Agile Cat — in the cloud

Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on June 24, 2014

This Is Volantis, HTC’s Nine-Inch Nexus Tablet
http://wp.me/pwo1E-7Br

Posted by Liam Spradlin
http://www.androidpolice.com/2014/06/21/this-is-volantis-htcs-nine-inch-nexus-tablet/

With Android Silver rumors brewing, and LG’s Ken Hong indicating that the manufacturer doesn’t have a Nexus phone in the cards, the fate of the Nexus line as a whole has been sort of up in the air.

Android Silver のウワサが信ぴょう性を持ち始めてきた。 そして、マニュファクチャである LG の切り札に Nexus Phone が含まれていない 、同社の Ken Hong が示唆している。 つまり、Nexus プロダクト・ラインの、全体的な方向性が、空中に霧散してしまったと思われていた。

We don’t have news about whether a Nexus phone exists, but we do have information related to HTC’s Volantis (or Flounder), an 8.9" Nexus tablet. The information provided to us indicates possible specs, features, and pricing, as well as an early look at the form factor, though the images we have don’t appear to be final renderings of the device.

私たちも、Nexus Phone の存在の有無については、なんのニュースも持っていない。しかし、HTC の Volantis(もしくは Flounder)について、つまり、8.9-inch Nexus Tablet に関する情報を持っている。 私たちに提供された情報は、予測される仕様/機能/価格を示すだけではなく、初期のフォーム・ファクタを示すイメージもある(ただし、このデバイスの最終的なレンダリングではないようだ)。

This information won’t be treated as a rumor, since we feel confident in our information, and we’ve heard about Volantis from multiple sources as early as Q1 2014. This is one of the rare instances where we will be sharing a source image.

この情報が、ウワサとして扱われることはないだろう。なぜなら、それについて、私たちは確信を持っており、また、2014年 Q1 の当初から、この Volantis について、さまざまな情報源から話を聞いているからである。以下の、共有したいと思っているソース・イメージは、かなり貴重なものである。

According to our information, the tablet is internally referred to as the Nexus 9, though this name could change before it comes to market. Here’s what we’ve heard so far in the specs department:

私たちが持っている情報によると、このタブレットは内部的には Nexus 9 と呼ばれているが、

マーケットに登場するときには、別の名前に変わる可能性もある。以下の情報は、スペックの部門から、これまでに聞いてきたものである:

  • 8.9" Display at 2048×1440 (281ppi)
  • NVIDIA Logan 64-bit processor (Tegra K1)
  • 2GB RAM
  • 16/32GB internal storage
  • 8MP OIS main camera, 3MP front facing camera
  • Aluminum zero-gap construction
  • Stereo front-facing speakers
  • 8.91"x5.98"x0.31" body (that’s 22.63×15.19×0.79cm)
  • 418g (or 427g with LTE) (that’s 14.74/15.1 ounces)

For reference, the 2013 Nexus 7 is 0.34" thick, and weighs 290g (or 299g with LTE). Samsung’s new Galaxy Tab S 8.4, meanwhile, is a svelte 0.26" thick, weighing in at 298g, making Volantis thicker and heavier, though aluminum construction comes with heft compared to plastic.

参考までに説明しておくと、2013 Nexus 7 は、厚さは は0.34-inch であり、重量は 290g(LTE版は 299g)となる。その一方で、Sansung の最新である、Galaxy Tab S 8.4 の場合は、その厚みは 0.26-inch であり、重量は 298g である。つまり、Volantis は厚くて重くなっているが、プラスティックではなくアルミニウムが用いられているからである。

For those curious about the Tegra K1′s performance, check here, here, here, and here.

なお、Tegra K1 に興味があるなら、 ココと、ココと、ココと、ココを参照してほしい。

Here’s a quick look at one source image:

そして、以下が、私たちが入手したソース・イメージである:

_  space

_  space

For the sake of clarity, I’ve redrawn the image above as faithfully as possible below, and illuminated the display.

明瞭にするために、上記のイメージを修正し、また、ディスプレイをはめ込んでみた。

_  space

_  space

Right off the bat, Volantis looks like the love child of LG’s Nexus 5 and ASUS’ 2013 Nexus 7 (and maybe the iPad Mini), but the image above obviously doesn’t quite correspond with the listed features.

ちょっと見たところ、LG の Nexus 5 や ASUS の 2013 Nexus 7 (そして iPad Mini) に似ているが、このイメージとシストアップされた仕様が一致しないのは明らかである。

HTC’s now signature front-facing stereo speakers are nowhere to be found, and the casing (which resembles the soft touch back of the current Nexus 7) doesn’t exactly look like an aluminum zero-gap construction. Additionally, 2048×1440 isn’t a 4:3 aspect ratio, though it’s possible that the 4:3 specification is accounting for the screen real estate lost to software nav buttons and a status bar.

いまでは、HTC が特徴としている、フロント・ステレオ・スピーカーは何処にも見つからないし(現行 Nexus 7 の背面方式のように見える)、そのケースも、アルミによるゼロ・ギャップ構造のようになっていない。さらに言えば、2048 x 1440 は 4:3 のアスペクト・レシオではない。しかし、ソフトウェアによる NAV ボタンとステータスバーのためのスクリーン領域を除けば、4:3 の比率になるとも考えられる。

It is likely that what are listed are approved specs, while the image is an early draft of the hardware’s industrial design. From the information available to us, it’s clear that matching specs are listed in several places, so we feel fairly confident in their validity compared to the image.

上記のリストに含まれる仕様が、なんらかの承認を得ていても、イメージの方は、ハードウェアの工業デザインにおける初期のドラフトという可能性もある。ただし、私たちが入手している情報に基づくと、いくつかの場所に記載されている仕様との整合性は明らかであり、このイメージとの比較は、かなり有効だと確信している。

From the information available to us (beyond the above image), we’ve also learned some possible price points. Right now, the tablet is planned to start at $399 for the 16GB version, with the step up to 32GB costing $499. LTE connectivity would come at an extra cost, possibly in the $600+ range. Of course, pricing is something that can very easily change in the run-up to release.

私たちが入手している情報は、上記のイメージだけではなく、価格帯に関する可能性にまで及んでいる。このタブレットだが、現時点において、16 GB 版は $399 とされ、32 GB 版は $499 とされている。そして、LTE コネクト版は、$600+ というレンジになるだろう。もちろん、こうした価格設定は、リリース時までに変更される可能性が高い。

These prices are quite a bit more than the current Nexus 7, but from the sound of it, Volantis will be packing more premium hardware. Volantis may also launch with a few official accessories (including a keyboard case), but we’ll save that discussion for later.

一連の価格設定は、現行の Nexus 7 よりも少々高めになるが、Volantis は高級なハードウェアになるという感じがする。また、Volantis には、いくつかのオフィシャル・アクセサリー(キーボードケースを含む)が提供されるかもしれないが、その説明は後にさせてもらいたい。

Speaking of release, Volantis is expected to be the launch device for Android’s L release, pegged for an unspecified date in Q4 2014. We definitely are not expecting this for Google I/O.

Volantis のリリース時期に関しては、2014年 Q4 とだけ決められている、Androd’s L(Kの次)のリリースと結び付けられる。また、Google I/O でのリリースを期待しても、それは絶対に無理だと思う。

With rumors that the Nexus 6 was canceled in light of the Android Silver program, it’s important to be cautious when approaching any information regarding future Nexus devices. That said, a source familiar with Volantis tells us that the hardware already exists, and that the tablet is already being toted around by some at Google. Additionally, the first devices pegged for the Android Silver program aren’t expected until 2015, so it would make sense that Google is prepping a Nexus to launch Android L.

Android Silver プログラムと照らし合わせると、Nexus 6 のウワサは消えるだろう。つまり、将来の Nexus デバイスに関する、あらゆる情報に近づく場合には、このプログラムに注意しなければならない。そして、Volantis に詳しい情報筋は、このハードウェアがすでに存在し、何人かの Google 社員が持ち歩いていると伝えている。さらに言えば、このデバイスの最初のバージョンと、Android Silver プログラムが関連することは、2015年の時点では起こり得ないだろう。したがって、Google は Android’s L を立ち上げるために、何らかの Nexus を準備しているのだろう。

Many in the Android community have been yearning for another HTC-built Nexus for some time now, and this tablet’s specs – if they end up being true to the information we’ve seen – read like a wish list. We aren’t likely to hear anything official about this tablet until this fall, but it already sounds very promising.

Android コミュニティにおける多くの人々は、HTC が作り出す Nexus を、これまで待ちわびてきた。そして、このタブレットの仕様が、ここで予測する通りのものになるなら、彼らの希望も叶えられるだろう。秋になるまで、このタブレットに関するオフィシャルな情報は提供されないだろうが、すでに、かなり有望だと感じられる。

ーーーーー

このところ、SIM フリーの Android を満喫している Agile_Cat としては、普段から Nexus  6・8・9 のウワサが気になって仕方ないのです。 そして、HTC から Nexus 9 が出るとなると、ワクワクし始めるのですが、ちょっと値段が高めなのと、400g という重量が引っかかります。 Nexus 7 の美点である、安い、軽い、高性能を、ぜひとも踏襲して欲しいと思います。 Nexus の価値は、スクリーン上に有りです。 ここは、易くて軽いプラスティック・ケースで攻めて欲しいですね。 その他はスバラシイ!

ーーーーー

<関連>

Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600
Google Nexus 7 のアップデートは、32GB + モバイル通信
新しい Nexus 7 は、薄くて 軽くて Retina で $230 だ!

ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで

Posted in Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 19, 2014

The Phablet Phenomenon: Trends And Growth Forecast For The Device That Is Taking Over Mobile
http://wp.me/pwo1E-7Az

Tony Danova – Jun. 17, 2014, 8:05 AM
http://www.businessinsider.com/the-phablet-phenomenon-trends-and-growth-forecast-for-the-device-that-is-taking-over-mobile-sai-2014-6

_ Business Insider

The days of the 3.5-inch or 4.0-inch screen are gone. The entire smartphone market has been trending toward the phablet category over the past few quarters.

3.5‐inch や 4.0‐inch のディスプレイに満足する日々は、過ぎ去ってしまった。スマホ・マーケット全般を見渡すと、いくつかの四半期を通じて、Phablet のカテゴリがトレンドになっている。

We at BI Intelligence define the phablet as a smartphone with a screen between 5 inches and 7 inches.

BI Intelligence では、この Phablet のカテゴリについて、 5 inch 〜 7 inch のスクリーンを持つスマホのことだと定義している。

_  space

BII

While this is a broad definition, the advantage is that it captures one of the most important trends in the smartphone market in the last couple of years — the phenomenal popularity of phones like the Samsung Galaxy S4 released in 2013 (5 inches) and S5 launched in 2014 (5.1 inches).

この定義自体は広義のものであるが、それにより、この数年における、スマホ市場で最も重要なトレンドの1つを表現することが可能になっている。つまり、Samsung からリリースされた、2013年の Galaxy S4  (5 inch) や、2014年の S5 などの、驚異的な人気のことである。

In part, the massive success generated by the Galaxy line is responsible for nudging all phone manufacturers toward the the phablet.

その点において、Galaxy のライン・アップが生み出した大成功は、すべてのフォン・メーカーを Phablet へと向けて誘導するという、役割を担っているのだろう。

The iPhone line has kept to smaller screen sizes so far, but the expectation is that later this year Apple will be launching two large-screened phones. One of these, with a 5.5-inch screen, would fall under our definition of a phablet.

これまでのところ、iPhone のライン・アップは、小型のスクリーン・サイズを維持しているが、今年の後半に Apple は、2種類の大型スクリーンのフォンを立ち上げると予想されている。そのうちの 1つは、5.5‐inch のスクリーンを持つものとなり、私たちの Phablet 定義に該当する。

In a new report from BI Intelligence, we survey these trends toward larger screens and build out our own forecast for the phablet market. We also look at how phablets have altered the smartphone market and cannibalized demand for tablets.

BI Intelligence の新しいレポートで、私たちが調査した結果、大型のスクリーンへと向かっていくトレンドが明らかになり、また、Phablet マーケットに関する独自の予測を生み出すことになった。さらに言えば、Phablets がスマホ市場を置き換え、タブレットへの需要を横取りしている状況が見えてきた。

Here are of the key points about the phablet market:

以下に、Phablet 市場における、いくつかの重要なポイントを列挙する:

  • Phablets は、最も速く成長しているスマホのカテゴリである。私たちの予想によると、Phablet のグローバル出荷台数は、これからの 5年間で27%の複合年間成長率(CAGR)で成長していく。それは、15%の複合年間成長率を達成すると言われる、スマホ市場の約 2倍のペースとなる。

  • Phablet の出荷台数は、2019年の時点で 15億台に達する。そうなると、2019年における Phablet は、グローバル・スマホ出荷台数の 59%を占めことになる。今年の予測値である、35% から大きく飛躍することになる。
  • Phablet の売上は、グローバルにおけるタブレットの販売台数を横取りしている。そして、タブレットへの需要は頭打ちとなる。2019年までに、Phablet の出荷台数は、タブレットの 3倍に至るだろう。
  • Phablet により、ビジュアル志向のソーシャル・メディアとメッセージング・アプリで、コンシューマが時間を過ごすというトレンドが加速している。つまり、大きくて表現力に富んだスクリーンにより、たとえば Facebook/Instagram/Snapchat/LINE といった、コンテンツが核となるソーシャル・ネットワークやアプリケーションへと、ユーザーを惹きつけるパワーが強化されていく。Phablet におけるアクティビティの半分以上が、ソーシャル・ネットワークに結びついたものとなる。

ーーーーー

いま、Agile_Cat の外出用セットは、① Experia V(4-inch)、② Experia Z(5-inch)、③ Nexus 7(7-inch)であり、これに Bluetooth KB を加えると、ほとんどの作業を出先でもこなせてしまいます。 そして、この中で、一番新しいメンバーが、② の 5-inch ファブレットなのですが、4-inch と 7-inch に挟まれて、まだ活躍しきれていないというのが正直なところです。 ただし、そうなってしまうのは、主力 SIM である SB の 7GB 定額を、① のスマホに挿しているからでもあるのです(その他は OCN One)。この組み合わせに、たとえばスマート・ウォッチが入ってくるだけで、それぞれの役割が変わっていく可能性は充分にあると思います。ほんと、5-inch のスクリーンは広くて使いやすいので、さらにベゼルを削り取り、物理的にはもう一回り小さく軽量になった、コンパクト・ファブレットに登場して欲しいですね 〜〜〜 :) 

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
Apple は 5.5-inch の iPhone を作っているのか? 台湾からの情報を整理する
Samsung の売れ筋を分析すれば、ファブレットの難しさが見えてくる
PC の 伸びしろを、すべて食い尽くした Tablet : それを示す1枚のチャート

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 3, 2014

Samsung unveils first smartphone using Tizen operating system
http://wp.me/pwo1E-7xF

June 2, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/samsung-unveils-first-smartphone-using-tizen-operating-system

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co., the world’s biggest maker of mobile devices using Google Inc.’s Android operating system, announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform.

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co. は、Google Inc. の Android オペレーティング・システムを用いた、モバイル・デバイスにおける世界最大のメーカーであるが、Tizen のオープンソース・プラットフォームを走らせる、初めての商用のスマートフォンを発表した。

Samsung Electronics Co. announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform. — Reuters pic

The Samsung Z will be available in Russia in the third quarter before expanding to other markets, the Suwon, South Korea-based company said in a statement today. The device will have a 4.8-inch screen and will be on show at the Tizen developer conference in San Francisco tomorrow.

Suwon, South Korea をベースにする同社の、今日(6/2)のステートメントによると、その Samsung Z は、今年の Q3 から Russia での販売が始まり、その後に、他のマーケットでのビジネスが展開されることになる。このデバイスは、4.8-inch スクリーンを持ち、明日に San Francisco で開催される、Tizen デベロッパー・カンファレンスでお披露目となる。

Tizen, which is being developed with companies including Intel Corp. and Vodafone Group Plc, is an alternative to Android, the most popular smartphone operating system in the world. Asia’s biggest technology company unveiled two wristwatches using Tizen in February and had previously said its first commercial phone using the platform would be released in 2013.

Intel Corp. および Vodafone Group Plc などを含む企業群が開発する Tizen は、世界で最も人気のスマートフォン·オペレーティング·システムである、Android に代わるものを目指している。 そして、このアジア最大のテック・カンパニーは、Tizen を用いる 2種類のスマートウォッチを 2月に発表したが、このプラットフォームを用いる最初のスマートフォンは、2013年にリリースされると当初は述べていた。

Samsung has been boosting incentives in its smartphones, including adding US$600 (RM1,930) of freebies to its Galaxy S5 marquee device, as it faces more competition from Apple Inc. as well as Chinese producers including Xiaomi Corp. and Lenovo Group Ltd. — Bloomberg

Samsung は、看板である Galaxy S5 デバイスの景品として $600(RM1,930)を追加するなど、スマートフォンにおけるインセンティブを高めてきた。その理由は、Apple との熾烈な戦いだけではなく、Xiaomi や Lenovo といった、中国製のデバイスの追い上げに直面しているからでもある。 ーーー Bloomberg

ーーーーー

ついにと言うか、ようやくと言うか、Tizen を載せたスマホが Samsung から登場するようです。しかも、Apple の WWDC 2014 に発表をぶつけ、同じ SF でデベロッパー・カンファレンスまで行うようです。なぜ、Android ではダメなのかという疑問が、Tizen に関するニュースを見るたびに、アタマに浮かんで来ましたが、対 Apple というより、対 Chinese の戦略というのが本音だと思えてきました。 つい先日に、Xiaomi が Mi Pad というタブレットを出しましたが、信じられないほどの低価格で攻めてきています。同じ Android では太刀打ち出来ないと判断しても、仕方のないことなのかもしれません。 だからこそ、WWDC に合わせて発表したのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Apple は 5.5-inch の iPhone を作っているのか? 台湾からの情報を整理する
さぁ WWDC 2014 だ! iOS 8 だ!

タブレット市場の成長は、ここで止まってしまうのか:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on May 15, 2014

The Tablet Market Cooled Down in the First Quarter
http://wp.me/pwo1E-7uV

Niall McCarthy , April 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2194/the-tablet-market-cooled-down-in-the-first-quarter/

_ Statista

The global tablet market cooled down in the first quarter of 2014. Even though Apple shipped 16.4 million tablets, this was still 16% down on the year before.

世界のタブレット市場は、2014年 Q1 においてクールダウンしている。 Apple が 16.4 Million のタブレットを出荷しているが、それにしても、前年比で 16% のダウンである。

 

_  space

Between 2012 and 2013, Android tablet sales quadrupled, an explosive pace of growth which has proven difficult to maintain. Nevertheless, an impressive 37.9 million Android powered tablets were shipped in Q1 2014.

また、Android は 2012年から 2013年にかけて 4倍の伸びをみせたが、そのような爆発的な成長を維持するのは困難だ。ただ、それにしても、2014年 Q1 だけで、Android パワーのタブレットは、37.9 Million も出荷されてはいるのだ。

ーーーーー

TAG index売れるには、売れているのですが、ちょっと息切れしてきた感じがあります。 この、2014年 Q1 の、iOS と Android を合算すると 5000万台強です。したがって、今年のタブレット販売台数は、2.5億〜3億台前後になるのでしょうか? PC は 3億台くらいで、スマホは 6億〜7億台くらいという感じもします。 年末に、それぞれのカテゴリは、どのような数字を弾き出すのでしょうか? いまから楽しみですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている
タブレットの利用率 : iPad が 84% を占めるという調査の結果とは?
タブレット・シェア 下克上:Android 57% vs iOS 40%
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場
2013年 Android/iOS アプリ・ダウンロード予測:スマホ 560億回! タブレット 140億回!

Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter

Posted in Research, Twitter by Agile Cat on May 4, 2014

サーバー・ビジネスの再編が進んでいるようです・・・
http://wp.me/pwo1E-7sA

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、それほど 3月とは変わらず、安定した感じの 4月でした。ずっと下り坂で心配だった Twitter が、2ヶ月連続で増えてくれたのが嬉しいです。 このところ、Facebook に大きく引き離され、WhatsApp や Line などに追い立てられ、不調という評価を受けている Twitter ですが、アノニマスでのユルイつながりと、高速での伝搬性という、すばらしい特性を活かして、これからも頑張ってほしいと思います。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、Heartbleed が起こったせいもあるのか、Apple A7 のセキュリティ機構の話が、多くの人の関心を集めたようです。この流れには、PayPal +Samsung のタッグ・チームも追随しており、バイオメトリクスが伸びるキッカケになりそうです。 それと、Agile_Cat 的には、これまで名前しか知らなかった DigitalOcean の記事が見つかり、また、その抄訳がたくさん読まれ、とても嬉しく思っています。

_--space13

1: Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?
2: IBM が クラウド・シフトを決断した理由

3: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月
4: 新しい 4.7 インチの iPhone が、どれほどデカくなるのか!
5: これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!
6: OS X 10.9.2 のアップデートは要注意:AirPlay Mirroring が NG というレポートが!

7: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す
8: Apple が アメリカ市場で Android のシェアを削っている
9: Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

10: Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!

11: iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!

12: SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?
13: PC が 売れなくて、Intel まいってる:それを示す1枚のチャート
14: iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!

15: 新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ?

16: Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!

17: iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた

18: PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった?  – Gartner 
19: iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
20: IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響を

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する! 
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

この他にも、Google が Intel から IBM に乗り換えたり、HP と Foxconn がサーバー・ビジネスで協業したりとか、いくつか、面白い展開が見られます。

GoogleがサーバをIntelからIBMの「OpenPOWER」陣営に乗換え
HP, Foxconn to Jointly Build Servers for Clouds

5月も、これらの情報は追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

image5月に入ってからですが、「FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」という抄訳をポストしました。 この、ネット・ニュートラリティの問題が、いまのアメリカでは、最もホットなトピックとなっているようです。その背景には、全米のトラフィックの 30% 以上を消費するという、Netflix の存在があるのですが、このビデオ・ストリーミング・プロバイダーと、Comcast などの ISP が、ダイレクト・ピアリングの契約を交わし始めています。5月は、このテーマも追いかけてきたいと思っています。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です
Agile_Cat:2013年 11月の マトメ : Gunosy は 17k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 10月の マトメ : 脅威の Gunosy は 25k リフェラル!

PayPal の決済アプリが、Galaxy S5 の指紋リーダーと連携する:時代はバイオメトリクスだ!

Posted in .Selected, Mobile, Samsung, Security by Agile Cat on April 30, 2014

PayPal releases mobile payment app for the Samsung Galaxy S5 fingerprint reader
http://wp.me/pwo1E-7s1

By
Kevin C. Tofel – April 11, 2014
http://gigaom.com/2014/04/11/paypal-releases-mobile-payment-app-for-the-samsung-galaxy-s5-fingerprint-reader/

_ Giga Om

Summary: Now that Samsung’s Galaxy S5 is available, it’s time to make use of the integrated fingerprint scanner. PayPal is doing just that, releasing its app made specifically for biometric authentication.

Samsung Galaxy S5 が利用できるようになったが、そこに統合された指紋スキャナを利用も始まることになる。そして PayPal が、このバイオ認証のために開発された、新たなアプリをリリースする。

ーーーーー

With the Samsung Galaxy S5 now available, PayPal is making good on its promise to use the handset’s fingerprint reader. The company released mobile apps specifically for the Galaxy S5 and Samsung’s latest wearables on Friday. Using the phone app, you can log in to your PayPal account with a fingerprint scan instead of a typed password and make payments online or at participating retail locations that access PayPal payments.

ついに Samsung Galaxy S5 が登場したことで、このハンドセットで指紋リーダーをサポートするという約束を、PayPal は守れるようになった。この金曜日(4/11)に同社は、Galaxy S5 および、Samsung の最新ウェアラブル・デバイスのための、特別なモバイル・アプリをリリースした。このフォン・アプリを使用することで、これまでのパス・ワード入力に換えて、指紋スキャンにより PayPal アカウントにログインし、この PayPal ペイメントでアクセスするリテーラーで支払いを行うことが可能となる。

PayPal actually announced the software in conjunction with the Galaxy S5 introduction at February’s Mobile World Congress. Until now, however, no devices were available to use the app. Here’s a short demonstration of how the PayPal app works:

実際に PayPal がアナウンスしたのは、この 2月の Mobile World Congress で紹介された、Galaxy S5 と組み合わせるソフトウェアである。つまり、これまでの間、このアプリを使用するデバイスが無かったのだ。 そこで、PayPal のアプリが機能する方式を、この Youtube デモで示す。

The idea of using a fingerprint for account authentication over a typed password is rather timely, given how many sites are now affected by the massive HeartBleed security flaw may have exposed passwords on two-thirds of the world’s servers.

パアカウント認証において、スワード入力に換えて指紋を使用するというアイデアは、とてもタイムリーなものである。世界中のサーバーの、2/3 のパスワードを開示されてしまうとも言われる、大規模な HeartBleed セキュリティ欠陥の影響を受けて、とても多くのサイトが震え上がっているのだ。

Clearly, neither PayPal nor Samsung knew this would happen when they announced the mobile payment feature in February. The situation could bring awareness to Samsung’s newest phone since it uses biometrics instead of a password. Even if that fingerprint data is stored on PayPal’s servers, they aren’t affected by HeartBleed according to LastPass.

PayPal も Samsung も、金曜日の発表とタイミングを合わせるかのように、このような問題が起こるとは知らなかったはずだ。そして、このペイメント方式では、パスワードに換えてバイオ・メトリクスを使用しているため、Samsung の最新スマホが注目されるという状況になっている。たとえ、指紋データが PayPal のサーバーにストアされていても、LastPass によると、HeartBleed の影響を受けることはない

Samsung’s newest handset isn’t the only device that can use a new PayPal new app, however. PayPal is available on the Samsung Gear 2 smartwatch and Gear Fit wearable so you can make payments, redeem offers and receive payment notifications on your wrist.

しかし、Samsung の最新スマホだけが、この PayPal の最新アプリを使用できる、唯一のデバイスというわけではない。PayPal アプリは、Samsung の Gear 2 スマート・ウォッチおよび、Gear Fit ウェアラブルでも利用できるのだ。 したがって、手首に装着されたデバイスから、ペイメントを実施し、支払い通知を受け取ることも可能となる。

Related research

Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
Consumer privacy in the mobile advertising era August 2012
Bitcoin: why digital currency is the future financial system March 2014

ーーーーー

TAG index先週にポストした、「 Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは? 」という抄訳ですが、とても多くの方に読んでもらえたようで、指紋リーダーによる認証が、大きな関心事になっているのだと思いました。そこには ーーー Apple はサードパーティのリテーラーにも、Touch ID でコントロールするペイメントをオープンにするようだ。しかし、Apple のペイメント・ソリューションが、何らかのサードパーティ・サービスに依存することはない。つまり、Apple 自身のペイメントは、最初から Touch ID と Security Enclave を用いてデザインされた、既存の iTunes インフラ内で容易に承認できるようになっている。 ーーー という一文がありましたが、まさに、ここで言うオープンな関係が、PayPal と Samsung の間に構築されるのでしょう。もちろん、PayPal は Apple との関係も構築したいはずであり、バイオメトリクスによる認証の時代に、まっしぐらという感じですね。とても興味深い展開です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
Woz の言うクラウドへの懸念は、正しくもあり、間違いでもあり

Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!

Posted in Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on April 26, 2014

Nexus 6 Release Date: 5 Expected Features of Google’s Flagship Smartphone
http://wp.me/pwo1E-7ry

By Raymond Ronamai: March 31, 2014
http://www.ibtimes.co.in/articles/545858/20140331/nexus-6-release-date-5-expected-features.htm

ーーーーー

<関連> Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補! – 6/24

ーーーーー

Google has not revealed the release date of its flagship smartphone, Nexus 6 but it is widely expected to be released after Google’s I/O Developers Conference on 24 June or early July. Now, several reports on the features of the device have also surfaced.

Google のフラッグシップ・スマートフォンとされる Nexus 6 だが、依然として出荷日は明らかにされていない。 とは言え、6月24日の Google I/O の後に、つまり 7月の上旬にリリースされるというのが、大方の予測である。そして、いまでは、このデバイスに関する、いくつかの特徴も表面化している。

Google’s VP Sundar Pichai had earlier hinted at the Mobile World Congress that the new Nexus smartphone would be released only in the last quarter of the year. The device will have to take on Samsung Galaxy S5 and HTC One (M8) if it is launched in June or July, and iPhone 6 if it is released in October as hinted by Pichai.

Google の VP である Sundar Pichai が、Mobile World Congress のときにヒントを提供している。 それは、この新しい Nexus 6 が、今年の Q4 にリリースされると示唆するだけのものだった。また、Pichai は、それが 6月もしくは 7月にリリースされるなら、 Samsung Galaxy S5 および HTC One (M8) と競合し、10月にリリースされるなら、iPhone 6 と戦うことになるとも、示唆している。

Here are five expected features of Google Nexus 6:

以下は、Google Nexus 6 で期待される機能である:

1. Display: Nexus 6 is expected to sport a 5.2-inch full HD and curved LCD display protected by Corning Gorilla Glass. The handset is also expected to be thin and light with bezel-free front panel, as seen in most smartphones.

Nexus 6 は 5.2-inch full HD をサポートし、その 曲面 LCD は、Corning の Gorilla Glass で保護される。 また、このハンドセットも、その他のスマホと同様に、薄くて軽く、ベゼルをカットしたものになる。

2. Processor: The device is expected to be powered by the 64-bit version of its Snapdragon 800-series chipset with 3GB RAM.

Snapdragon 800-series chipset の 64-bit バージョンと、3GB の RAM が実装される。

3. OS: Google Nexus 6 is expected to run on Android OS (4.5), dubbed as Lollypop.

Nexus 6 は、Android OS (4.5) を走らせる。 つまり、Lollypop と呼ばれているバージョンである。

4. Camera: The device is also expected to have 13MP camera (main) and 5MP front camera. Another report has it that Nexus 6 will come with a 16MP camera, which is seen in Samsung Galaxy S5.

13MP のメイン・カメラと、5MP のフロント・カメラを実装する。別のレポートでは、Samsung Galaxy S5 と同じく、16MP のカメラが実装されるとも予測されている。

5. Connectivity: It is expected to come in three storage variants – 32 GB/64 GB/128 GB. It may come with connectivity such as Bluetooth, NFC, Micro-USB, Wi-Fi and 4G.

ストレージに関しては、32 GB/64 GB/128 GB の三種類が用意される。 また、コネクティビティに関しては、Bluetooth/NFC/Micro-USB/Wi-Fi/4G が提供される。

ーーーーー

The flagship device may not breach the $400 mark for the 16GB model amid speculations that Google might increase the price. Considering the prices of Apple’s iPhone and Samsung’s Galaxy series, which starts at $700 (unlocked version), the hike in Nexus 6 price is justifiable.

このフラッグシップ·デバイスでは、16GB で $400 というバージョンは登場しないだろう。 それは、Google が価格の引き上げを進めるという、憶測に沿った見方でもある。 Apple の iPhone は $700 で、Samsung の Galaxy も $700 で、アンロック・バージョンを提供するという予測からして、Nexus 6 における価格の引き上げには妥当性がある。

To report problems or to leave feedback about this article, e-mail: r.ronamai@ibtimes.com

To contact the editor, e-mail: editor@ibtimes.com

ーーーーー

image最近、Nexus 5 が欲しいなぁと思っている Agile_Cat ですが、これは、Nexus 6 を待つべきなのでしょうかね? ただ、お値段が、だいぶ高くなるようなので、4万円でオツリのくる、Nexus 5 の 16GB バージョンが、やはり最有力候補です。 でも、Gigazine に、「 Nexus 5キラーとの呼び声高い新スマホ OnePlus One が正式発表される 」という記事が掲載されるように、中国からも格安の 5.5-inch スマホが提供されるようです。Xiaomin や Oppo 以外にも、いろいろとあるんですねぇ〜〜〜 :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!
Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ!
Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?
新しい Nexus 7 は、薄くて 軽くて Retina で $230 だ!
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600

%d bloggers like this: