Agile Cat — in the cloud

Cloud Computing Expo で OCM は空振り?

Posted in Interoperability by Agile Cat on April 1, 2009

Amazon と Microsoft は OCM に署名せず

Information Week によると、New York で行われた Cloud Computing Expo で、Amazon と Microsoft は Open Cloud Manifesto を無視したもよう。

Amazon CTO の Werner Vogels は、「IBM も、Microsoft、Oracle、Red Hat、Sun、Salesforce もパートナーだ。すべて EC2 で動くし、囲い込みなんてやらないよ」と発言。

Microsoft distinguished engineer の Yousef Khalidi は、Azure は pre-beta だけど、インターオペラビリティを考えてデザインされている。REST や XML だけではなく、すべての言語に対応している。Java も Ruby も OK だ」と発言。

それに対して John Foley は、「二社とも、自分たちの言葉と表現で オープンを約束しているのだから、良いのではないでしょうか。 Play Nice !」と論評。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Cloud Interoperability? Amazon And Microsoft Play Nice

Posted by John Foley @ 02:02:PM | Mar,31, 2009

Amazon and Microsoft–both of which declined to sign the newly published Open Cloud Manifesto–yesterday said they won’t lock customers into their respective cloud services.

詳しくは こちら ↓ で。
http://www.informationweek.com/cloud-computing/blog/archives/2009/03/amid_interopera.html?catid=cloud-computing

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Cloud Computing Expo に合わせて、性急な署名を迫っていたわけなんですね。この Expo、Keynote Day-1 が Amazon、Day-2 が IBM、Day-3 が SUN なんですね。 Amazon を口説ければ、、、 という目論見だったんでしょうかね?

 

Open Cloud の原則?

Posted in Interoperability by Agile Cat on March 30, 2009

Open Cloud Manifesto の 6つの原則

ココ ↓ で公開されています。5ページ目辺りから、この  Principles of an Open Cloud が始まります。

http://www.opencloudmanifesto.org/opencloudmanifesto1.htm

確かに正論なんでしょうが、Amazon、Google、Microsoft、Salesforce がサインしないのも解りますね。 アイマイというより、抽象度が高すぎるという感じで、「そんなレベルの約束はできません」というのが、当然の判断だと思いますがね。。。

ーーー Principles of an Open Cloud ---

Of course, many clouds will continue to be different in a number of important ways, providing unique value for organizations. It is not our intention to define standards for every capability in the cloud and create a single homogeneous cloud environment. Rather, as cloud computing matures, there are several key principles that must be followed to ensure the cloud is open and delivers the choice, flexibility and agility organizations demand:

もちろん、数多くのクラウドが、それぞれにとって重要な方針のもとに異なる形態で存在し続け、利用者としての組織に固有の価値を提供していくだろう。したがって、クラウドにおける全ての能力に対して標準を定義し、単一かつ同質のクラウド環境を作ることを、意図するわけではない。それよりは、クラウド・コンピューティングが成熟するにつれて生じてきた、いくつかのカギとなる原則に注目している。つまり、クラウドがオープンであることを保証し、また、利用者としての組織が要求する、選択肢と、柔軟性、アジリティの供給を保証するために、従うべき以下の原則である:

1. Cloud providers must work together to ensure that the challenges to cloud adoption (security, integration, portability, interoperability, governance/management, metering/monitoring) are addressed through open collaboration and the appropriate use of standards.

クラウド・プロバイダーは、オープンなコラボレーションと標準の適切な利用を介して、クラウドの普及という課題に取り組むことを保証するために、協調して機能しなければならない。

2. Cloud providers must not use their market position to lock customers into their particular platforms and limit their choice of providers.

クラウド・プロバイダーは、特定のプラットフォームに顧客を囲い込むために、また、プロバイダー選択の自由を奪うために、その市場におけるポジションを利用してはならない。

3. Cloud providers must use and adopt existing standards wherever appropriate. The IT industry has invested heavily in existing standards and standards organizations; there is no need to duplicate or reinvent them.

クラウド・プロバイダーは、既存の標準が適切である場合には、それらを必ず採用し、利用しなければならない。 IT 業界は、既存の標準と標準化団体に、膨大な投資を行ってきた。それを繰り返す必要もなければ、新たに考案する必要もない。

4. When new standards (or adjustments to existing standards) are needed, we must be judicious and pragmatic to avoid creating too many standards. We must ensure that standards promote innovation and do not inhibit it.

新しい標準(あるいは既存の標準の修正)が必要とされるときには、賢明かつ実利的に判断し、あまりに多くの標準が作成されることを回避しなければならない。標準が革新を促進することを保証し、また、標準を抑制しないことを保証しなければならない。

5. Any community effort around the open cloud should be driven by customer needs, not merely the technical needs of cloud providers, and should be tested or verified against real customer requirements.

クラウドのオープン化を促進する、あらゆるコミュニティは、クラウド・プロバイダーの技術的なニーズではなく、顧客のニーズにしたがって、運営されるべきである。そして、現実の顧客要件に対するテストや検証を、促進しなければならない。

6. Cloud computing standards organizations, advocacy groups, and communities should work together and stay coordinated, making sure that efforts do not conflict or overlap.

クラウド・コンピューティングにおける、標準化団体および、支援グループ、コミュニティは、対立および重複を回避するために、協調と調和を維持すべきである。

Tagged with:

Open Cloud Manifesto

Posted in Interoperability by Agile Cat on March 30, 2009

Open Cloud Manifesto

・・・というのが、3月30日(月)に発表されるとのこと。。。

Open Cloud Manifesto v1.0.9
http://www.scribd.com/doc/13710927/Open-Cloud-Manifesto-v109

この org が始まるのでしょう:ただいま工事中!
http://www.opencloudmanifesto.org/

いったい、どこが Open なんですか?   ・・・と、Microsoft と Amazon は不参加のもよう。なにやら、IBM が画策中で、Google は行方不明みたいです。

Steve Martin’s Blog
Moving Toward an Open Process on Cloud Computing Interoperability
http://blogs.msdn.com/stevemar/archive/2009/03/26/moving-toward-an-open-process-on-cloud-computing-interoperability.aspx

Microsoft fights the ‘open’ fight amid the clouds
March 26th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 11:13 am
http://blogs.zdnet.com/microsoft/?p=2375

Amazon not joining the Open Cloud Manifesto, either
March 27th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 9:01 am
http://blogs.zdnet.com/microsoft/?p=2392

Open Cloud Manifesto Revealed
Posted by John Foley @ 05:27:PM | Mar,27, 2009
http://www.informationweek.com/cloud-computing/blog/archives/2009/03/open_cloud_mani.html?catid=cloud-computing

Das Blonde - Indigo Girl

Friday, March 27, 2009

http://www.dasblonde.net/2009/03/27/WhatIsThisOpenCloudManifestoanyways.aspx

 

Tagged with:
%d bloggers like this: