Agile Cat — in the cloud

クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?

Posted in Research by Agile Cat on April 23, 2012

Cloud Computing: US and EU lag adoption by companies in Latin America and APAC
http://wp.me/pwo1E-48z
By Dick Weisinger, on April 20th, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=2920

_ formtek[4]

Recent headlines based on a report from Tata Consultancy show surprisingly that the US significantly lags countries in Latin America and Asia Pacific in cloud adoption.  Those results stand in sharp contrast to a different set of numbers also reported recently by Gartner.  Gartner reports that North American companies are spending $9.1 billion on SaaS applications, compared to just $934 million and $419 million in Latin America and Asia Pacific countries.

Tata Consultancy からの最新レポートによると、アメリカにおけるクラウドの適用率が、Latin America と Asia Pacific の国々に、大きく遅れているという驚くべき結果が示されている。  その内容はと言うと、やはり最近に発行された Gartner のレポートと、著しい数字の対比を見せている。  Gartner のレポートによると、North American の企業群は SaaS に対して $9.1 billion を費やしているが、Latin America は  $934 million に過ぎず、また、Asia Pacific は $419 million に過ぎない。

Cloud SkyscrapersIt may be an apples and oranges comparison, but something doesn’t seem right with the Tata numbers.  Gartner reported on total dollars being spent.  While Tata looked at what percentage of total data is being put into the cloud.  The Tata report is based on a sampling of 600 companies worldwide.

それらの、2つのレポートは比較できないものであるが、Tata のデータには信じ難いものもある。  Gartner は、クラウドに費やされている費用をレポートしている。それに対して Tata は、どれだけのパーセンテージのデータが、クラウドに置かれているのかを調査している。  そして、Tata レポートは、600社のデータをワールドワイドでサンプリングしている。

The main findings of the Tata report show the average amount of data being stored in the cloud for companies is as follows in these regions:

Tata レポートで興味深いのは、クラウドにデータをストアしている企業群に関する、地域ごとの平均を示す数値である:

  • 39 percent of Latin American company data is in the cloud
  • 28 percent of Asia Pacific company data is in the cloud
  • 19 percent of US company data is in the cloud
  • 12 percent of European company data is in the cloud

The explanation for why the US and EU rank low is that US and European companies are more risk-adverse and sensitive to security issues than companies in Asia and Latin America.  The US and Europe are also much more regulated and companies in these regions need to consider the risk of lack of compliance with regulations like Sarbanes-Oxley and the EU Data Protection Directive.

US と EU のランクが低いのは、それらの地域の企業は Asia と Latin America と比較して、リスクの回避とセキュリティについて慎重だという理由があるのかもしれない。  さらに US や Europe の企業は、Sarbanes-Oxley や EU Data Protection Directive といった規制により、リスクとコンプライアンスの欠落について厳しく制限されている。

N Chandrasekaran, CEO and managing director of the India-based Tata Consultancy Services said that “Cloud-based applications are already a substantial piece of large corporate IT infrastructure and the early benefits achieved are too substantial to ignore. There is huge [potential] for growth in both developed and emerging economies and we firmly believe that cloud computing will continue to open up opportunities for companies across many different functions.”

India-based Tata Consultancy Services の CEO と Managing Director を兼任する N Chandrasekaran は、「 すでに、クラウドベースのアプリケーションは、大企業の IT インフラストラクチャにおける重要なパートにおなっており、また、無視することのできない、初期メリットが生じている。 発展する経済と、新たに出現する経済の双方において、途方もなく拡大してく[潜在的]があり、また、あらゆる枠割を有する企業群に対して、クラウド・コンピューティングがチャンスを与え続けていくだろうと、私たちは信じる」と発言している。

ーーーーー

TAG index文中でも指摘されているように、1日違いでポストされた「SaaS のワールドワイド市場は、その成長を継続している」と、まったく異なる結果であり、とても興味深いものとなっています。 それと、この南米とアジアがリードするという結果ですが、Chrome のシェアと似ているところが面白いです。 偶然だとは思いますが、奇妙な一致ですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
とっても ラブラブな Linux と Big Data
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する

%d bloggers like this: