Agile Cat — in the cloud

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Posted in .Selected, Facebook, Microsoft, Open Compute by Agile Cat on January 28, 2014

Microsoft joins Facebook-founded Open Compute Project, touts its ‘unprecedented’ contributions
http://wp.me/pwo1E-79A

By Kaylene Hong, jan 28, 2014
http://thenextweb.com/microsoft/2014/01/28/microsoft-joins-facebook-founded-open-compute-project-touts-its-unprecedented-contributions/

_TNW

The fifth summit of the Open Compute Project is happening on Tuesday, and Microsoft has revealed that it is the latest member to join the group, a Facebook-founded initiative that sees the company and its partners commit to developing and sharing designs for data center infrastructure.

Open Compute Project5回目のサミットが、この火曜日(1/28)に開催されるが、このグループに参加する、最も新しいメンバーの中に、Microsoft がいることが明らかになってきた。つまり、同社とパートナーたちが、データセンター・インフラストラクチャに関する成果やデザインを、この Facebook が設立/主導するイニシアチブと、共有していくことをコミットするわけだ。

Bill Laing, Microsoft’s corporate vice president for cloud and enterprise, says in a blog post that Microsoft will contribute what it calls its “cloud server specification” to OCP — referring to the designs for server hardware in Microsoft data centers that are being deployed for its largest global cloud services including Windows Azure, Bing, and Office 365.

Microsoft の Corporate VP for Cloud and Enterprise である Bill Laing は、「 Microsoft は、同社における Cloud Server Specification と呼ばれるものを、OCP にコントリビュートする」と、自身のブログ・ポストで述べている。 つまり、それは、Miicrosoft のデータセンターにおける、サーバー・ハードウェアのデザインを指し示すものであり、Windows Azure および、Bing、Office 365 などの、世界でも最大級のクラウド·サービスをディプロイするためのハードウェアが含まれる。

Microsoft says these servers are built to deal with the “enormous availability, scalability and efficiency requirements” of Windows Azure, its cloud platform. It says that compared to traditional enterprise server designs, the data center servers it has built to deliver its cloud services bring “up to 40 percent server cost savings, 15 percent power efficiency gains and 50 percent reduction in deployment and service times.”

Microsoft の発言によると、それらのサーバーは、同社のクラウド·プラットフォームである Windows Azure の、 「 きわめて大規模な環境における可用性/拡張性/効率性の要件」に対応するために構築されたものとなる。そして、従来からのエンタープライズ・サーバーのデザインと比較して、クラウド・サービスのために構築されたデータセンター・サーバー」は、最大で 40% のサーバー・コストの削減をもたらし、15% の電力効率の向上を達成し、さらには、デプロイメントとサービスに費やされる時間を 50% も削減するという。

Laing notes that Microsoft is the only other cloud service provider, other than Facebook, to publicly release its server specifications, and says the depth of information it is sharing with OCP is “unprecedented.”

Laing は Microsoft の取り組みについて、Facebook 以外のクラウド·サービス·プロバイダーとして、サーバーの仕様を公開していく唯一の存在であり、OCP と共有される情報は、「これまでにない、奥行き持つものになる」と指定している。

To show its commitment, Microsoft Open Technologies is also open sourcing the software code it created for the management of hardware operations including server diagnostics, power supply and fan control. The code is available on GitHub from today onwards.

このコミットメントを示すために、Microsoft Open Technologies も、ハードウェア運用におけるマネージメントのために作成された、ソフトウェア·コードをオープン・ソースにしている。それらは、サーバーの診断や、パワー・サプライ、ファン・コントロールを含むものである、今日から GitHub で提供されている。

“The Microsoft cloud server specification for OCP will help drive hardware innovation for cloud computing, which strengthens the Cloud OS vision to give customers a consistent platform for better IT efficiency and economics,” Laing says.

そして Laing は、「 OCP にコントリビュートされる Microsoft のクラウド・サーバー仕様は、クラウド・コンピューティングのためのハードウェア・イノベーションを促進するものになる。それは、顧客に提供される、Cloud OS のビジョンを強化するものとなり、より優れた IT のために、効率性と経済性を考慮した、一貫性のあるプラットフォームを実現していく」と述べている。

Headline image via Eric Piermont/AFP/Getty Images

ーーーーー

TAG indexアメリカ時間の 1月28日に開催される、OCP Summit に参加するため、San Jose に来ています。いまは、夜中の3時ですが、時差で眠れないので、OCP 関連の情報を探していたら、こんなニュースが提供されていました。 昨日には、登録を済ませてきたので、イベントのスケジュールも受け取って入るのですが(クリックで拡大)、詳細は明日にならないと分からないそうです。それにしても、Microsoft も OCP に参加するというのは、とても良いニュースですね。おそらく、9時から始まるキーノートで紹介されるのだと予測していますが、どんな話が出てくるのか、それが楽しみで、ワクワクしています。image

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on November 3, 2011

Facebook letting Open Compute Project go. Will it fly?
By
Barb Darrow Oct. 27, 2011
http://gigaom.com/2011/10/27/open-compute-project-gets-a-foundation-of-its-own/

_ Gigaom

The Facebook-led Open Compute Project launched a foundation Thursday to help it push the standardization of data center server hardware for webscale deployments. But as the project evolves it’s still hard to see where Facebook ends and Open Compute begins.

Web スケールのディプロイメントに対応する、データセンターのサーバー・ハードウェアを標準化していくファウンデーションが、Facebook がリードしてきた Open Compute Project により、この木曜日(10/27)に立ち上げられた。 しかし、このプロジェクトは進展してはいるが、どこまでがFacebook であり、どこからが Open Compute なのか、その線を見極めることは、依然として難しいようだ。

Leave the chassis to Open Compute and build something new.

image

The goal of the new Open Compute Foundation is to bring more vendors and voices into the mix, make sure their contributed intellectual property is well cared for, and to foster the idea that open-source development — so important in software — can benefit the stodgy world of data center servers. At the Open Compute Project (OCP) launch in April, Facebook laid out building blocks for standard server designs. The idea is that other companies could build and innovate atop those designs and not waste time sweating the nuts and bolts.

この、新設された Open Compute Foundation のゴールは、より多くの参加を促し、そのは発言力を最大限に高めることである。  それにより、コントリビュートされる知的財産が確実に利用できるようになり、また、データセンター・サーバーという古風な世界にメリットをもたらす、オープンソース開発(すでにソフトウェアでは重要)が促進されていく。 Open Compute Project(OCP)が 4月に立ち上がったとき、Facebook はスタンダード・サーバー・デザインのビルディング・ブロックを明確にしている。 この発想により、その他の企業は、提供されたデザインを構築/発展させることが可能であり、基本的な事柄について、時間を浪費しないようになっていく。

The Open Compute battery cabinet.

“The main thing we want to achieve is accelerating the pace of innovation for scale computing environments and by open sourcing some of the base elements we will enable the industry in general to stop spending redundant brain cycles on things like re-inventing the chassis over and over and over and focus more on innovation,” Frankovsky said in an interview in advance of the foundation announcement. The effort will turn the data center, systems level and server hardware into commodity components designed for scaled out architectures.

「私たちが達成を望む大切な事柄は、スケールしていくコンピューティング環境を革新していくペースを速めることである。そして、何らかの基本的な要素をオープン化することで、何度も何度も繰り返してシャシーを再開発するような、不必要な発想のサイクルを脱して、より革新的な部分に、この産業がフォーカスしていくようにできる」と、Frankovsky はファウンデーションの発表に先立ってのインタビューで発言している。 こうした試みにより、データセンターおよび、システムのレベル、そしてサーバー・ハードウェアは、スケール・アウト・アーキテクチャに対応するようデザインされた、普及品コンポーネントに置き換えられていくだろう。

The group has big backers with foundation directors including Silicon Valley superstar Andy Bechtolsheim who co-founded  Sun Microsystems and is now chief development officer of Arista Networks. Also on the board are Don Duet, head of global technology infrastructure for  Goldman Sachs;  Mark Roienigk, the COO of Rackspace; and Jason Waxman, general manager of Intel’s data center group. Frank Frankovsky, Facebook’s director of hardware and supply chain, is executive director.

このグループは、Sun Microsystems の Co-Founder であり、いまは Arista Networks の Chief Development Officer である、Andy Bechtolsheim という強力な Silicon Valley Superstar を後援者として有している。 同じく、Goldman Sachs の Head of Global Technology Infrastructure である Don Duet および、Rackspace の COO である Mark Roienigk 、Intel の Data Center Group – General Manager である Jason Waxman らが、ボードに名を連ねている。 そして Frank Frankovsky は、 Facebook の Hardware and Supply Chain の Director であり、また、Executive Director でもある。

What’s inside Open Compute today and planned for tomorrow.

Along with the creation of the foundation, Facebook announced the Open Rack 1.0 specification, which lays out the basic design for power distribution and cooling for the server rack. That spec will evolve over time, integrating such perks as rack-level power capping, and I/O on the backplane at some point, Frankovsky said.

このファウンデーションの設立と平行して、Facebook は Open Rack 1.0 仕様をアナウンスした。 それは、サーバー・ラックのための配電と冷却に関する、基本的なデザインをレイアウトするものである。 この仕様は、ラック・レベルの電力キャッピングや、背面に設置される I/O といった、いくつかの装置を統合することで、時間をかけて発展していくと、Frankovsky が発言している。  

Also on Thursday ASUS said it will open-source its motherboard designs and Mellanox plans to release specifications for 10 Gigabit Ethernet cards. So far the OCP effort has received intellectual property contributions from Red Hat– which will certify OCP servers. Other contributions came from AMD, Dell, and Cloudera. Arista Networks is also now an official member of OCP, although has no specific contributions to announce at this time.

これまでのところ、OCP の試みにより、Red Hat(OCP サーバーを証明していく)からの知的財産のコントリビューションが実現している。 また、AMD と、Dell、Cloudera からもコントリビューションが行われる。 ただし、OCP のオフィシャル・メンバーである Arista Network からは、いまのところ、具体的なコントリビューションは無い。

The OCP  has also moved to make OCP hardware more broadly available, working with Synnex, a computer distributor and its manufacturing arm, Hyve, which will act as a hardware OEM. Silicon Mechanics, a maker of rack-mount servers, is also aboard. When the effort launched in April Dell and Hewlett-Packard  both showed off servers that incorporated some of the elements of Open Compute.

また、OCP は Synnex との協業により、その ハードウェアを広範囲に提供しようとする。 Synnex は、ハードウェア OEM の役割を担う、コンピュータの製造と供給を行う Hyve の部門である。 ラックマウント・サーバーのメーカーである、Silicon Mechanics も賛同している。この活動が立ち上がった 4月には、Dell と Hewlett-Packard が、Open Compute の要素を取り込むサーバーを誇示していた。

Open Compute Foundation, born of Facebook, still pretty close

The Open Compute chassis.

The fact that a Facebook executive doubles as the foundation’s executive director is bound to raise some eyebrows if OCP wants to shake the perception that it is an effort directed by the social networking giant.  Other open-source projects, notably the Eclipse effort around Java development environments, really hit their stride only after the lead vendor relinquished control. (In Eclipse’s case, that was IBM.) More recently, Rackspace eased some concerns among the OpenStack software crowd by forming an OpenStack Foundation, and vowing to step back.

この、ソーシャル・ネットワークの巨人が指揮する活動という認識を、OCP が振り払いたいと望む場合には、Facebook 経営陣がファウンデーションの幹部を兼任するという事実が、いくつかの疑念を呼び起こすことに疑いの余地はない。 他のオープンソース・プロジェクトにおいては、その主要ベンダーがコントロールを放棄した後にだけ、ほんとうの意味での動きが見られる。(たとえば、Java 開発環境における Eclipse が挙げられるが、そのケースでは IBM が主要ベンダーであった)  もっとも最近では、OpenStack Foundation が組織されているが、Rackspace が一歩引き下がると約束したことで、そのメンバーたちの心配事を緩和されている。

“We modeled this as closely as possible on the Apache Foundation. Each project starts at an incubation committee which names a lead and [is eventually] voted in or out as a project,” Frankovsky said. “I have one-fifth vote. If the others don’t think it’s cool, it’s not in.”

「私たちは、可能な限り、Apache Foundation をモデルとしている。 それぞれのプロジェクトは、リードを指名するインキュベーション委員会で立ち上げられるが、最終的には、それらのプロジェクトにおいて投票が行われるようになる。 つまり、私の権限は 1/5である。 また、他の人々が、それをクールと思わないときには、そこには入らない」と、Frankovsky は発言している。

Frankovsky said the effort is well-funded for now through voluntary seed contributions but the funding model remains a work in process.

Frankovsky は、この活動について、コントリビューションから始まるボランタリーを介して、上手く構成されているが、今後のプロセスにおいて、その財源のモデル化が残されていると発言している。

What’s next for OCP?

As for what’s next? Frankovsky said the first round of motherboards were based on Intel’s Westmere chip technology while version two will be based on Intel’s Sandy Bridge technology. “Intel and Hyve will do a fast-ramp program,” he said.  OCP has worked to get early access to Sandy Bridge technologies that would otherwise not be available until the second quarter.

次に来るものは、何なのだろうか? Frankovsky は、最初のラウンドが、Intel の Westmere テクノロジーをベースにしたのに対して、Version 2 は、Intel の Sandy Bridge テクノロジーに基づくものになると言う。 「Intel と Hyve は、素早く成長していくプログラムを実現するだろう」と、彼は付け加えている。  OCP は、Sandy Bridge クノロジーへのアーリー・アクセスを得るために動いている。それは、この Q2 になるまで、得ることのできないものであった。

Facebook itself is working on some storage specifications it would like to  talk about for its next round of contributions. “Storing data at this scale has some unique challenges. We’ll work on those contributions and with the rest of the community on this,” he said.

Facebook 自身は、いくつかのストレージ仕様に取り組んでおり、次のコントリビューション・ラウンドで話題にされるだろう。 「このスケールにおいて、データをストアすることは、いくつかの固有の課題を要する。 この領域において、私たちはコントリビュータとなり、その他のコミュニティにも協力していくだろう」と、彼は言う。

The OCP remains focused on the compute platform itself, although Frankovsky didn’t rule out possible future forays into other parts of the data center universe.

OCP がフォーカスするものには、コンピューティング・プラットフォーム自体があるが、データセンターの外へと広がるパートに対して、影響力を及ぼしていいく可能性を、Frankovsky は排除していない。

Asked if networking was on the agenda, he said:  ”Andy Bechtolsheim has a lot of interest in networking but for now we’ve excluded networking from Open Compute. There’s already ONF [the Open Networking Foundation] and we don’t want to compete, but if the community thinks we should look at the physical layer of Open Compute, that’s a possibility.”

そのアジェンダに、ネットワーキングは存在していたのかという質問に対して、「Andy Bechtolsheim はネットワーキングに強い興味を示しているが、現段階の Open Compute からは、ネットワーキングを外している。 すでに ONF[Open Networking Foundation]が存在しており、私たちは競合を望まない。 しかし、そのコミュニティが、Open Compute の物理レイヤに注目すべきと考えるなら、何らかの可能性が生じてくる 」と、彼は答えている。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageAgile_Cat でも取り扱いましたが、OpenStack は Rackspace が一歩引いた形となり、OpenStack Foundation に権限が移行しています。 何らかのスタンダードを考える場合、そのための組織を引っ張る主要ベンダーは、どこかで役割を終えなければならないというのは、真実を突いているのかもしれません。 しかし、Open Compute で面白いのは、Facebook はあくまでも ユーザーの立場であり、Open Compute の成果物でビジネスを展開するベンダーではないという点です。この動きには、これからも継続して、注目していきたいですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Efficient Data Centers with the Open Compute Project
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の Open Compute Summit が開催される
VMware の Paul Maritz が、Facebook の特許問題を語る
Facebook の OPC と Open Data Center Alliance がコラボ?
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on October 29, 2011

Can Open Hardware Transform the Data Center?
By: Rich Miller – October 28th, 2011
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/10/28/can-open-hardware-transform-the-data-center/

_ DC Knowledge

Facebook’s Frank Frankovsky announces the formation of a non-profit foundation to oversee the Open Compute Project, which focuses on developing open source hardware designs.

Facebook の Frank Frankovsky は、オープンソース・ハードウェア・デザインの作成にフォーカスする、Open Compute Project を管理/監督するための非営利ファンデーションを立ち上げると発表した。

Photo by Colleen Miller.

Is the data center industry on the verge of a revolution in which open source hardware designs transform the process of designing and building data centers?  The Open Compute Project, an initiative begun in April by Facebook, is gaining partners, momentum and structure.  Yesterday it unveiled a new foundation and board to shepherd the burgeoning movement.

オープンソースのハードウェア・デザインが、データセンターの設計と構築のプロセスを置き換えていくことで、データセンター業界は変革の瀬戸際にあるのだろうか?  Facebook が 4月に開始した Open Compute Project は、パートナーと、勢いと、組織を得て、そのイニシアティブを強めている。  昨日は、この急成長しているムーブメントを導くための、新しいファンデーションと組織の除幕式となった。

While the Open Compute initiative is focused on the needs of Internet companies with huge “scale out” infrastructure, the list of marquee names at yesterday’s summit hinted at a future in which the benefits of open source hardware could expand to the enterprise market.

Open Compute イニシアティブは、Scale Out された広大なインフラストラクチャを用いる、いわゆるインターネット企業のニーズにフォーカスしているが、昨日のサミットでリストアップされた看板どころは、オープンソース・ハードウェアによるメリットは、エンタープライズ・マーケットにまで拡大していく未来を仄めかしていた。

“What began a few short months ago as an audacious idea — what if hardware were open? — is now a fully formed industry initiative, with a clear vision, a strong base to build from and significant momentum,” said Frank Frankovsky, Hardware Design and Supply Chain at Facebook of Facebook. “We are officially on our way.”

「もしハードウェアがオープンなら、どうなるのだろう、という大胆な発想が広まるにつれて、数か月という短い期間に始まったことが、いまでは完全な業界イニシアティブを構成している。それは、強大な勢いを構成していく、明快なビジョンと、強固な基盤を伴うものである。 そして、オフィシャルには、私たちは、その途上にある」と、Facebook におけるHardware Design and Supply Chain を努める Frank Frankovsky は宣言した。

“This is a momentous time in our history,” said Andy Bechtolsheim, a board member of the new Open Compute Foundation. This is the future of efficiency and large-scale design in the data center.”

「いま、私たちは、歴史的に重大な時を迎えている」と、新しく設立された Open Compute Foundation のボードメンバーである Andy Bechtolsheim は発言している。 それは、データセンターにおける効率と、ラージ・スケール・デザインにおける未来である。

The Open Compute Project was launched in April to publish data center designs developed by Facebook for its Prineville, Oregon data center, as well as the company’s custom designs for servers, power supplies and UPS units. Facebook’s decision to open source its designs prompted expectations that the move could democratize data center infrastructure, making  cutting-edge designs available to companies that can’t afford their own design team.

Open Compute Project は、Facebook が Prineville, Oregon に構築したデータセンターのデザインおよび、サーバー/電源/UPS ユニットに関する同社のカスタム・デザインを公開するために、この 4月に立ち上がっている。 Facebook が決定したことは、データセンター・インフラを民主化するという期待を引き起こす、そのデザインのオープンソース化であり、自身でデザイン・チームを構成する余裕のない企業に対して、最先端のデザインを提供するものとなる。

If the project doesn’t succeed, it won’t be for lack of support. Yesterday’s second Open Compute Summit in New York featured appearances from executives for some of the sector’s leading names – Intel, Dell,  Amazon, Facebook, Red Hat and Goldman Sachs. The audience was filled with data center thought leaders from Google, Microsoft, Rackspace and many other companies with large data center operations.

このプロジェクトが失敗するにしても、業界のサポートが無かったからという言い訳は通用しないだろう。 昨日に New York で開催された、第 2回目の Open Compute Summit は、Intel/Dell/Amazon/Facebook/Red Hat/Goldman Sachs といった、業界をまたぐエクゼクティブたちの登壇が、ひとつの呼び物になっていた。 そしてオーディエンスといえば、Google/Microsoft/Rackspace といった、大規模データセンターを運用している数多くの企業の、データセンター部門のリーダーたちで満たされていた。

That turnout is not an isolated event, but reflects a growing focus on collaborative projects to reduce cost, timelines and inefficiency in data center construction and operation. The Open Compute project is just one of a handful of initiatives to bring standards and  repeatable designs to IT infrastructure. These include the Open Data Center Alliance, Open Networking Foundation, Open Source Routing Forum and OpenStack Foundation to develop a cloud computing platform. What’s driving all this openness?

単独でのイベントとは言えないが、その出席者の数が示すのは、データセンターの構築と運用において、コストの増大/スケジュールの遅延/非効率化を低減していくための、共同プロジェクトの成長へのフォーカスである。 Open Compute プロジェクトは、ITインフラに対するスタンダードと、再利用が可能なデザインをもたらす、ひと握りのイニシアティブに過ぎない。 そして、その領域には、クラウド・コンピューティング・プラットフォームを構成していく、Open Data Center Alliance/Open Networking Foundation/Open Source Routing Forum/OpenStack Foundation などがいる。こうしたオープン化を、何が促進しているのだろうか?

“Some of the ‘rules’ that drive our industry are wrong, and sharing data will help change that,” said James Hamilton, a Distinguished Engineer at Amazon Web Services, who noted shifts in industry practice on data center temperature and humidity.

「私たちの業界を発展させるべき、いくつかのルールが間違っている。そして、データの共有から始めることが、その改善を促進していくだろう」と、 Amazon Web Services の Distinguished Engineer である James Hamilton は発言している。 彼は、そのセッションで、データセンターにおける気温と温度のプラクティスが、変化している点を指摘していた。

“Progress happens when people get frustrated with something,” said Bechtolsheim, founder of Sun Microsystems and now Arista Networks, a fast-growing player in the networking industry. “This is the first time we have a true standard where companies don’t have to reinvent (their data center technology). This principle could be expanded. In this new world, we believe the effect will be very similar to the impact of open source software.”

「人々が何かに落胆するとき、進歩が始まる」と、Sun Microsystems の Founderである Bechtolsheim は発言する。 いま、彼は、ネットワーク業界で一番の成長株である、Arista Networks の Founder でもある。 「つまり、新たに考案する必要のない(個々のデータセンター・テクノロジー)、真のスタンダードを、私たちは手にしている。 この原則を、拡大していくことが可能なはずだ。 この新しい世界において、OSS がもたらした影響に酷似した、効率化がもたらされると、私たちは信じている」

One of the critiques of the Open Compute designs is that they are optimized for companies running huge, homogenous Internet infrastructures and are not appropriate for many enterprise data centers.  Frankovsky says this is an important focus.

Open Compute デザインに対する評価の 1つとして、同種の巨大インターネット・インフラを運用する企業群にとって最適化されており、また、数多くのエンタープライズ・データセンターには不適切だというものがある。 そこが、重要な視点となると、Frankovsky は発言する。

“Scale computing has specific needs,” he said. “Focusing on this space and its efficiency is one of our key points. By binding together as a community, our voice will be better heard on scale computing.”

「スケールされるコンピューティングは、固有のニーズを持っている。 この領域と効率にフォーカスすることが、私たちにとってキーポイントとなる。 コミュニティとして連携することで、私たちの声が、スケール・コンピューティングの世界に響いていくことになるだろう」

There are signs that the Open Compute designs could become more practical for a broader array of data center customers in the future. One of the new participants in the project isDigital Realty Trust, the world’s largest operator of third-party data center space.  Frankovsky said Digital Realty is interested in developing approaches to adapting some of its build-to-suit designs for companies adopting Open Compute designs.

将来における Open Compute デザインが、より広範囲におよぶデータセンター・カスタマ にって、いっそう実用的なものになっていくという兆候がある。 このプロジェクトに新たに参加した Digital Realty Trust は、サードパーティー・データセンター領域における世界最大のオペレーターである。  Frankovsky の発言によると、Open Compute デザインを採用する企業に対して、同社の  build-to-suit を適用していくアプローチの展開に、Digital Realty は興味を持っていると言った。

Missing from the dais were companies specializing in power, cooling and mechanical design – areas where Open Compute designs are being shared. “There is absolutely a role for the power and cooling vendors,” said Frankovsky. “I think that would probably be the next wave of contributions you would see.”

今回のステージに欠けていたものとして、電源/空調/機械などの設備に特化した企業があげられる、その領域でも、Open Compute デザインを共有できるはずである。 「電源と空調のベンダーにとって、絶対的な役割がある。その領域が、次にやってくるコントリビューションの波になると、私は考える」と、Frankovsky は発言している。

Will open hardware change the way data centers are designed and built? “We’re at a crossroads,” said Jimmy Pike, Chief Architect at Dell Data Center Solutions. “We’re at a time when we can work together and share knowledge to help things happen quickly.”

ハードウェアのオープン化が、データセンターの設計/構築における手法を変えていくだろうか? 「 私たちは、その岐路にいる。 いまは、協調していくべき時であり、また、素早く変化していく事柄への知識すべき時である」と、 Dell Data Center Solutions の Chief Architect である Jimmy Pike は、そう発言している。

ーーーーー

imageせっかく NY まで来て、Open Compute Summit に参加しながら、何ゆえに自分で書かずに Rich Miller さんの記事を訳すのか? まぁ、正直言って、Miller さんの情報収集力は図抜けていますので、そこに乗ることにしました。 これを読むまで、OCP と Google の関係など、いろいろと悩ましいことがあるのかと、余計な心配をしていたくらいなのですが、彼の人脈と裏取りにより、こういう記事に仕上がるのだと、そのすごさを再認識しています。 キーノートが終わって、のんびりとランチを食べていた Agile_Cat などとは異なり、その間も、Miller さんは取材を続けていたのです。 幸い、Agile_Cat とは良好な関係を維持していただいているので、ここは、文中にもあるように価値のある情報を再利用させていただくことにしました Smile そのほうが、皆さんにとっても、意味がありますものね!ーーー image @ NYC

ーーーーー

<関連>

Efficient Data Centers with the Open Compute Project
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の Open Compute Summit が開催される
VMware の Paul Maritz が、Facebook の特許問題を語る
Facebook の OPC と Open Data Center Alliance がコラボ?

 

 

OpenStack Design Summit Day-1 キーノートより

Posted in OpenStack by Agile Cat on April 28, 2011

どのような方向性が見出されるのか・・・・
OpenStack Conference and Design Summit -Day 1 Recap
Stephen Spector April 27th, 2011
http://www.openstack.org/blog/2011/04/openstack-conference-and-design-summit-day-1-recap/

The first day of the OpenStack event in Santa Clara, CA has finally ended (at least for me) and here are some event highlights as well as some great pictures taken by various community members.

  • Gordon Mangione of Citrix Systems talks about his keynote today – http://www.youtube.com/watch?v=ClGnuECnfFE
  • Attendance – Just over 400 people attended the event today
  • OpenStack Community donates $15,000 from event registration to Japanese Tsunami Relief Fund
  • Other Keynote Speakers – Jim Curry from Rackspace – Ryan Lane from Wikimedia – James Williams from NASA – Neal Sample from eBay
  • Nati Shalom from GigaSpaces – PaaS on OpenStack Slides- http://www.slideboom.com/presentations/344639/PaaS-on-OpenStack
  • All keynote sessions taped – anticipate posting videos and slides next week

まだ、情報も少なく(ただいま午後のセッション中)、午前中のキーノートの内容も、大まかなところしか分かりませんが、ちょっと気になるのが、Nati Shalom さんのスライド(クリックで拡大)です。 PPT のダウンロードが可能なので、ぜひ、参照して欲しいのが、3 枚目に書かれている、【 Anyone should be able to : Build their own PaaS in snap 】という一文です。

これらのスライドと、上記の一文にフォーカスすると、① PaaS は多様化すべきものである ② したがって、カスタムな PaaS をサッと作れるフレームワークが必要 ③ それが OpenStack のミッション ・・・ という流れに見えてきます。 明日以降の続報で、この辺りが明確に示されると良いなぁ、、、という感じです。

なお、昨夜にポストした【 OpenStack for Japan – Tシャツ 】ですが、、、

これ、Summit会場入口のレジストレーション窓口より手前のとても目立つ場所に窓口があるんですよ。Tシャツ買ってる人を見る度に手を合わせて拝みたくなります。ほんとにみんなありがとう! ーーー 川田大輔 さんより

、、、というレポートを、Facebook Agile_Cat Page に頂きました。 すでに、$15,000 もの支援金が集まったようで、とても 有り難く、また、嬉しい気分です。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit
Rackspace が、クラウド・ロード・バランサーを発表
CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?

東日本大震災の被災者の方々へ、OpenStack からのサポートが!

Posted in .Save Japan, OpenStack by Agile Cat on April 27, 2011

OpenStack Community Supports Japan Tsunami Relief Efforts
Stephen Spector
April 21st, 2011
http://www.openstack.org/blog/2011/04/openstack-community-supports-japan-tsunami-relief-efforts/

OpenStack is a global community, and contributors from Japan have been in our thoughts since the tragic earthquake and tsunami.  To show our support, at next week’s OpenStack Conference and Design Summit, we will be selling ‘OpenStack for Japan’ t-shirts benefiting the Red Cross.  The suggested minimum donation for a t-shirt is $25, and 100% of the proceeds will be donated to the charity organization. The limited-edition shirts were designed by popular cartoonist Hugh MacLeod (@gapingvoid).  Based on demand, we may also print and sell more shirts online after the event.

We look forward to the OpenStack community’s support in this effort next week in Santa Clara!

なかなかステキ(クリックで)拡大 ⇒ 

OpenStack はグローバルなコミュニティであり、日本での震災と津波による悲劇が起こって以来、その国からのコントリビューターたちのことを、ずっと気にかけている。  そこで、来週から始まる OpenStack Conference and Design Summit では(4月26日~29日)、私たちからのサポートとして、【 OpenStack for Japan – Tシャツ 】を販売し、その収益を赤十字に寄付することにした。  Tシャツに対する寄付金(対価)としては、最低でも 25ドルを設定し、その収益の100%が寄付されることになる。こその限定版の Tシャツは、人気の漫画家である  Hugh MacLeod (@gapingvoid) がデザインしたものだ。  希望に応じて、このシャツはプリントされ、今回のイベントが終了した後には、オンラインでも販売する予定だ。

来週に Santa Clara で開催される、この OpenStack コミュニティでの試みを楽しみにしている!

ーーーーー

いい話ですね!  世界から Santa Clara に集まる人々が、このシャツを買ってくれて、そのお金が東北の被災者の方々に届く。 素晴らしいです :)  この OpenStack Conference and Design Summit ですが、日本時間の今夜から始まります。 とても楽しみです!  あぁ~~~ ちなみに、すでに Santa Clara にご到着の ◯◯ さん。 オミヤゲが欲しくてのポストでは、ありませんよ~~~ __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit
Rackspace が、クラウド・ロード・バランサーを発表
CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?

Google データセンターのセキュリティ対策を Youtube で!

Posted in Data Center on Youtube, Google by Agile Cat on April 24, 2011

Video: Google’s Data Center Security
April 22nd, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/04/22/video-googles-data-center-security/

_ DC Knowledge

A look at the inside of a Google data center in South Carolina, showing tape storage modules.
クリックで拡大 ⇒

Google today released a video showcasing the security and data protection practices in its data centers, which includes some interesting footage from the company’s data center in South Carolina. Most of the tour focuses on physical security and access control, including the security gates and biometric tools (iris scanners, in this case). It also showcases Google’s methodology for wiping and destroying hard disk drives when they fail or are taken out of service, including an on-site disk shredder. At about the 4 minute mark there’s the briefest of glimpses of the data center area, which shows tape libraries. This video runs about 7 minutes.

今日にリリースされた、Google におけるセキュリティとデータ保護のプラクティスを紹介するビデオには、同社の South Carolina データセンターから提供された、いくつかの興味深い映像が含まれている。 このビデオ・ツアーの大半は、物理的セキュリティとアクセス制御にフォーカスしたものであり、防犯ゲートやバイオメトリック・ツール(虹彩スキャナー)も含まれている。そして更に、HDD が故障した際や、サービスで不要になったときの、削除や破壊することに関する Google の方法論が、ディスク・シュレッダーの用法も含めて紹介されている。 このビデオの 4分目あたりで垣間見えるテープ・ライブラリは、データセンター・エリアを紹介する中で最も短い。なお、こデオ全体は、約 7分の構成となっている。

Near the end of the video there’s a reference to Google’s use of additional security measures not shown in the video – which can only be a reference to the sharks with friggin’ laser beams on their heads. Here’s a look at some of the coverage from Google’s previous disclosures about its data centers at the 2009 Data Center Efficiency Summit:

このビデオの終わり近くで言及される、Google が新たに追加したセキュリー対策は撮影されていない。 それは、獰猛なサメの頭に当てる、レーザー光線というものらしい。 なお、2009年の Data Center Efficiency Summit で、Google が紹介した、いくつかの情報について、以下のリンクから参照して欲しい:

ーーーーー

一番最後の段落の、Shark の下りですが、あまりにも唐突で、この訳で良いのか悪いのか、わかりません。 Shark を悪党と解釈することもできるのですが、いくら悪党でも、いきなり頭にレーザー光線では、あまりにも可哀想なので、やはりサメ退治用の何か、、、なんだと思います。 それにしても、あの HDD シュレッダーはスゴイ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat 空撮隊 – 世界の Google データセンターを空から散歩
Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!
Facebook – 対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
データセンターのクラウド化を示す AFCOM の調査
Twitter が、新しいデータセンターへの移行を完了
日本でもコンテナ・データセンターが法律をクリアした!

 

数字で見る、2010 Web 2.0 Summit のポイント

Posted in .Chronicle, .Selected, Events, Research by Agile Cat on November 29, 2010

2010 Web 2.0 Summit: By the Numbers
Thursday, November 18, 2010
http://practicalquant.blogspot.com/2010/11/2010-web-20-summit-by-numbers.html

clip_image001[4]

I’ll let the pundits do the analysis and stick to factoids and statistics. Here’s a sampling of I what heard at the sessions I attended this week.

2010 Web Summit の個々のセッションにおいて、私が見聞きした分析などを、以下に記載する。

ーーーーー

Google CEO  Eric Schmidt :

  • AdMob serves 1 billion impressions daily
  • Google hires 200 people per week
  • Amount of video uploaded onto Youtube: 35 hours of video per minute
  • AdMob は、1日あたり 1 billion インプレッションを提供する
  • Google は 1週間あたり 200人を雇用している
  • Youtube へのアップロードとして、1分あたり 35時間分のビデオが送信される

Zynga CEO  Marc Pincus

  • Zynga currently has 1,300 employees
  • 320 million users have played a Zynga game
  • There are 650,000 same-sex marriages in Frontierville
  • On average there are 3 million peak concurrent users each day
  • On average 4 of your (social network) “friends” are playing a Zynga game with you
  • Zynga の従業員は 1,300人に達した
  • 320 million のユーザーが、Zynga のゲームで楽しんでいる
  • Frontierville には、650,000 人の同性結婚者が住んでいる
  • 毎日のピークタイムには、3 million のユーザーがログインしている
  • ソーシャル・ネットワーク・ユーザーの、4人に1人は Zynga のユーザーである

Chief Globablization Officer at Cisco,  Wim Elfrink

  • By 2020 there will be 1 trillion connected devices
  • 700 million people will move to urban centers over the next decade
  • A math tutor in South Korea  earns 4 million U.S. dollars per year
  • 2020年までに、1 trillion のデバイスが接続される
  • 次の10年間に、700 million の人々が urban center に移住する
  • 韓国の数学家庭教師は、年間に $4 million を稼ぐ

image

Baidu CEO,  Robin Li

  • There are  a mere 420 million internet users in China, so there is still quite a bit of growth available. Broadband access is even lower.
  • 99% of Chinese internet users are Baidu users
  • 100 million questions have been posed and answered on Baidu’s Q&A service (Baidu Notes).
  • There are 800 million mobile phone users in China
  • There are 150 million mobile internet users in China, most use 2G phones which are slow and have expensive data plans
  • China のインターネット・ユーザーは 420 million に過ぎないが、大きな成長が見込まれる。
  • 99% の中国人インターネット・ユーザーは、Baidu のユーザーでもある
  • Baidu の Q&A には、100 million の質問と回答が蓄積されている
  • Chinaには、800 million のモバイルフォン・ユーザーがいる
  • Chinaには、150 million のモバイルフォン・インターネット・ユーザーがいるが、その大半が高額の 2G を使っている

Yahoo! CEO  Carol Bartz

  • Yahoo! serves 18 billion ads daily
  • On any given month 600 million people land on a Yahoo! domain
  • Yahoo! serves 6 million different versions of its homepage each day. Machine-learning is used to match users to an optimal home page.
  • Yahoo が提供する1日あたりの広告は 18 billion
  • 毎月のように、600 million の人々が Yahoo ドメインを取得する
  • Yahoo は毎日のように、6 million 種類のホームページを提供する。

Facebook CEO  Mark Zuckerberg

  • On any given day  50% of active Facebook members use the service
  • 200 million access Facebook with mobile devices
  • Zuckerberg’s Ratio to measure the speed and agility of the company: Ratio of active users (500+ million) to engineers (a few hundred) remains over a million users per engineer. 
  • 毎日のように、Facebook ユーザーの 50% が何らかのサービスを使用する
  • 200 million のユーザーが、モバイルから Facebook にアクセスする
  • Zuckerberg の分析によると、1人のエンジニアが、1 million のユーザーに対応することになる

Automattic CEO  Toni Schneider

  • There are over 30 million web sites that run on WordPress software; 50% of such sites are hosted on wordpress.com
  • 8.5% of all internet sites run on WordPress software
  • Growth is accelerating: in recent months, over a million WordPress sites were created monthly.
  • The sites hosted on wordpress.com attract 250 million visitors each month, one of the largest audiences online.
  • The company only has 72 employees, reminiscent of  another small company, high-traffic site based in SF .
  • As of 2010, 22% of content published on wordpress.com is published/posted from a mobile device
  • Domain name registration is the fastest-selling upgrade on wordpress.com: for 2010,  they are on track to sell 60,000 domain registrations.
  • The rise of Social Media Optimization (below are some web sites and the share of their traffic that come from a given social media site):
    • GigaOM => 30% of traffic comes from T witter
    • Bandcamp => traffic from Facebook surpasses traffic Google
    • wordpress.com => Ratio of (traffic coming from social)/ ((traffic coming from search) has gone from 3% to 15%, a fivefold increase.
    • In general, Automattic is seeing that traffic from Google continues to grow, but traffic from social sites is growing faster.

 

  • 30 million の Web サイトが WordPress を利用し、その 50% が wordpress.com でホストされる
  • 全インターネットの 8.5% が、Wordpress を利用している
  • 最近では、毎月のように 1 million のサイトが WordPress で構築される
  • wordpress.com には、毎月 250 million のビジターがある
  • 従業員は 72 名に過ぎない another small company, high-traffic site based in SF
  • 2010 年以降としては、wordpress.com の 22% がモバイルからアクセスされている
  • 2010 には wordpress.com で、60,000 のドメインが販売された
  • Social Media Optimization が増えている (以下のような、他サイトとの連携がある):
    • GigaOM => 30% のトラフィックが、Twitter から来る
    • Bandcamp => Facebook からのトラフィックが、Google を超えた
    • wordpress.com => social からのトラフィックが、3% から 15% に伸びた
    • 全体的に見て、Google からのトラフィックは伸びているが、social からのトラフィックが急増している

Linkedin CEO  Jeff Weiner

  • Linkedin currently has 85 million members
  • It took 477 days to add their first million members, it took just nine days to add their most recent million
  • Linkedin adds 1 new member per second: half of all new members are based outside the U.S.
  • Close to 60 million unique visitors per month
  • John Battel le asked Weiner who he considered to be direct competitors and he somehow  forgotto mention two  other large professional networking sites: Xing and Viadeo .
  • Linkedin には 85 million のメンバーがいる
  • 1 milliion にいたるまでに477日を要したが、いまでは 9日ごとに 1 milliion が増える
  • 毎秒、新しいメンバーが加わるが、その半分が US 以外の国からとなる
  • 毎月、60 million 程度のユニーク・ビジターがいる
  • John Battelle に対して、ライバルはと尋ねたら、 other large professional networking sites: Xing and Viadeo

Susan Wojcicki of Google

  • 30X growth in mobile “shopping” queries
  • モバイルでの  “shopping” クエリーは、30倍に成長した

ーーーーー

すごい ラフ訳ですが、ポイントは数字なので、ご容赦くださいね! それにしても、面白いサイトがあるものです ーーー A.C.

ーーーーー

<関連
Facebook は オープン性を重視する – Zuckerberg が Web 2.0 Summit で語る
Web 2.0 Summit 2010 での Internet Trends のマトメ

Web 2.0 Summit 2010 での Internet Trends のマトメ

Posted in Events, Research, Web Scale by Agile Cat on November 20, 2010

Web 2.0 Summit 2010: Mary Meeker, “Internet Trends”
http://www.youtube.com/watch?v=7yL9yrttESI&feature=related

なんの注釈も付けませんが、上記の Mary Meeker さんの Youtube から抜き出した、印象的なグラフなどを以下に並べておきます。 なお、Youtube 自体も 20分弱の短いものですので、お時間があったら、ぜひ 動画で ご覧ください。ーーー A.C.

ーーーーー

 

 

image Question Focus Areas

1) Globality
2) Mobile
3) Social Ecosystems
4) Advertising
5) Commerce
6) Media
7) Company Leadership Evolution
8) Steve Jobs
9) Ferocious Pace of Change in Tech
10) Closing Thoughts

1) Globality

image

2) Mobile

image

image

image

3) Social Ecosystems

image

4) Advertising

image

image

5) Commerce

image

6) Media

image

image

7) Company Leadership Evolution

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8) Steve Jobs

image

9) Ferocious Pace of Change in Tech

image

image

10) Closing Thoughts

image

image

ーーーーー

インターネットの成長と、その中でも、モバイルの成長が著しい状況が分かります。 来年以降も、この傾向がさらに強まってくるのでしょうね。 まぁ、今年も、いろいろあったけど、皆さん おおむね幸せそう、、、という最後の一枚がイイですね! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
インターネットは、この 10年間で、どれだけ成長したのか?
Facebook のトラフィックが急増 – 4ヶ月で 14% の伸び
Google Search に独占される iPhone で、Apple は打開策を見いだせるのか?
iPad を PC の一部として計算すると、とてつもない地殻変動が見えてくる

%d bloggers like this: