Agile Cat — in the cloud

Linaro が OCP に参加 : それにより Linux on ARM in DC が加速していく!

Posted in Data Center Trends, Linux, Open Compute by Agile Cat on November 14, 2013

Linaro Brings Open Source Test Platform to Open Compute Project
http://wp.me/pwo1E-6Uh
Santa Clara, US – 28 Oct 2013
http://www.linaro.org/news/release/linaro-brings-open-source-test-platform-to-open-compute-project/en/

_ Linaro

Linaro has joined the Open Compute Project (OCP) as an official member and contributes the LAVA LMP (Linaro Multi-purpose probe) to the foundation

Linaro はオフィシャル・メンバーとして Open Compute Project (OCP) に参加し、このファンデーションに対して LAVA LMP (Linaro Multi-purpose probe) をコントリビュートする。

Linaro, the not-for-profit engineering organization developing open source software for the ARM® architecture, today announced that it has joined the Open Compute Project (OCP), an initiative launched by Facebook in 2011 to increase technology efficiencies and reduce the environmental impact of data centers.

Linaro(ARM® アーキテクチャのためのオープンソース・ソフトウェアを開発する非営利エンジニアリング組織)は、Open Compute Project(OCP)に参加することを、今日、発表した。この OCPとは、2011年に Facebook が立ち上げたイニシアチブであり、データセンターに関するテクノロジーを向上させ、環境への影響を軽減するものである。

_  space

_  space

OCP applies open-source software principles to the hardware industry to drive the development of the most efficient computing infrastructures at the lowest possible cost. Working with partners in both the hardware and software industries, it strives to achieve further innovation and efficiencies in scale computing technology. In parallel, Linaro – in particular within the Linaro Enterprise Group (LEG) – has become the place where a similar cross-section of companies collaborate on the future of Linux software on ARM-based servers. Linaro’s intention in joining OCP is to bring together the hardware and software discussion and help accelerate the release of more efficient server solutions. It will also contribute the specifications of the LAVA Multi-purpose Probe (LMP) to be made available through OCP. LMP boards extend the testing options for hardware incorporated into the Linaro Automated Validation Architecture (LAVA) test framework, which is available as an open source project.

OCP は、ハードウェアの世界にオープンソース・ソフトウェアの原則を適用することで、最も効率的なコンピューティング·インフラを、可能な限りコストを抑えたかたちで、開発していこうとする組織である。ハードウェアとソフトウェアの業界が、相互にパートナーシップを結ぶことで、スケールしていくコンピューティング・テクノロジーの、さらなる革新と効率化を達成しようと努めている。それと並行して、とりわけ Linaro の Enterprise Group (LEG) は、ARM ベース・サーバーにおける Linux ソフトウェアの将来を考慮し、企業同士が協調していく場を提供している。Linaro が OCP に参加する意図は、ハードウェアとソフトウェアという両者の議論を集約し、より効率的なサーバー・ソリューションのリリースを、加速させるところにある。また、LAVA Multi-purpose Probe (LMP) の仕様を、OCP を介して利用できるようにするための、コントリビューションも行っていく。LMP のボードは、オープンソース・プロジェクトとして提供される、Automated Validation Architecture (LAVA) テストフレームワークに、組み込むためのハードウェア・テスト・オプションを拡張していく。

“We’re excited to welcome Linaro into the Open Compute Project,” said Cole Crawford, executive director of the Open Compute Foundation. “The organization’s commitment to developing core open source software in a collaborative and transparent environment matches our own mission of openly sharing ideas and specifications to accelerate innovation in pursuit of the most efficient data center infrastructure.”

「 私たちは、Open Compute Project への Linaro の参加を、とても歓迎している。協調性と透明性を有する環境において、コアとなるオープンソース・ソフトウェアを開発していくという、この組織のコミットメントは、最も効率のよいデータセンター・インフラを追求するために、イノベーションを加速する発想や仕様をオープンに共有していく、私たち自身のミッションと一致する」と、Open Compute Foundation の Executive Director である Cole Crawford は述べている。

“We’ve been working closely with OCP since the founding of the Linaro Enterprise Group and the synergies between hardware and software in this space are very exciting,” said George Grey, Linaro CEO. “We’re very happy to be formally joining OCP and bringing the benefits of LAVA and LMP to a broader audience.”

「 私たちは、Linaro Enterprise Group の立ち上げ以来、OCP と緊密に協力してきた。 そして、このスペースにおける、ハードウェアとソフトウェアの相乗効果はきわめてエキサイティングなことである。私たちは、OCP にオフィシャルに参加することを喜んでおり、また、より幅広いオーディエンスに対して、LAVA と LMP のメリットを提供していきたい」と、Linaro の CEO である George Grey は述べている。

About Linaro

Linaro is the place where engineers from the world’s leading technology companies define the future of Linux on ARM. The company is a not-for-profit engineering organization with over 140 engineers working on consolidating and optimizing open source software for the ARM architecture, including developer tools, the Linux kernel, ARM power management, and other software infrastructure. Linaro is distribution neutral: it wants to provide the best software foundations to everyone, and to reduce non-differentiating and costly low level fragmentation. To ensure commercial quality software, Linaro’s work includes comprehensive test and validation on member hardware platforms. The full scope of Linaro’s engineering work is open to all online. To find out more, please visit http://www.linaro.org.

Linaro は、ARM 上の Linux における未来を定義する、世界有数のテクノロジー・カンパニーのエンジニアが集まる場所である。 同社は、非営利のエンジニアリング組織でありながら、140名以上のエンジニアを有し、ARM アーキテクチャのためのオープンソース·ソフトウェアの統合と最適化に取り組んでいる。具体的には、開発ツール/Linux カーネル/ARM パワー・マネージメントなどの、ソフトウェア・インフラへの取り組みも含まれる。Linano のディストリビューションは中立的なものである。 つまり、すべての人々に最高のソフトウェア基盤を提供し、非分化を抑制すると同時に、低レベルにおけるコストの掛かる断片化を軽減したいと望んでいる。商用レベルの高品質ソフトウェアを保証するために、メンバーが開発するハードウェア·プラットフォーム上での、包括的な試験と検証も、Linaro の作業に含まれている。 Linaro のエンジニアリング作業におけるフル・スコープは、その全てがオンラインで公開されている。詳細に関しては、以下の URL を参照して欲しい: http://www.linaro.org

For more information on the company, access to software and tools, and information on the community and open engineering, visit www.linaro.org

ーーーーー

image14なるほど! Linaro って、こういう組織であり、だから Open Compute とも仲良しなのですね! そうなると、ARM ベースの OCP サーバーとか、OCP ストレージとかの、とても興味深いスペックが、続々と OCP からリリースされてくるはずです。 ご興味が有りましたら、以前にポストした、『 Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう 』という抄訳も ご参照ください。とても、楽しみですね!ーーー image141 @Seoul ( OCJ Engineering Workshop です)

ーーーーー

<関連>

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Posted in .Selected, Data Center Trends, Linux, Open Compute, OpenStack by Agile Cat on October 1, 2013

Intel Uses Open-Source, OpenStack Cloud to Its Advantage
http://wp.me/pwo1E-6IT

By
Sean Michael Kerner  |  Posted 2013-09-19
http://www.eweek.com/pc-hardware/intel-uses-open-source-openstack-cloud-to-its-advantage.html/

image

At LinuxCon, Dirk Hohndel, Intel’s chief Linux and open-source technologist, explains why Intel is invested in open source and what his company is doing with the OpenStack cloud.

At LinuxCon において、Intel の Chief Linux and Open-Source Technologist である Dirk Hohndel は、同社がオープンソースに投資する理由について、また、OpenStack クラウドと協調する内容について、オーディエンスに説明した。

ーーーーー

NEW ORLEANS—Intel is a leading contributor to Linux as well as many other important open-source efforts, including the OpenStack cloud effort. In a keynote presentation Sept 18 at the LinuxCon conference here, Dirk Hohndel, chief Linux and open-source technologist at Intel, detailed why open source is important to Intel for development and for the cloud.

NEW ORLEANS — Intel は、Linux に対するコントリビュータとして、リーダーとしての役割を担っているが、それと同様に、オープンソース・クラウドである OpenStack にも真剣に取り組んでいる。9月18日に開催された LinuxCon カンファレンスのキーノートで、Intel の Chief Linux and Open-Source Technologist であるDrik Hohndel は、Intel の開発戦略とクラウドにおいて、オープンソースが重要となる理由について詳細まで説明した。

The theme for Hohndel’s keynote was all about new frontiers for Linux. He began by telling the capacity audience that for most of the general population, Linux is invisible and they don’t know what it is. That said, he noted that all you have to do is tell people that if they’re using Google, Facebook or Twitter, then they’re using Linux. All of those major Web properties are powered by Linux infrastructure.

Hohndel のキーノートにおける主題は、Linux の新しい応用分野の、すべてに及ぶものであった。彼は、一般的な人々の能力に合わせて話し始めた。 つまり、Linux の存在が見えにくいため、それが何であるかを知らない、オーディエンスにも分かるように説明したのだ。そうは言っても、Google や Facebook や Twitter を使用している知り合いがいるなら、それらの人々は Linux を使用しているのだと教えることが、あなた方の役割であるとも、オーディエンスたちに指摘していた。つまり、それらの主要な Web 資産は、その全てが、Linux をインフラにすることで実現されているのだ。

The desktop is another area that is a new frontier for Linux, even though Hohndel jokingly remarked he’s been saying it has been the year of the Linux desktop for some time. He pointed to the recent success of Google’s Chromebooks—Linux-powered devices that use the Chrome browser as their key method of accessing applications—as an avenue for the Linux desktop. Intel recently announced a push to get hardware vendors to use its Haswell chips inside Chromebooks.

デスクトップの領域について、Hohndel は冗談めかして話していたが、Linux にとっての、もう 1つのニュー・フロンティアだ。 彼は、これまでにも、今年は Linux デスクトップの年だと、言い続けてきたのである。Linux デスクトップの大きな流れとして、最近における Google Chromebooks(アプリケーションに アクセスするためのメインの方法として、Chrome ブラウザを活用する、Linux パワーのデバイス)の成功を指摘している。このところの Intel は、Chromebooks に Haswell チップを使用するよう、ハードウェア·ベンダーに対してプッシュしていることを、明らかにしている

Cloud

The cloud is another key frontier for Intel and for open source. Intel is a member of the OpenStack Foundation and is also key consumer of the technology. OpenStack got its start just three years ago as an open-source project led by NASA and Rackspace. Since then, multiple leading IT vendors including Hewlett-Packard, IBM, Dell, Cisco, AT&T and others have embraced the platform and are pushing its development forward.

Intel におけるクラウドは、オープンソースのための、もう 1つの重要な領域でもある。そして Intel は、OpenStack Foundation のメンバーであり、また、そのテクノロジーを活用する大物でもある。OpenStack 自体はというと、NASA と Rackspace が率いるオープンソース・プロジェクトとして、わずか 3年前にスタートを切ったばかりのものである。それ以来、Hewlett-Packard や、IBM、Dell、Cisco、AT&T といった代表的な IT ベンダーたちが、このプラットフォームを採用し、また、その開発を促進している。

"Intel has a sizable in-house OpenStack deployment," Hohndel said. "If you want to push technology, you have to see how it’s used and get your hands dirty."

「 Intel は、その社内に、かなりの規模の OpenStack クラウドを有している。ただし、あなたが、このテクノロジーをプッシュしたいなら、それが利用される方法を参照し、額に汗をかく必要がある 」と、Hohndel は発言している。

One of the items that Intel has contributed to OpenStack is Trusted Computing Pools technology.

Intel が OpenStack にコントリビュートしたアイテムの中では、Trusted Computing Pools が代表的なものとなる。

"The feature enables cloud hosting providers to build trusted computing pools based on hardware  security features, such as Intel Trusted Execution Technology (TXT)," the OpenStack wiki states. "Combined with an external standalone web-based remote attestation server done by a separate open source project, the providers can ensure that the compute node is running software with verified measurements, thus they can establish the foundation for the secure cloud stack."

「 この機能により、クラウド・ホスティング・プロバイダーは、たとえば Intel Trusted Execution Technology (TXT) のような、ハードウェア・セキュリティ機能をベースにした Trusted Computing Pools を構築できる 」と、OpenStack の wiki に記されている。そして、「 外部のスタンドアロン Web ベースのリモート認証サーバとの組み合わせが、異なるオープンソース·プロジェクトにより完了していく。そしてプロバイダーたちは、コンピューティング・ノードが、検証済みのソフトウェアを用いて実行されていることを確認できる。こうして、セキュアなクラウド・スタックのための、基盤が確立されていく 」と、説明されている。

Going a step further, Intel is now working on technology that will enable OpenStack cloud providers and users to accurately verify where a given workload is running.

さらに一歩進んで、いまの Intel は、特定のワークロードが実行されている場所を、 OpenStack クラウドのプロバイダーとユーザーが、正確に確認することを可能にするテクノロジーに取り組んでいる。

"So you have control and verifiability of where physically a virtual machine is running," Hohndel said. "Some people are nervous about having cloud images running in the U.S."

「 したがって、仮想マシンが実行されている環境をコントロールし、また、検証する能力が備わってくる。一部の人々は、クラウド·イメージがアメリカで実行されることに神経質になっている 」と、Hohndel は言う。

With the recent spate of revelations that the National Security Agency (NSA) has the ability to break Web encryption, there is a heightened sensitivity about U.S.-based cloud providers and their ability to ensure user privacy.

最近において、大量の暴露が相次ぐように、National Security Agency (NSA) は Web の暗号化を破る能力を持っている。したがって、アメリカ・ベースのクラウド·プロバイダーと、ユーザー・プライバシーを確保する能力について、誰もが神経質になっているのだ。

"We’re doing a lot of work on [encryption] key management, so we don’t have to rely on the NSA to manage our keys for us," Hohndel said somewhat satirically.

「 私たちは、暗号キーの管理において、多大な労力を払っているため、私たちのためのキーを管理するために、NSA に頼る必要はない」と、Hohndel は皮肉っぽく言っいる。

Open Source

Overall, Hohndel stressed that for Intel, open source has always been a way to drive innovation. It allows the company to participate in development and directly drive innovation.

全体を通して Hohndel が協調しているのは、Intel にとってオープンソースは、イノベーションを常に推進するためのほうしきであるということだ。 そのために、同社は開発に参加し、イノベーションをダイレクトに駆動できる。

"Regardless of how big and smart we are at Intel, there will always be more smart people outside of Intel," Hohndel said.

「 Intel が、どれだけ大規模であり、また、スマートであるのかに関わらず、私たちは Intel に在籍している。しかし、より多くのスマートな人々が、Intel の外にいるだろう」と、 Hohndel は言う。

He added that participating in open-source development enables Intel to tap that pool of smart people who don’t work for Intel.

そして、オープンソースの開発に参加することで、Intel のためには働いていない、スマートな人々のプールにアクセスできると、付け加えている。

"This is not a charitable effort for us," Hohndel added. "We want open source to design great projects and then have it run best on our hardware."

「 それは、私たちにとって慈善事業ではないが、オープンソースにより素晴らしいプロジェクトがデザインされ、それが、私たちのハードウェア上で、ベストなかたちで実行されるようにしたい」と、 Hohndel は述べている。

Sean Michael Kerner is a senior editor at eWEEK and InternetNews.com.
Follow him on Twitter
@TechJournalist.

ーーーーー

openstack-55a1Intel が OpenStack をプッシュするという展開は、とても素晴らしいですね。 Linux があったからこそ、いまのクラウド・コンピューティングがあるのだと思いますし、それ自体が OpenStack でオープンソース化されるという、永遠に続く階層構造が、ここから始まるというふうに期待してしまいます。 先日にポストした、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳は、ーーー しばしば、忘れられてしまうオペレーティング・システムかもしれないが、あなたが認識している以上に、あなたは Linux に依存しているのだ ーーー という言葉で締め括られていました。 あと、何年かすると、クラウドと OpenStack も、同じように評価されるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
OCP の Rack Solution : Quanta QCT が Intel Dev Forum で発表!
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

Posted in .Selected, IBM, Linux by Agile Cat on September 26, 2013

IBM to invest $1B in Linux & open source technologies
IBM made the announcement at LinuxCon in New Orleans
http://wp.me/pwo1E-6Gy

September 17, 2013 –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/09/17/ibm-to-invest-1b-in-linux-open-source-technologies/

_ VB Business

IBM just announced it will make a $1 billion investment to promote the development of Linux, a leading operating system for cloud and big data deployments in data centers. According to a media release, IBM also intends launch a new Power Development cloud, and fund a number of open source technology initiatives.

つい先日のことだが(9/17)、IBM は、 データセンターでクラウドやビッグデータをディプロイする際の、主要オペレーティング・システムである Linux の開発を促進するために、$1 billion の投資を行うと発表した。そのメディア・リリースによると、IBM は新しい Power Development クラウドを立ち上げ、いくつかのオープンソース・テクノロジーに対して資金を提供する方針だという。

Kansir/Flickr

IBM introduced its first Linux-only Power Systems in May of 2012, which now represents over 2,500 open source applications globally. The company intends to support this growing ecosystem, and attract more third party developers to the platform.

IBM は、2012年 5月に初めての Linux 専用の Power Systems を導入し、いまでは、2,500 種類のオープンソース・アプリケーションをグロ-バルに提供していると明言する。 同社は、この成長するエコシステムをサポートし、このプラットフォームに複数のサードパーティを誘致する予定である。

IBM currently operates Power Systems centers in locations like Montpellier, France, where developers learn onsite how to deploy applications using open source technologies. IBM made the official announcement at LinuxCon in New Orleans. The news comes over a decade since IBM announced it would back Linux, then in the early-stages of development.

IBM は現在、France の Montpellier などで Power Systems センターを運用し、オープンソース・テクノロジーを用いてアプリケーションをデプロイする方式を、オンサイトでデベロッパーたちに学習させている。この件について、IBM は New Orleans の LinuxCon で、オフィシャルにアナウンスしている。それは 同社が、黎明期にあった Linux の開発を支援するとアナウンスして以来、10年ぶりのニュースとして伝わるものである。

Onstage, IBM has stressed that it doesn’t intend to convert all of its existing customers to Linux. Instead, this investment is targeted at bringing new innovation to its cloud computing and analytics customers.

その席上で、IBM は、すべての既存の顧客を、Linux へシフトさせるものではないと強調していた。と言うより、むしろ、今回の投資は、クラウドとアナライズを必要とする顧客に、新たなイノベーションをもたらすものとなる。

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, said in a statement, “The last time IBM committed $1 billion to Linux, it helped start a flurry of innovation that has never slowed. We look forward to seeing how the Power platform can bring about further innovation on Linux, and how companies and developers can work together to get the most out of this open architecture.”

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「先日に IBM が、Linux に対する $1 billion の投資を約束してくれた。それは、イノベーションの流れを加速させるものであり、また、時期を逸したものではない。私たちは、この Power プラットフォームが Linux に対して、どのようにイノベーションをもたらすのか、そして、このオープン・アーキテクチャを最大限に活用するために、どのように企業や開発者が協調していくのかを楽しみにしている」と、そのステートメントの中で述べている。

ーーーーー

_ IBMLinux が無ければ、クラウドも成立していなかったでしょう。 つまり、ライセンス・ビジネスにより停滞していた IT が、オープンソースのパワーにより、一挙に問題を解決しようとしているのが、いまのアーキテクチャであり、ビジネスであり、マーケットなのです。 先日に、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳をポストしましたが、クラウドにかぎらず、この世界全体が、Linux に大きく依存している状況が分かります。 まだの方は、ぜひ ご覧ください。 この IBM の決定の、背景が見えてくると思います。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

Posted in .Selected, Asia, OpenStack by Agile Cat on August 21, 2013

OpenStack Grows Up And China Notices
http://wp.me/pwo1E-6vZ

Charles Babcock| July 24, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/openstack-grows-up-and-china-notices/240158721

_ Information week

In three years, OpenStack has taken the lead in open source for the enterprise cloud. Fall summit scheduled to take place in Hong Kong.

この3年間にわたって OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのオープンソース化をリードし続けてきた。 そして、この秋に予定されるサミットは、その開催地として Honk Kong を選んでいる。

ーーーーー

When OpenStack uncorks the champagne for its anniversary on Wednesday at OSCON (the Open Source Conference) in Portland, Ore., it doesn’t need to cite surviving three tumultuous years or the number of lines of code produced. It will have more qualitative gains to celebrate.

この水曜日に、Portland, Ore で開催された OSCON (the Open Source Conference) で、OpenStack が 3年目を記念のシャンパンの封を切った。 しかし、そのときに、大量のコードを生成しながら、激動の 3年間を生き続けたと、あえて説明する必要もなかったようだ。これから先も、OpenStack の性質からして、さらなる祝福が訪れるだろう。

imageOpenStack is the de facto leader in open source code for the enterprise cloud. It’s moved decisively into the lead for the production of both cloud provisioning and management and software-defined networking — that still loosely defined area of private cloud operations.

OpenStack は、エンタープライズ・クラウドのための、オープンソース·コードという領域におけるデファクト・リーダーであり、クラウドのプロビジョニングとマネージメントという 2つの局面で、生産すべきソフトウェアを決定するというポジションを、明確にリードするようになってきた。それは、プライベート・クラウド運用の領域を、大まかなところで定義する SDN についても言えることである、

OpenStack is downloaded with great regularity as the prototype system for a private cloud. According to founding member and Rackspace’s senior VP of private cloud Jim Curry, who spoke to us in an interview prior to the anniversary, the Rackspace release for private cloud has seen 29,000 downloads.

OpenStack は、プライベート・クラウドのプロトタイプとして、安定したペースでダウンロードされている。OpenStack の創立メンバーであり、Rackspace の Senior VP of Private Cloud でもある Jim Curry は、前述の記念日に先立ったインタビューにおいて、プライベート・クラウド用の Rackspace リリースは、すでに 29,000 ダウンロードに達していると説明していた。

Downloads, however, don’t mean much by themselves. What matters is the number of downloads that lead to working implementations. The list of publicly recognized implementers is shorter, but it includes, in addition to Rackspace and HP, such names as Comcast, Paypal and CERN. Also add Best Buy, Fidelity, Bloomberg and a fourth major enterprise user to be announced Thursday.

しかし、ダウンロードされるだけでは、それほどの意味もない。何が重要かといえば、実装につながるダウンロード数が重要となる。公認された実装者のリストは不足しているが、Rackspace と HP に加えて、Comcast および、Paypal、CERN などが加わるようになってきた。さらに言えば、Best Buy と、Fidelity、Bloomberg と、それに続く 4番目の主要エンタープライズ·ユーザーが、木曜日にはアナウンスされる。

It’s still too soon to compare OpenStack to Linux, although Openstack adherents are quite fond of doing so. Linux, through hard experience, produced a kernel development process that imposed the discipline of adding only processes or code that complemented what was already there. It’s not clear whether OpenStack, with its long list of code contributors, committers and sponsors (many of them competitors with rival agendas) will institute such discipline or drift into feature bloat. I’ve heard the team leaders say no benevolent dictator – i.e., Linus Torvalds — is needed at their project. Perhaps not, but some central disciplinary intelligence is needed. With no Torvalds on the scene, it’s not clear who’s responsible for such discipline at OpenStack. But let’s give OpenStack a chance to mature and show us how it addresses the issue.

OpenStack の支持者たちは、すぐに Linux と対比したがるが、それは時期尚早である。Linux は困難なエクスペリエンスを介して、すでに存在するものを補完する、プロセスとコードだけを追加するという、カーネル開発プロセスのための強制的な規律を創りだした。コードのコントリビューター/コミッター/スポンサーといった、長いリスト(その多くがライバルでありアジェンダを戦わせている)を伴う OpenStack が、将来の拡張に対して、そのような規律や趣意を提示するかと言えば、それは、まだ、明らかになっていない。このプロジェクには理解ある独裁者が、すなわち Linus Torvalds のような人が必要だと、チームリーダーたちが言っているのを聞いたことがある。おそらく、そのような人物はいないだろうが、その中心において、規律をインテリジェントに取り扱う機能は必要だ。そのような、Torvalds がいない現実において、OpenStack の規律に対して、誰が責任を持てるかといえば、それも不明確である。しかし、OpenStack には成熟のチャンスを与えるべきであり、そうすれば、問題への取り組み方も、明らかにしてくれるだろう。

Likewise, it’s hard to get past the simple quantitative measures to see how the new foundation and its development process are really working. We know OpenStack now has over one million lines of code, 231 company members, 238 unique contributors to the Grizzly release, etc. But the project is also taking on a much more international flavor, with members from 121 countries. In fact, the next OpenStack Summit will meet in November in Hong Kong — the first to take place outside the U.S.

それと同様に、定量的な測定をシンプルに行うだけで、この新しいファンデーションと、その開発プロセスが、適切に機能しているのかを確認するのも難しい。私たちが知っている範囲では、OpenStack は 100万行以上のコードを有し、231社のメンバーが参加し、238人のコントリビュータにより Grizzly などをリリースしている。しかし、それよりも、このプロジェクトは 121ヶ国からのメンバーが参加するという、はるかにインターナショナルなフレーバーに満ちているのだ。実際のところ、次回の OpenStack サミットは、11月の Hong Kong が予定されているが、アメリカ以外での初めての開催となる。

Chinese interest in OpenStack is huge because it opens wide the door to cloud computing. Developers at the Chinese firm Sina, previously contributors to the project, have helped form the China Open Source Cloud League, which adds more contributors to the project, according to Curry.

OpenStack は、クラウド·コンピューティングへのドアを大きく開くため、China の関心も大きく膨らんでいる。Curry によると、このプロジェクトに以前からコントリビュートしている、China 企業である Sina は、さらに多くの人々を集めるための、China Open Source Cloud League を形作ろうとしている。

In addition to its greater international focus, there’s another sign of growing OpenStack maturity. Each subproject of OpenStack holds an election every six months among active contributors to decide who should serve as technical lead of the project, a key position. No changes in these posts would suggest that one company’s or one faction’s influence was sufficient to maintain the same lead indefinitely. For example, early on, Rackspace and Nebula technology execs dominated these positions because Rackspace was a co-founder and organizer, as were the founders of Nebula, who came out of NASA.

こうした、素晴らしいインターナショナル・フォーカスに加えて、OpenStack の成熟度を示す別の兆候がある。OpenStack はにおける個々のサブ・プロジェクトは、このプロジェクトのテクニカル・リードという、重要なポジションを務めるべき人を、積極的なコントリビューターの中から選ぶため、半年ごとに選挙を実施している。このポストに変化がないということは、一社もしくは一派閥が、永遠に変わらないリードを維持するだけの、充分な影響力を行使していたと示唆される。たとえば、OpenStack の黎明期において、一連のポジションが Rackspace とNebula の技術幹部たちに独占されていたのは、Rackspace が Co-Founder であり、NASA から生じた Nebula に Founder たちが居たからである。

In April, Russell Bryant of Red Hat replaced Vishvananda Ishaya of Nebula, who had served as technical lead of the Nova compute project for 2.5 years. In addition, Dan Wendlandt, of the software-defined networking firm Nicira, was the technical lead on the Quantum networking project for a year, with Nicira acting as a major contributor. After Nicira was acquired by VMware, a competitor of OpenStack, Nicira remained a contributor but Wendlandt was replaced by Marshall McClain of Dreamhost. In other words, what might have been a narrow band of leadership reflecting company interests has gradually given way to broader leadership, suggesting a meritocracy of regular elections is at work.

この 4月には、Nova プロジェクトのリードが、Nebula の Vishvananda Ishayaから  Red Hat の Russell Bryan に替わった。Ishaya は、2年半にわたって、このテクニカル・リードを務めてきたのだ。また、SDN の企業である Nicira の Dan Wendlandt は、主要コントリビューター Nicira としての立場から、1年間にわたり Quantum ネットワーク・プロジェクトのテクニカル・リードを務めていた。そして Nichira は、OpenStack のライバルである VMware に買収された後もコントリビューターとして残っているが、Wendlandt のポジションは Dreamhost の Marshall McClain へと移行した。言い換えれば、企業の利益を反映する、狭い視野によるリーダーシップから、より広範なリーダーシップへと、徐々に変化しているのだ。これも、定期的な選挙の結果が示唆するものなのだろう。

In three years, OpenStack has come a long way in both its internal organization and its acceptance in the world. It’ll be up to the company’s current management team to achieve additional milestones going forward.

この 3年の間に、組織の内部において、そして、外側の世界において、長い道のりを歩むことで、OpenStack は受け入れられるようになってきた。 それにより、この先のマイル・ストーンを達成するまで、現行のマネージメント・チームは支持を受け続けるだろう。

Says Chris Kemp, former CIO of NASA and CEO of OpenStack firm Nebula: "It’s hard to find a computer company, with the exception of Amazon, that’s not part of OpenStack. It’s occupying a huge void that needed to be filled… Everyone agrees, the next 25 years of computing should be open."

NASA の CIO を努め、いまでは OpenStack を支持する Nebula の CEO である Chris Kemp は、「Amazon を例外として、OpenStack に参加していないコンピュータ会社は、なかなか見つからないはずである。それにより、満たされるべき、巨大な空間を占有できるようになった。 これから 25年の間に、コンピューティングはオープンになるといいう考え方に、誰もが同意している」と、発言している。

OpenStack Grizzly Has SDN TeethCharles Babcock | April 05, 2013

ーーーーー

openstack-55aこの 4月に、『 そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! 』という抄訳をポストしましたが、そこには、こんなことが書いてあります。 ーーー クラシカルなセールス・モデルとは、組立ラインの経済から生じた、ある種の不自然な結果である。 製造業という、パーツを構築する世界では、製品を完成させるためにアセンブリを行い、それらを倉庫から出荷し、収益を得るためにセールスとマーケティングに依存してきた。こうした方式により、自動車/医薬品/化粧品/書籍/食品/飲料などの製品が、長きにわたり構築され、販売されてきた。しかし、このクラシカルなモデルを、エンタープライズ·ソフトウェアに当てはめても、それは失敗の運命にある。ーーー 中国における Android の爆発的な成長からは、洗練された多国籍企業であっても、なかなか乗り越えられないテリトリーの壁を、オープンソースがやすやすと突破していった様子がうかがい知れます。Linux と Android に続き、OpenStack がアジアの広大なスペースを満たしてくれることを期待しています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, IBM, OpenStack by Agile Cat on August 20, 2013

OpenStack Needs A Dominant Vendor, Not Interoperability
http://wp.me/pwo1E-6vC
Matt Asay – July 25, 2013
http://readwrite.com/2013/07/25/openstack-needs-a-dominant-vendor-not-interoperability

_ Read Write (2)

While the OpenStack community pines for interoperability, what it really needs is a dominant vendor.

The OpenStack community is infighting. Again. This time, as ever, some of OpenStack’s most prominent advocates are arguing over what interoperability means, and just who measures up. Ironically, what OpenStack needs to succeed has less to do with interoperable implementations of the OpenStack reference architecture and more to do with a single vendor imposing standardization on the community.

再び、OpenStack コミュニティに内紛が生じている。いつものように、いくつかの突出した OpenStack  支持者たちが、インターオペラビリティの意味するものについて、また、それを誰が測定すべきかという点について主張しているのだ。 皮肉なことに、OpenStack が成功するために必要なことは、OpenStack リファレンス·アーキテクチャにおけるインターオペラビリティ実装を最小に留めることであり、また、このコミュニティに標準化を課すシングル・ベンダーが、より多くの事柄に対応するようになることだ。

That’s right. OpenStack needs a hegemon.

正しく言えば、OpenStack は覇権者を必要としているのだ。

Every Community Needs A Leader

Red Hat Executive VP and President, Products and Technologies Paul Cormier

After all, no one talks about Amazon Web Services interoperability. Or, rather, we don’t ask Amazon to sit in committee rooms and conform its API to OpenStack, Cloudstack and other cloud offerings. Amazon dominates public clouds. It sets the standard and others either conform to its API or not. (At present, the OpenStack community continues to vote for "not," which leads industry pundits like Simon Wardley to dismiss it as a "dead duck.")

結局のところ、Amazon Web Services とのインターオペラビリティについては、誰も話題にしていない。 だからと言って、私たちは Amazon に対して、このコミッティの会合に参加し、OpenStack や CloudStack などのクラウド・サービスに対して、その API を準拠させたらどうかと、尋ねているわけでもない。Amazon は、パブリック・クラウドを支配している。 つまり、Amazon が標準を設定し、その API に、他者が準拠するか、しないかという状況にある。(現時点の OpenStack コミュニティは、" No" と投票している。 それは、Simon Wardley のような業界の専門家が、"Dead Duck" として、却下するような状況へと導く)

This is why Cloudscaling CTO and OpenStack luminary Randy Bias is spot on to deride OpenStack interoperability as key to its success:

以下は、Cloudscaling の CTO であり、OpenStack の指導者でもある Randy Bias が、その成功のカギとしての、OpenStack インターオペラビリティを冷笑する理由である:

The very idea that OpenStack requires interoperability to succeed is completely laughable. Interop doesn’t guarantee success.

OpenStack の成功において、インターオペラビリティが不可欠という発想は、きわめてバカバカしいものである。インターオペラビリティが、成功を保証するということはあり得ない。

— Randy Bias (@randybias) July 23, 2013

Far too often in the open-source community, we ascribe magical powers to committee-fostered interoperabilty, when the industry actually displays a remarkable tendency toward de facto standardization.

これまで、業界がデファクト・スタンダードへ向けて顕著な方向性を示すたびに、このオープンソース・コミュニティのコミッティが魔法のようなパワーを発揮し、インターオペラビリティを促進していくという期待が、あまりにも頻繁に生じてきた。

Linux, for example, really took off when the industry was able to rally around a single vendor, Red Hat, as its standard bearer. Perhaps it’s not surprising, then, that Red Hat executive vice president Paul Cormier declares that "OpenStack is Linux all over again," with a need for OpenStack’s disparate elements to cohere into a distribution that makes it consummable by the masses.

Linux の場合は、RedHat というシングル・ベンダーを、スタンダードの旗手として業界が認識したときに、ほんとうの意味で離陸している。おそらく、それは驚くべきことではない。 その後、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier は、「OpenStack は Linux を再現するものだ」と宣言している。 それは、OpenStack における本質的に異なる各要素を、一貫性のあるディストリビューションに仕立て上げ、大衆が消費できるかたちにしていくという、ニーズを伴うものになる。

Red Hat At The Helm?

It’s not surprising that Cormier sees his company as the unifying center of the OpenStack universe. While there still is a long way to go in establishing OpenStack leadership, Red Hat currently sits in prime position to lead OpenStack just as it led Linux. Why? Because it contributes the most to the project:

Cormier が、OpenStack の宇宙を統一する中心として、自身の会社を認識しているに驚くべきではない。OpenStack がリーダーシップを確立するまでには、まだ、長い道のりが残っているが、いまの Red Hat は、Linux のときと同様に、OpenStack をリードするという重要なポジションを得ている。その理由は、このプロジェクトに、最も貢献しているからである:

クリックで拡大 ⇒
Source: OpenStack (Data compiled by Bitergia)

In open source, being the source of code matters more than source code. She who contributes most, controls (or influences) most.

オープンソースでは、コードのソースであることが、ソースコード自体よりも重要となる。 つまり、最大のコントリビューションを行なっている者が、最大のコントロール(影響力)を行使することになる。

Hence, even as the OpenStack community mulls over the introduction of RefStack, a proposed conformance testing system to help evaluate just how "pure" an OpenStack implementation is, OpenStack’s members are already jockeying to be RefStack. If Red Hat or another vendor establishes primacy in the community, its implementation will essentially become "RefStack."

したがって、OpenStack コミュニティが RefStack の導入を検討するのと同時に、そこで提案されるコンフォーマンス・テスト・システムが、"ピュア" な OpenStack 実装の評価を促進していくことになる。 そして、OpenStack のメンバーはたちは、RefStack なるための、主導権争いの中にある。 Red Hat などのベンダーが、コミュニティにおける優位性を確立した場合、その実装が、本質的な意味で "RefStack" になっていく。

Again, Linux illustrates how this will happen. As Red Hat established the lead in the early 2000s, the rest of the Linux vendors, led by Caldera, attempted to band together as United Linux. I was involved in these discussions and can report with some accuracy that they completely, totally failed. It turns out the market didn’t want a common Linux distribution created by committee. They wanted the industry standard, which happened to be Red Hat.

繰り返しになるが、こうした事象が起こることを、Linux が例証している。 2000年代の初めに、Red Hat が主導権を確立したとき、その他の Linux ベンダーは、Caldera が率いる United Linux として団結しようとした。私は、一連の議論に関与していたので、彼らが完全に失敗したことを、いくつかの正確性をもってレポートできる。そこで分かったことは、マーケットが欲したものが、コミッティにより作成された、 Common Linux ディストリビューションではないという事実であった。 マーケットが求めるものは、業界のスタンダードであり、たまたま Red Hat が、それになったということだ。

Choose Your Hegemon

There’s still a long way to go to determine who will lead OpenStack, though Red Hat currently occupies pole position. But whether Red Hat or Rackspace (which used to dominate) or IBM or another vendor, OpenStack’s success depends upon a single large vendor assuming leadership. Interoperability will follow, but it won’t be designed by committee. Rather, it will be imposed by a dominant OpenStack vendor, with the community necessarily conforming to its distribution.

現在のポール・ポジションは、Red Hat により占められているが、OpenStack のリードする者を決定するには、まだ長い道のりが残されている。それが、Red Hat もしくは、Rackspace(支配のために利用される)、IBM といったベンダーになるにしろ、OpenStack の成功は、大規模シングル・ベンダーが発揮するだろう、リーダーシップに依存することになる。そして、インターオペラビリティは、それに従うものであり、コミッティがデザインするものではない。むしろ、それは、支配的な OpenStack ベンダーにより課されるものであり、コミュニティとディストリビューションの間に、適合性が必ずしも存在するというものでもない。

ーーーーー

TAG index以下の事例にあるように、ユーザーとして Sony や、CERN、PayPal などが揃い、この 4月の Summit では、Bloomberg や、Comcast、HubSpot、Best Buy などがキーノートに登壇した OpenStack に、力強さを感じますね。 そして、最近は、AWS とのインターオペラビリティの、必要性に関する議論が盛んなようですが、そんなものは不要だと、バッサリ切り捨てているのが、この記事の言いたいところだと思います。その一方で、『 あなたは、Amazon から恩義を受けているが、それは一時的なものである。 その市場をとりまくエコシステムが、Amazon のエコシステム以上に成長するにつれて、現実には AWS クローンの市場が、AWS API をコントロールするようになり、その方向性を定めることになる 』という推測を、提供しているブログもあります。この戦い、ほんと、興味シンシンですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

Posted in .Chronicle, .Selected, Linux, Strategy by Agile Cat on July 23, 2013

12 Unexpected Things That Exist Because Of Linux
http://wp.me/pwo1E-6p7

Dylan Love – Jul. 13, 2013
http://www.businessinsider.com/whats-linux-for-2013-7

_ Business Insider

It feels like Linux doesn’t get enough love.

私が思うに、Linux は充分な称賛を得ていない。

Apple’s OS X and Microsoft’s Windows operating systems are always in the spotlight, but the free and open-source Linux quietly churns away to power a surprising number of everyday or unusual items.

Apple OS X と Microsoft Windows というオペレーティング・システムは、常にスポットライトを浴びているが、オープンソースでフリーである Linux も、日常において、また、突出した領域において、大量のパワーを静かに供給しているのである。

Linus Torvalds,
creator of Linux.

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, told us, “You use Linux every day but you don’t know it. It’s such a fundamental part of our lives.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「 あなたは、日々の中で Linux を使っているが、それに気づいていないだけだ。それは、私たちの生活の基本を構成している」 と、発言している。

“It runs air traffic control, it runs your bank, and it runs nuclear submarines. Your life, money, and death is in Linux’s hands, so we can keep you alive, clean you out, or kill you. It’s incredible how important it is.

「 たとえば、航空管制も、銀行のトランザクションも、原子力潜水艦も、みんな Linux で動いている。 つまり、生命と、資産と、さらに言えば 死でさえも、Linux の手に委ねられている。 つまり、信じられないほどの重要性が、そこにあるということだ」

“The world without Linux might be a very different place. It’s one where computing is kind of crappy and homogeneous. You’re still using Windows CE on your crappy Windows cell phone. That world is grim and dark and Linux is a reason why that world doesn’t exist.”

「 Linux のない世界は、いまとは異なる世界になるだろう。つまり、安っぽいコンピューティングが、のさばっているような世界だ。きっと、安っぽい Windows CE を、Windows Phone で使っている人が、数多くいるはずだ。 そんな世界は、冷たく暗い。 そして、Linux の存在により、そのような世界は否定される」

↓ クリックで、解説付きの Facebook アルバムへ ↓

___space

We’ve gathered 12 examples that prove Zemlin’s statements are no exaggeration – for such an oft-forgotten operating system, you rely on Linux far more than you realize.

私たちは、12分野の事例を集め、Zemlin が誇張していないことを証明する。 しばしば、忘れられてしまうオペレーティング・システムかもしれないが、あなたが認識している以上に、あなたは Linux に依存しているのだ。

ーーーーー

imageAndroid と、Super Computer、NYSE、CERN、Cloud は、すべて Linux の成果だと認識していましたが、日本の新幹線と、トヨタと、原子力潜水艦までもとは、想像もしていませんでした。 IT のコモディティ化が、それを応用する社会と経済を、あらゆる側面から支えているのですが、その中心に、人類の資産ともいうべき Linux が、どっしりと構えているのが、とても心強いですね。 ほんと、素晴らしいことです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
MySpace を殺したのは Microsoft ソフトウェア・スタックなのか?
Red Hat は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows

Posted in .Selected, Linux, Research by Agile Cat on April 30, 2013

Linux: Enterprises Shift Servers from UNIX and Windows
http://wp.me/pwo1E-62z
By Dick Weisinger, on April 18th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3694

_ formtek

Spending by enterprises on servers is growing at an annual rate of just 3.1 percent.  The three dominant enterprise server Operating Systems being used are Linux, Windows and UNIX.  Not too surprisingly, enterprises are dropping older Unix servers in favor of Linux — Unix spending was down 24.1 percent in 2012, while Linux spending picked up some of the slack by growing 12.7 percent over that period.  Windows server revenues grew at just 3.2 percent last year.

エンタープライズによるサーバーへの支出は、年間で 3.1% の成長を遂げている。 この Enterprise Server オペレーティング・システム市場は、Linux/Windows/UNIX の 3つにより占有されている。そして、あまりにも当然のことながら、エンタープライズは Linux を支持し、古い Unix サーバーを減らしている。 そして、2012年における Unix への支出は、24.1% も低下しているが、その期間における Linux への支出は、12.7% という緩やかな成長を見せている。 また、Windows サーバーの売上高は、3.2% の成長に留まっている。

Over the next five years the shift towards Linux seems to be particularly clear, with 80 percent of large IT organizations planning to increase their purchases of Linux servers and only 20 percent planning to make additional Windows-server purchases.

今後の 5年間における Linux へのシフトは、きわめて明らかな傾向だと思われる。具体的には、大手企業における IT 部門のうち、その 80% が Linux サーバーの購入を増やすとし、残りの 20% が Windows サーバーを購入するとしている。

These are the results of a global survey conducted by the The Linux Foundation of companies and organizations with sales of more than $500 million or with more than 500 employees.

この数値は、年商が $500 million 以上もしくは、従業員数が 500人以上の企業や団体に対して、Linux Foundation が実施した、グローバルな調査の結果からのものである。

Other findings from the Linux Foundation report include:

この Linux Foundation からのレポートには、以下のような視点も含まれる:

  • 85.6 percent of respondents say Linux continues to improve
  • 66 percent of respondents say that they continue to make new Linux server deployments
  • 60.2 percent of respondents say that they are increasingly using Linux for mission-critical applications
  • 95 percent of IT managers say that Linux has become more valuable to their missions than in previous years
  • 70.3 percent say that they prefer to use Linux for their cloud computing needs
  • 60 percent of CIOs say that Linux is strategic for their organization
  • 38.3 percent say that a major concern about Linux is the lack of skilled Linux IT professionals
  • Cost no longer is the top reason cited to be using Linux.  Instead, technical superiority and security are considered to be the main benefits.
  • 85.6% の回答者が、Linux は継続的に改善されていくと発言している。
  • 66% の回答者が、Linux サーバーを継続的にディプロイしていくと発言している。
  • 60.2% の回答者が、ミッション・クリティカルなアプリケーションにおける、Linux の利用が増えていると発言している。
  • 95% の IT マネージャが、Linux は昨年と比較して、その利用価値を高めていると発言している。
  • 70.3% の回答者が、そのクラウドでのニーズにおいて、Linux を好むと発言している。
  • 60% の CIO たちが、自身の組織の戦略に、Linux が適合していると発言している。
  • 38.3% の回答者が、Linux のスキルを持った IT プロが欠乏していることが、最大の問題点だと発言している。
  • Linux を利用する上で、コストが最重要視されているわけではない。それに替えて、テクニカル面での優位性とセキュリティが、主要なメリットになるようだ。

Amanda McPherson, vice president of marketing and developer services of the Linux Foundation, said that “We see the growing success of Linux adoption in the enterprise, especially as it’s used for the most important areas of business, leading to the rise of Linux and collaborative development across many industries.  Having a realistic understanding of where Linux is gaining traction in the enterprise helps to inform vendors and users about how they can work together to advance Linux and the technologies it supports.”

Linux Foundation の Vice President of Marketing and Developer Services である Amanda McPherson は、「 エンタープライズにおける Linux の採用が増えるという、成功を確認している。とりわけ、ビジネスの最重要エリアでの利用が進むことで、各種の業界をまたいだ Linux の採用と、協調的な開発が促進されている。 エンタープライズにおいて、Linux が勢いを増していることで現実的な理解が促進され、Linux の先進性とテクノロジーを活用したいと考えるベンダーとユーザーに対して、適切な情報が行き渡るようになった」と、発言している。

ーーーーー

TAG indexプロプライエタリは、供給する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 そして、オープンソースは、利用する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 どちらにも、長所と短所があるため、一概に決め付けることはできませんが、クラウドや仮想化という概念に包まれる、サーバー OS という領域は、利用する側の理屈とイニシアティブが優先されるべきという判断が、この調査の結果には反映されているようにも思えます。ソフトウェア自身にというより、それを運用していくノウハウに、数多くの企業が、資産としての価値を見出しているのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
フリーミアムが、成功するとき、失敗するとき
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ

Posted in VMware, OpenStack by Agile Cat on April 23, 2013

VMware Adds Interoperability With Ubuntu OpenStack Cloud
http://wp.me/pwo1E-60F

Charles Babcock| April 18, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/vmware-adds-interoperability-with-ubuntu/240153156

_ Information week

The next Ubuntu release, coming soon, will include VMware plug-ins for the Quantum networking platform in OpenStack.

もう直と言われている、次期 Ubuntu のリリースだが、OpenStack の Quantum  ネットワーク・プラットフォームに対応する、VMware のプラグインが含まれるようだ。

VMware has contributed plug-ins to the OpenStack Project that guarantees the project’s networking platform will recognize and work with virtual machines running under VMware’s vSphere management environment and VMware’s Nicira Network Virtualization Platform.

VMware は、OpenStack のプロジェクトに対して、いくつかのプラグインをコントリビュートしてきた。それは、OpenStack プロジェクトのネットワーク・プラットフォームが、VMware における vSphere のマネージメント環境および Nicira Network Virtualization Platform で動作する仮想マシンを認識し、また、協調動作することを保証するものである。

VMware acquired startup Nicira last July for $1.26 billion and has made its NVP the basis of future virtualized networking in what it terms "the software-defined data center." The Network Virtualization Platform from Nicira, a leader in OpenFlow network protocol concepts, is also the basis for the Quantum networking platform in OpenStack. Nicira was a heavy contributor to OpenStack before the acquisition, and it remains one now. At the OpenStack Summit on Tuesday, VMware gave these contributions a particular cast. Through close collaboration between Canonical and VMware, they will work inside the Ubuntu distribution of OpenStack, according to VMware’s VP of vSphere product management Joshua Goodman.

昨年の7月に、VMware は $1.26 billion を費やして、スタートアップである Nicira を買収した。そして、同社が Software Defined Data Center と定義する、将来の仮想ネットワークの基盤として、Nicira の NVP を位置づけている。Nicira は OpenFlow ネットワーク・プロトコル・コンセプトのリーダーでもある。 そして、同社から提供される、この Network Virtualization Platform は、OpenStack における Quantum ネットワーキンク・プラットフォームの基盤でもある。 VMware に買収される以前の Nicira は、OpenStack における重要なコントリビュータであり、それは、今も継続している。そして、火曜日(4/16)の OpenStack Summit で VMware は、それらのコントリビューションに特別な役割を与えた。VMware の VP of vSphere Product Management である Joshua Goodman によると、Canonical と VMware は、その緊密なコラボレーションを介して、OpenStack の Ubuntu のディストリビューションに手を加えてきた。

Suse Linux and Red Hat also have distributions of OpenStack. Red Hat’s KVM hypervisor is the one native to the OpenStack cloud open source code. Suse Linux is often cited as the version that works most closely with Windows Server and its hypervisor, Hyper-V. Both are keen competitors of VMware’s ESX Server.

SUSE LINUX と Red Hat も、OpenStack ディストリビューションを持っている。 Red Hat の KVM ハイパーバイザーは、OpenStack クラウド・オープンソース・コードに対するネイティブである。 SUSE LINUX は、Windows Server および、そのハイパーバイザーである Hyper-V と密接に連携するバージョンとして、頻繁に引用されている。そして、どちらも、VMware の ESX Server に対する強力なコンペティタである。

The move also reflects VMware’s growing realization that it is likely to need to live with many OpenStack implementations in the future, despite its early hopes that its own cloud software stack, the vCloud Director suite, would be the basis of private and public clouds everywhere. The collaboration with Canonical gives it an OpenStack partner that is less an immediate competitor than either Red Hat or Suse.

この動向は、VMware が達成したいと考える、未来像にも影響を与える。つまり、その初期で期待していた OpenStack 独自のクラウド·ソフトウェア·スタック(すべてのプライベート/パブリック・クラウドの基礎となる vCloud Director スイートを望んでいた)ではなく、数多くの OpenStackの 実装と共存していく可能性が高いことを意味する。Canonical とのコラボレーションにより、OpenStack パートナーに与えるものが生じるが、 Red Hat や Suse と比べれば、その影響は少ないものとなる。

VMware contributed the plug-ins for the Grizzly release of OpenStack, which came out April 4. Canonical has not yet included Grizzly in its version of OpenStack, but it plans to do so by the end of the month.

VMware は、4月4日にリリースされた、OpenStack Grizzly 用のプラグインも提供している。 現時点では、Canonical は Grizzly に対応したバージョンを持たないが、今月の末までには、対応する計画だという。

On Wednesday, Martin Casado, founder of Nicira and now chief architect of networking at VMware, posted a blog on the VMware website reading, "The transformation to the software-defined data center will take many forms, and VMware understands that many customers will want to piece together different technologies based on their requirements… "

この水曜日に、Nicira の Founder であり、VMware の Chief Architect of Networking でもある Martin Casado は、「 Software Defined Data Center に切り替えていく道筋には、いくつかの形態がある。 そして、数多くのカスタマたちは、その要件にしたがって、それぞれのテクノロジーを組み合わせたいきたいはずだと、VMware は理解している」と、VMware Web サイトのブログにポストしている。

He said VMware is committed to having its virtualization environment work with OpenStack, despite perceived competition between them, and VMware has "almost doubled the number of developers working on OpenStack" compared to Nicira’s previous level of contribution. Through its Nicira-acquired developers VMware was among the top ten contributors of code to the Grizzly release, he added.

彼の発言によると、OpenStack の仮想化環境における競合は理解しているが、そこに対して、VMware はコミットしていくことになる。そして、これまでの Nicira によるコントリビューションと比較して、VMware は「 OpenStack に対して 2倍のデベロッパーを投入している」と発言している。さらに、Nicira が獲得したデベロッパーを介して、VMware は Grizzly リリースに対して、Top-10 に入るだけのコードをコントリビュートしていると、彼は付け加えている。

[ Want to learn more about how VMware plans to work with the open source cloud project OpenStack? See VMware Does Complicated Dance With Open Source Code]

ーーーーー

imageOpenStack と Nicira、そして、VMware と Nicira。 この三者の関係が、これから、どのように整理されてくるのかと考えると、興味が尽きませんね。 昨年の7月に、『 VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?』という抄訳をポストしましたが、その後に、VMware の OpenStack 参加があり、PayPal が VMware から OpenStack へ移行するという話まで出てきています。 その一方で Ubuntu は、中国政府との提携を進めるという、とても目を引く動きを見せています。 次には、どのような展開が待ち受けているのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?
ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack
待たせしました VMware さん – from OpenStack
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

%d bloggers like this: