Agile Cat — in the cloud

米国のハイテク・インターンたちは、学生でありながら年間で 750万円も稼ぐらしい

Posted in .Selected, Research, Weekend by Agile Cat on March 9, 2014

Some Tech Internships Pay More Than $75,000 A Year
http://wp.me/pwo1E-7ij

Niall McCarthy , March 6th, 2014
http://www.statista.com/chart/1966/the-highest-paying-companies-for-interns-in-the-united-states/

_ Statista

Incredibly, some American tech interns rake in more money than the median American household in the United States. According to the Census Bureau, that is $53,046 a year, yet some companies like Pilantir and VMware pay their interns much more.

信じられないことだが、アメリカのハイテク企業に所属する一部のインターンたちは、同じくアメリカの中流世帯よりも、多くの収入を得ている。 Census Bureau(統計局)によると、その平均年額は $53,046 である。 そして、Pilantir や VMware といった企業は、インターンたちにさらに多くを支払っている。

When it comes to the highest average monthly base pay for interns in the United States, those two companies occupy first and second place on the list, paying $7,012 and $6,966 respectively. Twitter comes a close third at $6,791 while LinkedIn occupies fourth place with an average monthly base pay level for interns of $6,230.

アメリカのインターンたちに対する基本給を月平均で計算してみると、前述の二社は $7,012 と $6,966 を支払っており、リストの 1位と 2位をを占めることになる。その後に続くのは、3位の Twitter が $6,791 で、4位の LinkedIn が $6,230 となる。

Facebook rounds off the top five. The popular social network also pays its interns extremely well – an average of $6,213 per month.

Top-5 を締め括るのは Facebook である。 この、人気のソーシャル・ネットワークも、インターンたちに高額を支払っており、その月平均は $6,213 である。

This chart shows the highest paying companies for interns in the United States in 2014.

このチャートが示すのは、2014年のアメリカにおいて、インターンたちに高額を支給している企業のリストである。

ーーーーー

weekend凄まじい勢いで、いわゆる青田刈りが行われているのですね。 これには驚きましたが、それだけ、優秀な頭脳と強いモチベーションを持つ人材が必要とされているのでしょう。 そして、きわめて妥当な投資として、企業側は判断しているのだろうと推測できます。 とは言え、相手は学生さんです。 こんなに多額の報酬を得てしまい、人生を誤らないかと、半分はやっかみ気分ですが、余計な心配をしてしまいます。 :) ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ホンモノの Sergey Brin を当てよう! なかなか笑える 13年前の TV ショー
27年前の Mac で、いまのインターネットに接続してみた – YouTube で ど~ぞ!
Angry Birds のすみかを暴く : その HQ 内部に 潜入してみた!
Facebook が 10歳 になった:ステキな 手書きイラストで おめでとう!
SimCity がオフラインになるが、もう少し待って、、、ということらしい

Facebook はアメリカ市場でも成長し続ける:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 15, 2014

CHART OF THE DAY: Facebook Grows Stronger In The U.S.
http://wp.me/pwo1E-77p

Jay YarowJan. 2, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-facebook-grows-stronger-in-the-us-2014-1

_ Business Insider

Facebook may have some product issues to deal with, but for right now, it is stronger than ever. The latest data from Pew (.PDF) shows that Facebook is used by 71% of U.S. adults, which is up from 67% a year ago.

Facebook は、いくつかのプロダクトに関して、改善すべき問題を抱えているのだろうが、現時点の勢いは、これまでにも増してパワフルな状況となっている。 Pew が PDF で提供する最新データが、アメリカの成人の 71% が Facebook を使用していると示している。 これは、昨年の 67% と比較して、4% の成長となる。

_  space

Business Insider

This growth is impressive when you consider that it was already hugely popular, and that there are a lot of other social networks out there. In fact, the only social network that gained a bigger percentage of new users was Pinterest and it just barely outpaced Facebook.

すでに Facebook が大変な人気を博しており、新たなソーシャル・ネットワークが数多く参入していること考えれば、この成長率は素晴らしいものとなる。実際のところ、新規ユーザーの獲得という面で、大きな成長を遂げているのは Pinterest のみであるが(6%)、それにしても辛うじて Facebook を上回っている程度なのである。

ーーーーー

TAG indexすでに、先進国では伸びシロが失われたとされる Facebook ですが、その傾向が最も顕著だと思われるアメリカ市場で、これだけの成長を達成していることに、とても驚いてしまいました。それと同時に、SnapchatWhatsApp などの新興勢力が猛威を振るっているにもかかわらず、このチャートに並んでいる、すべてのソーシャル・メディアが成長していることも、特筆すべきことなのでしょう。 まだまだ、成長のための余地が残されているようで、とても良い感じですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook は 本当にヤバイのか? その情報の出処を検証する
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
WhatsApp が4億人に達した:つまり、Twitter より大きいのだ!
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート

Facebook は 本当にヤバイのか? その情報の出処を検証する

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 3, 2014

Facebook Is A Daily Habit In The US, While Twitter Users Log On Less Often
http://wp.me/pwo1E-757

Cooper Smith Dec. 31, 2013
http://www.businessinsider.com/facebook-is-a-daily-habit-in-the-us-while-twitter-users-log-on-less-often-2013-12

_ Business Insider

ーーーーー

注記: Facebook は死んだという話は、ワールドワイドでの騒ぎになっているらしく、大晦日の Business Insider に、以下のような速報が掲載されていました。 __AC Stamp 2

ーーーーー

 

Pew

SOCIAL MEDIA YEAR-IN-REVIEW: Pew Research Center released its annual social media report yesterday. The report is based on survey responses from U.S. adults.

昨日(12/30)のことだが、Pew Research Center が年末恒例のアニュアル・ソーシャル・メディア・レポートを発表した。このレポートは、アメリカ在住の成人に対する、アンケートに基づくものとなっている。

Some of the more interesting data in the report shows that nearly two-thirds of Facebook users in the U.S. use Facebook daily (63%), compared to less than half of Twitter users who access that site as frequently (46%). More than half of Twitter users reported visiting the social site either weekly or less often.

このレポートは数多くの興味深いデータを提供しているが、そのうちの一部は、アメリカにおける Facebook ユーザーの約 2/3(63%)が毎日、このソーシャル・メディアを利用することを示している。この点で Twitter を引き合いに出すと、同サイトに毎日アクセスするユーザーは、半部以下となる(46%)。そして、このサイトを訪問する頻度については、週毎あるいは時たまと答える Twitter ユーザーの数が、半数を超えるという結果になった。

Furthermore, 90% of Twitter users in the U.S. said they also use Facebook. Whereas, just 22% of Facebook users reported using Twitter. In fact, Facebook users were quite evenly dispersed among Twitter, Instagram, Pinterest, and LinkedIn when asked what other social media service they use to complement their Facebook usage.

さらに、アメリカの Twitter ユーザーの 90% が、Facebook に利用すると回答していいる。その一方で、Facebook ユーザーであり、Twitter も利用すると答えたのは、わずか 22% に過ぎないとレポートされている。また、Facebook ユーザーに対して、それを補完するソーシャル・メディア・サービスを質問したとき、その答えは Twitter/Instagram/Pinterest/LinkedIn などに、かなり均等に分散されている。

It just further proves that Facebook has remained the backbone of social media in 2013. (Pew)

このことは、2013年のソーシャル・メディアにおいて、Facebook が支柱としてのポジションを維持していることを示している。(Pew)

In Other News …

FACEBOOK AND TEENS: Many news outlets have been reporting that "Facebook is dead and buried," because of an EU-funded study that showed teens were losing interest in Facebook. However, it turns out the study’s sample size was limited to "school kids in villages north of London from three schools with a population of more than 2,000 …" Therefore, it’s really not fair to generalize that the findings are indicative of Facebook trends in the European region at large. (BBC)

数多くの報道機関が、「 Facebook は死んだも同然」とレポートしているのは、十代の若者たちが Facebook への関心を失っているという結果が、 EUが資金提供する調査において示されたからである。しかし、そこでは、「 London 北部における、人口が 2,000人強の街の、3つの学校の生徒たち」が、サンプリングの規模に設定されていたことが判明した。したがって、この調査結果を、ヨーロッパ全域における Facebook のトレンドとすることは、一般的にみて公平とは言えない。(BBC)

BIG PLANS FOR GOOGLE+: In a recent interview with Live Mint, Google executive Steve Grove offered a few clues as to what is next for Google’s social network. " … I can tell you there are going to be big developments in photos in 2014 … But at the centre of our strategy right now, there’s mobile, it’s very important, especially for photos. It’s also going to create a network future with people uploading live videos from their phones. Google+ could do for live video, what YouTube did for recorded video." (Live Mint)

Live Mint との最近のインタビューにおいて、Google の役員である Steve Grove は、Google の次期ソーシャル・ネットワークに関して、いくつかの手がかりを提供している。「 2014年においては、Photo に関して、大きな進展が起こるだろうと、伝えておきたい。そして、現時点における私たちの戦略では、モバイルが中心に置かれており、Photo にとって、それが、とても重要になってくる。さらに言えば、それぞれのモバイルから、ライブ・ビデオをアップロードする人々のための、未来のネットワークも動き始めるだろう。Google+ がライブ・ビデオに対して、なんらかの機能を提供するようになるが、それは YouTube において、ビデオの記録に取り組んできたことにも通ずる」(Live Mint)

ERIC SCHMIDT’S BIGGEST MISTAKE: Google chairman Eric Schmidt said the biggest mistake he ever made "was not anticipating the rise of the social networking phenomenon," and said it’s "not a mistake we’re going to make again." (The Verge)

Google の Chairman である Eric Schmidt は、「ソーシャル・ネットワーキング現象の上昇を予想していなかった」ことが、彼にとって、これまでの最大の過ちだと発言している。そして、「再構築することで、間違いを払拭する」とも述べている。(The Verge)

TECH SITE UNDER FIRE: Tech news startup, The Information, is under fire after it misquoted Paul Graham. The quote in question referred to why more women are not software "hackers." The Information’s founder, Jessica Lessin, has responded to the allegations on her blog. (Jessica Lessin)

NEW NETFLIX SUBSCRIPTION PLAN: Netflix announced a new tier to its subscription offerings that will cost $6.99 per month, but limits viewing to just one device at a time. (Adweek)

What You May Have Missed On BI Intelligence …

[CHART] Facebook Pages Have Been Enjoying Record Engagement Levels, But That’s About To Change
[CHART] iOS Dominates Christmas Day Mobile Commerce Sales In The US
[CHART] Foursquare Is Now About One-Sixth The Size Of LinkedIn, And It’s Expanding Its Data Net
[CHART] Top Global Brands That Adopted Facebook Early Are Still Enjoying The Benefits

Follow Social Media Insights and never miss an update!

ーーーーー

TAG indexこのところの、Facebook 終了報道によると、若い世代が離れているのでダメだという論調が、かなり幅を利かせているように思えます。 たしかに、そのような側面はあるでしょうし、Facebook だって Twitter だって、若い世代を取り込むために、たいへんな苦労をしているわけです。 そして、すべてのソーシャル・メディアに期待したいのは、世代間をブリッジするものになってほしいという点です。文中にもあるように、Eric Schmidt ですら見誤ったというソーシャルなのですから、まだまだ多くの驚きをもたらしえくれるはずです。 期待したいですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
ソーシャル と 年齢層: 若さの Twitter、平均的な Facebook、老成の LinkdIn
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Instagram 97% など

Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Businesses, Google, Social, Twitter by Agile Cat on December 22, 2013

Google’s Ad Revenue Per User Is Insanely Ahead Of Its Rivals
http://wp.me/pwo1E-72F

Jay Yarow – Dec. 19, 2013
http://www.businessinsider.com/googles-ad-revenue-per-user-2013-12

_ Business Insider

Here’s a good chart tweeted by analyst Ian Maude. He says, "Thinking about Twitter monetisation- ad revenue per user under 1/2 FB and 1/3 LinkedIn- lots of headroom for growth." And that’s certainly one way to look at it.

以下の素晴らしいチャートは、アナリストである Ian Maude がツイートしているものである。 彼は、「 Twitter のマネタイズに関して、1人のユーザーあたりの広告収入が、Facebook の 1/2 および LinkedIn の 1/3 に相当し、まだまだ大きな伸びしろを残している」と、発言している。 たしかに、それは、このチャートから見て取れる、1つの論点である。

_  space

Business Insider

Another way to look at it is how insane Google’s ad revenue per user is compared to other ad-supported web companies. This is what happens when you have a magic money machine called search ads.

そして、もう 1つの論点は、Google におけるユーザー当たりの広告収入が、やはり広告に支えられる、他の Web カンパニーと比べて、図抜けて大きいという事実である。 それこそが、魔法の錬金マシンと言われるサーチ広告に、みなさんが触れるときに生じる Google の利益である。

ーーーーー

image18私たちが、知りたいことを何気なくググって、そこに表示される広告を見て、それに惹かれてクリックするたびに、Google の魔法の錬金マシンがグルグルと回転し、その総額たるや $10/月というレベルにまで至るようです。 これが、インターネット・ユーザーの大半を巻き込むかたちで、地球規模で展開しているですから、たまったものではありません。 以前に Eric Schmidt が、ソフトウェアのライセンス・ビジネスを時代遅れなものにしたと、どこかで豪語していましたが、錬金術という側面で捉えると、たしかに、それが言えるのです。 そして、ここにも Line が顔を出しているのが、嬉しいですね!Image(221)

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドが倍増したが、まだ 全体の 15% に過ぎない : それを示す1枚のチャート
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
モバイル・アドを支配する Google : それを示す1枚のチャート
Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

ソーシャル と 年齢層: 若さの Twitter、平均的な Facebook、老成の LinkdIn

Posted in Facebook, Research, Social, Twitter by Agile Cat on December 6, 2013

Twitter Is for the Young, Facebook Is for All Ages
http://wp.me/pwo1E-6Zy

By Zoe Fox – DEc3,2013
http://mashable.com/2013/12/03/facebook-is-the-most-age-pluralistic-of-all-social-network/

_ Mashable

Facebook users come in all shapes, sizes and ages, at least compared to LinkedIn users and Twitter users.

LinkedInTwitter ユーザーとの比較において、Facebook ユーザーの構成は、少なくとも、幅広い年齢層をカバーしている。

Half of Twitter’s unique visitors in October were under 35 years old. By contrast, two-thirds of LinkedIn’s unique visitors were older than 35.

この 10月における Twitter のユニーク・ビジターは、その半分以上が 35歳以下であった。 それとは対照的に、LinkedIn の場合は 35歳以上となる。

After the age of 44, Facebook usage starts to outpace Twitter usage.

そして、44歳を過ぎた辺りから、Facebook が Twitter を、利用者の比率で上回っていく。

Statista‘s chart shows the age distribution of Twitter, LinkedIn and Facebook users.

この、Statista のチャートが示すのは、Twitter/LinkedIn/Facebook ユーザーの世代分布である。

_  space

_  space

Have something to add to this story? Share it in the comments.

このストーリーに加えるものがあるなら、コメントで知らせて欲しい。

See also: The 9 Types of Facebook Users

ーーーーー

TAG indexそれにしても、この 3つのソーシャル・メディアは、年齢層という意味で、見事に住み分けているのですね。 なかなか、新しいメディアが高年齢層に対して、提供されるとは思えませんが、さらに若いティーンエイジャーたちには、SnapChat や WhatsApp、そして Line などの、新しいサービスが受け入れられているようです。それぞれのメディアは、ユーザーと共に年齢層を移動していくのか? それとも自分は動かずに、いつも一定の年齢層に支持されるのか? そんなことも、いずれは、時が教えてくれるのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Twitter と Facebook のユーザー層を比較する: 性別/年齢/収入/学歴
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn、Facebook、Instagram など
Facebook ユーザーの 47% は、このソーシャルから News を得ている
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Facebook の 2013-Q3 収支報告: Zuck と Sheryl がテンコ盛りの質問に答える!

 

各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など

Posted in Mobile, Research, Social by Agile Cat on December 6, 2013

Here’s How A Bunch Of Websites Break Down For Mobile Usage Vs. Desktop
http://wp.me/pwo1E-6Zj

Ashley Lutz – Dec. 4, 2013
http://www.businessinsider.com/mobile-usage-vs-desktop-for-websites-2013-12

_ Business Insider

Mobile engagement is changing the online and e-commerce landscapes.

モバイルへと向けた求心力が、オンラインと電子商取引の在り方を変えている。

A recent Bank Of America chart shows how much time people spent accessing major websites on their mobile phones vs. their desktop computers.

つい先日に、Bank Of America から提供されたチャートが、主要 Web サイトで人々が費やす時間を、Mobile vs. Desktop というかたちで示している。

Bank Of America

Pandora and Instagram are overwhelmingly mobile. Meanwhile, people are more likely to access AOL, LinkedIn, and Tumblr via desktop:

Pandora や Instagram の場合は、モバイル経由がデスクトップを圧倒している。 その一方で、AOL と LinkedIn と Tumblr などでは、デスクトップ経由でのアクセスが多数派を形成している。

ーーーーー

TAG indexそれぞれのサービスにより、デスクトップ向きとモバイル向きがあるので、多少の違いはあると思っていましたが、これほどまでに極端な結果が出るとは、予想もしていませんでした。84% もの Netflix ユーザーがモバイルを使うことで、どれだけの動画がキャリア・ネットワークに上で配信され、どれだけのトラフィックが生み出されるのかと考えると、ちょっと恐ろしくなりますね。 また、eBay と Amazon の違いも面白いですがBank Of America が、このような調査を実施するところが、最大の驚きです! image

ーーーーー

<関連>

Twitter と Facebook のユーザー層を比較する: 性別/年齢/収入/学歴
Apple と Samsung 以外は、すべて赤字のスマホ・ビジネス
ソーシャルのログイン時間を比較してみる:インフォグラフィクスで ど~ぞ!
恐るべき アジアのソーシャルたち : LINE は 世界ランキング8位!
ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う

API により拡大する、サービスの可能性 と 新たなリスクとは?

Posted in .Selected, API, Social, Strategy by Agile Cat on November 22, 2013

What APIs Are And Why They’re Important
http://wp.me/pwo1E-6VI

Brian Proffitt – September 19, 2013
http://readwrite.com/2013/09/19/api-defined

_ Read Write (2)

APIs make the modern Web what it is today. Here’s a simple guide to what they are, how they work and why we care.

API により、いまふうの Web がもたらされている。 以下に、それが、何ものであり、どのように動作し、また、取り扱われるべきかを示していく。

ーーーーー

It’s getting harder to turn around in tech without bumping into some reference to APIs, or application programming interfaces. Here at ReadWrite, for instance, we’ve recently discussed Google’s flip-flops on the open Calendar API and why Pinterest hasn’t made its APIs public yet. I’ve even put forth the notion of getting my own API.

最近のトレンドだが、いくつかの API 参照に突き当たることなく、テクノロジーを上手い方向へ転換させることが難しくなってきている。 何の話かと言えば、そう、Application Programming Interfaces のことである。実際のところ、最近の ReasWrite では、Google がオープンな Calendar API に大転換した理由と、Pinterest  が未だに API を公開しない理由が、ちょっとした議論を呼んでいる。 そして、私も、自身の API を取得するという概念を打ち出している。

If you work with APIs, you already know why they’re important. But the rest of you may well be wondering: What are APIs, and why do we care so much about them?

あなたの仕事で、API が用いられているなら、その重要性について、すでに認識しているだろう。しかし、あなたの心の中には、その意味と、それに強くこだわる理由について、若干の疑念が残されているだろう。

This is your story.

そんな、あなたのために、以下のストーリーをポストする。

APIs: Windows To The Code

In the simplest terms, APIs are sets of requirements that govern how one application can talk to another. APIs aren’t at all new; whenever you use a desktop or laptop, APIs are what make it possible to move information between programs—for instance, by cutting and pasting a snippet of a LibreOffice document into an Excel spreadsheet. System-level APIs makes it possible for applications like LibreOffice to run on top of an OS like Windows in the first place.

簡単に言えば、API とは、なんらかのアプリケーションが、他と会話するための方法を管理する、要件のセットのことである。だからと言って、API は まったく新しいもというわけではない。あなたが、デスクトップやラップトップを使用するとき、API が機能することで、プログラム間で情報を移動できるのだ。具体的に言うと、LibreOffice でドキュメントの一部をカットし、Excel のスプレッドシートにペーストすることなどが、それにあたる。また、System レベルの API は、Windows のような OS の上で、LibreOffice などのアプリケーションを走るようにしてくれる。 そもそも、それが、API の始まりである。

On the Web, APIs make it possible for big services like Google Maps or Facebook to let other apps "piggyback" on their offerings. Think about the way Yelp, for instance, displays nearby restaurants on a Google Map in its app, or the way some video games now let players chat, post high scores and invite friends to play via Facebook, right there in the middle of a game.

その一方で、Web における API は、Google Maps や Facebook といった大掛かりなサービスと、自社製アプリの組み合わせを実現してくれる。例として、Yelp の方式について考えてみる。まず、そのアプリ内に取り込んだ Google Maps で、近くにあるレストランを表示できる。また、ビデオゲームで遊んでいる最中のプレイヤーたちに、Facebook を介して、チャットを提供し、ハイスコアのポストや、ゲームへの招待などにも対応していく。

APIs do all this by "exposing" some of a program’s internal functions to the outside world in a limited fashion. That makes it possible for applications to share data and take actions on one another’s behalf without requiring developers to share all of their software’s code. Code-sharing on that scale wouldn’t just ruffle the feathers of programmers who’d rather keep it secret; it would also be grossly inefficient.

API は、プログラム内の機能の一部を、限られた方式で外の世界へエクスポーズすることで、そのすべてを実現していく。 それにより、2つのアプリケーション間でデータが共有され、双方のアクションが互いに代行されるようになるが、そのソフトウェアにおける全コードの共有が、開発者に求められることはない。そのスケールにおけるコードの共有は、それを秘密にしておきたいプログラマーの、心の中を波立たせるものにはならないだろう。 つまり、心配するほどの、秘密の開示には至らないのだ。

That’s true even for open-source programs. Who has the time to comb through all the code for somebody else’s application—which, trust me, can be awfully messy—just to use one function? (It’s also possible to run into tricky licensing issues if you’re not careful.)

それは、オープンソース・プログラムとして考えても、とても意味のあることだ。たった 1つの機能を使用するために、他人のアプリケーションにおける、すべてのコードの枝葉までしらべるなんていう(私を信じてくれるなら、その行為が、ひどく厄介なことも信じて欲しい)、暇人がいると思うだろうか? (そこまで考慮できないなら、トリッキーなライセンスを発行することも可能である)

APIs simplify all that by limiting outside program access to a specific set of features—often enough, requests for data of one sort or another. Feel free to think of them as doors, windows or levers if you like. Whatever the metaphor, APIs clearly define exactly how a program will interact with the rest of the software world—saving time, resources and potentially nasty legal entanglements along the way.

API により簡素化されるのは、特定の機能のセットに対して、制約された外部プログラムからのアクセスで実現される、すべての事柄である。 つまり、大半のケースでは、何らかのデータに対するリクエストで、事足りてしまう。 それが気に入るなら、ドアとでも、窓とでも、レバーとでも、自由に捉えることができる。どのようなメタファーを用いるにしても、ソフトウェアの世界で手の届かなかった領域を、API が正確かつ明確に定義すると言える。そして、これから先も、時間とリソースを節約し、厄介な法的問題を回避していくだろう。

How APIs Work

These days, APIs are especially important because they dictate how developers can create new apps that tap into big Web services—social networks like Facebook or Pinterest, for instance, or utilities like Google Maps or Dropbox. The developer of a game app, for instance, can use the Dropbox API to let users store their saved games in the Dropbox cloud instead of working out some other cloud-storage option from scratch.

このところ、とりわけ API が重要になってきているのは、大規模な Web サービスを活用する、新しいアプリケーションを開発する手法を、API 自身が決定するようになっているからである。実際のところ、Facebook や Pinterest のようなネットワークを、そして、Google Maps や Dropbox のようなユーティリティを、活用するケースなどが挙げられる。また、ゲーム・アプリの開発者も、同じような判断を下している。 たとえば、ユーザーがゲームの結果を保存するクラウド·ストレージであるが、それをスクラッチで開発するのではなく、Dropbox API を用いて、Dropbox クラウドに保存させるようにしている。

In one sense, then, APIs are great time savers. They also offer user convenience in many cases; Facebook users undoubtedly appreciate the ability to sign into many apps and Web sites using their Facebook ID—a feature that relies upon Facebook APIs to work.

ある意味において、API により、素晴らしいかたちで時間が節約される。そして、API は多くの場合において、ユーザーに利便性を提供する。 たとえば、Facebook ユーザーであれば間違いなく、数多くのアプリや Web サイトに、Facebook ID を用いてサインインできることを高く評価しているはずだ。 もちろん、これも、Facebook-ID に依存するものである。

Viewed more broadly, though, APIs make possible a sprawling array of Web-service "mashups," in which developers use mix and match APIs from the likes of Google or Facebook or Twitter to create entirely new apps and services. In many ways, the widespread availability of APIs for major services is what’s made the modern Web experience possible.

しかし、もう少し俯瞰してみると、不規則に広がった Web サービスの群れが、API により Mashup されている状況が理解できるだろう。開発者たちは、完全に新しいアプリケーションやサービスを作成するために、Google や Facebook やTwitter といった同類から得られる、異なるものを組み合わせるために API を使用しているのである。多くの点において、主要なサービスにおける API の、広範囲におよぶ可用性こそが、現代的な Web エクスペリエンスを実現しているのだ。

When you search for nearby restaurants in the Yelp app for Android, for instance, it will plot their locations on Google Maps instead of creating its own maps. Via the Google Maps API, the Yelp app passes the information it wants plotted—restaurant addresses, say, along with the Yelp star rating and more—to an internal Google Maps function that then returns a Map object with restaurant pins in it at the proper locations. Which Yelp can then display inside its app. (On iOS, Yelp taps Apple’s Maps API for the same purpose.)

さらに言えば、Android 用の Yelp のアプリで近くのレストランを検索するとき、そこでは独自マップが作成されることもなく、探している場所が Google Maps に表示されると気づくだろう。つまり、Google Maps の背後に置かれた機能が、そのレストランの場所をつなぎ合わせ、Map オブジェクト上に正確にピン止めしているのだ。そして、Yelp は、自身のアプリの中に、その Map オブジェクトを表示する ( iOS 用の Yelp は、同じ目的のために、Apple の Maps API を叩いている)。

We see APIs like this all the time. Elsewhere on this page you should see the icons to share this article on Facebook, Google+, Twitter, LinkedIn or Reddit. These are just links that call on the APIs associated with each of those services to allow users to Tweet or post about an article without leaving the site itself. APIs also allow our comment system, run by a service called Disqus, to accept user comments and then display them right here on ReadWrite without our intervention.

このように、いつも私たちは、API を参照している。たとえば、この記事を共有するための、Facebook や、Google+、Twitter、LinkedIn、Reddit などのアイコンを、ページのどこかで確認できるはずだ。つまり、このサイトから離れることなく、この記事に関するツイートやポストを実現するために、リンクから API を経由して、それらのサービスを呼び出しているのだ。さらに、API から Disqus というサービスを呼び出すことで、私たちのコメント・システムが動き出す。それは、ユーザーのコメントを受け付けた後に、私たちの仲介を必要とすること無く、あなたのコメントを ReadWrite のページに表示する。

When APIs Go Bad

Of course, just because an API is available now, that doesn’t mean it always will be. Twitter, for instance, notoriously limited third-party applications’ use of its APIs just over a year ago—a move that had the practical effect of killing off alternative Twitter clients and driving users to Twitter’s own site and apps, where Twitter can "monetize" them by displaying ads … er, promoted tweets. Twitter insisted the move was necessary to deliver a "unified" Twitter experience.

もちろん、いまでは API が利用できるようなったという理由だけでは、これからも常に存在し続けると捉えることができない。たとえば、Twitter を例にすると、サードパーティ・アプリからの API 使用に制限をかけるという、ひどいことを 1年ほど前に行っなっている。そして、他の Twitter クライアントを殺し、Twitter 自身のサイトとアプリに、ユーザーを誘導するという、具体的な効果をもたらすことになった。それらの場所は、広告やプロモーションのつぶやきにより、Twitter がマネタイズを図るためのものであったのだ。しかし、Twitter の主張はというと、統一された Twitter エクスペリエンスを提供するために、必要な措置であったとなる。

Other examples abound. Companies can shut down services and APIs that your applications depend on—or they can go out of business entirely, as Memolane and Everyblock did last February. And let’s not get started on all of the services that Google regularly shuts down when it doesn’t see any profit in them—like Google Health or more recently, Google Reader. These kinds of service shutdowns can leave you in a lurch if your application depends on those APIs to function.

他にも、たくさんの例がある。 あなたのアプリが依存している サービス や API が、それらを提供している企業により、シャットダウンされてしまうという事態も起こり得るのだ。 昨年 2月の、Memolane Everyblock のケースが、それに当てはまるだろう。また、Google も、たとえば HealthReader のような、利益をもたらさないものを、定期的に廃止していくので、すべてのサービスを使い始めるべきだとも言えない。この種のサービス停止が生じると、それらの API と機能に依存しているアプリが、置き去りにされてしまう。

There’s still more than a hint of the Wild West in today’s API landscape. But none of these complications seem likely to dampen developer enthusiasm for APIs, nor that of users for the incredible variety of apps and services they make possible.

今日の API を取り巻く風景の中には、フロンティアのためのヒント以上のものが潜んでいる。しかし、これらの、合併症とも言える出来事が、API へ向けた開発者の熱意に水を差すとも思えず、また、それが可能にする、素晴らしいアプリやサービスが、消えていくこともないだろう。

See also: The New API Gold Rush

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat の日常において、どにように API が機能しているのかというと、まず、WordPress とソーシャル・メディアの連携が挙げられます。 このコンテントも、ポストされた瞬間に、2つのサービスを連携する API が動き出し、Twitter 側に新規のポストを示すリンク情報が流れていきます。 また、最近のお気に入りである、Business Insider や Mashable などの Android アプリからは、2タップするだけで、Evernote に Web クリップを取り込むことが可能です。 まぁ、一言でいって、毎日が API 漬けなのですが、それは、みなさんも一緒のはずです。依存するだけではなく、代替の手段を常に考えておくことも、API の時代には必要なのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
BaaS で自由になる? それとも便利になる? そして DoCoMo の i-Concier は?
Bloomberg 金融アップストアがオープン : Apple みたいに 30% をイタダキ!
Facebook が Open Graph API を遮断 : 外れてしまった Yandex の狙い
NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい

エンタープライズ・ソーシャルは、いつになったら実績を証明できるのか?

Posted in Enterprise Social, Research by Agile Cat on June 24, 2013

Enterprise Social Collaboration: Is anyone using it?
http://wp.me/pwo1E-6he

By Dick Weisinger, on June 14th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3810

_ formtek

Enterprise users say that they’re using enterprise social collaboration software, but when asked specifically about which software tool they’re using, they mention Facebook and Twitter rather than software tools that were designed specifically for social enterprise users.  That result must be disheartening to the sponsor of the survey, Avanade, an enterprise software vendor and joint venture between Microsoft and Accenture.

エンタープライズ・ユーザーたちは、企業向けのソーシャル・コラボレーション・ソフトウェアを使用していると言うが、主に使用しているソフトウェア・ツールについて質問すると、それらのエンタープライズ・ツールよりも、Facebook や Twitter を活用していると答える。この調査結果は、Microsoft と Accenture によりジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ·ソフトウェア·ベンダーである Avanard(スポンサー)をがっかりさせるはずだ。

74 percent said that they use Facebook; 51 percent use Twitter for work collaboration; and 45 percent are using LinkedIn.

調査の対象となった人々のうち、ビジネス上のコラボレーションのために Facebook を使っているのが 74% であり、Twitter が 51%、LinkedIn が 45% となっている。

Highlights of the Avanade report are that:

この、Avanade のレポートで、注目すべき点は:

  • Social Collaboration is being increasingly adopted and mentioned as being on the radar at companies
  • Business decision makers have a ‘false sense of accomplishment’ when it comes to what they’ve done in the area of social collaboration
  • Businesses are often polarized: those that see strong merit in using social tools and those that are skeptical that they’re anything other than time wasters
  • An increasing number of businesses now say they plan to adopt enterprise social tools in the next 12 months
  • ソーシャル・コラボレーションの採用は増加しており、また、企業のレーダーになったと言われている。
  • ビジネスの意思決定者は、ソーシャル・コラボレーションの分野で達成したことに対して、誤った感覚を持っている。
  • 多くのケースにおいて、企業の判断は二極化される。つまり、ソーシャル・ツールを利用することに大きなメリットを見出すものと、時間の浪費に他なならないという懐疑的なものである。
  • エンタープライズ・ソーシャル・ツールを、12ヶ月以内に導入すると計画している企業が増えてきている。

Andrew Barber, deputy lead in the collaboration practice at UK branch of Avanade, said that “To be led completely by your workforce when it comes to collaboration is asking to end up with a completely undisciplined and unmanageable environment.  It’s very easy to let your corporate data end up on Facebook. Whether you should is quite a different matter… That business decision makers who are using social tools actually don’t see any value in them to the point that they think they’re a waste of time — that raises a flag with us and says these tools are not being deployed to achieve, or align with, strategic business goals.”

Andrew Barber は、Avanade の UK ブランチでコラボレーション・プラクティスを推進する副リーダーである。そして、「コラボレーションというものを、あなたの努力で完全に主導することは、手に負えない環境や、管理できない環境を、完全に取り除いていくこと通ずる。企業データを、Facebook に置かないようにすることは、とても簡単なことである。だたし、そうするか、しないかは、まったく別の問題である。。。ソーシャル・ツールを使用しているビジネスの意思決定者は、それらが時間の無駄だと思っており、また、いかなる価値も見出していない。つまり、それらのツールが目的を達成することはなく、また、戦略的なビジネス・ゴールに到達することはないと、言わんとしている」と、発言している

ーーーーー

TAG indexこのリスト(クリックで拡大)は、これまでの 約2年の間に、エンタープライズ系プロバイダーが買収した、ソーシャル系プロバイダーの一覧です。 ● 印は、BaaS なので、ちょっと意味合いが違いますが、その上で、たくさんのエンタープライズ・ソーシャル・サービスが、構築されているとも捉えられます。Chatter や Yammer は、それなりの実績を、すでに評価されていますが、その他は不明です。 それら、すべてのサービスが、どのようなタイミングで、どのようなビジネスを構築していくのか、それが楽しみですね。image

ーーーーー

エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!

 

%d bloggers like this: