Agile Cat — in the cloud

iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに、失速しているように見える

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on January 18, 2015

The iPhone Is Losing Ground In One Key Market
http://wp.me/pwo1E-8cN
Sam Mattera, The Motley Fool – Jan. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/the-iphone-is-losing-ground-in-one-key-market-2015-1

_ Business Insider

Demand for Apple’s iPhone 6 has been unprecedented. Collectively, the iPhone 6 and iPhone 6 Plus have smashed existing sales records, and when Apple reports earnings this season, investors may find that the Cupertino tech giant sold more than 70 million iPhones during the quarter.

Apple の iPhone 6 に対しては、前例のない需要が押しかけている。全体的に見て、iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、これまでの販売記録を塗り替えている。そして、Apple が今季の収益をレポートするときに、投資家たちが目の当たりにするのは、この Cupertino のテック・ジャイアントが、2014年 Q4 だけで 70 million もの iPhone を販売したという実績になるはずだ。

The company has seen great demand across the board — in North America and Europe, Apple market share increased last quarter, according to recent data from research firm Kantar Worldpanel.

調査会社である Kanter Worldpanel の最新データによると、North America と Europe において Apple のシェアが増加しているという。 つまり、この四半期での需要の高まりを、同社は確認しているはずだ。

Yet, there was one market where the latest iPhones received a surprisingly cool reception — Japan, where sales suffered a surprising double-digit decline.

しかし、この最新の iPhone に対して、驚くほど冷ややかな反応を見せたマーケットが1つだけある。 それは、販売量において二桁ダウンという、驚くべき結果をもたらした、Japan のマーケットである。

Kantar’s data

According to Kantar, the iPhone accounted for 48% of smartphones sold in Japan during the third quarter, which ran from the beginning of August through the end of October. The Android operating system powered a similar 48.1%.

Kanter によると、2014年 Q3(7月〜9月)の Japan において、iPhone はスマホ市場の 48% を占めている。それに対して、Android OS を搭載するスマホも、ほぼ同じ 48.1% を占めている。

注記)原文では、Q3 を 8月〜10月としていますが、おそらく勘違いでしょう。

That’s quite impressive, given that on a global basis, Android’s market share is approaching 85%. In fact, Japan remains Apple’s single strongest market, with more Japanese buyers (on a percentage basis) choosing the iPhone than Americans (in the same quarter, the iPhone accounted for 41.5% of the smartphones sold in the U.S.).

グローバルにおける Android のマーケット・シェアが 85% に近づいていることを考えると、この数字は、きわめて素晴らしいものである。実際のところ、Apple にとっての Japan は、最強のマーケットというポジションを維持している。 つまり、パーセンテージで比較すると、Japan のユーザーたちは、Amarica よりも高い比率で iPhone を選択しているのだ(同じ Q3 において、US での iPhone のシェアは 41.5% である)。

However, that figure is down significantly from last year. During the same period in 2013, nearly two-thirds (61.1%) of Japanese smartphone buyers chose an iPhone, compared to only 36.2% opting for an Android-powered device. With Windows Phone accounting for less than 1% of the Japanese smartphone market, Android OEMs appear to be taking share directly from Apple.

しかし、この数字は、前年と比べると大幅にダウンしている。2013年の Q3 において、Japan のスマホ・ユーザーの 約 2/3(61.1%)が iPhone を選択し、Android 搭載のデバイスは 36.2% に過ぎなかったのである。Japan での Windows Phone のシェアは、1% 未満である。したがって、Android OEM が Apple から、ダイレクトにシェアを奪っているように見える。

This stands in stark contrast to other markets, where the release of the iPhone 6 boosted market share significantly — Apple saw a 3.1% bump in Germany and 10.4% in Great Britain. In fact, of the major markets Kantar tracks, Japan was the only one where market share fell.

つまり、iPhone 6 のリリースにより、大幅にシェアを伸ばした他のマーケットとは、まったく対照的な結果を示している。 具体的に言うと、Apple は Germany で 3.1%、Great Britain で 10.4% という成長を達成している。 実際のところ、Kanter が調査した主要マーケットでは、Japan だけがシェアを落としているのだ。

A difficult comp and tougher competition

The decline in Japan might be partially explained by the year-over-year comparison itself — in September 2013, NTT Docomo, one of the country’s largest telecoms, began selling the iPhone for the very first time. The arrival of the iPhone 5s and iPhone 5c on the NTT Docomo network may have sparked an over-sized wave of iPhone purchases (as long waiting subscribers rushed to buy units), significantly inflating 2013 sales and thus making an annual comparison difficult.

Japan での落ち込みは、その前年と状況を比べることで、部分的には説明がつくのかもしれない。2013年9月のことだが、Japan で最大級のテレコムである NTT Docomo が、ようやく iPhone の販売を開始したのだ。NTT Docomo のネットワークに、iPhone 5S と iPhone 5c が登場したことで(待ち望んでいたサブスクライバーが殺到)、iPhone が売れ過ぎたという可能性もある。それにより、2013年の売上が増大し、前年との比較が困難になっているのかもしれない。

But Apple also faces intensifying competition from a number of home-grown competitors. The Sony Xperia line, despite falling short of company expectations on a global basis, has done relatively well in Japan. Other Japanese consumer electronic firms — including Sharp and Fujitsu — compete in their home country but have little presence elsewhere.

しかし、Japan における Apple は、激化する国産メーカーとの競合にも直面している。Sony Xperia シリーズは、グローバルでは振るわなくても、Japan では上手いビジネスを展開している。その他のメーカである、Sharp と Fujitsu は海外での存在感には乏しいが、母国では競合相手となる。

Another possibility is that Japanese consumers have less interest in large smartphones: the bigger screens offered by the iPhone 6 and iPhone 6 Plus may not be appealing. Notably, Samsung — whose high-end phones have long been known for their larger size — holds a relatively paltry 6% share of the Japanese smartphone market. Sony, on the other hand, has targeted Japan with mini versions of its flagship handsets.

もう1つ、Japan のユーザーたちが、大型のスマホに惹かれていないという可能性もある。 つまり、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の大型スクリーンが、彼らにとって魅力的ではないのだ。ここで、Samsung のハイエンド大型デバイスが、その他の国々と比べて相対的に見て低いと思われる、6% のシェアに留まっている点に注目したい。 その一方で Sony は、フラッグシップ・スマホのミニ・バージョンで、Japan のマーケットを戦おうとしている。

Japan remains a key market

As one of the largest smartphone markets in the world and a longtime fan of Apple products, the drop in Japan is a development worth watching. With such a wealthy country and a history of generous carrier subsidies, Japan should be a perfect fit for the iPhone.

世界で最大級のスマホ・メーカーである Apple と、そのプロダクトを長年にわたり使ってきたファンにとって、Japan マーケットの低落は、価値を再考する機会を提供する。このように裕福あり、また、キャリアが膨大な補助金を提供してきた Japan は、iPhone の戦略と完全に一致する必要があるだろう。

To be clear, the 48% market share is still impressive, but a double-digit drop when every other region is showing growth is bound to raise some eyebrows. Future data may show it to be a temporary aberration, but if it turns into a long-term trend, that may serve as a clear signal that Japanese preferences are changing.

もう一度、明らかにしておくが、48% のマーケット・シェアは、依然として素晴らしいものである。 しかし、グローバルでの成長をよそに、二桁のダウンという状況には、注目せざるを得ない。将来のデータにより、一時的な異常であったと、安堵できるのかもしれない。しかし、この傾向が長く続くようなら、日本人の好みが変化したという明確なシグナルとして、対処されるべきものとなる。

ーーーーー

たしかに、2013年の Docomo 参入による、二年縛りの狭間と考えることもできますし、iPhone 6 はデカすぎるというシンプルな理由もあるでしょう。 でも、今年は iPhone 6 のコンパクト・バージョンが出るらしいので、来年の今頃には、その理由もハッキリしてくるはずです。 ただ、このニュアンスは、日本人でなければ伝わらないと思いますが、「消費行動に倦む若者たちの姿」というのが、Agile Cat の目には映るときがあるのです。自分で稼いだ金で、スマホを持つ年齢層へと入ってきた、そんな若者は、MVNOと激安スマホの組み合わせへと走るのかもしれません。単に、スマホが売れる売れないというような話ではなく、消費という行為に対する感覚が、大きく変化しているようにも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

なんと! キーボード・ワッフル 焼器だ:食べたい人は Kickstarter へ GO だ!
ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 17, 2015

Samsung による Blackberry の買収というウワサが・・・
http://wp.me/pwo1E-8cB

昨日(1/16)のことなので、今週の Top-5 には入っていませんが、Samsung による Blackberry の買収というウワサが駆け巡っていました。 インドの Economic Times には、$7.5 billion という買収額まで記載されていますが、Korea Times は、Samsung が買収について否定しているというコメントを掲載しています。 背景としては、Tizen を広めることで Android から離れ、また、エンタープライズ市場に進出したい Sansung が、Blackberry のマーケットを取り込もうとしていると、Economic Times は説明しています。動機としては、あり得る話ですね。

Top-5 の方は、① 中国のクラウド・ベース・ビデオ・プラットフォームである Letv が、Microsoft Azure と提携していくという、トピックが大人気でした。 Letv 自体、このニュースで初めて知る会社ですが、中国の Netflix みたいなポジションにあるのかと推測しています。 なにぶん、6億人のインターネット市場を抱えているのですから、かなりの規模のビジネスになると思われます。

② は、Apple Watch に関するウワサです。 それによると、Samsung の S1 チップ(20 nano)を採用するため、12-inch ウエハーを 3000〜4000 枚ほど購入しており、そこからは 250万個のチップが製造できる計算になるとのことです。昨年の、Apple Watch の発表の際に、バッテリー消費に関する問題がありそうだと、いくつかのメディアが指摘していましたが、それを回避するために、Samsung の省電力チップを採用するのでしょうかね?

③ は、先週にもお伝えした、ベトナムの海底ケーブル事故に関するものです。 1月23日には修理が完了するようで、なにはともあれ良かったです。 ④ は、東芝と Nanya の提携に関するものです。DRAM の生産拠点を日本から台湾に移行するらしく、そのための US$1 Billion という資金も、東芝から供給されるようです。⑤ は Hon Hai における 2014年の純利益が、これまでの記録を更新したというものです。 売上は、NT$4.21 trillion (US$132 billion) で、純利益は NT$120 billion と解説されています。 計算してみたら、US$3.8 billion になりました。

ーーーーー

① 1/11: Letv Cloud Reaches Cloud Computing Deal With Microsoft Azure

Image

Letv cloud, the cloud computing-based video open platform of Letv.com, and Microsoft jointly held a press conference in Beijing and announced that the two parties have inked a deal for solution compatibility. With the cooperation, Letv cloud video-related solutions will be compatible with Microsoft’s public cloud computing platform Microsoft Azure in the future.

1/11: Apple Watch May Run Samsung Processor

Image(1)

A new rumor suggests Apple might have contracted Samsung to be the primary manufacturer for the S1 chip, the processor inside the upcoming Apple Watch. Apple reportedly has acquired 3,000 to 4,000 12-inch wafers every month from Samsung, in an attempt to have sufficient hardware units before the launch in spring, according to ZDNet. Each 12-inch wafer has 700 processors, meaning Apple will be grabbing 2.5 million new processors every month.

③ 1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on Jan 23

Image(2)

It is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.

1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(3)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

⑤ 1/12: Hon Hai 2014 net profit could break record

Image(1)

TAIPEI–Hon Hai Precision Industry Co., the world’s largest contract electronics maker, posted a record high in sales in 2014, with market analysts attributing the growth to an increase in orders from U.S. consumer electronics giant Apple Inc. The strong sales for 2014 are expected to help Hon Hai break a record in net profit, analysts said.

ーーーーー

その他のトピックとしては、Quanta と Wiwynn は、中国のデータセンター業界に対して、それほど急いでビジネスを展開しないという記事が興味深かったです。文中には、中国のサーバー・ベンダーとして、Inspur および Sugon という名前が挙がっていました。 それと、Sony がモバイルとテレビの事業を、売却するという話もありました。 なんか、寂しいですね。 また、中国で Qualcomm がアンチトラストで叩かれたり、インド市場に Google が着実にアプローチしたり、Micromax の Yureka がたくさん売れたり、オーストラリアでは Telstra のサービスがダウンしたりと、、、 今週も、とてもダイナミックなアジアでした。

Quanta, Wiwynn not in hurry to join China data center competition
Sony CEO Kazuo Hirai open to selling mobile, TV businesses: Sources
China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded: report
Google introduces Flight Search in India
Micromax unit Yu to sell 10,000 Yureka smartphones units on Amazon today
Telstra power outage downs BigPond services

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

どのようにして、ハッカーは Sony Pictures に侵入したのか? その犯行声明から、手口を分析してみた!

Posted in Asia, Entertainment, Government, Research, Security by Agile Cat on December 24, 2014

How The Hackers Broke Into Sony And Why It Could Happen To Any Company
http://wp.me/pwo1E-87d
Julie Bort – Dec. 19, 2014
http://www.businessinsider.com/how-the-hackers-broke-into-sony-2014-12

_ Business Insider

What hackers have done to Sony Pictures is astounding. How did they do it? There have been just enough details leaked to the press and analyzed by security experts to put it together.

ハッカーたちが Sony Pictures に対して行なったことは、まさに仰天ものである。どのようにして、彼らは、それを実行したのだろうか?いまは、マスコミに対してリークされた詳細な情報を、セキュリティの専門家たちが分析している最中である。

REUTERS
Jo Yong-Hak

South Koreans burned portraits of former North Korean leader Kim Jong-il and current leader Kim Jong-un after a cyber attack in 2009.

This was a targeted attack. That means the hackers set out to break into Sony. A targeted attack is the hardest to stop.

それは、狙いを定めた攻撃だった。 つまり、ハッカーたちは、Sony に侵入するという、明確な目標を持っていたことになる。この、標的型攻撃は、阻止することがきわめて困難である。

"Against a sufficiently skilled, funded and motivated attacker, all networks are vulnerable," wrote renowned security expert Bruce Schneier about the Sony attack.

著名なセキュリティ専門家である Bruce Schneier は、「充分なスキルと資金とモチベーションのある攻撃に対して、すべてのネットワークは脆弱である」と、Sony へのアタックについて述べている。

The hackers said they gained access to Sony’s networks from inside Sony. In November, after the attack was made public, several journalists said they contacted the group that claimed responsibility, Guardians of Peace, or GOP.

ハッカーたちは、Sony の内部から、そのネットワークに対するアクセス権を得たと発言している この 11月に、アタックが公になったとき、何人かのジャーナリストが、犯行声明を発した GOP(Guardians of Peace)とコンタクトしたと述べている。

"Sony left their doors unlocked, and it bit them," a GOP member known as "Lena" told CSO Magazine. "They don’t do physical security anymore.” "Physical security" is hackerspeak for things like doors, windows, keycards, and video cameras.

「 Sony はドアを開けっ放しにしていて、それが命取りとなった。彼らは、いまだに、物理的なセキュリティに対応していない」と、Lena と呼ばれる GOP のメンバーが、CSO Magazine に対して答えている。 「物理セキュリティ」とはハッカー用語であり、ドア、窓、キーカード、ビデオ・カメラなどを指している。

The hackers said sympathetic employees let them into the building. Lena told The Verge, "Sony doesn’t lock their doors, physically, so we worked with other staff with similar interests to get in.” We don’t know if these employees were knowingly helping hackers or tricked into helping.

好意的な従業員たちが、ビルディングへと招き入れたと、ハッカーたちは発言している。「 Sony は、物理的にドアをロックしていないので、内部に入る必要のある、他のスタッフと並んで作業した。それらの従業員たちが、ハッカーと知っていて助けたのか、勘違いして助けたのか、私たちには分からない。」と、Lena は The Verge に語っている。

The hackers reportedly stole a key password from someone in IT. US investigators told CNN the hackers stole the computer credentials of a system administrator, which gave them broad access to Sony’s computer systems.

伝えられるところによると、ハッカーたちは、IT 部門の人間から重要なパスワードを盗みだしている。 US の捜査官たちが CNN に語ったところによると、ハッカーたちは、Sony のコンピューター・システムに対して、幅広いアクセス権を与えられた、システム・アドミニストレータのコンピュータ・クレデンシャルを盗みだしている。

Once on the network, they planted malware. Some security experts, and documents obtained by Ars Technica, say that this was a form of "wiper" malware. Generally, that refers to malware designed to destroy the data, although in this case they used malware to collect data, too. The malware used Microsoft Windows management and network file-sharing features to spread, shut down the network, and reboot computers, reports Ars Technica.

このネットワークに侵入すると、彼らはマルウェアを植え付けていった。セキュリティ専門家たちの発言や、Ars Technica が取得したドキュメントによると、それは、wiper という形式のマルウェアだったようだ。一般的に、このマルウェアはデータを破壊するためにデザインされたと言われるが、今回のケースでは、データを収集するためにも用いられている。そして、Microsoft Windows Management と、ネットワーク・ファイル共有機能を利用して、このマルウェアは広がり、続いてネットワークをシャットダウンし、コンピュータを再起動していったと、Ars Technica はレポートしている。

This so-called wiper was apparently a variant of the type that a group called DarkSeoul used on South Korean banks last year. The FBI confirmed that the Sony malware found resembled that used in the bank hack.

この wiper は、DarkSeoul と呼ばれるグループが、昨年に South Korea の銀行で使用したタイプの、変種であることが明らかになっている。 Sony でのマルウェアと、その銀行ハックで用いられたマルウェアの類似性については、FBI も確認している。

The malware found and stole other passwords. The GOP told Sony it had grabbed private files, computer source code files for software, and files that held passwords for Oracle and SQL databases, among other documents. With access to that, the GOP grabbed data on movie production schedules, emails, financial documents, and much more and published much of it.

このマルウェアが、他のパスワードを探し出し、盗みだしていくGOP が Sony に宣言したのは、プライベート・ファイルおよび、ソフトウェア用のソースコード・ファイル、そして、パスワードで保護された Oracle/SQL データベース内のデータやドキュメントなどを手に入れたというものだ。こうしたアクセス権を得た GOP は、映画制作のスケジュールや、電子メール、財務諸表などのデータを抜き出し、大量に公開してしまった。

Security experts say this is where Sony was particularly weak. It could have used layers of security that would have prevented them from grabbing so much information even after breaking in. Many companies don’t want to spend money on extra security that would specially protect email servers, password files, databases. That’s a big lesson any company can learn. Use layers of security protection that can stop hackers after they break in.

セキュリティの専門家たちは、Sony 固有の脆弱性について指摘している。最初のセキュリティが突破されても、セキュリティの階層を用いていれば、このような情報の大量流出は防げたはずである。大半の企業は、電子メール・サーバー/パスワード・ファイル/データベースを保護するための、追加のセキュリティに対する支出を嫌う傾向にある。つまり、今回の件は、あらゆる企業が学習すべき、重要な教訓となる。繰り返すが、階層型のセキュリティ保護を用いれば、ハッカーに侵入されても、その動きを封じることができるのだ。

The malware transmitted information back to other computers. The malware was communicating to computers elsewhere, including in Japan — possibly other computers on Sony’s network. Some of the malware was written in Korean, Ars Technica and others report.

このマルウェアは、他のコンピュータに情報を伝搬していく。おそらく、今回のマルウェアは、Japan も含めて、Sony のネットワークにつながるコンピュータと通信していた。マルウェアの中には、Korea で書かれたものもあると、Ars Technica などがレポートしている。

 Imgur

On the day of the hack, employees turned on computers and found this message on their screens, according to emails of the message sent to journalists.

ジャーナリストたちに送信された電子メールによると、ハッキングが行われた日に、従業員たちがコンピューターをオンにすると、このようなメッセージが表示されたという。

Ultimately, the hackers threatened Sony with a terrorist attack if it didn’t pull "The Interview" from theaters. The movie is a comedy about trying to assassinate North Korean dictator Kim Jong Un.

最終的に、ハッカーたちは、テロリスト的な攻撃でソニーを脅した。 つまり、"The Interview” を劇場で上映しないことを求めたのである。この映画はコメディではあるが、North Korea の独裁者である、Kim Jong Un(金正恩)の暗殺を題材としている。

Sony bowed to the pressure and pulled the picture, and on Friday the FBI reported that "the North Korean government is responsible" for the hack.

Sony は圧力に屈して、上映を取り下げた。 そして、金曜日には FBI が 、このハッキングに関して、North Korea 政府に責任があるとレポートしている。

Not everyone believes that North Korea was responsible, though.

しかし、North Korea に責任があるとは、誰も捉えていない。

Sony hasn’t issued technical details of the attack, but it is busy trying to spin the situation, especially after Obama said on Friday that the company should not have caved and yanked the movie from theaters.

Sony は、この攻撃について、詳細なテクニカル情報を公表していないが、状況の変化を考慮すれば、その大変さも理解できる 金曜日に Obama 大統領が、屈するべきではなく、映画も上映すべきだと発言した後は、さらなる混乱が生じたはずである。

ーーーーー

12/23 WSJ:なぜ北朝鮮のネットへの接続が不能になったのか

ーーーーー

この事件に関しては、断片的な記事が溢れ出て、どれを読めば良いのか分からないという状況が続いていました。 そして、ようやく、Business Insider から、適切なマトメがポストされたという感じがします。 ただし、Sony が The Interview をネット上で無償公開するという話もありますし、北朝鮮のインターネットが DDoS 攻撃により壊滅的な打撃を受けているという情報もあります。 その意味では、事の真相が見えてくるまでは、まだまだ時間が掛かると思いますし、この BI のマトメも、現時点の暫定的なものとして読むべきだと思います。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めているが・・・
Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Google:メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として暗号化されていない
Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
昨日に Evernote を襲った DDoS 攻撃も、400 Gbps 規模だったのか?
Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?

 

急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on November 28, 2014

CHART OF THE DAY: Samsung’s Mobile Market Share Is Tumbling
http://wp.me/pwo1E-83s
Dave Smith – Nov. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-samsungs-mobile-market-share-is-tumbling-2014-11

_ Business Insider

We’ve previously reported on the troubled state of Samsung’s mobile business, but the cheese became a little more binding on Monday with a report from The Wall Street Journal saying the South Korean company is considering replacing some of its top executives as a result of its cratering smartphone business.

先日のレポートでは、Samsung のモバイル・ビジネスが問題を抱えている状況を伝えたが、月曜日の Wall Street Journal によると、同社の体制に動きが見られるようだ。そして、この South Korean カンパニーは、スマートフォン事業における問題を解決するために、トップ人事の変更を検討していると述べている。

To get an idea of the pressure Samsung is facing in the mobile sphere, check out the company’s global smartphone market share. Based on IDC data charted for us by BI Intelligence, Samsung’s market share is getting eaten not only by Apple, representing the high-end smartphone market, but most notably from low-end phone makers in China including Lenovo, Huawei, and Xiaomi, which has come out of nowhere to become the biggest smartphone maker in China and the third-biggest in the world. (The "Other" section in this chart includes a bunch of smaller phone makers in India, Indonesia, and other big countries. But they’re all much smaller than HTC.)

モバイル分野で Samsung が直面しているプレッシャーを理解するためには、グローバル・スマートフォン市場における同社のシェアを確認する必要がある。IDC のデータから BI Intelligence が作成したチャートによると、Samsung のシェアは、ハイエンド・スマートフォンを代表する Apple にも攻めこまれているが、最も注目すべきは、Lenovo/Huawei/Xiaomi といった China ローエンド・スマホ・メーカーによる浸食である。とりわけ、この Xiaomi は、China で最大のスマホ・メーカーになっただけではなく、グローバル市場でも三番手に成長してきている。( なお、このチャートの Other のセクションには、India や Indonesia などのスマホ・メーカーが含まれているが、それらは、HTC よりもは遥かに小規模である)

Samsung’s mobile profits and revenue are both tumbling, but that only partially explains the shakeup. As for what Samsung should actually do about its mobile woes, Business Insider’s Jay Yarow has a far-out idea to save the company.

Samsung の モバイル事業は、売上と利益の両方で急降下している状況にあるが、その大改革といっても、部分的なものに留まるようだ。 Samsung が、モバイル事業を苦境が救うために実施すべき点については、Business Insider の Jay Yarow もアイデアを提供している。

SEE ALSO:  CHART OF THE DAY: Apple Has Nearly A Billion Payment Cards On File

ーーーーー

この Samsung の苦境は、単にシェアを減らすだけではなく、そのビジネスを縮小させるという深刻な状況にあるようです。 11/18 には China Topix が、「Samsung Reducing Smartphone Range By 30% In 2015」という記事をポストしていますが、アジアの途上国マーケットで戦っていくために、中国勢と同じレベルで価格競争していくという判断なのかもしれません。 おそらく、同じことは Sony にも言えることであり、ハイエンド・スマホというカテゴリーが、大きな転換期に差し掛かっているのかもしれません。

ーーーーー

<関連>

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Android の MAU が 11.5 億に近づいている:アドとアプリを分析する
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% がモバイルから!

Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力:それを示す1枚のチャート

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on September 5, 2014

CHART OF THE DAY: The State Of The Smartphone Market Before Next Month’s Big Phone Announcements
http://wp.me/pwo1E-7Oo
Dave Smith – Aug. 29, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-state-of-the-smartphone-market-before-next-months-big-phone-announcements-2014-8

_ Business Insider

The biggest names in technology — Apple, Samsung, and Google, among others — will unveil their next-generation smartphones starting in September. So before the new smartphone season officially begins, we thought it’d be interesting to take a look at the current landscape and see where it’s moving.

テクノロジー・ビッグネームの中でも、最大級の存在である AppleSamsungGoogle が、この 9月に揃って、次世代のスマートフォンを発表する予定である。この、新たなスマートフォン・シーズン始まる前に、現状のマーケットを見渡し、また、その動向を確認することは、とても興味深いことだと考えている。

_  space

Business Insider Intelligence

Based on company data charted for us by Business Insider Intelligence, Samsung is the current market leader in terms of smartphone shipments, thanks to the growth of Android, while Apple’s market share has started to shrink, giving away some of its lead to emerging low-end smartphones from LG, Huawei, and Xiaomi, in particular. Still, as the competition heats up thanks to the newest cheap handsets coming out of China, Samsung and Apple maintain strong positioning as they head into the fall quarter and ever-important holiday season.

Business Insider Intelligence がチャートにしたデータを参照すると、Android の成長に支えられる Samsung が、出荷台数という面で、現在のマーケット・リーダーとなっている。そして、Apple のマーケット・シェアが縮小し始める一方で、とりわけ、LG/Huawei/Xiaomi といったメーカーたちが、新たなローエンド・スマートフォン市場をリードするという状況が見えてくる。China から投入される廉価版スマートフォンが、この競合をヒートアップさせてはいるが、この秋から冬へかけての、重要なホリデー・シーズンへ向けて、Samsung と Apple は、強いポジションを維持するだろう。

ーーーーー

Xiaomi などに代表される中国勢および、Sony と LG などが増えた分だけ、Samsung と Apple がシェアを減らしています。 そして、Other のところに加算されているはずのインド勢が、つまり Micromax/Karbonn/Spice などが、廉価版 Android による新しい市場を作り出しているのでしょう。そして、2014年 Q1 の総出荷数は、3億台の間近まで迫っています。 年間で 13億台〜14億台のレベルまで、間違いなく到達するでしょうね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる

Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート

スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く

スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

タブレット市場の成長は、ここで止まってしまうのか:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on May 15, 2014

The Tablet Market Cooled Down in the First Quarter
http://wp.me/pwo1E-7uV

Niall McCarthy , April 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2194/the-tablet-market-cooled-down-in-the-first-quarter/

_ Statista

The global tablet market cooled down in the first quarter of 2014. Even though Apple shipped 16.4 million tablets, this was still 16% down on the year before.

世界のタブレット市場は、2014年 Q1 においてクールダウンしている。 Apple が 16.4 Million のタブレットを出荷しているが、それにしても、前年比で 16% のダウンである。

 

_  space

Between 2012 and 2013, Android tablet sales quadrupled, an explosive pace of growth which has proven difficult to maintain. Nevertheless, an impressive 37.9 million Android powered tablets were shipped in Q1 2014.

また、Android は 2012年から 2013年にかけて 4倍の伸びをみせたが、そのような爆発的な成長を維持するのは困難だ。ただ、それにしても、2014年 Q1 だけで、Android パワーのタブレットは、37.9 Million も出荷されてはいるのだ。

ーーーーー

TAG index売れるには、売れているのですが、ちょっと息切れしてきた感じがあります。 この、2014年 Q1 の、iOS と Android を合算すると 5000万台強です。したがって、今年のタブレット販売台数は、2.5億〜3億台前後になるのでしょうか? PC は 3億台くらいで、スマホは 6億〜7億台くらいという感じもします。 年末に、それぞれのカテゴリは、どのような数字を弾き出すのでしょうか? いまから楽しみですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている
タブレットの利用率 : iPad が 84% を占めるという調査の結果とは?
タブレット・シェア 下克上:Android 57% vs iOS 40%
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場
2013年 Android/iOS アプリ・ダウンロード予測:スマホ 560億回! タブレット 140億回!

Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/この秋に発売し、年末までに 6500万台を販売!

Posted in .Selected, Apple, Asia, Wearable by Agile Cat on April 9, 2014

Rumor: Quanta to build 65M Apple "iWatch" units in first year, Q3 2014 release expected
http://wp.me/pwo1E-7og
April 08, 2014 – By AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/04/08/rumor-quanta-to-build-65m-apple-iwatch-units-in-first-year-q3-2014-release-expected

_ apple insider

A suspect new report out of China claims to have a great deal of specifics on Apple’s rumored "iWatch," namely that it will debut in the third quarter of this year and will include advanced sensors to detect a user’s heart rate and blood pressure, among other things.

推測の域を出ないが、China からの新しいレポートが、ウワサの Apple iWatch に関して、かなり具体的な情報を提供している。 それによると、デビューは今年の Q3 とされ、ユーザーの心拍数や血圧を検出する、高度なセンサーの実装が特徴とされる。

The sketchily specific details from China’s Economic Daily News, reported on Tuesday, claim that the supply chain for the device was recently finalized. The report states that Taiwan’s Quanta Computer has received an exclusive contract to build the device, with 65 million units expected to be built in the first year of availability.

China の Economic Daily News が、火曜日(4/8)に報じた概要では、このデバイスのためのサプライチェーンが、最近になって確定したと述べてられている。具体的にいうと、Taiwan の Quanta Computer が、このデバイスを製造する独占契約を取得し、初年度に 6500万台を生産すると予測している。

iWatch Concept
by Todd Hamilton

The report goes on to say that the so-called "iWatch" will sport custom chips designed in-house by Apple but that some of them will be built at Samsung’s foundry, suggesting the company will continue to rely on its fierce rival for silicon.

さらに、このレポートは iWatch について、Apple 自身がデザインしたカスタムチップにサポートされるが、その中のいくつかは Samsung  により製造されるとしている。つまり、同社は、シリコンの世界で競う強力なライバルに、依存し続けることになる。

It’s claimed that Foxconn and Inventec were also in the running for assembly orders with the rumored "iWatch," but Quanta secured the exclusive contract. Other Taiwanese companies are said to supply the main assembly, touchscreen controls, and some integrated circuit and printed circuit boards for the final product.

また、この iWatch に関するウワサは、Foxconn と Inventec がアセンブリーを受注しているが、Quanta が独占契約を確保していると主張している。また、その他の Taiwan 企業も、最終的なプロダクトに関して、アセンブリーの機能や、タッチスクリーン・コントロール、集積回路、プリント回路基板などを提供すると言われている。

The report also goes on to say that the glass screen on Apple’s anticipated wrist-worn accessory will be made of sapphire. Apple late last year signed an exclusive deal with GT Advanced Technologies Inc. for supply of sapphire glass, a material already used by Apple to protect the cover of the Touch ID fingerprint sensor on the iPhone 5s, as well as the glass coating on the camera lens on the rear of the device.

さらに、このレポートによると、期待される Apple のリスト・バンド型のアクセサリーでは、サファイアで構成されるガラスス・クリーンが実装されるようだ。 昨年末のことだが、Apple は GT Advanced Technologies Inc と独占契約を締結し、サファイア・ガラスの調達に目処をつけている。この素材については、iPhone 5S の Touch ID 指紋センサー・カバーや、デバイスの背面にあるカメラ・レンズを保護するために、すでに Apple は実用段階に入っている。

As for Apple’s rumored watch, another report this week suggested the company could include a UV light exposure sensor in the accessory. Its inclusion could warn users about sunburn or general concerns about sun exposure.

この、ウワサの Apple iWatch であるが、今週に提供された別のレポートによると、UV 照射センサーが含まれる可能性が示唆されている。つまり、多くの人々が問題視する、日焼けや、紫外線の悪影響について、ユーザーに警告を発することになる。

Apple has made a number of key hires in recent years related to health and fashion, suggesting to many that the company is working on a new wrist-worn device that could serve both functions as an advanced iPhone accessory. The wearables market has been an area of considerable interest for other technology companies — including Samsung, Google, Sony and others — all of which plan to release new wrist-based electronics this year.

最近の Apple は、ヘルスやファッションにノウハウを持つ、有用な人々を採用している。つまり、iPhone の先進的なアクセサリーとしても機能する、この新たなリスト・バンド型デバイスに、それだけ注力していると示唆される。このウェアラブル市場は、Samsung/Google/Sony などを含む、その他のテック・カンパニーにとっても、大きな関心領域となっており、そのすべてが、リスト・バンド型の電子デバイスを、年内にはリリースすると予測されている。

ーーーーー

TAG indexこれまでのウワサと比べると、かなり具体的に記載されているという感じですね。 ウェアラブルと IoT の違いは、それを身につけることで、何らかの嬉しさがリアルタイムに得られるか、得られないかの差だと、個人的には思っています。 たしかに、心拍数とか血圧も大事ですが、だからといって嬉しいものではありません。 しかし、このレポートに記される、UV カット、お肌のケアは、女性ユーザーの心に刺さるセールス・ポイントになるのかと、いまさながら Apple の上手さに、感心している次第です。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?

Posted in .Selected, Facebook, On Monday, Open Compute, Storage by Agile Cat on April 7, 2014

Storage: Long-Term Low-Cost COLD Storage Solutions
http://wp.me/pwo1E-7nI

By Dick Weisinger – April 4, 2014
http://formtek.com/blog/storage-long-term-low-cost-cold-storage-solutions/

_ formtek

Recently at the Open Compute Summit, Facebook VP of Engineering, Jay Parikh described how Facebook has rigged together a system based on 10,000 Blu-ray discs that fit into a single cabinet, capable of storing 1 petabyte of data.  Facebook plans to improve on this first attempt and be able to reach 5 petabytes per cabinet.  Compared to existing hard disk solutions, Parikh says that the Blu-ray solution will be 50 percent cheaper and use 80 percent less energy. It will also provide 50 years worth of durability for data stored on the discs.

先日の Open Compute Summit で Facebook VP of Engineering である Jay Parikh が説明したのは、1万枚の Blu-ray ディスクをベースにしたシステムを単一の筐体に収め、1 Peta Byte のデータをストアするという、Facebook で試している方式である。また、Facebook は、この試みを改善することで、キャビネットあたりに 5 Peta Byte をストアしようと計画している。Parikh が言うには、既存のハード·ディスク·ソリューションと比較して、この Blu-ray ソリューションでは、コストが 50% も低減され、また、電力消費量は 80% もカットされるようだ。そして、ディスクに保存されたデータに対しては、50年の耐久性という価値も提供される。

Sony, original creator of Blu-Ray technology, and Panasonic have also recently teamed up to address the need for finding a robust long-term low-cost solution for archiving content.  They’ve recently announced that they would jointly produce a 300 GB optical disc for long-term archival.  The product family is to be named “Archive Disc” and should become available in 2015.  The target is to create Blu-Ray optical discs with a 1 TB capacity and to then package them into a disc cartridge containing 12 discs.

Blu-Ray テクノロジー の発案者である Sony と、つい先日に Panasonic が提携したが、アーカイブ・コンテンツのたための、堅牢な Long-Term Low-Cost ソリューションが、そこでの取り組みとなる。 そして、Long-Term アーカイブのために、300 GB の光ディスクを、恊働で生産すると発表している。このプロダクト・ファミリーは、“Archive Disc” と命名され、2015年には利用が可能になるはずだ。そのターゲットは、1 TB の容量を持つ Blu-Ray ディスクを開発であり、また、ディスク・カートリッジ内に、12枚のディスクをパッケージ化することである。

Not everyone is buying into the Facebook strategy.  Mark Peters, a senior analyst at Enterprise Strategy Group, commented that “some of what Facebook was doing was laying out a challenge to storage vendors.  I think what they were really communicating was that there is a need for low cost reliable storage.”

誰もが、Facebook の戦略に与するわけではない。Enterprise Strategy Group のシニア・アナリストである Mark Peters は、「 たしかに、Facebook における幾つかの取り組みは、ストレージ・ベンダーへの挑戦を提起した。そして、実際に彼らが発信したことは、低コストで高信頼性のストレージに、大きなニーズがあるということだったと、私は理解している」と述べている。

Bruce Kornfeld, Interim CMO at Spectra Logic, questions the logic of using Blu-Ray for commercial purposes.  Kornfeld said that “over the last 20 years the commercial data storage industry has attempted to commercialize multiple consumer technologies including CD ROM, CD Writeable, DVD writeable, 4mm Digital Audio Tape, 8mm video tape, and VHS video tape – with mixed results.  Consumer technologies offer high-volume and typically low cost storage media. The ‘low cost’ strengths of these technologies have also led to their downfall as they lack the device robustness and data reliability required by commercial data storage applications. In addition, consumer grade drives and media just don’t last very long. Blu-ray disc drive load mechanisms are probably good to a few thousand load/unload cycles. This compares with an LTO tape drive that is rated to 250,000 load/unload cycles. As you can see – the difference in durability is substantial!”

Spectra Logic の Interim CMO である Bruce Kornfeld は、Blu-Ray の商用目的での利用に対して、論理的に無理があると、異を唱えている。 そして、「 これまでの20年間において商用データ・ストレージ業界は、複数のコンシューマ・テクノロジーを商用化しようと試みてきた。そこに含まれるのは、CD ROM/CD Writeable/DVD Writeable/4mm Digital Audio Tape/8mm Video Tape/VHS Video Tape であり、また、それらの組み合わせである。たしかに、コンシューマ・テクノロジーは、一般的にみて大容積で低コストな記憶媒体を提供する。 しかし、それらのテクノロジーにおける低コストの強みは、商用データ・ストレージ・アプリケーションで必要な、デバイスの堅牢性とデータの信頼性を欠いているため、意味を持つものになり得ない。また、コンシューマ向けのドライブやメディアは、きわめて寿命が短い。Blu-Ray ディスク・ドライブのロード・メカニズムは、おそらく数千回の Load/Unload サイクルをサポートするだけだ。250,000回の Load/Unload サイクルに対応する、LTO テープ・ドライブの仕様と比較して欲しい。 誰もが分かるように、 耐久性が段違いなのだ!」と述べている

ーーーーー

この コールド・ストレージについては、すでに「 Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは? 」という抄訳でお伝えしていますが、Sony と Panasonic が提携して、新たなソリューションを展開するというのは、とても嬉しい話ですね。 文中で、Mark Peter さんが述べているように、Open Compute の目的は、ユーザーが本当に欲しいものを、すぐれたベンダーに安価に提供してもらうことです。その意味で、Sony と Pnasonic の提携は、とても素晴しいことです。 なお、Bruce Kornfeld さんには、No Comment です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ

%d bloggers like this: