Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

Posted in Amazon, Google, Microsoft, Research, Salesforce, Storage by Agile Cat on March 31, 2014

Cloud Computing: Reasons for Why Businesses are Adopting the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7ms

By Dick Weisinger – March 18, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-reasons-for-why-businesses-are-adopting-the-cloud/

_ formtek

Global businesses are on track to spend $174.2 billion this year on cloud infrastructure and services.  That’s up 20% from the $145.2 billion of spending in 2013, according to IHS Technology.   Based on their report, spending is expected to increase by a factor of three from 2011 to 2017.

グローバル企業の群れは、クラウド上のインフラストラクチャやサービスに対して、今年は $174.2 Billion を費やすというペースで突き進んでいる。IHS Technology によると、2013年の支出である $145.2 Billion に対して 20% 増となる。また、同社のレポートをベースにすると、この種の支出は、2011年から 2017年にかけて、3倍に増大するとされる。

The IHS report identifies current leaders in the cloud market space as Amazon.com, Google and Microsoft, specialty vendors like Dropbox and Carbonite in the cloud storage space, and Salesforce.com and Workday in the software application space.

この IHS レポートは、Amazon.com および、Google、Microsoft を、現時点のクラウド市場におけるリーダーだとしている。また、特定の領域として、クラウド・ストレージでは Dropbox や Carbonite を、SaaS では Salesforce.com や Workday といったベンダーを、それぞれのリーダーだとしている。

Jagdish Rebello, analyst at IHS, said that ”with the cloud touching nearly every consumer and enterprise around the globe, spending for cloud-related storage, servers, applications and content will be dedicated toward building a framework that is rapidly scalable, highly dynamic, available on-demand and requiring minimal management…  Cloud services, applications, security and data analytics will account for an ever-growing portion of total information technology spending by enterprises, valued at about $2 trillion at present.”

「 クラウドが、世界中の、ほぼすべての消費者と企業に広まったことで、クラウド上のストレージ/サーバー/アプリケーション/コンテンツに関連する支出は、何らかのフレームワークの構築へ向けて集約されるようになってきた、それにより、スケールを動的かつ迅速に、オンデマンドで調整する機能が実現され、そのためのマネージメントも最小化されてきた。クラウドにおけるサービス/アプリケーション/セキュリティ/データ分析は、現時点で約 $2 Trillion と言われるエンタープライズ IT 総支出の中で、成長し続ける部分を押さえていることになる 」と、IHS のアナリストである Jagdish Rebello は述べている。

Five reasons why the cloud is rapidly being adopted by businesses as identified by Oxford Economics in a report written for IBM are as follows:

Oxford Economics が IBM に対して、エンタープライズにおいてクラウドが、急速に採用されている 5つの理由を、以下のようにレポートしている:

  1. Better insights and visibility.  The cloud provides better services at lower cost with flexible scalability.
  2. Better Collaboration.  More easily links employees with partners and customers
  3. Provides a Framework.  The cloud enables businesses to build an integrated and dynamic service chain
  4. Innovation.  Greater efficiency and productivity of workers nurtures an environment of innovation.
  5. Reduced Risk.  A more responsive IT infrastructure enables better controls on costs and risks.
  1. 洞察と可視化の改善.  クラウドは、すぐれたサービスを安価に提供し、柔軟性も備える。
  2. コラボレーションの改善.  パートナーやカスタマーに対する、従業員からの接触が容易になる。
  3. フレームワークの構築.  クラウドにより、サービス・チェーンを動的に統合できるようになる。
  4. イノベーション.  環境が進化することで、作業の効率と、従業員の生産性が、自動的に向上する。
  5. リスクの低減.  IT インフラの信頼性が高まることで、コストとリスクの管理が容易になる。

ーーーーー

TAG indexクラウドは、テクノロジーの変化というより、ビジネス・スタイルの変化なのですね。もちろん、クラウドを実現するために、さまざまなテクノロジーが生み出されているので、その存在を否定するわけではありませんが、ユーザーが信頼することで、そのパワーが指数関数的に増大していくものなのだと思えてきます。 現時点では、IT 総支出の 10% にも満たないようですが、やがては、その大半を占めるようになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Posted in .Selected, Amazon, Research, Strategy by Agile Cat on January 14, 2014

Cloud Computing: Four Trends for 2014
http://wp.me/pwo1E-77c

By Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/cloud-computing-four-trends-for-2014/

_ formtek

Werner Vogels, Vice President & Chief Technology Officer at Amazon.com, recently described to the Guardian the top four trends that he sees for Cloud Computing in 2014.

Amazon.com の Vice President & Chief Technology Officer である Werner Vogels が、2014年のクラウド・コンピューティング・トレンドに関して、先日の Guardian で述べている。

ーーーーー

Cloud content will follow you wherever you go.  Data in the  cloud means that content is device independent and available anywhere, whether from desktops and laptops, smartphones and tablets.  ”Regardless of which device we use, or the location, we have will access to our content and subscriptions.”

あなたが何処に居ようが、その隣にはクラウド・コンテントが居る. クラウド上のデータとは、デバイス(デスクトップ/ラップトップ/スマートフォン/タブレット)から切り離されたものであり、また、何処からでも利用できるものである。つまり、「 私たちが使用するデバイスや、私たちの居場所に関係なく、自身のコンテンツやサブスクリプションにアクセスできる」ものとなる。

Cloud analytics will increasingly measure and interact with the offline world.  Vogels alludes to a world that is slowly realizing the concept of the “Internet of Things”.  Machine-generated data, originating from scientific projects like the Mars rover and DNA sequencing are happening, but there’s also closer-to-home data feeds coming from things like transportation vehicles and  industrial and home-based sensors which are changing the way we live and perceive our lives.

クラウドでの分析が進化したことで、オフラインだった世界がつながり、その測定が進んでいく. Vogels は、この世界における “Internet of Things” の概念が、ゆっくりと実現されていくと示唆している。マシンが生成するデータは、火星探査や DNA 配列といったサイエンス・プロジェクトに起源があるが、交通や産業や住宅などのためのセンサーから得られるデータも同様に、私たちの生活を変えているという実感が生じてくる。

Everyone will be able to publish to the cloud.  “In 2014 expect a great rise in organizations that are adding media capabilities to their offerings…  Cloud based services for pre and post production, as well as distribution, are readily available such that anyone can become an internet broadcaster operating worldwide without any capital investment.”  Vogels gives just a few examples of the many industries and organizations that have been able to broaden public exposure to their offerings by developing cloud-based content.  Vogels mentions performing arts organizations, like the Berlin Philharmonic, and sports clubs, like LiverpoolTV.

誰もがクラウド・パブリッシャーになれる.Vogels は、「2014年には、自社のプロダクトやサービスに対して、メディア的な機能を付加する組織が、そのプレゼンスを高めると予測される… つまり、クラウドベースのサービスは、プロダクトの生産工程だけではなく、その供給プロセスに対しても適切に機能し、なんの設備投資も要求することなく、誰もがワールドワイドなインターネット放送局になるという状況をもたらす」と述べている。 さらに Vogels は、クラウド・ベースのコンテントを作成することにより、自社の提供物を広く知らしめてきた組織について、いくつかの事例を提供している。そこには、Berlin Philharmonic のような芸術団体や、LiverpoolTV のようなスポーツクラブも含まれている。

Cloud data processing will increasingly reflect real-time information.  ”We see almost every industry taking advantage of the cloud to radically improve the speed at which they can process their data…  There has always been a close relationship between big data and cloud computing as it requires no limits in terms of compute and storage but by adding real-time processing capabilities, we will see a rise in data analytics that are able to produce results in real-time, radically changing the products companies can build.”

クラウドにおけるデータ処理により、情報のリアルタイムな活用が拡大する.「 私たちは、大半の産業がクラウドを活用し、そのデータ処理速度を根本から改善している状況を、目の当たりにしている … そこには常に、ビッグ・データとクラウド·コンピューティングの密接な関係が存在し、また、コンピューティングとストレージの両面において、あらゆる制約を取り除かれてきた。しかし、リアルタイム処理を加えることで、瞬時にデータを分析するという手法が実現されてくる。それにより、プロダクトの製造工程が、根本から変革される」

ーーーーー

TAG indexWerner Vogels に関しては、これまでにも、「Elastic Beanstalk とは?」と「クラウド・エコシステムを語る」というコンテントを訳したことがありますが、どちらの場合も、要点を適切かつ完結に語る人という印象でした。 そして、今回も、さすがオピニオン・リーダーだと、感心してしまう内容です。時間があったら、Guardian の原文も、読んでみたいなぁと思っています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Posted in .Selected, PaaS, Research by Agile Cat on December 16, 2013

Platform as a Service (PaaS): One way to Cut Infrastructure Costs and Speed Application Development
http://wp.me/pwo1E-71R

By Dick Weisinger – December 11th, 2013
http://formtek.com/blog/platform-as-a-service-paas-one-way-to-cut-infrastructure-costs-and-speed-application-development/

_ FormTek

The public platform-as a service (PaaS) market is expected to double in the next four years, according to research by IDC.

IDC の調査によると、パブリック PaaS(Platform as a Service)市場は、これからの 4年間で 2倍に増大するようだ

PaaS cloud-based provider services include a base computing stack of components, that include the hardware, operating systems, storage, and network capacity. The consumer is responsible for deploying and configuring the software on the PaaS-provided stack.

PaaS クラウドをベースとするプロバイダのサービスには、ハードウェア/オペレーティング・システム/ストレージ/ネットワークといった、いくつかのコンポーネントをベースにした、コンピューティング·スタックが取り込まれている。 そして、利用者は、対象となる PaaS が提供のスタック上に、ソフトウェアをディプロイし、コンフィグレーションしていく。

David Linthicum notes that the line between infrastructure-as a service and PaaS is rapidly blurring.   “PaaS isn’t much good unless you have the infrastructure to support the resulting applications, and IaaS doesn’t really help unless you have the ability to create solutions that run on the infrastructure. PaaS must have infrastructure, and infrastructure must have PaaS.”

David Linthicum は、IaaS(Infrastructure as a Service)と PaaS を識別するラインが、最近になって急速にぼやけてきたことを指摘している。 そして、「あなたが、結果としてのアプリケーションをサポートする、インフラを持っていない限り、PaaS は優れたものにならないだろう。 また、インフラ上で稼働するソリューションを、作り出す能力を持っていない限り、IaaS は本当の助けにならない。つまり、PaaS はインフラを持つ必要があり、インフラ PaaS を持つ必要がある」 と続けている。

IDC forecasts that the global PaaS market will grow from $3.8 billion in 2012 to more than $14 billion by 2017.  Companies see PaaS as a tool for them to cut their infrastructure costs and to speed application development.

IDC の予測によると、グローバル PaaS 市場は、2012年の $3.8 billion から、2017年の $14 billion へと成長していくようだ。そして、いくつかの企業は、そのインフラ・コストを削減し、アプリケーション開発をスピードアップするための、ツールとして PaaS を認識している。

The IDC reports some of the drivers for the rapid growth of PaaS include:

IDC のレポートには、PaaS の成長を加速させる要素として、以下の項目が取り込まれている:

  • Need for real-time interactions with customers and partners
  • Industry-specific requirements like healthcare reform and fiscal reform by governments
  • Increasingly more advanced types of data management applications
  • カスタマーやパートナーとの、リアルタイム・インタラクションに関するニーズ
  • 行政によるヘルスケアや財政の改善にも似た、産業界における要望
  • より先進的な、データ管理アプリケーションの増大

IDC recognizes the following sub-markets within the PaaS category of services:

また、IDC は、PaaS カテゴリ内のサブ・カテゴリとして、以下の各項目を認識している:

  • Application platform-as-a-service
  • Database platform-as-a-service
  • Integration platform-as-a-service
  • Business process management platform-as-a-service
  • Cloud testing and other platform-as-a-service

The report comments about future trends for application developers that “one of the biggest unknowns related to public PaaS is its potential impact on IT staff. Because public PaaS improves developer productivity by a factor of two or more, what happens to the developer workforce? Do enterprises make more use of IT or elect to take some or all of the benefit in terms of reducing the developer workforce? The answer lies somewhere in the middle.”

このレポートは、アプリ開発者に対する、これからのトレンドに関して、「 パブリック PaaS に関連する最大級の未知数として、情シス担当者への潜在的な影響力がある。なぜなら、パブリック PaaS により、開発者の生産性が何倍にも向上する可能性があるため、どのような影響が、労働力としての開発者に生じるのか、その辺りが分からないのだ。つまり、エンタープライズは、情シスの更なる活用を見つけ出すのか? それとも、開発者の労働力を削減するという観点で、一定あるい全体的なメリットを得ようとするのだろうか? その答えは、両者の中間に位置している 」と、コメントしている。

ーーーーー

research_55この 6月のことですが、『 Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す 』と『 Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線 』という抄訳を、立て続けにポストしましたが、PaaS のキー・コンポーネントとして、MBaaS の存在が挙げられるのかもしれませんね。 そして、『 SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由 』などを読むと、それらとは異なるスタックでの、コンポーネントの共有も進むのかと、いろんなことを想像してしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!
Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Microsoft も Azure で MBaaS : Custom API をクリックするだけ!
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!

Posted in .Selected, BaaS, DevOps, Mobile, PaaS, Red Hat by Agile Cat on September 27, 2013

Kinvey Joins Red Hat’s OpenShift Platform as a Service Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6Hk
Sep 16, 2013 –
Kelly Rice
http://www.kinvey.com/blog/3246/kinvey-joins-red-hats-openshift-platform-as-a-service-ecosystem

_ Kinvey

Today, we are excited to announce that Kinvey is integrating with Red Hat’s OpenShift PaaS, allowing developers to mobilize business-critical data from on-premise or cloud environments into their mobile, tablet and web apps.

今日、私たちは、Red Hat の OpenShift PaaS と Kinvey との統合について、発表できたことを嬉しく思っている。それにより、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データを、オンプレミスおよびクラウドの環境から、モバイル/タブレット/Web アプリへ向けて、集約できるようになっていく。

Kinvey will make it easier for OpenShift customers to integrate securely with their organizations’ on-premise or cloud systems, such as CRM systems or JBoss environments, thereby accelerating development time for advanced mobile apps. An OpenShift cartridge will automate the process of deploying Kinvey’s Data Link connectors, allowing developers to more efficiently extract business-critical data into their apps.

Kinvey のい提供するテクノロジーにより OpenShift ユーザーは、CRM システムや JBoss 環境といった、クラウドおよびオンプレミスのシステムを、安全かつ容易に統合できるようになる。つまり、先進的なモバイル・アプリの開発時間が大幅に短縮されることになる。OpenShift カートリッジが、Kinvey Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化するため、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データの抽出を、これまで以上の効率で達成していける。

Our CEO, Sravish Sridhar, says: “Partnering with OpenShift gives our customers the flexibility to mobilize enterprise backend systems, such as JBoss, using OpenShift’s on-prem and cloud-based PaaS. We’re excited to become a part of their ecosystem, together helping developers build advanced applications.”

当社の CEO である Sravish Sridhar は、「 OpenShift との提携により、私たちの顧客はオンプレミスとクラウドをベースとした OpenShift PaaS を用いて、たとえば JBoss などのエンタープライズ・バックエンド・システムを柔軟に集約していくようになる。彼らのエコシステムの一部となり、デベロッパーによる先進アプリの構築を、一緒になって支援していくことを、とても楽しみにしている」と、述べている。

You can read the full press release here.

ーーーーー

imageなにかにつけて、どこが違うの? ・・・ と、よく比較される BaaS と PaaS ですが、かの Kinvey さんが統合と言うのなら、それなりの意味が、双方にあるのでしょう。 文中で指摘されるように、「 Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化 」というのが、ポイントのように思えます。それと、やはりエコシステムなのですね。 双方のエコシステムが、お互いを理解して協調できれば、Mobile App が簡単かつ安上がりに、どんどんと量産されるのでしょう。素晴らしいことです! image

ーーーーー

<関連>

Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!

 

クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有

Posted in Businesses, Research by Agile Cat on September 24, 2013

Cloud Computing: Most Cloud Revenues are Generated by Just a Few Top Vendors
http://wp.me/pwo1E-6G8

By Dick Weisinger – September 13th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4020

_ formtek

Cloud Computing is expected to grow at a rate of 36 percent annually from now until 2016.  The current market size is about $5.7 billion and will reach $20 billion in 2016. 

クラウドコン・ピューティングの売上は、これから  2016年にかけて、年間で 36% の割合で成長すると予想される。現時点におけるマーケットのサイズは $5.7 billion であるため、2016年には $20 billion に達するだろう。

Two-thirds of the revenue is being generated by large ‘titan’ vendors (more than $75 million in sales), but the majority of cloud vendors have revenues less than $5 million and account for only about 25 percent of total cloud revenues. 83 percent of cloud vendors generate less than $15 million.  The figures are projections that appear in a report by the 451 Group.

これらの売上の 2/3 は、いわゆる巨人と呼ばれるベンダーたち(年商が $75 million 以上)のものである。 しかし、クラウド·ベンダーの大半は、年商が $5 million 未満の中小企業で構成され、その売上はというと、クラウド全体の 25% に過ぎない。そして、83% のクラウド·ベンダーによる売上は、$15 million 未満に留まっている。なお、これらの一連の数字は、451 Groupの レポートで予想されているものとなる。

Other findings from the 451 Group report include:

  • Infrastructure as a Service (IaaS) accounts for 51 percent of cloud revenue and is growing at a rate of 37 percent annually
  • Platform as a Service (PaaS) accounts for 24 percent of cloud revenue and is growing at a rate of 41 percent annually
  • Software as a Service (SaaS) is a highly fragmented market but is growing at a rate of 29 percent annually

  • IaaS は、クラウド売上の 51% を構成し、また、年間で 37% の比率で成長していく。
  • PaaS は、クラウド売上の 24% を構成し、また、年間で 41% の比率で成長していく。
  • SaaS は、そのマーケットが極端に分断化されているが、年間で 29% の比率で成長していく。

Yulitza Peraza, analyst for quantitative services at 451 Research, said that “cloud computing is on the upswing and demand for public cloud services remains strong.  However, public cloud adoption continues to face hurdles including security concerns, transparency and trust issues, workload readiness and internal non-IT-related organizational issues.”

451 Research のアナリストであり、また、サービスの定量化に取り組んでいる Yulitza Peraza は、「 クラウド・コンピューティングは堅調であり、また、パブリック・クラウド・サービスに対する需要が伸びている。しかし、パブリック・クラウドの導入においては、セキュリティ上の懸念や、透明性と信頼性の問題、ワークロードに関する準備、そして、社内の非 IT 関連組織の問題を含めて、いくつかのハードルに直面し続けている」と述べている。

Laurent Lachal, senior analyst at Ovum, commented earlier in the year that “Cloud computing has barely reached the adolescence phase and it will take at least another five years for cloud computing to mature into adulthood.”

Ovum のシニア・アナリストである Laurent Lachal は、「 クラウド・コンピューティングは、依然として過渡期にあり、成熟するためには、少なくとも 5年が必要というのが、正直なところだ」と、今年の初めにコメントしている

ーーーーー

image131クラウドが規模の経済を追求するモデルであるだけに、大手のプロバイダーに仕事が集まるのは仕方ないのかもしれません。しかし、いまの OpenStack の勢いを見ると、それを担ぐ中小のプロバイダーにも、充分なビジネス・チャンスが巡ってくると信じたくなります。 Android が、あっという間に世界の 80% を獲得したのも、そのベースにオープンソースがあったからだと思います。 ガンバレ OpenStack! ガンバレ 中小プロバイダーたち!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔
Gartner 予測 : 2017年の CRM 市場は $36B に至る
PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート : 5つの簡潔なレシピとは?
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

Posted in .Selected, Google, Interoperability, PaaS by Agile Cat on September 12, 2013

Google defends, quantifies App Engine lock-in concerns
http://wp.me/pwo1E-6Cw
By
Derrick Harris – JUL. 9, 2013
http://gigaom.com/2013/07/09/google-defends-quantifies-app-engine-lock-in-concerns/

_ Gigaom

Summary: Google App Engine’s engineering director, Peter Magnusson, took to Google+ on Tuesday to dispute a lingering reputation the company is trying to lock in developers with its PaaS offering.

Summary: 火曜日のことだが、Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、同社が提供する PaaS により開発者をロックするという、いつまでも消えない評判を戦うために、Google+ に登場した。

photo: Shutterstock / Mopic

Google App Engine engineering director Peter Magnusson has some good news and some bad news about his product. The good news: Contrary to its reputation among some people, Google isn’t locking anybody in by design. The bad news: In practice, it is kind of locking in developers, though.

Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、自身のプロダクトに関して、いくつかの Good News と Bad News を持っている。Good News:何人かの人々が言う悪評に反して、Google はデザイン面で誰もロックしていない。 Bad News:しかし、実際のところ、それは開発者をロックする、ある種のものである。

Magnusson laid out his case in a lengthy Google+ post Tuesday morning in which he explains away lock-in as a case of necessary trade-offs. Essentially, he argues, you can either have access to the guts of the infrastructure and the flexibility — and operational effort — that comes along with that, or you can free yourself of those headaches by using someone else’s abstractions. If you’re using App Engine, that means you also get to use rad features such as Datastore and take advantage of Google’s know-how around things such as load balancing and fending off DDoS attacks.

火曜日の朝の長い Google+ ポストで Magnusson は、必要なトレードオフのケースとして、ロックインとは切り離した自身の経験について説明している。彼の基本的な主張は、インフラとフレキシビリティの本質にアクセスし、また、それに伴う運用上の取り組みを達成できるというものである。さもなければ、他の誰かが考えた、抽象化の概念を用いて、それらの悩みから自身を解放できるという。 つまり、あなたが App Engine ユーザーなら、すでに Datastore などの素晴らしい機能を利用し、また、ロード・バランシングや DDoS 対策といった、先進的な機能を利用していることになる。

With the right practices, portability is possible

Additionally, Magnusson writes, there are generic best practices developers can use to create applications that should be relatively easy to port between modern web application platforms. And, he continues:

それに加えて Magnusson は、アプリケーション構築にデベロッパーが用いる、汎用的なベスト・プラクティスが存在しており、最新の Web アプリケーション・プラットフォームを結びつけるために、それほど難しくなく移植できるはずだと述べている。さらに続けて:

“The stacks that these abstractions map to are replaceable by you. The Google Cloud Datastore is “just” anther NoSQL/NearSQL solution and can be replaced by stacks such as MongoDB; memcache is memcache; MySQL can obviously replace Google Cloud SQL; and the language containers are mostly forward compatible with other containers. Significant portions of the client environment, such as NDB, are open sourced by us already. When we add new building blocks like the Go language, we open source the whole language.”

これらの抽象概念がマップするスタックは、あなたによりリプレースが可能である。たとえば Google Cloud Datastoreは、まさに別の NoSQL/ NearSQL ソリューションであり、MongoDB といったスタックによりリプレースできる。 memcache は memcache のままであが、言語コンテナは他のコンテナに対して上位互換性を持つ。たとえば NDB などの、クライアント環境における重要な部分は、すでにオープンソース化されている。 さらに言えば、Go 言語のような新しいビルディング・ブロックを追加するとき、その言語全体が、オープンソース化されていく。

Want more proof? Magnusson points to Google’s partnership with open-source App Engine implementations such as AppScale, as well its work with Red Hat to bring the App Engine APIs to the JBoss and OpenShift platforms. Oh, and the rollout of the Google Compute Engine platform for users who really do want control at the infrastructural level.

これ以上の証明が、必要とされるだろうか? Magnusson は、オープンソース App Engine 実装する、たとえば AppScale と Google のパートナーシップを指摘するだけではなく、JBoss および OpenShift のプラットフォームに、App Engine の API を取り込むための、Red Hat との協業にも触れている。そして、インフラレベルでのコントロールを必要とするユーザーに対しては、Google Compute Engine プラットフォームを展開しているのだ。

The App Engine homepage.

Now here comes the “but …”

All that said, there is the cold, hard truth that running on a platform like Google App Engine (or, one could argue, almost any other cloud platform) inherently involves some degree of lock-in. Google does exit interviews with large-scale customers when they leave, and it has found the average time for them to successully move their application to a new platform is three to four months. “I would posit that this is not materially worse than any other public-cloud-to-public-cloud transition once you have a complex system up and running,” Magnusson wrote.

ここで述べてきた、すべての事柄を、Google App Engine(大半のクラウド・プラットフォームも同じだといえる)のような、いくつかの点でロックインと本質的に絡み合うプラットフォーム上で実現するにしても、ある種の冷たい響きを拭い去れない。 大口の顧客が Google から去るとき、彼らは出口インタビューを行なっている。 そして、それらの顧客が、新しいプラットフォームへアプリケーションを移動するために、平均で 3~4ヶ月を要しているという事実を見つけた。「それは、複雑なシステムを構築/運用し始めた後に、あるパブリック・クラウドから他のパブリック・クラウドへと移行するのと比較して、大きく悪化することはないと、私は仮定していたのだろう 」と、Magnusson は述べている。

All biases considered, Magnusson does make some good points. I’ve argued essentially the same thing before about Amazon Web Services — it’s a matter of expectation lock-in more than technological lock-in — and it probably holds true for just about every Platform-as-a-Service and Infrastructure-as-a-Service offering around. You could technically rewrite an application for any number of similar database or storage services, for example, but it’s the parts you like about a particular provider’s service that are hard to replicate.

すべてのバイアスを考慮した上で、Magnusson は、いくつかの興味深い点を指摘している。以前に、Amazon Web Services について、本質的に同じことだと主張している。 それは、テクニカルなロックインというより、期待どおりのロックインである。そして、おそらく、ほぼすべての Platform-as-a-Service と Infrastructure-as-a-Service について言えることでもある。 たとえば、技術面で類似したデータベースやストレージ・サービスへ向けて、あらゆるアプリケーションを書き換えられるだろうが、特定のプロバイダが提供するサービスを好むなら、その複製も難しくなってしまう。

Even with an open source project like OpenStack, easy portability isn’t guaranteed. Yes, the underlying code and building blocks might be the same, but it’s the differences among OpenStack-based providers that makes a market. If everyone looked and functioned exactly the same, there would be no reason to consider anything other than Rackspace in the public cloud.

OpenStack のようなオープンソース・プロジェクトであっても、容易なポータビリティが保証されるわけではない。Yes! 基本的なコードやビルディング・ブロックは同じかもしれないが、そこには、市場を構成する OpenStack ベース・プロバイダごとの差異がある。誰もが見ても、まったく同じように機能するなら、パブリック・クラウドにおいて、Rackspace の以外の環境を検討する必要もなくなるだろう。

Beside, moving a serious application from one cloud to another will never be enjoyable no matter how architecturally similar they are. Although, management layers such as RightScale, Scalr or Enstratius (now Dell Multi-Cloud Manager) could help mitigate some of that pain, and the Cloud Foundry community is trying to make portability among Cloud Foundry instances, at least, relatively pain-free.

話はそれるが、きわめて重要なアプリケーションを、あるクラウドから他のクラウドに移行することは、どれほどアーキテクチャが似通っていても、決して楽しい作業ではない。しかし、RightScale や、ScalrEnstratius (現 Dell Multi-Cloud Manager)などのマネージメント・レイヤを用いることで、その痛みも、いくぶんは軽減されるかもしれない。また、Cloud Foundry のコミュニティでは、Cloud Foundry インスタンス間でのポータビリティを実現しようとしている。そうなれば、少なくとも、痛みから開放される。

As with so many things in life, the “which cloud to choose?” debate really boils down to picking your poison. You can probably count on loving some aspects and hating others. But you’re also probably stuck with it for a while, so choose carefully.

人生における数多くの物事と同じように、「どのクラウドを選ぶべきか?」という議論は、「毒を食らわば」という発想に至りやすい。 おそらく、いくつかの側面は好ましく、いくつかは好ましくないという、何らかの判断に依存することになるのだろう。しかし、多くの人びとは、まだ、躊躇しているのだろう。 だからこそ、慎重に選択して欲しい。

Feature image courtesy of Shutterstock user Mopic.

Related research

ーーーーー

google-55a昨年の 9月にポストした、『 クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文 』という抄訳には ーーー 数多くの人々が、そうしたように、私も App Engine の学習に、長い時間を費やしてきた。そして、App Engine を使っている多くの人々のように、それは間違いなのかと案じている。なぜなら、あなたの投資と開発の産物である、あらゆるアプリケーションが、App Engine だけで走るのものになってしまうのだから ーーー という、Google Groups フォーラムに書かれたメッセージが引用されていました。抽象度が高まれば、互換性が薄れていく。 だからといって、互換性に固執すれば、イノベーションの速度が落ちていく。とても難しい問題です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
NIST の Cloud Architecture 序文
NIST の Cloud Architecture 概要
NIST の Cloud Architecture – プロバイダとユーザーのスコープ

Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?

Posted in .Selected, Google, PaaS by Agile Cat on July 30, 2013

New from Google App Engine just for your busy application: Dedicated memcache
http://wp.me/pwo1E-6qr

By Barb Darrow – UL. 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/new-from-google-app-engine-just-for-your-busy-application-dedicated-memcache/

_ Gigaom

Summary: If your app needs fast query performance, dedicated memcache can help with that and GAE is now offering that capability in preview form.

Summary: あなたのアプリにとって、高速クエリのパフォーマンスが必要なら、専用の memcache で対応することが可能だ。 ちょうど、いま、その機能のプレビューを、GAE が提供している。

If you’re a developer needing fast query performance for your applications, Google App Engine now has a deal for you. The just-released GAE 1.8.2 version includes a preview of dedicated memcache for just that sort of use case.

あなたがデベロッパーであり、自分のアプリのために、高速クエリーのパフォーマンスを必要としているなら、いま、それに、Google App Engine が対応し始めた。リリースされたばかりの GAE 1.8.2 Version は、そのようなユースケースにぴったりの、専用 memcache のプレビューを取り込んでいるのだ。

Memcache is a distributed object store that puts frequently accessed data in memory to ensure that it’s available fast to applications that need it.

memcache とは、分散オブジェクト・ストアのことであり、頻繁にアクセスされるデータをイン・メモリに配置し、それを必要とするアプリからの高速アクセスを保証するものである。

GAE already offered shared memcache as a default but dedicated memcache assigns “a fixed cache capacity exclusively to your application,” and is billed per the GB/hour of cache size, according to Google.

すでに GAE では、共有 memcache がデフォルトとして提供されているが、この専用 memcache は「あなたのアプリに対して、固定されたキャッシュ容量を排他的」に割り当てるというものであり、また、キャッシュ・サイズに応じて GB/時間 という請求が行われると、Google は説明している。

The charge for this service will be 12 cents per GB per hour.

具体的に言うと、このサービスの料金は、1 GB/1 Hour/12 Cent となる。

Google continues to push GAE as a for-real Platform as a Service (PaaS) that is not just a sideline to the company’s bread-and-butter internet search business. In that realm it competes with Microsoft’s Windows Azure, which (I think) offers dedicated Memcache but I’m checking into that and will update this story as appropriate.

Google は、真の PaaS として、GAE をプッシュし続けている。それは、同社の基本を支える、インターネット・サーチ事業に対して、単に付け足されるものではない。その領域では、専用 Memcache を提供している(と私は思う)、Microsoft の Windows Azure と競合していくだろう。この件に関しては、チェックし続けていくし、必要に応じてアップデートしていく。

Related research

ーーーーー

google-55a今月の初めに、『 IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ! 』という抄訳をポストしたとき、大きな発想の転換が進んでいるのだと実感しましたが、この Google App Engine に関しても、同じように捉えてしまいます。 一方は、資産として保つケースであり、もう一方は、所有から利用へというケースであり、比較することは無理だと思いますが、双方に共通する大きなウネリを感じてしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
Facebook が発表した TAO : これで MySQL と Memcached を接続する
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう

PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート : 5つの簡潔なレシピとは?

Posted in Big Data, DevOps, Research by Agile Cat on July 10, 2013

5 Rockin’ Tips for Scaling PHP to 30,000 Concurrent Users Per Server
http://wp.me/pwo1E-6lX

July 3, 2013
http://highscalability.com/blog/2013/7/3/5-rockin-tips-for-scaling-php-to-30000-concurrent-users-per.html

_ highscalability

Jonathan Block, CTO at RockThePost.com, a crowd funding company, has written a nice set of tips for smaller sites on how to scale a service on EC2 using a small two person development team.

クラウド・ファンディング会社 RockThePost.com の CTO である Jonathan Block は、二名だけの小さな開発チームが EC2 上のサービスをスケールさせるという、小規模サイトのための素敵なヒント集を記述している。

Their service has a typical small scale structure:

  • PHP’s Zend Framework 2
  • Two m1.medium for web servers
  • ELB to split the load
  • master/slave MySQL database
  • Siege for load testing

彼らのサービスは、典型的な小規模スケールの構造を持っている:

  • PHP のための Zend Framework 2
  • Web サーバーのための 2つの m1.medium
  • 負荷分散のための ELB
  • MySQL Database(master/slave)
  • 負荷テストのための Siege

The very sensible tips that can handle 30,000 concurrent users per web server:

  • Use PHP’s APC feature. APC is opcode cache that is "really a requirement in order for a website to have a chance at performing well."
  • Put everything that’s not a .php request on a CDN. Don’t serve static files from your web server. They put everything on S3 and use CloudFront as their CDN. Recent CloudFront problems have caused them to serve directly from S3.
  • Don’t make connections to other servers in your PHP code. Making connections to other servers blocks the server and slows down processing. Use the APC key/value store for data storage and Varnish for caching full pages.
  • Use Varnish. Using Varnish mage the single biggest difference to their performance under a load test.
  • Use a c1.xlarge. The c1.xlarge has 8 CPUs which really helps under load. The m1.medium has only 1 CPU for processing requests.

1つの Web あたりで、30,000 人のコンカレント・ユーザーを処理するための、とても気の利いたティップス:

  • Use PHP’s APC feature. APC は Opcode Cache であり、きわめて適切なパフォーマンスを、Web サイトが発揮できるようにするための用件である。
  • Put everything that’s not a .php request on a CDN. 対象となる Web サーバーから、スタティック・ファイルを提供してはならない。彼らは、すべてのものを S3 にストアし、 CloudFront をCDN として使用している。最近の CloudFront における課題は、S3 からダイレクトに配信する状況を作ってしまうことである。
  • Don’t make connections to other servers in your PHP code. 他のサーバーへの接続を行うと、そのサーバーがブロックされ、処理が遅くなってしまう。データ・ストレージのために APC key/value ストアを使用し、フル・ページをキャッシュするために Varnish を使用する。
  • Use Varnish. Varnish マジックを利用することで、負荷テストにおけるパフォーマンスのばらつきを軽減する。
  • Use a c1.xlarge. c1.xlarge は、大きな負荷に対して、現実的な効力を持つ 8 CPU で構成されている。また、m1.medium は、1つの CUP でリクエストを処理する。

Pretty straightforward, yet good advice. The original article has many more details and is well worth reading.

かなりシンプルであるが、それなりのアドバイスになっていると思う。 オリジナルの記事は、詳細までの述べているので、読む価値があると思う。

ーーーーー

TAG index次々とマーケットに投入される、新しい概念と常識をベースにした、各種のオンライン・サービスを活用することで、ここで紹介されているような小規模なシステムであっても、信じられないようなパフォーマンスを引き出せる時代になったのですね。それにしても、先日に Google が、GAE での PHP サポートを表明したように、ものすごい勢いで、PHP の勢力が拡大しているように思えます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
PHP のクラウド API とオープンソース
PHP SDK for Windows Azure
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic

%d bloggers like this: