Agile Cat — in the cloud

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on November 27, 2013

Facebook Likes Broadcom, Intel, Mellanox Switches
http://wp.me/pwo1E-6WG

Rick Merritt – 11/11/2013
http://www.eetimes.com/document.asp?doc_id=1320052

_ ee times

SAN JOSE, Calif. — Broadcom, Intel, and Mellanox have developed competing specifications for datacenter switches, responding to a call from the Facebook-led Open Compute Project.

SAN JOSE, Calif. — Broadcom および、Intel、Mellanox の各社は、Facebook が主導する Open Compute Project からの要請に応えるかたちで、データセンター・スイッチの仕様コンペに取り組んでいる。

OCP called earlier this year for open specs for software-agnostic leaf and spine switches to complement its existing specs for streamlined servers. The specs aim to speed innovation in networking hardware, "help software-defined networking continue to evolve and flourish," and give big datacenter operators more flexibility in how they create cloud computing systems, said Frank Frankovsky, a Facebook datacenter executive and chair of the OCP Foundation in a blog posted Monday.

今年の初めOCP は、既存のスイッチ・プロダクツを補完し、その合理化されたサーバーに順応させる、ソフトウェアを選ばない Leaf and Spine スイッチの、オープン仕様について呼びかけを行った。その仕様とは、ネットワーク・ハードウェアにおけるイノベーションのスピードを高め、また、「SDN の進化と普及を促進」し、さらには、大規模データセンター事業者によるクラウド·コンピューティング·システム開発に柔軟性を提供するものであると、Facebook データセンター部門のトップと、OCP Foundation 議長を兼任する Frank Frankovsky が、自身のブログ・ポストで発言している。

The project’s goal is to deliver a switch that can be rebooted to handle different jobs as needed. So far the OCP group received more than 30 proposals for systems or components.

このプロジェクトの目標は、異なるジョブを必要に応じて処理するための、リブートが可能なスイッチを提供することである。そして、これまでに、30種類を超えるシステムやコンポーネントの提案を、OCP グループは受け付けている。

Intel posted online a full reference design for its proposal for a 48×4 10/40G switch (below). The design uses Intel’s FM6764 switch acquired with Fulcrum Microsystems and two of Intel’s own SoCs — the Crystal Forest control plane processor and the Cave Creek chipset for daughter cards. Quanta and one other OEM built systems based on the design.

Intel からは、48×4 10/40G Seitch(以下)に関する提案のフル・リファレンス·デザインが、オンラインでポストされている。このデザインで用いられる Intel の FM6764 Switch は、Fulcrum Microsystems と Intel 自身の 2つの SoC と連携するが、後者に関しては、ドータ·カード用の Crystal Forest プロセッサと、 Cave Creek チップセットとなる。Quanta と、別の OEM によるシステムは、このデザインをベースに構築されている。

クリックで拡大 ⇒
Intel’s switch proposal uses three types of its chips.

Broadcom said it has delivered a spec and a working system based on its Trident II switching chip that meets OCP needs. However the company declined to release further details.

また、Broadcom からは、その Trident II Switch をベースにして、OCP のニーズを充たす仕様と稼働システムが提供されるようだ。ただし、同社は、その詳細についてリリースを行っていない。

Mellanox proposed a switch based on its SwitchX-2 switch and an x86 processor running the Open Network Install Environment (ONIE) software from Cumulus Networks. The switch supports either 48 SFP+ ports and 12 QSFP ports or 60 10GbE server ports when using QSFP+ to SFP+ breakout cables.

Mellanox からの提案は、その SwitchX-2 Switch と x86 プロセッサにより、Cumulus Networks から提供される Open Network Install Environment (ONIE) ソフトウェアを走らせるというものである。このスイッチは、48 SFP+ ポートと 12 QSFP ポートをサポートするが、SFP+ Breakout Cable を用いる際には、60 10GbE サーバー・ポートがサポートされる。

Separately, Cumulus submitted to OCP its ONIE software, a boot loader for installing software on network switches. It enables a generic switch to run a variety of networking software environments.

それとは別に Cumulus は、各種のネットワーク・スイッチ上にソフトウェアをインストールするための、ブート・ローダーとしてソフトウェアを OCP にサブミットしている。それにより、各種のソフトウェア・ネットワーク環境を実行するための、汎用的なスイッチが実現されるという。

Further work on networking specs and proposals continues at an OCP event this week in San Antonio.

今週に San Antonio で開催される OCP イベントにおいて、このネットワークに関する、さらなる仕様と提案が、明らかになるだろう。

— Rick Merritt, Silicon Valley Bureau Chief, EE Times

Related posts:

ーーーーー

open-computeOCP の Open Switch について詳しく説明しているのは、Facebook Tech Director Reveals Open Networking Plan というドキュメントだと思います。 その中で、Facebook の Najam Ahmad は、「私たちが取り組んでいる仕様は、本質的にコンピューティングのように振る舞うスイッチとなる。診断と試験のための BIOS 環境が起動した後に、実行可能なものが検索され、オペレーティング・システムが見つけ出される。つまり、一般的なオペレーティング・システムのように、どのように振舞い、なにを実行するのかを、それに伝えることができる」と説明しています。一言でいって、脱アプライアンスとなるわけですが、サーバーと同様に、無印スイッチが活躍できるのかどうか、とても興味深いテーマだと思います。image

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

%d bloggers like this: