Agile Cat — in the cloud

WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?

Posted in Asia, Mobile, Social by on November 5, 2015
An app you’ve probably never heard of is the most important social network in China
Alex Heath, Tech Insider – Nov 1, 2015
_ Business Insider
You may have never heard of WeChat, but it’s the most important app in China right now.
WeChat について、何かを知っている人は少ないはずだと思うが、それこそが、いまの China で最も重要なアプリなのだ。
WeChat users can do just about anything, including play games, send money to people, make video calls, order food, read the news, book a doctor appointment, and more. It’s basically China’s version of Facebook.
WeChat のユーザーは、そこで、あらゆるサービスを利用できる。たとえば、ゲームを楽しむことや、友人との間で送金すること、そして、ビデオによる会話、料理の注文、ニュースの参照、病院の予約などが、このアプリには含まれている。つまり、一言でいうと、Facebook の China バージョンとなる。
“WeChat’s reach and influence is unrivaled in China’s online space,” said research firm China Skinny. “It touches everything from consumers communicating with their nearest and dearest, to sharing their most special moments, to buying everything from cinema tickets to taxi rides.”
調査会社である China Skinny は、「 WeChat がカバーする範囲と、それがおよぼす影響力は、China のオンライン・スペースで無敵だ。つまり、WeChat を触っていれば、それぞれのユーザーにとって、最も親しく大切な人とのコミュニケーションから、特別なニュースの共有や、映画のチケット購入、タクシーの支払いまで、ありとあらゆる事が、実現されるのだ」と説明している。
WeChat had 600 million monthly active users in August 2015, and only 70 million of them were outside of China. That’s only 100 million less users than Facebook Messenger.
WeChat の MAU(Monthly Active Users)は、2015年8月の時点で 6億人であり、China 国外で利用するのは 7000万人だ。 その規模は、Facebook Messenger と比べて、わずか1億人ほど少ないだけだ。
In Chinese, the app’s name is “Weixin,” which means “micro message.” A multi-billion dollar company called Tencent launched WeChat four years ago as a way to message people over an internet connection.
このアプリの、China における呼び名は Weixin であり、Micro Message という意味だそうだ。Tencent という、multi-billion dollar 企業が、この WeChat を立ち上げたのは、いまから4年前のことである。それにより、インターネット接続を介して、人々がメッセージを交換する世界が確立されたのだ。
Asia PacificMinistry of Industry and Information Technology (MIIT)の調査によると、2014年の中国におけるモバイル・インターネット・ユーザーは、8.8億人とのことです。また、モバイル・キャリアのトップを走る China Mobile は、8億人のユーザー抱えていると言われています。こうした背景を前提にすると、WeChat のマーケット・シェアが、かなりの比率であることが分かりますね。そして、このサービスを提供する Tencent は、Alibaba をも凌ぐ売上をあげている、中国最大のサービス・プロバイダーなのです。 こうした、一連の数字を眺めていると、この国のマーケット・サイズが見えてきますね。 _AC Stamp

Comments Off on WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?

iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Mobile, Research by on October 11, 2015
Global iPhone 6S sales not as good as expected
Staff Reporter 2015-10-09
_Want China Times
Sales of iPhone 6S and iPhone 6S Plus were not as good as expected in the global market, if taking the Chinese market into consideration, reports Tencent’s tech news web portal.
グローバル市場における iPhone 6S と iPhone 6S Plus の売行きだが、China 市場での動きを考慮するなら、期待されたほど良くはないと、Tencent の Tech News Web Portal がレポートしている。
Global sales of iPhone 6S and iPhone 6S Plus on its opening weekend totalled 13 million units, exceeding 10 million units last year. Yet China was not among the first batch of regions when Apple launched the iPhone 6 in 2014, which means this year’s figures is bloated by the world’s largest iPhone market.
iPhone 6S と iPhone 6S Plus が発売された週末に、グローバルで販売された台数は 1300万台となり、昨年の 1000万台を超えている。しかし、Apple が 2014年に iPhone 6 を立ち上げたとき、最初に販売が開始されるグループに、China の名前はなかったのだ。つまり、今年の数字は、China という世界最大の iPhone 市場により、肥大化していることになる。
iphoneChina’s accounts for 35% of total iPhone sales, marking it first in the world as of 2014.
iPhone の販売台数において、全体の 35% を占める China は、2014年の時点で世界の No.1 に躍り出ている。
If the figures for iPhone 6S sales are separated, China scored 4.55 million units and the rest of the world, 8.45 million units. This is a drop of 15.5% compared to the same markets last year.
この比率を当てはめてみると、China マーケットで販売された iPhone 6S と iPhone 6S Plus は 455万台となり、残りは 845万台という計算になる。 つまり、China 抜きで達成した、昨年の 1000万台に対して、15.5% 減という結果にいたる。
Another reason behind the lower sales is that the iPhone 6 attracted more buyers with significant changes, for example, to the screen size. The technology behind one of the iPhone 6S’ premium advancements, Force Touch, has been seen already in certain smartphone models manufactured by Chinese handset makers such as Huawei.
こうした、販売台数の鈍化を指摘する背景には、別の理由もある。 昨年の iPhone 6 は、たとえばスクリーン・サイズの大型化といったスペック変更により、ユーザーの関心を引き付けていた。もちろん、iPhone 6S にも、プレミアムなテクノロジーが、アドバンテージとして加えられている。その代表格が Force Touch だと思われるが、この機能に関しては、すでに Huawei などの China スマホ・メーカーが、いくつかのモデルで対応しているのだ。
The price decrease of the iPhone 6 after the launch of the iPhone 6S also had an impact on the new phone’s sales. The price of iPhone 6 in the Chinese market runs as low as 3,200 yuan (US$504), nearly 40% lower than the retail price for the iPhone 6S.
また、iPhone 6S がローンチした後の、iPhone 6 における価格の引き下げも、このニュー・モデルの売行きに影響を与えている。China 市場における iPhone 6 の価格は、iPhone 6S と比較して 40% ほど安い、3200 Yuan(US$ 504)に設定されている。
The iPhone 6S features Force Touch, a new rose-gold color option and an upgraded 12-megapixel rear camera from the 8 megapixels in previous models.
iPhone 6S の魅力は、新たに加えられた Force Touch と、Rose Gold というカラー・オプションと、従来の 8M Pixcel から 12M Pixcel に強化されたリア・カメラだとされている。
Asia Pacific今年の 4月に、「世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!」という抄訳をポストしましたが、そのときの Apple は、グローバルにおける中国の比率を明らかにしませんでした。そして、Tencent が掴んでいる数字は、世界の 35% を占めると主張しているのでしょう。ただし、その比率が、今回にも当てはまるのかどうかは分かりません。そして、iPhone 6S と iPhone 6S Plus の売行きというよりも、iPhone の3台に1台が中国で売れているとする、Tencent のレポートの方が驚きです。China Mobile だけで8億人のユーザーがいると言われるのですから、いずれにしても、たいへんな購買力であることは確かです。 _AC Stamp
iPhone 6S だが、発売と同時に 1300万台を売り切ったようだ: 1枚のチャートで
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? そんなユーザー心理をチャートで!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化

Comments Off on iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government by on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
_ Business Insider
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Comments Off on 習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

Posted in Alibaba, Asia, Container, Huawei, Standard by on June 26, 2015
China Cloud Computing: InfoQ China Creates Container Technology Hub
Adrian Darylle Torralba – Jun 24, 2015
_China Topix
InfoQ’s CNUT meeting with technology leaders in China was considered successful after it was attended by big technology companies such as Alibaba, Tencent, Baidu, Huawei, Ctrip, Meituan, JD and other tech companies in the country.
InfoQ の CNUT と、China のテクノロジー·リーダーたちとのミーティングは、成功したと捉えられるだろう。 なぜなら、 Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった、同国における大手ハイテク企業が参加したからである。
According to InfoQ, the use of container technology has risen to a significant number of users, and InfoQ is keeping an eye on several developers such as CoreOS, Docker, Kubernetes and Mesos. Start up container technologies are also rising and making the effort to compete globally.
InfoQ によると、コンテナ・テクノロジーを使用するユーザーの数は、かなりのレベルまで増加しているようだ。そして InfoQ は、CoreOS や、Docker、Kubernetes、Mesos といった、いくつかのデベロッパーに注視し続けている。また、コンテナ・テクノロジーのスタートアップも増大し、それぞれが、グローバルでの競合に備えている。
The full extent of small enterprises that is using the services of these storages have reportedly brought so much attention to the container technology hub to develop and support more providers of the said service. The CNUT container technology aims to provide services and information about the storage and container technologies to current, start-ups and possible investors in the said technology.
伝えられるところによると、ストレージ・サービスを使用している大半の中小企業が、それぞれのプロバイダーに関連する開発とサポートを推進するために、このコンテナ・テクノロジー・ハブに対して、大きな関心を寄せているようだ。そして、CNUT Container Technology は、ストレージおよびコンテナのテクノロジーについて関心を持っている、スタートアップや投資家たちに対して、サービスと情報を提供していく方針である。
Huawei’s technical expert  Wang Yang said that they did discuss about the connection between existing container technology and traditional virtual technology. It is said that the latter is more focused and intended for resources’ rational distribution such as improving utilization while the former is more of an application-oriented. He added that infrastructure resources should still adopt traditional virtual technology while container technology should be opt for use in packaging and division.
Huawei の技術部門に属する Wang Yang は、現在のコンテナ・テクノロジーと、従来からの仮想化テクノロジーを、適切に接続する方式について、議論してきたと発言している、つまり、仮想化の方は、合理的なリソース・ディストリビューションと、利用効率の向上を意図しているのに対して、コンテナの方はアプリケーション指向の側面を持っているようだ。 彼は言うには、インフラ・リソースに関しては、依然として従来からの仮想化テクノロジーが採用されるはずだが、アプリケーションを集合/分散させるためには、コンテナ・テクノロジーが最適になるようだ。
Cui Yubao, chief architect from Mi, however, said that the Chinese’ technological influence to international partners is not enough to create a breakthrough and that it is important to create a structured planning in order to conquer the international market.
しかし、Mi の Chief Architect である Cui Yubao は、海外のパートナーへ向けた、China からの技術的な影響力は不十分であると発言している。つまり、突破口が必要であり、また、インターナショナル市場を征服するための、構造化された計画の推進が重要になると述べている。
ZDNet, on the other hand, recently featured Docker’s breakthrough on container technology with enterprise data center and cloud virtualization.
その一方で、ZDNet は以前に、エンタープライズ・データセンターとクラウドの仮想化において、Docker のコンテナ・テクノロジーが突破口を開くと論じている。
Asia Pacific面白いと思って訳してみましたが、文中で参照されている InfoQ の記事のほうが、はるかに分かりやすかったですつまり、この記事を選んでしまいガッカリしているのですが、少なくとも  Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった大手が揃って、コンテナの運用に関する何らかの取り決めを行おうと、相談し始めたたところまでは分かりました。 また、InfoQ のポストは、「ストレージ云々」に触れていないので、3つ目の段落は意味のないものとして、読み飛ばしたほうが良いと思います。
話はハードウェアに飛びますが、中国には Alibaba/Tencent/Baidu などが作り出した、Sporpio というサーバーのデファクト仕様があり、また、それを活用することでデータセンターの運用効率を高めているのです。これも、Open Compute Project の発想に乗ったものなのですが、次第にプレゼンスを発揮し始めています。 それだけ、上記の China Top-3 の規模が巨大であり、また、中国国内で大きな影響力を有しているのでしょう。 そして、最近の Huawei などの海外進出を見ていると、その影響力を上位のソフトウェア層に広げ、また、グローバルに展開し始めているように思えるのです。 _AC Stamp
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Comments Off on InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
_ China Tech News
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Comments Off on 中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
 _ tech in asia
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Comments Off on 中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
_ Digi Times
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Comments Off on 中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

Posted in Asia Weekly by on January 31, 2015
Digital Malaysia の一環として、電子図書館がオープン ・・・ 
Malaysia の Perlis 州に、政府のディジタル経済新興政策の一環として、電子図書館が開設されたとのことです。場所としては、Thailand との国境に近くで、Langkawi 島の対岸という感じです。この電子図書館により、人々はタブレットを用いて、English/Bahasa Melayu/Chinese の各言語による 4300 種類の電子書籍を利用できるとされています。 それだけではなく、電子マガジンや電子新聞も用意され、また、Kizs Zone も作られるようです。
National-Library-Kuala-Lumpurあの、Digital India に対抗するかのように、Digital Malaysia という ITC を活用した経済政策が推進されているようです。 Cloud News Asia では、The Star Online  と The Malay Mail Online とうメディアをよく参照しますが、両サイトともクラウド関連のコンテントを拡充しているという感じで、なかなかホットです。
そして、今週の Top-Posts ですが、中国関連のコンテントが上位を独占しています。① は、Facebook が Air China (中国国際航空)を表彰したという話です。 周知のとおり、中国国内では Facebook へのアクセスが禁止されていますが、この Air China は Facebook を、マーケティングに上手く活用しているようであり、それが受賞の理由とされています。 もちろん、Facebook 広告を購入したマーケティングのはずですので、このソーシャル・メディアとしては、お得意様への感謝をこめて、、、ということなのでしょう。 ② は、Davos での Jack Ma のインタビューです。 CBS の企画とのことですが、世界をリードするトップ経営者として大活躍ですね!
③ は、アメリカ政府が India のスマートシティ計画に乗ったという話です。 昨年の秋に Modi 首相が訪米した際に、Obama 大統領と調整してきた結果が公表されたという感じです。詳しくは、「インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!」を参照してください。 ④ は、Tencent が中国国内のスタートアップに出資した、という話です。 この Tencent グループは WeChat で有名ですが、それ以外にも、かなりの広がりと規模を有していて、その傘下に多様な企業を抱えています。 いずれ、詳しく調べたいと思っています。 ⑤ は、ちょっと気になるトピックですが、中国政府が検閲を強化するために、VPN を停止させているようです。
① 1/26: Air China Gets Facebook Award Despite Site Ban
Image.gifFacebook awarded Air China for its strategic use of the social networking site, despite it being blocked in mainland China. The state-owned carrier had been aggressively using Facebook as a tool for marketing. It uses the networking site to link its booking engine, promote giveaways, and even to share recipes. Facebook praised the airline for its innovative use of the social media platform, amid China’s ban on the site since 2009.
② 1/25: 15 of the best quotes from Jack Ma’s interview at Davos
Image.gifAlibaba founder and chairman Jack Ma returned to Davos today for the first time in years for a chat. Interviewed by CBS’s Charlie Rose, Ma – chatty and eminently quotable as ever – talked about his early days as an entrepreneur, the origins of Alibaba, and some more contemporary issues as well. Here are 15 of his best quotes:
③ 1/28: US joins Indian smart cities race, signs three deals
IndiaThe United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects. The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
④ 1/28: Food delivery startup gobbles up $350M from Tencent
Image.gifThe funding round was confirmed today to be worth US$350 million, with the investment contributed by CITIC, Tencent, JD, Dianping, and Sequoia China. Tencent binds a lot of this together as it owns a 15 percent stake in JD and a 20 percent stake in the Yelp-like Dianping. This move could result in’s food ordering service being integrated into Dianping and/or Tencent’s WeChat messaging app. The headline has been amended with the new information. The original article from January 13 is unchanged below.)
⑤ 1/25: China cracks down on VPN
Image.gifBEIJING — China is blocking VPN services that let users get around online censorship of popular websites such as Google and Facebook amid a wider crackdown on online information, according to technology specialists.  The virtual private network provider Golden Frog wrote on its blog that the controls had hit a wide range of VPN services. The popular provider Astrill informed its users this week that its VPN protocols for Apple mobile devices to access services such as Gmail had been blocked.
cna_6まさに、China オンパレードという週でしたが、インターネットを活用して海外でのビジネス展開を狙う企業と、検閲を強化していく北京政府との間で、グレート・ファイアウォールの位置づけは変化していくのでしょうか? 以前に、「Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!」という抄訳をポストしましたが、それによると国内の検閲を維持する代わりに、中国企業の海外進出も後押する、、、という方針のように思えてきます。_AC Stamp
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Comments Off on 今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

%d bloggers like this: