Agile Cat — in the cloud

Facebook が $1 Billion を費やす、データセンター連携の規模を探る

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook by Agile Cat on February 10, 2012

Facebook’s $1 Billion Data Center Network
http://wp.me/pwo1E-3U6
By: Rich Miller – February 2nd, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/02/02/facebooks-1-billion-data-center-network/

_ DC Knowledge

A map of the global audience for Facebook, created by Paul Butler, visualizes the geographic spread of its user base. (Source: Facebook)

Facebook has invested more than $1 billion in the infrastructure that powers its social network, which now serves more than 845 million users a month around the globe. The company spent $606 million on servers, storage, network gear and data centers in 2011, and expects to spend another $500 million this year, Facebook revealed Wednesday in its filing for an initial public stock offering.

Facebook は、インフラストラクチャに $1 billion 以上を投資することで、そのソーシャル・ネットワークにパワーを与え、世界中の 845 million 以上のユーザーにサービスを提供している。 同社は 2011年に、サーバー/ストレージ/ネットワークギア/データセンターに $606 million を費やしたが、今年に $500 millio を投資する予定であると、水曜日(2/1)に提出された初めての公募増資申請で明らかにした。

A map of the global audience for Facebook, created by Paul Butler,
visualizes the geographic spread of its user base. (Source: Facebook) ⇒

The company’s massive armada of servers and storage must work together seamlessly to deliver each Facebook page, the company said. “Loading a user’s home page typically requires accessing hundreds of servers, processing tens of thousands of individual pieces of data, and delivering the information selected in less than one second,” the company said.

同社が保有する、大量のサーバーとストレージによる艦隊は、それぞれのユーザーに Facebook ページを届けるために、スムーズに結合され機能しなくてはならないと、Facebook は発言している。 「一般的なユーザー・ページをロードするために、何百というサーバーにアクセスし、さらに、何万という断片的なデータを処理するが、こので選択された情報は 1秒以内で届ける必要がある」と、同社は続けている。

Facebook reported in its SEC filing that it owns “network equipment” valued at $1.016 billion at the close of 2011. The number reflects the expense of rapidly building a massive Internet infrastructure, including Facebook’s shift from buying vendor gear and leasing data centers to building its own servers, racks and custom data centers.

Facebook は SEC 向けの申請書類において、$1.016 billion と評価される「ネットワーク設備」を、2011年末の段階で所有すると報告している。 その額は、大規模なインターネット・インフラストラクチャを、短期間のうちに構築した結果を反映している。そして、ベンダーから装置を購入し、データセンターをリースする方式から、自身でサーバー/ラック/カスタム・データセンターを構築するという、Facebook における発想の転換も、その要因として含まれる。

Facebook: Investment is Paying Dividends

Although the shift requires huge capital investment up front, Facebook said its custom designs are “ significantly reducing our costs compared to the usage of traditional servers and leased data center facilities.”

こうした転換に伴う莫大な資金は、先行して投資する必要があるが、そのカスタム・デザインにより「従来型のサーバーと、データセンター設備のリースと比較して、私たちのコストを大幅に削減した」と、Facebook は言う。

But that investment is paying off. In 2011 Facebook made about $1 billion in profit on revenue of more than $3.7 billion.

そして、この投資は、期待以上の成果をあげている。 2011年において、Facebook は、$3.7 billion 強の売上から、$1 billion の利益を手にしている。

imageThus far, Facebook’s spending compares well with its Internet-scale peers. Google spent $951 million on its data center operations in just the fourth quarter of 2011, with infrastructure capital expenses of  $3.4 billion for all of 2011.

これまでのところ、 Facebook の支出は、そのインターネットのスケールに、上手く対応している。  Google は、2011年 Q4 だけで、データセンター・オペレーションに $951 million を費やし、2011年全体では $3.4 billion をインフラストラクチャに投資している。

Facebook’s spending is likely to increase as it continues to build out its own data center infrastructure.  The company opened its first  data center in Prineville, Oregon in April 2011, which uses a simplified power distribution system and is filled with servers and racks customized for Facebook’s needs.

Facebook が。自身のデータセンター・インフラストラクチャを拡張し続けるにつれて、その支出が増大していく可能性が高い。  同社は 2011年 4月に Prineville, Oregon で、最初のデータセンターをオープンしたが、そこで用いられた分電システムは単純化され、また、Facebook のニーズにカスタマイズされた、サーバーとラックで満たされている。

More Data Centers in the Pipeline

The social network currently has three more data centers under construction, including a second facility in Prineville and new data centers in Rutherford County, North Carolina and Lulea, Sweden.

現時点において、このソーシャル・ネットワークは、Prineville の第 2棟および、新規の  Rutherford County, North CarolinaLulea, Sweden を含めて、さらなるデータセンターを構築中である。

The company’s construction costs are also competitive. Facebook spent about $210 million to build 28 megawatts of data center space in Prineville, which works out to about $7.5 million per megawatt. The most efficient providers are building scale-out data center space at between $5 million and $9 million per megawatt. Enterprise data centers, which require additional investment in on-site redundancy and security, can cost $15 million per megawatt.

同社における、データセンターの建設コストには競争力がある。 Prineville で 28 Mega Watt のデータセンター空間を構築するために、$210 million の対価を費やしており、そこでの Mega Watt あたりの単価は $7.5 million となる。 スケールアウト型のデータセンターを高市区する、最も効率の良いプロバイダのケースにおいて、 Mega Watt あたりの単価は $5 million ~ $9 millionである。オンサイトでの冗長性とセキュリティに対して、追加の投資を必要とするエンタープライズ・データセンターの場合は、Mega Watt あたりの単価が $15 million となる。

Facebook said it expects to spend $180 million on real estate leases in 2012, but did not break out how much of that was dedicated to leasing of wholesale data center space, a market in which Facebook is one of the  largest tenants. We have previously estimated Facebook’s spending on data center leases to be at least $50 million a year.

Facebook は、2012年において、不動産リースに $180 million を費やす予定だという。しかし、Facebook も最大級のテナントである、データセンター・リース市場に対して、どれだけの予算を計上するかについては、また未定だという。 以前の記事において、Facebook がデータセンター・リースに費やす経費は、少なくとも $50 million/年であると、私たちは推定している。

One thing’s for sure: Facebook’s network is only getting bigger. “We plan to continue to significantly expand the size of our infrastructure, ” the company said. “We are investing in additional Facebook-owned data centers in the United States and Europe and we aim to deliver Facebook products rapidly and reliably to all users around the world.”

1つだけ確かなのは、Facebook のネットワークが、増大する一途にあることだ。 「 私たちは、インフラストラクチャのサイズを、継続して拡大しようと考えている。そして、United States と Europe で、Facebook が所有するデータセンターを増やそうと投資していく。 その結果として、世界中のユーザーに対して Facebook プロダクトを、迅速に配信していくことを目標としている 」と、同社は発言している。

ーーーーー

TAG indexイケイケの Facebook は、データセンターでもイケイケのようです :)  よろしければ、Oregon データセンターの「詳細な解説つきのフォト・ツアー」と「10分間の詳細ビデオ・ツアー」を ご覧ください。柔軟な発想で、ものすごい規模のデータセンターを構築/運用している様子がわかると思います。 以下の、関連リンクも、なかなか 面白いですよ。 ーーー __AC Stamp 2

 

ーーーーー

<関連>

Facebook Oregon データセンターが LEED の Gold を受賞
Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?
Efficient Data Centers with the Open Compute Project

 

 

 

 

 

Rackspace が提供する、OpenStack ベースのプライベート・クラウドとは?

Posted in .Selected, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on November 10, 2011

Rackspace seeds OpenStack private clouds
By
Jack Clark, ZDNet UK, 8 November, 2011 17:41
http://www.zdnet.co.uk/news/cloud/2011/11/08/rackspace-seeds-openstack-private-clouds-40094377/

image

Rackspace has introduced a private cloud package based on the OpenStack cloud OS, its first attempt to make money from the open-source project it fathered.

Rackspace が、OpenStack ベースのプライベート・クラウド・パッケージを紹介した。それは、同社が推進してきたオープンソース・プロジェクトにおいて、収益を求める最初の試みとなる。

ーーーーー

The Rackspace Cloud: Private Edition, announced on Monday, is a is a package that businesses can use to set up an OpenStack-based private cloud. Rackspace will sell services to run and support the private cloud, while the open-source OpenStack operating system and Rackspace-designed reference architecture that underpin it are free.

この月曜日に発表された Rackspace Cloud の Private Edition は、OpenStack ベースのプライベート・クラウドを、一般的な企業が構築するためのパッケージである。 Rackspace は、このプライベート・クラウドを運用し、サポートするサービスから売上を上げるだろうが、オープンソースである OpenStack オペレーティング・システムと、Rackspace が作成したリファレンス・アーキテクチャは無料である。

The OpenStack cloud interoperability framework and OS were launched in mid-2010 by Rackspace and Nasa, and is seen as by Rackspace as a key way to make money in the future.

OpenStack クラウドの、インターオペラビリティ・フレームワークと OS は、Rackspace と Nasa により 2010年半ばに立ち上げられているが、将来における収益性に関しては、現行の Rackspace による売上を置き換えるものと期待されている。

image“We’re continually trying to look at how the IT model can evolve,” Stuart Simms, Rackspace’s vice president of OpenStack, told ZDNet UK. “The reference architecture that we’re going out of the gate with is really a statement of intent. We certainly see [it] evolving.”

「この IT モデルが、どのように進化できるかという点を、私たちは注目し続けている。  当初から取り組んでいるリファレンス・アーキテクチャが、私たちが考える真のステートメントである。 それは、確実に進展しているものと捉えている」と、Rackspace における Vice President of OpenStack である Stuart Simms は、ZDNet UK に対して語っている。

The Rackspace Cloud: Private Edition package is made up of three components: hardware, software and support. The reference architecture maps out the hardware and software requirements, describing everything needed for a company or Rackspace-approved deployment partner to assemble the infrastructure for supporting the OpenStack cloud.

Rackspace Cloud の Private Edition パッケージは、ハードウェア/ソフトウェア/サポートという、3つのコンポーネントで構成されている。 ハードウェアとソフトウェアの要件を、このリファレンス・アーキテクチャが緻密に計画することで、 ユーザー企業が必要とする全てが記載され、また、Rackspace が承認するたディプロイメント・パートナーたちは、OpenStack クラウドをサポートするインフラストラクチャを組み上げられる。

The initial reference architecture is broadly based around Dell PowerEdge servers and PowerVault storage. It is based on Cisco Catalyst and Nexus switches for networking, though an Arista switch is listed alongside Cisco’s devices as a possible component of the public storage part of the architecture. The full software, hardware and interoperability specifications can be downloaded from a Rackspace-operated website.

最初のリファレンス・アーキテクチャは、Dell の PowerEdge サーバーと PowerVault ストレージを基本としている。 Cisco のネットワーク・スイッチである Catalyst と Nexus がベースになっているが、このアーキテクチャのパブリック・ストレージで利用可能なコンポーネントとして、Arista のスイッチが Cisco のデバイスと並んでリストアップされている。ソフトウェア/ハードウェア/インターオペラビリティの全体的な仕様が、Rackspace が運用する Web サイトからダウンロードできる。

“More than just basic server virtualisation, Rackspace Cloud: Private Edition offers… features that are generally available on the public cloud, such as instant provisioning through a self-service portal for employees, API access for developers and admin control panels to set quotas and manage usage, which can all be available in a qualified datacentre of the customer’s choosing,” Rackspace said in a statement.

「 基本的なサーバーの仮想化に加えて、Rackspace Cloud の Private Edition に含まれるものとして、セルフ・サービスのポータルを介して、従業員たちた迅速にプロビジョニングできる、パブリック・クラウドで利用する一般的な機能や、デベロッパーとアドミニストレーターが、定数の設定と使用の管理のために、コントロール・パネルを介して利用する、API アクセスなどがある。それら全てが、顧客が選択する、一定の基準をクリアするデータセンターで利用できる」と、Rackspace のステートメントに記載されている。

The reference architecture was made available on Monday. Rackspace plans to expand it to include cheaper and more efficient — though less feature-rich — equipment in 2012.

このリファレンス・アーキテクチャは、月曜日(11/7)より提供されている。 Rackspace の計画によると、さらに安価で効率の良い、ライト・ウェイト・バージョンを 2012年に提供するらしい。

“We would look, longer term, to have a reference architecture for OpenStack that incorporates Facebook’s Open Compute Project,” he said. The social-networking giant’s project, launched in April, is dedicated to the open sharing of hardware designs to allow organisations to build cheaper, less power-hungry datacentres.

「私たちは、OpenStack のリファレンス・アーキテクチャに、Facebook の Open Compute Project を取り込むという、長期的な視野を持っていきたい」と、彼が言う。 この、ソーシャル・ネットワークの巨人が推進するプロジェクトは、今年の 4月に立ち上げられている。 そして、安価で消費電力の少ないデータセンターを構築するための、ハードウェア・デザインの共有に取り組んでいる。

Rackspace’s first foray

Along with the reference architecture, customers will get the latest release of OpenStack and managed services from Rackspace. The company said it will install OpenStack updates, analyse system issues and answer specific questions about the engineering of systems.

顧客企業は、このリファレンス・アーキテクチャと伴に、最新リリースの OpenStack とマネージド・サービスを、Rackspace から受け取るだろう。 同社によると、OpenStack のアップデートがインストールされ、システムにおける問題が分析され、さらには、システム・エンジニアリングに関する質問についても、その答えが得られるとしている。

imageThe managed services component is a first for Rackspace, as it will see the company caring for IT infrastructure that is located outside its own datacentres. The company has selected a set of ‘Certified Deployment Partners’ — CloudTP, MomentumSI and TeamSun — which can be contracted by customers to put together an OpenStack infrastructure.

マネージド・サービス・コンポーネントは、Rackspace 以外のデータセンターに配置された ITインフラの面倒を見るときに、同社にとって最も重要になる機能である。 すでに同社は、OpenStack インフラを組み上げる顧客と契約する、Certified Deployment Partners(CloudTP/MomentumSI/TeamSun)を構成している。

“This is our first foray in taking managed services outside of our own datacentre,” Simms noted.

「 それは、私たちの外部にあるデータセンターで、マネージド・サービスを展開していく、最初の試みである」と、Simms は発言している。

In addition, Rackspace plans to provide security services for customers, though these come with some caveats. “Rackspace will proactively contact our customers to arrange for the installation of security patches and hot fixes on customer clouds,” a company spokesperson told ZDNet UK. “We will either deploy these patches and fixes remotely, or walk our customer through the process.”

それに加えて、Rackspace はセキュリティ・サービスを顧客に提供することも計画しているが、そこでは、以下の点に注目したい。 「Rackspace は、セキュリティ・パッチのインストールと、顧客のクラウドにおけるホット・フィックのために、積極的な契約を推進していくだろう。 それらのパッチとフィックスを、リモートでディプロイする場合もあれば、そのプロセスを処理する顧客をガイドする場合もある 」と、同社のスポークスマンは ZDNet UK に語っている。

“Private Edition customers retain full access control to their environment, and Rackspace technical support is granted temporary access during support incidents via VPN and public key cryptography,” the spokesperson added.

「Private Edition の顧客は、自身の環境に対するフル・アクセス制御を維持する。そして Rackspace のテクニカル・サポートは、そのサポート・インシデントの間のみ、VPN と公開キーの暗号による、一時的なアクセスを与えられる」と、そのスポークスマンは付け加えていいる。

While the reference architecture is out now, the supporting Rackspace managed services will not become available until January.

リファレンス・アーキテクチャは既に提供されているが、Rackspace によるマネージド・たサービスは、1月になるまで利用できないと思われる。

The OpenStack scheme now includes over a hundred contributors, including Intel, Dell, AMD and Citrix.

OpenStack のスキームは、Intel/Dell/AMD/Citrix などを含む、100 社以上のコントリビュータを取り込んでいる。

ーーーーー

TAG index先日に Internap のパブリック・クラウドが紹介されていましたが、「 この後に連なる数多くの発表の、単なる一番手に過ぎない」 と指摘されたいました。 そして、11/7(月)には、ついに Rackspace がビジネスとしての動きを見せることになりました。この Rackspace の展開が どうなるのか? そして、次には誰が出てくるのか? とても楽しみですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack のアダプション状況を インフォグラフで見る!
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力?
Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!

%d bloggers like this: