Agile Cat — in the cloud

Hitachi がスマート・グリッドで Silver Spring と提携

Posted in Green IT by Agile Cat on February 24, 2012

Hitachi & Silver Spring link up over smart grid
http://wp.me/pwo1E-3WV
By
Katie Fehrenbacher Feb. 23, 2012
http://gigaom.com/cleantech/hitachi-silver-spring-link-up-over-smart-grid/

_ Gigaom

Japanese giant Hitachi and Valley smart grid network provider Silver Spring Networks are teaming up over product development as well as a potential investment. An announcement from the companies this morning states that “Hitachi will acquire convertible bonds with stock acquisition rights to be issued by Silver Spring,” and the companies say they will work on R&D for new products for the smart grid.

日本の大手である Hitachi と、Silicon Valley のスマート・グリッド・ネットワーク・プロバイダ Silver Spring Networks が、製品開発において協調だけではなく、資本提携も匂わしている。 今朝のことだが、両社からの発表によると「Silver Spring から発行される株式取得権利付きの転換社債を、Hitachi が購入する予定」と述べている。さらに両社は、スマート・グリッドの新プロダクトを開発するために、R&D に取り組むとも発言している。

Hitachi is a massive conglomerate with hundreds of businesses, including quite a few in the smart grid like energy management systems, transformers, battery storage technology, and lighting. Hitachi is also working on the Hawaii smart grid demonstration project with a variety of other companies.

Hitachi は広範囲におよぶ複合企業であり、エネルギー管理システム/変圧器/バッテリー・ストレージ・テクノロジー/照明といった、スマート・グリッド関連の事業も含めて、何百というビジネスを展開している。また Hitachi は、Hawaii スマート・グリッド・デモンストレーション・プロジェクトに、その他の企業と共に取り組んでいる。

Silver Spring, which filed for an IPO last summer, has yet to go public and has been turning to large companies for partnerships and investment. In December the company raised $24 million from storage and IT giant EMC. Will Silver Spring end up being sold off to one of these big players?

Silver Spring は昨年の夏に IPO 申請をしており、今後に控える株式公開へ向けて、大手企業とのパートナーシップや資本提携に目を向けている。 そして、昨年 12月には、ストレージと IT の大手である EMC から、$24 million を調達している。 それらの大手企業のいずれかに、Silver Spring は買収されることになるのだろうか?

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexアメリカのスマート・グリッドというと、必ず登場してくるのが Silver Spring です。この Hitachi との提携により、日本市場に良いかたちのプレッシャーがかかってくると良いなぁ~~~ と期待してしまいます。 まったく知りませんでしたが、Silver Spring は EMC からも資本を入れているのですね。 EMC と言うと、Greenplum と MarR で、スマートグリッドから吸い上げられる Big Data を Hadoop で解析というシナリオが目に浮かんできますが、そんな展開が実現すると、とても面白そうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook Oregon データセンターが LEED の Gold を受賞
Cleantech Open で見かけた、5 つのスマートグリッド・スタートアップたち
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
Obama 政権が公表した、スマート・グリッドを構築するための具体策とは?
アメリカ政府は今日、スマート・グリッドの推進策を表明する

 

Cleantech Open で見かけた、5 つのスマートグリッド・スタートアップたち

Posted in Energy, Green IT by Agile Cat on August 9, 2011

5 smart grid startups to watch via the Cleantech Open
By
Katie Fehrenbacher Jul. 15, 2011
http://gigaom.com/cleantech/5-smart-grid-startups-to-watch-via-the-cleantech-open/

_ earth2tech

The network of the smart grid is taking its sweet time to get deployed, but we still need smart applications to run over, and at the edges of, these networks once they are fully installed. At the business competition the Cleantech Open this week, there were a dozen or so entrepreneurs looking at energy applications, energy data management and using software to integrate more clean power on the grid.

スマート・グリッドのネットワークは、それをディプロイするときにうまいビジネスをと考えているが、それらのネットワークがインストールされた後のエッジで実行される、スマート・アプリケーションが依然として必要とされている。 それらのビジネスを競い合う、今週(7月中旬)の Cleantech Open には、エネルギーとデータ管理のアプリケーションを開発し、ソフトウェアによるクリーン電力を活用していこうとする、1ダース以上の企業家たちが集まった。

Image courtesy of Vladeb

Here are five smart-grid startups to watch out of the Cleantech Open:

以下に、Cleantech Open で注目を集めていた、5つのスマートグリッド・スタートアップを紹介していく:


1. Smart Grid Billing. As the name suggests, this Folsom, Calif–based company sells services to utilities that enable more intelligent billing and smarter ways to start up demand-response events based on its algorithms. Consumers don’t want utilities to noticeably manage their end devices during a demand-response event, so this technology can help make that process more seamless and useful.

その名前が示すように、この Calif–based の Folsom は、独自のアルゴリズムで demand-response イベントを立ち上げる、インテリジェントな請求処理とスマートなサービスを、電力会社に販売していく。この demand-response イベントの間に、消費者のデバイスを、電力会社があからさまに管理することは好まれないため、さらにシームレスで効果的なプロセスを、このテクノロジーが支援することになる。

2. Qado Energy. Qado has developed software for modeling, analytics and monitoring for utilities for the distribution portion of their grids. Utilities can use the software to model how their grids will react when they add new clean-power generation that can be variable and cause power spikes and gaps.

Qado は、グリッド上の分電部分に関する、モデリング/分析/モニタリングのソフトウェアを開発し、電力会社に販売していく。それにより、変化しやすく、ピークやギャップを持ちやすいクリーン・エネルギーを加えるときに、このソフトウェアを用いて、電力会社はグリッドの反応をモデリングできるようになる。

3. GridMobility. GridMobility is working on a particularly fascinating project: using hot water heaters to store energy for utilities to help integrate wind power. The startup’s technology enables utilities to keep track of power assets in real time, and the company is working with Mason County PUD, Bonneville Power Administration and PJM.

GridMobility は、きわめて魅力的なプロジェクトに取り組んでいる。それは、エネルギーをストアするために温水ヒーターを活用し、風力発電と統合していこうとするものである。 このスタートアップのテクノロジーは、リアルタイムで電力資産を追跡/記録するものであり、Mason County PUD/Bonneville Power Administration/PJM と協業している。

4. Growing Energy Labs. Growing Energy Labs is developing networking technologies for energy storage. Researchers think there will be a breakthrough in energy storage in the U.S. in 2012, given that a variety of pilots will have been completed, and much more energy storage will be needed to integrate clean power onto the grid.

Growing  Energy Labs は、電力ストレージのためのネットワーク・テクノロジーを開発している。 研究者たちは、いろいろなパイロット・プロジェクトが完了する 2012年移行に、アメリカの電力ストレージにブレークスルーが生じると考えている。つまり、グリッド上にクリーン電力を統合するためには、さらに多くの電力ストレージが必要とされることになる。

5. AC Research Labs. AC Research Labs sells an air-conditioning retrofit product called HelioMist that reduces air-conditioning power by 20 to 30 percent.

AC Research Labs は、エアコンの消費電力を 20%~30% 低減するための、HelioMist というエアコン・リトロフィット・プロダクトを販売している。

See any new smart grid startups I should check out? Leave me tips in the comment section.

私がチェックした、スマート・グリッド・スタートアップは どうだろう? コメント・セクションに、ティップスを残して欲しい。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

3.11 以来、日本でも、次世代エネルギーに関する議論が活発になってきましたが、それと同時に考えていかなければならないのが、スマートグリッドの視点なのです。 この GigaOm の earth2tech は、ずっと気になっていたのですが、なかなか翻訳まで踏み込める時間がなく・・・ という感じでした。 でも、今日、ようやく 一本! できました :)  これからも、面白いものがあれば、掲載していきたいです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
いまこそ スマート・グリッド を考えよう – 多様性とセキュリティ
スマートグリッド導入で電力不足は解決できる ― 村上憲郎
アメリカ政府は今日、スマート・グリッドの推進策を表明する
Obama 政権が公表した、スマート・グリッドを構築するための具体策とは?
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?

 

Obama 政権が公表した、スマート・グリッドを構築するための具体策とは?

Posted in .Chronicle, Green IT by Agile Cat on July 18, 2011

Obama administration unveils programs to build the smart grid
By
Katie Fehrenbacher Jun. 13, 2011, 8:03am PT
http://gigaom.com/cleantech/obama-administation-unveils-programs-to-build-the-smart-grid/

_ Gigaom

As expected, at an event at the White House on Monday, Obama administration officials unveiled a slew of programs and initiatives that will aim to help add information technology to the power grid to make the grid more efficient and more secure. The Obama administration has already invested $4.5 billion in recovery investments into smart grid projects, which were then matched by $5.5 billion in private money says the administration, and these new projects unveiled on Monday are the administration’s way to follow-up on those funds.

予測されたとおり月曜日(6/13)に開催された White House のイベントで、 Obama 政権の高官たちは、電力ネットワークの効率を高め安全に運用するために、送電網に IT を投入して方針を支援する、大量のプログラムとイニシアティブを明らかにした。 すでに Obama 政権は、民間からの資金である $5.5 billion に合わせて、$4.5 billion の資金をスマート・グリッド・プロジェクトに投入している。そして、月曜日に明らかにされた新しいプロジェクトとは、それらの資金に追随する運営方針を持つものとなっている。

However, the new smart grid programs are noticeably light on funding commitments, which isn’t too surprising given the recent budget struggles.

しかし、スマート・グリッドに関する新しいプログラムは、資金面でのコミットメントが小さく、前回において困難をきわめてた予算の確保を前提とするなら、そこにサプライズはない。

It’s “important not to hurdle down this path without a plan,” said John Holdren, President Obama’s science and technology advisor and director of the White House Office of Science and Technology Policy, at the event on Monday. Nancy Sutley, Chair of the White House Council on Environmental Quality, pointed out at the event that creating smart grid projects and tools will create jobs in the U.S. that can’t be outsourced.

この、月曜日のイベントにおいて、「具体的な計画と乖離したところで、この方針におけるハードルを、下方修正しないことが重要だ」と、Obama 大統領の科学技術アドバイザーであり、White House Office of Science and Technology Policy のディレクターでもある、John Holdren 発言している。 また、Chair of the White House Council on Environmental Quality である Nancy Sutley は、スマート・グリッドのプロジェクトおよびツールの推進により、アウトソースできない雇用が、あまりか国内に生じると、このイベントで指摘している。

imageWe’ve already installed 5 million smart meters nationwide, and we’ve deployed smart grid technology and research projects, and these new programs are a continuation of this commitment, said Department of Energy Secretary Steven Chu at the event.

すでに私たちは、500万個のスマート・メーターを全国規模で配置し、スマート・グリッドの技術・研究プロジェクトを展開している。 そして、さらに、今回の新しいプログラムにより、これまでの取り組みが継続されると、Department of Energy Secretary の Steven Chu も、このイベントで発言している。

So what are the new programs? Here’s 9 ways that the Obama administration is looking to spur the smart grid:

そして、この新しいプログラムとは、どのようなものなのだろうか? ここに、Obama 政権が掲げ、スマート・グリッドを後押しする、9つの方式がある:

  1. As part of the Department of Agriculture’s Rural Utility Service, the administration is offering a minimum of $250 million in loans for smart grid projects in rural places in the U.S., as well as a potential $106 million in upgrades.
  2. The administration is launching a new non-profit program called Grid 21, which will focus on spurring consumer-facing tools that will enable consumers to reduce energy consumption, but also maintain privacy and security. The trade group the GridWise Alliance said in a release that Grid 21 will launch a new energy-savings contest called the “Biggest Energy Saver Campaign,” in conjunction with utilities Oncor, CenterPoint Energy, and San Diego Gas & Electric, smart meter makers Itron and Landis+Gyr and integrator IBM. The contest will deliver ways for consumers to reduce energy, and also will have prizes  for software developers that can create new tools.
  3. The Department of Energy is working on new projects, including a crowd-sourced map to track progress of smart grid projects, a student competition around home energy efficiency, and an Energy Information Administration project on measuring energy efficiency progress.
  4. The administration launched an initiative that will seek to share the lessons learned from the smart grid stimulus investments, will hold a series of stakeholder meetings, and has created a new website: www.SmartGrid.gov.
  5. The administration unveiled a new “Renewable Energy Rapid Response Team,” that will review clean power and transmission line projects and improve “federal coordination” for getting clean power projects deployed. The team will be led by the White House Council on Environmental Quality, the Department of the Interior, and the Department of Energy.
  6. The administration put an emphasis on grid security issues, and says it will create ways for grid operators to have access to information about threats to the power grid, help companies deliver new security tools, and create security standards.
  7. In the President’s fiscal year 2012 budget, the DOE has asked for funds to build a “Smart Grid Innovation Hub,” that will be a collaboration of federal researchers, companies, and utilities representatives, and will support R&D and project deployments.
  8. The DOE’s high-risk early stage program, the Advanced Research Project Agency-Energy (ARPA-E) will support new smart grid research and is working with utilities and military bases to test new tech.
  9. The administration released a report that focuses on four ways to help modernize the grid, including how to better align economic incentives that will spur smart grid technologies, how to focus on standards and interoperability to boost innovation, how to help empower consumers with energy tools, and how to increase grid security and resilience.
  1. この政権は、Department of Agriculture における Rural Utility Service の一部として、そのアドミニストレーションは、アメリカ国内の農地でのスマート・グリッド・プロジェクトに関して、最小で  $250 million のローンを提供し、$106 million の追加枠も提供する。
  2. この政権は、消費者に直面するツールを促進するための、新規の非営利プログラムである、Grid 21を立ち上げようとしている。それにより、エネルギー消費を減らすだけではなく、消費者のプライバシーとセキュリティが保たれる。 業界団体である GridWise Alliance は、そのリリースの中で、Grid 21 が立ち上げる “Biggest Energy Saver Campaign” というコンテストに、公共事業者である Oncor および、CenterPoint Energy、San Diego Gas & Electric が連携し、また、スマート・メーター・メーカーである Itron と Landis+Gyr、そして、インテグレータである IBM も連携するとしている。このコンテストは、消費者サイドにおけるエネルギー消費を削減する方式を促進し、さらには、新しいツールを提供するソフトウェア開発者に賞を提供する。
  3. Department of Energy が取り組んでいく新しいプロジェクトには、スマート・グリッド・プロジェクトの進捗を追いかけるための crowd-sourced map や、ホーム・エネルギー効率に関連する調査のコンペ、そして、エネルギー効率の進歩を測定する Energy Information Administration などが含まれる。
  4. この政権が立ち上げたイニシアティブは、スマート・グリッド刺激策としての投資からの教訓を共有し、一連のステークホルダー・ミーティングを開催し、また、www.SmartGrid.gov という新しい Web サイトを作成している。
  5. この政権は、「Renewable Energy Rapid Response Team」の新設を明らかにした。 それにより、クリーン電力と送電網のプロジェクトを再検討し、また、展開されるクリーン電力プロジェクトにおける「連邦レベルでの調整」を改善していく。 このチームは、White House Council on Environmental Quality および、Department of the Interior、Department of Energy により指揮される。
  6. この政権は、グリッド・セキュリティ問題を重視する。具体的には、送電網に対する脅威に関する情報への、グリッド・オペレーターによるアクセス方式を作り、新しいセキュリティ・ツールを配布する企業を支援し、セキュリティ・スタンダードをもたらすと、発言している。
  7. Obama 大統領の 2012年度予算において、DoE は「Smart Grid Innovation Hub」を構築するための資金を要求する。それにより、連邦の研究者や、企業、公共事業の代表者たちのコラボレーションが促進され、また、R&D とプロジェクトのディプロイメントが支援される。
  8. DoE におけるアーリー・ステージのハイリスク・プログラムである、Advanced Research Project Agency-Energy (ARPA-E) は、スマート・グリッドに関する新規の研究をサポートし、また、新しいテクノロジーをテストするために、公共事業者および連邦軍と協調していく。
  9. この政権は、送電網を近代化していくための、4つの方式にフォーカスするレポートを発表した。どのようにしたら、スマート・グリッド・テクノロジーを促進するための、経済的な誘因を横並びに焼成できるのか。どのようにしたら、イノベーションを促進するための、スタンダードとインターオペラビリティにフォーカスできるのか。どのようにしたら、エネルギー・ツールにより消費者を支援できるのか。どのようにしたら、導電網における安全性と弾力性を強化できるのか。

imageOverall, the programs don’t offer much more funding commitments, in comparison to the smart grid stimulus funds, and utilities might find these new programs to be “smart grid lite.” According to a new report from Black & Veatch launched Monday morning, utilities think that one of the biggest barriers to deploying a smarter grid is that once the stimulus funds have been committed there is uncertainty about how much more federal funding will be available.

全体的にみて、このプログラムは、スマート・グリッド刺激策資金との比較において、多くの資金を提供するものではない。 そして、公共事業者たちに、「smart grid lite」とも言える、新しいプログラムの発見を促すのかもしれない。 月曜日の朝に立ち上げられた Black & Veatch からの新しいレポートによると、公共事業者たちが考える、スマート・グリッドを立ち上げる際の最大の障壁は、刺激策としての資金がコミットされた後に、どれくらいの政府資金が利用できるかという、不確実性が残っている点だとされる。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

ちゃんと訳したいと思いつつ、1ヶ月が経ってしまいました orz。 この、オバマ政権の発表であれば、他の米メディアも大きく扱っていたはずですが、日本には伝わっていないようですね。 まぁ、善し悪しは別にして、どのような議論が、エネルギー問題におけるステップとして必要になるのかという点では、とても参考になるはずだと思います。 原子力の是非や、太陽光の是非も良いですが、日本の新聞やテレビには、もっと建設的な議論へと誘導して欲しいものだと、ダメモトで願ってしまいます。 以下の<関連>も、ぜひ ご覧くださ~~~い。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカ政府は今日、スマート・グリッドの推進策を表明する
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
いまこそ スマート・グリッド を考えよう – 多様性とセキュリティ
スマートグリッド導入で電力不足は解決できる ― 村上憲郎

アメリカ政府は今日、スマート・グリッドの推進策を表明する

Posted in .Chronicle, Energy, Green IT by Agile Cat on June 13, 2011

White House to Launch New Smart Grid Initiatives
By
Katie Fehrenbacher Jun. 12, 2011, 4:08pm PT
http://gigaom.com/cleantech/white-house-to-launch-new-smart-grid-initiatives/

_ Gigaom

On Monday morning the White House plans to hold an event focused on the smart grid that will discuss both new private and public initiatives for how to implement a smarter power grid. While I don’t know the details of any new programs, officials involved in the announcement will include Department of Energy Secretary Steven Chu, Chief Technology Officer Aneesh Chopra, and Secretary of Agriculture Tom Vilsack.

月曜日(アメリカ時間の 6/13)の朝に White House は、スマート・グリッドにフォーカスしたイベントを主催し、スマート・グリッドを実装する方法について、行政と民間の双方による議論を促進していくことになる。 そのイベントの詳細は未確認だが、Department of Energy の Secretary である Steven Chu および、Chief Technology Officer である Aneesh Chopra、そして Secretary of Agriculture の Tom Vilsack が参加すると、オフィシャルにアナウンスされている。  

imageAt the event the White House also plans to release a report written by the National Science and Technology Council on “A Policy Framework for the 21st Century Grid.” The report will look at smart grid technology, how IT can reduce the need for new power plants and can deal with power outages, and how to integrate clean power and electric vehicles into the grid.

さらに White House は、このイベントにおいて、National Science and Technology Council が記述した「A Policy Framework for the 21st Century Grid」というレポートの発表を計画している。 このレポートは、スマート・グリッド・テクノロジーにおける IT の役割を見定めようとしており、具体的には、新しい発電所への要求を低減し、停電を回避し、クリーン・パワーと EV をグリッドへ取り込むための、IT について論じられると思われる。

The event, which takes place 7AM to 830AM PT, will be welcome attention for the smart grid from the U.S. federal government, now that the stimulus package funds for the smart grid have been allocated and are being spent. Utilities have expressed concerns that one of the biggest impediments to the deployment of the smart grid in the U.S. is that after the stimulus funding is gone, there has been great uncertainty about funding future smart grid initiatives.

このイベントは、西海岸時間の 7AM~ 8:30PM で開催され、その時点から、アメリカ連邦政府によるスマート・グリッドへの取り組みが始まる。なお、景気刺激策のための資金は、すでにスマート・グリッドに割り当てられ、また、執行されている。 なお、電力各社は、アメリカにおけるスマート・グリッドの展開について、1つの懸念を表明している。それは、刺激策としての資金が費えた後の、未来のスマート・グリッド・イニシアティブの経済について、大きな不確実性があると指摘するものである。

We’ll bring you the news Monday morning!

このニュースについては、月曜の朝(日本時間 6/14 未明)に報道する!

Image courtesy of james_jhs.

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

 

ーーーーー

いよいよ、大きな第一歩が踏み出されるのでしょうか? このイベントが、Big News になることを期待したいですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft と Toyota は、自動車用のクラウド・プラットフォームを Azure で構築する
あらためて、Smart Grid Japan を ご案内します
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
クリーン・エネルギーへの投資が、全世界で $243B (20兆円) に達した
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

Tagged with: , , , , ,

日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国

Posted in .Save Japan, .Selected, Energy, Green IT by Agile Cat on March 24, 2011

Smart grid more attractive, post-Japan?
Political stalemates on new generation favor efficiency
Phil Carson | Mar 15, 2011
http://www.intelligentutility.com/article/11/03/smart-grid-more-attractive-post-japan

image

<関連> スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ

The simplest possible observation at this stage on the Japanese nuclear crisis is that it complicates the argument for major investment in new nuclear power in the United States and, probably to some degree, favors all other generation sources.

日本の核危機について、いまの状況を可能なかぎりシンプルに観察すると、アメリカにおける新規の原子力へ向けられる、主たる投資の議論は複雑なものとなり、また、ある程度までは、他の発電方式に対して、有利にはたらくことになる。

But the situation also may boost the argument for electric grid efficiencies at the transmission and distribution level, including efficiencies and curtailment at the end-user level.

しかし、この状況は、送配電レベルにおける電力グリッドの議論も促進し、エンドユーザー・レベルにおける効率化と節電をも巻き込むかもしれない。

Of course, pronouncements over events still unfolding are always precarious and my first statement may well be proven wrong. But some facts in the Japanese situation actually do underscore the value of grid efficiencies down to the end-user, regardless of the power source.

もちろん、さまざまな事象が続く中での表明は、常に推定的なものであり、また、私の最初の発言は、間違っていると証明されるだろう。しかし、いまの日本の状況から得られる、いくつかの事実は、電力ソースとは関係のないところで、エンドユーザーにしわ寄せをもたらす、送電グリッドの安直さを際立たせる。

Consider these facts, courtesy of World Nuclear News:

World Nuclear News から提供された、以下の事実について考えて欲しい:

  • Japan derives about 30 percent of its electricity from 54 nuclear reactors
  • 7 of those 54 reactors were down for routine maintenance when the earthquake and tsunami struck on March 11
  • 4 more reactors were disabled  during the disaster and remain unstable
  • More than one-third of Japan’s nuclear-generated power is now unavailable
  • 日本は、総電力量の 30% を、54基の原子力炉から引き出している。
  • 3月 11日に地震と津波が発生したき、54基の原子炉のうち、7基がルーチン・メンテンナンスのために停止していた。
  • この災害の間、4基以上の原子炉が使用不能であり、不安定な状態にある。
  • 日本の原子炉が発電する電力容量のうち、1/3 以上が供給不能となっている。

As for the 70 percent of Japan’s power generated from fossil fuels, including coal, oil and liquefied natural gas, as well as hydroelectric facilities, the Tokyo Electric Power Company (Tepco), the country’s largest utility, reported yesterday that 12 thermal power units and 22 hydroelectric units had been knocked out by the earthquake last Friday.

残りの 70% について言うと、石炭/石油/液化天然ガスを含めた化石燃料だけではなく、水力発電のファシリティから生成される。 この国における最大の電力会社である TEPCO(Tokyo Electric Power Company)のレポート(3/14)によると、先週の金曜日の地震により、12ヶ所の火力ユニットと、22ヶ所の水力発電のユニットが使用不能になっているという。

imageAll this meant that only 33 gigawatts of capacity were available to meet 37 gigawatts of demand on the day of the earthquake, resulting in power outages to 2.4 million households. Two days later, that number was down to 260,000 households. On Sunday, however, Japanese authorities asked industrial electricity users to temporarily reduce demand and Tepco said it had applied three-hour rolling blackouts to successive portions of its service territory to balance the system.

結果として、地震が発生した日の電力需要である、3700万キロワットに対して、供給されたのは 3300万キロワットに過ぎず、240万戸の家庭に停電をもたらすことになった。 そして、2日後には、停電戸数は 260,000の まで低下した。 しかし、日曜日には、日本政府から産業ユーザーに対して、一時的に消費を減らして欲しいとの要求があり、また、Tepco からはシステムを維持するための、3時間の計画停電を、隣接するサービス区域に対して、順番に適用していくとの表明があった。

(上記の 33 gigawatts および 37 gigawatts は、3.3 GW と 3.7 GW の間違い )

In fact, Junichi Abe, senior writer for the nation’s largest newspaper (Yomiuri Shimbun), wrote in the Daily Yomiuri Online yesterday that Tepco and the Japanese government were at fault for the “man-made disaster” of rolling blackouts. Despite the natural causes that led to power shortages, this writer said, Tepco and the government should have consulted large industrial power users “on their energy saving plans and determined power demand based on this, before making plans for the outages,” which included shutting down Tokyo’s rail service.

現実に、日本の最大手新聞(Yomiuri Shimbun)の Junichi Abe(senior writer)は、昨日(3/14)の Daily Yomiuri Online に、Tepco と日本政府は、計画停電という「人災」に責任を持つべきと書いている。 電力不足に導いたのは自然であるが、この著者が発言しているのは、Tepco と政府は計画停電のプランを作る前に、大口の産業ユーザーと節電計画について相談し、そこから得られる差分に基づき、電力需要を決めるべきだったという内容である。しかし、そこには、Tokyo の鉄道サービスを停止するという項目も含まれてしまうのだ。

In other words, if demand response plans were in place, the utility could have avoided cutting power to Tokyo’s rail service, which apparently compounded the national sense of confusion and resulting economic fallout.

言い換えると、需要への対応の計画が実施されていたなら、その電力会社(TEPCO)は、Tokyo の鉄道サービスへの電力供給を止めずに済んだとはずだ。それを回避できなかったことで、国家としての混乱と、経済への打撃が、さらに悪化しているように思える。

Coincidentally, I spoke recently with Mark Martinez, manager of business planning and strategy at Southern California Edison, on the subject of demand response and it became clear that his utility’s demand response portfolio has many options. Some may be applied to day-ahead spikes in wholesale prices, while other options may be used to respond to events such as transmission line failures—i.e., the sort of sudden, unplanned emergencies for which Japan is becoming the unwitting poster child.

いくつかのオプションは、全体的な電力価格の Day-shead ピークに適用されるかもしれない。 その一方で、他のオプションは、送電網の障害といった出来事に用いられるかもしれない。 つまり、日本における今の状況が、無意識うちに認識される、典型的なモデルとなるのだ。

So, while politicians and pundits in the U.S. may debate the impact that Japan’s crisis will have on our domestic nuclear industry, one lesson appears to be clear: energy efficiency and demand response plans aren’t all about air-conditioning loads on hot summer afternoons. These approaches can pay dividends under catastrophic emergency situations.

したがって、アメリカの政治家と専門家は、日本における危機が、国内の原子力産業に与える影響について討論するだけではなく、学習の対象となる、1つの事象を明らかにすべきである。つまり、エネルギーにおける効率と需給のプランは、真夏の暑い午後のクーラーのためだけに在るのではない。 こうしたアプローチは、大災害かた生じる緊急事態の下で、大きなメリットをもたらすことになる。

Coupled with grid modernization—the intelligence and technologies that make electrical grids more efficient, reliable and visible down to the end-user—an approach whose costs are also hotly debated, this toolkit of options would better prepare our grids for the next emergency. After all, California does sit on the leading edge of a continental plate.

グリッドの近代化(インテリジェンスとテクノロジーが、送電グリッドの効率と信頼性を高め、エンドユーザーに安心を与える)と結びつけるアプローチは、コストの高騰という議論を伴うが、このオプション・ツールキットは、次にやってくるかもしれない緊急時のための、より良い送電網を準備するだろう。 結局のところ、 California は、大陸プレートのエッジの上に乗っているのだ。

Phil Carson
Editor-in-chief
Intelligent Utility Daily
pcarson@energycentral.com
303-228-4757

ーーーーー

なるほど、電力供給のポートフォリオですか! つまり、日頃の電力消費のパターンが解析され、災害時のための様々なシナリオが用意されれば、状況に応じたベスト・エフォートを実施できるのですね。 もちろん、送電網の多重化などのインプリが必要になるでしょうが、そのアーキテクチャとデザインはクラウドなのです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下

 

いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ

Posted in .Save Japan, .Selected, Energy, Green IT by Agile Cat on March 22, 2011

Japanese Earthquake and Tsunami: Diversify and Secure the Energy Grid
March 16, 2011 at 11:00 AM by
Larry Karisny
http://www.muniwireless.com/2011/03/16/japanese-earthquake-tsunami-diversify-and-secure-energy-grid/


Image(17)

<関連> 日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国

In a recent smart grid summit at the Miami Beach Convention Center, the power went out right in the middle of a smart grid security panel discussion.  I was moderating the discussion between Southern Power, Cisco and Atmel when the lights dimmed and fell back to alternative power.  With top security specialists in the audience I first thought I would make light of the situation, questioning some people in about potential hackers causing the power outage. I then made it clear to the audience that this is just a minor inconvenience.  If they really wanted to know what it is like to not have power, they should come to Florida after a hurricane.  This is what is being seen in Japan with the additional concerns of radiation leaks form the Fukushima nuclear plants.  With the catastrophic event of the recent earthquake and tsunami in Japan in mind, we need to further define the importance of smart grids, their design and their needed security.  As seen, the potential loss of power though natural or man-made causes can be just an inconvenience but at other times it can be a global catastrophe.

Miami Beach Convention Center で開催された、直近のスマート・グリッド・サミットで、スマート・セキュリティに関するパネル・ディスカッションが真ん中に差し掛かったとき、電気が止まってしまった。 灯りが消えて、補助電源に切り替わったとき、私は Southern Power/Cisco/Atmel たちのディスカッションで議長をつとめていた。  そして、偶然にも聴衆として参加していたセキュリティの専門家と一緒に、その停電を引き起こしたのがハッカーなのかという即席の議論を、その他の何人かの聴衆と行い、その状況は軽視できるものだと考えた。 私は続いて、その停電が、取るに足らない出来ごとであると、聴衆を安心させた。  もし、彼らが深刻な停電を引き起こす方法を知りたがっているのなら、ハリケーンの直後に Florida に来るはずだ。  それは、福島原発からの放射能漏れという、日本における心配事に加えられるべき事柄である。私たちは、  日本に起こってしまった地震と津波という大災害を念頭に置き、スマート・グリッドの重要性とデザイン、そして必要とされるセキュリティを明確にしていく必要がある。  いま、確認できるように、天災および人災による電力の喪失は、単に不便なだけであるが、ある時には、世界的な大惨事にもなり得る。

First, the loss of life and suffering in Japan requires immediate global attention and support. As we support the immediate needs, we also need to learn from the disaster, as it relates to the policies and technology of global smart grid initiatives. A recent article by Christine Hertzog , Catastrophe and Grid Resiliency reported that the regional utility, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) instituted rolling blackouts to address a 25 percent shortfall in generation capacity.  This statistic alone clearly defines how centralized power and distribution (nuclear or not) are potentially big problems when destroyed by natural or man made catastrophic events.

最初に言うが、日本における人命の喪失と深い悲しみは、世界中が注視すべきものであり、また、迅速に支援すべきものである。 そして、日本の人々が必要とするものを、直ちにサポートし始めることで、この大災害から学ぶという必要性が、私たちには生じる。 それこそが、グローバルなスマート・グリッドの実行力における、ポリシーとテクノロジーに関連するものとなる。 Christine Hertzog は最近の記事である Catastrophe and Grid Resiliency で、地域の電力会社である TEPCO が、不足する 25% の電力容量に対処するために、計画停電を実施したとレポートしている。  この、25% という値が明らかにするのは、天災や人災が破壊を引き起こしたとき、センタライズされた発電機能(原子力に限らない)から、電力を分配していく方式が、きわめて大きな問題をもたらす可能性である。

image

The results of centralized power production, transmission and distribution combined with limited power grid network intelligence are being clearly demonstrated in Japan.  Another article in intelligentcommunity, Smart grid more attractive, post-Japan noted if smart grid demand response plans were in place, the utility (TEPCO) could have avoided cutting power to Tokyo’s rail service, which apparently compounded the national sense of confusion and resulting economic fallout. This same lack of grid intelligence is responsible for many costly power outages.  A study conducted by Lawrence Berkeley National Laboratory (Berkeley Lab) researchers Kristina Hamachi-LaCommare and Joe Eto for the U.S. Department of Energy’s Office of Electric Transmission and Distribution estimates that electric power outages and blackouts cost the US about $80 billion annually. The need for grid intelligence and design for a more resilient and intelligent power grid infrastructures are clear.

センタライズされた発電/送電/配電と、インテリジェンスが限定された送電網との組み合わせの結果が、いまの日本で明らかに証明されている。  intelligentcommunity の別記事である「Smart grid more attractive, post-Japan 」が指摘するのは、スマート・グリッドへの需要反応計画が実施されていたなら、その電力会社(TEPCO)は、Tokyo の鉄道サービスへの電力供給を止めずに済んだというものである。それを回避できなかったことで、国家としての混乱と、経済への打撃が、さらに悪化しているように思える。 送電網におけるインテリジェンスの欠落は、停電により無に帰す膨大なコストに対して、責任を負うことに他ならない。Lawrence Berkeley National Laboratory (Berkeley Lab) の研究者である Kristina Hamachi-LaCommare と Joe Eto が、 U.S. Department of Energy の Office of Electric Transmission and Distribution のために実施した調査によると、送電の不備による停電は、米国経済に対して年間で約 $80 billion の損失をもたらすと試算されている。 インテリジェントな送電網および、弾力性のあるデザイン、そして、インテリジェントな送電インフラストラクチャが、明らかに必要とされている。

Although natural disasters offer chilling representations of power infrastructure devastation they really are not the biggest threat to our global power infrastructures.  Continued concerns of the power grids   security combined with centralized power production and distribution would cause massive outages if breached.  These little publicized breaches have occurred globally and are becoming more of a concern in both existing legacy grid networks and new smart grid network designs.  A recent InfoSec Island article,  “Scientists Decry Cyberwar as Governments Respond” by Dan Dieterle clearly reported the concerns of cyber attacks on our power grid quoting the concerns of high level government officials and scientists. There is little doubt in the article about the potential of a power grid breach. The question is how to defend against an attack.

自然災害が電力インフラストラクチャを破壊するとき、ぞっとする光景を目にすることになるが、私たちの言うグローバルな電力インフラストラクチャにとって、それが最大の脅威になることは無い。センタライズされた発電および送電と組み合わされる、送電網のセキュリティにおける継続的な関心事は、そのシステムがハッキングされた場合の、大規模な停電となるだろう。  こうした、すでに公表されている小規模な侵入は世界中で起こっており、既存の旧式送電網と、新規のスマートグリッドの双方において、その関心度を高めている。InfoSec Island における Dan Dieterle の最近記事「Scientists Decry Cyberwar as Governments Respond」が明らかに報じているのは、私たちの言う送電網上のサイバーアタックへの関心は、政府高官や科学者の関心事を引用しているというものだ。 送電網への侵入の可能性について、この記事に書かれていることには、ほとんど疑いがない。 しかし、どのように攻撃から守るべきかが論点である。

imageBoth grid security and resiliency need to be built in all current production, transmission, distribution and demand grid sectors. We can accomplish this by designing power production sources with secure and interoperable micro grids that can support both existing and upcoming alternative power sources.  Power production differs depending on the source of power and cannot always be decentralized.  A good example is Hydro One harnessing the power of Niagara Falls.  There is no one size fits all when designing power requirements for a region but now is the time to recognize the importance of properly building more diverse and secure smart grid topologies.  The modern smart grid must be designed to become more reliable, safe and secure. It is these very attributes that Japan needs today.  As we support this great nation in their difficult times and address this terrible disaster, let’s also use this opportunity to reflect on building a smart grid infrastructure that will securely serve our needs today and many years to come.

グリッドにおけるセキュリティと弾力性の双方が、発電/送電/配電、そして要求されるグリッド・セクタという、すべての領域において構築されなければならない。既存の電力源および、これからの代換電力源の双方をサポートする、セキュリティと相互運用性を備えたマイクロ・グリッドを用いる、電力生成源をデザインすることで、私たちは、それを達成できる。  電力生成は、電力源により異なるものとなり、また、常に分散できるものでもない。  適切な事例として、Niagara Falls のパワーを利用する Hydro One がある。  地域のための電力要件をデザインするときに、すべてに適合する汎用的なサイズが存在するわけではない。 しかし、多様でセキュアなスマート・グリッド・トポロジーを、適切に構築することの重要性を認識するには、いまが最適なタイミングである。  ここで言う、近代的なスマート・グリッドは、信頼性と、安全性と、セキュリティに富むものになるよう、デザインされなくてはならない。 いまの日本が必要としているのは、まさしく、それらの特質である。 困難な時期を迎えてしまった、この偉大な国を支援し、きわめて深刻な大惨事に対処していくとき、現在と未来における私たちのニーズを、しっかりと充たすスマート・グリッドのインフラストラクチャについて、その構築を熟考するための機会がもたらされる。

* * * * *

Larry Karisny is the director of Project Safety.org, consultant, writer and industry speaker focusing on security solutions for public and private wireless broadband networks supporting smart grid, municipal, critical infrastructure, transportation, campus, enterprise and home area network applications.

ーーーーー

原子力発電の是非を問う以上に、センタライズされた発電/送電のメカニズムを見直すべき時なのかも知れません。 また、50Hz でも 60Hz でも構わないから、もし仮に統一されているとしたら、そしてさらに、スマートグリッドが運用されているとしたら、どのように現状が緩和され、どのように余剰電力の概念が変わるのか、第三者にシミュレーションさせて、結果を公表してほしいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下

Intel が、スマート・グリッド系ベンチャー企業に投資を開始

Posted in Green IT by Agile Cat on September 17, 2010

Intel Pumps $30M Into American Startups
By
Ucilia Wang
Sep. 14, 2010, 10:00am PD

Gigaom

Intel has taken up a patriotic cause this year, paying special attention to promising U.S.-based companies. The company announced Tuesday four software and chip companies that have collectively received over $30 million from its Intel Capital Invest in America Technology Fund, including an energy software maker.

今年の Intel における愛国的な取り組みは、US ベースの有望な企業に特別な注意を払ったことだろう。 同社は火曜日(9/14)に、ソフトウェアとチップに関連する 4つの企業を発表した。それらの、エネルギー・ソフトウェア・メーカーを含む企業は、Intel Capital Invest in America Technology Fund から、全体で $30 million の投資を受けたとされる。

The latest investments go to Adaptive Computing, Ciranova, Joyent and Nexant. Nexant, in particular, develops a host of software for the energy industry and other corporate users, including grid operators, utilities and financial institutions. The software enables the companies to manage customer billing and incentive programs, wholesale market pricing and other enterprise infrastructure.

この直近の投資は、Adaptive Computing および、Ciranova、Joyent、Nexant へ向けられたものである。とりわけ Nexant は、エネルギー産業や公共事業のための送電網操作や、公共事業のための、多様なソフトウェアを開発している。 それらのソフトウェアにより、請求処理や、報償制度、卸価格設定などのエンタープライズ・インフラストラクチャの管理が実現される。

image

San Francisco-based Nexant, founded in 2000, also works with its customers to buy and sell energy certificates and credits and lists Nth Power, IBM, Morgan Stanley Global Energy Group and Energy Software and Consulting among its other investors.

2000年に設立され、San Francisco をベースとするNexant は、Nth Power/IBM/Morgan Stanley Global Energy Group/Energy Software and Consulting といった企業や投資筋と共同で、エネルギー売買に関する証明/信用/目録に取り組んでいる。

Intel Capital announced the $200 million Invest in America Fund in February this year, as well as an initiative it spearheaded to bring together 24 VC firms, including Kleiner Perkins Caufield & Byers, Menlo Ventures, Mohr Davidow Ventures, New Enterprise Associates, Draper Fisher Jurvetson, Khosla Ventures and North Bridge Venture Partners, to invest a total of $3.5 billion into startups over the next two years. Back in July, Intel Capital announced five investments into cleantech startups in energy monitoring, smart grid and other areas.

2000年に設立され、San Francisco をベースとするNexant は、Nth Power/IBM/Morgan Stanley Global Energy Group/Energy Software and Consulting といった企業や投資筋と共同で、エネルギー売買に関する証明/信用/目録に取り組んでいる。Intel Capital のアナウンスによると、今年の 2月に  Invest in America Fund から $200 million を投資しただけではなく、24 の VC を取りまとめるイニシアティブが結成された。それらの VC には、Kleiner Perkins Caufield & Byers および、Menlo Ventures、Mohr Davidow Ventures、New Enterprise Associates、Draper Fisher Jurvetson、Khosla Ventures、North Bridge Venture Partners などが含まれ、今後の 2年間において、スタートアップ企業に $3.5 billion の投資を行っていく。 話は 7月にもどるが、Intel Capital はエネルギー・モニタリングやスマート・グリッドなどの領域で、5 社のクリーン・テック企業に投資すると発表している。

Here is a rundown of the three other Intel investments:

以下は、Intel による投資の、その他の部分に関する要約である:

Adaptive Computing: Based in Provo, Utah, and founded in 2001, Adaptive Computing develops automation software to manage supercomputers and data centers, and counts Yahoo, IBM, Los Alamos National Laboratory, Boeing, ExxonMobil and Merck as customers. Intel Capital led the $14 million Series A round, with participation by Tudor Ventures and EPIC Ventures. Adaptive Computing plans to use funding from Intel to boost its cloud computing offerings.

Adaptive Computing: 2001年に設立され、Utah の Provo に本拠地を置く。 Adaptive Computing はスーパー・コンピュータとデータセンターの管理を自動化するためのソフトウェアを開発おり、顧客としては  Yahoo および、IBM Los Alamos National Laboratory、Boeing、ExxonMobil、Merck などを持つ。 Intel Capital は、Tudor Ventures と EPIC Ventures を参加させることで、Series A ラウンドで $14 million を引き出している。 Adaptive Computing は、そのクラウド・コンピューティング計画を加速させるために、Intel からのファンドを活用している。

Ciranova: Intel returns to its semiconductor roots by picking Ciranova, which develops software to enable engineers to design communication capabilities — such as Wi-Fi and Bluetooth — into chips for a variety of consumer electronics and communication equipment. Designing analog and mixed signals onto a chip is a tricky task, especially given the increasingly sophisticated consumer devices that can hop on several types of communication networks. Ciranova, based in Santa Clara, Calif., has worked closely with Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.

Ciranova: Ciranova を選んだことで、Intel は自身の半導体ルーツへと回帰する。同社が開発するソフトウェアは、コンシューマおよび通信機器における、Wi-Fi や Bluetooth といった通信機能のデザインを実現していく。 アナログ信号を含むチップのデザインは、きわめてトリッキーである。とりわけ、複数の通信ネットワークが相乗りすることになる、洗練されたコンシューマ・デバイスなどが対象となる。Ciranova は Santa Clara, Calif に本拠地を置き、Taiwan Semiconductor Manufacturing Co と協調した事業を展開している。

Joyent: Intel is bullish enough about Joyent to invest in it a second time. Joyent runs cloud computing services, an increasing popular approach that offers distributed computing on demand. The San Francisco-based company’s customers include LinkedIn, Gilt Groupe (online purveyor of luxury goods), Kabam! (social game developer) and Context Optional (marketing software). Joyent said Tuesday that Intel’s funding is part of a $15 million Series C round, which also includes money from Greycroft Partners and Liberty Global. Joyent runs data centers in California, Texas, Massachusetts and China.

Joyent: Intel は 2回目の投資において、Joyent を強力にプッシュした。 Joyent は、分散コンピューティングをオンデマンドで提供するという、一般的なアプローチを洗練させることで、クラウド・コンピューティング・サービスを展開している。 San Francisco ベースの同社には、LinkedIn や、Gilt Groupe (online purveyor of luxury goods) 、Kabam! (social game developer)、Context Optional (marketing software) などがいる。Joyent は火曜日に、Series C ( $15 million )ラウンドの一部に Intel のファンドが含まれ、また、Greycroft Partners と Liberty Global の資金も含まれると発言した。 Joyent は、California および、Texas、Massachusetts、China でデータセンターを運営している。

ーーーーー

一昨日のポストでもご紹介しましたが、Intel も着々と垂直統合を進めています。先日の McAfee の買収も、スマートグリッドでのサイバー・セキュリティ対応を睨んだものと、捉えることが可能であり、この巨大マーケットへ向けた準備を進めているのでしょう。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Intel が McAfee を $7.68 billion で買収! – その理由は?
Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?
年間で 30億円以上になる Google サーチの電気料金は、Instant の登場で跳ね上がるのか?
ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能

Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?

Posted in Cisco, Green IT, Network by Agile Cat on September 6, 2010

Cisco To Acquire Privately-held Arch Rock; Terms Not Disclosed – Update
9/2/2010 9:47 AM ET
http://www.rttnews.com/Content/BreakingNews.aspx?Node=B1&Id=1408823

image

(RTTNews) – Networking products maker Cisco Systems, Inc. (CSCO: News ) on Thursday announced its intent to acquire privately-held Arch Rock Corporation, a provider of wireless network technology for smart-grid applications. The deal, whose terms were not disclosed, is expected to complement yesterday’s announcement of collaboration between Cisco and Itron. Cisco said the partnerships would enable True IP-Standards-Based Smart-Metering Communications.

(RTTNews)- ネットワーク・プロダクト・メーカーである Cisco Systems Inc. (CSCO :News) は、木曜日(9/2)に株式未公開会社である Arch Rock Corporation を買収する意志をしめした。同社は、スマート・グリッド・アプリケーションにおける、ワイヤレス・ネットワーク・テクノロジーのプロバイダーである。 その詳細は不明であったが、昨日の Cisco と Itron の共同発表により、買収が完了したと予測される。 Cisco の発表によると、このパートナーシップにより、True IP-Standards-Based Smart-Metering Communications が実現されるという。

Cisco believes the acquisition would accelerate its ability to facilitate the utility industry’s transition to an open and interoperable smart grid. Arch Rock’s technology is designed to enable utilities to connect smart meters and other distributed intelligent devices over a scalable, highly secure, multi-way wireless mesh network.

今回の買収により、オープンで相互接続が可能なスマート・グリッドへ向けた、公共事業の移行が加速されると、Cisco は確信している。 Arch Rock のテクノロジーは、スケーラブルでセキュアなマルチ・ワイヤレス・メッシュ・ネットワーク上で、各種のユーティリティーとスマート・メーターおよびインテリジェント・デバイスを接続するようにデザインされている。

Laura Ipsen, senior vice president and general manager of Cisco’s Smart Grid business unit said, “Arch Rock’s wireless mesh technology enhances Cisco’s IP-based, end-to-end smart-grid offerings.”

Cisco の VP であり Smart Business の GM でもある Laura Ipsen は、『 Arch Rock のワイヤレス・メッシュ・テクノロジーは、Cisco の IP ベース/End-to-End スマート・グリッドを強化する 』と発言している。

Financial terms of the transaction were not disclosed. The acquisition is subject to various standard closing conditions and is expected to be complete in the second half of calendar year 2010.

今回の買収金額などは、依然として明らかにされていないが、 一般的な条件の適用を受け、2010年の後半には完了すると予想される。

The Cisco connected Grid portfolio covers energy management from delivery to the home, including network solutions for smart grid substation automation and home energy control.

Cisco の接続される Grid ポートフォリオは、配電から仮定までのエナジー・マネージメントをカバーするものであり、自動化されたスマート・グリッド・サブステーションや、家庭におけるエネルギー・コントロールのための、ネットワーク・ソリューションを取り込んでいる。

Cisco’s Substation Automation enables power grid operators to collect and analyze data about power generation, transmission, distribution, and consumption-all in near real time. Smart grid communication technology provides predictive information and recommendations to utilities, their suppliers, and their customers on how best to manage power.

Cisco の Substation Automation により、送電網オペレーターは、発電/送電/配電/消費に関するデータの、ほぼリアルタイムといえる収集と分析が実現していく。 スマート・グリッドの通信テクノロジーは、最適なパワー・マネージメントを、発電・送電を行う企業とその顧客に対して、予測的な情報と推薦される運用方式を提供する。

Cisco expects the acquisition of Arch Rock to enable it to offer a comprehensive and highly secure advanced metering infrastructure solution that is fully IP and open-standards based.

Cisco は Arch Rock の買収により、IP とオープン・スタンダードに完全にしたがった、包括的で高度なセキュリティを備えた先進的なメーターのための、インフラストラクチャ・ソリューションを実現できると予測している。

Upon closure, the Arch Rock team would become part of Cisco’s Smart Grid business unit.

すべての法的な処理が完了すれば、Arch Rock チームは、Cisco の Smart Grid ビジネス・ユニットの一部になるだろう。

Wednesday, Cisco had announced a strategic alliance with Itron Inc. (ITRI) towards transitioning smart metering technology into an open and interoperable, enterprise-class network for utilities. Under terms of the agreement, Itron and Cisco will jointly develop the reference design that defines a standard for smart grid field area and smart metering network communications, utilizing the latest version of the Internet Protocol-IPv6.

水曜日(8/31)のことだが、Cisco と Itron の戦略的な提携が発表されている。 そこでは、ユーティリティーのためのオープンで相互運用が可能な、エンタープライズ・クラスのネットワークに、スマート・メーター・テクノロジーを展開していくことが明らかにされている。この合意のもとに、Itron と Cisco は共同で、リファレンス・デザインを開発していく。それは、スマート・グリッド・フィールド領域とスマート・メーターネットワーク通信のための標準を定義するものとなり、また、Internet Protocol-IPv6 の最新バージョンを活用するものでもある。

CSCO closed Wednesday’s regular trading on the Nasdaq at $20.26. Over the past year, the stock has traded in a range of $19.82 – $27.74.

水曜日の Nasdaq では、CSCO の株価は $ 20.26 でクローズしていた。 過去 1年にわたり、同株は $ 19.82 ~ $ 27.74 のレンジで推移している。

ーーーーー

なにか、デカイものがドサっとこないと、なかなか IPv6 への移行が進まないと思っていましたが、これは デ・カ・イ ですよね! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Hadoop で スマートグリッドを、図とデータで見る!
とても便利な、アメリカ Smart Grid 情報の まとめページ
スマートグリッドを Hadoop で (US 出張編_2)
スマートグリッドを Hadoop と OpenPDC で(US出張編 3)
クラウド/スマートグリッドに関する セミナー資料をアップしました

%d bloggers like this: