Agile Cat — in the cloud

2013年 : OpenStack の マトメ

Posted in .Chronicle, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 19, 2013

着実に成長した1年だが、ライバルたちも強力だ ・・・
http://wp.me/pwo1E-72h

agile_cat_loupe1

_  space

2012年11月に Gartner から発行された、IaaS Magic Quadrant の抄訳として、以前に『 Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?』をポストしましたが、その中で OpenStack の存在が言及されていたのは、わずか 2社のみでした。具体的には、SoftLayer と Rackspace となりますが、前者は IBM に買収され、そのクラウド・ビジネスの中核に置かれ、後者は OpenStack の旗振り役として、プレゼンスを発揮してきました。 そして、つい先日ですが、以下のような動きが生じています(英文へのリンク)。

_  space

12/11: Oracle Embraces OpenStack
12/11: Alcatel now supports OpenFlow, OpenStack on switches
12/12:
Dell and Red Hat team to sell enterprise OpenStack
12/16:
Salesforce.com to Join OpenStack Cloud Project

_  space

面白いもので、誰かが動き出すと、それに追随する者が必ず出てきます。 このオープンソース・コミュニティは、2013年を通じて、そのような形で成長を遂げてきました。そして 2014年ですが、Amazon AWS に対抗する勢力として、さらなる求心力を発揮できるのかどうか、OpenStack の真価が問われる年になりそうですね。

_  space

2/08: Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
3/26: VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
4/19: OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
4/22: Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
4/23: VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
7/17: Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
7/23: OpenStack が3歳になった:素晴らしく成長したが、まだ頑張らねば!
8/18: Rackspace が Sony を支援:PS 用の OpenStack プライベート?
8/20: OpenStack に必要なのはベンダー:インターオペラビリティではない!
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
8/23: Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
8/29: Red Hat と OpenStack:サーティフィケーションとトレーニングとは?
8/29: Pivotal と Piston : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
9/18: OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
10/01: Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
10/08: Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?
12/04: OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

_  space

openstack-55a1この 11月ですが、『 Hey, Enterprise Developers! Get Agile Or Get Steamrollered 』という記事に、Synergy Research Group による、とても興味深いチャートが掲載されていたので、それをご紹介したいと思います。 これは、2012年 Q3 と 2013年 Q3 における、大手クラウド・プロバイダーの売上を比較したものであり、まず目につくのは、Amazon AWS の巨大さです。 そして、OpenStack の視点から眺めてみると、この中に割り込んでいきたいところですが、IBM および Salesforce と連携できるなら、オープンソース・クラウドとしての存在感を示すことも可能なはずです。 来年の OpenStack に期待したいですね!image

クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Posted in .Selected, Big Data, Data Center Trends, Google, Patent by Agile Cat on October 2, 2013

Google donates 79 more patents to shield the cloud from lawsuits
http://wp.me/pwo1E-6J7
By Jeff John Roberts – AUG. 8, 2013
http://gigaom.com/2013/08/08/google-donates-79-more-patents-to-shield-cloud-from-lawsuits/

_ Gigaom

Summary: Google has taken an important new step in its effort to carve out a space where cloud computing innovators can work without fear of being sued.

Summary: Google は、クラウドにおけるイノベーションが訴訟により妨げられないよう、その空間を切り開くという試みへ向けて、きわめて重要な一歩を踏み出した。

ーーーーー

Google is ramping up its campaign to protect the cloud from the sort of nuisance patent lawsuits that have engulfed the smartphone and app-developer industries.

Google は、ある種の厄介な特許の問題から、つまりスマホとアプリの開発者や産業を巻こむ訴訟から、クラウドを保護するためのキャンペーンの手はずを整えている。

photo: alphaspirit

On Thursday, the company designated 79 more patents to be part of its “Open Patent Non-Assertion Pledge,” which amounts to a non-aggression pact under which anyone can use the technology described in the patents — anyone, that is, who doesn’t use patents to attack Google first.

木曜日(8/8)に同社は、Open Patent Non-Assertion Pledge(オープン特許非係争条項)一環として 79 種類以上の特許を指定し、それぞれの特許に記載されたテクノロジーを、誰もが利用できるという非訴訟協定のもとに置くとした。 ただし、Google を最初から攻撃しようとする者は、それらの特許を使用しないだろう。

The news, announced in a blog post, is significant because the patents relate to essential elements of “big data,” which is one the most important fields in technology right now. Google hopes the newly added patents, which it acquired from IBM and CA Technologies, expand the areas of cloud software in which developers can innovate without fear of being sued.

このブログ・ポストで発表されたニュースが重要なのは、それらの特許には Big Data が、つまり、現在のテクノロジーにおける最重要分野に関連する、本質的な要素も含まれるからだ。さらに Google は、IBM と CA Technologies から取得した特許も、ここに加えたいとしている。それによりデベロッパーは、訴訟を恐れることなく、クラウド·ソフトウェア領域におけるイノベーションを拡大できる。

When the company announced the non-aggression pact in March, the pledge applied to just 10 patents related to MapReduce and Hadoop programming models. The new patents, according to a source at Google, cover different areas related to data-center technologies. In particular, they cover methods for operating data centers efficiently and for so-called “alarm monitoring.”

今年の 3月に、同社が非訴訟協定を発表したときは、MapReduce と Hadoop のプログラミング・モデルに関連する、わずか 10 特許に対して、その誓約が適用されていた。Google 内の情報源によると、新たに追加された特許は、データセンター・テクノロジーに関連する、さまざまな分野をカバーするようだ。そして、効率よくデータセンターを運用するための方式や、いわゆる Alarm Monitoring などをカバーする点が、注目を集める。

As we’ve noted before, Google’s non-aggression pact is no magic bullet to stop nuisance cloud-based lawsuits, in part because it provides little deterrent to so-called trolls — shell companies, often backed by lawyers and private investors, that do nothing but acquire old patents in order to file lawsuits.

ただし、以前に指摘したように、Google の非訴訟協定は、厄介なクラウド訴訟を排除できるという特効薬ではなく、トロールと呼ばれる小さな荒らしをもたらす者は止められないだろう。それらのペーパー・カンパニーは、古い特許を取得する以外に何もしないが、弁護士や民間投資家に支えられながら、随所で訴訟を繰り返していく。

But overall, the expanded pact is good news because it promotes the idea of a technological open space in which anyone can use the basic building blocks of cloud computing. A similar open model, in the case of copyright, has already proved essential for developing a wide variety of common software; under the open GNU license model, developers contribute a common pool of code that anyone can use.

しかし、全体を見れば、誰もがクラウド·コンピューティングの基本的なビルディング·ブロックを使用できる、テクノロジー・オープンスペースのアイデアを促進するため、この拡張された協定は朗報である。類似のオープンモデルは(Copyright の範囲において)は、一般的なソフトウェアを幅広く開発するために、不可欠な存在であると、すでに証明されている。つまり、オープン な GNU ライセンス・モデルにしたがい、誰もが利用できるコードが、共有のための枠組みの中にコントリビュートされているのだ。

The Google initiative also coincides with a growing push by tech companies to push back against people who abuse the patent system. These abusers include lawyer Erich Spangenberg, who makes $25 million a year from patent trolling, and boasted to the New York Times about how he “goes thug” on companies that resist his demands.

この、Google の構想は、特許制度を乱用する人々を押し返そうという、ハイテク企業の成長を支える勢力とも一致している。これらの、特許を乱用すると言われる弁護士には、トローリングで $25 million/年を稼ぎ出す Erich Spangenberg も含まれる。なにせ、自身の要求に抵抗する企業を、どうやって脅すのかと、彼は New York Times に自慢しているのだ

In response to the trolling problem, cloud-computing provider Rackspace is putting its money on the line to fight a troll that claims to own basic mobile technology. And social media firm Twitter has created the “Innovator’s Patent Agreement” to assure its engineers that it won’t use their work for future patent trolling.

トローリングの問題に対応するため、クラウド・プロバイダーである Rackspace は、基本的なモバイル・テクノロジーを所有すると主張する、あるトロールと戦うために、すぐにでも使える現金を用意している。また、ソーシャル・メディアの Twitter は、自身のエンジニアたちに対して、彼らの作品を将来的にトローリングなどに使用しないと約束する、Innovator’s Patent Agreement を作成している。

Google says it hopes other companies will also contribute to the pool of patents that form the Open Patent Non-Assertion Pledge.

Google は、他の企業に対しても、Open Patent Non-Assertion Pledge に特許を提供するよう呼びかけている。

Related research

ーーーーー

google-55a

もう、2年前の話になりますが、Google が Motorola の買収へと至るプロセスの中で、Nortel の知的財産権を購入した企業グループは、このようなオープン化の動きを一番恐がっていたのだと思います。 ここで説明する必要もないですが、知的財産の保護は重要であり、また、イノベーションを停滞させるという副作用も持ちます。昨年の Java をめぐる係争で、Oracle の訴えをはねつけた米司法当局も、イノベーションを優先した、ということなのでしょうかね? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
Google Drive をめぐる特許問題と、その背景を考察する
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Microsoft と Oracle の提携 : その骨子が明らかになった!
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Posted in .Selected, Data Center Trends, Linux, Open Compute, OpenStack by Agile Cat on October 1, 2013

Intel Uses Open-Source, OpenStack Cloud to Its Advantage
http://wp.me/pwo1E-6IT

By
Sean Michael Kerner  |  Posted 2013-09-19
http://www.eweek.com/pc-hardware/intel-uses-open-source-openstack-cloud-to-its-advantage.html/

image

At LinuxCon, Dirk Hohndel, Intel’s chief Linux and open-source technologist, explains why Intel is invested in open source and what his company is doing with the OpenStack cloud.

At LinuxCon において、Intel の Chief Linux and Open-Source Technologist である Dirk Hohndel は、同社がオープンソースに投資する理由について、また、OpenStack クラウドと協調する内容について、オーディエンスに説明した。

ーーーーー

NEW ORLEANS—Intel is a leading contributor to Linux as well as many other important open-source efforts, including the OpenStack cloud effort. In a keynote presentation Sept 18 at the LinuxCon conference here, Dirk Hohndel, chief Linux and open-source technologist at Intel, detailed why open source is important to Intel for development and for the cloud.

NEW ORLEANS — Intel は、Linux に対するコントリビュータとして、リーダーとしての役割を担っているが、それと同様に、オープンソース・クラウドである OpenStack にも真剣に取り組んでいる。9月18日に開催された LinuxCon カンファレンスのキーノートで、Intel の Chief Linux and Open-Source Technologist であるDrik Hohndel は、Intel の開発戦略とクラウドにおいて、オープンソースが重要となる理由について詳細まで説明した。

The theme for Hohndel’s keynote was all about new frontiers for Linux. He began by telling the capacity audience that for most of the general population, Linux is invisible and they don’t know what it is. That said, he noted that all you have to do is tell people that if they’re using Google, Facebook or Twitter, then they’re using Linux. All of those major Web properties are powered by Linux infrastructure.

Hohndel のキーノートにおける主題は、Linux の新しい応用分野の、すべてに及ぶものであった。彼は、一般的な人々の能力に合わせて話し始めた。 つまり、Linux の存在が見えにくいため、それが何であるかを知らない、オーディエンスにも分かるように説明したのだ。そうは言っても、Google や Facebook や Twitter を使用している知り合いがいるなら、それらの人々は Linux を使用しているのだと教えることが、あなた方の役割であるとも、オーディエンスたちに指摘していた。つまり、それらの主要な Web 資産は、その全てが、Linux をインフラにすることで実現されているのだ。

The desktop is another area that is a new frontier for Linux, even though Hohndel jokingly remarked he’s been saying it has been the year of the Linux desktop for some time. He pointed to the recent success of Google’s Chromebooks—Linux-powered devices that use the Chrome browser as their key method of accessing applications—as an avenue for the Linux desktop. Intel recently announced a push to get hardware vendors to use its Haswell chips inside Chromebooks.

デスクトップの領域について、Hohndel は冗談めかして話していたが、Linux にとっての、もう 1つのニュー・フロンティアだ。 彼は、これまでにも、今年は Linux デスクトップの年だと、言い続けてきたのである。Linux デスクトップの大きな流れとして、最近における Google Chromebooks(アプリケーションに アクセスするためのメインの方法として、Chrome ブラウザを活用する、Linux パワーのデバイス)の成功を指摘している。このところの Intel は、Chromebooks に Haswell チップを使用するよう、ハードウェア·ベンダーに対してプッシュしていることを、明らかにしている

Cloud

The cloud is another key frontier for Intel and for open source. Intel is a member of the OpenStack Foundation and is also key consumer of the technology. OpenStack got its start just three years ago as an open-source project led by NASA and Rackspace. Since then, multiple leading IT vendors including Hewlett-Packard, IBM, Dell, Cisco, AT&T and others have embraced the platform and are pushing its development forward.

Intel におけるクラウドは、オープンソースのための、もう 1つの重要な領域でもある。そして Intel は、OpenStack Foundation のメンバーであり、また、そのテクノロジーを活用する大物でもある。OpenStack 自体はというと、NASA と Rackspace が率いるオープンソース・プロジェクトとして、わずか 3年前にスタートを切ったばかりのものである。それ以来、Hewlett-Packard や、IBM、Dell、Cisco、AT&T といった代表的な IT ベンダーたちが、このプラットフォームを採用し、また、その開発を促進している。

"Intel has a sizable in-house OpenStack deployment," Hohndel said. "If you want to push technology, you have to see how it’s used and get your hands dirty."

「 Intel は、その社内に、かなりの規模の OpenStack クラウドを有している。ただし、あなたが、このテクノロジーをプッシュしたいなら、それが利用される方法を参照し、額に汗をかく必要がある 」と、Hohndel は発言している。

One of the items that Intel has contributed to OpenStack is Trusted Computing Pools technology.

Intel が OpenStack にコントリビュートしたアイテムの中では、Trusted Computing Pools が代表的なものとなる。

"The feature enables cloud hosting providers to build trusted computing pools based on hardware  security features, such as Intel Trusted Execution Technology (TXT)," the OpenStack wiki states. "Combined with an external standalone web-based remote attestation server done by a separate open source project, the providers can ensure that the compute node is running software with verified measurements, thus they can establish the foundation for the secure cloud stack."

「 この機能により、クラウド・ホスティング・プロバイダーは、たとえば Intel Trusted Execution Technology (TXT) のような、ハードウェア・セキュリティ機能をベースにした Trusted Computing Pools を構築できる 」と、OpenStack の wiki に記されている。そして、「 外部のスタンドアロン Web ベースのリモート認証サーバとの組み合わせが、異なるオープンソース·プロジェクトにより完了していく。そしてプロバイダーたちは、コンピューティング・ノードが、検証済みのソフトウェアを用いて実行されていることを確認できる。こうして、セキュアなクラウド・スタックのための、基盤が確立されていく 」と、説明されている。

Going a step further, Intel is now working on technology that will enable OpenStack cloud providers and users to accurately verify where a given workload is running.

さらに一歩進んで、いまの Intel は、特定のワークロードが実行されている場所を、 OpenStack クラウドのプロバイダーとユーザーが、正確に確認することを可能にするテクノロジーに取り組んでいる。

"So you have control and verifiability of where physically a virtual machine is running," Hohndel said. "Some people are nervous about having cloud images running in the U.S."

「 したがって、仮想マシンが実行されている環境をコントロールし、また、検証する能力が備わってくる。一部の人々は、クラウド·イメージがアメリカで実行されることに神経質になっている 」と、Hohndel は言う。

With the recent spate of revelations that the National Security Agency (NSA) has the ability to break Web encryption, there is a heightened sensitivity about U.S.-based cloud providers and their ability to ensure user privacy.

最近において、大量の暴露が相次ぐように、National Security Agency (NSA) は Web の暗号化を破る能力を持っている。したがって、アメリカ・ベースのクラウド·プロバイダーと、ユーザー・プライバシーを確保する能力について、誰もが神経質になっているのだ。

"We’re doing a lot of work on [encryption] key management, so we don’t have to rely on the NSA to manage our keys for us," Hohndel said somewhat satirically.

「 私たちは、暗号キーの管理において、多大な労力を払っているため、私たちのためのキーを管理するために、NSA に頼る必要はない」と、Hohndel は皮肉っぽく言っいる。

Open Source

Overall, Hohndel stressed that for Intel, open source has always been a way to drive innovation. It allows the company to participate in development and directly drive innovation.

全体を通して Hohndel が協調しているのは、Intel にとってオープンソースは、イノベーションを常に推進するためのほうしきであるということだ。 そのために、同社は開発に参加し、イノベーションをダイレクトに駆動できる。

"Regardless of how big and smart we are at Intel, there will always be more smart people outside of Intel," Hohndel said.

「 Intel が、どれだけ大規模であり、また、スマートであるのかに関わらず、私たちは Intel に在籍している。しかし、より多くのスマートな人々が、Intel の外にいるだろう」と、 Hohndel は言う。

He added that participating in open-source development enables Intel to tap that pool of smart people who don’t work for Intel.

そして、オープンソースの開発に参加することで、Intel のためには働いていない、スマートな人々のプールにアクセスできると、付け加えている。

"This is not a charitable effort for us," Hohndel added. "We want open source to design great projects and then have it run best on our hardware."

「 それは、私たちにとって慈善事業ではないが、オープンソースにより素晴らしいプロジェクトがデザインされ、それが、私たちのハードウェア上で、ベストなかたちで実行されるようにしたい」と、 Hohndel は述べている。

Sean Michael Kerner is a senior editor at eWEEK and InternetNews.com.
Follow him on Twitter
@TechJournalist.

ーーーーー

openstack-55a1Intel が OpenStack をプッシュするという展開は、とても素晴らしいですね。 Linux があったからこそ、いまのクラウド・コンピューティングがあるのだと思いますし、それ自体が OpenStack でオープンソース化されるという、永遠に続く階層構造が、ここから始まるというふうに期待してしまいます。 先日にポストした、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳は、ーーー しばしば、忘れられてしまうオペレーティング・システムかもしれないが、あなたが認識している以上に、あなたは Linux に依存しているのだ ーーー という言葉で締め括られていました。 あと、何年かすると、クラウドと OpenStack も、同じように評価されるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
OCP の Rack Solution : Quanta QCT が Intel Dev Forum で発表!
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

Posted in .Selected, DevOps, OpenStack, Research by Agile Cat on September 18, 2013

Guess what? OpenStack fans say OpenStack skills are in demand
http://wp.me/pwo1E-6DQ

Sep 16 2013 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/09/16/guess-what-openstack-fans-say-openstack-skills-are-in-demand/

_ Gigaom

Summary: The OpenStack Foundation says the world needs more mad OpenStack skills, so it’s launched a training marketplace to grease the skids.

Summary: OpenStack Foundation が言うには、この世界が大量の OpenStack スキルを必要としているため、すでに立ち上げられているトレーニング市場は、素晴らしい勢いで伸びているとのことだ。

ーーーーー

In what should come as as surprise to no one, the OpenStack Foundation says skills in building and deploying OpenStack cloud technology are very much in demand. (see the charts below).

誰にとっても、それほどの驚きではないと思うが、OpenStack Foundation は、OpenStack クラウド・テクノロジーにおける構築とデプロイのスキルに対して、きわめて大きな需要があると発言している。 (下のチャートを参照)

To address the skills gap, the Foundation is launching a Training Marketplace, with coursework from OpenStack partisans including Aptira, hastexo, The Linux Foundation, Mirantis, Morphlabs, Piston, Rackspace, Red Hat, SUSE and SwiftStack with more courses to come.

そして、こうしたスキル・ギャップに取り組むために、この Foundation は、Aptira/hastexo/The Linux Foundation/Mirantis/Morphlabs/Piston/Rackspace/Red Hat/SUSE/SwiftStack といった、OpenStack パルチザンが提供する授業で構成される Training Marketplace を立ち上げているところである。

OpenStack Jobs Pay
Infographics

Why would you want to bone up on your OpenStack skills? Because you can make more money, according to the foundation:

それまでして、誰もが OpenStack スキルで習得したがる理由について、より多くのビジネスがあるからだと、この Foundation は言っている:

Here’s another data point, there are more job postings mentioning OpenStack skills than there are for rival open-source clouds CloudStack and Eucalyptus, according to SimplyHired.com data, as shown below.

また、以下に示す SimplyHired.com からの別データによると、CloudStack や Eucalyptus といったライバルのオープンソース・クラウドと比較して、OpenStack スキルに対する求人は多いようだ。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs

But then again, when you talk about job postings requiring cloud skills, you’d be remiss not to include Amazon Web Services which brings us to this, provided Indeed.com knows what AWS is.

しかし、Indeed.com が認識していると思われる、Amazon Web Services に関するデータを取り込み、このクラウド・スキルに対する需要を整理し直すと、以下のようなチャートになる。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus, Aws trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs | Aws jobs

Data for the last two charts provided by SimplyHired.com, a search engine for jobs.

Related research

ーーーーー

openstack-55a1先月にポストした、『 OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは? 』という抄訳には、ーーー OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。 ーーー と記載されていました。多種多様なトレーニング・コースが提供され、OpenStack への需要を後押ししているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on August 29, 2013

Red Hat Launches New OpenStack Certification
http://wp.me/pwo1E-6xQ

Nicole Henderson on August 26, 2013
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/red-hat-launches-new-openstack-certification

_ Web Host Industry

The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release

この月曜日(8/26)に立ち上げられたサーティフィケーション・プログラムは、OpenStack アドミン・コースの拡張と、最新リリースでカバーされる新機能を組み合わせるものとなる。

ーーーーー

Red Hat announced on Monday its new Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service and extended training for Red Hat’s OpenStack technology.

Red Hat は月曜日に、IaaS における Red Hat Certificate of Expertise と、Red Hat OpenStack トレーニングの拡張をアナウンスした。

As a part of its open hybrid cloud strategy, Red Hat launched its Red Hat Enterprise Linux OpenStack platform in June at the Red Hat Summit. In a blog post announcing its new training, Red Hat says the platform is “the next Linux” in terms of company focus: “As with Linux, we expect to set the benchmark for a technology that is rapidly proving to be a game changer in the industry,” Iain Gray, vice president, global services, Red Hat said.

同社は 6月の Red Hat Summit で、そのオープン・ハイブリッド・クラウド戦略の一環として、Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォームを立ち上げている。そして、新しいトレーニング・コースを発表するブログ記事で、このプラットフォームを、The Next Linux として捉えていると述べている。 具体的には、「 Linux のケースと同様に、この業界におけるゲーム・チェンジャーだと証明された、テクノロジーのためのベンチマークを設定していきたい」と、Red Hat の VP Global Services である Iain Gray が発言している。

“From cloud migration strategy consulting, to Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform product-pilot implementation services, through complete IaaS-based solution development, we can support our customers through every stage in their cloud journey,” Gray said.

「 戦略的なクラウド・マイグレーション・コンサルティングから、パイロット的な Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォーム・プロダクトの導入サービスにいたるまで、私たちは IaaS ベース・ソリューションの完ぺきな開発を通じて、その道筋における全ステージで、顧客たちをサポートしていける 」 と、Gray は発言している。

imageEarlier this year, Red Hat introduced its Red Hat OpenStack Administration course. The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release and provide preparation for the Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service Exam.

今年の初めに、Red Hat OpenStack Administration コースが紹介されている。そして、月曜日にローンチされたサーティフィケーション・プログラムが、その OpenStack Administration コースと組み合わされ、最新リリースにおける新機能をカバーしていく。さらに、Red Hat Certificate of Expertise in IaaS 試験のための準備が進められる。

OpenStack lends itself to various types of training. Rackspace was one of the first providers to launch OpenStack training, but more recently, OpenStack bootcamp provider and systems integrator Mirantis closed $10 million in funding to grow its training program, and Piston Cloud Computing launched its training series for OpenStack, offering courses for cloud administrators, end users, developers and use-specific training, including Cloud Foundry integration.

OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。

As the first open source company to surpass $1 billion in revenue, Red Hat is in a strong position to drive success through open source training and supporting services for OpenStack. In a recent quarterly report, Red Hat said it derives revenue and generates cash from customers from two sources: subscription revenue and training and services revenue.

オープンソース企業として、初めて $1 billion 以上を稼ぎだすことになった Red Hat は、OpenStack のためにトレーニングやサポートといったサービスを成功させるという点において、きわめて強いポジションにある。Red Hat の四半期報告書(直近)は、サブスクリプションとトレーニング/サービスという、2つの領域における顧客から、売上が生じていることを示している。

“Training and services revenue increased 12.5 percent or $5.3 million for the three months ended May 31, 2013 as compared to the three months ended May 31, 2012,” Red Hat said in the earnings report.

「 2013年の 3月~5月期と、昨年の同期を比較すると、トレーニングとサービスからの売上は 12.5% ほど上昇し、$5.3 million に至っている 」と、Red Hat は決算報告書で述べている。

ーーーーー

openstack-55a先週にポストした、『 OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ! 』という抄訳でも、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier が「OpenStack は Linux を再現する」と発言していることをお伝えしましたが、それが具体的に動き出したという感じですね。 Linux のレベルに到達するには、まだまだ時間がかかると思いますが、なかなか素晴らしい Red Hat の第一歩ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
Red Hat の CEO は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供

Posted in Google, OpenStack, Post-PC, Rackspace by Agile Cat on August 23, 2013

Rackspace Upgrades Android App with OpenStack Support
http://wp.me/pwo1E-6wq
Maria Deutscher | July 13th
http://siliconangle.com/blog/2013/07/13/rackspace-upgrades-android-app-with-openstack-support/

image

Yesterday Rackspace customers were pleasantly surprised to find a new release of the company’s free Android app. The latest version sports a new look and features an array of options for managing cloud deployments on the go.

昨日(7/12)のことだが、Rackspace から新たに提供された無償の Android アプリにより、同社の顧客たちは驚き、喜ぶことになった。この最新バージョンは、外出先でクラウドのデプロイメントを管理するための、新たにデザインされた外観と、多様な機能を提供するものとなっている。

The reworked interface makes it easier to navigate the app and “find exactly what you’re looking for.” It’s complemented by an array of new admin functions, including the ability to manage multiple Rackspace accounts, check system status, and reboot, rename, resize and rebuild servers. Additionally, users can now change root passwords, ping specific servers from multiple data centers, and call Rackspace support directly from within the app without switching tabs.

その、刷新されたインターフェイスにより、アプリの操作は容易になり、また、探しているものを正確に見つけられるようになった。具体的には、新しい Admin 機能群により補完されることになるが、そこには、複数の Rackspace アカウントの管理、および、システム・ステータスのチェック、そして、サーバーの Reboot/Rename/Resize/Rebuild などが含まれる。さらに、ユーザーは、root パスワードの変更および、マルチ・データセンター前提とした特定サーバーの ping 参照が可能となり、また、アプリのタブを切り替えることなく、Rackspace サポートをダイレクトに呼び出せるようになる。

The new release also fixes the issues that caused the previous of version of the application to crash, and introduces support for Rackspace’s OpenStack-based cloud platform. The app is currently available for Android smartphones. There’s no word on an iOS version, but Rackspace senior product manager Jorge Astroga said that his firm is “definitely thinking about tablet support in the near future.”

この新しいリリースでは、アプリをクラッシュさせるという、以前のバージョンでの問題が修正され、また、Rackspace における OpenStack ベースのクラウド・プラットフォームのサポートが提供されている。現時点で、このアプリは Android スマートフォンで利用できるが、iOS バージョン関する表明はまだ無い。しかし、Rackspace の Senior Product Manager である Jorge Astroga は、「間違いなく、近い将来において、タブレットのサポートを考える」と、発言している。

Recent developments suggest that the cloud vendor is stepping up product development. This week’s app roll out comes on the heels of a partnership between Rackspace and The European Organization for Nuclear Research to create a federation service for the former’s cloud portfolio, including its PaaS suite, OpenStack, and the Rackspace Private Cloud architecture. The tool is expected to hit general availability within a year.

最近の展開が示唆するのは、クラウド·ベンダーがプロダクト開発を強化しているという流れである。 従来からのクラウド·ポートフォリオのためのフェデレーション・サービスを作成したい、The European Organization for Nuclear Research が Rackspace とパートナーシップを締結した後を受けて、このアプリが今週に登場したわけであるが、そのポートフォリオには、PaaS Suite、OpenStack、そして、Rackspace Private Cloud のアーキテクチャが含まれているのだ。このツールの、より広範囲における利用形態が、年内には確立するものと期待されている。

CERN was one of the very first major organizations to adopt OpenStack. The open platform powers two of the data centers assigned to process the 25 petabytes of data its Large Hadron Collider (LHC) generates every year.

CERN は、OpenStack を採用するという意味で、きわめて重要かつ大規模な組織である。このオープン・プラットフォームのパワーは、2つのデータセンターに展開され、Large Hadron Collider (LHC) から生み出される、年間で 25 PByte というデータを処理することになる。

ーーーーー

openstack-55aAndroid で OpenStack をコントロールって、なんとなくカコイイですよね。 日常的なチェックであれば、それこそスマホで済みますし、ちょっと込み入った設定と言ったって、タブレットで処理してしまうという世の中になりましたね。 かく言う Agile_Cat も、WordPress の管理に Android や iOS を使っていますし、それらがあれば充分なのだと、このポストを訳しながら実感しているわけです。もちろん、Windows と Mac OS も使いますので、入れ替わり立ち代りで、4種類のプラットフォームを介して、このブログを維持/運営しているわけです。 それと同じことが、OpenStack にも当てはまりますし、Facebook にも、Evernote にも、当てはまるわけです。よろしければ、以前にポストした 『 スマートフォン戦争は終結した: そして勝ったのはユーザーである 』も、ぜひ、ご覧ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?

 

成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Posted in .Selected, Asia, OpenStack by Agile Cat on August 21, 2013

OpenStack Grows Up And China Notices
http://wp.me/pwo1E-6vZ

Charles Babcock| July 24, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/openstack-grows-up-and-china-notices/240158721

_ Information week

In three years, OpenStack has taken the lead in open source for the enterprise cloud. Fall summit scheduled to take place in Hong Kong.

この3年間にわたって OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのオープンソース化をリードし続けてきた。 そして、この秋に予定されるサミットは、その開催地として Honk Kong を選んでいる。

ーーーーー

When OpenStack uncorks the champagne for its anniversary on Wednesday at OSCON (the Open Source Conference) in Portland, Ore., it doesn’t need to cite surviving three tumultuous years or the number of lines of code produced. It will have more qualitative gains to celebrate.

この水曜日に、Portland, Ore で開催された OSCON (the Open Source Conference) で、OpenStack が 3年目を記念のシャンパンの封を切った。 しかし、そのときに、大量のコードを生成しながら、激動の 3年間を生き続けたと、あえて説明する必要もなかったようだ。これから先も、OpenStack の性質からして、さらなる祝福が訪れるだろう。

imageOpenStack is the de facto leader in open source code for the enterprise cloud. It’s moved decisively into the lead for the production of both cloud provisioning and management and software-defined networking — that still loosely defined area of private cloud operations.

OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのための、オープンソース·コードという領域におけるデファクト・リーダーであり、クラウドのプロビジョニングとマネージメントという 2つの局面で、生産すべきソフトウェアを決定するというポジションを、明確にリードするようになってきた。それは、プライベート・クラウド運用の領域を、大まかなところで定義する SDN についても言えることである、

OpenStack is downloaded with great regularity as the prototype system for a private cloud. According to founding member and Rackspace’s senior VP of private cloud Jim Curry, who spoke to us in an interview prior to the anniversary, the Rackspace release for private cloud has seen 29,000 downloads.

OpenStack は、プライベート・クラウドのプロトタイプとして、安定したペースでダウンロードされている。OpenStack の創立メンバーであり、Rackspace の Senior VP of Private Cloud でもある Jim Curry は、前述の記念日に先立ったインタビューにおいて、プライベート・クラウド用の Rackspace リリースは、すでに 29,000 ダウンロードに達していると説明していた。

Downloads, however, don’t mean much by themselves. What matters is the number of downloads that lead to working implementations. The list of publicly recognized implementers is shorter, but it includes, in addition to Rackspace and HP, such names as Comcast, Paypal and CERN. Also add Best Buy, Fidelity, Bloomberg and a fourth major enterprise user to be announced Thursday.

しかし、ダウンロードされるだけでは、それほどの意味もない。何が重要かといえば、実装につながるダウンロード数が重要となる。公認された実装者のリストは不足しているが、Rackspace と HP に加えて、Comcast および、Paypal、CERN などが加わるようになってきた。さらに言えば、Best Buy と、Fidelity、Bloomberg と、それに続く 4番目の主要エンタープライズ·ユーザーが、木曜日にはアナウンスされる。

It’s still too soon to compare OpenStack to Linux, although Openstack adherents are quite fond of doing so. Linux, through hard experience, produced a kernel development process that imposed the discipline of adding only processes or code that complemented what was already there. It’s not clear whether OpenStack, with its long list of code contributors, committers and sponsors (many of them competitors with rival agendas) will institute such discipline or drift into feature bloat. I’ve heard the team leaders say no benevolent dictator – i.e., Linus Torvalds — is needed at their project. Perhaps not, but some central disciplinary intelligence is needed. With no Torvalds on the scene, it’s not clear who’s responsible for such discipline at OpenStack. But let’s give OpenStack a chance to mature and show us how it addresses the issue.

OpenStack の支持者たちは、すぐに Linux と対比したがるが、それは時期尚早である。Linux は困難なエクスペリエンスを介して、すでに存在するものを補完する、プロセスとコードだけを追加するという、カーネル開発プロセスのための強制的な規律を創りだした。コードのコントリビューター/コミッター/スポンサーといった、長いリスト(その多くがライバルでありアジェンダを戦わせている)を伴う OpenStack が、将来の拡張に対して、そのような規律や趣意を提示するかと言えば、それは、まだ、明らかになっていない。このプロジェクには理解ある独裁者が、すなわち Linus Torvalds のような人が必要だと、チームリーダーたちが言っているのを聞いたことがある。おそらく、そのような人物はいないだろうが、その中心において、規律をインテリジェントに取り扱う機能は必要だ。そのような、Torvalds がいない現実において、OpenStack の規律に対して、誰が責任を持てるかといえば、それも不明確である。しかし、OpenStack には成熟のチャンスを与えるべきであり、そうすれば、問題への取り組み方も、明らかにしてくれるだろう。

Likewise, it’s hard to get past the simple quantitative measures to see how the new foundation and its development process are really working. We know OpenStack now has over one million lines of code, 231 company members, 238 unique contributors to the Grizzly release, etc. But the project is also taking on a much more international flavor, with members from 121 countries. In fact, the next OpenStack Summit will meet in November in Hong Kong — the first to take place outside the U.S.

それと同様に、定量的な測定をシンプルに行うだけで、この新しいファンデーションと、その開発プロセスが、適切に機能しているのかを確認するのも難しい。私たちが知っている範囲では、OpenStack は 100万行以上のコードを有し、231社のメンバーが参加し、238人のコントリビュータにより Grizzly などをリリースしている。しかし、それよりも、このプロジェクトは 121ヶ国からのメンバーが参加するという、はるかにインターナショナルなフレーバーに満ちているのだ。実際のところ、次回の OpenStack サミットは、11月の Hong Kong が予定されているが、アメリカ以外での初めての開催となる。

Chinese interest in OpenStack is huge because it opens wide the door to cloud computing. Developers at the Chinese firm Sina, previously contributors to the project, have helped form the China Open Source Cloud League, which adds more contributors to the project, according to Curry.

OpenStack は、クラウド·コンピューティングへのドアを大きく開くため、China の関心も大きく膨らんでいる。Curry によると、このプロジェクトに以前からコントリビュートしている、China 企業である Sina は、さらに多くの人々を集めるための、China Open Source Cloud League を形作ろうとしている。

In addition to its greater international focus, there’s another sign of growing OpenStack maturity. Each subproject of OpenStack holds an election every six months among active contributors to decide who should serve as technical lead of the project, a key position. No changes in these posts would suggest that one company’s or one faction’s influence was sufficient to maintain the same lead indefinitely. For example, early on, Rackspace and Nebula technology execs dominated these positions because Rackspace was a co-founder and organizer, as were the founders of Nebula, who came out of NASA.

こうした、素晴らしいインターナショナル・フォーカスに加えて、OpenStack の成熟度を示す別の兆候がある。OpenStack はにおける個々のサブ・プロジェクトは、このプロジェクトのテクニカル・リードという、重要なポジションを務めるべき人を、積極的なコントリビューターの中から選ぶため、半年ごとに選挙を実施している。このポストに変化がないということは、一社もしくは一派閥が、永遠に変わらないリードを維持するだけの、充分な影響力を行使していたと示唆される。たとえば、OpenStack の黎明期において、一連のポジションが Rackspace とNebula の技術幹部たちに独占されていたのは、Rackspace が Co-Founder であり、NASA から生じた Nebula に Founder たちが居たからである。

In April, Russell Bryant of Red Hat replaced Vishvananda Ishaya of Nebula, who had served as technical lead of the Nova compute project for 2.5 years. In addition, Dan Wendlandt, of the software-defined networking firm Nicira, was the technical lead on the Quantum networking project for a year, with Nicira acting as a major contributor. After Nicira was acquired by VMware, a competitor of OpenStack, Nicira remained a contributor but Wendlandt was replaced by Marshall McClain of Dreamhost. In other words, what might have been a narrow band of leadership reflecting company interests has gradually given way to broader leadership, suggesting a meritocracy of regular elections is at work.

この 4月には、Nova プロジェクトのリードが、Nebula の Vishvananda Ishayaから  Red Hat の Russell Bryan に替わった。Ishaya は、2年半にわたって、このテクニカル・リードを務めてきたのだ。また、SDN の企業である Nicira の Dan Wendlandt は、主要コントリビューター Nicira としての立場から、1年間にわたり Quantum ネットワーク・プロジェクトのテクニカル・リードを務めていた。そして Nichira は、OpenStack のライバルである VMware に買収された後もコントリビューターとして残っているが、Wendlandt のポジションは Dreamhost の Marshall McClain へと移行した。言い換えれば、企業の利益を反映する、狭い視野によるリーダーシップから、より広範なリーダーシップへと、徐々に変化しているのだ。これも、定期的な選挙の結果が示唆するものなのだろう。

In three years, OpenStack has come a long way in both its internal organization and its acceptance in the world. It’ll be up to the company’s current management team to achieve additional milestones going forward.

この 3年の間に、組織の内部において、そして、外側の世界において、長い道のりを歩むことで、OpenStack は受け入れられるようになってきた。 それにより、この先のマイル・ストーンを達成するまで、現行のマネージメント・チームは支持を受け続けるだろう。

Says Chris Kemp, former CIO of NASA and CEO of OpenStack firm Nebula: "It’s hard to find a computer company, with the exception of Amazon, that’s not part of OpenStack. It’s occupying a huge void that needed to be filled… Everyone agrees, the next 25 years of computing should be open."

NASA の CIO を努め、いまでは OpenStack を支持する Nebula の CEO である Chris Kemp は、「Amazon を例外として、OpenStack に参加していないコンピュータ会社は、なかなか見つからないはずである。それにより、満たされるべき、巨大な空間を占有できるようになった。 これから 25年の間に、コンピューティングはオープンになるといいう考え方に、誰もが同意している」と、発言している。

OpenStack Grizzly Has SDN TeethCharles Babcock | April 05, 2013

ーーーーー

openstack-55aこの 4月に、『 そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! 』という抄訳をポストしましたが、そこには、こんなことが書いてあります。 ーーー クラシカルなセールス・モデルとは、組立ラインの経済から生じた、ある種の不自然な結果である。 製造業という、パーツを構築する世界では、製品を完成させるためにアセンブリを行い、それらを倉庫から出荷し、収益を得るためにセールスとマーケティングに依存してきた。こうした方式により、自動車/医薬品/化粧品/書籍/食品/飲料などの製品が、長きにわたり構築され、販売されてきた。しかし、このクラシカルなモデルを、エンタープライズ·ソフトウェアに当てはめても、それは失敗の運命にある。ーーー 中国における Android の爆発的な成長からは、洗練された多国籍企業であっても、なかなか乗り越えられないテリトリーの壁を、オープンソースがやすやすと突破していった様子がうかがい知れます。Linux と Android に続き、OpenStack がアジアの広大なスペースを満たしてくれることを期待しています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

%d bloggers like this: