Agile Cat — in the cloud

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

Posted in Research, OpenStack, .Selected, DevOps by Agile Cat on September 18, 2013

Guess what? OpenStack fans say OpenStack skills are in demand
http://wp.me/pwo1E-6DQ

Sep 16 2013 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/09/16/guess-what-openstack-fans-say-openstack-skills-are-in-demand/

_ Gigaom

Summary: The OpenStack Foundation says the world needs more mad OpenStack skills, so it’s launched a training marketplace to grease the skids.

Summary: OpenStack Foundation が言うには、この世界が大量の OpenStack スキルを必要としているため、すでに立ち上げられているトレーニング市場は、素晴らしい勢いで伸びているとのことだ。

ーーーーー

In what should come as as surprise to no one, the OpenStack Foundation says skills in building and deploying OpenStack cloud technology are very much in demand. (see the charts below).

誰にとっても、それほどの驚きではないと思うが、OpenStack Foundation は、OpenStack クラウド・テクノロジーにおける構築とデプロイのスキルに対して、きわめて大きな需要があると発言している。 (下のチャートを参照)

To address the skills gap, the Foundation is launching a Training Marketplace, with coursework from OpenStack partisans including Aptira, hastexo, The Linux Foundation, Mirantis, Morphlabs, Piston, Rackspace, Red Hat, SUSE and SwiftStack with more courses to come.

そして、こうしたスキル・ギャップに取り組むために、この Foundation は、Aptira/hastexo/The Linux Foundation/Mirantis/Morphlabs/Piston/Rackspace/Red Hat/SUSE/SwiftStack といった、OpenStack パルチザンが提供する授業で構成される Training Marketplace を立ち上げているところである。

OpenStack Jobs Pay
Infographics

Why would you want to bone up on your OpenStack skills? Because you can make more money, according to the foundation:

それまでして、誰もが OpenStack スキルで習得したがる理由について、より多くのビジネスがあるからだと、この Foundation は言っている:

Here’s another data point, there are more job postings mentioning OpenStack skills than there are for rival open-source clouds CloudStack and Eucalyptus, according to SimplyHired.com data, as shown below.

また、以下に示す SimplyHired.com からの別データによると、CloudStack や Eucalyptus といったライバルのオープンソース・クラウドと比較して、OpenStack スキルに対する求人は多いようだ。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs

But then again, when you talk about job postings requiring cloud skills, you’d be remiss not to include Amazon Web Services which brings us to this, provided Indeed.com knows what AWS is.

しかし、Indeed.com が認識していると思われる、Amazon Web Services に関するデータを取り込み、このクラウド・スキルに対する需要を整理し直すと、以下のようなチャートになる。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus, Aws trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs | Aws jobs

Data for the last two charts provided by SimplyHired.com, a search engine for jobs.

Related research

ーーーーー

openstack-55a1先月にポストした、『 OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは? 』という抄訳には、ーーー OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。 ーーー と記載されていました。多種多様なトレーニング・コースが提供され、OpenStack への需要を後押ししているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on August 29, 2013

Red Hat Launches New OpenStack Certification
http://wp.me/pwo1E-6xQ

Nicole Henderson on August 26, 2013
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/red-hat-launches-new-openstack-certification

_ Web Host Industry

The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release

この月曜日(8/26)に立ち上げられたサーティフィケーション・プログラムは、OpenStack アドミン・コースの拡張と、最新リリースでカバーされる新機能を組み合わせるものとなる。

ーーーーー

Red Hat announced on Monday its new Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service and extended training for Red Hat’s OpenStack technology.

Red Hat は月曜日に、IaaS における Red Hat Certificate of Expertise と、Red Hat OpenStack トレーニングの拡張をアナウンスした。

As a part of its open hybrid cloud strategy, Red Hat launched its Red Hat Enterprise Linux OpenStack platform in June at the Red Hat Summit. In a blog post announcing its new training, Red Hat says the platform is “the next Linux” in terms of company focus: “As with Linux, we expect to set the benchmark for a technology that is rapidly proving to be a game changer in the industry,” Iain Gray, vice president, global services, Red Hat said.

同社は 6月の Red Hat Summit で、そのオープン・ハイブリッド・クラウド戦略の一環として、Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォームを立ち上げている。そして、新しいトレーニング・コースを発表するブログ記事で、このプラットフォームを、The Next Linux として捉えていると述べている。 具体的には、「 Linux のケースと同様に、この業界におけるゲーム・チェンジャーだと証明された、テクノロジーのためのベンチマークを設定していきたい」と、Red Hat の VP Global Services である Iain Gray が発言している。

“From cloud migration strategy consulting, to Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform product-pilot implementation services, through complete IaaS-based solution development, we can support our customers through every stage in their cloud journey,” Gray said.

「 戦略的なクラウド・マイグレーション・コンサルティングから、パイロット的な Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォーム・プロダクトの導入サービスにいたるまで、私たちは IaaS ベース・ソリューションの完ぺきな開発を通じて、その道筋における全ステージで、顧客たちをサポートしていける 」 と、Gray は発言している。

imageEarlier this year, Red Hat introduced its Red Hat OpenStack Administration course. The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release and provide preparation for the Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service Exam.

今年の初めに、Red Hat OpenStack Administration コースが紹介されている。そして、月曜日にローンチされたサーティフィケーション・プログラムが、その OpenStack Administration コースと組み合わされ、最新リリースにおける新機能をカバーしていく。さらに、Red Hat Certificate of Expertise in IaaS 試験のための準備が進められる。

OpenStack lends itself to various types of training. Rackspace was one of the first providers to launch OpenStack training, but more recently, OpenStack bootcamp provider and systems integrator Mirantis closed $10 million in funding to grow its training program, and Piston Cloud Computing launched its training series for OpenStack, offering courses for cloud administrators, end users, developers and use-specific training, including Cloud Foundry integration.

OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。

As the first open source company to surpass $1 billion in revenue, Red Hat is in a strong position to drive success through open source training and supporting services for OpenStack. In a recent quarterly report, Red Hat said it derives revenue and generates cash from customers from two sources: subscription revenue and training and services revenue.

オープンソース企業として、初めて $1 billion 以上を稼ぎだすことになった Red Hat は、OpenStack のためにトレーニングやサポートといったサービスを成功させるという点において、きわめて強いポジションにある。Red Hat の四半期報告書(直近)は、サブスクリプションとトレーニング/サービスという、2つの領域における顧客から、売上が生じていることを示している。

“Training and services revenue increased 12.5 percent or $5.3 million for the three months ended May 31, 2013 as compared to the three months ended May 31, 2012,” Red Hat said in the earnings report.

「 2013年の 3月~5月期と、昨年の同期を比較すると、トレーニングとサービスからの売上は 12.5% ほど上昇し、$5.3 million に至っている 」と、Red Hat は決算報告書で述べている。

ーーーーー

openstack-55a先週にポストした、『 OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ! 』という抄訳でも、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier が「OpenStack は Linux を再現する」と発言していることをお伝えしましたが、それが具体的に動き出したという感じですね。 Linux のレベルに到達するには、まだまだ時間がかかると思いますが、なかなか素晴らしい Red Hat の第一歩ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
Red Hat の CEO は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on March 26, 2013

In A Dangerous Sign For VMware, PayPal Chooses Rival OpenStack
http://wp.me/pwo1E-5QB

By Julie Bort | Business Insider – March 25, 2013
http://nz.finance.yahoo.com/news/dangerous-sign-vmware-paypal-chooses-140000255.html

image

PayPal and eBay are yanking VMware software from some 80,000 servers and replacing it with the free and open-source alternative known as OpenStack, Boris Renski, OpenStack Foundation board member told Business Insider.

PayPal eBay は、80,000台と言われるサーバー群から VMware のソフトウェアを取り外し、無償のオープンソース選択肢である OpenStack によりリプレースしていると、OpenStack Foundation のボード・メンバーである Boris Renski が、Business Insiderに語っている。

Renski is also a cofounder of Mirantis, an OpenStack consultant company backed by Dell and Intel. Mirantis worked with PayPal on the project, he says. PayPal used a set of tools from Mirantis called Fuel, a PayPal spokesperson told us.

Renski は、OpenStack コンサルタント会社である Mirantis(Dell と Intel が支援)の、Co-Founder でもある。 そして、その PayPal のプロジェクトに、Mirantis も参加していると、彼は発言している。 PayPal は、Fuel という Mirantis ツールセットを使っていると、PayPal のスポークスマンが、私たちに説明している。

imageToday Mirantis released Fuel for free to the public. (In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license). It’s a collection of scripts and software that helps companies deploy OpenStack.

そして、今日(3/25)、Mirantis は Fuel を、無償のツールとしてパブリックにリリースした (ギーク的に言うと、OSS Apache 2 License の下でリリース)。それは、スクリプトとソフトウェアのコレクションであり、また、ユーザー企業による OpenStack のディプロイメントを支援するものとなる。

Initially, PayPal is replacing VMware on about 10,000 computer servers. Those servers will go live this summer, Renski said. "The grand vision for project is, over time, they will replace all of their virtual infrastructure with OpenStack, not just PayPal, but PayPal and eBay, together," Renski said. That’s about 80,000 servers across their data centers, he said.

最初のステップとして、PayPal は 約10,000 台の VMware サーバーをリプレースする。 それらのサーバーは、この夏の間、運用されていくと、Renski は発言する。 「 このプロジェクトにおけるグランド・ビジョンは、時間をかけながら進んでいく。 そして、すべての仮想インフラストラクチャを、OpenStack によりリプレースしていくが、それは PayPal だけの話ではなく、PayPal と eBay の双方におけるリプレースとなる」と Renski は言う。 つまり、彼らでのデータセンターに配置されている、80,000 台のサーバーが対象となると、彼は付け加えている。

PayPal has been a big supporter of Open Stack for a while. But this project is still dangerous territory for VMware, as PayPal could become an example of how other enterprise can replace VMware with OpenStack, too.

PayPal は、これまで、Open Stack を強く支援してきた。 そして PayPal が、VMware を OpenStack でリプレースする、エンタープライス・プロジェクトの例を示すことは、VMware にとって危険な展開となる。

To be sure, enterprises are not dying to get rid of VMware, even to save money on software license fees. Most of them really love VMware’s software because it’s a reliable way to run lots of different applications on the same computer server.

たしかに、あらゆるエンタープライズが、VMware を排除したいと望んでいるわけでもなければ、そのソフトウェア・ライセンス料を節約したいと望んでいるわけでもない。大半のエンタープライズが、VMware のソフトウェアを好むのは、各種のアプリケーションを同一のサーバー上で実行するための、信頼できる方式を同社が提供するからである。

But cloud wars are coming between different so-called "cloud operating" systems: VMware is up against OpenStack (backed by IBM, HP, Rackspace, Red Hat, others) and CloudStack (another open source project, backed by Citrix).  Think of this like the desktop operating system wars: Windows vs. Macs vs. Linux.

しかし、クラウド戦争とは、「クラウド OS」という別のシステムとの戦いを意味する。 つまり  VMware は、(IBMHPRackspaceRed Hat などが支持する)OpenStack、もしくは、(Citrix 支持する)CloudStack と、真っ向からぶつかっている。  たとえば、デスクトップ OS 戦争における、Windows 対 Mac 対 Linux の戦いのようなものが生じている。

The ultimate goal for most enterprises is something called a "hybrid" cloud. This means that a company will run some of its apps in its own data center (a "private cloud") and some of them in a public cloud. They can easily move apps between the two.

大半のエンタープライズにおける、最終的なゴールは、「ハイブリッド」クラウドと呼ばれるものになるだろう。 そこでは、企業が所有するデータセンター(プライベート・クラウド)でアプリケーションの一部が、また、パブリック・クラウドでアプリケーションの一部が運用される。そして、それらのアプリケーションは、2つの環境を容易に行き来するようになる。

More importantly, they can use multiple public clouds. If one provider has problems, they can  quickly switch to another.

さらに重要なことは、それらのエンタープライズが、複数のパブリック・クラウドを利用する点にある。そして、あるプロバイダーが問題を抱えるなら、他のプロバイダーに瞬時に切り替えることになる。

Enterprises will have to choose their cloud operating system and the stakes are high. Enterprises will spend $80 billion on cloud computing by 2016, Gartner estimates.

エンタープライズたちは、いずれかのクラウド OS を選ぶ必要がああり、その予算も膨大なものとなる。 エンタープライズにおけるクラウド・コンピューティング支出は、2016年までに $80 billion に至ると、Gartner は推定している

So where does the biggest cloud player, Amazon, fit into all of this? Amazon is the reason for it all. These cloud operating systems rose to compete with it. The idea is to reassure enterprises that they if they choose an alternative to Amazon, they will have lots of cloud computing vendors to choose from, not just one.

したがって、最大のクラウド・プレーヤーである Amazonが、それら すべてのニーズにフィットするのかという、疑問が生じてくる。そして、Amazon 自身に、すべての理由がある。 つまり、これらのクラウド OS は、Amazon と競合するために成長してきたのだ。 こうした考え方は、Amazon 以外を選びたいというエンタープライズを、安心させるものとなる。 つまり、エンタープライズたちは、たくさんのクラウド・コンピューティング・ベンダーという選択肢を持ち、決して1つに限定されることはないのだ。

More From Business Insider

ーーーーー

TAG indexついに、この日が来たという感じですね。Amazon は、eコマースの最大手であるが故に、最強の AWS を作り得たのでしょうが、それに故に、どうしても採用しない企業もあるということです。 ただし、Open Stack が、PayPal だけのために存在するというわけではなく、この事例をベースにして、数多くのエンタープライズが、OpenStackCloudStack に流れ込んで来るのでしょう。

ハードウェアのオープンソースである Open Compute Project では、サーバーのデザインはベンダーの仕事ではなく、ユーザーの仕事であるという考え方が、すでに共有されています。 つまり、サーバーの在るべき姿を、ユーザー以上に知っている者は居ないという、きわめて単純明快なロジックがあるわけです。 そして、オープンソース・クラウド OS に目を転じてみれば、そこに OpenStack や CloudStack が居るわけです。

もちろん、Amazon AWS や Google Compute Engine といった、ベンダーが提供するプラットフォームを否定する話では有りません。 それよりは、ユーザーの選択肢が豊富な世界へと、一歩 近づいたと、受け取るべきなのでしょう。

このニュースは、Yahoo New Zealand からのものです。 Business Insider からの情報となっていますが、その BI には、まだ記事がアップされていなかったので(3/26 未明)、こちらの方を訳してみました。In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license ーーー という表現があったりして、なかなか面白い文面ですが、裏を返せば、一般の人々にとっても Cloud + OSS の理解が、大まかなところで必要になってきたのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
みんなが 期待の Open Cloud 特集

Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する

Posted in .Selected, Dell, Management, OpenStack by Agile Cat on April 18, 2012

Dell beefs up OpenStack offering with enStratus
http://wp.me/pwo1E-47H
By
Jack Clark , 16 April, 2012
http://www.zdnet.co.uk/blogs/mapping-babel-10017967/dell-beefs-up-openstack-offering-with-enstratus-10025888/

_ zdnet normal

Dell has partnered with enStratus, Canonical and Mirantis to bulk out the enterprise services available for its OpenStack-based private cloud.

Dell は、OpenStack ベースのプライベート・クラウドに対して、膨大なエンタープライス・サービスを提供するために、enStratus/Canonical/Mirantis とパートナーシップを締結した。

imageThe Round Rock, Texas-based company announced the Emerging Solutions Ecosystem partnership programme at the OpenStack Design Summit in San Francisco on Monday. The scheme sees Dell pair its OpenStack and Hadoop-base technologies with software modules and components from other companies to broaden the capabilities of its products without having to invest in research and development.

Texas の Round Rock をベースとする Dell は、月曜日に San Francisco で開催された OpenStack Design Summit において、Emerging Solutions Ecosystem パートナーシップ・プログラムを発表した。そのスキームは、R&D に投資することなくプロダクトの性能を強化するために、他社から提供されるソフトウェア・モジュールとコンポーネントにより、Dell が OpenStackと Hadoop を組み合わせていくものと思われる。

Initially, enStratus has worked with Dell to produce an OpenStack reference architecture that combines the open source infrastructure-as-a-service technology with enStratus’s cloud monitoring and management software.

最初に、OpenStack レファレンス・アーキテクチャを作成するために、enStratus が Dell と共同で作業を進めた。 それにより、このオープンソース IaaSテクノロジーと、enStratus のクラウド・モニタリング/マネージメント・ソフトウェアが協調するようになった。

Meanwhile, Mirantis, a provider of engineering services for OpenStack, will offer services to Dell customers.

その一方で、OpenStack に関するエンジニアリング・サービス・プラオバイダーである Mirantis が、それらのサービスを Dell の顧客に提供することになる。

Ubuntu steward Canonical has already introduced a technology to link Amazon’s cloud to private OpenStack deployments.

また、Ubuntu を管理する Canonical が、OpenStack プライベート・ディプロイメントと、Amazon クラウドを接続するテクノロジーを、すでに紹介している。

ーーーーー

この提携ですが、4/18 5AM ころの検索では、以下のニュースも見つかっています:

enStratus Joins Dell Emerging Solutions Ecosystem to Deliver OpenStack-Powered …
San Francisco Chronicle (press release) – ‎10 hours ago‎
Solution provides enterprises with cloud governance and automation for Dell’s OpenStack-powered reference architecture Minneapolis, MN (PRWEB) April 16, 2012 enStratus today announced it has joined Dell’s Emerging Solutions Ecosystem,…

Dell Brings In CloudStack Partners
TechWeekEurope UK – ‎4 hours ago‎
The first three partners are Canonical, enStratus and Mirantis, Dell said. Dell’s OpenStack-based cloud offering, launched in the UK last month, integrates the OpenStack cloud operating system, Dell PowerEdge C servers, Dell’s open source Crowbar …

Dell Drives Collaborative Innovation with Emerging Solutions Ecosystem
MarketWatch (press release) – ‎Apr 16, 2012‎
enStratus, a cloud infrastructure management solution for deploying and managing enterprise-class applications in public, private and hybrid clouds. — Mirantis, an engineering services company focused on OpenStack, open source infrastructure and …

Dell announces Emerging Solutions Ecosystem cloud partnership
Cloud Pro – ‎Apr 16, 2012‎
EnStratus will offer its cloud infrastructure management solution to the program. With the deal, enStratus will be used byDell to deliver applications with consistent governance and automation as well as infrastructure automation, …

ーーーーー

_Dellここにきて、Dell の OpenStack 対応が動きを早めてきましたね。 また、OpenStack に限定した戦略ではありませんが、シンクライアントと仮想デスクトップの Wyse Technologies の買収も、Post-PC + Cloud という路線を目指していることに間違いありません。 次のコンピューティングを模索する動きが活発になっています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

DELL による Wyse の買収は、Post-PC へ向けた新たなシフトなのか?
Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack
Dell が中国向けに提供する Streak Pro は、百度 OS を搭載する初のスマホだ!
Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは

 

 

 

 

%d bloggers like this: