Agile Cat — in the cloud

OS X 10.9.2 のアップデートは要注意:AirPlay Mirroring が NG というレポートが!

Posted in Apple, SOHO with Cloud by Agile Cat on March 1, 2014

OS X 10.9.2 breaks AirPlay Mirroring and desktop extensions to external monitors for some users
http://wp.me/pwo1E-7gE

Written by : BEN LOVEJOY – Feb 28, 2014
http://9to5mac.com/2014/02/28/os-x-10-9-2-breaks-airplay-mirroring-and-desktop-extensions-to-external-monitors-for-some-users/

_ 9 to 5 Mac

A number of Mac users in an Apple Support Communities thread are reporting that Apple’s 10.9.2 update to Mavericks has broken AirPlay Mirroring to Apple TV and the ability to extend desktops to external monitors.

Apple Support Communities スレッドで、Mavericks 10.9.2 にアップデートした数多くの Mac ユーザーたちが、AirPlay Mirroring to Apple TV と、デスクトップを外部モニターで拡大する機能が壊れたとレポートしている。

“ I just updated to 10.9.2 and now when i try and airplay mirror to my Apple TV, it sends the audio but just shows a black screen and i can’t drag anything to it. It doesn’t show any of the options for external displays in the displays section of System Preferences …

10.9.2 にアップデートして、Apple TV の AirPlay を試しているけど、オーディオは送信ざれても、ディスプレイは真っ黒で、何もドラッグできない。System Preferences の Display Section には、外部ディスプレイに関するオプションが何もない・・・

There is as yet no obvious common denominator among those experiencing the problem, though as it works with fresh installs of OS X 10.9.2, it seems it may be a conflict with a setting from earlier versions of OS X.

この問題に関して、それぞれのユーザーに共通する明白な理由は、依然として見つかっていないが、OS X 10.9.2 を新規にインストールすると動作するようだ。つまり、OS X の古いバージョンにおける設定と、競合している可能性がありそうだ。

“Got all the way up to a senior advisor. Ended up doing a full reinstall fresh from Mavericks and testing airplay mirroring (worked) then went up to 10.9.2 and tested it (worked). None of my own data was on this at all, completely fresh. Used Migration Assistant to move my stuff over from my Time Machine backup and boom, not working again.

経験のあるアドバイザーから、すべての手順を聞いた。最終的に、Mavericks を最初からインストールし直したら、AirPlay ミラーリングは動いたし、その後に 10.9.2 に移行しても動いた。 その時点で、自分のデータは何もなく、完全にフレッシュな状態だった。 それから、Migration Assistant で、自分の Time Machine からバックアップとブームを移行したら、また、ダメになった。

Mail issues have also been reported with 10.9.2. Although the Mail problems that have been plaguing Mavericks were supposed to have been resolved by this update, some users have been  reporting spinning beachballs when used with Gmail accounts, though with a possible solution identified: unchecking Gmail accounts in System Preferences, opening Mail then deleting and recreating the accounts. This is only safe if using IMAP, otherwise mail will be lost.

この 10.9.2 では、メールの問題もレポートされている。Mavericks を悩ませてきたメールの問題は、今回のアップデートで解決されることになっていたのだが、Gmail アカウントで使用するとビーチボールの回転が止まらないと、一部のユーザーがレポートしている。しかし、この問題は、System Preferences で、Gmail の アカウント・チェックを外すことで解決するようだ。ただし、安全なのは、IMAP を使用している場合のみであり、それ以外の場合にはメールが失われてしまう。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat も、10.9.2 にアップデートしてしまったのですが、Apple TV を使っていないので、こういう問題には遭遇していません。 また、Thunderbolt ⇒ VDI で外部モニターにつないでいますが、こちらは問題ないようです。ただ、USB Ethernet がつながらなくなり焦りましたが、DHCP をリセットして、コネクタを抜き差したら、大丈夫でした。 このアップデートですが、ちょっと怖いですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Mac の 8つの隠し機能 : スクリーン・キャプチャ や タブ操作など
27年前の Mac で、いまのインターネットに接続してみた – YouTube で ど~ぞ!
WWDC 2013 速報 : iOS 7 に、OS X Mavericks に、iTunes Radio に
円筒形の Mac Pro : これは 家庭用 ミニ・スパコン なのだ!
Mac Pro の Gold コンセプト・モデル : まさに 輝けるコンピューティングなのだ!

Nimsoft のモニタリングは、プライベート/パブリック・クラウドをカバーする

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Management by Agile Cat on December 13, 2011

Nimsoft Tools Monitor Private and Public Clouds
By: Colleen Miller – December 7th, 2011
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/12/07/nimsoft-tools-monitor-private-and-public-clouds/

_ DC Knowledge

Data center monitoring tools and cloud computing are frequently buzzed about in the industry today. Nimsoft, purchased last year by CA Technologies, is in the marketplace with “IT Management as a Service” or ITMaaS, which gives clients the ability to see into cloud-based applications as well as other mission critical applications.

データセンター用のモニタリング・ツールとクラウド・コンピューティングは、この業界で頻繁に囁かれるバズワードである。 昨年に CA Technologies により買収された Nimsoft は、IT Management as a Service もしくは ITMaaS と呼ばれる、そのマーケットで活躍する企業である。 そして、クライアント環境からのアプリケーションのモニタリング機能を、クラウド環境へ向けて、また、オンプレミスなどのミッション・クリティカルな環境へ向けて提供する。

image

クリックでサンプルへ ⇒

“These are new environments, not built the way a traditional data center was built,” said Andy Kicklighter, Senior Principal Product Manager at Nimsoft.. “In a traditional environment, you had separate tools for email, databases, and so on. Those tools used their own resources. Now with virtualization and the cloud, the requirements are different.”

「 そこには、これまでのデータセンターの構築手法には含まれていない、新しい環境がある。これまでの環境では、電子メールやデータベースなどに対して、個別のツールを使用していた。 また、それらのツールは、独自のリソースに依存していた。 しかし、仮想化とクラウドが当たり前の今日では、そのための要件が変化してきている」と、Nimsoft の Senior Principal Product Manager である Andy Kicklighter は言う。

Kicklighter presented on “Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” on Tuesday at the Gartner Data Center & IT Operations Summit in Las Vegas.

Kicklighter は、Las Vegas で火曜日(12/6)に開催された、Gartner Data Center & IT Operations Summit で、“Best Practices for Private Cloud and Virtualization Monitoring” というセッションの受け持っている。

He explained the six most pressing problems these environments pose:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

For his slide deck and more details, visit Nimsoft’s blog.

こうした環境において、最優先されるべき 6つの課題として、彼は以下の取組を説明している:

1. Compute Density
2. Highly Variable Environment
3. Mission Critical Applications
4. Connections beyond the Virtual
5. Communicating Value
6. High Costs of Multiple Tools

そこで説明された詳細とスライドについては、Nimsoft ブログ を参照して欲しい。

Nimsoft provides monitoring services and service desk solutions primarily to service providers, but enterprises are customers as well. The company’s services are used to find and solve issues in their own data center as well as private and public cloud environments. Nimsoft can be installed on premises, and there’s also a Software as a Service option.

Nimsoft はモニタリング・サービスとサービス・デスクのソリューションを、主としてプロバイダに提供するが、エンタープライズも顧客である。 そして、同社のサービスは、それらのプロバイダやエンタープライズのデータセンターだけではなく、プライベート/パブリックのクラウドにも用いられる。 さらに、Nimsoft はオンプレミスにインストールすることが可能であり、また、SaaS のオプションとしても提供される。

“The monitoring services are designed to allow clients visibility into whatever they are using for cloud – Amazon Web Services, Microsoft Azure or Rackspace,” Kicklighter said. ”They also have connection capabilities to allow partners with specific expertise to also have access.”

「 このモニタリング・サービスは、Amazon Web Services/Microsoft Azure/Rackspace などのクラウドを利用するユーザーに対して、クライアントからの見える化を提供するために設計されている。 そして、ユーザーたちは、彼らがアクセスする特定の環境に対して、パートナーからのアクセスも許容できる」と、Kicklighter は言う。

imageHe said there are 1,000 clients using Nimsoft, with 60 percent of them in the service provider category and 40 percent enterprises. Nimsoft has customers around the globe including 1&1 Internet, CDW, SoftLayer, SunGard Availability Services, Sur La Table, TriNet and Virgin America.

また、Nimsoft を使用する 1,000 のクライアント環境が存在するが、そのうちの 60% がサービス・プロバイダであり、残りの 40% がエンタープライズであるとも発言している。 Nimsoft のビジネスは、1&1 Internet および、CDW、SoftLayer、SunGard Availability Services、Sur La Table、TriNet、Virgin America などの、世界中の顧客により構成されている。

Recently, Honda Motorcycle and Power Equipment of Austrailia announced it has deployed Nimsoft Monitor across its infrastructure. Nimsoft Monitor is a component of Nimsoft Unified Manager, a multi-tenant ITMaaS.

最近になって、Honda Motorcycle と Power Equipment of Austrailia が、自身のインフラストラクチャ全般に対して、Nimsoft Monitor を配置したと発表している。 Nimsoft Monitor は、マルチ・テナント ITMaaS である、Nimsoft Unified Manager により構成される。

“We will continue to grow our solution set, as the modular platform allows us to easily add more,” Kicklighter said about the company’s outlook for 2012.

「 私たちは、のモジュール式のプラットフォームとして、ソリューションのセットを成長させることで、機能の容易な追加を実現していく 」と、同社における 2012年の展望を Kicklighter は語っている。

ーーーーー

TAG index文中にもリンクがありますが、Nimsoft のブログでは、Gartner Data Center Summit での Andy Kicklighter さんのセッションである、“Best Practices for Monitoring Private Cloud and Virtualization” の内容が詳しく紹介されています。スライドも提供されているので、ぜひ、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
RightScale は Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

 

Rackspace は Cloudkick を買収して、AWS に対抗していくのか?

Posted in OpenStack, Rackspace by Agile Cat on December 19, 2010

Did Rackspace Buy Cloudkick to Keep Up With AWS?
By
Derrick Harris Dec. 16, 2010, 9:04am PDT
http://gigaom.com/cloud/did-rackspace-buy-cloudkick-to-keep-up-with-aws/

_ Gigaom

Updated: Rackspace is moving up the cloud stack by acquiring Cloudkick, a San Francisco-based startup that provides server management and monitoring as a service. The acquisition represents a quick exit for Cloudkick, which just exited beta in January and only incorporated on-premise server management in March. The need for Rackspace to offer monitoring and management tools is clear, but Rackspace already has a partnership with CA-owned Nimsoft. I suspect the purchase was spurred by a desire to compete more closely with Amazon Web Services.

Updated: Rackspace は、サーバーのマネージメントとモニタリングをサービスとして提供する、Cloudkick(San Francisco ベースのスタートアップを買収することで、クラウドの階層を上へ昇ろうとしている。 この買収劇が示すのは、1月にベータを終了して、3月にオンプレミス・サーバーのマネージメントを組み入れただけの、Cloudkick における迅速な EXIT である。 モニタリングとマネージメントのツールを、Rackspace が提供したがる理由は明確だが、すでに同社は、CA 傘下の Nimsoft とパートナーシップを確立している。つまり、Amazon Web Services との競合を、さらにドライブしていきたいという願望が、この買収に拍車をかけたと思われる。

What’s curious is that Rackspace and Nimsoft only announced their relationship in April, and collaborated on new Nimsoft features just this month. Although both Nimsoft and Cloudkick can monitor cloud, managed and on-premise servers, Nimsoft appears to provide management capabilities beyond what Cloudkick provides, especially as it relates to managing physical servers. I’m awaiting word on how the Cloudkick acquisition affects the Nimsoft relationship, but it might not affect it at all. Part of Rackspace’s business as an MSP is to provide support atop a variety of third-party services, so it might give customers the choice of using either service.

何が好奇心を煽るのかというと、Rackspace と Nimsoft は 4月に、そのパートナーシップについて発表したばかりであり、Nimsoft の新機能に関して、今月も共同で作業していた点である。 Nimsoft と Cloudkick は両社とも、クラウド/マネージ・サーバー/オンプレミス・サーバーを、モニターすることができるる。ただし、とりわけ物理サーバーの管理に関する場合には、Nimsoft は Cloudkick に対して、さらなる管理機能を提供するように思われる。 Cloudkick の買収が、Nimsoft との関係に与える影響について、私は続報を待ち続けているが、まったく影響を与えないかもしれない。 MSP としての Rackspace ビジネスの一部は、各種のサードパーティ・サービスの上にサポートを提供することだ。 したがって、この方式により、サービスの選択肢を顧客に提供できるのかもしれない。

Update: Lew Moorman, president of Rackspace Cloud and chief strategy officer of Rackspace, responded via email,“We have a solid relationship with Nimsoft (and CA) and they will continue to be at the center of our Enterprise offering for in-depth application and infrastructure monitoring. The [Cloudkick] toolset will be used more broadly for general SysAdmin level monitoring and reporting.”

Rackspace Cloud の社長と、Rackspace の CSO(chief strategy officer)を兼任する Lew Moorman は、『 私たちは、Nimsoft(CA)との堅実な関係を保っている。そして彼らは、アプリケーションとインフラストラクチャの深層までのモニタリングを担い、私たちのエンタープライズにおける中心的存在であり続けるだろう。 Cloudkick のツールセットは、一般的な SySAdmin のレベルで、モニタリングとレポートのために幅広く使用されるだろう 』 と、電子メールを介して回答してきた。

Updated: What is clear, though, is that AWS just announced a slew of new features for its CloudWatch monitoring service, and Rackspace might not want to have to rely on third parties for monitoring its services. Cloudkick also gives Rackspace users the ability to monitor services outside of Rackspace’s, including AWS, GoGrid, SoftLayer and Linode. Users won’t get that with Amazon’s CloudWatch. Rackspace might not be within spitting distance of AWS in terms of cloud market share, but it is, by all accounts,  a solid No. 2 and certainly doesn’t want to lose that position by sitting idle.

そこで明らかになったことは、AWS が CloudWatch モニタリング・サービスにおいて、大量の新機能を発表したことへの対策である。 つまり、Rackspace は、サービスをモニタリングする際に、サードパーティに依存することを好まないらしい。さらに  Cloudkick は、Rackspace 以外のサービスである、AWS/GoGrid/SoftLayer/Linode などをモニタリングする能力を、Rackspace ユーザーに提供する。 それらのユーザーは、Amazon の CloudWatch を利用しないことになる。 クラウド・マーケットの占有率という意味で、Rackspace はAWS に差をつけられたくない。しかし、誰に聞いても、立ち止まることで堅実な No. 2 のポジションを失うことを望まない、という説が大半である。

Also, integration into OpenStack — the Rackspace-led open source IaaS platform — might have something to do with this acquisition. Cloudkick was already contributing to the project, although not by offering its code. Rackspace denies any plans to incorporate Cloudkick code into OpenStack in the future, but we can’t ignore the possibility of that happening. Rackspace need not give away the entirety of  the Cloudkick product via OpenStack, but some basic monitoring capabilities would make for a more-complete offering.

さらに、 OpenStack(Rackspace 主導のオープンソース IaaS プラットフォーム)へのインテグレーションが、この買収に関係するのかもしれない。 Cloudkick はコードを提供していないが、このプロジェクトにはコントリビュートしている。 Rackspace は、OpenStack に Cloudkick コードを、将来的に取り入れる計画については否定しているが、そのようなハプニングが起こる可能性は無視できない。Rackspace は、すべての Cloudkick プロダクトを手に入れるため、OpenStack を介する必要はないが、いくつかの基本的なモニタリング機能が、より適切に提供される方向へと、事態は進んでいくだろう。

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

クラウドもオンプレミスも、Management がポイントですね。 Facebook などを見ていると、開発力もさることながら、運用力が問われる時代に入ってきた感があります。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
Rackspace の(増収・増益)クラウド経済学
OpenStack Community からの Youtube ニュースレター
OpenStack の Design Summit が終了 – 2つの次期リリースが計画される
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得
OpenStack が前途多難な理由を説明しよう

Azure Monitor in CodePlex

Posted in Microsoft by Agile Cat on March 30, 2009

Azure Application Monitor のオープンソース

まだ、Alpha とのことですが、Azure Application Monitor というのが出ていました。PDF のドキュメントも DL できます。

http://azuremonitor.codeplex.com/

AzureMonitor

AzureMonitor Documentation Version 1.0, 03/25/09 (alpha)

Azure Monitor is a library for capturing runtime process information to cloud table storage for a hosted Azure application; and also a desktop application for viewing the captured information in real-time. Two solutions are included in the source code:

AzureMonitor.sln contains just code for the library and monitoring application

Thumbnails.sln contains everything in AzureMonitor.sln plus a copy of the Thumbnails Azure SDK sample that has been instrumented for monitoring.

Tagged with: , ,
%d bloggers like this: