Agile Cat — in the cloud

成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Posted in .Selected, Asia, OpenStack by Agile Cat on August 21, 2013

OpenStack Grows Up And China Notices
http://wp.me/pwo1E-6vZ

Charles Babcock| July 24, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/openstack-grows-up-and-china-notices/240158721

_ Information week

In three years, OpenStack has taken the lead in open source for the enterprise cloud. Fall summit scheduled to take place in Hong Kong.

この3年間にわたって OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのオープンソース化をリードし続けてきた。 そして、この秋に予定されるサミットは、その開催地として Honk Kong を選んでいる。

ーーーーー

When OpenStack uncorks the champagne for its anniversary on Wednesday at OSCON (the Open Source Conference) in Portland, Ore., it doesn’t need to cite surviving three tumultuous years or the number of lines of code produced. It will have more qualitative gains to celebrate.

この水曜日に、Portland, Ore で開催された OSCON (the Open Source Conference) で、OpenStack が 3年目を記念のシャンパンの封を切った。 しかし、そのときに、大量のコードを生成しながら、激動の 3年間を生き続けたと、あえて説明する必要もなかったようだ。これから先も、OpenStack の性質からして、さらなる祝福が訪れるだろう。

imageOpenStack is the de facto leader in open source code for the enterprise cloud. It’s moved decisively into the lead for the production of both cloud provisioning and management and software-defined networking — that still loosely defined area of private cloud operations.

OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのための、オープンソース·コードという領域におけるデファクト・リーダーであり、クラウドのプロビジョニングとマネージメントという 2つの局面で、生産すべきソフトウェアを決定するというポジションを、明確にリードするようになってきた。それは、プライベート・クラウド運用の領域を、大まかなところで定義する SDN についても言えることである、

OpenStack is downloaded with great regularity as the prototype system for a private cloud. According to founding member and Rackspace’s senior VP of private cloud Jim Curry, who spoke to us in an interview prior to the anniversary, the Rackspace release for private cloud has seen 29,000 downloads.

OpenStack は、プライベート・クラウドのプロトタイプとして、安定したペースでダウンロードされている。OpenStack の創立メンバーであり、Rackspace の Senior VP of Private Cloud でもある Jim Curry は、前述の記念日に先立ったインタビューにおいて、プライベート・クラウド用の Rackspace リリースは、すでに 29,000 ダウンロードに達していると説明していた。

Downloads, however, don’t mean much by themselves. What matters is the number of downloads that lead to working implementations. The list of publicly recognized implementers is shorter, but it includes, in addition to Rackspace and HP, such names as Comcast, Paypal and CERN. Also add Best Buy, Fidelity, Bloomberg and a fourth major enterprise user to be announced Thursday.

しかし、ダウンロードされるだけでは、それほどの意味もない。何が重要かといえば、実装につながるダウンロード数が重要となる。公認された実装者のリストは不足しているが、Rackspace と HP に加えて、Comcast および、Paypal、CERN などが加わるようになってきた。さらに言えば、Best Buy と、Fidelity、Bloomberg と、それに続く 4番目の主要エンタープライズ·ユーザーが、木曜日にはアナウンスされる。

It’s still too soon to compare OpenStack to Linux, although Openstack adherents are quite fond of doing so. Linux, through hard experience, produced a kernel development process that imposed the discipline of adding only processes or code that complemented what was already there. It’s not clear whether OpenStack, with its long list of code contributors, committers and sponsors (many of them competitors with rival agendas) will institute such discipline or drift into feature bloat. I’ve heard the team leaders say no benevolent dictator – i.e., Linus Torvalds — is needed at their project. Perhaps not, but some central disciplinary intelligence is needed. With no Torvalds on the scene, it’s not clear who’s responsible for such discipline at OpenStack. But let’s give OpenStack a chance to mature and show us how it addresses the issue.

OpenStack の支持者たちは、すぐに Linux と対比したがるが、それは時期尚早である。Linux は困難なエクスペリエンスを介して、すでに存在するものを補完する、プロセスとコードだけを追加するという、カーネル開発プロセスのための強制的な規律を創りだした。コードのコントリビューター/コミッター/スポンサーといった、長いリスト(その多くがライバルでありアジェンダを戦わせている)を伴う OpenStack が、将来の拡張に対して、そのような規律や趣意を提示するかと言えば、それは、まだ、明らかになっていない。このプロジェクには理解ある独裁者が、すなわち Linus Torvalds のような人が必要だと、チームリーダーたちが言っているのを聞いたことがある。おそらく、そのような人物はいないだろうが、その中心において、規律をインテリジェントに取り扱う機能は必要だ。そのような、Torvalds がいない現実において、OpenStack の規律に対して、誰が責任を持てるかといえば、それも不明確である。しかし、OpenStack には成熟のチャンスを与えるべきであり、そうすれば、問題への取り組み方も、明らかにしてくれるだろう。

Likewise, it’s hard to get past the simple quantitative measures to see how the new foundation and its development process are really working. We know OpenStack now has over one million lines of code, 231 company members, 238 unique contributors to the Grizzly release, etc. But the project is also taking on a much more international flavor, with members from 121 countries. In fact, the next OpenStack Summit will meet in November in Hong Kong — the first to take place outside the U.S.

それと同様に、定量的な測定をシンプルに行うだけで、この新しいファンデーションと、その開発プロセスが、適切に機能しているのかを確認するのも難しい。私たちが知っている範囲では、OpenStack は 100万行以上のコードを有し、231社のメンバーが参加し、238人のコントリビュータにより Grizzly などをリリースしている。しかし、それよりも、このプロジェクトは 121ヶ国からのメンバーが参加するという、はるかにインターナショナルなフレーバーに満ちているのだ。実際のところ、次回の OpenStack サミットは、11月の Hong Kong が予定されているが、アメリカ以外での初めての開催となる。

Chinese interest in OpenStack is huge because it opens wide the door to cloud computing. Developers at the Chinese firm Sina, previously contributors to the project, have helped form the China Open Source Cloud League, which adds more contributors to the project, according to Curry.

OpenStack は、クラウド·コンピューティングへのドアを大きく開くため、China の関心も大きく膨らんでいる。Curry によると、このプロジェクトに以前からコントリビュートしている、China 企業である Sina は、さらに多くの人々を集めるための、China Open Source Cloud League を形作ろうとしている。

In addition to its greater international focus, there’s another sign of growing OpenStack maturity. Each subproject of OpenStack holds an election every six months among active contributors to decide who should serve as technical lead of the project, a key position. No changes in these posts would suggest that one company’s or one faction’s influence was sufficient to maintain the same lead indefinitely. For example, early on, Rackspace and Nebula technology execs dominated these positions because Rackspace was a co-founder and organizer, as were the founders of Nebula, who came out of NASA.

こうした、素晴らしいインターナショナル・フォーカスに加えて、OpenStack の成熟度を示す別の兆候がある。OpenStack はにおける個々のサブ・プロジェクトは、このプロジェクトのテクニカル・リードという、重要なポジションを務めるべき人を、積極的なコントリビューターの中から選ぶため、半年ごとに選挙を実施している。このポストに変化がないということは、一社もしくは一派閥が、永遠に変わらないリードを維持するだけの、充分な影響力を行使していたと示唆される。たとえば、OpenStack の黎明期において、一連のポジションが Rackspace とNebula の技術幹部たちに独占されていたのは、Rackspace が Co-Founder であり、NASA から生じた Nebula に Founder たちが居たからである。

In April, Russell Bryant of Red Hat replaced Vishvananda Ishaya of Nebula, who had served as technical lead of the Nova compute project for 2.5 years. In addition, Dan Wendlandt, of the software-defined networking firm Nicira, was the technical lead on the Quantum networking project for a year, with Nicira acting as a major contributor. After Nicira was acquired by VMware, a competitor of OpenStack, Nicira remained a contributor but Wendlandt was replaced by Marshall McClain of Dreamhost. In other words, what might have been a narrow band of leadership reflecting company interests has gradually given way to broader leadership, suggesting a meritocracy of regular elections is at work.

この 4月には、Nova プロジェクトのリードが、Nebula の Vishvananda Ishayaから  Red Hat の Russell Bryan に替わった。Ishaya は、2年半にわたって、このテクニカル・リードを務めてきたのだ。また、SDN の企業である Nicira の Dan Wendlandt は、主要コントリビューター Nicira としての立場から、1年間にわたり Quantum ネットワーク・プロジェクトのテクニカル・リードを務めていた。そして Nichira は、OpenStack のライバルである VMware に買収された後もコントリビューターとして残っているが、Wendlandt のポジションは Dreamhost の Marshall McClain へと移行した。言い換えれば、企業の利益を反映する、狭い視野によるリーダーシップから、より広範なリーダーシップへと、徐々に変化しているのだ。これも、定期的な選挙の結果が示唆するものなのだろう。

In three years, OpenStack has come a long way in both its internal organization and its acceptance in the world. It’ll be up to the company’s current management team to achieve additional milestones going forward.

この 3年の間に、組織の内部において、そして、外側の世界において、長い道のりを歩むことで、OpenStack は受け入れられるようになってきた。 それにより、この先のマイル・ストーンを達成するまで、現行のマネージメント・チームは支持を受け続けるだろう。

Says Chris Kemp, former CIO of NASA and CEO of OpenStack firm Nebula: "It’s hard to find a computer company, with the exception of Amazon, that’s not part of OpenStack. It’s occupying a huge void that needed to be filled… Everyone agrees, the next 25 years of computing should be open."

NASA の CIO を努め、いまでは OpenStack を支持する Nebula の CEO である Chris Kemp は、「Amazon を例外として、OpenStack に参加していないコンピュータ会社は、なかなか見つからないはずである。それにより、満たされるべき、巨大な空間を占有できるようになった。 これから 25年の間に、コンピューティングはオープンになるといいう考え方に、誰もが同意している」と、発言している。

OpenStack Grizzly Has SDN TeethCharles Babcock | April 05, 2013

ーーーーー

openstack-55aこの 4月に、『 そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! 』という抄訳をポストしましたが、そこには、こんなことが書いてあります。 ーーー クラシカルなセールス・モデルとは、組立ラインの経済から生じた、ある種の不自然な結果である。 製造業という、パーツを構築する世界では、製品を完成させるためにアセンブリを行い、それらを倉庫から出荷し、収益を得るためにセールスとマーケティングに依存してきた。こうした方式により、自動車/医薬品/化粧品/書籍/食品/飲料などの製品が、長きにわたり構築され、販売されてきた。しかし、このクラシカルなモデルを、エンタープライズ·ソフトウェアに当てはめても、それは失敗の運命にある。ーーー 中国における Android の爆発的な成長からは、洗練された多国籍企業であっても、なかなか乗り越えられないテリトリーの壁を、オープンソースがやすやすと突破していった様子がうかがい知れます。Linux と Android に続き、OpenStack がアジアの広大なスペースを満たしてくれることを期待しています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on August 28, 2012

Surprise! VMware will join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4EM

Aug 26, 2012 – 5:52PM PT
http://gigaom.com/cloud/surprise-vmware-will-join-openstack/

_ Gigaom

Never say never. VMware is about to join the OpenStack Foundation, a group initially backed by other industry giants as a counterweight to VMware’s server virtualization dominance. Intel and NEC are also on deck to join as Gold OSF members.

世の中、何が起こるかわからない。 VMware が OpenStack Foundation に参加しようとしている。この団体は当初、サーバー仮想化における VMware の優位性に対するカウンターとして、業界の大手に支持されてきたのだ。 また、Intel と NEC も、Gold OSF メンバーとして参加しようとしている。

imageJust in time for VMworld, VMware is about to join the OpenStack Foundation as a Gold member, along with Intel and NEC, according to a post on the OpenStack Foundation Wiki. The applications for membership are on the agenda of the August 28 OpenStack Foundation meeting.

OpenStack Foundation Wiki へのポストによると、ちょうど VMworld に間に合うかたちで、 VMware は Intel や NEC と共に、Gold メンバーとして OpenStack Foundation に参加しようとしているとのことだ。  このメンバーシップに関する申請は、8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングにおけるアジェンダに載っている。

A year ago, a VMware-OpenStack hookup would have been seen as unlikely. When Rackspace and NASA launched the OpenStack Project more than two years ago, it was seen as a competitive response to VMware’s server virtualization dominance inside company data centers and to Amazon’s heft in public cloud computing.  Many tech companies including but not limited to Rackspace, IBM, Hewlett-Packard, Citrix, Red Hat and Microsoft saw VMware as a threat and were bound and determined to keep the company from extending its virtualization lock into the cloud.

1年前であれば、 VMware-OpenStack 接続なんて、トンデモナイと思われただろう。 2年以上も前になるが、Rackspace と NASA が OpenStack Project を立ち上げたとき、オンプレミス DC における VMware 仮想サーバーの優位性に対して、また、パブリック・クラウド・コンピューティングにおける Amazon からの圧力に対して、真っ向から戦っていく姿勢として見られていた。  Rackspace に限定されることなく、IBM や、Hewlett-Packard、Citrix、Red Hat、Microsoft を含む、数多くのテック・カンパニーたちが、VMware を脅威として見なしていた。 そして、同社が、クラウドにも仮想化ロックを拡大することを、阻止しようとする強い決意を持っていたはずだ。

image

Steve Herrod, CTO and SVP of R&D, VMware
(c)2012 Pinar Ozger pinar@pinarozger.com

But, things change. VMware’s surprise acquisition of Nicira and DynamicOps last month, showed there might be a thaw in the air.  For one thing, Nicira is an OpenStack player. By bringing Nicira and DynamicOps into the fold, VMware appeared to be much more willing to work with non-VMware-centric infrastructure, as GigaOM’s Derrick Harris reported at the time.

しかし、物事は変化する。 先月に起こった、VMware による、電撃的な Nicira と DynamicOps の買収が、雪解かもしれないという雰囲気をもたらしている。  1つには、Nicira が OpenStack プレーヤーだという現実がある。 以前に、GigaOM の Derrick Harris がレポートしたように、VMware は、この団体の中心に Nicira と DynamicOps を置くことで、Non-VMware セントリックなインフラの中で、振る舞っていくことも厭わないように思われる。

This is a symbolic coup for OpenStack and its biggest boost since IBM and Red Hat officially joined as Platinum members in April.  And it’s especially important since Citrix, a virtualization rival to VMware undercut it’s own OpenStack participation last April by pushing CloudStack as an alternative open source cloud stack.

これは、OpenStack に対する象徴的なクーデターである。そして、IBM と Red Hat が、4月に Platinum メンバーとして正式参加して以来の、最大の推進力を与えるものでもある。  そして、仮想化において VMware のライバルである Citrix が、もう 1つのオープンソース・クラウドである CloudStack をプッシュすることで、OpenStack から脱会していることも、きわめて重要な背景である。

OpenStack Gold members, which include Cloudscaling, Dell, MorphLabs, Cisco Systems, and NetApp, pay a fee pegged at 0.25 percent of their revenue — at least $50,000 but capped at $200,000 according to the foundation wiki. (VMware’s fee will be $66,666, according to the application, submitted by VMware CTO Steve Herrod, which is linked on the wiki post.) Platinum members —  AT&T, Canonical, HP, Rackspace, IBM, Nebula, Red Hat, and SUSE – pay $500,000 per year with a 3-year minimum commitment.

OpenStack の Gold メンバーには、Cloudscaling/Dell/MorphLabs/Cisco Systems/NetApp などが名前を連ねている。同ファウンデーションの wiki によると、それらの企業は、売上額の 0.25%(最低でも $50,000 以上)を会費として収めるが、上限は $200,000 となっている(VMware CTO Steve Herrod が提出した申請書によると、VMware の会費は $66,666 になる。この wiki 上のリンクから参照できる)。 また、 Platinum メンバーである、AT&T/Canonical/HP/Rackspace/IBM/Nebula/Red Hat/SUSE は、$500,000/年の支払を、3年間にわたりコミットしている。

Subscriber Content
Related research and analysis from GigaOM Pro

 

 

 

ーーーーー

imageあっと、驚く展開ですね。 8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングというと、これからの開催になりますが、拒まれることは無さそうですね。 そして、焦点となるのは、これからの VMware の立ち位置です。 ネットワークの仮想化などを取り込んだ、Datacenter as a Services を標榜するなら、OS の仮想化テクノロジーは何でも良いというスタンスを要求されるでしょう。 そして、そのような変化を遂げるなら、いまのビジネス・モデルを、その根本から変更しなければなりません。 これからの展開に注目です。 ーーーimage

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

Posted in .Chronicle, .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 17, 2012

Who Wrote OpenStack Essex? A Deep Dive Into Contributions
http://wp.me/pwo1E-47y
By Joe Brockmeier / April 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/cloud/2012/04/who-wrote-openstack-essex-a-de.php

_ Read Write

It’s always interesting to see who really contributes to open source projects. That’s doubly true when it comes to projects that are corporate-driven, because they provide a lot of insight into which companies are driving a project and have a stake in supporting it. Looking at the numbers for OpenStack’s Essex release, it’s clear that only a small subset of companies involved in OpenStack are driving development.

このオープンソース・プロジェクトに対して、現実にコントリビュートしてきた企業を見ていくのは、常に興味深いことである。 こうした企業がドライブするプロジェクトには、彼らが数多くの洞察を提供し、また、そのサポートにおいて利害を持つという、2つの真実がある。今回の Essex リリースに参加した人数をみれば、OpenStack に関与する企業の一部分だけが、この開発を促進してきたことが明確になる。

clip_image001Mark McLoughlin, an OpenStack contributor and Red Hat employee, took the time to come up with stats  culled from the commits and Gerrit  code reviews for Essex.

OpenStack のコントリビュータであり、また、Red Hat の従業員でもある Mark McLoughlin は、Essex に対してコミットされたコードと、Gerrit レビューから抽出された統計値の解析に時間を費やした

McLoughlin provides several different pieces of the puzzle when looking at the OpenStack picture. He’s looked at the developers who’ve had the most change sets for the release cycle, the most changed lines, and the most lines removed. He’s also looked at lines reviewed, as well as the number of developers by employer.

McLoughlin は、 OpenStack の状況を説明しながら、パズルのような、いくつかの謎も提供している。 そして、彼が注目したのは、リリース・サイクルの更新および、コードの改善と削除において、最も貢献したデベロッパーである。
また、彼は、最もレビューされたコードと、デベロッパーが所属する企業についても調べた。

It’s not a perfect picture, of course. Having the most changes doesn’t mean that the changes were important, for instance. It does give a clearer picture of what’s really going on in OpenStack development.

もちろん、それらは、完ぺきな視点ではない。現実に、コードに対する変更の回数が、その重要性を意味するわけではない。
つまり、OpenStack の開発において、現実に起こっている事象を明らかにするだけのものである。

Developers by Employer

The first figure to consider is the number of developers contributing by company. No one should be shocked to see that Rackspace leads by a wide margin with 51 employees. To put that in perspective, Rackspace’s Stefano Maffulli identified more than 200 people and 50 companies that contributed to OpenStack in the Essex development cycle. McLoughlin’s figures say 226 developers.

最初の図は、コントリビュートしたデベロッパーの数を企業ごとに参照し、考えていくためのものである。 Rackspace が 51人の従業員を参加させ、大差でリードするのを見ても、それに驚く人はいないはずだ。 順番に考えていこう。まず、Rackspace の Stefano Maffulli は、Essex 開発サイクルにおいて OpenStack にコントリビュートしたのは、200人以上の人々と、50社の企業だと認識している。 それに対して McLoughlin は、226人のデベロッパーだとしている。

クリックで拡大 ⇒

This means that more than a fifth of the contributors to OpenStack are on Rackspace’s payroll.

それは、OpenStack へのコントリビュータの 1/5 以上が、 Rackspace からの経費により賄われていることを意味する。

HP has made a big public commitment to OpenStack, and it seems to be living up to it. HP has 19 people identified as contributors to OpenStack Essex.

HP は OpenStack に対して、膨大なパブリック・コミットメントを行なっており、期待に答えているように思われる。 HP は、OpenStack Essex において、19人がコントリビュートしたと認識している。

We told you that Red Hat was contributing heavily to OpenStack in February. But at that time it wasn’t entirely clear where Red Hat fell. Turns out, it’s third in developers, with 12 developers contributing.

2月の時点において、Red Hat が OpenStack にたしいて、大きなコントリビューションを行なっていると説明した。 しかし、その時点において、Red Hat が失速していることを、私は認識していなかった。 結局のところ、12社の デベロッパー・コンロリビューションの中で、同社は第3位となる。

After Red Hat, there’s Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4) and SUSE (4) in the top 10.

その後に続く Top-10 としては、Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4),  SUSE (4) の順となる。

The number of bodies, though, can be misleading. It may be that HP and Red Hat developers are not exclusively tasked with OpenStack, though. Some of Red Hat’s developers, for instance, are also doing work packaging OpenStack for Fedora and/or working on OpenShift. A company might only have two employees doing OpenStack work, but they may be doing it full time and/or doing some of the most difficult work.

組織ごとに数えることは、少々紛らわしくもある。しかし、HPと Red Hat のデベロッパーが、専有的に OpenStack の仕事を請け負ったというわけではないだろう。 現実に、何人かの Red Hat デベロッパーも、Fedora および OpenShift のために OpenStack をパッケージングするという作業時従事している。。 ひょっとすると、同社は OpenStack に関して、2人の従業員だけを割り当てているのかもしれない。しかし、もし そうなら、フル・タイムでの作業となり、また、最も困難な作業をこなしているのかもしれない。

Code Influence

To get a clearer picture than we have just by looking at developers, we can also see what companies are responsible for the most code changes and code reviews.

さらに明らかな全容を得るために、デベロッパーだけに注目するのではなく、コードの変更とレビューにおいて、どの企業が責任が責任を負ったのかを調べてみた。

OpenStack uses Gerrit for code review, so it’s possible to see who’s reviewing and approving code. Rackspace dominates here, with 68.1% of reviews. Nebula is next with 12.6% of the reviews, Red Hat has 4.4%, HP has 3.7% and Nicira has 2.4%. When you get to the bottom of the top 10 (Piston Cloud, Canonical) you’re looking at less than 1%.

OpenStack では、コード・レビューのために Gerrit が用いられている。 したがって、コードのレビューを承認を行なってきた企業が分かるようになっている。 Rackspace によるレビューは、全体の 68.1% という圧倒的なものになる。2番手は Nebula であり、レビューの 12.6% を占めている。 そして、その後には、Red Hat の 4.4 %、HP の 3.7%、Nicira の 2.4% が続く。この Top-10 の下位グループ(Piston Cloud と Canonical)に目をやると、その比率が 1% 以下であることが分かるだろう。

クリックで拡大 ⇒

In terms of lines changed by employer, Rackspace is at the top with 46.8%. Nebula has 24.4%, Red Hat has 5.4% and Citrix has 4.0%. Midokura , a company I hadn’t heard of until doing this piece, is in fifth place. Despite Dell’s vocal support for OpenStack, the company doesn’t seem to be contributing a great deal.

コードの改善におけるライン数では、 Rackspace が 46.8% でトップとなる。 2番手の Nebula は 24.4% であり、その後に、Red Hat の 5.4%と、Citrix の 4 % が続く。 この項目を書くまで、私は Midokura を知らなかったが、同社は 5 番手のポジションにある。 (イェーイ!!!) Dell に関しては、OpenStack をサポートする掛け声は高くても、実質的なコントリビュートは行なわれていないようだ。

Change sets are a slightly different story. Rackspace still dominates, with 55.2%. Nebula has 10%, Red Hat has 7.9%, HP has 2.9% and Canonical has 2.6%.

更新の件数になると、少し異なるストーリーとなる。 ここでも、Rackspace が 55.2% でトップとなる。 続いて、Nebula が 10%、Red Hat が 7.9%、HP が 2.9%、Canonical が 2.6% と続く。

Another view we have is bugfixes, out of the Launchpad statistics. Again, Rackspace is at the top with 800, Nebula comes in with 240, Red Hat has 140, Nicira has 69 and Canonical has 50.

バグ・フィックスという視点は、Launchpad 統計から外れたものとなっている。 再び、Rackspace が 800 件でトップであり、Nebula の 240件、Red Hat の 140件、Nicira の 69件、Canonical の 50件が続く。

クリックで拡大 ⇒

In every case, the drop-off after the first five or ten companies is very significant. For example, in terms of lines changed – Canonical is the 11th company by lines changed and only claims 0.6% of changes.

すべてのケースにおいて、トップから 5社~10社に成果が集中しており、その後の落ち込みが顕著である。 たとえば、コード改編における 11番手は Canonical であり、同社が処理したライン数は、全体の 0.6% に留まっている。

What It Means

Despite the effort to paint OpenStack as a widely supported project with lots of developer commitment , it’s still Rackspace that’s doing the lion’s share of the work.

たくさんのデベロッパーがコミットする、広く支援されたプロジェクトとして、OpenStack を見せる労力にもかかわらず、その作業においては、依然として Rackspace が圧倒的な比率を占めている。

Nebula is also pulling a lot of weight in the project, though it has fewer contributors than HP or Red Hat. The top 10 corporate contributors are pulling a disproportionate share of the load in OpenStack.

さらに、このプロジェクトでは Nebula が大きな役割を担っているが、そのコントリビュータは HP や Red Hat より少ない。全体としては、Top-10 の企業コントっリビュータが、OpenStack の作業負荷において、不均衡な比率を占めている。

This isn’t abnormal for an open source project, though. If you look at Linux kernel development , you’ll see that the top contributors are doing more than the long tail of companies that are involved in kernel development.

Linux カーネルの開発に目を向けると、トップ・コントリビュータが、カーネル開発に関与する企業よりも、ロイングテールの観点から、より多くの貢献を達成していることが分かるだろう。

But the disparity is striking. No company is shouldering nearly 50% of kernel development by any measure.

しかし、OpenStack との相違は顕著である。 どんな尺度で測っても、Linux カーネルの開発において、50% 近い負荷を担っている企業はいない。

Looking at recent kernel development, you’ll see Red Hat at the top of companies contributing to the kernel. But Red Hat sits at the top of the list (after developers with no corporate affiliation), with 10.7% of the changes from the 2.6.36 kernel to the 3.2 kernel. Intel has 7.2%, Novell 4.3%, IBM 3.7% and so on – down to a long list of companies contributing tiny bits.

Linux カーネルにおける、最近の開発状況を見てみよう。 そのトップである Red Hat が、カーネルにコントリビュートしているのが分かるだろう。 しかし Red Hat は、カーネル 2.6.36 ~3.2 の間で 10.7% の変更に留まっていることが、そのリスト(after developers with no corporate affiliation)に示されている。その後には、Intel の 7.2%、Novell の 4.3%、IBM の 3.7% と続き、その長いリストの最後には、きわめて低い比率の企業が記されている。

The real contributor community outside of Rackspace doing significant development is smaller than one might think given the figures coming out of OpenStack. It looks like it’s on its way to a healthy mix, but I’m not sure it’s quite there yet.

OpenStack から得られる成果と比較して、Rackspace の外で重要な開発に従事している、実際のコントリビューター・コミュニティは小さいのかもしれない。 そして、健全に混じりあう途上にあるとは思えるのだが、その道程を走破できると信じられる道程には、まだ到達していないと、私は確信している。

See Also

ーーーーー

TAG indexこうして、コントリビューション全体が俯瞰できることは、とても良いことですね。 そして、現時点での大きな問題点として、Rackspace への過大な異存が明らかになりました。 文中の、Linux コミュニティとの比較により、OpenStack の特殊性が強調されてしまいますが、まだ走り始めたばかりの若いコミュニティですので、長い目で見てあげたいですね。 それにしても、MIDOKURA の頑張りはスゴイです。 あまり、日本を意識してはイケナイのでしょうが、日本人として嬉しいです! ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 

 

 

 

 

注目のクラウド・スタートアップ 10社 は、2012年 に大化けするだろうか? – Gigaom が詳細を解説

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Miscs, PaaS, Post-PC by Agile Cat on January 4, 2012

10 cloud startups to watch in 2012
http://wp.me/pwo1E-3LV
By
Derrick Harris Jan. 1, 2012
http://gigaom.com/cloud/10-cloud-startups-to-watch-in-2012/

_ Gigaom

The past few years have been nothing if not a boon for entrepreneurs looking to cash in on venture capitalists’ lust for all things cloud.  All the activity has been great, and we’ve seen some exciting new companies emerge and prosper — companies such as Heroku, RightScale and New Relic — but it also means there’s precious little room on the playing field for newcomers.

もし、クラウド全般に期待するベンチャー・キャピタリストの資金から、企業家たちが恩恵を被っていないとすれば、これまでの数年間は、無意味な数年間となってしまう。しかし、 すべての活力は健在であり、Heroku や、RightScale、New Relic といった、いくつかのエキサイティングな企業が登場し、成功をおさめていく様を、私たちは見てきた。とは言え、新規参入者のためのフィールドが、きわめて狭いことも事実なのである。

Startups that want to get noticed, get funded, and ultimately have a winning exit must either find their own unique niche or stake out ground on a different field altogether.

存在を知らしめ、資金を取得し、最終的なエクジットを勝ち取りたいと望むスタートアップたちは、ニッチな居場所を探し出すか、まったく異なるフィールドに入り込むことを、考えなくてはならない。

Here are 10 cloud computing startups that launched in 2011 and that have a chance to make it big in 2012.

以下に紹介する 10社のクラウド・スタートアップたちは、いずれも 2011年に立ち上げられ、2012年に成長するチャンスを有している。

1. AppFog

imageAppFog is one of a handful of Platform-as-a-Service startups to launch in 2011, but AppFog is unique because it leverages the open-source Cloud Foundry code as its core. The switch to a Cloud Foundry foundation over the summer resulted in a name change from PHP Fog, as the company was immediately able to support numerous new programming languages. Going forward, AppFog can ride Cloud Foundry’s development wave, while focusing its own efforts on building the best user experience.

AppFog は 2011年 PaaS スタートアップの 10本の指に入るが、そのコアにおいて、オープンソースである Cloud Foundry コードを活用している点でユニークだ。昨年の夏に Cloud Foundry基盤へと乗り換えたときに、その名称も PHP Fog から変更している。 そして、そのとき同社は、多様な最新プログラミング言語を、サポートすることが可能になっていた。さらに前進するために、AppFog は Cloud Foundry のデベロップメント・ウェーブに乗りながら、同社の目標である最適なユーザー・エクスペリエンスの構築にフォーカスしている。

2. Bromium

image

Little is known about Bromium other than that is plans to use virtualization technology as a tool for securing the myriad endpoints (e.g., desktops, mobile phones and tablets) that connect to enterprise networks. While securing cloud servers, as other startups such as CloudPassage attempt to do, is important, the advent of consumerization means endpoints need security. Among Bromium’s founders is Simon Crosby, who co-founded XenSource and served as virtualization CTO at Citrix Systems.

Bromium は、エンタープライズ・ネットワークに接続される、無数のエンド・ポイント(デスクトップ/モバイル/タブレットなど)を安全に保つために用いられる、ツールとしての仮想化テクノロジー活用を計画しているということ以外、ほとんど知られていなかった。 たとえば CloudPassage などの他のスタートアップも試みるように、クラウド・サーバーをセキュアに保つことは重要であるが、コンシューマ対応の到来により、エンド・ポイントにおけるセキュリティも必要になってきている。Bromium の Founder には、XenSource の Co-Founder である、また、Citrix Systems で Virtualization CTO を務めていた Simon Crosby も含まれる。

3. Cloudability

image

Cloudability provides a simple service with a lot of value: it monitors customers’ spending on cloud computing resources. It might uncover something as commonplace as cloud-server sprawl because so many employees are spinning up instances, or it might find something nefarious such as hackers using a company’s instances serve boatloads of network traffic. As use of cloud services proliferates, companies will need an easy tool to help them keep track of what they’re spending and where.

Cloudabilityは、シンプルで大きな価値のあるサービスを提供する。 つまり、カスタマが消費するクラウド・コンピューティング・リソースをモニタリングするのである。 それにより、クラウド・サーバーの氾濫のような、普遍的な問題が明らかになるかもしれない。なぜなら、それほど多くの従業員たちが、クラウド上にインスタンスを作り出しているからだ。 また、企業のインスタンスを盗用するハッカーなどが、ネットワーク・トラフィック総量も増大させているような、違法行為が見つかるかもしれない。クラウド・サービス利用が増殖するにつれて、企業が何処で何を使用しているのか、それを追跡/記録するための、容易に使えるツールが必要になる。

4. CloudSigma

The Infrastructure-as-a-Service space is a tough racket to enter because it means competing with the likes of Amazon Web Services and Rackspace, but CloudSigma has a plan. The company is all about giving customers high performance and lots of control. CloudSigma sits in the impressive SuperNAP data center and offers 10 GbE interconnects as well as solid-state drives, and developers can buy and manage resources with the granular control normally found in co-location.

IaaS 領域への参入は、Amazon Web Services や Rackspace などと競合することになるため、きわめて厳しいビジネスを強いられるが、CloudSigmaには計画があるらしい。 同社のサービスは、高性能と多様な制御の全てを、その顧客に提供する。 CloudSigma は、素晴らしい設備を提供する SuperNAP データセンターに位置し、10 GbE の相互接続だけではなく、SSD も提供している。 そして更に、デベロッパーは、通常ではコロケーションに見られる、細かな粒度でリソースを購入/管理できる。

5. Kaggle

Kaggle, a crowdsourcing platform for solving big data challenges, is about the hottest thing going in big data right now. The idea behind the service is simple: although not everyone has data scientists in-house, there are plenty of them floating around the world perfectly happy to put their skills to work on a problem for cash prizes and a little bit of credit. It takes a lot of computing power to host hundreds of teams on any given competition, as well as the data sets, which is why Kaggle utilizes Amazon Web Services.

Kaggle は Big Data の課題を解決する、Crowd Sourcing プラットフォームである。 そして、今まさに、大規模データというホットな領域に入り込もうとしている。 そのサービスの背景にあるのは、シンプルな考え方である。つまり、すべての企業がデータ・サイエンティストを抱えているわけではないが、そのスキルを取り込むことで、収益性や与信に関する問題を処理し、大半の企業にとって好ましい結果をもたらしていく。そのためには、何百というチームをホストするコンピューティング・パワーに加えて、データセットを確保することが、他との競合において必要となる。Kaggle が Amazon Web Services を利用する理由は、そこにある。

6. Nebula

Nebula isn’t the only company pushing a commercial version of the open-source OpenStack cloud computing software — it isn’t even the only one founded by a former NASA employee — but it does have a unique approach and an impeccable pedigree. Nebula ties OpenStack to an optimized hardware platform designed to make building public clouds a plug-and-play experience. Among its founders are former NASA CTO Chris Kemp, and investors include Andy Bechtolsheim, David Cheriton and Ram Shriram.

Nebulaは、オープンソース OpenStack クラウド・コンピューティング・ソフトウェアの、商用バージョンをプッシュする唯一の企業ではない。さらに言えば、NASA 出身者が立ち上げた、唯一のクラウド企業でもない。しかし同社は、独自のアプローチと、完ぺきな系譜を有している。 Nebula は、プラグ&プレイを実現するパブリック・クラウドを構築するために、最適化されたハードウェア・プラットフォームに OpenStack を結びつけようとしている。 その Founderとしては、NASA の CTO であった Chris Kemp がおり、また、投資家 としては Andy Bechtolsheim と、David Cheriton、Ram Shriram が参加している。

7. Parse

Parse is trying to become a PaaS specialist for mobile apps, a laudable ambition given how many people now rely on their mobile devices just about everything. It will be difficult to distinguish itself from competitors such as Stackmob, as well as from web-app PaaS offerings such as Heroku and AppFog, but Parse seems to have the right ideas in mind. It has a backend focused on the needs of mobile apps, and a frontend designed for mobile developers that might not have extensive programming chops.

Parse は、モバイル・アプリケーションに特化した PaaS を提供しようとしている。この取り組みは、いまや、すべての事柄がモバイル・デバイスに依存しているという状況において、賞賛すべき野心となる。 Parse と Stackmob のようなコンペティタの識別は難しく、また、Heroku と AppFog のような Web アプリケーション PaaS との識別も難しい。しかし Parse は、正しい考えを持っているように思われる。 同社のバックエンドは、モバイル・アプリケーションへの対応にフォーカスされている。そして、モバイル・デベロッパーのために設計されたフロントエンドには、広大で煩雑なプログラミングが存在しない。

8. ScaleXtreme

What ScaleXtreme lacks in sexiness it makes up for in functionality. Everyone needs server-management software, but not everyone needs the big, expensive software offered from traditional software vendors, or even wants to manage software at all. ScaleXtreme gives users a cloud-based service to manage both physical and cloud-based servers, and, it says, has also garnered a lot of interest from cloud providers thinking it might be a good value-added service to their users who want more control.

ScaleXtremeの機能において、そのシンプルな構造を穴埋めする魅力はどこにあるのだろう。 誰もが、サーバー・マネージメント・ソフトウェアを必要とするが、従来からのソフトウェア・ベンダーが提供している、大規模で高価なソフトウェアを、誰もが必要とするわけでもない。 また、まったくソフトウェア・マネージメントを望まない場合もある。 ScaleXtreme はクラウド・ベースのサービスを提供し、ユーザーに物理/クラウド・ベースのサーバーを管理させる。そして、適切な付加価値サービスを考えてきた、他のクラウド・プロバイダからのノウハウを蓄え、さらなる制御を必要とするユーザーに提供していくと発言している。

9. SolidFire

SolidFire wants nothing less than to revolutionize cloud computing by making it palatable to large enterprises wanting to run mission-critical applications. The company targets cloud providers with SSD-based storage systems that make it possible to store virtual machine images in the cloud and still deliver high performance. Cloud providers utilizing SolidFire gear could find themselves hosting far more relational databases and other applications that presently remain in house.

SolidFireは、ミッション・クリティカルなアプリケーションを動かしたいト考える、大手企業の好みにあったクラウド・コンピューティングを提供することで、まさに革命を起こそうとしている。同社は、クラウドにおける仮想マシン・イメージをストアする一方で、高性能を実現する SSD ベースのストレージ・システムを活用しながら、クラウド・プロバイダたちをターゲットにしている。 SolidFire を利用しているクラウド・プロバイダは、大量のリレーショナル・データベースやアプリケーションを、現状のインハウス・ホストから、クラウド・ホストに切り替えられることを発見している。 

10. Zillabyte

Zillabyte, still operating in private beta mode, wants to provide users with both data sets and the algorithms needed to process them. Data sets aren’t uncommon on the web, but they usually don’t come with algorithms and a processing backend. The service will initially focus on web data and text-based algorithms, but there’s plenty of room for growth into new types of data and algorithms as the service matures. Zillabyte was co-founded by two former Google software engineers and a former Intel engineer.

Zillabyte は、プライベート・ベータ・モードで運用されているが、ユーザーに対してデータセットと、それらを処理するためのアルゴリズムを、提供したいと望んでいる。 Web においてデータセットは一般的なものであるが、アルゴリズムやバックエンド・プロセスが提供されないのが普通である。 同社のサービスは、Web データとテキスト・ベースのアルゴリズムからフォーカスを開始するだろうが、そのサービスが成熟するにつれて、新しいタイプのデータ/アルゴリズムに、成長の余地を見つけ出すだろう。 Zillabyte は、Google に在籍していた 2人のソフトウェア・エンジニアと、Intel に務めていたエンジニアにより、共同で設立されている。

Image courtesy of Flickr user JamesWoolley5.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこうしてみると、アメリカのクラウド・スタートアップは、実に層が厚いですね。 Agile_Cat が知っていたのは、Appfog と、Nebula、Zillabyte くらいで、この記事でその他を知ったという状況です。先輩たちがもモタモタしているなら、先に行っちゃいますよ~~~ という感じで、それぞれのセールスポイントをプッシュしています。 そして、狭き門と書かれてはいますが、テクノロジーとビジネス・モデルの組み合わせが、際限のない広がりと見せるのも、クラウドの面白いところです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry が .NET をサポートする!
クラウドにより OS は死に絶える(要旨)
クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文
未来派 クラウド OS を、かたちにする Joyent とは?
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した
揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる

揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力?

Posted in .Selected, Cisco, OpenStack by Agile Cat on October 17, 2011

Rackspace gives up the OpenStack reins
By
Derrick Harris Oct. 5, 2011
http://gigaom.com/cloud/rackspace-gives-up-the-openstack-reins/

_ Gigaom

Rackspace announced Wednesday via a blog post that it will be giving up control over its OpenStack cloud computing project to an indepedent foundation. OpenStack is the open-source cloud computing platform that Rackspace and co-founder NASA began pushing in July 2010 as an alternative to cloud software and services from VMware, Amazon Web Services and other providers, but it has been somewhat plagued by concerns over Rackspace’s control of the community.

Rackspace は水曜日(10/5)のブログ・ポストを介して、OpenStack クラウド・コンピューティング・プロジェクトのコントロールを、独立した基盤組織に譲り渡すと発表した。 OpenStack は、Rackspace と NASA が協力し、2010年 7月に活動を開始した、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プラットフォームのことであるそして、VMware や、Amazon Web Services などのプロバイダが提供する、クラウドのソフトウェアとサービスに代わる選択肢とされているが、コミュニティをコントロールする Rackspace への懸念により、ずっと悩みを引きずっていた。

Image courtesy of Flickr user opensourceway 

The issue really arose after Rackspace bought Anso Labs in February, giving itself a majority of the seats on the project’s board. Rackspace addressed some of these concerns in March when it opened up its voting process to include more external voices, but even that didn’t entirely squelch dissent over the company’s continued governance. In April, OpenStack leader Jonathan Bryce explained to me why Rackspace continued to lead the project as it has been:

その問題が本格化してきたのは、2月に Rackspace が Anso Labs を買収した後のことである。 なぜなら、その買収により、プロジェクト・ボードにおける大量の投票権が、Rachspace に集まってしまったからだ。その投票プロセスをオープンにして、外部の声を取り込もうとした 3月の時点で、それらの関心事に Rackspace は取り組んでいた。 しかし、そのような努力にもかかわらず、同社による継続的な統治について、不同意を完全に取り除くことが出来なかった。 そして 4月に、OpenStack のリーダーである Jonathan Bryce は私に、これまで通りに Rackspace が、このプロジェクトをリードし続ける理由を説明した

Bryce explained that he sees the current OpenStack model as being an “extreme open method” for licensing code vs what would happen within a foundation. In essence, everyone who contributed code to OpenStack owns the copyright to that code and licenses for use in the OpenStack software, but Rackspace alone doesn’t have the power to move the code into a foundation. Moving OpenStack to a foundation would inevitably strip contributors owners of the copyright. … For Cactus alone, Bryce said, the code-review team looked at about 5,000 submissions and included code from more than 100 developers.

Bryce の説明によると、現在の OpenStack モデルは、ライセンス・コードのための[過激なオープン・メソッド]と、組織の中で起こり得ることの、せめぎ合いの始まりとなる。 本質的に、 OpenStack にコードをコントリビュートする誰もが、OpenStack ソフトウェアの中で使用されるコードとライセンスについてコピーライトを所有する。しかし、Rackspace だけが、この組織へ向けてコードを移行させる権限を持たない。 OpenStack をファンデーション化することで、コントリビュータたちが所有するコピーライトが、必然的に引き剥がされることになる。 Cactus だけで、そのコード・レビュー・チームは、およそ 5,000 件のサブミッションを参照し、そこには、100人以上のデベロッパーが提供するコードも含まれる。

_openstack-logoHowever, it looks like the increased community participation from large vendors such as HP, Dell, Cisco and Citrix might have forced Rackspace’s hand in ceding control over the project to a foundation. They’re aligning large portions of their cloud computing strategies around OpenStack, and they certainly want to ensure that Rackspace’s concerns don’t end up taking precedent of their own, even if only subconsciously. The same probably goes for OpenStack-based startups Nebula such as Nebula, which has some serious backers and a management team that have their own ideas of what’s best for OpenStack.

しかし、新たに参加した、HP や、DellCiscoCitrix などの大手ベンダーが、ファンデーションへのプロジェクトの移行について、Rackspace に拍手するよう強制したかもしれない。 それらのベンダーは OpenStack を、自身のクラウド・コンピューティング戦略の重要なパートで囲み始めている。 そして、それらのベンダーは、彼らのビジネスが前例となる道が、Rackspace の懸念により絶たれないことを、潜在意識ではあるにしても、保証するように望んでいる。おそらく、同じようなことが、Nebula などの OpenStack ベースのスタートアップにおいても進んでいる。それらのスタートアップは、OpenStack にとって最適なアイデアを有する、何人かの真剣な後援者たちとマネージメント・チームを構成している。

The OpenStack Foundation, slated for establishment next year, has some tough choices ahead of it. One prominent cloud computing customer, Adrian Cockroft of Netflix, has suggested that Amazon Web Services has already won the battle of public cloud providers. If he’s right, that doesn’t bode well for Rackspace, HP, Dell and any of the other providers planning OpenStack-based clouds. Some, even within the OpenStack community, have suggested the project accept this to some degree and just adopt the AWS API.

OpenStack Foundation は、来年の設立を予定されているが、それに先立って、いくつかの厳しい選択を迫られている。 卓越したクラウド・コンピューティング・カスタマーである Netflix の Adrian Cockroft は、すでに Amazon Web Services が、パブリック・クラウドにおける戦いを制したと示唆している。 彼の考えが正しければ、Rackspace や、HP、Dell などの、OpenStack ベース・クラウドを計画している、それぞれのプロバイダにとって、良い兆しは現れてこない。OpenStack コミュニティの中においてさえ、ある程度は AWS API の採用を、このプロジェクトとして受け入れるべきだと提案しているほどである。

I don’t think the situation is too dire for OpenStack, actually — the ever-growing ecosystem appears to be meeting expectations, and founder Rackspace keeps growing its cloud revenues — but there’s clearly work to be done to capitalize on any momentum. Perhaps a foundation is the best way to do it. AWS and VMware aren’t going to let up, so OpenStack doesn’t have a lot of margin for error.

OpenStack にとって、それほど緊急性の高い状況とは思えないが(増大し続けるエコシステムは、期待を満たしているように思える。 そして、Founder である Rackspace は、クラウドからの収入を増やし続けている)、あらゆる勢力をフル活用するという、作業が残されているのは明らかだ。それを実現していくためには、このファウンデーション化が、おそらく最良の方式となる。 AWS と VMware の勢いが、停滞することはありえないだろ。したがって、OpenStack にとって、大きな失敗が許されるだけの余裕は残っていない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexOpenStack の体制が変化するというニュースが飛び込んできてから、すでに 10日ほど経ってしまいましたが、ようやく昨日の日曜日に、訳すことができました。 これだけ、大手のベンダーが参加してくれば、それなりの波風(必要なこと)が立つはずですが、この記事が、現状を説明していると思います。とても興味深く、また、目の離せない領域ですね。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace が、NASA クラウドの頭脳ともいえる Anso Labs を買収
OpenStack の 1年を振り返り、次の 1年を予測する
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
HP も OpenStack への参加を表明
Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack

Rackspace は $100M の売上を計上し、クラウドでの基盤を固める!

Posted in OpenStack, Rackspace by Agile Cat on February 16, 2011

Rackspace Cloud Revenue Keeps Rising, Tops $100M
By
Derrick Harris Feb. 10, 2011, 3:02pm PST
http://gigaom.com/cloud/rackspace-cloud-revenue-keeps-rising-tops-100m/

_ Gigaom

Rackspace saw its cloud revenue hit the stratosphere during the fourth quarter of 2010, according to its financial results issued Thursday afternoon. The managed hosting and cloud provider reported “cloud revenue” of $31.4 million during the quarter, up approximately 83.4 percent year over year, bringing the company’s total 2010 cloud revenue to $100.7 million. Perhaps more telling about the future of Rackspace’s business, though, is the increasing percentage of overall revenue attributed to cloud computing.

木曜日の午後に発行された同社の財務的諸表によると、2010年の第4四半期における Rackspace のクラウド収入が、成層圏に突入するのが確認された。 マネージ・ホスティングとクラウド・プロバイダの事業は、この四半期において $31.4 million を計上し、昨年同期との比較において 83.4% の増収を達成し、さらには、2010年度のクラウド収入を $100.7 million にまで押し上げた。 おそらく、Rackspace ビジネスの将来については、語るべきことが多々あると思うが、クラウド・コンピューティングが達成した、増大する収入の比率に注目したい。

arrow

Cloud revenue — which isn’t defined but which likely comes from Rackspace’s Cloud Servers, Cloud Files and Cloud Sites offerings –  accounted for approximately 14.6 percent of Rackspace’s total quarterly revenue of $214.7 million, up from approximately 12.3 percent of total revenue in the second quarter and 13.4 percent in the third quarter. Slowly but surely, Rackspace is relying more heavily on cloud computing to drive its bottom line. If I didn’t know better, I might think it’s a cloud provider only, as Rackspace rarely makes headlines with its nearly $680 million dollar managed hosting business.

クラウド収入という表現は、明確に定義されないが、おそらく Rackspace の Cloud Servers/Cloud Files/Cloud Sites からもたらされると推測できる。それらは、Rackspace 全体の 4Q 収入である、$214.7 million に対して 14.6% を占め。 そして、2Q の 12.3% および、3Q の 13.4% に対して、上昇している様子が分かる。 ゆっくりではあるが着実に、 Rackspace は最終的な利益率を確保するために、クラウド・コンピューティングへの依存率を高めている。 独断的に言わせてもらえれば、そこにクラウド・プロバイダの特権がある。 なぜなら、Rackspace が直近に計上した、$680 million のマネージ・ホスティング・ビジネスだけでは、そのような収支予測を立てることは不可能だからだ。

Rackspace has been all over the news lately, especially with regard to the OpenStack cloud platform project that it leads. The pace of development and an influx of new contributors have garnered lots of attention, as has — in the past day — skepticism from some that it bought Anso Labs, the brains behind Nebula, so Rackspace could have a larger share of the OpenStack Project Management Committee. A couple of weeks ago, Verizon’s purchase of Terremark had some — including myself — noting that Rackspace might be the crown jewel if telcos were going to start consolidating hosting providers to boost their own cloud portfolios.

最近は、いたるところで、Rackspace がニュースとして取り上げられる。 そして、同社ががリードするプロジェクトである、OpenStack クラウド・プラットフォームのニュースが多い。 数日前のことだが、NASA Nebula の頭脳とも言える Anso Labs を買収したことで、この業界に懐疑心を抱かせたとき、同社における開発ペースと新しいコントリビュータの流入は、膨大な蓄積を伴うものになっていた。それほどまでに、OpenStack Project の Management Committee に、Rackspace は多数の委員を送り込んでいたのだ。 Verizon が Terremark を、2週間前に買収した。今後、テレコム企業が自身のクラウド比率を引き上げるために、ホスティング・プロバイダ事業を立ち上げる場合には、Rackspace が重要なポジションを占めるかもしれない。私を含めた、何人かの人々が、その点を指摘している。

Perhaps everyone just sees the writing on the wall. At the current pace, it will take almost 10 years for cloud revenue to eclipse hosting revenue for Rackspace, but I don’t think it will take that long. For one, total net revenue increased only 7.5 percent quarter over quarter compared with 17.1 percent for cloud revenue. And then there’s OpenStack. Its open source foundation aside, the project presents a prime opportunity to offer services and premium versions of the software that could end up making Rackspace a lot of money — and that’s on top of the increased sales that undoubtedly will come when Rackspace replaces its current cloud platform with the supposedly superior OpenStack software. We also don’t know exactly how Rackspace will monetize the Cloudkick management and monitoring technology it acquired in December.

おそらく、すべての人々は物事をネガティブに捉える。 現在のペースでは、Rackspace のクラウド収入が、その主たるビジネスであるホスティングを超えるまでに、約 10年の歳月を要する。しかし、私には、それほどの長い期間が必要だと思えない。 一例として、この四半期における、純収入のトータルは 7.5% 増に過ぎないのに対して、クラウドによる収入は 17.5% の伸びを示している点が挙げられる。 そして、さらに、OpenStack の存在がある。 オープンソースの基盤は別にして、そのプロジェクトは、洗練されたソフトウェアのサービスとバージョンを提供し、最終的には Rackspace に対し、多くの資金をもたらすことになるつまり、Rackspace が現行のクラウド・プラットフォームを、改善された OpenStack ソフトウェアで置き換えるとき、その販売が増大することに疑いの余地はない。さらに言えば、昨年の 12月に買収した Cloudkick の、マネージメントとモニタリングのテクノロジーを、どのようにしてRackspace がビジネスに結びつけていくのかも、まだ、明らかになっていない。

However big the business gets, though, no one can take away Rackspace’s crown as — as far as I know — the only company reporting a $100 million dollar cloud business derived solely from public-cloud services. If estimates are correct, Rackspace has a way to go to catch Amazon and its roughly $500 million in cloud revenues, but it’s headed in the right direction and it has the tools to make a run.

そのビジネスが、いかに大きいものであっても、誰も Rackspace のポジションは奪えない。 私の知る限り、パブリック・クラウド・サービスだけに絞り込んだクラウド・ビジネスで、Rackspace だけが  $100 million を計上している。 この見立てが正しければ、Rackspace は、クラウドから $500 million を生み出すとも言われる Amazon に追いつく可能性を持つ。しかし、Amazon も、そのための、正しい方向性を持ち、実現するためのツールを有している。

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

 

 

ーーーーー

一番 最後のリンクですが、Amazon AWS の収益を見積もるポストみたいですね。 2010年 8月の記事ですが、これは面白いものを見つけました! それにしても、Rackspace は地味に着実に、クラウドでのポジションを固めているのですね。 エライ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Rackspace が、NASA クラウドの頭脳ともいえる Anso Labs を買収
Rackspace の(増収・増益)クラウド経済学
Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携
Rackspace は Cloudkick を買収して、AWS に対抗していくのか?

Rackspace が、NASA クラウドの頭脳ともいえる Anso Labs を買収

Posted in .Selected, Government, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on February 14, 2011

Rackspace Acquires Anso Labs; Furthers Commitment to OpenStack
by Angela Bartels on February 9, 2011
Author: Jim Curry, GM of OpenStack
http://www.rackspace.com/blog/?p=1971

image

We recently celebrated the six-month anniversary of the launch of OpenStack, coinciding with the project’s second release in that short time.  This rapid progress was only possible due to a common shared vision of the entire OpenStack community to build a truly open operating system for the cloud.  More than 50 organizations and 1,000 individuals are involved in defining that mission and moving it forward.  And while we are pleased with the progress to date, we at Rackspace want to increase our commitment to the success of that mission.

OpenStack の立ち上げから 6カ月が経った。 つい最近のことだが、私たちは、その記念日と同時に、プロジェクトの 2回目のリリースを祝った。  この素早い進歩は、ほんとうにオープンな、クラウドのためのオペレーティング・システムを構築するという、OpenStack コミュニティ全体が共有するビジョンのみが実現するものだ。  50以上の組織と、1,000人の個人が、そのためのミッションを定義し、前進させている。  そして、これまでの進歩に満足する一方で、Rackspace としても、そのミッションを成功させるための環境を整えたいと考えている。

To that end, you may have seen stories reporting that Rackspace has acquired Anso Labs.  Anso Labs is a participant in the OpenStack project and has already contributed substantially to its success.  They are best known for work they have done with NASA to help build their Nebula cloud platform, the code behind which NASA contributed to the open source community as the basis for OpenStack Compute last summer.  Anso Labs – like Rackspace — believes the world needs a truly open cloud platform and are committed to building it.

それを目指して、Rackspace が Anso Labs を買収したというレポートを、すでに見ているかも知れない。  Anso Labs は OpenStack プロジェクトに参加しており、また、それを成功させるために充分に貢献している。  同社が有名なのは、Nebula クラウド・プラットフォーム構築を支援するために、NASA に貢献しているからだ。つまり、OpenStack Compute の基盤として、去年の夏に NASA がコントリビュートしたコードにも関与していることになる。  Rackspace と同様に、Anso Labs も、この世界が真のオープン・クラウド・プラットフォームを必要とし、その構築が支持されると信じている。

openstack-logo

This acquisition marks a significant step forward in our investment in the success of OpenStack. We believe OpenStack is the right cloud operating system for the industry, and we are committed to the continued evolution of this open platform and to powering our own cloud with OpenStack for many years to come.

今回の買収は、Rackspace にとって大きな前進であり、また、OpenStack を成功させるための投資となる。私たちは、この業界にとって、OpenStack が正しいクラウド・オペレーティング・システムになると信じている。そして、このオープンなプラットフォームの継続的な発展に注力し、また、今後の何年かにわたり、自分たちのクラウドで OpenStack のパワーを活用していく。

We also recognize this takes two of the largest contributors to the projects today and puts them under one umbrella.  For some people that will create concerns that Rackspace exerts too much control over the project.  Our intent is quite the opposite.  We launched this project because we felt that as part of a broader community, we could build something better.  Our long-term vision is one in which this open community continues to thrive, with more and more contributions and direction coming from the diverse group of organizations and people joining the project every day.  With companies like Cisco, Citrix, Canonical, Dell and over 50 others now participating, our vision of a movement that is open to all and backed by an industry (not any one player) is becoming more real every day.

私たちは、2 つの大きなコントリビュータを、このプロジェクトのために得て、それらを 1つの体系内に置くことができたとも認識している。  何人かの人々が、このプロジェクトに対する Rackspace の影響力について心配している。  しかし、私たちの意志は、まったく反対の方向にある。 私たちが、このプロジェクトを立ち上げたのは、より広範囲におよぶコミュニティの一員として、クラウドを構築する方が良いと判断したからだ。  私たちの長期的なビジョンは、このオープンなコミュニティの一員でいることである。そして多様なグループからのコントリビューションとリクエストが増え、また、プロジェクトへの参加が絶えることなく続いていくことを望んでいる。  Cisco/Citrix/Canonical/Dell などを含む、50 社以上の企業が参加している。すべてに対してオープンで、この業界に支援されていくという(特定のプレーヤーはない)、私たちのビジョンが、日々 実現に近づいていく。

To ensure that the direction of the project is indeed determined by the many active members of this community, we are exploring changes in the community management processes including the governance structure.  If you have any feedback on the types of changes you’d like to see, we would love to hear it.  This is only the beginning for this community we are building together, and we look forward to many years of collaboration in the open.

このコミュニティのアクティブなメンバーにより、プロジェクトの方向が決定されることを保証するために、ガバナンスの構造も含めて、コミュニティ・マネージメント・プロセスの改善を探究していく。どのような方向を目指すべきかという、あなたのフィードバックがあるなら、喜んで、それを聞かせてもらう。  現状は、私たちが共に築いていく、このコミュニティの始まりに過ぎない。そして、今後の何年にもわたり、オープンに協力していけることを楽しみにしている。

Thank you for your continued support of OpenStack!  We believe it holds great promise for customers and are humbled to be part of a community comprised of such talented people and forward-thinking organizations.

OpenStack への継続的なサポートに対して、お礼を言いたい!  私たちは、顧客のための大切な約束を守れると信じている。 そして、このような才能あふれる人々と、前向きな組織により構成されるコミュニティの、従順な一員でありたい。

ーーーーー

NASA と Anso Labs の関係については、不勉強で追いかけきれていないのですが、この OpenStack コミュニティ・リストを見ると、その重要さが見えてくるように思えます。そして、文中の 『 2つの大きなコントリビュータ 』 が、Rackspace と NASA であることも分かります。

このブログポスト自体は、今回の買収を説明するというより、OpenStack のメンバーに対してオープンであるを、約束するものと読むべきなんでしょう。 文章自身も素晴らしいし、真摯に受け止めることができます。そして、OpenStack と Amazon がオープン性を競いあうという、とても良い展開になっていると思います。

Amazon AWS と Rackspace のシェアが拮抗していといることが、『 Jack of all Clouds の調査で発表されていますが、その理由が分かるような気がしますね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Rackspace の(増収・増益)クラウド経済学
Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携
Rackspace は Cloudkick を買収して、AWS に対抗していくのか?
OpenStack の Design Summit が終了 – 2つの次期リリースが計画される
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得

%d bloggers like this: