Agile Cat — in the cloud

IDC の予測:2015年の パブリック・クラウド市場は、製造/金融/小売などから $70 Billion を売り上げる!

Posted in Businesses, On Monday, Research by on September 7, 2015
Cloud Computing: IDC Predicts the Global Public Cloud will Generate $70 Billion in 2015
Dick Weisinger – September 2nd, 2015
_ formtek
The global public cloud computing market will top $70 billion in 2015, predicts IDC in a recent report.
 グローバルにおけるパブリック・クラウド・コンピューティング市場だが、2015年の売上で $70 billion を上回ると、IDC が最新レポートで予測している。
Chagall_5The following are the top five vertical applications for cloud computing and account for 45 percent of cloud computing spending:
以下に示すのは、クラウド・コンピューティングを活用する垂直マーケットの Top-5 であり、その支出の合計は、クラウド・コンピューティング市場の 45% を占めるという。
  • Discrete Manufacturing
  • Banking
  • Professional Services
  • Process Manufacturing
  • Retail
Eileen Smith, program manager at IDC, said that “the technological innovations and enabling capabilities unleashed by cloud have fostered new opportunities across the industries.  As a result, it is necessary for both technology vendors and buyers to recognise the industry drivers and barriers of cloud deployment, to understand the business transformation brought by cloud, and to act upon the changes that will shape business and technology strategy in the coming years.”
IDC の Program Manager である Eileen Smith は、「クラウドにより解き放たれた、革新的なテクノロジーと、実用性を備えた機能が、産業界全般におよぶ、新たなチャンスを促進させている。その結果として、各種の産業にクラウドを導入する際に、需要と供給の両面において、テクノロジーが必須となってきた。それにより、推進力と障壁を認識することが可能となり、また、クラウドがもたらすビジネス上の変革が理解されてきた。そして、現実に生じている変化により、これからの数年間で、ビジネスとテクノロジーの戦略が、新たに形成されていくだろう」と述べている
Other findings from the IDC report include:
この IDC レポートからは、以下のような視点も引き出せる:
  • Intelligent Industry Solutions built from the cloud, big data, analytics, mobile and social provide a major opportunity for cloud vendors to tap into
  • Increasingly cloud-based vertical solutions are purchased from business lines like marketing, finance and operations
  • The financial services industry remains particularly concerned about security and regulatory compliance cloud computing issues, and in general, enterprise IT groups worry about their loss of control over physicals assets and legacy systems.
  • クラウド/ビッグデータ/分析/モバイル/ソーシャルなどが作り出す、それぞれの産業のためのインテリジェント・ソリューションが、クラウド・ベンダーが活用する大きなチャンスを生み出す。
  • マーケティング/財務/運営などのビジネス・ラインが、クラウドベースの垂直ソリューションを購入する機会が増えてくる。
  • 金融サービスの業界は、セキュリティやコンプライアンスという視点を、クラウド・コンピューティングの問題として引きずるだろう。また、一般的にみて、企業の情シス・グループは、物理的な資産とレガシー・システムに対して、コントロールを失うと心配するだろう。
idc-saas-iaas-paasOn Mondayクラウドが、とても頼もしい存在に思えてきますね。 昨年末に「Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!」という抄訳をポストしましたが、そこでも IDC は、2014年の $56.6 Bollion に対して年率で 22.8% の成長率を、2018年まで維持すると推測していました。計算してみると、2015年の $70 Billion というのは、ほぼ予定どおりでした。 それと、今回の調査では、クラウドを採用する業種が示されたことで、現実感が加わり、それも良い感じです。 この調子で、どんどんと伸びて欲しいです :) _AC Stamp
Cloud Storage Gateways の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使うために!
Mobile Enterprise の調査: モバイルの波はエンタープライズも 呑み込み始めている
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?

Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?

Posted in Apple, Mobile, Research by on August 9, 2015
Why Apple Pay is slumping
Jaime Toplin – Aug. 8, 2015
_ Business Insider
The percentage of eligible users who use Apple Pay dropped from Q1 to Q2 of this year, according to a new installment of the and InfoScout Apple Pay Adoption Tracker. In March, 15.1% of users surveyed had used Apple Pay, but in June, that number dropped to 13.1%.
Apple Pay を利用するユーザーの比率だが、 と InfoScout Apple Pay Adoption Tracker の最新調査結果によると、今年の Q1 から Q2 にかけて、マイナス成長の状況にあるという。この 3月の時点において、調査対象となるユーザーの 15.1% が Apple Pay を使用していたが、6月の比率が 13.1% に低下しているのだ。
Apple Pay Adoption
BI Intelligence
Apple Pay is still facing significant hurdles:
Apple Pay は、依然として、以下のような高いハードルに直面している:
  • Customers are still struggling to see the benefits of using Apple Pay over another payment method. 32% of iPhone 6 and 6 Plus users who said they didn’t use Apple Pay cited satisfaction with their current payment method, and 34% felt like they didn’t understand how the software worked.
  • Apple のユーザーたちは、他のペイメント方式に代えて Apple Pay を使用するときの、メリットを確認しあぐねている。iPhone 6 および iPhone 6 Plus ユーザーの 32% が、現状のペイメント方式に満足しており、また、Apple Pay を使用していないと述べている。そして、それらのユーザーの 34% が、Apple Pay の機能について理解していない。
  • Apple Pay still is not widely accepted. Apple Pay was accepted at 700,000 retail locations as of March, but those locations only represent a handful of major US retailers. And a sizable chunk of national merchants are currently working to roll out their own competing mobile wallet, CurrentC. Until Apple Pay’s presence becomes less fragmented and more commonplace, there probably won’t be any tectonic shifts in usage. That said, 75% of shipped US terminals were NFC-enabled in 2014 which means that the base of merchants that can accept Apple Pay is growing quickly.
  • Apple Pay を導入している店舗は、依然として広範囲におよんでいない。この 3月の時点で、Apple Pay を導入している小売店は 70万店舗であるが、その数はというと、アメリカにおける主要小売店の一握りにすぎない。そして、アメリカ国内における大多数の商店は、Apple Pay と対抗するオサイフ・ケータイである、CurrentC の展開を促進している。Apple Pay の展開が、より一般的なものになり、その断片化が払拭されるまで、現状における使用形態に、なんらかの変動シフトが発生することはないだろう。ただし、2014年にアメリカで出荷された、レジ端末の 75% が NFC 対応になっており、Apple Pay の受け入れが可能になるベースが、急速に成長していることも指摘しておく。
  • Not all iPhone users have Apple Pay-capable devices. 40% of active iPhone users had upgraded to iPhone 6 or 6 Plus as of March. This leaves a large user base who might be interested in using Apple Pay but lack the hardware to do so.
  • すべての iPhone ユーザーが、Apple Pay 対応のデバイスを持っているわけではない。この 3月の時点で、アクティブな iPhone ユーザーの 40% が、iPhone 6 または iPhone Plus 6 にアップグレードしていた。それにより、Apple Pay の潜在ユーザーが増えたことになるが、その一方では、Apple Pay を使いたくても、そのためのハードウェア機能が欠落しているという、ユーザーベースが大量に取り残されている。
research_55このチャートが示すのは、Auriemma Consulting/InfoScout/Trustev/Average/Weighted Average の各社が、Apple Pay について調査した、3月時点のデータなのでしょう。 そして、InfoScout が 6月に調査したら、以前の 15% が 13.1% に下がっていたのでしょう。 さらに、このチャートには含まれない も、6月の調査結果として、13% 程度のシェアだと発表したのでしょう。 文中にもありますが、iPhone のバージョンと、NFC 対応レジ端末の普及という、依然として値の定まっていない、大きな変数が残されているようです。しかし、3月と 6月の比較で、シェアを減らしているというのは、どう考えても、Apple にとって厳しいトレンドである。そして、ペイメント方式のコントロールは生命線なので、小売業も Apple Pay と徹底的に戦っていくでしょう。 これからの展開が見ものですね! _AC Stamp
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
クレジット・カード決済における手数料を分析してみた:Apple Pay の予習に ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?

モバイル・コマースの比率が最高なのは、なんと食料品! 米国の調査から近未来が見えてくる

Posted in .Chronicle, Mobile, Research by on February 25, 2015
More people use mobile devices to buy groceries than any other retail category
Dave Smith – Feb. 23, 2015
_ Business Insider
When it comes to buying stuff online, most people still prefer PCs. But mobile is becoming an increasingly important sales channel for one particular retail industry above all others: Groceries.
オンラインによる商品の購入に関してだが、大半の人々は PC を介した処理を好むようだ。 しかし、特定の小売業界において、モバイルによる販売チャネルの重要性が、ますます高まってきている。 それは、Grocery(日常品・食料品)だ。
BI Intelligence
Based on data from PriceWaterhouse Coopers charted for us by BI Intelligence, 37% of all grocery e-commerce sales in October came from purchases on a mobile device like a phone or tablet. Other retail industries, like furniture and health, are not too far behind, but BI Intelligence predicts sales of online groceries will grow at a much faster rate than sales at traditional supermarkets.
PriceWaterhouse Coopers のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、10月の eコマースにおいて、スマホやタブレットといったモバイル・デバイスが 37% も使用され、トップに立ったのが Grocery であることが判明した。Furniture や Health といった産業も近い比率となっているが、従来からのスーパーマーケットでの売上よりも、オンライン Grocery 売上の方が遥かに速く成長すると、BI Intelligence は予測している。
Considering how the US grocery industry accounts for roughly $600 billion a year in sales, BI Intelligence forecasts the online grocery market will grow about 21% each year for the next three years. After all, the food and beverage industry is the largest retail industry by far, and online services that can get food into your home — whether it’s fresh from the store or already prepared by a restaurant — are in high demand: Companies from GrubHub to Amazon and Uber are already launching campaigns to get in on the action.
まず、アメリカの Grocery 業界が、年間で $600 billion という売上を計上している点を考えてほしい。そして BI Intelligence は、オンライン Grocery マーケットが、これからの 3年間において、約 21% の年率で成長すると予測している。結局のところ、最大の小売業界として、食品と飲料は君臨し続けるだろう。そして、あなたの家まで、食品を届けるというオンライン・サービスに、大きな需要が見込まれることになる。つまり、新鮮な食品が店舗で購入され、また、レストランで用意されるにしても、この傾向は変わらない。 そして、こうした新しい需要に応えるために、GrubHub/AmazonUber といった企業が、すでにキャンペーンを開始している。
SEE ALSO:  How GrubHub Seamless will capture a bigger bite of the $70 billion takeout market
mobile_55このデータはアメリカのものなので、日本とは事情が異なる点も数多くあると思います。 しかし、女性が社会に進出し、その中で出産や育児もという世の中になると、食料品を購入するための手間を省くというのは、当たり前のことになるのかもしれませんね。 考えてみれば、それぞれの家庭に定番があり、それをリピートして購入するわけですし、大半の食品が重たくて、運ぶのが大変なのです。なんというか、1つの近未来が見えてくる、調査の結果ですね。_AC Stamp
Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート

Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Posted in Amazon, Businesses, Social, Twitter by Agile Cat on May 6, 2014

Twitter, Amazon team up for in-app purchasing

AFP/Lionel Bonaventure – May 4, 2014

_Channel News Asia

WASHINGTON: Amazon rolled out a new feature on Monday allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

この月曜日から、Amazon が展開する新しい機能により、そのメッセージング・プラットフォームを離れることなく、このオンライン・リテール・サイトで、Twitter ユーザーは購入アイテムを選択できるようになる。

The new feature called #AmazonCart allows people to link their Twitter and Amazon accounts for in-app purchases.

この新しい機能は、#AmazonCart と呼ばれるものであり、ユーザーの Amazon と Twitter のアカウントを連携させ、アプリ内購入を実現していく。

Internet retail titan Amazon has rolled out a new feature allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

"We know that discovering products and services on Twitter is a natural, and we always look for ways to make that easier for users," said Twitter spokesman Will Stickney in a statement. "That’s why we built this capability through our relationship with Amazon."

「 私たちは、Twitter 上でプロダクトサービスを探すことが、とても自然であると認識している。 そして、ユーザーにとって、それが容易になる方式を、常に探し求めている。そこに、Amazon との連携を通じて、この機能を構築してきた理由がある」と、Twitter のスポークスマンである Will Stickney はステートメントで述べている。

Terms of the deal were not announced. Amazon made the announcement in a tweet, calling it "an exciting new way to add Amazon products to your cart, without leaving Twitter."

この提携について、詳細は明らかにされていない。 しかし Amazon は自身ののツイートで、「 Twitter を離れることなく、Amazon のプロダクトを、あなたのカートに取り込む、新しくてエキサイティングな方式」だとアナウンスしている。

Amazon spokeswoman Julie Law, in a statement, explained the process: "It’s simple. When a customer discovers a tweet from their favourite artist, expert, brand, or friend with an product link, they simply add ‘#AmazonCart’ to their reply on Twitter and the product is added to their Shopping Cart,” she said. "Customers who have not connected their Twitter and accounts will receive a reply tweet asking them to connect their accounts to enable the new feature."

Amazon のスポークスマンである Julie Law は、ユーザーが行うべき手続きについて、「 それは、シンプルなものだ。Twitter 上で、 のプロダクト・リンクを含んだ、自分の好きなアーティストや、信頼できるスペシャリスト、ブランド、トモダチからのツイートを発見したとき、’#AmazonCart’ を書き加えてリプライするだけで済む。そうすれば、彼らの Shopping Cart に、対象となるプロダクトが追加される」と説明している。 そして、もし、Twitter と のアカウントを接続していない顧客であれば、この新しい機能を有効にするに、それらのアカウントに接続するかどうかを、確認するための返信ツイートを受け取ることになる」と付け加えている。

The Amazon website explains the process, showing how Twitter users can select items, and then later go to the Amazon site for payment. The service is available for customers of Amazon in the United States and in Britain, where it is called #AmazonBasket.

Amazon の Web サイトには、ユーザーが Twitter 上でアイテムを選択した後に、Amazon でペイメントを行うまでの流れが説明されている。このサービスは、#AmazonBasket と呼ばれるものであり、United States と Britain の Amazon ユーザーのみに提供されている。

Some reports pointed out a potential privacy issue: that because tweets are mostly public, the Amazon purchases would likely be visible on Twitter.

なお、いくつかのレポートが、プライバシーに関する潜在的な問題を指摘している。 つまり、ツイートは、ほとんどパブリックなものなので、Amazon での購入が Twitter 上で可視化されるだろうというものだ。


image商品を販売して、利益を出すために生まれた Amazon と、人気はあるのだけど、なかなか上手にマネタイズできない Twitter の、あっと驚くコラボレーションが始まるようです。 それなりの、エコシステムになっていくでしょうし、Twitter がクラックされた場合の被害も、買う気のない商品で Cart が埋め尽くされる、というレベルで留まるはずなので、これは良い感じです。IPO はしたものの、鳴かず飛ばずが続いていた Twitter ですが、2014年 Q1 は予想以上の利益とか。 そこに、Amazon とのコラボを付け加え、なんとか頑張って欲しい Twitter です。Image(282)



Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Pinterest, Research, Social by Agile Cat on August 14, 2013

CHART: Showrooming Killer? Pinterest Drives ‘Reverse Showrooming’ At Bricks-And-Mortar Retailers

Tony Danova – Aug. 1, 2013

_ Business Insider

Pinterest, and specifically the act of “pinning,” is driving people into stores and influencing purchase decisions.

Pinterest と言うよりは、ピン というアクションが、人々を店舗へと導き、購入の意思決定に影響を与えている。

Recent data distributed by Vision Critical and highlighted in the Harvard Business Review found that 21% of Pinterest users had bought an item in a store after pinning, repinning, or liking the item on the site.

Vision Critical から提供された最新データと Harvard Business Review の指摘によると、Pinterest ユーザーの 21% が、サイト上のアイテムに対して、Pinning/Repinning/Liking などを行った後に、いずれかのストアで購入するに至っている。

imageVision Critical describes this as part of a wider phenomenon it calls “reverse showrooming,” in which consumers search or browse products online and then enter the physical shop to make a final purchase. (This contrasts with showrooming, which implies handling a product in stores, only to price-compare and buy it for less money online.)

Vision Critical の説明によると、それは “Reverse Showrooming” という一般的な現象の一部であり、それにより消費者たちは、プロダクトをオンラインで検索/閲覧し、最終的には現実の店舗へと足を運び、それを購入することになる。(それとは対照的に “Showrooming” は、価格を比較するためだけに、店舗でプロダクトを手に取ったのちに、もっとも低価格なオンラインで購入する)

Vision Critical’s study adds credence to the notion that social media has finally emerged as a commerce-driver.

Vision Critical の調査結果は、ソーシャルメディアが最終的なコマース・ドライバーとして浮上してくる、という考えに対して信憑性を与えている。

At BI Intelligence, Business Insider’s paid subscription service, we recently analyzed over 15 datasets culled from a variety of sources to probe the viability of social media as a commerce and retail-driver. We published our insights in a recent report, “The New Art Of Social Commerce: How Brands And Retailers Are Converting Tweets, Pins, And Likes Into Sales.”

最近のことだが、BI Intelligence において、つまり、Business Insider の有償サブスクリプション・サービスにおいて、コマースおよびリテールのドライバーとしての、ソーシャル・メディアの可能性を探るために、さまざまなソースをサンプリングし、15種類のデータ・セットを分析した。そして、その結果を、”The New Art Of Social Commerce: How Brands And Retailers Are Converting Tweets, Pins, And Likes Into Sales” というレポートで発表している。

Subscribers also gain access to over 100 in-depth reports and hundreds of charts and datasets on mobile, social, and their impact across industries, including retail.

このサブスクライバーたちには、ソーシャル/モバイル/リテールを含めて、業界全体への影響を説明するための、100 種類以上の詳細なレポートや、数百種類のチャートが提供される。


But how did pinned items originally come to the attention of consumers?  Google, email, blogs? Pinterest itself?

しかし、ピンされたアイテムは、どのようにして、消費者に注目されるようになるのだろう? Google? Email? Blog? それとも Pinterest 自身?

Vision Critical found that 50% of the items caught users’ attention while they were casually browsing Pinterest itself (24% on a stranger’s boards, 19% on a friend’s, and 7% on a retailer’s). Another 10% came from Pinterest searches. These numbers are a testament to Pinterest’s power as a kind of user-generated digital retail catalog that shoppers flip through for ideas.

Vision Critical は、ユーザーたちが Pinterest 自体をブラウジングしている間に( Stranger Board 24%、Friend Board 19%、Retailer 7% )、アイテムの 50% が、彼らの注目を集めていることを突き止めた。その他にも、10% が Pinterest Search から見つけられている。これらの数字が証明するのは、ユーザーたちが自ら作成し、ページをめくる電子小売カタログとしての、Pinterest のパワーである。

Unlike traditional showrooming, which is spurred by e-commerce giants like Amazon and eBay, reverse showrooming seems to have its roots in social media andsocial commerce: friends’ and strangers’ recommendations can inspire shoppers’ purchase decisions, offline and online.

Amazon や eBay といった eコマースの巨人たちが促進する、伝統的な Showrooming とは異なり、この Reverse Showrooming のルーツは、ソーシャル・メディアおよびソーシャル・コマースにあるようだ。つまり、Friend や Stranger からのリコメンデーションは、購買に関する決定を、オフラインとオンラインでのインスパイヤーできるのだ。

No surprise then that Nordstrom is testing displays that highlight Pinterest-trending items on in-store displays.

Nordstrom が店内のディスプレイにおいて、Pinterest トレンドのアイテムを強調するという、新たなテストを開始したことも、驚くにはあたらない。


TAG indexこのチャートを見たとき、とても不思議な現象に思えましたが、自分の頭の中が整理できず、だいぶ時間が経ってしまいました。 そして、こうして訳してみると、要は、ユーザーの、ユーザーによる、ユーザーのための電子カタログ、、、ということなんですね。 日本でも、マクドナルドの商品が増えすぎて、店頭には売れ筋のメニューしか提示されなくなったとき、多くのファンたちが自前のメニューを持ち込んで、お気に入りの商品をオーダーしていたという話を聞きましたが、それを、さらに、スケール・アップしたところで、大きなトレンドが動き出したようです。 これは、かなりのオオゴトかと思えるのですが・・・ image



ある意味、Twitter をも凌ぐ Pinterest の勢いとは?
Pinterest のアーキテクチャと経済: AWS を使い倒せ!
Pinterest : 自動シャットダウン・システムで、AWS の時間単価を $54 から $20 へ
Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!


モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on July 5, 2013

US Mobile Marketing Spend Projected to Almost Double in the Next 2 Years

May 10, 2013 by Marketing Charts staff


The mobile marketing ecosystem is demonstrating rapid growth, with $6.7 billion spent by client-side marketers and retailers in 2012, according to a study commissioned by the Mobile Marketing Association (MMA) and conducted by researchers at Columbia University. That investment should grow to $10.5 billion this year before ballooning to $19.8 billion in 2015, with close to half of that ($9.2 billion) coming from mobile advertising alone.

モバイル・マーケティング・エコシステムが、急速な成長を証明している。Mobile Marketing Association (MMA) の委託により、Columbia University の研究者たちが実施た調査によると、2012年には、クライアント側のマーケティング担当者や小売業者たちが、そこに $6.7 billion を費やしたという。 そして、この数字は、今年には $10.5 billion に至るとされる。 さらに、2015年には $19.8 billion にまで膨張するが、その約半分に当たる $9.2 billion はモバイル広告になると言われている。

Last year, mobile became the third-largest online advertising format by share of revenues, owing to 111% year-over-year growth, according to a recent report from the IAB and PricewaterhouseCoopers.

IAB および Pricewaterhouse Coopers からの最新レポートによると、昨年のモバイルは、売上シェアにおいて 第3位のオンライン・アド形式になり、その成長率は前年比で 111% を示している。

Mobile ad spending won’t be the fastest-growing part of the mobile marketing ecosystem, though, according to the MMA report. Mobile direct response expenditures are expected to grow at a compound annual rate (CAGR) of 77.4% between 2010 and 2015, increasing from just $669 million last year to $2.9 billion in 2015. Mobile CRM expenditures, meanwhile, will grow more slowly, despite an impressive 43.8% CAGR.

しかし、MMA のレポートによると、モバイル・マーケティング・エコシステムで最も成長しているパートとなると、Mobile Ad 支出ではないのだ。それは、Mobile Direct Response 支出であり、2010年~2015年の複合年間成長率 (CAGR) は 77.4% に達し、また、その総額も、昨年の $669 million から、2015年の $2.9 billion へと増大するとされる。その一方で、Mobile CRM 支出は、43.8% の CAGR という素晴らしい成長率にもかかわらず、Mobile Direct Response にはおよばない。

Other Findings:

  • Finance, retail (excluding CPG) and manufacturing (excluding CPG) are the 3 biggest contributors to mobile marketing expenditures in the US, combining for $3 billion in spending last year, or about half of the total.
  • Mobile marketing sales impact has grown at similarly high rates. In fact, measuring mobile sales impact against marketing expenditure revealed that “spending more across mobile marketing platform does not decrease the impact rate.”
  • Overall, the mobile marketing ecosystem contributed $139 billion in incremental output to the US economy last year, up from $85.3 billion in 2011. (For comparison’s sake, a study by Harvard Researchers found that the ad-supported internet ecosystem contributed $742 billion to US GDP in 2011).
  • Incremental output from the mobile marketing ecosystem should roughly triple to surpass $400 billion in 2015, per the MMA study estimates.
  • The mobile marketing ecosystem supports more than a half-million jobs, and should support more than 1.5 million by 2015. If their projections hold true, the researchers estimate that each employee in a mobile marketing communications role would sustain 23 non-mobile occupations throughout the US.
  • 金融/小売(CPGを除く)/製造(CPGを除く)の 3業種が、米国におけるモバイル・マーケティング支出に最も貢献しており、その合計支出は年間で $3 billion に達し、全体の約半分を占める状況にある。
  • モバイル・マーケティング売上による影響も、同じようなレートで成長してきた。 現実に、マーケティング支出に占めるモバイル比率の影響の測定において、「 モバイル・マーケティング・プラットフォーム全体よりも、大規模な費出が実施されるにしても、そのヒット率が低減することはなかった」ことが、明らかにされている。
  • 全体的にみて、昨年のモバイル・マーケティング・エコシステムは、$139 billion という効果をアメリカ経済にもたらしているが、その総額は、2011年の $85.3 billion から大きく成長している。 (比較のために、Harvard Researchers による調査結果を参照すると、2011年のインターネット・アド・エコシステムは、$742 billion の経済効果を GDP に加算している
  • MMA の推定によると、モバイル・マーケティング・エコシステムは継続的に成長し、2015年には $400 billion に至る。この数値を 2012年と比較すると、約 3倍増となる。
  • モバイル・マーケティング・エコシステムは、50万人の雇用を生み出しており、2015年までには 150万人の雇用に至るとされる。 この予測どおりに進めば、モバイル・マーケティング·コミュニケーションに従事する1人あたりの労働者により、23人分の非モバイル系雇用が維持されると、研究者たちは推定している。

About the Data: “MMA Mobile Marketing Economic Impact Study” measures both the size of mobile marketing spending in the U.S. as well as its resulting impact on sales and employment. Mobile marketing’s economic impact was calculated by classifying the US economy into 16 industry groups based on the North American Industry Classification System (NAICS). From there, an econometric model was applied that compared these industries’ rates of expenditure on three major categories of mobile marketing across prominent mobile channels with their rates of investment. All these investments were then correlated with the rate of sales growth achieved by each industry to determine the share of each industry’s total sales and employment attributable to each category of investment, particularly mobile marketing.

ここで用いたデータについて: MMA Mobile Marketing Economic Impact Study が測定するのは、米国におけるモバイル・マーケティング支出の規模だけでなく、売上や雇用への影響にまで至る。このモバイル・マーケティングによる経済的なインパクトは、North American Industry Classification System (NAICS) に基づき、米国経済を16種類の産業グループに分類することで、算出されている。続いて、それぞれの産業における、突出したモバイル・チャネルを横断するかたちで、前述の主要モバイル・マーケティング(3 カテゴリ)での支出レートと、産業ごとの投資レートを比較するという、計量経済モデルを適用した。それらの、すべての投資は、それぞれの産業が達成した、売上の成長率と相関していた。つまり、それぞれの投資カテゴリに起因する(特にモバイル・マーケティング)、個々の産業における全体的な売上と雇用のシェアを、判断するための材料となっている。


TAG indexここで言う、2015年での $20B という数字は、それぞれの分野における直接的な支出を示していて、エコシステムへの波及効果を考えると、昨年の段階で、すでに $139B に達しているということなのでしょうね。 この3月に、『 モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう : それを示す1枚のチャート 』という抄訳をポストしましたが、既存メディアと比べると、モバイルの費用対効果に歴然とした優位性があるようです。 すべての流れが、モバイルへと向かっていますね。image



モバイル広告 2013 予測 : Google は 50% のシェアを維持、FB は 333% 成長
Facebook のハッシュ・タグは、いまのところ広告には開放されていない

Google の モバイル売上 : 80% を iOS に依存
Facebook の モバイル広告が絶好調 : それを示す1枚のチャート
Facebook と Open Graph : 小売業が活用すべき理由
Facebook の Open Graph により、マーケティングに質的変化が訪れる

Apple vs. Amazon : リテールの収益をチャートで比較

Posted in Amazon, Apple, Businesses, Research by Agile Cat on April 16, 2013

Apple retail vs. Amazon retail
Mar 27, 2013 – Horace Dediu

_ Asymco

As part of a continuing series on the iTunes economy I described how iTunes fits within Apple’s overall revenue and cost structure. The operation is a modest contributor accounting for single-digits percent of revenue and operating margins.

iTunes 経済シリーズの一環として、Apple の全体的な収益と費用の構造の中に、 iTunes が収まる様子については、すでに説明している。 この事業は、全体の売上および利益に対して、10% にも充たないほどの、ささやかなものであった。

One additional question is how does iTunes compare with other non-Apple retail businesses. The obvious comparable businesses are Google Play and Amazon’s digital content businesses. Unfortunately we can’t compare iTunes with Google Play because Google does not reveal any details about Play revenues (or units sold/downloaded or payments to developers or any other data.)

そして、残された疑問は、iTunes のビジネスと、Apple 以外のリテールとの比較である。一番に比べてみたいものは、Google Play と、Amazon のデジタル・コンテンツ・ビジネスである。 しかし、残念なことに、Google Play に関する、詳細な収益構造明らかにされていない(販売やダウンロードの件数、および、開発者やデータ提供者への支払いなど)。 そのため、iTunesとの比較は不可能である。

Also unfortunately, we can’t compare iTunes with Amazon digital sales because Amazon does not provide that detail either. What we do have is Amazon’s overall revenues (and operating margin.) So that’s what I have compared:

さらに Amazon も、デジタル・コンテンツ・ビジネスの詳細を明らかにしていないため、iTunes との比較は困難である。したがって、行えることはというと、Amazon の全体的な売上/利益との比較となる。 以下が、その比較の結果である:



Since we have Amazon’s overall retail revenues it seemed fitting to also add Apple’s physical store retail data on top of iTunes for additional perspective. Here are some observations:

Amazon における全体的な売上高が公表されているため、少し視点を変えて、Apple Store と iTunes のデータを加えてものと比較してみた。 以下は、そこから見えてきたものである:

  1. Since 2008, Amazon’s sales grew by a factor of 2.18. Apple’s combined iTunes+Retail grew by 2.14x.
  2. Apple’s gross retail revenue was $11.1 billion in Q4, 52% of Amazon’s overall revenues.
  3. Apple’s operating income from retail in 2012 was $6.8 billion, over ten times Amazon’s $676 million.
  1. 2008年からの成長率は、Amazon が 2.18倍であり. Apple の iTunes+Retail が 2.14 倍となる。
  2. Apple の実質売上は、2012年 Q4 において $11.1 billion であり、Amazon 全体の 52% に相当する。
  3. Apple のリテール営業利益は、2012年で $6.8 billion であり、Amazon の $676 million に対して10倍となる。

Although Apple’s overall retail operations are only about half of Amazon’s they are far more profitable on an operating level. They are also growing at a similar pace. Amazon as an equity is priced at approximately twice sales. By that ratio, Apple’s retail business would be worth $70 billion. Of course, that valuation presumes that, as with Amazon, operating profits are disposable.

Apple のリテール事業だけを抜き出してみると、Amazon の約半分になるが、はるかに大きな利益を生み出している。そして、両社は、同じようなペースで成長している。評価資産としての Amazon は、リテール売上高に対して、約2倍の価値を持つ。その比率を適用すると、Apple のリテール事業は、$70 billion の価値を持つことになる。 もちろん、その評価は、Amazon の場合と同様に、営業利益を勘定に入れないものとなる。


TAG index最後のところが、よくわかりません。 Wikipedia を調べると、『 総資産  25,278 Million US$ (2011年12月31日時点)となっていますので、それが 1年間で、40,000 Million くらいに達したということなのでしょうかね? どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてくださ~い! それと、昨年 10月にポストした『』も、あわせてご覧ください。 それにしても、この両社の売上が、同じような成長曲線を見せていますが、そのペースのスゴイこと。 昨年10月にポストした、『 Apple vs. Amazon : リテールの双璧をチャートで比較する 』 も ど~ぞ! image



PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS


モバイル決済が 爆発的に伸びている : Thanks Giving Day 2012

Posted in .Selected, Businesses, Mobile, Post-PC by Agile Cat on November 24, 2012

Mobile Sales Went Through The Roof On Thanksgiving, Up 173% From Last Year

Megan Rose Dickey | Nov. 23, 2012, 4:58 PM

_ Business Insider

Mobile payment volume around the world on Thanksgiving increased by 173% compared to last year, according to new data from eBay’s PayPal division.

eBay の PayPal 部門からの最新データによると、Thanksgiving Day におけるワールドワイドなモバイル支払額が、昨年と比べて 173% も増加しているとのことだ。

GSI, like PayPal a unit of eBay that helps large retailers sell online, saw a 170% increase in mobile sales compared to 2011. eBay‘s core marketplace saw a 133% increase in mobile volume compared to Thanksgiving 2011.

eBay の一部門でもある PayPal と同様に、GSI も大手リテーラーのオンラインを促進している。 そして、2011年との比較において、モバイルによる販売額は 170% の増加となっている。eBay のコアであるマーケット・プレイスでは、モバイルによる販売額が、2011年の Thanksgiving Day と比べて 133% の増加となっている。

Mobile customers did the most shopping between 12 p.m. and 1 p.m. PST, according to PayPal. Shoppers in Houston, Los Angeles, Chicago, Miami, and New York made the most mobile purchases through PayPal.

PayPal によると、モバイルを介した買い物が最も集中する時間帯は、12 p.m ~ 1 p.m PST とのことである。 Houston/Los Angeles/Chicago/Miami/New York といった大都市が、PayPal を介したモバイル支払いで、上位に位置する販売額を示している。


imageそれにしても、173%/170%/133% の伸びというのは、凄まじい勢いですね。(GSI というのは、gsi commerce のことで良いのでしょうか?) 先月にポストした 『 iPad 対 PC : 利用シーンをチャートで比較 』という抄訳では、Shopping では PC がタブレット勝るという結果でしたが、これも逆転ということなのでしょうか? 今年の年末商戦では、もちろん、どのデバイスが売れるのかという関心もありますが、どのような方式で支払いが行われるのかという、もう1つの興味もあります。その、第一報が、このポストということなのでしょう。 image



クリスマスには iPad が欲しい! そんな子供たちが多数を占める : Nielsen の調査
Marissa と Sheryl が仕掛ける、Yahoo! – Facebook アライアンスとは?
MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?
Bloomberg 金融アップストアがオープン : Apple みたいに 30% をイタダキ!
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!

%d bloggers like this: