Agile Cat — in the cloud

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 21, 2015
わずか2ヶ月で、こんなに変化するアジアのインフラに唖然・・・
 
_ cna-banner
 
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
 
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
 
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
 
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
 
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
 
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
 
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
 
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
 
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
 
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
 
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
 
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
 
Singapore
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
 
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
 
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
 
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
 
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
 
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
 
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
 
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
 
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
 
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
 
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
 
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
 
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
 
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
 
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
 
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
 
ーーーーー
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
 
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
 

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Google by agilecat.cloud on June 3, 2015
Google to build second Singapore data centre
Pushes regional data centre investment to US$1 billion.
Brendon Foye – Jun 2, 2015 3
http://www.itnews.com.au/News/404741,google-to-build-second-singapore-data-centre.aspx
 
_ it news
 
Google will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017.
 
Google は、Singapore における既存のファシリティに対して、2番目のデータセンターを加え、2017年半ばまでに運用を開始する計画のようだ。
 
The compGoogle SG DCany’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million).
 
同社における最初の Singapore データセンターは、2013年にオープンしているが、その構築コストは US$120 million (A$156 million) ほどだと推定されている。
 
The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.
 
そして、今回の新データセンターにおいて Google は、Singapore のインフラ事業に対して US$500 million の、また、Asia に対しては US$1 billion の投資を行うことになる。
 
In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
Google の VP of Data Center である Joe Kava は、このファシリティを運用する上で、100% の再生水を使用することが重要になると、今日のブログ・ポストで述べている。
 
The facility will boast multiple levels and will sit on around two hectares of land, directly next to the existing three-story facility.
 
このマルチ・レベルのファシリティは、2ヘクタールの用地内に構築され、すでに運用している 3階建てのファシリティとダイレクトに接続される。
 
Google has 13 data centres globally, across the US, Europe and Asia.
 
なお、現時点において、Google は US/Europe/Asia に 13ヶ所のデータセンターを有している。
 
The new Singapore facility is the second to be announced by Google in the last year – the company is spending A$870 million on a new centre in The Netherlands.
 
この、新しい Singapore ファシリティが、昨年に Google が発表していた、もう1つのデータセンターである(同社は、A$870 million を費やすデータセンターを、昨年から Netherlands で構築している)。
 
Google has so far resisted the pull from Australia to set up shop down under.
 
これまでの Google は、南半球にデータセンターをという、Australia からの呼びかけに対して、抵抗感を示している。
 
Such a move would follow the lead of Microsoft, Amazon Web Services and IBM, who have all started offering their products from local facilities in the past few years.
 
このような動きでは、Microsoft/AWSIBM などにリードに許すことになる。 なぜなら、それらの企業は、この数年の間で Australia のファシリティから、それぞれのプロダクツを提供し始めているからだ。
 
Google’s main competitor in the enterprise space, Microsoft, migrated Office 365 to Australian data centres earlier this year. The company also gave customers the option to move existing CRM Online customers to locally-based data centres.
 
たとえば、エンタープライズ分野で Google と競合する Microaft は、今年初めに Office365 を、Australia のデータセンターへに移行している。さらに同社は、すでに顧客が運用している CRM Online を、国内のデータセンターに移行するためのオプションも提供している。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
datacenter_55このトピックに関しては、Data Center Knowledge も取り上げています。 いつもなら、そちらの方を訳すのですが、文中の最後の部分が気に入ったので、この IT News の記事を選びました。オーストラリアには、Google DC を誘致しようとする政府 (おそらく) と、プレッシャーをかけようとするメディアがいるのですね。 なんというか、羨ましいです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた

Posted in Asia Weekly, Network by agilecat.cloud on June 1, 2015
海でむすばれる、アジアの主要経済都市・・・
 
_ cna-banner
 
South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) という、シンガポール/マルセイユをつなぐ海底ケーブル・プロジェクトが、昨年の3月に発表されました。 そして、その後ですが、海で接するアジアの国々には、新たな海底ケーブル・プロジェクトが登場しているようです。そこで、この一年の間に、どのような動きがあったのかを確かめるため、海底ケーブルに関する主なトピックを取り出してみました。
 
まず、昨年6月の NTT ですが、日本/香港/シンガポールをつなぐ Asia Submarine-cable Express (ASE) を拡張し、カンボジアへも接続先を伸ばすと発表してます。 また、今年(2月)に入ってからは、その ASE を活用することで、Japan Exchange Group (JPX) と Singapore Exchange (SGX) の間で Co-Location Direct サービスを提供すると発表しています。
 
sea-me-we-5_aこれも、昨年 6月のニュースですが、シンガポール/チェンナイ/ムンバイをつなぐ Global Cloud Xchange (GCX) のプロジェクトが発表されています。ルートとしては SEA-ME-WE 5 と重複するのですが、別の海底ケーブル・プロジェクトなのかもしれません。
 
同様に、ベンガル湾ではミャンマーをめぐる競合が激しくなっているようです。SEA-ME-WE 5 の前身であり、すでにサービスを提供している SEA-ME-WE 3 海底ケーブルには、Myanma Posts and Telecommunications (MPT) と KDDI Summit Global Myanmar (KSGM) が参加しているようですが、その一方では、対抗勢力である Myanmar-Malaysia-Thailand Internet Connectivity(MYTHIC)も活発に動いていて、今年の2月にミャンマー/タイ/マレーシアをつなぐ海底ケーブル・プロジェクトを発表しています。
 
続いて、アメリカ西海岸と東南アジア諸国を接続する The Asia America Gateway (AAG) の話題です。昨年10月の記事では、マレーシア/シンガポール/タイ/ブルネイ/ベトナム/香港/フィリピン/ハワイを西海岸とつないでいると報じていましたが、今年の1月には、そこにオーストラリアも加わったと紹介されています。 以下は、その他のオーストラリア海底ケーブル・トピックです。
 
2014/7/2: NZ govt takes anchor tenancy on Hawaiki cable
2014/12/19: Telstra eyes undersea cable company Pacnet
2015/5/8: Australia-US project achieves SDN routing breakthrough
 
太平洋を横断する海底ケーブルには、Google と Microsoft も積極的に投資しています。 まず、昨年 8月の記事ですが、Google の Faster プロジェクトに、SingTel/China Mobile/China Telecom/KDDI などが参加し、トータルで 60TB のキャパシティを確保すると報道されています。 その一方で Microsoft も、海底ケーブルへの投資を開始しました。 こちらは、すでに「Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!」という対訳をポストしていますので、そちらを参照してください。
 
そして、先週末のことですが、Huawei が海底ケーブル・プロジェクトを受託したというニュースが報じられています。Telekom Malaysia/Cambodia Telcotech/Symphony Communication of Thailand が推進する、Malaysia-Cambodia-Thailand (MCT) というプロジェクトとのことですが、詳細については明らかにされていません。それにしても、Huawei は、全方位で攻めてくるという感じですね。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
① 5/29: Telin Singapore gets Cisco WebEx accreditation, first in APAC
IndonesiaTELEKOMUNIKASI Indonesia International Pte Ltd (Telin Singapore), a subsidiary of PT Telekomunikasi Indonesia, said it was the first in Asia Pacific to be certified a Cisco Systems Inc authorised technology provider for WebEx. With that, Telin Singapore has unveiled new business offerings to help telecommunication service providers and enterprise clients add automation to their Cisco web conference services-based clouds, it said in a statement.
 
② 5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
Hong KongREDWOOD CITY – Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced its plans to further expand its footprint inHong Kong. It will invest over $40 million to build the third phase of its second International Business Exchange ™ (IBX®) data center (HK2). It will also build the ninth phase of its first data center (HK1). The new facilities will meet strong demand from cloud and content and digital media (CDM) companies for data center and interconnection services inHong Kong.
 
③ 4/15: Tablet makers shift to smartphones with market saturated, from TW
ChinaWith price competition escalating and squeezing profitability in the global tablet computer sector, many manufacturer have shifted their production capacity to smartphones in a bid to find alternative profit sources, Shanghai’s China Business News reports. In a saturated worldwide market, tablet sales growth started to moderate in 2014 from the skyrocketing growth seen in the past, the report said. In addition to a price war, a relatively long life expectancy of tablets has also slowed down market demand.
 
④ 4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
ChinaChinese telecom equipment maker Huawei Technologies said on Tuesday it will launch its public cloud computing services for Chinese corporate customers in July, becoming the latest Chinese company to enter the fast-growing market. Speaking at Huawei’s Global Analyst Summit in Shenzhen on Tuesday, Huawei rotating chief executive Eric Xu did not name the Chinese telecom carrier with which it would partner to offer the service. But Xu said the strategy would not create competitive friction with Chinese carriers, which have already indicated they plan to offer public cloud services.
 
⑤ 5/16: TSMC expected to win most Apple A9 chip orders
TaiwanTAIPEI — Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. (TSMC, 台積電) is expected to win the majority of orders from Apple Inc. for next-generation A9 chips that will be used in new iPhones, as its production processes are faster than rival Samsung Electronics Co., according to an Asia-based brokerage firm. “Market disputes over how many A9 (chip) orders TSMC would gain from Apple against Samsung are coming to an end, in our opinion,” the brokerage firm said, adding that TSMC’s manufacturing processes were superior.
 
⑥ 4/18: Alibaba helps Sinopec with cloud computing, big data
ChinaChinese e-commerce titan Alibaba Group Holding Ltd has tied up with Sinopec, Asia’s biggest oil refiner, to provide cloud computing services and ‘big data’ analysis, the companies said. The link-up was for technical services and did not involve equity cooperation, China Petroleum & Chemical Corp, or Sinopec, said on its official microblog. It did not say how much money was involved. Cooperation between Alibaba, a poster child for private enterprise in China, and one of the country’s biggest state-owned companies dovetails with government policy.
 
⑦ 4/27: 21Vianet to Operate Azure Cloud in China into 2018
ChinaMicrosoft and 21Vianet, a provider of carrier neutral data center services in China, have extended their cloud partnership. 21Vianet will continue to offer Microsoft’s cloud in China, including Azure and Office 365 in China for an additional 4 years under the new agreement. 21Vianet acts as an operation entity for Azure, hosting Microsoft’s cloud infrastructure services and Office 365 in its data centers and handling customer relationships. A renewal agreement extends this setup to 2018 and suggests the partnership is bearing fruit for both companies.
 
⑧ 4/24: Rural internet users to grow five-fold by 2018, from IN
IndiaMUMBAI: The share of rural internet users will increase nearly fivefold to touch 28 crore by 2018, signalling higher online purchasers going forward from rural India, says a research report. By 2018, the country will have “as many as 55 crore internet users, of which 28 crore would be from smaller towns and cities, expanding at close to 40% a year from six crore in 2014,” forecasts a report on digital consumption by Boston Consulting Group (BCG).
 
⑨ 5/22: What is the best public sector ICT project in Singapore?
SingaporeWhich Singapore agency launched the best ICT project in the past year? Was it a smart housing scheme; a new e-government app; a transportation solution; migration of transactional services to the cloud; or something completely different? Will your agency be recognised during Singapore’s 50th anniversary year as a pioneer in using technology to transform service delivery? This can only happen if your agency enters the FutureGov Singapore Awards 2015.
 
⑩ 4/4: Office 365 cloud service unveiled, from Nepal
NepalKATHMANDU, APR 03 – Microsoft has launched Office 365 cloud service for businesses, educational institutions and consumers in Nepal. The service enables seamless sharing of data across personal computers and smartphones using cloud computing technology. Since it is internet-based, data and solutions can be accessed from anywhere using a browser, the company said.
 
ーーーーー
cna_6このポストを書きながら、アジアの国々が海でつながっていることを、あらためて認識しました。 つまり、大半の国々における主要経済都市が、海岸線に近い所に存在するため、陸揚げされた海底ケーブルが効果的に利用されていくはずです。アジアにおける IT は、その膨大な人口が支えるわけですが、そこに海の利まで加わるのですから、発展して当たり前ですよね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Posted in Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 25, 2015
Internet Browsers: Microsoft Deprecates Internet Explorer and Introduces Spartan
Dick Weisinger – May 13, 2015
http://formtek.com/blog/internet-browsers-microsoft-deprecates-internet-explorer-and-introduces-spartan/
_ formtek
Coming this Summer, Microsoft plans to release the next version of the Windows OS, version 10.  Microsoft also recently announced that they will be phasing out Internet Explorer in this version of the operating system, being replaced by a new browser that is currently being code-named ‘Spartan’.  Internet Explorer 11 is expected to be released alongside Spartan on the new OS, but going forward, the focus will be on Spartan.  Spartan is available for preview now as part of early releases of Windows 10.
 
この夏に Microsoft は、次期 Windows OS である Version 10 をリリースする予定だ。さらに Microsoft は、次期 Windows OS では Internet Explorer を段階的に廃止し、いまは Spartan というコードネームで呼ばれる新しいブラウザで置き換えていくと、最近になってアナウンスしている。この新しい OS でも、Internet Explorer 11 が Spartan と平行してリリースされるだろうが、今後の焦点は Spartan へと向かっていく。そして Spartan は、Windows 10 のアーリー・リリースの一部として、すでにプレビューが可能となっている。
 
Dali_3While Internet Explorer is still the most widely used browser, its user base has been eroding, and it has a bad reputation among web designers, developers and other techies.  Microsoft even poked fun at itself with the introduction of Internet Explorer version 9 in 2012, calling Internet Explorer the “browser you loved to hate”.
 
いまでも、Internet Explorer は最も利用されているブラウザであるが、そのユーザー・ベースは侵食されている。そして、Web デザイナーや、デベロッパー、マニアたちの間では、評判が良くない。さらに言えば、Microsoft は 2012年に Internet Explorer Version 9 と投入したときに、“browser you loved to hate” という表現で、悪ふざけまでしてしまった。
 
Joe Belfiore of Microsoft, wrote that Spartan is “fast, compatible, and built for the modern Web.  Project Spartan is designed to work the way you do, with features enabling you to do cool things like write or type on a webpage.  It’s a browser that is made for easy sharing, reading, discovery and getting things done online.”
 
Microsoft の Joe Belfiore は Spartan について、「高速性と互換性を重視し、最新の Web のために構築してきた。プロジェクトとしての Spartan は、あなたが行いたいことを、サポートするようにデザインされている。つまり、Web ページ上での入力といった、クールな操作を実現するものである。そして、もちろん、ブラウザであるからには、容易な共有/参照/発見を実現し、また、すべてをオンラインで完結させるために作られている」と述べている。
 
Some highlights of the new browser include:
 
  • A faster and standards-compliant rendering engine
  • Cortana, a Siri-like assistant, to assist with web browsing
  • Annotation and note taking directly on the web page
  • Easy capture and clipping of web pages
 
この新しいブラウザには、以下のような、いくつかの特徴がある:
 
  • 高速性と標準への準拠を両立させるレンダリング・エンジン
  • Siri ライクな Cortana による、Web 参照のアシスト
  • Web ページ上に注釈やメモを、ダイレクトに書き込む機能
  • Web ページの、容易なキャプチャやクリッピング
 
While there has been some criticism of the Spartan browser, much of the pess has been good.  For example, Mike O’Brien, head of platform for the Javascript framework Famo.us, said that the new Chakra JavaScript engine in Spartan “seems to just be hands down the fastest JavaScript engine out there now.”
 
この Spartan ブラウザに対しては、いくつかの批判もあったが、プレスの多くは満足しているようだ。たとえば、JavaScript フレームワーク Famo.us の Head of Platform である Mike O’Brien  は、Spartan に搭載される最新の Chakra JavaScript エンジン について、「現存する JavaScript エンジンの中で、図抜けたスピードを実現していると思われる」と述べている。
 
ーーーーー
On MondaySteve Ballmer 時代の Microsoft は、Internet Explorer という強力なブラウザを持ちながらも、Web の価値を矮小化させることで、Office のプレゼンスを高めようとしていたはずです。 しかし、Satya Nadella が CEO に就任してからというもの、Cloud-First Mobile-First へのシフトが速やかに進められています。 その意味で、Windows 10 と Spartan は、新しい Microsoft が世に問う、新しいプラットフォームになるはずです。 期待したいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
 

中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される

Posted in Alibaba, Asia, Data Center Trends by agilecat.cloud on May 21, 2015
Alibaba, Amazon, Microsoft main players in cloud market: columnist
Staff Reporter – May 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150519000037
 
_Want China Times
 
Amazon, Microsoft and Alibaba are set to become the three leaders in the global cloud computing market, according to Chinese columnist Liu Kuang.
 
China のコラムニスト Liu Kuang によると、グローバルのクラウド・コンピューティング市場における Top-3 は、Amazon/Microsoft/Alibaba になっていくという。
 
Alibaba’s Aliyun cloud division recently set up operations in Silicon Valley in California and in Dubai, while rival cloud computing services, Amazon Web Services and Microsoft’s Azure, are expanding in China, Liu said.
 
最近のことだが、Alibaba の Aliyun クラウド部門は、Silicon Valley, California と Dubai で、その運用を開始している。その一方で、クラウド・コンピューティング・サービスのライバルである、Amazon Web Services と Microsoft Azure は、China での活動を拡大していると、Liu は述べている。
 
Alibaba_Binjiang_ParkAliyun, which controls nearly 25% of the cloud computing market in China, is the market leader in China and the main obstacle to the expansion of Amazon and Microsoft there, Liu said.
 
China におけるクラウド・コンピューティング市場の約 25% を占めている Aliyun は、同国におけるマーケット・リーダーであり、また、Amazon と Microsoft の進出を阻む最大の要因にもなっていると、Liu は発言している。
 
Aliyun has 1.4 million clients in China, outnumbering Amazon Web Services’ 1 million around the world, and the Chinese company’s partnership with over 10 provincial governments and key government agencies at home helps solidify its position, Liu said.
 
Aliyun は China において 140万のクライアントを有しており、グローバルで 100万と言われる Amazon Web Services を上回っている。そして、同国内の 10 以上の省政府および、政府における主要機関と提携することで、この China 企業のポジションは強固なものにしていると、Liu は言う。
 
Moreover, Aliyun is the first cloud computing company to offer clients services built on single clusters of 5,000 servers, which provide faster processing speeds, Liu added.
 
また、Aliyun は、5000台以上のサーバーで構成される、シングル・クラスター上にクライアントのサービスを構築する、最初のクラウド・コンピューティング企業であり、きわめて高速な処理を提供していると、Liu は付け加えている。
 
This year, Aliyun is expected to expand the number of its data centers around the world from seven to 12, a pace of expansion rarely seen anywhere in the world, Liu said.
 
今年の Aliyun は、グローバルにおいて 7ヶ所〜12ヶ所のデータセンターを、そのインフラに加えていくと予想されるが、そのペースたるや世界に類を見ないものであると、Liu は言っている。
 
Aliyun’s latest data center set up in Dubai under a partnership with local company Meraas Holding will help the Chinese company make inroads in the Middle East, which is projected by market researcher IDC to be the world’s second-fastest-growing market in information and communication technology this year.
 
Dubai における Aliyun の最新データセンターは、ローカル企業である Meraas Holding とのパートナーシップの下構築され、China 企業の Middle East 進出を推進するものとなる。市場調査会社である IDC の推測によると、2015年における情報通信テクノロジー市場の中で、この地域は世界で2番目の成長力を示しているという。
 
The global expansion of Alibaba’s e-commerce platforms, Taobao and TMall, will also bring Aliyun to more overseas markets, Liu said.
 
Alibaba の e−コマース・プラットフォームである Taobao と TMall のグローバル展開に伴い、Aliyun の海外進出も活性化すると Liu は言う。
 
Aliyun’s expansion is not without challenges, however, especially restrictions imposed on foreign companies by different governments. Alibaba chair Jack Ma will need a diplomatic approach to address the issue, Liu said.
 
Aliyun の拡大には、それぞれの政府による外資への規制などがあるため、いくつかの課題が残されている。したがって、Alibaba のチェアである Jack Ma は、外交的なアプローチにより問題に対処していくことが必要になると、Liu は述べている。
 
Amazon, which has built its cloud computing service in over 100 markets around the world through the expansion of its retail operations, is Aliyun’s main rival, Liu suggested. With a 28% share of the US market, Amazon has 28 data networks in 11 countries and nearly 2 million servers.
 
Amazon はリテール事業の拡大を通じて、グローバルにおける 100以上のマーケットで、そのクラウド・コンピューティング・サービスを構築し、Aliyun の最大のライバルとなっていると、Liu は示唆する。具体的に言うと、US 市場で 28% のシェアを持つ Amazon は、28 のデータ·ネットワークと 200万のサーバーを、世界の 11カ国に展開している。
 
But Amazon is facing growing competition from later comers such as Google, Aliyun and Microsoft that are seeing faster growth than the online retailer, Liu said.
 
しかし Amazon は、同社よりも速く成長している、Google/Aliyun/Microsoftといった、新たな参入者との激しい競争に直面していると、Liu は言う。
 
On the other hand, Microsoft, which quickly established its Azure service by converting existing server operations, is set to encounter challenges because of high costs and the company’s lack of innovation in cloud computing technology, Liu contended.
 
その一方で、Microsoft はというと、すでに運用されているサーバーの、Azure Services への転換を、迅速に進めつつある。しかし、クラウド・コンピューティングにおけるコストの問題と、テクノロジー・イノベーションの遅れという問題に直面していると、Liu は主張している。
 
ーーーーー
Asia Pacificたしかに、「2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する」というポストで紹介したように、Alibaba の規模はかなりのものです。そして、中国のコラムニストの発言を訳したというのは、今回が始めてのことですが、この Liu Kuang さんの強気も、かなりのものです。 しかし、クラウドが規模の経済の上に成り立つなら、この中国企業は、相当な成長力を秘めていることになります。 なんといっても、中国には 13億人のモバイル・ユーザがいて、その約半分が 3G/4G に移行しているのですから・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、iOS を追い越した!

Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2015
Construction of Chunghwa Telecom-funded cross-Pacific cable begins
Jeffrey Wu – May 12, 2015
http://focustaiwan.tw/news/ast/201505120005.aspx
 
_ Focus Taiwan
 
Taipei, May 12 (CNA 中央通信社) Construction has begun on a multi-terabit submarine cable system co-funded by Chunghwa Telecom Co (中華電信), Taiwan’s largest telecom operator, and other leading carriers in Asia.
 
台北 5月12日(CNA 中央通信社):Taiwan 最大の通信事業者である Chunghwa Telecom Co(中華電信)や、アジアの主要通信事業者が共同で出資する、マルチ・テラビット海底ケーブル・システムの構築が始まった。
 

Chunghwa Telecom

Spanning more than 13,000 kilometers, the New Cross Pacific (NCP) cable network will connect Hillsboro, Oregon in the United States, Chongming, Nanhui and Lingang in China, Busan in South Korea, Toucheng in Taiwan and Maruyama in Japan, Chunghwa Telecom said in a statement on Monday.
 
この New Cross Pacific (NCP) は、米西海岸の Hillsboro, Oregon と、China の Chongming/Nanhui/Lingang および、South Korea の Busan、Taiwan の Toucheng、Japan の Maruyama をつなぐ、13,000 km の距離を持つケーブル・ネットワークだと、この月曜日に Chunghwa Telecom がステートメントを発している。
 
Adopting a state-of-the-art transmission system, the NCP will provide a design capacity up to 80 terabits per second, allowing the cable network to meet dynamic traffic needs of more than 100 gigabits per second in the future, the carrier added.
 
そして NCP は、最先端の伝送方式を採用することで、80T bps という設計容量を提供する。また、将来的には、100G bps 以上のトラフィック・ニーズに、ダイナミックに対応していくための、ケーブル・ネットワークになっていくと、このキャリアは述べている。
 
The NCP is designed to interconnect with other cable systems in the Trans-Pacific region to maximize the throughput of data and to support future upgrades, with the service expected to be launched in late 2017, the company said.
 
NCP は、Trans-Pacific(環太平洋)地域における他のケーブル・システムとの相互接続を実現するようにデザインされており、データのスループットを最大化し、また、将来のアップグレードをサポートしていく。そして、2017年の後半にはサービスが開始されると、同社は述べている。
 
“After investing in the Asia-Pacific Gateway (APG), Chunghwa Telecom started construction of NCP in order to establish a strong global network infrastructure,” said Tu Yuan-kuang (涂元光), president of Chunghwa Telecom’s international business group.
 
「Chunghwa Telecom は、グローバル・ネットワークの強固なインフラを確立するために、Asia-Pacific Gateway (APG) への投資に続き、NCP の構築に着手した」と、同社の International Business Group President である Tu Yuan-kuang (涂元光) は述べている。
 
With the trend toward high demand for international bandwidth, “we can provide the most reliable and (adequate capacity) to meet the most stringent requirements,” Tu said in the statement.
 
インターナショナル・バンドワイズへの需要が高まる中で、「最も厳しい要件を満たすために、最大級の信頼性と充分な容量を、私たちは提供ができるようになる」と、Tu はステートメントで述べている。
 
Participants in the NCP cable network consortium include Chunghwa Telecom of Taiwan, KT Corp. of South Korea, SoftBank Mobile Corp. of Japan, Microsoft Corp. and major carriers from China and the United States, who signed a construction and maintenance agreement along with a supply contract in October last year.
 
NCP ケーブル・ネットワーク・コンソーシアムへの参加者には、Taiwan の Chunghwa Telecom、South Korea の KT Corp、Japan の SoftBank Mobile Corp、Microsoft Corp、そして China と United States の主要キャリアが含まれる。それらの企業は、昨年の10月に、このネットワークの構築と維持に関する契約を締結している。
 
Chunghwa Telecom estimated the cost of building the NCP cable network at “several hundred million U.S. dollars.”
 
Chunghwa Telecom が、この NCP ケーブル・ネットワークに関して、”several hundred million U.S. dollars.” の構築コストになると予測している。
ーーーーー
MSこのニュースに関しては、Microsoft が海底ケーブル事業に参入という視点で、欧米のメディアも大きく取り扱っています。 ただ、Microsoft の戦略がグローバルなものであるため、それらのメディアは大西洋の話にフォーカスしてしまいます。 それではつまらないので、今朝は Chunghwa Telecom のステートメントを追いかけてみました。 Microsoft のブログを見ると、Hibernia とAqua Comms という会社と提携することで、ヨーロッパとのコネクションを強化し、アジアに関しては文中の NCP に参加することで、Mobile First と Cloud First の戦略を強化していくとのことです。 アジアと結ぶ海底ケーブルへの、クラウド・ベンダーによる投資に関しては、2009年の12月に「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳をポストしています。 そこで述べられている背景も、よろしければ、ぜひ、ご参照ください。 それと、Japan の Maruyama ですが、千倉の北にある町のことかと推測しています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
海底ケーブル SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
Gartner が インドの Tata を高く評価:決め手は途上国のサポート
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?
Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
 

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね :) それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 
%d bloggers like this: