Agile Cat — in the cloud

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 

シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果をチャートで ど〜ぞ!

Posted in Post-PC, Research, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on November 2, 2014

The 11 Most Popular Apps Employees Use At Work
http://wp.me/pwo1E-7ZH
Julie Bort – Oct. 21, 2014
http://www.businessinsider.com/most-popular-apps-employees-use-at-work-2014-10

_ Business Insider

In the olden days, like in 2006 (before Apple introduced the iPhone), the apps that employees used for work were the apps their companies gave them.

Apple が iPhone を登場させた 2006年以前だと、従業員が仕事に使うアプリといえば、彼らの所属する企業から与えられるものであった。

No longer. Today employees and IT departments work together to choose apps.

しかし、それも昔話である。 いまでは、従業員 と IT 部門が協力して、必要なアプリを選択するという状況にある。

Sometimes employees simply buy the apps and load them onto their own PCs, tablets, and smartphones themselves.

時には、従業員たちがシンプルにアプリを購入し、それを自身の PC/Tablet/Smart Phone にロードすることもあるのだ。

The apps that employees bring in has been dubbed “shadow IT” and a company called Skyhigh Networks helps IT departments discover these apps to make sure they are licensed properly and are secure.

こうして、従業員たちにより持ち込まれるアプリを、Shadow IT と呼ぶ。そして、IT 部門を支援する Skyhigh Networks という企業は、それらの Shadow IT アプリを見つけ出し、適切にライセンスされセキュアであることを確認していく。

Skyhigh tracks cloud usage data from over 13 million enterprise employees and 350 companies. It recently dug through its enormous database to see which apps employees use most. It judged this by looking at how much data each generated. More data means more usage.

この Skyhigh は、350社のエンタープライズと、その 1300万人の従業員による、クラウド・データの使用量をトラッキングしている。そして、最近のことであるが、最も多くの従業員たちが使用しているアプリを確認するために、その膨大なデータベースを解析した。 指標となったのは、それぞれのアプリが、どれだけのデータを生成しているかという点である。 つまり、より多くのデータが、より多くの利用を示すという考え方をベースにしている。

↓ クリックで Facebook アルバムの人気リストへ ↓

_  space

ーーーーー

あと何年かすると、新入社員に電子メールの使い方を教える必要が生じる。 なぜなら、いまの学生は Facebook や Twitter、Line などは使えても、メールが使えないからだ ・・・ というような時代になるのでしょうね。 でも、そんなことを言っているベテラン社員さんも、SMTP と POP のポート番号なんて、とうの昔に忘れているかもしれません。 まぁ、新しい合理的なツールがあれば、それに合わせて仕事のやり方も変化していきますし、そこから、さらに新しい方式が生じていくのでしょう。 とは言え、この数年における変化は、これまでにも増して、そのスピードを高めているようですね。

ーーーーー

<関連>

最新の Evernote for Android が、最高にイケている!
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる!
Chrome for Mac 64-bit がリリースされる:11月の Ver 39 が待ち遠しい!
Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止しよう
SanDisk の 128GB microSD が $120 :時代は 1GB=100円?

Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!

Posted in .Selected, Apple, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on March 28, 2014

Here’s Where To Download Microsoft Office For iPad — Including Word, Excel And PowerPoint
http://wp.me/pwo1E-7m6

Jim Edwards – MAR. 27, 2014
http://www.businessinsider.com/download-microsoft-office-for-ipad-word-excel-and-powerpoint-2014-3

_ Business Insider

Microsoft launched Office for iPad today, making Word, Excel and PowerPoint — basic work-tools for most people — finally available on the world’s most popular tablet device.

今日、ついに Microsoft が Office for iPad をローンチした。 それにより、ほとんどの人々が基本的な作業ツールとして利用している Word/Excel/PowerPoint が、世界で最も人気のタブレット・デバイス上で走るようになった。

Microsoft

Office GM Julia White
launches Office for iPad.

Now you can do all the work that previously required a desktop PC or laptop on an Apple tablet.

つまり、これまでは、デスクトップ/ラップトップ PC が必要とされてきた、すべての作業を、Apple のタブレット上で再現できるようになったのだ。

As usual, Apple’s iTunes App Store has been a little slow to make them easily available through its search tool. So we’ve done the work for you.

いつものように、Apple の iTunes App Store の検索ツールでは、それらの在処を探しだすことが、まだ、出来ていない。 そのため、あなたが Good Job と言ってくれるように、以下のようなマトメを作ってみた。

Here are the links that lead to separate downloads of all three products:

これらのリンクから、それぞれのダウンロード・ページヘと、ダイレクトにジャンプできる:

Download Word for iPad here.

Download Excel for iPad here.

Download PowerPoint for iPad.

One thing to note: You need to have an Office 365 subscription. You can’t buy a subscription in the app, though. You have to do that on the web here, or elsewhere first. It costs ~$100 per year for a normal user.

少しだけ注釈:これらを使うには、Office 365 Subscription が必要となる。 しかし、アプリ内でサブスクリプションを購入することはできない。 したがって、最初に、この Web ページで、そのための処理を済ませておく必要がある。 一般的なユーザーであれば、年間の使用料は $100 以内に収まるはずだ。

ーーーーー

TAG indexちょっとだけ、サウスクリプション・ページを覗いてみましたが、Office 365 の Small Business で $5.00/月、Small Business Premium で $12.50/月、Midsize Business で $15.00/月という料金形態のようです。また、9to5Mac のポストには、ーーー Microsoft’s Office suite of apps will each be available as a free download, but will require an Office 365 subscription (which offers a 30-day trial) to create and edit documents. Users can still read and present documents with Office for iPad without a subscription. Office documents will rely on Microsoft’s OneDrive service for syncing content. ーーー と記載されていました。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft の大転換:Office for iPad が、Windows 8 版に先行するのか?
Microsoft が Foursquare に出資:Windows Phone のロケーション機能を強化?
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
Microsoft による Hotmail の調査:違法な情報リークを摘発するためにコンテントを参照
Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Posted in .Selected, Facebook, Microsoft, Open Compute by Agile Cat on January 28, 2014

Microsoft joins Facebook-founded Open Compute Project, touts its ‘unprecedented’ contributions
http://wp.me/pwo1E-79A

By Kaylene Hong, jan 28, 2014
http://thenextweb.com/microsoft/2014/01/28/microsoft-joins-facebook-founded-open-compute-project-touts-its-unprecedented-contributions/

_TNW

The fifth summit of the Open Compute Project is happening on Tuesday, and Microsoft has revealed that it is the latest member to join the group, a Facebook-founded initiative that sees the company and its partners commit to developing and sharing designs for data center infrastructure.

Open Compute Project5回目のサミットが、この火曜日(1/28)に開催されるが、このグループに参加する、最も新しいメンバーの中に、Microsoft がいることが明らかになってきた。つまり、同社とパートナーたちが、データセンター・インフラストラクチャに関する成果やデザインを、この Facebook が設立/主導するイニシアチブと、共有していくことをコミットするわけだ。

Bill Laing, Microsoft’s corporate vice president for cloud and enterprise, says in a blog post that Microsoft will contribute what it calls its “cloud server specification” to OCP — referring to the designs for server hardware in Microsoft data centers that are being deployed for its largest global cloud services including Windows Azure, Bing, and Office 365.

Microsoft の Corporate VP for Cloud and Enterprise である Bill Laing は、「 Microsoft は、同社における Cloud Server Specification と呼ばれるものを、OCP にコントリビュートする」と、自身のブログ・ポストで述べている。 つまり、それは、Miicrosoft のデータセンターにおける、サーバー・ハードウェアのデザインを指し示すものであり、Windows Azure および、Bing、Office 365 などの、世界でも最大級のクラウド·サービスをディプロイするためのハードウェアが含まれる。

Microsoft says these servers are built to deal with the “enormous availability, scalability and efficiency requirements” of Windows Azure, its cloud platform. It says that compared to traditional enterprise server designs, the data center servers it has built to deliver its cloud services bring “up to 40 percent server cost savings, 15 percent power efficiency gains and 50 percent reduction in deployment and service times.”

Microsoft の発言によると、それらのサーバーは、同社のクラウド·プラットフォームである Windows Azure の、 「 きわめて大規模な環境における可用性/拡張性/効率性の要件」に対応するために構築されたものとなる。そして、従来からのエンタープライズ・サーバーのデザインと比較して、クラウド・サービスのために構築されたデータセンター・サーバー」は、最大で 40% のサーバー・コストの削減をもたらし、15% の電力効率の向上を達成し、さらには、デプロイメントとサービスに費やされる時間を 50% も削減するという。

Laing notes that Microsoft is the only other cloud service provider, other than Facebook, to publicly release its server specifications, and says the depth of information it is sharing with OCP is “unprecedented.”

Laing は Microsoft の取り組みについて、Facebook 以外のクラウド·サービス·プロバイダーとして、サーバーの仕様を公開していく唯一の存在であり、OCP と共有される情報は、「これまでにない、奥行き持つものになる」と指定している。

To show its commitment, Microsoft Open Technologies is also open sourcing the software code it created for the management of hardware operations including server diagnostics, power supply and fan control. The code is available on GitHub from today onwards.

このコミットメントを示すために、Microsoft Open Technologies も、ハードウェア運用におけるマネージメントのために作成された、ソフトウェア·コードをオープン・ソースにしている。それらは、サーバーの診断や、パワー・サプライ、ファン・コントロールを含むものである、今日から GitHub で提供されている。

“The Microsoft cloud server specification for OCP will help drive hardware innovation for cloud computing, which strengthens the Cloud OS vision to give customers a consistent platform for better IT efficiency and economics,” Laing says.

そして Laing は、「 OCP にコントリビュートされる Microsoft のクラウド・サーバー仕様は、クラウド・コンピューティングのためのハードウェア・イノベーションを促進するものになる。それは、顧客に提供される、Cloud OS のビジョンを強化するものとなり、より優れた IT のために、効率性と経済性を考慮した、一貫性のあるプラットフォームを実現していく」と述べている。

Headline image via Eric Piermont/AFP/Getty Images

ーーーーー

TAG indexアメリカ時間の 1月28日に開催される、OCP Summit に参加するため、San Jose に来ています。いまは、夜中の3時ですが、時差で眠れないので、OCP 関連の情報を探していたら、こんなニュースが提供されていました。 昨日には、登録を済ませてきたので、イベントのスケジュールも受け取って入るのですが(クリックで拡大)、詳細は明日にならないと分からないそうです。それにしても、Microsoft も OCP に参加するというのは、とても良いニュースですね。おそらく、9時から始まるキーノートで紹介されるのだと予測していますが、どんな話が出てくるのか、それが楽しみで、ワクワクしています。image

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Google のダウンは数分で収まったが、Microsoft の Outlook は数日を要してしまった

Posted in .Selected, Data Center Trends, Microsoft by Agile Cat on August 19, 2013

Google Goes Down For Minutes, Microsoft’s Outage Lasts For Days
http://wp.me/pwo1E-6vw
Julie Bort – Aug 18, 2013, 12:03 PM
http://www.businessinsider.com/microsoft-apologizes-for-outage-2013-8

_ Business Insider

Microsoft has apologized for an outage with Outlook.com that has dragged on for about three days. It kept some people from accessing their email, People app and SkyDrive cloud storage.

約3日間にもおよんだ、Outlook.com のサービス停止について、Microsoft が謝罪しているそれにより、一部の人々は、自身の Email/People App/SkyDrive Cloud Storage にアクセスできない状況に陥ってしまったのだ。

Stephen Lam, Getty Images
Microsoft CEO Steve Ballmer

While Microsoft’s apology letter says that service is now restored, according to Microsoft’s status dashboard, everything still isn’t hunky dory. As we write this, the calendar app is still down for some people.

Microsoft からの謝罪の文面によると、それらのサービスは、すでに復旧されたとなっているが、依然として Microsoft 自身のステータス・ダッシュボードには、充分ではないという状況が示されている。私たちが、この記事を書いている時点で、一部の人々は、また Calendar App にアクセスできていない。

The outage gives Microsoft a black eye considering it’s Scroogled ad campaign is trying to scare people away from Gmail and towards Outlook.com.

今回のサービス停止は、Scroogled 広告キャンペーンにより人々を恐ろしがらせ、Gmail から Outlook.com へと移行させようとしていた Microsoft に対して、大きな打撃を与えるだろう。

And the fact that Microsoft was forced to apologize for an Outlook.com outage just a few months ago, in March. And the fact that Microsoft has now tightly integrated Windows Phone and Windows 8 with some of these services.

Microsoft には、わずか数ヶ月前である 3月に、Outlook.com の停止について、謝罪を余儀なくされたという事実がある。そして、さらに、Windows Phone および Windows 8 と、それらのサービスを密に統合しているという現実もある。

On top of that, Microsoft just launched a big promotion to prove to business customers that the business version of its cloud, Office 365, is reliable and won’t go down much.

その上で Microsoft は、自身のクラウドおよび、Office 365 のビジネス・バージョンは信頼性が高く、また、あまりダウンしないことを、ビジネス・カスタマーたちに証明するための、ビッグ・プロモーションを開始したところである。

Compare this with Google’s problems on Friday. When Google suffered an almost unprecedented outage, crashing all services including search, it took some 40% of Internet traffic with it, by some accounts. That shows how frighteningly reliant the Internet is on Google, but it also shows how rare it is for Google to falter in a big way. The downtime lasted all of a couple of minutes.

金曜日に起こった、Google のダウンと比較してほしい。ほとんど前例がないとも言える、大規模なサービス停止に Google が見舞われたとき、その検索などを含む、すべてのサービスがクラッシュしていた。いくつかのアカウントにおいては、それらを用いるインターネット・トラフィックは、40% にも達していたという。それが示すのは、Google に対してインターネットが、驚くほど依存しているという事実だけではなく、Google が大々的に停止することが、きわめて稀であるという現実である。そのダウンタイムは、数分間におよんだ。

SEE ALSO: The Business App 50: The Best Apps To Help You Do Your Job

ーーーーー

msこのニュースが、Agile_Cat の RSS リーダーに入ってきたのは、日付が 19日(月)に変わったころです。 ということは、アメリカの東海岸は日曜日のお昼ごろですから、そこから 3日を遡ると、現地時間で木曜日の午後から、ずっと問題が続いていたことになります。サービスが落ちたことは、さて置き、回復に時間を要することになった原因の究明が、クラウド全体に共通する問題点を、明らかにする可能性もあります。 以前の Amazon AWS のように、ぜひ、レポートして欲しいですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_1
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2

 

ついに、iPhone 版の Office 365 が登場した!

Posted in Apple, Microsoft, Mobile, Post-PC by Agile Cat on June 15, 2013

Microsoft quietly pushes out Office for iPhone
http://wp.me/pwo1E-6fq

By
David Meyer
http://gigaom.com/2013/06/14/microsoft-quietly-pushes-out-office-for-iphone-and-ipad/

_ Gigaom

Summary: Without any fanfare, the software giant has released the clumsily-titled “Office Mobile for Office 365 subscribers”, which seems to do what it says on the tin.

Summary: 派手なアナウンスメントを行うこともなく、このソフトウェアの巨人は、「Office Mobile for Office 365 subscribers」という愛想のないタイトルのサブスクリプションをリリースたが、あまりにも説明が少ないと思われる。

クリックで拡大 ⇒

There’s no official announcement as yet, but it’s finally here. On Friday, Microsoft unveiled a version of its Office productivity suite for iOS devices.

依然として、オフィシャルにはアナウンスされていないが、その理由は、ここにあるのだろう。だが、いずれにせよ、Microsoft は金曜日に、iOS デバイス対応の、Office プロダクティビティ・スイートの iOS バージョンを発表したのだ。

Bearing the rather clunky name of “Office Mobile for Office 365 subscribers”, the app does require a subscription to Microsoft’s cloud service, but the fundamentals are present: you can use it to access, view and edit Word, Excel and PowerPoint documents on an iPad or iPhone — although the app is optimized for the iPhone 5, so don’t expect a tablet-friendly experience.

“Office Mobile for Office 365 subscribers” という無骨な名称を選んだことで、このアプリを使うには、Microsoft のクラウド・サービスのサブスクリプションが必要になるが、基本的には以下のようなものとなる。つまり、iPad および iPhone 上で、Word/Excel/PowerPoint のドキュメントを、アクセス/参照/編集ができるようになるが、iPhone5 用に最適化されており、、また、タブレット・フレンドリーなエクスペリエンスを期待するものでない。

According to the product blurb: “Documents look like the originals, thanks to support for charts, animations, SmartArt graphics and shapes. When you make quick edits or add comments to a document, the formatting and content remain intact.”

同社の宣伝文には、「 一連のドキュメントが、オリジナルと同様に見えるのは、Chart/Animation/SmartArt Graphics/Shape などがサポートされているからだ。クイック編集を行う場合も、ドキュメントにコメントを追加する場合も、オリジナルのフォーマットとコンテントは、そのまま保持される」と記されている。

The app can be used on Office documents received as email attachments, or those stored on SkyDrive, SkyDrive Pro or SharePoint. If your desktop Office 2013 is connected to Microsoft’s cloud, you can also pull up documents that were recently viewed there, from your mobile device.

なお、このアプリは、電子メールの添付ファイルとして受信した Office ドキュメント、および、SkyDrive/SkyDrive Pro/SharePoint にストアされた Office ドキュメントに対して用いられる。つまり、デスクトップ用の Office2013 が、Microsoft のクラウドに接続されているなら、そこで参照される最新のドキュメントを、モバイル・デバイスから引き出すことが可能になる。

It is possible to edit documents while offline. The app is compatible with iPhone 4 and up, and with the 3rd generation iPad and up (and yes, with the iPad mini too). Devices have to run iOS 6.1 or later.

さらに、オフライン時であっても、ドキュメントの編集が可能である。 このアプリは、iPhone 4 以降、および、iPad 3 以降と互換性を持つ(iPad mini も OK)。 また、それらのデバイスでは、iOS 6.1 以降を走らせる必要がある。

It doesn’t seem the rollout is global just yet, though. My iPad mini, which is set to the U.K. App Store, isn’t seeing it at the time of writing. No sign of an Android version, either.

ただし、現時点ではグローバルな展開にはなっていないようだ。 イギリスの App Store に設定されている、私の iPad mini の場合は、この現行を書いている時点で、まだ サポートが始まっていない。 また、Android バージョンに関しては、その兆候すら無い。

UPDATE (5am PT): Microsoft has now published a blog post explaining the functionality in greater detail.

UPDATE (5am PT): Microsoft は、その詳細を説明する、素晴らしいブログをポストしている。

NOTE: This article originally bore the headline “Microsoft quietly pushes out Office for iPhone and iPad”. A few minutes after posting the “… and iPad” was excised because, while the app will work on iPads, it’s not optimized for them.

NOTE: この記事は、 “Microsoft quietly pushes out Office for iPhone and iPad” というヘッドラインでポストされたが、iPad 上で動作しても、最適化はされていないため、"… and iPad " の部分を、数分後に削除した。

Related research

ーーーーー

TAG index普通に考えて、iPhone よりは iPad の方が、Office と組み合わせる意味があると思うのですが、あえて「最適化されていない」と発言するのは、Windows Surface をサポートするという背景があるのかもしれませんね。Agile_Cat の場合は、以下の Cloudon を(DropBox と組み合わせて)、iPad 上で使っているのですが、プレゼンで PPT を用いるときなど、なかなか便利で気に入っています。そのうち、Office for iPad のレビュー記事も出てくるはずなので、それを楽しみにしています。image

ーーーーー

<関連>

Office 365 Home は 最も成功したバージョン : Microsoft 幹部は語る
iPad を否定する Bill Gates : キーボードと Office が無いから、みんな不満だ!
Microsoft : Google は Enterprise Office Apps に真剣ではない
CloudOn 2.0 は、iPad に Microsoft Office を取り込んでしまうのだ!

Office 365 Home は 最も成功したバージョン : Microsoft 幹部は語る

Posted in Microsoft by Agile Cat on May 30, 2013

Microsoft Declares The New MS Office Is The ‘Best-Selling’ Version Ever
http://wp.me/pwo1E-6ap
Julie Bort |  May 29, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-office-hits-1-million-users-2013-5

_ Business Insider

Microsoft has already landed more than 1 million customers for the new version of Office, called Microsoft Office 365 Home Premium edition, it says.

Microsoft は、 Office 365 Home Premium 呼ばれる新バージョンが、1 million 以上の顧客を獲得したと発言している。

This is the edition of Office that Microsoft sells as a subscription service for $99 a year, which covers up to five PCs and/or Macs in your house (but not iPads).

それは、年間で $99 というサブスクリプション・サービスとして、Microsoft が販売している Office エディションであり、ホームユースを前提として、5 台の PC もしくは Mac をカバーするものである( iPad 版は無い)。

That was a pretty radical change in how Microsoft charges for software because Home Premium is not really cloud software. It installs on your PC, although it can be setup to backup files or share them with the cloud.

それが、Microsoft におけるソフトウェア課金にとって根本的な変化になるのは、Home Premium がクラウド・ソフトウェアではないからだ。つまり、ファイルのバックアップや共有ではクラウド使うように設定できるが、その実体はというと、使用する PC にインストールされる。

The new version was officially released on Jan. 29. (We reviewed it, and generally liked it, too.)

同社は、この新バージョンを、1月29日にリリースしている(私たちのレビューでも、好意的な評価だ)。

By selling 1 million licenses in about 100 days, this version of Office is "officially the best-selling Office edition yet," John Case vice president of marketing for the Microsoft Office Division wrote in a blog post.

約 100日の間で 1 million のライセンスを販売したことで、この Office のバージョンは "officially the best-selling Office edition yet" であると、Microsoft Office Division の VP of Marketing である、John Case が自身のブログで述べている

He then used the chart below to point out how much better and faster this was than a whole bunch of other online services.

そして、彼は、このチャートを用いて、各種のオンライン・サービスを比較して、遜色のないスピードで広まっていると指摘している。

SEE ALSO:  Check Out The New ‘Snapchat For Work’ App That Let’s You Gossip With Your Coworkers
SEE ALSO:  Review: The Best And Worst New Features Of Microsoft’s New Office 2013 Software

ーーーーー

TAG indexなかなか素晴らしい成果で、ほんと良かったですね。 コンシューマ OS として、Windows が iOS と Android を逆転できるかというと、PC の長期低落という背景がハッキリしているだけに、かなり難しい状況になってきました。 そんな中で、この Microsoft の Good News は、アプリケーション・ベンダーとしての色彩を、より強めていくキッカケになるのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft は、もはや Office の会社と呼ぶべきなのか?
Windows 依存を減らす Microsoft : それを示す1枚のチャート
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
崩壊が止まらない PC 市場: 年末には Tablet が追い抜きそう
Dell の Q1 収支報告 : 純利益が 79% も低下!
HP の PC 販売が 20% も低下: Meg Whitman は Windows 8 に言及せず

 

Google は エンタープライス Web アプリを理解していない・・・ と Microsoft は言うけれど

Posted in Google, Microsoft by Agile Cat on May 11, 2013

Microsoft Exec Says Google Doesn’t Understand Enterprise Web Apps
http://wp.me/pwo1E-65S

Kevin McLaughlin | May 9, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-exec-touts-office-365-web-apps-2013-5

_ Business Insider

Google’s annual I/O developer conference is next week, and it usually includes a few sessions on how enterprises are ditching Microsoft Office in favor of Google Apps For Business, its suite of subscription-based Web productivity apps. 

Google のアニュアル・デベロッパー・カンファレンスである、Google I/O が来週に開催される。 そして、いつものとおり、どのようにしてエンタープライズは Microsoft Office を捨て、Google Apps For Business に賛意を示すようになったのかという、いくつかのセッションが提供される。この Apps For Business とは、もちろん、Google がサブスクリプション・ベースで提供する、Web プロダクティビティ・アプリ・スイートのことである。

Getty Images / Justin Sullivan

So Microsoft is once again boasting about how it knows enterprise customers much better than Google does.

したがって、その前哨戦として Microsoft も、いつものとおり、自分たちの方が Google よりも、エンタープライズの顧客を知っていると発言し、熱気を帯びることになる。

On Wednesday, Michael Atalla, director of product marketing for Office 365, Microsoft’s cloud based apps suite, told TechCrunch his company’s enterprise background gives it the “broadest vision of productivity” of any vendor out there.

この水曜日(5/8)に、Microsoft Office 365(クラウド・ベース・アプリ・スイート)の Director of Product Marketing である Michael Atalla は、そのエンタープライズにおける実績は、あらゆるベンダーが望んでいる、広範囲におよぶプロダクティビティのビジョンを与えていると、TechCrunch に語った。

Atalla described Google Apps as primarily browser-based and consumer-focused. Microsoft, on the other hand, “deeply understands that businesses need capabilities that go beyond consumer needs,” Atalla told Techcrunch. Microsoft Office is still the dominant on-premise productivity software in enterprises, but the picture around Office 365 is murkier.

そして、さらに、Atalla は Google Apps について、ブラウザ・ベースであり、主としてコンシューマにフォーカスしたものだと述べた。 その一方で Microsoft は、「 コンシューマのニーズを超えた、ビジネスが必要とする機能を深く理解している 」と、Atalla は TechCrunch に語っている。 ただし、依然として Microsoft Office は、エンタープライズにおけるオンプレミス・プロダクティビティ・ソフトウェアを支配していても、Office 365 については曖昧なままである。

In its third-quarter earnings last month, Microsoft said Office 365 is on course to become a $1 billion business this year. Microsoft also said Office 365 subscriptions are growing and that 25 percent of its enterprise customers are using it.

Microsoft にとっての Q3 が完了した 2013年 3月末の時点で、今年は Office 365 が $1 billion ビジネスになるはずと、同社は述べている。さらに Microsoft は、Office 365 のサブスクリプションが成長しており、同社のエンタープライズ顧客の 25% が、それを使用しているとも述べている。

However, Microsoft still isn’t saying exactly how many Office 365 users it has. Google says it has 5 million paying customers for Google Apps For Business.

しかし Microsoft は、どれだけの Office 365 ユーザーを有しているのかという点について、正確な数字に言及していない。 その点、Google は、Google Apps For Business で、500万人の有償顧客を抱えていると発言している。

At I/O, Google will continue making the case that enterprises are flocking to its platform. One I/O session, titled “Introducing a New Way to Administer Businesses on Google”, will highlight how Google is helping enterprise admins and developers build apps more easily. Another, titled “Our Maps, Your Business: A Step by Step Guide to Making the Most of Our Enterprise Products”, covers Google’s enterprise products and how they use location based services.

Google I/O において同社は、そのプラットフォームにエンタープライスを集め続けようとするだろう。I/ O セッションの 1つは、“Introducing a New Way to Administer Businesses on Google” というタイトルのものであり、Google がエンタープライズ・アドミンを支援し、そのデベロッパーによるアプリケーション構築を容易にする方式に、スポットライトを当てるものになるだろう。 また、“Our Maps, Your Business: A Step by Step Guide to Making the Most of Our Enterprise Products” というタイトルのセッションは、Google におけるエンタープライス製品と位置情報ベース・サービスを、カバーするものになるだろう。

ーーーーー

TAG indexGoogle I/O ですが、今年は 5月に行われるようですね。調べてみたら、May 15-17 と記載されていました。 楽しみです。 本題については、もう語り尽くされていることなので、あえて説明も不要かと思いますが、オンプレミスのパッケージで始まった Microsoft Office が、いまでは Office 365 という名前まで持った SaaS へと、徐々に重心を移そうとしている状況が、すべてを語っているように思えます。昨日に、『そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって!』という抄訳をポストしましたたが、まだ、ご覧になっていない方は、せひ ど~ぞ! Image(221)

ーーーーー

<関連>

Google I/O – 2013 の登録開始:しかし 48分間で売切れてしまった
Microsoft は Azure が、$1 Billion ビジネスになったと言っているが?
Microsoft が IaaS に進出 : ライバルは Amazon AWS だ!
タブレット・シェア 下克上:Android 57% vs iOS 40%
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる

%d bloggers like this: