Agile Cat — in the cloud

台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?

Posted in Data Center Trends, Private Cloud, .Chronicle, VMware, Open Compute, SDN, Storage, Asia, Cisco by agilecat.cloud on May 22, 2015
Quanta Computer exclusively supplies VCE with servers used in VxRack System, say Taiwan makers
Aaron Lee, Taipei; Adam Hwang – May 19, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150519PD214.html
 
_ Digi Times
Quanta Computer has become VCE’s exclusive supplier of servers used in its VxRack System, a hyper-converged rack-scale system for private cloud applications unveiled by VCE in early May, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Taiwan のサプライチェーン・メーカーたちの話によると、今月の初めに VCE が発表したプライベート・クラウド・アプリケーション用の、ハイパー・コンバージェンスド VxRack System に搭載されるサーバーに関して、Quanta Computer が独占供給元になるようだ。
 
vxrackHowever, Quanta declined to comment on the report.
 
しかし、この件に関して、Quanta はコメントを拒否している。
 
VCE is a joint venture set up by EMC and Cisco Systems mainly for integrating EMC-developed storage equipment, Cisco-developed servers and VMware-developed virtualization software to provide private cloud computing solutions for enterprise users.
 
VCE とは、EMC と Cisco System によるジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ・ユーザーに対して、プライベート·クラウドのソリューションを提供するために、EMC のストレージ機器および、Cisco のサーバー、VMware の仮想化ソフトウェアを統合するという目的を持っていた。
 
While having cooperated with Cisco to launch Vblock System-series products, VCE recently selected Quanta in place of Cisco as the exclusive supplier of servers for use in its VxRack System, the sources indicated. The replacement of Cisco is because Cisco is unable to mass produce servers for use in VxRack Systems, the sources said.
 
そして、Vblock System シリーズ・プロダクツを立ち上げるために Cisco と協業していたが、最近になって VCE は、VxRack System に搭載するサーバーの独占サプライヤーとして、Cisco の代わりに Quanta を選んだと、この情報筋は示唆している。 Cisco の置き換えに関して、VxRack System で使用するサーバーの大量生産に問題があるためと、情報源は述べている。
 
Quanta has developed and produced white-box servers mainly for data centers for years, with clients including Google, Amazon, Facebook and Microsoft, the sources said. As many server ODMs have entered the white-box segment, price competition for orders has been increasing and therefore Quanta has started tapping the business-use segment, the sources noted. Since enterprise users mostly trust leading vendors such as Hewlett-Packard and Dell for product quality, Quanta’s supply to VCE may help it land orders from enterprise users, the sources indicated.
 
この数年、Quanta は主としてデータセンター用のホワイトボックス・サーバーを開発/生産しており、その顧客には Google/Amazon/Facebook/Microsoft などが含まれると、情報筋は述べている。しかし、数多くのサーバー ODM 企業が、このホワイト・ボックス・セグメントに参入するにつれて、価格競争が激化してきた。したがって Quanta は、ビジネス・ユース・セグメントに興味を示していたと、情報筋は指摘している。つまり、こうしたプロダクツの品質に関して、依然としてエンタープライズ·ユーザーは、Hewlett-Packard や Dell といった大手ベンダーを信頼しているという背景がある。そして、Quanta のサーバーが VCE に供給されることで、同社はエンタープライズ・ユーザーからの要求に応えられると、情報筋は示唆している。
 
ーーーーー
datacenter_55この記事は、コストの面で Quanta が Cisco をリプレイスしたと述べていますが、すでに VCE から Cisco は離脱 (?) しているようなので、Quanta のビジネス領域が広がったという、シンプルな展開なのだと思えます。 さらに言えば、文中で紹介されているクラウド・プロバイダーや、Open Compute Project などがサーバー市場を再編してきたことで、また一歩、ハードウェアのコモディティ化が進んだと捉えるべきなのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
OCP と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 20, 2015
Taiwan white-box server makers land orders from Apple
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 18 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150318PD204.html
 
 _ Digi Times
 
Apple has joined the Facebook-established Open Compute Project in line with its plans to set up new cloud data centers and replace servers used in existing data centers. Some Taiwan-based white-box server makers have obtained orders from Apple and will begin shipments soon, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Apple は、新たなクラウド・データセンターを構築するために、そして、すでに稼働しているデータセンターのサーバーを刷新するために、Facebook が確立した Open Compute Project に参加した。Taiwan のサプライ・チェーン・メーカーからの情報によると、Taiwan をベースとする、いくつかのホワイトボックス・サーバー・メーカーが、すでに Apple からの受注を得ており、また、すぐに出荷が開始されるようだ。
 
OCP AppleApple is expanding its investments in datacenters and plans to invest US$2 billion to transform its sapphire glass factory in Arizona, the US to a datacenter and will invest EUR1.7 billion to establish datacenters in Ireland and Denmark. The datacenters in Europe are estimated to complete by 2017 to handle Apple’s online service in Europe.
 
Apple は、データセンターへの投資を拡大している。US の Arizona では、サファイア・ガラス工場をデータセンターに様変わりさせるために、US$2 billion を投資する計画が進んでいる。また、Ireland と Denmark にデータセンターを構築するために、EUR1.7 billion を投資するとされている。それらの、ヨーロッパにおけるデータセンターは、2017年までに完成すると予測されており、Apple のオンライン・サービスを、この地域に提供するために運用される。
 
Apple used to rely on Hewlett-Packard (HP) and Dell to supply servers, but is now looking to acquire servers with customized designs and cheaper prices, giving white-box server makers more chances on acquiring related orders, the sources said.
 
Apple は、データセンターで用いるサーバーを、Hewlett-Packard (HP) と Dell からの供給に依存してきた。しかし、これから購入するサーバーは、カスタマイズされたデザインと、引き下げられたコストを伴うものとなる。上記の情報筋によると、この Aplle の方針の転換により、ホワイトボックス・サーバー・メーカーにチャンスが訪れているようだ。
 
Apple is also said to be looking to enter the enterprise market with its existing business model for the consumer market and is cooperating with IBM for related applications, the sources noted.
 
さらに Apple は、コンシューマ市場のための既存ビジネス・モデルを、エンタープライズ市場に展開することで、同社にとって新しい市場に参入する糸口を、探しているとされる。つまり、それが、IBM との提携による、エンタープライズ・アプリケーションの供給であると、情報源は指摘している。
 
ーーーーー
open-compute先週にポストした「Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!」という抄訳で、その概要が報じられていますが、その後も動きも素早く展開しているようですね。 どこが受注しているのか、とても気になります。 そして、「Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!」で紹介されている試みが成功すえれば、Apple も OCP のネットワーク・スイッチを使用するようになるのでしょうか?  面白い展開なので、引き続き、ウォッチしていきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90%:Wiwynn は前年比で 100% 増
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Instagram の空前のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
 
 

Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Posted in .Selected, Apache, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 12, 2015
Apple Joins Facebook’s Hardware Design Community
Yevgeniy Sverdlik – March 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/03/10/apple-joins-facebooks-hardware-design-community/
 
_ DC Knowledge
 
Apple has officially joined the Open Compute Project, the Facebook-led open source hardware and data center design initiative, after being involved in it quietly for some time.
 
Apple が Open Compute Project(OCP)に、 オフィシャルに参加することになった。 この Facebook が主導する Open Compute Project は、ハードウェアとデータセンターのオープンソース・デザインを推進するものだが、これまでにも Apple は、ときおり参加していたようだ。
 
OCP Aple JoinFrank Frankovsky kicking off OCP Summit 2015 in San Jose, CA. (Photo: Open Compute Project Twitter page)
 
While the company is known primarily for its consumer devices and iTunes, it also has a massive data center infrastructure that supports its online services. Companies that operate large data centers benefit from designing their own hardware, and OCP has become a beachhead for the community of vendors and end users that support this approach.
 
同社は、コンシューマなデバイス と iTunes の会社として知られているが、それらのオンラインサービスをサポートするための、大規模なデータセンター・インフラストラクチャも有している。OCP が要となり、そのアプローチをサポートする、ベンダーとエンドユーザーのコミュニティを推進している。そして、その結果として、各種の企業が、独自ハードウェアのデザインからメリットを得るかたちで、大規模なデータセンターを運用している。
 
Frank Frankovsy, chair and president of the OCP Foundation, announced the addition of Apple to the list of members during the opening keynote of the foundation’s annual summit in San Jose, California. “Apple has been involved in this project quietly for a long period of time,” he said. “They have excellent infrastructure engineering people.”
 
OCP Foundation の Chair and President である Frank Frankovsy は、San Jose, California で開催された同ファンデーションの年次ミット・キーノートで、メンバー・リストに Apple が追加されたと発表した。彼は、「 Apple は水面下で、このプロジェクトに長期間にわたり携わってきた。同社には、優れたインフラ・エンジニアたちがいる」と述べている。
 
Apple wasn’t the only new OCP member announced Tuesday. Others who joined include end users, such as Bank of America and CapitalOne, as well as vendors, such as HP, Cisco, Juniper, and Schneider Electric.
 
新しい OCP メンバーとして発表されたのは、Apple だけというわけではない。その他の新メンバーには、Bank of America と CapitalOne というユーザー企業が含まれ、また、HP/Cisco/Juniper/Schneider Electric といったベンダー企業も含まれる。
 
OCP members have been using the project to develop hardware designs based on open specs and designs that are open sourced through the project.
 
OCP のメンバーたちは、このプロジェクトを通じてオープンソース化されたスペックやデザインに基づき、ハードウェアを設計/開発している。 つまり、そこに、このプロジェクトが存在する意味がある。
 
For end users, the benefit is not only the ability to get custom hardware but also to have multiple vendors supply the same products, which ensures supply and brings down the price. For vendors, the community has been a way to get engaged with data center operators the size of Facebook, Microsoft (which joined last year), and now also Apple.
 
エンドユーザーにとって、カスタムなハードウェアを入手することだけに意味があるのではない。つまり、複数のベンダーが同じ製品を供給することで、その調達ラインが安定し、価格も引き下げられる。ベンダーにとっては、Facebook/Microsoft(昨年から)/Apple(今年から)といった規模のデータセンター運用者との、関係を構築するための場が提供される。
 
HP announced at the summit its first line of commodity servers for hyperscale data centers such end users operate. The new Cloudline servers are compliant with OCP.
 
たとえば HP は、エンドユーザーが運用する大規模データセンターにおける、最先端のコモディティ・サーバーを、今回のサミットで発表している。この、新しい Cloudline サーバーは、OCPに準拠している。
 
ーーーーー
open-computeApple にとって、OCP に参加するメリットは、計り知れないものとなるでしょう。 iPhone や Mac などで構成されるプロダクト・ラインと比べると、バックエンドのインフラが、少々 心もとない感じがしていましたが、このコミュニティを活用することで、飛躍的な改善が達成されるはずです。 その他では、Bank of America などの金融系企業の参加や、その他のベンダー系企業の参加が、とても興味深いです。 だいぶ以前の OCP サミットで、HP はステージにも立っていましたが、ようやく正式に参加したのだと推測します。 Cisco に関しては、昨秋にアナウンスがあったと思いますが、あらためてお披露目ということなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by agilecat.cloud on February 19, 2015
Facebook Launches Iowa Data Center With Entirely New Network Architecture
Yevgeniy Sverdlik – November 14, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/14/facebook-launches-iowa-data-center-with-entirely-new-network-architecture/
 
DC-Knowledge.png
 
Facebook announced the launch of its newest massive data center in Altoona, Iowa, adding a third U.S. site to the list of company-owned data centers and fourth globally.
 
Facebook は、最新の大規模データセンターを、Altoona, Iowa で立ち上げたと発表した。それは、US 国内においては 3番目の、そして、グローバルでは 4番目のファシリティとして、同社のリストに加えられることになる
 
The Altoona facility is the first in Facebook’s fleet to feature a building-wide network fabric – an entirely new way to do intra-data center networking the company’s infrastructure engineers have devised.
 
この Altoona ファシリティは、ビルディング全体をカバーするネットワーク·ファブリックを、Facebook DC 艦隊では初めて搭載している。それは、同社のインフラ・エンジニアが考案した、データセンター内のネットワーキングを刷新するものである。
 
Faacebook Iowa DCThe social network is moving away from the approach of arranging servers into multiple massive compute clusters within a building and interconnecting them with each other. Altoona has a single network fabric whose scalability is limited only by the building’s physical size and power capacity.
 
このソーシャル・ネットワークは、大量のサーバーを詰め込んだ、大規模コンピューティング・クラスタ間を、相互に接続していくアプローチから離れようとしている。そして、Altoona に配備されたシングル・ネットワーク・ファブリックの拡張性を制約するものは、ビルディングの物理的なサイズと、電力キャパシティだけとなる。
 
Inter-Cluster Connectivity Became a Bottleneck
 
Alexey Andreyev, network engineer at Facebook, said the new architecture addresses bandwidth limitations in connecting the massive several-hundred-rack clusters the company has been deploying thus far. A huge amount of traffic takes place within each cluster, but the ability of one cluster to communicate with another is limited by the already high-bandwidth, high-density switches. This means the size of the clusters was limited by capacity of these inter-cluster switches.
 
Facebook のネットワーク・エンジニアである Alexey Andreyev が言うには、これまでに同社がディプロイしてきた、数百台のラックで構成される巨大クラスタ間の、接続における帯域幅の制約に対して、この新しいアーキテクチャで取り組んでいくとのことだ。発生する膨大なトラフィックは、それぞれのクラスタ内で処理されるが、クラスタ間を通信させる能力は、高帯域幅/高密度といわれるスイッチが限界を定める。つまり、クラスタのサイズは、それらを接続するスイッチの容量により、制約されていたことになる。
 
By deploying smaller clusters (or “pods,” as Facebook engineers call them) and using a flat network architecture, where every pod can talk to every other pod, the need for high-density switch chassis goes away. “We don’t have to use huge port density on these switches,” Andreyev said.
 
小規模なクラスタをディプロイし(Facebook のエンジニアはポッドとも呼ぶ)、フラットなネットワーク・アーキテクチャを用いることで、すべてのポッド間でのコミュニケーションが可能となり、高密度スイッチ・シャーシへの必要性が消える。Andreyev は、「それらのスイッチ上の、膨大なポート密度を使用する必要がなくなった」と述べている。
 
It’s easier to develop lower-density high-speed boxes than high-density and high-speed boxes, he explained.
 
高密度のハイ・スピード・スイッチより、低密度のハイ・スピード・スイッチを作成する方が容易であると、彼は説明している。
 
Each pod includes four devices Facebook calls “fabric switches,” and 48 top-of-rack switches, every one of them connected to every fabric switch via 40G uplinks. Servers in a rack are connected to the TOR switch via 10G links, and every rack has 160G total bandwidth to the fabric.
 
個々のポッドには、Facebook が Fabric Switch と呼ぶ 4つのデバイスと、48 Top-Of-Rack スイッチが取り込まれ、それぞれの Fabric Switch が 40G Uplink を介して、すべての Fablic Switch に接続される。 また、ラック内のサーバーは 10G Link を介して TOR スイッチに接続され、すべてのラックと Fablic の間には、合計で 160G 帯域幅が確保される。
 
Facebook Iowa NetworkHere’s a graphic representation of the architecture, courtesy of Facebook:
 
The system is fully automated, and engineers never have to manually configure an individual device. If a device fails, it gets replaced and automatically configured by software. The same goes for capacity expansion. The system configures any device that gets added automatically.
 
このシステムは完全に自動化され、それぞれのデバイスに関するマニュアル・コンフィグレーションを、エンジニアに要求することはない。デバイスに障害が発生した場合は、ソフトウェアによる置換えと、自動的なコンフィグレーションが実施される。それと同じことが、キャパシティの拡張に対しても適用される。 つまり、このシステムにより、あらゆるデバイスがコンフィグレーションされ、自動的に追加されていく。
 
Using Simple OEM Switches
 
The fabric does not use the home-baked network switches Facebook has been talking about this year. Jay Parikh, the company’s vice president of infrastructure engineering, announced the top-of-rack switch and Facebook’s own Linux-based operating system for it in June.
 
ただし、今年になって Facebook が話していた内製のネットワーク・スイッチが、このファブリックに使われるわけではない。この 6月に、同社の VP of Infrastructure Engineering である Jay Parikh が、Top Of Rack スイッチと Facebook 独自の Linux ベース OS の存在について発表していたので、注釈として加えておく。
 
The new fabric relies on gear available from the regular hardware suppliers, Najam Ahmad, vice president of network engineering at Facebook, said. The architecture is designed, however, to use the most basic functionality in switches available on the market, which means the company has many more supplier options than it has had in the older facilities that rely on those high-octane chassis for inter-cluster connectivity. “Individual platforms are relatively simple and available in multiple forms or multiple sources,” Ahmad said.
 
新しいファブリックは、一般的なハードウェア・サプライヤーからの供給されるギアに依存していると、同社の VP of Network Engineering である Najam Ahmad が発言している。このアーキテクチャをデザインしたが、マーケットで入手可能な最も基本的なスイッチを使用することになる。それにより当社は、クラスタ間を接続するハイ・スペック・シャーシに依存した、古いファシリティを有するのではなく、より多くのサプライヤーからソリューションを選択できるようになる。そして、「個々のプラットフォームは、相対的に見て、複数のフォームまたは複数のソースから選ばれる、シンプルで利用しやすいものになる」と、Ahmad は述べている。
 
New Architecture Will Apply Everywhere
 
All data centers Facebook is going to build from now on will use the new network architecture, Andreyev said. Existing facilities will transition to it within their natural hardware refresh cycles.
 
これから Facebook が構築していく、すべてのデータセンターにおいて、この新しいネットワーク・アーキテクチャが採用される。そして、既存のファシリティも、それぞれのハードウェア・リフレッシュ・サイクルに合わせて、新しいアーキテクチャに移行していくと、Andreyev は発言している。
 
The company has built data centers in Prineville, Oregon, Forest City, North Carolina, and Luleå, Sweden. It also leases data centers space from wholesale providers in California and Northern Virginia, but has been moving out of those facilities and subleasing the space until its long-term lease agreements expire.
 
すでに同社は、Prineville, Oregon/Forest City, North Carolina/Luleå, Sweden にデータセンターを構築している。また、California と Northern Virginia では、卸売プロバイダからデータセンター・スペースをリースしているが、それらのファシリティからの転出が進められており、長期にわたるリース契約の残存期間は、サブリースされるものと思われる。
 
In April, Facebook said it had started the planning process for a second Altoona data center, before the first one was even finished, indicating a rapidly growing user base.
 
この 4月に Facebook は、Altoona データセンターにおける 2号棟の計画を、1号棟の完成を待たずにスタートするとアナウンスしている。 つまり、そのユーザー・ベースが、急速に成長しているのだ。
 
The company has invested in a 138 megawatt wind farm in Iowa that will generate electricity for the electrical grid to offset energy consumption of its data center there.
 
また、同社は、Iowa の 138 MW 風力ファームに投資している。それにより、自身のデータセンターが消費する電力を、送電網に対してオフセットしていくことになる。
 
ーーーーー
open-computeこれまでのような、クラスタに依存するアーキテクチャでは、いかに高帯域幅/高密度なスイッチを用いても、その処理能力が、クラスタ間での通信速度の限界を定める。そして、クラスタのサイズは、それらを接続するスイッチの容量により制約されるので、クラスタという考え方を捨てる。 つまり、10万台のサーバーで構成される、1棟のデータセンターが、1つのクラスタだ、、、という、いかにも Facebook らしいデータセンターが誕生しました。 それが、Prineville/Forest City/Lulea に続く4つ目の、この Iowa の Altoona なのです。 先日に、「アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?」という抄訳をポストしましたが、そのアジアのユーザーのために、このようなデータセンターを構築してくれたのでしょうか? ここは、ご好意に甘えるとして、バンバンと Facebook を使わせていただきましょう :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
 
 

2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Posted in .Chronicle, Facebook, Open Compute by Agile Cat on December 27, 2014

意外と少なかった FB 関連のポスト数、、、でも、、、
http://wp.me/pwo1E-87I

OCP Japan をお手伝いしているという立場もあり、今年は無意識のうちに Facebook との距離感を考えていたのでしょう。 そのため、ポストするコンテントも絞り込んでいたのだと思いますが、こうして 2014年の Facebook を振り返ってみると、若さでゴリゴリ押していく企業から、大人の思慮がにじみ出てくる企業へと、そのポジションを引き上げてきた様子が浮かび上がってきます。おそらく、Open Compute Project や Internet.org といった、ノン・プロフィットの活動を生み出し、それを限りなくパブリックなものに変容させていくという Facebook のスタンスに、ある種の落ち着きが感じられるからなのでしょう。

とは言え、一介の企業が、こうした活動を推進していくためには、それを支える経済力が必要であり、また、その経営陣にはマネタイズとボランティアという、相反する局面を平行して推進していくだけの度量が求められます。 その意味でも、モバイル・アドを真っ先に成功させ、そこから生まれる余裕により、いくつかの社会貢献を成功させてきた手腕を評価したいです。

もっと現実的に見ていけば、それもビジネスなのですが、インフラに関する整備と情報共有を推進し、企業としての効率を高めた上で、そこから生まれる余剰を、途上国マーケットへ投資していくという、壮大なビジョンを実施してきたのは、この Facebook と Google だけだったと思います。 そして、一人のアジア人として、有難うと言いたいことなのです。

ーーーーー

01/28: Facebook は OCP のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
02/04: Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した
02/19: WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
02/19:
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する? 
02/21: WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
02/20: WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
02/21: WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
02/20:
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有
04/04:
Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かう?
04/09: インドの FB ユーザー数が1億人:しかも 84% がモバイル接続だ!
04/22: 快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
04/28:
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
05/15:
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
05/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
05/23:
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャル・シェア
06/19: Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
06/20: 木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃?
06/30: Instagram:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

ーーーーー

07/15: Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay の脅威に?
07/23:
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
07/24: FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3
07/28:
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
09/03: Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
09/05:
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
09/22:
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
09/26: ソーシャルと滞在時間:Engagement Index 指標で FB がダントツ!
09/26: 広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
09/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく

ーーーーー

10/06: クッキーは死んだ: そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/16: モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/20:
FB アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
10/28: Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
10/28: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% はモバイルから
10/30: Facebook の Graph API がアップデート、そして AD API も強化!
11/05:
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/13:
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% を占有

ーーーーー

テック・ジャイアントには、未来を語って欲しいし、夢を見せて欲しいし、ロマンに浸らせて欲しい。 その意味で、2014年は Facebook と Google の、二強の年だったと、個人的に捉えています。そして、2015年は、それが四強に戻り、さらには五強・六強へと、育っていって欲しい年なのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Energy, Green IT by Agile Cat on September 26, 2014

Dell, HP, Intel and Emerson partner to develop new industry standard: Redfish
http://wp.me/pwo1E-7U5
Brian Karlovsky | Sept. 9, 2014
http://www.arnnet.com.au/article/554452/dell-hp-intel-emerson-partner-develop-new-industry-standard-redfish/

Dell, HP, Intel and Emerson are set to develop a new industry standard to increase the productivity of system administrators through improved datacentre management, analysis and security.

Dell/Emerson/HP/Intel が、データセンターにおける管理/分析/セキュリティの改善を通じて、システム・アドミニストレータの生産性を向上させるべく、新しい業界スタンダードを作成しようとしている。

The new specification, Redfish, is still under development and will be one of the most comprehensive since the Intelligent Platform Management Interface (IPMI) was first launched in 1998, according to a statement.

この、新しい仕様である Redfish は、現時点において作成中である。 そして、このパートナーシップのステートメントによると、1998年に立ち上げられた Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 以来の、最も包括的なものになるという。

_  space

_  space

Redfish uses a modern network interface style, allowing access to data using even simple, script-based programming methods. It will be designed to improve scalability and expand data access and analysis, help lower costs, and further enable feature-rich remote management while ensuring a secure solution that protects investment.

Redfish では、きわめてシンプルなスクリプトベースのプログラミング・メソッドにより、データへのアクセスを実現するために、最新のネットワーク·インターフェース·スタイルが用いられる。そのデザインは、スケーラビリティを向上させ、データに関するアクセスと分析を強化し、また、コストの削減を促進しながら、さらにリッチなリモート・マネージメントを実現するものであるが、投資を保護するセキュアなソリューションも約束される。

According to a company statement, the group collaborating on Redfish development is focused on ensuring the specification enhances interoperability across multiple server environments and significantly simplifies management, allowing administrators to speak one language and be more productive. It will also enable access to massive amounts of information and the ability to translate the data into actionable insights for system monitoring and management.

この団体のステートメントによると、Radfish 仕様の作成におけるグループとしての協調は、マルチ・サーバー環境をカバーするインターオペラビリティと、大幅に簡素化された管理形態にフォーカスするものであり、その結果として、アドミニストレータが用いる言語を1つに集約し、さらなる生産的を目指すことになる。そして、さらに、システムの監視と管理を対象とした、膨大なデータへのアクセスと、実用的な洞察への転換を、実現していくものとなる。

The partner companies are working with industry standards bodies and associations to accelerate the development process, in anticipation of the broad adoption of Redfish.

ここでパートナーとなる企業は、Redfish の広範囲におよぶ採用を予測し、また、その作成プロセスを加速するために、業界標準のための団体や協会と協調して作業を進めている。

The specification will be submitted to the Distributed Management Task Force for consideration by the recently created Scalable Platform Management Forum, which has been chartered to publish a standard in this space. Once the specification is approved, it will be publicly available.

Redfish の仕様は、先日に立ち上げられた Scalable Platform Management Forum により、Distributed Management Task Force へと提出され、この分野におけるスタンダードを発行するための、骨格として検討されていく。 そこで、仕様が承認された後に、一般でも利用が可能なものとなる。

Read more:Synnex Australia adds HP Enterprise to portfolio

ーーーーー

現状でも、それぞれのデータセンターが工夫することで、それぞれのファシリティに適したマネージメント・システムが開発/運用されているはずです。 そして、RedFish が実現しようとしているのは、そのベースになる部分を標準化して、コストを下げようという試みなのだと思います。 ただ、いまの世の中のサーバー・ベンダーといっても、無印良品で市場を席巻している台湾の ODM たちを無視できません。 また、Facebook/Rackspace/Microsoft などによる Open Compute Project もあれば、Tencent/Alibaba/Baidu などによる Scorpio、そして、Google/IBM による OpenPower Foundation もあるという具合に、データセンターの効率化へ向けて活動している、オープン・ソースの存在も忘れてはなりません。たまたまですが、9/22 付で、Gartner が DCIM の Magic Quadrant を発表するほど、ここは、とてもホットな領域なのです。

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook が選んだ CA  の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

%d bloggers like this: