Agile Cat — in the cloud

IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

Posted in .Selected, IBM, Linux by Agile Cat on September 26, 2013

IBM to invest $1B in Linux & open source technologies
IBM made the announcement at LinuxCon in New Orleans
http://wp.me/pwo1E-6Gy

September 17, 2013 –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/09/17/ibm-to-invest-1b-in-linux-open-source-technologies/

_ VB Business

IBM just announced it will make a $1 billion investment to promote the development of Linux, a leading operating system for cloud and big data deployments in data centers. According to a media release, IBM also intends launch a new Power Development cloud, and fund a number of open source technology initiatives.

つい先日のことだが(9/17)、IBM は、 データセンターでクラウドやビッグデータをディプロイする際の、主要オペレーティング・システムである Linux の開発を促進するために、$1 billion の投資を行うと発表した。そのメディア・リリースによると、IBM は新しい Power Development クラウドを立ち上げ、いくつかのオープンソース・テクノロジーに対して資金を提供する方針だという。

Kansir/Flickr

IBM introduced its first Linux-only Power Systems in May of 2012, which now represents over 2,500 open source applications globally. The company intends to support this growing ecosystem, and attract more third party developers to the platform.

IBM は、2012年 5月に初めての Linux 専用の Power Systems を導入し、いまでは、2,500 種類のオープンソース・アプリケーションをグロ-バルに提供していると明言する。 同社は、この成長するエコシステムをサポートし、このプラットフォームに複数のサードパーティを誘致する予定である。

IBM currently operates Power Systems centers in locations like Montpellier, France, where developers learn onsite how to deploy applications using open source technologies. IBM made the official announcement at LinuxCon in New Orleans. The news comes over a decade since IBM announced it would back Linux, then in the early-stages of development.

IBM は現在、France の Montpellier などで Power Systems センターを運用し、オープンソース・テクノロジーを用いてアプリケーションをデプロイする方式を、オンサイトでデベロッパーたちに学習させている。この件について、IBM は New Orleans の LinuxCon で、オフィシャルにアナウンスしている。それは 同社が、黎明期にあった Linux の開発を支援するとアナウンスして以来、10年ぶりのニュースとして伝わるものである。

Onstage, IBM has stressed that it doesn’t intend to convert all of its existing customers to Linux. Instead, this investment is targeted at bringing new innovation to its cloud computing and analytics customers.

その席上で、IBM は、すべての既存の顧客を、Linux へシフトさせるものではないと強調していた。と言うより、むしろ、今回の投資は、クラウドとアナライズを必要とする顧客に、新たなイノベーションをもたらすものとなる。

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, said in a statement, “The last time IBM committed $1 billion to Linux, it helped start a flurry of innovation that has never slowed. We look forward to seeing how the Power platform can bring about further innovation on Linux, and how companies and developers can work together to get the most out of this open architecture.”

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「先日に IBM が、Linux に対する $1 billion の投資を約束してくれた。それは、イノベーションの流れを加速させるものであり、また、時期を逸したものではない。私たちは、この Power プラットフォームが Linux に対して、どのようにイノベーションをもたらすのか、そして、このオープン・アーキテクチャを最大限に活用するために、どのように企業や開発者が協調していくのかを楽しみにしている」と、そのステートメントの中で述べている。

ーーーーー

_ IBMLinux が無ければ、クラウドも成立していなかったでしょう。 つまり、ライセンス・ビジネスにより停滞していた IT が、オープンソースのパワーにより、一挙に問題を解決しようとしているのが、いまのアーキテクチャであり、ビジネスであり、マーケットなのです。 先日に、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳をポストしましたが、クラウドにかぎらず、この世界全体が、Linux に大きく依存している状況が分かります。 まだの方は、ぜひ ご覧ください。 この IBM の決定の、背景が見えてくると思います。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

Posted in .Chronicle, .Selected, Linux, Strategy by Agile Cat on July 23, 2013

12 Unexpected Things That Exist Because Of Linux
http://wp.me/pwo1E-6p7

Dylan Love – Jul. 13, 2013
http://www.businessinsider.com/whats-linux-for-2013-7

_ Business Insider

It feels like Linux doesn’t get enough love.

私が思うに、Linux は充分な称賛を得ていない。

Apple’s OS X and Microsoft’s Windows operating systems are always in the spotlight, but the free and open-source Linux quietly churns away to power a surprising number of everyday or unusual items.

Apple OS X と Microsoft Windows というオペレーティング・システムは、常にスポットライトを浴びているが、オープンソースでフリーである Linux も、日常において、また、突出した領域において、大量のパワーを静かに供給しているのである。

Linus Torvalds,
creator of Linux.

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, told us, “You use Linux every day but you don’t know it. It’s such a fundamental part of our lives.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「 あなたは、日々の中で Linux を使っているが、それに気づいていないだけだ。それは、私たちの生活の基本を構成している」 と、発言している。

“It runs air traffic control, it runs your bank, and it runs nuclear submarines. Your life, money, and death is in Linux’s hands, so we can keep you alive, clean you out, or kill you. It’s incredible how important it is.

「 たとえば、航空管制も、銀行のトランザクションも、原子力潜水艦も、みんな Linux で動いている。 つまり、生命と、資産と、さらに言えば 死でさえも、Linux の手に委ねられている。 つまり、信じられないほどの重要性が、そこにあるということだ」

“The world without Linux might be a very different place. It’s one where computing is kind of crappy and homogeneous. You’re still using Windows CE on your crappy Windows cell phone. That world is grim and dark and Linux is a reason why that world doesn’t exist.”

「 Linux のない世界は、いまとは異なる世界になるだろう。つまり、安っぽいコンピューティングが、のさばっているような世界だ。きっと、安っぽい Windows CE を、Windows Phone で使っている人が、数多くいるはずだ。 そんな世界は、冷たく暗い。 そして、Linux の存在により、そのような世界は否定される」

↓ クリックで、解説付きの Facebook アルバムへ ↓

___space

We’ve gathered 12 examples that prove Zemlin’s statements are no exaggeration – for such an oft-forgotten operating system, you rely on Linux far more than you realize.

私たちは、12分野の事例を集め、Zemlin が誇張していないことを証明する。 しばしば、忘れられてしまうオペレーティング・システムかもしれないが、あなたが認識している以上に、あなたは Linux に依存しているのだ。

ーーーーー

imageAndroid と、Super Computer、NYSE、CERN、Cloud は、すべて Linux の成果だと認識していましたが、日本の新幹線と、トヨタと、原子力潜水艦までもとは、想像もしていませんでした。 IT のコモディティ化が、それを応用する社会と経済を、あらゆる側面から支えているのですが、その中心に、人類の資産ともいうべき Linux が、どっしりと構えているのが、とても心強いですね。 ほんと、素晴らしいことです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
MySpace を殺したのは Microsoft ソフトウェア・スタックなのか?
Red Hat は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows

Posted in .Selected, Linux, Research by Agile Cat on April 30, 2013

Linux: Enterprises Shift Servers from UNIX and Windows
http://wp.me/pwo1E-62z
By Dick Weisinger, on April 18th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3694

_ formtek

Spending by enterprises on servers is growing at an annual rate of just 3.1 percent.  The three dominant enterprise server Operating Systems being used are Linux, Windows and UNIX.  Not too surprisingly, enterprises are dropping older Unix servers in favor of Linux — Unix spending was down 24.1 percent in 2012, while Linux spending picked up some of the slack by growing 12.7 percent over that period.  Windows server revenues grew at just 3.2 percent last year.

エンタープライズによるサーバーへの支出は、年間で 3.1% の成長を遂げている。 この Enterprise Server オペレーティング・システム市場は、Linux/Windows/UNIX の 3つにより占有されている。そして、あまりにも当然のことながら、エンタープライズは Linux を支持し、古い Unix サーバーを減らしている。 そして、2012年における Unix への支出は、24.1% も低下しているが、その期間における Linux への支出は、12.7% という緩やかな成長を見せている。 また、Windows サーバーの売上高は、3.2% の成長に留まっている。

Over the next five years the shift towards Linux seems to be particularly clear, with 80 percent of large IT organizations planning to increase their purchases of Linux servers and only 20 percent planning to make additional Windows-server purchases.

今後の 5年間における Linux へのシフトは、きわめて明らかな傾向だと思われる。具体的には、大手企業における IT 部門のうち、その 80% が Linux サーバーの購入を増やすとし、残りの 20% が Windows サーバーを購入するとしている。

These are the results of a global survey conducted by the The Linux Foundation of companies and organizations with sales of more than $500 million or with more than 500 employees.

この数値は、年商が $500 million 以上もしくは、従業員数が 500人以上の企業や団体に対して、Linux Foundation が実施した、グローバルな調査の結果からのものである。

Other findings from the Linux Foundation report include:

この Linux Foundation からのレポートには、以下のような視点も含まれる:

  • 85.6 percent of respondents say Linux continues to improve
  • 66 percent of respondents say that they continue to make new Linux server deployments
  • 60.2 percent of respondents say that they are increasingly using Linux for mission-critical applications
  • 95 percent of IT managers say that Linux has become more valuable to their missions than in previous years
  • 70.3 percent say that they prefer to use Linux for their cloud computing needs
  • 60 percent of CIOs say that Linux is strategic for their organization
  • 38.3 percent say that a major concern about Linux is the lack of skilled Linux IT professionals
  • Cost no longer is the top reason cited to be using Linux.  Instead, technical superiority and security are considered to be the main benefits.
  • 85.6% の回答者が、Linux は継続的に改善されていくと発言している。
  • 66% の回答者が、Linux サーバーを継続的にディプロイしていくと発言している。
  • 60.2% の回答者が、ミッション・クリティカルなアプリケーションにおける、Linux の利用が増えていると発言している。
  • 95% の IT マネージャが、Linux は昨年と比較して、その利用価値を高めていると発言している。
  • 70.3% の回答者が、そのクラウドでのニーズにおいて、Linux を好むと発言している。
  • 60% の CIO たちが、自身の組織の戦略に、Linux が適合していると発言している。
  • 38.3% の回答者が、Linux のスキルを持った IT プロが欠乏していることが、最大の問題点だと発言している。
  • Linux を利用する上で、コストが最重要視されているわけではない。それに替えて、テクニカル面での優位性とセキュリティが、主要なメリットになるようだ。

Amanda McPherson, vice president of marketing and developer services of the Linux Foundation, said that “We see the growing success of Linux adoption in the enterprise, especially as it’s used for the most important areas of business, leading to the rise of Linux and collaborative development across many industries.  Having a realistic understanding of where Linux is gaining traction in the enterprise helps to inform vendors and users about how they can work together to advance Linux and the technologies it supports.”

Linux Foundation の Vice President of Marketing and Developer Services である Amanda McPherson は、「 エンタープライズにおける Linux の採用が増えるという、成功を確認している。とりわけ、ビジネスの最重要エリアでの利用が進むことで、各種の業界をまたいだ Linux の採用と、協調的な開発が促進されている。 エンタープライズにおいて、Linux が勢いを増していることで現実的な理解が促進され、Linux の先進性とテクノロジーを活用したいと考えるベンダーとユーザーに対して、適切な情報が行き渡るようになった」と、発言している。

ーーーーー

TAG indexプロプライエタリは、供給する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 そして、オープンソースは、利用する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 どちらにも、長所と短所があるため、一概に決め付けることはできませんが、クラウドや仮想化という概念に包まれる、サーバー OS という領域は、利用する側の理屈とイニシアティブが優先されるべきという判断が、この調査の結果には反映されているようにも思えます。ソフトウェア自身にというより、それを運用していくノウハウに、数多くの企業が、資産としての価値を見出しているのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
フリーミアムが、成功するとき、失敗するとき
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!

Posted in .Selected, Asia, Linux, Miscs, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 6, 2012

Samsung joins Linux Foundation
http://wp.me/pwo1E-4ib

Dusan Belic – June 6th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/06/06/samsung-joins-linux-foundation/

Image(5)_ into Mobile

Samsung is joining the Linux Foundation as a Platinum member, which gives it a seat on the Foundation’s Board of Directors. At the same time, the Korean giant has the opportunity to participate with the kernel community and adopt open source best practices.

Samsung は Linux Foundation に参加し、同ファンデーションの  Board of Directors の役職を与えられた。 それと同時に、この Kerea の巨人はカーネル・コミュニティに参加し、オープンソースのベスト・プラクティスを採用する、チャンスを得たことになる。

Linux is not just about phones — though Android is a Linux-based OS — with Sammy hoping to take advantage of the open-source community to make an array of its products that much better. TVs come to mind first, though as we know, Samsung is also involved in many other areas, computers being one of them (think Chromebook). Moreover, the company may also want to help push Tizen forward, now that it contributed its Bada platform to the project.

Android はLinux ベースの OS であるが、もちろんスマートフォンのためだけに、Linux が存在するという話ではない。Samusung は、このオープンソース・コミュニティを活用することで、その多様なプロダクト・ラインを、これまで以上に充実させたい望んでいる。 一番最初に TV がイメージされるが、私たちが認識しているように、Samsung には多様な製品エリアがあり、コンピュータも その1つである( たとえば Chromebook)。 さらに同社は、Tizen を促進しようとプッシュするだろう。 その理由は、このプロジェクトに対して、自身の Bada プラットフォームをコントリビュートしている点にある。

We’ll make sure to follow this and all other Samsung-related news closely and let you know as soon as we see the first (mobile) results coming out from this co-operation. Stay tuned in the meantime…

私たちは、この件を確実にフォローし、また、Samsung 関連のニュースに注目していく。 そして、この協調関係から何らかの結果が出てくるようなら、すぐに記事にしていく。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat が Samsung をメジャーと認識し始めたのは、1.8 inch HDD のノート PC が出始めた頃でしょうか。 この 1.8 HDD がやたら遅くて、Samsung の SSD は やたら高くてという、悶々とした状況を半年くらい続けるうちに、すっかりと Samsung が、一流ブランドとして、脳裏に焼き付いてしまったのです。 その SSD を購入してからは、他の製品を買うことはなかったのですが、Galaxy Note は欲しいですし、もちろん Galaxy S3 も欲しいですし、いまだに高嶺の花の Samsung に悶々とし続けています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Kindle Fire の販売量が急落:iPad 3 と Google Nexus の影響か?
Samsung Galaxy S III は、4-Core、4.8 inch、8.6 mm だ! – from London
Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

とっても ラブラブな Linux と Big Data

Posted in .Selected, Big Data, Research by Agile Cat on February 2, 2012

Infographic: Linux lovers love big data
http://wp.me/pwo1E-3Sb
By Barb Darrow Jan. 18, 2012
http://gigaom.com/cloud/survey-says-linux-lovers-love-big-data/

_ Gigaom

For anyone thinking the big data trend is a flash in the pan, there’s some new evidence to the contrary. A hefty 75 percent of IT pros and developers responding to a new Linux Foundation survey have their eyes firmly on this big data phenomenon.

Big Data のトレンドについて、誰もが束の間の栄光だと思うだろが、それとは反対の、いくつかの新しい証明が出てきた。Linux  Foundation における最新の調査に対して、回答を寄せてきた IT-Pro とデベロッパーの 75% が、この Big Data 現象に注目している。

クリック で拡大 ⇒

More than three-quarters of the 428 respondents “expressed concern” about big data, and nearly 72 percent (unsurprisingly) said they will use Linux to support big data applications.  The respondents, while biased towards Linux — this is the Linux Foundation after all – do not work in a vacuum. A respectable 35.9 percent said they plan to use Windows to meet their big data needs.

428人の回答者の、3/4 以上が、Big Data に対する「関心を表明」している。そして、(予想どおりに)約 72% が、Big Data アプリケーションをサポートするために、Linux を使用するだろうと発言している。  回答者たちは、結局のところ Linux Foundation に属する人々であり、Linux を好むというバイアスがかかっているだろうが、信ぴょう性がないというわけではない。 35.9 % という相当量の人々が、Big Data のニーズを満たすために、Windows の利用を計画すると発言している。

The survey queried IT/IS people and developers in organizations with $500 million or more in annual revenue and 500 or more employees.  Just less than half  (41.6 percent) of the respondents are based in the U.S. or Canada.

この調査は、$500 million 以上の年商があり、また、500人以上の従業員を抱えている組織の、IT/IS 部門および開発部門の人々への質問により構成されている。  そして、回答者の 1/2 弱(41.6%)が、アメリカおよびカナダの企業に属している。

Feature photo courtesy of scoobygirl

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

bigdata_552010年ころからでしょうか、、、 Facebook や Twitter などが、どのようなテクノロジーを用いて、それぞれの巨大サービスを構築しているのかを、明らかにしたのは。 そして、次々に明らかになったのは、いわゆる LAMP スタックが大活躍しているという事実です。もちろん、この記事に書かれている Big Data と大いに関連するものであり、また、数多くの企業が、ソーシャル・パワーに後押しされるようなかたちで、Big Data の世界へとダイブしているのかも知れませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

かなり マッド な、Facebook の アケオメ 対策とは?
Big Data の実装へと走る前に、Better Data について考えるべきだ
Hadoop 王国は、戦国時代へと 突入する?
これまでの Little Data のように、Big Data も価値を作り出すのか?
Microsoft が発表した、OSS ベースのクラウド・サービスとは?
Big Data を探せ! アメリカの 5つの具体的な事例とは?

 

 

 

%d bloggers like this: