Agile Cat — in the cloud

Nimsoft のモニタリングは、プライベート/パブリック・クラウドをカバーする

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Management by Agile Cat on December 13, 2011

Nimsoft Tools Monitor Private and Public Clouds
By: Colleen Miller – December 7th, 2011
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/12/07/nimsoft-tools-monitor-private-and-public-clouds/

_ DC Knowledge

Data center monitoring tools and cloud computing are frequently buzzed about in the industry today. Nimsoft, purchased last year by CA Technologies, is in the marketplace with “IT Management as a Service” or ITMaaS, which gives clients the ability to see into cloud-based applications as well as other mission critical applications.

データセンター用のモニタリング・ツールとクラウド・コンピューティングは、この業界で頻繁に囁かれるバズワードである。 昨年に CA Technologies により買収された Nimsoft は、IT Management as a Service もしくは ITMaaS と呼ばれる、そのマーケットで活躍する企業である。 そして、クライアント環境からのアプリケーションのモニタリング機能を、クラウド環境へ向けて、また、オンプレミスなどのミッション・クリティカルな環境へ向けて提供する。

image

クリックでサンプルへ ⇒

“These are new environments, not built the way a traditional data center was built,” said Andy Kicklighter, Senior Principal Product Manager at Nimsoft.. “In a traditional environment, you had separate tools for email, databases, and so on. Those tools used their own resources. Now with virtualization and the cloud, the requirements are different.”

「 そこには、これまでのデータセンターの構築手法には含まれていない、新しい環境がある。これまでの環境では、電子メールやデータベースなどに対して、個別のツールを使用していた。 また、それらのツールは、独自のリソースに依存していた。 しかし、仮想化とクラウドが当たり前の今日では、そのための要件が変化してきている」と、Nimsoft の Senior Principal Product Manager である Andy Kicklighter は言う。

Kicklighter presented on “Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” on Tuesday at the Gartner Data Center & IT Operations Summit in Las Vegas.

Kicklighter は、Las Vegas で火曜日(12/6)に開催された、Gartner Data Center & IT Operations Summit で、“Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” というセッションの受け持っている。

He explained the six most pressing problems these environments pose:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

For his slide deck and more details, visit Nimsoft’s blog.

こうした環境において、最優先されるべき 6つの課題として、彼は以下の取組を説明している:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

そこで説明された詳細とスライドについては、Nimsoft ブログ を参照して欲しい。

Nimsoft provides monitoring services and service desk solutions primarily to service providers, but enterprises are customers as well. The company’s services are used to find and solve issues in their own data center as well as private and public cloud environments. Nimsoft can be installed on premises, and there’s also a Software as a Service option.

Nimsoft はモニタリング・サービスとサービス・デスクのソリューションを、主としてプロバイダに提供するが、エンタープライズも顧客である。 そして、同社のサービスは、それらのプロバイダやエンタープライズのデータセンターだけではなく、プライベート/パブリックのクラウドにも用いられる。 さらに、Nimsoft はオンプレミスにインストールすることが可能であり、また、SaaS のオプションとしても提供される。

“The monitoring services are designed to allow clients visibility into whatever they are using for cloud – Amazon Web Services, Microsoft Azure or Rackspace,” Kicklighter said. ”They also have connection capabilities to allow partners with specific expertise to also have access.”

「 このモニタリング・サービスは、Amazon Web Services/Microsoft Azure/Rackspace などのクラウドを利用するユーザーに対して、クライアントからの見える化を提供するために設計されている。 そして、ユーザーたちは、彼らがアクセスする特定の環境に対して、パートナーからのアクセスも許容できる」と、Kicklighter は言う。

imageHe said there are 1,000 clients using Nimsoft, with 60 percent of them in the service provider category and 40 percent enterprises. Nimsoft has customers around the globe including 1&1 Internet, CDW, SoftLayer, SunGard Availability Services, Sur La Table, TriNet and Virgin America.

また、Nimsoft を使用する 1,000 のクライアント環境が存在するが、そのうちの 60% がサービス・プロバイダであり、残りの 40% がエンタープライズであるとも発言している。 Nimsoft のビジネスは、1&1 Internet および、CDW、SoftLayer、SunGard Availability Services、Sur La Table、TriNet、Virgin America などの、世界中の顧客により構成されている。

Recently, Honda Motorcycle and Power Equipment of Austrailia announced it has deployed Nimsoft Monitor across its infrastructure. Nimsoft Monitor is a component of Nimsoft Unified Manager, a multi-tenant ITMaaS.

最近になって、Honda Motorcycle と Power Equipment of Austrailia が、自身のインフラストラクチャ全般に対して、Nimsoft Monitor を配置したと発表している。 Nimsoft Monitor は、マルチ・テナント ITMaaS である、Nimsoft Unified Manager により構成される。

“We will continue to grow our solution set, as the modular platform allows us to easily add more,” Kicklighter said about the company’s outlook for 2012.

「 私たちは、のモジュール式のプラットフォームとして、ソリューションのセットを成長させることで、機能の容易な追加を実現していく 」と、同社における 2012年の展望を Kicklighter は語っている。

ーーーーー

TAG index文中にもリンクがありますが、Nimsoft のブログでは、Gartner Data Center Summit での Andy Kicklighter さんのセッションである、“Best Practices for Monitoring Private Cloud and Virtualization” の内容が詳しく紹介されています。スライドも提供されているので、ぜひ、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
RightScale は Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

 

RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

Posted in .Selected, Hybrid, Management, OpenStack by Agile Cat on November 13, 2011

RightScale Cozies up to OpenStack, SoftLayer
Nov 12, 2011 7:40 am
by
James Niccolai, IDG News
http://www.pcworld.com/businesscenter/article/243706/rightscale_cozies_up_to_openstack_softlayer.html

_ PC World

RightScale is adding OpenStack and SoftLayer to the list of cloud services that can be managed from its RightScale Cloud Management Platform.

RightScale は、OpenStack と SoftLayer を、RightScale Cloud Management Platform から管理するクラウド・サービスのリストに加えている。

The SoftLayer support is planned for the first quarter next year, and the OpenStack support will follow by the end of the first half, RightScale CEO and founder Michael Crandell said in an interview Thursday. That’s a conservative estimate, he added, meaning the OpenStack support could come sooner.

SoftLayer のサポートは、来年の Q1 に 計画されている。そして、OpenStack のサポートは、来年の半ばまで続くだろうと、RightScale の CEO であり Founder でもある Michael Crandell が、木曜日(11/10)のインタビューで答えている。 それは、慎重な試算だと言及していることもあり、OpenStack のサポートが、より早まることもあり得る。

Right ScaleRightScale sells tools to design, deploy and clone server environments in the cloud, and to manage and monitor those servers even across different cloud platforms from different service providers. Its customers include Zynga, CBS Interactive and Intercontinental Hotel Group.

RightScale は、対象となるクラウド上で、サーバー環境をデザイン/ディプロイし、さらにはクローン化するツールを販売している。 そして、異なるサービス・プロバイダと異なるクラウドプラット・フォームをまたぐ場合であっても、それらのサーバーの管理/監視を実現していく。 現時点の顧客としては、Zynga や、CBS Interactive、Intercontinental Hotel Group などがある。

Each cloud platform has its own unique architecture, for example the way its storage systems are designed, so RightScale has to develop a version of its software for each cloud environment. Today it works with Amazon Web Services, Cloud.com, Rackspace, Eucalyptus, Japan’s IDC Frontier, and one or two others.

それぞれのクラウド・プラットフォームは、ユニークなアーキテクチャを有している。 たとえば、ストレージ・システムにおける固有のデザインなどがあるため、RightScale は個々のクラウド環境のための、ソフトウェア・バージョンを開発しなければならない。 こうしたバージョンとして、現時点で Amazon Web Services および、Cloud.com、Rackspace、Eucalyptus 、Japan の IDC Frontier などに対応するのもが存在する。

OpenStackOpenStack is an open-source software platform, developed by Rackspace and NASA, and designed to enable service providers to architect their cloud services in a standard way, so that customers can move workloads among different clouds without being locked in.

OpenStackは、Rackspace とNASAにより開発されたオープンソース・ソフトウェア・プラットフォームであり、サービス・プロバイダたちがスタンダードな方式により、自らのクラウド・サービスを設計できるようにデザインされいる。したがって、その顧客は、複数のクラウドをまたぐ環境で、ロックインされることもなく、ワークロードを移動できる。

Deployments are still at a very early stage but the software is backed by big names including Dell, Hewlett-Packard, Citrix Systems, Cisco Systems and Suse.

そのディプロイメントは、依然としてアーリー・ステージにあるが、ソフトウェア自身は Dell および、Hewlett-Packard、Citrix Systems、Cisco Systems、Suse などを含む、著名なブランドにより支持されている。

Forrester analyst James Staten compared OpenStack to enterprise Java a decade ago, in the sense that it provided a common core for building Java application servers, but each vendor’s implementation was unique, so Java apps were never quite portable as hoped.

Forrester のアナリストである James Staten は、OpenStack と 10年前の Enterprise Java と比較した。 Java  Application Server 構築を、共通のコアにより提供したという観点であるが、個々のベンダーによる実装がユニークであり、Java アプリケーションに望まれたポータビリティは、実現されなかったとしている。

Soft LayerOne effect of OpenStack will be to make it easier for RightScale to adapt its product for many more cloud environments, because OpenStack clouds will share some basic similarities, even if service providers add extensions that make them not entirely interoperable.

OpenStack 効果の 1つとして、RightScale は多様なクラウド環境に対して、そのプロダクトの適用を容易にしていく。その理由は、たとえサービス・プロバイダが完全なインターオペラビリティを考慮しない拡張を加えるにしても、いくつかの基本的な類似性が、OpenStack クラウドにより共有される点にある。

But it will also make it easier for RightScale competitors such as CA and BMC Software, and smaller rivals such as Kaava and Abiquo, to compete.

しかし、CA や BMC Software といった RightScale のコンペティタも、さらには Kaava や Abiquo などの小さなライバルたちも同様に、自身のプロダクトを容易にアダプトしてくるだろう。

“I think RightScale has a burden right now to try to move its road map forward as fast as possible and differentiate themselves, so they don’t get run over by some of the bigger players,” Staten said.

「可能な限りロードマップを前倒しさせ、自らを際立たせるために、RightScale は負担を厭わないようにしている。 したがって、より大手の、いくつかのプレーヤーに追い抜かれることはないと思う 」と、Staten は発言している。

“The early lead gives them a lot more insight into how clouds actually work, so they’re presumably in the best position to hold onto this lead,” he added.

そして、「 早いうちにリードを築き、クラウドの動向に関する数多くの洞察を手にすることで、このリードを保持するために、最適なポジションにいるだろう」と、付け加えている。

Indeed, RightScale is working on several enhancements to its management platform. On the road map for 2012 are new automation features, including the ability to automate many of the tasks defined in the IT administrators’ “run book,” which lists the procedures that are supposed to be followed when something goes wrong.

実際に RightScale は、そのマネージメント・プラットフォームに、いくつかの拡張を加えている。 2012 年のロードマップには、いくつかの自動化のための機能がある。たとえば、IT アドミニストレータの「run book」で定義される数多くのタスクを、自動化するための機能も含まれている。そして、何らかの障害が発生したときに、それに対応するプロシージャのリストを実行していくことになる。

The RightScale platform can already perform many policy- and rules-based tasks automatically, such as spinning up a new server when workloads reach a certain level.

RightScale プラットフォームでは、一定量のワークロードに達したときに、新しいサーバーを自動的に立ち上げていくような、ポリシーとルールに基づいたタスクを自動的に実行できる。

“This would be a layer above that and basically creating workflows,” Crandell said.

「それは上位のレイヤとなり、基本的にはワークフローを構築するものとなる 」と、Crandell は発言している。

If a database crashes, for instance, the software will be able to promote a slave to a master database, launch a new slave and begin the replication and backup procedure, all automatically, he said. Today, RightScale users have to trigger those steps manually.

たとえばデータベースがクラッシュすると、このソフトウェアによりスレーブがマスター・データベースにを昇進し、新しいスレーブを立ち上げる。 そして、リプリケーションとバックアップのプロシージャを開始するが、その全てが自動的に行われる。 現在の RightScale ユーザーは、それらのステップに対して、手作業でトリガーを実行しなければならない。

There are countless scenarios covered by run books, and different companies do things in different ways, so RightScale will offer some basic procedures and let companies set up further automated workflows themselves.

「run book」は、無数のシナリオをカバーしている。 そして、それぞれの企業が、それぞれの方式により、それらのシナリオを実施できる。したがって RightScale は、いくつかの基本的なプロシージャを提供し、また、さらに自動化されたワークフローを、それぞれのユーザー企業に設定させていくだろう。

It’s also working on better auditing capabilities, for Sarbanes-Oxley and other compliance purposes, Crandell said. One of the benefits of the cloud is that it lets people fire up and tear down servers easily, but once a virtual server is gone there’s often no record of who created it, how it was created and what it was used for.

さらに、Sarbanes-Oxley などのコンプライアン提供者のために、さらに優れた監査機能の開発にも取り組んでいると、Crandell は発言する。 クラウドには、人々が容易に、サーバーを生成/消滅させるというメリットがある。しかし、仮想サーバーが消滅した途端に、それが誰により生成され、どのような目的で使用されたのかという記録が、ほとんどのケースにおいて残らないことになる。

RightScale gathers that data and will make it available with new tools and interfaces, so that companies can go back if they need to and see the creation and usage history of their servers.

RightScale は、それらのデータを収集し、新しいツールとインターフェイス介した処理を実現するだろう。そのため、ユーザー企業は必要に応じて過去に戻り、それらのサーバーの生成状況や、用法ヒストリーを参照できるようになる。

James Niccolai covers data centers and general technology news for IDG News Service. Follow James on Twitter at @jniccolai. James’s e-mail address is james_niccolai@idg.com

ーーーーー

TAG indexRightScale ですが、あれよあれよという間に、しっかりとクラウド・スターの道を歩き始めたという感じですね。日本でも、文中にあるように IDCF との契約を決め、絶好調なのでしょうね。 これまで、この領域は NimSoft の独り勝ちかと思っていましたが、そうそう簡単な領域ではないようですね。 引き続き、RightScal には注目していきたいです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
RightScale は Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現する

 

Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・

Posted in Apple, Data Center on Youtube, Data Center Trends, Rackspace by Agile Cat on April 8, 2010

Rackspace News: iPad App, Nimsoft, LEED Gold

April 7th, 2010 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/04/07/rackspace-news-ipad-app-nimsoft-leed-gold/

DC Knowledge

It’s been a busy news week for Rackspace Hosting (RAX). Here’s a look at three news items from the San Antonio-based provider of managed hosting and cloud computing services:

今週は、Rackspace Hosting (RAX) のニュースが多い。この、マネージド・ホスティングとクラウド・コンピューティング・サービスを提供する、 San Antonio ベースのプロバーダーからの、3つのニュースをお届けする。

On Tuesday Rackspace announced the release of Rackspace Cloud Pro , an application for the new iPad to enable developers to monitor and manage their Rackspace Cloud Servers. With Cloud Pro, users can turn on backups for a server, create new servers from backups, manage back-up scheduling, re-boot, rename, resize and delete servers – all using the iPad’s intuitive touchscreen interface. The free application is now available at iTunes. “You can control your servers from wherever you are – in a meeting, at dinner or at the beach,” said Mike Mayo, who developed the iPad app for Rackspace (and blogs about his insights on developing for the iPad ).

火曜日には、Rackspace Cloud Servers のモニタリングとマネージメントのための、iPad 用の新しいアプリケーションとして、Rackspace Cloud Pro のリリースがアナウンスされた。この Cloud Pro を用いて、ユーザーはサーバーの ON/OFF や、バックアップ、作成、定期的なバックアップ、リブート、リネーム、リサイズ、削除など、その全てを、iPad の直感的なタッチスクリーン・インターフェイスで実現する。このアプリケーションはフリーであり、iTune からダウンロードできる。ミーティング中だろうが、食事の最中だろうが、サーバーのコントロールが可能になると、iPad app for Rackspace を開発した Mike Mayo は発言している( insights on developing for the iPad)。

4289addf-1e75-494a-98cb-e44afb73b64e

Rackspace said Wednesday that it is standardizing on Nimsoft to offer enhanced infrastructure and application solutions to its managed hosting customers and to monitor its internal IT and cloud infrastructures. ”We chose Nimsoft because they develop their product suite with service providers in mind,” said Steve Mills, chief information officer, Rackspace. “In addition, the Nimsoft solution is able to support the scale and highly dynamic nature of our business and our infrastructure.” The Nimsoft Monitoring Solution will be deployed across more than 60,000 Windows and Linux systems at Rackspace.

また、Rackspace は水曜日に、同社のマネージド・ホスティングのインフラストラクチャの拡張と、インターナルとクラウドのインフラストラクチャをモニタリングを、Nimsoft を用いて標準化していくと発表した。私たちが Nimsoft をエラにだのは、サービスプロバイダーが欲しがっている、プロダクト・スイートを開発しているからだと、CIO の Steve Mills は言う。 さらに、Nimsoft のソリューションは、Rackspace のビジネスとインフラストラクチャの、スケーラブルでダイナミックな特質をサポートできるとも言っている。 この Nimsoft Monitoring Solution は、Rackspace にホスティングされる 60,000 以上の Windows とLinux にディプロイされる。

Rackspace also announced that its conversion of a vacant shopping mall into its headquarters building (nicknamed “The Castle”) had earned Gold Certification  under the U.S. Green Building Council’s LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) program. “Achieving LEED Gold Certification further exemplifies Rackspace’s commitment to enhancing the San Antonio community and dedication to the Greenspace Initiative,” said Randy Smith, director of real estate at Rackspace. “With improved utilization and energy efficiency, ‘going green’ is a practical, long term decision both, fiscally and environmentally.”

さらに同社は、その本社ビルに新しいショッピング・モールを作るとも発言している。 それにより、U.S. Green Building Council’s LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) プログラムにおける、Gold Certification 取得することになる。LEED Gold Certification に到達することは、San Antonio コミュニティを強化することであり、Greenspace Initiative に貢献することだと、Rackspace の Randy Smith(director of real estate)は発言している。エネルギー利用の効率化と ‘going green’ は、経済と環境を両立させる長期におよぶ決定だ。

For more information about Rackspace Hosting, check out our Rackspace Channel. For additional video, check out our DCK video archive and the Data Center Videos channel on YouTube.

<関連>
CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
ISP とクラウド経済
iPad Reviews 英語版 まとめページ

Tagged with: , , , , ,

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い

Posted in Amazon, Businesses, Google, Microsoft, Research, UX by Agile Cat on March 11, 2010

3Tera に続いて $350 million で・・・
March 10, 2010: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/03/10/ca-buys-nimsoft-as-cloud-spree-continues/

DC Knowledge

CA による 3Tera の買収は、つい先週か先々週くらいのことだったと思いますが、それに引き続いて Nimsoft も買収したようです。この会社のウリはクラウド・モニターのサービスとのことですが、さわってみると、これがケッコウ面白いのです。おそらくショールームとしてのものなのでしょうが、Google Apps/Rackspace Cloud/Amazon AWS/Salesforce などのリソース状態が誰にでも分かるようになっています。 残念ながら、Windows Azure はこれからのようで、現時点では Exchange Services のデータが読めるようになっています。

NImsoft

このモニター・ページは、Flash か何かで書かれているのでしょうが、このポストを書いている数分の間に、ちょっとヤバそうだった Amazon のトラフィックが正常に戻ったり、Google のステータスがチョット落ちてきたりとか、それぞれのクラウドのリソース状況の変化が手にとるように分かってきます。お時間のある方は、以下の URL でお試しください。 画面上の虫眼鏡をダブル・クリックすると、個々のプロバイダーの情報も見えますよ!

http://www.unifiedmonitoring.com/

Tagged with: , ,
%d bloggers like this: