Agile Cat — in the cloud

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 24, 2014

China excites, Japan disappoints in Apple’s newest earnings
http://wp.me/pwo1E-7H6
July 23, 2014 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/apple-q3-fy2014-earnings-strong-revenue-rise-china/

_ tech in asia

Apple’s (NASDAQ:AAPL) newest financial earnings report (for fiscal 2014 Q3; or April to June in human time) shows stellar growth in China. Here’s Apple’s break-down (PDF) in revenue across Asia-Pacific for the past quarter:

Apple(NASDAQ AAPL)における最も新しい収支報告書 (会計年度 2014 Q3:4月〜6月) には、China での目覚ましい成長が記されている。 以下は、この四半期における Asia-Pacific の売上を、Apple が分析した結果である  (PDF):

Greater China (inc. Hong Kong and Taiwan): US$5.94 billion – up 28% year-on-year

Japan: US$2.56 billion – up 1% year-on-year

Rest of Asia-Pacific: US$2.16 billion – up 6% year-on-year

That amounts to a US$10.66 billion total revenue from across Asia-Pacific for Apple, which is up from US$9.23 billion for those three areas at the same period last year. So Apple’s Asia revenues have grown 15.5 percent in the past 12 months.

つまり、Asia-Pacific 全域から Apple に対して、US$10.66 billion の売上がもたらされたことになるが、それら 3つの地域における昨年同期の売上は US$9.23 billion であったとされる。したがって、Apple のアジアでの収益は、この12ヶ月間で 15.5% ほど成長していることになる。

All those numbers are from a grand total for Q3 of US$37.4 billion across all regions plus Apple’s retail segment. The company’s quarterly net profit was US$7.7 billion. Apple shifted 35.2 million iPhones in the past quarter, along with 13.3 million iPads, 4.4 million Macs, and 2.9 million iPods – but there’s no regional breakdown for those gadgets.

これらの、すべての数字は、Apple の小売部門の Q3 売上を、グローバルで合算した US$37.4 billion に基づいている。そして、同社の四半期純利益は US$7.7 billion となる。そして、台数ベースでは、35.2 million の iPhone と、13.3 million の iPad、4.4 million の Mac、2.9 million の iPod を、この四半期に販売しているが、地域ごとのデータは公表されていない。

China apps boom?

In Apple’s earnings conference call, CEO Tim Cook said (in a summary provided by the WSJ) that iTunes and the iOS App Store were the strongest growth elements for Apple in China. That’s perhaps surprising considering that iTunes has no music or movie offerings in China and is limited to just apps, free ebooks, podcasts (also free), and iTunesU (free).

Apple の収支報告カンファレンス・コールで CEO のTim Cook は、China で Apple が成長する上で、iTunes と iOS App Store は大きな要因になったと述べている(概要を WSJ が提供)。 つまり、iTunes が China に対して Music と Movie を供給せず、また、提供するものが、無償アプリおよび、無料の電子ブック、ポッドキャスト、iTunes U に制限されていることを考えると、おそらく、大きな驚きとなるはずだ。

China’s spending on apps tends to be low. A recent report from App Annie pointed out that China downloads the second largest number of iOS apps in the world after the US, but it still spends less money on them than the much less populated Japan.

China における、アプリへの支出は低迷の傾向にある。App Annie の最新レポートは、China は US に次いで、iOS アプリのダウンロード数で二番手であると指摘しているが、それに対する支出となると、はるかに人口の少ない Japan よりも、少額しか費やしていないのである。

Editing by Paul Bischoff

See: Apple to open new store in Chongqing on July 26 ahead of new retail push in China

ーーーーー

昨日ですが、NHK のニュースも、Apple の増収増益を報道していました。 そして、その推進力になっているのが、アジアのマーケットにおける成長だという、Apple のコメントも付け加えていました。 WWDC では Tim Cook が、中国における Android から iPhone への乗り換えの多さを指摘していましたが、このポストの数字を見ると、大きな成長が達成されたことが裏付けられますね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!

Posted in .Selected, Apple, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on March 28, 2014

Here’s Where To Download Microsoft Office For iPad — Including Word, Excel And PowerPoint
http://wp.me/pwo1E-7m6

Jim Edwards – MAR. 27, 2014
http://www.businessinsider.com/download-microsoft-office-for-ipad-word-excel-and-powerpoint-2014-3

_ Business Insider

Microsoft launched Office for iPad today, making Word, Excel and PowerPoint — basic work-tools for most people — finally available on the world’s most popular tablet device.

今日、ついに Microsoft が Office for iPad をローンチした。 それにより、ほとんどの人々が基本的な作業ツールとして利用している Word/Excel/PowerPoint が、世界で最も人気のタブレット・デバイス上で走るようになった。

Microsoft

Office GM Julia White
launches Office for iPad.

Now you can do all the work that previously required a desktop PC or laptop on an Apple tablet.

つまり、これまでは、デスクトップ/ラップトップ PC が必要とされてきた、すべての作業を、Apple のタブレット上で再現できるようになったのだ。

As usual, Apple’s iTunes App Store has been a little slow to make them easily available through its search tool. So we’ve done the work for you.

いつものように、Apple の iTunes App Store の検索ツールでは、それらの在処を探しだすことが、まだ、出来ていない。 そのため、あなたが Good Job と言ってくれるように、以下のようなマトメを作ってみた。

Here are the links that lead to separate downloads of all three products:

これらのリンクから、それぞれのダウンロード・ページヘと、ダイレクトにジャンプできる:

Download Word for iPad here.

Download Excel for iPad here.

Download PowerPoint for iPad.

One thing to note: You need to have an Office 365 subscription. You can’t buy a subscription in the app, though. You have to do that on the web here, or elsewhere first. It costs ~$100 per year for a normal user.

少しだけ注釈:これらを使うには、Office 365 Subscription が必要となる。 しかし、アプリ内でサブスクリプションを購入することはできない。 したがって、最初に、この Web ページで、そのための処理を済ませておく必要がある。 一般的なユーザーであれば、年間の使用料は $100 以内に収まるはずだ。

ーーーーー

TAG indexちょっとだけ、サウスクリプション・ページを覗いてみましたが、Office 365 の Small Business で $5.00/月、Small Business Premium で $12.50/月、Midsize Business で $15.00/月という料金形態のようです。また、9to5Mac のポストには、ーーー Microsoft’s Office suite of apps will each be available as a free download, but will require an Office 365 subscription (which offers a 30-day trial) to create and edit documents. Users can still read and present documents with Office for iPad without a subscription. Office documents will rely on Microsoft’s OneDrive service for syncing content. ーーー と記載されていました。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft の大転換:Office for iPad が、Windows 8 版に先行するのか?
Microsoft が Foursquare に出資:Windows Phone のロケーション機能を強化?
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
Microsoft による Hotmail の調査:違法な情報リークを摘発するためにコンテントを参照
Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Apple vs. Amazon : リテールの収益をチャートで比較

Posted in Amazon, Apple, Businesses, Research by Agile Cat on April 16, 2013

Apple retail vs. Amazon retail
http://wp.me/pwo1E-5YT
Mar 27, 2013 - Horace Dediu
http://www.asymco.com/2013/03/27/apple-retail-vs-amazon-retail/

_ Asymco

As part of a continuing series on the iTunes economy I described how iTunes fits within Apple’s overall revenue and cost structure. The operation is a modest contributor accounting for single-digits percent of revenue and operating margins.

iTunes 経済シリーズの一環として、Apple の全体的な収益と費用の構造の中に、 iTunes が収まる様子については、すでに説明している。 この事業は、全体の売上および利益に対して、10% にも充たないほどの、ささやかなものであった。

One additional question is how does iTunes compare with other non-Apple retail businesses. The obvious comparable businesses are Google Play and Amazon’s digital content businesses. Unfortunately we can’t compare iTunes with Google Play because Google does not reveal any details about Play revenues (or units sold/downloaded or payments to developers or any other data.)

そして、残された疑問は、iTunes のビジネスと、Apple 以外のリテールとの比較である。一番に比べてみたいものは、Google Play と、Amazon のデジタル・コンテンツ・ビジネスである。 しかし、残念なことに、Google Play に関する、詳細な収益構造明らかにされていない(販売やダウンロードの件数、および、開発者やデータ提供者への支払いなど)。 そのため、iTunesとの比較は不可能である。

Also unfortunately, we can’t compare iTunes with Amazon digital sales because Amazon does not provide that detail either. What we do have is Amazon’s overall revenues (and operating margin.) So that’s what I have compared:

さらに Amazon も、デジタル・コンテンツ・ビジネスの詳細を明らかにしていないため、iTunes との比較は困難である。したがって、行えることはというと、Amazon の全体的な売上/利益との比較となる。 以下が、その比較の結果である:

___space

___space

Since we have Amazon’s overall retail revenues it seemed fitting to also add Apple’s physical store retail data on top of iTunes for additional perspective. Here are some observations:

Amazon における全体的な売上高が公表されているため、少し視点を変えて、Apple Store と iTunes のデータを加えてものと比較してみた。 以下は、そこから見えてきたものである:

  1. Since 2008, Amazon’s sales grew by a factor of 2.18. Apple’s combined iTunes+Retail grew by 2.14x.
  2. Apple’s gross retail revenue was $11.1 billion in Q4, 52% of Amazon’s overall revenues.
  3. Apple’s operating income from retail in 2012 was $6.8 billion, over ten times Amazon’s $676 million.
  1. 2008年からの成長率は、Amazon が 2.18倍であり. Apple の iTunes+Retail が 2.14 倍となる。
  2. Apple の実質売上は、2012年 Q4 において $11.1 billion であり、Amazon 全体の 52% に相当する。
  3. Apple のリテール営業利益は、2012年で $6.8 billion であり、Amazon の $676 million に対して10倍となる。

Although Apple’s overall retail operations are only about half of Amazon’s they are far more profitable on an operating level. They are also growing at a similar pace. Amazon as an equity is priced at approximately twice sales. By that ratio, Apple’s retail business would be worth $70 billion. Of course, that valuation presumes that, as with Amazon, operating profits are disposable.

Apple のリテール事業だけを抜き出してみると、Amazon の約半分になるが、はるかに大きな利益を生み出している。そして、両社は、同じようなペースで成長している。評価資産としての Amazon は、リテール売上高に対して、約2倍の価値を持つ。その比率を適用すると、Apple のリテール事業は、$70 billion の価値を持つことになる。 もちろん、その評価は、Amazon の場合と同様に、営業利益を勘定に入れないものとなる。

ーーーーー

TAG index最後のところが、よくわかりません。 Wikipedia を調べると、『 総資産  25,278 Million US$ (2011年12月31日時点)となっていますので、それが 1年間で、40,000 Million くらいに達したということなのでしょうかね? どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてくださ~い! それと、昨年 10月にポストした『』も、あわせてご覧ください。 それにしても、この両社の売上が、同じような成長曲線を見せていますが、そのペースのスゴイこと。 昨年10月にポストした、『 Apple vs. Amazon : リテールの双璧をチャートで比較する 』 も ど~ぞ! image

ーーーーー

<関連>

PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS

 

個人で使うクラウドは 1位 Apple、2位 Dropbox、3位 Amazon : チャートで比較

Posted in Apple, Entertainment, Post-PC, Research, Storage by Agile Cat on April 6, 2013

CHART OF THE DAY: Apple Dominates In Consumer Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5Vx

Jay Yarow | Mar. 21, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-cloud-services-usage-2013-3

_ Business Insider

Here’s something that surprised us. Apple dominates in U.S. cloud service usage with iCloud.

ちょっとした、驚きである。 アメリカの(パーソナル)クラウド・サービス利用において、Apple の iCloud がマーケットを支配しているのだ。

According to Strategy Analytics, via Engadget, more people say they use iCloud than any other cloud service. This is most likely due to Apple pushing iCloud as a part of iOS.

Strategy Analytics によると(Engadget 経由)、多くの人々が、他のクラウド・サービスよりも、iCloud を使っていると発言しているようだ。 Apple が、iOS の一部として iCloud をプッシュしているので、こう言う話になってもオカシクはない。

___space

___space

Still, given all the hype around Dropbox and Google Drive, we thought they would be more popular. Strategy Analytics says awareness of cloud storage is still pretty low overall.

また、この領域がハイプどおりに展開されているなら、Dropbox Google Drive の辺りに、人気が集中するはずだと思っていた。 そして、Strategy Analytics が言うには、クラウド・ストレージに対する全体的な認識は、依然として、かなり低いレベルに留まっているようだ。

Music is the primary thing people are using with cloud storage services.

なお、人々は、音楽データの保存をキッカケとして、クラウド・ストレージ・サービスを使い始めたようだ。

Strategy Analytics’ 2012 Q3 ConsumerMetrix survey via Engadget

ーーーーー

TAG indexこのチャートの脚注には、「Online Digital Locker Service」という記述があります。そして、アメリカのユーザーを対象として、それらを使ったことのある人々の分布を示しています。 Digital Locker という言葉が、ちょっと懐かしかったので、バックナンバーを調べたところ、以下のような関連コンテントが見つかりました。 そして、ミュージック・ロッカーに関する、米連邦裁判所の勝利判決が出てから、まだ、2年も経ってないことに、ちょっと驚きました。これが、新しい PC(Personal Cloud)なのですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Google Music Store を総括すると、笑うのはユーザーで、泣くのはレーベルとなる
必見 – 人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
Amazon がソーシャルに参入? – Reuters
iTunes の収益構造を解析する

iTunes の収益構造を解析する

Posted in Apple, Businesses, Entertainment by Agile Cat on April 4, 2013

The iTunes Value Structure
http://wp.me/pwo1E-5UM

Feb 26, 2013 –
Horace Dediu
http://www.asymco.com/2013/02/26/the-itunes-value-structure/

_ Asymco

The International Federation of the Phonographic Industry (IFPI) reported that global digital revenues were $5.6 billion in 2012. This represented about 9% growth from 2011 and accounted for 34% of total industry revenues[1].

The International Federation of the Phonographic Industry (IFPI)の レポートによると、グローバルにおける 2012年のデジタル収益は、$5.6 billion だったとされる。 それは、2011年との比較において約 9%の上昇を示し、また、この産業全体の収益に対して 34%を占めることになった。[1]

Apple regularly reports iTunes as a separate revenue item and occasionally it also reports payments data for developers and app download rates. By interpolating the data published and combining it with some assumptions it’s possible to estimate the mix of revenues (and costs) associated with iTunes.

また、Apple は iTunes について、その内訳を定期的にレポートしているが、デベロッパーに対する支払いデータと、アプリのダウンロード・レートについても、ときおり報告している。 したがって、提供されるデータを補完し、いくつかの仮説と組み合わせることで、iTunes と結び付けることが可能な、収益の比率(そしてコスト)を推測できる。

My yearly estimates are summarized below.

その、各年における推定値は、以下のとおりである。

Note that I also included historic digital music industry revenues (as a line). I also included the following summary items:

従来からの音楽産業における売上を、線グラフで挿入している点に、注意して欲しい。そして、さらに、以下の項目を加えている。

  1. iTunes reported revenues were $13.5 billion (including Apple’s own software sales)
  2. iTunes gross revenues were about $15.6 billion (including payments to developers)
  3. The iOS and OSX “App Economy” was about $7.5 billion while the iTunes “Media Economy” was about $8.1 billion (both figures include transaction costs.)
  4. The iTunes Music economy was $4.3 billion of which $3.4b was paid to music labels.[2]
  1. iTunes の売上は  $13.5 billion だとレポートされている (Apple 自身によるソフトウェア販売も含まれる)
  2. iTunes のグロスでの売上は $15.6 billion である (デベロッパーへの支払額も含まれる)
  3. iOS と OSX  による “App Economy” は $7.5 billion であるが、iTunes の “Media Economy” は $8.1 billion となる(どちらも、トランザクション・コストを含んでいる)
  4. iTunes の "Music Economy" は $4.3 billion であるが、ミュージック・レーベルに支払う $3.4 billion が含まれる。[2]

In terms of percent of total value the components are:

それらの構成要素の、全体に対する比率は、以下のとおりである:

Looking at growth, these estimates imply that App revenues are growing at about 50% while iTunes Music is at 10% and Video+other at 90%.

成長率に注目すると、Apps が 50% となるが、その一方で、iTunes においては Music が 10% で、Video+Other が 90% となる。

Looking at profitability, there is potential for operating margin in Apple Software and App Agency Fees and perhaps some of the Media Transaction Fees (exploded wedges above). Historically, Apple suggested that their App and Media stores ran at break-even but that may no longer be the case. Operating margins from Software may be significant.

また、利益率に関しては、Apple Software と App Agency Fees 、そして、おそらく Media Transaction Fees からも、運用益がでていると思われる(この図の、中心から離れたクサビ)。 歴史的にみて、App と Media のストアは横並びと Apple は示唆してきたが、いまは、そのような状況ではないだろう。 Software からの運用マージンが、かなりの規模になっているのかもしれない。

Notes:

  1. These revenues were from recorded music and don’t include live performance
  2. My estimate for the iTunes Music payments to publishers is equivalent to about 60% of total industry revenues.
  1. この売上は、CD などの録音物のことであり、ライブなどは含まれない。
  2. iTunes Music におけるパブリッシャーへの支払いは、この産業の 60% に相当すると推測する。

ーーーーー

TAG indexやはり、最大級のコンシューマ・クラウドは iTunes なのですね。そして、最大のミュージック・クラウドではあるのですが、全体に占める音楽の割合が、ずいぶんと少ないように思えます。 まぁ、それだけ、ディジタル・コンテンツの多様化が進んでいるのでしょう。 NetFlix や spotify などと、これから、どのように競合していくのでしょうか? そして、Google と Amazon も、この領域を狙っています。 興味シンシンですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

おめでとう iTunes : 250億曲のダウンロードを達成!
iTunes のダウロード数では、すでに アプリ と 音楽 が 逆転!
Apple iCloud と iTunes Music Match の大成功を予測する調査結果

iOS のエコシステムとは? Apple ビジネスの規模を推測し、そのポリシーを学ぶ

Posted in .Selected, Apple, BaaS, Mobile, Post-PC by Agile Cat on March 28, 2013

How big is the iOS app ecosystem?
http://wp.me/pwo1E-5R0

January 30, 2013 by bwhalley
http://kinveyposts.wordpress.com/2013/01/30/how-big-is-the-ios-app-ecosystem/

image

This is an excerpt of the first chapter of “How To Make An App: iOS Edition“, a new eBook released by Kinvey. If you’re interested in reading the entire eBook and developing iOS apps, you can get this eBook now and sign up for a Kinvey account for a free app backend.

この記事は、Kinvey が新たに発行した電子ブック  “How To Make An App: iOS Edition“ の第一章を抜粋したものである。 もし、この eBook 全体を読みたいなら、そして iOS アプリを開発したいなら、Kinvey が提供する フリー・アプリ・バックエンドのアカウントに Sign Up することで、無料で入手することが可能である。

ーーーーー

It’s a story that never gets old. The weekend that iPad Minis and the fourth generation iPads went on sale (November 2-5, 2012) Apple sold over 3 million of the devices — a record for first-weekend iPad sales. Two months earlier the company had set another record: first weekend sales of over 5 million for the iPhone 5. Since the introduction of the first iPhone back in 2007, iOS-based devices (iPhone, iPad, iPad Mini and iPod Touch) continue to rewrite the definition of what constitutes a successful product. By the end of 2012 over 400 million iOS devices have been sold.

そこには、決して朽ちないストーリーがある。 iPad Mini と iPad 4th Gen は発売された週末(2012年11月2-5日)に、Apple は 300万台以上のデバイスを販売し、iPad 発売直後の Weekend 記録を塗り替えた。そして、その 2カ月前に同社は、もう 1つの Weekend 記録である、iPhone 5 発売直後の 500万台を達成している。 2007年に最初の iPhone が紹介されて以来、iOS ベースのデバイス(iPhone/iPad/iPad Mini/iPad Touch)は、プロダクトの成功要因の定義を、書き換え続けている。 そして、2012年末までに、iOS デバイスは、4億台以上も販売されている。

What makes iOS devices so successful? Innovation and product features are clearly a big part. Before the iPhone most people had not interacted with a multi-touch interface. They had never zoomed with a pinch or switched between portrait and landscape by merely rotating a device in their hand. Carrying a phone that knew where they were, could suggest places to eat, and could offer directions on how to get there was also a novel experience.

iOS デバイスを、そこまで、成功させるのは何なのか? イノベーションとプロダクトにおける特徴が、ハッキリとした大きな領域を占めている。 iPhone が登場する以前、大半の人々は、マルチ・タッチ・インタフェースとのインタラクションを経験していなかった。 つまり、スクリーンを摘んでズームさせたり、タテ・ヨコの表示を切り替えたりという経験は、ユーザーたちにとって初めての経験だったのである。 自分たちの居場所を教えてくれて、レストランまでの道順を示し、さらには、そこまで連れて行ってくれる電話器は、それまでには存在しない、新しいエクスペリエンスであった。

But features like multi-touch, accelerometers and GPS are only part of the appeal. Even with all its innovations, iOS still might not have taken off the way it has if the only people figuring out ways to use those innovations worked at Apple. Most of the capabilities available in an iPhone or iPad in fact don’t come from Apple at all. They come from legions of third-party developers who work in a vast ecosystem that is also an Apple innovation. That ecosystem includes the iPhone, iPad, iPad Mini, iPods, App Store, iTunes, ad networks — and that’s just on the consumer side. On the developer side, you have Xcode, App Loader, testing tools, iTunes Connect — the list goes on.

しかし、マルチ・タッチや、加速度センサー、そして GPS といった機能は、iOS デバイスをアピールする一部に過ぎない。 もし、それらのイノベーションの活用方法を、Apple の従業員だけが理解しているような状況だったら、iOS は依然として離陸していなかったかもしれない。 実際のところ、iPhone や iPad で利用できる大半の機能は、Apple 以外の企業から提供されている。 つまり、広範囲におよぶエコシステムに参加する、サードパーティー・デベロッパーの大群から、それらの機能が提供されること自体が、Apple におけるイノベーションでもあるのだ。 そのエコシステムには、iPhone/iPad/iPad Mini/iPod/App Store/iTunes/アド・ネットワークが含まれるが、それらは、ユーザーの目線から見えるものとなる。 そして、デベロッパー目線からだと、Xcode/App Loader/Testing Tool/iTunes  Connect などがリストアップされてくる。

As of September 2012, the App Store hosted over 700,000 apps that have collectively been downloaded over 30 billion times. Apple reported for October 2012 that App Store monthly revenues were running at $333 million — a rate of about $4 billion per year — remarkable for a store that only opened in July 2008.

2012年9月の時点において、App Store には 700,000種類以上のアプリがホストされており、そのダウンロード回数は、トータルで 300億回を超えている。 Apple の 2012年10月のレポートによると、App Store の月商は $333 million であり、年商に換算すると $4 billion になる。 2008年7月にオープンしたことを考えると、注目に値する売上額である。

Another innovation that has spurred iOS app development is “The Cloud.” Cloud services make it easier for independent developers to create, support and make money from their apps. The Cloud solves data storage and cross-device and user-to-user sharing problems. If an app stores data in the Cloud, that part of the application is call the “backend,” while the part of the app that runs on the phone and interacts with the user called the “front end.”

iOS アプリ開発に拍車をかけた、もう 1つのイノベーションが “The Cloud” である。 クラウドのサービスにより、それぞれの開発者たちは、アプリの開発/サポート/利益回収を、とても容易に行えるようになった。 このクラウドは、データ・ストレージとクロス・デバイスを提供し、また、ユーザー間で問題の共有という解決策も実現した。 もしアプリが、データを Cloud にストアするなら、そのパートは “Backend” と呼ばれる。その一方で、フォンの中で走り、ユーザーとインタラクトするパートは、“Frintend” と呼ばれる。

A cloud may be “private” — i.e., the services belong to an organization for the benefit of its employees and business partners. Or a cloud may be “public” — i.e., a company (such as Amazon or Kinvey) owns the services, which developers can then integrate into their own apps. If you are a developer and want to build your own backend, you certainly can do that. Whether you want to or not depends on whether your backend provides functionality common to many different apps.

あるクラウドは、Private になるかもしれない。そのサービスは組織に帰属し、その従業員とパートナーに利益をもたらす。 また、あるクラウドは、Public になるかもしれない。 そこでは、(Amazon や Kinvey のような)企業がサービスを所有し、デベロッパーたちのアプリと、それらのサービスが統合されていく。 したがって、デベロッパーたちが、自身の Backend を構築したいと望むなら、それも可能となる。 つまり、それらの Backend に依存する、依存しないは、多様なアプリで共有できる機能を、対象となる Backend が提供している、提供しないに、依存することになる。

If it does (as in a shopping cart or user authentication) then perhaps that time and money would be better spent on features that offer unique value to your customer. You may be better off hooking into a commercial backend provider via an API. Then you can focus on what counts most — a unique user experience and application-specific functionality. That brings us to the first step in making an app, which is to define your MVP and decide which features are most critical to your launch.

もし、それが実現されているなら(ショッピングカートやユーザー認証のように)、そこに費やされる時間と費用は、おそらく、あなたのユーザーに対して、ユニークな価値を提供するための、より妥当な使い道となるだろう。 つまり、API を介して、商用の Backend プロバイダーを引きこむほうが、あなたにとって有用な方式となるだろう。 続いて、あなたは、一番に大切にすべき、ユニークなユーザ・エクスペリエンスとアプリ固有の機能に、集中していけるようになる。 それにより、私たちも、アプリ開発における最初のステップを踏みだす。 つまり、あなたにとっての MVP を定義し、あなたのローンチにとって最も重要な機能を、判断していくことになる。

ーーーーー

TAG indexすでに、Kinvey については ご紹介していると思いますが、Mobile BaaS のトップ・ランナーと言って差し支えない存在の、Boston ベースのスタート・アップです。もう、とにかく何でもつなげますから、アプリ・デベロッパーは先のことを考えながら、どんどんと進んで、じゃんじゃんと儲けてくださいというスタンスの企業とのことです。 その Kinvey が、How To Make An App: iOS Edition“ という電子ブックを発行しました。ご興味のある方は、ぜひ トライしてみてくださ~い!  image

ーーーーー

<関連>

IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
AWS イベントでの Parse が スゴそう – BaaS の勢いが加速する?
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Bloomberg 金融アップストアがオープン : Apple みたいに 30% をイタダキ!

Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS

Posted in .Selected, Mobile, Post-PC, Research, Social by Agile Cat on March 20, 2013

The race to a billion—2012 Update
http://wp.me/pwo1E-5N8
Jan 16, 2013 – Author
Horace Dediu
http://www.asymco.com/2013/01/16/the-race-to-a-billion-2012-update/

_ Asymco

I last looked at the race to a billion in March 2011. Since then, I’ve been updating and adding data to the set giving a broader selection of platforms to compare.

10億へのレースについて、私が注目したのは、2011年3月のことだった。 その時から、比較すべきプラットフォームを、より広い範囲から選んだセットに対して、データを加えながらアップデートしてきた。

Before we dive in, an explanation: the initial review excluded Windows (PC) and Facebook mainly because (a)  the ramp scale I’m using is about a decade in duration and (b) I was reluctant to compare platforms that require payment to join to those that don’t. The (DOS/Windows) PC ramped over several decades (starting in 1981) and Facebook is a service that costs nothing to join. There was much gnashing of teeth and shaking of fists as a result.

それを見始める前に、ちょっと説明しておきたい。 最初のレビューでは、重要な項目である Windows(PC)と Facebook が除外されていた。その理由は、(a) ここで用いている傾斜のスケールでは、10年という期間を設定していかたらである。 そして、 (b)有償と無償のプラットフォームを、一緒に比較することに気が進まなかった。 つまり、PC(DOS/Windows)のスケールは 1981年以降の長期にわたり、また、Facebook は無償のサービスである。 その結果、こぶしを震わせ、歯ぎしりするほど、悔しい思いをした。

クリックで拡大 ⇒

Therefore, in the interest of inclusion, I added both to the data set and let the chips fall where they may. The data is shown below.

そして、興味の対象を取り込むために、この 2つをデータセットに加え、結果がどうなろうと気にしないことにした。その、新しいデータが右のものである。

I kept the scale to about a decade so that individual lines can be resolved. As a result, you’ll note that although Windows reached one billion first it did so slowly enough to be off the scale shown. Indeed, the “race to a billion” should be titled  ”The race to one billion users in less than a decade”.

それぞれのラインを識別できるようにするために、スケールに関しては、大まかなところで 10年を維持している。 その結果として指摘されるのは、Windows が最初に10億に達しているにもかかわらず、このスケールでは緩慢に推移しているという点である。 実際のところ、この「10億へのレース」は、「10億ユーザーに10年以内で達するレース」という、タイトルになるべきである。

In such a competition, the winner would be Facebook which, in October 2012, 35 quarters after launch, reached the finish line. The second looks to be Android (probably this year) and the third iOS (sometime next year.) That may sound like the end of it, but what the graph also shows are the more subtle trends:

このようなルールでレースを行うと、勝利者は Facebook であり、ローンチから 35四半期後の、2012年10月にフィニッシュラインを通過した。 第2位は、Android(おそらく今年)であり、第3位は iOS(おそらく来年)だろう。 ただし、それで終わりではなく、このグラフからは、さらなるトレンドも見えてくる:

  • Game consoles seem to saturate at below 100 million total. One can see the difference in ramps between recent mobile platforms and consoles in the second chart. There might be implications for which platforms will end up dominating the entertainment industry. There should also be some explanations of why consoles are so limited.
  • iTunes accelerated with iOS and left the iPod behind. This is unsurprising but it shows that a content platform can be more flexible than one attached to any particular device or architecture. An important lesson perhaps for those in the content businesses.
  • Early mobile platforms like Nokia’s Symbian, RIM BlackBerry and Windows Mobile have faded indicating that there was no early-mover advantage in platforms. The same can be said for early PC platforms.
  • Windows Phone began by tracking the Android/iOS ramps but seems not to be accelerating into its second year in a way that implies potential parity.
  • Although Facebook did reach 1 billion rather quickly the slopes of Android and iOS indicate that they may overtake it in overall ecosystem size.
  • ゲーム・コンソールは、1億のラインで飽和するように思える。 2番目のチャートで示すように、最近のモバイル・プラットフォームとコンソールの間に、大きな相違が見られる。 それらのプラットフォームが、エンターテイメント産業を支配しているという点に、なんらかの理由があるのかもしれない。 これほどまでに、ゲーム・コンソールに制約があるのか、なんらかの説明が欲しいところだ。
  • iTunes は、iOS と一緒に加速し、iPod を置き去りにした。 それに驚くべきではないが、特定のデバイスやアーキテクチャに拘束されない、コンテント・プラットフォームの柔軟性が示されている。 コンテントに従事する人々にとって、重要なレッスンになるはずだ。
  • Nokia Symbian/ RIM BlackBerry/Windows Mobile といった初期のモバイル・プラットフォームは、この領域での先行利得を活かすことなく、存在感を希薄にしてしまった。 それと同じことが、黎明期の PC プラットフォームにも言える。
  • Windows Phone は、Android と iOS の後を追いかけ始めているが、その 2年目において、先行者と等しいトレンドを残せていなと思われる。
  • 最初に 10億に達したのは Facebook であるが、Android と iOS のトレンドは、それ以上のペースを示している。これは、エコシステムにおける規模の違いである。

クリックで拡大 ⇒

One billion is significant in several ways: First, because it is the “high-water mark” set by Windows and signifies what a global platform needs to become to be essentially “universal”. Second, because it implies sustainability. A threshold perhaps from which network effects are sufficient to sustain (assuming some switching costs and an ability and willingness to adapt e.g. software, content or time investments from users.) Third, because it implies sufficient value to the ecosystem (assuming a monetization mechanism exists e.g. Windows software developers and IT managers.)

いくつかの点において、10億と数字は重要である、第一に、それが Windows により達成された高水準であり、グローバル・プラットフォームが本質的な意味でユニバーサルになるために、超えなければならないレベルだからだ。 第二に、そのためには、サスティナビリティの必要性が示唆されるからだ。 おそらく、効率のよいネットワークにより、それを維持するための、充分なしきい値が得られている(たとえば、ソフトウェアやコンテンツを提供し、ユーザーの時間的な投資を実現しようとする、切換のコストと能力と意思が存在する)。第三に、エコシステムに対する、充分な価値が見出されているという示唆がある(Windows ソフトウェアにおける開発者と IT マネージャーのような、マネタイズのメカニズムが存在すると思える)。

Looking beyond this milestone however, there is no reason why it should be thought of as a barrier. Mobile connections number over 5 billion and computing is likely to reach most of them. Therefore one billion may turn out to be only 20% penetration. In fact, I expect this series of posts will need to be updated in 2013 as “The race to two billion.”

しかし、このマイルストーンを超えた範囲で見ても、何故にバリアが存在するのかという意味で、何の理由も思い浮かばない。 モバイル・コネクションは 50億を超え、それらを利用する数多くの人々に、コンピューティングが届けられるはずだ。 そう考えると、10億と言っても、20% の浸透率に過ぎないことが分かる。 実際のところ、このポストのシリースが、「20億へ向けたレース」として、2013年にアップデートされる必要性があると、私は思う。

ーーーーー

TAG indexこの種の分析は、Agile_Cat としては初めて見るものであり、また、各種のプラットフォームにおける勢いを見るという意味で、とても興味深いものです。 そして、Facebook の凄さを再認識し、それを上回るスピードで上昇し続ける Android と iOS に、あらためて驚嘆してしまいます。二枚のチャートが提供されていますが、とくに最初のものを拡大してみると、いろいろなものが見えてくると思います。オススメです! Image(282)

ーーーーー

<関連>

Facebook 2013 : 中国とインドを抜いて 2016 年には 世界のトップか?
Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
美しいチャートで見る : The Future Of Mobile
インターネット・デバイス : Apple と Google と Microsoft による三国時代へ

%d bloggers like this: