Agile Cat — in the cloud

Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける

Posted in Businesses, On Monday, Research by Agile Cat on August 25, 2014

Cloud Computing Market: Growing at an Annual Rate of 23 Percent
http://wp.me/pwo1E-7Mw
By Dick Weisinger – Aug 19, 2014 
http://formtek.com/blog/cloud-computing-market-growing-at-an-annual-rate-of-23-percent/

_ formtek

The final tally for spending in the Public Cloud Computing market in 2013 comes in at a whopping $45.7 billion according to a recent study by IDC.  IDC also predicts that the cloud market will continue to grow at an average annual rate of 23 percent through 2018.

最近の IDC の調査によると、2013年の Public Cloud Computing 市場における最終的な収益は、驚くべきことに合計で $45.7 billion に達するという。さらに IDC は、クラウド・マーケットは 2018年に至るまで、年間の成長率として 23% 平均を維持し続けると予測している。

Cloud software spending, which includes both SaaS and PaaS, accounts for 86 percent of the cloud services market.  ERP and CRM are the two biggest components of this sector.  In 2013, $10.78 billion was spent on ERP and $8.13 billion was spent on CRM.  Salesforce.com and ADP are the two largest SaaS vendors, followed by Intuit, Oracle and Microsoft, according to IDC’s survey.

SaaS と PaaS の両者を含むクラウド·ソフトウェアにおける支出は、クラウド・サービス市場全体の86% を占めている。そして、この分野では、ERPと CRM が二大構成要素となる。2013年において、ERP には $10,78 billion が費やされ、CRM には  $8.13 billion が費やされた。 IDC の調査によると、Salesforce.com と ADP (Automatic Data Processing) が二大 SaaS ベンダーであり、そこに Intuit と Oracle と Microsoft が続くことになる。

Cloud infrastructure, which includes IaaS and storage solutions, accounts for 14 percent of the market share.  In this market, Amazon.com holds the top position with over 40 percent of market share, followed by RackSpace, IBM, CenturyLink, and Microsoft.

IaaS と Storage のソリューションを含む、クラウド・インフラストラクチャの領域は、クラウド市場全体の 14% を占めることになる。このマーケットでは、Amazon.com が 40% のシェアでトップの座を維持し、そこに、RackSpace および、IBM、CenturyLink、Microsoft などが続く。

Frank Gens, Senior Vice President and Chief Analyst at IDC, said that ”we are at a pivotal time in the battle for leadership and innovation in the cloud. IDC’s Public Cloud Services Tracker shows very rapid growth in customer cloud service spending across 19 product categories and within eight geographic regions. Not coincidentally, we see vendors introducing many new cloud offerings and slashing cloud pricing in order to capture market share. Market share leadership will certainly be up for grabs over the next 2-3 years.”

IDC の Senior VP and Chief Analyst である Frank Gens は、「 私たちは、クラウドのリーダーシップとイノベーションにおける戦いの、きわめて重要な時期に生きている。 IDC の Public Cloud Services Tracker サービスは、8つの地理的ロケーションを横断し、また、19 のプロダクト・カテゴリーを対象とする中で、顧客によるクラウド・サービスへの支出が、きわめて急速に成長していることを示している。そして、偶然ではなく、ベンダーたちがマーケット・シェアを獲得するために、数多くの新しいクラウド・サービスを導入し、それらの価格を切り下げている状況を目にしている。マーケット・シェアにおけるリーダーシップは、これからの 2年〜3年の間に、確実に趨勢を明らかにするだろう」と、述べている。

ーーーーー

昨年の5月の Gigaom で、2013年 Q1 の IaaS/PaaS における売上が、約 $2B に達していると紹介されていました。 そして、この記事では、IaaS の売上が $45.7B の 14% であると、つまり、$6.44 B であるとされているので、大まかなところで一致していると思えます。 それにしても、SaaS の売上が、これほどまで伸びているとは驚きです。 そして、ADP (Automatic Data Processing) という会社が、Salesforce.com と並ぶほどの売上を上げているのにも、驚きました。同社の Web を見ると、その対応分野として、Payroll/Taxes/HR/Time/Talent/Benefits/Retirement/Insurance といった項目が挙げられています。 なんか、ワクワクするような展開ですね。

ーーーーー

<関連>

Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる

Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?

Posted in Google, Post-PC by Agile Cat on August 22, 2014

Healthcare employees in Florida choose Chromebooks over Windows, iPad
http://wp.me/pwo1E-7M4

By
Kevin C. Tofel  – Aug 21, 2014
http://gigaom.com/2014/08/21/healthcare-employees-in-florida-choose-chromebooks-over-windows-ipad/

_ Giga Om

Summary: Two-thirds of the employees at Chapters Health System opted to pick an HP Chromebook 14 over a Windows laptop or iPad, which has made the IT department happy. There are cheaper Windows laptops coming to compete but they don’t address reasons people pick a Chromebook.

Summary: Chapters Health System では、その従業員の 2/3 が 、iPad および Windows ではなく、HP Chromebook 14 を選択するという状況にあり、IT 部門を喜ばせている。すでに、Windows を搭載する安価なラップトップが登場しているが、人々が Chromebook 選択する背景に対して、取り組まれているとは言えない。

ーーーーー

Given a choice between a Chromebook, a Windows laptop and an iPad, which device would your business choose? There’s no “right” answer, but for Florida-based Chapters Health System, it’s a Chromebook. Actually, it’s a bunch of Chromebooks as the company has deployed Chrome OS laptops and plans to add even more in the future.

Chromebook/Windows/iPad から選択するなら、あなたの勤め先では、どのデバイスになるだろう? そこに正解というものは存在しないが、Florida ベースの Chapters Health System では、Chromebook が選ばれている。 実際のところ、同社では、この Chrome OS ラップトップを供給してからというもの、Chromebook の数が増え続けており、さらなる追加が計画されている。

It’s interesting to see why a majority of employees picked a Chromebook over the alternatives mainly because the reasons reiterate things I’ve said for the past two years. Rather than repeat myself, take a look at how employees ranked Chromebooks against Windows laptops and iPads for various attributes in this summary graphic posted on the Google Enterprise Blog:

そして、従業員の大半が、主として Chromebook を選んでいる理由が興味深いのは、私が 2年前から言い続けてきたことに、重ね合わさるからである。したがって、私から繰り返して説明するのではなく、さまざまな調査項目において従業員たちが、Chromebook/Windows/iPad を、どのように評価しているのかを確認していこう。この、グラフィカルなサマリーは、Google  Enterprise Blog からのものである:

クリックで拡大 ⇒

Convenience and ease of use is one of the main drivers for many to choose a Chromebook. Yes, it’s a limited device; that doesn’t mean it’s a bad device. In the case of Chapters Health System, the IT department has installed Citrix XenApp via Receiver for access to legacy systems. The devices are easier to deploy and maintain for IT, which says Windows laptops used to take 40 minutes of setup time while the Chromebooks take around 5 minutes each. Plus, a quick wipe, or Powerwash as it’s called in Google Chrome OS, completely resets the device in a minute or two if needed.

便利さと使い易さは、Chromebook を選択する上での、主たる要因を構成している。もちろん、Chromebook は制約されたデバイスであるが、能力に欠けるデバイスという意味ではない。Chapters Health System のケースでは、レガシー・システムへのアクセスを可能にするために、IT 部門により Citrix XenApp via Receiver がインストールされている。そして、このデバイスは、IT 部門にとってディプロイとメンテナンスが、容易なものとなっている。つまり、Windows ラップトップを使えるようにするには、約 40分のセットアップ時間が必要となるが、Chromebook の場合は 5分程度で完了してしまうのだ。 そして、Google Chrome OS 用語では Powerwash と呼ばれる、迅速なワイプ機能も提供されている。 それを、必要に応じて使えば、1〜2 分でデバイスのリセットが終了する。

Obviously, a Chromebook is not the best tool for every task or enterprise. Neither is Microsoft Windows or Apple Mac OS X, however. And that’s why Microsoft is starting to take Chromebooks seriously by pushing hardware partners to make $200 Windows laptops this year.

すべての企業における、すべてのタスクに対して、Chromebook が最高のツールと言えないのは明らかである。しかし、Microsoft Windows や、Apple Mac OS X とて同じことだ。そして、今年に入って Microsoft が Chromebook を真剣に意識し、ハードウェア・パートナーたち に $200 Windows を作るよう、強くプッシュしている理由も、そこにある。

That may help the issue of price in the value segment but it doesn’t do anything to bring convenience and ease of use compared to more expensive Windows laptops. That’s a problem.

それにより、価格というセグメントでの問題は解決されるだろうが、便利さと使い易さという観点で、Windows ラップトップの方が高く付くという状況は解決しない。 そこに問題がある。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design – October 2013
What mattered in social business in the first quarter of 2014 – April 2014
How mobile will disrupt the living room in 2014 – February 2014

ーーーーー

ヘルスケアという業種だと、顧客に関連する情報が、自分のデバイス上にあるという状況を、企業も従業員も嫌がりますよね。 でも、それはヘルスケアに限らず、すべての業種において言えることなので、Citrix XenApp via Receiver などが利用されているのでしょう。 このリンク先を見ると、ライトユースの従業員なら仮想アプリを使用するよう、推奨されているように思えます。 そして、Chromebook は、そのようなユースケースを前提にデザインされている、初めてのコンピュータとも言えるでしょう。 先日は、教育現場での Chromebook の事例を紹介しましたが、エンタープライズでも強くなりそうですね。

ーーーーー

<関連>

Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!
Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on August 20, 2014

CHART OF THE DAY: How Apple’s Smartphone Strategy Is Different Than Everyone Else’s
http://wp.me/pwo1E-7LK

Dave Smith – Aug. 15, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-how-apples-smartphone-strategy-is-different-than-everyone-elses-2014-8

_ Business Insider

Market research firm IDC published some really interesting data on Thursday that breaks down the smartphone market share by price. According to that data, which was charted for us by Statista, more than 80% of Apple’s devices are "high-end," as they cost more than $400. Less than 20% of Apple smartphones are considered "mid-range," and there are currently zero “low-end” iPhones.

この木曜日(8/14)だが、マーケット・リサーチ会社である IDC が、価格帯でスマホ・マーケット・シェアを分析するという、きわめて興味深いデータを発表した。Statista がチャートにした IDC のデータによると、Apple のデバイスの 80% 以上が、$400 を超える価格帯である High End に属している。また、$400〜$200 の Mid Range は 20% であり、$200 を切る Low End は 0% という結果となっている。

_  space

Statista

Android and Windows Phone smartphones, meanwhile, employ a completely different model. The vast majority of those handsets — around 60% — cost less than $200. About 20% of Android and Windows Phones are mid-range devices, while a relatively small percentage of those handsets are considered “high-end,” in the $400-plus range.

その一方で、AndroidとWindows のスマホでは、まったく異なる価格モデルが採用されている。この 2つのプラットフォームでは、$200 を切る Low End が多数派であり、約 60% を占めている。また、どちらも、Mid Range は 約20% となっている。そして、$400 を超える High End は、さらに少ないパーセンテージに留まっている。

So Apple may dominate the high-end smartphone range, but as Business Insider’s Jim Edwards points out, around 85% of all smartphones are Android phones, which means most people prefer smartphones when they cost under $200.

したがって、High End の価格帯は、Apple のデバイスが支配しているとも言えるが、すべてのスマホの 85% が Android で埋め尽くされていると、Business Insider の Jim Edwards は指摘している。 つまり、$200 以下の出費で収まる低価格スマホが、大多数の人々の好みとなっているわけである。

ーーーーー

この、IDC による 2014年 Q2 のスマホ調査は、3つのプラットフォームのスナップショットとして、とても意味のあるものだと思います。 たくさんのメディアが、このデータを元に記事を書いていますが、まずは、最もシンプルな BI を選んでみました。 そして、Android の 85% というシェアですが、Gigaom の記事から実数を拾ってみると、Android が 255.3 million で、iOS が 35.2 million、Windows が 7.4 million となります。 おおよそのところで、36 対 5 対 1 という割合であり、Android の圧倒的な強さが目立ちます。 ちなみに、Agile_Cat の場合は、3万円〜3.5万円くらいに値下がりしてきた Android を、香港の通販サイトから買うというのが、この数年のパターンです。 なぜか、スマホに 4万円というのは納得がいきません。とは言え、スペック的には、いまだと 4 Core + 2G RAM + 16G Storage + LTE(Band 1,3,6,8)は欲しいので、どうしても、そのあたりの価格帯になってしまうのです。 早く、Low End でも、これくらいのスペックが当たり前になって欲しいです :)

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Level 3 と Digital Realty:ネットワーク帯域幅をスケールさせる環境に、AWS と Azure を取り込む

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Telecom by Agile Cat on July 30, 2014

Level 3, Digital Realty provide direct connection to Amazon, Microsoft cloud services
http://wp.me/pwo1E-7HU
April 29, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/level-3-digital-realty-provide-direct-connection-amazon-microsoft-cloud-ser/2014-04-29

_ fiercetelecom

Level 3 Communications has established a new partnership with Digital Realty Trust where it will provide the data center provider’s customers in 14 U.S. and European markets access to its growing base of cloud service partners including Amazon Web Services (AWS Direct Connect) (NASDAQ: AMZN) and Microsoft Azure (NASDAQ: MSFT) (ExpressRoute).

Level 3 Communications が Digital Realty Trust と、新たなパートナーシップを確立した。それにより、U.S. と Europe における、14 ヶ所のデータセンター・プロバイダーを利用する顧客に対して、クラウド・サービス・パートナーへのアクセス基盤が拡張されるが、その中には Amazon Web Services(AWS Direct Connect)と、Microsoft Azure(ExpressRoute)も含まれる。

Through this relationship, the Digital Realty customers will have a new route to migrate and operate their applications to a hybrid cloud environment with the backing of Level 3’s deep network presence.

この提携により、Digital Realty の顧客は、Level 3 の緊密に張り巡らされたネットワークを後ろ盾とする、ハイブリッド・クラウド環境へとアプリケーションを移行する、新しい道筋を持つことになる。

While Level 3 is hardly alone in providing a direct access route to AWS and Microsoft Azure, Anthony Christie, chief marketing officer for Level 3, told FierceTelecom what sets it apart is the global nature of the offering.

Level 3 は、AWS や Microsoft Azure にダイレクト・アクセスのルートを提供する際に、それを単独で行うわけではないが、グローバルな性質により際立ったものになると、同社の Chief Marketing Officer である、Anthony Christie が FierceTelecom に語っている。

"One of the things that you’ll see from us that is different than what you’ll see from some of the other network service providers is we continue to leverage the global nature of our network," he said. "With Amazon, Level 3 will be listed as the most connected player to Amazon’s hosting and data centers around the world.”

「 誰もが分かる、他のネットワーク・サービス・プロバイダーの違いは、私たちのネットワークがグローバルな性質を活用している点である。Amazon においては、世界に点在する AWS ホスティング/データセンターと、最も数多く接続されているプレーヤーとして表示される」と、彼は発言している。

Another potential benefit of this pact for enterprise customers is they can adjust network bandwidth and storage levels as needed. During a holiday shopping season, a retailer could dynamically scale their bandwidth and only pay for what they consume as demand for computing capacity ramps.

エンタープライズ・カスタマーにおける、この協定による別の潜在能力は、ネットワーク帯域幅とストレージ・レベルを、必要に応じて調整できる点にある。たとえば、ホリデー・ショッピング・シーズン中の小売業者は、帯域幅をダイナミックに拡張することが可能であり、その突出したコンピューティング容量に対してのみ、対価を支払えば良いことになる。

In addition to scaling bandwidth, Digital Realty customers will gain the flexibility to choose the cloud model and cloud provider that best meet their needs, access bandwidth dynamically and pay only for what they use.

この帯域幅のスケーリングに加えて、Digital Realty の顧客たちは、クラウド·モデルとクラウド・プロバイダーを柔軟に選択するという、メリットを手にすることになる。 つまり、自身のニーズにフィットしたクラウドを選び、アクセス帯域幅をダイナミックに調整し、使用した分だけ対価を支払えるようになる。

Level 3 is also providing connectivity under its Cloud Connect Solutions program, including Layer 1, Layer 2 and Layer 3 connectivity.

さらに Level 3は、Cloud Connect Solutions プログラムのもとでコネクティビティを提供しており、そこには Layer 1/Layer 2/Layer 3 が取り込まれている。

"On a global scale, we can guarantee latency for connectivity for public and hybrid cloud environments at Layer 1," Christie said. "We’re working on Layer 2 and Layer 3, but because of the switched nature of those products, it’s a bit tricky."

「 グローバル・スケールにおいて、パブリック/ハイブリッド·クラウド環境での接続のために、レイテンシーを保証するのは Layer 1 となる。Layer 2 と  Layer 3 にも取り組んでいるが、それらのプロダクトにおけるスイッチの性質は少々トリッキーである 」と、Christie は発言している。

Christie added that "with our Layer 3 MPLS offer, what we’re enabling is instantaneous consumption by pre-provisioning ports into Amazon and into Azure so they can burst through and consume Amazon Web Services in the future."

私たちが提供する Layer 3 MPLS により、Amazon および Azure に対して、事前にプロビジョニングしたポートを介したバーストが可能になる。したがって、将来的には、バーストを介した Amazon Web Services の利用も実現される」と、Christie は付け加えている。

Related articles:

Level 3 gets ISO certification for security services in Latin America
Level 3 grabs two new multi-national enterprise wins
Level 3 connects network to 50 U.S. Air Force sites
Level 3’s Storey: M&A is an option, not a necessity

ーーーーー

このところ、「AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結」や「ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon 」といった抄訳をポストしましたが、この Level 3 と Digital Realty の戦略も同じところを狙っているように思えます。つまり、ダーク・ファイバーに投資してきた事業者が、帯域幅をスケールさせるネットワークの中に、コンピューティングとストレージをスケールさせるパブリック・クラウドを、つなぎ込んでいくという構図です。そして、ハイブリッド・クラウドを目指すエンタープライズにとっては、おそらく、最も分かりやすく、安心できるフレームワークなのでしょう。 とても、興味深いトレンドです。

ーーーーー

<関連>

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:シンガポールとフランスを接続する!

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する

Posted in Asia, Data Center Trends, Hybrid, Microsoft, Telecom by Agile Cat on June 25, 2014

SingTel and TelecityGroup enable access to Azure without internet connection
http://wp.me/pwo1E-7BB

By Karen McCandless on Tuesday, May 13, 2014
http://www.onwindows.com/Article/singtel-and-telecitygroup-enable-access-to-azure-without-internet-connection-23413#.U6nlZY2Sxsu

SingTel and TelecityGroup will provide secure and private direct connections into Microsoft’s Azure public cloud solution, as announced at TechEd 2014. The companies, along with AT&T, BT, Equinix, Level3 and Verizon, allow customers to connect Azure and on-premise technologies through the new Azure ExpressRoute offering.

TechEd 2014 での発表によると、SingTel と TelecityGroup は、セキュアなプライベート・ダイレクト・コネクションを、Microsoft の Azure パブリック·クラウド·ソリューションに提供することになる。つまり、この両社も、AT&T/BT/Equinix/Level 3/Verizon などと同様に、新たに提供される Azure ExpressRoute を介して、顧客のオンプレミス・テクノロジーと Azure の接続を実現していく。

Previously, businesses could only use the internet to access Azure, but ExpressRoute (codenamed Golden Gate) allows users to access private and dedicated network connections that don’t use the internet.

これまでのユーザー企業にとって、Azure にアクセスするため利用できるのは インターネット のみであったが、ExpressRoute(codenamed Golden Gate)により、インターネットに依存しない、専用のプライベート・ネットワークによる接続が可能になる。

SingTel will first roll out Microsoft’s private networking service to the Singapore and Asia markets before replicating this network arrangement in Australia to serve the markets in Oceania. SingTel’s Multi-Protocol Label Switching virtual private network will integrate directly with ExpressRoute.

SingTel は、最初に、Singapore と Asia のマーケットへと、Microsoft のプライベート・ネットワーク・サービスを展開していく。 続いて、同じサービスを Oceania のマーケットに展開するために、このネットワークを Australia にリプリケートする。 SingTel には、Multi-Protocol Label Switching という VPN が存在するが、それと ExpressRoute を、ダイレクトに統合していくことになる。

“Through this strategic alliance with SingTel, we can lower the barriers to entry for cloud computing by providing a more secure and reliable connectivity option for our joint customers in Asia Pacific,” commented Steven Martin, general manager of Microsoft Azure.

「 この、SingTel との戦略的な提携により、Asia Pacific における両社の顧客たちに、高度な安全性と信頼性を備えた接続オプションを提供できる。 つまり、クラウド·コンピューティングにおける参入障壁を引き下げることが可能になる」と、Microsoft Azure の GM である Steven Martin は述べている。

TelecityGroup will also provide Azure ExpressRoute in 37 of its locations across Europe through its Cloud-IX networking platform. Low-latency connections will be available in locations where Microsoft co-locates its ExpressRoute access points within TelecityGroup’s data centres.

また、TelecityGroup は、Cloud-IX のネットワーク・プラットフォームを介して、Europe 全域に広がる 37 のロケーションで、Azure の ExpressRoute を提供していく。 そのための、低レイテンシー・コネクションは、Microsoft が ExpressRoute アクセス・ポイントをコロケートする、TelecityGroup データセンターから供給される。

The company says that through the avoidance of a connection to the public internet, Azure ExpressRoute via Cloud-IX will offer increased reliability, faster speeds, lower latencies and higher security compared to other connections over the internet.

それについて同社は、パブリック・インターネットへの接続を回避する、Cloud-IX を介した ExpressRoute は、その他のインターネット接続と比較して、信頼性/高速性/低レイテンシ/高セキュリティを提供すると述べている。

Martin said: “Our expansion into TelecityGroup’s data centres via ExpressRoute is an important step, enabling customers to more easily execute scalable hybrid cloud deployments.”

そして、Martin は、「 ExpressRoute を介した、TelecityGroup データセンター内での拡張は、私たちにとって重要なステップである。なぜなら、それにより私たちの顧客が、拡張性の高いハイブリッド・クラウド環境を、容易に運用できるようになるからである」と発言している。

Related articles

ーーーーー

昨日に、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」という抄訳をポストしましたが、この記事における SingTel や TelecityGroup の狙いも、オンプレミス統合からハイブリッド・クラウドへと向けて展開されていくのでしょう。今日の Gigaom では、Joyent の Hybrid Management が紹介されていましたが、そのサマリーには「Joyent believes that hybrid clouds are the way of the future and a way in which the company can compete against big cloud service providers like Amazon」という一文が記されていました。まだまだ黎明期のクラウドです。これからの展開が、とても楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?

Posted in Big Data, Hadoop, On Monday by Agile Cat on June 23, 2014

Big Data and Hadoop: Will Hadoop Continue to Dominate?
http://wp.me/pwo1E-7Ba

By Dick Weisinger – June 19, 2014
http://formtek.com/blog/big-data-and-hadoop-will-hadoop-continue-to-dominate/

_ formtek

When people talk Big Data today, often they’re talking about Hadoop, a technology first created by Doug Cutting in 2005.  Forrester Research says that “Hadoop is unstoppable as its open source roots grow wildly and deeply into enterprises.”

現時点において、人々が Big Data について語るとき、大半の場合、Hadoop の話になる。そのテクノロジーは2005年に Doug Cutting により作り出されたものである。Forrester Research は、「 オープンソースをルーツに持つものが成長し、エンタープライズにも強引に入り込んでくるにつれて、Hadoop も止められないものになる」と発言している

The following are just some of the vendors have built solutions around Hadoop: Amazon Web Services (AWS), Cloudera, Hortonworks, IBM, Intel, MapR Technologies, Microsoft, Pivotal Software, and Teradata.

この流れに従う形で、いくつかのベンダーが、Hadoop に関連するソリューションを構築している。 具体的には、Amazon Web Services (AWS)/Cloudera/Hortonworks/IBM/Intel/MapR Technologies/Microsoft/Pivotal Software/Teradata などの名前が挙げられる。

Analysts like Allied Market Research estimate that the Hadoop market will grow from $2.0 billion in 2013 to $50 billion in 2020.  The forecast includes software, hardware and services.  Today services represent about half of the Hadoop market.  But how realistic are estimates for a product market-size five-years out?

Allied Market Research などのアナリストたちは、Hadoop のマーケットが、2013年の $2.0 billion から、2020年は $50 billion にまで成長すると推定している。

そして、この予測には、ソフトウェア/ハードウェア/サービスが含まれる。 今日の Hadoop マーケットにおいては、サービスの割合が、全体の約半分を占めている。しかし、このマーケットの規模に関する、5年の推定値はというと、どの程度まで現実的なのだろうか?

Forrester ticks off the following four reasons as to why Hadoop is so hot today:

Forrester は、いまの Hadoop がホットな理由として、以下の 4つの理由を挙げている:

  • Provides lower cost storage
  • Based on open source innovation
  • Scales well
  • Provides businesses a way to squeeze profits from their data

Allied Market Research attributes the growth in Hadoop to a strong interest in managing structured and unstructured data and big data analytics.

また、Allied Market Research は、構造化/非構造化データと Big Data 分析の運用において、Hadoop が強い関心を引き寄せているとしている。

But Hadoop is a platform and forecasts about how Hadoop will grow don’t or can’t factor in the appearance of new competing technologies.  Estimates for how technologies will play out six years hence are very difficult to predict.  Consider the effect of the iPad and the fact that the first iPad was sold less than five years ago.   Things can change quickly.  When Big Data is considered as an umbrella category of technologies, it is almost certain to see huge growth between now and 2020, but whether Hadoop will continue to be the center of Big Data in 2020 is less clear.

しかし、Hadoop はプラットフォームであり、また、Hadoop の成長を予測するにあたり、それと競合する新しいテクノロジーを、考慮することは困難である。つまり、これから 6年の間に、どのようなテクノロジーが登場するかと予測することは、きわめて難しいことなのだ。考えて欲しいのは、iPad の出現による変化と、最初に iPad が販売されてから、まだ 5年も経ていないという事実である。すべては、素早く変化していく。Big Data が、テクノロジーの傘下にあると考えた場合、いまから 2020年までの間に、ほぼ確実に大きな成長が見られるだろう。しかし、2020年においても、Hadoop が Big Data の中心に居続けるかというと、明確な根拠があるわけでもない。

James Kobelius, IBM Big Data evangelist, says that “Hadoop’s footprint will continue to grow for some time in the big data arena, especially as the core open-source technologies evolve and enterprises invest more heavily in the technology.  However, Hadoop will be neither the dominant platform nor the architectural centerpiece of most enterprise big data deployments. But that also applies to any other big data platforms, current or emerging, that you might name.”

IBM の Big Data evangelist である James Kobelius は、「 Hadoop の実績は、Big Data という分野において、しばらくの間は成長していくだろう。 とりわけ、コア・オープンソース・テクノロジーが進化し、エンタープライズがテクノロジーに多額の投資を行う世界で、それは顕著になる。しかし、大半のエンタープライズが Big Data をディプロイしていくとき、Hadoop は支配的なプラットフォームではなく、アーキテクチャ上の中心に座ることもないだろう。つまり、いまは名前もない、新しい Big Data プラットフォームの適用もありえるのだ」と、発言している

ーーーーー

Hadoop といえば、その大元は Google の MapReduce になるのですが、Agile_Cat が敬愛する High Scalability の Todd Hoff さんが、「Google Instant では、リアルタイム検索のために MapReduce を排除!」という記事を、2010年 9月の時点で書いていました。 これは、Google がインクリメント・サーチを開始した時期と同じころの話であり、すでに違う世界でチャレンジしているのだなぁ・・・ と関心した記憶が蘇ってきました。 いまの Google 先生はというと、BigQuery というサービスを提供していますが、それと GCE 上の Hadoop の関係など、いったい、どうなっているのでしょうか? いろいろと、興味の尽きないフィールドですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Google, Web Scale by Agile Cat on June 17, 2014

The price of being webscale: Google spent $2.35B on infrastructure in Q1
http://wp.me/pwo1E-7Ae

k Harris – APR. 17, 2014
http://gigaom.com/2014/04/17/the-price-of-being-webscale-google-spent-2-34b-on-infrastructure-in-q1/

_ Giga Om

Summary: Google continued its heavy infrastructure spending in the first quarter of 2014, to the tune of more than $2.3 billion. It’s the third consecutive quarter the company has topped $2 billion in capital expenditures.

Summary:  Google は、2014年 Q1 においても、インフラへの支出を継続し、その総額たるや $2.3 Billion に至るという。これで、同社における $2 Billion レベルの設備投資が、三回の四半期収支をまたいで連続することになる。

ーーーーー

Google announced its first-quarter earnings on Wednesday, which included — as usual the past few quarters — an unparalleled amount of spending on data centers. The company spent $2.35 billion on infrastructure in the first quarter (much of which goes to building and filling data centers), up from $2.26 billion in last year’s fourth quarter and nearly double the $1.2 billion it spent in the first quarter of 2013.

この水曜日(4/16)に、Google が 2014年 Q1 の収支を発表した。これまでの四半期終始と同様に、データセンターに対する支出が、圧倒的なものとなっている。同社は、この四半期においてインフラストラクチャに対して $2.35 Billion を費やしているのだ(その大半は、データセンターを構築/実装に当てられている)。それは、2013年 Q4 の $2.26 Billion から増額し、また、2013年 Q1 の $1.2 Billion に対して約二倍というレベルに達している。

We have been following Google’s spending for years, because it’s such a good example of how much money web companies need to spend on infrastructure if they want to achieve massive scale in terms of users, services and data. Just think about Google’s products — search, cloud computing, Maps, Drive, Gmail, Google+ and more — and consider how many servers it takes to run them and ensure there’s enough capacity to scale them, handle failures or just experiment with new stuff. Inadequate infrastructure (in terms of both hardware and software) means a poorer user experience and less room to innovate.

これまでの何年かにわたって、私たちは Google の支出を追いかけている。なぜなら、ユーザー/サービス/データという観点でスケールしようとする企業が、Web のインフラストラクチャに対して、どれだけのコストを費やすのかという意味で、絶好の事例となるからである。 Google の Search/Cloud/Maps/Drive/Gmail/Google+ などを考えてみよう。そして、さらに、それらを走らせるために必要なサーバーの量と、スケールを実現するためのキャパティティについても考えてみよう。それは、障害に対する処理や、新しいものを試すプロセスに対しても言えることだ。つまり、不適切なインフラストラクチャでは(ハードウェアとソフトウェアの両面)、ユーザー・エクスペリエンスが劣化し、イノベーションも進まないのだ。

That’s why Microsoft spends so much on infrastructure, too, and why Facebookis ramping up its spending. In Microsoft’s latest earnings report (announced on Jan. 23, for its fiscal second quarter), the company reported it spent $1.73 billion on infrastructure.

それは、Microsoft がインフラストラクチャに多額を費やし、Facebook が支出に備える理由でもある。Microsoft における直近の収支報告書では(同社の Q2 に相当する、1/23 に発表されたもの)、インフラストラクチャに $1.73 Billion を費やしたとレポートされている。

Here’s what Google Senior Vice President and Chief Financial Officer Patrick Pichette had to say on Wednesday’s earnings call, according to a transcript published by research firm Morningstar:

以下は、調査会社である Morningstar が書き起こした、水曜日の Google の 収支報告会における、Senior VP and CFO である Patrick Pichette の発言である:

As it relates to CapEx, listen, you’re right, that we – and I’ve mentioned this in the last couple of quarters, where we have – and just a reminder to everybody, right, if you think of the CapEx categories, right, data centers first and data center construction, then production equipment, then all other facilities is kind of like the hierarchy of needs. In the case of data center construction, we have found that the option value of having more capacity on standby and available to us to grow versus not having it is actually a real strategic issue for the Company.

設備投資に関連することだが、誰もが思うように、このところの四半期決算で、私たちが説明してきた通りの状況となっている。 そして、覚えているだろうが、その設備投資の区分については、データセンターの構築が最大であり、それに続くのが基本的な設備となる。 それから先は、各種のファシリティに対して、必要性に応じた支出が生じている。データセンターを構築する場合に、私たちが検討することは、キャパシティを拡大し得るだけの、オプションとしての価値である。そのような余力を持たないという選択肢もあるが、私たちにとっては、成長のための余地を持つことが、ほんとうの意味での戦略的な課題となっている。

In that sense, if for whatever reason, we had a spike in demand that was really pronounced and sustained for a couple of quarters and we did not have the capacity, it would be a real issue strategically for us relative to the quite low cost of having the infrastructure in place. So that’s why we’re really pushing ahead of the curve, and so it’s with this view of long-term. So, from that perspective, you’re also right that, that’s the mindset we’re applying. And we’ve always said that CapEx was lumpy, so you have a good manifestation of it right now right here.

その意味において、何かの理由があったのかというのなら、このところの四半期において、明確で持続性のある需要のピークが生じていたが、それに対応するだけのキャパシティを持ち得なかったということになる。それは、適材適所にインフラを配置し、きわめて低コストでの運用を実現していくという、私たちの戦略において重要な問題となる。私たちは、時代を先取りしていきたいと、真剣に考えている。 したがって、長期的な視野に立たざるをえない。その観点からすると、現時点で私たちが推し進めている考え方を、正しく理解してもらえると思う。これまでにも、何度も言及してきたが、設備投資には大きな波が生じる。 それが、いま、来ていることを分かって欲しい。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
In Q3, Big Data Meant Big Dollars October 2010
Why going “green” matters for high-performance computing October 2013

ーーーーー

たしかに、これまでも、Google における設備投資には、大きな波が周期的に生じていたように思えます。 そして、2013年には、Taiwan/Hong Kong/Singapore のデータセターが立ち上がっていますし、南米でも同じような状況だったと思います。 しかし、上記のチャートを見ると、この一年での投資額は $8 Billion(8000億円)にもなります。もちろん、データセンターへの投資が抜きん出ているのでしょうが、かなりの規模での投資が、ネットワークに対しても、密かに推し進められているのでは、と思ってしまいます。とにかく、気の遠くなるような金額ですね。 

ーーーーー

<関連>

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける

Posted in Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 15, 2014

Internet Explorer Has Basically Been Annihilated By Google’s Chrome Browser
http://wp.me/pwo1E-7A2

Jim Edwards – Jun. 6, 2014
http://www.businessinsider.com/chrome-browser-share-2014-6

_ Business Insider

Back in the prehistoric era — 2008 — Microsoft’s Internet Explorer browser roamed the web like a diplodocus, eating everything in its path. As many as 90% of users saw the internet via Explorer.

先史時代とも言える 2008年に戻ってみると、Microsoft のブラウザである Internet Explorer が、巨大草食竜であるディプロドクスのように Web を歩き回り、そのすべてを食べ尽くしていた。つまり、ユーザーの 90% が、Explorer を介してインターネットを参照していたのだ

Today, Explorer can’t even command a simple majority of users. Google’s Chrome browser is now the most popular web viewer, with 31.8% of the market. On mobile devices, probably the most important arena for browsers right now due to its growth, Explorer barely exists: only 1.8% of users see the mobile web via Explorer.

しかし、今日では、Explorer のユーザーは、過半数にも達していない。現時点で、最も人気の Web ブラウザは、マーケットの 31.8% を占める、Google Chrome である。そして、その目覚ましい成長力が故に、各種のブラウザにとって最重要の戦場は、モバイル・デバイスへと移行している。さらに言えば、そこで Explorer を介して Web を参照しているユーザーは、わずが 1.8% に過ぎないのだ。

_  space

Statista / Adobe

Explorer appears to be trapped on desktop, where it still holds a plurality, 43.3% to Chrome’s 30.6%. Our data came from Adobe. Chart via Statista.

なお、デスクトップにおける Explorer は、Chrome の 30.6% に対する 43.3% のシェアにより、この流れを堰き止めているように見える。 一連のデータは Adobe から提供されたものであり、それを Statista がチャートにまとめている。

ーーーーー

ブラウザのようなプロダクトに関して、そのシェアを計る際には、イントール比率/トラフィック量/利用時間数といった、いくつかの基準が有るはずです。 Agile_Cat では、StatCounter による調査結果を月次で掲載していますが、その基準はというと、世界と日本というスコープでトラフィックを比較するものになっています。世界では、いまから 2年ほど前に、この両者の位置関係が逆転しています、 そして、日本でも、そろそろ順位が入れかわりそうな感じです。 最近における全体的な傾向はというと、スマホとタブレットで Chrome がシェアを伸ばしているように見えます。

ーーーーー

<関連>

モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す1枚のチャート
仕事の IE と 遊びの Chrome という視点で、世界のブラウザ・シェアを分析する
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
ユーザーの 71% が、Web ブラウザの最新バージョンを使っている
Microsoft が Web ブラウザ戦争に負けつづける理由を分析する

%d bloggers like this: