Agile Cat — in the cloud

Cloud Foundry が .NET をサポートする!

Posted in .Selected, Microsoft, PaaS, VMware by Agile Cat on December 14, 2011

.NET comes to Cloud Foundry
By
Derrick Harris – Dec. 13, 2011
http://gigaom.com/cloud/net-comes-to-cloud-foundry/

_ Gigaom

Up-and-coming Infrastructure-as-a-Service provider Tier3 has made a significant contribution to the Platform-as-a-Service world by releasing a .NET implementation of the Cloud Foundry PaaS project. Launched by VMware in April, Cloud Foundry initially supported a variety of languages and frameworks, but it was by no means representative of the entire development community. It’s getting there, however: Tier3′s .NET contribution joins ActiveState’s addition of Python and Django and AppFog’s PHP stewardship.

前途有望な IaaS プロバイダ Tier3 は、Cloud Foundry PaaS プロジェクトにおける .NET 実装をリリースすることで、この PaaS の世界に重要なコントリビューションを行うことになった。 この 4月に VMware が立ち上げた Cloud Foundry は、当初から各種のプログラミング言語とフレームワークをサポートしてきたが、すべての開発コミュニティを代表するような存在では、決して無かった。 しかし、それが変化しようとしている。 つまり、Tier3 による .NET コントリビューションが、ActiveState による Python や、DjangoAppFog による PHP というイニシアティブに、仲間入りしようとしているのだ。

imageSupport for .NET is particularly critical given the large number of enterprise programmers that rely on the framework for developing Windows applications. Presently, Microsoft Windows Azure is the most widely known PaaS offering touting strong .NET support, but it is hindered in part by the platform’s usability and in part because it’s only a public cloud. Startup AppHarbor is also pushing a .NET PaaS. Iron Foundry, Tier3′s Cloud Foundry implementation, will allow new PaaS providers to offer support for .NET applications and also will give companies wanting to build their own internal PaaS offerings the code to get started (something Apprenda already does via its SaaSGrid Apprenda Platform product).

Windows アプリケーションを開発するために、このフレームワークをに依存する多数のエンタープライズ・プログラマーを前提とすると、きわめて重要になるのが .NET のサポートである。 現時点において、.NET サポートを強力にプッシュする PaaS として広く認識されているのは、Microsoft の Windows Azure である。しかし Windows Azure は、そのプラットフォームの有用性における一部において、また、パブリック・クラウドのみをサポートするという戦略において、先手を取れずにいる。 さらには、別のスタートアップである AppHarborも、.NET PaaS をプッシュしている状況にある。Tier3 の Cloud Foundry 実装である Iron Foundry により、.NET アプリケーションをサポートする、新しい PaaS プロバイダが誕生するだろう。そして、手持ちのコードを用いて、インターナル PaaS を構築したいと考えている企業群にも、チャンスを提供するようになるだろう(すでに Apprenda プラットフォーム・プロダクトが実現しているように)。

Technically, Iron Foundry and Cloud Foundry are separate at this point, but Tier3 and VMware acknowledge they are working together to align Iron Foundry with the core Cloud Foundry code and developer tools, and I have been told that VMware will officially support .NET within Cloud Foundry at some point.

テクニカルな面においては、現時点における Iron Foundry と Cloud Foundry は、切り分けて考えるべきだろう。 しかし Tier3 と VMware は、Cloud Foundry のコア・コードと開発ツールにおいて、Iron Foundry を取り入れるための共同作業を推進していると認めている。そして VMware が、Cloud Foundry における .NET を、オフィシャルにサポートするという話を聞いたこともある。

Developers can access Iron Foundry via a Windows version of Cloud Foundry Explorer or a Visual Studio plug-in for Cloud Foundry, and the code will be available on GitHub under the Apache 2.0 license. The company is also offering a “full testbed environment” that lets programmers experiment with Iron Foundry free for 90 days, although applications are limited to one web and one database instance apiece.

デベロッパーたちは、Cloud Foundry Explorer の Windows バージョン、あるいは、Visual Studio plug-in for Cloud Foundry  を介して、Iron Foundry にアクセスできる。 そして、そのコードは、Apache 2.0 ライセンスの下で、GitHub から入手できるようになる。 さらに Tier3 は、プログラマーたちに Iron Foundry を実験させるために、90日間にわたり無償で利用できる「フル・テストベッド環境」を提供している。ただし、そこで試すことが可能な範囲としては、1つの Web アプリケーションと、1つのデータベース・インスタンスに限定される。

Tier3 is an IaaS provider by nature, and Iron Foundry is its foray into PaaS, which many consider the future of cloud computing. While Iron Foundry is still just a project like its Cloud Foundry namesake, Tier3 founder and CTO Jared Wray told me that Tier3 will have a PaaS product at some point, and Iron Foundry almost certainly will be at the core.

本質的に、Tier3 は IaaS プロバイダであり、また、Iron Foundry は PaaS へ向けた斬新な試みである。 そして、このような動きが、クラウド・コンピューティングの未来であると、多くの人々が捉えているはずだ。いまの Iron Foundry は、Cloud Foundry の名前をもらったプロジェクトに過ぎないが、Tier3 の Co-Founder であり CTO でもある Jared Wray は、ある時点で Tier3 は PaaS プロダクトを持つことになり、そのコアには Iron Foundry が座るだろうと、私に教えてくれた。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexOS というプロダクトを第一義に考えるのか、クラウドというサービスを優先していくべきなのか、そこに Microsoft の悩みが縛り付けられている間隙を縫って、VMware が勢力を拡大しています。 以前に、[VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる]という、やはり Gigaom の記事を訳したことがありますが、この謎めいたタイトルの意味が、だんだんと理解できるようになってきました。それと、この Iron Foundry ですが、u1 さんのブログで Jaco さんが、[ Windows で動くCloud FoundryベースのPaaS、その名もIron Foundry ]という、とても詳しい解説を提供しています。 そちらも、ぜひ、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドにより OS は死に絶える(要旨)
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
VMworld – Maritz – レガシー・アプリケーションは、もう口紅では繕えない
VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

 

%d bloggers like this: