Agile Cat — in the cloud

Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Mobile, Research, Social by Agile Cat on May 21, 2014

YouTube, Facebook Account for Nearly a Third of Mobile Traffic
http://wp.me/pwo1E-7vK

By Dennis Green – May 15, 2014
http://mashable.com/2014/05/14/youtube-facebook-mobile-traffic/

_ Mashable

Facebook and YouTube are now dominating mobile traffic shares in early 2014, as more people shift to a mobile device to upload photos to social networks and watch cat videos.

2014年に入ってからというもの、Facebook と YouTube が、モバイル・トラフィックにおけるシェアを支配している。それは、より多くの人々がモバイル・デバイスにシフトし、写真をアップロードし、また、ネコのビデオを楽しんでいることの結果でもある。

Image: Mashable
Will Fenstermaker

Facebook and YouTube now account for 32% of data sent to and from mobile devices, according to a report by Sandvine. Individually, Facebook’s share was 26.9% for upstream traffic and had a 14% share for downstream traffic during peak periods in North America through the beginning of this year, while YouTube only had 3.7% share for upstream traffic, but a 17.6% share for downstream.

Sandvine のレポートによると、現状における Facebook と YouTube は、モバイル・デバイスで送受信されるデータの 32% を占めている。North America におけるトラフィックを、2014年に入ってからというピーク期間において、もう少し詳細に眺めてみると、Facebook は UpStream の 26.9% と、DownStream の 14% を占有している。その一方で、YouTube の UpStream は 3.7% に過ぎないが、DownStream は 17.6% に達している。

_  space

_  space

With Facebook’s high upstream traffic, it seems users are uploading photos and videos from mobile devices more than ever before on the social network. YouTube’s downstream traffic share is essentially unchanged from the Sandvine’s number from last year, 17.7%.

Facebook における大量の UpStream トラフィックだが、このソーシャル・ネットワークのユーザーたちが、これまで以上の写真やビデオを、モバイル・デバイスからアップロードするようになった結果だと思われる。そして、YouTube の DownStream だが、Sandvine による昨年の調査結果である 17.7% から、大きな変化は生じていない。

The following chart, created by Statista, lists the top 10 web services ranked by mobile traffic share. The full report can be seen on Sandvine’s website.

このチャートは、Statista により作成されたものである、モバイル・トラフィック Top-10 Web サービスのシェアを示している。また、フル・レポートに関しては、Sandvine の Wen サイト で参照できる。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: Why Cartoonists Are Flooding YouTube, Risks and All

ーーーーー

TAG indexそれにしても、Facebook と Youtube のトラフィックは強烈ですね。 もう、3年も前になりますが、「 Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間 」という抄訳をポストしたことがあります。このときは、モバイルではなく、PC を前提とした調査だったと思いますが、この 2つのサービスに、それぞれのユーザーが膨大な時間を費やしているという、調査の結果が紹介されていました。 それが、ほぼ、同じかたちで、モバイルへと移行していることが、この 2つの調査から見て取れます。 つまり、一定の領域という制約が付きますが、モバイルが PC の完全な後継者であることが、証明されているのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/4月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
iCloud と Siri が、iPhone 4S のトラフィックを倍増させている?
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!

Posted in Apple, IoT by Agile Cat on January 23, 2014

Apple’s ‘iOS in the Car’ System Screenshots Show Up on Twitter
http://wp.me/pwo1E-78N

By Adario Strange – Jan 21, 2014
http://mashable.com/2014/01/21/apple-ios-in-the-car-preview/

_ Mashable

Image: Apple

Apple announced iOS in the Car last year, but so far the company’s official web page for the product still sports a “coming soon” message. However, on Tuesday one developer based in Europe tweeted what appears to be an early look at Apple’s in-car system in action.

Apple は昨年に iOS in the Car を発表したが、これまでのところ、オフィシャルな Web ページには、Coming Soon というメッセージを出すに過ぎなかった。しかし、この火曜日(1/21)に、ヨーロッパ・ベースのデベロッパーが、Apple 車載システムで最初にアピールされると思われる、いくつかの動作についてツイートした。

Posted by Dublin, Ireland-based Steven Troughton-Smith, the screenshots show off several images of the iOS in the Car version of Apple Maps, most likely displayed via the iOS Simulator toolkit that developers use to test apps.

Ireland の Dublin ベースの Steven Troughton-Smith がポストしたスクリーンショットは、Apple Maps の iOS in the Car における、いくつかのイメージを伝えるものである。そして、デベロッパーたちがアプリのテストに用いる、iOS Simulator Toolkit を介して表示されている可能性が高い。

Although unconfirmed by Apple, this early look at the in-car version of iOS offers users a peek at a completely different take on the company’s mobile operating system, as well as an early look for for the developers planning to create apps for the new mobile environment.

この件について、Apple は何も認めていないが、この iOS 車載バージョンの外観が、同社のモバイル・オペレーティング・システムとは、まったくの別物であることを、ユーザーに知らしめている。また、それだけでなく、車載という新しいモバイル環境のための、アプリを開発していくデベロッパーに対しても、先行した情報を提供するものになる。

Unveiled at last year’s WWDC, iOS in the Car will allow users to connect their iOS device to the car and then use the car’s dashboard touchscreen or Siri Eyes Free voice interface to control a number of functions.

昨年の WWDC で発表された iOS in Car では、ユーザー iOS デバイスと車両との接続が可能になり、その多様な機能をコントロールするために、車載ダッシュボードのタッチスクリーンや、Siri Eyes Free の音声インターフェイスを使うというものであった。

The system’s feature set will include the ability to get directions on Apple Maps, send text messages via iMessage, select and control music from your mobile device as well as make phone calls from the iPhone.

そして、このシステムには、 Apple Maps 上で道順を取得し、IMessage を介してテキスト・メッセージを送信し、iPhone から音楽を再生し、通話も実現するという、機能のセットが含まれていくだろう。

Automobile manufacturers mentioned as being part of the upcoming commercial launch of the system include Honda, Mercedes, Nissan, Chevy, Kia, Volvo and Acura.

このシステムの商用バージョンが立ち上がるときに、参加すると言っている自動車会社には、Honda/Mercedes/Nissan/Chevy/Kia/Volvo/Acura などが含まれる。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: How Android and iOS Should Work in Your Car

ーーーーー
TAG indexつい先日に、Google が中心となり、Open Auto Alliance (OAA) が立ち上がっています。 そして、そこには、GM/Audi/Honda/Hyundai が参加していたはずです。 この Android 陣営の動きをけん制する、iOS in Car のリークなのかもしれませんね。これも IoT の一種であり、従来からのカーナビとも、激しく戦っていくものになるのでしょう。目の離せないセグメントですね。image

ーーーーー

<関連>

IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ!
Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代へ
Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ

Google Glass アプリ : 一番乗りは New York Times ?

Posted in Google, Wearable, Weekend by Agile Cat on April 27, 2013

The New York Times Already Has a Google Glass App
http://wp.me/pwo1E-624

Stan Schroeder – April 26 2013
http://mashable.com/2013/04/26/new-york-times-google-glass/

_ Mashable

Google Glass owners — all several of you — rejoice, as you can now peruse The New York Times on your shiny pair of augmented reality glasses.

Google Glass 所有者の何人かは、この光り輝く拡張現実メガネで New York Times が読めるようになり、喜びに浸っていることだろう

The official New York Times Google Glass app lets users get breaking news alerts and hourly news updates, with the option to have article summaries read aloud.

この、New York Times のオフィシャル Google Glass アプリは、要約記事を読むというオプション指定により、ニュース速報や1時間ごとのアップデートをユーザーに届ける。

To start using the app, users have to give it some permissions on their Google account — namely, to view basic information about their account, view and manage their Google Glass timeline as well as view their location.

このアプリの使い始めるためには、ユーザーのGoogleアカウントに、いくつかの権限を与えなければならない。 つまり、自分のアカウントの基本情報を表示し、また、Google Glass タイムラインとロケーションを表示/管理するためのものである。

According to Google’s Eric Schmidt, a year or so must pass until Google Glass becomes widely available, so the NYT will have plenty of time to work out the kinks on the app, with early Glass adopters serving as beta testers.

Eric Schmidt によると、Google Glass が一般で利用できるようになるまでには、まだ1年以上がかかるようだ。 したがって、New York Times は、Glass の初期導入者であるベータ・テスターたちと一緒に、このアプリの問題点を改善していくための、充分な時間を確保していることになる。

The New York Times Google Glass app is available here.

New York Times の Google Glass アプリは、ココで提供されている。

ーーーーー

TAG indexへぇ~~~ っと思って、リンクをたどったら、ほんとうに NYT の Google Glass アプリのページがありました。いったい、どのようなアプリが成立するのだろうと、興味シンシンだったわけですが、こうした老舗のメディアが一番乗りとは(おそらく)、ちょっとビックリな展開です。 このウェアラブルのエリアでは、今後のトランジスタ・テクノロジーの進歩と同期しながら、いまは想像もできないような応用形態が生じるはずと、とても期待しているのです。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です
Google Glass は、骨振動スピーカーで音声も届ける!
手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
Apple に負けるな : Google Store が準備されている?
ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!

Microsoft が 7-Inch Surface を準備しているらしい

Posted in Microsoft, Post-PC by Agile Cat on April 12, 2013

Microsoft Reportedly Working on a 7-Inch Surface
http://wp.me/pwo1E-5XD
Stan Schroeder – April 11, 2013
http://mashable.com/2013/04/11/microsoft-7-inch-surface/

_ Mashable

Microsoft is looking to shrink its Surface tablet to 7 inches, if you trust a recent report from the Wall Street Journal.

Wall Street Journal の最新レポートを信じるなら、Microsoft は Surface タブレットを、7-inch にシュリンクするようだ。

The new, 7-inch Surface should launch later this year, but no details about the device have been given.

この新しい、7-inch Surface は、今年の後半に出荷されるはずだが、そのデバイスの詳細は示されていない。

Microsoft building a smaller version of the Surface — originally a 10.6-inch device — is hardly a surprise, given that Apple, Google and Samsung have launched tablets around that size.

もともとは、10.6-inch のデバイスであった Surface を、Microsoft が小型化するということは、このマーケットには AppleGoogleSamsung がいるだけに、驚くというものではない。

Furthermore, Microsoft has recently changed its Windows 8 policy regarding screen resolution, and the OS now allows for lower-resolution (1024×768 instead of 1366×768) tablet screens.

さらに言えば、最近になって Microsoft は、Windows 8 のスクリーン解像度に関するポリシーを変更した。 そして、この OS は、より低解像度のスクリーンを( 1366×768 に替えて 1024×768 )、タブレットように提供している。

WSJ’s report also mentions that Microsoft is building a phone, which is currently undergoing testing.

そして WSJ のレポートは、Microsoft は新しいフォンを構築中であり、いまはテストの段階にあると紹介している。

How do you feel about a 7-inch Surface? Would you buy it? Share your thoughts in the comments below!

あなたは、Surface 7-inch について、どう思うだろうか? そして、それを購入するだろうか? 何かあったら、コメントして欲しい!

ーーーーー

TAG index昨年の 2月に、『 Windows 8 on ARM は .NET とサヨナラしてしまうのか? 』という抄訳で知ったのは、Windows 8 の ARM 版が .NET Framework をサポートしないという、Microsoft にとって不都合な現実でした。 つまり、年間で 10億以上も生産される、ARM チップが作り出していく経済の流れに、これまでの開発資産を持ち込めないことがハッキリしたわけです。しかし、この 7-inch という小型版の Surface で、これまでの Windows 7 互換モードを、どれだけの人が使うのかというと、そこにも新たな疑問が生じてきます。Windows 互換モードをスッパリと切り捨てた、新しい Touch OS が、新しい 7-inch Surface に載ってくると、面白い展開になりそうなのですが・・・ image115

ーーーーー

<関連>

PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
Microsoft Surface RT は $499 でデビュー
Surface 32GB バージョンだと、実質的なユーザー領域は半分になってしまう?
PV 比較する : iPad が 100 だと、Kindle は 5、Galaxy は 3、Surface は 0.22 だ
Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?

 

手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?

Posted in .Selected, Mobile, Security, Wearable by Agile Cat on March 18, 2013

A Password You Wear on Your Wrist
http://wp.me/pwo1E-5ML
Rachel Metz for
MIT Technology Review – Mar 01, 2013
http://mashable.com/2013/02/28/passban-wristban/

_ Mashable

A mobile security startup called PassBan thinks the best way to keep mobile devices secure is to allow people to choose from a bevy of different authentication options—including one that you wear on your wrist.

PassBan というモバイル・セキュリティのスタートアップが、何種類かの認証オプションを選択することで、モバイル・デバイスを安全に保つという、最適な方式を実現している。 そして、そこには、あなたの手首に巻きつける、ウェアラブルなソリューションまで含まれているのだ。

“We didn’t want to be in the business of forcing one factor or another on the user,” says cofounder and CEO Kayvan Alikhani.

「 私たちは、ユーザーに対して、特定の要素や、他の要素を押し付けるというビジネスを望んでいない」と、Co-Founder and CEO である Kayvan Alikhani は言う。

Most of us have to remember countless passwords for different online services, and we are often asked to choose complicated strings of characters to make them harder to guess. A growing number of companies offer alternatives to conventional passwords, including various forms of biometrics.

大半の人々が、それぞれのオンライン・サービスのために、無数のパスワードを覚えていなければならない。 そして、その推測を難しくするために、複雑なキャラクター列を選ぶよう言われる。したがって、従来型のパスワードに代わるものを、各種のバイオメトリクスも含めて提供する、企業の数が増えている。

More than half of cell phone users in the U.S. also own smartphones, and many apps keep users perpetually logged in, thereby bypassing the usual security controls. People also use smartphones and tablets to store and access an increasing amount of personal data, making them ever-more valuable if they’re lost or stolen. And yet, while there are plenty of companies focusing on securing desktop and laptop computers, the market for mobile security is still in its infancy.

アメリカにおける携帯電話使用者の半分以上が、スマートフォンも所有している。そして、数多くのアプリケーションが、通常のセキュリティ・コントロールを回避して、ユーザーを永続的にログインさせるという手段を取っている。 さらに、人々は、大量の個人情報をストア/アクセスするために、スマートフォンとタブレットを使用し、その価値を永続的に高めていく。しかし、紛失や盗難に、どのように対処するのだろう。それにもかかわらず、たくさんの企業が、デスクトップ/ラップトップ・コンピューターのセキュリティにフォーカスしている。 そして、モバイル・セキュリティのマーケットは、依然として黎明期にある。

PassBan released a free Android app in February called Passboard that allows you to secure individual apps on a smartphone with any of more than a dozen verification techniques, including identifying your voice, face, location, or a specific gesture. Initially available in private beta, the company says, anyone will be able to use the app starting Friday.

この 2月に PassBan がリリースした、Passboard という、フリーの Android アプリは、 1ダース以上もの検証テクノロジーを用いて、スマートフォン上のアプリごとにセキュリティを高めるものであり、 音声/顔/場所/ジェスチャーといった識別の手法まで取り込んでいる。そして、この金曜日(3/1)から、初めてのプライベートのベータが開始され、このアプリを誰もが使えるようになると、同社は発言している。

And at a developer event at the company’s San Francisco office on Wednesday, the company showed off a wristband that can unlock a phone or tablet when the wearer makes a simple gesture in the air. It also showed off tools that will let third-party developers incorporate PassBan’s technology into their apps.

そして、同社の San Francisco オフィスで、水曜日(2/27)に開催されたデベロッパー・イベントでは、 着用者が空中でシンプルなジェスチャーをしたときに、フォンおよびタブレットのロックを解除するという、リスト・バンドも披露されている。 また、PassBan のテクノロジーとアプリに、サードパーティー・デベロッパーを取り込んでいくための、ツールもアナウンスされた。

___space

___space

The wristband will be available in a couple of weeks, Alikhani says, and the company hopes to sell it for less than $20. He expects such sensors to ultimately be embedded in watches or other things we carry with us.

このリスト・バンドだが、2週間後には $20 の価格で提供されると、Alikhani は発言している。 そして、彼は、こうしたセンサーは、私たちが常に着用している腕時計などに、最終的にはエンベッドされると予想している。

PassBoard works by intercepting the launch of any app that a user has secured it with. Once you’ve secured your Facebook app, for example, when you tap on it, a PassBoard popup commands you to verify your identity with whatever method you’ve chosen.

ユーザーにより PassBoard と組合されたアプリは、いかなるものであっても、その立ち上げをチェックされる。 たとえば、Facebook アプリとの組合せを選択し、それをタップすると、PassBoard のコマンドがポップアップし、認証のためのあらゆるメソッドを、指定できるようになる。

For those with a wristband, it can be set up to authenticate you with a shake or tap on the wristband, or with just your proximity to your smartphone. Whichever method you choose, it must be registered and transmitted via Bluetooth to your handset to unlock an app.

また、リスト・バンドを装着している場合には、対象となるスマートフォンの直ぐそばで、リストバンドを振ったりタップしたりすることで、認証のための設定を行える。 そこで選ばれた、いかなるメソッドであっても、Bluetooth によりハンドセットに送信され、アプリをアンロックするために登録される。

Alikhani says it is possible for someone who has the wristband and your smartphone to access data on the handset, assuming they know your signature gesture. But if you secure a phone with a wristband gesture and also require another factor—like choosing a sequence of colors—that could make it trickier to access.

ただし、このリスト・バンドを持っている他人が、あなたのジェスチャーを知っているなら、対象となるスマートフォンがらデータにアクセス出来てしまうと、Alikhani は発言している。とは言っても、リスト・バンドとジェスチャーでハンドセットをロックし、さらに、色の配列の選択などの要素を加えることで、そこからのアクセスを難しくできる。

Dan Wagner, a professor of computer science at UC Berkeley, doesn’t think PassBoard offers anything particularly unique or useful, saying that his research suggests that only a minority of users employ even a simple passcode to lock their phones. He expects this is because there isn’t much of a security risk for most people—someone who steals your phone probably just wants to wipe the data and resell it.

UC Berkeley コンピューター・サイエンスの Dan Wagner 教授は、とりわけユニークで有用なものを、PassBoard が提供するとは思っていない。 彼が研究してきた結果によると、ごく少数のユーザーだけが、自身のハンドセットをロックするが、そのときに用いるものは、きわめて単純なパスコードになると示唆している。なぜなら、セキュリティ・リスクを伴うようなケースは、大半の人々にとって無縁のものであり、また、仮に盗まれたとしても、データを消去するだけで、そのハンドセットは売りに出されてしまうからだと言う。

He is intrigued by the idea of wearable authentication, however, though PassBan will have to convince users it’s worth spending the money to get it.

そして、彼は、ウェアラブルな認証というアイデアには興味を持っているが、対価を支払う価値についてユーザーを、PassBan が説得していく必要があると言う。

PassBan isn’t the only company that thinks wearable authentication may be the next big thing in security. Google is apparently exploring the idea of using items a user is likely to have on them anyway—such as jewelry—to log in to a computer.

ウェアラブルな認証は、セキュリティにおける次の大きなテーマであり、また、PassBan だけが、それに取り組む唯一の会社というわけではない。たとえば Google は、ユーザーが常に身につける、宝石のようなアイテムを、コンピューターへのログインに用いるというアイデアを、追求しているように見える。

Homepage image Mashable composite, courtesy of PassBanAndroid and YouTube, PassBan Train

This article originally published at MIT Technology Review here

ーーーーー

imageウェアラブルというと、すぐに Google Glass を思い浮かべてしまう Agile_Cat ですが、このような使い方も、つまり、認証のための情報を、デバイスに流しこむという用途もあるのですね。 いろいろなデータにアクセスできるだけに、それを持ち歩くのが(主に酔ったとき)、少し怖くなってきていますが、この種のウェアラブル認証があると、かなり安心できそうですね。image

ーーーーー

<関連>

Google Glass は、骨振動スピーカーで音声も届ける!
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
Apple に負けるな : Google Store が準備されている?
Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
Galaxy S4 は iPhone 5S に敵わない : Apple 投資家筋は語る

世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

Posted in .Selected, Apache, Linux, Microsoft, Research, Strategy by Agile Cat on June 12, 2012

75% of top 10k websites served by open source software
http://wp.me/pwo1E-4jc
Posted in
Main on May 22nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/22/75-percent-top-10k-websites-served-by-open-source-software/

_ pingdom

We have analyzed the top 10,000 websites in the world to find out what web server software they are running. Here is what we found out.

私たちは、世界中の Top-10,000 の Web サイトを分析し、そこで運用されている Web サーバー・ソフトウェアを調べてみた。 そして、私たちが見つけ出したものを、以下に記していく。

First of all, it is clear that open source software rules the roster. This largely thanks to two massively popular open source projects: The Apache web server, and the nginx web server. Together they account for at least 61% of the top 10k sites.

まず最初に、オープンソース・ソフトウェアが、この世界を支配していることが明らかになった。 それは、大いに人気を博している、2つのオープンソース・プロジェクトである、Apache Web サーバーnginxWeb サーバーの功績である。 それらを合わせると、Top-10000 サイトの 61% を占めることになる。

The main competitor to these is Microsoft’s IIS, with just under 14% of the sites. IIS, needless to say, isn’t open source.

最大のコンペティタは  Microsoft の IIS であるが、そのシェアは 14% 弱にとどまっている。 言うまでもなく、IIS はオープンソースではない。

These three web servers are far from alone, though. Others that make an appearance in the top 10k include Lighttpd, Apache’s Tomcat, LiteSpeed, Resin, Zeus, Jetty, Tengine and many others. (For our methodology, check out the bottom of this article.)

しかし、Web サーバーは 3つだけではない。 この Top-10000 を形成する他のプレイヤーとしては、Lighttpd/Apache’s TomcatLiteSpeedResinZeusJettyTengine などが含まれる(私たちの算出方法に関しては、文末の Methodology を参照して欲しい)。

Web servers used by the top 10k sites

When you break it down visually, it’s obvious how dominant Apache is. That said, nginx has risen quickly over the past few years and is becoming quite a contender. It has even passed Microsoft’s IIS, which used to hold the second place after Apache.

一連のデータをビジュアライズしてみると、Apache の支配が、きわめて強いことが明白になる。 それはさて置き、この数年の間に nginx が急速に成長し、なかなかの競争相手になってきた。 そして、Apache に続く2番手のポジションを、Microsoft の IIS から奪い取っている。

クリックで拡大 ⇒

It’s worth noting here that nginx is sometimes used as a reverse proxy, often in combination with Apache, so behind some of those nginx numbers there are also Apache web servers.

ただし、nginx に関しては、reverse proxy として用い、Apache と組み合わせる方式があることを、ここでは指摘しておく。そのため、この nginx に関するパーセンテージの背後には、Apache Web サーバーが存在するケースもある。

We have included a more comprehensive list at the bottom this article if you want to look closer at the numbers.

一連の数字に関して、さらなる詳細を調べたいなら、この記事の後半に掲載する、包括的なリストを参照して欲しい。

Open source dominance

We have mentioned before how the Web could be considered the greatest triumph of open source software, and this clearly extends to web server software. At least 75% of the sites use open source web servers.

私たちは以前に、オープンソース・ソフトウェアは、Web で素晴らしい勝利を収めたようだと書いたが、その傾向は、明らかに Web サーバー・ソフトウェアにも及んでいる。 ここで調べた Web サイトの、少なくとも 75% がオープンソースの Web サーバーを使っているのだ。

クリックで拡大 ⇒

When calculating the percentages above, we excluded the 1/10th of the sites that either didn’t respond, or didn’t include a server header in the response. If we had included them in the “undetermined” section in the chart, we would have had 66.8% open source, 17.3% proprietary, and 15.9% undetermined.

私たちが、このパーセンテージを計算したとき、レスポンスのないサーバーや、レスポンスにサーバー・ヘッダーが含まれないサイトの、1/10 を除外している。 もし、このチャートの Undetermined セクションに、それらを加算するなら、Open Sourse が 66.8% で、Proprietary が 17.3%、Undetermined が 15.9% となるだろう。

Some additional notes and thoughts

  • Web accelerator service CloudFlare is in the house. Out of the top 10k, 79 sites responded with server “cloudflare-nginx” (we folded those into the nginx numbers).
  • Amusingly, a few sites felt the need to point out that the server was confidential, instead of just leaving that header out.
  • Thanks to the large number of localized Google Search sites that show up in the top 10k, Google’s web server (GWS) made a strong appearance with 128 sites.
  • If we ignore the sites that didn’t respond or identify themselves with a server header, Apache’s share goes up from 39.8% to 44.4%, nginx goes from 21.6% to 24.2%, and IIS goes from 13.6% to 15.2%.
  • Web アクセラレータ・サービスである、CloudFlareも計算に入っている。 Top-10000 中の、79 のサイトが Server ”cloudflare-nginx” とレスポンスしている(それらは、nginx の値に組み入れている)。
  • 興味深いことに、いくつかのサイトでは、そのヘッダーを落とす代わりに、サーバーがコンフィデンシャルになっていた。そのことを、指摘する必要性を感じる。
  • Top-10000 に現われた、多数のローカライズ Google Search サイトにより、Google の Web サーバー(GWS)が、128 のサイトで利用されている状況が分かった。
  • もし、レスポンスのないサイトや、サーバー・ヘッダーを落としているサイトを無視するなら、Apache は 39.8% から 44.4% へ、nginx が 21.6% から 24.2% へ、そして IIS は 13.6% から 15.2% へと、それぞれのシェアを上げる。

More web servers…

As we promised, here is a table with a more detailed breakdown of the web servers we found.

私たちが約束したように、ここで参照したサーバーの詳細を、以下のテーブルに記す。

クリックで拡大 ⇒

That isn’t a complete list, though. If you absolutely want to see every single web server included, we have attached a zipped CSV file where you can check out the raw server headers if you’re interested in that kind of thing.

しかし、これは完全なリストではない。 この調査の対象となった、個々のサーバーに関する情報が必要であれば、この圧縮された Zipped CSV ファイルを参照して欲しい。この種のことに興味があるなら、生の Server Header をチェックできる。

Final words

Open source projects help drive web technology forward, and web servers is no exception. As a bonus, the diverse landscape we’re seeing should spur on competition among the different development teams. For example, we suspect the rise of nginx has given the Apache team some extra motivation and inspiration, and vice versa.

オープンソース・プロジェクトは、Web テクノロジー促進しているが、Web サーバーも例外ではない。 そして、その余録として、私達の視野にある多様性が、それぞれの開発チーム関における競争を奨励しているはずである。 たとえば、nginx の台頭により、Apache チームにはモチベーションとインスピレーションが与えられ、また、その逆もありだと思う。

Sometimes the web server landscape may seem like a three-horse race between Apache, nginx and IIS, but as you can see, there are many other web servers out there. One size doesn’t fit all, so we’re happy to see this kind of diversity.

Web サーバー の世界は、Apache と、nginx と、IIS の三強によるレースのように思えるかもしれない。 しかし、ここで確認したように、それ以外の Web サーバーも存在する。 1つのサーバーが、すべてのニーズに合致するわけではない。 したがって、この種の多様性を確認できたことは、大いに喜ぶべきことである。

Methodology: The starting point for this survey was the top 1M sites list (in the world) provided by Alexa. We extracted the top 10k from this list, and downloaded the server response headers from each of the sites. The vast majority identify their web server software with the “Server” header. We got the server id for roughly 90% of the sites this way.

ーーーーー

TAG indexいわゆる LAMP スタックの、圧倒的な強さを示す調査結果ですが、nginx の台頭にも注目したいですね。 昨日のポストでは、Microsoft の Linux シフトを紹介しましたが、プロプライエタリにおけるベンダーとデベロッパーの関係と、オープンソースにおけるエコシステムの間には、決して超えることのできない高い壁があるように思えてきました。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい
世界の DNS インフラも、地味ながら 頑張ってる!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける

 

世界の DNS インフラも、地味ながら 頑張ってる!

Posted in .Selected, Network, Research, Web Scale by Agile Cat on May 25, 2012

The booming growth of Internet’s DNS infrastructure
http://wp.me/pwo1E-4fl
May 4th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/04/the-booming-growth-of-internets-dns-infrastructure/

_ pingdom

As we noted a couple of weeks ago, the number of Internet users has doubled in the past five years. To handle this enormous influx of users, Internet’s infrastructure needs to grow as well. The Domain Name System (DNS), a critical part of that infrastructure, has more than met the challenge.

私たちが 2週間前に指摘したように、これまでの 5年間で、インターネットのユーザー数は 2倍に成長している。この膨大なユーザーが、殺到してくる状況を処理するために、 インターネット・インフラも同様に、成長していく必要がある。そのインフラのクリティカルなパートが Domain Name System(DNS)であり、より多くの課題に立ち向かっていく必要性を有している。

Five years ago there were 123 DNS root server sites (the “backend” of DNS) spread out on the Internet. Today there are more than twice as many, over 300. Five years ago, 46 countries had root servers. Today, 76 have them.

5年前には、123 ヶ所の DNS ルート・サーバー・サイト(DNS のバックエンド)が、インターネット上に展開されていた。 それが、いまでは、2倍以上に膨れ上がり、300ヶ所を超すサイトが存在している。 その 5年前だが、46ヶ国にルート・サーバーが配置されていた。それも、いまでは、76ヶ国へと増大している。

In other words, not only has the number of root servers grown tremendously, but their geographical spread has increased as well. This is good news for the overall stability and performance of DNS worldwide.

別の言い方をすると、単にルート・サーバー数が増大しただけではなく、その地理的な広がりも進んでいる。 それは、DNS の世界における、全体的な安定性と性能にとって GOOD ニュースである。

An interesting side note is that Europe has overtaken North America as the world region with the most root server sites.

そして、興味深いトピックとして、ルート・サーバー・サイトを集める最大の地域という視点において、Europe がNorth America を追い越したことが挙げられる。

クリックで拡大 ⇒

Top 10 countries


The US hold over Internet’s infrastructure has been slipping for a while, and that trend isn’t changing. In 2007, the United States hosted 29.3% of all root server sites. Today, that number has gone down to 23.7%.

国別に見ると、アメリカにおけるインターネット・インフラの比率が下降しているが、その傾向は変化していない。 2007年の時点で、すべてのルート・サーバー・サイトの 29.3% が、アメリカにホストされていた。 しかし、いまでは、その数値が 23.7% にまで下がっている。

That said, if you look at single countries, the United States is still in a class of its own. Here are the top 10 countries and the number of root server sites in each:

それは、そうとして、それぞれの国々を見るなら、依然としてアメリカは、その階層を所有していると言える。 以下に、Top-10 の国々と、それぞれのルート・サーバー・サイト数を示す:

All 76 countries

For the sake of completeness, here is the full list of all 76 countries with root server sites:

より完全なリストとして、ルート・サーバー・サイトを保有する、76ヶ国を列挙する:

image

An additional five years from now there may very well be over a 100 countries on this list.

いまから 5年も経てば、おそらく 100カ国を超えるリストが得られるはずである。

Growth by world region

The geographical distribution of the DNS infrastructure is vital. The closer you are to a root server, the faster your DNS lookups can be handled.

DNS インフラに関しては、地理的なディストリビューションも、きわめて重要である。 それぞれのユーザーの近くにルート・サーバーがあると、その分だけ DNS 参照が高速で処理されることになる。

クリックで拡大 ⇒

In addition to performance considerations, having a large number of root server sites ensures stability if there are local network disruptions or even direct attacks on the DNS infrastructure. Disruptions are more common on the Internet than most people are aware of. We notice it simply because our service monitors the uptime of hundreds of thousands of websites around the world.

パフォーマンスに考慮するほかにも、多数のルート・サーバー・サイトを保有することで、仮に DNS インフラにおいて、局部的なネットワークの崩壊やダイレクトな攻撃が生じた場合であっても、その安定した動作が保証される。 こうした崩壊や混乱は、大半の人々が気付いている以上に、インターネット上では普通のことである。 このようなことをシンプルに伝えられるのは、私たちのサービスが、世界中の無数の Web サイトにいおける、アップタイムをモニターしているからである。

The number of root server sites has increased in every part of the world, although Europe and North America have laid claim to the bulk of them.

話は戻るが、ルート・サーバー・サイト数は、この世界のすべての地域で増加しているが、その大半を Europe と North America が有していると主張しているように思えてくる。

Needless to say, the division isn’t quite as equal as it probably should be, but we’ll have a closer look at that next week.

言うまでもなく、こうした比率は、現実を完璧に表しているわけではなく、私たちは継続して来週も確認していくだろう。

The hardware boost factor

There is another aspect to the increasing capacity of Internet’s DNS infrastructure that we haven’t taken into consideration here, which is that server hardware is getting more powerful, and can handle more requests.

インターネット DNS インフラにおける容量が増加するという、これまでに考慮してこなかった別の視点がある。それは、サーバー・ハードウェアが更にパワフルになっているという現実であり、また、より多くのリクエストを処理できるようになっているという推測である。

So really, you not only have more root server sites, but on average they are bound to be more powerful as time goes by. Thus the total capacity increase is larger than the increase in locations.

したがって、現実には、単にルート・サーバー・サイトの数が増えているというだけではなく、時間が経過するにつれて、それらがパワフルになっていくという見立てに、疑いの余地はない。 結論として、全体的な容量の増加は、ロケーションの増加より大きくなる。

Final words

Without a well-functioning DNS, the Internet would be pretty useless to most of us. Who would want to use IP addresses instead of domain and host names? It’s one of those technologies that we use all the time without really thinking about it.

DNS が適切に機能しないなら、インターネットは無用の長物となってしまうだろう。ドメイン名とホスト名の代わりに、IP アドレスを使いたいと望む人はいないだろう。それは、常に利用されるテクノロジーであり、また、空気のような存在である。

Since the DNS root servers are so critical to the Internet, we’re very happy to see that they are keeping pace with the general growth of the Internet. A more robust network of root servers is also much harder to damage or overload, either by accident or on purpose.

DNS ルート・サーバーが、インターネットにとって重要になってからというもの、私たちはインターネットの成長を、嬉しく、また、安心して見るようになってきた。ルート・サーバーにより、さらに堅牢なネットワークが実現すると、偶然あるいは故意により、ダメージやオーバーロードを与えることも難しくなる。

We’re actually not done with this data yet. We have one more post coming with additional analysis in a couple of days, so stay tuned.

私たちは、このデータを消化しきれていない。 したがって、これからもポストを継続していくので、また、見に来て欲しい。

Data source: Root-servers.org and our own modest fiddling with those numbers.

Top image via Shutterstock.

ーーーーー

TAG indexいつも お世話になっていますと、思わず頭を下げてしまう、DNS さんたちの活躍の話です。 文中にあるように、想像する以上に崩壊や混乱が多発しているインターネットのようですが、それを私たちに感じさせないように、インフラ・エンジニアの方々が頑張っているのですね。 ほんと、有難うございま~す。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける
クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・
Facebook が 勝組な国と 負組な国:それぞれ TOP-10
モバイル・テクノロジーが進化すれば、リモート・ワーカーが増えていく

5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった ・・・ インターネットの世界

Posted in .Chronicle, .Selected, Network, Post-PC, Research by Agile Cat on December 30, 2011

How amazingly fast our tech habits change
http://wp.me/pwo1E-3JR
November 10th, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/11/10/how-amazingly-fast-our-tech-habits-change/

_ pingdom

It’s interesting how quickly we humans start taking things for granted. In a fast-moving landscape like technology, especially IT, this becomes all the more obvious.

興味深いことに、私たちは、つまり人間という生き物は、いま在るものが昔からあると、当たり前のように思ってしまう。 テクノロジーにおいて、とりわけ IT のような、速い時間の流れにおいては、そのような傾向が、なおさら明白になる。

When you start thinking back to how things were just a few years ago, it’s amazing how different things were. So many of the gadgets, services and sites we all take for granted today simply weren’t around.

したがって、数年前の状況を思い起こすと、いまとの違いに驚く。 そして、いまでは当たり前のように使っている、たくさんのツール/サービス/サイトが、その時には存在していなかったと気づくことになる。

In that spirit, let’s take a few steps back in time and look what you DIDN’T have a few years ago. We’ll jump back five years at a time.・

そのような観点から、時間を少し巻き戻し、数年前には持ち得なかった事柄を確認していこう。 では、5年を単位にジャンプしていく。

clip_image001

Five years ago (2006)
  • No Facebook, unless you were a student in the United States. The site opened “for the rest of us” in late 2006.
  • No Twitter. It launched mid 2006 but hadn’t yet caught on.
  • No iPhone or Android smartphones. The pinnacle of smartphones came from the likes of Nokia (Symbian-based smartphones), RIM (good old Blackberry) and companies like HTC (with Windows Mobile).
  • No mobile app ecosystem. Ok, third-party mobile apps technically did exist at this time, but it wasn’t until Apple opened up the iPhone for developers that mobile apps as we know them today really took off. The iPhone SDK wasn’t released until March 2008.
  • No iPad.
  • No Google Chrome. The vast majority of all web surfing was done using Internet Explorer 6. Firefox 2.0 and Internet Explorer 7 were released late in 2006.
    ーーーーー
  • No Facebook: アメリカの学生でなければ縁がなかった。一般に提供されるようになったのは 2006 年の終わりである。
  • No Twitter: 2006年の半ばに立ち上がったが、人気がなかった。
  • No iPhone or Android smartphones: スマートフォンの原型は、Nokia (Symbian)/ RIM (Blackberry)/HTC (Windows Mobile) などである。
  • No mobile app ecosystem: 当時も、テクニカル・サードパーティは存在していたが、Apple は iPhone を開発者に開放していなかった。 また、いまの私たちが認識するような、モバイル・アプリも立ち上がっていなかった。iPhone SDK は、2008年 3月までリリースされていない。
  • No iPad : もちろん、無し。
  • No Google Chrome: 2006年後半にリリースれた、IE 6/Firefox 2.0/IE 7を、Web サーファーの大半が利用していた。
Ten years ago (2001)
  • No YouTube. It didn’t launch until 2005.
  • No Google Docs. It wasn’t launched until 2006.
  • No Wikipedia. Well, ok, it launched this year, but remember, it had not yet filled up with information and become the resource we take for granted today.
  • No Gmail, which didn’t show up until 2004.
  • No Blackberries. RiM introduced its smartphone in 2003.
  • Online social networks as we know them today were just starting to show up, but none of the services that are big and popular today existed.
  • No WordPress. It was forked from the b2 blog software in 2003.
  • No Firefox, which wasn’t launched until 2004. IE completely dominated the browser market at this point, reaching version 6.0 in August 2001.
  • Smartphones were exceedingly rare and exceedingly expensive. Almost everyone had “dumbphones.”
  • Mobile Internet access was a nightmare. Remember WAP…?
    ーーーーー
  • No YouTube: 立ち上げられたのは、2005年。
  • No Google Docs 立ち上げられたのは、2006年。
  • No Wikipedia: この年に立ち上げられてはいるが、まだ情報は少なく、今日のように利用できるものではなかった。
  • No Gmail: 発表されたのは、2004年。
  • No Blackberries: RIM がスマートフォンを発表したのは 2003 年。
  • Online social networks: いまのソーシャル・ネットワークが立ち上がったが、大規模で人気のあるサービスなどは存在しなかった。
  • No WordPress: b2 blog software からフォークしたのが 2003 年。
  • No Firefox 立ち上げられたのは 2004年。2001 年8月に Version 6 になった、IE が市場を完全に占有していた。
  • Smartphones : きわめて少数であり、高価だった。大半の人々は、“dumbphone” を使っていた。
  • Mobile Internet access: 悪夢だった。 WAP を覚えているだろうか。
Fifteen years ago (1996)
  • The Web was something very new to most people, and the majority didn’t use it at all.
  • None of today’s web browsers were in popular use. Internet Explorer existed, but wasn’t widely used. If you surfed the Web, you probably did it on Mosaic or Netscape Navigator.
  • No Google. Sergey Brin and Larry Page were tinkering with something they called “Backrub” at Stanford University, which would later become Google. It was the era of Altavista.
  • No Blogger. The blogging service didn’t show up until 1999.
  • The whole “blog” concept had barely begun to take root. There wasn’t even a word for it yet.
  • No iPod. In fact, no portable MP3 players at all.
  • Many people didn’t own a basic cell phone, and pretty much no one had anything qualifying as a smartphone.
    ーーーーー
  • The Web: 大半の人々にとって、新しい体験であり、また、利用されるものではなかった。
  • None of today’s web browser: Internet Explorer は存在していたが、広く使われるものではなかった。Webサーフィンには、Mosaic や Netscape Navigator が使われていた。
  • No Google. Sergey Brin と Larry Page は Stanford University で、“Backrub” と呼ばれるものを研究していた。それが、後の Google となる。検索は、Altavista の時代だった。
  • No Blogger: ブログ・サービスが登場したのは 1999 年。
  • The whole “blog” concept: ブログのコンセプトは、root を取ることから始まっていた。 また、ブログという用語も無かった。
  • No iPod: ほんとうに、一切の MP3 プレイヤーが無かったのだ。
  • Basic cell phone: ほとんどの人が、携帯電話を持っていなかった。あるにしても、スマートフォンのようなレベルのものではなかった。
We could go on and on and on…

This was just a short leap back in time, but it does make you realize how massively our world has changed in a relatively short time period. Yet we take these things utterly for granted today.

ここで巻き戻した時間は、きわめて短い期間にとどまっているが、その間に大きく変化した世界を、私たちは認識できる。 その上、私たちは、それらを当然のごとく手にしている。

It almost gets ridiculous when you continue looking farther back in time. For example, another five years back (in 1991) Tim Berners-Lee had only just invented what would become the World Wide Web.

しかし、これ以上さかのぼっても、大半の人々にとって無意味なものとなる。 さらに 5年間を戻しても(1991年に)、World Wide Web の原型が Tim Berners-Lee により発明された、という事実が出てくるだけだ。

We haven’t even gone into the general boost personal computing has received in everything from performance and screen resolution to features and form factor. Compare today’s computers to those of ten years ago. Look at your sleek, high-performance laptop and compare it with those of yesteryear. In short, sitting down with a computer from ten years ago would quickly prove a frustrating experience for almost anyone.

話は現代に戻るが、私たちは依然として、広義な意味におけるパーソナル・コンピューティングを達成していない。 それは、パフォーマンスやスクリーン解像度から、フューチャーやフォーム・ファクタにいたる、すべてに対して言えることである。 今日のコンピュータと、10年前のコンピュータを、比較すべきである。 あなたの素敵で高性能なラップトップと、昨年モデルを比較するとよい。 要するに、すでに 10年も前から、コンピュータの前に座るという行為は、誰もが失望するエクスペリエンスだと、証明されているのだろう。

And how about how we all used to connect to the Internet, with those old dial-up modems? That used to be the norm not too long ago. Today, most of us have some form of broadband connection to the Internet, and those continue to get faster every year. Here in Sweden, for example, download speeds exceeding 10 Mbit/s are quite common today. Same thing with how 3G networks have spread across the globe, finally giving reasonable speed for mobile Internet access. That has also happened extremely fast. Look back 10 years and we were firmly in 2G land.

そして、昔は誰もがダイアルアップ・モデムを用いて、インターネット接続していたが、どのように考えるべきなのだろうか? それが標準だったのは、さほど昔のことではない。 しかし、いまでは、大半の人々がブロードバンドを用いてインターネットに接続し、また、毎年のように回線速度は上昇し続けている。 例として、ここ Sweden においては、10 Mbit/Sec を超えるダウンロード・スピードは、きわめて一般的なものとなっている。 3G ネットワークが地球上のいたるところに広がり、モバイル・インターネット・アクセスに対して、妥当なスピードを最終的に提供したことも、同じように捉えられる。 それらは、きわめて短期間のうちに発生している。 10年前を振り返ると、私たちが 2G の国に住んでいたことを思い出す。

We’re pretty much all tech geeks here at Pingdom, so we’re highly aware of this phenomenon. It’s like a mix of living in the now, “early-adopteritis” and sheer convenience that sets in incredibly fast.

私たちは、Pingdom のテック・ギークなので、こうした現象や変化には敏感である。 アーリー・アダプションと純粋な利便性が、信じられない速度で混じり合い、今に至っているように思える。

And when we say fast, we mean fast. For example, some people are already taking Google+ for granted, as if it’s always been there even though it just launched this summer. It’s like our brains simply hit a switch.

そして、私たちが速いという時には、その速さに重要性を見出している。 たとえば、一部の人々は、すでに Google+ が在って当然と思っているだろうが、それも、この夏に立ち上がったばかりのものだ。 そして、シンプルにスイッチを切り替えていく、私たちの頭脳に似ている。

What are your recent “for granteds” that you were doing fine without just a few years ago?

あなたにとって、最近の当たり前は、どれになるのだろう? 何年も前のものではなく、つい先日のお気に入りが、あるだろうか?

ーーーーー

TAG indexさすが、Pingdom さん! こんな面白い切り口の調査って、他では有り得ませんよね。 同じヨーロッパでも、フランスやドイツのある大陸と、いわゆる北欧の人たちは、ユーモアも、価値観も、幸福の基準も、かなり違うものを持っているように思えてしまいます。 訳していても、Pingdom の記事は、何が飛び出してくるのか分からないので、一番 楽しいです。 いつも、ニヤニヤしながら訳しているんです Smile という訳で、以下の<関連>も All Pingdom です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

IBM PC から iPod までの 10 種類の 歴史的アイテム – いまだとオイクラ?
ソーシャルごとの世界分布を グラフで参照
もうじき、.com のドメイン数が 1億個に届くという調査結果
Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
おめでと~~~ Tumblr! もうすぐ 100億ポストだって?

 

%d bloggers like this: