Agile Cat — in the cloud

今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた

Posted in Alibaba, Asia Weekly by agilecat.cloud on March 15, 2015
ついに Alibaba は、Snapchat にまで資金を提供する ・・・
 
cna-banner
 
Alibaba の動きが活発です。 3月4日の Agile_Cat に、「Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出 」という抄訳をポストしましたが、それ以外にも、各方面への資金提供を積極的に行なっています。 昨年の IPO で手にした莫大なキャッシュを原資にした、アジアからアメリカへ向けての、本格的な進出が始まっています。
 
Alibaba今週末のことですが、 TechInAsia が「Alibaba invests $200M in Snapchat 」を、そして Business Insider が「Chinese e-commerce giant Alibaba is investing $200 M in Snapchat at $15 B valuation 」をポストしています。 そして BI の記事の方には、いま Snapchat が進めている $500 M ファンディング・ラウンドとは、別物の出資になると記されています。
 
また、Alibaba はアジアのスタートアップにも積極的に資金を提供しており、その中には「Snapdeal drums up custom in Slumdog’s Dharavi」や「Quixey CEO Tomer Kagan on the company’s close relationship with Alibaba」のように、Softbank と共同で出資するケースもあるようです。
 
今年に入ってからの、Alibaba の出資に関連するトピックを探してみたら、以下のものが見つかりました。 春節の休みなどを考えると、実質的に 2ヶ月の間の出来事です。同社の資金力もさることながら、その陣営を急いで拡大していこうとする、バイタリティに驚いでしまいます。
 
3/5: Alibaba buys US$383 mln stake in TV programme producer Beijing Enlight
3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
3/4: Taiwan forcing out Alibaba over investment violations
2/15: In taxi app merger, a surprising alliance between Alibaba and Tencent
2/10: Alibaba pushes its mobile OS with $590M investment in phone maker Meizu
2/6: Alibaba’s financial affiliate takes 25% stake in Indian payments service Paytm
2/3: Alibaba to launch $130M foundation to invest in Hong Kong entrepreneurs
2/2: First Xiaomi, now Alibaba: Ouya takes another step into China with $10M deal
1/14: Alibaba acquires China’s biggest adtech company, AdChina
1/14: Alibaba may be planning to build massive ‘Alibaba Town’ in South Korea: report
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
AustraliaSYDNEY, AUSTRALIA, Mar 10, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Today, IBM announced the opening of its newest SoftLayer cloud center in Sydney, Australia. As part of IBM’s $1.2 billion investment to expand its cloud services, the new facility joins Melbourne in meeting the growing customer demand for scalable cloud solutions with global reach in Australia.
 
② 3/8: Acer Octon promotes SDN-based business communication
TaiwanAcer Octon, a joint venture between Acer and US-based multimedia application developer Octon, demonstrated its new cloud-based PBX business-use communication solution at the MWC 2015. The IP solution, dubbed “abPBX Plus,” is able to offer cloud-based services plus advanced communication services such as file sharing, IP voice calls and teleconferencing to clients.
 
③ 3/1: India Govt bans Gmail for official work, to monitor staff
IndiaThe government will be monitoring online activities of bureaucrats on official computers, block content which it feels is adversely affecting the productivity of the babus and also have a right to delete e-mails or internet history on such computers after intimating the user. The measures are a part of twin notifications issued by the Narendra Modi government on February 18 by which the use of private e-mail networks like Gmail and Yahoo has now also been officially banned for all government use.
 
④ 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaKorea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for 5G wireless technology. The 2014 MWC featured the benefits of 5G over today’s LTE tech, the IoT, Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
⑤ 3/10: Gamevil tops among Korean mobile game publishers in global
KoreaGamevil said Monday it has been ranked the highest among Korean mobile game publishers in terms of mobile game sales at application stores such as Google’s Play market and Apple’s Appstore. According to the “Top 52 Publishers of 2014″ report released by a global mobile app analytics agency App Annie, Gamevil was listed in 11th place among the global mobile game publishers, up 15 steps from a year ago.
 
⑥ 3/9: Tech Mahindra opens sales office in Hanoi,Vietnam
IndiaTech Mahindra is bringing jobs and IT expertise across the region by opening its Vietnam sales office in Hanoi. Tech Mahindra is present in Vietnam since 2012 and has experienced an increase in the number of customers especially in the banking sector in the country. It has come a long way since 2012 and today it boasts a strong ecosystem in Vietnam comprising established product vendors and local partners.
 
⑦ 3/12: Weibo ends 2014 with slow but steady growth, has 176M MAU
ChinaWeibo, China’s Twitter-like social network, continues to grow – albeit slowly. Weibo ended 2014 with 175.7 million monthly active users (MAUs), which is up 36 percent year-on-year, and up 5.2 percent from Q3 to Q4. Although many have talked about WeChat making Weibo irrelevant, it seems that Weibo is standing its ground against the hugely popular messaging app (WeChat is close to 500 million MAUs) despite a number of areas of overlap between the two social networks.
 
⑧ 3/8: Xiaomi likely to launch Redmi 2 in India this month
IndiaNEW DELHI: It looks like Chinese manufacturer Xiaomi is all set to launch the Redmi 2, its next-generation, entry-level smartphone in the Indian market. The company is currently running a contest on its India Facebook page which features a word puzzle. Participants who are able to find three key features from the puzzle qualify to get priority access passes to buy the company’s upcoming smartphone.
 
⑨ 3/10: 90pc traffic comes from mobile devices: Myntra
IndiaBANGALORE, INDIA: Myntra shared that 90 perecent of its traffic is being generated through mobile devices. Close to 85 percent of this traffic is driven by Android, iOS and Windows platforms. Interestingly, over 50 percent of the mobile traffic is coming from Tier II & III cities. After China, India ranks second in consumers accessing the internet for online shopping through mobile devices, according to a recent study.
 
⑩ 3/11: Malaysia draws up cyber security plans till 2050
MalaysiaMalaysia is reviewing its National Cyber Security Policy as part of broader plans to strengthen internet security in the country, Deputy Minister of Science, Technology and Innovation, Dr Abu Bakar Mohamad Diah (pictured, right) announced. The revised policy is expected to be ready in two years, said Dr Amirrudin Abdul Wahab, CEO of Cybersecurity Malaysia, which is reviewing the policy with the National Security Council (MKN).
 
ーーーーー
cna_6この週の Top-10 には入りませんでしたが、Baidu が Android ベースの独自 OS を諦めたというニュースが、とても気になります。 誰もが知っているとおり、いまの中国で最も勢いのあるスマホは Xiaomi であり、その MiUi が Android フォークの先頭を突っ走っているという状況です。 アジアの王者である Samsung でさえ、独自 OSを という観点では、Tizen の展開に苦しんでいるようです。そう考えると、Xiaomi のビジネス・モデルの方が、一歩も二歩も先行しているわけであり、大きく変化してきたアジア・スマホ勢力図を、この Baidu の撤退劇が裏付けているように思えてきます。_AC Stamp
Forking hell! Baidu gives up on its Android-based OS
Baidu ends support for Android platform
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
 

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on February 14, 2015
グローバル市場へ向けて、ついに 中国が攻勢をかけ始めた ・・・
 
cna-banner
 
今週のアジアの動きで注目すべきは、なんと言っても、中国における Qualcomm のアンチ・トラスト問題でしょう。総額で $975m という罰金とは、日本円だと 1150億円であり、この種の支払いとしては最大級のものになるようです。 Reuter も、ITPro も、CNet も、3G/4G に関する特許を、つまり、通信方式に関する特許を、他の特許と分離することになったと報じていますが、その背景には、Qualcomm の複雑なライセンス体系があるようです。 12/27 の ZDNet 「Qualcomm asked to lower patent fees amid China’s antitrust probe」は、以下のように伝えています。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAーーー Bloomberg によると、これまでの5年間において Qualcomm は、US$30.5 billion というライセンス料を稼ぎだしてきた。そして、同社のライセンス構造を変更する必要がなければ、より高額な罰金を支払うと申し出ていたが、中国政府により拒否されたようだ。それにより、Qualcomm の顧客にクロスライセンス契約を強制し、他の Qualcomm 顧客との間でのロイヤルティ支払いを制限するという、同社のライセンス方式を阻止された。このチップメーカーは、顧客を侵害訴訟から保護するという、独自の自特許モデルを維持することで、大きな恩恵を被っていたとされている。ーーー
 
そして、2/13 の MIS Asia 「Qualcomm may face probe into business practices in South Korea 」には、Qualcomm に対するアンチ・トラストの調査が、韓国でも開始されると伝えています。 その一方で、Jagran 「Qualcomm deal sparks China smartphone patent skirmishes」は、ZTE が自らの特許権を主張し始めたと報じています。 2月6日にポストした、「 TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか? 」という抄訳では、TD-LTE の勢いが強まっていることをお伝えしましたが、今回の動きは、その知的財産権にまで、中国が影響力を発揮するという展開になっています。 おそらく、その先にある、グローバル市場を見据えているのでしょう。 いったい どうなるのか、興味津々ですね。
 
なお、以下のリストは、Cloud News Asia における Qualcomm 関連のポストです。こうしてみると、中国と韓国以外にも、台湾の MediaTek や TSMC などが、微妙に絡み合っているように思えてきます。
 
5/14: Qualcomm plans to shift 20nm orders from TSMC to Samsung or Globalfoundries
6/18: Qualcomm Will Sell Customized Chips For Chinese Mobile Market
6/20: Qualcomm far ahead of Marvell and MediaTek in China LTE market
9/21: Chinese regulator urges Qualcomm to help local companies make money
9/30: Chinese vendors may surpass international vendors in TD-LTE shipments
12/21: Qualcomm, MediaTek to diversify foundry sources, say industry watchers
12/29: China’s antitrust regulator says Qualcomm case to be settled soon
1/14: China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded
1/15: TSMC to face tough questions on Qualcomm orders
1/30: Samsung Dropping Qualcomm Snapdragon For Galaxy S6
2/11: Qualcomm settles monopoly charges in China with $975M payout
2/11: China fines Qualcomm US$975 mil. in antitrust case
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm, eyeing Apple
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
③ 2/9: Foxconn to shut down Chennai unit on February 10
 
IndiaCHENNAI: Taiwanese phone-part manufacturer Foxconn, which had suspended its Chennai operations has floated a severance package for the 1,306 workers at the Chennai plant, and told them that February 10 will be the last working day. Foxconn had wound up its plant after its sole Chennai client Nokia had downed shutters in Chennai. Employees have time till February 9 to decide on the offer, delaying which workers will receive a severance amount prescribed by labour laws the next morning.
 
④ 2/8: Airtel denies talks of merger with Orange
 
IndiaNEW DELHI: Bharti Airtel, the world’s fourth-largest mobile phone operator, has denied a news report of talks with France’s largest phone company, Orange SA, for a possible merger of its African assets, although people familiar said both companies had earlier been involved in deliberations which fell through.
 
⑤ 12/1: Perth to Singapore SEA-ME-WE-3 cable severed again
 
SingaporeThe SEA-ME-WE-3 cable linking Perth to Singapore was once again cut last night and will undergo repairs. According to an iiNet fault notice, the cable was broken at 11.45 pm WST yesterday. The provider is advising that customers may experience higher than usual latency or delays in web speeds, particularly between some international destinations.
 
⑥ 2/8: Malaysia must centralise cyber security, says Communications Minister
 
MalaysiaMalaysia needs to place all agencies responsible for cyber security under one ministry to better coordinate responses to threats, the Communications and Multimedia Minister said. Currently, the agencies protecting the government systems are under different ministries. “They should be coordinated,” said Datuk Seri Ahmad Shabery Cheek.
 
⑦ 2/12: Alibaba’s global-facing ecommerce site AliExpress launches localized Indonesian service
 
IndonesiaAlibaba announced today that AliExpress, the company’s global-facing ecommerce site, has localized for better service in Indonesia. While id.aliexpress.com has been active for some time (Tech in Asia spotted it back in October), today marks its official coming out party in the eyes of the company.
 
⑧ 2/10: Google to cultivate digital advertising talent in Taiwan
 
TaiwanGoogle will begin to implement its Digital Mars Initiative, a plan to cultivate young digital marketing professionals in Taiwan, in March 2015, according to Google Taiwan managing director Chien Lee-feng. Google will allow new university or college graduates to register for free training courses on Google AdWord certification provided by Google in March and select 1,200 trainees for qualification examinations based on their digital marketing proposals, Chien said.
 
⑨ 2/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance
 
Image3.gifToshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.
 
⑩ 2/6: SK hynix, Toshiba to jointly develop chip tech
 
Image3.gifSK hynix agreed with Toshiba of Japan to jointly develop nano imprint lithography (NIL) technologies, the company announced Thursday. “SK hynix has entered into an agreement with Toshiba on joint development of NIL. Engineers from the two firms will start development of core technologies for the process at Toshiba’s complex in Yokohama, Japan,” said SK spokeswoman Park Seong-ae in a statement.
 
ーーーーー
cna_6昨日の Channel News Asia ですが、Bill Gates が訪中し、Minister of Science and Technology である Wan Gang と会談するというニュースが報じられていました。 この、中国における アンチ・トラスト問題は Qualcomm に限ったことではなく、Microsoft の CEO である Satya Nadella も、この件で何度か訪中しています。6億人とも言われるインターネット人口が作り出す、膨大な内需に支えられた 中国が、グローバルにおける覇権争いに参戦してきたと、捉えるべきなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

 

iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research, Samsung by agilecat.cloud on February 11, 2015
Apple is taking 93% of the profits in the smartphone industry now
http://wp.me/pwo1E-8iD
Jay Yarow – Feb. 9, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-is-taking-93-of-the-profits-in-the-smartphone-industry-now-2015-2
 
_ Business Insider
 
Apple is basically the only company making money from smartphones anymore.
 
もはや、スマホから利益を生み出す企業は、Apple だけになっている。
 
Every quarter, Canaccord Genuity analyst Michael Walkley takes a look at the state of the profits of smartphone companies. This quarter, Walkley found Apple had a record breaking 93% of the industry’s profits.
 
Canaccord Genuity のアナリストである Michael Walkley は、デバイス・メーカーたちの利益に関して、四半期ごとにデータをまとめている。そして、2014年 Q4 においては、全スマホ業界の利益の 93% を、Apple が手にするという記録が達成されたとしている。
 
smartphone-profits-2014-q4
BI Intelligence
 
Apple is always the leader, but for a short while, it looked like Samsung was going to catch Apple. Those days are long gone. Apple has blasted away from the pack.
 
この統計において、Apple は常にリードし続けてきたが、一時的には Samsung が追いつくようにも思われていた。 しかし、いまとなれば、それも終わっている。 つまり、Apple は、その戦いから抜けだしたのだ。
 
Samsung’s share of the industry’s profits is down to 9%, its lowest point since 2008 as its profits crater. Samsung is under attack from Apple at the high end with the iPhone 6 and 6 Plus, which both have big screens.
 
Samsung の利益は、この業界の 9% に過ぎず、2008年以降における最大の落ち込みを記録している。ハイエンド市場で Apple と戦う Samsung は、大型スクリーンの iPhone 6 および 6 Plus に攻め立てられているのだ。
 
It’s also under attack at the low-end from cheap Chinese phone makers like Xiaomi. Walkley doesn’t have Chinese phone maker Xiaomi in his table, saying, “since Xiaomi is a private company, we are unable to get their sales and profit metrics. If I could get their profit metrics, then I would certainly include.”
 
Samsung はローエンド市場においても、China の Xiaomi などのメーカーから攻められている。ただし、Walkley のデータには、Xiaomi が入っていない。そして、「 Xiaomi は未上場企業であるため、同社の売上と利益に関するデータが取得できない。 もし、Xiaomi の指標が得られるなら、ただちに取り込みたい」と、Walkley は述べている。
 
Apple sold 74.5 million iPhones last quarter, generating roughly $12.6-$13.5 billion in profits.
 
2014年 Q4 において、Apple は 7450 万台の iPhone を販売し、$12.6-$13.5 billion ほどの利益を手にしている。
 
ーーーーー
mobile_55Mobile OS 2015-01いわゆるハイエンド・スマホ市場は、Apple が独占していくという展開なのでしょうね。 そして Samsung のモバイル・デバイス部門は、2014年 Q4 の収支で、前年比 64% ダウンという状況に陥ったようです。 その一方で、昨年の秋ごろから、スマホの価格帯を 30% も引き下げるという方針を打ち出しているようです。ということは、Samsung も薄利多売の戦略に切り替えるのかもしれません。 とはいえ、次期 iPhone のチップに関しては、メイン・サプライヤーのポジションを確保したようであり、iPhone が売れると Samsung も儲かるという図式は維持されそうな感じです。 こうしたハイエンド機に縁のない Agile Cat にとっては、雲上の戦いに見えてしまうのですが、それにしても業界の 93% というのはスゴイです。 そして、iPhone と Android Phone のトラフィックを比較してみると、このチャート(クリックで拡大)が示すように、Apple とは異なるビジネス・モデルが動いているように思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが・・・
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
 
 

iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに、失速しているように見える

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on January 18, 2015

The iPhone Is Losing Ground In One Key Market
http://wp.me/pwo1E-8cN
Sam Mattera, The Motley Fool – Jan. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/the-iphone-is-losing-ground-in-one-key-market-2015-1

_ Business Insider

Demand for Apple’s iPhone 6 has been unprecedented. Collectively, the iPhone 6 and iPhone 6 Plus have smashed existing sales records, and when Apple reports earnings this season, investors may find that the Cupertino tech giant sold more than 70 million iPhones during the quarter.

Apple の iPhone 6 に対しては、前例のない需要が押しかけている。全体的に見て、iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、これまでの販売記録を塗り替えている。そして、Apple が今季の収益をレポートするときに、投資家たちが目の当たりにするのは、この Cupertino のテック・ジャイアントが、2014年 Q4 だけで 70 million もの iPhone を販売したという実績になるはずだ。

The company has seen great demand across the board — in North America and Europe, Apple market share increased last quarter, according to recent data from research firm Kantar Worldpanel.

調査会社である Kanter Worldpanel の最新データによると、North America と Europe において Apple のシェアが増加しているという。 つまり、この四半期での需要の高まりを、同社は確認しているはずだ。

Yet, there was one market where the latest iPhones received a surprisingly cool reception — Japan, where sales suffered a surprising double-digit decline.

しかし、この最新の iPhone に対して、驚くほど冷ややかな反応を見せたマーケットが1つだけある。 それは、販売量において二桁ダウンという、驚くべき結果をもたらした、Japan のマーケットである。

Kantar’s data

According to Kantar, the iPhone accounted for 48% of smartphones sold in Japan during the third quarter, which ran from the beginning of August through the end of October. The Android operating system powered a similar 48.1%.

Kanter によると、2014年 Q3(7月〜9月)の Japan において、iPhone はスマホ市場の 48% を占めている。それに対して、Android OS を搭載するスマホも、ほぼ同じ 48.1% を占めている。

注記)原文では、Q3 を 8月〜10月としていますが、おそらく勘違いでしょう。

That’s quite impressive, given that on a global basis, Android’s market share is approaching 85%. In fact, Japan remains Apple’s single strongest market, with more Japanese buyers (on a percentage basis) choosing the iPhone than Americans (in the same quarter, the iPhone accounted for 41.5% of the smartphones sold in the U.S.).

グローバルにおける Android のマーケット・シェアが 85% に近づいていることを考えると、この数字は、きわめて素晴らしいものである。実際のところ、Apple にとっての Japan は、最強のマーケットというポジションを維持している。 つまり、パーセンテージで比較すると、Japan のユーザーたちは、Amarica よりも高い比率で iPhone を選択しているのだ(同じ Q3 において、US での iPhone のシェアは 41.5% である)。

However, that figure is down significantly from last year. During the same period in 2013, nearly two-thirds (61.1%) of Japanese smartphone buyers chose an iPhone, compared to only 36.2% opting for an Android-powered device. With Windows Phone accounting for less than 1% of the Japanese smartphone market, Android OEMs appear to be taking share directly from Apple.

しかし、この数字は、前年と比べると大幅にダウンしている。2013年の Q3 において、Japan のスマホ・ユーザーの 約 2/3(61.1%)が iPhone を選択し、Android 搭載のデバイスは 36.2% に過ぎなかったのである。Japan での Windows Phone のシェアは、1% 未満である。したがって、Android OEM が Apple から、ダイレクトにシェアを奪っているように見える。

This stands in stark contrast to other markets, where the release of the iPhone 6 boosted market share significantly — Apple saw a 3.1% bump in Germany and 10.4% in Great Britain. In fact, of the major markets Kantar tracks, Japan was the only one where market share fell.

つまり、iPhone 6 のリリースにより、大幅にシェアを伸ばした他のマーケットとは、まったく対照的な結果を示している。 具体的に言うと、Apple は Germany で 3.1%、Great Britain で 10.4% という成長を達成している。 実際のところ、Kanter が調査した主要マーケットでは、Japan だけがシェアを落としているのだ。

A difficult comp and tougher competition

The decline in Japan might be partially explained by the year-over-year comparison itself — in September 2013, NTT Docomo, one of the country’s largest telecoms, began selling the iPhone for the very first time. The arrival of the iPhone 5s and iPhone 5c on the NTT Docomo network may have sparked an over-sized wave of iPhone purchases (as long waiting subscribers rushed to buy units), significantly inflating 2013 sales and thus making an annual comparison difficult.

Japan での落ち込みは、その前年と状況を比べることで、部分的には説明がつくのかもしれない。2013年9月のことだが、Japan で最大級のテレコムである NTT Docomo が、ようやく iPhone の販売を開始したのだ。NTT Docomo のネットワークに、iPhone 5S と iPhone 5c が登場したことで(待ち望んでいたサブスクライバーが殺到)、iPhone が売れ過ぎたという可能性もある。それにより、2013年の売上が増大し、前年との比較が困難になっているのかもしれない。

But Apple also faces intensifying competition from a number of home-grown competitors. The Sony Xperia line, despite falling short of company expectations on a global basis, has done relatively well in Japan. Other Japanese consumer electronic firms — including Sharp and Fujitsu — compete in their home country but have little presence elsewhere.

しかし、Japan における Apple は、激化する国産メーカーとの競合にも直面している。Sony Xperia シリーズは、グローバルでは振るわなくても、Japan では上手いビジネスを展開している。その他のメーカである、Sharp と Fujitsu は海外での存在感には乏しいが、母国では競合相手となる。

Another possibility is that Japanese consumers have less interest in large smartphones: the bigger screens offered by the iPhone 6 and iPhone 6 Plus may not be appealing. Notably, Samsung — whose high-end phones have long been known for their larger size — holds a relatively paltry 6% share of the Japanese smartphone market. Sony, on the other hand, has targeted Japan with mini versions of its flagship handsets.

もう1つ、Japan のユーザーたちが、大型のスマホに惹かれていないという可能性もある。 つまり、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の大型スクリーンが、彼らにとって魅力的ではないのだ。ここで、Samsung のハイエンド大型デバイスが、その他の国々と比べて相対的に見て低いと思われる、6% のシェアに留まっている点に注目したい。 その一方で Sony は、フラッグシップ・スマホのミニ・バージョンで、Japan のマーケットを戦おうとしている。

Japan remains a key market

As one of the largest smartphone markets in the world and a longtime fan of Apple products, the drop in Japan is a development worth watching. With such a wealthy country and a history of generous carrier subsidies, Japan should be a perfect fit for the iPhone.

世界で最大級のスマホ・メーカーである Apple と、そのプロダクトを長年にわたり使ってきたファンにとって、Japan マーケットの低落は、価値を再考する機会を提供する。このように裕福あり、また、キャリアが膨大な補助金を提供してきた Japan は、iPhone の戦略と完全に一致する必要があるだろう。

To be clear, the 48% market share is still impressive, but a double-digit drop when every other region is showing growth is bound to raise some eyebrows. Future data may show it to be a temporary aberration, but if it turns into a long-term trend, that may serve as a clear signal that Japanese preferences are changing.

もう一度、明らかにしておくが、48% のマーケット・シェアは、依然として素晴らしいものである。 しかし、グローバルでの成長をよそに、二桁のダウンという状況には、注目せざるを得ない。将来のデータにより、一時的な異常であったと、安堵できるのかもしれない。しかし、この傾向が長く続くようなら、日本人の好みが変化したという明確なシグナルとして、対処されるべきものとなる。

ーーーーー

たしかに、2013年の Docomo 参入による、二年縛りの狭間と考えることもできますし、iPhone 6 はデカすぎるというシンプルな理由もあるでしょう。 でも、今年は iPhone 6 のコンパクト・バージョンが出るらしいので、来年の今頃には、その理由もハッキリしてくるはずです。 ただ、このニュアンスは、日本人でなければ伝わらないと思いますが、「消費行動に倦む若者たちの姿」というのが、Agile Cat の目には映るときがあるのです。自分で稼いだ金で、スマホを持つ年齢層へと入ってきた、そんな若者は、MVNOと激安スマホの組み合わせへと走るのかもしれません。単に、スマホが売れる売れないというような話ではなく、消費という行為に対する感覚が、大きく変化しているようにも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

なんと! キーボード・ワッフル 焼器だ:食べたい人は Kickstarter へ GO だ!
ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 17, 2015

Samsung による Blackberry の買収というウワサが・・・
http://wp.me/pwo1E-8cB

昨日(1/16)のことなので、今週の Top-5 には入っていませんが、Samsung による Blackberry の買収というウワサが駆け巡っていました。 インドの Economic Times には、$7.5 billion という買収額まで記載されていますが、Korea Times は、Samsung が買収について否定しているというコメントを掲載しています。 背景としては、Tizen を広めることで Android から離れ、また、エンタープライズ市場に進出したい Sansung が、Blackberry のマーケットを取り込もうとしていると、Economic Times は説明しています。動機としては、あり得る話ですね。

Top-5 の方は、① 中国のクラウド・ベース・ビデオ・プラットフォームである Letv が、Microsoft Azure と提携していくという、トピックが大人気でした。 Letv 自体、このニュースで初めて知る会社ですが、中国の Netflix みたいなポジションにあるのかと推測しています。 なにぶん、6億人のインターネット市場を抱えているのですから、かなりの規模のビジネスになると思われます。

② は、Apple Watch に関するウワサです。 それによると、Samsung の S1 チップ(20 nano)を採用するため、12-inch ウエハーを 3000〜4000 枚ほど購入しており、そこからは 250万個のチップが製造できる計算になるとのことです。昨年の、Apple Watch の発表の際に、バッテリー消費に関する問題がありそうだと、いくつかのメディアが指摘していましたが、それを回避するために、Samsung の省電力チップを採用するのでしょうかね?

③ は、先週にもお伝えした、ベトナムの海底ケーブル事故に関するものです。 1月23日には修理が完了するようで、なにはともあれ良かったです。 ④ は、東芝と Nanya の提携に関するものです。DRAM の生産拠点を日本から台湾に移行するらしく、そのための US$1 Billion という資金も、東芝から供給されるようです。⑤ は Hon Hai における 2014年の純利益が、これまでの記録を更新したというものです。 売上は、NT$4.21 trillion (US$132 billion) で、純利益は NT$120 billion と解説されています。 計算してみたら、US$3.8 billion になりました。

ーーーーー

① 1/11: Letv Cloud Reaches Cloud Computing Deal With Microsoft Azure

Image

Letv cloud, the cloud computing-based video open platform of Letv.com, and Microsoft jointly held a press conference in Beijing and announced that the two parties have inked a deal for solution compatibility. With the cooperation, Letv cloud video-related solutions will be compatible with Microsoft’s public cloud computing platform Microsoft Azure in the future.

1/11: Apple Watch May Run Samsung Processor

Image(1)

A new rumor suggests Apple might have contracted Samsung to be the primary manufacturer for the S1 chip, the processor inside the upcoming Apple Watch. Apple reportedly has acquired 3,000 to 4,000 12-inch wafers every month from Samsung, in an attempt to have sufficient hardware units before the launch in spring, according to ZDNet. Each 12-inch wafer has 700 processors, meaning Apple will be grabbing 2.5 million new processors every month.

③ 1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on Jan 23

Image(2)

It is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.

1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(3)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

⑤ 1/12: Hon Hai 2014 net profit could break record

Image(1)

TAIPEI–Hon Hai Precision Industry Co., the world’s largest contract electronics maker, posted a record high in sales in 2014, with market analysts attributing the growth to an increase in orders from U.S. consumer electronics giant Apple Inc. The strong sales for 2014 are expected to help Hon Hai break a record in net profit, analysts said.

ーーーーー

その他のトピックとしては、Quanta と Wiwynn は、中国のデータセンター業界に対して、それほど急いでビジネスを展開しないという記事が興味深かったです。文中には、中国のサーバー・ベンダーとして、Inspur および Sugon という名前が挙がっていました。 それと、Sony がモバイルとテレビの事業を、売却するという話もありました。 なんか、寂しいですね。 また、中国で Qualcomm がアンチトラストで叩かれたり、インド市場に Google が着実にアプローチしたり、Micromax の Yureka がたくさん売れたり、オーストラリアでは Telstra のサービスがダウンしたりと、、、 今週も、とてもダイナミックなアジアでした。

Quanta, Wiwynn not in hurry to join China data center competition
Sony CEO Kazuo Hirai open to selling mobile, TV businesses: Sources
China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded: report
Google introduces Flight Search in India
Micromax unit Yu to sell 10,000 Yureka smartphones units on Amazon today
Telstra power outage downs BigPond services

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

%d bloggers like this: