Agile Cat — in the cloud

Open Compute Summit 2013 – Directory

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on January 21, 2013

A tiny contribution to OCP folks from Japan Team
http://wp.me/pwo1E-5xS

image

As many folks gathered in Santa Clara, there are many of OCP related articles in Internet tech sites. Furthermore, all the report of them has sent praise to the philosophy of OCP. For the Japan team, this summit was especially a nice phrase. Because of, OCP Asia Pacific has launched, and Frank announced it in his keynote. So, I would like to share the report of this memorable summit.

たくさんの人々が Santa Claraに集まったように、数多くの OCP関連記事が提供されている。さらに言えば、それらすべての記事が、OCPの哲学に対して賞賛を送っている。そして、とりわけ日本チームにとって、今回のサミットは嬉しいものになった。なぜなら、OCP Asia Pacific が立ち上がり、また、Frank がキーノートで、それを発表したからだ。それゆえに、この記念すべきサミットに関する報道を共有したい。

———

Open Compute Summit Winter 2013 – Live Streaming
Jan 16, 2013 12:00pm EST — Thu Jan 17, 2013 6:00pm EST
http://new.livestream.com/ocp/winter2013

OCP Summit IV: Breaking up the monolith
Wednesday, January 16, 2013 · Posted by Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

Tim O’Reilly to Deliver a Keynote at the Open Compute Summit IV
Saturday, December 22, 2012 · Posted by Pete Bratach at 00:13 AM
http://www.opencompute.org/2012/12/22/tim-oreilly-to-deliver-a-keynote-at-the-open-compute-summit-iv/

———

Facebook and Open Compute just blew up the server and disrupted a $55B market
GigaOm – By Stacey Higginbotham – Jan. 16, 2013 – 10:00 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/16/facebook-and-open-compute-just-blew-up-the-server-and-disrupted-a-55b-market/

Facebook, Intel, & Rackspace get more open-source than ever with new designs - Japanese
Venturebeat – January 16, 2013 – Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/01/16/facebook-intel-rackspace-get-more-open-source-than-ever-with-new-designs/

Facebook Shatters the Computer Server Into Tiny Pieces
Wired – By Cade Metz – Jan 16, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/facebook-server-pieces/

Facebook’s Other Big Disruption
New York Times – By QUENTIN HARDY – January 17, 2013
http://bits.blogs.nytimes.com/2013/01/17/facebooks-other-big-disruption/

Open Compute: Momentum Builds for Open Hardware
Datacenter Knowledge – By: Rich Miller – January 16th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/16/open-compute-momentum-builds-for-open-hardware/

Open Compute Project to ask college students for hardware ideas
GigaOM – By Jordan Novet  – Jan. 17, 2013 – 7:39 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/17/open-compute-project-to-ask-college-students-for-hardware-ideas/

Facebook Open Compute Project Shapes Big Data Hardware
Informationweek – Doug Henschen – January 17, 2013
http://www.informationweek.com/software/information-management/facebook-open-compute-project-shapes-big/240146481

New COO Named for Open Compute Foundation
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – November 16th, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/11/16/new-coo-named-for-open-compute/

Open Stack, Open Compute And How Opening Up Is The Only Way To Reach The Data Heavens
TechCrunch – Alex Williams – Jan 19, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/19/open-stack-open-compute-and-how-opening-up-is-the-only-way-to-reach-the-data-heavens/

Scenes from Day 1 of Open Compute Summit
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – January 17th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/17/highlights-from-day-1-of-open-compute-project-summit/

Intel And Facebook Team To Open Source Data-Center Designs, Open Compute Project Grows With 12 New Members
TechCrunch –
Alex Williams – January 16th, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/16/facebook-open-sources-more-of-its-designs-for-storing-pictures-and-saving-power/

OpenCompute servers and AMD Open 3.0
Anand Tech – by Johan De Gelas on 1/16/2013 5:09 PM EST
http://www.anandtech.com/show/6673/opencomputer-servers-and-amd-open-30

Facebook’s Open Compute Project splits up monolithic servers with help from Intel, more
Engadget – By Jon Fingas posted Jan 16th, 2013
http://www.engadget.com/2013/01/16/facebook-open-compute-project-splits-up-monolithic-server-designs/

AMD Open 3 Enables OpenCompute Servers
Internet News – By Sean Michael Kerner – January 18, 2013
http://www.internetnews.com/ent-news/amd-open-3-enables-opencompute-servers.html

Video: Facebook’s Open Compute Project Summit
Network World – By Keith Shaw – 01/18/13
http://www.networkworld.com/community/node/82182

Applied Micro ARM servers all over Open Compute Project
The Register – By Timothy Prickett Morgan – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/applied_mixcro_x_gene_open_compute/

AMD Rolls Out Energy-Efficient Open Compute Server Board
eWeek – By Jeffrey Burt – Posted 2013-01-16
http://www.eweek.com/servers/amd-rolls-out-energy-efficient-open-compute-server-board/

Avnet Embedded Introduces Open Compute Project Innovation Labs
by Avnet –
01/16/2013
http://www.inddist.com/news/2013/01/avnet-embedded-introduces-open-compute-project-innovation-labs

Facebook’s Open Compute Hardware Hackathon Yields Server Debugging Solution
ReadWrite Web – Taylor Hatmaker – Jan 21, 2013
http://readwrite.com/2013/01/21/facebooks-open-compute-hardware-hackathon-yields-server-debugging-solution

——— Update: Jan 22

Roundup: Open Compute Summit 2013
DatacenterKnowledge – Rich Miller January 21st, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/21/roundup-open-compute-summit-2013/

Rackspace Adopts Open Compute And Plans New UK Data Centre
Channelbiz – January 22, 2013 by Peter Judge
http://www.channelbiz.co.uk/2013/01/22/rackspace-adopts-open-compute-and-plans-new-uk-data-centre/

Facebook rolls out new web and database server designs
The Register – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/open_compute_facebook_servers/

——— Update: Jan 24

Rackspace follows in Facebook’s footsteps, plans to build own servers
Network World – January 18, 2013
http://www.networkworld.com/news/2013/011813-rackspace-265967.html

——— Update: Jan 25

Why Open Source Hardware Is No Oxymoron
Wired – Jan 24, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/open-compute-rackspace/

Can Facebook’s Open Compute Explode The Server Market?
Tech Week Europe – January 23, 2013
http://www.techweekeurope.co.uk/comment/facebook-open-compute-data-centre-servers-105192

Open Compute Project names hackathon winner
GigaOM – Jan 24, 2013
http://gigaom.com/2013/01/24/open-compute-project-names-hackathon-winner/

Intel, Fusion-io Embrace Open Compute
Network Computing – January 24, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-center/intel-fusion-io-embrace-open-compute/240146974

———

__AC Stamp 2A lot of thanks to OCP folks.  Again, it was the nice opportunity to lean and discuss the philosophy of OCP. See you again in the next summit of Las Vegas!

ほんと、OCP の人たちには、お礼の言葉もないくらい感謝しています。このサミットでは、いつも学び、考えるべきことを示唆してもらいます。次は、秋の Las Vegas です!image

———

Related Sites:

Open Compute Project
Open Compute – Facebook Page
Prineville Data Center – Facebook Page
Open Compute Project Japan
Agile Cat – OCP Category

 

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Posted in .Selected, Cloud Stack, Telecom by Agile Cat on November 27, 2012

Leading Telecommunications Companies Choose Apache CloudStack to Power their Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5gs

2012/10/17
http://www.citrix.com/news/announcements/oct-2012/leading-telecommunications-companies-choose-apache-cloudstack-to.html

image

Citrix CloudPlatform, Powered by Apache CloudStack, Selected as the Foundation for Successful Global Cloud Deployments

ーーーーーImage(2)

Citrix today announced that more than a half a dozen of the world’s leading telecommunications companies have chosen Citrix CloudPlatform, powered by Apache CloudStack, as the foundation for their next generation cloud computing offerings, including: BT, China Telecom, EVRY, IDCFrontier, KDDI, KT, NTT Communications and Slovak Telecom. These recent wins by Citrix in the global telecommunications market add to company’s already successful track record in helping the world’s largest providers build highly scalable and successful cloud computing businesses.

今日のことだが、Citrix は半ダース以上の世界のリーディング・テレコム・カンパニーが、次世代クラウ・ドコンピューティングの基盤として Apache CloudStack が提供する、Citrix CloudPlatform を採用していると発表した。 そして、そこには、BT/China Telecom/EVRY/IDCFrontier/KDDI/KT/NTT Communications/Slovak Telecom が含まれている。 最近のグローバル・テレコム市場における Citrix の躍進は、スケーラブルなクラウド・コンピューティングを構築し、そのビジネスを成功させてきた世界の大手プロバイダーのリストに、新たなページを付け加えるものとなる。

The emergence of public Infrastructure as a Service (IaaS) clouds in the last several years is changing the way that individuals, developers and businesses utilize computing power. Unpredictable demand, aggressive development schedules and cost savings are some of the reasons that end-users are signing up for cloud computing offerings and moving their applications to the cloud. With CloudPlatform, Citrix offers all of the necessary management software and infrastructure technology for global telecommunications providers to take advantage of this market demand and deliver cloud computing services that are custom tailored to their customers and market.

この数年における IaaS クラウドの台頭は、コンピューティング・パワーを活用する、個人/開発者/企業の通るべき道筋を変化させている。 予想できない負荷の変動および、積極的な開発スケジュール、そしてコストの削減といった要因の背景には、クラウド・コンピューティングが提供するものに、エンドユーザーがサインアップし、そこに自身のアプリケーションを移動してくるという形態が存在する。 Citrix は CloudPlatform により、グローバル・テレコム・プロバイダが必要とする、すべてのマネージメント・ソフトウェアとインフラ・テクノロジーを提供する。 それにより、それぞれのプロバイダーは、この市場における需要を先取りし、顧客と試乗に合わせて仕立て上げられた、カスタムなクラウド・コンピューティング・サービスを供給していく。

Image(48)

Citrix CloudPlatform is based on Apache CloudStack, the market leading open source cloud computing project currently undergoing incubation in the Apache Software Foundation. Since its introduction, Apache CloudStack has rapidly become the leading open source platform for building, managing and delivering highly scalable infrastructure-as-a-service clouds for a wide range of customers such as these leading providers. CloudStack has more than 30,000 community members, thousands of certified apps, and hundreds of production clouds, collectively generating more than $1 billion in cloud revenue from some of the biggest brands in the industry.

Citrix CloudPlatform は、マーケットをリードし、また、Apache Software Foundation でインキュベートされている、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プロジェクトである、Apache CloudStack をベースにしたものである。 その立ち上がりから、Apache CloudStack は、きわめてスケーラブルな IaaS クラウドを構築/管理/供給する、最先端のオープンソース・プラットフォームへの道を、素晴らしいスピードで駆け上がり、また、以下に紹介するリーディング・プロバイダーを含む、広範囲におよぶレンジをカバーしている。 CloudStack には、30,000人以上のコミュニティ・メンバーがいて、数千の保証されたアプリケーションと、数百のプロダクション・クラウドがある。そして、この業界における、いくつかのビッグ・ブランドから、少なくとも $1 billion のクラウドによる収入を生み出している。

Leading telecommunications companies are increasingly choosing Citrix CloudPlatform as the platform for their next-generation cloud services because it is the most proven way to build production ready clouds on an open source platform designed for economics, elasticity and scale – complete with commercial engagement and support from Citrix. Already proven in deployment at over 140 customers worldwide, Citrix CloudPlatfom delivers a powerful, proven, hypervisor-agnostic platform that helps customers of all sizes build true Amazon-style clouds.

リーディング・テレコム企業が、自身の次世代クラウド・サービスのために、Citrix CloudPlatform をプラットフォームとして選ぶケースが増えている。なぜなら、経済性/柔軟性/スケールを考慮して設計された、オープンソース・プラットフォーム上で、プロダクション・クラウドを構築する上で、最も広い範囲で証明された方法であり、また、しっかりと商用を意識し、Citrix からサポートされるからである。 Citrix CloudPlatfom は、すでにワールドワイドで 140社以上の顧客にディプロイメントされ、すべてのサイズの Amazon スタイル・クラウドを、構築を促進するためのパワフルさを証明された、ハイパーバイザを意識しないで済むプラットフォームを供給する。

ーーーーー

Li JinLing
General Manager of Software Development Dept.
China Telecom System Integration Co.,Ltd.

Cloud computing is one of the fastest growing technology movements in China, attracting customers across all industries, regions and sizes of organizations that are looking for the efficiencies and economics associated with on-demand IT services. China Telecom has a long-standing history of working with open source technologies and have been working extensively with Apache CloudStack as the foundation for our new cloud service. We chose CloudStack because of its technical maturity, it’s broad ecosystem of supporters and our ability to participate in its open source community.

クラウド・コンピューティングは China において、最も成長の速いテクノロジーの流れを作り出している。そして、オン・デマンドの IT サービスと結び付けられる、効率と経済に注目している、すべての業種/地域/規模における組織をまたいで、顧客たちを引き付けている。 China Telecom は、オープンソース・テクノロジーと、長期間にわたって協調してきた歴史を持ち、また、私たちの新しいクラウドサービスのための基盤として、Apache CloudStack と幅広く協調している。CloudStack を選択したのは、テクニカルにおいて成熟しているからである。そして、サポートのための広範囲におよぶエコシステムがあり、そのオープンソース・コミュニティに参加していけるところに、私たちの理由がある。

ーーーーー

Baard Mühlbradt
Managing Director
EVRY

As one of the largest providers of Telecommunications and IT services to the Nordic region, when EVRY looked to build out a comprehensive cloud service portfolio of on-demand computing resources, on-demand connectivity, and on-demand managed services for smb and enterprise customers, it was important that we picked a proven platform that met the high standards and functionality that our customers expect. After evaluating the options on the market, we chose Citrix CloudPlatform and CloudPortal as the foundation to our service. Based on the leading open source Apache CloudStack project and proven with large scale deployments in the IT Services industry, it was clear to EVRY that Citrix CloudPlatform gave us the fastest time to market and the richest feature-set that enables us to deliver high quality enterprise cloud services to our customers.

スカンジナビアにおける最大手のテレコムとして、また IT サービス・プロバイダとして、EVRY は包括的なクラウド・サービス・ポートフォリオの構築に注目している。 それは、SMB とエンタープライズのための、オン・デマンドのコンピューティング・リソース/コネクティビティ/マネージメント・サービスで構成されるものであり、また、標準化と機能を高度なレベルで満たすと証明された、プラットフォームの選択を、私たちの顧客は期待していた。 そのマーケットにおける選択肢を評価した後に、私たちのサービスの基盤として、Citrix の CloudPlatform と CloudPortal が選ばれた。 オープンソースをリードする Apache CloudStack プロジェクトが基盤となり、また、IT Services 業界で大規模スケール・ディプロイメントが証明されていた。 したがって、Citrix CloudPlatform が、市場へ向けた最短の道のりと、最もリッチな機能を提供することが、EVRY にとって明らかにされていた。それは、高品質のエンタープライズ・クラウド・サービスを、私たちの顧客に提供できるものであった。

ーーーーー

Mr. Ichiro Nakayama
Division Director of Business Development
IDCFrontier

For the last year, IDC Frontier has been at the forefront of bringing innovative cloud computing services and technologies to businesses in Japan with our leading IDCF Cloud Self Type. In order to take advantage of the the growing interest in public cloud services in Japan, we needed to partner with a technology provider that enabled us to get to market quickly with a solution that met the quality, reliability and technology needs of our demanding customers. IDC Frontier was the first provider to bring Citrix CloudPlatform and the Apache CloudStack project to the Japanese market and we look forward to working with Citrix and the community to advance cloud computing across our region.

昨年を通じて、IDC Frontier は、先進の IDCF Cloud Self Type を用いて、日本企業におけるクラウド・コンピューティングのサービスとテクノロジーを、革新していく最前線に立ち続けた。日本において増大するパブリック・クラウド・サービスへの関心という、最先端のトレンドを形にするために、テクノロジー・プロバイダーとのパートナシップを、私たちは必要としていた。そして、そのパートナシップは、私たちの顧客が要求していくる、品質/安定性/先進技術というニーズを充たすソリューションで、IDCF のビジネスを素早く支援する必要があった。こうした背景により IDC Frontier は、Citrix CloudPlatform と Apache CloudStack プロジェクトを、日本市場にもたらす最初のプロバイダーとなった。 そして、さらに、このリージョンを横断するクラウド・コンピューティングを推進するために、Citrix およびコミュニティと協調できることを、私たちは楽しみにしている。

ーーーーー

Mr. Akihiro Nakashima
General Manager, Cloud Services Planning and Development Department
KDDI

In July, KDDI introduced the KDDI Cloud Platform Service, a highly reliable cloud service specifically focused on addressing the growing needs of enterprises in Japan that have higher requirements around control, security and reliability that typically found in most public cloud services. Citrix CloudPlatform’s proven success with the world’s largest Cloud Service Providers coupled with its commitment to openness and interoperability made it the ideal solution when we were evaluating the various cloud management solutions. We are excited to be working with Citrix on the innovation and evolution of the cloud computing market.

この 7月に、KDDI が導入した KDDI Cloud Platform Service は、日本のエンタープライズの間で増大するニーズにフォーカスする、とりわけ信頼性を重視したクラウド・サービスである。 具体的には、大半のパブリック・クラウド・サービスに顕著な、制御/安全性/信頼性をとりまく、きわめて厳格な要件に対応するものとなる。 Citrix CloudPlatform の成功体験は、オープン性とインターオペラビリティの約束と結び付けられたものであり、また、世界で有数の Cloud Service Provider たちが証明するものである。そして、私たちが、各種のクラウド・マネージメント・ソリューションを評価したとき、そこに理想的なソリューションを見出すことができた。 クラウド・コンピューティング市場にイノベーションと進化をもたらすために、私たちは Citrix と協調している。 とてもエキサイティングである。

ーーーーー

Ji-Yun Kim
SVP of Cloud BU
KT

For the past 2 years, KT has been partnering with Citrix in delivering the ucloud biz,, an innovative public cloud service based on Apache CloudStack. When building cloud systems, choosing pertinent partners is critical for business success. We used Citrix CloudPlatform as the foundation for our private cloud and found it to be an extremely robust solution that minimized the overhead costs of integration and complex deployment schedules. Citrix CloudPlatform technology seamlessly integrated with our existing technology and is allowing us to create a strong and agile public cloud.

これまでの 2年間において、KT は Apache CloudStack ベースの革新的なパブリック・クラウド・サービスである、ucloud biz を展開するために、Citrix とパートナーシップを作り上げてきた。クラウド・システムの構築に際して、適切なパートナーを選択することが、ビジネスを成功に導くために重要となる。私たちは、プライベート・クラウドの基盤として、Citrix CloudPlatform を用いている。そして、インテグレーションにおける間接コストと、ディプロイメント・スケジュールにおける複雑さを最小化する、堅牢なソリューションであると認識している。 Citrix CloudPlatform てテクノロジーは、私たちの既存テクノロジーとシームレスに統合され、強固でアジャイルなパブリック・クラウドの構築を実現している。

ーーーーー

Mr. Motoo Tanaka
Senior Vice President, Cloud Services
NTT Communications

As the industry continues to move to Cloud-based solutions, we focused on developing offerings that help partners leverage the rapid growth taking place in this segment, while also bringing the benefits of Cloud to small and medium businesses. By partnering with Citrix around Apache CloudStack and utilizing the commercial Citrix CloudPlatform, we have launched flexible, scalable, and cost-effective global public cloud service called “Cloudⁿ” which can expedite time to market and develop highly reliable solutions to expand our partners’ business opportunities.

IT 産業がクラウド・ベースのソリューションへ向けて移行するにつれて、このセグメントにおけるパートナーたちが、素早く成長していくための支援を目標に、私たちは自身の開発にフォーカスしてきた。その一方で、クラウドのメリットを、中小企業にもたらすことにも注力してきた。Apache CloudStack に関連するパートナーシップを Citrix と作り上げ、商用の Citrix CloudPlatform を活用することで、 私たちは、フレキシブルで、スケーラブルで、コスト・エフェクティブなグローバル・パブリック・クラウド・サービスを立ち上げた。 それが、Cloudn であり、 私たちのパートナーにおけるビジネスチャンスを拡大するために、彼らのサービス開発サイクルを早め、きわめて信頼性の高いソリューションを実現している。

ーーーーー

Ján Adamec
Chief ICT and Corporate Segment Officer
Slovak Telekom

Earlier this month Slovak Telekom launched TelekomCloud, our innovative public IaaS cloud service portfolio of on-demand computing resources to address the growing interest in cloud computing in the region – the first of its kind in Slovakia. After an extensive search to find the right partner for our service, we chose Citrix CloudPlatform as it provided us with a proven cloud management platform that enabled us to get to market quickly and provided advanced features like billing, self-service portal, networking as a service and a software catalog, helping us operate our cloud as a business.

今月の初めに、Slovak Telekom は TelekomCloud をローンチした。それは、オン・デマンドのコンピューティング・リソースに関する、革新的なパブリック IaaS クラウド・サービス・ポートフォリオであり、私たちの地域において増大する、クラウド・コンピューティングへの関心に取り組むためのものである。 つまり、Slovakia における最初のクラウドである。 私たちのサービスにとって、最適なパートナーを探すための大規模な調査の後に、すでに実績の証明されたクラウド・マネージメント・プラットフォームを提供するものとして、Citrix CloudPlatform を選んだ。それにより、迅速なビジネスの立ち上げが可能となった。そして、先進的な機能である、課金サービスや、セルフサービス・ポータル、サービスとしてのネットワーク、ソフトウェア・カタログなどが提供され、ビジネスとしての私たちのクラウドを、容易に運用することができた。

ーーーーー

Sameer Dholakia
Group VP and GM of Cloud Platforms
Citrix

We believe the biggest winners in the Cloud Era will be clouds built on a platform that is designed from the ground up with a true Amazon-style architecture, proven at scale in real production clouds, compatible with the Amazon architecture and fully committed to open source. The magnitude of global adoption among these telecommunications providers entrusting their core infrastructure service to the Citrix CloudPlatform is tremendous validation and proof of our position in the marketplace.

私たちが確信するのは、まさに Amazon スタイルのアーキテクチャを用いて、ゼロからデザインされたプラットフォーム上のクラウドが、Cloud Era における最大の勝者になる点に集約される。つまり、プロダクション・スケールで証明されたクラウドであり、また、Amazon アーキテクチャとの完全な互換性を持ち、完全なオープンソースを約束するものである。 Citrix CloudPlatform にコアとなるインフラ・サービスを託す、一連のテレコム・プロバイダーに対する、グローバルで大規模なアダプションは、とてつもなく大きな評価を意味し、マーケットにおける私たちのポジションを証明する。

ーーーーー

imageベンダーさんのニュースを訳すのは、ほんとうに久々のことです。 もともと、なぜ CloudStack が、これほどまでテレコムに導入されるのかという、とてもシンプルな興味があったのですが、このレビューを見ても分かるように、世界の 8社の中で、日本勢が 3社を占めるという状況にも惹かれます。 それぞれの理由があるようですが、全体に共通するのは、オープンソースであり、実運用環境での証明が済んでいるという、ふたつのポイントです。 そして、同じレンジで競い合うものとして、OpenStackOpenNebula があります。まさに、使う側の視点から構成された、新しいクラウドの世界へと、私たちは進み行っているわけで、そう考えると、とてもワクワクな気分になってきますね! image

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
クリエーションラインと、CloudStack/MidoNet/Cloudian の統合戦略とは?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

お待たせしました VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 10, 2012

Finally! VMware joins the OpenStack Foundation, this time for real
http://wp.me/pwo1E-4Jr

Sep 7, 2012 – 4:05PM PT
http://gigaom.com/cloud/finally-vmware-joins-the-openstack-foundation-this-time-for-real/

_ Gigaom

After weeks of back and forth and considerable anxiety, VMware, Intel and NEC are now Gold members of the OpenStack Foundation. The news comes out of Friday afternoon’s OpenStack board meeting.

何週もの間、話しが行ったり来たりし、また、皆さんをヤキモキさせた末に、VMware と、Intel と、NEC は、ようやく OpenStack Foundation の Gold メンバーになれた。 このニュースは、金曜日(8/7)の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングからのものである。

ーーーーー

imageVMware is now officially a Gold member of the OpenStack Foundation, along with Intel and NEC. The OpenStack board met Friday afternoon to consider their applications, which were held over from the last seven-hour board meeting.

いまや VMware は、Intel および NEC と共に、OpenStack Foundation の Gold メンバーになったと、オフィシャルに発表された。 金曜日の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングでは、前回の 7時間会議で先送りされた、それらの企業からの入会申請について話し合いが行われた。

Judging by the Twitter accounts, the meeting was not without drama — some participants were apparently surprised and nonplussed that their votes would be public.

この Twitter アカウントから判断すると、このミーティングにはドラマがあったようだ。 つまり、参加者の投票結果がオープンにされたことで、驚いたり当惑したりした人が居たようだ。

image

The notion of VMware joining this open-source cloud effort still strikes some as incongruous since OpenStack launched two years ago to build a technology stack to compete with proprietary cloud software — namely VMware’s vCloud. Many vendors, including Rackspace, HP, and Cisco, backed OpenStack as a hedge against both VMware and Amazon.

この、オープンソース・クラウドに労力を費やしてきた人々にとって、依然として VMware の参加は、辻褄のあわないことらしい。なぜなら、2年前に OpenStack が立ち上げられたのは、プロプライエタリなクラウド・ソフトウェアに対抗する、すなわち VMware の vCloud と戦うための、テクノロジー・スタックの構築という意味があったからだ。 Rackspace/HP/Cisco を含む数多くのベンダーが、VMware と Amazon に対するヘッジとして、OpenStack を支持してきた。

image

But since then, VMware’s stance has evolved. It is fielding Cloud Foundry as an open-source platform as a service and it just completed its purchase of Nicira, a software-defined networking vendor that has been an active OpenStack participant.

しかし、その時と比べて、VMware のスタンスは前進してきている。 同社は、オープンソース PaaS としての Cloud Foundry を擁立し、また、アクティブな OpenStack メンバーであり、SDN ベンダーである Nichira を買収している。

There is still some anxiety that VMware will be a fox in OpenStack’s hen house, though. There was also some chatter that the rival Apache CloudStack Project backed by Citrix and others might be the more open and transparent cloud option.

しかし、OpenStack 鶏舎に VMware キツネが、潜り込もうとしていると危惧する、何人かのメンバーがいる。 そして、Citrix が支援する、ライバルとしての Apache CloudStack Project に関する囁きもある。 また、さらにオープンで透明なクラウドの、選択肢であることを望む人々もいるのだろう。

ーーーーー

image如何にオープンソースと言えども、そこに参加する企業群が、クラウドで成功するための OpenStack ですから、きわめて現実的なというか、勝ち抜いていくための戦略が必要なのでしょうね。 先日にポストした 『 ちょっと待ってね VMware さん 』 から、一週間ほどが経ちましたが、長々と時間をかけずに、合議制で結論を出した OpenStack は、妥当な仕事をしたと評価したいです。 この参加を認める認めないは別にして、迅速に結論を出すことが、OpenStack にとって最も重要なことだと思えるのです。 ーーー

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

 

ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 4, 2012

VMware will have to wait a little longer to join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4HU

By
Barb Darrow – Aug 29, 201
http://gigaom.com/cloud/vmware-joins-openstack-not-so-fast/

_ Gigaom

It’s hurry up and wait when it comes to VMware’s bid to become part of OpenStack’s inner circle. Its application for Gold membership status — along with applications from Intel and NEC — will have to wait for the next Open Stack Foundation meeting.

VMware が OpenStack に仲間入りしようと、ある種の賭けにでたときから、それは急がれることであり、また、待つべきことになっている。 そして、VMware の Gold メンバーになろうとする、VMware からの申請に対して(Intel と NEC も同様に)、次の Open Stack Foundation ミーティングまで、回答が先送りされるようだ。

ーーーーー

image

VMware is not yet an official Gold member of the OpenStack Foundation. Nor is Intel or NEC.  The applications of all three companies to join the open-source cloud coalition were not heard as planned at the Foundation’s first meeting Tuesday.

まだ VMware は、OpenStack Foundation の Gold メンバーとして、正式には認められていない。 また、Intel と NEC も同様である。  これら 3社からの、オープンソース・クラウド連合への参加申請について、同ファンデーションが火曜日に開催した最初のミーティングでは、その計画にまで議論が至らなかったようだ。

The reason? The confab ran very long — seven hours — and the group didn’t get to the applications, according to Jonathan Bryce, the foundation’s executive director.

その理由は、どこにあるのだろう?  同ファンデーション の事務局長である Jonathan Bryce によると、討論は 7時間の長丁場に及んだようだが、それらの申請が受理されるまで話は進まなかったとされる。

“This was the first board meeting and we covered a lot of topics including basic finance and compensation things, but we ran out of time,” Bryce said. The applications will be considered at a future meeting, the date to be determined.

「今回は、最初のボード・ミーティングであり、基本的な財務や支払いなどを含む、数多くのトピックをカバーしが、それらについて話したところで時間切れとなってしまった。一連の入会申請に関しては、次回のミーティングで検討されるが、その日程を決めなければならない」と、Bryce は発言している。

imageNews that VMware wanted to be part of the effort was surprising to many. VMware pushes its proprietary vCloud as the OS of choice for the cloud while OpenStack is viewed as a counterweight to proprietary software. In April, just after Citrix backed CloudStack as a rival to OpenStack and Eucalyptus, a VMware VP referred to the three open-source cloud contenders as the ugly stepsisters vying for the customer (Prince Charming). to vCloud’s Prince Charming.

このサークルの一部として機能したいという、VMware からの申請は、人々を驚かすニュースになった。VMware は、クラウドにおける OS の選択肢として、プロプライエタリな vCloud をプッシュしているが、OpenStack は、こうしたプロプライエタリへのカウンターだと見なされている。 この 4月に、OpenStack と Eucalyptus のライバルである CloudStack を Ctrix が支持した直後に、ある VMware VP は、それら 3つのオープンソース・クラウドの争いについて、ユーザー(Prince Charming)を取り合う泥仕合のようなものだと評していた。

On the other hand, it wasn’t all that shocking. VMware has shown growing acceptance of open source, backing its Cloud Foundry as an open platform as a service entry. More recently, VMware just bought Nicira — an OpenStack participant — for $1.2 billion.

その一方で、以下のことは、それほどショッキングなことではなかった。 VMware は、オープン PaaS としての Cloud Foundry を支持することで、オープンソースに対する容認を強めてきた。 そして、つい最近、VMware は $1.2 billion で、OpenStack の会員である Nicira を買収した。

There seems no doubt that the VMware’s membership will happen at some point in the upcoming months. The question is whether the company will limit its input to software-defined networking issues or take a broader role across the board. Or, as some have suggested,  maybe it will use the membership to keep an eye on a rival from inside its camp.

VMware のメンバーシップが、数ヶ月以内に実現することに、疑いの余地はないように思われる。 残される論点は、同社による活動が、SDN に関連する範囲に限定されるのか、あるいは、より広範囲におよぶのか、という点である。 あるいは、何人かの人々が示唆するように、ライバルたちを監視するために、このキャンプに入り込むという、狙いがあるのかもしれない。

Subscriber Content

ーーーーー

imageプロプライエタリの雄である VMware の、この突然の転進は、大きな驚きをもたらしました。文中にもあるように、参加したいという者を拒む理由は、OpenStack には無いはずだと思います。 しかし、OpenStack 側としては、「いきなり そう言われとも・・・」というところなのでしょう。 どのように収束していくのか、とても気になりますね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ

Posted in .Selected, PaaS, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 30, 2012

VMware Needs Focus; Shedding Cloud Foundry Will Help
http://wp.me/pwo1E-4vh
Posted by
Mike Fratto – July 17, 2012
http://www.networkcomputing.com/virtualization/240003872

image

ーーーーー

注記:この記事がポストされたのは、Nicira の買収が発表される前となります。

ーーーーー

If the news coming from GigaOM that VMware is spinning out Cloud Foundry, Greenplum and Project Rubicon are true, it’ll be a good thing for VMware and EMC. VMware has lost some focus in the last few years in trying to branch out into applications and cloud services.

GigaOM が伝えるように、ほんとうに VMware が Cloud Foundry/Greenplum/Project Rubicon がをスピンアウトしていくなら、それは VMware と EMC にとって良いことになるだろう。アプリケーションとクラウドサービスに手を広げるという観点において、これまでの数年で VMware は、いくつかのフォーカスを失っている。

VMware built up its virtualization product suite in the early years with a single-minded focus on products that built on and augmented server virtualization. Add-on features like vMotion, Distributed Resource Scheduler, High Availability, Fault Tolerance and Site Recovery Manager added significant value to server virtualization, letting IT do things unheard of prior to the hypervisor. And VMware’s been on the right track; features like those are highly desired, according to our 2011 InformationWeek survey, “State of Virtualization.” VMware was the only game in town for a long time, but the company hasn’t sat idly by. It brought wave after wave of useful products to market. VMware also fostered a vibrant partner program, which further enhanced its products. Meanwhile, competitors like Citrix and Microsoft fumbled for strategies like a one-handed juggler.

VMware は、早い時期に仮想化スイートを構築したが、それはサーバーの仮想化の上に構成/拡張されたプロダクトにだけ、フォーカスするものであった。そして、vMotion/Distributed Resource Scheduler/High Availability/Fault Tolerance/Site Recovery Manager といったアドオン機能を加え、サーバーの仮想化に大きな価値を与え、ハイパーバイザーの以前には予想も出来なかったことを、IT により具体化していった。そして、私たちの 2011 InformationWeek 調査である “State of Virtualization” において、VMware は適切な方向へ向かっており、その役割に大きな期待が集まっていると評価された。 そして、長い期間において、VMware は最上のものというポジションを維持していたが、その間に同社が何もしなかったというわけでもない。 つまり、有用なプロダクトを、次から次へとマーケットにもたらしたのだ。 さらに VMware は、自身のプロダクトを拡張していく、活気に満ちたパートナー・プログラムを促進していった。 その一方で、Citrix や Microsoft といったコンペティタたちは、片腕のジャグラーのような戦略で、商機を掴み損ねていた。

imageAs VMware added more features and integrated more of its own products with vSphere, there was always the threat that it would cross over the line with partners that offered competing products. Since VMware owned the ecosystem, it would naturally have an unfair advantage that it could exploit at the expense of its partners/competitors. Yet, due to VMware’s overwhelming market share in server virtualization, vendors with competing products had nowhere else to turn.

VMware は、さらに多くの機能を加えていった。 そして、それ自身のプロダクトを vSphere と統合するにつれて、競合製品を提供しているパートナーとの境界線を、踏み越えてしまうと危機に遭遇するようになった。 このエコシステムは VMware に所有されるため、パートナー/コンペティタを犠牲にする、不公平な優位性を常に有することになった。そして、VMware が仮想サーバーのマーケット・シェアを占有するため、競合製品を手にするベンダーたちは、方向転換すら困難になっていった。

When VMware announced Cloud Foundry, it was the company’s big move into PaaS. It had both a commercial service run by VMware and an open source software archive hosted at CloudFoundry.org. This was VMware’s first move to expand its reach outside of vSphere and server virtualization, but CloudFoundry.com never quite took off. PaaS is more attractive to startups that are launching new services where a PaaS offers a number of advantages, like low operational overhead and manageable costs over IaaS, or owning your own hardware. However, enterprises have been slow to adopt PaaS as a strategy. In fact, many organizations are still in the midst of getting their private cloud off the ground, and haven’t even considered a move to a PaaS service.

VMware が Cloud Foundry を発表したときに、同社は PaaS へ向けた大きなシフトを示した。 そして、そこには VMware が推進する商用サービスと、CloudFoundry.org がホストする OSS の双方が存在した。 つまり、vSphere と仮想サーバーの外側に広がる、VMware としての最初の動きであったが、まったくと言ってよいほど CloudFoundry.com は離陸していかなかった。 PaaS は、新しいサービスを立ち上げるスタートアップにとって魅力的であり、また、より多くのアドバンテージを提供する。たとえば、ハードウェアを所有する場合よりも、さらには IaaS を利用する場合よりも、低く抑えられた運用上のオーバーヘッドとコストが、その利点として挙げられる。 しかしエンタープライズは、これまでのところ、戦略をして PaaS を採用するに至っていない。 実際のところ、依然として数多くの組織は、そのプライベート・クラウドを立ち上げる途上にあり、また、PaaS への移行については、検討さえ行なわれていない状況にある。

There’s still a lot of opportunity in the server virtualization and private cloud markets. In our InformationWeek Report, “Private Cloud Vision vs Reality, only 21% of respondents said they had a private cloud and 30% were starting a private cloud project. In both camps, VMware was the top vendor chosen as part of respondents’ private cloud efforts. However, only 16% of the respondents had settled on a bundled private cloud offering. Thirty-eight percent were going to use best-of-breed products, 30% were undecided, and 16% will use open source and commercial offerings. Neither VMware’s continued dominance in server virtualization nor its ability to expand its share in private cloud are assured.

仮想サーバーとプライベート・クラウドの市場には、依然として大きなビジネス・チャンスが残されている。 私たちの InformationWeek Report である ”Private Cloud Vision vs Reality” では、回答者の 21% のみがプライベート・クラウドを保有しているとし、また、30% がプライベート・クラウドを立ち上げていると状況にあった。 その両方の領域において、VMware はプライベート・クラウドのプラットフォームとして、トップ・ベンダーに選ばれている。 しかし、回答者の 16% に過ぎないが、それらの企業は、セットとして提供されるプライベート・クラウドの採用を決定していた。 また、38% がベスト・オブ・ブリードのプロダクトを使うとし、30% が未決定であり、16% が OSS および商用プロダクトを使うと回答した。 仮想サーバーにおける VMware の優位性と拡張性を、プライベート・クラウドにも継続して展開できるかというと、そこに確実性は存在しない。

Given the strong interest in private cloud, the large majority of organizations that have yet to move to a private cloud, and the company’s market share, VMware is well positioned to thrive. Cutting loose distractions like Cloud Foundry, Greenplum and Project Rubicon will let VMware focus on its core strengths in a very lucrative market.

プライベート・クラウドへの強い関心と、大半の組織がプライベート・クラウドに移動していないという状況、そして、VMware のマーケット・シェアを前提にすると、同社の未来は明るい。 Cloud Foundry のような混迷を切り離すことで、Greenplum と Project Rubicon は VMware のフォーカスを、利益性の高いマーケットにおける基本的な強さへと向かわせるであろう。

And while the company is of a mind to spin out products, the acquisitions of slideware service SlideRocket, miro-blogging Socialcast and collaboration service Zimbra still seems like an off-the wall set of acquisitions with no supporting strategy. VMware should spin them out as well.

そして、同社がいくつかのプロダクトをスピンアウトさせたいと考える一方で、スライドウェア・サービスの SlideRocket や、マイクロ・ブログの Socialcast、そしてコラボレーション・サービスの Zimbra といった一連の企業買収には、戦略的な視点が欠けているように見える。 VMware は同様に、それらを上手くスピンアウトさせるべきだ。

Mike Fratto is editor of Network Computing. You can email him, follow him on Twitter, or join the Network Computing group on LinkedIN. He’s not as grumpy as he seems.

ーーーーー

image実は、この記事、先週の月曜日にポストの予定だったのですが、Nicira 買収の発表により延期となってしまった経緯があります。 それにしても VMware は、どちらの方向を向いていくのでしょうか? ここで指摘されるように、Cloud Foundry のスピンアウトは、VMware にとっても良い結果をもたたすように思えるのですが、そうなると Nicira 買収の意味は何処にあるのかという、新しい疑問が湧いてきてしまいますね。 ーーー

ーーーーー

<関連>

VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
Paul Maritz が VMware CEO を退任するらしい
VMware は OpenFlow を静観する_1
VMware は OpenFlow を静観する_2
VMware は OpenFlow を静観する_3

 

Azure の OSS デベロッパーも Github が好きなんだ

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on June 27, 2012

Majority of Open Source Azure Cloud Projects, Hosted on Github
http://wp.me/pwo1E-4m6

By Sean Michael Kerner   |    June 08, 2012
http://www.internetnews.com/blog/skerner/majority-of-open-source-azure-cloud-projects-hosted-on-github.html

image

From the ‘Everyone but Linus Torvalds Loves Github’ files:

誰あろう、Linus Torvalds も Github が好きなんだ:

No Azure is not open source, though there is a growing ecosystem of open source developers that are building projects. New data from Black Duck that was provided to InternetNews sheds some really interesting light on the state of open source cloud development projects.

オープンソースのデベロッパー・エコシステムが成長し、数々のプロジェクトを構築しているが、Azure はオープンソースではない、という訳でもない。Black Duck から InternetNews に提供された新しいデータが、オープンソースによるクラウドの開発プロジェクトに、きわめて興味深いスポットライトを当てている。

black-duckAccording to the data, derived from Black Duck’s knowledge based that collects data from the major open source repos, there are some 2,187 open source cloud projects. Amazon represents 44 percent of them, Azure 36 percent, Rackspace comes in at 13 percent and Force.com rounds out the list at 7 percent.

主要なオープンソース・リポジトリから収集された、Black Duck のナレッジ・ベースによると、現時点で 2,187 のオープンソース・クラウド・プロジェクトが存在している。 そして、Amazon が 44% を占め、Azure が 36%、Rackspace が 13%、Force.com が 7% を占めるという構成になっている。

For Azure, 56 percent of projects are hosted on Github, 42 percent on Microsoft’s own Codeplex and 2 percent on Sourceforge. I personally would suspect that Microsoft is the leading contributor to Codeplex while everyone else is going to Github.

さらに、Azure のプロジェクトを分析すると、その 56% が Github にホストされ、42% が Microsoft の Codeplex、2% が Sourceforge という構成になっている。 個人的な推測だが、Codeplex における主導的なコントリビュータは Microsoft であり、その他大勢は Github にコントリビュートしている状況にあると思う。

imageFrom a licensing perspective, Azure or otherwise, Black Duck has not yet broken down the projects by license, but that’s something that I’d like to see. I’d bet that Apache 2.0 dominates.

ライセンス形態という視点では、Azure を含む全プロジェクトに関して、Black Duck は分析を完了していない。それは、私が知りたいデータであるが、まぁ、Apache 2 が大多数を占めると確言している。

Overall, Dave Gruber, Director of Developer Marketing at Black Duck told me that it’s clear that Github is the favored open source repository for cloud development project based on his data. For me, it’s clear at this point that the vast majority of new open source efforts are headed to Github as well.

Black Duck の Director of Developer Marketing である Dave Gruber が、自身のデータを用いてクラウド開発プロジェクトを分析したところ、明らかに人気を集めているオープンソース・リポジトリは Github のようだ。 私から見ると、新規のオープンソース・プロジェクトにおいても、その大多数が Github に向かっていることが、現時点で明らかにされているはずだ。

Sean Michael Kerner is a senior editor at InternetNews.com, the news service of the IT Business Edge Network, the network for technology professionals Follow him on Twitter @TechJournalist.

ーーーーー

TAG indexこれまでの、Windows only Azure においても、たくさんの OSS プロジェクトがあり、また、Codeplex にホストされていたと記憶しています。 そして、Linux も対象とする Microsoft Azure へと、大きく舵が切られたわけであり、そのポジション取りに注目が集まっているのだと思います。 6月29日に開催される Go Azure では、丸山先生が 「マイクロソフトは本当にオープン ソースに対してオープンか? 」というタイトルで講演されるそうです。 ほんと、そこが、とっても気になるのです。ーーー image

ーーーーー

<関連>

OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする
Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?
Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
Bing API は Azure Marketplace に移行した後に有償化されるのか?

Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Microsoft, Miscs by Agile Cat on June 11, 2012

Microsoft Joins The Cloud Mainstream
http://wp.me/pwo1E-4j3

June 8, 2012
http://seekingalpha.com/article/646791-microsoft-joins-the-cloud-mainstream

_ seeking alpha

While Oracle (ORCL) insists that a cloud is just Software as a Service, that it can indeed be proprietary and closed, that it’s not much different from old-fashioned enterprise computing, Microsoft (MSFT) is seeking to enter the cloud mainstream.

Oracle(ORCL) が主張するクラウドが単なる SaaS に過ぎず、実際にはプロプライエタリでクローズドなものに成り得るのに対して、つまり従来型のエンタープライズ・コンピューティングと大差がないのに対して、Microsoft(MSFT)はクラウドのメインストリームに参加しようとしている。

imageThe reason Microsoft was quietly running a Meet Azure webcast the same day Oracle was trotting out its cloud, assuring developers of their support for Linux and open source tools in its Infrastructure as a Service offering was because it has to.

Oracle が自身のクラウドを披露したのと同じ日に、Microsoft が静かに Meet Azure Web キャストを実施した理由は、 その IaaS における Linux と OSS ツールのサポートを、デベロッパーに対して保証することが、必須であった点にある。

The differentiation Microsoft wants to offer is enterprise surety. So it was important that CentOS, a small Linux vendor, announced at the event it would offer a Service Level Agreement for its software on Azure. Enterprise-quality support and enterprise-standard contracts are bound to be part of any successful pitch.

Microsoft が提供したいと望む別の切り口は、エンタープライズ・セキュリティにある。 したがって、そのイベントで、Azure 上のソフトウェアに SLA を提供したいと発表した、小規模 Linux ベンダーである CentOS が重要となってくる。 エンタープライズ品質のサポートと、エンタープライズ標準のコントラクトが、あらゆる成功モデルにおけるパートとして考慮されなければならない。

Microsoft first thought Azure would be a natural transition for its Windows-based enterprise clients. But many of those companies turned out to be more conservative than Microsoft thought. They didn’t move toward Amazon, but they didn’t move to Azure either.

最初に Microsoft が考えたことは、Windows ベースのエンタープライズ・クライアントにとって、Azure が自然な移行先になるというものだった。 しかし、顧客である企業は、Microsoft が考えたよりも保守的であることが分かった。それらの企業は、Amazon に近付くこともなく、また、Azure に移行することもなかった。

imageFor those companies that have embraced the cloud, concepts like commodity hardware and open source are basic to the decision. They want to build “hybrid clouds” in which work can move seamlessly from their own cloud-based systems to the public clouds of Amazon (AMZN), Rackspace (RAX) and others to achieve maximum bang for minimum buck.

それらの、クラウドを受け入れている企業にとっては、コモディティなハードウェアとオープンソースのようなコンセプトが、基本的な判断材料となる。 つまり、それらの企業は、自身のクラウド・システムから、Amazon や Rackspace のパブリック・クラウドへ向けたシームレスな移行を達成する、ハイブリッド・クラウドの構築を目指しているのだ。 そして、それにより、最大の費用対効果を得たいと望んでいる。

In short, for cloud buyers, cloud is a commodity. Amazon is the leading cloud vendor in part because it offers commodity pricing, even while cloud is a niche product. The ability of companies to move on-and-off the Amazon cloud is proven. The success of cloud-based, open source applications like Facebook is proven.

要するに、それらのクラウド購入者にとって、クラウドはコモディティなものとなる。 その点において、Amazon が主導的なクラウド・ベンダーとなっているのは、クラウドがニッチな製品であるにもかかわらず、コモディティな価格体系を提供しているからだ。 そして、顧客である企業の能力は、Amazon クラウドをオンデマンドで活用することで証明される。 また、Facebook のような、オープンソースによるクラウド・ベースのアプリケーションも、その成功を証明されている。

If Microsoft is to have any hope of competing in this new architecture, in other words, it has to join the cloud mainstream. The Meet Azure event was its assurance to customers that it has indeed done so, and that it will compete directly with Amazon on price and features.

もし Microsoft が、この新しいアーキテクチャ上での競合を望むなら、クラウドのメインストリームに参加しなければならない。 Meet Azure イベントの意味は、そこへの参加を顧客に対して約束するものである。そして、価格と機能という面で、Amazon とダイレクトに競合していくという、意志の表明でもある。

For customers this is great news. For Microsoft it’s a necessary step. For investors it means increased competition and the likelihood that they may have to wait a long time for cloud profits.

顧客にとって、この出来事は、すばらしいニュースである。 また、Microsoft にとっては、必要なステップである。 そして投資家にとっては、クラウドにおける競合の激化が生じ、そこからの利益の回収において、長期的な展望が必要となるという結果がもたらされる。

Disclosure:I am long AMZN, MSFT.

ーーーーー

imageこの件に関しては、「Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?」というポストで以前にお知らせしました。そして、いま、以下の関連リンクに示されるように、GigaOM や ZDNet などを含む数多くのメディアが、この Linux シフトを報じています。 紆余曲折があって、ここに到達した Microsoft に、幸あれと願わずにはいられません。 --- image@Taipei

ーーーーー

<関連>

Microsoft paints Azure with open source brush
Microsoft Azure gets a big assist from small PaaS companies‎
Windows Azure re-imagined: Microsoft’s fit for the cloud
Competing Against Amazon, Microsoft Adds Linux Support to Windows Azure
Microsoft launches support for Linux on Windows Azure

 

Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!

Posted in .Selected, Asia, Linux, Miscs, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 6, 2012

Samsung joins Linux Foundation
http://wp.me/pwo1E-4ib

Dusan Belic – June 6th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/06/06/samsung-joins-linux-foundation/

Image(5)_ into Mobile

Samsung is joining the Linux Foundation as a Platinum member, which gives it a seat on the Foundation’s Board of Directors. At the same time, the Korean giant has the opportunity to participate with the kernel community and adopt open source best practices.

Samsung は Linux Foundation に参加し、同ファンデーションの  Board of Directors の役職を与えられた。 それと同時に、この Kerea の巨人はカーネル・コミュニティに参加し、オープンソースのベスト・プラクティスを採用する、チャンスを得たことになる。

Linux is not just about phones — though Android is a Linux-based OS — with Sammy hoping to take advantage of the open-source community to make an array of its products that much better. TVs come to mind first, though as we know, Samsung is also involved in many other areas, computers being one of them (think Chromebook). Moreover, the company may also want to help push Tizen forward, now that it contributed its Bada platform to the project.

Android はLinux ベースの OS であるが、もちろんスマートフォンのためだけに、Linux が存在するという話ではない。Samusung は、このオープンソース・コミュニティを活用することで、その多様なプロダクト・ラインを、これまで以上に充実させたい望んでいる。 一番最初に TV がイメージされるが、私たちが認識しているように、Samsung には多様な製品エリアがあり、コンピュータも その1つである( たとえば Chromebook)。 さらに同社は、Tizen を促進しようとプッシュするだろう。 その理由は、このプロジェクトに対して、自身の Bada プラットフォームをコントリビュートしている点にある。

We’ll make sure to follow this and all other Samsung-related news closely and let you know as soon as we see the first (mobile) results coming out from this co-operation. Stay tuned in the meantime…

私たちは、この件を確実にフォローし、また、Samsung 関連のニュースに注目していく。 そして、この協調関係から何らかの結果が出てくるようなら、すぐに記事にしていく。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat が Samsung をメジャーと認識し始めたのは、1.8 inch HDD のノート PC が出始めた頃でしょうか。 この 1.8 HDD がやたら遅くて、Samsung の SSD は やたら高くてという、悶々とした状況を半年くらい続けるうちに、すっかりと Samsung が、一流ブランドとして、脳裏に焼き付いてしまったのです。 その SSD を購入してからは、他の製品を買うことはなかったのですが、Galaxy Note は欲しいですし、もちろん Galaxy S3 も欲しいですし、いまだに高嶺の花の Samsung に悶々とし続けています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Kindle Fire の販売量が急落:iPad 3 と Google Nexus の影響か?
Samsung Galaxy S III は、4-Core、4.8 inch、8.6 mm だ! – from London
Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

%d bloggers like this: