Agile Cat — in the cloud

Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリングしてみよう!

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Energy, Facebook, Open Compute by Agile Cat on April 25, 2013

Facebook throws down efficiency gauntlet with real-time data and open-source dashboards
http://wp.me/pwo1E-61o

By
Jordan Novet -   Apr. 18, 2013
http://gigaom.com/2013/04/18/facebook-heads-down-efficiency-gauntlet-with-real-time-data-and-open-source-dashboards/

_ Gigaom

image

クリックでモニターへ ⇒

Summary: Following on previous quarterly disclosures on energy and water efficiency, Facebook is unveiling dashboards showing its data centers’ near-real-time performance.

Summary:  Facebook は、これまでのエネルギーと水の効率に関する四半期レポートに続いて、対象となるデータセンターのパフォーマンスを、ほぼリアルタイムで示すダッシュボードを発表している。

ーーーーー

When I first visited Facebook’s data center in Prineville, Ore., in 2011, I felt privileged to spot some figures on the facility’s power-usage effectiveness (PUE) on a screen affixed to a wall. The PUE number, which gives a sense of how much of the energy gets consumed by computing gear, wasn’t exactly what some reporters wanted to know — total number of megawatts would have been better than PUE, and that sort of information came later — but it was a start toward transparency. Now, the PUE data won’t be such a big deal to catch a glimpse of anymore.

Prineville, Oreron の Facebook データセンターへ、初めて訪問したのは 2011年のことだった。そして、カベに貼り付けられたスクリーンに示される、このファシリティの PUE 値を読むという、特権をもらったと感じたものだ。この PUE 値は、コンピューティング・ギアにより、どの程度の電力が消費されるのかという感覚を与えるものであり、何人かのレポーターがが知りたいと思ったものほど正確ではなかったが(トータル・メガワットの方が PUE よりも適切であり、また、その情報は後に届けられた)、その内容の透過的に見るための試みであった。 そして、いまでは、このデータセンターの姿をキャッチする上で、PUE だけが重視される状況ではなくなった。

The social-networking giant is giving the general public access to near-real-time dashboards on PUE and another key measurement, water-usage effectiveness (WUE), alongside humidity and temperature data for its data centers in Prineville and in Forest City, N.C. Previously, the PUE and WUE figures were released quarterly. The new dashboards show data down to the minute, albeit with a two and a half hour lag. In the future, Facebook will also post a PUE and WUE dashboard for the data center it’s building in Luleå, Sweden.

このソーシャル·ネットワーキングの巨人は、同社データセンターの PUE と WUE(Water Usage Effectiveness)にアクセスするための、リアルタイム・ダッシュボードをパブリックに提供している。そして、Prineville と Forest City, N.C. における、湿度と気温のデータまで参照できるのだ。以前には、四半期ごとに、この PUEWUEの数値はリリースされていた。そして、新しいダッシュボードでは、2時間半のタイムラグがあるが、1分ごとにダウンロードされるデータが表示される。また、Luleå, Sweden に建設中データセンターにおける、PUE と WUE のダッシュボードも、Facebook は提供していくとポストしている。

The facilities are still under construction, and, as a result, the data in the two dashboards can have abnormalities, but it should become more stable over time. The company detailed its plans in a Thursday blog post on the Open Compute Project site.

これらのファシリティは、いまは工事中であり、この2つのダッシュボードを用いて異常なデータを検出しているが、時間をかけながら、より安定したものになるはずだ。同社は、Open Compute Project サイト の木曜日 (4/18) のブログ・ポストで、その計画を詳述している。

↓ クリックで拡大 ↓

Facebook’s Power Usage Efficiency (PUE) and Water Usage Efficiency (WUE) dashboard

Facebook’s Power Use Efficiency (PUE) and Water Use Efficiency (WUE) dashboard

To prod other companies operating data centers to share more up-to-date power- and water-usage data, Facebook will open-source the code for the dashboards. Similar data from other companies could make Facebook look good, as Facebook (along with Google) is on the leading edge when it comes to PUE. eBay, for its part, has released a dashboard showing PUE and WUE as well as other measurements, such as the number of checkout transactions per kilowatt-hour.

他の企業が運用するデータセンターにおける、電力と水の使用量に関する最新データも共有していくために、このダッシュボードのコードを、Facebook はオープン・ソースにするようだ。 PUE の話になると、他企業から提供されるデータにより、Facebook が(Google も)最先端にあるような結果となっている。しかし、その点において eBay も、PUE と WUE だけではなく、キロワット時あたりのチェックアウト·トランザクション数などの、他の測定値を示すダッシュボードをリリースしている。

Innovations in hardware and software at Facebook’s data centers make lower energy use possible. Whether Facebook will be able to squeeze even more computing power out of its energy and water consumption is an interesting question, and now that more current data is being shared, it’s worth asking what innovations will come in the future. If Yahoo, Microsoft and others follow suit, the pressure will be on for data centers across the board to become more transparent. Those efforts could help data center operators respond to notions that data centers waste energy.

Facebook データセンターにおける、ハードウェアとソフトウェアのイノベーションにより、より効率の良いエネルギー消費が可能になってきた。 Facebook が、その電力と水の消費から、さらなるコンピューティング・パワーを絞り出せるかどうかは、きわめて興味深い課題であるが、ライブなデータが共有されることで、将来におけるイノベーションが喚起されることは、大きな価値を持つだろう。もし、Yahoo や Microsoft が追随するなら、このデータセンター全体におよぶプレッシャーにより、さらなる透明性がもたらされるだろ。こうした努力の積み上げにより、データセンター事業者たちは、エネルギーを浪費しているという指摘に対して、適切に対応していけるようになるだろう。

Related research

ーーーーー

TAG indexこれほど、手放しで褒められる試みも、珍しいのではないかと思います。 単に効率の良いデータセンターを構築/運用するだけではなく、その実体に透明性を持たせるという次のステップへ、この業界全体をリードしていこうとする姿勢に拍手です! とにかく、ココをクリックしてみてください。 そして、チャートの上でマウスを動かしてみてください。 それだけで、如何に重要な情報が開示されているのか、お分かりいただけると思います。 そして、eBay にも拍手です! image141

ーーーーー

<関連>

OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner 2012 Q4
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?

中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

Posted in .Selected, Asia, Linux, Post-PC by Agile Cat on March 28, 2013

Goodbye Windows: China to create home-grown OS based on Ubuntu
http://wp.me/pwo1E-5QW

by
Jon Brodkin – Mar 22 2013
http://arstechnica.com/information-technology/2013/03/goodbye-windows-china-to-create-home-grown-os-based-on-ubuntu/

_ ars technica

Canonical strikes deal with China to expand open source software usage.

Canonical は China との取引により、オープンソース・ソフトウェアの利用を促進していく。

Ubuntu maker Canonical has signed a deal with the Chinese government to create a new version of Ubuntu. For China, this is widely seen as an attempt “to wean its IT sector off Western software in favour of more home-grown alternatives,” the BBC reported.

Ubuntu のメーカーである Canonical は、China 政府との契約書にサインし、 その新バージョンを構築していくことになる。 それは China にとって、「 IT 部門が Western ソフトウェア依存から脱却し、その代替となる内製ソフトウェアを促進する」ための試みだと、その全体像を BBC がレポートしている。

In other words, it’s an attempt to move from Windows to Linux. According to NetMarketshare statistics, Windows has 91.62 percent market share on the desktop in China, compared to 1.21 percent for Linux. The other 7.17 percent is OS X.

そして、言い換えるなら、Windows から Linux へ向けた移行となる。NetMarketshare の統計によると、China のデスクトップ環境において、Windows が 91.62% を占めるのに対して、Linux は 1.21% であり、また、OS X は 7.17% である。

Image(2)

China is developing a new reference architecture for operating systems, based on Ubuntu. The Chinese version of Ubuntu—called Ubuntu Kylin—will be released next month in conjunction with Ubuntu’s regular release cycle.

China は、Ubuntu とベースにしたオペレーティング・システムのための、新しいレファレンス・アーキテクチャを作成している。 それは、Ubuntu Kylin と呼ばれる、Ubuntu の China バージョンであり、Ubuntu のレギュラー・リリース・サイクルと連動するかたちで、来月にはリリースされるようだ。

“Ubuntu Kylin goes beyond language localisation and includes features and applications that cater for the Chinese market,” Canonical said in its announcement. “In the 13.04 release, Chinese input methods and Chinese calendars are supported, there is a new weather indicator, and users can quickly search across the most popular Chinese music services from the Dash. Future releases will include integration with Baidu maps and leading shopping service Taobao, payment processing for Chinese banks, and real-time train and flight information. The Ubuntu Kylin team is cooperating with WPS, the most popular office suite in China, and is creating photo editing and system management tools which could be incorporated into other flavours of Ubuntu worldwide.”

「Ubuntu Kylin は、言語による分断を超え、また、Cihna マーケットのための機能とアプリケーションを取り込んでいる。この、13.04 のリリースにおいて、China マーケットのための、中国入力メソッドとカレンダーがサポートされる。 また、天気予報も刷新される。 そして、最も人気の Chinese Music サービスを、Dash を介して検索することも可能になる。 未来のリリースには、Baidu Maps と、Taobao Shopping のサービスが取り込まれ、また、Chinese 銀行群とのリアルタイムペイメント・プロセスや、トレインとフライトに関するリアルタイム情報も提供されるだろう。 Ubuntu Kylin チームは、China で最も人気のオフィス・スートである WPS とも提携し、また、Ubuntu がワールドワイドに展開している、フォト編集やシステム・マネジメント・ツールなども開発している」と、Canonical はアナウンスを行なっている

This won’t just be a desktop operating system. Canonical said “future work will extend beyond the desktop to other platforms” such as servers, tablets, and phones. To work on the software, Canonical and China have set up a joint lab in Beijing to host engineers from Canonical and Chinese government agencies.

この件は、デスクトップ OS だけに留まるものではない。 Canonical は、「 将来における事は、デスクトップからサーバー/タブレット/フォンなどに広がるだろう。 そのためにソフトウェアに取り組むために、Canonical と China 政府機関は、Beijing にエンジニアたちを集めるためのラボを、共同で準備している」 とも、発言している。

ーーーーー

image先日に、『中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感 』という抄訳で、Android への依存度を下げたがっている、中国政府のスタンスを紹介しましたが、Google よりは Canonical の方が、話がしやすい相手なのでしょうね。 Ubuntu のモバイル OS に関しても、この1月にUbuntu も Mobile OS に参戦するらしいが、意味はあるのだろうか? 』という抄訳をポストしていますが、こうした状況を想定して、開発を進めてきたのでしょうか? また、シンガポールでは、Docomo と SingTel と Firefox OSが手を結ぶようですし、アジアにおける OS の動向に、大きな変化が生じそうに感じられます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
約2億台の スマホを飲み込んだ、2012年の中国市場

 

 

 

VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on March 26, 2013

In A Dangerous Sign For VMware, PayPal Chooses Rival OpenStack
http://wp.me/pwo1E-5QB

By Julie Bort | Business Insider – March 25, 2013
http://nz.finance.yahoo.com/news/dangerous-sign-vmware-paypal-chooses-140000255.html

image

PayPal and eBay are yanking VMware software from some 80,000 servers and replacing it with the free and open-source alternative known as OpenStack, Boris Renski, OpenStack Foundation board member told Business Insider.

PayPal eBay は、80,000台と言われるサーバー群から VMware のソフトウェアを取り外し、無償のオープンソース選択肢である OpenStack によりリプレースしていると、OpenStack Foundation のボード・メンバーである Boris Renski が、Business Insiderに語っている。

Renski is also a cofounder of Mirantis, an OpenStack consultant company backed by Dell and Intel. Mirantis worked with PayPal on the project, he says. PayPal used a set of tools from Mirantis called Fuel, a PayPal spokesperson told us.

Renski は、OpenStack コンサルタント会社である Mirantis(Dell と Intel が支援)の、Co-Founder でもある。 そして、その PayPal のプロジェクトに、Mirantis も参加していると、彼は発言している。 PayPal は、Fuel という Mirantis ツールセットを使っていると、PayPal のスポークスマンが、私たちに説明している。

imageToday Mirantis released Fuel for free to the public. (In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license). It’s a collection of scripts and software that helps companies deploy OpenStack.

そして、今日(3/25)、Mirantis は Fuel を、無償のツールとしてパブリックにリリースした (ギーク的に言うと、OSS Apache 2 License の下でリリース)。それは、スクリプトとソフトウェアのコレクションであり、また、ユーザー企業による OpenStack のディプロイメントを支援するものとなる。

Initially, PayPal is replacing VMware on about 10,000 computer servers. Those servers will go live this summer, Renski said. "The grand vision for project is, over time, they will replace all of their virtual infrastructure with OpenStack, not just PayPal, but PayPal and eBay, together," Renski said. That’s about 80,000 servers across their data centers, he said.

最初のステップとして、PayPal は 約10,000 台の VMware サーバーをリプレースする。 それらのサーバーは、この夏の間、運用されていくと、Renski は発言する。 「 このプロジェクトにおけるグランド・ビジョンは、時間をかけながら進んでいく。 そして、すべての仮想インフラストラクチャを、OpenStack によりリプレースしていくが、それは PayPal だけの話ではなく、PayPal と eBay の双方におけるリプレースとなる」と Renski は言う。 つまり、彼らでのデータセンターに配置されている、80,000 台のサーバーが対象となると、彼は付け加えている。

PayPal has been a big supporter of Open Stack for a while. But this project is still dangerous territory for VMware, as PayPal could become an example of how other enterprise can replace VMware with OpenStack, too.

PayPal は、これまで、Open Stack を強く支援してきた。 そして PayPal が、VMware を OpenStack でリプレースする、エンタープライス・プロジェクトの例を示すことは、VMware にとって危険な展開となる。

To be sure, enterprises are not dying to get rid of VMware, even to save money on software license fees. Most of them really love VMware’s software because it’s a reliable way to run lots of different applications on the same computer server.

たしかに、あらゆるエンタープライズが、VMware を排除したいと望んでいるわけでもなければ、そのソフトウェア・ライセンス料を節約したいと望んでいるわけでもない。大半のエンタープライズが、VMware のソフトウェアを好むのは、各種のアプリケーションを同一のサーバー上で実行するための、信頼できる方式を同社が提供するからである。

But cloud wars are coming between different so-called "cloud operating" systems: VMware is up against OpenStack (backed by IBM, HP, Rackspace, Red Hat, others) and CloudStack (another open source project, backed by Citrix).  Think of this like the desktop operating system wars: Windows vs. Macs vs. Linux.

しかし、クラウド戦争とは、「クラウド OS」という別のシステムとの戦いを意味する。 つまり  VMware は、(IBMHPRackspaceRed Hat などが支持する)OpenStack、もしくは、(Citrix 支持する)CloudStack と、真っ向からぶつかっている。  たとえば、デスクトップ OS 戦争における、Windows 対 Mac 対 Linux の戦いのようなものが生じている。

The ultimate goal for most enterprises is something called a "hybrid" cloud. This means that a company will run some of its apps in its own data center (a "private cloud") and some of them in a public cloud. They can easily move apps between the two.

大半のエンタープライズにおける、最終的なゴールは、「ハイブリッド」クラウドと呼ばれるものになるだろう。 そこでは、企業が所有するデータセンター(プライベート・クラウド)でアプリケーションの一部が、また、パブリック・クラウドでアプリケーションの一部が運用される。そして、それらのアプリケーションは、2つの環境を容易に行き来するようになる。

More importantly, they can use multiple public clouds. If one provider has problems, they can  quickly switch to another.

さらに重要なことは、それらのエンタープライズが、複数のパブリック・クラウドを利用する点にある。そして、あるプロバイダーが問題を抱えるなら、他のプロバイダーに瞬時に切り替えることになる。

Enterprises will have to choose their cloud operating system and the stakes are high. Enterprises will spend $80 billion on cloud computing by 2016, Gartner estimates.

エンタープライズたちは、いずれかのクラウド OS を選ぶ必要がああり、その予算も膨大なものとなる。 エンタープライズにおけるクラウド・コンピューティング支出は、2016年までに $80 billion に至ると、Gartner は推定している

So where does the biggest cloud player, Amazon, fit into all of this? Amazon is the reason for it all. These cloud operating systems rose to compete with it. The idea is to reassure enterprises that they if they choose an alternative to Amazon, they will have lots of cloud computing vendors to choose from, not just one.

したがって、最大のクラウド・プレーヤーである Amazonが、それら すべてのニーズにフィットするのかという、疑問が生じてくる。そして、Amazon 自身に、すべての理由がある。 つまり、これらのクラウド OS は、Amazon と競合するために成長してきたのだ。 こうした考え方は、Amazon 以外を選びたいというエンタープライズを、安心させるものとなる。 つまり、エンタープライズたちは、たくさんのクラウド・コンピューティング・ベンダーという選択肢を持ち、決して1つに限定されることはないのだ。

More From Business Insider

ーーーーー

TAG indexついに、この日が来たという感じですね。Amazon は、eコマースの最大手であるが故に、最強の AWS を作り得たのでしょうが、それに故に、どうしても採用しない企業もあるということです。 ただし、Open Stack が、PayPal だけのために存在するというわけではなく、この事例をベースにして、数多くのエンタープライズが、OpenStackCloudStack に流れ込んで来るのでしょう。

ハードウェアのオープンソースである Open Compute Project では、サーバーのデザインはベンダーの仕事ではなく、ユーザーの仕事であるという考え方が、すでに共有されています。 つまり、サーバーの在るべき姿を、ユーザー以上に知っている者は居ないという、きわめて単純明快なロジックがあるわけです。 そして、オープンソース・クラウド OS に目を転じてみれば、そこに OpenStack や CloudStack が居るわけです。

もちろん、Amazon AWS や Google Compute Engine といった、ベンダーが提供するプラットフォームを否定する話では有りません。 それよりは、ユーザーの選択肢が豊富な世界へと、一歩 近づいたと、受け取るべきなのでしょう。

このニュースは、Yahoo New Zealand からのものです。 Business Insider からの情報となっていますが、その BI には、まだ記事がアップされていなかったので(3/26 未明)、こちらの方を訳してみました。In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license ーーー という表現があったりして、なかなか面白い文面ですが、裏を返せば、一般の人々にとっても Cloud + OSS の理解が、大まかなところで必要になってきたのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
みんなが 期待の Open Cloud 特集

Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?

Posted in .Selected, Asia, HTML5, Mobile, Telecom by Agile Cat on March 18, 2013

Amobee’s Mobile Ads Now a Monetization Option in AppsFuel HTML5 App Store
http://wp.me/pwo1E-5MC

Feb 27, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/amobee-appsfuel-deal-for-html5-mobile-apps-advertising/

_ tech in asia

These days, mobile telcos absolutely love HTML5 as it gives them a chance to be app publishers whilst flipping a middle finger at Apple and Google and their 30 percent commissions on app revenue. That’s partly why Singapore’s SingTel acquired the mobile ad company Amobee last year, and Japan’s NTT Docomo picked up the Italian mobile content company Buongiorno. Today, both Amobee and Buongiorno’s HTML5 app store, called AppsFuel, are coming together in a deal to help developers and content creators monetize their HTML5 web apps across any mobile OS.

このごろのモバイル・テレコムたちは、Apple と Google に対して、つまり、アプリ売上における 30% のコミッションに対して、NO を突きつけるチャンスを与えてくれる、HTML5 をとても愛しているようだ。それは、Singapore の SingTel が、昨年にモバイル広告会社の Amobee を買収し、また、Japan の NTT Docomo が、イタリアのモバイル・コンテンツ会社であるBuongiorno を買収した背景でもある。 そして、今日(2/27)には、Amobee と Buongiorno の HTML5 アップ・ストアである AppsFuelが、あらゆるモバイル OS を横断する HTML5 Web アプリのデベロッパーとコンテンツ・クリエーターたちを、マネタイズの面から支援するために立ち上がった。

The partnership means that Amobee’s ad product PULSE for Publishers is now one of several monetization options for developers on the AppsFuel platform. Amobee promises to maximize mobile revenue by showing the most relevant, contextual ads to users within the HTML5 web apps. In addition, Amobee is now the exclusive mobile advertising agency for AppsFuel, allowing developers to use over eighty ad networks globally as part of this co-operation.

このパートナーシップが意味するものは、Amobee の広告プロダクトである PULSE for Publishers が、AppsFuel プラットフォーム上のデベロッパーに対する、マネタイズ・オプションの 1つになったことである。 Amobee は、HTML5 Web アプリの中に、ユーザーに関連するコンテキスト広告を表示することで、モバイル収入を最大化すると約束している。 それに加えて Amobee は、AppsFuel を占有するモバイル広告エージェンシーであり、また、グローバルに展開される 80以上の広告ネットワークを、この協業の一部としてデベロッパーに提供する。

In today’s announcement, the head of AppsFuel, Fernando González Mesones, emphasized: “AppsFuel’s mission is to create a profitable ecosystem for mobile HTML5 developers, and we are ensuring this with carrier billing and now with the possibility of additional revenues via mobile advertising.”

AppsFuel のリーダーである Fernando Gonzalez Mesones は、 「AppsFuel のミッションは、モバイル HTML5 デベロッパーに利益をもたらす、エコシステムを創造することにある。そして、私たちは、キャリア課金を保証し、また、モバイル広告による新たな収益の可能性を探っていく」と、今日のアナウンスメントで強調している。

HTML5 won’t magically succeed

The AppsFuel HTML5 app store.
Click to enlarge.

HTML5 apps are back in the public eye this week after the full unveiling of the open source Firefox OS and its hardware and telco partners – yes, telcos are especially excited about Firefox OS – at the ongoing MWC event in Barcelona. Big web names like Twitter have committed to full-featured HTML5 apps for Firefox OS – just as Twitter can be found in the AppsFuel store – but that doesn’t mean that consumers will be convinced. As the always entertaining Guardian tech writer Charles Arthur pointed out yesterday, “Firefox OS won’t magically succeed just because it’s open source.” The same is true of HTML5 apps, as people still seem enormously keen on native apps, and so developers need to keep making them and keep losing 30 percent of app sales revenues to Apple, Google, Microsoft, Amazon et al.

HTML5 アプリは、オープンソース Firefox OS と、それを担ぐハードウェアとテレコムのパートナーたちが、今週に公表されたことで、世間の注目を集めている。つまり、Barcelona で行われている MWC イベントにおいて、とりわけテレコム会社たちが、Firefox OS をプッシュしているわけだ。  Twitter のような Web のビッグネームが、Firefox OS にフル対応する HTML5 アプリを約束した。そして、Twitter は、AppsFuel ストアに表示されているが、それだけでコンシューマたちを説得できるとは限らない。 いつも面白い記事を書く、Guardian のテック・ライターである Charles Arthur は、「それがオープン・ソースであるという理由だけで、Firefox OS が魔法のように成功するとは思えない 」と、昨日の段階で指摘している。 それと同じことが、HTML5 アプリについても言えるのだが、ユーザーは依然としてネイティブ・アプリに夢中であり、また、デベロッパーも追随せざるを得ない状況にある。 そうなると、Apple/Google/Microsoft/Amazon などに、アプリ収益の 30% を吸い取られ続けてしまう。

Speaking of SingTel, it buddied up with Japanese social gaming giant GREE for HTML5 mobile game distribution and billing in Singapore. That was part of the launch of GREE’s new HTML5-compatible social gaming platform in November of last year.

SingTel と言えば、Singapore における HTML5 モバイル・ゲームの、配信と課金に関して、日本のソーシャル・ゲーム大手である GREE と、協業していることを思い出す。 それは、作年 11月に GREE により立ち上げられたソーシャル・ゲーム用の、HTML5 コンパチブル・プラットフォームの一部でもあった。

While AppsFuel is keen to become the global and unwalled app store of the future, it’s not clear how consumers can benefit right now. Tokyo-based gaming expert Serkan Toto reckons that GREE’s strategy with HTML5 can work for certain types of games in Japan, but it doesn’t look promising or convincing on a worldwide scale.

AppsFuel は、国境を超えるグローバルな、アップストアになりたいとしているが、消費者に対するメリットが、まだ、明確になっていない。 Tokyo ベースのゲーム・エキスパートである Serkan Toto は、HTML5 を用いる GREE の方針が、Japan における特定タイプのゲームに有効だと捉えている。しかし、世界的なスケールで考えてみると、ユーザーに何かを約束し、また、説得していくものには見えない

Let us know in the comments if you’re ready to embrace HTML5 apps on your smartphone.

あなたのスマートフォンで、HTML5 アプリを動かす準備ができているかどうか、コメント欄で教えて欲しい。

ーーーーー

imageいまのモバイル市場は、マニュファクチャとして Samsung が頑張っている以外は、すべての利益が、Apple/Google/Amazon に流れ込んでいる状況と言えます。そして、焦点は App Store の縄張りであり、この Docomo と SingTel  のような動きが、世界中で発生してくるはずだと思います。 たとえば、Yandex なども、ホワイト・ラベルの App Store を開発し、キャリアとリベニュー・シェアしていく、ビジネス・モデルを確立しつつあるようです。 この領域は、2013年における、ひとつの見どころになりそうですね。image

ーーーーー

<関連>

Apple は App Store から、いくら稼いでいるのか?
キャリアの App Store がもたらすのは混乱か? それとも利便性か?
中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感
Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step

 

Open Compute Summit 2013 – Directory

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on January 21, 2013

A tiny contribution to OCP folks from Japan Team
http://wp.me/pwo1E-5xS

image

As many folks gathered in Santa Clara, there are many of OCP related articles in Internet tech sites. Furthermore, all the report of them has sent praise to the philosophy of OCP. For the Japan team, this summit was especially a nice phrase. Because of, OCP Asia Pacific has launched, and Frank announced it in his keynote. So, I would like to share the report of this memorable summit.

たくさんの人々が Santa Claraに集まったように、数多くの OCP関連記事が提供されている。さらに言えば、それらすべての記事が、OCPの哲学に対して賞賛を送っている。そして、とりわけ日本チームにとって、今回のサミットは嬉しいものになった。なぜなら、OCP Asia Pacific が立ち上がり、また、Frank がキーノートで、それを発表したからだ。それゆえに、この記念すべきサミットに関する報道を共有したい。

———

Open Compute Summit Winter 2013 – Live Streaming
Jan 16, 2013 12:00pm EST — Thu Jan 17, 2013 6:00pm EST
http://new.livestream.com/ocp/winter2013

OCP Summit IV: Breaking up the monolith
Wednesday, January 16, 2013 · Posted by Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

Tim O’Reilly to Deliver a Keynote at the Open Compute Summit IV
Saturday, December 22, 2012 · Posted by Pete Bratach at 00:13 AM
http://www.opencompute.org/2012/12/22/tim-oreilly-to-deliver-a-keynote-at-the-open-compute-summit-iv/

———

Facebook and Open Compute just blew up the server and disrupted a $55B market
GigaOm – By Stacey Higginbotham – Jan. 16, 2013 – 10:00 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/16/facebook-and-open-compute-just-blew-up-the-server-and-disrupted-a-55b-market/

Facebook, Intel, & Rackspace get more open-source than ever with new designs - Japanese
Venturebeat – January 16, 2013 – Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/01/16/facebook-intel-rackspace-get-more-open-source-than-ever-with-new-designs/

Facebook Shatters the Computer Server Into Tiny Pieces
Wired – By Cade Metz – Jan 16, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/facebook-server-pieces/

Facebook’s Other Big Disruption
New York Times – By QUENTIN HARDY – January 17, 2013
http://bits.blogs.nytimes.com/2013/01/17/facebooks-other-big-disruption/

Open Compute: Momentum Builds for Open Hardware
Datacenter Knowledge – By: Rich Miller – January 16th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/16/open-compute-momentum-builds-for-open-hardware/

Open Compute Project to ask college students for hardware ideas
GigaOM – By Jordan Novet  – Jan. 17, 2013 – 7:39 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/17/open-compute-project-to-ask-college-students-for-hardware-ideas/

Facebook Open Compute Project Shapes Big Data Hardware
Informationweek – Doug Henschen – January 17, 2013
http://www.informationweek.com/software/information-management/facebook-open-compute-project-shapes-big/240146481

New COO Named for Open Compute Foundation
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – November 16th, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/11/16/new-coo-named-for-open-compute/

Open Stack, Open Compute And How Opening Up Is The Only Way To Reach The Data Heavens
TechCrunch – Alex Williams – Jan 19, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/19/open-stack-open-compute-and-how-opening-up-is-the-only-way-to-reach-the-data-heavens/

Scenes from Day 1 of Open Compute Summit
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – January 17th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/17/highlights-from-day-1-of-open-compute-project-summit/

Intel And Facebook Team To Open Source Data-Center Designs, Open Compute Project Grows With 12 New Members
TechCrunch –
Alex Williams – January 16th, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/16/facebook-open-sources-more-of-its-designs-for-storing-pictures-and-saving-power/

OpenCompute servers and AMD Open 3.0
Anand Tech – by Johan De Gelas on 1/16/2013 5:09 PM EST
http://www.anandtech.com/show/6673/opencomputer-servers-and-amd-open-30

Facebook’s Open Compute Project splits up monolithic servers with help from Intel, more
Engadget – By Jon Fingas posted Jan 16th, 2013
http://www.engadget.com/2013/01/16/facebook-open-compute-project-splits-up-monolithic-server-designs/

AMD Open 3 Enables OpenCompute Servers
Internet News – By Sean Michael Kerner – January 18, 2013
http://www.internetnews.com/ent-news/amd-open-3-enables-opencompute-servers.html

Video: Facebook’s Open Compute Project Summit
Network World – By Keith Shaw – 01/18/13
http://www.networkworld.com/community/node/82182

Applied Micro ARM servers all over Open Compute Project
The Register – By Timothy Prickett Morgan – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/applied_mixcro_x_gene_open_compute/

AMD Rolls Out Energy-Efficient Open Compute Server Board
eWeek – By Jeffrey Burt – Posted 2013-01-16
http://www.eweek.com/servers/amd-rolls-out-energy-efficient-open-compute-server-board/

Avnet Embedded Introduces Open Compute Project Innovation Labs
by Avnet –
01/16/2013
http://www.inddist.com/news/2013/01/avnet-embedded-introduces-open-compute-project-innovation-labs

Facebook’s Open Compute Hardware Hackathon Yields Server Debugging Solution
ReadWrite Web – Taylor Hatmaker – Jan 21, 2013
http://readwrite.com/2013/01/21/facebooks-open-compute-hardware-hackathon-yields-server-debugging-solution

——— Update: Jan 22

Roundup: Open Compute Summit 2013
DatacenterKnowledge – Rich Miller January 21st, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/21/roundup-open-compute-summit-2013/

Rackspace Adopts Open Compute And Plans New UK Data Centre
Channelbiz – January 22, 2013 by Peter Judge
http://www.channelbiz.co.uk/2013/01/22/rackspace-adopts-open-compute-and-plans-new-uk-data-centre/

Facebook rolls out new web and database server designs
The Register – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/open_compute_facebook_servers/

——— Update: Jan 24

Rackspace follows in Facebook’s footsteps, plans to build own servers
Network World – January 18, 2013
http://www.networkworld.com/news/2013/011813-rackspace-265967.html

——— Update: Jan 25

Why Open Source Hardware Is No Oxymoron
Wired – Jan 24, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/open-compute-rackspace/

Can Facebook’s Open Compute Explode The Server Market?
Tech Week Europe – January 23, 2013
http://www.techweekeurope.co.uk/comment/facebook-open-compute-data-centre-servers-105192

Open Compute Project names hackathon winner
GigaOM – Jan 24, 2013
http://gigaom.com/2013/01/24/open-compute-project-names-hackathon-winner/

Intel, Fusion-io Embrace Open Compute
Network Computing – January 24, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-center/intel-fusion-io-embrace-open-compute/240146974

———

__AC Stamp 2A lot of thanks to OCP folks.  Again, it was the nice opportunity to lean and discuss the philosophy of OCP. See you again in the next summit of Las Vegas!

ほんと、OCP の人たちには、お礼の言葉もないくらい感謝しています。このサミットでは、いつも学び、考えるべきことを示唆してもらいます。次は、秋の Las Vegas です!image

———

Related Sites:

Open Compute Project
Open Compute – Facebook Page
Prineville Data Center – Facebook Page
Open Compute Project Japan
Agile Cat – OCP Category

 

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Posted in .Selected, Cloud Stack, Telecom by Agile Cat on November 27, 2012

Leading Telecommunications Companies Choose Apache CloudStack to Power their Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5gs

2012/10/17
http://www.citrix.com/news/announcements/oct-2012/leading-telecommunications-companies-choose-apache-cloudstack-to.html

image

Citrix CloudPlatform, Powered by Apache CloudStack, Selected as the Foundation for Successful Global Cloud Deployments

ーーーーーImage(2)

Citrix today announced that more than a half a dozen of the world’s leading telecommunications companies have chosen Citrix CloudPlatform, powered by Apache CloudStack, as the foundation for their next generation cloud computing offerings, including: BT, China Telecom, EVRY, IDCFrontier, KDDI, KT, NTT Communications and Slovak Telecom. These recent wins by Citrix in the global telecommunications market add to company’s already successful track record in helping the world’s largest providers build highly scalable and successful cloud computing businesses.

今日のことだが、Citrix は半ダース以上の世界のリーディング・テレコム・カンパニーが、次世代クラウ・ドコンピューティングの基盤として Apache CloudStack が提供する、Citrix CloudPlatform を採用していると発表した。 そして、そこには、BT/China Telecom/EVRY/IDCFrontier/KDDI/KT/NTT Communications/Slovak Telecom が含まれている。 最近のグローバル・テレコム市場における Citrix の躍進は、スケーラブルなクラウド・コンピューティングを構築し、そのビジネスを成功させてきた世界の大手プロバイダーのリストに、新たなページを付け加えるものとなる。

The emergence of public Infrastructure as a Service (IaaS) clouds in the last several years is changing the way that individuals, developers and businesses utilize computing power. Unpredictable demand, aggressive development schedules and cost savings are some of the reasons that end-users are signing up for cloud computing offerings and moving their applications to the cloud. With CloudPlatform, Citrix offers all of the necessary management software and infrastructure technology for global telecommunications providers to take advantage of this market demand and deliver cloud computing services that are custom tailored to their customers and market.

この数年における IaaS クラウドの台頭は、コンピューティング・パワーを活用する、個人/開発者/企業の通るべき道筋を変化させている。 予想できない負荷の変動および、積極的な開発スケジュール、そしてコストの削減といった要因の背景には、クラウド・コンピューティングが提供するものに、エンドユーザーがサインアップし、そこに自身のアプリケーションを移動してくるという形態が存在する。 Citrix は CloudPlatform により、グローバル・テレコム・プロバイダが必要とする、すべてのマネージメント・ソフトウェアとインフラ・テクノロジーを提供する。 それにより、それぞれのプロバイダーは、この市場における需要を先取りし、顧客と試乗に合わせて仕立て上げられた、カスタムなクラウド・コンピューティング・サービスを供給していく。

Image(48)

Citrix CloudPlatform is based on Apache CloudStack, the market leading open source cloud computing project currently undergoing incubation in the Apache Software Foundation. Since its introduction, Apache CloudStack has rapidly become the leading open source platform for building, managing and delivering highly scalable infrastructure-as-a-service clouds for a wide range of customers such as these leading providers. CloudStack has more than 30,000 community members, thousands of certified apps, and hundreds of production clouds, collectively generating more than $1 billion in cloud revenue from some of the biggest brands in the industry.

Citrix CloudPlatform は、マーケットをリードし、また、Apache Software Foundation でインキュベートされている、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プロジェクトである、Apache CloudStack をベースにしたものである。 その立ち上がりから、Apache CloudStack は、きわめてスケーラブルな IaaS クラウドを構築/管理/供給する、最先端のオープンソース・プラットフォームへの道を、素晴らしいスピードで駆け上がり、また、以下に紹介するリーディング・プロバイダーを含む、広範囲におよぶレンジをカバーしている。 CloudStack には、30,000人以上のコミュニティ・メンバーがいて、数千の保証されたアプリケーションと、数百のプロダクション・クラウドがある。そして、この業界における、いくつかのビッグ・ブランドから、少なくとも $1 billion のクラウドによる収入を生み出している。

Leading telecommunications companies are increasingly choosing Citrix CloudPlatform as the platform for their next-generation cloud services because it is the most proven way to build production ready clouds on an open source platform designed for economics, elasticity and scale – complete with commercial engagement and support from Citrix. Already proven in deployment at over 140 customers worldwide, Citrix CloudPlatfom delivers a powerful, proven, hypervisor-agnostic platform that helps customers of all sizes build true Amazon-style clouds.

リーディング・テレコム企業が、自身の次世代クラウド・サービスのために、Citrix CloudPlatform をプラットフォームとして選ぶケースが増えている。なぜなら、経済性/柔軟性/スケールを考慮して設計された、オープンソース・プラットフォーム上で、プロダクション・クラウドを構築する上で、最も広い範囲で証明された方法であり、また、しっかりと商用を意識し、Citrix からサポートされるからである。 Citrix CloudPlatfom は、すでにワールドワイドで 140社以上の顧客にディプロイメントされ、すべてのサイズの Amazon スタイル・クラウドを、構築を促進するためのパワフルさを証明された、ハイパーバイザを意識しないで済むプラットフォームを供給する。

ーーーーー

Li JinLing
General Manager of Software Development Dept.
China Telecom System Integration Co.,Ltd.

Cloud computing is one of the fastest growing technology movements in China, attracting customers across all industries, regions and sizes of organizations that are looking for the efficiencies and economics associated with on-demand IT services. China Telecom has a long-standing history of working with open source technologies and have been working extensively with Apache CloudStack as the foundation for our new cloud service. We chose CloudStack because of its technical maturity, it’s broad ecosystem of supporters and our ability to participate in its open source community.

クラウド・コンピューティングは China において、最も成長の速いテクノロジーの流れを作り出している。そして、オン・デマンドの IT サービスと結び付けられる、効率と経済に注目している、すべての業種/地域/規模における組織をまたいで、顧客たちを引き付けている。 China Telecom は、オープンソース・テクノロジーと、長期間にわたって協調してきた歴史を持ち、また、私たちの新しいクラウドサービスのための基盤として、Apache CloudStack と幅広く協調している。CloudStack を選択したのは、テクニカルにおいて成熟しているからである。そして、サポートのための広範囲におよぶエコシステムがあり、そのオープンソース・コミュニティに参加していけるところに、私たちの理由がある。

ーーーーー

Baard Mühlbradt
Managing Director
EVRY

As one of the largest providers of Telecommunications and IT services to the Nordic region, when EVRY looked to build out a comprehensive cloud service portfolio of on-demand computing resources, on-demand connectivity, and on-demand managed services for smb and enterprise customers, it was important that we picked a proven platform that met the high standards and functionality that our customers expect. After evaluating the options on the market, we chose Citrix CloudPlatform and CloudPortal as the foundation to our service. Based on the leading open source Apache CloudStack project and proven with large scale deployments in the IT Services industry, it was clear to EVRY that Citrix CloudPlatform gave us the fastest time to market and the richest feature-set that enables us to deliver high quality enterprise cloud services to our customers.

スカンジナビアにおける最大手のテレコムとして、また IT サービス・プロバイダとして、EVRY は包括的なクラウド・サービス・ポートフォリオの構築に注目している。 それは、SMB とエンタープライズのための、オン・デマンドのコンピューティング・リソース/コネクティビティ/マネージメント・サービスで構成されるものであり、また、標準化と機能を高度なレベルで満たすと証明された、プラットフォームの選択を、私たちの顧客は期待していた。 そのマーケットにおける選択肢を評価した後に、私たちのサービスの基盤として、Citrix の CloudPlatform と CloudPortal が選ばれた。 オープンソースをリードする Apache CloudStack プロジェクトが基盤となり、また、IT Services 業界で大規模スケール・ディプロイメントが証明されていた。 したがって、Citrix CloudPlatform が、市場へ向けた最短の道のりと、最もリッチな機能を提供することが、EVRY にとって明らかにされていた。それは、高品質のエンタープライズ・クラウド・サービスを、私たちの顧客に提供できるものであった。

ーーーーー

Mr. Ichiro Nakayama
Division Director of Business Development
IDCFrontier

For the last year, IDC Frontier has been at the forefront of bringing innovative cloud computing services and technologies to businesses in Japan with our leading IDCF Cloud Self Type. In order to take advantage of the the growing interest in public cloud services in Japan, we needed to partner with a technology provider that enabled us to get to market quickly with a solution that met the quality, reliability and technology needs of our demanding customers. IDC Frontier was the first provider to bring Citrix CloudPlatform and the Apache CloudStack project to the Japanese market and we look forward to working with Citrix and the community to advance cloud computing across our region.

昨年を通じて、IDC Frontier は、先進の IDCF Cloud Self Type を用いて、日本企業におけるクラウド・コンピューティングのサービスとテクノロジーを、革新していく最前線に立ち続けた。日本において増大するパブリック・クラウド・サービスへの関心という、最先端のトレンドを形にするために、テクノロジー・プロバイダーとのパートナシップを、私たちは必要としていた。そして、そのパートナシップは、私たちの顧客が要求していくる、品質/安定性/先進技術というニーズを充たすソリューションで、IDCF のビジネスを素早く支援する必要があった。こうした背景により IDC Frontier は、Citrix CloudPlatform と Apache CloudStack プロジェクトを、日本市場にもたらす最初のプロバイダーとなった。 そして、さらに、このリージョンを横断するクラウド・コンピューティングを推進するために、Citrix およびコミュニティと協調できることを、私たちは楽しみにしている。

ーーーーー

Mr. Akihiro Nakashima
General Manager, Cloud Services Planning and Development Department
KDDI

In July, KDDI introduced the KDDI Cloud Platform Service, a highly reliable cloud service specifically focused on addressing the growing needs of enterprises in Japan that have higher requirements around control, security and reliability that typically found in most public cloud services. Citrix CloudPlatform’s proven success with the world’s largest Cloud Service Providers coupled with its commitment to openness and interoperability made it the ideal solution when we were evaluating the various cloud management solutions. We are excited to be working with Citrix on the innovation and evolution of the cloud computing market.

この 7月に、KDDI が導入した KDDI Cloud Platform Service は、日本のエンタープライズの間で増大するニーズにフォーカスする、とりわけ信頼性を重視したクラウド・サービスである。 具体的には、大半のパブリック・クラウド・サービスに顕著な、制御/安全性/信頼性をとりまく、きわめて厳格な要件に対応するものとなる。 Citrix CloudPlatform の成功体験は、オープン性とインターオペラビリティの約束と結び付けられたものであり、また、世界で有数の Cloud Service Provider たちが証明するものである。そして、私たちが、各種のクラウド・マネージメント・ソリューションを評価したとき、そこに理想的なソリューションを見出すことができた。 クラウド・コンピューティング市場にイノベーションと進化をもたらすために、私たちは Citrix と協調している。 とてもエキサイティングである。

ーーーーー

Ji-Yun Kim
SVP of Cloud BU
KT

For the past 2 years, KT has been partnering with Citrix in delivering the ucloud biz,, an innovative public cloud service based on Apache CloudStack. When building cloud systems, choosing pertinent partners is critical for business success. We used Citrix CloudPlatform as the foundation for our private cloud and found it to be an extremely robust solution that minimized the overhead costs of integration and complex deployment schedules. Citrix CloudPlatform technology seamlessly integrated with our existing technology and is allowing us to create a strong and agile public cloud.

これまでの 2年間において、KT は Apache CloudStack ベースの革新的なパブリック・クラウド・サービスである、ucloud biz を展開するために、Citrix とパートナーシップを作り上げてきた。クラウド・システムの構築に際して、適切なパートナーを選択することが、ビジネスを成功に導くために重要となる。私たちは、プライベート・クラウドの基盤として、Citrix CloudPlatform を用いている。そして、インテグレーションにおける間接コストと、ディプロイメント・スケジュールにおける複雑さを最小化する、堅牢なソリューションであると認識している。 Citrix CloudPlatform てテクノロジーは、私たちの既存テクノロジーとシームレスに統合され、強固でアジャイルなパブリック・クラウドの構築を実現している。

ーーーーー

Mr. Motoo Tanaka
Senior Vice President, Cloud Services
NTT Communications

As the industry continues to move to Cloud-based solutions, we focused on developing offerings that help partners leverage the rapid growth taking place in this segment, while also bringing the benefits of Cloud to small and medium businesses. By partnering with Citrix around Apache CloudStack and utilizing the commercial Citrix CloudPlatform, we have launched flexible, scalable, and cost-effective global public cloud service called “Cloudⁿ” which can expedite time to market and develop highly reliable solutions to expand our partners’ business opportunities.

IT 産業がクラウド・ベースのソリューションへ向けて移行するにつれて、このセグメントにおけるパートナーたちが、素早く成長していくための支援を目標に、私たちは自身の開発にフォーカスしてきた。その一方で、クラウドのメリットを、中小企業にもたらすことにも注力してきた。Apache CloudStack に関連するパートナーシップを Citrix と作り上げ、商用の Citrix CloudPlatform を活用することで、 私たちは、フレキシブルで、スケーラブルで、コスト・エフェクティブなグローバル・パブリック・クラウド・サービスを立ち上げた。 それが、Cloudn であり、 私たちのパートナーにおけるビジネスチャンスを拡大するために、彼らのサービス開発サイクルを早め、きわめて信頼性の高いソリューションを実現している。

ーーーーー

Ján Adamec
Chief ICT and Corporate Segment Officer
Slovak Telekom

Earlier this month Slovak Telekom launched TelekomCloud, our innovative public IaaS cloud service portfolio of on-demand computing resources to address the growing interest in cloud computing in the region – the first of its kind in Slovakia. After an extensive search to find the right partner for our service, we chose Citrix CloudPlatform as it provided us with a proven cloud management platform that enabled us to get to market quickly and provided advanced features like billing, self-service portal, networking as a service and a software catalog, helping us operate our cloud as a business.

今月の初めに、Slovak Telekom は TelekomCloud をローンチした。それは、オン・デマンドのコンピューティング・リソースに関する、革新的なパブリック IaaS クラウド・サービス・ポートフォリオであり、私たちの地域において増大する、クラウド・コンピューティングへの関心に取り組むためのものである。 つまり、Slovakia における最初のクラウドである。 私たちのサービスにとって、最適なパートナーを探すための大規模な調査の後に、すでに実績の証明されたクラウド・マネージメント・プラットフォームを提供するものとして、Citrix CloudPlatform を選んだ。それにより、迅速なビジネスの立ち上げが可能となった。そして、先進的な機能である、課金サービスや、セルフサービス・ポータル、サービスとしてのネットワーク、ソフトウェア・カタログなどが提供され、ビジネスとしての私たちのクラウドを、容易に運用することができた。

ーーーーー

Sameer Dholakia
Group VP and GM of Cloud Platforms
Citrix

We believe the biggest winners in the Cloud Era will be clouds built on a platform that is designed from the ground up with a true Amazon-style architecture, proven at scale in real production clouds, compatible with the Amazon architecture and fully committed to open source. The magnitude of global adoption among these telecommunications providers entrusting their core infrastructure service to the Citrix CloudPlatform is tremendous validation and proof of our position in the marketplace.

私たちが確信するのは、まさに Amazon スタイルのアーキテクチャを用いて、ゼロからデザインされたプラットフォーム上のクラウドが、Cloud Era における最大の勝者になる点に集約される。つまり、プロダクション・スケールで証明されたクラウドであり、また、Amazon アーキテクチャとの完全な互換性を持ち、完全なオープンソースを約束するものである。 Citrix CloudPlatform にコアとなるインフラ・サービスを託す、一連のテレコム・プロバイダーに対する、グローバルで大規模なアダプションは、とてつもなく大きな評価を意味し、マーケットにおける私たちのポジションを証明する。

ーーーーー

imageベンダーさんのニュースを訳すのは、ほんとうに久々のことです。 もともと、なぜ CloudStack が、これほどまでテレコムに導入されるのかという、とてもシンプルな興味があったのですが、このレビューを見ても分かるように、世界の 8社の中で、日本勢が 3社を占めるという状況にも惹かれます。 それぞれの理由があるようですが、全体に共通するのは、オープンソースであり、実運用環境での証明が済んでいるという、ふたつのポイントです。 そして、同じレンジで競い合うものとして、OpenStackOpenNebula があります。まさに、使う側の視点から構成された、新しいクラウドの世界へと、私たちは進み行っているわけで、そう考えると、とてもワクワクな気分になってきますね! image

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
クリエーションラインと、CloudStack/MidoNet/Cloudian の統合戦略とは?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

お待たせしました VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 10, 2012

Finally! VMware joins the OpenStack Foundation, this time for real
http://wp.me/pwo1E-4Jr

Sep 7, 2012 – 4:05PM PT
http://gigaom.com/cloud/finally-vmware-joins-the-openstack-foundation-this-time-for-real/

_ Gigaom

After weeks of back and forth and considerable anxiety, VMware, Intel and NEC are now Gold members of the OpenStack Foundation. The news comes out of Friday afternoon’s OpenStack board meeting.

何週もの間、話しが行ったり来たりし、また、皆さんをヤキモキさせた末に、VMware と、Intel と、NEC は、ようやく OpenStack Foundation の Gold メンバーになれた。 このニュースは、金曜日(8/7)の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングからのものである。

ーーーーー

imageVMware is now officially a Gold member of the OpenStack Foundation, along with Intel and NEC. The OpenStack board met Friday afternoon to consider their applications, which were held over from the last seven-hour board meeting.

いまや VMware は、Intel および NEC と共に、OpenStack Foundation の Gold メンバーになったと、オフィシャルに発表された。 金曜日の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングでは、前回の 7時間会議で先送りされた、それらの企業からの入会申請について話し合いが行われた。

Judging by the Twitter accounts, the meeting was not without drama — some participants were apparently surprised and nonplussed that their votes would be public.

この Twitter アカウントから判断すると、このミーティングにはドラマがあったようだ。 つまり、参加者の投票結果がオープンにされたことで、驚いたり当惑したりした人が居たようだ。

image

The notion of VMware joining this open-source cloud effort still strikes some as incongruous since OpenStack launched two years ago to build a technology stack to compete with proprietary cloud software — namely VMware’s vCloud. Many vendors, including Rackspace, HP, and Cisco, backed OpenStack as a hedge against both VMware and Amazon.

この、オープンソース・クラウドに労力を費やしてきた人々にとって、依然として VMware の参加は、辻褄のあわないことらしい。なぜなら、2年前に OpenStack が立ち上げられたのは、プロプライエタリなクラウド・ソフトウェアに対抗する、すなわち VMware の vCloud と戦うための、テクノロジー・スタックの構築という意味があったからだ。 Rackspace/HP/Cisco を含む数多くのベンダーが、VMware と Amazon に対するヘッジとして、OpenStack を支持してきた。

image

But since then, VMware’s stance has evolved. It is fielding Cloud Foundry as an open-source platform as a service and it just completed its purchase of Nicira, a software-defined networking vendor that has been an active OpenStack participant.

しかし、その時と比べて、VMware のスタンスは前進してきている。 同社は、オープンソース PaaS としての Cloud Foundry を擁立し、また、アクティブな OpenStack メンバーであり、SDN ベンダーである Nichira を買収している。

There is still some anxiety that VMware will be a fox in OpenStack’s hen house, though. There was also some chatter that the rival Apache CloudStack Project backed by Citrix and others might be the more open and transparent cloud option.

しかし、OpenStack 鶏舎に VMware キツネが、潜り込もうとしていると危惧する、何人かのメンバーがいる。 そして、Citrix が支援する、ライバルとしての Apache CloudStack Project に関する囁きもある。 また、さらにオープンで透明なクラウドの、選択肢であることを望む人々もいるのだろう。

ーーーーー

image如何にオープンソースと言えども、そこに参加する企業群が、クラウドで成功するための OpenStack ですから、きわめて現実的なというか、勝ち抜いていくための戦略が必要なのでしょうね。 先日にポストした 『 ちょっと待ってね VMware さん 』 から、一週間ほどが経ちましたが、長々と時間をかけずに、合議制で結論を出した OpenStack は、妥当な仕事をしたと評価したいです。 この参加を認める認めないは別にして、迅速に結論を出すことが、OpenStack にとって最も重要なことだと思えるのです。 ーーー

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

 

ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 4, 2012

VMware will have to wait a little longer to join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4HU

By
Barb Darrow – Aug 29, 201
http://gigaom.com/cloud/vmware-joins-openstack-not-so-fast/

_ Gigaom

It’s hurry up and wait when it comes to VMware’s bid to become part of OpenStack’s inner circle. Its application for Gold membership status — along with applications from Intel and NEC — will have to wait for the next Open Stack Foundation meeting.

VMware が OpenStack に仲間入りしようと、ある種の賭けにでたときから、それは急がれることであり、また、待つべきことになっている。 そして、VMware の Gold メンバーになろうとする、VMware からの申請に対して(Intel と NEC も同様に)、次の Open Stack Foundation ミーティングまで、回答が先送りされるようだ。

ーーーーー

image

VMware is not yet an official Gold member of the OpenStack Foundation. Nor is Intel or NEC.  The applications of all three companies to join the open-source cloud coalition were not heard as planned at the Foundation’s first meeting Tuesday.

まだ VMware は、OpenStack Foundation の Gold メンバーとして、正式には認められていない。 また、Intel と NEC も同様である。  これら 3社からの、オープンソース・クラウド連合への参加申請について、同ファンデーションが火曜日に開催した最初のミーティングでは、その計画にまで議論が至らなかったようだ。

The reason? The confab ran very long — seven hours — and the group didn’t get to the applications, according to Jonathan Bryce, the foundation’s executive director.

その理由は、どこにあるのだろう?  同ファンデーション の事務局長である Jonathan Bryce によると、討論は 7時間の長丁場に及んだようだが、それらの申請が受理されるまで話は進まなかったとされる。

“This was the first board meeting and we covered a lot of topics including basic finance and compensation things, but we ran out of time,” Bryce said. The applications will be considered at a future meeting, the date to be determined.

「今回は、最初のボード・ミーティングであり、基本的な財務や支払いなどを含む、数多くのトピックをカバーしが、それらについて話したところで時間切れとなってしまった。一連の入会申請に関しては、次回のミーティングで検討されるが、その日程を決めなければならない」と、Bryce は発言している。

imageNews that VMware wanted to be part of the effort was surprising to many. VMware pushes its proprietary vCloud as the OS of choice for the cloud while OpenStack is viewed as a counterweight to proprietary software. In April, just after Citrix backed CloudStack as a rival to OpenStack and Eucalyptus, a VMware VP referred to the three open-source cloud contenders as the ugly stepsisters vying for the customer (Prince Charming). to vCloud’s Prince Charming.

このサークルの一部として機能したいという、VMware からの申請は、人々を驚かすニュースになった。VMware は、クラウドにおける OS の選択肢として、プロプライエタリな vCloud をプッシュしているが、OpenStack は、こうしたプロプライエタリへのカウンターだと見なされている。 この 4月に、OpenStack と Eucalyptus のライバルである CloudStack を Ctrix が支持した直後に、ある VMware VP は、それら 3つのオープンソース・クラウドの争いについて、ユーザー(Prince Charming)を取り合う泥仕合のようなものだと評していた。

On the other hand, it wasn’t all that shocking. VMware has shown growing acceptance of open source, backing its Cloud Foundry as an open platform as a service entry. More recently, VMware just bought Nicira — an OpenStack participant — for $1.2 billion.

その一方で、以下のことは、それほどショッキングなことではなかった。 VMware は、オープン PaaS としての Cloud Foundry を支持することで、オープンソースに対する容認を強めてきた。 そして、つい最近、VMware は $1.2 billion で、OpenStack の会員である Nicira を買収した。

There seems no doubt that the VMware’s membership will happen at some point in the upcoming months. The question is whether the company will limit its input to software-defined networking issues or take a broader role across the board. Or, as some have suggested,  maybe it will use the membership to keep an eye on a rival from inside its camp.

VMware のメンバーシップが、数ヶ月以内に実現することに、疑いの余地はないように思われる。 残される論点は、同社による活動が、SDN に関連する範囲に限定されるのか、あるいは、より広範囲におよぶのか、という点である。 あるいは、何人かの人々が示唆するように、ライバルたちを監視するために、このキャンプに入り込むという、狙いがあるのかもしれない。

Subscriber Content

ーーーーー

imageプロプライエタリの雄である VMware の、この突然の転進は、大きな驚きをもたらしました。文中にもあるように、参加したいという者を拒む理由は、OpenStack には無いはずだと思います。 しかし、OpenStack 側としては、「いきなり そう言われとも・・・」というところなのでしょう。 どのように収束していくのか、とても気になりますね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

%d bloggers like this: