Agile Cat — in the cloud

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 20, 2014

LINX to Open Exchange in Ashburn With Dupont Fabros
http://wp.me/pwo1E-7dR

October 31st, 2013 – By: Jason Verge
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/31/linx-to-open-exchange-in-ashburn-with-dupont-fabros/

_ DC Knowledge

The London Internet Exchange (LINX) will build and operate a member-owned Internet exchange in Ashburn, Virginia on DuPont Fabros Technology’s Ashburn Corporate Center campus. The deal with LINX supports DuPont Fabros’ plan to host an Open-IX certified Internet exchange in each of its four markets.

The London Internet Exchange (LINX) は、DuPont の Fabros Technology における Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスで、そのメンバーたちが所有するインターネット・エクスチェンジを構築/運用していく。LINX との契約において、その 4つのマーケットで、Open IX が公認するインターネット・エクスチェンジをホストするという、Dupont の Fabros 計画がサポートされる。

The LINX node will be at DFT’s ACC5 data center becoming a part of LINX NoVa, a member-owned internet exchange that spans multiple data centers. LINX has already announced nodes at EvoSwitch in Manassas and CoreSite in Reston, and is now hitting all the key campuses in Northern Virginia. This node is particularly notable because it is in Ashburn, literally next door to Equinix, which runs the leading commercial traffic exchange in the area.

この LINX ノードは、DFT の ACC5 データセンターに配置される。 そして、複数のデータセンターにまたがり、また、メンバーたちに所有される、インターネット・エクスチェンジ LINX NoVa の一部になっていく。すでに LINX は、Manassas の EvoSwitch と、Reston の CoreSite におけるノードを発表しており、いまでは Northern Virginia における、すべての主要キャンパスとの接続を持つに至っている。このノードが、とりわけ注目に値するのは、ビジネスにおいて主要なトラフィック・エクスチェンジを運用する、Equinix の文字通り隣にある、Ashburn に置かれるからである。

The London Internet Exchange will open a new internet exchange inside the ACC5 data center in Ashburn, Virginia. (Photo: DuPont Fabros)

The LINX node at DFT’s ACC5 data center is expected to be live before the end of 2013 and LINX will offer incentivized port pricing through the end of 2014.

DFT の ACC5 データセンターにおける LINX ノードは、2013年末までに実運用に入ると予測され、また、LINX からは 2014年内いっぱい、ポート価格に関するインセンティブが提供されるだろう。

“Ashburn has been high on our list of potential sites since the beginning of the LINX NoVA project,” said John Souter, CEO at LINX. ”We are pleased to be partnering with DFT to build a LINX node in their Ashburn campus, which will contribute significantly to the number of networks able to join the LINX NoVA exchange.”

「 Ashburn は、LINX NoVA プロジェクトが始まってからというもの、ずっと候補地リストの上位に位置づけられていた。そして、DFT の Ashburn キャンパスに LINX ノードを構築するため、彼らと提携できることに、とても喜んでいる。それにより、LINX NoVA エクスチェンジに参加できる、数多くのネットワークに対して、とても大きな貢献がもたらされる 」と、LINX の CEO である John Souter は述べている。

DFT’s Ashburn Corporate Campus has an underground conduit system that connects each of the company’s five data center facilities in Ashburn, which will grow to include ACC7 upon completion. There currently are 26 network carriers on DFT’s campus providing connectivity services.

DFT の Ashburn Corporate Campus  は、同社における Ashburn の 5つのデータセンター・ファシリティを結ぶ、地下導管システムを持っており、ACC7(Ashburn Corporate Campus 7?)の完成を含めて、これからの成長が期待されている。そして、現時点で 26 のネットワーク・キャリアが、DFT キャンパスの接続サービスを利用している。

“We are very excited to be partnering with LINX NoVA to provide our customers and the Internet community a neutral Internet exchange ready for Open-IX certification in the fiber- and content-rich Ashburn region,” said Vinay Nagpal, Director of Carrier Relations at DFT. “The LINX NoVA node will enhance network density at our Ashburn campus.  In addition to providing our customers with additional connectivity and peering options, we anticipate the exchange to attract additional content, network and cable providers to our campus to connect to LINX for cost-effective peering and improved network performance.”

「 LINX NoVA およびインターネット・コミュニティと提携することで、Ashburn リージョンでファイバー/コンテント・リッチで、Open IX に認定された中立のインターネット・エクスチェンジを、私たちの顧客に提供できることを、とても喜んでいる。この、LINX NoVA ノードにより、当社の Ashburn キャンパスにおけるネットワーク密度が向上する。私たちの顧客に、付加的な接続とピアリング・オプションを提供することに加えて、LINX に接続するために私たちのキャンパスに参加する、魅力的なコンテンツ/ネットワーク/ケーブルのプロバイダの、エクスチェンジに参加することが可能になる。それにより、費用対効果の高いピアリングと、ネットワーク・パフォーマンスの向上をもたらされるだろう」と DFT の Director of Carrier Relations である Vinay Nagpal は述べている。

More Steam For the Open-IX Movement

In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model had struggled to establish itself in the U.S., barring recently.

この、ヨーロッパ型のインターコネクション・モデルにおいては、インフラストラクチャをホスティングするコロケーション・プロバイダというより、このネットワークへの参加者により、インターネットト・ラフィック・エクスチェンジが管理される。このモデルは、つい最近まで障壁に阻まれ、アメリカ国内でのポジションを確立するのに苦労していた。

Cue the recently-formed Open Internet Exchange (Open-IX), which hopes to import the European model stateside. Open-IX is a member owned, member governed non-profit looking to drive expansion of business-neutral Internet exchanges, reducing complexity, cost, and improving access within critical interconnection markets. The European approach seeks to extend the exchange across multiple data centers, offering participants a choice among providers and facilities.

最近に誕生した Open Internet Exchange (Open-IX) がきっかけとなり、このヨーロッパ型のモデルを、アメリカ本土に輸入するという希望が生じている。Open-IX は、そのメンバーたちに所有され、ビジネス・ニュートラルなインターネット・エクスチェンジを拡大する、非営利な発想により運営されていく。したがって、複雑さが軽減され、コストが低減され、重要なインターコネクション市場へのアクセスが改善されていく。このヨーロッパ型のアプローチは、複数のデータセンター間をまたいだエクスチェンジの拡大を目指し、また、プロバイダやファシリティに対する選択肢をメンバーに提供していく。

The new exchange introduces an approach that has thrived in London, Amsterdam, Frankfurt and several Asian markets. It represents an alternative to the market leadership of Equinix, whose Ashburn campus is the focal point for interconnection activity in northern Virginia.  LINX is now going to be right in the heart of it all: Ashburn, Virginia.

この、新しいエクスチェンジが導入しているアプローチは、London/Amsterdam/Frankfurt/Asia(一部)のマーケットで成功を収めている。それが示すのは、Equinix のマーケットにおけるリーダーシップの代替である。そして、同社の Ashburn キャンパスは、北 Virginia におけるインターコネクションの中心となっている。 つまり LINX は、Ashburn, Virginia  という、すべての中心のど真ん中に入り込もうとしているのだ。

Other activity spurred by Open-IX includes German Exchange DE-CIX entering NY, and Digital Realty’s plans to support the model.

Open-IX により拍車がかかる、他のアクティビティには、German Exchange DE-CIX entering NY や、このモデルをサポートする Digital Realty の計画などが含まれる。

LINX currently connects over 480 networks from mearly 60 countries with more than 1,100 ports. In May LINX announced plans to enter the US market with an initial Northern Virginia node at the EvoSwitch data center in Manassas.

現時点の LINX は、わずか 60カ国から、1,100 以上のポートを用いて、480 以上のネットワークに接続している。この 5月に、LINX が発表した計画は、Manassas の EvoSwitch データセンターに配置された、最初の Northern Virginiaを足がかりに、アメリカ市場に参入するというものである。

RELATED POSTS:

CoreSite to Host LINX Node in Northern Virginia
Open Internet Exchange Movement Organizing
LINX Housing IT Infrastructure in Interxion London
Huge Leasing Deals for DuPont Fabros in Virginia
DuPont Fabros Borrows $180 Million

ーーーーー

一昨日に ご紹介した CoreSite に続いて、DuPont の Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスの話してす。ここでも、Open IX がディプロイされ、また、LINX NoVa の一部を構成するものとなるようです。アメリカ東海岸における Open IX の 展開が、さらに加速し始めることになるわけですが、ここに進出しようとしているのは London IX だけではありません。 次回は、Amsterdam Internet Exchange の動向を、ご紹介したいと思っています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる

Posted in Data Center Trends, Open IX, Telecom by Agile Cat on February 18, 2014

CoreSite to Host LINX Node in Northern Virginia
http://wp.me/pwo1E-7di
October 7th, 2013 By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/07/customer-wins/

_ DC Knowledge

At today’s kickoff of NANOG59, CoreSite Realty announced that the London Internet Exchange (LINX) has chosen CoreSite’s Northern Virginia data center campus as one of the locations for its first North American peering exchange, LINX NoVA. The new deployment will enhance CoreSite’s existing carrier density and increase the number of options for Internet peering and customer connectivity. The LINX infrastructure will span CoreSite facilities in Reston, Virginia and Washington, DC, which support 150 customers and more than 45 networks and ISPs.

今日(10/7)の NANOG59 キックオフで、London Internet Exchange(LINX)が 最初の North America ピアリング・エクスチェンジとして、CoreSite Realty の Northern Virginia データセンター・キャンパスを選択したという発表があった。 それが、LINX NOVA である。この新しい展開により、CoreSite における既存のキャリア間の密度が高められ、また、インターネット・ピアリングと顧客を接続するオプションが豊富になっていく。この LINX のインフラストラクチャは、Reston, Virginia と Washington をまたぐ CoreSite ファシリティとなり、150社の顧客および、45以上のネットワークや ISP をサポートしていく。

LINX, one of the world’s largest Internet exchanges, currently connects over 480 networks from nearly 60 countries. In May LINX announced plans to enter the US market with an initial Northern Virginia node at the EvoSwitch data center in Manassas. LINX’s deployment at CoreSite is aligned with the Open IX, a member-governed organization seeking to adopt the European model for Internet exchanges in the United States.

世界でも最大級の IX(Internet eXchanges)である LINX は、現時点で約60ヶ国に浸透し、また、480 のネットワークを接続している。この 5月に LINX は、Manassas の EvoSwitch データセンターから、Northern Virginia ノードに接続し、アメリカ市場に参入する計画を発表した。そして、CoreSite における LINX の展開は、アメリカの IX にヨーロッパ・モデルを採用させようという、メンバーにより統制される組織である、Open IX と足並みを揃えるものとなる。

“We believe that our deployment in CoreSite’s Northern Virginia campus will contribute to us being able to create a successful new exchange in the US,” said John Souter, CEO at LINX. “To demonstrate our commitment to building a world leading Internet Exchange in North America, we will be subsidizing it by providing free 10G ports to any networks who join.”

「 私たちは、Northern Virginia の CoreSite キャンパスにおけるデプロイメントが、アメリカでの新たなエクスチェンジの成功に寄与すると信じている。世界をリードする Internet Exchange を北米に構築するという、私たちのコミットメントを実証するために、あらゆる参加者のネットワークに対して、10G ポートを無償で提供するという、支援策を打ち出していく」と、LINX の CEO である John Souter は述べている。

“The addition of LINX NoVA to our group of peering partners will further enhance the existing network density inherent in CoreSite’s Northern Virginia community and support the development of a more robust Internet peering ecosystem in the important Northern Virginia market,” said Brian Warren, VP Product Management at CoreSite. “As reflected by the introduction of our Open Internet Exchange Hub last year, we believe in the importance of neutral Internet exchanges and our relationship with LINX NoVA in Virginia further strengthens our platform’s value in providing our customers additional opportunities for both connectivity and community.”

「 私たちのピアリング・パートナーのグループに、LINX NoVA を追加することで、CoreSite の Northern Virginia コミュニティに備わっている既存ネットワークの密度を高め、また、きわめて重要な Northern Virginia 市場において、さらに強固なインターネット・ピアリング・エコシステムを促進していく。昨年における Open Internet Exchange Hub の導入が示すように、私たちは Internet Exchange の中立性が重要だと確信している。 そして、Virginia における LINX NOVA との連携により、私たちのプラットフォームの価値を高めることで、接続性とコミュニティの双方において、私たちの顧客に新たなビジネス・チャンスを提供していく」と、CoreSite の VP Product Management である Brian Warrenは述べている。

Twitch Gaming Platform Deploys at Telx

Twitch, a video platform and community for gamers with over 40 million unique visitors per month, has expanded its presence in the Telx SFR1 data center at 200 Paul Avenue data center in San Francisco. Twitch said the ability to connect directly to the world’s top mobile and transit networks within SFR1 will boost Twitch’s growth as a leading video platform for the video games industry, servicing developers, media outlets, organizations, publishers and individual gamers with more than 600,000 unique broadcasters.

Twitch は、ゲーマーたちにビデオ・プラットフォームとコミュニティを提供し、また、1ヶ月あたり 4000万人以上のユニーク・ビジターに対応している。そして、San Francisco における 200 Paul Avenue で、Telx SFR1 データセンターのプレゼンスを拡大してきた。Twitch の発言によると、世界でトップクラスの Mobile/Transit ネットワークと、SFR1 内でダイレクトに接続する能力により、ビデオゲーム業界における主要ビデオ・プラットフォームとしての、同社の成長が促進されているようだ。具体的には、60万以上のユニークなブロードキャスターを用いて、開発者や、メディアの支局、各種の団体、パブリッシャーたちに対して、サービスを提供していくことになると言う。

“Telx has been an important partner in our growth strategy by enabling us to deliver a high performance service of digital media content,” said Jonathan Shipman, EVP Engineering Operations for Twitch. “We were able to expand our presence with Telx in a cost-effective way and scale quickly to support growing demand from new and existing customers. Telx’s facility in San Francisco provides us with a way to expand our user base and improve experience, and we are excited about future opportunities with Telx.”

「 デジタル・メディア・コンテンツの配信において、ハイ・パフォーマンスのサービスを実現していくという、当社の成長戦略において、Telx は重要なパートナーであり続けてきた。 私たちは、費用対効果が高く、迅速にスケールしていく、Telx のプレゼンスを高めることで、新規および既存の顧客において、増大してく需要をサポートすることができた。 San Francisco における Telx のファシリティが提供してくてたのは、私たちのユーザーベースを拡大し、ユーザー・エクスペリエンスを改善するための方式である。 したがって、私たちは将来においても、Telx とのビジネスを拡大していきたいと思っている」と、Twitch の EVP Engineering Operations である Jonathan Shipman は述べている。

The San Francisco Bay Area is the second-largest market for colocation in the United States and is a key strategic growth market for Telx. Telx’s SFR1 facility provides access to dozens of the leading domestic and international carriers, CDN’s, and ISP’s, as well as physical interconnection points to the world’s largest networks and enterprise backbones.

San Francisco の Bay Area は、アメリカで二番目の規模を誇るコロケーション市場であり、また、Telx の成長戦略においても、主要なマーケットを構成している。そして、Telx の SFR1 ファシリティは、国内外の主要なキャリア/CDN/ISP に対して、数十系統のアクセスを提供している。 また、それだけでなく、世界最大のネットワークとエンタープライズへのバックボーンに対する、物理的な相互接続ポイントも提供している。

Latisys Boosts APT Payment Processing

Latisys has announced an IT Infrastructure as a Service (IaaS) agreement with Accelerated Payment Technologies (APT), which provides secure credit card payment solutions. APT chose Latisys to consolidate multiple hosting providers to a private cloud environment with dedicated switching and a PCI compliant hosting environment to underpin its payment processing services. By consolidating at Latisys, APT was also able to deploy a disaster recovery (DR) service to automatically and instantaneously move workloads from one site to another.

Latisys は、セキュアなクレジット・カード決済ソリューションを提供する、Accelerated Payment Technologies (APT) と、Infrastructure as a Service (IaaS) を組み合わせた、IT インフラ・サービスを発表している。 また、APT が Latisys を選んだのは、専用のスイッチングを用いるプライベート・クラウド環境内に、複数のホスティング・プロバイダを統合し、また、PCI 準拠のホスティング環境により、その決済処理サービスを支えるためである。 Latisys におけるコンソリデーションにより、サイト間におけるワークロードの移動を、自動的かつ瞬時に行う DR (Disaster Recovery) サービスのディプロイを、APT は達成している。

Under terms of this multi-year deal, Latisys tailored a managed infrastructure solution to blend APT’s private cloud environment with Latisys’ PCI compliant hosting platform. Latisys deploying an MPLS ring network with dedicated circuits and bandwidth, enabling APT to leverage Latisys’ backbone between data centers.

この複数年にまたがる契約の下で、Latisys が提供するマネージド・インフラス・ソリューションとは、Latisys の PCI 準拠のホスティング・プラットフォームと、APT のプライベート・クラウド環境をブレンドするものである。そして、Latisys がディプロイする MPLS リング・ネットワーク/専用回路/帯域幅を用いることで、APT はデータセンター間をまたがる Latisys のバックボーンを、活用していくことになる。

“APT is a financial services firm with mission critical payment services demanding high levels of IT performance while meeting PCI compliance requirements,” said Pete Stevenson, Chief Executive Officer, Latisys. “Our national platform is ideal for delivering highly flexible and scalable hybrid IT infrastructure solutions including new, customizable outsourced disaster recovery services.”

「 APT は、ハイ・レベルの IT パフォーマンスを要求する、ミッション・クリティカルな決済サービスと金融サービスの会社であるが、PCI コンプライアンス要件を充たすという必要性を有している。私たちのナショナル・プラットフォームは、きわめてフレキシブルでスケーラブルな、ハイブリッド IT インフラ・ソリューションを提供する上で理想的なものであるが、カスタマイズとアウトソーシングに対応する、新たな DR サービスも取り込んでいる」と、Latisys の CEO である Pete Stevenson は発言している。

RELATED POSTS:

ーーーーー

2013年10 月ごろから、Open IX をめぐる動きが具体化してきました。 その先陣を切切ったの は LINX(London Internet Exchange)であり、Northern Virginia の CoreSite キャンパスに Open IX をディプロイすると発表したのです。この LINX のインフラストラクチャは、Reston, Virginia と Washington をまた ぐ CoreSite ファシリティとなり、150 社の顧客および、45 以上のネットワークや ISP をサ ポートするものです。それまで、キャリアなどが支配してきた、アメリカの IX に対して、とてもパワフルなコンペティタが登場することになりました。image

ーーーーー

<関連>

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 12, 2012

“Essex” version of OpenStack debuts
http://wp.me/pwo1E-46v
By
Paula Rooney | April 5, 2012
http://www.zdnet.com/blog/open-source/essex-version-of-openstack-debuts/10737

image

Summary: The fifth release of OpenStack, code named “Essex,” debuted today, with enhanced quality, usability and extensibility across enterprise, service provider and high performance computing (HPC) deployments, the project announced. Essex is integrated in Canonical’s Ubuntu 12.04.

Summary: Essex というコードネームの、OpenStack における 5回目のリリースは、品質/有用性/拡張性を向上させたものであり、エンタープライスおよび、サービス・プロバイダ、HPC デプロイメントに対応するプロジェクトだという発表があった。 また、Essex は、Canonical の Ubuntu 12.04 とインテグレートされている。

ーーーーー

In a week when it was upstaged by rival open source CloudStack,OpenStack got a shot in the arm with its fifth major release, dubbed “Essex,” on Thursday.

オープンソースのライバルである CloudStack に話題を奪われた週だったが、その木曜日に OpenStackが得たのは、5回目のメジャー・バージョンアップとなる、Essex というカンフル剤だった。

The “Essex” release, which is said to contain more than 150 new features, was developed by more than 200 developers, the open source project noted in a statement today, which highlighted the core improvements, including:

Essex のリリースには、150 以上の新機能が含まれ、また、200 人以上のデベロッパーにより開発されたと言われている。このオープンソース・プロジェクトは、今日のステートメントにおいて、コアとなる改善ポイントを強調したが、その中には以下の項目が含まれる:

  • imageOpenStack Compute (code-name Nova) – Focus on stability and integration with Dashboard and Identity, including enhancements to feature parity among the tier one hypervisors — making it a seamless user experience across each hypervisor — improved authorization and live migration with multi-host networking. There were also contributions to support high-performance computing and additional block storage options, including support for Nexenta, SolidFire, and NetApp storage solutions.
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – Significant new features to improve compliance and data security with the ability to expire objects according to document retention policies, more  protections against corruption and degradation of data, and sophisticated disaster recovery improvements. Also new capabilities important to service providers including the ability to upload data directly from an authenticated web page and the ability to restrict the maximum number of containers per account.
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – The first full release of OpenStack Dashboard provides administrators and users the ability to access, provision and automate cloud-based resources through a self-service portal. The extensible design makes it easy to plug in and expose third party products and services, such as monitoring.
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – The first full release of OpenStack Identity unifies all core projects of the cloud operating system with a common authentication system. The technology provides authorization for multiple log-in credentials, including username/password, token-based and AWS-style logins.
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – The Image Service received several key updates to improve usability, authorization and image protection.
  • OpenStack Compute (code-name Nova) – 安定性と、Dashboard との統合、そして Identity にフォーカスし、認証を改善するティア・ワン・ハイパーバイザーのパリティと、マルチホスト・ネットワークを用いたライブ・マイグレーションの拡張も含む(個々のハイパーバイザをまたいだシームレスなユーザー・エクスペリエンスを実現)。さらに、HPC(high-performance computing)および、Nexenta/SolidFire/NetApp のサポートも含めた追加型ブロック・ストレージ・オプションも、コントリビュートされている。
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – ドキュメント・リテンション・ポリシーにしたがう、重要な新機能によりオブジェクトに期限を定め、コンプライアンスとデータ・セキュリティを改善する。また、データの破損と劣化からの保護および、DR 機能の洗練させるための改善も含む。さらに、サービス・プロバイダにとって重要な機能として、認証された Web ページからの、ダイレクトなデータのアップロードと、アカウントごとの最大コンテナ数の制限も含まれる。
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – OpenStack Dashboard における初めてのフル・リリースは、クラウド・ベース・リソースに関するアクセス/プロビジョニング/自動化の能力を、セルフ・サービス・ポータルを介してアドミニストレーターとユーザーに提供する。 たとえばモニタリングのようなサードパーティーのプロダクトおよびサービスは、拡張可能なデザインにより、そのプラグインとエクスポーズを容易にする。
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – OpenStack Identity における初めてのフル・リリースは、クラウド・オペレーティング・システムの全てのコア・プロジェクトを、共通の認証システムを用いて統一していく。このテクノロジーにより、マルチ・ログイン証明に関する認証が提供され、また、Username/Password と、トークン・ベースの AWS-style ログインも取り込まれる。
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – Image Service に関しては、ユーザビリティおよび、認証、イメージ保護を改善するための、いくつかの重要なアップデートが施されている。

NASA, Rackspace, Intel, Dell, Canonical-Ubuntu, HP and SuSE are among 155 companies that support the open source cloud OS architecture.

このオープンソース・クラウド OS アーキテクチャをサポートする155 社の中には、NASAおよび、Rackspace、Intel、Dell、Canonical-Ubuntu、HP、SuSE などがいる。

Citrix was an original backer but this week switched gears, dropped OpenStack and donated its CloudStack to Apache to try to build up support for that open source cloud OS effort.

Citrix は元からの支援者であったが、今週に方向を転換することになった。 つまり、OpenStack から離れて、CloudStack を Apache を寄贈し、オープンソース・クラウド OS の確立を試みる。

Red Hat and IBM have also demonstrated support for OpenStack but have yet to announce it publicly. Red Hat purchased OpenStack-focused Glusters last year and its sponsored open source Linux project recently integrated OpenStack in the latest rev of Fedora.

さらに、Red Hat と IBM も、OpenStack をサポートする意思を示しているが、まだ、公にはアナウンスしていない。 昨年のことだが、Red Hat は OpenStack にフォーカスする Glusters を買収している。そして、Fedora の最新 Rev に OpenStack を統合するという、オープンソース Linux プロジェクトをサポートしている。

One OpenStack backer said it may take time for the open source cloud OS market to shake out but he has made his bet.  “We are in an early market, and it will take 5-10 years until we potentially see a single winner.  In the near term, there will be many winners and there is little profit in handicapping the game in absolute terms,” said Alan Cohen, VP Marketing, Nicira. “Nicira likes the raw energy and momentum toward open cloud frameworks.   We are deep and public into OpenStack — we love the community, the innovation –  but we also have other customers who use different cloud management frameworks.  At the end of the day, customers will make this decision.”

ある OpenStack 支援者が言うには、オープンソース・クラウド OS 市場は、時間をかけながら淘汰と再編を繰り返すことになる。 そして、彼はそこに賭けている。「 私たちは、黎明期のマーケットにあり、ハッキリとした勝者を認識するまでに 5年~10年を要するだろう。  また、近いうちに、数多くの勝者が出現するだろうが、絶対的なゲームにおけるハンディとしての、きわめて小さな利益を得るだけだ。Nicira は、オープン・クラウド・フレームワークに対して、少ない労力と推進力で取り組んでいきたいと思ってている。   私たちは、OpenStack の本質をパブリックにコミットしている。 つまり、そのコミュニティとイノベーションを評価しているのだ。しかし、その一方で、異ななるクラウド・マネージメント・フレームワークを利用する顧客も有している。  結局のところ、最終的な判断は、顧客に委ねられるだろう」と、Nicira の VP Marketing である Alan Cohen は発言している。

ーーーーー

TAG indexこのところ、Apache へと路線を変更した CloudStack に、話題という面では遅れをとってしまった感じの OpenStack ですが、以下の <関連> にもあるように、Red Hat/IBM/Sony といったメジャー・プレイヤーの動きも気になりますし、AWS API をめぐる Eucalyptus や CloudStack とのつばぜり合いも気になります。しばらくの間は、この辺りにホットな話題が集中しそうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference

 

%d bloggers like this: