Agile Cat — in the cloud

PC が 売れなくて、Intel まいってる:それを示す1枚のチャート

Posted in Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 20, 2014

The Death Of The PC Market Is A Huge Problem For Intel
http://wp.me/pwo1E-7qD
Jay Yarow – Apr. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/intel-pc-market-chart-2014-4

_ Business Insider

This chart from Statista shows how Intel’s business is tied to the PC industry. This shows Intel’s revenue growth versus PC shipment growth, as measured by Gartner. This chart isn’t too shocking, but it does a good job of illustrating the problem Intel has to solve as the world moves to tablets and smartphones.

この、Statista によるチャートが示すのは、Intel のビジネスと PC の業界の間に、きわめて密接な関係があるという点である。そして、Gartner の推測に沿ったかたちで、PC 出荷台数の伸びと、Intel の収益を対比するものとなっている。いまとなっては、それほど驚くべきものでもないが、この世界がタブレットとスマホに移行するにつれて、Intel が解決すべき問題を、このチャートは、きわめて明確に示している。 GOOD JOB!

_  space

Business Insider/Statista

ーーーーー

TAG index2011年を見ると、そこまでは引きずられていないという感じですが、明らかに PC の旗色が悪くなってきた 2012年から、さらにガクンと落ちていますね。 この2本の線のギャップが、サーバー市場における成長率なのでしょうが、いまや 10億ユニットを、1年で販売してしまうスマホ/タブレット勢が、Intel の手元からスルリと抜け出してしまった空白を埋めるには、まったく足りないのですね。 これまでに蓄積してきた、膨大なテクノロジーを活かして、また、強さを取して欲しいですね。 OCP にコントリビュートしてくれた、Silicon Photonics みたいな、素晴しいものがあるのですから!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった? それを示す1枚のチャート – Gartner
新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ? それを示す1枚のチャート
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
PC から Tablet へ向けた急激なシフト : それを示す1枚のチャート
2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Strategy by Agile Cat on January 16, 2014

Intel set to bring DDR4 DRAM to computers in third quarter
http://wp.me/pwo1E-77u
By Agam Shah | Published: 19:52, 08 January 2014
http://news.techworld.com/storage/3496247/intel-set-to-bring-ddr4-dram-to-computers-in-third-quarter/

Intel will add support for DDR4 memory to its high-end computers in the third quarter, sources familiar with the company’s plans said.

Intel は、ハイエンド・コンピューター向け DDR4 メモリのサポートを、今年の Q3  には開始すると、同社のプランに詳しい情報筋が語っている。

The new DDR4 memory, which has been under development for more than five years, will speed up computer performance while reducing power consumption. It will also mean a progressive slowdown in the adoption of DDR3 memory, which currently goes into most laptops, tablets and servers.

この、新しい DDR4 メモリは、5年以上にもわたり開発が進められてきたものであり、コンピュータのパフォーマンスを高めながら、消費電力も低減していく。その一方で、現時点において、大半のラップトップ/タブレット/サーバーに搭載されている DDR3 メモリだが、その採用が段階的に減速していくことを意味する。

The adoption of DDR4 by chip makers at the motherboard and chip level is the first step to bringing the new memory type to computers. DDR4 chip support will come with Intel’s next-generation Xeon server processors code-named Grantley, which will be based on the Haswell architecture, to be released in the third quarter, sources said.

DDR4 採用の最初のステップは、この新しいメモリ·タイプをコンピュータに搭載していく、マザーボードとチップのメーカーから始まるだろう。続いて、DDR4 チップのサポートは、Grantley というコードネームの、次世代 Intel Xeon サーバー・プロセッサに対して行われる。このプロセッサは、Haswell ベースのアーキテクチャを持ち、今年の Q3 はリリースされると、前述の情報源は述べている。

DDR4 could then make its way to laptops and PCs in 12 to 18 months. Lenovo has said it will launch new types of servers based on the Grantley chips in the third quarter.

また、12ヶ月〜18ヶ月後には、ラップトップや PC での DDR4 対応が始まる。 ただし Lenovoは、今年の Q3  に、Grantley チップ・ベースの、新たなサーバー・ラインアップを発売すると述べている。

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) is the main volatile memory used in PCs, servers and mobile devices today. It does not retain information once a device is turned off.

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) とは、今日の PC/サーバー/モバイル・デバイスなどで使用される、主要な揮発性メモリであり、そのデバイスが OFF にされると、そこに蓄えられら情報は消滅してしまう。

Intel declined to comment on DDR4 memory support on its chips.

なお、Intel がだ、DDR4 メモリをサポートするチップについては、コメントを避けている。

Modules of DDR4 memory on gaming boards with Intel’s chips were demonstrated at the Intel Developer Forum in September. Intel’s high-end desktop processors for gaming are also expected to support DDR4. An Intel spokesman said the company is working "with the industry" to bring support DDR4 to its high-end systems, but did not provide a date.

とは言え、Intel チップを搭載したゲーム・ボード上の DDR4 メモリ・モジュールが、9月に開催された Intel Developer Forum でデモされている。つまり、Intel のゲーム用ハイエンド・デスクトップ·プロセッサでは、DDR4 がサポートされると思われる。ある、Intel のスポークスマンは、ハイエンド・システムを DDR4 でサポートするために、「業界」と伴に取り組んでいるが、日程に関しては明らかにできないと述べている。

Laptops will be faster and get longer battery life with DDR4 memory, though the current DDR3 DRAM is considered sufficient in most cases. DDR4 provides 50 percent more bandwidth than DDR3, and 35 percent more power savings.

DDR4 メモリにより、ラップトップは高速化され、バッテリ・ライフも伸びるだろう。大半のケースにおいて、現在の DDR3 DRAM で十分だと思われているが、DDR4 と DDR3 を比較すると、バンドワイズで 50%、省電力で 35% 以上のメリットが生じることになる。

The new form of memory could prompt Apple to upgrade its Mac Pro, which just started shipping with the Intel’s latest Xeon processors based on the Ivy Bridge microarchitecture, which supports DDR3. System builders have already been testing boards with DDR4 memory.

このメモリに関する新しい形態は、Apple に対して Mac Pro のアップグレードを促すことになる。このプロダクトは出荷が始まったばかりだが、DDR3 をサポートする Ivy Bridge マイクロ・アーキテクチャをベースにした、Intel の 最新 Xeon プロセッサを搭載しているのだ。また、システム・ビルダーたちは、すでに DDR4 メモリを搭載したボードをテストしている。

Mobile devices won’t get DDR4 memory anytime soon since tablets and smartphones are just getting equipped using low-power DDR3 (LP-DDR3) DRAM. Memory standards-setting organization JEDEC is still developing the mobile DDR4 specification, and Samsung last week announced an LP-DDR4 module for mobile devices.

ただし、モバイル・デバイスに関しては、直ちに DDR4 メモリに移行することはないだろう。なぜなら、タブレットやスマートフォンは、Low-Power DDR3(LP-DDR3)DRAM の組み込みに追われているからである。また、メモリ規格化団体である JEDEC も、依然として モバイル DDR4 仕様を作成している段階にあるが、先週に Samsung がモバイル・デバイス用の LP-DDR4 モジュールを発表している。

Early adopters will pay a hefty premium for DDR4, but the prices will fall as adoption grows. Analysts expect a 30 percent price premium on DDR4 memory over DDR3, which could drop to 10 percent in 2015.

DDR4 のアーリー・アダプターは、多額のプレミアムを支払うことになるが、採用が進むにつれて、その価格も下がっていく。アナリストたちの予測によると、DDR4 は DDR3 に対して、30% のプレミアムを要求するが、2015年には 10% にまで低減されるようだ。

Some of the first applications for DDR4 will likely be in high-end database and ERP (enterprise resource planning) programs, which are increasingly utilizing in-memory processing. The memory will also be beneficial for complex calculations in supercomputers.

最初に DDR4 を活用する、いくつかのアプリケーションは、インメモリ処理を多用するハイエンドのデータベースと ERP (enterprise resource planning) になるだろう。また、このメモリは、スーパー・コンピューターにおける複雑な計算にとっても有益である。

"It will only get used in places where the performance is necessary," said Dean McCarron, principal analyst at Mercury Research. "It won’t be in low-end web servers.”

「 このメモリは、ハイ・パフォーマンスが必須とされる領域で使用されるが、ロー・エンドの Web サーバーは対象外となるだろう」と、Mercury Research の主席アナリストである Dean McCarron は述べている。

The adoption of DDR4 was delayed as DDR3 DRAM prices stabilized last year. Higher margins prompted memory makers like SK Hynix and Samsung to continue making DDR3 instead of moving over production capacity to DDR4, which would have been more expensive to make. Memory makers also delayed DDR4 after demand for PCs fell. In addition, Intel and Advanced Micro Devices delayed DDR4 adoption after the emergence of ultrabooks, which use low-power DDR3 memory.

昨年に、DDR3 DRAM が低価格で安定供給されたことで、DDR4 の採用は遅れている。また、高いマージンを引き出そうとする、SK Hynix や Samsung といったメモリ・メーカーも、DDR4 へを生産ラインを移行することなく、高利益の DDR3 を製造し続けてきた。さらに言えば、パソコンへの需要の落ち込みも、メモリメーカーによる DDR4 の採用を遅らせた。そして、Intel と AMD は、Low-Power DDR3 メモリを使用する Ultrabooks が登場するまで、DDR4 の採用を遅らせた。

Companies like Samsung, Micron and Kingston demonstrated DDR4 memory after the DRAM specification was finalized in September 2012. Samsung has already started manufacturing the memory for commercial use, and Micron’s Crucial business unit is demonstrating DDR4 memory at the International CES show being held this week in Las Vegas.

その一方で、2012年9月に、この DRAM 仕様が完成した後に、Samsung/Micron/Kingston といったメーカーは DDR4 のデモンストレーションを行っている。また、Samsung は商用へと向けて、このメモリの製造をすでに開始し、Micron の Crucial ビジネス·ユニットは、今週に Las Vegas で開催される International CES で DDR4 メモリをデモする。

The DDR4 bus clock speed will top out at 3200MHz, an improvement from 2400MHz for DDR3, and 1.2 volts will be supplied for DDR4 compared to 1.5 volts for DDR3. DDR4 reliability is considered higher because of more debugging and diagnostic tools to prevent data errors.

DDR4 のバス・クロック速度は 3200MHz に達し、DDR3 の 2400MHz から大幅に向上する。 また、必要とされる供給電圧も、DDR4 は 1.2V であり、DDR3 の 1.2V から低減される。また、これまで以上のと診断のツールが提供されるため、DDR4 の方が信頼性が高いと考えられる。

DDR4 is expected to be the final iteration of DDR DRAM. There is a move to others forms of non-volatile memory that can retain data. Alternative forms of memory under development include phase-change memory, RRAM (resistive RAM) and MRAM (magnetoresistive RAM). Memory makers like Micron are also stacking chips to deliver faster throughput, and Nvidia plans to stack memory chips in its upcoming graphics chip code-named Volta.

DDR4は、DDR DRAM における最後のイテレーションであると予想されている。つまり、電圧がゼロになっても、データを保持できる不揮発性メモリへの移行が期待されているのだ。この開発中のメモリの形態は、Phase-Change Memory および、RRAM (resistive RAM)、MRAM (magnetoresistive RAM) などを含むものとなる。その一方で、Micron などのメモリ・メーカーは、高速スループットを提供するための積層チップに取り組み、また、NVIDIA は Volta というコードネームの、グラフィック用の積層メモリ・チップを計画している。

Agam Shah covers PCs, tablets, servers, chips and semiconductors for IDG News Service. Follow Agam on Twitter at @agamsh. Agam’s e-mail address is agam_shah@idg.com

ーーーーー

TAG indexいまの DDR3 が主流になってから、何年が経つのでしょう? モバイルからデータセンターに至るまでの、すべてに関連する基盤のアップグレードとして、DRAM ほどの影響力を持つものは他には無いですね。Facebook や Google などの、何十万台というサーバーをハウジングしているデータセンターでは、その処理能力が一挙に高まると同時に、消費電力が大幅に低減されることになります。 とても、素晴らしいことです! そして、Mac Pro の買い時を、この DDR4 に合わせる人も多いのではないかと思います :) その意味で、エンタープライズからコンシューマまで、随所で買い控えが起こるのも やむを得ませんし、ビジネスを推進する側としては、そこが頭痛の種になりそうですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!

2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on December 21, 2013

大きく躍進した、今年のインターネット・インフラたち・・・
http://wp.me/pwo1E-72y

Agile_Cat_Loupe

_  space

モバイルからインフラまでをカバーしたいと、常々 考えている Agile_Cat ですから、今年もデータセンター関連情報には力を入れてきました。 そして、この数年を振り返ってみると、データセンターへの関心が、年を追うごとに高まっているようです。 その背景には、これまでは秘密にすべきとされてきた、データセンターに関する情報が、クラウドが躍進するにつれてオープンにされていくという、状況の変化があるのだと思えます。 もちろん、金融や証券といった市場のためのデータセンターは、これからも秘密裏に運用されていくでしょう。 しかし、クラウド・プロバイダーたちはインフラを開示することで、その顧客たちに信頼性をアピールしたいと考え、また、環境への配慮なども理解して欲しいと願っているはずです。つまり、それぞれの企業における理念が、そのインフラを見ることで明らかになってくるのです。 なお、Open Compute Project(Facebook も含む)に関しては、来週にマトメをポストします!

_  space

1/09: コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!
1/18: Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
3/01: Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界
3/04: 無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner
5/02: Facebook はプライバシーのために、10% のリソースを割り当てる
5/08: Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか?
5/24: シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
6/06: 空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
6/22: IBM の DC 温度/湿度センサー・ロボットが凄い! まるで ルンバだ!
7/02: IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
7/02: 400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリングの理論とは?
7/02: 世界中の DownTime をライブで表示:Pingdom の素敵なマップ
7/19: SoftBank と Bloom Energy が提携:最新の燃料電池が日本にやってくる!
8/18: Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
8/19: Google のダウンは数分で収まったが、Microsoft は数日を要してしまった
8/20: 今度は Amazon.com がダウン : US リージョンで 約 45分間
8/28: Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
9/18: Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
9/25: Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
10/02: クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生
10/08: インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
10/10: SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
10/22: Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
10/29: Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!
10/31: NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
11/18: Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大
11/28: Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
12/02: Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
12/10: Google Load Balancing : 100万リクエスト/秒を達成!
12/12: 世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか?

_  space

datacenter_55こうして、この 1年の動きを眺めてみると、計算能力の上昇とメモリの低価格化により、コンピューティング密度が一挙に高まってきたと感じられます。 そこに、光の活用が加わり、キャパシティとスピードを売りにしたデータセンターが、経済性を確保した上で、インターネット・インフラを新たな次元へと、引っ張りあげているような感じです。 おそらく、来年は、データセンター運用における効率化が、大きなテーマとなっていくはずです。 それを実現するためには、SDN や DCIM などの洗練が、欠かせない要因となるでしょう。 また、これだけインフラが整備されてきたのであれば、インターネット接続の在り方も再考すべきという、議論も熱を帯びてくるでしょう。 年明け早々の、1月の Agile_Cat は、Open IX にフォーカスしていきますので、どうぞ、お楽しみに!image

2013年 : OpenStack の マトメ

Posted in .Chronicle, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 19, 2013

着実に成長した1年だが、ライバルたちも強力だ ・・・
http://wp.me/pwo1E-72h

agile_cat_loupe1

_  space

2012年11月に Gartner から発行された、IaaS Magic Quadrant の抄訳として、以前に『 Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?』をポストしましたが、その中で OpenStack の存在が言及されていたのは、わずか 2社のみでした。具体的には、SoftLayer と Rackspace となりますが、前者は IBM に買収され、そのクラウド・ビジネスの中核に置かれ、後者は OpenStack の旗振り役として、プレゼンスを発揮してきました。 そして、つい先日ですが、以下のような動きが生じています(英文へのリンク)。

_  space

12/11: Oracle Embraces OpenStack
12/11: Alcatel now supports OpenFlow, OpenStack on switches
12/12:
Dell and Red Hat team to sell enterprise OpenStack
12/16:
Salesforce.com to Join OpenStack Cloud Project

_  space

面白いもので、誰かが動き出すと、それに追随する者が必ず出てきます。 このオープンソース・コミュニティは、2013年を通じて、そのような形で成長を遂げてきました。そして 2014年ですが、Amazon AWS に対抗する勢力として、さらなる求心力を発揮できるのかどうか、OpenStack の真価が問われる年になりそうですね。

_  space

2/08: Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
3/26: VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
4/19: OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
4/22: Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
4/23: VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
7/17: Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
7/23: OpenStack が3歳になった:素晴らしく成長したが、まだ頑張らねば!
8/18: Rackspace が Sony を支援:PS 用の OpenStack プライベート?
8/20: OpenStack に必要なのはベンダー:インターオペラビリティではない!
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
8/23: Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
8/29: Red Hat と OpenStack:サーティフィケーションとトレーニングとは?
8/29: Pivotal と Piston : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
9/18: OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
10/01: Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
10/08: Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?
12/04: OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

_  space

openstack-55a1この 11月ですが、『 Hey, Enterprise Developers! Get Agile Or Get Steamrollered 』という記事に、Synergy Research Group による、とても興味深いチャートが掲載されていたので、それをご紹介したいと思います。 これは、2012年 Q3 と 2013年 Q3 における、大手クラウド・プロバイダーの売上を比較したものであり、まず目につくのは、Amazon AWS の巨大さです。 そして、OpenStack の視点から眺めてみると、この中に割り込んでいきたいところですが、IBM および Salesforce と連携できるなら、オープンソース・クラウドとしての存在感を示すことも可能なはずです。 来年の OpenStack に期待したいですね!image

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

Mac Pro の Gold コンセプト・モデル : まさに 輝けるコンピューティングなのだ!

Posted in Apple, Weekend by Agile Cat on December 8, 2013

The inevitable gold Mac Pro concept arrives
http://wp.me/pwo1E-70d

By Christian Zibreg, Oct 27, 2013
http://agilecat.files.wordpress.com/2013/12/gold-mac-pro-6.jpg

_ idownload

The prolific 3D designer Martin Hajek has envisioned a number of interesting Apple concepts, some more successful than the others. A few examples of his more recent work include the iPad mini 2 in gold and blue, the iWatch running Apple Maps and other iWatch renders.

多作でしられる 3D デザイナー の Martin Hajek は、Apple コンセプトに関しても、たくさんの想定を提供しており、その中には、きわめて秀逸なものがある。そして、最近の彼の作品には、Gold/Blue の iPad mini 2 や、Apple Maps を走らせる iWatch や、いくつかの iWatch レンダリング・モデルなどが含まれる。

_  space

_  space

Taking inspiration from a unique red Mac Pro designed by Jony Ive to be auctioned off for charity, Hajek has now produced a set of nice renditions attempting to imagine what Apple’s upcoming pro desktop might look like in gold finish…

チャリティーのオークションを狙うために Jony Ive によりデザインされた、Red の Mac Pro からインスピレーションを受けた Hajek が、これから登場する Apple のプロデスクトップの、Gold 仕立ての見栄えを想像するための、素敵なバージョンを作成している…

“Jony Ive can do a red Mac Pro,” Hajek remarks on his blog. “But when I first showed this gold Mac Pro rendering to my girlfriend her first reaction was: I want it.”

「 Jony Ive なら、Red の Mac Pro を製品化できるかもしれないが、この Gold の Mac Pro レンダリングを、私のガール・フレンドに見せたとき、それを欲しいというのが、彼女の最初の反応だった」と、Hajek は自身のブログで発言している

_  space

_  space

I’m not Hajek’s girlfriend, but I’d kill for one, too! Another one.

私は、Hajek のガール・フレンドではないが、これを手に入れるためには、なんでもするだろう! もう1枚の写真を見てほしい。

_  space

_  space

And here’s one depicting the Mac Pro, the iPhone 5s, Apple’s Magic Mouse and aluminum keyboard – all in gold.

これも、Mac Pro を描いた 1枚だが、iPhone 5S も、Apple Magic Mouse も、アルミのキーボードも、その すべてが Gold だ。

_  space

_  space

bling bling computing indeed. You can find a couple more renders on Hajek’s blog right here.

まさに、輝けるコンピューティングだ。 この、Hajek のブログには、別の画像が提供されている。 参照して欲しい。

Apple’s gone to great lengths to produce the Mac Pro’s ‘Made in USA’ enclosure. As revealed in its ‘how it’s made’ video, the company is employing the sophisticated deep drawing process on an astonishing scale and is using techniques typically reserved for the aerospace or medical device industries.

Apple は、Mac Pro を ‘Made in USA’ にすることで、素晴らしくコンパクトな筐体を実現している。その How It’s Made ビデオで明らかにされるように、同社は、深絞りプロセスという、航空宇宙や医療機器産業のためにの洗練された技法を、驚異的な精密さで実現している。

_  space

_  space

Apple has promised to ship the Mac Pro “in December” in two configurations.

Apple は、この Mac Pro に関して、2種類のコンフィグレーション・タイプを 12月に出荷すると約束している

The basic $2,999 model comes with Intel’s 3.7GHz quad-core Intel Xeon E5 processor, 12GB 1866MHz DDR3 ECC memory, dual AMD FirePro D300 graphics with 2GB GDDR5 VRAM each and 256GB of PCIe-based flash storage.

$2999 の ベーシック・モデルは、Intel 3.7GHz Quad-Core Xeon E5 プロセッサおよび、12GB 1866MHz DDR3 ECCメモリ、AMD FirePro D300 graphics with 2GB GDDR5 VRAM を 2枚、そして 256GB PCIe-Based Flash Storage を搭載する。

_  space

_  space

The more powerful $3,999 configuration includes a 3.5GHz six-core Intel Xeon E5 processor, 16GB 1866MHz DDR3 ECC memory, dual AMD FirePro D500 GPUs with 3GB GDDR5 VRAM each and 256GB PCIe-based flash storage.

よりパワフルな、$3999 コンフィグレーション・モデルは、3.5GHz 6-Core Intel Xeon E5 プロセッサおよび、16GB 1866MHz DDR3 ECC メモリ、AMD FirePro D500 GPU with 3GB GDDR5 VRAM を 2枚、そして  256GB PCIe-Based Flash Storage を搭載する。

As per usual, customers will be able to configure the pro desktop to their liking through the online Apple Store. It’s my new dream desktop and my only regret is not being able to afford it – at least not without breaking the bank.

いつものように、ユーザーたちは Online Apple Store で、自分の好みに合わせた Mac Pro デスクトップをコンフィグレーションきる。それは、私にとって、夢のよう新しいデスクトップなのだが、購入するだけの余裕が無いのが残念だ。 そんなことしたら、破産してしまうよ。

ーーーーー

imageカッコいいですねぇ~~~ Gold Mac Pro。 日本なら、聚楽第の茶室にも似合いそうですし、エジプトならツタンカーメンの黄金マスクの隣に置けそうな感じがします。そして、iPhone を並べてみると、これらだけのスペックが、ほんとうにコンパクトな筐体に収められていることが分かります。 これなら、机の上でも邪魔になりませんが、問題は価格です :) そろそろ、出荷時期になるのですが、Agile_Cat の廻りにも、止まらない人、凸撃する人などなど、たくさん居そうな気がします。みなさん、お財布は大丈夫なのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

円筒形の Mac Pro : これは 家庭用 ミニ・スパコン なのだ!
Mac の 8つの隠し機能 : スクリーン・キャプチャ や タブ操作など
Apple WWDC 最新予測 : 新しい Mac と iOS 7 が目玉か?
SimCity for Mac は 7月 11日 までに出荷される!

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on November 27, 2013

Facebook Likes Broadcom, Intel, Mellanox Switches
http://wp.me/pwo1E-6WG

Rick Merritt – 11/11/2013
http://www.eetimes.com/document.asp?doc_id=1320052

_ ee times

SAN JOSE, Calif. — Broadcom, Intel, and Mellanox have developed competing specifications for datacenter switches, responding to a call from the Facebook-led Open Compute Project.

SAN JOSE, Calif. — Broadcom および、Intel、Mellanox の各社は、Facebook が主導する Open Compute Project からの要請に応えるかたちで、データセンター・スイッチの仕様コンペに取り組んでいる。

OCP called earlier this year for open specs for software-agnostic leaf and spine switches to complement its existing specs for streamlined servers. The specs aim to speed innovation in networking hardware, "help software-defined networking continue to evolve and flourish," and give big datacenter operators more flexibility in how they create cloud computing systems, said Frank Frankovsky, a Facebook datacenter executive and chair of the OCP Foundation in a blog posted Monday.

今年の初めOCP は、既存のスイッチ・プロダクツを補完し、その合理化されたサーバーに順応させる、ソフトウェアを選ばない Leaf and Spine スイッチの、オープン仕様について呼びかけを行った。その仕様とは、ネットワーク・ハードウェアにおけるイノベーションのスピードを高め、また、「SDN の進化と普及を促進」し、さらには、大規模データセンター事業者によるクラウド·コンピューティング·システム開発に柔軟性を提供するものであると、Facebook データセンター部門のトップと、OCP Foundation 議長を兼任する Frank Frankovsky が、自身のブログ・ポストで発言している。

The project’s goal is to deliver a switch that can be rebooted to handle different jobs as needed. So far the OCP group received more than 30 proposals for systems or components.

このプロジェクトの目標は、異なるジョブを必要に応じて処理するための、リブートが可能なスイッチを提供することである。そして、これまでに、30種類を超えるシステムやコンポーネントの提案を、OCP グループは受け付けている。

Intel posted online a full reference design for its proposal for a 48×4 10/40G switch (below). The design uses Intel’s FM6764 switch acquired with Fulcrum Microsystems and two of Intel’s own SoCs — the Crystal Forest control plane processor and the Cave Creek chipset for daughter cards. Quanta and one other OEM built systems based on the design.

Intel からは、48×4 10/40G Seitch(以下)に関する提案のフル・リファレンス·デザインが、オンラインでポストされている。このデザインで用いられる Intel の FM6764 Switch は、Fulcrum Microsystems と Intel 自身の 2つの SoC と連携するが、後者に関しては、ドータ·カード用の Crystal Forest プロセッサと、 Cave Creek チップセットとなる。Quanta と、別の OEM によるシステムは、このデザインをベースに構築されている。

クリックで拡大 ⇒
Intel’s switch proposal uses three types of its chips.

Broadcom said it has delivered a spec and a working system based on its Trident II switching chip that meets OCP needs. However the company declined to release further details.

また、Broadcom からは、その Trident II Switch をベースにして、OCP のニーズを充たす仕様と稼働システムが提供されるようだ。ただし、同社は、その詳細についてリリースを行っていない。

Mellanox proposed a switch based on its SwitchX-2 switch and an x86 processor running the Open Network Install Environment (ONIE) software from Cumulus Networks. The switch supports either 48 SFP+ ports and 12 QSFP ports or 60 10GbE server ports when using QSFP+ to SFP+ breakout cables.

Mellanox からの提案は、その SwitchX-2 Switch と x86 プロセッサにより、Cumulus Networks から提供される Open Network Install Environment (ONIE) ソフトウェアを走らせるというものである。このスイッチは、48 SFP+ ポートと 12 QSFP ポートをサポートするが、SFP+ Breakout Cable を用いる際には、60 10GbE サーバー・ポートがサポートされる。

Separately, Cumulus submitted to OCP its ONIE software, a boot loader for installing software on network switches. It enables a generic switch to run a variety of networking software environments.

それとは別に Cumulus は、各種のネットワーク・スイッチ上にソフトウェアをインストールするための、ブート・ローダーとしてソフトウェアを OCP にサブミットしている。それにより、各種のソフトウェア・ネットワーク環境を実行するための、汎用的なスイッチが実現されるという。

Further work on networking specs and proposals continues at an OCP event this week in San Antonio.

今週に San Antonio で開催される OCP イベントにおいて、このネットワークに関する、さらなる仕様と提案が、明らかになるだろう。

— Rick Merritt, Silicon Valley Bureau Chief, EE Times

Related posts:

ーーーーー

open-computeOCP の Open Switch について詳しく説明しているのは、Facebook Tech Director Reveals Open Networking Plan というドキュメントだと思います。 その中で、Facebook の Najam Ahmad は、「私たちが取り組んでいる仕様は、本質的にコンピューティングのように振る舞うスイッチとなる。診断と試験のための BIOS 環境が起動した後に、実行可能なものが検索され、オペレーティング・システムが見つけ出される。つまり、一般的なオペレーティング・システムのように、どのように振舞い、なにを実行するのかを、それに伝えることができる」と説明しています。一言でいって、脱アプライアンスとなるわけですが、サーバーと同様に、無印スイッチが活躍できるのかどうか、とても興味深いテーマだと思います。image

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

円筒形の Mac Pro : これは 家庭用 ミニ・スパコン なのだ!

Posted in Apple, Weekend by Agile Cat on November 10, 2013

Apple’s new Mac Pro: a mini supercomputer available in December for $2,999
http://wp.me/pwo1E-6Tb

October 22, 2013 –
John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/10/22/apples-new-mac-pro-a-mini-super-computer-available-in-december-for-2999/

_ VB Gadget

Apple teased us this past June with a mini supercomputer in a lipstick-shaped black gloss case with seven teraflops of computer power, support for up to three 4K displays, and the latest of everything in RAM, CPU, and graphics cards.

Apple は、今年の 6月に、巨大な口紅ケースのような形状で、黒光りするミニ・スーパー・コンピュータで、私たちの興味を惹きつけた。それは、7 tera-flops というコンピュータ・パワーを持ち、最大で 3枚の 4Kディスプレイをサポートし、RAM/CPU/Graphics Card についても、すべてに最新のテクノロジーを投入しているという。

And, of course, all expansion relying on wires and external connections.

そして、すべての拡張性は、ワイヤーと外部コネクターにより、もちろん保証されている。

The cooling system has a single fan, where the previous had eight, and the entire computer fits in one-eighth the volume of the previous Mac Pro.

以前の Mac Pro では、8台のファンを使用していたクーリング・システムだが、今回はシングル・ファンで冷却されるように改善され、その全体的な大きさも 1/8 に収まっているという。

“It’s our vision of the Pro desktop,” said Apple VP of marketing Phil Schiller. “It has the fastest processor we’ve ever put in a Mac … the fastest memory we’ve ever put in a Mac.”

「 これまでには考えることの出来なかった、最速の CPU と RAM を搭載する、この Mac Pro こそ、私たちのビジョンである 」 と、Apple の VP of Marketing である Phil Schiller は述べている。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

_  space

With up to seven teraflops of computer power that can be used both for graphics and computing needs, the Mac Pro will be available starting at $2,999 in December — and assembled in the U.S. That’s with a 3.7 GHz quad-core Xeon chip, 12GB RAM, dual FirePro D300s with 2GB of VRAM each, and a 256 B SDD.

7 tera-flops に達する計算能力により、グラフィックスとコンピューティングに関する、あらゆるニーズに対応できる。 そして、この Mac Pro は米国内でアセンブリされ、12月には $2999(ミニマム・スペック)という値札を付けて登場する。 具体的には、3.7 GHz の Quad-Core Xeon チップと、12 GB の RAM、2GB の VRAM を伴う Dual FirePro D300S、256 GB SDD などで構成されるという。

Yes, that storage — at least on the inside — is all flash based, which is 10 times faster than a hard drive, Schiller said. Which means you’ll most certainly need to attach it to an external storage system.

そして、このストレージだが、少なくとも内蔵されるものはオール・フラッシュであり、既存の HDD と比べて 10倍の速さを誇ると、Schiller は言っている。 つまり、あなたのニーズに合わせて、何らかの外部ストレージもアタッチできるということだ。

“There’s never been a system that can do what the Mac Pro can do,” he added.

「 こんなことを実現するシステムなど、これまでに見たこともないが、それを Mac Pro が実現するということだ」と、彼は付け加えている。

Others who have tested it seem to agree, with Apple beta testers saying that the new Mac Pro makes real-time 4K video editing a reality, and that it’s blazing fast and shockingly quiet.

それをテストしている人々も、Apple のベータテスターに同意しているように思える。この Mac Pro は、4K ビデオをリアルタイムで編集するという、炎の高速性を誇るが、驚くほど静かだという。

ーーーーー

image訳していて、”おぉぉぉぉ~~~” っと、何度も思ってしまうスペックの Mac Pro ですが、いったい 誰が買うのでしょう? でも、よくよく考えてみると、Agile_Cat の周辺にも、すでに心はワシ掴みという人たちがいて、絶対に止まれないのだろうと、ニヤニヤしている日曜の朝です。 火入れ式には、ぜひ、立ち会わせて頂きたいと思っていま~す :)  でも、さらに、よくよく考えると、この Mac Pro で走らせる Sim City が脳裏を横切ってしまうので、このへんで止めておきたいと思いま~す。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Woz が大切にされる、8つの理由を考えてみよう
Mac の 8つの隠し機能 : スクリーン・キャプチャ や タブ操作など
Woz のサイン入り Apple 1 が、Christie’s のオークションに出される
Apple は 初代 iPhone の開発に、150 億円 を投じていた! NYTimes
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと、電話で文句ばかり言っていた Jobs

%d bloggers like this: