  • リスクの削減:IoT を導入する企業は、法的規制への取り組みや、設備を監視、従業員の安全性などについて、より有利な観点で臨めるようになる。
 
Verizon found that there are already more than a billion devices today connected and running business-to-business IoT operations, and by 2020, they expect the number of connected devices to grow to 5.4 billion.
 
Verizon の調査によると、現時点において、すでに 10億を超えるデバイスが接続され、B2B IoT で運用されているという。そして、2020年までに、それらの接続されたデバイス数は、54億個に成長すると予測している。
 
Mark Bartolomeo, vice president IoT Connected Solutions at Verizon, said that “within the past year, amid an improving economy, we’ve seen a number of new entrants starting to use IoT as a roadmap to improve their customers’ experiences, accelerate growth and create new business models that are driving societal innovation.”
 
Verizon の VP IoT Connected Solutions である Mark Bartolomeo は、「この一年の間に、つまり、景気が回復してきた中で、ロードマップとして IoT を採用する、新たな勢力の増大を確認している。それらの企業は、顧客エクスペリエンスを向上させ、自身の成長を加速させ、社会のイノベーションを推進するための、新たなビジネス・モデルを生み出している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、へぇ〜 と思ったのは、Verizon に VP IoT Connected Solutions というタイトルの重役がいることです。 そして、すでに 10億個の B2B IoT デバイスが機能している(Runnning)というのが、かなり新鮮な情報でした。 なぜ Verizon が、分かるのでしょうかね? このポストの冒頭にあるリンクから、20ページ以上もある、立派なサポートが PDFで でダウンロード出来ましたので、これから眺めてみたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
 

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 30, 2014

Walmart Offers iPhone 5C for Just 97 Cents
http://wp.me/pwo1E-7Nv

Marco Foronda  – Aug 22, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/7589/20140822/walmart-apple-inc-iphone-5c-iphone-5s-iphone-price-drop-tech-gadget-smartphone-ios-phone.htm

Walmart has drastically slashed its price tag for the iPhone 5C and 5S. The retail store’s move prepares it for the upcoming debut of iPhone 6 in September by getting rid of as many of the old iPhone models as fast as it can.

Walmart における iPhone 5C/5S の値下げが、大幅なものになっている。このリテーラーは、古い iPhone を可能な限り早く処分することで、9月に登場してくる iPhone 6 に対して、準備を整えようとしている。

iPhone 5C

Walmart cut the price of iPhone 5S (16 GB) from US$99 to just US$79. Its colorful lineup iPhone 5C (16 GB and in any color) has been cut from US$29 to just US$.97 cents. This very cheap offer of Walmart for iPhone 5S and iPhone 5C, however, comes with a two-year contract from Verizon, U.S. Cellular, AT&T and Sprint.

Walmart は、 iPhone 5S (16 GB) については、US$99 から US$79 に値下げし、カラフルな iPhone 5C (16 GB) についてはUS$29 から US$0.97 に引き下げている。 この、Walmart による iPhone 5S と iPhone 5C のオファーは激安だが、Verizon/U.S. Cellular/AT&T/Sprint などの二年縛りがついてくる。

The price cut is only good in stores and not for online purchases. Customers can also avail of an unlocked and contract-free iPhone 5C which costs US$549 directly from Apple, Inc.

なお、このバーゲンはリアル店舗のみで展開されており、オンラインでの購入には適用されていない。 もちろん、キャリア縛りのないアンロック iPhone 5C を Apple から購入できるが、こちらは US$549 になる。

Electronic and gadget stores are slashing their prices for existing iPhone stocks before the rumored arrival of the new model this September. Walmart’s price drop also confirm about rumors regarding the release date of the iPhone 6.

いくつかの家電/ガジェット・ストアでは、新しい iPhone が 9月に登場するというウワサが出まわる前から、このような値下げ販売が行われている。 そして、この Walmart の再値下げは、iPhone 6 について囁かれているリリース日を、裏付けするものとなる。

Price drops on Apple products are rare because the company limits how it retail partners can price its products. Walmart is the only retail store that can sell Apple products below Apple’s manufacturer suggested retail price (MSRP).

リテーラーの値付けが制約されているため、このような、Apple 製品に関する値下げは珍しいことでもある。そして、Walmart だけが、Apple の MSRP(manufacturer suggested retail price)を下回る値付けを許されている。

Meanwhile, Apple fans are really excited about the launch of the iPhone 6 that is rumored to have a reversible USB Lightning cable, an almost unbreakable sapphire glass display and two larger screen versions, 4.7-inch and 5.5-inch.

その一方で、Apple ファンたちは、iPhone 6 のローンチを心待ちにしている。 リバーシブル USB Lightning ケーブルや、強固なサファイヤ・ガラス、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるというウワサである。

ーーーーー

文中にもあるように、このような形での、iPhone の在庫処分というのは珍しいですね。 売れ残りがあるということは、Apple というブランドにとって好ましくないので、可能であれば買い戻してしまい、中国などで販売したほうが良いのでしょうが、LTE の方式が違うので、それも不可能であり、、、という感じなのでしょう。 それにしても、iPhone 6 は、これまでの価格帯を踏襲するのでしょうか? それとも、引き下げへと向かうのでしょうか? そして、Apple が最重視する交渉相手は、これまでどおり Verizon/AT&T なのでしょうか? それとも、7億人サブスクライバーの、China Mobile なのでしょうか? Agile_Cat 的には、iPhone 6 のスペックよりも、ビジネス・モデルの変化に興味シンシンです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する

Posted in Entertainment, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on July 5, 2014

Netflix to Start Offering ‘Breaking Bad’ in Glorious 4K in June
http://wp.me/pwo1E-7DI

By Stan Schroeder – May 8, 2014
http://mashable.com/2014/05/08/breaking-bad-4k-netflix/

_ Mashable

Netflix will start offering Breaking Bad as a 4K streaming option starting this June, the company has confirmed.

Netflix は、この 6月から、Beaking Bad の4Kストリーミングを、オプションとして開始する。 それは、同社が確認していることでもある。

The company has been licensed by Sony to offer the series, and a remaster with 4K resolution (that’s 3840×2160 pixels), and 5.1 surround sound is almost complete, Pocket-lint reports.

Pocket-lint のレポートによると、このシリーズを提供するために、Netflix は Sony とライセンス契約をかわしており、4K の解像度(3840 x 2160 Pixel)と 5.1 サラウンドのためのリマスタリングが、ほぼ完成しているという。

Image: AMC

Netflix launched its first Ultra HD videos in Nov. 2013, and made a deal focusing on 4K content with Sony in Jan. 2014. The first series to receive the 4K treatment was Netflix’s own House of Cards this April. The company also plans to release its original series Orange is the new Black in 4k, with other shows to follow.

Netflix が、初の Ultra HD ビデオを開始したのは 2013年11月であり、2014年1月には Sony から 4K コンテンツを入手するための取り引きに入っている。最初に 4K 対応が済んだのは、Netflix 自身の House of Cards シリーズ あり、この 4月のことであった。 さらに同社は、オリジナル 4K シリーズとして、Orange is the new Black のリリースを計画しており、その他のコンテントも続いていく。

“You’ll see us license more and more content. So we’ll do Breaking Bad, but we’ll also do all of the Originals that make sense that have a format or style that benefit from that better video quality,” Greg Peters, chief streaming and partnerships officer at Netflix, told The Telegraph.

「私たちが、より多くのコンテント・ライセンスを得ていくことを目にするだろう。まずは、Breaking Bad から始まるが、それに続いて、すべてのオリジナルを 4K 化していく。 つまり、より優れたビデオ品質のための、フォーマットとスタイルを、それにより確立していく」と、Netflix の Chief Streaming and Partnerships Officer である、Greg Peters  が The Telegraph に語っている。

As for TVs that actually let you enjoy Ultra HD content, the situation is getting better by the day. Sony and Samsung will soon be devoting special areas in Best Buy stores, showcasing their 4K TVs. Meanwhile, the prices of 4K sets are falling dramatically, with several manufacturers planning to offer sub-$1,000 models.

実際に Ultra HD コンテンツを TV で楽しめるように、状況は日ごとに良くなっている。すぐに Sony と Samsung が、彼らの 4K テレビを展示するために、Best Buy の店舗にスペシャル・コーナーを設けるだろう。その一方で、4K セットの価格は、劇的に低価格化していく。いくつかのメーカーが、$1000 を切るモデルを計画しているほどである。

See also: 4K vs. HD: Here’s the Difference

ーーーーー

今回の W杯でも HD 品質のビデオがたくさん流れていますが、より以上の高品質を売りものにするストリーミング・サービスが始まるようです。この、5月にポストされた記事では、6月から開始の予定とされているので、もう、すでに始まっているのでしょう。 しかし、HD の 4枚分に相当するピクセル数を要求する、この 4K ストリーミングが始まると、どの程度の負荷が ISP たちに生じるのでしょうか? Netflix は、Comcast や Verizon といった ISP と、有償のピアリング契約を結んでいるので、それなら 4K も流し込むぞというスタンスなのでしょう。 ネットの中立性をめぐる騒動を考えると、火に油を注ぐような展開になってきました。

ーーーーー

<関連>

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する

Posted in Asia, Data Center Trends, Hybrid, Microsoft, Telecom by Agile Cat on June 25, 2014

SingTel and TelecityGroup enable access to Azure without internet connection
http://wp.me/pwo1E-7BB

By Karen McCandless on Tuesday, May 13, 2014
http://www.onwindows.com/Article/singtel-and-telecitygroup-enable-access-to-azure-without-internet-connection-23413#.U6nlZY2Sxsu

SingTel and TelecityGroup will provide secure and private direct connections into Microsoft’s Azure public cloud solution, as announced at TechEd 2014. The companies, along with AT&T, BT, Equinix, Level3 and Verizon, allow customers to connect Azure and on-premise technologies through the new Azure ExpressRoute offering.

TechEd 2014 での発表によると、SingTel と TelecityGroup は、セキュアなプライベート・ダイレクト・コネクションを、Microsoft の Azure パブリック·クラウド·ソリューションに提供することになる。つまり、この両社も、AT&T/BT/Equinix/Level 3/Verizon などと同様に、新たに提供される Azure ExpressRoute を介して、顧客のオンプレミス・テクノロジーと Azure の接続を実現していく。

Previously, businesses could only use the internet to access Azure, but ExpressRoute (codenamed Golden Gate) allows users to access private and dedicated network connections that don’t use the internet.

これまでのユーザー企業にとって、Azure にアクセスするため利用できるのは インターネット のみであったが、ExpressRoute(codenamed Golden Gate)により、インターネットに依存しない、専用のプライベート・ネットワークによる接続が可能になる。

SingTel will first roll out Microsoft’s private networking service to the Singapore and Asia markets before replicating this network arrangement in Australia to serve the markets in Oceania. SingTel’s Multi-Protocol Label Switching virtual private network will integrate directly with ExpressRoute.

SingTel は、最初に、Singapore と Asia のマーケットへと、Microsoft のプライベート・ネットワーク・サービスを展開していく。 続いて、同じサービスを Oceania のマーケットに展開するために、このネットワークを Australia にリプリケートする。 SingTel には、Multi-Protocol Label Switching という VPN が存在するが、それと ExpressRoute を、ダイレクトに統合していくことになる。

“Through this strategic alliance with SingTel, we can lower the barriers to entry for cloud computing by providing a more secure and reliable connectivity option for our joint customers in Asia Pacific,” commented Steven Martin, general manager of Microsoft Azure.

「 この、SingTel との戦略的な提携により、Asia Pacific における両社の顧客たちに、高度な安全性と信頼性を備えた接続オプションを提供できる。 つまり、クラウド·コンピューティングにおける参入障壁を引き下げることが可能になる」と、Microsoft Azure の GM である Steven Martin は述べている。

TelecityGroup will also provide Azure ExpressRoute in 37 of its locations across Europe through its Cloud-IX networking platform. Low-latency connections will be available in locations where Microsoft co-locates its ExpressRoute access points within TelecityGroup’s data centres.

また、TelecityGroup は、Cloud-IX のネットワーク・プラットフォームを介して、Europe 全域に広がる 37 のロケーションで、Azure の ExpressRoute を提供していく。 そのための、低レイテンシー・コネクションは、Microsoft が ExpressRoute アクセス・ポイントをコロケートする、TelecityGroup データセンターから供給される。

The company says that through the avoidance of a connection to the public internet, Azure ExpressRoute via Cloud-IX will offer increased reliability, faster speeds, lower latencies and higher security compared to other connections over the internet.

それについて同社は、パブリック・インターネットへの接続を回避する、Cloud-IX を介した ExpressRoute は、その他のインターネット接続と比較して、信頼性/高速性/低レイテンシ/高セキュリティを提供すると述べている。

Martin said: “Our expansion into TelecityGroup’s data centres via ExpressRoute is an important step, enabling customers to more easily execute scalable hybrid cloud deployments.”

そして、Martin は、「 ExpressRoute を介した、TelecityGroup データセンター内での拡張は、私たちにとって重要なステップである。なぜなら、それにより私たちの顧客が、拡張性の高いハイブリッド・クラウド環境を、容易に運用できるようになるからである」と発言している。

Related articles

ーーーーー

昨日に、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」という抄訳をポストしましたが、この記事における SingTel や TelecityGroup の狙いも、オンプレミス統合からハイブリッド・クラウドへと向けて展開されていくのでしょう。今日の Gigaom では、Joyent の Hybrid Management が紹介されていましたが、そのサマリーには「Joyent believes that hybrid clouds are the way of the future and a way in which the company can compete against big cloud service providers like Amazon」という一文が記されていました。まだまだ黎明期のクラウドです。これからの展開が、とても楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?

Posted in Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on June 18, 2014

Netflix And Verizon Just Reached A Deal To Improve Video-Streaming Quality
http://wp.me/pwo1E-7Al

Kyle Russell – Apr. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/netflix-and-verizon-just-reached-a-deal-to-improve-video-streaming-quality-2014-4

_ Business Insider

Netflix and Verizon have come to an arrangement that should ensure quality television and movie streams for Verizon customers for the foreseeable future.

Netflix と Verizon は、そう遠くない将来において、Verizon のサブスクライバーに高品質のテレビ/映画ストリーミングを約束するための、段取りを整えている。

JD Lasica
Socialmedia.biz
Netflix CEO
Reed Hastings

While details remain confidential, the deal is likely similar to the deal made between Netflix and Comcast back in February.

詳細について明らかにされていないが、この 2月に Netflix と Comcast の間で交わされたものと、似たような契約になるだろう。

As we wrote in our guide to understanding the Netflix-Comcast deal, here’s what it boils down to: Netflix will pay Verizon an undisclosed sum, and in exchange Verizon will connect directly to Netflix’s servers, improving streaming quality for all Netflix content.

私たちがポストした、Netflix‐Comcast 取引を理解するためのガイドとして、ここでの出来事を要約すると、Netflix は Verison に対して、何らかの対価を支払うことになる。 そして、それと引き換えに、Verizon は Netflix サーバーとのダイレクト接続を確立し、そのコンテンツ・ストリーミングにおける品質を改善していく。

Netflix VP Joris Evers confirmed the deal in a tweet this afternoon:

Netflix の VP である Joris Evers は、この取引について、今日の午後にツイートしている:

According to Verizon CEO Lowell McAdam, Verizon and Netflix have been negotiating over this deal for more than a year now; shortly after the Comcast deal, he said that he expected Netflix and his company to come to a similar arrangement.

Verison の CEO である Lowwell McAdam によると、Verizon と Netflix は、1年以上もの時間をかけて、この契約について交渉してきた。 そして、Comcast との契約の直後に、Netflix と Verizon も同様の契約に至ることを期待していると述べていた。

But in the two months since he agreed to pay Comcast, Hastings and Netflix have been arguing against such arrangements, calling for a "stronger" understanding of net neutrality and claiming that Comcast is "double-dipping" by charging its customers to access Netflix and charging Netflix to access its customers.

しかし、Comcast への支払に同意してからの 2ヶ月間というもの、Hastings と Netflix はネットの中立性に対する強い理解を求め、また、このような状況を批判してきた。そして Comcast は、Netflix が顧客にアクセスするときと、顧客が Netflix にアクセスするときに、料金を二重取りしていると主張してきた。

While Verizon customers tired of poor stream quality can be happy about the news, it’s been interesting to watch Netflix executives angrily yell about Internet service provider practices while paying money to enable those very same practices. As we’ve written before, it’s not entirely clear what Hastings is hoping for in the long term.

ストリーミングのプアな品質にうんざりしていた Verizon の顧客は、このニュースを喜んで受け入れているのだが、その ISP の行動について Netflix の経営陣たちが腹を立て、また、その行為に対して対価を支払うというのは、興味深い状況であった。 だたし、以前にも述べたように、長期的なスパンにおいて、Hastings が望んでいるものが、完全に見えているわけではない

SEE ALSO:  What the heck is Netflix CEO Reed Hastings up to?

ーーーーー

この、ネットの中立性に関しては、かなりの時間を費やして追いかけているのですが、全体的な動きが速すぎて、なかなかリアルタイムに翻訳できていないという状況です。前回の「ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた」という抄訳では、この両社で起こっている遅延を視覚化していますが、それが不可抗力によるものなのか、恣意的に操作されているものなのか、そのあたりが議論の対象になっているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

%d bloggers like this: