Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on January 19, 2015

Internet of Things (IoT): 10 Predictions for the Future
http://wp.me/pwo1E-8de
By Dick Weisinger – Jan 14, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-10-predictions-for-the-future/

_ formtek

“If you think that the internet has changed your life, think again. The IoT is about to change it all over again!” says Brendan O’Brien, Chief Architect and Co-Founder of Aria Systems

「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」と、 Aria Systems の Chief Architect and Co-Founder である Brendan O’Brien が述べている

Just hype and bluster from another vendor?  What does the future really hold for the Internet of Things (IoT)? In December, IDC published predictions for IoT:

それは、ベンダーによる、単なる妄言や空手形なのか? 実際のところ、IoT は将来において、何をもたらすのか? この 12月に IDC が、IoT に関する予測を発表している

  • The cloud will become the focus of IoT. Within five years 90 percent of all IoT data will be hosted in the cloud
  • IoT data breaches are certain to happen. Within two years, 90 percent of IoT systems will have had a security breach.
  • Processing of IoT data will move closer to ‘the edge‘.  In three years, 40 percent of IoT processing will be done on the edge.
  • IoT data will overwhelm some systems. As many as 10 percent of networks are expected to be affected
  • Data centers and enterprises will need to change their current policies and business models to adopt to BYOD and IoT
  • Within five year, all industries will roll out IoT initiatives. The principle IoT activity today (50+ percent) is centered in manufacturing, transportation, smart city, and consumer applications
  • By 2018, local government spending will account for a quarter of all government spending as local governments attempt to build innovative and sustainable smart cities
  • Within three years, 60 percent of IT solutions that originally were designed as proprietary and closed-source will move to open source
  • Within five years, wearables will challenge smartphones as an alternative
  • In three years, Millennials will be in a position to further accelerate adoption of technologies like IoT
  • クラウドが、IoT においてもフォーカスされる。 5年以内に、全 IoT データの90% が、クラウド上にホストされる
  • IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう。
  • IoT データの処理は、「エッジ」へ向かって移動していく。 これからの 3年以内に、IoT プロセシングの 40% がエッジで行われる。
  • IoT データは、いくつかのシステムの許容量を上回るだろう。最大で 10% のネットワークが、影響を受けると予想される。
  • データセンターとエンタープライズは、BYOD および IoT に対応するために、現行のポリシーやビジネス・モデルの変更が必要になるだろう。
  • 5年以内に、すべての産業が、IoT イニシアティブを展開していく。 今日における基本的な IoT アクティビティ(50% 以上)は、製造/運輸/スマート・シティ、そして、コンシューマ・アプリの中央に配置されている。
  • 2018年までに、地方の自治体は、革新的で持続可能なスマート・シティの構築に取り組むことになる。それにつれて、自治体への支出は、政府における全支出の 1/4 を占めるようになる。
  • 3年以内に、当初はプロプライエタリやクローズド・ソースとしてデザインされた IoT ソリューションの、60% がオープン・ソースへと移行する。
  • 5年以内に、スマホに代わるものとして、ウェアラブルがチャレンジを開始する。
  • 3年以内に、現代に生きる私たちは、IoT のようなテクノロジーを加速させるポジションに座る。

Vernon Turner, SVP of Research at IDC, said that “the Internet of Things will give IT managers a lot to think about.  Enterprises will have to address every IT discipline to effectively balance the deluge of data from devices that are to the corporate network. In addition, IoT will drive tough organizational structure changes in companies to allow innovation to be transparent to everyone, while creating new competitive business models and products.”

IDC の SVP of Research である Vernon Turner は、「 IoT は、IT マネージャーたちに、数多くの考察を提供するだろう。各種のデバイスから企業のネットワークへと向かう、大洪水のようなデータのバランスを効果的にコントロールするために、エンタープライズは全ての IT 規律に対して、取り組んでいく必要があるだろう。それに加えて IoT は、企業における組織構造に対して、断固とした変革を要求する。それにより、誰に対しても透明なイノベーションが実現される一方で、新たな競争のためのビジネス・モデルやプロダクトが生まれてくる」と述べている

ーーーーー

注記:FBページで、Millennials  には「2000年代に成人を迎える人々」という意味があると教えていただき、訳を修正しました。 これで、最後の項目の文脈がはっきりしました。 ありがとうございます!

ーーーーー

あくまでも予測なので、そういうものとして参照すべきなのですが、「2年以内に、IoT システムの 90% がセキュリティ侵害に遭遇する」といのは、早急に対処すべきものが山積みになっているという、警告とも受け取れます。 また、つい先日に、Intel が IoTivity という、IoT のための OSS フレームワークを発表しましたが、「IoT ソリューションの 60% がオープン・ソースへと移行」という予測と、方向性が合致しているようにも思えます。 そして、最後の項目に関してですが、「26年目以降のウェブに必要なもの:WWW の生みの親から4つのヒント  - Wired」という Tim Berners-Lee の寄稿にあるように、まさに Web を知る前の私たちと、いまの私たちの置かれた状況が、重なって見えてくるのです。

ーーーーー

<関連>

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?

Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Linux, Strategy by Agile Cat on January 17, 2015

Intel Unveils ‘Internet of Things’ Open-Source Framework
http://wp.me/pwo1E-8cI
Sami Ghanmi – Jan 15, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/32646/20150115/intel-unveils-internet-things-open-source-framework.htm

_China Topix

Multinational chip maker Intel Corporation’s Open Interconnect Consortium (OIC) recently unveiled IoTivity, an open-source software framework for providing connectivity to IoT devices.

多国籍チップ・メーカーである Intel だが、その Open Interconnect Consortium (OIC) が先日に、IoT デバイスに接続性を提供するための、オープンソース・ソフトウェア・フレームワークである IoTivity を発表した。

"The ability for devices and machines to communicate will unleash a whole new world of technology innovation," said Jim Zemlin, executive director at the Linux Foundation.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「このデバイスやマシンを接続する能力により、テクノロジー・イノベーションが新たな世界へ向けて解き放たれる」と述べている。

Photo : Intel
OIC’s IoTivity Open Source Software Framework

"Open-source software and collaborative development are the building blocks to get us there. IoTivity is an exciting opportunity for the open-source community to help advance this work."

そして、「オープン·ソース·ソフトウェアと共同開発が、私たちが取得すべきビルディング・ブロックである。そして、この作業を促進していくオープンソース・コミュニティにとって、IoTivity は素晴らしいチャンスとなる」と続けている。

An independent steering committee will oversee the open-source framework while communicating with Intel’s OIC.

なんらかの独立した運営委員会が、Intel の OIC と連携しながら、このオープンソース・フレームワークを監督していくことになる。

"We believe that an open-source project combined with the OIC’s standards efforts is critical to driving true interoperability for the billions of IoT devices that will be coming online over the next few years," said Mark Skarpness, Intel’s director of embedded software at its Open Source Technology Center, and the chair of the IoTivity Steering Group.

Intel の Open Source Technology Center で Director of Embedded Software を務め、IoTivity Steering Group の Chair も兼任する Mark Skarpness は、「私たちは、なんらかのオープンソース・プロジェクトと、OIC における標準化の取り組みが連携することで、数十億になるとも言われる IoT デバイスのための、ほんとうの意味でのインターオペラビリティが促進されると信じている。それらが、これからの数年間で、オンラインで接続されていく」と述べている。

"We are pleased to be working with The Linux Foundation and the open-source community to advance the project."

そして、「私たちは、このプロジェクトを前進させるために、Linux Foundationおよびオープンソース·コミュニティと協力できることを、とても喜んでいる」と続けている。

IoTivity’s features will include device-to-device connectivity, information exchange, messaging connectivity, APIs, an SDK, secure connection and device discovery.

IoTivity は、その機能として、デバイス間の接続性/情報エクスチェンジ/メッセージング接続/API/SDK/セキュア接続/デバイス検出などを取り込んでいる。

"All developers are welcome to join the community and start contributing by submitting code, bug fixes or suggestions for new features, all using IoTivity’s online project tools that are also being made available today," Skarpness added.

そして Skarpness は、「すべてのデベロッパーを歓迎する。 ぜひ、コミュニティに参加し、コードの提供や、バグ・フィックス、新しい機能の提案といった、コントリビューションを開始して欲しい。また、すべての IoTivity オンライン・プロジェクト・ツールが、今日から使用できるようになっている」と呼びかけている。

ーーーーー

なんか、来たぞ、来たぞ、という感じですね。 もちろん、Intel がコアとして存在するところに求心力を感じますが、こういう展開には Linux Foundation が不可欠ですよね。 なんというか、OSS の支援がないと、つまり、そのエコシステムが機能しないと、IoT も成り立たないという雰囲気があります。 すべての領域において、オープン・ソースが重要な役割を担っていますが、この IoT も決して例外ではないはずです。 

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Energy, Green IT by Agile Cat on September 26, 2014

Dell, HP, Intel and Emerson partner to develop new industry standard: Redfish
http://wp.me/pwo1E-7U5
Brian Karlovsky | Sept. 9, 2014
http://www.arnnet.com.au/article/554452/dell-hp-intel-emerson-partner-develop-new-industry-standard-redfish/

Dell, HP, Intel and Emerson are set to develop a new industry standard to increase the productivity of system administrators through improved datacentre management, analysis and security.

Dell/Emerson/HP/Intel が、データセンターにおける管理/分析/セキュリティの改善を通じて、システム・アドミニストレータの生産性を向上させるべく、新しい業界スタンダードを作成しようとしている。

The new specification, Redfish, is still under development and will be one of the most comprehensive since the Intelligent Platform Management Interface (IPMI) was first launched in 1998, according to a statement.

この、新しい仕様である Redfish は、現時点において作成中である。 そして、このパートナーシップのステートメントによると、1998年に立ち上げられた Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 以来の、最も包括的なものになるという。

_  space

_  space

Redfish uses a modern network interface style, allowing access to data using even simple, script-based programming methods. It will be designed to improve scalability and expand data access and analysis, help lower costs, and further enable feature-rich remote management while ensuring a secure solution that protects investment.

Redfish では、きわめてシンプルなスクリプトベースのプログラミング・メソッドにより、データへのアクセスを実現するために、最新のネットワーク·インターフェース·スタイルが用いられる。そのデザインは、スケーラビリティを向上させ、データに関するアクセスと分析を強化し、また、コストの削減を促進しながら、さらにリッチなリモート・マネージメントを実現するものであるが、投資を保護するセキュアなソリューションも約束される。

According to a company statement, the group collaborating on Redfish development is focused on ensuring the specification enhances interoperability across multiple server environments and significantly simplifies management, allowing administrators to speak one language and be more productive. It will also enable access to massive amounts of information and the ability to translate the data into actionable insights for system monitoring and management.

この団体のステートメントによると、Radfish 仕様の作成におけるグループとしての協調は、マルチ・サーバー環境をカバーするインターオペラビリティと、大幅に簡素化された管理形態にフォーカスするものであり、その結果として、アドミニストレータが用いる言語を1つに集約し、さらなる生産的を目指すことになる。そして、さらに、システムの監視と管理を対象とした、膨大なデータへのアクセスと、実用的な洞察への転換を、実現していくものとなる。

The partner companies are working with industry standards bodies and associations to accelerate the development process, in anticipation of the broad adoption of Redfish.

ここでパートナーとなる企業は、Redfish の広範囲におよぶ採用を予測し、また、その作成プロセスを加速するために、業界標準のための団体や協会と協調して作業を進めている。

The specification will be submitted to the Distributed Management Task Force for consideration by the recently created Scalable Platform Management Forum, which has been chartered to publish a standard in this space. Once the specification is approved, it will be publicly available.

Redfish の仕様は、先日に立ち上げられた Scalable Platform Management Forum により、Distributed Management Task Force へと提出され、この分野におけるスタンダードを発行するための、骨格として検討されていく。 そこで、仕様が承認された後に、一般でも利用が可能なものとなる。

Read more:Synnex Australia adds HP Enterprise to portfolio

ーーーーー

現状でも、それぞれのデータセンターが工夫することで、それぞれのファシリティに適したマネージメント・システムが開発/運用されているはずです。 そして、RedFish が実現しようとしているのは、そのベースになる部分を標準化して、コストを下げようという試みなのだと思います。 ただ、いまの世の中のサーバー・ベンダーといっても、無印良品で市場を席巻している台湾の ODM たちを無視できません。 また、Facebook/Rackspace/Microsoft などによる Open Compute Project もあれば、Tencent/Alibaba/Baidu などによる Scorpio、そして、Google/IBM による OpenPower Foundation もあるという具合に、データセンターの効率化へ向けて活動している、オープン・ソースの存在も忘れてはなりません。たまたまですが、9/22 付で、Gartner が DCIM の Magic Quadrant を発表するほど、ここは、とてもホットな領域なのです。

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook が選んだ CA  の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?

Posted in Google, Post-PC by Agile Cat on September 18, 2014

HP Offers New Pair of Chromebooks, One With Nvidia’s K1 Processor
http://wp.me/pwo1E-7SM

Marco Foronda – Sep 05, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/8927/20140905/hp-offers-new-pair-chromebooks-one-nvidias-k1-processor.htm

_China Topix

Hewlett-Packard (HP) won’t be left behind Acer and Toshiba as it announced new pair of competitive Chromebooks today. The HP Chromebooks come in two screen sizes; 11-inch and 14-inch.

今日のことだが、Hewlett-Packard (HP) は 2種類の Chromebooks を発表し、Acer や Toshiba に取り残されないという意思を示した。この HP Chromebooks は、11-inch と 14-inch の、ディスプレイ・サイズを持つ。

The 11-inch model seems like a big leap from its predecessor. Previously, HP used the ARM-based Exynos processor but now uses Intel’s Bay Trail Celeron processor. It also features 4 GB of RAM from 2 GB. It’s expected to have a 1366 x 768 screen resolution; 16 GB file storage with additional 100GB of Google Drive space and an improved battery that lasts for more than eight hours. Users shouldn’t expect a stylish new Chromebook and it only comes in silver and turquoise colors.

この 11-inch モデルは、従来のバージョンと比較すると、大きな飛躍を遂げているように思える。以前の HP は、ARM ベースの Exynos プロセッサを使用していたが、今回は、Intel の Bay Trail Celeron プロセッサを使用している。 また、RAM の容量は、2GB から 4GB へと増えている。そして、ディスプレイ解像度は 1366 x 768 になり、16GB のファイル・ストレージに、100GB の Google Drive スペースが追加され、バッテリー駆動時間は 8時間以上になると予測される。ユーザーたちは、新しい Chromebook が、こんなにスタイリッシュ(シルバー&トルコ・ブルー)になるとは期待していなかったはずだ。

The 14-inch Chromebook is a little different from the previous year’s model. HP is now using Nvidia’s K1 processor. The Chromebook can be configured with 2 GB or 4 GB of RAM. It can either have 16 GB or 32 GB of storage, with an added 100 GB of Google Drive storage.

そして、14-inch Chromebook も、従来からのモデルとは、少し異なるものになる。 今回の HP は、Nvidia K1 プロセッサを採用している。こちらの方の Chromebook は、2GB もしくは 4GB の RAM と、16GB もしくは 32GB のストレージを選択でき、また、100GB の Google Drive スペースが追加される。

HP, however, didn’t clarify if its 14-inch Chromebook has a screen resolution of 1366 x 768. If it does, it won’t be a good feature for the new line-up. On a brighter side, HP’s new 14-inch Chromebook is a bit slimmer and lighter. It also has a battery that will last for over eight hours.

しかし、HP は、この 14-inch Chromebook のディスプレイ解像度が、1366 × 768 になるのかどうか、明らかにしていない。もし、この解像度なら、新しいラインナップにとって、嬉しいものとはならない。 その一方で、この 14-inch Chromebook は、以前と比べて薄くて軽くなるという、嬉しい情報も提供されている。また、バッテリー駆動時間は、少なくとも 8時間以上になるようだ。

The 11-inch Chromebook will be available on October 5 at US$279.99. On the other hand, the 14-inch model goes for US$299.99 and will be available on October 22.

発売日と価格であるが、11-inch Chromebook は 10月 5日に US$279.99 で売り出される。 また、14-inch Chromebook が、10月 22日に US$299.99 で発売される。

ーーーーー

なんといっても、3万円で買えるというのが嬉しいですね。 外出時の作業といっても、その時々の状況に応じて、かなり異なるものになりますが、Agile_Cat の場合だと、日帰りの出張くらいまでなら、11-inch の Chromebook があれば充分という気がします。 もちろん、そこには、Evernote がいてくれないと仕事にならないのですが、第一陣の Chromebook 対応アプリに、しっかりと入っているようなので安心しています。 HP 以外にも、Acer や Toshiba など、各メーカーが参入していますので、とても楽しみにしています!

ーーーーー

<関連>

Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 が繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!
アメリカの教育:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebooks が絶好調:売れるだけではなく、実際に使われ始めている
Chromebooks:大半の Microsoft パートナーが参加する事態に!

Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?

Posted in Big Data, Hadoop, On Monday by Agile Cat on June 23, 2014

Big Data and Hadoop: Will Hadoop Continue to Dominate?
http://wp.me/pwo1E-7Ba

By Dick Weisinger – June 19, 2014
http://formtek.com/blog/big-data-and-hadoop-will-hadoop-continue-to-dominate/

_ formtek

When people talk Big Data today, often they’re talking about Hadoop, a technology first created by Doug Cutting in 2005.  Forrester Research says that “Hadoop is unstoppable as its open source roots grow wildly and deeply into enterprises.”

現時点において、人々が Big Data について語るとき、大半の場合、Hadoop の話になる。そのテクノロジーは2005年に Doug Cutting により作り出されたものである。Forrester Research は、「 オープンソースをルーツに持つものが成長し、エンタープライズにも強引に入り込んでくるにつれて、Hadoop も止められないものになる」と発言している

The following are just some of the vendors have built solutions around Hadoop: Amazon Web Services (AWS), Cloudera, Hortonworks, IBM, Intel, MapR Technologies, Microsoft, Pivotal Software, and Teradata.

この流れに従う形で、いくつかのベンダーが、Hadoop に関連するソリューションを構築している。 具体的には、Amazon Web Services (AWS)/Cloudera/Hortonworks/IBM/Intel/MapR Technologies/Microsoft/Pivotal Software/Teradata などの名前が挙げられる。

Analysts like Allied Market Research estimate that the Hadoop market will grow from $2.0 billion in 2013 to $50 billion in 2020.  The forecast includes software, hardware and services.  Today services represent about half of the Hadoop market.  But how realistic are estimates for a product market-size five-years out?

Allied Market Research などのアナリストたちは、Hadoop のマーケットが、2013年の $2.0 billion から、2020年は $50 billion にまで成長すると推定している。

そして、この予測には、ソフトウェア/ハードウェア/サービスが含まれる。 今日の Hadoop マーケットにおいては、サービスの割合が、全体の約半分を占めている。しかし、このマーケットの規模に関する、5年の推定値はというと、どの程度まで現実的なのだろうか?

Forrester ticks off the following four reasons as to why Hadoop is so hot today:

Forrester は、いまの Hadoop がホットな理由として、以下の 4つの理由を挙げている:

  • Provides lower cost storage
  • Based on open source innovation
  • Scales well
  • Provides businesses a way to squeeze profits from their data

Allied Market Research attributes the growth in Hadoop to a strong interest in managing structured and unstructured data and big data analytics.

また、Allied Market Research は、構造化/非構造化データと Big Data 分析の運用において、Hadoop が強い関心を引き寄せているとしている。

But Hadoop is a platform and forecasts about how Hadoop will grow don’t or can’t factor in the appearance of new competing technologies.  Estimates for how technologies will play out six years hence are very difficult to predict.  Consider the effect of the iPad and the fact that the first iPad was sold less than five years ago.   Things can change quickly.  When Big Data is considered as an umbrella category of technologies, it is almost certain to see huge growth between now and 2020, but whether Hadoop will continue to be the center of Big Data in 2020 is less clear.

しかし、Hadoop はプラットフォームであり、また、Hadoop の成長を予測するにあたり、それと競合する新しいテクノロジーを、考慮することは困難である。つまり、これから 6年の間に、どのようなテクノロジーが登場するかと予測することは、きわめて難しいことなのだ。考えて欲しいのは、iPad の出現による変化と、最初に iPad が販売されてから、まだ 5年も経ていないという事実である。すべては、素早く変化していく。Big Data が、テクノロジーの傘下にあると考えた場合、いまから 2020年までの間に、ほぼ確実に大きな成長が見られるだろう。しかし、2020年においても、Hadoop が Big Data の中心に居続けるかというと、明確な根拠があるわけでもない。

James Kobelius, IBM Big Data evangelist, says that “Hadoop’s footprint will continue to grow for some time in the big data arena, especially as the core open-source technologies evolve and enterprises invest more heavily in the technology.  However, Hadoop will be neither the dominant platform nor the architectural centerpiece of most enterprise big data deployments. But that also applies to any other big data platforms, current or emerging, that you might name.”

IBM の Big Data evangelist である James Kobelius は、「 Hadoop の実績は、Big Data という分野において、しばらくの間は成長していくだろう。 とりわけ、コア・オープンソース・テクノロジーが進化し、エンタープライズがテクノロジーに多額の投資を行う世界で、それは顕著になる。しかし、大半のエンタープライズが Big Data をディプロイしていくとき、Hadoop は支配的なプラットフォームではなく、アーキテクチャ上の中心に座ることもないだろう。つまり、いまは名前もない、新しい Big Data プラットフォームの適用もありえるのだ」と、発言している

ーーーーー

Hadoop といえば、その大元は Google の MapReduce になるのですが、Agile_Cat が敬愛する High Scalability の Todd Hoff さんが、「Google Instant では、リアルタイム検索のために MapReduce を排除!」という記事を、2010年 9月の時点で書いていました。 これは、Google がインクリメント・サーチを開始した時期と同じころの話であり、すでに違う世界でチャレンジしているのだなぁ・・・ と関心した記憶が蘇ってきました。 いまの Google 先生はというと、BigQuery というサービスを提供していますが、それと GCE 上の Hadoop の関係など、いったい、どうなっているのでしょうか? いろいろと、興味の尽きないフィールドですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート

Posted in Asia, Data Center Trends, Research by Agile Cat on June 19, 2014

Digitimes Research: Global SSD sales to grow 60% in 2014
http://wp.me/pwo1E-7Ar
Eric Lin – June 18, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20140618PD201.html

_ DiGiTimes

Global SSD sales are expected to grow 60% on year in 2014 after nearly doubling a year earlier, buoyed by continually declining NAND flash prices, slimming-down of notebooks, and the rise of convertible tablets, according to Digitimes Research.

DigiTimes の調査によると、グローバルにおける SSD の売上高は、今年の初めに倍増しているが、その後も順調に推移し、2014年を通して前年比 60% の成長が見込まれている。それは、NAND型フラッシュ価格の継続的な引き下げや、薄型ノート PC およびコンバーチブル・タブレットの台頭に、支えられた結果でもある。

SSD products with a storage capacity of 60GB were the mainstream in 2012, but shipments of 120GB and 240GB models began gaining momentum in 2013, buoyed by falling prices. By 2014, 240GB models have become the mainstream, while the roll-out of 480GB devices is likely to drive a new round of shipment growth, said Digitimes Research.

この SSD プロダクツだが、2012年には 60 GB のストレージ容量が主流だった。 しかし、価格下落に支えられた 2013年には、120 GB/240 GB のモデルが主流となりはじめた。 そして、Digitimes Research によると、2014年は 240 GB モデルが主流であるが、480 GB デバイスの普及により、出荷数の伸びに新たな展開が訪れる可能性もあるようだ。

Prices of TB-grade SSDs in 2014 are comparable to 480/512GB SSDs available in 2013. But the quotes for TB-grade SSDs are expected to drop further using TLC NAND flash.

2014年における TB-Grade SSD の価格は、2013年の480/512 GB SSD のレベルまで低下する。しかし、TB-Grade SSD の相場は、TLC NAND フラッシュの利用が可能になることから、さらに低下していくと予想される。

Marvell Technology and JMicron both have launched new SSD controller chips for 2014 featuring improved performance and reliability, while SandForce is ready to release its new SSD controller chips.

Marvell Technology と JMicron が、性能と信頼性を改善した、2014年モデルの SSD コントローラ·チップを発表しているが、SandForce では新しい SSD コントローラ・チップのリリースが準備されているようだ。

Intel has recently launched its new series of chipsets that feature native support for M.2 SSDs, which is likely to encourage other memory storage firms to roll out related SSDs in the second half of 2014. M.2 SSDs support both PCIe and SATA interfaces and have a strong possibility of replacing 2.5-inch SATA SSDs, Digitimes Research commented.

最近になって Intel は、M.2 SSD をネイティブでサポートする、新シリーズのチップ・セットを発売した。それにより、2014年下期には、いくつかのメモリ·ストレージ会社から、SSD に関連する製品が登場する可能性が生じている。M.2 SSD は、PCI と SATA のインターフェイスをサポートするため、2.5-inch SATA SSD を迅速にリプレイスしていく可能性があると、DigiTimes Research は述べている。

ーーーーー

机の上を見渡してみると、2台の Macbook Air と、iPad と、Nexus 7 という構成になっていて、すでに HDD は存在していません。 Disk I/O は速いですし、煩いファンの音も無いですし、ほんとうに SSD は素晴しいと思います。そして、クラウドも SSD が花盛りです。 やはり、先鞭をつけたのは、SSD Only Cloud をセールストークにしている Digital Ocean なのでしょうか? それを、Amazon AWS や Google が追いかけるという展開になっていますが、その他のプロバイダーはどのような感じなのでしょうかね? ひょっとすると、プロモーションはしていないけど、すでに SSD 化は済んでいるという、クラウド・プロバイダーもいるかもしれません。 そして、この DigiTimes のレポートは、あらゆるデバイスの生産拠点である、 台湾からのものだけに、一連の数字はシッカリと裏付けられているはずです。この調子で、あらゆるクラウドで SSD 化が進んでいくと、データセンターにおける省電力化も推進されるはずです。いろいろな意味で、とても素晴しいことですね!

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
Toshiba と SanDisk が多層フラッシュ・メモリで協業:スマホに 1TB の時代がやってくる!
SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: