Agile Cat — in the cloud

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on May 14, 2013

Heck yeah! Facebook’s Open Compute Project is making an open source switch
http://wp.me/pwo1E-66u
By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2013/05/08/heck-yeah-facebooks-open-compute-project-is-making-an-open-source-switch/

_ Gigaom

Summary: Not content with open sourcing the server and storage hardware inside data centers, Facebook’s Open Compute Project has teamed up with others to build an open source top of rack switch. Here’s why it matters.

Summary: データセンター内のサーバーおよびストレージといったハードウェアを、オープンにするだけでは満足しないようだ。 Facebook の  Open Compute Project は、ラックのトップに置かれるスイッチをオープンソースで構築するために、そのメンバーたちと協力し始めた。なぜ、それが重要なのが、説明しよう。

ーーーーー

The Open Compute Project, which Facebook launched a little more than two years ago, has decided that utterly disrupting the server and storage market isn’t enough. On Wednesday, it said it would solicit input on an open source top-of-rack switch.

2年と少し前に Facebook が立ち上げた Open Compute Project は、サーバーとストレージの市場を完全に破壊するだけでは、充分ではないと判断したようだ。 そして、この水曜日(5/8)には、オープンソースの top-of-rack switch に関して、仲間を募ると述べた

The project, in a presentation by Frank Frankovsy at Interop, said it was taking a slightly different tack with its design, deciding to get input from others before actually making and releasing the hardware to the community. However, just because the hardware isn’t designed yet, Facebook isn’t going to twiddle its thumbs for a traditional multi-year design cycle. Frankovsky told me in an interview that he expects the hardware to be out in 9 to 12 months.

Interop での Frank Frankovsy のプレゼンテーションによると、このコミュニティのために、実際にハードウェアを作りリリースを解する前に、他者からの意見を取り入れるという点で、これまでの方針とは少し異なる取り組みになる。ただし、まだハードウェアがデザインされていないからといって、Facebook がノンビリと、従来からの複数年にまたがるデザイン・サイクルに甘んじるつもりはないようだ。Frankovsky は私とのインタビューで、9 〜 12ヶ月の間で、出荷できるようにしたいと答えている。

“We have built these islands of openness in the data center but the last element, and the one that was connecting the compute and storage, was the network,” said Frankovsky. “And there is a lot of pent-up passion out there for breaking open this appliance model.”

「 私たちは、データセンターの中に、オープンな島々を構築してきたが、また、最後の要素が残っている。 それは、コンピューティングやストレージのためのコネクションであり、つまりはネットワークのことなのだ。そして、周囲を見れば、現行のアプライアンス・モデルをこじ開けようとする、爆発寸前の情熱にあふれている」と、Frankovsky は発言している。

Networking is the last bastion of proprietary profits

Prepare to be disaggregated, switch!

For those who don’t dwell in data centers, the top-of-rack switch is the networking gear that sits on the top of a rack of servers directing traffic between those boxes and between the other racks in the data center. While the networking world is all aflutter over the promise of OpenFlow and software-defined networking, very little real progress has been made in building switches for the webscale data center.

データセンターの住人ではない人のために説明しておくが、top-of-rack スイッチとは、サーバー・ラックの最上部に置かれるネットワーク機器のことであり、データセンター内のラック間で、トラフィックをやり取りするボックスとして提供されている。 ネットワークの世界は OpenFlow と SDN (software-defined networking) の約束に翻弄されているが、Web スケールのデータセンターにおけるスイッチ群の構築については、きわめて小さな進歩しか達成されていない。

Google, a few years back, had famously issued a request for a new type of switch that would fit its very specific scaled-out needs and no one responded. Now the search giant makes its own hardware. But soon after that, Andy Bechtolsheim saw the need for Google-like speeds and scale and started Arista, a switch company that has dominated in the webscale, financial and high-performance switching space. Meanwhile, at the lower end, Cisco’s cheaper Nexus line of switches have done really well.

数年前の、とても有名な出来事だが、スケールアウトのニーズに合った新しいタイプのスイッチを、Google が要求していたのだが、どのメーカーもそれに応えなかった。 したがって、このサーチ・ジャイアントは、いまでは自身でハードウェアを作る状況になっている。 しかし、その直後に Andy Bechtolsheim が、Googleが言うようなスピードとスケールの必要性を理解し、Arista を立ち上げた。 同社は、Web スケールや金融が、高性能スイッチング・スペースを支配する会社になった。 その一方で、ローエンドでは、Cisco の安価な Nexus ラインナップが頑張っている。

Facebook’s Najam Ahmad.

Yet, these options aren’t palatable for Frankovsky or Najam Ahmad of Facebook (Ahmad will be at our Structure conference in June discussing more about Facebook’s networking strategy). On the existing product side, Frankovsky is frustrated by hardware that doesn’t play nicely at scale. He specifically mentioned that the side venting of heat on switches means he can’t place them right next to another switch. Ahmad, who is in charge of the social-networking giant’s network, is concerned about getting out of the proprietary OS model.

しかし、こうした選択肢は、Facebook の Frankovsky や Najam Ahmad( Structure conference in June で Ahmad は、Facebook のネットワーク戦略についての詳細を語る)の好みではない。既存のプロダクトに対して Frankovsky は、スケールを上手く達成できないと不満をつのらせていた。とりわけ彼は、スイッチで排熱サイド・ベントにより、スイッチの横に何も置くことができないことを指摘している。また、このソーシャル·ネットワーキングの巨人において、ネットワークを担当している Ahmad は、プロプライエタリ OS モデルからの脱出を検討している。

“We want it to be OS-agnostic so we can use one from our existing provider or build our own,” he said. He added that he’d prefer an open Linux-based implementation. These proprietary OSes — Cisco has IOS, Juniper has Junos and Arista has EOS — are one of the reasons that companies are locked into one networking gear provider. They are also stuck using proprietary code to make changes.

「 私たちは、OS の種類に気遣いしたくない。 そうすれ、既存のプロバイダからのものを使用することも、独自に構築することも可能になる」と、彼は発言している。そして、オープンな Linux ベースの実装を好むだろうと、付け加えている。 プロプライエタリな OS( Cisco の IOS/Juniper の Junos/Arista の EOS)は、ユーザー企業を特定のネットワーク・ギア・プロバイダにロックインさせる、もう1つの理由でもある。そして、それらの企業も、プロプライエタリなのコードを変更することで、立ち往生している。

Who will be the Red Hat of the networking OS?

Networking cables along the ceiling at Facebook HQ.

If you are chock full of technically savvy people, losing the agility that comes from writing your own code as well as paying higher prices for the proprietary hardware and software combination is probably maddening. Hence Facebook’s interest in the open source OS. Of course, building out the underlying hardware is only the first step, the next will be supporting an OS that runs on top of that system.

たくさんの、テクノロジーに精通した人々を有する場合、独自のコードからもたらされるアジリティの喪失だけではなく、プロプライエタリなハードウェアとソフトウェアの組み合わせに対して、高い費用を支払うことは腹立たしいことだろう。それ故に、Facebook の関心はオープンソース OS に集約される。もちろん、基礎となるハードウェアを構築することは単なる最初のステップであり、そのシステム上で動作する OS のサポートが次に続く。

While Facebook might build its own OS, not every company will want to do that, and Facebook may not open source its own networking OS if it ever makes one. That leaves a market opportunity. Perhaps a firm like Arista might move in here with an open source version of EOS, although given that Arista uses merchant silicon in its boxes, putting up an open-source version of its software would eat into its margins.

Facebook は、独自の OS を構築するかもしれないが、すべての企業が、必ずしもそれを構築するとは限らない。 そして、Facebook がグループの一員でなければ、その独自ネットワーク OS がオープンにならない可能性もある。それにより、マーケットにはチャンスが残される。Arista のような会社は、EOS のオープンソース版を携えて、ここに移動するかもしれない。しかし、その BOX で市販のシリコンを使用し、そこにソフトウェアのオープンソース版を入れて、マージンを得ることが前提となるだろう。

This is neither Open Flow nor SDN

But let’s go back to the box. Facebook is working with Broadcom, Intel, The Open Daylight Foundation, the Open Networking Foundation and Big Switch as some of its collaborators on this project. The box itself might run x86 hardware or a proprietary ASIC, according to Frankovsky. As for the protocols, Open Compute is going to see what the other collaborators want.

ここで BOX の話に戻ろう。 Facebook は、このプロジェクトへの協力者として、Broadcom/Intel/The Open Daylight Foundation/Open Networking Foundation/Big Switch などと協調している。 Frankovsky の話によると、その BOX 自体は、x86 ハードウェアやプロプライエタリな ASIC を走らせることになりそうだ。 そして、プロトコルとしては、他の協力者たちが欲するものを、Open Compute が見定めていくことになる。

Software-defined networking

But for those wondering about Open Flow support, it’s likely. Frankovsky said that the Open Networking Foundation asked Facebook to get involved via the Open Compute Project with making open networking hardware. While Frankovsky and Ahmad didn’t cop to it, I know there has been frustration in many areas of the webscale and networking world that the promise of commodity hardware that Open Flow could offer has not really hit the market in a way that offers the most flexibility for data center operators.

しかし、Open Flow のサポートについては、疑問を抱くものにいるかもしれない。Frankovsky が言うには、オープンなネットワーク・ハードウェアを作ること関連して、Open Networking Foundation は Open Compute Project を介したかたちで、Facebook に参加を求めてきたようだ。 Frankovsky と Ahmad は、それに迎合しなかった。私が認識しているのは、Web スケールとネットワークの世界において、コモディティ・ハードウェアに対する約束がないという、不満が募っているという状況である。つまり、Open Flow は、実際のデータセンター事業者に対して、最大の柔軟性を提供するという点で、マーケットの要求を満たしていないのだ。

Frankovsky said that the ONF approached Open Compute (Facebook is a founding member of both organizations) in part because it believed it could move quickly on this. And it will. But it’s worth noting that this announcement is about an open source top-of-rack switch, not a controller and not some type of software-defined networking play.

また、ONF が Open Compute にアプローチしてきたのは(Facebook は双方の設立メンバーである)、彼らの活動を迅速に進めたいからだとも、Frankovsky は述べている。もちろん、それは可能だろう。しかし、今回のアナウンスメントが、何らかのコントローラや SDN ではなく、オープンソースの  top-of-rack switch を示していることに注目すべきだろう。

Other companies may take this box and perhaps an open source OS if one is developed, and then layer on some type of controller software to make a software-defined network, but this is just a box.

ここで説明するものが開発されるなら、おそらく他の企業は、おそらく BOX とオープンソース OS を採用した後に、SDN を構築するためのコントローラ・レイヤに取り組むだろうが、ここでの話は BOX に限られたものである。

That being said, this is a box that could seriously disrupt the existing players in networking, from giants like Cisco and Dell all the way to smaller startups like NoviFlow or even Pica8. Much like Facebook is changing the server market with Open Compute, we’ll see if it can tweak the model and do the same in networking.

そうは言っても、Cisco や Dell などの大手から、NoviFlow や Pica8 といったスタートアップにいたるまで、この BOX がもたらす破壊は、かなり深刻なものになるだろう。それは、Facebook が Open Compute を用いて、サーバー市場を変革しようとする流れと同じだ。 これまでのモデルに手を加え、ネットワークに変革をもたらすことができるのかどうか、私たちは検証していくことになるのだろう。

Related research

ーーーーー

imageOpen Compute Project の中でも、最もホットな動きです。以前から、誰もが思っていた、ネットワーク・スイッチのオープン化が始まります。すでに、無印サーバーが、かなりのシェアを占めているわけですが、こうした実績を背景に、今度はスイッチに取り組むことになります。 Arista の Andy Bechtolsheim は、Open Compute がファンデーション化されたときから、ボード・メンバーを務めているので、いつかは、こういう日がくるのだろうと感じていた人も多いかと思いますが、予想以上に早かったというのが Agile_Cat の感想です。そして、文中にもあるように、年内もしくは来年の初めには、何らかの結果が出てくるとのことです。 とても、楽しみですね。image141

ーーーーー

<関連>

Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?

%d bloggers like this: