Agile Cat — in the cloud

中国の清華大学が Western Digital に対して、なんと US $3.8 billion も投資している!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses by on October 2, 2015
China’s top university invests $3.8B into US hard drive maker
Steven Millward – Oct 1, 2015
_ tech in asia
China’s prestigious Tsinghua University is investing a whopping US$3.8 billion into hard-drive maker Western Digital, reports Bloomberg.
China の名門である Tsinghua University が、ハードドライブ・メーカーの Western Digital に、なんと US$3.8 billion も投資していると、Bloomberg が報じている
Tsinghua-pays-3.8B-Western-DigitalIt’s China’s biggest ever tech investment in the US. It tops the US$1.75 billion that Lenovo paid for IBM’s PC division in 2005, as well as last year’s acquisition of IBM’s server business by Lenovo for US$2.3 billion.
この、US テクノロジーへ向けた China の投資は、これまでを超える最大のものとなる。つまり、2015年に Lenovo が、IBM の PC 部門を買収した時の US$1.75 billion だけではなく、やはり Lenovo が昨年に、IBM のサーバー事業の買収したときの US$2.3 billion も凌駕するものとなる。
Today’s deal represents an approximate 15 percent stake in Western Digital, which has a market capitalization on NASDAQ of US$16.26 billion. The investment is made through a company named Unisplendour, also referred to as Unis, which is largely owned by Tsinghua University and its subsidiaries.
今日(10/1)の取引額は、NASDAQ で US $16.26 billion の時価総額を有する Western Digital の、全株式における 15% に相当するものとなる。そして、この投資は、Tsinghua University と、その子会社が所有する、Unisplendour(通称 Unis)という会社を介して行われている。
Although Unis has a track record of working with major tech companies such as Intel and HP, Western Digital may be hoping in private that the deal doesn’t cause security concerns among consumers or corporate clients related to dealing with a firm that has such close ties with the Chinese state. Unis is a publicly-traded company in China.
Intel や HP などの大手テック・カンパニーに対して、これまでに Unis は実績を積み上げてきているが、Western Digital としては、この投資が民間レベルの合意で収まることを期待している。つまり、China の社会と経済において、なんらかの密接な関係を有している、個人もしくは企業が、セキュリティ上の懸念を示さないと目論んでいるのだろう。なお、Unis は、China の上場企業である。
“Unis’s board member will be restricted from participating in discussions that involve government contracts, sales or products and services, and other such sensitive matters,” says Western Digital in its announcement (PDF link) to shareholders.
Western Digital は株主に対して、「 Unis の経営陣は、China 政府との契約により、販売/製品/サービスといった情報と、関連する機密事項について、説明を制限されている」とアナウンスしている。
Asia PacificCloud News Asia 用のトピックを拾っていると、このところ Tsinghua の名前を、よく見かけます。一番 多かったのは、以下のリストの最後にある、Micron の買収話です。 これには、米政府も慎重であり、また、台湾政府も大反対という、状況のはずだったと記憶しています。それにしても、清華大学(Tsinghua)の資金調達力はすごいです。 もちろん、国有の大学なのでしょうから、Unis などの企業を介在させるにしても、実質的には中国政府が、Western Digital の株式を所有することになりますよね。 世の中、ものすごいスピードで、突っ走っているようです。_AC Stamp
Intel investments in Tsinghua may benefit China over processor development
Unlikely Tsinghua-Micron merger would spell trouble for Taiwan
Hong Kong Mobile OS Company Aims To Beat Android, Apple
China and the Global Semiconductor Space Are Consolidating
Tsinghua Holdings to invest RMB30bn in smartphone chips
The Man Behind The Move On Micron: A Q&A With Tsinghua Unigroup’s Zhao Weiguo
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーをリストアップ!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近していく欧州と中国
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government by on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
_ Business Insider
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research, Samsung by on August 4, 2015
Apple no longer dominates the tablet market it created
Matt Rosoff – Aug 1, 2015
_ Business Insider
When the iPad first came out in spring 2010, tablets were a rarity. Of course, Microsoft and some of its PC partners had experimented with PCs in a touch-screen slate format, but those tablets never took off.
2010年の春に初代の iPad が登場したとき、タブレットと呼ばれるものは存在していなかった。 もちろん、Microsoft を中心とするパートナーたちが、スレート系式のタッチ・スクリーン PC を実験的に製造していたが、それらが本格的な勢いを有することもなかった。
John Karakatsanis
A year later, Apple was selling about 10 million iPads per quarter, and other manufacturers raced to capitalise on the trend. For a couple years, Apple was the tablet market.
そのデビューから1年が経過したとき、Apple は四半期ごとに 1000万台の iPad を販売し、また、その他のメーカーも、このトレンド・レースに参戦してきた。 そして、そこから数年は、Apple を中心にタブレット市場が動いていた。
As this chart from Statista based on IDC data shows, things have changed.
この、Statista のチャートは、IDC のデータをベースにしたものであり、タブレット市場の変遷を示すものとなっている。
Tablet Share Chart
Samsung has come close to matching the iPad’s market share for the last year, and nearly 60% of tablets sold now come from a group of smaller players, with nobody consistently dominating that group. (Lenovo is currently the biggest of that group with about 6% share.)
昨年あたりから、iPad と Samsung のシェアが拮抗しているが、現時点におけるタブレットの 60% ほどが、小規模なメーカーのグループから提供されている。 ただし、そのグループを継続的に支配するメーカーは登場していない(現時点では、Lenovo の 6% が、そのグループの最大シェアとなっている)。
Meanwhile, the overall tablet market has been in decline for the last couple years — earlier this week, IDC reported that Q2 tablet sales were down 7% from a year ago.
その一方で、タブレット全体としてのマーケットは、この数年間で縮小している。2015年 Q2 のタブレット売上高は、前年比で 7% 減だったと、今週の初めに(6月末)IDC がレポートしている。
Post-PC一言で表現すると、勝者のいないタブレット市場という感じですね。 とは言え、たとえば途上国マーケットでは、廉価版のタブレットが増えているはずなので、それを活用するユーザーが勝者になるのかもしれません。ただし、二年サイクルで買い替えが促進されるスマホというより、従来からの PC に近いプロダクト・セグメントに属するようであり、 そのマーケットの規模も、限定されたものになりそうですね。 _AC Stamp
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
iPad が伸び悩んでいる:脇役から抜け出せないタブレットを1枚のチャートで!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が iOS を追い越してしまった!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
_ China Tech News
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research, Xiaomi by on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
_ Times of India
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
_ Digi Times
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom, Xiaomi by on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
_ tech in asia
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?


Posted in Asia, Mobile, Research, Xiaomi by on January 28, 2015
10 charts explain the difference between China and India’s smartphone owners
Paul Bischoff – Dec 16, 2014
_ tech in asia
China and India are two of the most lucrative markets in the world for smartphone makers. But even though both are developing countries, there’s no one-size-fits-all strategy to tackle them both.
China と India は、スマートフォン・メーカーから見ると、世界で最高の収益をあげられる二大マーケットとなる。しかし、この2つの途上国だが、どちにらにも効果のある万能の戦略があるかとなると、そのようなものは見当たらない。
India_China_LocatorChina’s massive, well-established mobile mobile market is nearing saturation, while India is just getting started.
China は大規模であり、上手く機能しているモバイル・マーケットを持つが、それは飽和点に近づいている。 その一方で、India のマーケットは立ち上がったばかりである。
A recent survey by Germany-headquartered B2X Care Solutions shows these contrasts. It was conducted among smartphone and tablet owners in five major economies: the US, Germany, Brazil, China, and India.
Germany に HQ を持つ、B2X Care Solutions による最近の調査結果が、この二国の違いを明確に示している。その調査とは、US/Germany/Brazil/China/India という5つの主要国で、スマホおよびタブレットの所有者に対して実施されたものである。
↓ クリックで Facebook ページヘ  ↓
India CH否Charts
We pulled out 10 slides (with their permission) that best exemplify how different the markets are in China and India. B2X surveyed over 500 respondents from each country.
私たちは同社の許可を得て、China と India のマーケットが大きく異なることを例証する、10枚のスライドをピックアップした。なお、B2X の調査は、それぞれの国の、500人の回答者に対して実施されている。
Asia PacificIT の在り方に最大の影響を与えていく、この二国のマーケットを比較するデータが、これからも大量に出てくると思います。 そして、この B2X Care Solutions のレポートが、そんな流れに先鞭をつけるのかもしれません。 Facebook ページの方では、たとえば以下のように、個々のチャートに対しする説明文を訳していますので、お暇な時にでも、ぜひ、ご覧ください。 _AC Stamp
  • 01: 中国はインドと比べて、ビジネス・ユースの比率がきわめて高い。
  • 02: インドの方が、スーパーマーケットでスマホが購入される比率が高い。
  • 03: インド人は、最新のモデルや機能を求めるが、中国人は、こだわらない
Facebook Lite:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
インド Micromax の 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
%d bloggers like this: