Agile Cat — in the cloud

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!

Posted in .Selected, Cisco, Network, OpenStack by agilecat.cloud on June 4, 2015
Piston Acquisition Beefs Up Cisco OpenStack Cloud Team
Jason Verge – June 3, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/03/piston-acquisition-beefs-up-cisco-openstack-cloud-team/
 
_ DC Knowledge
 
Cisco announced it will acquire Piston Cloud Computing, a startup that began as a provider of private OpenStack cloud infrastructure on commodity hardware but earlier this year expanded via its CloudOS, becoming a provider of a simple way to deploy several open source platforms, such as Hadoop and Spark.
 
Cisco が、Piston Cloud Computing を買収すると発表した。Piston は、コモディティ・ハードウェア上で OpenStack プライベート・クラウド·インフラを構築するプロバイダーとして立ち上がったスタートアップだが、今年の初めに CloudOS を拡張したことで、Hadoop や Spark といった OSS プラットフォームを、容易にディプロイするプロバイダーへと転身している。
 
Cisco is acquiring Piston for its talent and expertise around distributed systems and quick and easy deployment and automation. This is a second Cisco OpenStack acquisition, following the purchase of Metacloud late last year. Both Piston and Metacloud are highly complementary to each other and in the wider Cisco “Intercloud” vision.
 
Cisco が Piston を買収するのは、その分散システムに関する能力と経験、そして、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションにおける実績を買ってのことである。そして、Cisco における OpenStack 関連企業の買収は、昨年末の Metacloud に続いて、これで二社目となる。Piston と Metacloud は、Cisco の壮大な Intercloud ビジョンにおいて、相互補完していくだろう。
 
Piston-Morrisroe-BagbyPiston CEO Jim Morrisroe (right) and COO Steve Bagby on the show floor at the 2014 OpenStack summit in Paris (Photo: Yevgeniy Sverdlik)
 
“Piston has focused on the deployment problem, while Metacloud has focused on the day-two probem,” said Scott Sanchez, director of Cisco OpenStack strategy. Sanchez came to Cisco via the Metacloud acquisition.
 
「Piston がデプロイメントの問題にフォーカスするのに対して、Metacloud は Day Two の問題にフォーカスしている」と、Director of Cisco OpenStack Strategy を務める Scott Sanchez は述べている。 Sanchez は、Metacloud の買収を介して Cisco に参画している。
 
“They built a great team,” he said about Piston. “One of the things they always focused on was the distributed systems aspect. They rebranded and took a step back from OpenStack to amplify the CloudOS message. It’s about how do we take these complicated platforms and make them easy to deploy in an automated way?”
 
Sanchez は Piston について、「彼らは、素晴らしいチームを構成している。彼らが常にフォーカスしてきたものに、分散システムという側面がある。そして、CloudOS というメッセージを増幅するために、彼らはブランドを変更し、OpenStack の外へと踏み出した。どのようにして、それらの複雑なプラットフォームを取り扱い、また、自動化された方式で容易にディプロイするのかを知りたくないか?」と述べている。
 
Cisco’s strategy has been centered on what it calls Intercloud. Intercloud is not a product but an overarching concept that basically means connected clouds, or a cloud of clouds. Sanchez said Cisco wants to play a similar role with cloud as it did with the larger internet, where it is a key player across hardware, software, and services centered on the network.
 
Cisco の戦略は、Intercloud と呼ばれるものに集約されている。Intercloud はプロダクトではなく、複数のクラウドや特定のクラウドを接続するための、基本的かつ包括的な概念のことである。Sanchez は Cisco の方針について、これまでの大規模インターネットで行ってきたように、クラウドでも同じ役割を果たしたいと述べている。つまり、ネットワークを中心として、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを取りまとめていく、キー・プレーヤーになりたいということだ。
 
Piston is more than a talent acquisition for the Cisco OpenStack team, as it brings a lot of automated deployment technology to the table as well. Its aim is to give companies that are not quite as large as Facebook or Google data center infrastructure capabilities the likes of Facebook and Google have.
 
Piston は Cisco OpenStack チームに対して、自動デプロイメントのテクノロジーを持ち込むため、単なる買収とは異なる成果をもたらすだろう。そして、Facebook や Google が有するような、巨大なデータセンターやインフラスを必要としない、ごく一般的なユーザー企業に対して、ソリューションを提供していく。
 
Piston accelerates Cisco’s ability to help customers deploy their clouds. If a private OpenStack cloud currently takes Cisco 14 days to deploy for a customer, Piston will help shave that time down. The distributed systems expertise means its easier to deploy more complex, distributed clouds and platforms as well.
 
Piston が Cisco の能力を加速させることで、顧客による容易なクラウドのディプロイが実現されていくだろう。つまり、OpenStack プライベート・クラウドのディプロイに、Cisco が 14日を必要としているなら、さらに短い期間で完了するよう、Piston が時間を削り取っていく。そして、Piston における分散システムの専門知識により、複雑に分散されたクラウドやプラットフォームであっても、容易なディプロイメントが可能になる。
 
“Today, we have multiple offerings working towards a more converged stack behind the scenes,” said Sanchez. OpenStack is just one ingredient in a larger cloud strategy for Cisco, albeit an important one.
 
Sanchez は、「これからの私たちは、さまざまな状況に潜む、より集約的なスタックに対して、多様なプロダクトを提案していける」と語っている。Cisco の壮大なクラウド戦略において、OpenStack は重要であっても、1つの構成要素に過ぎないのだろう。
 
“There’s a shift that has started to occur in the market,” said Sanchez. “It’s less about the technology platform and more about what you do with it. Cisco, Metacloud, and Piston all recognized this. OpenStack is a key part of our execution, but its just a piece of a recipe. We’re past the hype stage of OpenStack, and it’s execution time. We’re seeing tremendous traction.”
 
Sanchez が言うには、「 マーケットでは、発想のシフトが発生し始めている。 そのシフトは、テクノロジー・プラットフォームから、顧客が必要とするものへと向かうものである。そのことについて、Cisco/Metacloud/Piston の認識は一致している。OpenStack は、私たちが実施する重要なパートであるが、全体的なレシピの一部でもある。OpenStack を語る段階は過ぎ、実際に動かす時期に入っている。 そして、私たちは、きわめて強力な牽引力を確認している」となる。
 
Last year, Cisco pledged to spend $1 billion over two years in pursuit of the cloud market. Cisco is a massive business with networking equipment at its core. Its Intercloud retains that networking angle, with the company focusing on connection of clouds. However, Intercloud isn’t a product but rather a strategy and vision of hyper-connected clouds. Cisco is building out several pieces so it can be the hub across all points of the chain, from hardware to service provider.
 
昨年に Cisco は、クラウド市場を探求するために、2年間で $1 Billion を費やすと宣言した。Cisco は、ネットワーク機器のビジネスにおける大手であり、その中核を構成している。そして、Intercloud は、クラウド間の接続にフォーカスするという、同社におけるネットワークの観点を保持している。しかし、Intercloud はプロダクトではなく、ハイパー接続されたクラウドのための、ストラテジーとビジョンを指すものである。 Cisco は、いくつかのパートを構築していく最中にある。それらは、ハードウェアからサービス・プロバイダーにいたる連鎖において、すべての接続ポイント間でハブとして機能してくものになるのだろう。
 
ーーーーー
Ciscoクラウドは、すべてを変えていく・・・ それは、Cisco に対しても、新たな立ち位置と戦略を要求するだけの、大きなパワーを持つものなのでしょう。 そして、Intercloud という概念は、これからの Cisco を表現するフレームワークであり、Metacloud も Piston も、そして OpenStack も、そこにはめ込まれていくピースという感じなのでしょう。 Cisco が、どのように変化していくのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Google と Cisco が 特許・非訴訟で合意:IoT への備えなのか?
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
 

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

Posted in .Selected, DevOps, OpenStack, Research by Agile Cat on September 18, 2013

Guess what? OpenStack fans say OpenStack skills are in demand
http://wp.me/pwo1E-6DQ

Sep 16 2013 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/09/16/guess-what-openstack-fans-say-openstack-skills-are-in-demand/

_ Gigaom

Summary: The OpenStack Foundation says the world needs more mad OpenStack skills, so it’s launched a training marketplace to grease the skids.

Summary: OpenStack Foundation が言うには、この世界が大量の OpenStack スキルを必要としているため、すでに立ち上げられているトレーニング市場は、素晴らしい勢いで伸びているとのことだ。

ーーーーー

In what should come as as surprise to no one, the OpenStack Foundation says skills in building and deploying OpenStack cloud technology are very much in demand. (see the charts below).

誰にとっても、それほどの驚きではないと思うが、OpenStack Foundation は、OpenStack クラウド・テクノロジーにおける構築とデプロイのスキルに対して、きわめて大きな需要があると発言している。 (下のチャートを参照)

To address the skills gap, the Foundation is launching a Training Marketplace, with coursework from OpenStack partisans including Aptira, hastexo, The Linux Foundation, Mirantis, Morphlabs, Piston, Rackspace, Red Hat, SUSE and SwiftStack with more courses to come.

そして、こうしたスキル・ギャップに取り組むために、この Foundation は、Aptira/hastexo/The Linux Foundation/Mirantis/Morphlabs/Piston/Rackspace/Red Hat/SUSE/SwiftStack といった、OpenStack パルチザンが提供する授業で構成される Training Marketplace を立ち上げているところである。

OpenStack Jobs Pay
Infographics

Why would you want to bone up on your OpenStack skills? Because you can make more money, according to the foundation:

それまでして、誰もが OpenStack スキルで習得したがる理由について、より多くのビジネスがあるからだと、この Foundation は言っている:

Here’s another data point, there are more job postings mentioning OpenStack skills than there are for rival open-source clouds CloudStack and Eucalyptus, according to SimplyHired.com data, as shown below.

また、以下に示す SimplyHired.com からの別データによると、CloudStack や Eucalyptus といったライバルのオープンソース・クラウドと比較して、OpenStack スキルに対する求人は多いようだ。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs

But then again, when you talk about job postings requiring cloud skills, you’d be remiss not to include Amazon Web Services which brings us to this, provided Indeed.com knows what AWS is.

しかし、Indeed.com が認識していると思われる、Amazon Web Services に関するデータを取り込み、このクラウド・スキルに対する需要を整理し直すと、以下のようなチャートになる。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus, Aws trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs | Aws jobs

Data for the last two charts provided by SimplyHired.com, a search engine for jobs.

Related research

ーーーーー

openstack-55a1先月にポストした、『 OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは? 』という抄訳には、ーーー OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。 ーーー と記載されていました。多種多様なトレーニング・コースが提供され、OpenStack への需要を後押ししているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?

Posted in .Selected, Cisco, OpenStack by Agile Cat on February 8, 2013

Cisco Invests In Piston Cloud, OpenStack; Hedges Parallels Bet?
http://wp.me/pwo1E-5Dd

Feb. 5th, 2013 by
The VAR Guy
http://www.thevarguy.com/2013/02/05/cisco-invests-in-piston-cloud-openstack-hedges-parallels-bet/

image

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) has invested in Piston Cloud Computing, which develops an OpenStack distribution for private enterprise clouds. The investment comes only a few weeks after Cisco pumped money into Parallels, which develops cloud automation software. Is Cisco hedging its cloud bets? Sort of.

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) が、プライベート・エンタープライズクラウド用の OpenStackディストリビューションを開発する、Piston Cloud Computing への出資を開始した。 この話は、クラウド・オートメーションソフトウェアを開発する Parallels に対して、Cisco からの資金が流れ込んだ、わずか数週後に浮上してきている。 Cisco は、クラウドへの投資において、ヘッジをかけているのだろうか? ある程度は、それもあるのだろう。

imageGenerally speaking Parallels is used to stand up and automate public clouds. OpenStack can also be used in public clouds but does not necessarily compete with Parallels on all fronts. Also, OpenStack is gaining momentum as a private cloud platform that enterprises can use to deploy IaaS (infrastructure as a service).

一般的に言って、Parallelsが利用されるケースは、パブリック・クラウドを立ちあげ、その後を自動化するときとなる。 OpenStack も、パブリック・クラウドで使用されるが、すべての領域において、必ずしも Parallels と競合するわけではない。さらに言えば、エンタープライズが IaaS をディプロイする、プライベート・クラウド・プラットフォームとして、OpenStack は勢いを増している。

Clearly, Cisco is spreading its chips around and making multiple public and private cloud bets. Piston Cloud raised $8 million in Series B funding — with Cisco among those pumping money into the company.

明らかなのは、数多くのパブリック・クラウドと、多様なプライベート・クラウドに賭けていくため、Cisco はチップスをばらまいている点である。Piston Cloud は Series B ファンドにおいて、$8 million の資金を集めた。そして Cisco も、そこに資金を注ぎ込んだ一人である。

At the same time, Cisco has been shedding lower-margin businesses that are not part of the company’s long-term focus. The latest such move involved Cisco selling its Linksys business to Belkin.

それと同時に、Cisco は、同社の長期戦略に入らない、採算性の低いビジネスを整理し始めている。 最近では、Cisco 傘下にあった Linksys のビジネスが、Belkin に売り渡されている

ーーーーー

TAG indexOpenStack というと、Internap がパブリック向けに先行し、それに続いて Piston Cloud がプライベート向けに進出するという流れだったと記憶しています。 そして、以前にポストした 『 Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?』という抄訳では、同社について、以下のように記述されています。image

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Internap が構築する、OpenStack-Based のパブリック・クラウドとは?
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用

 

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on May 1, 2012

Piston Cloud Computing to Integrate Cloud Foundry and OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4aa
April 30, 2012, 10:09 a.m. EDT
http://www.marketwatch.com/story/piston-cloud-computing-to-integrate-cloud-foundry-and-openstack-2012-04-30

OpenStack Leader Brings Most Popular Open Source Platform-as-a-Service to the OpenStack Community

_ Marketwire

SAN FRANCISCO, CA, Apr 30, 2012 (MARKETWIRE via COMTEX) — Piston Cloud Computing, Inc., the enterprise OpenStack(TM) company, today announced a new community open source project to allow the Cloud Foundry(TM) platform-as-a-service to run on OpenStack. With cooperation from VMware(R), Piston Cloud is developing the Cloud Provider Interface that integrates OpenStack cloud infrastructure with Cloud Foundry. The company will distribute and support this new integrated capability in a future release of Piston Enterprise OS. This new project will be submitted to the OpenStack satellite ecosystem for future consideration as an OpenStack incubation project.

SAN FRANCISCO, CA, Apr 30, 2012 (MARKETWIRE via COMTEX) — Piston Cloud Computing, Inc. — 今朝のことだが、このエンタープライス OpenStack カンパニーは、新たなオープンソース PaaS プロジェクトである Cloud Foundry を、OpenStack 上で稼働させると発表した。 VMware からの協力を得るかたちで、 Piston Cloud は Cloud Provider Interface を開発し、それにより、OpenStack のクラウド・インフラストラクチャと Cloud Foundry を統合していく。 同社は、将来における Piston Enterprise OS のリリースにおいて、この、新たに統合される機能のディストリビューションとサポートするだろう。 この新しいプロジェクトは、OpenStack のインキュベーション・プロジェクトとして、これから検討していくために、OpenStack のサテライト・エコシステムにサブミットされるだろう。

imageCloud Foundry is the leading open source platform-as-a-service (PaaS) offering with a fast growing ecosystem and strong enterprise demand. OpenStack is a global collaboration of developers and cloud computing technologists producing the ubiquitous open source cloud computing platform for public and private clouds. The integration takes advantage of Cloud Foundry BOSH, the recently announced open source tool chain for release engineering, deployment and life cycle management of very large scale instances of Cloud Foundry. The Piston Cloud development team will work closely with the VMware Cloud Foundry engineering team on this integrated OpenStack and Cloud Foundry community project over time.

Cloud Foundry は、迅速なエコシステムの形成と、強力なエンタープライス・デマンドを主張する、オープンソース PaaS である。 OpenStack は、グローバルなデベロッパー・コラボレーションと、クラウド・コンピューティング・テクノロジーを推進し、パブリック/プライベートのクラウドを実現する、ユビキタス・オープンソース・クラウドコ・ンピューティング・プラットフォームを作成している。 この統合においては、Cloud Foundry BOSH の先進性が用いられる。それは、最近に発表されたオープンソース・ツールのことであり、きわめて大規模 な Cloud Foundry インスタンスにおける、エンジニアリング/デプロイメント/ライフサイクル管理を関連付けていくものだ。 Piston Cloud の開発チームは、VMware Cloud Foundry 技術チームとの、長期間におよぶ緊密な関係を構築しながら、この OpenStack と Cloud Foundry のコミュニティ・プロジェクトを統合していくだろう。

“We’re delighted to see Piston Cloud take the lead for integrated OpenStack and Cloud Foundry solutions,” said Jerry Chen, vice president of cloud and application services at VMware. “It is vital to our customers that Cloud Foundry be a true multi-cloud offering. We look forward to supporting the engineering effort as well as our mutual customers.”

私たちの顧客にとって肝要なことは、本当の意味で Cloud Foundry がマルチ・クラウドを提供することである。私たちは、喜んでエンジニアリングをサポートするだけではなく、両プラットフォームの顧客に貢献していきたい」と、VMware の VP of Cloud and Application Services である Jerry Chen は発言している。

“Today’s private cloud solutions are poised to transform IT economics for the enterprise,” said Joshua McKenty, CEO and co-founder of Piston Cloud Computing, Inc. “With our joint commitment to open source development, VMware and Piston Cloud are driving this transformation forward.”

「今日のプライベート・クラウド・ソリューションは、エンタープライスのための IT 経済学を変革しようと身構えている。私たちの 共同コミットメントは、オープンソース開発および、 VMware と、Piston Cloud に向けられたものであり、この変革を促進していく」と、Piston Cloud Computing, Inc. の  CEO and Co-Founder である  Joshua McKenty は発言している。

For more information about the new project, please visit:
https://github.com/piston/openstack-bosh-cpi

About Piston Cloud Computing, Inc. Piston Cloud Computing, Inc. is the enterprise OpenStack(TM) company. Founded in early 2011 by technical team leads from NASA and Rackspace(R), Piston Cloud is built around OpenStack, the fastest-growing, massively scalable cloud operating system. Piston Enterprise OS(TM) (pentOS(TM)) is the first fully-automated bare-metal cloud operating system built on OpenStack and the first OpenStack distribution specifically focused on security and easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud is based in San Francisco and funded by Hummer Winblad and True Ventures. Visit Piston Cloud online at http://www.pistoncloud.com .

VMware and Cloud Foundry are registered trademarks or trademarks of VMware, Inc. in the United States and/or other jurisdictions.

OpenStack is a registered trademark of OpenStack, LLC.

ーーーーー

TAG indexゴールデン・ウィークではありますが、あちらはフツーの月曜日。 だから、大きなニュースが続々と飛び込んできます。 その中には、「 Microsoft to Invest in Barnes & Noble’s Nook 」などもありましたが、それらには目もくれず、この Cloud Foundry と OpenStack のコラボに飛びついてしまった Agile_Cat です。 以前にも、「 Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?」 という抄訳をポストしましたが、この Piston は、そのときから脳裏に焼き付いているブランドです。 まさに、エンタープライズへむけてまっしぐらですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない
Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA
OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

 

OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

Posted in .Chronicle, .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 17, 2012

Who Wrote OpenStack Essex? A Deep Dive Into Contributions
http://wp.me/pwo1E-47y
By Joe Brockmeier / April 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/cloud/2012/04/who-wrote-openstack-essex-a-de.php

_ Read Write

It’s always interesting to see who really contributes to open source projects. That’s doubly true when it comes to projects that are corporate-driven, because they provide a lot of insight into which companies are driving a project and have a stake in supporting it. Looking at the numbers for OpenStack’s Essex release, it’s clear that only a small subset of companies involved in OpenStack are driving development.

このオープンソース・プロジェクトに対して、現実にコントリビュートしてきた企業を見ていくのは、常に興味深いことである。 こうした企業がドライブするプロジェクトには、彼らが数多くの洞察を提供し、また、そのサポートにおいて利害を持つという、2つの真実がある。今回の Essex リリースに参加した人数をみれば、OpenStack に関与する企業の一部分だけが、この開発を促進してきたことが明確になる。

clip_image001Mark McLoughlin, an OpenStack contributor and Red Hat employee, took the time to come up with stats  culled from the commits and Gerrit  code reviews for Essex.

OpenStack のコントリビュータであり、また、Red Hat の従業員でもある Mark McLoughlin は、Essex に対してコミットされたコードと、Gerrit レビューから抽出された統計値の解析に時間を費やした

McLoughlin provides several different pieces of the puzzle when looking at the OpenStack picture. He’s looked at the developers who’ve had the most change sets for the release cycle, the most changed lines, and the most lines removed. He’s also looked at lines reviewed, as well as the number of developers by employer.

McLoughlin は、 OpenStack の状況を説明しながら、パズルのような、いくつかの謎も提供している。 そして、彼が注目したのは、リリース・サイクルの更新および、コードの改善と削除において、最も貢献したデベロッパーである。
また、彼は、最もレビューされたコードと、デベロッパーが所属する企業についても調べた。

It’s not a perfect picture, of course. Having the most changes doesn’t mean that the changes were important, for instance. It does give a clearer picture of what’s really going on in OpenStack development.

もちろん、それらは、完ぺきな視点ではない。現実に、コードに対する変更の回数が、その重要性を意味するわけではない。
つまり、OpenStack の開発において、現実に起こっている事象を明らかにするだけのものである。

Developers by Employer

The first figure to consider is the number of developers contributing by company. No one should be shocked to see that Rackspace leads by a wide margin with 51 employees. To put that in perspective, Rackspace’s Stefano Maffulli identified more than 200 people and 50 companies that contributed to OpenStack in the Essex development cycle. McLoughlin’s figures say 226 developers.

最初の図は、コントリビュートしたデベロッパーの数を企業ごとに参照し、考えていくためのものである。 Rackspace が 51人の従業員を参加させ、大差でリードするのを見ても、それに驚く人はいないはずだ。 順番に考えていこう。まず、Rackspace の Stefano Maffulli は、Essex 開発サイクルにおいて OpenStack にコントリビュートしたのは、200人以上の人々と、50社の企業だと認識している。 それに対して McLoughlin は、226人のデベロッパーだとしている。

クリックで拡大 ⇒

This means that more than a fifth of the contributors to OpenStack are on Rackspace’s payroll.

それは、OpenStack へのコントリビュータの 1/5 以上が、 Rackspace からの経費により賄われていることを意味する。

HP has made a big public commitment to OpenStack, and it seems to be living up to it. HP has 19 people identified as contributors to OpenStack Essex.

HP は OpenStack に対して、膨大なパブリック・コミットメントを行なっており、期待に答えているように思われる。 HP は、OpenStack Essex において、19人がコントリビュートしたと認識している。

We told you that Red Hat was contributing heavily to OpenStack in February. But at that time it wasn’t entirely clear where Red Hat fell. Turns out, it’s third in developers, with 12 developers contributing.

2月の時点において、Red Hat が OpenStack にたしいて、大きなコントリビューションを行なっていると説明した。 しかし、その時点において、Red Hat が失速していることを、私は認識していなかった。 結局のところ、12社の デベロッパー・コンロリビューションの中で、同社は第3位となる。

After Red Hat, there’s Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4) and SUSE (4) in the top 10.

その後に続く Top-10 としては、Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4),  SUSE (4) の順となる。

The number of bodies, though, can be misleading. It may be that HP and Red Hat developers are not exclusively tasked with OpenStack, though. Some of Red Hat’s developers, for instance, are also doing work packaging OpenStack for Fedora and/or working on OpenShift. A company might only have two employees doing OpenStack work, but they may be doing it full time and/or doing some of the most difficult work.

組織ごとに数えることは、少々紛らわしくもある。しかし、HPと Red Hat のデベロッパーが、専有的に OpenStack の仕事を請け負ったというわけではないだろう。 現実に、何人かの Red Hat デベロッパーも、Fedora および OpenShift のために OpenStack をパッケージングするという作業時従事している。。 ひょっとすると、同社は OpenStack に関して、2人の従業員だけを割り当てているのかもしれない。しかし、もし そうなら、フル・タイムでの作業となり、また、最も困難な作業をこなしているのかもしれない。

Code Influence

To get a clearer picture than we have just by looking at developers, we can also see what companies are responsible for the most code changes and code reviews.

さらに明らかな全容を得るために、デベロッパーだけに注目するのではなく、コードの変更とレビューにおいて、どの企業が責任が責任を負ったのかを調べてみた。

OpenStack uses Gerrit for code review, so it’s possible to see who’s reviewing and approving code. Rackspace dominates here, with 68.1% of reviews. Nebula is next with 12.6% of the reviews, Red Hat has 4.4%, HP has 3.7% and Nicira has 2.4%. When you get to the bottom of the top 10 (Piston Cloud, Canonical) you’re looking at less than 1%.

OpenStack では、コード・レビューのために Gerrit が用いられている。 したがって、コードのレビューを承認を行なってきた企業が分かるようになっている。 Rackspace によるレビューは、全体の 68.1% という圧倒的なものになる。2番手は Nebula であり、レビューの 12.6% を占めている。 そして、その後には、Red Hat の 4.4 %、HP の 3.7%、Nicira の 2.4% が続く。この Top-10 の下位グループ(Piston Cloud と Canonical)に目をやると、その比率が 1% 以下であることが分かるだろう。

クリックで拡大 ⇒

In terms of lines changed by employer, Rackspace is at the top with 46.8%. Nebula has 24.4%, Red Hat has 5.4% and Citrix has 4.0%. Midokura , a company I hadn’t heard of until doing this piece, is in fifth place. Despite Dell’s vocal support for OpenStack, the company doesn’t seem to be contributing a great deal.

コードの改善におけるライン数では、 Rackspace が 46.8% でトップとなる。 2番手の Nebula は 24.4% であり、その後に、Red Hat の 5.4%と、Citrix の 4 % が続く。 この項目を書くまで、私は Midokura を知らなかったが、同社は 5 番手のポジションにある。 (イェーイ!!!) Dell に関しては、OpenStack をサポートする掛け声は高くても、実質的なコントリビュートは行なわれていないようだ。

Change sets are a slightly different story. Rackspace still dominates, with 55.2%. Nebula has 10%, Red Hat has 7.9%, HP has 2.9% and Canonical has 2.6%.

更新の件数になると、少し異なるストーリーとなる。 ここでも、Rackspace が 55.2% でトップとなる。 続いて、Nebula が 10%、Red Hat が 7.9%、HP が 2.9%、Canonical が 2.6% と続く。

Another view we have is bugfixes, out of the Launchpad statistics. Again, Rackspace is at the top with 800, Nebula comes in with 240, Red Hat has 140, Nicira has 69 and Canonical has 50.

バグ・フィックスという視点は、Launchpad 統計から外れたものとなっている。 再び、Rackspace が 800 件でトップであり、Nebula の 240件、Red Hat の 140件、Nicira の 69件、Canonical の 50件が続く。

クリックで拡大 ⇒

In every case, the drop-off after the first five or ten companies is very significant. For example, in terms of lines changed – Canonical is the 11th company by lines changed and only claims 0.6% of changes.

すべてのケースにおいて、トップから 5社~10社に成果が集中しており、その後の落ち込みが顕著である。 たとえば、コード改編における 11番手は Canonical であり、同社が処理したライン数は、全体の 0.6% に留まっている。

What It Means

Despite the effort to paint OpenStack as a widely supported project with lots of developer commitment , it’s still Rackspace that’s doing the lion’s share of the work.

たくさんのデベロッパーがコミットする、広く支援されたプロジェクトとして、OpenStack を見せる労力にもかかわらず、その作業においては、依然として Rackspace が圧倒的な比率を占めている。

Nebula is also pulling a lot of weight in the project, though it has fewer contributors than HP or Red Hat. The top 10 corporate contributors are pulling a disproportionate share of the load in OpenStack.

さらに、このプロジェクトでは Nebula が大きな役割を担っているが、そのコントリビュータは HP や Red Hat より少ない。全体としては、Top-10 の企業コントっリビュータが、OpenStack の作業負荷において、不均衡な比率を占めている。

This isn’t abnormal for an open source project, though. If you look at Linux kernel development , you’ll see that the top contributors are doing more than the long tail of companies that are involved in kernel development.

Linux カーネルの開発に目を向けると、トップ・コントリビュータが、カーネル開発に関与する企業よりも、ロイングテールの観点から、より多くの貢献を達成していることが分かるだろう。

But the disparity is striking. No company is shouldering nearly 50% of kernel development by any measure.

しかし、OpenStack との相違は顕著である。 どんな尺度で測っても、Linux カーネルの開発において、50% 近い負荷を担っている企業はいない。

Looking at recent kernel development, you’ll see Red Hat at the top of companies contributing to the kernel. But Red Hat sits at the top of the list (after developers with no corporate affiliation), with 10.7% of the changes from the 2.6.36 kernel to the 3.2 kernel. Intel has 7.2%, Novell 4.3%, IBM 3.7% and so on – down to a long list of companies contributing tiny bits.

Linux カーネルにおける、最近の開発状況を見てみよう。 そのトップである Red Hat が、カーネルにコントリビュートしているのが分かるだろう。 しかし Red Hat は、カーネル 2.6.36 ~3.2 の間で 10.7% の変更に留まっていることが、そのリスト(after developers with no corporate affiliation)に示されている。その後には、Intel の 7.2%、Novell の 4.3%、IBM の 3.7% と続き、その長いリストの最後には、きわめて低い比率の企業が記されている。

The real contributor community outside of Rackspace doing significant development is smaller than one might think given the figures coming out of OpenStack. It looks like it’s on its way to a healthy mix, but I’m not sure it’s quite there yet.

OpenStack から得られる成果と比較して、Rackspace の外で重要な開発に従事している、実際のコントリビューター・コミュニティは小さいのかもしれない。 そして、健全に混じりあう途上にあるとは思えるのだが、その道程を走破できると信じられる道程には、まだ到達していないと、私は確信している。

See Also

ーーーーー

TAG indexこうして、コントリビューション全体が俯瞰できることは、とても良いことですね。 そして、現時点での大きな問題点として、Rackspace への過大な異存が明らかになりました。 文中の、Linux コミュニティとの比較により、OpenStack の特殊性が強調されてしまいますが、まだ走り始めたばかりの若いコミュニティですので、長い目で見てあげたいですね。 それにしても、MIDOKURA の頑張りはスゴイです。 あまり、日本を意識してはイケナイのでしょうが、日本人として嬉しいです! ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 

 

 

 

 

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?

Posted in .Selected, OpenStack, Private Cloud by Agile Cat on January 25, 2012

Piston Cloud Delivers First Cloud Operating System Based on OpenStack
http://wp.me/pwo1E-3Qx
by
Piston Cloud Staff
http://www.pistoncloud.com/press-releases/piston-cloud-delivers-first-cloud-operating-system-based-on-openstack/

Available Now, Piston Enterprise OS Offers Vendor Agnostic, Standards-Based Approach to Enterprise Private Cloud

_ Piston Cloud

SAN FRANCISCO – January 18, 2012Piston Cloud Computing, Inc., the enterprise OpenStack™ company, today announced the general availability of Piston Enterprise OS™ (pentOS™), an easy, secure and open cloud operating system for managing enterprise private cloud environments.

SAN FRANCISCO – January 18, 2012 – 今日(1/18)のことだが、エンタープライズ OpenStack カンパニーである Piston Cloud Computing は、エンタープライズ・プライベート・クラウド環境を、容易かつセキュアに、そしてオープンなクラウド・オペレーティング・システムで構成するための、Piston Enterprise OS(pentOS) を発表した。

OpenStack is the fastest-growing open source project in the world, with over 2,321 contributors and 147 participating companies including Rackspace, NASA, Citrix, Intel, Cisco, AT&T, Arista Networks, Microsoft and Dell. OpenStack is proven and ready for the enterprise and Piston Cloud plays a key role in driving the technology forward – sharing knowledge, guidance, vision and code.

OpenStack は、この世界で最も急速に成長しているオープンソース・プロジェクトであり、2,321人以上のコントリビュータを抱え、また、Rackspace/NASA/Citrix/Intel/Cisco/AT&T/Arista Networks/Microsoft/Dell などの企業が参加している。OpenStack におけるエンタープライズ対応を、証明するための準備は整っている。 そして Piston Cloud が、そのテクノロジーを促進する役割を担う。 つまり、ナレッジ/ガイダンス/ビジョン/コードの共有である。

Piston Enterprise OS is the first OpenStack distribution specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud’s innovative Null-Tier Architecture™ combines storage, compute and networking on every node to deliver massive scalability with unprecedented cost efficiency. Custom built to address regulatory requirements, Piston Enterprise OS also represents the industry’s first implementation of CloudAudit, an open security standard for cloud and virtualized environments. Furthermore, pentOS is hardware vendor agnostic, ensuring users aren’t locked in to a single proprietary architecture and that the system integrates seamlessly with products from companies like Intel, Dell and Arista.

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。 さらに pentOS は、ハードウェア・ベンダー不可知論者であり、ユーザーが特定のプロプライエタリ・アーキテクチャにロックインされないことを保証する。そして、彼らのシステムが、Intel/Dell/Arista といった企業からのプロダクトと、シームレスの統合されることも保証している。

Piston Enterprise OS is built to be easy, secure and open:

Piston Enterprise OS は、容易/安全/オープンに構築されている:

Easy

  • pentOS can be installed in less than 10 minutes, and provides automatic security updates via a simple subscription service.
  • Groundbreaking Null-Tier Architecture allows customers to easily scale a high-availability private cloud, one server at a time.
  • 24×7 enterprise-level support.
  • pentOS は、10分以内にインストールできる。そして、シンプルなサブスクライブ・サービスを介して、自動t的なセキュリティ・アップデートが提供される。
  • 画期的な Null-Tier Architecture により、顧客は一台ずつサーバーを加えることで、高可用性のプライベート・クラウドを容易に実現していく。
  • 24×7 のエンタープライズ・デベルでのサポートを提供。

Secure

  • Piston CloudKey™ delivers 99.999% automated and hands-free installation of the pentOS software to servers and switches.
  • Operating on a custom-built Linux distribution, pentOS minimizes security exposure and optimizes performance.
  • pentOS is the industry’s first enterprise implementation of CloudAudit.

  • Piston CloudKey の、99.999% まで自動化された、手間いらずのインストール機能により、pentOS ソフトウェアはサーバーとスイッチ上で動きだす。
  • カスタム・ビルドされた Linux ディストリビューションにより、pentOS におけるセキュリティの脆弱性は最小に抑えられ、また、パフォーマンスが最適化される。
  • pent OS は、CloudAudit のエンタープライズ実装を業界で初めて実現する。

Open

  • pentOS is vendor agnostic and built to open standards, with a modular design that allows for integration with legacy and third-party technologies.
  • Customers can grow their private cloud using commodity hardware.
  • pentOS is interoperable with any other OpenStack-based public cloud environment, including Rackspace, Dell, Amazon, Internap, AT&T and others. 
  • pentOS は、(ハードウェア)ベンダーを選ばない、オープン・スタンダードに対して構築され、レガシー/サードパーティーのテクノロジーとの統合を考慮した、モジュラー・デザインを取り入れている。
  • 顧客たちは、普及品のハードウェアを用いて、プライベート・クラウドを成長させる。
  • pentOS は、Rackspace/Dell/Amazon/Internap/AT&Tなどを含む、あらゆる OpenStack ベース・パブリック・クラウド環境との、インターオペラビリティを実現する。

“As we continue to see security lag in the public cloud environment, it is clear that private cloud is really the only option for organizations dealing with large volumes of regulated data,” said Joshua McKenty, CEO and co-founder of Piston Cloud. “To date, VMware was the only widely accepted option for private cloud, which brought with it associated cost, complexity and vendor lock-in. Piston Enterprise OS disrupts the market with the easiest, most secure and open approach to private cloud.”

「 パブリック・クラウド環境のセキュリティ対策が、随所で遅れているのを見るにつれて、運用が規制される大規模データを取り扱う組織にとって、プライベート・クラウドが唯一の選択肢であることが、明らかになってきた。 これまで、 プライベート・クラウドの選択肢として、唯一受け入れられてきた VMware があるが、コストと、複雑さと、ベンダー・ロックインを伴うものであった。 Piston Enterprise OS は、プライベート・クラウドに対して、最も容易でセキュアなオープン・アプローチを提示することで、そのマーケットを再編していく」と、Piston Cloud の CEO and C-Founder である Joshua McKenty は発言している。

Pricing and Availability

With pricing starting at $3,500 per server, Piston Enterprise OS is available now at http://www.pistoncloud.com/. For more information, contact sales@pistoncloud.com.

About Piston Cloud Computing, Inc.

Piston Cloud Computing, Inc. is the enterprise OpenStack company. Founded in early 2011 by technical team leads from NASA and Rackspace, Piston Cloud is built around OpenStack, the fastest-growing, massively scalable open source cloud framework. Piston Enterprise OS (pentOS) is the first OpenStack-based cloud operating system, and is specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud is based in San Francisco and funded by Hummer Winblad, True Ventures and Divergent Ventures. Visit Piston Cloud online at http://www.pistoncloud.com.

Media Contact
Kelly Indrieri
Kulesa Faul for Piston Cloud
+1 (650) 340 1983
piston@kulesafaul.com
Posted on: 1.18.12, 5:10 PST

ーーーーー

TAG index先日の Internap に続き、今度は Piston から、OpenStack ベースのクラウドが提供されました。 ただし、こちらは、エンタープライズ・プライベートにターゲットを絞っているため、いまのところは競合するものでは無いようです。そして、興味深いのは、pentOS がサーバーだけではなく、スイッチにも供給されると書かれている点です。なんか、意味深ですよね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AT&T が OpenStack に参加した!
OpenStack における SDN コネクションを探求する _1
OpenStack における SDN コネクションを探求する _2
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

%d bloggers like this: