Agile Cat — in the cloud

iPhone 5S/5C の週末 : ワールドワイドで 900万台を販売

Posted in Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on September 24, 2013

Apple Sells 9M iPhones In Three Days
http://wp.me/pwo1E-6G2
ReadWrite Editors – September 23, 2013
http://readwrite.com/2013/09/23/apple-iphone-sales-5s-5c

_ Read Write (2)

It’s a big number, although not strictly comparable to the 5 million iPhone 5 units Apple moved a year ago.

昨年の iPhone 5 と正確には比較できないが、それは、すばらしい数字である。

Apple sold nine million new iPhones in the first three days after the iPhone 5S and 5C hit shelves. The number surpassed first weekend iPhone 5 sales last year by almost four million, although the comparison isn’t a strict one, since it pits sales of two iPhone models against sales of just one.

Apple は、iPhone 5S/5C を店頭の棚に並べた後に、この最初の 3日間で 約 900万台を販売した。この数字は、昨年の iPhone 5 のときと比べて、400万台ほど上回るものである。ただし、今年から 2種類の iPhone が販売されているため、この比較は厳密なものとは言えない。

___space

___space

The higher sales numbers may also be less surprising given that Apple launched its new iPhones in two additional markets this time around—one of them China. Last year, first weekend iPhone 5 sales in China totaled upwards of two million units, although Apple didn’t launch there until almost three months after it debuted the phone in the U.S., Europe and Japan.

この売上に関する数字であるが、Apple が新たに 2つのマーケットを加えたことを考えれば、そして、そのうちの1つが China であることを折り込めば、それほど意外なことでもないだろう。昨年の iPhone 5 に関して言えば、China での立ち上げ時に、約 200万台が販売されていた。そして Apple は、US/Europe/Japan で iPhone 5 をデビューさせてから、およを 3ヶ月後に、China での立ち上げに取り組んでいたのだ。

Apple didn’t break down individual model sales, but stated that demand for the iPhone 5S exceeded the initial supply, and that many online orders are scheduled for shipment in coming weeks.

Apple は、それぞれのモデルの販売量に触れていないが、当初の需要においては、iPhone 5S の方が優っているとしている。また、オンラインによる注文に対しては、数週間のうちに出荷が予定されている。

ーーーーー

apple-55a1先週末に、『 iPhone 5S/5C の最初の週末 : 600~800万台の販売が予測されている 』という予測に関する抄訳をポストしましたが、昨年の iPhone 5 の時は、多くのアナリストが 1000万台と予測したそうです。 そして、それを大きく下回った Apple の株価が下がったと記されていました。 それにしても、中国の分が入ると入らないとでは、この数字も大きく変化するのですね。 Agile_Cat 的には、5C の方がたくさん売れて、それに気を良くした Apple が価格を引き下げ、ネコでも買える iPhone 5C になるというシナリオを想定していましたが、みなさん、お金もちなのですね~~~ __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS 7 と iOS 6 : すでに、トラフィック量が逆転している!
iOS 7 のインストール率が 40% に達した : それを示す1枚のチャート
iOS 7 へのアップデート : 最初の 24時間で 18% に到達!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
iPhone 5S と iPhone 5C : 今朝のマトメ 58本のリンク
ネコさまの 肉球 でも OK : iPhone 5S の Touch ID は素晴らしい ニヤァ~~~

iPhone 5S/5C の最初の週末 : 600~800万台の販売が予測されている

Posted in Apple, Asia, Mobile, Post-PC by Agile Cat on September 21, 2013

Apple Expected to Sell 5 Million to 8 Million iPhones This Weekend
http://wp.me/pwo1E-6Er
BY SETH FIEGERMAN – Sep 19 2013
http://mashable.com/2013/09/19/apple-iphone-sales/

_ Mashable

Analysts believe Apple may sell more iPhones during launch weekend this year than in 2012, but not by much.

Appleは 新しい iPhone を立ち上げた週末に、2012年以上の台数を売ると、アナリストたちは確信しているようだが、それほどの違いは無いようだ。

Gene Munster, an analyst with Piper Jaffray, expects Apple to sell 5 million to 6 million iPhones worldwide through Sunday, according to an investor note obtained by Mashable. Munster expects that Apple will sell about 2.5 million iPhone 5S devices and about 3 million iPhone 5C devices, with pre-orders accounting for 1 million of the latter.

Mashable が取得した投資家のメモによると、Piper Jaffray のアナリストである Gene Munster は、Apple は日曜日までにワールドワイドで、500万台~600万台の iPhone を販売する予定らしい。Munster は、約250万台の iPhone 5S と、約300万台の iPhone5C が販売されると予測しているが、後者に関しては 100万のプリ・オーダーが計上されているようだ。

"We believe that Apple will likely sell all of the 5Ses they will produce for launch weekend," Munster wrote in the note. "Based on Apple not taking online pre-orders for the 5S, which we believe was to avoid customers immediately seeing delivery times for 2+ weeks out, we believe the 5S is more production-constrained than the iPhone 5 was at launch, likely due to the addition of the finger print technology."

「 おそらく Apple は、このローンチの週末のために製造した、すべての iPhone 5S を販売すると推測する」と、Munster はノートに書いている。そして、「 混乱を避けるために Apple が、iPhone 5S のオンライン・プリ・オーダーを受けていないことを前提とするなら、この最初の出荷期間は 2週間以上におよぶだろう。iPhone 5S の立ち上げを、iPhone 5 のときと比較すると、その製造に関して、より多くの制約があると考えられる。つまり、指紋認証テクノロジーの追加が、複雑さをもたらしているのだ」と続けている。

Other analysts were a little more bullish on their sales estimates. BTIG Research, which has expressed skepticism about Apple in the past, estimates that Apple will sell "at least" 6 million iPhones over the weekend thanks to China being included among the countries which will get the product right away. Ming-Chi Kuo, an analyst with KGI Securities who has an excellent record tracking Apple’s product pipeline, predicts that the company will sell 6 million to 8 million new iPhones this weekend.

他のアナリストたちは、その販売の見通しについて、もう少し強気であった。これまで、Apple に対して懐疑的な予測を示していた BTIG Research は、この週末に Apple が、少なくとも 600万台の iPhone を販売すると予測するが、その理由として、このプロダクトを直ちに購入するだろう、China のマーケットを指摘している。KGI Securities のアナリストである Ming-Chi Kuo は、Apple の想像パイプラインを追跡ことで、素晴らしい記録が達成されると予測している。具体的には、この週末に Apple は、600万台~800万台の iPhone を販売するとしている

By comparison, Apple said it sold 5 million iPhones during launch weekend last year, which came in below analysts estimates for upwards of 10 million iPhones. That disappointment kickstarted a long and painful decline in Apple’s stock, driven in part by concerns about supply constraints on the new devices. Analysts appear to be more cautious in their estimates this time around.

そして、昨年との比較になるが、Apple は同じ週末において、500万台の iPhone 5 を販売している。それは、アナリストたちが推定した、1000万台を下回るものであった。この失望が、つまり新しいデバイスの伸び悩みが、長期間に渡って Apple を苦しめた、株価の低迷を引き起こす元になった。したがって、今年のアナリストたちは、昨年よりも慎重に見積もっているように思える。

This year, multiple reports have suggested that the iPhone 5s, the higher-end device, will be severely constrained, which may explain why Apple has only made the lower-cost iPhone 5c available for pre-order and focused its initial marketing around the latter product.

今年について、複数のレポートが示唆するのは、ハイエンド・デバイスである iPhone 5S に関する制約である。Apple がプリ・オーダーを受けられたのは、低コスト版の iPhone 5C だけである。 つまり、初期マーケティングが、この廉価版に集中していた理由も、そこにあるのだろう。

Are you planning to purchase one of the new iPhone models this weekend? Share in the comments.

もし、今週末に新しい iPhone を手に入れるなら、この印象を共有して欲しい。

ーーーーー

apple-55a1先ほど、ニュースを見たところ、CNN が 『 新型 iPhone 発売開始、中国でゴールド売り切れか 』 と報道していました。やはり、すぐに買える、潤沢な在庫数の 5C と、立ち上げ時の需要に追いつかない 5S という、このレポートに書かれているとおりの展開のようですね。 また、先日の『 Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!  』という抄訳にあるように、中国で iPhone を買えるのは、富裕層だけなのかもしれません。だから、ゴールドの 5S から在庫がショートしていくのでしょう。 来週には、この週末の結果が発表されるでしょうが、今後の Android との位置関係を探るという意味で、とても楽しみですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
iPhone 5S と iPhone 5C : 今朝のマトメ 58本のリンク
ネコさまの 肉球 でも OK : iPhone 5S の Touch ID は素晴らしい ニヤァ~~~
Opera の Coast for iPad は、タブレット・ファーストの Web ブラウザなのだ!

 

10代の若者は iPhone を欲しがる: それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on May 1, 2013

CHART OF THE DAY: U.S. Teens Want An iPhone For Their Next Smartphone
http://wp.me/pwo1E-62T
Alex Cocotas | Apr. 15, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-us-teens-iphones-2013-4

_ Business Insider

Teens strongly prefer iOS for their next smartphone purchase, according to data from Piper Jaffray’s semi-annual report on teen consumers. A little under 60 percent of teens reported that iOS would be the operating system on their next smartphone, while only 21 percent intended to buy an Android phone.

Piper Jaffray の半期レポートによると、ティーン・エイジャーたちは、次に購入するスマートフォンとして iOS を強く望んでいるようだ。 そこでは、ティーン・エイジャーたちの、60% 弱が次のスマートフォンとして iOS を望み、21% のみが Android を望んでいるとされている。

This corroborates data from comScore last year that found young Americans are increasingly turning to iPhones as their smartphone of choice. More than 90 percent of the teens surveyed expected their next phone to be a smartphone.

comScore からの昨年のデータによると、アメリカの若者たちの中で、自身のスマートフォンとして iPhone を選択するというケースが増大しているが、それを Piper Jaffray が裏付けたことになる。また、ティーン・エイジャーの 90% 以上が、スマートフォンを欲しがっていると、comScore は推測している。

For now, teen smartphone penetration lags the U.S. average. As we discuss in our report on teen mobile habits, teen smartphone penetration was 47 percent among cell owners in September 2012, and 37 percent overall. Meanwhile, smartphone penetration was 51 percent among U.S. cell owners of all ages in September, according to comScore.

いまでは、アメリカのティーン・エイジャーたちにおける、スマートフォンの普及速度は、全体的な平均値と一致している。以前に、私たちが十代のモバイル動向についてレポートしたときのcomScore における 2012年9月の調査によると、十代のスマホ普及率は 47% であり、全体の 37% に相当する。 その一方で、すべての年齢層を対象とすると、スマホの 普及率は 51% となる。

However, a cautionary note: while teens may have their own purchase intentions, very few have their own income. The vast majority still depend on parents’ largesse and may end up with a cheaper Android phone even if they intended to get an iPhone.

しかし、注意が必要だ。十代の若者たちが、自身の希望を持っているにしても、収入があるのは、ごく一部である。 大半は、両親に依存しているため、iPhone が欲しくても、安価な Android になってしまう可能性が高い。

Furthermore, Piper Jaffray‘s study is actually a combination of two surveys that skew towards higher income households: one polled 1,600 "upper-income students" from households with income above $84,000, and another surveyed 3,600 "average-income students" from households with an average income of $55,000 (U.S. median income was $50,054 in 2011).

さらに、実際のところ Piper Jaffray の調査は、高所得世帯に傾いた2つの調査を組み合わせたものである。 1つは、$84,000 以上の収入のある世帯から、上位 1600 人の学生をポーリングしたものであり、もう1つは、$55,000 が平均収入となる世帯から、3,600人の平均的な学生を対象としたものである(米国の平均的な収入は、2011年で $50,054 である)。

We know from other data that U.S. teens from low-income households, defined as those with incomes lower than $30,000 a year, have relatively high rates of smartphone ownership, second only those of teens in households earning $75,000 or more. In other words, low-income teens may comprise a larger proportion of future smartphone purchasers than Piper Jaffray accounts for.

私たちが、他のデータから確認していることは、年収が $30,000 以下という低所得世帯における、十代の若者たちのスマホ所有率が比較的高いことである。 それは、$75,000 以上の世帯に次ぐ順位となる。 言い換えれば、Piper Jaffray の推測よりも、低所得層における十代の若者たちが、将来のスマホ購入者として、大きな割合になるとも思われる。

ーーーーー

TAG indexやはり、誰もが欲しがる iPhone。 高嶺の花の iPhone なのですね。 Agile_Cat も欲しいけど、バーゲン品の Android が、せいぜいです :)  そして、iPhone/Android/Windows Phone と並んだ後の、Balckberry を欲しがる 2% の十代というのが、なんか、とてもシブいですね! 両親や兄弟が BB ユーザーだからなのでしょうか? それとも、QWERTY 派なのでしょうか? これにはビックリしてしまいました。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Facebook Home をハックせよ! Zuck と ヤギ が 友情出演!
中国の スマホ 比率は、全ケータイの 73% に相当する : IDC 調査
Line の Kawaii キャラクター TV アニメ・シリーズ : 海外での評判は?
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート

iPad の 1st ~ 3rd で、どのように使い方が変化しているのか?

Posted in Apple, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on April 22, 2012

CHART OF THE DAY: The Evolution Of How People Plan To Use iPads
http://wp.me/pwo1E-48o
Jay Yarow | Mar. 16, 2012
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-evolution-of-how-people-use-ipads-2012-3

_ Business Insider

Here is a series of charts we made from data by Piper Jaffray’s Gene Munster. Munster has been interviewing people in line for the iPad each year it was released. You can see the evolution of how people plan to use iPads.

以下に、Piper Jaffray の Gene Munster によるデータから作った、一連のチャートを紹介する。 Munster は、iPadがリリースされるごとに、毎年のように人々にインタビューしてきた。このチャートを見れば、それらの人々が、どのように iPad を使ってきたのか、その変化が把握できるだろう。

ーーーーー

Image(11)

ーーーーー

TAG index内容について、なにも説明がないので ・・・

Chart_1: そのメモリ容量を、1st、2nd、3rd ごとに調べています。 1st では 16GB モデルが一番人気で、2nd では 32GB、3rd では 64GB と、段階的に変化しているのが面白いですね。

Chart_2: その他の eBook リーダーとの併用について調べています。 これも段階的(1st → 3rd)に、iPad で読書が減り、たとえば Kindle などのリーダーとの併用が増えています。

Chart_3: これは、iPad の用途です。 3rd で減っているのは Web サーフィンで、2nd では読書など、いろいろありますすね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple Store の売上は、面積あたりで平均の 17倍に達する
iPhone 4S が Q1 を完全制覇 – 米国キャリアのスマホ・レース
iPhone 5 と Galaxy S3 の対決は、街角のストアへと戦線を拡大する
Tim Cook でなければ、iPad のコストは $5,000 になったかも?
iPad は Windows から、どれだけのインターネット・トラフィックを奪い取るのか?

 

%d bloggers like this: