Agile Cat — in the cloud

VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Posted in .Selected, OpenFlow, SDN, VMware by Agile Cat on July 25, 2012

With Nicira buy, VMware claims cloud freedom of choice
http://wp.me/pwo1E-4u0

By
Derrick Harris Jul. 23, 2012
http://gigaom.com/cloud/with-nicira-buy-vmware-claims-cloud-freedom-of-choice/

_ Gigaom

Three weeks, two acquisitions — DynamicOps and Nicira — and a lot of talk about freedom of choice. What gives, VMware?

3週間のあいだに DynamicOps と Nicira という、2つの買収劇が起こり、選択の自由について、たくさんのトピックが溢れ出た。 それにより、なにが VMware にもたらされるのだろう?

The answer is simple: VMware sees the writing on the wall, it knows acting like a dictator won’t work in an IT society that craves democracy. Half of the story around VMware’s rumored cloud computing spin-out focused on the need for the company to focus on its core virtualization business in order to fend off advances from the likes of Microsoft, Citrix, OpenStack and others. Most experts agree that embracing those competitors is VMware’s best chance to blunt their attacks.

その答えはシンプルである。 つまり、VMware が発表することに、注意深く見ていくことである。そうすれば、民主主義のキャンバスを持つ IT の社会で、たとえば独裁者のように振る舞っても、その望みを達成できないことが分かるだろう。 VMware に関するウワサ話の半分が、同社の必要性に焦点を合わせるために、何らかのスピンアウトをクラウド・コンピューティングの周辺で起こすというものだ。そうすることで、Microsoft/Citrix/OpenStack などの先行者利得を回避するための、コアとなる仮想化ビジネスに焦点を合わせるという。 大半の専門家が同意するのは、それらのコンペティタを抱え込んでしまうことが、VMware へ向けた彼らからの攻撃を鈍らせる、最良の選択肢になるという点だ。

On July 2, VMware announced it was buying virtualization- and cloud-management vendor DynamicOps, which VMware rationalized in its press release thusly:

VMware believes that customers will benefit most by a standardized architecture, but will build solutions that make it easy for customers to choose the model that best works for their needs, including heterogeneous environments/management. … DynamicOps builds on the capabilities of vCloud Director by enabling customers to consume multi-cloud resources (e.g., physical environments, Hyper-V- and Xen-based hypervisors, and Amazon EC2).

7月2日のことだが、VMware は仮想化とクラウド・マネージメントのベンダーである DynamicOps を買収すると発表した。 それについて、VMware はプレス・リリースで、以下のように合理性を説明した:

VMware が信じているのは、最も標準化されたアーキテクチャから、顧客がメリットを得ることである。しかし、ヘテロジニアスな環境とマネージメントも含めて、そのニーズに応じて最も適切に機能するモデルを、容易に選べるようにするソリューションを、顧客は構築していくとも確信している。・・・ DynamicOps が vCloud  Director の機能をベースに構築する機能は、マルチ・クラウド・リソースを消費する(たとえば 物理環境/Hyper-V/Xen Based ハイパーバイザ/Amazon EC2など)、顧客により実現されるものとなる。

On Monday, it was software-defined networking golden boy Nicira. In his blog post explaining the acquisition, VMware CTO Steve Herrod goes out of his way to talk about openness:

They [Nicira] are major contributors to the networking capabilities of other hypervisors (via the Open vSwitch community) as well as to the “Quantum Project”, one of the key subsystems of OpenStack.

I can imagine skepticism as to whether we will continue this substantial embrace of non-VMware hypervisors and clouds. Let me be clear in this blog… we are absolutely committed to maintaining Nicira’s openness and bringing additional value and choices to the OpenStack, CloudStack, and other cloud-related communities.

そして月曜日(7/23)には、SDN のゴールデン・ボーイである Nicira だ。 この買収について説明する、VMware CTO の Steve Herrod のブログ・ポストでは、オープンネスの説明について、ことさらの努力が伺える:

彼ら[ Nicira ]は、他のハイパーバイザー上のネットワーク機能を推進する主要コントリビュータであるだけでなく(Open vSwitch コミュニティを介して)、OpenStack の重要なサブシステムである “Quantum Project” に対しても同様である。

こうして、VMware 以外のハイパーバイザーやクラウドを受け入れてきたわけだが、私たちが今後も継続するだろうかという観点で、懐疑心が生じると想像できる。 このブログで明らかにさせて欲しいのだが、私たちは Nicira のオープンネスを絶対に維持し、また、OpenStack や CloudStack といったクラウド関連コミュニティから見た、もう1つの価値と選択肢を維持していく。

VMware’s Herrod and I talking software-defined data centers at Structure.

It might sound counterintuitive that VMware would embrace the hypervisor and cloud-management competition, but it’s actually common sense. If VMware is going to position itself as the provider of intelligence in software-defined data centers, hypervisors have to be treated as the workers that merely carry out the management layer’s commands. If all they’re there to do is create virtual machines that are part of a resource pool, the hypervisor shouldn’t really matter.

ハイパーバイザーとクラウド・マネージメントにおける競合を、VMware が抱え込むという状況は、直感に反するように聞こえるかもしれないが、実際には共通の認識である。VMware が Software Defined Data Center におけるナレッジ・プロバイダーとして、自身のポジションを位置づけるなら、ハイパーバイザーについては、マネージメント・レイヤーのコマンドを実行する、単なるワーカーとして扱われなければならない。 もし、VMware の行うことが、リソース・プールの一部としての仮想マシン作成だけにあるなら、ハイパーバイザー重要なものになってはいけない。

If we’re talking about supporting multiple cloud environments, such as OpenStack and CloudStack, I have to assume VMware will simply claim its superiority. So it might not prevent people from using OpenStack for test-dev workloads and web sites, but it will make the case that customers will want to use VMware for mission-critical apps.

OpenStack と CloudStack といったマルチ・クラウド環境のサポートについて議論するなら、そこで VMware が優位性を主張するということも想定する必要がある。つまり、ワークロードと Web サイトに関するテスト/開発のために、OpenStack が用いられることを妨害するものではないだろうが、ミッション・クリティカルなアプリケーションに関して、顧客が VMware を使いたがるという状況をもたらすだろう。

Supporting multiple clouds doesn’t mean encouraging their use. It’s the same logic that underpins VMware’s efforts with CloudFoundry — developers are free to use whatever components they want, but writing in Java and using Spring means VMware support and access to the gamut of SpringSource tools such as Spring Hadoop and everything falling under the vFabric banner. Want to run Hadoop on your VMs? You might be interested in VMware’s efforts to make Hadoop run on its vSphere hypervisor.

マルチ・クラウドのサポートが、その利用を奨励すると考えるなら、そこに落とし穴がある。 それは、CloudFoundry を用いることで、VMware のインフラを支えようとするロジックに等しい。つまり、デベロッパーは、必要とされるあらゆるコンポーネントを自由に利用できるが、Java による記述と Spring の使用は、VMware をサポートすることであり、また、Spring Hadoop などの SpringSource ツールにアクセスし、vFabric の名のもとに集められた、すべての領域へアクセスすることを意味する。 そのような状況で、あなたは、自身の VM 上で Hadoop を走らせようと望むだろうか?おそらく、vSphere ハイパーバイザー上で Hadoop を実行する、VMware のインフラに興味を持つだろう。

But don’t mistake VMware’s newfound love of openness for a sign incredible vision. If anything, it’s reactionary. In a world where the alternatives — even Microsoft — all play increasingly nice with each other, VMware can’t afford to be the odd man out. And in this case, what’s good for VMware should be good for customers, too.

しかし、VMware が新たに見出した、信じ難いビジョンの兆候と、オープンネスへの愛情を誤解してはいけない。 どちらかと言うと、それは反動的なものである。 常に代替が存在する世界において、Microsoft でさえ競合に明け暮れる、このステキな世界において、お人好しでいられるほどの余裕は、VMware にもないのだ。 そして、今回のケースにおいて、VMware にとっての幸福は、顧客にとっての幸福でもあるべきなのだ。

Image courtesy of Shutterstock user Chris Howey.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageこの 4月ですが、「アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!」という抄訳をポストしました。 そこでは、そのうちの 4社が VMware を利用し、また、そのような背景からして、VMware 自身もリストに入れられています。 それほどまでに強大な VMware ですが、さまざまな OSS プロジェクトにコミットしてきた Nicira を買収したことで、オープン性が損なわれると危惧する声が大きいようですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
Paul Maritz が VMware CEO を退任するらしい
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
EMC が Pivotal Labs を買収!
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?

Posted in .Selected, OpenFlow, SDN, VMware by Agile Cat on July 24, 2012

VMware to buy Nicira for $1.26B in a strategic leap of faith
http://wp.me/pwo1E-4tR

By
Stacey Higginbotham Jul. 23, 2012
http://gigaom.com/cloud/vmware-to-buy-nicira-for-1-26b-in-a-strategic-leap-of-faith/

_ Gigaom

VMware will shell out $1.26 billion in cash and an assumption of existing equity to buy Nicira, a company that has built software to do for networking what VMware has done to virtualize computing. That’s a lot of money, especially when you consider how few production-level implementations there are of the software-defined networks that Nicira is building.

VMware は Nicira に対して $1.26 billion のキャッシュを支払い、現時点で発行されている同社の株式を引き受けることになる。 Nicira は、VMware が仮想化したコンピューティングを、ネットワークで接続するためのソフトウェアを開発することになる。 この買収額は膨大なものであるが、Nicira が構築した SDN が、プロダクション・レベルでは僅かであると考えるとき、その思いが強くなるであろう。

Nicira’s CTO Martin Casado

Ncira was created five years ago and has raised $50 million from investors that included Diane Greene, an original founder of VMware. It makes controller software that helps free the act of moving data and packets around a network from the constraints of networking hardware  – an increasingly tough problem inside highly virtualized and webscale data centers. As I explained in a story on its launch (it was titled, “Meet Nicira. Yes, people will call it the VMware of networking”):

Ncira の創業は 5年前である、昔からの VMware ファウンダーである Diane Greene を含む投資家から、これまでに $50 million の資金を集めている。 同社のソフトウェアは、ネットワークにおけるデータとパケットを、ハードウェアの拘束から解放するための、コントローラという機能を持つ。つまり、高度に仮想化された、Web スケールのデータセンターにおいて、増殖している問題を解決するものなる。 私が、Nicira の立ち上げにおいて、以下の記事を執筆している(タイトル:Meet Nicira. Yes, people will call it the VMware of networking)。

Nicira is one of several companies attempting to solve the problem that Greene helped create when she co-founded VMware to push hypervisors and virtualization. Once servers were virtualized, it created an easy way to separate computing from the physical infrastructure. The benefits of server virtualization were more-agile compute infrastructures — a developer would spin up a server in minutes as opposed to waiting days for approvals — as well as consolidating IT. Storage followed, but holding the whole virtualized infrastructure effort back was networking. Like a bird with its wings clipped, IT was tethered to the physical hardware by networking.

この問題を解決しようとする企業の中に Nicira がいる。それは、ハイパーバイザと仮想化を推し進めるために、Greene が VMware を共同で設立したときに目指したものである。 サーバーが仮想化された直後から、コンピューティングを物理的なインフラから分離するための、容易な方式がもたらされた。 サーバーの仮想化から得られたものには、よりアジャイルなコンピューティング・インフラだけではなく(デベロッパーたちは、承認のために何日も待つのではなく、ものの数分でサーバーを立ち上げるようになった)、IT のコンソリデーションもある。(デベロッパーたちは、承認のために何日も待つのではなく、ものの数分でサーバーを立ち上げるようになった)それにストレージが続いたが、仮想化されたインフラ全体を支えるためには、ネットワークに対応せざるを得なかった。 小鳥のような身軽さで、ネットワークを用いいることで、IT と物理的なハードウェアが接続されていく。

Nicira has plenty of paying customers including eBay, AT&T, Rackspace and NTT, but it’s unclear how many of these are running Nicira’s controllers in their production environment. With this purchase, my sense is that VMware is paying big money to get in on this space because its collaborations with Cisco have failed to deliver on a true solution for many of its customers, and it can’t afford to be left behind as the wave of interest and eventual spending on software-defined networking hits a peak.

Nicira の収益は、eBay/AT&T/Rackspace/NTT などの、数多くの顧客によりもたらされているが、そのらのうちの何社のプロがクション環境で、Nicira のコントローラーが稼働しているかは不明である。 今回の買収により、この領域に対して VMware は、膨大な投資を継続することになったと、私は感じる。 なぜなら、Cisco とのコラボレーションが、それらの顧客の多くに対して、有用なソリューションを提供できなかったからであり、また、SDN への興味がピークを迎える前に、最終的な投資を実施するという観点において、残された時間が少なくなったからである。

imageIn a blog post covering the deal, VMware CTO Steve Herrod explains that Nicira will fit in with VMware’s vision of a software defined data center — although the specifics of that vision have yet to be unveiled. And it’s true that if we consider how Nicira customer Calligo is using the Nicira controller, it fits within what I would think of as a software-defined data center — essentially a pool of compute resources that are tied together with software and where the physical hardware can reside in different data centers and pulled up for use as needed. The whole process is programmable and automated.

今回の買収をカバーしているブログ・ポストにおいて、VMware CTO である Steve Herrod は、同社のビジョンである Software Defined Data Center に対して、Nicira がフィットすると説明するが、そのビジョンの詳細は明らかにされていない。 そして、Nicira のユーザーである Calligo が、どのように Nicira コントローラを用いているかと考えるなら、私たちが  Software Defined Data Center だと推測するものに、フィットすることも確かである。つまり、本質的な観点において、コンピューティング・リソースのプールは、ソフトウェアと密接に結び付けられる。そして、そこには、それぞれのデータセンターに配置された物理的なハードウェアが存在し、必要に応じて利用できるようになる。さらに、そのプロセス全体がプログラマブルなものであり、また、自動化されたものとなる。

In pushing this model, VMware was always going to have to sign partnerships to deliver the software-defined networking elements, because its own VXLAN option was more of a an encapsulation scheme than a true separation of the networking logic from the hardware pushing the bits. By buying Nicira, VMware has chosen a software-defined networking vendor that plays with open protocols such as Open Flow, but is still focused on keeping a proprietary edge to its business. That’s a similar strategy that VMware seems to be pursuing as well.

このモデルをプッシュする経緯において、SDN の要素を提供したがるパートナーたちと、VMware は契約をかわさなければならない状況にあった。なぜなら、同社における VXLAN の選択肢は、ビット転送を行うハードウェアから、ネットワーク・ロジックを完全に分離するための、さらなるカプセル化を提供する方式だからである。そして Nicira を買収することで、VMware は SDN ベンダーの道を選び、Open Flow などのオープン・プロトコルに取り組むことになるが、そのそのビジネスにおいては、プロプライエタリの優位性を、依然としてキープしていくことになる。 それは、VMware が追求している戦略に、沿ったものになるだろう。

The deal is expected to close during the second half of this year. The deal includes approximately $1.05 billion in cash plus approximately $210 million of assumed unvested equity awards.

この買収は、今年の後半にクローズすると予想されている。 また、取引額としては $1.05 billion のキャッシュが報じられているが、不確定な持株授与として $210 million も含まれるようだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageいやぁ~~~ ビックリしましたね。 でも、よくよく考えてみると、OpenFlow と SDN に関して、それを使う側からの発言を繰り返していたのは、Google と VMware であり、このような買収劇が起こるにしても、辻褄は合っているようにも思えます。 Paul Maritz のポジションまでも含めた、大幅な体制の刷新をおこなったばかりの VMware ですが、いきなりの大型爆弾投下ですね! ーーーimage

ーーーーー

<関連>

VMware が考える、ソフトウェア定義によるデータセンターとは?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない
VMware は OpenFlow を静観する_1
VMware は OpenFlow を静観する_2
VMware は OpenFlow を静観する_3

 

Paul Maritz が VMware CEO を退任するらしい

Posted in .Selected, VMware by Agile Cat on July 19, 2012

VMware Blockbuster: Maritz Out As CEO After Four-Year Tenure
http://wp.me/pwo1E-4sg

By
Kevin McLaughlin, CRN – July 16, 2012
http://www.crn.com/news/virtualization/240003823/vmware-blockbuster-maritz-out-as-ceo-after-four-year-tenure.htm

_ CRN

Paul Maritz is out as VMware CEO, and he is being replaced by Pat Gelsinger, president and COO of EMC (NYSE:EMC)’s Information Infrastructure Products division, CRN has learned.

Paul Maritz が VMware CEO から退き、EMC Information Infrastructure Products Division の President and COO である Pat Gelsinger が、その後任に就くという情報を、CRN は得ている。

Multiple sources familiar with the situation confirmed the CEO switch to CRN Monday. But it is unclear if Maritz, who has led VMware since 2008, will be taking another position within EMC or leaving the company.

この状況に精通する多数の情報源から、この月曜日に、同社の CEO が入れ替わったことを、CRN は確認している。しかし、2008年から VMware をリードしてきた Maritz が、EMC グループ内で別のポジションをえるのか、辞職するのかについては、明らかにされていない。

A VMware spokesperson declined to comment, citing company policy of not responding to “rumors or speculation.” EMC did not respond to a request for comment.

VMware のスポークスマンは、「ウワサや推測」に対しては応じないという同社のポリシーを盾に、コメントを拒否している。また、問い合わせに関しても、返答が戻ってきていない。

Both Maritz, who joined EMC in 2008 in its acquisition of software startup Pi Corp, and Gelsinger, who joined EMC in 2009 after a 30-year career at Intel, have been rumored to be in line to replace EMC CEO Joe Tucci if and when he decides to retire.

Maritz は、ソフトウェア・スタートアップ Pi Corp の買収により、2008年に EMC に参加し、 Gelsinger は Intel で30年のキャリアを積み上げた後に、2009年に EMC に参加している。 そして、双方とも、EMC CEO である Joe Tucci が引退するときに、その後任に就くというウワサがあった。

With Gelsinger taking over as VMware CEO, it wouldn’t be surprising to see Maritz get the nod for the top spot at EMC, one longtime partner of both vendors told CRN.

Gelsinger が VMware CEO を引き継ぐことで、Maritz が EMC のトップに就くことになっても、いささかも驚きではないと、両ベンダーの長年におけるパートナーは、CRN に対して発言している。

Maritz has taken VMware to the next level during his four years at the helm, said the source, who requested anonymity because he is not authorized to speak on internal VMware matters. “Maritz’s departure would definitely be a loss for VMware, but Gelsinger has a great track record as well,” he said.

Maritz は 4年間にわたり、VMware の指揮権をとりながら、同社を次のステップへと引き上げてきたと、ある情報提供者は発言している(VMware の内規もあり匿名となる)。 「Maritz の退任は、VMware とって確かに損失となるが、Gelsinger も偉大な功績を有している」と、彼は続けている。

Gelsinger is a “strong and very credible leader,” said Jamie Shepard, executive vice president of technology solutions at ICI, a Marlborough, Mass.-based solution provider, when informed of the leadership change by CRN. “He knows the server CPU space, and his exposure to EMC and understanding of data intensive apps and how to store them would be a huge win for VMware,” he said.

Gelsinger は「パワフルで信頼できるリーダーだ」と、Jamie Shepard は言う。 彼は、Marlborough Mass. ベースのソリューション・プロバイダで ICI Technology Solutions 系の VP を努めており、このトップ交代劇について、CRN が情報をもたらしたときに、 「彼は サーバー CPU の領域に明るく、また、EMC に対する責任を全うしている。 つまり、データ・インセンティブなアプリケーションを理解し、VMware に大きな勝利をもたらすための、データのストア方式を知っているのだ」とも、発言している。

Another longtime VMware and EMC partner said he is surprised that it took this long for the lines to blur between EMC and VMware’s leadership ranks. “I remember when EMC acquired VMware, and how it was all going to stay separate and they weren’t going to swap executives, but no one ever believed that,” said the source.

VMware および EMC との長年のパートナー関係にある、もう一人の人物は、両社のリーダー間における位置づけを、あいまいにしていくために、これほど長く時間がかかったことに驚いている、と発言している。 「私は、EMC が VMware を買収した時のことを覚えている。そして、両社が独立した状態を保つように配慮し、経営陣を交換することを避けてきたが、それが続くとは、誰も信じていなかった」と、その情報源は語っている。

Executive Shuffle Part Of A Larger Plan?

imageVMware’s CEO switch may be part of a larger corporate restructuring. GigaOm reported Monday that VMware is mulling a spinoff of certain cloud-centric parts of its business, including its Cloud Foundry platform-as-a-service and assets from EMC (NYSE:EMC) Greenplum and Project Rubicon, a joint venture infrastructure-as-a-service involving VMware and EMC.

VMware における CEO の交代劇は、さらに大きなスケールで行なわれる、同社の再構築の一部なのかもしれない。月曜日の GigaOm は、PaaS である Cloud Foundry および、EMC/Greenplum/Project Rubicon の資産を含めた、一連のクラウド・セントリックなビジネスのスピンオフを、VMware は熟慮していると報じた。 つまり、VMware と EMC が関与する、ジョイント・ベンチャー IaaS が検討されているのだ。

Tod Nielsen, co-president of VMware’s application platform business, and Mark Lucovsky, vice president of engineering in charge of Cloud Foundry, are said to be in the running to lead the spun-off company, according to the GigaOm report.

GigaOm のレポートによると、VMware の Application Platform Business – Co-President である Tod Nielsen と、Cloud Foundry を担当する VP of Engineering の Mark Lucovsky が、新会社のリーダーに就くと言われているようだ。

Last week, EMC announced that Vice Chairman William “Bill” Teuber is now a member of the Office of the Chairman, tasked with oversight of strategy and business development in emerging markets. Teuber will continue sponsoring EMC’s largest accounts and will work with EMC to develop future executives.

先週に EMC は、Vice Chairman である William Bill Teuber が、Office of the Chairman のメンバーに加わり、急成長する新しいマーケットにおける全体的な戦略とビジネス開発を担当すると発表している。 Teuber は継続して EMC の大口顧客を支援し、また、将来における経営者たちの育成に貢献していく。

EMC also promoted 27-year veteran sales executive Bill Scannell to president of global sales and customer operations, which was previously Teuber’s role.

さらに EMC は、27年の経歴を持つ Sales Executive である Bill Scannell を、President of Global Sales and Customers に抜擢するが、同職の前任者は Teuber である。

VMware may shed more light on the leadership change and rumored spin-off plans in its second quarter earnings July 23.

VMware は、7月 23日に行なわれる Q2 収支報告会で、そのリーダーシップの変更と、ウワサのスピンオフ計画について、詳細を述べるかもしれない。

ーーーーー

TAG index今後のことは さて置き、これまでの 4年間において、素晴らしい舵取りをしてきた Paul Maritz に拍手を送りたいですね。 そして、VMware が IaaS に進出してくるというのも、とても面白い展開です。4月にポストした、「アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!」に、「パブリック・クラウド IaaS 最強のベンダーとして、リストアップされた 9社中の 4社が、VMware ベースのインフラストラクチャに」と書かれているように、超大物が参戦してくるわけです。 7月23日に、何が発表されるのでしょうか? これは見逃せませんね! ーーー image

ーーーーー

続報: 7/19 – 09:20 AM

EMC CEO Joe Tucci’s new job descriptions for Maritz and Gelsinger:
Pat will now lead Cloud Infrastructure at VMware, and Paul will look across our technology strategy with a particular focus on Big Data and the next generation of cloud-oriented applications that will be built on top of these foundations.

Maritz は EMC の要職に就くようです!

ーーーーー

<関連>

VMware は OpenFlow を静観する_1
VMware は OpenFlow を静観する_2
VMware は OpenFlow を静観する_3
VMware が考える、ソフトウェア定義によるデータセンターとは?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない

VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

Posted in .Selected, PaaS, VMware by Agile Cat on December 7, 2011

VMware’s Cloud Foundry Ranked Top Developer Platform
By
Charles BabcockInformationWeek
November 28, 2011
http://informationweek.com/news/cloud-computing/platform/232200211

New VMware kid on the PaaS block takes “best overall” honors, while Google App Engine is best public and IBM SmartCloud best private cloud platform in Evans Data survey.

Evans Data の調査によると、VMware が新たに提供する PaaS ブロックが最高の評価を獲得した。 その一方で、パブリック部門では Google App Engine が、そして、プライベート部門では IBM SmartCloud がトップとなった。

_ Information week

Developers cite many benefits to working on cloud platforms, including speeded up projects and the ability to tap into platform-provided components, like Web servers and application servers. But it’s a surprise when the youngest platform-as-a-service offering gets the highest ratings.

デベロッパーたちは、クラウド・プラットフォーム上の作業に数多くのメリットを見出すと主張する。そして、そこには、プロジェクト効率の改善や、Web サーバーやアプリケーション・サーバーといった、プラットフォームが提供するコンポーネントを活用する能力などが含まれる。しかし、最も新しい PaaS が、最も高い評価を得るとは驚きである。

imageAs might be expected, Google’s App Engine and IBM’s Smart Cloud rated as the top pick for public cloud and private cloud platforms, respectively, given the tools and components that both provide. But the top overall pick was VMware’s young Cloud Foundry, launched in mid-April and “a very notable newcomer’s entrance into the field,” wrote Michael Rasalan, author of the Evans Data November report, “Users Choice: 2011 Cloud Services.”

予想されるように、それぞれが提供するツールとコンポーネントが決め手となり,パブリックとプライベートのクラウド・プラットフォームのトップとしては、Google の App Engine と IBM の Smart Cloud が選出された。 しかし、全体としてのトップは、4月中旬に提供が開始され、このフィールドで注目を集めている、VMware の Cloud Foundry であったと、Evans Data November である「 Users Choice: 2011 Cloud Services 」で、Michael Rasalan は報告している。

“VMware’s Cloud Foundry … brings with it a novel approach to delivering cloud services that places more control in the developers’ hands. Perhaps for this reason, developers responded favorably to its offerings and ideas,” said Rasalan in an assessment of cloud rankings by 14 factors. In addition to being tops overall, Cloud Foundry was second to Google as a public cloud platform and second to IBM as a private cloud platform.

「 VMware の Cloud Foundry は、斬新なアプローチをもたらし、より多くの制御をデベロッパーに提供するための、クラウド・サービスを実現している。 おそらく、それが理由となり、 Cloud Foundry が実現するものと、その考え方に対して、デベロッパーたちは好印象を得ている 」と、14 項目により査定されたクラウド・ランキングにおいて、Rasalan は発言している。 また、Cloud Foundry は全体のトップであることに加えて、パブリック・クラウド部門としては Google に続く 2位であり、プライベート・クラウド部門では IBM に続く 2位に選出されている。

Evans Data assembled all the ratings so that they created a score that fell between 2000 and 2700. The distance between the leaders was not that great. While Cloud Foundry came in with a score (estimated from the Evans Data bar chart in the report) of 2695, Google was close behind at 2533, and IBM at 2500. AT&T’s Synaptic Compute Cloud showed up at 2400, HP’s Enterprise Cloud Services at 2390, and Amazon Web Services at 2300, the latter three with surprisingly strong showings, since they’re best known for offering plain infrastructure services more than developer platform services.

Evans Data が組み立てた評価により、これらの高得点プラットフォームのスコアは、2000 ~ 2700 ポイントの間に収まっているが、 その際は僅かであった。 Cloud Foundry のスコアは 2695 ポイントであり( Evans Data のレポートに含まれるバー・グラフから算定すると)、Google は 2533 ポイント、そして IBM は 2500 ポイントとなる。 その後のは、AT&T の Synaptic Compute Cloud が 2400 ポイント、HP の Enterprise Cloud Services が 2390 ポイント、そして Amazon Web Services が 2300 ポイントで続いている。 この三社が強さを見せている理由は、デベロッパー・プラットフォーム・サービスとしてというより、確実なインフラストラクチャ・サービスを提供する点が、評価されていると思われる。

imageSurprisingly, Microsoft’s Azure registered only 2100, slightly behind Salesforce.com’s Force.com at 2115. Evans Data surveys historically have been addressed to a body of independent, non-vendor-specific developers who rarely score Microsoft tools or services at the top of the pack. Other surveys and market research report Microsoft offerings in a stronger position. Nonetheless, with a key developer group, Microsoft’s Azure appears to be making little headway.

驚くべきことに、 Microsoft の Azure は 2100 ポイントであり、2115 ポイントを得た Salesforce.com の Force.com よりも後ろになっている。 従来から、Evans Data の調査は、特定ベンダーとの結びつきが強いデベロッパーを対象としないため、Microsoft のツールやサービスが上位に来ることは稀である。 そのため、他の調査やマーケット・リサーチでは、もっと上位に Microsoft はランキングされる。 ただし、主要なデベロッパー・グループからのレスポンスによると、Microsoft の Azure における進歩は、ごく僅かであると思われる。

Developers often produce software in the cloud because it’s easier to coordinate a geographically distributed team there. It’s also an environment where a variety of tools and supporting plumbing, such as connections to databases or Web services, may be found.

デベロッパーたちは、クラウド上で頻繁にソフトウェアを生産するが、地理的に分散されたチームを調整しやすくすることが、その理由となっている。 さらに、データベースや Web サービスにアクセスするための、多様なツールや接続を提供するための環境もある。

Cloud Foundry offers developers a broad set of open source tools and Java middleware that came with its acquisition of SpringSource, the supplier of the Spring lightweight Java development framework. In addition to Java, however, Cloud Foundry offers the Ruby scripting language and the Ruby on Rails rapid development framework, as well as lesser-known options such as Node.js and Sinatra.

Cloud Foundry は、オープンソースのツールと Java ミドルウェアの、広範囲におよぶセットをデベロッパーに提供するが、それらの Spring Lightweight Java 開発フレームワークは、その供給元である SpringSource の買収により実現されている。 しかし、Cloud Foundry は Java に加えて、ラピッド開発のための Ruby スクリプト言語や Ruby on Rails フレームワークを提供し、さらには、Node.js や Sinatra といった、将来のためのオプションも供給している。

imageDevelopers also like producing software in the cloud because, in some cases, the development environment closely resembles the deployment environment. By developing and testing software in the same architecture to which it’s to be deployed, developers often produce more reliable applications that run better in actual operations.

さらに、開発とディプロイのための環境に、共通性と持たせたいというケースにおいて、デベロッパーがクラウド上でソフトウェアを生産するケースがある。 ソフトウェアがディプロイされる環境とアーキテクチャで、その開発/テストを行うことで、現実的な運用環境で動作する、さらに信頼性の高いアプリケーションの生産が実現される。

“The ability to use any number of services in conjunction with the Cloud Foundry platform appears to appeal greatly to its users,” Rasalan wrote, The VMware offering also competed on price with its competitors.

「 Cloud Foundry プラットフォームと関連する、多種多様なサービスを利用できる環境が、ユーザーたちの関心を集めているように思われる」と Rasalan は記述しているが、VMware は価格政策においても、そのコンペティタたちと競合している。

But perhaps more important is the fact that services developed on Cloud Foundry can be deployed to either internal servers or several public infrastructure-as-a-service providers. RightScale, a cloud workload preparer and deployment service, has illustrated that Cloud Foundry (VMware has made it open source code) can be run on top of Amazon Web Services EC2. In addition, applications placed in VMware virtual machines can be distributed to VMware’s cloud partners, such as BlueLock or Colt.

しかし、それよりも重要なことは、Cloud Foundry 上で開発されたサービスが、インターナル・サーバーと、いくつかのパブリック IaaS プロバイダにディプロイできるという事実である。 クラウド・ワークロードに対応し、また、ディプロイメント・サービスを提供する RightScale は、Cloud Foundry が Amazon Web Services EC2 上で動作することを例証している (VMware は、それをオープンソースにしている)。 それに加えて、VMware 仮想マシン上に置かれたアプリケーションを、BlueLock や Colt のような、VMware クラウド・パートナーにディストリビュートすることも可能である。

Dave McJannet, director of VMware cloud and application services, said in an interview that developer choice in deployment as well as development “was clearly a priority” to the developers attracted to Cloud Foundry. Among other options, developers may run their applications in their own environments or even on their own laptops because VMware provides Micro Cloud Foundry for individual machines.

Mware の Cloud and Application Services ディレクタである Dave McJannet は、ディプロイメントにおけるデベロッパーの選択だけではなく、Cloud Foundry 上での開発にも「明確なプライオリティがある」と、あるインタビューで答えている。 その他のオプションとして、 デベロッパーたちは自身の開発環境だけではなく、ラップトップ上においても、そのアプリケーションを実行することが可能となる。 なぜなら、VMware は、それらのマシンに対しても、Micro Cloud Foundry を提供しているからだ。

The Spring Framework in Cloud Foundry will automatically deploy an application into the Cloud Foundry infrastructure at the push of a button. The foundry also provides a command line interface that will deploy an application to whichever public cloud the developer names, he added.

Cloud Foundry における Spring Framework では、対象となるアプリケーションを Cloud Foundry のインフラへ向けて、ボタンを押すだけで自動的にディプロイする。 そして更に、デベロッパーが指定するパブリック・クラウドへ向けて、コマンドライン・インターフェイスを用いてアプリケーションをディプロイすると、彼は付け加えている。

Cloud Connect’s comprehensive cloud computing workshops are back for 2012. To attend, register now with Priority Code CPMWCC07 for $100 off a Platinum Pass or Monday Workshops pass. It happens in Santa Clara, Calif., Feb. 13-16. Sign up now.

[ Want to know who VMware's five closest cloud partners are? See VMware's Maritz Predicts Hybrid Cloud Future. ]

ーーーーー

TAG indexこのところ、Cloud Foundry の評判が良いなぁと思っていましたが、この記事を読むと、その理由が分かるような気になります。そして、感心するのが Paul Maritz の手腕です。 適切な時期に、必要な会社を買収し、確実に育てて連携させていく。 Maritz の、一連の動きを見ていると、最強 Microsoft を演出してきたのは、Bill Gates ではなく、彼なんだろうと思えてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは?
VMware は、クラウド・アーキテクチャを根本から変革する
VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを

 

VMware の Paul Maritz が、Facebook の特許問題を語る

Posted in Facebook, Google, Open Compute, Patent, VMware by Agile Cat on October 26, 2011

VMware CEO: Facebook will also have to fight a patent war soon
By Emil Protalinski | September 4, 2011, 1:23pm PDT
http://www.zdnet.com/blog/facebook/vmware-ceo-facebook-will-also-have-to-fight-a-patent-war-soon/3258

image

Summary: Some experts, including VMware CEO Paul Maritz, believe Facebook will have to fight a patent war if it doesn’t soon take the proper defensive measures.

Summary:VMware CEO の Paul Maritz を含む何人かの専門家は、Facebook が適切な防御策をとらない場合には、間もなく特許戦争に巻き込まれると確信しているようだ。

facebook_logoRelatively new Web companies such as Facebook don’t hold many patents and could soon face data-center-related legal battles. VMware CEO Paul Maritz, who has witnessed a number of patent skirmishes in the 1990s when he was at Microsoft, believes that many patent confrontations are coming, and Facebook may find itself in the midst.

Facebook のような、比較的に新しい Web カンパニーは、数多くの特許を持たず、また、間もなくデータセンター関連の法廷闘争に直面することになる。 かつて、Microsoft に在籍していた、現 VMware CEO である Paul Maritz は、1990年代に発生した、特許に関する数多くの小ぜり合いを目撃している。 そして、特許に関するたくさんの対決が浮上してくるが、そこに巻き込まれている自分自身を、Facebook は見いだすと信じている。

Quickly-growing services like Facebook, Twitter, Zynga, LinkedIn, and Groupon have so far avoided becoming casualties in the ongoing patent wars, which have centered on mobile devices, but the honeymoon may not last. “When the continents shift and new players come into a space, it results in an unstable situation,” Maritz told Business Week. “If you want to be a permanent fixture of the landscape, you better get some defense.”

Facebook や、Twitter、LinkedIn、Zynga、Groupon といった急成長の最中にあるサービスは、これまでのところ、モバイル・デバイスに集中している特許戦争を免れているが、ハネムーンは長く続かないかもしれない。 「その大陸が移動し、新しいプレーヤーがスペースに入って来るとき、不安定な状態がもたらされる。その展望に中で、安定したポジションを得たいなら、いくつかの防御策を講じた方が良いだろう」と、Maritz は Business Week に対して発言している。

Social media websites have weak patent portfolios: Facebook has only 12 patents to its name, while the totals for the other guys range from zero to two each, according to filings with the US Patent and Trademark Office. Google was in a similar position earlier this year: it had far fewer mobile-related patents than its competitors. Last month, the search giant ended up buying Motorola Mobility and its 17,000 patents for $12.5 billion.

ソーシャル・メディアの Web サイトは、脆弱な特許ポートフォリオしか持っていない。 US Patent and Trademark Office への出願状況によると、Facebook の名前による申請は、たったの 12件であり、その他のサイトも 0 ~ 2 件という状況である。 また、今年の初めまでは、Google も同じ立場にあり、競争他社との比較において、きわめて数少ないモバイル関連特許を持つという状況だった。そして先月(8月)、この検索の大手は、Motorola Mobility と17,000 件の特許を、$12.5 billionで買うことになった

Martiz believes newer Web companies may ultimately have to do something similarly drastic as well. Older technology companies such as Oracle, IBM, and Microsoft maintain rich patent portfolios covering essential technologies used by the new guys, including database and file-management applications. Facebook and its other smaller cousins have so far been using free, open-source software and while so far the big guys have had little motivation to target the open-source products with lawsuits, this could quickly change. As we’ve recently seen, the open-source label didn’t save Google’s Android operating system.

Martiz は、新しい Web カンパニーも最終的には、何らかの対応が必要になると信じているようだ。 Oracle や、IBM、Microsoft といった、従来からのテクノロジー企業は、それらの新興勢力が使用する、データベースやファイル管理のアプリケーションといった不可欠なテクノロジーをカバーする、リッチな特許ポートフォリオを維持している。これまでのところ、Facebook と関連企業は、無料の OSS を用いており、また、それらの大手は OSS を、法的なターゲットにするための動機づけを持てなかったが、そのこと自体が急速に変化し得る。 最近になって、私達が目の当たりにしているように、オープンソースというラベルは、Google の Android オペレーティング・システムを救わなかった。

Facebook will likely have to do more than just develop more patents to bolster its own portfolio. The social networking giant may have to stat signing cross-licensing deals with the bigger firms. Since Facebook doesn’t have many patents to offer itself, it could be a one-way deal where the company forks over a lot of cash in return for patent protection.

おそらく Facebook は、自身のポートフォリオを強化するために、単に特許を生み出す以上の、さらに多くの作業を必要とするだろう。このソーシャル・ネットワークの大手は、従来からの大手とのクロス・ライセンスを、取り付ける必要があるかもしれない。 Facebook が、多数の特許を提供できないとすれば、特許保護の見返りとして、一方的に多額のキャッシュを支払う、取引になるだろう。

Facebook has at least one assurance that the other younger guys do not: Microsoft. Almost four years ago, Redmond invested $240 million in Palo Alto. Ever since then, the two companies have been best friends and have worked together on many different products. As such, I doubt Microsoft would file a patent lawsuit against Facebook.

少なくとも Facebook は、他の新興企業が持ち得ない、Microsoft という保証を有している。 約 4年前に、Redmond から Palo Alto に、$240 million が投資されている。 その時から、ずっと両社は BEST FRIENDSであり、多様なプロダクトを共同で開発している。そのような背景からして、Microsoft が Facebook に対して、特許で訴訟することはないと、私は考える。

On the other hand, Facebook also has a very big enemy: Google. The search giant made some of its database work public and many companies, including Facebook, used this information to build their own data-center technologies. Maybe Google will do more to Facebook than just push competitors like Google+: Mountain View could take Palo Alto to court one day.

その一方で Facebook は、Google という強敵を抱えている。 この検索の大手は、データベースに関する蓄積をパブリック化しており、Facebook を含めた数多くの企業が、自身のデータセンター・テクノロジーを形成するために、その情報を用いている。おそらく Google は、Google+ のような Facebook と競合するプロダクトに関して、さらなる行動に出るだろう。Mountain View は Palo Alto を、1日で法廷に引っ張り出せる。

See also:

ーーーーー

TAG indexたしかに、OSS だからといって Android が特許を免れたかといえば、それは違うでしょう。 同じことが Facebook に発生するとして、どのようなところが問題になるのか、ちょっと想像できませんが、起こってほしくないですね。ご存知のように、OPC(Open Compute Project)で、データセンターに関する最新の仕様を公開してしまった Facebook ですが、そんなことをされては困るという人も、おそらく、たくさんいるはずです。ここは、Google 先生に、防波堤の役割を担って欲しいとろですね。 ーーー __AC Stamp 2 @YNC

ーーーーー

<関連>

Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
Facebook – Open Graph Beta の概説
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
ニールセンのソーシャル調査でも Facebook が圧勝
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Mobile, Post-PC, VMware by Agile Cat on September 2, 2011

How far can consumerization go for enterprise apps?
By
Derrick Harris Sep. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/how-far-can-consumerization-go-for-enterprise-apps/

_ Gigaom

During VMworld this week, talk of consumerization — or the rise of consumer applications and devices in corporate settings — was everywhere, stemming from VMware CEO Paul Maritz’s and CTO Steve Herrod’s mobile- and application-centric keynotes. Included in Herrod’s presentation was talk of a new Dropbox-like application called Project Octopus that will let users safely store, access and share corporate documents. It all so sounded so promising, and then someone asked me whether it will actually get used.

今週の VMworld では、コンシューマ化の話というか、コーポレート設定されたコンシューマ用のアプリケーションとデバイスに関する話が、VMware CEO の Paul Maritz と、CTO の Steve Herrod のセッションに登場してきた。 この二人は、モバイルとアプリケーションを中心としたキーノートで、その話題を繰り返していた。 Herrod のプレゼンテーションに含まれていたのは、Project Octopus と呼ばれる Dropbox のような新規アプリケーションの話であり、企業のドキュメントを、ユーザーが安全にストア/アクセス/シェアさせるものになる。 その全てが有望に思え、また、それは実際に使われるのかと、私に尋ねる人もいた。  

imageIf employees already use Dropbox, she asked, why would they want to use a different service to do essentially the same thing while at work? The truth is that I don’t know. I can see why employers would want them to use a separate service, but will employees stand for it?

すでに従業員が Dropbox を使っている場合にと、彼女は切り出してきた。 そして、仕事なのに、本質的には同じサービスを、彼らは使いたがるだろうか、と聞いてきた。 結果は見えないというのが、実直な回答だろう。別のサービスを、経営者が使いたがる理由は見えてくるが、それを従業員は支持するだろうか?

I tend to agree with my colleague Stacey Higginbotham, who noted while reporting on VMware’s mobile play, “While enterprises will love the ability to control who can access their data, employees may not want to give up the ability to use their own tools and choose who they share their files with.” Of course, it’s not so much a question about Dropbox or Project Octopus as much as it is about the role of consumer applications in corporate settings in general.

同僚である Stacey Higginbotham が ” VMware’s mobile play ” でレポートしていた、「 エンタープライズ側は、そのデータにアクセスできる人をコントロールする能力を持ちたがるが、従業員側は自分のツールを使い、自身のファイルを誰かと共有することを諦めないだろう 」という考えに、私は同意しかかっている。 もちろん、それは、Dropbox や Project Octopus に疑問を呈するものではなく、さらには、コーポレート設定されたコンシューマ・アプリケーションの、一般論としての役割を否定するものでもない。

There’s no denying that consumerization is real. Employees really are demanding the ability to use their personal devices rather than company-issued BlackBerrys and laptops. By and large, employers seem content let them do so because it takes productivity to a whole new level. That’s one of the megatrends driving VMware’s new focus on mobility and applications: if personal devices can’t be locked down from a security standpoint, it wants to make sure enterprise applications and data can be.

コンシューマ化が現実のものであることは、誰も否定できない。 従業員たちの本音は、会社から提供される BlackBerrys とラップトップの組み合わせではなく、自身のパーソナル・デバイスンの活用である。 全般的に見て、それにより新しいレベルの生産性が促進されるため、会社側は自由にさせるだろう。 それは、モバイルとアプリケーションの可能性に注目する、新しい VMware を促進させるメガ・トレンドである。つまり、セキュリティ見地からパーソナル・デバイスを禁止できないなら、エンタープライズのアプリケーションとデータを、そこで上手く動かすことが要求される。

クリックで拡大 ⇒

Consumerization even has made its way into traditional enterprise applications thanks to the advent of Software as a Service. Business users accustomed to clean, simple web-based consumer applications in their personal lives expect the same thing from web-based business applications. As Zendesk COO Zack Urlocker asked in a post last year, “Why buy and manage complex infrastructure or applications when a simpler approach will get results faster and cheaper?”

コンシューマ化は、SaaS の到来により、伝統的なエンタープライズ・アプリケーションの中でさえ、その活路を見出している。 ビジネス・ユーザーたちは、私生活においてもクリーンでシンプルな、Web ベース・コンシューマ・アプリケーションに慣れている。 そして、Web ベースのビジネス・アプリケーションにおいても、同じことを期待される。 Zack Urlocker は Zendesk の COO として、「シンプルなアプローチにより、迅速で安価な結果を得られるのに、何故、複雑なインフラストラクチャやアプリケーションを購入し、管理するのか?」と、昨年のプログポストで疑問を呈している

But there’s a difference between applications that either emerge from business settings or that are only relevant to businesses, and consumer-focused applications that prove themselves useful in business settings. Beyond social tools such like Socialcast and Chatter (no one could legitimately suggest Facebook, for example, as the inter-office communication channel), I’m not so certain it will be easy to get employees to give up the consumer applications they’ve already begun using for business needs.

しかし、ビジネス設定から生じるアプリケーションあるいは、ビジネスに関連するだけのアプリケーション、そして、ビジネスにおける有用性を従業員が証明する、いわゆるコンシューマにフォーカスしたアプリケーションには、それぞれ違いがある。 たとえば Socialcast や Chatter といったソーシャル・ツールと超えたレベルで(たとえば、オフィス間をつなぐコミュニケーション・チャネルとして、Facebook が適法だと提案できないだろう)、すでにビジネスの必要性において、従業員たちが使っているコンシューマ・アプリケーションを断念させることが、それほど容易だとは確証できない。

Dropbox is just one example. Look at Amazon Web Services, which grew popular among enterprise developers despite not having been sanctioned by IT departments. Despite an endless supply of vendors selling private cloud software and alternative hosting providers pushing “enterprise cloud computing,” AWS still dominates cloud computing. Maybe that’s because anyone within the organization who has used AWS really likes it and won’t settle for less. Or look to Google Apps, which has wormed its way into many companies by this point.

Dropbox は、一例である。 IT 部門が容認しなかったにもかかわらず、エンタープライズデ・ベロッパーたちの人気者となった、Amazon Web Services を見るべきだ。 プライベート・クラウドを構築するソフトウェアのベンダーや、「エンタープライズ・クラウド・コンピューティング」を押すホスティング・プロバイダが、その代替物を果てしなく供給するにもかかわらず、AWS は依然としてクラウド・コンピューティングを支配している。 何故かといえば、AWS を使用する組織内の誰もが、ほんとうに気に入っているからなのだろう。 つまり、不満ながら受け入れる、という状況ではないのだ。その一方で、Google Apps を見てみると、その方針に則って、数多くの企業の中へと進み込んでいる。

image

Application providers aren’t stupid, either. When AWS and Google recognized the money to be made by selling to businesses, they got started with all sorts of security and identity management improvements. They both even undertook the effort to achieve certification for the Federal Information Security Management Act (FISMA) to be able to win lucrative federal-government deals. It seems only logical that other new consumer-based services will follow the money, too.

同時に、それらのアプリケーション・プロバイダは賢明である。AWS と Google は、サービスを企業に販売することで、収益が上がると認識したとき、あらゆる種類のセキュリティと ID 管理について、それらの改善を開始した。さらに両社は、利益をもたらす連邦政府との取引に参入するために、Federal Information Security Management Act(FISMA)証明の取得にすら着手し始めた。 それにより、コンシューマ・ベースのサービスに参入する、その他の企業においても、論理的な収益への道が開かれたと思われる。

注記: FISMA の取得は、このポストの時点 ( 2011/9 ) で、すでに完了しているはずです。

Given that iPads, iPhones, Android, AWS, Gmail and so many other tools have made the transition from the consumer world to the business world, it just seems a bit off base to suggest that enterprise applications mimicking useful consumer applications will suddenly catch on. Sure, companies might buy them and mandate their use, but that doesn’t mean employees still won’t use their preferred services, or that they’ll be happy about the change.

iPad や、iPhone、Android、AWS、Gmail といった数多くのツールが、コンシューマの世界からビジネスの世界へ移行しているとすれば、有用なコンシューマ・アプリケーションを模倣するエンタープライズ・アプリケーションが、突如として流行しだすという示唆は、基本から少し乖離しているように思われる。 もちろん、そのようなアプリケーションを企業が購入し、使用を義務づけるかもしれない。しかし、それにより、従業員たちが好みのサービスを使わなくなり、その変化に満足するかといえば、そのような事はあり得ないのだ。

Feature image courtesy of Flickr user Pete Prodoehl.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

vmwareおそらく、いま、多くの人々にとって一番の関心事は、このコンシューマとエンタープライズの IT 交差点ではないかと思います。 ちょうど、TechCrunch『 VMworldカンファレンスで発表されたVMware Horizon Mobileは、企業がユーザのSamsung製品に二重人格を与えることができる。製品がHorizonでセットアップされていると、暗号化された仮想マシンになり、そこからユーザは仕事のためのアプリケーションやデータにアクセスできる 』と紹介されていましたが、さすがは Gigaom で、一歩 踏み込んだところで、とても良い記事を書いてくれたと思います。 こういう記事は、ロジックが何処に向かうのか、まったく検討がつかないので、訳していてもスリリングで楽しめます(時間もかかりますが)  :)  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

企業データにアクセスするモバイルと、セキュリティとの関係を真剣に考る
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

VMworld – Maritz – レガシー・アプリケーションは、もう口紅では繕えない

Posted in .Selected, Events, PaaS, VMware by Agile Cat on August 30, 2011

VMware’s Maritz: No more putting lipstick on legacy apps
By
Derrick Harris Aug. 29, 2011, 6:39pm PT
http://gigaom.com/cloud/vmwares-maritz-no-more-putting-lipstick-on-legacy-apps/

_ Gigaom

Speaking to a jam-packed room of thousands, VMware CEO Paul Maritz kicked off today’s VMworld conference by declaring, once again, the advent of the cloud era. If you don’t believe him, just look at the numbers. As Maritz highlighted, there are now more virtual workloads deployed worldwide than there are physical workloads. There is 1 VM deployed every six seconds. There are more than 20 million VMs deployed overall.

今日、VMware CEO である Paul Maritz は、すし詰め状態になっている数千人のオーディエンスに、クラウド時代の到来を改めて宣言することで、VMworld カンファレンスをキックオフした。 もし、彼が信じられないなら、この数字を見るべきだ。 Maritz が強調したように、いまや、世界中に展開された仮想サークロードは、物理的なワークロードよりも多いのだ。 6秒ごとに、1つの VM がディプロイされていく。 そして、ディプロイされた全ての VM の数は、2000万以上に達しているのだ。  

Assuming that most of those are running atop some version of VMware’s hypervisor, there’s a lot of reason to care what Maritz has to say about the future of the cloud. His company will have a major role in defining the transition from virtualization to cloud computing.

それらの大部分が、VMware ハイパーバイザーの各バージョン上で実行されるなら、Maritz が語るクラウドの未来は、傾聴すべきものとなる。 そして、仮想化からクラウド・コンピューティングへ向けた移行の定義で、VMware は主要な役割を受け持つだろう。

Maritz noted that there’s a lot of hype around the cloud, even acknowledging that “We at vmworld are not immune to cloud fever,” but it’s more than just a fad, he said. Maritz thinks there are three very profound, and very real, forces driving the move to cloud computing: modernization of infrastructure; investment in new and renewed applications; and entirely new modes of end-user access.

Maritz は、クラウドの周辺に数多くの誇大宣伝があることを指摘し、「 VMworld に集まった私たちもクラウド熱に免疫がない」とさえ認めている。 しかし、単なる流行よりも、多くの事柄があるとも言う。 Maritz は、クラウド・コンピューティングへと向かう推進力について、きわめて深遠で現実的な、3つの事柄を考えている。それらは、インフラストラクチャの近代化であり、新規あるいは刷新されたアプリケーションへの投資であり、完全に新しいエンドユーザー・アクセス・モードのことである。

However, there’s a big difference between what drove the world to deploying 20 million VMs and what will drive it to modernize infrastructure even further with the cloud. Consolidation largely drove the move to virtualization, but applications and mobile devices will drive the move to cloud computing.

しかし、2000万の VM をディプロイしてきた推進力と、クラウドを見据えた近代的なインフラストラクチャをディプロイする推進力には、現実世界との距離感において、大きな隔たりがある。 仮想化への移行を、主として促進させたのはコンソリデーションである。 しかし、クラウド・コンピューティングへの移行をドライブするのは、アプリケーションとモバイル・デバイスになるだろう。

On the application front, Maritz looks to “canonical applications.” “When canonical applications change, that’s when you see really profound change [across the computing ecosystem],” Maritz said. He pointed to bookkeeping applications as indicative of the mainframe era, and to ERP, CRM and e-commerce as the defining applications of the client-server era.

そのようなアプリケーションの最優先項目として、 Maritz は「規範的アプリケーション」に目を向けている。 「規範的アプリケーションが変化するとき、ほんとうに深遠な変化が(コンピューティング・エコシステムの随所で)見えてくる」と、Maritz は言う。 彼は、メインフレーム時代の指標として経理アプリケーションを挙げ、また、クライアント・サーバ時代を特徴づけたアプリケーションとして、ERP/CRM/eCommerce を指摘した。

Real-time and high-scalability capabilities — both in terms of traffic and data — are driving the development of new applications. Being able to analyze data days after it’s generated, or to adapt to new traffic patterns within days, just isn’t good enough anymore. We can’t keep “putting lipstick around” current applications and expect them to meet these new demands, Maritz said.

リアルタイムとハイ・スケーラビリティの能力が、トラフィックとデータの観点において、新しいアプリケーションの開発を促進させている。 生成されたデータを数日内に分析することや、新しいトラフィック・パターンに数日内に順応することでは、もはや不十分である。 現在のアプリケーションに 「口紅をつけて」維持していくことや、新しい要求を充たしていくことには無理がある、と Maritz は言う。

How we write those applications also will be critical, because they’ll have to run on a variety of non-PC devices. We’re approaching the intersection of consumerization and next-generation enterprise IT, Maritz explained, which means that companies like VMware have to plan for very serious change. Running enterprise applications on consumer devices, especially of the mobile variety, is a big change.

それらのアプリケーションを記述していく方式も重要になる。なぜなら、それらのアプリケーションは、多様な非 PC デバイス上で動く必要があるからだ。 私たちは、コンシューマ化と次世代エンタープライズの IT 交差点へアプローチしており、また、VMware のような企業は、きわめて重大な変化に対して、きわめてシリアスに準備しなければならないと、Maritz は説明した。 エンタープライズ・アプリケーションを、コンシューマ・デバイス上で実行することが、とりわけ多様なモバイルで実行することが、大きい変化である。

They’ll have to embrace things such as HTML5 to enable cross-platform applications, and new programming frameworks to attract young developers that demand a simple, dynamic development experience. Companies will also have to figure out how to secure corporate data against the myriad threats that accompany employees downloading apps willy-nilly and operating often on unsecured (0r at least less-secured) networks. VMware CTO Steve Herrod actually will be highlighting VMware’s role in the mobile ecosystem at our Mobilize conference next month, and it’s safe to assume these will be among the topics he addresses.

たとえば、HTML5 のような、クロス・プラットフォームのアプリケーションと、新しいプログラミング・フレームワークを受け入れなければならないだろう。それにより、シンプルでダイナミックな開発エクスペリエンスを求める、若いデベロッパーたちを惹きつける。 企業サイドとしても、コーポレート・データを無数の脅威から守る方式について、理解しなければならないだろう。その時には、従業員によるアプリケーションのダウンロードを否応なく受け入れ、時には、セキュアとは思えない(少なくともセキュリティ・レベルが低い)ネットワーク接続が生じることになる。 VMware CTO である Steve Herrod は、来月に Gogaom が主催する Mobilize カンファレンスで、モバイル・エコシステムでの VMware の役割を強調し、彼が取り組むトピックにおいて、それらがセキュアだと推測するだろう。

Maritz, of course, thinks VMware has strong plays in all of these spaces — vSphere, Cloud Foundry, Horizon, the list does on — and he highlighted them. However, as my colleague Stacey Higginbotham pointed out while highlighting the key VMworld trends, VMworld isn’t alone in making this realization. It has major competition, including from companies like Microsoft that know both the enterprise and the consumer spaces very well.

もちろん Maritz は、それら全ての空間で VMware が力強く機能していると考え、また、vSphere/Cloud Foundry/Horizon といったラインアップを強調した。 しかし、私の同僚である Stacey Higginbotham が指摘するように、VMworld のキートレンドを強調しても、こうした変革は VMworld 単独で達成できるものではない。つまり、エンタープライズとコンシューマの領域で、広く認識されている Microsoft などと、大きな戦いを繰り広げなければならないのだ。

Every year at VMworld, Maritz highlights the movement toward cloud computing and how VMware is driving that migration. In large part, he’s right every time on the latter point. Now that almost everyone is on board with Maritz’s vision, though, I’m interested to see how long VMworld, and VMware in general, continues to drive the discussion around the future of IT.

VMworld では毎年、 クラウド。コンピューティングへ向けた移行と、それを促進する VMware を、Maritz が強調してきた。 大まかなところで、彼が指摘するポイントは、つねに正しい。 いまでは、ほとんどの人々が Maritz のビジョンに乗っているが、どれだけ長く VMworld と VMware が魅力的であり、また、未来の IT をめぐる論議を促進させるのか、その点に私は興味を覚える。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageこれと言って、VMware を贔屓するつもりはありませんが、Maritz の話を楽しみながら、未来の IT を想像するのは、とても楽しい事です。 Ray Ozzie が愛想を尽かして辞めてしまってからというもの、次のオピニオン・リーダ-は誰にと、すこし心配してしまいましたが、さすが Paul Maritz、たいしたものという感じです。引き続き、VMworld に注目していきたいです。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と Openstack
VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

 

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?

Posted in .Selected, PaaS, VMware by Agile Cat on August 10, 2011

How VMware wants to be the OS for the cloud
By
Derrick Harris Jul. 12, 2011, 10:42am PT
http://gigaom.com/cloud/vmware-exposes-its-plans-to-be-the-os-for-the-cloud/

_ Gigaom

VMware on Tuesday morning launched the latest version of its vSphere virtualization management software, as well as a suite of integrated products for managing cloud computing environments. There isn’t much new aside from the capabilities in vSphere 5, but VMware’s timing was ideal to take some of the wind out of rival Citrix’s sails after it announced the acquisition of Cloud.com this morning.

火曜日(7/12)の朝に VMware が立ち上げた、最近バージョンの vSphere 仮想化マネージメント・ソフトウェアは、クラウド・コンピューティング環境を管理するためのスイート・プロダクトでもある。 vSphere 5 には、それほどの新機能が投入されているわけではないが、ライバルである Citrix が Cloud.com の買収を発表した直後というタイミングは、VMware を追い風に乗せる上で理想的である。

_VMwareVMware CEO Paul Maritz took the stage at a press conference/web conference this morning to lay out the case for why vSphere 5 and the new Cloud Infrastructure Suite are needed. His pitch was similar to what he told Om at Structure 2011, which is that we’re moving beyond the PC era, which means new applications, new platforms and entirely new ways that employees will interact with IT. For that to happen, infrastructure management just “needs to disappear.”

彼のスタンスは、Structure 2011で Om に話した内容に似ていた。つまり、新しいアプリケーションと、新しいプラットフォームに加えて、エンタープライズの従業員たちが、IT とインタラクトするための完全に新しい方式が必要であり、また、私たちは PC 時代の遥か彼方へ移行しているというものだ。 そして、それを実現するためには、単なるインフラストラクチャ・マネージメントが「姿を消す必要がある」というものだ。

Essentially, Maritz explained, harkening back to his Microsoft roots, the new cloud suite is like Office for building automated data centers. It’s composed of a collection of previously disparate VMware products now designed to be easily deployed atop vSphere environments. By that logic, vSphere would be the Windows operating system. Gary Orenstein nailed the VMware-Microsoft analogy in greater detail in a May post.

Maritz の説明は本質的に、自動化されたデータセンターのために、彼の Microsoft ルーツをさかのぼり、Office のような新しいクラウド・スイートを構築するというものだ。 これまではバラバラだった、VMware プロダクト・コレクションを構成し、vSphere 環境へ向けて容易にディプロイするために、デザインしていくという。このロジックにより、 vSphere は Windows オペレーティング・システムのようになっていく。Gary Orenstein は 5月のポストで、VMware-Microsoft の類似性について、その詳細を見事に解明した

クリックで拡大 ⇒

Maritz also made a strong case for deploying VMware-based applications in the public cloud, broadening the compnay from it’s private cloud roots. Maritz claimed that more than 2,000 service providers currently utilize vCloud to some degree in operating their cloud computing offerings.

さらに Maritz は、プライベート・なクラウドに根ざす同社の領域を広げ、パブリック・クラウドへ向けて VMware ベース・アプリケーションを展開していくという、揺るぎない主張を形にした。さらに  Maritz は、クラウド・コンピューティングの運用において、いくつかのレベルで vCloud を活用するサービス・プロバイダが、いまでは 2,000 社以上に達したと主張している。

VMware CTO Steve Herrod also took the stage to discuss the slew of new features within the various components of the suite designed to make vSphere more dynamic and reliable when operating across larger, geographically dispersed server pools similar to the public clouds that VMware and its private-cloud brethren seek to emulate. Among the highlights are highly powerful VMs running within vSphere, a app-store-like console for provisioning VMs, advanced disaster recovery methods, intelligent policy management, dynamic storage migration and advanced securtity capabilities. In all, there are hundreds of new features, which Herrod discusses in more detail on his blog.

さらに、VMware CTO である Steve Herrod も、さらにダイナミックで信頼性の高い vSphere を実現するためにデザインされた、各種のスイート・コンポーネントにおける、大量の新機能について説明した。それは、プライベート・クラウドの盟友と伴に、VMware が構築していく、パブリック・クラウドのように地理的に分散されたサーバー・プールにおいて、運用するときの機能群となる。 そのハイライトは、vSphere 上で動作するパワフルな VM 、および、それらの VM をプロビジョニングするアップ・ストア的なコンソールや、先進の RD対策、インテリジェントなポリシー管理、動的なストレージ・マイグレーション、最新のセキュリティ機能などとなる。Herrod のブログでは、全体では何百という数になる、それらの新機能の詳細が説明されている。

クリックで拡大 ⇒

VMware also is adjusting the licensing model for vSphere 5, focusing on pooled virtual memory allocations in stead of the number of physical hosts. Although this still presumably caps the amount of resources available, it does allow for cloud-like flexibility of moving resources where they’re needed. Software licensing has always been a sticking point around virtualization and cloud computing because vendors want those upfront fees, but users want the flexibility of adding new servers without necessarily adding more costs. Unless VMware were to go full pay-per-use and abandon license fees altogether, this might be among the happiest balances it could find.

さらに VMware は、vSphere 5 用のライセンス・モデルを調整しているが、物理的なホスト数に代えて、プールされた仮想メモリのアロケーションに注目している。それにより、利用可能なリソース量を推定し、制限を加えることになるだろうが、必要とされるロケーションにリソースを移動するという、クラウド的な柔軟性も考慮される。 仮想化とクラウド・コンピューティングをめぐる、ソフトウェア・ライセンスが常に争点になるのは、ベンダーが前払いの料金を欲するからである。しかし、ユーザーは、コストを増大することなく、新しいサーバーを追加するための柔軟性を欲する。 VMware が、完全な pay-per-use と、ライセンス料の放棄に向かっていない限り、誰もが妥協できるバランスが、そこにあるのかも知れない。

This was not the groundbreaking event that VMware promised it would be, but the launch should please VMware customers looking for a higher-performance, more automated and generally cloudier VMware experience. Following on the heels of the Citrix-Cloud.com news, however, it looks like VMware will have to keep its foot on the innovation gas pedal to keep from finally feeling the pressure of an open source cloud movement led by XenServer, OpenStack and Red Hat’s KVM-based approach.

VMware が実現すると約束している領域には、その世界の草分けがいるが、高性能で自動化された VMware のクラウド・エクスペリエンスを求めている顧客は、今回の立ち上げを喜ぶことになるはずだ。 今朝の Citrix – Cloud.com のニュースに追随してとなるが、 VMware はイノベーションのペダルを、踏み続けなければならないだろう。それにより、XenServer や、OpenStack、Red Hat の KVM ベースのアプローチがリードする、オープンソース・クラウドからの圧力を感じない、独自のポジションを確立していくことになる。

VMware has invested its future in a spate of application acquisitions and its Cloud Foundry platform as a service, but those are longer-term strategies still in their infancies. Infrastructure is what’s making money now, and although VMware has the lead in revenue and deployments, it doesn’t have all the momentum.

VMware は、多数のアプリケーションを買収し、また、自社の PaaS である Cloud Foundry に投資することで、未来へと向かっている。しかし、それらは、まだ黎明期の、長期的な戦略である。インフラストラクチャは、すでに収益を上げている。そして VMware は、収益と開発においてリードを保っているが、すべてのクラウドを制するという、勢いを持つわけではない。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

 

 

ーーーーー

一昨日に、『 Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供 』という記事をポストしましたが、クラウドが IT の在りかたを具体的に変えていく、大きな一歩なのだろうと捉えています。 そして、このようなマクロ的な視点で、IT の方向性を大きく修正していく提携としては、VMware + Verizon という先例が思い出されます。 さらに、NYSE Euronext との提携も大きな出来事でしたね。こういう、一連の記事を読むと、Maritz が Microsoft に残っていたら、いったい、どのようになっていたのだろうと、想像を掻き立てられてしまいますね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
Hadoop ビジネスで、EMC が仕掛ける大勝負とは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
VMware は WaveMaker を買収し、開発スタイルを変革する

%d bloggers like this: