Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Posted in Bare-Metal, DevOps, Linux, On Monday by Agile Cat on July 7, 2014

Cloud Computing: The Containerization of Apps
http://wp.me/pwo1E-7DY

By Dick Weisinger – July 1st, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-the-containerization-of-apps/

_ formtek

Docker, the ‘Linux Container Engine’, is open-source Linux technology that can package all components needed by an application into a single container which can then be easily moved between cloud platforms, virtual machines, or physical bare-metal servers. 

Docker は Linux Container Engine であり、また、Linux オープンソース・テクノロジーであり、アプリケーションが必要とするすべてのコンポーネントを、シングル・コンテナ内にパッケージ化することを可能にする。さらに言えば、このコンテナは、クラウド・プラットフォームや、仮想マシン、物理ベアメタル・サーバー間を、簡単に移動できるのだ。

Docker allows software to be deployable across a wide range of environments yet doesn’t require platform vendors to conform to specific cloud or VM requirements.  Docker runs on all major Linux distributions, including Red Hat, Debian, Ubuntu, Fedora, Gentoo, Suse and Arch.

つまり、Docker により、幅広い環境におけるソフトウェアのデプロイメント実現されるのだが、そこで要求される移行先が、特定のクラウドや VM であっても、プラットフォーム・ベンダーによる準拠は不要となるのだ。そして Docker は、Red Hat/Debian/Ubuntu/Fedora/Gentoo/Suse/Arch といった、すべての主要 Linux ディストリビューション上で動作する。

Despite Docker being only first released 15 months ago and still only at version ’1.0′, it is already widely used by many internet companies which include eBay, Yelp, Spotify, and Baidu. Additional stats for Docker’s popularity include:

Docker の最初のリリースからは、まだ 15ヶ月しか経っておらず、いまでも Version 1.0 なのだが、たとえば eBay/Yelp/Spotify/Baidu などを含む、数多くのインターネット企業ですでに使用されている。 なお、Docker の人気については、以下のような状況からも判断して欲しい:

  • 2.75+ million downloads
  • 12,000+ stars on GitHub
  • 450+ contributors – 95 percent of whom do not work for Docker, Inc.
  • 14,000+ “Dockerized” applications published on Docker Hub
  • 90+ community-established user groups in more than 30 countries
  • 6,500+ Docker related projects found on GitHub

Ben Golub, Docker CEO, said that ”there’s a groundswell of excitement from the Fortune 10 on down for what Docker can mean for how they build, ship and run applications.  If Docker is successful, we will have enabled the separation of application creation and management from infrastructure management.”

Docker の CEO である Ben Golub は、「 Fortune 10 から中小にいたるまで、Docker が実現するアプリケーションの構築/出荷/実行という方式について、とても大きな興奮の高まりが起こっている。このまま、Docker が成功するなら、アプリケーションの開発と管理を、インフラストラクチャの管理から分離するという、新たな方式が確立するだろう 」と述べている

Scott Johnson, senior Vice President at Docker, said that “we’re from the school of container technology which we simplified along with the packaging and shipping of the container.  There’s been 15 months of rapid innovation. There’s over 440 contributors to the project, including lots of contributions from Red Hat, Google. A lot of rapid change is going on.”

Docker の Senior VP である Scott Johnson は、「私たちは、コンテナ・テクノロジーの学校から生み出されたようなものであり、コンテナによるパッケージングとシッピングにより、ものごとを簡略化していきたいと考えている。そして、この 15ヶ月の間に、とても迅速なイノベーションが生じている。すでに、このプロジェクトには 440人以上のコントリビューターがいるが、Red Hat や Google からも、たくさんのコントリビューションを受けている。つまり、急激な変化が、あちらこちらで、現在進行形で起こっている状況にある」と発言している。

Jay Lyman, senior analyst at 451 Research, said that “enterprise organizations are seeking and sometimes struggling to make applications and workloads more portable and distributed in an effective, standardized and repeatable way.  Just as GitHub stimulated collaboration and innovation by making source code shareable, Docker Hub, Official Repos and commercial support are helping enterprises to answer this challenge by improving the way they package, deploy and manage applications.”

451 Research の Senior Analyst である Jay Lyman は、「 エンタープライズたちは、アプリケーションやワークロードの移植性を高め、また、効果的かつ標準的な方法で繰り返して配布したいと考えているが、とても苦労しているという側面もある。GitHub でソースコードを共有することで、コラボレーションとイノベーションが刺激されたように、Docker Hub および、Official Repos、商用サポートにより、アプリケーションの Package/Deploy/Manage の方式が改善され、この課題に取り組むエンタープライスの支援が促進されている 」と述べている

ーーーーー

絶好調の Docker ですが、これ程の実績を、すでに残しているとは知りませんでした。 そして Docker の良いところは、VM だけではなく Bare-Metal にも対応している点であり、すでに、その方向へと舵を切り始めている SoftLayer  RackSpace などを、側面から強力にサポートしていくはずです。 AWS の大きな功績により、マーケットが開拓され、ビジネス・モデルが確立してきたクラウドですが、そろそろ第二幕が始まりそうで、とてもワクワクしています。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる

Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Posted in Microsoft, OpenStack, Red Hat by Agile Cat on May 14, 2014

Why Microsoft should just pack it in and buy Red Hat
http://wp.me/pwo1E-7uz

By
Barb Darrow – Feb 28, 2014
http://gigaom.com/2014/02/28/why-microsoft-should-just-pack-it-in-and-buy-red-hat/

_ Giga Om

Summary: Sure it would make for strange bedfellows, but Microsoft needs Red Hat Enterprise Linux and an acquisition would signify a bold move by new CEO Satya Nadella.

Summary: たしかに、それは、ちょっと奇妙な関係と言えるだろうが、Microsoft は Red Hat Enterprise Linux を必要としている。 そして、もし、買収にいたるなら、新しい CEO である Satya Nadella の大胆な行動と評価されるだろう。

photo: Jorge Salcedo

Over the past 40 years Microsoft has built its mega-billion-dollar business around the Windows operating system and Windows applications. But as the company seeks to preserve its enterprise power in the cloud era, where Windows is not as huge a deal, here’s a bold proposal: Microsoft should buy Red Hat.

これまでの 40年間において Microsoft は、Windows オペレーティング・システムおよび Windowsアプリケーションを中心にして、巨億のビジネスを構築してきた。しかし、Windows が大きな勢力を持ち得ないクラウドの時代で、その企業の力を同社が維持したいなら、ちょっと大胆な提案をしてみたいと思う。 それが、Microsoft による Red Hat の買収という、必要性の話である。

It’s a counterintuitive move for a company whose former CEO likened Linux to cancer, but here’s why I think Microsoft might want to do it. First, Microsoft is an enterprise software company that hopes to transition its strength in that segment into the cloud-and-mobile era. And for Microsoft’s new CEO Satya Nadella, who will orchestrate that transition, an acquisition of Red Hat would be a bold stroke. Talk about thinking outside the box.

前 CEO が Linux をガンになぞらえていた企業にしては、反対の方向への動きに思えるが、それを Microsoft が望んでいるかもしれないと、私が思う理由を示していく。 まず、Microsoft は、これまでの強みを、クラウドとモバイルの時代におけるセグメントへ向けて、移行したいと考えているエンタープライズ・ソフトウェアの会社である。そして、Microsoft の新しい CEO である Satya Nadella は、その移行を周到に準備するだろうし、その意味で Red Hat の買収は大胆な一撃となる。ただし、いま話していることは、かなり常識はずれなことかもしれない。

Source: IDC

Microsoft is pitching Windows Azure as the public cloud of choice for businesses. A major stumbling block there is the fact that Red Hat Enterprise Linux, the de facto standard Linux in businesses, does not run on Azure. Why not? No one’s really saying, but my take is that Red Hat is dragging its feet because RHEL competes with Windows Server. Red Hat has no such compunction about putting RHEL on AWS, which does run RHEL, because Amazon is not an OS competitor per se — at least as the market is defined now.

Microsoft は、企業向けパブリック・クラウドの選択肢として、Windows Azure を投入している。しかし、ここでの大きな障害は、それらの企業が Linux のデファクト・スタンダードとする Red Hat Enterprise Linux が、Azure では走らないという現実である。当たり前じゃないかい? 誰もが本当のことを言っていないが、RHEL を Windows Serverと競合するため、Red Hat が足を引っ張っているというのが、私の感想である。Red Hat は、AWS 上で RHEL を走らせることについて、そのような躊躇がまったく無い。なぜなら、Amazon は OS の競争相手ではないので、大歓迎なのである。少なくとも、そのような形で、いまのマーケットは構成されてる。

The lack of RHEL on Azure is a big issue for Microsoft. Given that Microsoft has bent over backwards to make Azure hospitable to third-party OSes and tool sets (Ubuntu Linux and SUSE Linux run on it), RHEL’s absence is particularly glaring because when you talk enterprise applications from Oracle, SAP et al., RHEL is Linux (sorry Oracle Linux, you’re not there yet.)

Azure で RHEL が欠落していることは、Microsoft にとって大きな問題である。サードパーティの OS や Tool Set を Azure 上でホストしようと、Microsoft が懸命に努力していることを考えると(Ubuntu Linux と SUSE Linux には対応)、RHEL の不在が目立ってしまう。なぜなら、Oracle や SAP などのエンタープライズ・アプリケーションを前提にすると、RHEL が Linux だからだ(残念ながら Oracle Linux は発展途上)。

Neither Red Hat nor Microsoft would comment on why RHEL won’t run on Azure but sources close to Microsoft said customers ask the company about Red Hat support all the time and it has to refer customers back to Red Hat. Their thinking is that nothing can pressure a company to action more than customer pressure, but still, no dice.

Red Hat も Microsoft も、RHEL が Azure で走らない理由についてはノー・コメントだろう。しかし、Microsoft に近い情報筋によると、いくつかの顧客は Red Hat をサポートするよう要求しており、そのことが Red Hat にも伝わっているようだ。どちらも、顧客からのプレッシャーに勝るものはないと捉えているはずだが、まだ、サイコロは回り始めていない。

Red Hat is affordable

If you look solely at the numbers, Microsoft could do this deal easily. The market value of Red Hat stock is about $11.2 billion. Subtracting its $1.3 billion in cash, Red Hat would cost $9.9 billion. A 20 percent premium would put the purchase price at more like $12 billion. As one of my Wall Street friends put it, since Microsoft has about $84 billion cash in the bank, it could do this acquisition with its eyes closed.

単に数字だけを見るなら、Microsoft は簡単に買収できるだろう。Red Hat の市場評価額は、$11.2 Billion である。そこから、手持ちのキャッシュである  $1.3 Billion を差し引けば、Red Hat の買収に費やされるコストは $9.9 Billion となる。さらに、20% のプレミアムを付けても、$12 Billion で収まる。私の Wall Street フレンドによると、Microsoft の銀行預金は $84 Billion ほどなので、その支出に目をつむれば、買収は可能となる。

Antitrust hurdles are big but not insurmountable

Analysts, including Gigaom Research’s own MSV Janakiram, said no such transaction would pass regulatory muster. Taken together, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and Windows Server would comprise 87 percent of the server operating environment market, according to IDC analyst Al Gillen — who was also dubious about my premise.

Gigaom Research が所有する MSV の Janakiram や、その他のアナリストたちは、そのような取引が、当局に規制されないはずがないと言う。そして、Red Hat Enterprise Linuxに(RHEL)と Windows Server を合算すると、サーバー・オペレーティング市場の 87% に達してしまうと、私の考えに疑問を呈していた、IDC のアナリストである Al Gillen は述べている。

That number would give regulators pause if they define the market as server operating systems running inside company data centers. But if they were to factor in what’s running in Google and Amazon Web Services and other clouds, the picture could be much different. And we all know that lawyers can redefine the affected market when it painting a prospective acquisition in a rosy, competitive light.

この数字の捉え方だが、企業のデータセンター内で実行されるサーバー OS を前提に市場を定義するなら、当局は規制を行うだろう。しかし、Google や AWS といったクラウドで、どのような比率で、何が動いているのかを計算するなら、そのイメージは大きく異なるものになるだろう。買収劇を押し通すことに価値があり、すべてがバラ色に塗り替えられるとなったとき、弁護士たちが影響をうけるだろう市場を再定義してしまうことを、私たちは知っている。

In that universe, Windows Server plus RHEL might not be dominant at all. According to figures from The Cloud Market, nearly 60 percent of all Amazon Machine Images (AMIs) run Ubuntu Linux, while 6.3 percent run Windows and 5.9 percent run Red Hat. And I’m pretty sure Google runs zero Red Hat Linux or Windows.

この世界では、Windows Server だけではなく RHEL も、支配的だとは言えないだろう。The Cloud Market の統計によると、Amazon Machine Images(AMI)の約 60% は Ubuntu Linux を実行しており、Windows と Red Hat の比率は 6.3% と 5.9% に過ぎない。さらに言えば、Google が Red Hat Linux と Windows を実行している確率はゼロだと、私は確信している。

Source
The Cloud Market

And, if regulators can approve the US Airways and American Airline or Comcast and NBC Universal mergers, I think all bets are off. I’ve seen strange things happen in the software world, including Oracle’s acquisitions of Siebel Systems and PeopleSoft in blockbuster deals that consolidated much of the enterprise applications market.

たとえば、US Airways と American Airline もしくは Comcast と NBC Universal の合併を、規制当局が承認するかとなると、そこに一銭も賭ける気はしない。しかし、ソフトウェアの世界では、Oracle による Siebel Systems PeopleSoft の買収といった、エンタープライズ・アプリケーションの市場を統合してしまう、奇妙な光景を目の当たりにしている。

Those transactions taught me to never say never. So go ahead, use the comments below to (politely, please) to let me know what you think.

これらの取引が教えてくれたのは、Never Say Never である。そう、前へ進むしか無いのだ。 あなたの考えがあるなら、以下のコメントで、なるべく丁寧に教えて欲しい。

Feature photo courtesy of Shutterstock user Jorge Salcedo

Related research

An analysis of Windows Azure’s strengths and weaknesses February 2014
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look December 2012
The promise of SDNs in the enterprise November 2012

ーーーーー

TAG indexなかなか、面白い視点からの考察です。 先日に、「 Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける 」という抄訳をポストしましたが、オープンソースを活用することで、ユーザーだけにではなくクラウド・プロバイダーにも、計り知れないメリットがもたらされるはずです。 その名称が、Windows Azure から Microsoft Azure に変わったのも、 Windows の枠組みに制約されない、新たなクラウド戦略の確立という意志の現れだと思います。 Linux は ガンだと言ってしまった CEO も退任したわけですし、これまでのシガラミを解いて、いろいろなことに柔軟に対応して欲しいですね。 image

ーーーーー

<関連>

Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

Posted in .Selected, DevOps, OpenStack, Research by Agile Cat on September 18, 2013

Guess what? OpenStack fans say OpenStack skills are in demand
http://wp.me/pwo1E-6DQ

Sep 16 2013 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/09/16/guess-what-openstack-fans-say-openstack-skills-are-in-demand/

_ Gigaom

Summary: The OpenStack Foundation says the world needs more mad OpenStack skills, so it’s launched a training marketplace to grease the skids.

Summary: OpenStack Foundation が言うには、この世界が大量の OpenStack スキルを必要としているため、すでに立ち上げられているトレーニング市場は、素晴らしい勢いで伸びているとのことだ。

ーーーーー

In what should come as as surprise to no one, the OpenStack Foundation says skills in building and deploying OpenStack cloud technology are very much in demand. (see the charts below).

誰にとっても、それほどの驚きではないと思うが、OpenStack Foundation は、OpenStack クラウド・テクノロジーにおける構築とデプロイのスキルに対して、きわめて大きな需要があると発言している。 (下のチャートを参照)

To address the skills gap, the Foundation is launching a Training Marketplace, with coursework from OpenStack partisans including Aptira, hastexo, The Linux Foundation, Mirantis, Morphlabs, Piston, Rackspace, Red Hat, SUSE and SwiftStack with more courses to come.

そして、こうしたスキル・ギャップに取り組むために、この Foundation は、Aptira/hastexo/The Linux Foundation/Mirantis/Morphlabs/Piston/Rackspace/Red Hat/SUSE/SwiftStack といった、OpenStack パルチザンが提供する授業で構成される Training Marketplace を立ち上げているところである。

OpenStack Jobs Pay
Infographics

Why would you want to bone up on your OpenStack skills? Because you can make more money, according to the foundation:

それまでして、誰もが OpenStack スキルで習得したがる理由について、より多くのビジネスがあるからだと、この Foundation は言っている:

Here’s another data point, there are more job postings mentioning OpenStack skills than there are for rival open-source clouds CloudStack and Eucalyptus, according to SimplyHired.com data, as shown below.

また、以下に示す SimplyHired.com からの別データによると、CloudStack や Eucalyptus といったライバルのオープンソース・クラウドと比較して、OpenStack スキルに対する求人は多いようだ。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs

But then again, when you talk about job postings requiring cloud skills, you’d be remiss not to include Amazon Web Services which brings us to this, provided Indeed.com knows what AWS is.

しかし、Indeed.com が認識していると思われる、Amazon Web Services に関するデータを取り込み、このクラウド・スキルに対する需要を整理し直すと、以下のようなチャートになる。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus, Aws trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs | Aws jobs

Data for the last two charts provided by SimplyHired.com, a search engine for jobs.

Related research

ーーーーー

openstack-55a1先月にポストした、『 OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは? 』という抄訳には、ーーー OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。 ーーー と記載されていました。多種多様なトレーニング・コースが提供され、OpenStack への需要を後押ししているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on April 23, 2013

VMware Adds Interoperability With Ubuntu OpenStack Cloud
http://wp.me/pwo1E-60F

Charles Babcock| April 18, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/vmware-adds-interoperability-with-ubuntu/240153156

_ Information week

The next Ubuntu release, coming soon, will include VMware plug-ins for the Quantum networking platform in OpenStack.

もう直と言われている、次期 Ubuntu のリリースだが、OpenStack の Quantum  ネットワーク・プラットフォームに対応する、VMware のプラグインが含まれるようだ。

VMware has contributed plug-ins to the OpenStack Project that guarantees the project’s networking platform will recognize and work with virtual machines running under VMware’s vSphere management environment and VMware’s Nicira Network Virtualization Platform.

VMware は、OpenStack のプロジェクトに対して、いくつかのプラグインをコントリビュートしてきた。それは、OpenStack プロジェクトのネットワーク・プラットフォームが、VMware における vSphere のマネージメント環境および Nicira Network Virtualization Platform で動作する仮想マシンを認識し、また、協調動作することを保証するものである。

VMware acquired startup Nicira last July for $1.26 billion and has made its NVP the basis of future virtualized networking in what it terms "the software-defined data center." The Network Virtualization Platform from Nicira, a leader in OpenFlow network protocol concepts, is also the basis for the Quantum networking platform in OpenStack. Nicira was a heavy contributor to OpenStack before the acquisition, and it remains one now. At the OpenStack Summit on Tuesday, VMware gave these contributions a particular cast. Through close collaboration between Canonical and VMware, they will work inside the Ubuntu distribution of OpenStack, according to VMware’s VP of vSphere product management Joshua Goodman.

昨年の7月に、VMware は $1.26 billion を費やして、スタートアップである Nicira を買収した。そして、同社が Software Defined Data Center と定義する、将来の仮想ネットワークの基盤として、Nicira の NVP を位置づけている。Nicira は OpenFlow ネットワーク・プロトコル・コンセプトのリーダーでもある。 そして、同社から提供される、この Network Virtualization Platform は、OpenStack における Quantum ネットワーキンク・プラットフォームの基盤でもある。 VMware に買収される以前の Nicira は、OpenStack における重要なコントリビュータであり、それは、今も継続している。そして、火曜日(4/16)の OpenStack Summit で VMware は、それらのコントリビューションに特別な役割を与えた。VMware の VP of vSphere Product Management である Joshua Goodman によると、Canonical と VMware は、その緊密なコラボレーションを介して、OpenStack の Ubuntu のディストリビューションに手を加えてきた。

Suse Linux and Red Hat also have distributions of OpenStack. Red Hat’s KVM hypervisor is the one native to the OpenStack cloud open source code. Suse Linux is often cited as the version that works most closely with Windows Server and its hypervisor, Hyper-V. Both are keen competitors of VMware’s ESX Server.

SUSE LINUX と Red Hat も、OpenStack ディストリビューションを持っている。 Red Hat の KVM ハイパーバイザーは、OpenStack クラウド・オープンソース・コードに対するネイティブである。 SUSE LINUX は、Windows Server および、そのハイパーバイザーである Hyper-V と密接に連携するバージョンとして、頻繁に引用されている。そして、どちらも、VMware の ESX Server に対する強力なコンペティタである。

The move also reflects VMware’s growing realization that it is likely to need to live with many OpenStack implementations in the future, despite its early hopes that its own cloud software stack, the vCloud Director suite, would be the basis of private and public clouds everywhere. The collaboration with Canonical gives it an OpenStack partner that is less an immediate competitor than either Red Hat or Suse.

この動向は、VMware が達成したいと考える、未来像にも影響を与える。つまり、その初期で期待していた OpenStack 独自のクラウド·ソフトウェア·スタック(すべてのプライベート/パブリック・クラウドの基礎となる vCloud Director スイートを望んでいた)ではなく、数多くの OpenStackの 実装と共存していく可能性が高いことを意味する。Canonical とのコラボレーションにより、OpenStack パートナーに与えるものが生じるが、 Red Hat や Suse と比べれば、その影響は少ないものとなる。

VMware contributed the plug-ins for the Grizzly release of OpenStack, which came out April 4. Canonical has not yet included Grizzly in its version of OpenStack, but it plans to do so by the end of the month.

VMware は、4月4日にリリースされた、OpenStack Grizzly 用のプラグインも提供している。 現時点では、Canonical は Grizzly に対応したバージョンを持たないが、今月の末までには、対応する計画だという。

On Wednesday, Martin Casado, founder of Nicira and now chief architect of networking at VMware, posted a blog on the VMware website reading, "The transformation to the software-defined data center will take many forms, and VMware understands that many customers will want to piece together different technologies based on their requirements… "

この水曜日に、Nicira の Founder であり、VMware の Chief Architect of Networking でもある Martin Casado は、「 Software Defined Data Center に切り替えていく道筋には、いくつかの形態がある。 そして、数多くのカスタマたちは、その要件にしたがって、それぞれのテクノロジーを組み合わせたいきたいはずだと、VMware は理解している」と、VMware Web サイトのブログにポストしている。

He said VMware is committed to having its virtualization environment work with OpenStack, despite perceived competition between them, and VMware has "almost doubled the number of developers working on OpenStack" compared to Nicira’s previous level of contribution. Through its Nicira-acquired developers VMware was among the top ten contributors of code to the Grizzly release, he added.

彼の発言によると、OpenStack の仮想化環境における競合は理解しているが、そこに対して、VMware はコミットしていくことになる。そして、これまでの Nicira によるコントリビューションと比較して、VMware は「 OpenStack に対して 2倍のデベロッパーを投入している」と発言している。さらに、Nicira が獲得したデベロッパーを介して、VMware は Grizzly リリースに対して、Top-10 に入るだけのコードをコントリビュートしていると、彼は付け加えている。

[ Want to learn more about how VMware plans to work with the open source cloud project OpenStack? See VMware Does Complicated Dance With Open Source Code]

ーーーーー

imageOpenStack と Nicira、そして、VMware と Nicira。 この三者の関係が、これから、どのように整理されてくるのかと考えると、興味が尽きませんね。 昨年の7月に、『 VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?』という抄訳をポストしましたが、その後に、VMware の OpenStack 参加があり、PayPal が VMware から OpenStack へ移行するという話まで出てきています。 その一方で Ubuntu は、中国政府との提携を進めるという、とても目を引く動きを見せています。 次には、どのような展開が待ち受けているのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?
ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack
待たせしました VMware さん – from OpenStack
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on August 28, 2012

Surprise! VMware will join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4EM

Aug 26, 2012 – 5:52PM PT
http://gigaom.com/cloud/surprise-vmware-will-join-openstack/

_ Gigaom

Never say never. VMware is about to join the OpenStack Foundation, a group initially backed by other industry giants as a counterweight to VMware’s server virtualization dominance. Intel and NEC are also on deck to join as Gold OSF members.

世の中、何が起こるかわからない。 VMware が OpenStack Foundation に参加しようとしている。この団体は当初、サーバー仮想化における VMware の優位性に対するカウンターとして、業界の大手に支持されてきたのだ。 また、Intel と NEC も、Gold OSF メンバーとして参加しようとしている。

imageJust in time for VMworld, VMware is about to join the OpenStack Foundation as a Gold member, along with Intel and NEC, according to a post on the OpenStack Foundation Wiki. The applications for membership are on the agenda of the August 28 OpenStack Foundation meeting.

OpenStack Foundation Wiki へのポストによると、ちょうど VMworld に間に合うかたちで、 VMware は Intel や NEC と共に、Gold メンバーとして OpenStack Foundation に参加しようとしているとのことだ。  このメンバーシップに関する申請は、8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングにおけるアジェンダに載っている。

A year ago, a VMware-OpenStack hookup would have been seen as unlikely. When Rackspace and NASA launched the OpenStack Project more than two years ago, it was seen as a competitive response to VMware’s server virtualization dominance inside company data centers and to Amazon’s heft in public cloud computing.  Many tech companies including but not limited to Rackspace, IBM, Hewlett-Packard, Citrix, Red Hat and Microsoft saw VMware as a threat and were bound and determined to keep the company from extending its virtualization lock into the cloud.

1年前であれば、 VMware-OpenStack 接続なんて、トンデモナイと思われただろう。 2年以上も前になるが、Rackspace と NASA が OpenStack Project を立ち上げたとき、オンプレミス DC における VMware 仮想サーバーの優位性に対して、また、パブリック・クラウド・コンピューティングにおける Amazon からの圧力に対して、真っ向から戦っていく姿勢として見られていた。  Rackspace に限定されることなく、IBM や、Hewlett-Packard、Citrix、Red Hat、Microsoft を含む、数多くのテック・カンパニーたちが、VMware を脅威として見なしていた。 そして、同社が、クラウドにも仮想化ロックを拡大することを、阻止しようとする強い決意を持っていたはずだ。

image

Steve Herrod, CTO and SVP of R&D, VMware
(c)2012 Pinar Ozger pinar@pinarozger.com

But, things change. VMware’s surprise acquisition of Nicira and DynamicOps last month, showed there might be a thaw in the air.  For one thing, Nicira is an OpenStack player. By bringing Nicira and DynamicOps into the fold, VMware appeared to be much more willing to work with non-VMware-centric infrastructure, as GigaOM’s Derrick Harris reported at the time.

しかし、物事は変化する。 先月に起こった、VMware による、電撃的な Nicira と DynamicOps の買収が、雪解かもしれないという雰囲気をもたらしている。  1つには、Nicira が OpenStack プレーヤーだという現実がある。 以前に、GigaOM の Derrick Harris がレポートしたように、VMware は、この団体の中心に Nicira と DynamicOps を置くことで、Non-VMware セントリックなインフラの中で、振る舞っていくことも厭わないように思われる。

This is a symbolic coup for OpenStack and its biggest boost since IBM and Red Hat officially joined as Platinum members in April.  And it’s especially important since Citrix, a virtualization rival to VMware undercut it’s own OpenStack participation last April by pushing CloudStack as an alternative open source cloud stack.

これは、OpenStack に対する象徴的なクーデターである。そして、IBM と Red Hat が、4月に Platinum メンバーとして正式参加して以来の、最大の推進力を与えるものでもある。  そして、仮想化において VMware のライバルである Citrix が、もう 1つのオープンソース・クラウドである CloudStack をプッシュすることで、OpenStack から脱会していることも、きわめて重要な背景である。

OpenStack Gold members, which include Cloudscaling, Dell, MorphLabs, Cisco Systems, and NetApp, pay a fee pegged at 0.25 percent of their revenue — at least $50,000 but capped at $200,000 according to the foundation wiki. (VMware’s fee will be $66,666, according to the application, submitted by VMware CTO Steve Herrod, which is linked on the wiki post.) Platinum members —  AT&T, Canonical, HP, Rackspace, IBM, Nebula, Red Hat, and SUSE – pay $500,000 per year with a 3-year minimum commitment.

OpenStack の Gold メンバーには、Cloudscaling/Dell/MorphLabs/Cisco Systems/NetApp などが名前を連ねている。同ファウンデーションの wiki によると、それらの企業は、売上額の 0.25%(最低でも $50,000 以上)を会費として収めるが、上限は $200,000 となっている(VMware CTO Steve Herrod が提出した申請書によると、VMware の会費は $66,666 になる。この wiki 上のリンクから参照できる)。 また、 Platinum メンバーである、AT&T/Canonical/HP/Rackspace/IBM/Nebula/Red Hat/SUSE は、$500,000/年の支払を、3年間にわたりコミットしている。

Subscriber Content
Related research and analysis from GigaOM Pro

 

 

 

ーーーーー

imageあっと、驚く展開ですね。 8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングというと、これからの開催になりますが、拒まれることは無さそうですね。 そして、焦点となるのは、これからの VMware の立ち位置です。 ネットワークの仮想化などを取り込んだ、Datacenter as a Services を標榜するなら、OS の仮想化テクノロジーは何でも良いというスタンスを要求されるでしょう。 そして、そのような変化を遂げるなら、いまのビジネス・モデルを、その根本から変更しなければなりません。 これからの展開に注目です。 ーーーimage

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

Posted in .Chronicle, .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 17, 2012

Who Wrote OpenStack Essex? A Deep Dive Into Contributions
http://wp.me/pwo1E-47y
By Joe Brockmeier / April 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/cloud/2012/04/who-wrote-openstack-essex-a-de.php

_ Read Write

It’s always interesting to see who really contributes to open source projects. That’s doubly true when it comes to projects that are corporate-driven, because they provide a lot of insight into which companies are driving a project and have a stake in supporting it. Looking at the numbers for OpenStack’s Essex release, it’s clear that only a small subset of companies involved in OpenStack are driving development.

このオープンソース・プロジェクトに対して、現実にコントリビュートしてきた企業を見ていくのは、常に興味深いことである。 こうした企業がドライブするプロジェクトには、彼らが数多くの洞察を提供し、また、そのサポートにおいて利害を持つという、2つの真実がある。今回の Essex リリースに参加した人数をみれば、OpenStack に関与する企業の一部分だけが、この開発を促進してきたことが明確になる。

clip_image001Mark McLoughlin, an OpenStack contributor and Red Hat employee, took the time to come up with stats  culled from the commits and Gerrit  code reviews for Essex.

OpenStack のコントリビュータであり、また、Red Hat の従業員でもある Mark McLoughlin は、Essex に対してコミットされたコードと、Gerrit レビューから抽出された統計値の解析に時間を費やした

McLoughlin provides several different pieces of the puzzle when looking at the OpenStack picture. He’s looked at the developers who’ve had the most change sets for the release cycle, the most changed lines, and the most lines removed. He’s also looked at lines reviewed, as well as the number of developers by employer.

McLoughlin は、 OpenStack の状況を説明しながら、パズルのような、いくつかの謎も提供している。 そして、彼が注目したのは、リリース・サイクルの更新および、コードの改善と削除において、最も貢献したデベロッパーである。
また、彼は、最もレビューされたコードと、デベロッパーが所属する企業についても調べた。

It’s not a perfect picture, of course. Having the most changes doesn’t mean that the changes were important, for instance. It does give a clearer picture of what’s really going on in OpenStack development.

もちろん、それらは、完ぺきな視点ではない。現実に、コードに対する変更の回数が、その重要性を意味するわけではない。
つまり、OpenStack の開発において、現実に起こっている事象を明らかにするだけのものである。

Developers by Employer

The first figure to consider is the number of developers contributing by company. No one should be shocked to see that Rackspace leads by a wide margin with 51 employees. To put that in perspective, Rackspace’s Stefano Maffulli identified more than 200 people and 50 companies that contributed to OpenStack in the Essex development cycle. McLoughlin’s figures say 226 developers.

最初の図は、コントリビュートしたデベロッパーの数を企業ごとに参照し、考えていくためのものである。 Rackspace が 51人の従業員を参加させ、大差でリードするのを見ても、それに驚く人はいないはずだ。 順番に考えていこう。まず、Rackspace の Stefano Maffulli は、Essex 開発サイクルにおいて OpenStack にコントリビュートしたのは、200人以上の人々と、50社の企業だと認識している。 それに対して McLoughlin は、226人のデベロッパーだとしている。

クリックで拡大 ⇒

This means that more than a fifth of the contributors to OpenStack are on Rackspace’s payroll.

それは、OpenStack へのコントリビュータの 1/5 以上が、 Rackspace からの経費により賄われていることを意味する。

HP has made a big public commitment to OpenStack, and it seems to be living up to it. HP has 19 people identified as contributors to OpenStack Essex.

HP は OpenStack に対して、膨大なパブリック・コミットメントを行なっており、期待に答えているように思われる。 HP は、OpenStack Essex において、19人がコントリビュートしたと認識している。

We told you that Red Hat was contributing heavily to OpenStack in February. But at that time it wasn’t entirely clear where Red Hat fell. Turns out, it’s third in developers, with 12 developers contributing.

2月の時点において、Red Hat が OpenStack にたしいて、大きなコントリビューションを行なっていると説明した。 しかし、その時点において、Red Hat が失速していることを、私は認識していなかった。 結局のところ、12社の デベロッパー・コンロリビューションの中で、同社は第3位となる。

After Red Hat, there’s Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4) and SUSE (4) in the top 10.

その後に続く Top-10 としては、Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4),  SUSE (4) の順となる。

The number of bodies, though, can be misleading. It may be that HP and Red Hat developers are not exclusively tasked with OpenStack, though. Some of Red Hat’s developers, for instance, are also doing work packaging OpenStack for Fedora and/or working on OpenShift. A company might only have two employees doing OpenStack work, but they may be doing it full time and/or doing some of the most difficult work.

組織ごとに数えることは、少々紛らわしくもある。しかし、HPと Red Hat のデベロッパーが、専有的に OpenStack の仕事を請け負ったというわけではないだろう。 現実に、何人かの Red Hat デベロッパーも、Fedora および OpenShift のために OpenStack をパッケージングするという作業時従事している。。 ひょっとすると、同社は OpenStack に関して、2人の従業員だけを割り当てているのかもしれない。しかし、もし そうなら、フル・タイムでの作業となり、また、最も困難な作業をこなしているのかもしれない。

Code Influence

To get a clearer picture than we have just by looking at developers, we can also see what companies are responsible for the most code changes and code reviews.

さらに明らかな全容を得るために、デベロッパーだけに注目するのではなく、コードの変更とレビューにおいて、どの企業が責任が責任を負ったのかを調べてみた。

OpenStack uses Gerrit for code review, so it’s possible to see who’s reviewing and approving code. Rackspace dominates here, with 68.1% of reviews. Nebula is next with 12.6% of the reviews, Red Hat has 4.4%, HP has 3.7% and Nicira has 2.4%. When you get to the bottom of the top 10 (Piston Cloud, Canonical) you’re looking at less than 1%.

OpenStack では、コード・レビューのために Gerrit が用いられている。 したがって、コードのレビューを承認を行なってきた企業が分かるようになっている。 Rackspace によるレビューは、全体の 68.1% という圧倒的なものになる。2番手は Nebula であり、レビューの 12.6% を占めている。 そして、その後には、Red Hat の 4.4 %、HP の 3.7%、Nicira の 2.4% が続く。この Top-10 の下位グループ(Piston Cloud と Canonical)に目をやると、その比率が 1% 以下であることが分かるだろう。

クリックで拡大 ⇒

In terms of lines changed by employer, Rackspace is at the top with 46.8%. Nebula has 24.4%, Red Hat has 5.4% and Citrix has 4.0%. Midokura , a company I hadn’t heard of until doing this piece, is in fifth place. Despite Dell’s vocal support for OpenStack, the company doesn’t seem to be contributing a great deal.

コードの改善におけるライン数では、 Rackspace が 46.8% でトップとなる。 2番手の Nebula は 24.4% であり、その後に、Red Hat の 5.4%と、Citrix の 4 % が続く。 この項目を書くまで、私は Midokura を知らなかったが、同社は 5 番手のポジションにある。 (イェーイ!!!) Dell に関しては、OpenStack をサポートする掛け声は高くても、実質的なコントリビュートは行なわれていないようだ。

Change sets are a slightly different story. Rackspace still dominates, with 55.2%. Nebula has 10%, Red Hat has 7.9%, HP has 2.9% and Canonical has 2.6%.

更新の件数になると、少し異なるストーリーとなる。 ここでも、Rackspace が 55.2% でトップとなる。 続いて、Nebula が 10%、Red Hat が 7.9%、HP が 2.9%、Canonical が 2.6% と続く。

Another view we have is bugfixes, out of the Launchpad statistics. Again, Rackspace is at the top with 800, Nebula comes in with 240, Red Hat has 140, Nicira has 69 and Canonical has 50.

バグ・フィックスという視点は、Launchpad 統計から外れたものとなっている。 再び、Rackspace が 800 件でトップであり、Nebula の 240件、Red Hat の 140件、Nicira の 69件、Canonical の 50件が続く。

クリックで拡大 ⇒

In every case, the drop-off after the first five or ten companies is very significant. For example, in terms of lines changed – Canonical is the 11th company by lines changed and only claims 0.6% of changes.

すべてのケースにおいて、トップから 5社~10社に成果が集中しており、その後の落ち込みが顕著である。 たとえば、コード改編における 11番手は Canonical であり、同社が処理したライン数は、全体の 0.6% に留まっている。

What It Means

Despite the effort to paint OpenStack as a widely supported project with lots of developer commitment , it’s still Rackspace that’s doing the lion’s share of the work.

たくさんのデベロッパーがコミットする、広く支援されたプロジェクトとして、OpenStack を見せる労力にもかかわらず、その作業においては、依然として Rackspace が圧倒的な比率を占めている。

Nebula is also pulling a lot of weight in the project, though it has fewer contributors than HP or Red Hat. The top 10 corporate contributors are pulling a disproportionate share of the load in OpenStack.

さらに、このプロジェクトでは Nebula が大きな役割を担っているが、そのコントリビュータは HP や Red Hat より少ない。全体としては、Top-10 の企業コントっリビュータが、OpenStack の作業負荷において、不均衡な比率を占めている。

This isn’t abnormal for an open source project, though. If you look at Linux kernel development , you’ll see that the top contributors are doing more than the long tail of companies that are involved in kernel development.

Linux カーネルの開発に目を向けると、トップ・コントリビュータが、カーネル開発に関与する企業よりも、ロイングテールの観点から、より多くの貢献を達成していることが分かるだろう。

But the disparity is striking. No company is shouldering nearly 50% of kernel development by any measure.

しかし、OpenStack との相違は顕著である。 どんな尺度で測っても、Linux カーネルの開発において、50% 近い負荷を担っている企業はいない。

Looking at recent kernel development, you’ll see Red Hat at the top of companies contributing to the kernel. But Red Hat sits at the top of the list (after developers with no corporate affiliation), with 10.7% of the changes from the 2.6.36 kernel to the 3.2 kernel. Intel has 7.2%, Novell 4.3%, IBM 3.7% and so on – down to a long list of companies contributing tiny bits.

Linux カーネルにおける、最近の開発状況を見てみよう。 そのトップである Red Hat が、カーネルにコントリビュートしているのが分かるだろう。 しかし Red Hat は、カーネル 2.6.36 ~3.2 の間で 10.7% の変更に留まっていることが、そのリスト(after developers with no corporate affiliation)に示されている。その後には、Intel の 7.2%、Novell の 4.3%、IBM の 3.7% と続き、その長いリストの最後には、きわめて低い比率の企業が記されている。

The real contributor community outside of Rackspace doing significant development is smaller than one might think given the figures coming out of OpenStack. It looks like it’s on its way to a healthy mix, but I’m not sure it’s quite there yet.

OpenStack から得られる成果と比較して、Rackspace の外で重要な開発に従事している、実際のコントリビューター・コミュニティは小さいのかもしれない。 そして、健全に混じりあう途上にあるとは思えるのだが、その道程を走破できると信じられる道程には、まだ到達していないと、私は確信している。

See Also

ーーーーー

TAG indexこうして、コントリビューション全体が俯瞰できることは、とても良いことですね。 そして、現時点での大きな問題点として、Rackspace への過大な異存が明らかになりました。 文中の、Linux コミュニティとの比較により、OpenStack の特殊性が強調されてしまいますが、まだ走り始めたばかりの若いコミュニティですので、長い目で見てあげたいですね。 それにしても、MIDOKURA の頑張りはスゴイです。 あまり、日本を意識してはイケナイのでしょうが、日本人として嬉しいです! ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 

 

 

 

 

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 12, 2012

“Essex” version of OpenStack debuts
http://wp.me/pwo1E-46v
By
Paula Rooney | April 5, 2012
http://www.zdnet.com/blog/open-source/essex-version-of-openstack-debuts/10737

image

Summary: The fifth release of OpenStack, code named “Essex,” debuted today, with enhanced quality, usability and extensibility across enterprise, service provider and high performance computing (HPC) deployments, the project announced. Essex is integrated in Canonical’s Ubuntu 12.04.

Summary: Essex というコードネームの、OpenStack における 5回目のリリースは、品質/有用性/拡張性を向上させたものであり、エンタープライスおよび、サービス・プロバイダ、HPC デプロイメントに対応するプロジェクトだという発表があった。 また、Essex は、Canonical の Ubuntu 12.04 とインテグレートされている。

ーーーーー

In a week when it was upstaged by rival open source CloudStack,OpenStack got a shot in the arm with its fifth major release, dubbed “Essex,” on Thursday.

オープンソースのライバルである CloudStack に話題を奪われた週だったが、その木曜日に OpenStackが得たのは、5回目のメジャー・バージョンアップとなる、Essex というカンフル剤だった。

The “Essex” release, which is said to contain more than 150 new features, was developed by more than 200 developers, the open source project noted in a statement today, which highlighted the core improvements, including:

Essex のリリースには、150 以上の新機能が含まれ、また、200 人以上のデベロッパーにより開発されたと言われている。このオープンソース・プロジェクトは、今日のステートメントにおいて、コアとなる改善ポイントを強調したが、その中には以下の項目が含まれる:

  • imageOpenStack Compute (code-name Nova) – Focus on stability and integration with Dashboard and Identity, including enhancements to feature parity among the tier one hypervisors — making it a seamless user experience across each hypervisor — improved authorization and live migration with multi-host networking. There were also contributions to support high-performance computing and additional block storage options, including support for Nexenta, SolidFire, and NetApp storage solutions.
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – Significant new features to improve compliance and data security with the ability to expire objects according to document retention policies, more  protections against corruption and degradation of data, and sophisticated disaster recovery improvements. Also new capabilities important to service providers including the ability to upload data directly from an authenticated web page and the ability to restrict the maximum number of containers per account.
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – The first full release of OpenStack Dashboard provides administrators and users the ability to access, provision and automate cloud-based resources through a self-service portal. The extensible design makes it easy to plug in and expose third party products and services, such as monitoring.
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – The first full release of OpenStack Identity unifies all core projects of the cloud operating system with a common authentication system. The technology provides authorization for multiple log-in credentials, including username/password, token-based and AWS-style logins.
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – The Image Service received several key updates to improve usability, authorization and image protection.
  • OpenStack Compute (code-name Nova) – 安定性と、Dashboard との統合、そして Identity にフォーカスし、認証を改善するティア・ワン・ハイパーバイザーのパリティと、マルチホスト・ネットワークを用いたライブ・マイグレーションの拡張も含む(個々のハイパーバイザをまたいだシームレスなユーザー・エクスペリエンスを実現)。さらに、HPC(high-performance computing)および、Nexenta/SolidFire/NetApp のサポートも含めた追加型ブロック・ストレージ・オプションも、コントリビュートされている。
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – ドキュメント・リテンション・ポリシーにしたがう、重要な新機能によりオブジェクトに期限を定め、コンプライアンスとデータ・セキュリティを改善する。また、データの破損と劣化からの保護および、DR 機能の洗練させるための改善も含む。さらに、サービス・プロバイダにとって重要な機能として、認証された Web ページからの、ダイレクトなデータのアップロードと、アカウントごとの最大コンテナ数の制限も含まれる。
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – OpenStack Dashboard における初めてのフル・リリースは、クラウド・ベース・リソースに関するアクセス/プロビジョニング/自動化の能力を、セルフ・サービス・ポータルを介してアドミニストレーターとユーザーに提供する。 たとえばモニタリングのようなサードパーティーのプロダクトおよびサービスは、拡張可能なデザインにより、そのプラグインとエクスポーズを容易にする。
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – OpenStack Identity における初めてのフル・リリースは、クラウド・オペレーティング・システムの全てのコア・プロジェクトを、共通の認証システムを用いて統一していく。このテクノロジーにより、マルチ・ログイン証明に関する認証が提供され、また、Username/Password と、トークン・ベースの AWS-style ログインも取り込まれる。
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – Image Service に関しては、ユーザビリティおよび、認証、イメージ保護を改善するための、いくつかの重要なアップデートが施されている。

NASA, Rackspace, Intel, Dell, Canonical-Ubuntu, HP and SuSE are among 155 companies that support the open source cloud OS architecture.

このオープンソース・クラウド OS アーキテクチャをサポートする155 社の中には、NASAおよび、Rackspace、Intel、Dell、Canonical-Ubuntu、HP、SuSE などがいる。

Citrix was an original backer but this week switched gears, dropped OpenStack and donated its CloudStack to Apache to try to build up support for that open source cloud OS effort.

Citrix は元からの支援者であったが、今週に方向を転換することになった。 つまり、OpenStack から離れて、CloudStack を Apache を寄贈し、オープンソース・クラウド OS の確立を試みる。

Red Hat and IBM have also demonstrated support for OpenStack but have yet to announce it publicly. Red Hat purchased OpenStack-focused Glusters last year and its sponsored open source Linux project recently integrated OpenStack in the latest rev of Fedora.

さらに、Red Hat と IBM も、OpenStack をサポートする意思を示しているが、まだ、公にはアナウンスしていない。 昨年のことだが、Red Hat は OpenStack にフォーカスする Glusters を買収している。そして、Fedora の最新 Rev に OpenStack を統合するという、オープンソース Linux プロジェクトをサポートしている。

One OpenStack backer said it may take time for the open source cloud OS market to shake out but he has made his bet.  “We are in an early market, and it will take 5-10 years until we potentially see a single winner.  In the near term, there will be many winners and there is little profit in handicapping the game in absolute terms,” said Alan Cohen, VP Marketing, Nicira. “Nicira likes the raw energy and momentum toward open cloud frameworks.   We are deep and public into OpenStack — we love the community, the innovation –  but we also have other customers who use different cloud management frameworks.  At the end of the day, customers will make this decision.”

ある OpenStack 支援者が言うには、オープンソース・クラウド OS 市場は、時間をかけながら淘汰と再編を繰り返すことになる。 そして、彼はそこに賭けている。「 私たちは、黎明期のマーケットにあり、ハッキリとした勝者を認識するまでに 5年~10年を要するだろう。  また、近いうちに、数多くの勝者が出現するだろうが、絶対的なゲームにおけるハンディとしての、きわめて小さな利益を得るだけだ。Nicira は、オープン・クラウド・フレームワークに対して、少ない労力と推進力で取り組んでいきたいと思ってている。   私たちは、OpenStack の本質をパブリックにコミットしている。 つまり、そのコミュニティとイノベーションを評価しているのだ。しかし、その一方で、異ななるクラウド・マネージメント・フレームワークを利用する顧客も有している。  結局のところ、最終的な判断は、顧客に委ねられるだろう」と、Nicira の VP Marketing である Alan Cohen は発言している。

ーーーーー

TAG indexこのところ、Apache へと路線を変更した CloudStack に、話題という面では遅れをとってしまった感じの OpenStack ですが、以下の <関連> にもあるように、Red Hat/IBM/Sony といったメジャー・プレイヤーの動きも気になりますし、AWS API をめぐる Eucalyptus や CloudStack とのつばぜり合いも気になります。しばらくの間は、この辺りにホットな話題が集中しそうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference

 

Microsoft による SUSE Linux 買収の続報

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on November 23, 2010

日本時間の11月23日 9AM ころの、Google News です ・・・

__AC Stamp 2

Microsoft がバックアップする Attachmate が、2.2 billion で Novell を買収するという話ですが、アメリカのメディアは大騒ぎです。ーーー A.C.

ーーーーー

News

clip_image001

Attachmate buying Novell for 2.2 billion dollars

AFP – ‎12 minutes ago‎
NEW YORK — US enterprise software maker Novell announced Monday that it had agreed to be acquired for 2.2 billion dollars by Attachmate, an investment group …

clip_image001[11]

Attachmate to feast on Novell technologies

Computerworld – Joab Jackson – ‎29 minutes ago‎
IDG News Service – With its pending US$2.2 billion purchase of Novell, Attachmate is acquiring a rich portfolio of technologies. …

image

Microsoft’s Hand in Novell Deal Bodes Ill for Linux

PC World – Katherine Noyes – ‎59 minutes ago‎
Attachmate may be the primary purchasing party in the Novell acquisition deal announced today, but the involvement of Microsoft …

"This set of agreements will really help bridge the divide between open-source and proprietary source software," Steve Ballmer said back then.

more by Steve Ballmer – 59 minutes ago – PC World (15 occurrences)

 

clip_image001[5]

Is Novell’s Linux business still up for sale?

ZDNet (blog) – Paula Rooney – ‎1 hour ago‎
Observers say the dust hasn’t settled on the so called Attachmate-Novell merger –and that Novell’s Linux …

Novell’s Final Chapter as a Public Company

Wall Street Journal (blog) – Rolfe Winkler – ‎1 hour ago‎
Hoping to top hedge fund Elliott Associates’ $5.75-a-share bid from last March, the long-suffering enterprise-software maker shopped itself …

All 119 related articles »

Blogs

clip_image001[9]

Novell: It Was The Best Deal, Says Hovsepian

Barron’s (blog) – Tiernan Ray – ‎5 hours ago‎
I was joined this afternoon by the CEOs of Attachmate and Novell (NOVL) to discuss the acquisition of Novell by Attachmate for $2.2 billion, …

clip_image001[7]

Deals wrap: Novell deal a Microsoft maneuver?

Reuters Blogs (blog) – ‎5 hours ago‎
Attachmate, a privately held provider of technology services, said it’s buying software provider Novell in a $2.2 billion deal. The deal marks the end of a …

clip_image001[13]

Attachmate offers $2.2B to buy Novell

Seattle Post Intelligencer (blog) – Nick Eaton – ‎6 hours ago‎
The Associated Press reports: "Business software maker Novell Inc. said Monday it has found a new suitor to take over the company after rejecting a lower …

All 27 related blogs »

ーーーーー

<関連>
SUSE Linux は Microsoft に買われてしまうのか?
VMware が SUSE Linux を買収するって ホント?
2010 年の クラウド企業 大型買収 一覧表

%d bloggers like this: