Agile Cat — in the cloud

Amazon は Storage Gateway で オンプレミス を吸い上げる

Posted in .Selected, Amazon, Storage by Agile Cat on April 15, 2013

Amazon takes another step to suck up more enterprise data
http://wp.me/pwo1E-5Yt

By
Barb Darrow – Apr. 12, 2013
http://gigaom.com/2013/04/12/amazon-takes-another-step-to-suck-up-more-enterprise-data/

_ Gigaom

Summary: Amazon Storage Gateway can now run in Microsoft Hyper-V as well as VMware ESXi (and of course Amazon EC2) environments. Welcome to the world of blurred boundaries.

Summary: Amazon Storage Gateway は、Microsoft の Hyper-V だけではなく、VMware ESXi の環境でも実行できる(もちろん Amazon EC2 も)。 ようこそ、あいまいな境界線の世界へ。

ーーーーー

Face it, for all the drama around Microsoft’s recent travails, it owns a good chunk of today’s enterprise. I would wager even most Google Apps shop also run Microsoft Office, for example. And then there’s the tons of corporate data living in Windows-centric IT shops– in SQL Server and SharePoint. That’s why Amazon, in its push to draw more enterprise customers, had to make sure the Amazon Storage Gateway will  run in Microsoft Hyper-v virtualized shops. Which it now does.

それを直視しなければならない。 つまり、最近の Microsoft の周辺に漂う苦悩のドラマであり、いまのエンタープライズの大多数が共有する問題でもある。たとえば、大半の Google Apps ショップが、Microsoft Office も運用してい可能性に、私は賭けてもよい。そして、Windows セントリックな IT ショップや、SQL Server と SharePoint には、膨大な量の企業データが蓄積されている。したがって Amazon は、エンタープライズ顧客の取り込みをプッシュする過程において、Microsoft Hyper-V の仮想化ショップの中で、 Amazon Storage Gateway が動作することを確認しなければない。 そのタイミングが、まさに、いまなのだ。

The news, released on the AWS blog, means the year-old storage gateway — a key bridge between in-house company data and Amazon’s cloud — already supported VMware’s popular ESXi hypervisor. As the AWS blog explains, the gateway:

AWS Blog でリリースされたニュースは、登場から 1年を経過したストレージ・ゲートウェイは、インハウスのデータと Amazon クラウドを結ぶ重要なブリッジであり、人気の VMware ESXi ハイパーバイザーも、すでにサポートしていると説明している:

Image(17)” … combines a software appliance (a virtual machine image that installs in your on-premises IT environment) and Amazon S3 storage. You can use the Storage Gateway to support several different file sharing, backup, and disaster recovery use cases. For example, you can use the Storage Gateway to host your company’s home directory files in Amazon S3 while keeping copies of recently accessed files on-premises for fast access. This minimizes the need to scale your local storage infrastructure.”

・・・ ソフトウェアア・プライアンス(オンプレミス IT 環境でインストールした仮想マシン・イメージ)と、Amazon S3 ストレージを組み合わせる。会社のホームディレクトリのファイルを Amazon S3 にホストするために、Storage Gateway を使用できるが、最近アクセスされたファイルのコピーをオンプレミスに保持しながら、高速でのアクセスも実現できる。そうすることで、ローカル・ストレージ・インフラスを、拡張していく必要性を最小限に抑えることができる。

If companies are to trust more of their data to a cloud — any cloud — they need to see that pumping their data in and out of it is: a) easy as pie; b) secure.  That’s the reason Microsoft  snapped up StorSimple last October. And that’s the idea behind such slick services as Nasuni and Panzura. Face it, it’s in Amazon’s best interest to blur the line between in-house data and data that lives in its cloud — and that’s the idea behind the storage gateway.

企業がクラウドにデータを置くという方式が、もっと信頼されるようになるなら、それらのデータを簡単かつ安全に、任意のクラウド間でやり取りするための方式を、確認する必要が生じてくる。昨年の 10月に Microsoft が、StorSimple に飛びつい理由が、そこにある。そして、それは、Nasuni Panzura などの、器用なサービスの背景となる発想である。 Amazon の最大の関心事は、社内データとクラウド・データを隔てるラインを、曖昧にするところにある。 そこに注目すべきだ。 そして、すべてのアイデアは、Storage Gateway の背後に隠されている。

Related research

ーーーーー

imageついに、オンプレミスからのクラウド移行を、強烈に推進していくサービスの登場です。先日に 『Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?』というポストで、Amazon AWS におけるサービスが、広範囲におよびつつあることをお伝えしましたが、この Storage Gateway も、その適用範囲が、ものすごく広そうですね。 クラウド・シフトが、ますます加速していきます。image

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる

AWS S3 にストアされる Object が [ 1兆 ] を超えた

Posted in .Selected, Amazon, Research, Storage by Agile Cat on July 12, 2012

AWS now stores 1 trillion objects in S3
http://wp.me/pwo1E-4qo
By
Derrick Harris Jun. 12, 2012
http://gigaom.com/cloud/aws-now-stores-1-trillion-objects-in-s3/

image

Amazon Web Services’ Simple Storage Service (S3) now hosts more than a trillion — yes, a trillion — objects for its cloud computing customers, proving once again that AWS is the king of the cloud.

Amazon Web Services の Simple Storage Service Service(S3)だが、ホストとしているオブジェクトの数が、ついに1兆を超えた。 Yes、1 Trillion である。 それらのオブジェクトは、そのクラウド・ユーザーたちからのものであり、AWS が Cloud King であることが、あらためて証明された。

To get a concept of how big a trillion is, Amazon’s Jeff Barr in a blog post announcing the new peak calls on the following examples: “That’s 142 objects for every person on Planet Earth or 3.3 objects for every star in our Galaxy. If you could count one object per second it would take you 31,710 years to count them all.” I recently heard TED founder Richard Saul Wurman discuss the national debt by noting that in order to reach a trillion-dollar debt, you’d have to lose $1 million a day every day for about 2,739 years.

1兆という規模を把握しやすくするために、Amazon の Jeff Barr はブログ・ポストを介して、以下の事例における新しい Peak Call を説明している。「それは、地球上のすべての人々が、142 オブジェクトを所有するに等しく、また、銀河の星々で数えると、1つの星あたり 3.3 オブジェクトとなる。 もし、1つのオブジェクトを数えるために 1秒を要するなら、すべてを数え終えるまでに 31,710年を必要とする」。 つい先日、TED の Founder である Richard Saul Wurman が、国家の負債が 1兆ドルに達すると注意を促していたが、1日あたり 100万ドルを浪費しても、1兆ドルに至るには 2,739年もかかる。

So, yeah, Amazon S3 is a wildly successful cloud storage service attached to a wildly successful cloud computing platform overall. As more big data services use S3 as the storage layer — off the top of my head, I can think of several Hadoop services alone that do  – it’s just going to keep growing beyond the degree to which web applications alone would force it to scale. Although, S3 does

そう、つまり、Amazon S3 とは、とんでもなく成功したクラウド・コンピューティング・プラットフォームにアタッチされた、やたら大成功を収めたたクラウド・ストレージ・サービスなのである。 さらに、Big Data サービスがストレージ・レイヤーとして S3 を使うにつれて(あまり深く考えることなく、いくつかの Hadoop サービスを思い浮かべてしまうが) 、単なる Web アプリケーションがスケールしていくレベルを超えて、このストレージは成長し続けるだろう。

For a bit of perspective on its rate of growth, consider the following: As of October, it was hosting 566 billion objects, growing to 762 billion in January and 905 billion in April. According to Barr, “Lately, we’ve seen the object count grow by up to 3.5 billion objects in a single day (that’s over 40,000 new objects per second).”

その成長率に関して、ちょっとだけ、以下のように考えて欲しい。 つまり、昨年 10月の段階で、5660億のオブジェクトがホストされていた。 それが、1月には 7620億になり、4月には 9050億へと成長してきた。 Barr は、「 先日に確認したことだが、1日あたり 35億オブジェクト(毎秒 40,000 のオブジェクト)が増えている計算になる」と、説明している。  

How soon until we hit the quadrillion mark?

1000兆に達するのに、どれほどの時間を要するのだろう?

Feature image courtesy of Shutterstock user Slavoljub Pantelic.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

image以下の<関連>を見て頂ければ分かりますが、これまでも Amazon は、その規模を説明するツールとして、S3 にストアされる Object の数を用いてきました。 二番手に来るはずの Rackspace とは、どのくらいの差があるのでしょう? その他 もろろもろのクラウドとは、どのような比率になるのでしょう? でも、Amazon が、この手法を用いる限り、他のクラウドは、この数字を絶対に公表しないだろうと、最近は、そのように思えてきました。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Amazon S3 にストアされる Object が [1兆 ] に近づいている
Amazon S3 にストアされるオブジェクトは、4490 億を数える
Amazon S3 のオブジェクト数が 2620 億個に!
Amazon S3 は 1000億のオブジェクトをホストする
Amazon S3 は 1年で3倍に成長
ーーーーー
Amazon AWS は、いったい どれくらい儲かっているのか?

 

Amazon と Eucalyptus が提携 – Hybrid を超える Hybrid を!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on March 23, 2012

Amazon, Eucalyptus team up for just don’t call it a hybrid cloud
http://wp.me/pwo1E-43c
By
Om Malik Mar. 22, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-eucalyptus-partner-for-enterprise-cloud-just-dont-call-it-a-hybrid/

_ Gigaom

On paper it looks like one of those strategic agreements that large companies sign with small startups. But if you look close enough, you will find that by forging a partnership with information as a service (IaaS) provider, Eucalyptus Systems, Amazon.com’s web services division is making a masterful move to dominate the cloud market. As part of the agreement, Amazon will allow Eucalyptus to use Amazon’s API to connect Amazon cloud services with the private clouds set up by large companies.

書類の上では、大企業が小さなスタートアップと、戦略的な契約を交わすように見える。 しかし、じっくりと観察すると、Information as a Service(IaaS)プロバイダである Eucalyptus Systems との協力関係を築くことで、クラウド・マーケットの支配へ向けて Amazon.com の Web サービス部門が、見事に機能していることに気付くだろう。Amazon は、この契約の一部として、大手企業が準備してきたプライベート・クラウドと、Amazon クラウドサービスを接続するための API を、Eucalyptus から利用できるようにする。

From the press release:

以下は、プレスリリースの文面である:

….an agreement that enables customers to more efficiently migrate workloads between their existing data centers and AWS while using the same management tools and skills across both environments. As part of this agreement, AWS will support Eucalyptus as they continue to extend compatibility with AWS APIs and customer use cases. Customers can run applications in their existing datacenters that are compatible with popular Amazon Web Services such as Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) and Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

この契約により実現されるのは、既存のデータセンターと AWS の間での、顧客による効率のよいワークロード・マイグレーションであり、また、双方の環境全体で利用可能なマネージメントのツールとスキルである。さらに、この契約の一部として、AWS API との互換性や顧客のユースケースを、Eucalyptus が継続して拡張できるよう、AWS はサポートしていくだろう。 たとえば、Amazon Web Services における、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)や Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)などと、互換性のある既存データセンター内で、顧客はアプリケーションを実行できるようになる。

Marten Mickos - CEO, Eucalyptus Systems - Future of Cloud panel at Structure 2011Marten Mickos, CEO, Eucalyptus Systems
@ the Future of Cloud panel at Structure 2011.

Eucalyptus CEO Marten Mickos, who happened to be in New York, met with me briefly (I am at our Structure: Data conference) and the beaming smile on this said it all. It was clearly a big shot in the arm for his company that has started to face competition from many quarters including  the OpenStack companies.

たまたま New York にいた、Eucalyptus の CEO である Marten Mickos は、Structure 2011 の Data カンファレンスに出席していた私と、短い時間だが話すことになった。 そして、この一部始終を歓迎しているようであった。 このところ、OpenStack をサポートする企業群との戦いに直面するようになった Eucalyptus にとって、それは、まさに、ビッグ・ショットである。

While the idea of a hybrid cloud — one that marries public clouds such as AWS with private or company-owned clouds – has gained popularity, Amazon has been steadfast in its views on what it deems to be the cloud. The Seattle-based retailer believes that cloud is essentially what it sells as S3, EC2 and other related services.

ハイブリッド・クラウド(プライベート・クラウドもしくはインターナル・クラウドと、AWS などのパブリック・クラウドとの結婚)という発想が人気を得ている一方で、これまで Amazon は、それがクラウドにもたらす意味に対して忠実であった。この、Seattle base のリテーラーは、S3/EC2 および関連サービスの販売に、クラウドの本質があると信じている。

However, Amazon might be softening its stance in small doses. In January,  the company announced Storage Gateway, a way to fuse on-premise storage with its S3 service. A month later, the company announced Simple Workflow Service (SWF) that blurred the boundaries between applications that ran on internal clouds and Amazon’s public cloud.

しかし Amazon は、ひと握りのスモール・パートナーに対して、門戸を開こうとしているのだろう。 この 1月には、オンプレミスのストレージと S3 サービスを融合する、Storage Gateway を発表している。その 1ヶ月後には、インターナル・クラウドと Amazon パブリック・クラウドをまたいで走る、アプリケーション間の境界線をぼかす Simple Workflow Service(SWF)を発表した。

When asked if this was a tactical admission that Amazon needs a hybrid cloud option, Kay Kinton, a company spokesperson denied that but added that is is recognition that the

それは、ハイブリッド・クラウドという選択肢を、Amazon が必要するという戦略的な肯定なのかと尋ねたとき、同社のスポークスマンである Kay Kinton は否定したが、彼の認識を以下のように付け加えた。

integration between on-premises infrastructure and the AWS cloud is a use case that’s important to some of our customers. In addition to this integration with Eucalyptus, we’ve steadily been releasing other features that enable this integration between on-premises infrastructure and AWS, including Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC), DirectConnect, and our Identity and Access Management service that many customers integrate to their on-premise identity systems.”

オンプレミスのインフラストラクチャと、AWS クラウドの統合は、私たちの顧客における、いくつかの重要なユースケースになっている。 Eucalyptus とインテグレーションに加えて、オンプレミスのインフラと AWS を統合するための、いくつかの機能が着実にリリースされている。 そこには、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)/DirectConnect/Identity and Access Management などが含まれ、数多くの顧客が使用してきた ID との統合を可能にしている。

imageIt seems that large companies are increasingly asking more from Amazon about ways to merge their infrastructures. When I asked if an all-public cloud option was over for large enterprises, an Kinton wrote back in an email:

大手企業の傾向として、そのインフラストラクチャを統合する方式について、Amazon に尋ねてくる機会が増えているように思われる。そして、エンタープライズのための、パブリック・クラウド・オプションは、この辺りで出尽くしたかと尋ねると、Kinton から電子メールが届いた:

Not at all and we believe that over time, most enterprises will not run their own datacenters and those that do will have a much smaller footprint. That said, many enterprises today have legacy applications and a good deal of investment in those legacy applications. This type of arrangement provides the added flexibility to more freely move workloads between those existing IT environments and AWS.

そんなふうには、まったく思っていない。長い時間をかけて、大半のエンタープライズは、自身でデータセンターを動かさなくなり、そのフットプリントを小さくすると信じている。 それは、そうとして、数多くのエンタープライズは、レガシー・アプリケーションを引きずり、そこに多大な投資を行なっているところに現状がある。このタイプの整理は、それらの既存 IT 環境と AWS の間で、ワークロードを自由に移動させるという点で、さらなる柔軟性を提供する。

Amazon says that “a typical scenario for using this service could be a corporation that uses AWS for disaster recovery and who will need to move workloads between AWS and Eucalyptus frequently for testing purposes.” Other scenarios include companies tapping AWS infrastructure in case of spike in demand for an application that resides on Eucalyptus.

Amazon が言うには、「このサービスを用いる典型的なシナリオは、DR のために AWS を使う企業のためのものとなり、また、彼らはテストを目的として、AWS と Eucalyptus 間で、頻繁にワークロードを移行しなければならない企業も、その中には含まれる」とのことだ。 その他のシナリオとしては、Eucalyptus 上のアプリケーションに、オンデマンドでピークが発生するケースが考えられ、そのときに AWS インフラを利用することになる。

The new agreement doesn’t impact cloud management console makers such as RightScale since ”the management system built around AWS is actually assisted by having another compatible implementation of the AWS APIs.”

この新しい協定は、RightScale のような、クラウド・マネージメント・コンソール・メーカーに影響を与えない。なぜなら、「AWS の周辺に構築されたマネージメント・システムは、別の AWS API と互換性のある実装を施すことで、アシストされるといいう形態になっている」からだ。

When I think about the news, the message is pretty clear: Amazon will do whatever it takes to keep growing its lead in the “cloud” market, even if it means partnering with private cloud providers such as Eucalyptus.

このニュースについて考えると、そのメッセージは、かなり明確であることに気づく。たとえ、それが、Eucalyptus のようなプラベート・クラウド・プロバイダとの提携であっても、クラウド・マーケットでのリードを広げるためなら、Amazon は何でもやるということだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG index言われてみれば、こうなって当たり前なのかもしれません。 この記事にも書かれているように、Eucalyptus としては渡りに船なのかもしれません。 しかし、Amazon からみれば、自らの行動を制約する部分もあるはずであり、それだけ、危機感を持っていることの現れだと思います。 これからも、こうした提携や、垂直統合が進んでいくのでしょうね。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Microsoft も価格を引き下げ! バーガー戦争時代に突入するクラウド・ストレージ
Google のたまわく、Amazon だけにクラウド価格破壊はさせない!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!

 

Amazon の ワークフロー・サービス とは?

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid by Agile Cat on March 8, 2012

Amazon queues up new workflow service
http://wp.me/pwo1E-3ZO
By
Barb Darrow Feb. 22, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-queues-up-new-workflow-service/

_ Gigaom

Amazon Web Services says its new Simple Workflow Service (SWF) will run applications that are distributed between customer sites and Amazon’s cloud infrastructure, further blurring the line between the customer’s data center and their chosen cloud.

Amazon Web Services が言うには、新しく開発された Simple Workflow Service(SWF)により、顧客のサイトと Amazon のクラウド・インフラストラクチャに分散されたアプリケーションが、協調して実行されることになる。そして更に、顧客のデータセンターと、顧客が選んだクラウドの境界線が、曖昧でも構わないことになる。

Amazon CTO Werner Vogels ⇒

Amazon, the leader in public cloud infrastructure, appears intent on erasing the line between applications customers run in-house and those “out in the cloud.” The ability to run some workloads (or put some data) in the AWS cloud is important for many businesses that want to save money. But many also balk at putting their mission-critical work outside their own firewalls into a public cloud. If Amazon makes it easier for them to run distributed applications securely across internal and outside infrastructure, AWS stands to gain.

パブリック・クラウド・インフラストラクチャのリーダーである Amazon は、いわゆるインハウスと「クラウドに出ている」部分で実行される、顧客のアプリケーション群を隔てるラインを消し去ってしまおうと、懸命になっているように見える。 AWS クラウドでワークロドをの一部を実行する(あるいはデータを置く)能力は、支出を抑えたいと望む数多くの企業にとって重要である。 しかし、それらの企業の多くが、自身のファイヤ・ウォールの外側での、つまりパブリッ・ククラウドでの、ミッション・クリティカルなワークロード実行を、躊躇しているのも事実である。 もし Amazon が、インハウスとクラウドのインフラストラクチャをまたいだ分散アプリケーションを、これまで以上に容易かつ安全に実行できるなら、 AWS は利益を得る側の立場にある。

Orchestrating workflow is an important concern in enterprise applications. As Amazon CTO Werner Vogels said in his blog, many applications now rely on asynchronous and distributed processing to achieve scale.

ワークフローのオーケストレーションは、エンタープライズ・アプリケーションにおける重要な関心事である。いまでは数多くのアプリケーションがスケールを達成するために、非同期/分散の処理に依存していると、 Werner Vogels は自身のブログで、Amazon の CTO として発言している。

By designing autonomous distributed components, developers get the flexibility to deploy and scale out parts of the application independently as load increases. The asynchronous and distributed model has the benefits of loose coupling and selective scalability, but it also creates new challenges. Application developers must coordinate multiple distributed components to get the desired results.

自律分散型のコンポーネントをデザインすることで、デベロッパーは負荷の増大に応じて、アプリケーションの一部をディプロイ/スケールアウトするための、フレキシビリティを得ることになる。 この非同期/分散型のモデルは、疎結合とスケーラビリティに関する本質的なメリットを提供するが、その一方で新しいチャレンジをもたらす。 つまり、アプリケーション・デベロッパーが期待どおりの結果を手に入れる場合には、随所に分散されたコンポーネントを調整する必要性が生じてくる。

_ AmazonVogels went on to say that SWF, which appears to be a much more complex tool than the company’s existing Simple Queue Service, relies on a “decider” process  in which tasks represent logical units of work, which can be executable code, scripts, web service calls and human actions. Developers, he wrote, will have full control over implementing and orchestrating these tasks but won’t have to worry about underlying complexities such as tracking their progress and keeping their state.

Vogels が SWF(Simple Workflow Service )について言い続けてきたのは、同社における既存の Simple Queue Service と比べて、ずっと複雑なツールになっていることだと思われる。それは、実行コード/スクリプト/Web サービス・サービス/ヒューマン・アクションなどのケースとなり得る、論理的な作業ユニットを表現するタスク内の、「decider」プロセスに依存するものとなる。 彼の記述によると、デベロッパーは、それらのタスクに関する実装とオーケストレーションを、完全に制御することになるが、その進捗のトラッキングやステートの保持といった、基礎をなす複雑さについては、心配しなくても構わなくなる。

In his post on the Amazon Web Services blog, evangelist Jeff  Barr said:

This new service gives you the ability to build and run distributed, fault-tolerant applications that span multiple systems (cloud-based, on-premise or both). Amazon Simple Workflow coordinates the flow of synchronous or asynchronous tasks (logical application steps) so that you can focus on your business and your application instead of having to worry about the infrastructure.

Amazon Web Services のエバンジェリストである Jeff  Barr は、自身のブログで以下のように発言している:

この新しいサービスにより、フォールト・トレラントな分散アプリケーションを構築/実行する能力が、マルチ・システム(クラウド/オンプレミス/ハイブリッドにおいて)をまたいだ形で達成される。 Amazon Simple Workflow が、同期と非同期のタスク(論理的なアプリケーション・ステップ)のフローを調整することになる。したがって、インフラストラクチャのことを心配する代わりに、ビジネスとアプリケーションにフォーカスできる。

SWF will feed into Amazon’s Management Console and will give developers a view into each step of application execution, according to Vogels. SWF will retain the history of executions for a period determined by the developer, up to 90 days.

Vogels によると、SWF は Amazon の Management Console に取り込まれ、実行されるアプリケーションの、個々のステップに関するビューをデベロッパーに提供するという。 デベロッパーが指定すれば、最長で 90日間にわたり、SWF は実行ヒストリーを保持できる。

This is just the latest Amazon service to blur what was once a fairly clear line between a customer’s own data center and Amazon’s public cloud.  In late January, Amazon introduced its Storage Gateway that, as my colleague Derrick Harris reported at the time, lets companies upload data to Amazon’s cloud-storage services directly from their on-premise storage systems. That happened just a week after it unveiled its DynamicsDB NoSQL database.

それは、顧客のデータセンターと Amazon のパブリック・クラウドの間を、ハッキリと分け隔てていたラインを霞ませるために、Amazon が準備してきた最新のサービスである。  私の同僚である Derrick Harris がレポートしたように、Amazon は1月下旬に Storage Gatewayを導入した。 それにより、顧客企業は、Amazon のクラウド・ストレージ・サービスへ向けて、自身のオンプレミス・システムからダイレクトに、データをアップロードできるようになった。 そして、DynamicsDB NoSQL データベースを公表した 1週間後に、今回の SWF に関する発表があった。

クリックで拡大 ⇒ 

The news is not a complete surprise. TechCrunch wrote about the proposed service earlier this month.

ただし、このニュースは、完全なサプライズというわけではない。 2月の初めに TechCrunch は、このサービスが提示されたと報道している。

All of this sounds great, but it likely will take some time for enterprise developers to truly get on board with all that AWS is presenting them in terms of new architectures. One thing is clear: Amazon’s attempt to be an enterprise application platform is ambitious indeed.

その全てが素晴らしく聞こえるが、新しいアーキテクチャという観点で AWS が提供する、すべての事柄をエンタープライズ・デベロッパーが理解するには、若干の時間を必要とするだろう。 そして、1つの明確になったことがある。 それは、エンタープライズのための、アプリケーション・プラットホームであろうとする Amazon の試みが、きわめて意欲的なものだという事実である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

ーーーーー

TAG indexついに、AWS にワークフローが出てきましたね。 どうしてもパブリック・クラウドには重要なデータを置くことができないという、エンタープライズ・システムにとって、ハイブリッドとワークフローのサポートは必須だと思いますが、そこにフォーカスした戦略を着実に展開しています。 強いですね AWS は。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!
Amazon DynamoDB の 超弩級 クラウド NoSQL 感覚 by James Hamilton
クラウド・ストレージ の性能 – チャンピオンは Amazon S3 と Microsoft Azure
Amazon の CC2 インスタンスは、クラウド・スーパー・コンピュータなのです!
クラウドで Big Data をハンドリングする 6 社の事例
Vyatta Network OS が Amazon AWS で利用可能に!

 

%d bloggers like this: