Agile Cat — in the cloud

Mobile Flash をあきらめた Adobe と、HTML5 を推進した Steve Jobs の勝利

Posted in Apple, HTML5, Microsoft by Agile Cat on November 10, 2011

Steve Jobs Wins: Adobe to Give Up Mobile Flash for HTML5
By
Marshall Kirkpatrick / November 8, 2011 10:25 PM
http://www.readwriteweb.com/archives/steve_jobs_wins_adobe_to_give_up_mobile_flash_for.php

_ Read Write

Sources close to the news have told ZDNet reporter Jason Perlow tonight that Adobe will announce soon that it has given up on the development of mobile flash and will increase its investment in supporting HTML5. The company will say, according to an email published by Perlow, that it will encourage app developers to work with the cross-platform Adobe AIR platform to be distributed across mobile app stores, a caveat that could mean the news is less dramatic than it might seem. Rather than building with AIR for mobile, though, it seems likely that more developers will focus on HTML5 instead.

今夜(11/8)、このニュースの情報源から、ZDNet リポーターである Jason Perlow に語られた内容によると、まもなく Adobe は、モバイル Flash の開発を断念したと発表することになる。 そして、HTML5 のサポートに、投資を集中していくことになる。 Perlow から提供された電子メールによると、同社の発言は、 あらゆるモバイル・アップ・ストアに配信される、クロス・プラットフォームの Adobe AIR プラットフォーム上でアプリケーションを開発するよう、デベロッパーに奨励するものになる。しかし、ニュースが訴求する内容は、想像するほどにドラマティックなものではない。数多くのデベロッパーたちは、 モバイルのために AIR で構築するよりも、HTML5 フォーカスしていくことになるだろう。

imageFeisty Twitter user Counternotions quotes Adobe’s CEO from 2010 "Technology problems [w/ Flash] Mr. Jobs mentions…are ‘really a smokescreen.’" Apple’s refusal to go with the glitchy, gloppy proprietary protocol that performs poorly on Apple devices had to be a big part of what turned the tide.

攻撃的な Twitter ユーザーである Counternotions は、「Mr. Jobs  の言う、Flash に関連するテクノロジーの問題は、人を煙に巻く話だ 」とする、Adobe の CEO が 2010年に発したコメントを引用している。この、故障しがちで輝かしいプロプライエタリなプロトコルに対する、Apple の拒絶と、そのデバイス上での不完全な対応が、その潮流を大きく変えることになった。

Adobe prints giant piles of money from sales of its Flash authoring tools. (Point aptly critiqued below in comments, by the way. Flash on the desktop remains alive and relatively well.)

Adobe は、Flash オーサリング・ツールの販売から、巨大な売上を得ている。 (以下のコメントにおいて、適切な批判が成されているが、 デスクトップにおける Flash は生きながらえ、比較的に上手くいっている)

Apple CEO Jobs explained why he was opposed to the inclusion of support for Flash on Apple mobile devices in the Spring of 2010. Sarah Perez summarized his arguments as follows:

Apple  の CEO であった Jobs が、2010年の春の段階で、Apple モバイル・デバイス上での Flash に反対した理由は以下のとおりである。 その時のかれの論旨を、Sarah Perez が要約している:

  • It’s proprietary.
  • Most Web video plays on the iPhone/iPod Touch/iPad
  • Who needs Flash games? We have apps for that.
  • Flash has poor security.
  • Flash doesn’t perform well on mobile devices.
  • Flash negatively affects battery life.
  • Flash was designed for PCs, not touchscreens.

Adobe contested those arguments of course, and Google was happy to support Flash on Android. At least one prominent benchmarking test found HTML5′s performance to be comparable to Flash’s. The European Union went so far as to consider forcing Apple to support Flash on the iPhone.

もちろん、この発言に対して Adobe は抗議し、Google は喜んで、Android 上の Flash をサポートした。 少なくとも、あるベンチマーク・テストの結果により、HTML5 のパフォーマンスが Flash に相当することが判別された。 しかし、European Union は、iPhone 上での Flash をサポートを、Apple に強要しようとさえしていた

imageAdobe began offering an experimental Flash to HTML5 conversion technology this Spring.

そして、今年の春に Adobe は、実験的な Flash to HTML5 コンバージョン・テクノロジー を提供するに至った。

Perlow, who broke the story tonight, has been a Senior Technology Editor at CBS’s ZDNet since 2008 and was a Senior Editor at Linux Magazine for ten years prior.

つい先程、このニュースを発信した Perlow は、CBS ZDNet の Senior Technology Editorを 2008年から務めており、10年来にわたり Linux Magazine の Senior Editor も務めてきた。

The leaked news from Adobe says that the company will "continue to support the current Android and PlayBook configurations with critical bug fixes and security updates." That doesn’t mean much for future configurations of those Operating Systems.

この、Adobe からリークされたニュースによると、「クリティカルなバグ・フィックスとセキュリティ更新において、現在の Android と Playbook のためのコンフィグレーション・サポート」は、同社により継続される。 しかし、それらの Operating Systems における、将来のコンフィグレーションに対しては、重要な意味を持つものとはならない。

ZDNet’s Microsoft specialist Mary Jo Foley reported earlier today that Silverlight may be slated for an imminent demise as well. Open standards FTW.

ZDNet における Microsoft スペシャリストである、Mary Jo Foley も今朝早くに、Silverlight に対しても、同様の終焉が迫っているかも知れないとレポートしている。 つまり、オープンなスタンダードで[決まり]である。

[Note: This post was written in a hurry but delayed until Flash and AIR apps on my Mac could be force quit. It's running much better now.]

See Also

ーーーーー

mobile世界中にケンケンガクガクを振りまいた、この HTML5 を巡る議論も、ようやく決着がつきそうな気配です。 このポストを訳しながら、なんとなく汗がタラ~リだったのが、2010年 3月の [Jobs の Adobe 批判って、自爆してません?]というポストの記憶であり、余計なコメントを書き加えた自分を反省し、Jobs さんにゴメンナサイと、心の中で手をあわせている Agile_Cat です。

まぁ、この件では、[Microsoft は Silverlight をあきらめ HTML 5 へと走る]で怒られてしまったりとか、[PDC と Silverlight について – Bob Muglia]という辞任劇があったりとか、あちらこちらでタイヘンな論争が繰り広げられたわけですが、この Adobe の決断により、[Open standards FTW(For The Win)]となるようですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2016 年までに 21 億台の、HTML5 対応モバイルが市場に溢れる
HTML5 – WYSIWYG オーサリング・ツールを Adobe が発表
Carbyn の HTML5 OS は、未来を見せてくれるのか?
Pandora の HTML5 音楽プレイヤーは、FB とも TW とも簡単につながるのだ!
ディズニー が、HTML5 が得意なゲーム会社を買収した
Facebook 出資者が語る – ソーシャルが終わっている理由を説明しよう

PDC と Silverlight について – Bob Muglia

Posted in HTML5, Microsoft by Agile Cat on November 3, 2010

PDC and Silverlight
Posted in Announcement 
November-01-2010 at 02:00 PM PST
http://team.silverlight.net/announcement/pdc-and-silverlight/

Silverlight Team Blog

[This blog post is from Bob Muglia, President of the Server and Tools Division at Microsoft]

image

Last week, we held our PDC conference on the Microsoft campus in Redmond, Wash.  We also streamed it online using Silverlight (with both live and on-demand sessions).  Already, more than 100,000 developers have watched the event, and the feedback on the streaming experience has been phenomenal.  If you haven’t had a chance to watch the sessions yet, I encourage you to do so: http://microsoftpdc.com

先週のこと、私たちは Redmond, Wash の Microsoft キャンパスにおいて、PDC カンファレンスを主催した。さらに、Silverlight を用いたオンライン・ストリーミング(ライブとオン・デマンドの双方)も配信された。  すでに、100,000人以上のデベロッパーが、このイベントを視聴しており、このストリーミング・エクスペリエンスに関するフィードバックには、目を見張るものがある。  これらのセッションを観ていないのなら、ぜひ お勧めする: http://microsoftpdc.com 

During the conference, I gave an interview where, among other things, I talked about the great work we’re doing with Silverlight – in particular, support for Windows Phone 7, which we featured heavily at the conference. The interview was accurately reported. I understand that what I said surprised people and caused controversy and confusion. As this certainly wasn’t my intent, I want to apologize for that. I’d like to use this post to expand on what I said, and talk about the very important role Silverlight has going forward.

そのカンファレンスの最中に、その他のことに関してもインタビューを受け、Silverlight チームの素晴らしい働きぶりについて話した。とりわけ、今回のガンファレンスでも強く押し出した、Windows Phone 7 のサポートについて説明した。 そして、そのインタビューは正確にレポートされた。私が理解しているのは、私の発言により人々が驚き、論争と混乱が引き起こされたことだ。 ただし、それは私の意志ではないので、謝罪したいと思う。 このポストを介して私の発言を補足し、また、Silverlight を推し進めていくという、非常に重要な役割について説明したい。

In the interview, I said several things that I want to emphasize:

1. Silverlight is very important and strategic to Microsoft.

2. We’re working hard on the next release of Silverlight, and it will continue to be cross-browser and cross-platform, and run on Windows and Mac.

3. Silverlight is a core application development platform for Windows, and it’s the development platform for Windows Phone.

このインタビューにおいて、強調したいと考えていた、以下の項目を説明した:

1. Silverlight はMicrosoft にとって、きわめて重要かつ戦略的なものである。

2. Silverlight の次期リリースへ向けて邁進している最中であり、クロス・ブラウザと、クロス・プラットフォーム、そしてWindows と Mac での稼働をという方針を継続する。

3. Silverlight は、Windows におけるコア・アプリケーション開発プラットフォームであり、Windows Phone 用の開発プラットフォームでもある。

We haven’t yet publically announced a launch date for the next release of Silverlight, but we’ll talk more about it in the coming months.

次期 Silverlight のリリースについては、その日程などを公表していないが、数カ月後には、より詳細を説明できるだろう。

Last week, we released some important updates to Silverlight 4, which shipped only six months ago and included major new features and tooling capabilities.  Last week’s updates included improvements to WCF RIA Services, as well as the new Portable Library project –making it easier to share assemblies across SL Desktop, SL Phone, WPF and .NET on the server.  John Papa delivered a PDC session on building business apps with Silverlight 4, and Shawn Burke delivered a PDC session on the portable library project.  I recommend that you take a look at both of these.

Silverlight は、Windows におけるコア・アプリケーション開発プラットフォームであり、Windows Phone 用の開発プラットフォームでもある。 次期 Silverlight のリリースについては、その日程などを公表していないが、数カ月後には、より詳細を説明できるだろう。 先週のことだが、6カ月前に出荷されたばかりで、新しい機能とツールを取り込んでいる Silverlight 4 に対して、いくつかの重要なアップデートをリリースした。  この、先週のアップデートには、WCF RIA Services の改善だけではなく、新規の Portable Library プロジェクトも含まれており、SL Desktop/SL Phone/WPF/.NET on the server をまたいだ、アセンブリの共有が容易になる。  PDC のセッションでは、Silverlight 4 を用いたビジネス・アプリケーション構築を John Papa が紹介し、ポータブル・ライブラリ・プロジェクトについて Shawn Burke が紹介した。  それらのセッションについて、ぜひ参照して欲しいと願う。

Silverlight Strategy

I said, “Our Silverlight strategy and focus going forward has shifted.”  This isn’t a negative statement, but rather, it’s a comment on how the industry has changed and how we’re adapting our Silverlight strategy to take advantage of that.

私は 『 Silverlight 戦略と、推進している視点がシフトしている』と発言した。  これは、ネガティブな意味での発言ではない。どちらかと言うと、この業界の変化を指摘するものであり、また、そこでアドバンテージを得るために、Silverlight の戦略を再適用していく方法に関するコメントである。

Below are some of the trends we’re tracking and optimizing around.

以下に示すのは、私たちの試みと最適化に関するトレンドである。

Customers are demanding the richest possible client experiences, and developers are increasingly looking to build premium, tailored experiences optimized for specific devices. Silverlight provides the richest way to build Web-delivered client apps.  In particular, with Silverlight 4, we invested in enabling enterprise application development and now provide an outstanding platform to build rich business applications – both inside and outside the browser.

カスタマーは、最もリッチなクライアント・エクスペリエンスを要求している。 そしてデベロッパーは、特定のデバイスに対して最適化された、上質でフィットしたエクスペリエンスを形成したいと考えている。  Silverlight は、Web を介して配信されるクライアント・アプリケーションを開発するうえで、最もリッチな方法を提供する。  とりわけ、私たちは、Silverlight 4 を用いたエンタープライズ・アプリケーション開発を実現するために投資を行ってきた。 そしていま、ブラウザの内側と外側で動作する、リッチなビジネス・アプリケーションを構築するための、とても際立ったプラットフォームを提供している。

Customers want to be able to deliver client experiences that are optimized for specific form factors.Silverlight provides a rich UI framework that enables smooth animations and lends itself very well to touch input and embedded devices.  At the PDC last week, we spent a lot of time talking about Windows Phone 7 and how Silverlight provides a great developer platform for creating apps for it.  With the U.S. launch just days away, already we have more than 1,000 Silverlight apps built for Windows Phone, and consumers of the phone will be able to purchase these apps through an integrated marketplace built into each device.  Recently, we’ve also demonstrated Silverlight apps running on Windows Embedded, and Silverlight is a critical component of our three-screen strategy.

カスタマーは、特定の要因に対して最適化された、クライアント・エクスペリエンスを提供したいと望んでいる。 Silverlight は、きわめてリッチな UI フレームワークを提供しており、それにより、スムースなアニメーションおよび、タッチ入力とエンベッド・デバイスへの適用を実現している。 先週の PDC において、Windows Phone 7について、また、Silverlight がアプリケーション開発のために提供する、素晴らしいデベロッパー・プラットフォームについて、長い時間をかけて説明した。もうじき、アメリカで発売されるが、すでに 1,000 本以上の Silverlight アプリケーションが、Windows Phone のために構築されている。 そして、この Phone の利用者は、それぞれのデバイスを統合されたマーケットプレイスを介して、それらのアプリケーションを購入できる。  最近になって、Windows Embedded 上で動く Silverlight アプリケーションをデモしているが、私たちの 3スクリーンの戦略において、Silverlight は重要な要素である。

Media delivery across the Internet continues to accelerate dramatically.  Customers want HD, studio quality, premium media content. Silverlight has and will continue to be a pioneering technology that makes it possible to deliver the best media experiences anywhere.  Whether it’s the Olympics, Netflix, or many other media experiences, we have and will continue to invest in it.  Silverlight and IIS Media Services are the choice for premium media experiences with features like HTTP adaptive streaming, DECE-approved content protection, and offline media applications.  In addition, IIS Smooth Streaming enables media delivery to a wide variety of devices, including devices where Silverlight isn’t supported.

インターネット全体に配信されるメディアは、その動きを劇的に加速させている。  顧客が望むのは、HD/スタジオ品質/最高級のメディア・コンテントである。  Silverlight は、あらゆるところへ、最良いメディア・エクスペリエンスを提供する先端テクノロジーであり、これからも、そうあり続けるだろう。  そして、Olympics や Netflix などのメディア・エクスペリエンスであっても、私たちは投資を継続していくだろう。  Silverlight と IIS Media Services は、HTTP を適用したストリーミングおよび、DECE 承認のコンテント・プロテクション、オフラインのメディア・アプリケーションなどの機能を用いた、最高のメディア・エクスペリエンスのための選択枝である。それに加えて、IIS Smooth Streaming は、Silverlight がサポートされていないデバイスも含めて、多種多様なデバイスに対するメディア配信を可能にする。

Lastly, there has been massive growth in the breadth and diversity of devices made by a wide variety of vendors providing both open and closed systems. When we started Silverlight, the number of unique/different Internet-connected devices in the world was relatively small, and our goal was to provide the most consistent, richest experience across those devices.  But the world has changed.  As a result, getting a single runtime implementation installed on every potential device is practically impossible.  We think HTML will provide the broadest, cross-platform reach across all these devices.  At Microsoft, we’re committed to building the world’s best implementation of HTML 5 for devices running Windows, and at the PDC, we showed the great progress we’re making on this with IE 9.

最後になるが、さまざまなベンダーが提供するオープンもしくはクローズドなシステムがもたらす、デバイスの広がりと奥行きが拡大していることについて話す。  私たちが Silverlight をスタートしたとき、ユニークで多様なインターネット接続デバイスといっても、世界中に提供されている数は比較的に少なかった。そして、私たちのゴールは、それらのデバイスを網羅する、最も一貫性のある、最もリッチなエクスペリエンスを提供することにあった。しかし、世界は変化した。  その結果として、すべての可能性を持つデバイスに対して、単一のランタイムを実装することは、ほとんど不可能になってしまった。それら全てのデバイスを網羅する、最も幅広いクロス・プラットフォームは HTML であると、私たちは考える。  Microsoft において、Windows を実行するデバイスに対して、世界で最高の HTML 5 インプリメンテーションを構築すると約束する。そして PDC においては、IE 9上で成し遂げている、この偉大なる進歩を披露した。

The purpose of Silverlight has never been to replace HTML, but rather to do the things that HTML (and other technologies) can’t, and to do so in a way that’s easy for developers to use.  Silverlight enables great client app and media experiences.  It’s now installed on two-thirds of the world’s computers, and more than 600,000 developers currently build software using it.  Make no mistake; we’ll continue to invest in Silverlight and enable developers to build great apps and experiences with it in the future.

Silverlight の目的は HTML をリプレイスすることではなく、どちらかと言えば、 HTML(他のテクノロジー)では達成できないことを、デベロッパーにとって容易な方法で実現することである。  Silverlight により、きわめて優れたクライアント・アプリケーションとメディア・エクスペリエンスが実現される。  そして、現時点において、世界中のコンピュータの 2/3 にインストールされ、また、それを用いて 600,000人以上のデベロッパーがソフトウェアを構築している。  間違いのないようにまとめると、、、 私たちは Silverlight に投資し続けていく。 そして、将来においても、デベロッパーが素晴らしいアプリケーションを構築し、エクスペリエンスを提供できるようにしていく。

bob

ーーーーー

安易に注釈を付けられるものではないので、ノーコメントでいきます。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Microsoft は Silverlight をあきらめ HTML 5 へと走る
++C++; // 未確認飛行 C ブログ 標準と革新
マイクロソフトが戦略変更。HTML5が唯一のクロスプラットフォーム、SilverlightはWindows Phone 7のプラットフォームに

Microsoft は Silverlight をあきらめ HTML 5 へと走る

Posted in Apple, HTML5, Microsoft, UX by Agile Cat on October 31, 2010

Microsoft Giving Up On Silverlight, Joining HTML5 Party
By Ryan Lawler
Oct. 29, 2010, 4:00pm PDT
http://gigaom.com/video/microsoft-giving-up-on-silverlight-joining-html5-party/

_ Gigaom

We now have further confirmation that Microsoft is giving up on its Silverlight rich Internet application platform. Bob Muglia, Microsoft’s president in charge of server and tools, told ZDNet that the company is “shifting away” from Silverlight as a cross-platform development framework, and pushing the HTML5 web standard instead.

私たちは、いま、Microsoft が Silverlight RIA プラットフォームを断念していると、かなりの確信をもって言える。 Microsoft における Server & Tool 担当 President である Bob Muglia が、ZDNet に対して、以下のように語っている。 クロス開発プラットフォームしての Silverlight から『 シフト 』し、それに換えて Web スタンダードである HTML5 をプッシュしていく。

image

Microsoft will continue to develop and lean on Silverlight, especially for application development on its recently launched Windows Phone 7 operating system for mobile devices. However, Muglia told ZDNet, “HTML is the only true cross-platform solution for everything, including (Apple’s) iOS platform.”There’s been plenty of evidence to suggest this was the case. After all, with the launch of Internet Explorer 9, Microsoft has fully embraced and touted many of HTML5′s features. But it doesn’t just stop there; Microsoft will be leveraging HTML5 for the latest version of its Bing search engine, and is using H.264-encoded HTML5 video in lieu of Silverlight Smooth Streaming for delivery of live video on its Xbox 360 game console.

Microsoft は継続して、Silverlight を開発し、そこに依存していくだろう。 とりわけ、モバイル・デバイス用として、最近になって立ち上がった Windows Phone 7 OS の、アプリケーション開発にとって大きな存在となる。 しかし、 Muglia は ZDNet に対して 『 HTML は、すべてのための唯一のクロス・プラットフォーム・ソリューションであり、そこには Apple の iOS プラットフォームも含まれる 』と発言している。それが現実であることを示唆する、たくさんの証拠が存在する。結局のところ、Microsoft は Internet Explorer 9 に取り組みはじめた後に、たくさんの HTML 5 機能を受け入れ、また、それを売り込んでいる。 しかし、それだけでは止まらない。Microsoft は、Bing サーチ・エンジンの最新バージョンにおいて、HTML5 からの影響を受け入れ、また、Xbox360 ゲーム・コンソールに ライブ・ビデオを配信するための、Silverlight Smooth Streaming に換えて、H.264-encoded HTML5 ビデオを使用している。

That Microsoft would align itself with Apple, especially in the embrace of a web standard, might seem peculiar to some. After all, the two software makers have been battling for decades in the PC space, and now are bumping heads in mobile as Microsoft tries to offer up a compelling alternative to Apple’s iPhone.

とりわけ Web スタンダードの容認において、Microsoft が Apple と提携することで、いくつかの企業にとって特殊なことが起こるかもしれない。 結局のところ、この 2つのソフトウェア・メーカーは、PC の世界において十年戦争を繰り返している。そして最近といえば、Apple の iPhone に換わるものを Microsoft が提供しようとするにつれて、両社が衝突する機会が増えている。

But it also makes sense that Microsoft would begin de-emphasizing Silverlight as a cross-platform development platform. Despite some of the advances Microsoft was able to push with its development, including HTTP and adaptive bit rate streaming, it wasn’t able to dethrone Flash as the de facto rich Internet application and video platform on the web. And with the emergence of HTML5, it was no longer a matter of playing second fiddle to Adobe, but lagging behind a web standard that was also being rapidly adopted.

しかし、それよりも興味深いのは、クロス・プラットフォーム開発のための Silverlight を、Microsoft が重視しなくなる可能性である。HTTP と適応性のあるビットレート・ストリーミングを含めて、Silverlight には先進性があった。そして Microsoft は、Silverlight を促進することが可能であった。しかし、Web 上のリッチ・アプリケーションとしての、そしてビデオ・プラットフォームとしてのデファクト・スタンダードから、Flash を引きずり下ろすことはできなかった。 そして、HTML 5 の出現により、Adobe の後塵を拝することはなくなったが、急速に採用されていく Web スタンダードで遅れをとることになった。

To see what Adobe CTO Kevin Lynch has to say about adoption of HTML5 and its positioning against Flash, come see him speak at NewTeeVee Live on November 10 in San Francisco.

Related content on GigaOM Pro:

ーーーーー

文中で参照されている、ZNet への Muglia さんのコメントですが、リンク先は Mary Jo Foley さんの All About Microsoft でした。

Silverlight is our development platform for Windows Phone,” he said. Silverlight also has some “sweet spots” in media and line-of-business applications, he said.

『 Silverlight は、Windows Phone のための、私たちの開発プラットフォームである 』 と、彼は発言した。そして更に、メディア や LOB のアプリケーションにおいて、いくつかの『 スイート・スポット 』を Silverlight は持つと、彼は付け加えた。

これは、ショックを和らげるためのリークであり、そのための緩衝材として、All About Microsoft を使ったとみるべきでしょう。なお、ぐぐってみたら、以下のニュースが見つかりました。

Microsoft favoring HTML5 over Silverlight: reports
Microsoft nails Silverlight’s future to Windows Phones
Is Microsoft Turning Off the Silverlight?
Microsoft claims HTML5 is important
Silverlight is dead, long live Silverlight?
Microsoft switches focus from Silverlight to HTML5
Silverlight is dead. Long live
Microsoft Has Seen The Light. And It’s Not Silverlight.

ここまできて、誤報というのは、あり得ないと思うのですが。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
PDC10 後の Windows Azure は、AWS とガチンコ勝負か?
Google Chrome での Flash サポート: Chromium Blog でのリリース:対訳
Jobs の Adobe 批判って、自爆してません?

Microsoft コンテナ DC 第4世代 ITPAC を Silverlight で!

Posted in Data Center Trends, UX by Agile Cat on March 31, 2010

Microsoft’s Data Center ITPAC
March 22, 2010 / Views: 8,076 / Time: 3:07
http://www.microsoft.com/showcase/en/us/details/84f44749-1343-4467-8012-9c70ef77981c

たまたま、何かの拍子にたどりついたコンテントですが、これは ITPAC の考え方と構造などが一目でわかるスグレモノということで、ご紹介します。

IT-PACK-1

それと、こういうのを見てしまうと、Silverlight ってイイなぁと、思わずうなってしまいます。とにかく カッコイイです! 以下の写真をクリックして画像を拡大できますが、それよりも、上記の URL からナマの Silverlight を、ぜひ フル画面で ど~ぞ。 刻一刻と変化する外気温などをメーターで表示しながら、ITPAC 内の空気の流れを見事に表現しています。

This video shares Microsoft’s data center evolution (previously called the “Generation 4 vision”). Our move is towards the pre-manufacturing every part of the data center: the IT, mechanical and electrical components as part of Pre-Assembled Components that we call an “ITPAC.” By eliminating over-provisioning and maximizing productivity on an ongoing basis these data centers can be flexible and environmentally sustainable to meet customer and business demands.

IT-PACK-2

ところで、第4世代といわれても、ちょっと解りにくいですが、Ray Ozzie が Gartner のインタビューでくわしく説明していますので、そのパートをご紹介します。まず、「データセンターの進化という観点で、データセンター・レベルの先進的なテクノロジーの進化を、人々が本当の意味で理解するとは思いません」 と断りを入れた上で、以下のように話しています。TechDays で配布された冊子と同じものですが、まだという方にはお薦めですので、ぜひ ご覧ください。

< Ray Ozzie の Gartner インタビューより >

第 1世代のデータセンターでは、ネジ回しを取り出して、CD からブートしたでしょう。マシンをラックにインストールして、 OS を規定して、ネットワークを構成するなどしたでしょう。 私が 4年前に Microsoft に入社した時、それが実情であり、大半の場所でも同様だったと思います。 それは、ハードウェアのレベルに留まり、ソフトウェアのレベルに触れることはありませんでした。

第 2世代のデータセンターでは、ラック・レベルのディプロイメントと呼ばれるものです。100 台くらいまでのマシンと、いくつかのラックが購入されたことでしょう。 サードパーティーが前もって作成した製品を、購入したはずです。 そして、一度にデータセンターに持ち込んで、コンフィグレーションしたでしょう。 それは、自身で構築したものでもなく、また、組み立てたものでもありませんでした。

第 3世代は、現時点でディプロイされているものであり、コンテナ・レベルのモジュール性に至るものです。簡単な建物を作り、その中にコンテナを配置します。 第 1/第 2/第 3世代のデータセンターで要求されたのは、必要とされる不動産と電力における許容力を、決定することでした。 そして、停電に備えて、外部に巨大な発電機を用意します。 すべてのラックを搬入する先として、巨大な建物を作り、そこがいっぱいになるまで満たしていきます。 しかし、そのためには少しの時間が必要です。 そのため、空の建物と巨大な発電機を設定した後で、その空間を埋めていくことになります。 第 3世代のデータセンターは建物を持ちますが、現時点では 2000 台ほどのコンピュータを取り込み、壁のように配置されたラックは存在しません。

そして、私たちが現時点で試みているのが第 4世代であり、1~2年の間に、そのレベルに移行すると言えるようになるでしょう。そこには、必要とされるにマシンと、補助電源、冷却装置がモジュールとして取り込まれます。 この世代は、コンピュータの作成レベルからの、すべてのサプライチェーンを含み、数週間の準備期間で最適化できるようにトライしています。

ーーーーー

それと、クラウド時代のユーザー・エクスペリエンスを紹介するカテゴリとして、「 UX 」 を作りました。 まだ ポストは少ないですが、これからプッシュしていきたいと思っています。 なにか、お薦めの情報がありましたら、教えてくださ~い! ーーー A.C.
http://agilecat.wordpress.com/category/ux/

Tagged with: , , ,

ありがとう My Nokia Hack Friends

Posted in Mobile, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on March 20, 2010

おかげさまで、スンナリとファームがアップデートされました

AC

ーーー 先週のことですが、酔った勢いで Nokia e71 のファームをアップデートしたら、何から何までやり直しになってしまったので、その備忘録をかねて ーーー 

昨年の秋に eBay 経由で買った中古の e71 ですが、やはり QWERTY は強力で、けっこう気に入って使い続けています。 なんというか、満員電車の中で左手でつり革にぶら下がりながら、右手の親指だけでも操作できるのが、私にとってのスマートフォンという感じです。 もちろん、いつも電車で座れるならタッチスクリーンも良いのでしょうが、親指を 5cm 四方の範囲で動かすだけで、そこに QWERTY があるというのは、捨てがたいエクスペリエンスなんです。そんなお気に入りの Nokia e71 ですが、ファーム 200.xxx が悪いのか、リセットを繰り返すようになってしまいました。肝心の外出時は大丈夫なのですが、Bluetooth か WiFi まわりがおかしいようで、PC のそばで使っているときに、この問題が多発するのです。

nokia-e71b

新しいファームが出ているのは知っていたので、さっさとアップデートすべきなのですが、簡単にその気になれないのが Nokia の辛いところです。 つまり、unlocked デバイスであっても、日本で使うには国内のプロバイダーにつなぐための面倒な設定が必要になるからです。 Agile_Cat は SB と契約しているのですが、そのアクセス・ポイントに接続するためには UA(User agent) を書き換えて、以前に SB から販売されていた Nokia デバイスに化けなければなりません。 さらに、その UA を書き換えるには、All File 化(iPhone でいう Jailbrake)というステップも何とかしなければなりません。

そこまでして、なぜ Nokia を使うのかと自問することもあるのですが、前述の QWERTY エクスペリエンスと、ビジネスには必要充分な機能、そして圧倒的な滞空時間が、私の理由になります。 正直なはなし、遊び心のあるデバイスではありませんが、満タン充電さえしておけば、どんな使い方(Bloetooth 経由の 3G モデムもアリ)をしようが、その日はバッテリー残量をまったく気にしないで済むのが嬉しいところです。 さらに、ブラウザとして Opera-mini 5 beta が使えること、そして、Gravity というゴキゲンな Twitter クライアントが提供されているのも、気に入っている理由です。もちろん、Nokia デバイスの質感とか、Symbian のバランス感覚とか、そのあたりも好きです。

Screenshot0007

最初のスマートフォンは、かれこれ 2年前になりますが、eMobile の SH12というマシンでした。それ以前から iPAQ は使っていたので、割とスンナリだったのですが、Windows Mobile には馴染むことができませんでした。 操作が面倒すぎたのかもしれません。 そして、初代の Nokia として、ハッキングの練習も兼ねて $100くらいで購入したのが、6120 Classic というデバイスです。 そのときに iPhone があれば、そちらへ流れたのかもしれませんが、6120 のハックが上手くいったので、そのまま Nokia フリークとしてのステータスが確定してしまったのでしょう。

そのときの 6120 も、今回の e71 も、All File 化する手順は基本的に同じです。 ① ロックを外して、②すべてのフォルダを見えるようにします。 そして、その後に、③ すべてのフォルダを操作できるブラウザを入れて、④UA を書き換え、⑤アクセス・ポイントを設定する、、、という手順が続きます。 ただ、e71 に関しては、travelx  さんの提供してくれる UA Change という、とても便利なツールがあるので、これまでは ① と ② を省略して使っていました。 ところが、ファーム 300.xxx に入れ替えたら、この  UA Change が通らなくなってしまったのです。

Screenshot0004

さて困ったと思いつつも、困ってばかりいられない Agile_Cat は、① のロック解除ソフトを探し始めたのですが、さすが世界に広がる Nokia ハック・フレンズは強力です。 すぐに HelloOX2 さんという、ロック解除の専門家が見つかりました。 デバイス名と、*#06# を押して取得するデバイスの ID(IMEI)、返信用のメールアドレス、そしてドネーションの $5を PayPal で送れば OKです。 おまけに、② の処理を行うための、Il.Socio さんの RomPatcher+ v2.0 というツールも付けてくれます。 (5$ の支払いは、以下の symbiansigned への登録代行料)

この IMEI を使う仕組みは、symbiansigned というところが提供していて、HelloOX2 のような慎重に取り扱うべきツールの実行を、特定のデバイスだけに限定するというものです。 つまり、HelloOX2 さんもヤミクモにツールを提供するのではなく、こうした制約の中でのみ動くツールを作っているのです。 そうすることで、シムテムの基本に影響をおよぼすツールの、乱用を防ぐことができます。ちなみに、前述の UA Change も symbiansigned への登録が必要です。

symbiansigned

今回の、ファーム 300.xxx へのアップデートは、① HelloOX2 と ②RomPatcher で All File 化しておいて、③ UA Change を実行することで、わりとスンナリと完了しました。 そして、いつもの手順でアクセス・ポイントを設定しましたが、その際には ガジェットにっき さんのブログを参照させて頂きました。 それと、ファームのバージョン確認や、作業を始める前のアタマの整理では、THE BOOLEE STREET さんのブログから情報を頂戴しました。 こうして数えるだけでも、いったい何人の方々にお世話にお世話になっているのでしょうか。ほんとうに 有難うございました。それ以外にも、普段から参考にさせてもらっている、ハッカーさんたちのブログがたくさんあります。 いつもお世話になっていま~す!

ところで、このポストでもハッキングという言葉を使ってしましましたが、何のことはない、PC のように全てのファイルを見えるようにするだけのことです。 おそらく、iPhone の Jailbrake も同様だと思いますが、Apple は かなり口うるさく非難していますよね、そういう使い方をする人を。。。 SIM フリーの流れと逆行する、AT&Tと組んだビジネス・モデルが、その背景にあるのでしょうが、かなりダサイですよね。 その点、寛容な Nokia は好きですし、iPhone にロックインされずにすんで良かったと思っています。鳴り物入りで登場する Windows Phone は、その辺りのポリシーをどうするのでしょうかね? 興味シンシンです。

ーーーーー

それと、一言だけいわせてもらいたいのですが、2年前に発表された Symbian への Silverlight の提供が S60 v5 以降って、、、 e71 で動いている S60 v3 はサポートされないのでしょうか? ほんとうに、それが Nokia を使い始める動機の一つだったので、頭がクラクラしてきましたよwww ーーー A.C.

<関連>
携帯 と QWERTY

Eclipse for Windows Azure に関する報道

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

Developer World – InfoWorld と All about Microsoft が ・・・

さっと見渡してみましたが、eWeek や Information Week は、まだ、のようです ーーー A.C.

Microsoft extends Windows 7 and Azure to open source developers
Developer World – InfoWorld

InfoWorld Eclipse Azure

 

Microsoft adds more choices for developers targeting its Azure cloud
All about Microsoft | ZDNet.com

ZDNet Eclipse Azure

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー

 

Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

Developing Windows Azure applications for PHP, Ruby, and Java, using Eclipse
Posted By: Robert Hess | Oct 28th @ 5:57 AM | 8,264 Views | 0 Comments

Channel 9

In our previous episode, Vijay Rajagopalan shared with us some of the details about a session he did at MIX09 which showed how Microsoft was providing support for building Silverlight applications using Eclipse on either Windows or even on other platforms as well.

C9 Eclipse Azure

In today’s episode Vijay shares with us the details regarding some new interoperability support which will similarly allow PHP developers to use the Eclipse IDE to develop for and deploy to Windows Azure, and provide Java developers with a new Windows Azure SDK, making their life much easier when they use Windows Azure storage services in particular. He’ll also describe how Microsoft is working to make sure that Eclipse itself is a great Windows 7 application and how it will enable developers to write applications which can take full advantage of special Windows 7 features.

And you can find more information about these interoperability tools here:

From <http://channel9.msdn.com/shows/The+Knowledge+Chamber/Developing-Windows-Azure-applications-for-PHP-Ruby-and-Java-using-Eclipse/>

PDC 2009 での PHP と Java のセッションにも注目ですね --- A.C.

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Eclipse for Windows Azure に関する報道

Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on October 30, 2009

New Eclipse, PHP, and Java Tools for Windows Azure

Windows Azure

2009年11月27日よりドイツの Ludwigsburg で開催されている Eclipse Summit Europe で、Microsoft は 2つのオープンソース・プロジェクトを発表した。それらは、Windows Azure 上で、PHP と Java を用いる開発を容易にするためのものである。どちらのプロジェクトも、フランスの Soyatec とのコラボレーションの結果である。

最初の PHP に関するプロジェクトは、 Windows Azure Tools for Eclipse という Windows Azure におけるプロジェクトであり、Eclipse を使用する PHP 開発者を支援する。 Interoperability @ Microsoft blogブログによると:

Windows Azure Tools for Eclipse が提供するものは、PHP アプリケーションを Windows Azure 上で、Eclipse を用いて開発/デバッグ/コンフィグレーション/ディプロイする際に、開発者を支援するものとなる。

数ヶ月前に紹介されている、Windows Azure SDK for PHP をバンドルするプラグインが提供される。

2番目のプロジェクトは Windows Azure SDK for Java であり、Java を用いてWindows Azure Storage にアクセスするためのクライアント・ライブラリである。このライブラリは、Eclipse の拡張機能である、 “Storage Explorer” の作成において使用される。

すべてのデベロッパーに対して適切なプラットフォーム・エクスペリエンスを提供していくという意味で、Windows Azure チームは、この 2つのプロジェクトを歓迎する。

昨日のアナウンスメントには、Windows 7 用に Eclipse を拡張していくプロジェクトと、Eclipse Tools for Silverlight Ver 1.0 も含まれる。 詳しくは、Interoperability @ Microsoft blog を参照して欲しい。

Published Wednesday, October 28, 2009 5:22 PM by WindowsAzure

From <http://blogs.msdn.com/windowsazure/archive/2009/10/28/new-eclipse-php-and-java-tools-for-windows-azure.aspx>

—— 以下 原文 です —–

Yesterday at the Eclipse Summit Europe in Ludwigsburg, Germany, Microsoft announced two exciting new open source projects that will make it easier for PHP and Java developers to work with Windows Azure.  Both projects were created in collaboration with Soyatec, a France-based IT solutions provider.

The first project, Windows Azure Tools for Eclipse, helps PHP developers to use Eclipse to author Windows Azure projects.  From the Interoperability @ Microsoft blog:

Windows Azure Tools for Eclipse provides a series of wizards and utilities that allow developers to write, debug, and configure for and deploy PHP applications to Windows Azure. It is available for download at www.windowsazure4e.org

The plug-in also bundles the existing Windows Azure SDK for PHP, which we introduced a few months ago.

The second project, Windows Azure SDK for Java, is a client library for accessing Windows Azure storage from Java. This library was used in the creation of the “Storage Explorer” feature of the Eclipse extension.

We on the Windows Azure team are excited about both of these projects, which are part of our ongoing work to provide a great platform experience for all developers.

The announcements yesterday also included an enhanced Eclipse experience on Windows 7 and version 1.0 of the Eclipse Tools for Silverlight.  Read more on the  Interoperability @ Microsoft blog.

ーーーーーーー

なんというか、Windows Azure への ”本気度" が証明された感じですね。 --- A.C.

<関連>
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー
Eclipse for Windows Azure に関する報道

%d bloggers like this: