Agile Cat — in the cloud

タブレット市場の成長は、ここで止まってしまうのか:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on May 15, 2014

The Tablet Market Cooled Down in the First Quarter
http://wp.me/pwo1E-7uV

Niall McCarthy , April 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2194/the-tablet-market-cooled-down-in-the-first-quarter/

_ Statista

The global tablet market cooled down in the first quarter of 2014. Even though Apple shipped 16.4 million tablets, this was still 16% down on the year before.

世界のタブレット市場は、2014年 Q1 においてクールダウンしている。 Apple が 16.4 Million のタブレットを出荷しているが、それにしても、前年比で 16% のダウンである。

 

_  space

Between 2012 and 2013, Android tablet sales quadrupled, an explosive pace of growth which has proven difficult to maintain. Nevertheless, an impressive 37.9 million Android powered tablets were shipped in Q1 2014.

また、Android は 2012年から 2013年にかけて 4倍の伸びをみせたが、そのような爆発的な成長を維持するのは困難だ。ただ、それにしても、2014年 Q1 だけで、Android パワーのタブレットは、37.9 Million も出荷されてはいるのだ。

ーーーーー

TAG index売れるには、売れているのですが、ちょっと息切れしてきた感じがあります。 この、2014年 Q1 の、iOS と Android を合算すると 5000万台強です。したがって、今年のタブレット販売台数は、2.5億〜3億台前後になるのでしょうか? PC は 3億台くらいで、スマホは 6億〜7億台くらいという感じもします。 年末に、それぞれのカテゴリは、どのような数字を弾き出すのでしょうか? いまから楽しみですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている
タブレットの利用率 : iPad が 84% を占めるという調査の結果とは?
タブレット・シェア 下克上:Android 57% vs iOS 40%
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場
2013年 Android/iOS アプリ・ダウンロード予測:スマホ 560億回! タブレット 140億回!

Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/この秋に発売し、年末までに 6500万台を販売!

Posted in .Selected, Apple, Asia, Wearable by Agile Cat on April 9, 2014

Rumor: Quanta to build 65M Apple "iWatch" units in first year, Q3 2014 release expected
http://wp.me/pwo1E-7og
April 08, 2014 – By AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/04/08/rumor-quanta-to-build-65m-apple-iwatch-units-in-first-year-q3-2014-release-expected

_ apple insider

A suspect new report out of China claims to have a great deal of specifics on Apple’s rumored "iWatch," namely that it will debut in the third quarter of this year and will include advanced sensors to detect a user’s heart rate and blood pressure, among other things.

推測の域を出ないが、China からの新しいレポートが、ウワサの Apple iWatch に関して、かなり具体的な情報を提供している。 それによると、デビューは今年の Q3 とされ、ユーザーの心拍数や血圧を検出する、高度なセンサーの実装が特徴とされる。

The sketchily specific details from China’s Economic Daily News, reported on Tuesday, claim that the supply chain for the device was recently finalized. The report states that Taiwan’s Quanta Computer has received an exclusive contract to build the device, with 65 million units expected to be built in the first year of availability.

China の Economic Daily News が、火曜日(4/8)に報じた概要では、このデバイスのためのサプライチェーンが、最近になって確定したと述べてられている。具体的にいうと、Taiwan の Quanta Computer が、このデバイスを製造する独占契約を取得し、初年度に 6500万台を生産すると予測している。

iWatch Concept
by Todd Hamilton

The report goes on to say that the so-called "iWatch" will sport custom chips designed in-house by Apple but that some of them will be built at Samsung’s foundry, suggesting the company will continue to rely on its fierce rival for silicon.

さらに、このレポートは iWatch について、Apple 自身がデザインしたカスタムチップにサポートされるが、その中のいくつかは Samsung  により製造されるとしている。つまり、同社は、シリコンの世界で競う強力なライバルに、依存し続けることになる。

It’s claimed that Foxconn and Inventec were also in the running for assembly orders with the rumored "iWatch," but Quanta secured the exclusive contract. Other Taiwanese companies are said to supply the main assembly, touchscreen controls, and some integrated circuit and printed circuit boards for the final product.

また、この iWatch に関するウワサは、Foxconn と Inventec がアセンブリーを受注しているが、Quanta が独占契約を確保していると主張している。また、その他の Taiwan 企業も、最終的なプロダクトに関して、アセンブリーの機能や、タッチスクリーン・コントロール、集積回路、プリント回路基板などを提供すると言われている。

The report also goes on to say that the glass screen on Apple’s anticipated wrist-worn accessory will be made of sapphire. Apple late last year signed an exclusive deal with GT Advanced Technologies Inc. for supply of sapphire glass, a material already used by Apple to protect the cover of the Touch ID fingerprint sensor on the iPhone 5s, as well as the glass coating on the camera lens on the rear of the device.

さらに、このレポートによると、期待される Apple のリスト・バンド型のアクセサリーでは、サファイアで構成されるガラスス・クリーンが実装されるようだ。 昨年末のことだが、Apple は GT Advanced Technologies Inc と独占契約を締結し、サファイア・ガラスの調達に目処をつけている。この素材については、iPhone 5S の Touch ID 指紋センサー・カバーや、デバイスの背面にあるカメラ・レンズを保護するために、すでに Apple は実用段階に入っている。

As for Apple’s rumored watch, another report this week suggested the company could include a UV light exposure sensor in the accessory. Its inclusion could warn users about sunburn or general concerns about sun exposure.

この、ウワサの Apple iWatch であるが、今週に提供された別のレポートによると、UV 照射センサーが含まれる可能性が示唆されている。つまり、多くの人々が問題視する、日焼けや、紫外線の悪影響について、ユーザーに警告を発することになる。

Apple has made a number of key hires in recent years related to health and fashion, suggesting to many that the company is working on a new wrist-worn device that could serve both functions as an advanced iPhone accessory. The wearables market has been an area of considerable interest for other technology companies — including Samsung, Google, Sony and others — all of which plan to release new wrist-based electronics this year.

最近の Apple は、ヘルスやファッションにノウハウを持つ、有用な人々を採用している。つまり、iPhone の先進的なアクセサリーとしても機能する、この新たなリスト・バンド型デバイスに、それだけ注力していると示唆される。このウェアラブル市場は、Samsung/Google/Sony などを含む、その他のテック・カンパニーにとっても、大きな関心領域となっており、そのすべてが、リスト・バンド型の電子デバイスを、年内にはリリースすると予測されている。

ーーーーー

TAG indexこれまでのウワサと比べると、かなり具体的に記載されているという感じですね。 ウェアラブルと IoT の違いは、それを身につけることで、何らかの嬉しさがリアルタイムに得られるか、得られないかの差だと、個人的には思っています。 たしかに、心拍数とか血圧も大事ですが、だからといって嬉しいものではありません。 しかし、このレポートに記される、UV カット、お肌のケアは、女性ユーザーの心に刺さるセールス・ポイントになるのかと、いまさながら Apple の上手さに、感心している次第です。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?

Posted in .Selected, Facebook, On Monday, Open Compute, Storage by Agile Cat on April 7, 2014

Storage: Long-Term Low-Cost COLD Storage Solutions
http://wp.me/pwo1E-7nI

By Dick Weisinger – April 4, 2014
http://formtek.com/blog/storage-long-term-low-cost-cold-storage-solutions/

_ formtek

Recently at the Open Compute Summit, Facebook VP of Engineering, Jay Parikh described how Facebook has rigged together a system based on 10,000 Blu-ray discs that fit into a single cabinet, capable of storing 1 petabyte of data.  Facebook plans to improve on this first attempt and be able to reach 5 petabytes per cabinet.  Compared to existing hard disk solutions, Parikh says that the Blu-ray solution will be 50 percent cheaper and use 80 percent less energy. It will also provide 50 years worth of durability for data stored on the discs.

先日の Open Compute Summit で Facebook VP of Engineering である Jay Parikh が説明したのは、1万枚の Blu-ray ディスクをベースにしたシステムを単一の筐体に収め、1 Peta Byte のデータをストアするという、Facebook で試している方式である。また、Facebook は、この試みを改善することで、キャビネットあたりに 5 Peta Byte をストアしようと計画している。Parikh が言うには、既存のハード·ディスク·ソリューションと比較して、この Blu-ray ソリューションでは、コストが 50% も低減され、また、電力消費量は 80% もカットされるようだ。そして、ディスクに保存されたデータに対しては、50年の耐久性という価値も提供される。

Sony, original creator of Blu-Ray technology, and Panasonic have also recently teamed up to address the need for finding a robust long-term low-cost solution for archiving content.  They’ve recently announced that they would jointly produce a 300 GB optical disc for long-term archival.  The product family is to be named “Archive Disc” and should become available in 2015.  The target is to create Blu-Ray optical discs with a 1 TB capacity and to then package them into a disc cartridge containing 12 discs.

Blu-Ray テクノロジー の発案者である Sony と、つい先日に Panasonic が提携したが、アーカイブ・コンテンツのたための、堅牢な Long-Term Low-Cost ソリューションが、そこでの取り組みとなる。 そして、Long-Term アーカイブのために、300 GB の光ディスクを、恊働で生産すると発表している。このプロダクト・ファミリーは、“Archive Disc” と命名され、2015年には利用が可能になるはずだ。そのターゲットは、1 TB の容量を持つ Blu-Ray ディスクを開発であり、また、ディスク・カートリッジ内に、12枚のディスクをパッケージ化することである。

Not everyone is buying into the Facebook strategy.  Mark Peters, a senior analyst at Enterprise Strategy Group, commented that “some of what Facebook was doing was laying out a challenge to storage vendors.  I think what they were really communicating was that there is a need for low cost reliable storage.”

誰もが、Facebook の戦略に与するわけではない。Enterprise Strategy Group のシニア・アナリストである Mark Peters は、「 たしかに、Facebook における幾つかの取り組みは、ストレージ・ベンダーへの挑戦を提起した。そして、実際に彼らが発信したことは、低コストで高信頼性のストレージに、大きなニーズがあるということだったと、私は理解している」と述べている。

Bruce Kornfeld, Interim CMO at Spectra Logic, questions the logic of using Blu-Ray for commercial purposes.  Kornfeld said that “over the last 20 years the commercial data storage industry has attempted to commercialize multiple consumer technologies including CD ROM, CD Writeable, DVD writeable, 4mm Digital Audio Tape, 8mm video tape, and VHS video tape – with mixed results.  Consumer technologies offer high-volume and typically low cost storage media. The ‘low cost’ strengths of these technologies have also led to their downfall as they lack the device robustness and data reliability required by commercial data storage applications. In addition, consumer grade drives and media just don’t last very long. Blu-ray disc drive load mechanisms are probably good to a few thousand load/unload cycles. This compares with an LTO tape drive that is rated to 250,000 load/unload cycles. As you can see – the difference in durability is substantial!”

Spectra Logic の Interim CMO である Bruce Kornfeld は、Blu-Ray の商用目的での利用に対して、論理的に無理があると、異を唱えている。 そして、「 これまでの20年間において商用データ・ストレージ業界は、複数のコンシューマ・テクノロジーを商用化しようと試みてきた。そこに含まれるのは、CD ROM/CD Writeable/DVD Writeable/4mm Digital Audio Tape/8mm Video Tape/VHS Video Tape であり、また、それらの組み合わせである。たしかに、コンシューマ・テクノロジーは、一般的にみて大容積で低コストな記憶媒体を提供する。 しかし、それらのテクノロジーにおける低コストの強みは、商用データ・ストレージ・アプリケーションで必要な、デバイスの堅牢性とデータの信頼性を欠いているため、意味を持つものになり得ない。また、コンシューマ向けのドライブやメディアは、きわめて寿命が短い。Blu-Ray ディスク・ドライブのロード・メカニズムは、おそらく数千回の Load/Unload サイクルをサポートするだけだ。250,000回の Load/Unload サイクルに対応する、LTO テープ・ドライブの仕様と比較して欲しい。 誰もが分かるように、 耐久性が段違いなのだ!」と述べている

ーーーーー

この コールド・ストレージについては、すでに「 Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは? 」という抄訳でお伝えしていますが、Sony と Panasonic が提携して、新たなソリューションを展開するというのは、とても嬉しい話ですね。 文中で、Mark Peter さんが述べているように、Open Compute の目的は、ユーザーが本当に欲しいものを、すぐれたベンダーに安価に提供してもらうことです。その意味で、Sony と Pnasonic の提携は、とても素晴しいことです。 なお、Bruce Kornfeld さんには、No Comment です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ

やったぜ Sony : 100万台の PS4 を 24時間で完売だ!

Posted in Asia, Game, Research by Agile Cat on November 19, 2013

Sony Sold Over 1 Million PS4 Units In 24 Hours And Amazon Is Already Sold Out
http://wp.me/pwo1E-6V6

Julie Bort Nov. 17, 2013
http://www.businessinsider.com/sony-sells-1m-ps4-units-2013-11

_ Business Insider

Sony’s latest video game console went on sale in the U.S. and Canada on Friday and within the first 24-hours, had sold more than 1 million units

Sony の最新ビデオゲーム・コンソールが、この金曜日にアメリカととカナダで発売された。 そして、発売から 24時間以内で、100万台以上が販売されたという。

Shuhei Yoshida, Sony’s President of Worldwide Studios revealed the sales figure in a Tweet on Sunday: @yosp

Sony の President of Worldwide Studios である Shuhei Yoshida が、この販売に関する状況を、このツイートで説明している:@yosp

Amazon says it’s already sold out:

さらに Amazon も、売り切れのコメントを表示している:

Amazon

But there’s been reports that some of the units are malfunctioning.  Several Amazon customers posted complaints that their units didn’t work out of the box, the so-called Blue Pulsing Light Of Death issue. And, as the Verge’s Russell Brandom points out, a string on Reddit’s PS4 forum lists over 80 folks who say they were shipped a dead unit, too.

しかし、このプロダクトの一部で、故障が見つかったというレポートもある。 Amazon で購入した何人かの顧客も、いわゆる Blue Pulsing Light Of Death の問題により、上手く動いていないという苦情をポストしている。 そして、Verge の Russell Brandom が指摘しているように、Reddit の PS4 フォーラムには、動かないプロダクトを手にしてしまった 80人以上の人々が、もてあました時間を潰すために集まっているようだ。

Photo by Jon Furniss/Invision for PS4/AP

Sony sent us this statement, saying it’s aware of the reports:

このレポートに気づいた Sony は、以下のステートメントを送ってきている:

We are aware that some people have reported issues with their PlayStation 4 systems. We are closely monitoring for additional reports, but we think these are isolated incidents and represent a very small percentage of total units shipped to consumers to date.

何人かのユーザーの手元にある PlayStation 4 のシステムに、問題が発生しているという報告を確認している。その後も、新しいレポートが無いかと、継続してチェックしているが、それらは個体としての問題であり、出荷された全ユニットに対して、きわめて低い割合だと認識している。

In the meantime, Microsoft is set to release its competitor, the Xbox One, on Friday, Nov. 22.

その一方で、Sony のコンペティタである Microsoft も、11月22日(金)に Xbox One をリリースするようだ。

ーーーーー

__AC Stamp 2Sony というブランドが、こうして世界に受け入れられることは、とても嬉しいことです。先日に、『 Final Fantasy VI が、この秋には iOS に登場する! 』という抄訳をポストしたように、PS4 のようなゲーム・プロダクトと、モバイル環境をつないでいくビジネスが、これからの主流になっていくのかもしれません。 しかし、そのためにも、F1 パイロットさながら、寝食を忘れてでも最先端を突き進んでいく、ゲーマーの存在が重要になります。 この写真の、PS4 のパッケージに頬ずりしているオニイサンですが、さすがの Apple ファンも、ここまではやりません :) こういうゲーマーのためにも、Sony には頑張って欲しいです!image

ーーーーー

<関連>

ゲーム市場の調査 : オンラインの成長が著しい韓国
脅威の パズドラ 効果! 海外も注目する GungHo の時価総額 $10B
SimCity の新バージョンについて、あの Om Malik さんが語る!
Facebook アドが Zynga に進出 : Google AdSense と開戦!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?

 

Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Samsung by Agile Cat on November 5, 2013

It’s Apple/Microsoft/Blackberry/Sony Vs. Google/Samsung/Huawei In The Latest Tech Patent Mega Battle
http://wp.me/pwo1E-6RY
Dan Levine, Reuters – Nov. 1, 2013
http://www.businessinsider.com/its-applemicrosoftblackberrysony-vs-googlesamsunghuawei-in-the-latest-tech-patent-mega-battle-2013-11

_ Business Insider

SAN FRANCISCO (Reuters) – The group that owns thousands of former Nortel patents filed a barrage of patent lawsuits on Thursday against cell phone manufacturers including Google, the company it outbid in the Nortel bankruptcy auction.

SAN FRANCISCO (Reuters) – 木曜日(10/31)のことだが、旧 Nortel から数千の特許を取得したグループが、いくつかの携帯電話マニファクチャに対して集中砲火を浴びせるべく、訴訟を提起した。そのターゲットには、破産した Nortel に関するオープションで、高値をつけていた Google も含まれる。

Rockstar, the consortium that bought the Nortel patents for $4.5 billion, sued Samsung Electronics Co Ltd, HTC Corp, Huawei and four other companies for patent infringement in U.S. District Court in Texas. Rockstar is jointly owned by Apple, Microsoft, Blackberry, Ericsson and Sony.

Nortel の特許を $4.5 billion で買収した、この Rockstar というコンソーシアムは、Texas の連邦地方裁判所において、Samsung Electronics Co Ltd/HTC Corp/Huawei や、その他の 4社を、特許侵害で提訴する。なお、この Rockstar は、Apple/Microsoft/Blackberry/Ericsson/Sony により所有されている。

REUTERS/Robert Galbraith

Google is accused of infringing seven patents. The patents cover technology that helps match Internet search terms with relevant advertising, the lawsuit said, which is the core of Google’s search business.

Google は、7件の特許を侵害として非難されている。そして、そこで主張されるのは、インターネット検索用語と、関連する広告のマッチングを促進するテクノロジーを、カバーする特許の存在である。つまり、Google における検索ビジネスの、コアを指し示すものとなる。

A Google spokesman declined to comment. Representatives for Samsung, Huawei, HTC and Rockstar could not immediately be reached.

Google のスポークスマンは、コメントを控えている。 Sumsung および、Huawei、HTC、そして Rockstar の代表者に対してもコンタクトを試みたが、上手くいっていない。

Samsung, Huawei and HTC all manufacture phones that operate on Google’s Android operating system, which competes fiercely with Apple and Microsoft mobile products.

Samsung/Huawei/HTC といったマニュファクチャのスマートフォンは、Android オペレーティング・システム上で動作しており、また、Apple と Microsoft のモバイル・プロダクトと激しく競合している。

In 2011 Google placed an initial $900 million bid for Nortel’s patents. Google increased its bid several times, ultimately offering as much as $4.4 billion. After losing out to Rockstar on the Nortel patents, Google went on to acquire Motorola Mobility for $12.5 billion, a deal driven partly by Motorola’s library of patents.

2011年のことだが、Nortel の特許に対して、$900 million という初値をつけたのは Google であった。その後も、Google は何度か入札を繰り返し、最終的には $4.4 billion まで値を釣り上げた。 Nortel の特許に関して、Rockstar に負けた Google だが、Motorola Mobility を $12.5 billion で買収することになった。 この買収劇には、Motorola の特許ライブラリを取得するという目論見も含まれていた。

"Despite losing in its attempt to acquire the patents-in-suit at auction, Google has infringed and continues to infringe," the lawsuit said. Rockstar is seeking increased damages against Google, as it claims Google’s patent infringement is willful, according to the complaint.

「 あのときのオークションで、特許のセットを買収するという試みに失敗したにもかかわらず、Google は特許を侵害し、止めようとしない」と、Rockstar は述べている。 そして、Google が故意に特許を侵害していると、その訴状が主張しているように、Rockstar は Google に対する、損害賠償の増額を求めている。

The Google case in U.S. District Court, Eastern District of Texas is Rockstar Consortium US LP and Netstar Technologies LLC vs. Google, 13-893. (Reporting by Dan Levine; editing by Andrew Hay and Leslie Adler)

ーーーーー

imageこの裁判に至るまでには、複雑な経緯がありました。 まず、文中にもあるように、 Google が Nortel の知財買収に動き始めました『 Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する 』ー それと同時に、Android マニファクチャに対する訴訟圧力が高まりました『Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?』ー 何度も入札が繰り返され、Rockstar が買収に成功しました 『Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認』 ー Google が、その知財も含めて Motorola を買収しました 『Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 』ー Android の Java をめぐる係争で、事実上 Oracle が敗訴しました 『 Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは? 』。 以上で、Agile_Cat 的には、この件は終わったと捉えていましたが、 今度は Google が攻勢にでました 『クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生』。 そして、今回の裁判へとつながるのですが、どのような結果が出るのか、興味シンシンです。 それと、1つ気になるのは、Rockstar から見たターゲットとして、Amazon Kindle Fire が漏れている点です。 周知の通り、Kindle Fire は Android フォークですが、それを訴訟の対象に含めることが、Rockstar 側にとって有利に働かないという事情があるのでしょうか? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android 特許 関連 ポスト、15 本のマトメを作りました
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
HTC – 友人としての Microsoft と、商売としての Android
Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Motorola が Apple に勝った – ドイツでの特許係争
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?

 

ゲーム市場の調査 : オンラインの成長が著しい韓国

Posted in Asia, Game, Mobile, Research by Agile Cat on November 1, 2013

South Korea’s gaming market is worth $9.16 billion!
http://wp.me/pwo1E-6Qg
October 28, 2013 – by
Anh-Minh Do
http://www.techinasia.com/south-koreas-gaming-market-worth-916-billion/

_ tech in asia

Although South Korea’s mobile gaming industry is worth just one seventh of the Japanese mobile gaming market, it remains one of the most healthy gaming markets in the world. It’s on the rise, while Japan’s gaming companies and industries have been on the decline.

South Korea モバイル・ゲームの規模は、Japan の 1/7 に過ぎないが、世界で最も健全なゲーム市場の 1つとなってきている。Japan のゲーム企業と産業が衰退する一方で、South Korea は成長するという傾向にある。

A white paper from the Korea Creative Content Agency gives us an in-depth peek into South Korea’s growing gaming industry. The most significant numbers include:

Korea Creative Content Agency からのホワイトペーパーが、South Korea におけるゲーム産業が成長していることを示す、深い洞察を与えてくれる。 そこには、以下のような、きわめて重要な数字が含まれている:

  • The total South Korean game market is worth $9.16 billion
  • Total revenue for the domestic mobile gaming market has reached $754 million
  • The mobile gaming market grew by 33.8 percent in 2011
  • Top two countries that are importing Korean games include China (38.2 percent) and Japan (27.4 percent)
  • The average South Korean plays more than one hour of games per day
  • Online dominates gaming platforms with more than 43.9 percent of the overall gaming market
  • Role playing is the most played genre of game for South Koreans
  • South Korean における全体的なゲーム市場は、$9.16 billion という規模を有する
  • 同国内のモバイル・ゲーム市場は、$754 million の売上規模に至っている
  • このモバイル・ゲーム市場は、2011年に 33.8% の成長を達成している
  • Korean ゲームの輸入国 Top 2は、China (38.2%) と Japan (27.4%)である
  • South Korean の平均的ゲーマーは、1日に 1時間以上をゲームに費やす
  • ゲーム全体に対するオンラインの比率は 43.9% 以上となる
  • South Korean で最も人気のゲーム・ジャンルは、Role Playing である

For comparison, Japan’s gaming industry grew only 1.2 percent last fiscal year. The total Japanese market is worth $4.6 billion. Whereas South Korea’s gaming market grew by 10.8 percent. As it stands, Japan’s gaming market is facing a number of issues. Major companies like GREE, DeNA and even Sony and Nintendo are suffering from slowing growth.

比較のために、Japan のゲーム業界について説明すると、昨年で 1.2% の成長となり、その全体的なゲーム市場は $4.6 billionという規模を有する。それに対して、South Korea のゲーム市場は、10.8% の成長率を誇る。現状において、Japan のゲーム市場は、数多くの問題に直面している。REE や DeNA、さらには Sony や Nintendo といった大手が、その成長の鈍化に苦しんでいる。

As the numbers above indicate, online gaming seems to be the clear future for South Korea, especially mobile companies like Kakao which are at the forefront of pushing mobile gaming in South Korea. With last year’s $45 million in revenue, Kakao seems to be leading the charge in South Korea’s mobile gaming market as a messaging platform. And since Android is huge in Korea, the Google Play store has also become a big marketplace for mobiles games to seek for downloads and ARPU.

上記の数字が示すように、South Korea におけるオンライン・ゲームの将来は、明るいと思われる。とりわけ、最前線に立つ Kakao のようなモバイル企業が、South Korea のモバイルゲーム業界を後押ししている。昨年に $45 million という収益を上げた Kakao が、メッセージング・プラットフォームと同様に、South Korea’ におけるモバイル・ゲーム課金をリードしているようだ。そして、Korea では Android が強いため、モバイル・ゲームのダウンロード数と ARPU(average revenue per user)を追求する大型市場として、Google Play が有力な存在になってきている。

ーーーーー

TAG index原題にある「 韓国 $9B 」と、本文の「日本 $4.6B 」というのは、ゲーム全体の比較であり、それが、オンラインゲームの話になると、1/7 の規模である韓国が、グイグイと迫ってきている、、、と言いたいのでしょうか? おそらく、モバイル+クラウドで、まずは最大の売上をもたらすのはゲームであり、そのマーケットのパワーが、ソーシャルとの相乗効果をもたらし、インフラのレベルを押し上げていくという展開なるはずです。 そこで成長する通信インフラなどを、エンタープライズや GOV などが活用して、全体が進化していくことになります。だから、ゲームには頑張って欲しいのです!image

ーーーーー

<関連>

Final Fantasy VI が、この秋には iOS に登場する!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Issuu とは 7000 万人を魅了する、雑誌のための YouTube ?
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウドか?
脅威の パズドラ 効果! 海外も注目する GungHo の時価総額 $10B

 

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, IBM, OpenStack by Agile Cat on August 20, 2013

OpenStack Needs A Dominant Vendor, Not Interoperability
http://wp.me/pwo1E-6vC
Matt Asay – July 25, 2013
http://readwrite.com/2013/07/25/openstack-needs-a-dominant-vendor-not-interoperability

_ Read Write (2)

While the OpenStack community pines for interoperability, what it really needs is a dominant vendor.

The OpenStack community is infighting. Again. This time, as ever, some of OpenStack’s most prominent advocates are arguing over what interoperability means, and just who measures up. Ironically, what OpenStack needs to succeed has less to do with interoperable implementations of the OpenStack reference architecture and more to do with a single vendor imposing standardization on the community.

再び、OpenStack コミュニティに内紛が生じている。いつものように、いくつかの突出した OpenStack  支持者たちが、インターオペラビリティの意味するものについて、また、それを誰が測定すべきかという点について主張しているのだ。 皮肉なことに、OpenStack が成功するために必要なことは、OpenStack リファレンス·アーキテクチャにおけるインターオペラビリティ実装を最小に留めることであり、また、このコミュニティに標準化を課すシングル・ベンダーが、より多くの事柄に対応するようになることだ。

That’s right. OpenStack needs a hegemon.

正しく言えば、OpenStack は覇権者を必要としているのだ。

Every Community Needs A Leader

Red Hat Executive VP and President, Products and Technologies Paul Cormier

After all, no one talks about Amazon Web Services interoperability. Or, rather, we don’t ask Amazon to sit in committee rooms and conform its API to OpenStack, Cloudstack and other cloud offerings. Amazon dominates public clouds. It sets the standard and others either conform to its API or not. (At present, the OpenStack community continues to vote for "not," which leads industry pundits like Simon Wardley to dismiss it as a "dead duck.")

結局のところ、Amazon Web Services とのインターオペラビリティについては、誰も話題にしていない。 だからと言って、私たちは Amazon に対して、このコミッティの会合に参加し、OpenStack や CloudStack などのクラウド・サービスに対して、その API を準拠させたらどうかと、尋ねているわけでもない。Amazon は、パブリック・クラウドを支配している。 つまり、Amazon が標準を設定し、その API に、他者が準拠するか、しないかという状況にある。(現時点の OpenStack コミュニティは、" No" と投票している。 それは、Simon Wardley のような業界の専門家が、"Dead Duck" として、却下するような状況へと導く)

This is why Cloudscaling CTO and OpenStack luminary Randy Bias is spot on to deride OpenStack interoperability as key to its success:

以下は、Cloudscaling の CTO であり、OpenStack の指導者でもある Randy Bias が、その成功のカギとしての、OpenStack インターオペラビリティを冷笑する理由である:

The very idea that OpenStack requires interoperability to succeed is completely laughable. Interop doesn’t guarantee success.

OpenStack の成功において、インターオペラビリティが不可欠という発想は、きわめてバカバカしいものである。インターオペラビリティが、成功を保証するということはあり得ない。

— Randy Bias (@randybias) July 23, 2013

Far too often in the open-source community, we ascribe magical powers to committee-fostered interoperabilty, when the industry actually displays a remarkable tendency toward de facto standardization.

これまで、業界がデファクト・スタンダードへ向けて顕著な方向性を示すたびに、このオープンソース・コミュニティのコミッティが魔法のようなパワーを発揮し、インターオペラビリティを促進していくという期待が、あまりにも頻繁に生じてきた。

Linux, for example, really took off when the industry was able to rally around a single vendor, Red Hat, as its standard bearer. Perhaps it’s not surprising, then, that Red Hat executive vice president Paul Cormier declares that "OpenStack is Linux all over again," with a need for OpenStack’s disparate elements to cohere into a distribution that makes it consummable by the masses.

Linux の場合は、RedHat というシングル・ベンダーを、スタンダードの旗手として業界が認識したときに、ほんとうの意味で離陸している。おそらく、それは驚くべきことではない。 その後、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier は、「OpenStack は Linux を再現するものだ」と宣言している。 それは、OpenStack における本質的に異なる各要素を、一貫性のあるディストリビューションに仕立て上げ、大衆が消費できるかたちにしていくという、ニーズを伴うものになる。

Red Hat At The Helm?

It’s not surprising that Cormier sees his company as the unifying center of the OpenStack universe. While there still is a long way to go in establishing OpenStack leadership, Red Hat currently sits in prime position to lead OpenStack just as it led Linux. Why? Because it contributes the most to the project:

Cormier が、OpenStack の宇宙を統一する中心として、自身の会社を認識しているに驚くべきではない。OpenStack がリーダーシップを確立するまでには、まだ、長い道のりが残っているが、いまの Red Hat は、Linux のときと同様に、OpenStack をリードするという重要なポジションを得ている。その理由は、このプロジェクトに、最も貢献しているからである:

クリックで拡大 ⇒
Source: OpenStack (Data compiled by Bitergia)

In open source, being the source of code matters more than source code. She who contributes most, controls (or influences) most.

オープンソースでは、コードのソースであることが、ソースコード自体よりも重要となる。 つまり、最大のコントリビューションを行なっている者が、最大のコントロール(影響力)を行使することになる。

Hence, even as the OpenStack community mulls over the introduction of RefStack, a proposed conformance testing system to help evaluate just how "pure" an OpenStack implementation is, OpenStack’s members are already jockeying to be RefStack. If Red Hat or another vendor establishes primacy in the community, its implementation will essentially become "RefStack."

したがって、OpenStack コミュニティが RefStack の導入を検討するのと同時に、そこで提案されるコンフォーマンス・テスト・システムが、"ピュア" な OpenStack 実装の評価を促進していくことになる。 そして、OpenStack のメンバーはたちは、RefStack なるための、主導権争いの中にある。 Red Hat などのベンダーが、コミュニティにおける優位性を確立した場合、その実装が、本質的な意味で "RefStack" になっていく。

Again, Linux illustrates how this will happen. As Red Hat established the lead in the early 2000s, the rest of the Linux vendors, led by Caldera, attempted to band together as United Linux. I was involved in these discussions and can report with some accuracy that they completely, totally failed. It turns out the market didn’t want a common Linux distribution created by committee. They wanted the industry standard, which happened to be Red Hat.

繰り返しになるが、こうした事象が起こることを、Linux が例証している。 2000年代の初めに、Red Hat が主導権を確立したとき、その他の Linux ベンダーは、Caldera が率いる United Linux として団結しようとした。私は、一連の議論に関与していたので、彼らが完全に失敗したことを、いくつかの正確性をもってレポートできる。そこで分かったことは、マーケットが欲したものが、コミッティにより作成された、 Common Linux ディストリビューションではないという事実であった。 マーケットが求めるものは、業界のスタンダードであり、たまたま Red Hat が、それになったということだ。

Choose Your Hegemon

There’s still a long way to go to determine who will lead OpenStack, though Red Hat currently occupies pole position. But whether Red Hat or Rackspace (which used to dominate) or IBM or another vendor, OpenStack’s success depends upon a single large vendor assuming leadership. Interoperability will follow, but it won’t be designed by committee. Rather, it will be imposed by a dominant OpenStack vendor, with the community necessarily conforming to its distribution.

現在のポール・ポジションは、Red Hat により占められているが、OpenStack のリードする者を決定するには、まだ長い道のりが残されている。それが、Red Hat もしくは、Rackspace(支配のために利用される)、IBM といったベンダーになるにしろ、OpenStack の成功は、大規模シングル・ベンダーが発揮するだろう、リーダーシップに依存することになる。そして、インターオペラビリティは、それに従うものであり、コミッティがデザインするものではない。むしろ、それは、支配的な OpenStack ベンダーにより課されるものであり、コミュニティとディストリビューションの間に、適合性が必ずしも存在するというものでもない。

ーーーーー

TAG index以下の事例にあるように、ユーザーとして Sony や、CERN、PayPal などが揃い、この 4月の Summit では、Bloomberg や、Comcast、HubSpot、Best Buy などがキーノートに登壇した OpenStack に、力強さを感じますね。 そして、最近は、AWS とのインターオペラビリティの、必要性に関する議論が盛んなようですが、そんなものは不要だと、バッサリ切り捨てているのが、この記事の言いたいところだと思います。その一方で、『 あなたは、Amazon から恩義を受けているが、それは一時的なものである。 その市場をとりまくエコシステムが、Amazon のエコシステム以上に成長するにつれて、現実には AWS クローンの市場が、AWS API をコントロールするようになり、その方向性を定めることになる 』という推測を、提供しているブログもあります。この戦い、ほんと、興味シンシンですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウドか?

Posted in .Selected, Entertainment, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on August 18, 2013

Rackspace to Help Sony PlayStation Deploy OpenStack Private Cloud
http://wp.me/pwo1E-6vr

Justin Lee on August 9, 2013
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/rackspace-to-help-sony-playstation-deploy-openstack-private-cloud

image

Web hosting and cloud hosting provider Rackspace announced Friday in an earnings call it recently signed an agreement with Sony PlayStation in which its “developers and architects will be consulting and supporting the PlayStation team with their OpenStack private cloud deployment.”

Web と Cloud のホスティング・プロバイダーである Rackspaceが、この金曜(8/9)の収支報告会で、Sony PlayStation との契約締結について発表した。具体的には、OpenStack プライベート・クラウドのデプロイメントに関して、同社のデベロッパーとアーキテクトが、コンサルティングとサポートという側面で、Sony の PlayStation チームに対応していくものである。

The move comes a few weeks after Rackspace launched a free Rackspace Cloud Assessment tool to help businesses decide what their cloud and technology needs to help them effectively migrate to Windows Server 2012.

この動きは、フリーのツールである Rackspace Cloud Assessment が立ち上げられた、数週後に訪れている。それは、企業を支援するものであり、Windows Server 2012 への効率の良い移行を促進するために、顧客企業が必要とするクラウドとテクノロジーを判断させるものである。

The partnership comes just months before Sony’s upcoming launch of its heavily-anticipated new gaming system, PS4.

このパートナーシップは、数ヶ月後に予定される、Sony の期待のゲーム・システム PS4 の立ち上げに、先立って締結されている。

A sufficient and secure cloud network is crucial for PlayStation, especially when considering the April 2011 security breach of the PlayStation servers. The breach caused a month-long outage of its PlayStation Network, resulting in a loss of revenue of at least $171 million for the company.

許容量とセキュリティを備えたクラウドネット・ワークは、2011年 4月に発生した PlayStation サーバーのセキュリティ侵害を考えると、Sony にとってきわめて重要なものとなる。 そのときの侵害により、PlayStation ネットワークは 1ヶ月にわたり、サービスの停止を余儀なくされ、少なくとも $171 million の損失が同社に生じている

Rackspace will be helping Sony with the design and deployment of its PlayStation cloud plans. In the earnings call, Rackspace CEO Lanham Napier said that Sony is now an “enterprise customer”, but remained otherwise tight-lipped about the partnership’s details.

Rackspace は、PlayStation クラウド計画のデザインとデプロイメントにおいて、Sony を支援していくことになる。 前述の収支説明会において、Rackspace の CEO である Lanham Napie は、Sany が エンタープライズ・カスタマーになったと説明したが、それ以外については、つまりパートナーシップの詳細については、堅く口を閉ざしていた。

OpenStack, a project Rackspace jointly created with NASA, is a global collaboration of developers and cloud computing technologists producing an open source cloud computing platform for public and private clouds.

OpenStack は、Rackspace と NASA が共同で立ち上げたプロジェクトであり、デベロッパーやクラウド・コンピューティング・テクノロジーに関する、グローバルなコラボレーションを目指すものである。そして、パブリック/プライベートのクラウドに対して、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プラットフォームを作成している。

The OpenStack project celebrated its three year anniversary last month.

なお、OpenStack プロジェクトは、先月に 3年目に入り、各方面から祝福されている

ーーーーー

TAG indexそういえば、昨年の PlayStation ネットワークは、散々な目にあっていましたね。 そのころに、『Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか』という抄訳をポストしていますが、もう、とっくに、OpenStack へと移行しているのかと思っていました。 タイトルからして、また、昨年の報道からして、引越し先は OpenStack で間違えないのだと思いますが、そうなると、不思議なのが、Windows Server 2012 に関する一文です。 何なのでしょうね? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?

 

%d bloggers like this: