Agile Cat — in the cloud

日本を含む G8 が承認した、Open Data の五大原則とは?

Posted in .Selected, Government by Agile Cat on August 20, 2013

Open Data: G8 Nations Agree to a Charter of Sharing
http://wp.me/pwo1E-6vI

By Dick Weisinger, on August 7th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3947

_ formtek

An Open Data Charter was agreed to at the latest G8 Summit in Fermanagh, Northern Ireland. It established five strategic Open Data principles that all G8 members would abide by.  Members of the G8 include UK, US, Germany, France, Italy, Japan, Russia and Canada.

Open Data Charter(憲章)が、Fermanagh, Northern Ireland で先日に開催された、G8 Summit で合意に至った。 具体的には、すべての G8 メンバーが従うことになる、5つの戦略的 Open Data 原則が確立されたことになる。 なお、この G8 には、UK/US/Germany/France/Italy/Japan/Russia/Canada が、メンバーとして含まれている。

The five principles of open data described in the Charter made by the G8 participants:

この、5つの Open Data 原則は、参加国である G8 により作成された、憲章の中に記載されている。

  • Open Data by Default
  • Quality and Quantity
  • Usable by All
  • Releasing Data for Improved Governance
  • Releasing Data for Innovation
  • Open Data をディフォルトとして採用する
  • 質的/量的に充分なデータを提供する
  • すべての人々が、無償で利用できるものとする
  • ガバナンスを改善するために、データを開放する
  • イノベーションを実現するために、データを開放する

To see how the G8 countries currently rank in their openness of sharing government-collected data, the Open Data Census, Open Knowledge Foundation, ran a census that examined how well countries are making their data available.  Open Data sets that are available were categorized and ranked in ten areas, like transparency and accountability.

G8 諸国において、それぞれの政府により収集されたデータが、どのように共有されているのかという、開放性に関するランク付けを確認するために、Open Knowledge Foundation の Open Data Census が国勢調査を実施している。それにより、それぞれの国々におけるデータ利用が、どれほど容易になっているのかを参照できる。利用可能とされる Open Data のセットは、透明性や説明責任といった 10の分野に分類され、個々にランク付けされている。

↓ クリックで拡大↓

___space

Prime Minister David Cameron, said that “Some people may say, what on earth has open data got to do with business? …  What I hadn’t fully understood, but what I now do understand, is the data government owns is one of the most precious things it has in terms of helping your economy to grow.”

英首相である David Cameron は、「そもそも、Open Data は、ビジネスのために存在するのかと、一部の人々は言うかもしれない。これまで、完全には理解できなかったが、いま、理解してることは、政府が所有しているデータは、人々の経済を成長させるという側面において、最も貴重な事柄の1つである」と発言している。

ーーーーー

TAG indexこのところ、政治が絡む話というと CIA の SNA ばかりで、なにか、明るい話題がほしいと思っていたところです。 また、Agile_Cat としても、他が忙しかったのか、2010年末を最後に、eGov 総集編 が途絶えていました。この、G8 によるオープンデータの促進が、なにかの関心をひきつけ、たくさんのニュースが報道され、今年の年末には、また総集編が組めると良いなぁ ・・・ などと考えています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Worldwide Government Open Data Infrastructure Takes Shape
New York City が取得した .nyc ドメインと、経済における目論見
CIA の Prism と Big Data : 作り方を 見積つきで 教えましょう
NSA の Prism は、プロバイダーの手を借りなくても、個人データを盗み出せる
諜報機関 NSA による Prism 問題とは? とりあえずのリンク集を作りました

英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている

Posted in Post-PC, Research, Weekend by Agile Cat on July 27, 2013

UK: Women overtake men in tablet ownership stakes
http://wp.me/pwo1E-6pP

By:
Dusan Belic – July 23rd, 2013
http://www.intomobile.com/2013/07/23/uk-women-overtake-men-tablet-ownership-stakes/

_ into Mobile

For the first time ever, the majority of tablet owners in the UK are women, with the share of female owners increasing by 9% in the past year, according to a YouGov survey.

UK のタブレット所有者の男女比であるが、初めて女性が男性を上回ることになった。 YouGov の調査によると、この1年における女性の所有が、9% も増加した結果とされる。

The figures for the second quarter of the year show that females own 52% of the tablets in the UK, up from 43% in the same period last year. YouGov’s data shows that the increase in female ownership primarily comes from older Apple devices (iPad 1 and 2) as well as the new iPad Mini.

このタブレット所有者に関する数字は、今年の Q2 のものであり、前年同期の 43% から 52% へと、女性の比率が増大したことを示している。YouGov のデータによると、女性による所有の内訳は、古い Apple デバイス( iPad 1 と iPad2)で構成されるが、そこに、新しい iPad Mini が加わった結果だとされる。

In addition, we’re seeing a surge in the number of 18-34 year olds owning tablets with the group growing by 7% over the past year. In Q2 2012, the under-35s made up 19% of the market but this grew to 26% by Q2 2013. Other notable findings include:

さらに、18歳~34歳で構成される年齢層が、タブレット所有の比率を高めており、この1年で 7% も成長していることが分かった。 また、2012年 Q2 には、35歳未満によるタブレット所有は、マーケットの 19% を占めるに過ぎなかったが、今年の Q2 では、その数字が 26% にまで増大している。 なお、その他の興味深い数字としては、以下のものがあげられる:

  • 22% of the adult population now own a tablet, up from 18% last quarter.- 26% of the UK households own a tablet.
  • Close to a fifth (19%) of non-tablet owners identified as “hot prospects” to obtain one of the devices in the future.
  • Over a quarter (27%) of these prospects are aged 18-44 and more than a third (34%) are female.
  • UK における成人の、22% がタブレットを所有し、昨年の 18% から比率を高めている。また、世帯数で見ると、UK の 26% が、タブレットを所有している。
  • タブレット所有していない人々の約 1/5(19%)が、将来における購入を考えている、ホットな潜在顧客とされている。
  • それらの潜在顧客の 1/4 以上(27%)が 18歳~44歳の年齢層にあり、また、女性の比率は 1/3 以上(34%)とされている。

And if you need some additional details, you can get them from YouGov’s website.

より詳細な情報が必要ならば、YouGov の Web サイトで参照して欲しい。

Image from blog.creditreport.com

ーーーーー

weekend2この春にも、『女 が スマホ を愛するとき : インフォグラフィックス』という抄訳で、イギリスにおける女性の台頭をお伝えしました。 そこには ーーー 2013年のスマホ浸透率は 60% に上昇しているが、その所有者の 58% が女性であり、男性 は 42%  に過ぎない ーーー と記されていました。 この国における利用層に、大きな変化が生じていることが分かりますね。そして、『ソーシャル・コマース の 大爆発 : Like と Tweet と Pin が、消費者の行動を大きく変化させている!』という抄訳は、ソーシャル・メディアが、通販カタログの機能を肩代わりし始めたと紹介しています。 いずれにしろ、生産財としての PC から、消費財としての Post-PC デバイスへの移行が、一連の具体的な数字の背景にあるように思えます。image

ーーーーー

<関連>

タブレットの利用率 : iPad が 84% を占めるという調査の結果とは?
新しい Google Maps が、Web と iPad で動き始めた!
iOS/Android の成長と Windows の後退:それを示す1枚のチャート
iPad mini – Retina の出荷が、2014年にズレ込むらしい
iPad を止められない Windows 8 : それを示す1枚のチャート

 

イギリス政府の CloudStore は、公共部門向けのアップ・ストアなのだ!

Posted in .Selected, Government by Agile Cat on May 13, 2013

U.K. Government CloudStore Sales Spike 300% In March
http://wp.me/pwo1E-66i
Gary Flood|April 22, 2013 12:07 PM
http://www.informationweek.com/government/cloud-saas/uk-government-cloudstore-sales-spike-300/240153313

_ Information week

Cloud-based government IT procurement model appears to be gaining steam after a slow start.

クラウド・ベースの 政府 IT 調達モデルが、徐々に盛り上がってきている。

What a difference a few weeks of uncharacteristically extended British winter weather makes. In February, we reported on so-so sales of IT products and services to the British public sector through its CloudStore cloud initiative, with critics noting that, a year after its February 2012 launch, the catalog could only account for a drop in the ocean of the billions central government spends every year on tech.

いつになく冬が長い、今年のイギリスだが、この数週間のうちに、なにが変化したのだろう。この 2月のレポートでは、イギリス政府の CloudStore クラウド・イニシアチブを介した、公共部門へ向けた IT プロダクト/サービスの売上が、ソコソコであると報告した。そして、この 2012年 2月に立ち上げられたカタログは、中央政府が費やすハイテク支出の、ほんの一部を占めるにすぎないと、批評家たちは指摘した。

But things seem to have picked up in the intervening few weeks. CloudStore sales for March climbed steeply, to 300% over February; the month’s sales were just under £7 million ($11 million), well up on the previous month’s £2 million ($3 million).

しかし、この数週のうちに、そのような傾向が変化し、上向いてきたように思える。3月における CloudStore の売上高は、2月に対して 300% も増加しているのだ。 具体的にいうと、2月の £2 million ($3 million) に対して、3月は £7 million ($11 million) である。

Total CloudStore sales since launch are £18.2 million ($27.7 million). That means that March’s returns equal more than half of the entire amount of purchases through the channel so far, in just one four-week period.

CloudStore が立ち上がってからの累計売上高は、£18.2 million ($27.7 million) である。つまり、この 3月は、ローンチから 14ヶ月目に当たるのだが、この1ヶ月で累計の半分以上を売り上げていることになる。

Some big buyers, including the Ministry of Justice and the Home Office, have finally dipped their toes in the G-cloud water. That fact combined with the growing sales have renewed the faith that British public sector CIOs can be weaned off their apparent "addiction" to only working with big systems integrators or multinational firms.

Ministry of Justice や Home Office などを含む大口の買手が、ついに G-Cloud を認め始めてきたのだ。この、セールスの成長に裏付けられた事実が、British Public Sector CIO たちにもたらしたのは、ある種の改宗である。つまり彼らは、大手のシステム・インテグレーターや多国籍企業だけを選ぶという、中毒症状から脱することが可能になったのだ。

Even so, the size of CloudStore-generated contracts still remains modest; for example, Ministry of Justice disbursements were only £150,000 ($228,500) for an operating model change program and £100,000 ($152,300) on internal training in the Agile development methodology approach, while the Home Office spent just over £114,000 ($173,600) on a new biometric security visits system.

とは言え、CloudStore から生み出される契約の規模は、依然としてささやかなものである。たとえば、 Ministry of Justice からの売上は、運用モデル改善プログラムの £150,000 ($228,500) と、アジャイル開発手法に関する内部トレーニングの £100,000 ($152,300) のみである。また、Home Office からの支出は、バイオメトリック・セキュリティの新システムに関する £114,000 ($173,600) となる。

But other public sector buyers made bigger commitments; Thurrock Borough Council, for example, invested just under £500,000 ($761,600) on a new platform for online transactions, while the University of Hertfordshire spent just over £350,000 ($533,000) in March. (The system currently has a ceiling of £100 million ($152 million) on maximum contract value, which is set to double shortly.)

しかし、その他の買手として、いくつかの公共部門が、大がかりなコミットをしている。たとえば Thurrock Borough Council は、オンライン・トランザクションの新たなプラットフォームに、£500,000 ($761,600) を支出する。 また、University of Hertfordshire は、この 3月に £350,000 ($533,000) を支出している( このシステムにおける契約上限額は、現時点で £100 million ($152 million) に設定されているが、間もなく 2倍に引き上げられる)。

Sales volume also increased significantly in March, at 280 purchases made, compared to 180 in February and just 150 in the first month of the year.

そして、契約件数も、1月の 150件から、2月の 180件、3月の 280件と、大幅に増大している。

Meanwhile, the body that runs the service, the Cabinet Office, promises new services for the third iteration of the service, Giii, set to be introduced in May. These include the chance for buyers to browse whole new areas in IT, like identity services and service integration/management.

この組織が、現行のサービスを運用する一方で、Cabinet Office(内閣府)は、第 3世代のサービスである Giii を、5月には開始すると約束している。そこでは、アイデンティティ·サービスや、サービスの統合/管理といった、まったく新しい IT の領域が、バイヤーたちに提供されることになる。

In more good news for Whitehall IT strategists, London’s Design Museum, which describes itself as "the world’s leading museum devoted to contemporary design in every form from furniture to graphics, architecture to industrial design," named GOV.UK, the new unified single site for all of central government and its agencies, as its Design of the Year 2013 winner, beating 98 other candidates. (To get a feel for what that means, the 2012 winner was the iconic London 2012 Olympic Torch.)

この Whitehall IT 戦略家たちにとって、さらなる Good News は、London の Design Museum からのものである。それは、「家具/映像/建築といった工業デザインにおいて、現代的なデザインに特化する」ものであるが、そこに中央政府と行政機関のために統合された、この GOV.UK という名称のシングル・サイトが、98 件ものコンペティタを押しのけ Design of the Year 2013 の受賞者として紹介されている(2012年の受賞者が、London 2012 Olympic Torch アイコンだったことで、その重みも分かるだろう)。

In the announcement of the award, British Prime Minister David Cameron said: "This government is committed to being the most transparent in the world. For the first time, people can find out what’s happening inside government, all in one place, and in a clear and consistent format." Design Museum director Deyan Sudjic said, "GOV.UK looks elegant and subtly British thanks to a revised version of a classic typeface designed by Margaret Calvert back in the 1960s: it is the Paul Smith of websites. The rest of the world is deeply impressed, and because it has rationalized multiple official websites, it saves the taxpayer millions. What’s not to like?"

この受賞に関するアナウンスメントにおいて、英国首相 David Cameron は、「 この政府は、世界で最も透明であろうと努めている。そして、最初のステップとして、人々がシングル・ポイントから、明確かつ一貫したフォーマットで、政府の内部で起こっている、すべての事柄を参照できるようにする」と発言している。また、Design Museum の Director である Deyan Sudjic は、「GOV.UK は、イギリスの優雅さと雰囲気を兼ね備えている。1960年代に Margaret Calvert がデザインした古典的な書体を、素晴らしい形で改訂している。つまり、Web サイトにおける Paul Smith である。世界中が深く感銘を受け、また、他のオフィシャル Web サイトを統合/合理化しているため、無数の納税者に益する。 受賞させない理由が、どこにあるというのか?」と発言している。

The GOV.UK project, bringing all of the British state’s online activities in one locale, is a big project. This week, the Department of Work and Pensions and its 900 documents became the 21st department to move to the Inside Government section of the site.

この GOV.UK プロジェクトは、1つのロケールに、イギリス政府におけるすべてのアクティビティを集約するという、大規模プロジェクトになった。 そして、今週、Department of Work and Pensions と、その 900 もの文献が、同サイト内における Inside Government の、21番目の部門となった。

Not bad for a site that only moved out of beta six months ago.

6ヶ月前までは、ベータ・サイトであったことを考えれば、上々の展開である。

[ U.K. citizens seem to prefer mobile to PCs. Read British Increasingly Use Smartphones To Visit Government Websites. ]

InformationWeek Government’s March Must Reads is a compendium of our best recent coverage of cloud computing in the federal government. The Must Reads: Government And Cloud Computing issue explores the federal government’s cloud computing strategy, including the first government-wide cloud security authorization, various agencies’ approaches to the cloud and a look at how the feds are driving cloud innovation. (Free with registration.)

ーーーーー

image素晴らしい、試みですね。こうして、調達窓口を一本化することで、たとえば検証済みのソリューションなどの情報が、それぞれの部門間でスムースに交換され、開発期間が退縮され、そのコストも削減されるでしょう。 世界中の政府のモデルとなる、新しい流れが、ここから始まることを期待したいです。 ただし、これまで、それを糧にしてきた業界の再編成も同時に進まなければなりません。 抵抗もあるでしょうが、前に進まなければ国力が衰退します。 日本でも、ぜひ、取り組んで欲しいですね。image

ーーーーー

<関連>

米議会超党派グループの TechNet が、IT 人材の発掘/確保に乗り出す
EU 独禁法と Microsoft : これで、本当に良いのだろうか?
中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感
台湾財界が HTC 支援を、台北政府に要請か?
BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける

女 が スマホ を愛するとき : インフォグラフィックス

Posted in .Selected, Mobile, Post-PC, Research, Weekend by Agile Cat on May 6, 2013

More Women Own Smartphones Than Men [Infographic]
http://wp.me/pwo1E-64a
Brian Proffitt – April 24th, 2013
http://readwrite.com/2013/04/24/more-women-own-smartphones-than-men-infographic

_ Read Write (2)

As smartphones shift from the realm of early adoption to mainstream use, the demographics of smartphone users are also shifting strongly. A new UK survey has found that more women are using smartphones now than men, and in general users are increasingly older.

スマートフォンは、初期的な使用の範囲から、主流としての利用の領域へとシフトしているが、そのユーザーに関する人口統計も大きくシフトしている。 イギリスにおける最近の調査では、いまでは男性よりも女性の方がスマホを利用する比率が高く、また、その利用者の年齢層も高くなっていることが確かめられた。

クリックで拡大 ⇒

It’s a pretty clear trend, if you look at the infographic provided by eDigitalResearch and IMRG. In 2010, when smartphones had only penetrated 38% of the UK market, 63% of smartphone owners were men and 37% were women. Contrast that with 2013, when smartphones hold 60% of the UK user base, and you have 58% female smartphone users and 42% male.

eDigitalResearch IMRG が提供するインフォグラフィックスを見れば、かなり明確な傾向があると気づくだろう。 2010年の時点では、イギリス市場におけるスマホ浸透率は 38% であったが、その所有者というと、63% が男性、37% が女性である。それとは対照的に、2013年になるとスマホ浸透率は 60% に上昇しているが、その所有者の 58% が女性であり、男性 は 42%  に過ぎない。

Older consumers are owning smartphones, as well, as the devices move from purely business use to consumer ownership. In 2010, a little under a third of all smartphones were owned by people aged 45-74. It’s a little hard to get an exact percentage from the displayed pie chart, but in 2013 that age group now makes up about 45% of the overall smartphone population.

スマホ所有者に関しては、純粋なビジネス・ユースからコンシューマへと移行しているだけではなく、その年齢層が上昇している状況も確認されている。 2010年の時点では、スマホを所有する 45-74歳の人々は、全体に対する 1/3 に満たなかった。 しかし、その年齢層の人々は、2013年では約 45% を占めるに至っている(インフォグラフィクスの円グラフでは、正確な比率を把握しづらいかもしれないが)。

That stats show other interesting phenomena in the UK: the rise of browsing as a smartphone activity, as well as the fall of Nokia and the rise of Apple and Samsung as smartphone manufacturers sold in the UK.

この統計では、イギリスにおける、いくつかの興味深い現象が示されている。 たとえば、スマートフォンの役割として、Web ブラウジングが上昇しているだけではなく、Nokia が凋落し、Apple と Samsung が台頭していう状況などが分かってくる。

Take a look at the infographic below to see other stats from across the pond.

このインフォグラフィックスから、海の向こうの状況を参照してほしい。

ーーーーー

imageこうした、性別などによるスマホ市場の分析というのは、しかも、時間軸での変化を含んだものというのは、おそらく初めての試みだと思います。 そして、その結果を見ると、女性に気に入られることでメジャー・カテゴリ入りしていくという、あらゆるプロダクトに共通する属性を、ついに IT が手に入れたことが示されているように思えます。これからの、IT の長い歴史の中で、スマホや、タブレット、そして ウェアラブルを生み出すステップとして、かつては PC というものが存在したと、語られるようになるのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

Percy Sledge – When A Man Loves A Woman
タブレット・シェア 下克上:Android 57% vs iOS 40%
10代の若者は iPhone を欲しがる: それを示す1枚のチャート
世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
Windows 依存を減らす Microsoft : それを示す1枚のチャート
インターネット人口の分布を、タイムゾーンごとに計算してみた

Starbucks アプリの Android 版が、UK と Canada に進出した

Posted in Mobile, Weekend by Agile Cat on July 21, 2012

Starbucks Android app finally arrives in the UK and Canada
http://wp.me/pwo1E-4t1

By
Wayne Williams – July 11, 2012
http://betanews.com/2012/07/11/starbucks-android-app-finally-arrives-in-the-uk-and-canada/

_ beta news 2

Android-owning coffee addicts living in United Kingdom and Canada can, from today, start paying for their brewed beverages and food using a new Starbucks app. Once installed, all you have to do is link it to an existing Starbucks card and order some drinks. The app will display a barcode for the barista to scan, resulting in the total being automatically debited from the linked card.

Android を持っていて、コーヒー中毒で、United Kingdom および Canada に住んでいる人には朗報である。 今日から Starbucks アプリを用いて、注文したドリンクとフードの支払いが出来るようになったのだ。一度 インストールさえしてしまえば、これまでの Starbucks カードとの関連づけを行うだけで、ドリンクの注文が可能になる。 このアプリが表示するバーコードを、バリスタたちがスキャンする。その結果として、リンクされているカードに、支払額が自動的に取り込まれていく。

You can use the app to add some credit (using a credit card or PayPal account), check your balance, view your previous transactions, and track Stars in the My Starbucks Rewards program. You can also transfer credit between cards if you’re running low and a friend is happy to help. If you’re not sure where the nearest Starbucks is, the app will show you on a map. If you lose your phone, or have it stolen, all you need to do is cancel your Starbucks card and that will prevent the finder/thief from enjoying a Venti Doubleshot Caramel Macchiato, or similar, at your expense.

あなたは、このアプリを使って、クレジットを足し込むことや(PayPal などを利用)、使用量のチェック、前回のトランザクションの参照、そして My Starbucks Rewards プログラムの Star をトラッキングすることなどが可能となる。 もし、あなたのクレジットが少なく、友人が融通うしてくれるなら、カード間でクレジットを転送することもできる。 そして、最寄りの Starbucks が分からなければ、このアプリがマップ上に目的地を示すだろう。 さらに、デバイスの紛失や盗難に際しては、その Starbucks カードをキャンセルするだけで済む。それだけで、拾主や泥棒が Venti Doubleshot Caramel Macchiato を楽しんだ挙句に、あなたに支払いのツケだけを回すようなことも不可能となる。

The app has been available on iOS devices for a while, and the Android version thoroughly tested by US customers since June 2011.

これまで、このアプリは iOS デバイスで利用できていたが、2011年6月からは、Android バージョンがアメリカのユーザーたちによりテストされていた。

ーーーーー

imageこういうアプリは、なんとなく楽しそうで良いですね。 でも、よくよく考えてみると、モバイルの利点を見事に活用し、また、リアルな世界と経済との結びつきに、きっちりとフォーカスしてる様子が見えてきます。 おそらく、モバイル・アプリの、ある種のカテゴリを形成していくのでしょう。 日本だと、McDonalds アプリもありますが、なんと言っても、吉野家アプリ/松屋アプリ/すき家アプリの競合が見ものなんでしょうかね :) ーーー  image

ーーーーー

<関連>

Apple Store 人気に便乗して、7.5% も売上を伸ばした Grand Central のテナント
さぁ 夏だ! iPhone を持って 海に潜ろう
Nail Design for iPad で、ネイル・アートをバッチリ決めちゃう!
Everyme が約束する、間違いのないモバイル・プライベート共有とは?
出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey

 

NTT Com が 85% を出資する、英 Gyron のデータセンター・ビジネスとは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Telecom by Agile Cat on June 5, 2012

NTT Com Acquires 85% Stake in Gyron, Leading UK Data Center Service Provider
http://wp.me/pwo1E-4hl

June 01, 2012 –TOKYO, June 1, 2012 /PRNewswire/
http://www.broadcastnewsroom.com/article/NTT-Com-Acquires-85-Stake-in-Gyron-Leading-UK-Data-Center-Service-Provider-2052464

image

NTT Communications Corporation (NTT Com) and Gyron Internet Limited (Gyron) jointly announced today that NTT Com acquired 85% of Gyron, a leading provider of data center services in the United Kingdom. NTT Com is further subscribing for additional equity in Gyron to provide capital for planned expansion projects.

NTT Communications Corporation (NTT Com)と Gyron Internet Limited(Gyron)による今日の共同発表によると、United Kingdom のデータセンター・サービスをリードする Gyron の、85% の株式を NTT Com が取得したことになる。 そして NTT Com は、Gyron が計画する拡張に資本を提供するために、さらなる追加の持ち分を予約している。

imageGyron, an experienced provider of colocation and associated managed data center services, currently has an announced power capacity of 19MW, comprising an established data center near London and two additional new facilities which will begin operating between late 2012 and early 2013. Gyron provides a full range of colocation and connectivity services to enterprises and service providers, including large corporations such as software giants Adobe and Symantec, and the innovative subscription music streaming service Spotify.

Gyron は、コロケーションとデータセンターのサービスにおいて、経験豊かな管理能力を有するプロバイダーである。その London 近郊で運用されるデータセンターは、19MW の電力容量を持つとアナウンスされている。 それに加えて、2カ所の新しいファシリティが、2012年末から 2013年初頭にかけて始動する。 Gyron は、エンタープライズとサービス・プロバイダに対して、フル・レンジのコロケーションとコネクティビティ・サービスを提供する。そして、その顧客には、ソフトウェア大手である Adobe やSymantec、また、革新的なミュージック・ストリーミング・サービスを提供する Spotify などがいる。

Gyron’s data centers will strengthen the NTT Com group’s cloud-based one-stop ICT solutions in the UK, Europe’s ICT hub, and enable the NTT Com group to further accelerate its offering of increasingly diverse global cloud services.

Gyron のデータセンターにより NTT Com グループは、UK におけるクラウド・ベースのワンストップ ICT ソリューションと、Europe の ICT ハブ機能を強化するだろう。そして、NTT Com グループ推進している、多様でグローバルなクラウド・サービスを提供を加速していく。

imageUnder the terms of the transaction, existing Managing Director, Robin Balen, and Operations Director, Ben Miller, retain a combined 15% ownership of Gyron, and will both continue in their current roles. Mr Balen said “We look forward to working with NTT Com and delivering on our expansion plans. Existing and future customers will benefit from this significant investment and the continued provision of our high quality and flexible wholesale and retail colocation services”.

今回の契約において、現職の Managing Director である Robin Balen と、Operations Director である Ben Miller は、買収後の Gyron 株式におけr 15% を保持し、また、現在の役割を継続して担うことになる。 「私たちは、NTT Com と協調し、また、その拡張計画の達成を楽しみにしている。 既存の顧客だけではなく、こからの未来の顧客も、この大規模な投資と、高品質のプロビジョニングを享受し、また、コロケーション・サービスにおける、柔軟なホールセールとリテールのメリットを得ていくだろう」と、Mr Balen は発言している。

The Rt. Hon. Vince Cable MP, Secretary of State for Business, Innovation and Skills, said “NTT Communications’ investment confirms the UK as the ICT hub of Europe and is further proof that we are providing the right environment to attract world-renowned companies”. He also said: “I met Mr. Akira Arima, CEO & President of NTT Communications, at their HQ in Japan last summer in the aftermath of the earthquake. At such a difficult time, I was keen to go there in person and reassure them that our door was open to do business with them, both in Japan and in the UK. I am therefore personally delighted with today’s announcement by NTT Communications, which shows the strength of the trade ties between our two countries”.

The Rt. Hon の MP, Secretary of State for Business, Innovation and Skills である Vince Cable は、「NTT Communications からの投資は、UK を Europe ICT ハブとして認めたものであり、また、世界で指折りの企業にとって、魅力的で適切な環境を、私たちが提供していることを証明している」と発言している。 そして、さらに、「昨年の夏のことだが、私は地震の影響が残るJapan に赴き、 NTT Communications の HQ に CEO & President の Mr. Akira Arima を訪ねた。 あのような困難な時期であったからこそ、そこに出向き、Japan と UK でビジネスを展開するために、私たちは常にドアをオープンにしていると伝え、安心してもらいたかった。 したがって、個人的にも、今日の NTT Communications からのアナウンスメントを嬉しく思う。 それは、両国間における交易の強化を示している」と付け加えている。

The ongoing expansion of multinational business operations is increasing the worldwide demand for seamless one-stop ICT services, including the managed operation and maintenance of networks, data centers, servers and applications. NTT Com, under its Global Cloud Vision, is leveraging its strengths as a telecom operator to provide total ICT outsourcing services, from networks and data centers to applications, all on a seamless, end-to-end, one-stop basis, to meet customer needs for cloud-based ICT systems.

拡大し続ける多国籍ビジネスを管理するための、シームレスなワンストップ ICT サービスに対して、世界的なレベルで要求だ高まっている。そこには、適切に管理されたオペレーションおよび、ネットワーク/データセンター/サーバー/アプリケーションの維持が含まれる。 NTT Com は自ら掲げる Global Cloud Vision の下で、トータルな ICT アウトソーシング・サービスを提供する、テレコム・オペレータとしての強みを活かしている。その範囲は、ネットワークとデータセンターからアプリケーションにまでいたり、また、シームレス/End-to-End/ワンストップに基づき、クラウド・ベースの ICT システムに対する顧客のニーズを満たしている。

Going forward, the NTT Com Group will continue to build global strengths aiming to achieve group operating revenues of at least 1.5 trillion yen ( 12bn), including a doubling of global sales revenues, by 2015.

そして、さらなる前進が期待される。 2015年までに NTT Com Group は 、少なくとも 1.5 兆円の営業収益の達成するために(グローバル・セールスも含めて)、強固なビジネスを展開し続けるだろう。

About NTT Communications Corporation
NTT Communications provides consultancy, architecture, security and cloud services to optimize the information and communications technology (ICT) environments of enterprises. These offerings are backed by the company’s worldwide infrastructure, including IPv4/IPv6 Global Tier-1 IP Network, Arcstar Universal One™ VPN network reaching over 150 countries, and over 120 secure data centers. NTT Communications’ solutions leverage the global resources of NTT Group companies including Dimension Data, NTT DOCOMO and NTT DATA.
For further information, please visit:
http://www.ntt.com | http://www.twitter.com/nttcom | http://www.facebook.com/nttcomtva

About Gyron
Founded in March 2000, Gyron provides highly resilient and energy-efficient datacentre services, supporting business critical IT applications for customers across the world. The company offers colocation on both a wholesale and retail basis, along with associated connectivity and management services, all supported by comprehensive 100% availability Service Level Guarantees.
For further information, please visit:
http://www.gyron.net | http://www.twitter.com/gyron | www1.uk.gyron.net/blog

ーーーーー

TAG indexAdobe に、Symantec に、Spotify ですか! 顧客として、一流どころが顔を揃える、とても頼もしい Gyron ですね。 これまでに、Dimension Data を買収し、さらに、その傘下に OpSource も加えてきた NTT Communications ですが、今回の Gyron 株式の取得により、グローバル・ビジネスの拡大という方針が、さらに明確になってきましたね。今後に期待したいです! ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

NTT の 100% 子会社である Dimension Data が OpSource を買収
OpenFlow 1.2 が ONF の評議会で承認された – NTT Com も委員に
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録
Hitachi がスマート・グリッドで Silver Spring と提携

iPhone 5 と Galaxy S3 の対決は、街角のストアへと戦線を拡大する – from UK

Posted in Apple, Google, Miscs, Mobile, Samsung by Agile Cat on April 3, 2012

iPhone 5 vs Samsung Galaxy S3: The brick and mortar edition
http://wp.me/pwo1E-44L
Saturday, March 31st, 2012
http://popherald.com/samsung-store-phones-4u-iphone-5-release-date-smartphone-market-16613/

_ pop herald

Samsung opens its own store in United Kingdom ahead of the rumored release date of its Galaxy S3 this year.

今年だとウワサされる Galaxy S3 のリリースに先行して、Samsung は United Kingdom に自身のストアをオープンする。

ーーーーー

imageThe Apple Store, according to Apple, is its “secret weapon” against its rivals in the smartphone and tablet markets. Apparently, Apple covers almost all major markets, and these stores help drive sales with better presentation of devices, human support team, and hands-on trials.

Apple によると、スマートフォンとタブレットの市場で、そのライバルに対抗する「秘密武器」とは、Apple Store のことである。 Apple は、ほとんど全てのメジャー・マーケットをカバーし、また、さらに踏み込んだデバイスのプレゼンテーションおよび、サポート・チームとハンズオン・トレーニングを、それらのストアで促進することで、販売を支援していくらしい。

Cook said during the keynote for the new iPad:

新 iPad のキーノートにおける、Cook の発言は以下のとおりである:

“Our retail stores provide the best buying experience and the best customer service anywhere, and while that’s important for a buyer of a Macintosh, in some ways it’s even more important for a buyer of an iPad or an iPhone or another post-PC device because these devices are new to many people.

There needs to be a place to discover them, to learn about them before they are purchased, and learn how to get the most out of them after they’re purchased.”

私たちのリテール・ショップは、どの店舗であっても、最高の購入エクスペリエンスと、最良の顧客サービスを提供する。そして、こうした試みが Macintosh のバイヤーのために重要である一方で、iPad や iPhone、そして他の Post-PC デバイスの購入者にとっても、いくつかの意味において、さらに重要なものとなる。なぜなら、それらのデバイスは、多くの人々にとって、常に新しいものであるからだ。

つまり、購入に先立って、それらを見出し、学習する場所が必要になる。 さらに言えば、購入した後にも、それらのプロダクトから、最大の能力を引き出すための、学習の場が必要となる。

Apple’s rival (and also one of the company’s manufacturing partners), Samsung, is ready to join the brick-and-mortar retailing, and obviously to upgrade its fight against Apple’s post-PC devices including the rumored new iPhone that will reportedly arrive this year. Samsung launches its newest Samsung-esque retail store in United Kingdom inside a retail store branch of Phones 4 U.

Apple のライバルである(そして製造パートナーでもある)Samsung は、このインターネットの外側に展開される、リテール競争に参入する準備を済ませている。そして、今年には発売とウワサされる新しい iPhone を含めた、Apple の Post-PC デバイスとの戦いを、明らかに拡大しようとしている。 Samsung は、Phones 4 U の小売チェーンの中で、United Kingdom 初となる Samsung ふうのリテール・ショップを立ち上げた。

According to Engadget, the new store located at Oxford Street in London is near an Apple Store, and in my opinion, it clearly shows Samsung’s marketing strategy against a company that retailed 172 million post-PC devices in just 12 months. Last year, Samsung launched a tent store near a Sydney Apple Store during the iPhone 4S launch.

Engadget によると、この新しいストアは London の Oxford Street にあり、Apple Store の近くだそだ。 そして、たった 12カ月で 1億7200万の Post-PC デバイスを販売した企業に対して、Samsung の明らかなマーケティング戦略を示していると、私も思う。 昨年のことだが、Samsung は Sydney での iPhone 4S 発売に際して、Apple Store の近くにテント・ストアを展開している。

“To see is to believe” is the best quote for this new fight — the battle for the best retail store. Apple, by a mile, leads this race but Samsung can still catch up. With the latest Amsterdam store, Apple said it covers almost all markets with 362 retail stores, and support its claim that customers love Apple Stores, Tim Cook said 110 million customers visited Apple Store just last quarter alone.

この、ベスト・リテ-ル・ショップをめぐる戦いにおいて、最も当てはまりやすい台詞は 「見ることは信じることである」だろう。 Apple は、このレースを 1マイルほどリードしているが、まだ Samsung は、追いつくことができる。 最新の Amsterdam 店により、ほとんど全てのマーケットを 362 の店舗でカバーし、また、顧客は Apple Stores が好きであると、Apple は主張している。そして、Tim Cook は、直近の四半期だけで、1億1000万人の顧客が Apple Store を訪れたと発言している。

New Samsung devices will benefit from this new store, including the rumoured Samsung Galaxy S3 that will reportedly arrive this year. Rumours also added that Samsung wants a release date “near” the launch of the iPhone 5.

新しい Samsung のデバイスは、この新しいストアからメリットを得るだろう。そこには、年内の発売をウワサされる、Samsung Galaxy S3 も含まれる。 さらに Samsung は、そのリリース日を iPhone 5 の発売にぶつける、というウワサもある。

With a new phone, analysts say the Galaxy S3 will put Samsung ahead of the smartphone race alongside Apple, and the two companies will enjoy the whole 90 percent of the smartphone market.

新しいフォン・デバイスについてだが、Galaxy S3 により Samsung は、Apple と並んでスマートフォン・レースの先頭に立つと、アナリストたちは分析している。そして、この 2つの会社により、スマートフォン・マーケットの 90% が支配されることになるだろう。

All rights reserved.© This article was originally posted on Popherald.com.

ーーーーー

TAG indexApple と Samsung の戦いは熾烈であり、二強を形成しつつ有るようです。この PopHerald の記事と前後してポストされた Asymco の記事には、2011年を通じて、これまでの Nokia による市場の支配が終わり、Apple と Samsung が完全に抜け出した様子が描かれています。 こうしたマーケットの動きに合わせて、現実世界の店舗でも、この二強の戦いが始まりそうな気配ですね。 そのうち、銀座にも Samsun ストアが登場するかも知れないと思わせる、ヨーロッパの傾向です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Tim Cook でなければ、iPad のコストは $5,000 になったかも?
Android は、いつになったら 10億台に届くのか?
デベロッパーたちは Android に飽きてしまったのか? – IDC の調査
iPad は Windows から、どれだけのインターネット・トラフィックを奪い取るのか?
Google Play で Android Market を置き換える、Google のエコシステム戦略とは?

 

ソーシャルごとの世界分布を グラフで参照

Posted in Facebook, Research, Social, Tumblr, Twitter by Agile Cat on October 27, 2011

Social network popularity around the world in 2011
October 21st, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/10/21/social-network-popularity-around-the-world-in-2011/

_ pingdom

Online social networks are everywhere these days, a truly global phenomenon. But where are the different social networks having the most success in terms of popularity? That is what we’ll try to answer in this post.

オンラインにおけるソーシャル・ネットワークは、どこにあっても、本当にグローバルな現象になってきた。 しかし、それぞれのソーシャル・ネットワークは、どの国で人気を得ているのであろうか? それが、このポストで答えを導き出そうとするテーマである。

We have included 11 social networks in this survey: Facebook, Twitter, LinkedIn, Google+, Orkut, Tumblr, FourSquare, MySpace, LiveJournal, Hi5 and Bebo.

この調査においては、 FacebookTwitterLinkedInGoogle+OrkutTumblrFourSquareMySpaceLiveJournalHi5Beboといった、11種類のソーシャル・ネットワークを対象とする。

Please note that this isn’t meant to be an exhaustive list covering all social networks out there. There are literally hundreds of them.

注意して欲しいのは、このリストが、すべてのソーシャル・ネットワークをカバーする、完全なものを意図していないことである。 文字通りに、数百のソーシャル・ネットワークが存在するのである。

To map popularity, we’ve used Google search statistics (their Insights for Search tool). This will give us a good indication of the interest – or popularity, if you will – of a social network in a given region. We’re basing this survey on search results from the past 90 days, so it’s a reasonably large, up-to-date sample. After all, we want to know the situation right now.

それぞれの利用頻度をマッピングするために、私たちは Google Search Statistics (Insights for Search ツール)を使った。 この方式は、私たちの関心事に、つまり、国ごとのソーシャル・ネットワーク人口について、適切な指標を提供するだろう。これまでに、90日間を費やした検索結果の調査をベースにして、適度な規模の、最新のサンプルを作成してみた。 結局のところ、私たちが知りたいことは、現時点における状況である。

A few initial observations

We’ve gone through and summarized some of the information for you, but please feel free to scroll down and check out the individual social networks you’re interested in.

その全体を通じて、いくつかの情報を要約したが、ソーシャル・ネットワークごとの詳細情報も確認して欲しい。

Top countries for each social network (in terms of interest)

  • Facebook is most popular in Turkey and Venezuela.
  • Twitter is most popular in Venezuela and Brazil.
  • LinkedIn is most popular in the Netherlands and India.
  • Google+ is most popular in Taiwan and Hong Kong.
  • Tumblr is most popular in the Philippines and Brazil.
  • FourSquare is most popular in Indonesia and Malaysia.
  • MySpace is most popular in Puerto Rico and Myanmar (Burma).
  • LiveJournal is most popular in Singapore and Russia.
  • Hi5 is most popular in Thailand and Romania.
  • Bebo is most popular in Ireland and New Zealand.
  • Orkut is most popular in Brazil and Paraguay.

The interest shown for Orkut in Brazil far outstrips that of any other country. It’s worth pointing out that this doesn’t necessarily mean that the majority of users come from these countries. We’re talking about sheer interest in a service. The size of the local user base will depend on the size of the Internet population in that country.

Brazil における Orkut の、図抜けた存在が興味深い。 しかし、重要なことは、それらの国からやって来る、ユーザーの人数に注目する必要がないことだ。 私たちが伝えたい本当のことは、サービスに対する純粋な興味である。 ローカル・ユーザー・ベースの規模は、その国のインターネット人口に依存するだろう。

Also note that we haven’t compared the social networks against each other. This is a survey that examines where each social network has managed to garner the most interest in its service.

さらに、私たちは、それらのソーシャル・ネットワーク同士を比較したいわけでもない。 それぞれのソーシャル・ネットワークが、そのサービスに対する関心を、どの国で集めているかを、この調査では検証していく。

Some standout countries in this survey

  • Brazil is in the top five for Twitter, Orkut, Tumblr and Bebo.
  • Singapore is in the top five for LinkedIn, Tumblr, FourSquare and LiveJournal.
  • The United States is in the top five for LinkedIn, Tumblr and MySpace.
  • The Philippines is in the top five for Tumblr, FourSquare and LiveJournal.
  • India is in the top five for LinkedIn and Orkut.
  • The United Kingdom is in the top five for LinkedIn and Bebo.
  • Indonesia is in the top five for Twitter and FourSquare.
  • Venezuela and Turkey are in the top five for Facebook and Twitter.

That was just a brief summary. Why don’t you go ahead and have a look for yourself? We’ve listed the results for all the included social networks here below. We’ve also included direct links to Google Insights for Search if you want to dig even deeper into the results and play around a little.

これは、簡潔な要約である。 先に進んで、ぜひとも、その内容を確認して欲しい。以下に含まれる、すべてのソーシャル・ネットワークに関する、詳細をリストアップしている。また、さらに詳細を調べ、その他の情報も得たいのなら、Google Insights へのリンクを参照して欲しい。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

Final notes

As you noticed, we only included a limited list of social networks in this survey. For example, we didn’t include social networks that are regional by nature, i.e. don’t have a global focus. There are plenty of country- or language-specific social networks that are successful in individual countries, for example VKontakte in Russia and the Russian-speaking countries of the former Soviet Union, Mixi in Japan, RenRen and Qzone in China, Hyves in the Netherlands, etc.

これを見て気付くように、今回のソーシャル・ネットワークの調査から、ごく一部だけをリストアップしているに過ぎない。 たとえば、それぞれの国内で発生しているソーシャル・ネットワークは、つまり、グローバルなフォーカスを持たないものは含まれていない。 国ごとの話になると、たとえば Russia と 旧ソ連の国々における VKontakte や、Japan の Mixi、China の RenRen と Qzone、Netherlands の Hyves といった、成功を収めている数多くのソーシャル・ネットワークがある。

If you’re curious, you can check out a similar survey we did three years ago, in August of 2008. We thought an update was long overdue, since things change so rapidly in social media.

さらなる好奇心があるのなら、私たちが 3年前の 2008年8月に実施した、類似の調査を参照できる。 ソーシャル・メディアの変化が急速であるため、もっと頻繁に調査を実施すべきだったと思っている。

ーーーーー

TAG indexFacebook が独り勝ちかと思ったけど、そうでもない。それだけ、文化的な(ローカル)色彩が強いということなのでしょう。それと、Pingdom が、日本の Mixi を品認識しながら、グローバル指向では無いという理由で、この調査から外してしまったことが残念です。 やはり、実績が重視されてしまいますね。アジアとの連携が、どんどんと進むことを期待しています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

もうじき、.com のドメイン数が 1億個に届くという調査結果
Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
アメリカでは 2015年までに、モバイルが PC を追い抜く – IDC 予測
ニールセンのソーシャル調査でも Facebook が圧勝
おめでと~~~ Tumblr! もうすぐ 100億ポストだって?
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果

%d bloggers like this: