Agile Cat — in the cloud

i/o ANYWHERE のコンテナ DC 紹介 – Youtube がカッコイイ

Posted in Data Center on Youtube, Data Center Trends by Agile Cat on September 2, 2011

i/o ANYWHERE® modular data center system
Unprecedented flexibility, reliability, and energy efficiency
http://www.iodatacenters.com/modular-data-center/

The i/o ANYWHERE® modular data center is delivered as a system and includes 100% of the critical infrastructure required for a high-density, always-on data center. From power delivery to cooling to network connectivity to 24x7xForever infrastructure monitoring, this patent-pending system is a fully integrated data center solution.

この i/o ANYWHERE® モジュール・データセンターはシステムとして供給され、あらゆるデータセンターで要求される高密度を、100% のレベルで達成するクリティカルなインフラストラクチャを含む。 このシステムでは、電力の供給から、ネットワーク接続、そして 24 x 7 x Forever インフラ・モニタリングまでが特許申請中であり、また、完全に統合されたデータセンター・ソリューションを提供する。

Not to be confused with a stand-alone ISO containerized data center design, the i/o ANYWHERE® modular data center system is comprised of up to 20 modules and can be customized to the customer’s requirement. This portable data center can be delivered to the customer’s location, to a dedicated off-site location, or at one of i/o’s data centers in a matter of weeks – not months or years. For more information about i/o’s modular data center, i/o ANYWHERE®, please watch the video above or use the navigation on the left to learn more.

スタンドアローンの ISO コンテナ・データセンター・デザインと混同しないで欲しい。 この i/o ANYWHERE® モジュール・データセンター・システムは、20 種類のモジュールにより構成され、また、顧客の要件に応じたスタマイズを実現する。 このポータブルなデータセンターは、顧客のロケーションおよび、専用のオフサイト・ロケーション、そして i/o のデータセンターに、数週という期間で提供される。 言い換えれば、数カ月や数年という時間は必要ない。 i/o ANYWHERE® モジュール・データセンターの詳細については、上記のビデオなどを参照して欲しい。

image

ーーーーー

TAG indexこのポストは、I/O の製品紹介ページを訳したものです。 つまり、コマーシャルなコンテントなのですが、その Youtube の面白さに、こうしてブログ・ポストまで作ってしまったというわけです。 まぁ、とにかく Youtube を ご覧くださ~い! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AST の Free Cooling コンテナ DC を Youtube で!
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
アメリカの キャリア・エクスチェンジについて DCN が概説する
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
アメリカ 大手 データセンターの、2011 Q2 収支報告と株価
アメリカ政府が取り組む、データセンターの大規模コンソリデーション

 

AST の Free Cooling コンテナ DC を Youtube で!

Posted in Data Center on Youtube, Data Center Trends by Agile Cat on August 26, 2011

Video Overview: AST’s Free Cooling Module
August 24th, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/08/24/video-overview-asts-free-cooling-module/

_ DC Knowledge

AST Modular recently helped a data center customer in Sydney, Australia expand its capacity with a double-decker containerized solution that added 17 racks cooled by outside air. The installation featured one 40-foot container filled with racks of servers, supported by AST’s Modular Natural Free Cooling Technology, a cooling module that sits atop the IT container.

最近のことだが、 AST Modular は Sydney Australia における、データセンターの拡張を支援している。そこでは、17 ラックを取り込んだ、外気空冷を用いた二段重ねのコンテナによりキャパシティを拡大している。 この設備は、AST の Modular Natural Free Cooling Technology によりサポートされる。具体的には、サーバー・ラックで満たされた 40 フィートの IT コンテナの上に、冷却モジュールを設置する方式が特徴となっている。

AST Modular Natural Free Cooling
クリックで拡大 ⇒
 

AST says the unit achieves an actual metered Power Usage Effectiveness of 1.09. The climate in Sydney allows the customer to use indirect airside economizers (free cooling) for 92 percent of the year. The system is controlled by management software that can switch between several modes of cooling: 100 percent free cooling at temperatures below 19° C (66 degrees F), partial economization with the use of adiabatic cooling, or mechanical cooling for temperatures approximately above 26° C (78 degrees F). This video provides an overview of AST’s Natural Free Cooling design, with illustrations of airflow and the air-to-air heat exchanger. It runs about 5 minutes, 30 seconds.

AST の説明によると、このユニットは PUE 1.09 ( Power Usage Effectiveness)の実際値に達成している。 Sydney の気候により、この顧客は年間の 92% において、間接的なエアーサイド・エコノマイザー(free cooling)を利用できる。 このシステムは、いくつかの冷却モードを切り替える、マネージメント・ソフトウェアにより制御される。19° C (66 degrees F) の気温であれば、100% のフリー・クーリングが利用できる。間欠性のエコノマイザーを、断熱性の冷却と組み合わせることも可能だ。 さらに、気温が 26° C (78 degrees F) 以上の場合には、メカニカルな冷却できる。 このビデオは、AST Natural Free Cooling の提供を提供し、また、エアーフローと、air-to-air 熱交換の仕組みも示している。 全体で、約 5分 30秒のビデオとなる。

ーーーーー

Amazon が Oregon のデータセンターにコンテナ・モジュールをディプロイしたのが、たしか 6月の話だったと思います。 このビデオを見ると、AST の顧客として IBM がいるのでしょうかね? いずれにせよ、地球上のアチラ・コチラに、このような、最新のデータセンターが構築されていくのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon データセンターについて、James Hamilton が語る
IPCORE デザインのコンテナ型データセンターとは?
Amazon が コンテナを Oregon DC にディプロイした!
写真で見る、モジュール型 データセンター
データセンターにおける電力消費に対して、クラウドは回答となり得るのか?

 

写真で見る、モジュール型 データセンター

Posted in Data Center Trends by Agile Cat on July 14, 2011

Amazon や IPCORE だけでなく ・・・

_ DC Knowledge

みなさんもお馴染みの、James Hamilton さんの 『 Architecture for Modular Data Centers 』という論文が世に出てから、すでに 4年半の歳月が流れています。 この間、Yahoo の Coop が登場したり、Facebook の Oregon がオープンしたりと、データセンターのデザインも多様化の一途をたどっているように思えます。しかし、コンテナをベースにしたモジュール型も健在であり、つい先日の Amazon による Oregon DC へのコンテナのディプロイや、Interop 2011 での IPCORE コンテナの展示など、様々な話題を提供してくれます。

コ・ロケーションやホスティングから、クラウドへと向かう流れに乗って、データセンター内で用いられるサーバーが均一化され、ターゲットを絞り込んだ気温の設定などが可能になったことで、きわめて効率のよいデザインが具体化されてきました。 こうした考え方は、なにもコンテナに限定されるものでもありませんが、先日に Data Center Knowledge を見ていたら、Modular Data Center Channel という特集を組んでいたので、そこから写真を取り出し、以下のようにまとめてみました。

ーーーーー

image

ーーーーー

上記のイメージをクリックすると、Facebook の Agile_Cat ページへジャンプします。 そこにある、個々の写真から、Data Center Knowledge のページにリンクしていますので、英語でも OK という方は、ぜひトライしてみてください! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat データセンター・カテゴリー

SGI の ICE Cube が Air Cube になった – Youtube で ど~ぞ!

Posted in Data Center on Youtube, Data Center Trends by Agile Cat on December 18, 2010

Inside SGI’s Air-Cooled Modular Data Center
December 13th, 2010 : Rich Mille
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/12/13/inside-sgis-air-cooled-modular-data-center/

_ DC Knowledge

Data Center Knowledge recently got a detailed video tour of the retooled SGI ICE Cube modular data center, which features fresh air cooling.

つい先日、新鮮な外気を用いる SGI の ICE Cube について、Data Center Knowledge はビデオツアーを収録する機会を得た。

SGI was one of the early players in the container data center sector with its water-cooled ICE Cube portable unit. Last week the company unveiled a retooled ICE Cube modular data center that can be cooled entirely by air. The fresh air cooling allows the unit to run outdoors in cool climates, improving energy efficiency by foregoing mechanical refrigeration.

SGI はコンテナ・データセンター部門における先駆者の 1人であり、そこでは水冷式の ICE Cube というポータブル・ユニットが用いられていた。 そして先週のこと、完全な自然空冷に対応するために再構成された、ICE Cube モジュラー・データセンターが明らかにされた。 新鮮な外気を用いた冷却により、ユニットを戸外に配置することが可能となる。 その結果として、機械的な冷却を排除することで、エネルギー効率が改善される。

At the Gartner Data Center Conference, SGI’s Patrick Yantz gave DCK a detailed tour of the new unit. Patrick provides an overview of the new orientation of the ICE Cube module, which allows easy expansion, and demonstrates how SGI’s software management package can remotely throttle fans up and down. This video runs about 13 minutes.

Gartner Data Center Conference において SGI の Patrick Yantz は、Data Center Knowledge に対して、この新しいユニットの詳細を説明してくれた。 Patrick は、この ICE Cube モジュールの新しい方向性を概説しているが、そこでは容易な拡張が実現されるという。 また、リモートでファンの速度を調整するために、SGI の管理ソフトウェア・パッケージが機能する様子もデモンストレーションされている。
このビデオは、およそ13分間の長編となっている。

For a comparison, see our 2008 video tour of the original ICE Cube Container built by Rackable, SGI’s predecessor company.

SGI の前身である Rackable の、オリジナル ICE Cube との比較も、2008 年のビデオを見ることで可能になる。

For more news on modular data centers, visit our Data Center Containers Channel. For additional video, check out our i/o Data Centers Channel and the Data Center Videos channel on YouTube.

モジュラー型データセンターについては、Data Center Containers Channel を参照して欲しい。 また、その他のビデオについては、i/o Data Centers Channel と、Youtube の Data Center Videos を参照して欲しい。

ーーーーー

正式な名称は、どうなるんでしょうかね? Air Cube の方が 格好イイ と思うのですが。。。  なお、以下の関連は、すべて Youtube 動画です! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
三大コンテナ・ベンダーの競演
Azure Container DC – PDC 2009 – on Youtube
Google データセンターの水冷設備
データセンター・アセンブリの最速は?
HP のコンテナ・データセンタ-
Google コンテナ・データセンターを Youtube で!

東芝が自然空冷データセンターのプロトタイプを発表

Posted in Data Center Trends by Agile Cat on November 24, 2010

Toshiba Offers Modular Data Center Design
November 23rd, 2010 : Admin
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/11/23/toshiba-offers-modular-data-center-design/

_ DC Knowledge

Toshiba Corporation has entered the modular data center business, the company said this week. Toshiba has completed a prototype modular design at a demonstration facility at its Fuchu Complex in western Tokyo as a first step in entering the Japanese market. The company said it plans “energetic marketing activities” as it expands the business globally.

Toshiba Corporation は、モジュール型のデータセンター・ビジネスに参入すると、今週に発表した。 Toshiba は日本市場に参入する最初のステップとして、東京西部の Fuchu Complex でデモンストレーション設備のためのプロトタイプ・モジュールを完成させた。同社は、そのビジネスをワールドワイドに拡大するにつれて、活発なマーケティングを展開すると発言している。

Toshiba’s demonstration facility was set up in approximately three months, demonstrating the time-to0market advantages of modular units compared to traditional data centers, which can take a year to deploy. The prototype features a steel frame structure that allows modules to be stacked, boosting capacity within the available footprint. Each server room supports 200kVA of power, and can fit nine racks of equipment with a 46U capacity.

Toshiba のデモンストレーション設備は、ディプロイに 1年を要する従来のデータセンターと比較して、モジュラー・ユニットのアドバンテージを活かすことを想定している。 そのため、およそ3カ月で設定が可能であり、また、市場への投入時間が大幅に短縮される。このプロトタイプの特徴として挙げられるスチール構造により、何段かに積み上げることが可能となり、同一設置面積あたりのコンピューティング密度が引き上げられる。 なお、それぞれのサーバー・ルームには 200kVA のパワーが提供され、46U を実装した、9つのラックを収容する。

Free Cooling Employed

Each modular server room is coupled with an air conditioning module that uses fresh-air (free cooling) to reduce power consumption. Estimates for a unit installed in Kanto, Japan, the region around Tokyo, indicate that using free cooling in non-summer months offers power savings of about 35 percent compared to an equivalent facility using chillers.

それぞれのモジュール・サーバー・ルームは、電力消費を低減するために外気を活用する(free cooling)、空調モジュールと結合される。 それらのユニットを東京近郊あるいは関東圏に設置する場合には、夏期を除いて自然空冷が可能となり、同等の設備と比較して約35%の節電になると予測される。

Each modular data center requires about 2,325 square feet (216 square meters), according to Toshiba. The server and power modules are each 9.05 meters (29.7 feet in length), while the cooling module is 4.36 meters (14.3 feet) long.

Toshiba によると、それぞれのモジュール・データセンターは、およそ2,325平方フィート(216平方メートル)を必要とする。 サーバーと電源のモジュールは、どちらも 9.05m の長さ(29.7フィート)を持ち、冷却のモジュールは 4.36m(14.3フィート)である。

Toshiba will accelerate domestic and overseas promotion of the data center business and targets annual sales of approximately twenty billion yen ($240 million) in 2015.

このデータセンター・ビジネスを、Toshiba は国内外で促進し、2015年には 約200億円($240 million)の年間売上げにしたいと考えている。

ーーーーー

大手メーカーとしては初の、コンテナ型 自然空冷データセンターですね!  こういうポストがあると、@sugipooh さんがコメントをくれるのではないかと、期待してしまいますね :) ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Quincy データセンター 銀座で Microsoft、Yahoo、Intuit、Sabey を捕捉!
Google が最新データセンターへの取り組みを再開!
どのようにして、Virginia 州知事は Microsoft 大規模 DC を誘致したのか?
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ
世界最強 – Yahoo の鶏小舎データセンターは PUE 1.08
鶏舎に学べ:Yahoo の PUE 1.1 の最新データセンター

三大コンテナ・ベンダーの競演

Posted in Data Center on Youtube by Agile Cat on December 18, 2009

Data Center Container Wars
Data Center Knowledge より
December 16th, 2009 : Rich Miller

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/12/16/data-center-container-wars/

つい先日に開催された Gartner Data Center Conference では、ケバケバしいブースは影を潜めたが、その代わりに、3 台の 40フィート・コンテナがフロアを占めた。そのこと自体が、今後の趨勢を占うものとなるだろう。

Caesar’s Palace で展示された 3社とは、IBM と、HP、SGI である。 それぞれが IBM Portable Modular Data Center (PMDC) と、HP Performance Optimized Datacenter (POD)、そして SGI’s ICE Cube を披露した。

以下のビデオも ど~ぞ : HP PODSGI ICE Cube

%d bloggers like this: