Agile Cat — in the cloud

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?

Posted in .Selected, Facebook, On Monday, Open Compute, Storage by Agile Cat on April 7, 2014

Storage: Long-Term Low-Cost COLD Storage Solutions
http://wp.me/pwo1E-7nI

By Dick Weisinger – April 4, 2014
http://formtek.com/blog/storage-long-term-low-cost-cold-storage-solutions/

_ formtek

Recently at the Open Compute Summit, Facebook VP of Engineering, Jay Parikh described how Facebook has rigged together a system based on 10,000 Blu-ray discs that fit into a single cabinet, capable of storing 1 petabyte of data.  Facebook plans to improve on this first attempt and be able to reach 5 petabytes per cabinet.  Compared to existing hard disk solutions, Parikh says that the Blu-ray solution will be 50 percent cheaper and use 80 percent less energy. It will also provide 50 years worth of durability for data stored on the discs.

先日の Open Compute Summit で Facebook VP of Engineering である Jay Parikh が説明したのは、1万枚の Blu-ray ディスクをベースにしたシステムを単一の筐体に収め、1 Peta Byte のデータをストアするという、Facebook で試している方式である。また、Facebook は、この試みを改善することで、キャビネットあたりに 5 Peta Byte をストアしようと計画している。Parikh が言うには、既存のハード·ディスク·ソリューションと比較して、この Blu-ray ソリューションでは、コストが 50% も低減され、また、電力消費量は 80% もカットされるようだ。そして、ディスクに保存されたデータに対しては、50年の耐久性という価値も提供される。

Sony, original creator of Blu-Ray technology, and Panasonic have also recently teamed up to address the need for finding a robust long-term low-cost solution for archiving content.  They’ve recently announced that they would jointly produce a 300 GB optical disc for long-term archival.  The product family is to be named “Archive Disc” and should become available in 2015.  The target is to create Blu-Ray optical discs with a 1 TB capacity and to then package them into a disc cartridge containing 12 discs.

Blu-Ray テクノロジー の発案者である Sony と、つい先日に Panasonic が提携したが、アーカイブ・コンテンツのたための、堅牢な Long-Term Low-Cost ソリューションが、そこでの取り組みとなる。 そして、Long-Term アーカイブのために、300 GB の光ディスクを、恊働で生産すると発表している。このプロダクト・ファミリーは、“Archive Disc” と命名され、2015年には利用が可能になるはずだ。そのターゲットは、1 TB の容量を持つ Blu-Ray ディスクを開発であり、また、ディスク・カートリッジ内に、12枚のディスクをパッケージ化することである。

Not everyone is buying into the Facebook strategy.  Mark Peters, a senior analyst at Enterprise Strategy Group, commented that “some of what Facebook was doing was laying out a challenge to storage vendors.  I think what they were really communicating was that there is a need for low cost reliable storage.”

誰もが、Facebook の戦略に与するわけではない。Enterprise Strategy Group のシニア・アナリストである Mark Peters は、「 たしかに、Facebook における幾つかの取り組みは、ストレージ・ベンダーへの挑戦を提起した。そして、実際に彼らが発信したことは、低コストで高信頼性のストレージに、大きなニーズがあるということだったと、私は理解している」と述べている。

Bruce Kornfeld, Interim CMO at Spectra Logic, questions the logic of using Blu-Ray for commercial purposes.  Kornfeld said that “over the last 20 years the commercial data storage industry has attempted to commercialize multiple consumer technologies including CD ROM, CD Writeable, DVD writeable, 4mm Digital Audio Tape, 8mm video tape, and VHS video tape – with mixed results.  Consumer technologies offer high-volume and typically low cost storage media. The ‘low cost’ strengths of these technologies have also led to their downfall as they lack the device robustness and data reliability required by commercial data storage applications. In addition, consumer grade drives and media just don’t last very long. Blu-ray disc drive load mechanisms are probably good to a few thousand load/unload cycles. This compares with an LTO tape drive that is rated to 250,000 load/unload cycles. As you can see – the difference in durability is substantial!”

Spectra Logic の Interim CMO である Bruce Kornfeld は、Blu-Ray の商用目的での利用に対して、論理的に無理があると、異を唱えている。 そして、「 これまでの20年間において商用データ・ストレージ業界は、複数のコンシューマ・テクノロジーを商用化しようと試みてきた。そこに含まれるのは、CD ROM/CD Writeable/DVD Writeable/4mm Digital Audio Tape/8mm Video Tape/VHS Video Tape であり、また、それらの組み合わせである。たしかに、コンシューマ・テクノロジーは、一般的にみて大容積で低コストな記憶媒体を提供する。 しかし、それらのテクノロジーにおける低コストの強みは、商用データ・ストレージ・アプリケーションで必要な、デバイスの堅牢性とデータの信頼性を欠いているため、意味を持つものになり得ない。また、コンシューマ向けのドライブやメディアは、きわめて寿命が短い。Blu-Ray ディスク・ドライブのロード・メカニズムは、おそらく数千回の Load/Unload サイクルをサポートするだけだ。250,000回の Load/Unload サイクルに対応する、LTO テープ・ドライブの仕様と比較して欲しい。 誰もが分かるように、 耐久性が段違いなのだ!」と述べている

ーーーーー

この コールド・ストレージについては、すでに「 Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは? 」という抄訳でお伝えしていますが、Sony と Panasonic が提携して、新たなソリューションを展開するというのは、とても嬉しい話ですね。 文中で、Mark Peter さんが述べているように、Open Compute の目的は、ユーザーが本当に欲しいものを、すぐれたベンダーに安価に提供してもらうことです。その意味で、Sony と Pnasonic の提携は、とても素晴しいことです。 なお、Bruce Kornfeld さんには、No Comment です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ

Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on April 6, 2012

The Japanese give up their attempt to try and compete with Qualcomm
http://wp.me/pwo1E-45m
By: Stefan Constantinescu, April 3rd, 2012
http://www.intomobile.com/2012/04/03/japanese-give-up-their-attempt-try-and-compete-qualcomm/

Image(4)_ into Mobile

Last September we heard rumors that NTT DoCoMo, Samsung, Fujitsu, NEC, and Panasonic were going to get together to try and take on Qualcomm. The news became official a few months later in December. Here we are, barely at the start of the second quarter of the year, and they’ve decided to call it quits. It’s a shame really, because Qualcomm needs some strong competition in order to keep prices in check and to guarantee that innovation doesn’t stagnate.

昨年の 9月のことだが、NTT DoCoMo/Samsung/Fujitsu/ NEC/Panasonic が、Qualcomm に挑戦するために力を合わせるといウワサが流れた。 そして、数カ月が経った 12月には、そのニュースはオフィシャルな情報となった。 そして、さらに、年が明けて Q2 に入ったところだが、この試みを停止するという決定があった。実際に Qualcomm は、低価格の保持と、イノベーションの促進のために、強いコンペティタを必要としているから、その判断は残念なことである。

So what does Qualcomm do so well anyway, what do they do that’s so hard to replicate? Back in 2009, these guys had the insight to put everything needed to create a smartphone into a single easy to sell platform. You’ve probably heard of it, it’s called Snapdragon. Whereas before handset vendors had to source a separate application processor, separate graphics processor, separate cellular modem, separate WiFi chip, and so on and so forth, Qualcomm just slapped all that into Snapdragon and made people’s lives a hell of a lot easier.

したがって、Qualcomm が順調に推進していくように、それらの企業群が、その方式に追随することに、どのような困難があるのかという疑問が湧いてくる。2009年のころから、スマートフォンの開発に必要なすべてを、容易に販売できる単一のプラットフォームについて、Qualcomm は洞察を持ち始めていた。 Snapdragon と呼ばれる、そのプラットフォームについて、聞いたことがあるだろう。 以前のハンドセット・ベンダーは、アプリケーション・プロセッサや、グラフィック・プロセッサ、セルラー・モデム、WiFi チップなどを、別々に調達せざるを得なかった。それに対して Qualcomm は、その全てを Snapdragon の中に取り込み、また、彼らの工程を大幅に簡素化した。

Other companies have definitely been trying to catch up, most notably ST-Ericsson. That company was formed several years ago as a joint venture between STMicroelectronics and Ericsson. Their latest creation combines two ARM Cortex A9 processors, an advanced PowerVR SGX 544 GPU, and a 4G LTE modem, and best of all it’s built on a 28 nanometer process. The problem? Said chip isn’t going to be sampling until the second half of this year, and it’s likely not going to come out until the first half of 2013.

その他の企業も、明らかに Qualcomm に追いつこうと努力しているが、最も注目すべきは ST-Ericsson である。 同社は、STMicroelectronics と Ericsson によるジョイント・ベンチャーとして、数年前に組織化されている。 そこでの最新の成果は、2つの ARM Cortex A9 プロセッサおよび、先進的な PowerVR SGX 544 GPU、4G LTE モデムの結合であり、また、それらの 28 nano meter プロセス上でのベストな展開である。 何が問題なのだろうか? 前述のチップは、今年の後半になるまでサンプルは提供されず、また、製品に関しては、2013年の前半まで待たなくてはならない。

So who is best positioned to actually defeat Qualcomm this year, or at least take some market share away from them? Samsung and NVIDIA. Rumor has it that Samsung’s next processor, the one that’ll be at the heart of the Galaxy S III, will have a built-in modem; and NVIDIA has already announced that they’re going to slap some 4G LTE inside their Tegra chips sooner rather than later.

それでは、Qualcomm に対抗し得るポジションを年内に確立し、少なくとも、いくらかのマーケット・シェアを奪い取るのは誰になるのか? それは、Samsung とNvidia である。 ウワサによると、Galaxy S III の心臓部となる、Samsung の次世代プロセッサには、モデムがビルトインされるらしい。 また、Nvidia に関しては、いくつかの 4G LTE が Tegra チップに、すでに取り込まれる段階にあるという。

ーーーーー

TAG indexほんと、この領域は Snapdragon と Tegra が席巻しているという感じですものね。 文中にもあるように、諦めてしまったとは、とても残念です。 Ericsson は偉いですね。 頑張って欲しいです! --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる!
Android 5.0 “Jelly Bean” が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ
BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける
AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Samsung Galaxy Note のプロモーション・ビデオ – Youtube

 

%d bloggers like this: