Agile Cat — in the cloud

Nimsoft のモニタリングは、プライベート/パブリック・クラウドをカバーする

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Management by Agile Cat on December 13, 2011

Nimsoft Tools Monitor Private and Public Clouds
By: Colleen Miller – December 7th, 2011
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/12/07/nimsoft-tools-monitor-private-and-public-clouds/

_ DC Knowledge

Data center monitoring tools and cloud computing are frequently buzzed about in the industry today. Nimsoft, purchased last year by CA Technologies, is in the marketplace with “IT Management as a Service” or ITMaaS, which gives clients the ability to see into cloud-based applications as well as other mission critical applications.

データセンター用のモニタリング・ツールとクラウド・コンピューティングは、この業界で頻繁に囁かれるバズワードである。 昨年に CA Technologies により買収された Nimsoft は、IT Management as a Service もしくは ITMaaS と呼ばれる、そのマーケットで活躍する企業である。 そして、クライアント環境からのアプリケーションのモニタリング機能を、クラウド環境へ向けて、また、オンプレミスなどのミッション・クリティカルな環境へ向けて提供する。

image

クリックでサンプルへ ⇒

“These are new environments, not built the way a traditional data center was built,” said Andy Kicklighter, Senior Principal Product Manager at Nimsoft.. “In a traditional environment, you had separate tools for email, databases, and so on. Those tools used their own resources. Now with virtualization and the cloud, the requirements are different.”

「 そこには、これまでのデータセンターの構築手法には含まれていない、新しい環境がある。これまでの環境では、電子メールやデータベースなどに対して、個別のツールを使用していた。 また、それらのツールは、独自のリソースに依存していた。 しかし、仮想化とクラウドが当たり前の今日では、そのための要件が変化してきている」と、Nimsoft の Senior Principal Product Manager である Andy Kicklighter は言う。

Kicklighter presented on “Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” on Tuesday at the Gartner Data Center & IT Operations Summit in Las Vegas.

Kicklighter は、Las Vegas で火曜日(12/6)に開催された、Gartner Data Center & IT Operations Summit で、“Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” というセッションの受け持っている。

He explained the six most pressing problems these environments pose:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

For his slide deck and more details, visit Nimsoft’s blog.

こうした環境において、最優先されるべき 6つの課題として、彼は以下の取組を説明している:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

そこで説明された詳細とスライドについては、Nimsoft ブログ を参照して欲しい。

Nimsoft provides monitoring services and service desk solutions primarily to service providers, but enterprises are customers as well. The company’s services are used to find and solve issues in their own data center as well as private and public cloud environments. Nimsoft can be installed on premises, and there’s also a Software as a Service option.

Nimsoft はモニタリング・サービスとサービス・デスクのソリューションを、主としてプロバイダに提供するが、エンタープライズも顧客である。 そして、同社のサービスは、それらのプロバイダやエンタープライズのデータセンターだけではなく、プライベート/パブリックのクラウドにも用いられる。 さらに、Nimsoft はオンプレミスにインストールすることが可能であり、また、SaaS のオプションとしても提供される。

“The monitoring services are designed to allow clients visibility into whatever they are using for cloud – Amazon Web Services, Microsoft Azure or Rackspace,” Kicklighter said. ”They also have connection capabilities to allow partners with specific expertise to also have access.”

「 このモニタリング・サービスは、Amazon Web Services/Microsoft Azure/Rackspace などのクラウドを利用するユーザーに対して、クライアントからの見える化を提供するために設計されている。 そして、ユーザーたちは、彼らがアクセスする特定の環境に対して、パートナーからのアクセスも許容できる」と、Kicklighter は言う。

imageHe said there are 1,000 clients using Nimsoft, with 60 percent of them in the service provider category and 40 percent enterprises. Nimsoft has customers around the globe including 1&1 Internet, CDW, SoftLayer, SunGard Availability Services, Sur La Table, TriNet and Virgin America.

また、Nimsoft を使用する 1,000 のクライアント環境が存在するが、そのうちの 60% がサービス・プロバイダであり、残りの 40% がエンタープライズであるとも発言している。 Nimsoft のビジネスは、1&1 Internet および、CDW、SoftLayer、SunGard Availability Services、Sur La Table、TriNet、Virgin America などの、世界中の顧客により構成されている。

Recently, Honda Motorcycle and Power Equipment of Austrailia announced it has deployed Nimsoft Monitor across its infrastructure. Nimsoft Monitor is a component of Nimsoft Unified Manager, a multi-tenant ITMaaS.

最近になって、Honda Motorcycle と Power Equipment of Austrailia が、自身のインフラストラクチャ全般に対して、Nimsoft Monitor を配置したと発表している。 Nimsoft Monitor は、マルチ・テナント ITMaaS である、Nimsoft Unified Manager により構成される。

“We will continue to grow our solution set, as the modular platform allows us to easily add more,” Kicklighter said about the company’s outlook for 2012.

「 私たちは、のモジュール式のプラットフォームとして、ソリューションのセットを成長させることで、機能の容易な追加を実現していく 」と、同社における 2012年の展望を Kicklighter は語っている。

ーーーーー

TAG index文中にもリンクがありますが、Nimsoft のブログでは、Gartner Data Center Summit での Andy Kicklighter さんのセッションである、“Best Practices for Monitoring Private Cloud and Virtualization” の内容が詳しく紹介されています。スライドも提供されているので、ぜひ、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
RightScale は Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

 

%d bloggers like this: