Agile Cat — in the cloud

Google データセンターの、南米への進出が始まった

Posted in .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on September 12, 2012

Google starts its data center push in Latin America
http://wp.me/pwo1E-4K8

By
Katie Fehrenbacher – Sep 7, 2012 – 9:38 AM
http://gigaom.com/cleantech/google-starts-its-data-center-push-in-latin-america/

_ Gigaom

Google kicks off its data center push in Latin America in Chile. Will other locations in Brazil, and Peru follow?

Google データセンターの Latin America 進出作戦が、Chile でキックオフされる。 Brazil や Peru といった他のロケーションも、それに続くのだろうか?

ーーーーー

What better indicator that the Internet economy in Latin America is exploding than the news that Google is starting a major data center construction push in the region? This week Google announced that it will build its first data center in Latin America in Quilicura, Chile, near Santiago. The data center is expected to be up and running by the end of 2013.

Google が大規模データセンターをプッシュを始めたが、Latin America におけるインターネット経済の好況を、それ以上に指し示すニュースはあるだろうか?今週に Google がアナウンスしたのは、Chile の Santiago に近い Quilicura に、Latin America で最初のデータセンターを構築するというものである。 そのデータセンターは、2013年末までには、稼働するものと予想される。

The new data center, which will cost $150 million to build, will be as energy efficient as Google’s other facilities in the U.S. and Europe, and Google expects it to be “one of the most efficient and environmentally friendly in Latin America.” The facility will employ 20 people when fully constructed and many more during the construction phase (which just started).

この新しいデータセンターには、$150 million の構築しが投入され、また、アメリカおよびヨーロッパにおける Google ファシリティと同様に、エネルギー効率を考慮したものとなる。そして Google は、「Latin America において最も能率がよく、また、環境的にも好ましいものになる」と予想している。この建設が完了すると、20人の人員が採用されるが、工事の段階では、より多くの雇用が生じることになる(まだ、始まったばかりであるが)。

The Green Data Center blog points out that Google tries to have at least three sites in a region to provide users enough availability. So where are the others? A look at Google’s job postings in the region points to Sao Paulo, Brazil, Belo Horizonte, Brazil, and Lima, Peru as possible sites, according to the blog. So the Chile facility could be just the first, in a concentrated effort on Latin America.

この地域のユーザーに十分なサービスを提供するために、Google は少なくとも 3つのサイトをもとうとしていると、The Green Data Center ブログは指摘する。 そうだとすると、どこが候補地となるのだろうか? そのブログによると、Brazil の Sao Paulo と Belo Horizonte および、Peru の Lima において、Google は人材を求めているらしい。 したがって、Chile のファシリティは、Latin America での取っ掛かりに過ぎないようだ。

As we’ve written before, e-commerce and the Internet ecosystem is growing rapidly in some Latin American countries like Brazil. Part of that is because Brazil has a booming economy and more and more people can afford to buy goods online. Brazil has turned into a hot area of investment for web and mobile startups, too.

以前にも記事で取り上げたように、eコマースとインターネット・エコシステムが、たとえば Brazil などの、いくつかの Latin American の国々で、急速に成長している。 なぜなら、Brazil などの国々が好景気の中にあり、オンラインのためのプロダクツと購入する余裕が、数多くの人々に生じているからである。さらに Brazil では、Web とモバイルのスタートアップに対して、積極的な投資が行われるエリアに入りつつある。

Subscriber Content

ーーーーー

imageimage昨年末に 『 Google が 香港のデータセンターに、$300 Million を費やす背景 』という抄訳をポストしましたが、Google はアジアの拠点として、シンガポール台湾にもデータセンターを構築しています。いずれも、2013年のサービス・インとのことですが、この Chili のデータセンターも同じタイミングで立ち上がるようですね。 文中にもあるように、Brazil と Peru でも建設が進められるようであり、ヨーロッパの2か所と合わせた、Google の世界戦略が着々と進んでいる様子が伝わってきます。ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ
Facebook と Google の サーバー保有台数を推測する – James Hamilton
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
世界のサーバー市場について : Gartner はポジティブで、IDC はネガティブだ

Google Announces LATAM Green Data Center Construction, Where are the other two?

インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Research, Strategy, Web Scale by Agile Cat on April 30, 2012

World Internet population has doubled in the last 5 years
http://wp.me/pwo1E-4a2
Posted in Main on April 19th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/04/19/world-internet-population-has-doubled-in-the-last-5-years/

Image(3)

This year the number of Internet users worldwide reached 2.27 billion, almost exactly twice what it was in 5 years ago, 1.15 billion. We all know the Internet is big, but this kind of growth really puts things into perspective.

今年のワールドワイド・インターネット・ユーザーの数は 2.27 billion にいたり、5年前の 1.15 billion の、ちょうど 2倍を数えることになった。 すべての人々がインターネットの大きさを知っているが、この種類の成長により何らかの事実が、今後の展望に加えられていくことになる。

Image(4)

クリックで拡大 ⇒

The Internet population has been swelling rapidly since the arrival of the World Wide Web (which rests firmly on top of the foundation provided by the Internet). It’s human nature to get used to changes, so most of us have a tendency to forget how rapidly the world has changed, and keeps changing.

インターネット人口は、World Wide Web インターネットが供給する基盤上に定着している)の登場を境に急増してきた。 変更に追随するのは、人間の特性である。 したがって、大半の人々は、この世界が、どれほどの速度で変化し、また、変化し続けているのかを、忘れてしまうという傾向を有している。

And as the Internet population grows, so does the potential size of online services. One example of this extreme evolution is Facebook. Last year we noted that Facebook now has more users than the entire Internet had back in 2004, the year the social network was founded.

そして、インターネット人口が増大するにつれて、オンライン・サービスの潜在規模も同様に拡大していく。 こうした急激な進化の一例が、Facebook である。 昨年のことだが、Facebook が設立された 2004年との比較において、このソーシャル・ネットワークは当時のインターネット全体よりも、数多くのユーザー有していることを指摘した

But now, let’s see what has happened with the Internet population in the last five years as it doubled. Where did the changes come from, and what observations can we make?

そして今年は、この 5年間で ユーザー数が 2倍になった、このインターネットに何が起こっているかを、一緒にみていこうと思う。 この変化は、いったい何処からやって来たのか? そして、何が観察できるのか?

A closer look at the Internet population growth

Yes, that big world map at the start of this article tells much of the story, but if you like digging into the details you might want to read on.

そう、この記事の冒頭にある大きなワールド・マップが、数多くの事柄を語ってくれる。 しかし、さらなる詳細を調べたいなら、以下も続けて読むべきだろう。

Since 2007, the global Internet population has grown by 1.1 billion. Where did those new Internet users come from? Let’s have a look:

2007年の時点から、世界のインターネット人口は、1.1 billion を新たに加えてきた。 それらの、新規のインターネット・ユーザーは、どの地域からやって来たのか? それは、以下のとおりである:

Image(2)

クリックで拡大 ⇒

One of the big take-aways from this chart is that Asia not only has the largest Internet population, but that it is also growing the fastest by quite some margin.

このチャートから得られる最大の情報は、最大のインターネット人口を Asia は有するというだけではなく、かなりの余力を持ちながら、急速に成長しているという点である。

Here is how the number of Internet users has changed per world region in the past 5 years:

以下に示すのは、世界の地域ごとの、この 5年間におけるインターネット・ユーザー数の変化である:

  • Africa has gone from 34 million to 140 million, a 317% increase.
  • Asia has gone from 418 million to over 1 billion, a 143% increase.
  • Europe has gone from 322 million to 501 million, a 56% increase.
  • The Middle East has gone from 20 to 77 million, a 294% increase.
  • North America has gone from 233 to 273 million, a 17% increase.
  • Latin America (South & Central America) has gone from 110 to 236 million, a 114% increase.
  • Oceania (including Australia) has gone from 19 to 24 million, a 27% increase.

A few additional observations

  • Asia’s Internet population is now almost as large as the entire Internet population was 5 years ago.
  • Looking at just relative growth, Africa and the Middle East have increased the most, quadrupling the number of Internet users in each region.
  • 2012 heralded two nicely even milestones: Europe passing 500 million Internet users, and Asia passing 1 billion.
  • Europe is now twice as large as the United States in terms of Internet population.
  • 現在の Asia におけるインターネット人口は、5年前のインターネット人口全体と、ほぼ等しいレベルに至っている。
  • それらの成長を相対的に見ると、 Africa と Middle East はインターネット・ユーザー数を 4倍に増やし、その規模を大きく拡大している。
  • 2012年には、2つの歓迎すべきマイルストーンが達成された。 つまり、Europe のインターネット・ユーザー数が  500 million を超え、Asia では 1 billion を超えている。
  • Europe のインターネット人口が、United States の約 2倍に増大した。

A Moore’s Law for Internet user numbers?

After reading this article, you might ask yourself if the Internet population doubles every 5 years? Kind of a Moore’s Law for the Internet?

この記事を読んだ後で、インターネット人口は 5年ごとに 2倍になるのかと、あなたは自問するかもしれないか。 インターネットに対して、ムーアの法則の類は当てはまるのか?

There’s actually a kind of Moore’s Law for the Internet states that the number of hosts on the Internet doubles every 5 years (there’s that interval again!), but then we’re talking infrastructure and not people. This was reported back in 2009, a discovery made by Chinese researchers.

実際に、インターネットのステータスにムーアの法則の類はあり、ホストする側の数は 5年ごとに 2倍になっているが、それはインフラストラクチャの話であり、人々の数ではない。 この法則は、2009年にレポートされたものであり、発見したのは中国の研究者たちである。

To see if something similar applies to Internet user numbers, we’ve examined Internet population from the past decade, and it does seem to indicate that we are following this pattern, at least roughly. For example, the jump from 2002 to 2007 was also roughly a doubling of the number of Internet users.

それに類似するもので、インターネットのユーザーに番号に当てはまるものを確認するために、私たちは過去10年間にわたるインターネット人口について調べてみた。そして、少しラフなものであるが、このパターンに従うものた示されていると思うようになってきた。 たとえば、2002年から 2007年まで括ってみると、インターネットのユーザー数は、ほぼ 2倍増していたのだ。

That said, this is not really a law that scales. We’re limited by the actual world population, which isn’t growing at the pace necessary to maintain such a trend in the long run. If we assume it works until every man, woman and child on the planet has Internet access, we would reach the limit before the end of this decade.

私たちは、現実における世界の人口により制約される。 そして、長期的に見れば、このような傾向を維持するたけのペースで、実際の人口は増大していかない。 もし、この惑星における、すべての老若男女がインターネットにアクセスするまで、この法則が機能すると想定するにしても、今から 10年を待たずに、その制約に達するであろう。

For now, though, it looks to be a rule of thumb we can use when trying to make future estimates, as long as those estimates aren’t too far into the future. After all, only one third of the world’s population has access to the Internet today.

しかし、現時点において、それは 経験に基づいて得られた法則のようなものであり、見積もる対象が遠くない限り、私たちが利用できるものとなる。 結局のところ、世界の人口のわずか 1/3 が、インターネットにアクセスしているに過ぎないのである。

Data source: Internet user numbers from Internet World Stats, with some help from the good old Internet Archive to get old stats.

ーーーーー

Image(6)

とても Pingdom らしいレポートで、訳していても気分がウキウキしてきます。 なんというか、子供のような素のままの好奇心で、次から次へと仮説を作り、それを現実に当てはめようとするから、楽しいのでしょうね。 だからといって、それを裏付けていく常識は、シッカリとした大人のものなので、彼らのレポートが破綻することはありません。 そして、いつものとおり、あらゆるものを考える上で、とても重要な基本的知識と、ほんわりとしたユーモアが残されていきます。 ありがとう Pingdom ! ーーー Image(2)

ーーーーー

<関連>

Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界
Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?

1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on February 22, 2012

Almost 8 new Internet users added worldwide every second (infographic)
http://wp.me/pwo1E-3WB
February 16th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/02/16/almost-8-new-internet-users-added-worldwide-every-second-infographic/

By some measures, more than 7 billion people now inhabit the world, and more than a third of us are on the Internet. But how many Internet users are added each day, each week, or each minute? We think we have a pretty good idea.

いくつかの統計によると、いまの世界には 70億人以上の人々が暮らしているが、その 1/3 以上はインターネットの住民でもある。 それにしても、どれくらいのペースで、インターネット・ユーザーは毎週/毎日/毎分に増えているのだろうか? それについて、ゴキゲンなアイデアを見つけたのだ。

We relied on InternetWorldStats.com as our source for how many people worldwide are online as well as the world’s population. Its latest figures are from December 31, 2011, and show that 2,267,233,742 people are on the Internet worldwide, meaning an Internet penetration of 32.7%. The previous number published by Internet World Stats, from March 2011, said 2,095,006,005 people worldwide were on the Internet.

私たちは、世界のオンライン人口だけではなく、実際の人口についても、そのソースとして InternetWorldStats.com を活用した。 その、最新の数値は 2011年12月31日のものであり、インターネットの世界に 2,267,233,742人の人々が居住し、また、32.7% の Internet 浸透率を示している。それ以前に Internet World Stats から発表された数値は 2011年3月のもので、2,095,006,005人のインターネット人口を示している。

Let’s break the number of new Internet users down. In total, 172,227,737 people started using the Internet from March to December 2011. This breaks down as follows:

ここから、新規のインターネット・ユーザー数を分析していこう。2011年の 3月から 12月の間に、全体で 172,227,737人の人々がインターネットを使い始めた。そこからの分析結果は、以下のとおりである:

  • 19,136,415 – Per month.
  • 4,784,103 – Per week.
  • 683,443 – Per day.
  • 28,476 – Per hour.
  • 474 – Per minute.
  • 7.9 – Per second.

That’s almost 8 new people coming onto the Internet every second – that’s pretty amazing.

なんと、1秒間に 約8人の、新しいインターネット・ユーザーが誕生しているという、素晴らしい結果が得られた。

It’s clear where the potential is

To say that this is just the beginning though is an understatement. If you look at the Internet penetration numbers for the different parts of the world, you can clearly see where the growth is going to come from. North America is probably approaching saturation with 78.5% Internet penetration, and Europe and Oceania/Australia are not too far behind. The situation in Africa and Asia, however, is different, with only 13.5% and 26.2% Internet penetration respectively.

この分析は、まだ始めたばかりのものであるが、なかなかだと思う。 そして、これからインターネット人口が増大する、地球上のエリアが気になるなら、その場所も分かってくる。 North America の浸透率は、78.5% いう飽和点に近いところにあり、Europe/Oceania/Australia も大差ない。 しかし、Africa と Asia の状況は異なる。それぞれが、たった 13.5% と 26.2% という、インターネット普及率にある。

Imagine, when a bigger percentage of the huge populations of China and India come online, for example.

たとえば、China と India の膨大な人口の、相当数がオンラインに接続されるときを想像して欲しい。

ーーーーー

TAG indexもう、2年以上前になりますが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という記事を翻訳しました。そのときに実感したのが、アジアにおけるインターネット・ユーザーのパワーです。そして、東シナ海と南シナ海を結び、世界最大のトラフィックを誇ることになる、Southeast Asia Japan Cable(SJC)という、超弩級の海底ケーブルの存在を知りました。今回の、Pingdom の記事でも裏打ちされた、アジアの潜在性に期待したいですね。いったい、8人のインターネット・ユーザーうち、何人のがアジアから誕生しているのでしょう? 考えるだけで、ワクワクしてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/1月
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した

 

%d bloggers like this: