Agile Cat — in the cloud

Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!

Posted in Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on September 19, 2014

Take A Tour Through Facebook’s Gorgeous Data Centers
http://wp.me/pwo1E-7ST
Dave Smith − Sep. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/15-photos-of-facebook-data-centers-2014-9

_ Business Insider

Facebook announced the Open Compute Project in 2011 as a way to openly share the designs for its data centers — "to spark a collaborative dialogue … [and] collectively develop the most efficient computing infrastructure possible."

Facebook がデータセンターのデザインを広く共有する方法として、Open Compute Project についてアナウンスしたのは 2011年のことだった。それにより、コラボレーションが活性化し、最も効率的なコンピューティング·インフラを、協調しながら開発していくという流れが生まれた。

Alan Brandt

Starting in 2009, three Facebook employees dedicated themselves to custom-designing servers, server racks, power supplies, UPS units, and battery backup systems for the company’s first data center in Prineville, Oregon.

2009年に 3人の Facebook 従業員が、 Prineville, Oregon における同社としては初めてのデータセンターのための、サーバー/サーバー・ラック/電源/UPS/バッテリ·バックアップといったシステム対して、カスタムなデザインをコントリビュートした。

By 2011, Facebook’s data center in Prineville used 38% less energy to do the same work as the company’s other data centers at the time, while costing 24% less.

そして、2011年の Prineville データセンターは、38% という消費電力の低減と、24% のコスト削減という、すばらしい結果を残した。

Since then, Facebook has improved on its designs, and last summer, opened another data center in Lulea, Sweden.

その後の Facebook は、そのデザインを改善し、また、昨年の夏には、Lulea, Sweden にも新しいデータセンターをオープンしている。

With the help of Facebook and photographer Alan Brandt, we compiled some photos to show off what Facebook’s data centers look like from the inside and outside. And these are some really gorgeous-looking facilities.

Facebook と、カメラマンである Alan Brandt の助けを借りて、Facebook データセンターの内側と外側を示す、いくつかの写真をまとめてみた。それらは、とてもゴージャスなファシリティであると思える。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

ーーーーー

ゴージャスと言っても、フカフカのソファーが置いてあるという意味ではなく、あの巨大なサービスを支えるサーバーやストレージに適したという話なのですが、そこで働くエンジニアにとっては、それこそがゴージャスなのだと思います。 Agile_Cat も、この Prineville DC には、一度 お邪魔したことがあるのですが、何から何まで、想像を絶する規模で構築されていたのが、とても強く印象に残っています。 たまたまですが、昨日の東京では、OCP Engineering Workshop 2014 が開催され、100人以上の人々が集まりました。 朝から夕方まで、ぎっちりと詰まった各セッションで、とても熱い議論が繰り返されていました。 これから、OCP Japan が考えていくことは、アジアという地域のビジネスに適した、データセンターのデザインを考えることに、集約されていくのだろうと思います。(この写真は、林雅之さんのブログからのものです)  

ーーーーー

<関連>

Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から FB DC へ!
Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?

Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポートしているが・・・

Posted in Bare-Metal, Hybrid, Rackspace, Telecom by Agile Cat on September 9, 2014

Rackspace may get acquired by telecom CenturyLink
http://wp.me/pwo1E-7PC

September 7, 2014 – Tom Cheredar
http://venturebeat.com/2014/09/07/rackspace-may-get-acquired-by-telecom-centurylink/

_ VB

In an odd turn of events, major web hosting company Rackspace is allegedly in negotiations to sell itself to Louisiana-based telecommunications firm CenturyLink.

一連の流れの中で、また、興味深い話が出てきた。 伝えられるところによると、メジャー Web ホスティング会社である Rackspace が、Louisiana ベースのテレコムである CenturyLink に対して、自身を売却するための交渉に入っているというのである。

Image Credit
Garrett Heath/Flickr

The news, first reported by Bloomberg earlier today, wouldn’t be a complete shock if true. Rackspace first notified shareholders that it was interested in selling the company back in May, which actually had a negative effect on its stock price, as VentureBeat previously reported.

この、今朝一番に Bloomberg から報じられたニュースだが、それが事実であっても、さして驚くべきものではない。話は 5月に戻るが、Rackspace は株主たちに、自社の売却について興味が有ることを伝えていたのだ。そして、以前に VentureBeat がレポートしたように、そのことが同社の株価に対してマイナスの影響を及ぼした。

Rackspace declined comment to VentureBeat about any such acquisition negotiations.

VentureBeat は Rackspace に対して、それらの買収交渉に関するコメントを求めているが、無視されている。

Part of the stock downturn has to do with major potential buyers like IBM showing no interest in an acquisition. Also, few analysts believed the company would take itself private to avoid scrutiny by shareholders as Rackspace attempts to shift away from the commodity public-cloud business to focus instead on its support and managed services.

同社の株価が低迷している背景として、IBM のような大手が買収に関心を示さないという状況にも一因がある。また、何人かのアナリストは、株主による監視を避けるために、Rackspace がプライベート・カンパニーに戻る可能性にも言及している。それは、これまでにサポートしてきたマネージド・サービスに換えて、コモディティなパブリック・クラウド・ビジネスを選ぶという路線から、Rackspace が離れようとするにつれて、生じてきた話でもある。

CenturyLink doesn’t have a strong background in cloud computing and cloud services, so its interests in Rackspace are valid. Bloomberg’s sources also indicate that expanding its cloud services is a main reason for CenturyLink’s interest.

その一方で CenturyLink は、クラウド・コンピューティングとクラウド・サービスにおける、強力なバック・グラウンドを持っていないため、Rackspace に興味を示すという説は有力である。また、Bloomberg の情報筋は、CenturyLink の主たる関心事について、クラウド・サービスの拡大があるはずと指摘している。

Based on its current stock price, Rackspace has a $5.33 billion valuation. That said, it might be difficult for CenturyLink to come up with the kind of money needed to push the acquisition deal through.

なお、Rackspace の現在の株価をベースにすると、その評価額は $5.33 billion になる。つまり、CenturyLink が、この取引をプッシュするにしても、そのための対価をひねり出すのは難しいという可能性もある。

ーーーーー

今年の初めに、Gartner が「これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される」という予測を出していました。最近の Rackspace は、OmMetal サービスという路線を打ち出し、いわゆるパブリック・クラウド価格競争から抜け出そうとしているように思えます。そして CenturyLink ですが、気になる会社ではあっても、これまでに記事を訳したことはありませんでした。 唯一、Agile_Cat で登場してくるのは、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳ですが、このポストに含まれるチャートを見ると、かなりの企業規模を有していることが分かります。 この買収に関するウワサですが、実現すると両者ともパッピーなのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Rackspace が Sony を支援 : PS 用の OpenStack プライベート・クラウドか?

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から Facebook Bare-Metal へ!

Posted in Bare-Metal, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on July 8, 2014

Instagram moves 20 billion images to Facebook servers
http://wp.me/pwo1E-7E4

Mike Wheatley | June 30th
http://siliconangle.com/blog/2014/06/30/instagram-migrates-20-billion-images-shifted-to-facebooks-servers/

_ Silicon Angle

Instagram announced last week that it’s picked up its billions of images stored in Amazon Web Services (AWS) and dumped them into Facebook’s own servers in one of the largest data migration operations ever undertaken.

先週のことだが、Instagram は史上最大規模のデータ·マイグレーションへの取り組みの中で、Amazon Web Services (AWS)に保存された何百億枚というイメージを取り出し、Facebook が提供する独自のサーバー群に投げ込んだと発表した。

News of the move came from this interview with Facebook infrastructure engineer and Open Compute Foundation program developer Charlie Manese. Manese revealed that the massive migration took about a year to organize and an additional month to carry out. As a result of moving onto Facebook’s infrastructure, Instagram now uses about a third fewer servers, something that significantly reduces its operating costs, Manese notes.

この出来事に関するニュースは、Facebook の Infrastructure Engineer と Open Compute Foundation の Program Developer を兼任する Charlie Manese とのインタビューから得られたものである。Manese の説明から、この大規模なマイグレーションを実施するために、約1年という長い歳月が費やされ、また、収束のために1ヶ月が追加されたことが分かってきた。この、Facebook インフラストラクチャへ移行した結果として、これまでと比べて 1/3 というスケールにサーバー数が集約され、Instagram の運用コストなどが大幅に削減されたと、Manese は指摘している。

Wired later posted an in-depth article on the transition – which has been called the “Instagration” within company circles – and notes that it was unlike any other. With previous migrations – such as with FriendFeeed – Facebook was able to shut the service down before shifting all of its data into its own shop. But Instagram is vastly larger and still growing rapidly. The operation involved shifting images from thousands of virtual machines in AWS’s cloud infrastructure to Facebook’s private data centers without disrupting service.

このマイグレーションに関する詳細な記事が、後になって Wired からもポストされているが、このチーム内では Instagration と呼ばれていたこと、そして、他のケースと異なるものであったことが指摘されている。たとえば FriendFeeed のケースなどの、これまでのマイグレーションにおいて、Facebook はシャットダウンさせてから、すべてのデータを移行することが可能であった。しかし、Instagram の場合は、その規模もきわめて大きく、また、急速に成長している最中にいる。つまり、Instagram の サービスを中断することなく、AWS のクラウド·インフラストラクチャーである数千の仮想マシンの中から、夥しい量のイメージを、Facebook のプライベート・データセンターへ移すという作業が必要であった。

Being on Facebook’s own infrastructure not only saves operational costs but means that Instagram can now take advantage of Facebook’s advertising and analysis tools. That could mean more advertising in the future. Instagram can also benefit from dozens of other tools Facebook has built, such as its spam blocking software.

Facebook のインフラストラクチャで運用することで、Instagram はコストの削減を可能にするだけではなく、Facebook の広告/分析ツールも利用できるようになる。つまり、その将来において、より以上の広告を展開できるようになるかもしれない。さらに Instagram は、すでに Facebook が組み込んでいる、スパム・メール・ブロック・ソフトウェアなどの、数多くのツールからの恩恵も受けることになる。

The sheer complexity of this migration also illustrates how companies can make huge gains in efficiency when they build their own infrastructure – just like Facebook has with its open-source, Open Compute data centers. Facebook’s own data centers run 38 percent more efficiently and are 24 percent less expensive than the average data center, according to the Open Compute website.

このマイグレーションは、かなり複雑なものであるが、独自のインフラストラクチャを構築する際に、きわめて効果的に膨大な利益をもたらす方式を、この両社は示しているのかもしれない。 まさに、それが、Facebook がオープンソースとして有している、Open Compute データセンターである。Open Compute の Web サイトによると、平均的なデータセンターと比較して、Facebook のデータセンターでは、38% の効率化と 24% のコスト削減が達成されているという。

ーーーーー

4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、その記事の中の図版では、Instagram が Facebook にホストされているように描かれていました。 その他にも、WhatsApp が IBM に居たり、SnapChat が Google に居たりしていて、Greenpeace の調査力に驚いた記憶があります。 それにしても、あの Instagram を止めることなく、別のクラウドへ移行させるのは、並み大抵のことではないでしょう。 そして、VM ⇒ Bare-Metal への移行により、パフォーマンスも大きく変化しているはずです。 まさに、進撃のベアメタルですね!

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!

Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, Open Compute, OpenStack, Rackspace, Strategy by Agile Cat on July 4, 2014

Rackspace’s OnMetal service eliminates "noisy-neighbor" problems
http://wp.me/pwo1E-7Dx

By Michael Kassner July 1, 2014
http://www.techrepublic.com/article/rackspaces-onmetal-service-eliminates-noisy-neighbor-problems/

Has VM server technology finally outlived its usefulness? Rackspace and some major clients seem to think so.

仮想サーバーのテクノロジーは、その有用性という観点で、長生きし過ぎているのだろうか? Rackspace と、主要な顧客たちは、そう考えているようだ。

Last year, Dell and HP lost a key customer — Rackspace. Up until then, the two companies supplied Rackspace with upwards of 90,000 servers. Rackspace, like Facebook, now designs its own servers using guidelines from the Open Compute Project. Quanta Computer builds the custom servers for Rackspace.

昨年のことだが、Dell と HP は、重要な顧客である Rackspace を失っている。それまで、この両社は、90,000台以上のサーバーを Rackspace に供給してきた。しかし、いまの Rackspace は Facebook のように、Open Compute Project のガイドラインを用いて、自らのサーバーをデザインしている。 そして Quanta Computer が、Rackspace のためのカスタム·サーバーを構築している。

Image: Rackspace

This past week, Taylor Rhodes, President of Rackspace, announced in this video what was in store for these servers — a new Rackspace offering called OnMetal. Put simply, Rackspace, besides providing customers multi-tenant virtual machine (VM) servers, will now rent single-tenant dedicated servers.

先週のことだが、Rackspace の President である Taylor Rhodes は、彼らの OnMetal という新しいサーバーに、ストアされるものをビデオで発表した。簡単に言うと、これからの Rackspace は顧客たちに、マルチテナントの仮想マシン(VM)サーバーを提供するだけではなく、シングルテナントの専用サーバーをレンタルすることになる。

Why single-tenant servers?

Rhodes listed a whole slew of reasons why multi-tenant VM servers were not meeting customer needs, calling the issues "noisy-neighbor" problems. The predicament was first noticed when one tenant on a VM server co-opted most of the server’s resources. Doing so caused variability in how the other VMs behaved and performed, even to the point where availability was not assured.

Rhodes は、マルチテナントVMサーバーが、顧客のニーズを満たせなかった理由を列挙し、すべてが "noisy-neighbor(迷惑な隣人)" の問題だと切り捨てている。この不具合は、VMサーバー上のテナントが、そのサーバーの大半を共有すると選択したときに、初めて気づくものである。 そのような状況では、他の VM の振る舞いや、その処理の内容に応じて、自身の VM に性能のバラつきが生じることになり、可用性が保証できないレベルに至ることもある。

Rhodes stated that clients, not seeing any other choice, attempted to thwart these issues by over-provisioning their server requirements, aggravating the situation even more. Something else often overlooked is that each VM instance adds what Rhodes considers "virtualization tax." The performance hit each additional VM instance places on the physical server.

Rhodes は、こうしたサーバーのオーバー・プロビジョニングによる問題を、他の選択肢を探すことなく阻止しようとする顧客は、さらに状況を悪化させると述べている。その他で見落とされがちなものとしては、それぞれの VM インスタンスが積み上げていく "virtualization tax” があると、Rhodes は考えている。つまり、物理サーバー上に追加された、それぞれの VM インスタンスにより、パフォーマンスが劣化していくことになる。

Image: Rackspace

One solution that eliminates the noisy-neighbor problem is to place critical services on dedicated servers in colocation centers. However, companies renting dedicated hardware lose a lot in the process. According to Rhodes, "In a colocation center, you lose the simplicity and elasticity a multi-tenant cloud gives you."

この、noisy-neighbor の問題を排除するソリューションとして、コロケーション·センター内の専用サーバーに、重要なサービスを配置するという考え方がある。しかし、専用のハードウェアーをレンタルするプロセスの中で、顧客となる企業は大きなロスを生じる。Rhodes は、「コロケーション・センターにおいては、マルチテナント・クラウドが提供するはずの、シンプルでエラスティックという特性が失われる」と述べている。

Elasticity refers to "how well the datacenter can satisfy the growth of the input VMs resource demands under both the limitations of physical machine capacities." So there’s the trade-off: performance variability vs. ease and quickness of provisioning.

ここでい言うエラスティックだが、「物理マシンのキャパシティという制約の下で、要求に応じて VM リソースを投入し、データセンターの成長を達成する」という意味を持つ。したがって、そこには、” パフォーマンスの変動性 vs 迅速で容易なプロビジョニング ” というトレードオフがある。

With Rackspace’s new service, there’s no trade-off

Rackspace took the best parts of the multi-tenant cloud and colocation services and discarded the parts that weren’t working. To do that, Rackspace took its OnMetal server design, enlisted OpenStack cloud software, (specifically Ironic, a provisioning system built for bare-metal servers), and created a service that lets providers work with non-VM servers (OnMetal) in the same manner and flexibility VM servers are provisioned.

Rackspace が選んだ方針は、マルチテナント・クラウドとコロケーション・サービスからの良いとこ取りである。そのためには Rackspace は、OpenStack クラウド·ソフトウェアを組み入れれる(ベアメタル・サーバー用に構築された Ironic プロビジョニング・システムが特徴)、OnMetal サーバーを自身でデザインすることになった。その結果として、顧客であるサービス・プロバイダーたちは、non-VM サーバー(OnMetal)を動かしながら、VM サーバーのプロビジョニングで実現される方式と柔軟性を手に入れられる。

Rhodes stated OnMetal servers:

Rhodes は OnMetal サーバーについて、以下のように述べている:

  • Are 100% solid-state, no heat (other than the Central Processing Unit), and no vibration as fans are outside the server housing;
  • Can be spun up in minutes, just like VMs;
  • Are Application Program Interface (API) driven and accessible just like VMs;
  • Do not use a Hypervisor; and
  • Are hardware specialized for database services, low-latency caching, or web-request handling.
  • 100% の独立性を持ち、自身の CPU 以外に負荷はなく、他のサーバーからの影響も排除される。
  • VM と同様に、数分でプロビジョニングを完了できる。
  • VM と同様に、API を介した駆動とアクセスを実現する。
  • ハイパーバイザーは使用しない。
  • DB サービス/低レイテンシ・キャッシング/Web リクエスト処理などにハードウェアを特化できる。

To give an example of the hardware specialization, a database-focused OnMetal server would have the following specs:

以下は、データベースに特化した OnMetal サーバーの、ハードウェア仕様のサンプルである:

  • Flash storage: 3.2 Terabytes
  • RAM: 128 Gigabytes
  • IOPS: Greater than 200,000

The Rackspace website offers the following additional details for the OnMetal service:

また、Rackspace は OnMetal サービスに関して、以下のような詳細を、その Web サイトで提供している:

  • Fast provisioning: OnMetal Servers can be provisioned in less than five minutes.
  • Integrated administration: Use the same control panel and API interfaces for both OnMetal servers and virtual-cloud servers.
  • Consistent performance: Single-tenant architecture eliminates "noisy neighbors," and no performance hits to the virtualization layer.
  • Open-source standards: Avoid being locked into a proprietary solution, as hardware and software are both open source.
  • High-performance networking: Each cabinet includes two 10Gb/s network connections in a high availability Multi-Chassis Link Aggregation with minimal over-subscription to help increase throughput and performance for your applications.
  • Fast provisioning: OnMetal Servers は 5分以内にプロビジョニングされる。
  • Integrated administration: OnMetal/VM サーバーに対して、同一のコントロール・パネルと API インターフェイスが提供される。
  • Consistent performance: シングル・テナント・アーキテクチャにより "noisy neighbors” を排除し、また、仮想レイヤによるパフォーマンス劣化も排除する。
  • Open-source standards: ハードウェアとソフトウェアはオープンソースであるため、プロプライエタリ・ソリューションにロックインされない。
  • High-performance networking: それぞれのキャビネットには、2つの 10Gb/s ネットワーク接続が含まれる。この、高可用性 Multi-Chassis Link Aggregation と、最小限の over-subscription により、アプリケーションのスループットとパフォーマンスを高レベルに保つ。

Satisfied clients

During the announcement, Rhodes introduced several Rackspace clients that are onboard with the OnMetal approach. Zach Rosen, CEO and cofounder of Pantheon Systems, said, "We’ve all been trained to think of the cloud as generic virtual machines on demand. VMs have had their decade. The future ‘Cloud’ will be built with containers deployed across bare-metal servers provisioned via API. We believe Rackspace’s OnMetal service is the future of Infrastructure as a Service.”

このアナウンスメントにおいて Rhodes は、OnMetal アプローチに賛同する、何社かの Rackspace クライアントを紹介している。Pantheon Systems の coFounder and CEO である Zach Rosen は、「 私たちの、すべてが、オンデマンドで仮想マシンを生成するものが、クラウドだと教えこまれてきた。そして VM は、その十年を享受した。しかし、これからのクラウドは、API を介してプロビジョニングされたベアメタル・サーバー上に、デプロイメントされるコンテナにより構築されるだろう。 私たちは、Rackspace の OnMetal サービスが、IaaS の未来になると信じている」と述べている。

OnMetal is available now through an early availability program, and will be in general availability by late July 2014. To learn more and to sign up for a test drive, head over to this page at Rackspace.

現時点の OnMetal は、early availability program として利用できる。 そして、一般的な運用は、7月の後半から開始される。 テスト・ドライブについては、この Rackspace のページで確認し、Sign Up してほしい。

ーーーーー

ハードウェアの性能が高まり、それかオープンソース化により低価格で提供されるようになると、サーバーを設計/構築する上での発想が、その根底から刷新されます。 ハードウェアが高価であった時代の改革者であった VM も、最先端のポジションを Bare-Metal に明け渡し、それをサポートするものへと、役割を変えていくのかもしれませんね。 San Antonio の Rackspace HQ で、第2回めの OCP Summit が開催されたのが 2012年 5月ですから、そこから 2年の月日が流れています。 頑張りましたねと、声をかけてあげたくなる、Rackspace です!

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?

Posted in .Selected, Facebook, On Monday, Open Compute, Storage by Agile Cat on April 7, 2014

Storage: Long-Term Low-Cost COLD Storage Solutions
http://wp.me/pwo1E-7nI

By Dick Weisinger – April 4, 2014
http://formtek.com/blog/storage-long-term-low-cost-cold-storage-solutions/

_ formtek

Recently at the Open Compute Summit, Facebook VP of Engineering, Jay Parikh described how Facebook has rigged together a system based on 10,000 Blu-ray discs that fit into a single cabinet, capable of storing 1 petabyte of data.  Facebook plans to improve on this first attempt and be able to reach 5 petabytes per cabinet.  Compared to existing hard disk solutions, Parikh says that the Blu-ray solution will be 50 percent cheaper and use 80 percent less energy. It will also provide 50 years worth of durability for data stored on the discs.

先日の Open Compute Summit で Facebook VP of Engineering である Jay Parikh が説明したのは、1万枚の Blu-ray ディスクをベースにしたシステムを単一の筐体に収め、1 Peta Byte のデータをストアするという、Facebook で試している方式である。また、Facebook は、この試みを改善することで、キャビネットあたりに 5 Peta Byte をストアしようと計画している。Parikh が言うには、既存のハード·ディスク·ソリューションと比較して、この Blu-ray ソリューションでは、コストが 50% も低減され、また、電力消費量は 80% もカットされるようだ。そして、ディスクに保存されたデータに対しては、50年の耐久性という価値も提供される。

Sony, original creator of Blu-Ray technology, and Panasonic have also recently teamed up to address the need for finding a robust long-term low-cost solution for archiving content.  They’ve recently announced that they would jointly produce a 300 GB optical disc for long-term archival.  The product family is to be named “Archive Disc” and should become available in 2015.  The target is to create Blu-Ray optical discs with a 1 TB capacity and to then package them into a disc cartridge containing 12 discs.

Blu-Ray テクノロジー の発案者である Sony と、つい先日に Panasonic が提携したが、アーカイブ・コンテンツのたための、堅牢な Long-Term Low-Cost ソリューションが、そこでの取り組みとなる。 そして、Long-Term アーカイブのために、300 GB の光ディスクを、恊働で生産すると発表している。このプロダクト・ファミリーは、“Archive Disc” と命名され、2015年には利用が可能になるはずだ。そのターゲットは、1 TB の容量を持つ Blu-Ray ディスクを開発であり、また、ディスク・カートリッジ内に、12枚のディスクをパッケージ化することである。

Not everyone is buying into the Facebook strategy.  Mark Peters, a senior analyst at Enterprise Strategy Group, commented that “some of what Facebook was doing was laying out a challenge to storage vendors.  I think what they were really communicating was that there is a need for low cost reliable storage.”

誰もが、Facebook の戦略に与するわけではない。Enterprise Strategy Group のシニア・アナリストである Mark Peters は、「 たしかに、Facebook における幾つかの取り組みは、ストレージ・ベンダーへの挑戦を提起した。そして、実際に彼らが発信したことは、低コストで高信頼性のストレージに、大きなニーズがあるということだったと、私は理解している」と述べている。

Bruce Kornfeld, Interim CMO at Spectra Logic, questions the logic of using Blu-Ray for commercial purposes.  Kornfeld said that “over the last 20 years the commercial data storage industry has attempted to commercialize multiple consumer technologies including CD ROM, CD Writeable, DVD writeable, 4mm Digital Audio Tape, 8mm video tape, and VHS video tape – with mixed results.  Consumer technologies offer high-volume and typically low cost storage media. The ‘low cost’ strengths of these technologies have also led to their downfall as they lack the device robustness and data reliability required by commercial data storage applications. In addition, consumer grade drives and media just don’t last very long. Blu-ray disc drive load mechanisms are probably good to a few thousand load/unload cycles. This compares with an LTO tape drive that is rated to 250,000 load/unload cycles. As you can see – the difference in durability is substantial!”

Spectra Logic の Interim CMO である Bruce Kornfeld は、Blu-Ray の商用目的での利用に対して、論理的に無理があると、異を唱えている。 そして、「 これまでの20年間において商用データ・ストレージ業界は、複数のコンシューマ・テクノロジーを商用化しようと試みてきた。そこに含まれるのは、CD ROM/CD Writeable/DVD Writeable/4mm Digital Audio Tape/8mm Video Tape/VHS Video Tape であり、また、それらの組み合わせである。たしかに、コンシューマ・テクノロジーは、一般的にみて大容積で低コストな記憶媒体を提供する。 しかし、それらのテクノロジーにおける低コストの強みは、商用データ・ストレージ・アプリケーションで必要な、デバイスの堅牢性とデータの信頼性を欠いているため、意味を持つものになり得ない。また、コンシューマ向けのドライブやメディアは、きわめて寿命が短い。Blu-Ray ディスク・ドライブのロード・メカニズムは、おそらく数千回の Load/Unload サイクルをサポートするだけだ。250,000回の Load/Unload サイクルに対応する、LTO テープ・ドライブの仕様と比較して欲しい。 誰もが分かるように、 耐久性が段違いなのだ!」と述べている

ーーーーー

この コールド・ストレージについては、すでに「 Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは? 」という抄訳でお伝えしていますが、Sony と Panasonic が提携して、新たなソリューションを展開するというのは、とても嬉しい話ですね。 文中で、Mark Peter さんが述べているように、Open Compute の目的は、ユーザーが本当に欲しいものを、すぐれたベンダーに安価に提供してもらうことです。その意味で、Sony と Pnasonic の提携は、とても素晴しいことです。 なお、Bruce Kornfeld さんには、No Comment です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ

%d bloggers like this: