Agile Cat — in the cloud

Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 3, 2014

Samsung unveils first smartphone using Tizen operating system
http://wp.me/pwo1E-7xF

June 2, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/samsung-unveils-first-smartphone-using-tizen-operating-system

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co., the world’s biggest maker of mobile devices using Google Inc.’s Android operating system, announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform.

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co. は、Google Inc. の Android オペレーティング・システムを用いた、モバイル・デバイスにおける世界最大のメーカーであるが、Tizen のオープンソース・プラットフォームを走らせる、初めての商用のスマートフォンを発表した。

Samsung Electronics Co. announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform. — Reuters pic

The Samsung Z will be available in Russia in the third quarter before expanding to other markets, the Suwon, South Korea-based company said in a statement today. The device will have a 4.8-inch screen and will be on show at the Tizen developer conference in San Francisco tomorrow.

Suwon, South Korea をベースにする同社の、今日(6/2)のステートメントによると、その Samsung Z は、今年の Q3 から Russia での販売が始まり、その後に、他のマーケットでのビジネスが展開されることになる。このデバイスは、4.8-inch スクリーンを持ち、明日に San Francisco で開催される、Tizen デベロッパー・カンファレンスでお披露目となる。

Tizen, which is being developed with companies including Intel Corp. and Vodafone Group Plc, is an alternative to Android, the most popular smartphone operating system in the world. Asia’s biggest technology company unveiled two wristwatches using Tizen in February and had previously said its first commercial phone using the platform would be released in 2013.

Intel Corp. および Vodafone Group Plc などを含む企業群が開発する Tizen は、世界で最も人気のスマートフォン·オペレーティング·システムである、Android に代わるものを目指している。 そして、このアジア最大のテック・カンパニーは、Tizen を用いる 2種類のスマートウォッチを 2月に発表したが、このプラットフォームを用いる最初のスマートフォンは、2013年にリリースされると当初は述べていた。

Samsung has been boosting incentives in its smartphones, including adding US$600 (RM1,930) of freebies to its Galaxy S5 marquee device, as it faces more competition from Apple Inc. as well as Chinese producers including Xiaomi Corp. and Lenovo Group Ltd. — Bloomberg

Samsung は、看板である Galaxy S5 デバイスの景品として $600(RM1,930)を追加するなど、スマートフォンにおけるインセンティブを高めてきた。その理由は、Apple との熾烈な戦いだけではなく、Xiaomi や Lenovo といった、中国製のデバイスの追い上げに直面しているからでもある。 ーーー Bloomberg

ーーーーー

ついにと言うか、ようやくと言うか、Tizen を載せたスマホが Samsung から登場するようです。しかも、Apple の WWDC 2014 に発表をぶつけ、同じ SF でデベロッパー・カンファレンスまで行うようです。なぜ、Android ではダメなのかという疑問が、Tizen に関するニュースを見るたびに、アタマに浮かんで来ましたが、対 Apple というより、対 Chinese の戦略というのが本音だと思えてきました。 つい先日に、Xiaomi が Mi Pad というタブレットを出しましたが、信じられないほどの低価格で攻めてきています。同じ Android では太刀打ち出来ないと判断しても、仕方のないことなのかもしれません。 だからこそ、WWDC に合わせて発表したのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Apple は 5.5-inch の iPhone を作っているのか? 台湾からの情報を整理する
さぁ WWDC 2014 だ! iOS 8 だ!

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm

Posted in .Selected, Google, Research by Agile Cat on April 18, 2014

Google revenue, profit up in Q1, but Wall Street not impressed
http://wp.me/pwo1E-7pM

By
Lauren Hockenson – April 16, 2014
http://gigaom.com/2014/04/16/google-revenue-profit-up-in-q1-but-wall-street-not-impressed/

_ Giga Om

Summary: Google released its Q1 earnings report for 2014, and while the company continues to make lots of money the results were shy of analysts’ expectations.

Summary: Google が、2014年 Q1 の決算報告書をリリースした。 同社の収益は堅調ではあるが、アナリストたちの予測には足りなかったようだ。

ーーーーー

On Wednesday, Google released its earnings statement for Q1 of 2014, reporting revenue of $15.4 billion, up 19 percent year on year, and an increase in net income.

この水曜日(4/16)に、Google がリリースした 2014年 Q1 の収益レポートによると、この期の売上は $15.4 Billion であり、昨年同期に対して 19% の伸びを示し、純益も増大している。

photo: Ken Wolter Shutterstock.com

But the numbers come in shy of analysts’ expectations, which projected the company to rake in $15.58 billion. Google’s earnings-per-share came in at $6.27 — roughly five cents off from analysts’ projections of $6.33 to $6.41.

しかし、この数字は、$15.58 Billion の売上をかき集めるという、アナリストたちの予想を下回るものであった。そして、1株当たりの利益に関しても、$6.33〜$6.41という予想に対して、5セントほど低い $6.27 に留まってしまった。

According to Google, traffic acquisition costs increased to $3.23 billion in the first quarter of 2014, representing 23 percent of advertising revenues. Mean while, cost-per-click continues to go down, decreasing 9 percent over the first quarter of 2013 and remaining steady throughout the year, although the number of paid clicks on its advertising network jumped 26 percent compared to the same period last year.

Google によると、2014年 Q1 におけるトラフィック取得コストは、$3.23 Billion に達しており、広告収入の 23% に相当するものとなる。その一方で、Cost-Per-Click は一貫して下がり続け、2013年 Q1 と比較して 9% のダウンとなる。ただし、この広告ネットワークにおけるクリック数(Google に対価が発生する)は、前年同期に比較して 26% のアップとなっている。

One major point explored on the company’s earnings call Wednesday afternoon was the gap Google sees between declining cost-per-click numbers and the slow rise in value of mobile ads. When asked during the company’s earnings call, Nikesh Arora, SVP and CBO at Google, said that the gap will close in due time as mobile information becomes richer for ads:

水曜日の午後に行われた、同社の収支報告会において注目すべきは、Cost-Per-Click 数の低下と、モバイル広告の成長の遅れを、Google がギャップとして認識している点にあった。 そこでの質問に対して、Google の SVP and CBO である Nikesh Arora は、モバイル情報が広告にとってリッチになるにつれて、このギャップは、なんの問題もなく解消していくと述べていた。

The way to think about it is that in mobile, you have location and context of individuals, which you don’t have on the desktop. The more you know about the user in their context, the more effective advertising you can provide them. There’s a whole bunch of building blocks that need to come into play to close the gap.

モバイル広告における特質を考えるなら、デスクトップ上には存在しない、ロケーションとコンテキストという要素があることを指摘したい。そして、誰もが認識する以上に、それぞれのユーザーにはコンテキストがあり、また、より効果的な広告が、彼らにとって有益なものを提供していく。つまり、このギャップを埋めるためには、膨大なビルディング・ブロックの固まりが必要になるのだ。

This earnings report also calculated Google’s purchase of Nest for $3.2 billion, as well as the sale of Motorola to Lenovo for $2.91 billion – both of which happened in January of this year.

なお、この収支レポートには、今年の 1月に生じた、Nest の買収($ 3.2B)と、Motorola の Lenovo への売却($ 2.91B )が組み入れられている。

“Motorola had a great quarter in Q1, with the Moto G showing strong sales momentum, especially in emerging markets,” said Google CFO Patrick Pichette on the company’s earnings call. “The team continues to be hard at work, and we look forward to seeing them join up with Lenovo soon.”

「 Motorola にとって、この Q1 は素晴しいものであった。Moto G が、とりわけ途上国において、大きな販売量を示したのだ。このチームは、懸命な努力を続けている。 そして、もうじき始まる、Lenovo との連携を楽しみにしている」と、Google の CFO である Patrick Pichette は述べている。

Related research

Listening platforms: finding the value in social media data September 2012
Managing infinite choice: the new era of TV user interfaces October 2011
Connected Consumer Q3: Netflix fumbles; Kindle Fire shines October 2011

ーーーーー

imageこれだけの数字を上げながら、アナリストの予測を下回ったと、叩かれてしまうのは、かわいそうな気がします。 Google の広告事業が、いったいどれくらいの規模なのかという点ですが、以前にポストした「Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン」と、「Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告」という抄訳を見ていただければ、大まかなところで、見当がつくだろうと思います。 なお、文中のチャートは、Google が提供しているレポートから抽出したものです。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!
Big Data と 音楽:Google Play の Music Timeline が スゴイ!

モバイル・ベンダー 2013 総決算 10億台:グローバル 出荷数 Top-5 は?

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on February 9, 2014

Global Smartphone Shipments
http://wp.me/pwo1E-7bm

The Economist – Feb. 1, 2014
http://www.businessinsider.com/global-smartphone-shipments-2014-2

_ Business Insider

Last year the number of smartphones shipped worldwide passed 1 billion for the first time, according to IDC, a research firm. In 2010 the four leading smartphone vendors, Nokia, Research In Motion (now BlackBerry), Apple and Samsung, represented four different operating systems.

調査会社である IDC によると、昨年のスマートフォン出荷数が、ワールドワイドにおいて初めて 1 Billion を上回った。2010年の段階では、それぞれのオペレーティング・システムを擁する、Nokia/RIM(BlackBerry)/Apple/Samsung の 4社が、スマートフォン·ベンダーの世界をリードしていた。

The Economist

Nokia has since not only forgone its own operating system but sold its mobile-phones unit to Microsoft. BlackBerry is no longer among the leading makers. Samsung (the biggest supplier of phones using Google’s Android operating system) and Apple are both thriving, despite disappointing results in the most recent quarter. But the fastest growth is now in cheaper Android phones, notably in China and India.

その後だが、Nokia に関しては、独自のオペレーティング・システムを諦めただけではなく、そのモバイル・デバイス部門を Microsoft に売却している。また、Blackberry は、もはやリーディング・カンパニーとは呼べない状況に陥っている。 Samsung(Google の Android OS を採用する最大のスマホ・サプライヤー)と Apple は、ともに好調を維持しているが、直近の四半期では不本意な結果をもたらしている。そして、いま現在、最も成長しているのは、安価な Android フォンであり、その中でも中国とインドが突出している。

Click here to subscribe to The Economist

ーーーーー

TAG indexついに、10億台ですか。。。 この数字は、昨年の12月にも IDC が予測していたものですが、そこに Q4 もしくは 12月のデータが加えられ、確定したのだろうと思われます。また、昨年 7月にポストした 「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳には、四半期あたりの iOS/Android のち出荷数が、2億台ほどだと記されていたのですが、そうなると、すでに3億台レベルにまで上がっている計算となります。つまり、1億台/月というペースで、モバイル・デバイスは出荷されているのです。 スゴイ!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Facebook のアクティブ・ユーザー数が 12億人に達した
Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Strategy by Agile Cat on February 4, 2014

Google paid $4B for patents: why the Motorola deal worked out just fine
http://wp.me/pwo1E-7ag

By Jeff John Roberts – Jan 30, 2014
http://gigaom.com/2014/01/30/google-paid-4b-for-patents-why-the-motorola-deal-worked-out-just-fine/

_ Giga Om

Summary: A closer look at Google’s purchase and sale of Motorola shows the final price of the deal was around $4 billion for a big patent portfolio. That’s a reasonable price to pay in the face of a unreasonable patent system.

Summary: Google による Motorola の買収/売却を注視すると、巨大な特許ポートフォリオに対する $4 Billion が、結果としての買収価格であったことが見えてくる。つまり、不合理な特許制度に対向するために、合理的な対価が支払われたわけである。

ーーーーー

photo: 2@NixoR/Pond5

When Google bought Motorola Mobility for $12.5 billion in 2011, many people said it was all about the patents — and they were right. Now, on news that Google sold the device maker for just $2.9 billion, it’s worth examining if the deal made sense, and what role the patents played.

Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。

The short answer is that the deal, including the patent part of it, worked out just fine. A look at the math, and the competitive landscape, shows that the purchase and sale of Motorola made strategic sense for Google, even at that $12.5 billion price tag.

端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。 たとえ $12.5 Billion の値札であったとしても、この競合の世界を見渡すと、Mtorola の買収/売却は Googleにとって、戦略的な意味があったことを示している。

The final outcome of the Motorola deal validates Google’s strategy at a time when most patents are business weapons unrelated to actual innovation. It also provides yet another reminder of how badly America needs patent reform.

大半の特許が現実のイノベーションから遊離したビジネス上の武器であるにもかかわらず、この Motorola に関する最終的な結果は、Google の戦略性を証明している。 さらに言えば、アメリカにおける劣悪な特許を改革しようという試みが、どれだけ必要とされているのかを、思い出させてくれる。

Google encircled, a controversial counter-attack

Recall that one month before the acquisition, Google’s rivals — including Apple, Microsoft and BlackBerry — had snapped up a coveted patent portfolio at auction, giving them a new stick to pummel Google in a global and ever-sprawling legal battle over smartphones.

話は 2011年に戻るが、Google が Motorola を買収した 1ヶ月前のことを思い出して欲しい。 Apple と Microsoft と BlackBerry を含む Google のライバルたちは、熱望する特許ポートフォリオをオークションで競り落とし、スマートフォンを不規則に覆い包む法廷闘争で、Google を叩くための新しいステッキを手に入れた。

The deal, then, gave Google a chance to counter-attack or at least hold its ground thanks to Motorola’s intellectual property, which reportedly amounted to 17,000 issued patents and 7,500 applications. Google has never been a big booster of a patent system that awards patents for inventions like a “method of swinging on a swing” but, given the context, this was a case of if you can’t beat ‘em, join ‘em.

しかし、そのときのオークションは、その後の Google にカウンター攻撃のチャンスを与えることになった。Motorola の知的財産の買収は、少なくとも 17,000 件の特許と、7,500 件の申請を含むものであったと、レポートされている。そして Google は、イノベーションのための特許を奨励する “method of swinging on a swing” のような、特許システムの推進者ではないが、これまでの文脈を考えると、協業も敵対も許さないという事例を作り出している。

Or, as programmer Robert Eric Raymond put it at the time:

プログラマである Robert Eric Raymond は、その時に、以下のように述べている

This is Google telling Apple and Microsoft and Oracle “You want to play silly-buggers with junk patents? Bring it on; we’ll countersue you into oblivion.”

それは、Google から Apple/Microsoft/Oracle に対する、「 ジャンク特許を振り回す、愚か者になりたいのか? それを持ち出すなら、あなた方は、忘却の彼方から、逆に訴えられるだろう」という宣言である。

Sure enough, Google went ahead and poured more gasoline on the smartphone patent wars, in part by asking the International Trade Commission to ban iPhone imports because the popular Apple devices infringed Motorola patents. The ITC lawsuit, however, was a flop and some of Google’s other legal adventures with the Motorola patents have outright backfired.

案の定、Google は、International Trade Commission(国際貿易委員会)に対して、iPhone の輸入を禁止すべきと要求することで、スマートフォンの特許戦争にガソリンを注いだ。その理由は、Apple の人気のデバイスが、Motorola の特許を侵害しているため、というものだった。 しかし、この ITC 訴訟は失敗であり、Motorola の特許を用いた Google の法廷での冒険は、その一部において完全に裏目に出た

Last fall, for instance, the company sued Microsoft for patent infringement but a jury ordered Google to pay up for fighting dirty with standards-essential FRAND patents, which must be licensed on Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory terms. (Google, by the way, is not the only accused of messing with FRAND — the cable industry just sued an Apple-backed group over the same tactic).

続いて、昨年の秋に Google は、Microsoft が特許を侵害しているという提訴を起こしたが、ある陪審員が同社に命じたのは、不可欠なスタンダードである FRAND(Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory)特許に対して汚れた戦いを仕掛けるなら、その代償を支払えというものであった。( ただし、FRAND を汚すとして批判されたのは、Google だけではない。ケーブル業界でも、Apple の支援するグループが、同じ策を弄していると訴えられている

The bottom line is that the Motorola patents haven’t always worked out as well as Google might have hoped. But that doesn’t mean buying Motorola was a mistake.

つまり、Motorola の特許は、Google が期待するほど、常に効果的ではないというのが、この件に関する結論となる。 ただし、そうだからと言って、Motorola の買収が間違いだったという意味ではない。

The math of irrational patents and the end of war

Sure, Google bought the company for $12.5 billion and sold it for around $3 billion, but that doesn’t necessarily mean it was a bad deal from a patent perspective. While the spread suggests Google lost its shirt, the amount it will actually spend on Motorola at the end of the day is around $4 billion — and it’s keeping the patents.

たしかに Google は、$12.5 Billion で Motorola を買収し、$3 Billion 前後で売却した。ただし、特許という観点からして、必ずしもそれが、ひどい取引だったというわけではない。Google は大損をしたと吹聴する向きもあるが、Motorola を手放す日において、そこに支払われた対価は $4 Billion だとする見方もある。 さらに言えば、論点となっている特許は、Google の手元に残るという計算である。

The $4 billion figure, as analyst Benedict Evans, the New York Times and Bloomberg noted, results from the fact that Motorola had around $3 billion in cash on hand, and from the $6 billion Google recouped from selling off units of the device maker.

この $4 Billion という数字であるが、アナリストの Benedict Evans や、New York Times、そして Bloomberg が指摘するように、買収時に Motorola の手元にあった $3 Billion を差し引き、さらには、このデバイス・メーカーを投げ売りしたことで控除される、$6 Billion を差し引いた結果となる。

As for the patents, CEO Larry Page had this to say:

この、一連の特許について、CEO である Larry Page は、以下のように語っている

Motorola’s patents have helped create a level playing field, which is good news for all Android’s users and partners … Google will retain the vast majority of Motorola’s patents, which we will continue to use to defend the entire Android ecosystem.

Motorola の特許により、すべての Android のユーザー/パートナーにとって朗報となる、公平な競争の場の創出が促進された… Google は、Motorola 特許の大部分を保持し、Android エコシステム全体と守るために、それを使用し続ける。

Page’s words are a reminder that while some of the Motorola patents didn’t pan out in court, there are still thousands more of them that Google can unleash at any time, including newly issued ones (recall that Motorola had 7,500 applications at the time of the deal). And, at $4 billion, the price doesn’t appear to be crazy, especially when considering that’s less than the amount that Google rivals paid at auction for the patent portfolio of Nortel (which took place shortly before Google acquired Motorola).

Page の言葉が思い出させるのは、いくつかの Motorola 特許は、法廷で効力を発揮しなかったが、新たに申請されているものを含めて、いつでも引き出すことができる数千の特許を、Google は依然として手にしているという事実である( 買収されたときの Motorola が、7500件の特許を、申請していたことを思い出してほしい)。そして、$4 Billion という対価であるが、Google のライバルたちが Nortel の特許ポートフォリオを手にするために、(Motorola 買収劇の直前に行われた)オークションで支払った金額よりも少ないことを考えれば、気違いじみたものとも思えない。

More importantly, the Motorola patents don’t stand alone; they are part of Google’s swelling intellectual property portfolio, which now includes access to Samsung’s patents as well as the rapidly increasing number of patents Google is obtaining internally.

さらに重要なことは、Motorola の特許が孤立していないことだ。つまり、それらは、Google 内で膨張する知的財産ポートフォリオの一部を構成し、たとえば Samsung 特許へのアクセスを許すだけではなく、Google が取得していく特許を急増させることになる。

All of this means that Google is in position to wage the smartphone patent wars for years to come. Even if the Motorola patents don’t give it a knock-out victory, the patents will allow Google to inflict incredibly expensive litigation on rivals since, under America’s bloated patent system, it can take years to invalidate even the flimsiest patent.

すべての要因において、Google は今後の数年を睨みながら、スマートフォンに関する特許戦争を仕掛けられる立場を保持する。そして、たとえ Motorola の特許だけでは、決定的な勝利が得られないにしても、一連の特許を組み合わせることで、Google はライバルたちに、とても厳しい訴訟を仕掛けられる。なぜなら、アメリカの肥大化した特許制度の下では、それらの説得力のない特許を無効にしたくても、何年かが必要になるからだ。

Fortunately, this may not be Google’s goal. According to a person familiar with the company, Google’s patent partnership with Samsung is part of a larger plan to defuse the patent wars over smartphones, and promote industry-wide cross-licensing deals instead. If this is the case, the $4 billion that Google paid for Motorola’s patent will help give it the necessary strength to promote peace.

しかし、幸いなことに、そこに Google の目的があるわけではない。 同社の内情に詳しい者によると、Samsung と Google の提携は、スマートフォンにおける特許戦争を打開し、この業界を横断するクロス・ライセンスを促進していくという、大きな計画の一部を構成することになる。 このような場合において、Google が Motorola の特許を支払った $4 Billion は、平和を促進するために必要な、力強さを与えるものになる。

At the end of the day, the Motorola patent purchase was a sane response to a patent system that is so irrational that all three branches of the US government are now trying to reform it.

すべてを総括するなら、Google による Motorola 特許の購入は、アメリカ政府内の 3つの組織が、まさに改革しようとしている不合理な特許制度に対する、正気の回答となる。

Related research

What to expect for the mobile OS market in 2013  – August 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまから、ちょうど 3年前のことです。 すでに Google が手を挙げていた、Nortel の知的財産権の買収に対して、Android を止めたい Apple や Microsoft などがコンソーシアムを設立して、このオークションを競り落としたのです。そして、その直後に Google が Motorola を買収するという、どんでん返しが起こったのです。 この辺りの経緯は、「Android 特許 関連 ポスト 15 本 」にマトメていますので、ご興味あったら、ぜひ、ご覧ください。 これから生まれてくるスタートアップたちのことを考えると、がんじがらめの特許制度は、百害あって一利なしだと思います。image

ーーーーー

<関連>

モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Chromebooks:大半の Microsoft パートナーが参加する事態に!

Posted in Google, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on January 17, 2014

Nearly All Of Microsoft’s PC Partners Now Offer Google Chromebooks
http://wp.me/pwo1E-77G

Julie BortJan. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/microsofts-pc-offer-chromebooks-2014-1

_ Business Insider

As expected, the Consumer Electronics Show brought us new Chromebooks.

誰もが期待していたように、Consumer Electronics Show で新しい Chromebooks を見ることができた。

With the one introduced by Toshiba, all but one of Microsoft’s PC hardware partners are now selling laptops built with Google’s Chrome operating system, points out The Motley Fool’s Sam Mattera. The hold out is Asus, and it, too, is working on a Chromebook to be launched this year, Google says.

そして、そこに Toshiba も参入したことで、Microsoft の PC ハードウェア・パートナーの 1社を除くすべてが、いまでは、Google の Chrome OS で構成されるラップトップを販売することになったと、The Motley Fool の Sam Mattera が指摘している。そのヘソ曲がりは Asus であるが、年内には Chromebook を発売するために、いま、取り組んでいるところだと、Google は述べている。

Business Insider/Julie Bort
Microsoft CEO Steve Ballmer

To recap, that’s Dell, HP, Acer, Samsung, Lenovo, Acer, and Toshiba selling Chromebooks with some vendors, like HP, offering multiple models.

要約すると、Dell/HP/Acer/Samsung/Lenovo/Acer/Toshiba などが Chromebooks を販売し、さらに言えば、HP などは複数のモデルを提供するに至っている。

Google also offers a Chromebook, the touchscreen Pixel, but with its $1,300 price tag, it’s more like a Cadillac Chromebook designed to show what’s possible. Even the Google vice president responsible for building the Pixel, Caesar Sengupta, admitted to Business Insider that he never thought it would be a big seller.

さらに言えば、Google 自身も、タッチスクリーンの Pixel という Chromebook を提供しているが、その価格は $1300 であり、Chromebook で実現できることを示すための、キャデラックのような存在である。そして、Pixerl を担当する Google の VP である Caesar Sengupta も、そんなに多くの売上は期待していないと、Business Insider に説明している。

Most Chromebooks are priced well under $500 and that’s has consumers’ heads turning and sales soaring, according to research firm NPD and holiday sales reports by Amazon.

調査会社である NPD や、Amazon の Holiday Sales というレポートによると、 Chromebooks の価格帯は $500 以下に集中しており、それにより、消費者の購買意欲を得ていることになる。

Beyond consumers, Chromebooks are also doing well in education, with nearly one-quarter of the school districts in the U.S. using them or testing them, Sengupta told Business Insider. Plus, about one-quarter of enterprise IT pros are considering buying Chromebooks for their business’ employees, according to research last summer from Forrester.

一般的な消費者は別にしても、Chromebooks は教育機関にも浸透し始めている。 Sengupta が Business Insider に語ったところによると、アメリカ国内における学校の、ほぼ 1/4 が Chromebooks を採用/試験しているという。さらに言えば、エンタープライズの IT 部門の約 1/4 が、従業員のために Chromebooks の購入を検討しているという調査結果が、昨年の夏に Forrester から提供されている。

Obviously, this has Microsoft nervous and responding with a negative ad campaign trashing Chromebooks.

Chromebooks への中傷広告キャンペーンをみれば明らかだが、それに対して Microsoft はナーバスになっている。

That won’t stop PC makers. As HP CEO Meg Whitman said in October, thanks to Microsoft’s Surface (which, unlike the Pixel, Microsoft is heavily marketing), Microsoft has turned from a partner into an "outright" competitor.

つまり、PC メーカーたちを止めることが出来ないのだ。 HP の CEO である Meg Whitman が 10月に発言したように、Microsoft Surface が登場したことにより(Pixel とは異なり、Microsoft は本気でマーケティングしている)、Microsoft はパートナーたちの、[公然]としたコンペティターへと転身したのだ。

Meanwhile, Google is wooing manufacturers with by giving them the Chrome operating system for free while Microsoft charges a licensing fees.

Microsoft がライセンス料を課金する一方で、Google は無料で Chrome OS を提供するという、メーカーたちへの求愛行動を示しているのだ。

ーーーーー

TAG index安価でシンプルな Chromebooks ですが、なかなか良さそうな感じですね。 もちろん、オフラインで何もできないという指摘があるでしょうが、いまの時代で、ほとんどオフラインにならないとも言えますよね。 そして、Microsoft ですが、Surface の登場は、Apple 型ビジネスモデルへの移行だと捉えることが可能ですし、この記事に出てくるベンダーの大半が、そのように判断しているはずです。Chromebook が強くなりそうですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

HP Chromebook 11 は、$280 で、1kg で、カラフルで、USB 充電なのだ!
Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う
Google の ハイエンド・ラップトップ : Chromebook Pixel が登場
HP も Chromebooks 市場に参入 : 14-inch で $329
学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話

2013年 : Asia の 炸裂するパワーの マトメ

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia by Agile Cat on December 25, 2013

インターネットのメイン・ステージは、この Asia なのです・・・
http://wp.me/pwo1E-73l

image

_  space

この 5月のことですが、アジアのマーケットを強く意識するようになった Agile_Cat は、それまでの関連ポストをまとめた、『 Agile_Cat アジア 特集:クリックすると元気が出てくるリンク集です!』というコンテントをポストしています。以下のリストの 4月以前は、そのときのものと重複しますが、こうして 1年を通して見なおしてみると、マーケットだけではなく、そこで消費されるサービスに関しても、アジア・パワーが炸裂している様子が見えてきます。

そして、今年のアジアを象徴する出来事は、iPhone 5C の登場だと、Agile_Cat はとらえています。 さらに言ってしまえば、5C の ”C” は China の ”C” だと信じ込んでいるくらいに、このトピックには強い興味を持っています。 9月の段階の合意では、Apple も Cihna Mobile も、戦略的な販売を展開するには至りませんでしたが、12月には新しいウワサも流れ始めています。 もし、両者が踏み込んだ提携を交わすことになれば、Apple の世界戦略にも影響を及ぼす、とても大きな変化が訪れると期待してしまいます。

_  space

1/02: Samsung は Tizen で、Google と Apple に牙をむく
2/07: Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
2/12: Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
3/06: 中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感
3/16: Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?
3/16: 中国製 iPhone 5S イミテーションは、Android ベースで $150 だ!
3/18: Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
3/22: LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
3/23: iPhone の廉価版が 6月~7月 には登場 : プラスチック製で Non-Retina
3/28: 中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

4/02: Tencent ユーザーがピンチだ :中国のキャリアが課金を検討か?
4/03: Open Compute と Quanta:台湾の無印サーバーが米マーケットを席巻!
4/09: 中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
4/09: China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す
4/10: Line の Kawaii キャラクター TV アニメ・シリーズ : 海外での評判は?
4/10: クラウド・ビジネスに最適な国は? : 日本が1位に輝く BSA の調査
4/12: 中国の スマホ 比率は、全ケータイの 73% に相当する : IDC 調査
4/13: Dropbox : アジア言語圏への本格的な進出が始まる
4/14: 世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
4/18: Google だけに優秀な頭脳を独占させない:Baidu が Cupertino にオフィス
4/24: 中国の モバイル eコマース : 前年比で 600% の成長を達成
4/29: 脅威の パズドラ 効果! 海外も注目する GungHo の時価総額 $10B
5/03: 中国とインドに進出する BT Cloud Compute は、すでに世界で第三位?
5/08: Evernote in China:進出から1年で 400万人のユーザーを獲得
5/15: iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く!
5/20: Line の 売上は、2012 Q4 の時点で $58 Million もあるのだ!
5/24: シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
6/08: HTC One が大当たり! 前月比で 48% の 売上増
6/19: Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた
6/30:キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?

7/04: 膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある
7/09: インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
7/12: 驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
8/01: 途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
8/09: Acer は Android と Chromebooks に賭ける:Win 8 での損失を補う
8/12: Asus は Windows RT から撤退するのか?
8/15: Google は Nexus 10 を Asus に任せる ?  Sumsung 以上が作れるのか?
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
8/25: Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
8/30: 中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
9/05: Apple は 中国に チョー本気だ:9月11日に北京で iPhone 5C イベント
9/09: Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
9/10: 中国の検索マーケットは $39B に成長し、2016年には $75B にいたる!
9/12: Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
9/23: Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!
9/27: 中国で Facebook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?

10/04: Samsung が立ち上げる Dev Center/1000 API/App Store とは?
10/14: タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
10/14: NTT がリサーチ・センターを Silicon Valley 開設
10/17: Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!
11/01: ゲーム市場の調査 : オンラインの成長が著しい韓国
11/07: 中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
11/12: Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
11/15: 恐るべき アジアのソーシャルたち : LINE は 世界ランキング8位!
11/19: やったぜ Sony : 100万台の PS4 を 24時間で完売だ!
12/14: Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチ!
12/06: Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
12/13: WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
12/20: LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート

ーーーーー

TAG indexそして、今年ですが、日本発の LINE が、アジアで評価され、さらには世界で認められるという展開が、多くの人たちの関心を引き付けた思っています。 Agile_Cat を始めて、かれこれ5年になりますが、これほどまでに勢いのある、日本からの展開というのは初めてのことです。 そして、大手では、NTT Communications のデータセンター展開がすごいですね。 先日にポストした、『 世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか? 』という抄訳で、すでに世界のトップ・クラスとして認識されていたのが、とても印象に残っています。image

Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい

Posted in Asia, Government, Security by Agile Cat on December 6, 2013

Everyone hates Huawei: CEO says company is giving up on the US
http://wp.me/pwo1E-6Zq

December 3, 2013 –
Ricardo Bilton
http://venturebeat.com/2013/12/03/everyone-hates-huawei-ceo-says-company-is-giving-up-on-the-us/

_ VB Security

Okay, haters, you win: Huawei is nixing its growth plans in the US.

OK! 嫌っていた、あなたの勝ちだ。 つまり、Huawei が、アメリカ市場上における成長のプランを、投げ出そうとしているのだ。

For years, officials in the US and elsewhere have accused the tech company of being a proxy for the Chinese government. And while Huawei has long denied the claims, it seems like it’s just too tired to do it any longer.

この数年において、アメリカなどの政府当局者たちが、このハイテク企業は中国政府のプロキシであるとして、非難し続けてきた。そして Huawei は、こうした主張を長きにわたり否定してきたが、いまでは疲れ果ててしまい、これからも続けていこうとは思わなくなったようだ。

In a recent interview with French media, Huawei CEO Ren Zhengfei said the company will stop looking for new business in the US, where fears over its alleged spying are the highest.  ”It’s not worth it,” he said, according to a transcript of the interview.

最近のフランス・メディアとのインタビューにおいて、Huawei の CEO である Ren Zhengfei は、同社がスパイ活動をしたという疑惑が、最も深く浸透してしまったアメリカでの、新規事業を停止するだろうと発表した。 そして、インタビューのトランスクリプトによると、「 それは、単なる撤退というダメージ以上のものとなる」と、彼は発言したようだ。

Those fears sound like they’re torn out of a spy thriller: US officials say that Huawei, which makes routers as well as smartphones, could install backdoors into its products, making it easy for the Chinese government to spy on US companies that use them.

同社が、スパイ小説のような世界から、大急ぎで立ち去ろうとしているようにも聞こえる。 アメリカ政府の当局者は、ルーターに加えてスマホも作る Huawei であれば、そのプロダクツにバックドアを仕掛けることが可能だと発言している。 そして、それらを使用するアメリカ企業に対して、中国政府は容易にスパイ活動を行えるというわけだ。

While Zhengfei’s comments were a tad vague, a Huawei vice president told Foreign Policy that the company wasn’t pulling out of the US entirely — it’s just shifting its focus to markets like Europe, which “welcomes competition and investment.”

Zhengfei のコメントは少し曖昧だったのに対して、Huawei の VP は、同社がアメリカから完全撤退しなかったことを Foreign Policy 誌に語っている。つまり、「競争と投資を歓迎」してくれる、ヨーロッパ市場などに、フォーカスをシフトするという話だ。

While the shift seems drastic, it’s actually not surprising given that Huawei admitted as recently as this April that it had been effectively shut out of companies in the US.  That trouble came largely from a 2012 Congressional report that argued that Huawei and its fellow Chinese smartphone marker ZTE “cannot be trusted to be free of foreign state influence.”

このシフトは、ドラスティックなものに見えるが、いくつかのアメリカ企業から、Huawei が体よく締め出されてしまった 4月から、同社に対する認識が変化していないのなら、それほど驚くべきことではない。この問題は、Huawei および、中国のスマホ・メーカーである ZTE が、「 外国からの影響 」という面で信頼できない、2012 年版の議会レポートが主張したことで大騒ぎとなった。

Huawei denied those allegations (which weren’t built entirely on facts), but as the company’s recent news confirms, the damage has already been already done.

Huawei は、これらの主張( 実際には完全に立証されていなかった )を否定したが、最近のニュースで同社が認めているように、それによるダメージは、すでに排除できないものになっている。

ーーーーー

asia-pacificことの真意は、いったい何処にあるのか? それが曖昧なまま、Huawei が撤退してしまうという、きわめて稀な事件だと言えるのでしょう。 同じ、中国メーカーでも、たとえば Lenovo などは、しっかりとアメリカ市場でビジネスを確立しているのですから、やはり、腑に落ちないことだらけです。 文中にあるように、ヨーロッパへの参入がが本格化すれば、それなりの調査が実施され、シロなのかクロなのか、ハッキリするはずだと思います。 ぜひ、そうなって欲しいですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!

iPad の グローバル・シェアが 30% を切ってしまった : どう巻き返す?

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on November 6, 2013

Apple’s Share of Global Tablet Market Falls Below 30%
http://wp.me/pwo1E-6Sd
By Seth Fiegerman – Oct 31, 2013
http://mashable.com/2013/10/31/ipad-market-share/

_ Mashable

During Apple’s fourth-quarter earnings call this week, CEO Tim Cook predicted that it would be an "iPad Christmas." Based on a new report, it looks like Christmas can’t come soon enough for Apple.

今週に開催された、Apple の Q4(7月~9月)収支報告会において、CEO である Tim Cook は "iPad Christmas" がやってくるという予測を披露した。しかし、最近のレポートによると、Christmas が Apple のために、前倒しでやってくることは無さそうだ。

Image: Mashable

The company’s share of the global tablet market fell to 29.6% in the third quarter, down from 33.1% in the previous quarter and just more than 40% in the same quarter a year earlier, according to a new report from IDC. The drop is attributed to the fact that Apple did not release a new iPad either the second or third quarter, leaving an opportunity for other manufacturers and tablets running on the Android platform.

IDC の新しいレポートによると、グローバルなタブレット市場における Apple のシェアは、Q3(4月~6月)の 33.1%から Q4(7月~9月)の 29.6% へと低下し、昨年同期の 40% からも大きく下げている。 その要因としては、Apple が Q2 もしくは Q3 に、新しい iPad のリリースしなかったことが挙げられる。その結果として、他のマニュファクチャに対して、つまり、Android プラットフォーム上で走るタブレットに対して、ビジネス・チャンスを与えてしまったのだ。

The total number of tablet shipments worldwide increased to 47.6 million in the third quarter, up from about 45 million the previous quarter. Meanwhile, the number of iPad shipments decreased from 14.6 million in the second quarter to 14.1 million in the September quarter.

ワールドワイドにおけるタブレットの総出荷台数は、Q2(4月~6月)の 45 million 台から、Q3(7月~9月)の 47.6 million 台へと増加している。 その一方で、iPad の出荷数はというと、4月~6月期の 14.6 million 台から、7月~9月期の 14.1 million 台へと減少している。

The big question now is how much ground can Apple make up with the release of the new iPad Air and Retina iPad mini next month. Jitesh Ubrani, a research analyst, suggested in the report that Apple’s decision to raise the price of the iPad mini may lessen its market share gains somewhat: "While some undoubtedly hoped for more aggressive pricing from Apple, the current prices clearly reflect Apple’s ongoing strategy to maintain its premium status."

ここでの大きな疑問は、新しい iPad Air と Retina iPad mini を 11月にリリースする Apple が、そのにより、どのくらいの領域を確保できるかに集約される。リサーチ・アナリストである Jitesh Ubrani は、iPad mini の価格を引き上げようとする Apple の判断により、マーケット・シェアの上昇が、いくぶん阻害されると、そのレポートで示唆している。そして、「 より積極的な価格政策を実施すべきという、疑問の余地のない期待が寄せられているが、現在の価格は明らかに、その株価を維持していくという、以前からの Apple の戦略を反映している」と、述べている。

Beyond that, there are concerns that Apple’s supply of new iPads — particularly the Retina iPad mini — will be severely constrained, which may also limit its potential market share gains.

それとは別に、新しい iPad に関する供給が、需要に追いつかないという懸念も浮上している(特に Retina iPad mini)。そうなると、マーケット・シェアの拡大というポテンシャルが、制約されるという可能性が生じてくる。

ーーーーー

TAG index上記のチャートを見ると、Samsung が Apple に迫ってきて、Asus なども着々とシェアを伸ばしてきている様子がわかります。 文中で指摘されているように、この春に新しいモデルを出せなかったのが、Apple にとっは痛いのでしょう。 その原因は、今回の Air のような、新しいデザインを投入できなかったからと思えますが、他の Android タブレットの洗練もあるのでしょう。Agile_Cat 的には、iPad 4th があるので、この年末には Nexus 7 を買ってみようと思っているところです。 iPad Mini にいかないのは、アプリからのコンテント共有が、iOS では制限され、Android の方が自由だからです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?
Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない
iPad のビジネスは大丈夫なのか? : それを示す1枚のチャート
Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート
Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート

 

%d bloggers like this: