Agile Cat — in the cloud

Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける

Posted in Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 15, 2014

Internet Explorer Has Basically Been Annihilated By Google’s Chrome Browser
http://wp.me/pwo1E-7A2

Jim Edwards – Jun. 6, 2014
http://www.businessinsider.com/chrome-browser-share-2014-6

_ Business Insider

Back in the prehistoric era — 2008 — Microsoft’s Internet Explorer browser roamed the web like a diplodocus, eating everything in its path. As many as 90% of users saw the internet via Explorer.

先史時代とも言える 2008年に戻ってみると、Microsoft のブラウザである Internet Explorer が、巨大草食竜であるディプロドクスのように Web を歩き回り、そのすべてを食べ尽くしていた。つまり、ユーザーの 90% が、Explorer を介してインターネットを参照していたのだ

Today, Explorer can’t even command a simple majority of users. Google’s Chrome browser is now the most popular web viewer, with 31.8% of the market. On mobile devices, probably the most important arena for browsers right now due to its growth, Explorer barely exists: only 1.8% of users see the mobile web via Explorer.

しかし、今日では、Explorer のユーザーは、過半数にも達していない。現時点で、最も人気の Web ブラウザは、マーケットの 31.8% を占める、Google Chrome である。そして、その目覚ましい成長力が故に、各種のブラウザにとって最重要の戦場は、モバイル・デバイスへと移行している。さらに言えば、そこで Explorer を介して Web を参照しているユーザーは、わずが 1.8% に過ぎないのだ。

_  space

Statista / Adobe

Explorer appears to be trapped on desktop, where it still holds a plurality, 43.3% to Chrome’s 30.6%. Our data came from Adobe. Chart via Statista.

なお、デスクトップにおける Explorer は、Chrome の 30.6% に対する 43.3% のシェアにより、この流れを堰き止めているように見える。 一連のデータは Adobe から提供されたものであり、それを Statista がチャートにまとめている。

ーーーーー

ブラウザのようなプロダクトに関して、そのシェアを計る際には、イントール比率/トラフィック量/利用時間数といった、いくつかの基準が有るはずです。 Agile_Cat では、StatCounter による調査結果を月次で掲載していますが、その基準はというと、世界と日本というスコープでトラフィックを比較するものになっています。世界では、いまから 2年ほど前に、この両者の位置関係が逆転しています、 そして、日本でも、そろそろ順位が入れかわりそうな感じです。 最近における全体的な傾向はというと、スマホとタブレットで Chrome がシェアを伸ばしているように見えます。

ーーーーー

<関連>

モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す1枚のチャート
仕事の IE と 遊びの Chrome という視点で、世界のブラウザ・シェアを分析する
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
ユーザーの 71% が、Web ブラウザの最新バージョンを使っている
Microsoft が Web ブラウザ戦争に負けつづける理由を分析する

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/5月

Posted in Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on June 3, 2014

Stat Counter で見た、2014年 5月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7y9
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 4月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

今夜も、WWDC 2014 のライブがありますね。 初日は Mac OS と iOS が中心だったので、今夜はデバイスなのでしょうか? 誰もが認識しているとおり、いまのモバイルの世界は、開発途上国への参入をめぐって、とても大きな変化が生じています。 その結果として、この1年で Android が大きなシェアを獲得して、iOS に大差をつけるという展開になっています。

そのような背景からか、昨夜のキーノートで Tim Cook は、ーーー これらの多くは、Android から乗り換えた顧客である。彼らは、Android スマートフォンを購入したが、間違いに気が付いた後に、より良いエクスペリエンスを求めるようになった。つまり、より素敵な生活である。 そして、iPhone と iOS を選ぶことになった ーーー と述べたようです(Business Insider より)。

このところ、この連載では、モバイルからデスクトップに至る、すべてのプラットフォームを取り入れたかたちで、プラウザ/OS/ソーシャルなどのトラフィックを比較しているわけですが、良い機会なので、モバイルとタブレットに対象を絞り込み、ワールドワイドでの OS トラフィックを比較するチャートを取り出してみました。

これを見れば、Tim Cook の苛立ちも分かりますが、アメリカ人や日本人のように、簡単に iPhone を買えない国の人々が、安価な Android で、このモバイル・インターネットの世界に参加できている、という状況も分かって欲しいと思います。 実際に、彼が言うように、中国では iOS のシェアが伸びていますし、そこでは Android からの乗り換えが、かなりの確率で起こっているはずです。 しかし、その一方では、インドのように、ようやく Android が市場に登場してきたという国もあるのです。

以下に示す、いくつかのチャートでも、凄まじいばかりの Android の成長が感じられると思いますが、いつの世も消えることのない経済の不均衡が、年間で 10億台も販売されるスマホという商品を通じて、明らかにされていると捉えることもできるのです。__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

日本の Twitter が、5月も頑張り続けています。 Facebook と同様に、先進国のマーケットでは、すでに飽和の状況となっており、アジアを中心とする途上国マーケットで、Twitter も頑張るしかないのです。 しかし、Line や WeChat といったメッセージング系ソーシャルとの、とても厳しい戦いを余儀なくされるはずですし、広告収益も高めなければなりません。 IPO はしたものの、いろいろとあって、なかなか楽になれない Twitter ですが、なんとか、頑張りぬいて欲しいですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月

Posted in Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on May 6, 2014

Stat Counter で見た、2014年 4月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7t9
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 3月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

Windows XP のサポート終了に伴い、日本での IE のシェアが大幅にダウンしています。 このデータは、4月30日で締め切られたものなので、IE の脆弱性に関する発表とは連動していないはずです。このデータから推測できるのは、日本では Windows XP から、Windows 8.x および Windows 7 へ向けた、大規模な移行が生じた。 しかし、そこで移行したユーザーの多くが、ブラウザを Chrome および Firefox に乗り換えたという状況です。

その一方で、世界のブラウザ・シェアには、それほどの変化が起きていません。 そもそも、日本と比べて IE のシェアが低いという前提がありますが、たとえば中国のように、大量のユーザーが Windows XP に留まっているという状況も加味すべきでしょう。 前述のとおり、5月に入ってからは IE に関する脆弱性の問題が起こっています。 日本と世界で、これからの 1ヶ月で、どのような変化が生じるのか、とても興味深いですね。

ーーーーー

追記:5月6日 23時45分:Twitter で、『「4月30日で締め切られたものなので、IE の脆弱性に関する発表とは連動していない」という言説。IE の脆弱性の発表は米国時間の4月26日(日本語では28日)なのですが 』というご指摘を頂きました。 てっきり、5月に入ってからの公表(日本では)と思っていたので、もう一度 StatCounter を、4月25日を END に設定して、取り直しました。 それが、右のチャートです(クリックで拡大)。  ちなみに、4月のデータを日別で見ると、30日に IE と Chrome がクロスしていました。こちらの確認が甘く、申し訳ありませんでした。 これからも、よろしく お願い致します。__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

日本の Twitter が元気でよいですね :) いきなりトラフィックが跳ね上がっていますが、どこに理由があるのでしょう?  理由として、ひとつ考えられるのは、画像を添付したツイートが増えたことです。 実は Agile_Cat も、最近になって画像付きでツイートするようになったのですが、そのようなユーザーが急激に増えたとすると、このようなトラフィックの増大に、つながるはずだと思います。 Twitter に関しては、先日に「Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある:それを示す1枚のチャート」という抄訳をポストしましたが、このサービスはユーザー数で評価するよりも、トラフィックで測るべきと思うようになりました。Twitter はソーシャルでもあるのでしょうが、そのベースはマイクロ・ブログなのですから。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月

Posted in Stat Counter by Agile Cat on April 7, 2014

Stat Counter で見た、2014年 3月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7o3
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 2月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

世界の Operating System で、ついに Android が Windows XP を捉えましたが、ひとつ疑問があるのです。 つまり、トラフィック量が同じなら、PC もモバイルも、そこで転送される情報量が同じなのかという点です。 「Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?」や「Opera for Android が、Webkit ベースでリリースされた」で取り上げたように、モバイルの Chrome や Opera などでは、帯域の消費を抑えるための工夫が施されています。 そうなると、実質的な情報転送量を考える際には、モバイルの方に数字を上乗せすべきなのでしょうか? ひょっとすると、このポストで紹介している、それぞれのチャートから感じる以上に、モバイル・シフトはドラスティックに進んでいるのかもしれませんね。

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

日本の Search Engine ですが、今月も Yahoo がシェアを伸ばしています。 世界の方を見れば一目瞭然ですが、すべてを Google が支配している状況の中で、この Yahoo Japan の活躍は、素晴しいことだと思います。 中国でも、Baidu や 360 Search が、Google を圧倒していますが、そこには政治的な背景があるため、公正な競争が行われた結果とは言えません。 しかし、ロシアは違います。 日本の Yahoo と同様に、Yandex が大健闘という状況が続いています。 ここも、Google が勝ち切れない、数少ない国のひとつなのです。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/9月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月

Posted in Stat Counter by Agile Cat on March 11, 2014

Stat Counter で見た、2014年 2月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7iH
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 1月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

依然として、世界と比較したときの、日本における IE の強さが際立っていますが、Operating System に目を転ずると、世界の方では、そろそろ Android が Windows XP を追い抜こうというところまで成長してきました。 日本では、すでに逆転しているのですが、その分、Windows 8 と 8.1 がシェアを伸ばしているので、Windows 間での新旧の交代が、上手く進んでいるのだと思えます。

サポートが終了したとはいえ、まだまだ大きなシェアを確保している Windows XP に代わって、Android と iOS と Windows 8 から、どれが抜けだして、トラフィックの王者である Windows 7 に挑戦していくのか、とても興味深い展開となっています。

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

こうして、日本と世界を比較してみると、それぞれのトラフィックに、ずいぶんと大きな違いが有ることが分かります。もちろん、各国の事情を反映したかたちで、世界の平均が算出されているので、当たり前のことなのですが、項目9 の Platform に関しては、かなり似通っていることも見えてきます。 つまり、PC/Mobile/Tablet の比較なのですが、日本だけではなく、アメリカでの比率も、世界とほぼ同じように変化しています。

それではと、中国の状況も調べてみましたが、予想に反して PC が強いという結果でした。 漠然とですが、いまの Post_PC シフトは、中国が引っ張っているのかと思っていただけに、この結果は意外でした。 しかし、その後に続くと思われるインドは、まったく異なる状況のようです。 このチャートに示されるように(クリックで拡大)、この12億人の人口を擁する大国は、PC というフェーズをスキップして、Post_PC の世界に突入していくようです。 以前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、その背景が見えてくるように感じられますね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/8月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月

Posted in Stat Counter by Agile Cat on February 5, 2014

Stat Counter で見た、2014年 1月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7aC
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

Renewal2013年の 12月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしましたが、今月からはプラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の、ごった煮というか、無差別級というか、そんな感じの分析に切り替えました。

先月にお伝えしましたが、Android が Windows を、出荷台数ベースで軽々と追い抜いているのを見て、それぞれのプラットフォームを隔てる垣根が、もう、無意味なものになってきたと感じていました。 そんな矢先に、2014年の年明けからだと思いますが、Stat Counter 自身が、すべてのプラットフォームを混在させて、それぞれのチャートを出力できるように変身したのです。

そこで、今月からは 7項目に減らしたかたちで、とてもシンプルなチャート群が参照できるようになりました。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

Agile_Cat 自身も初めて見る、日本と世界のトラフィックを比較するチャートですが、第一印象は[モバイルが強い]というものでした。 もちろん、これらのデータは、いわゆる Post_PC シフトが起こる前に出荷された、すべてのインターネット接続デバイスが対象であるため、依然として首位を走る OS は Windows 7 であり、ブラウザに関しては Chrome と IE と Firefox が戦っている状況なのですが、iOS と Android に代表される新しい勢力が、かなりのトラフィックを消費している状況が見て取れるはずです。

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

おそらく、1年では難しいでしょうが、このペースで行けば 2年を要することなく、既存の PC 勢力と、Post_PC 勢力の間で、トラフィック・ベースにおいても大逆転が見られそうな感じです。 そして、日本のデータで驚くのが iPhone の強さです。[3: OS]の項目を見ると、3位の Android を大きく引き離す、単独 2位と言って差し支えないポジションを確保し、首位を走る Windows 7 に対して、約半分というトラフィックを叩きだして出しているのです。Windows 7 の降下率と、iPhone  の上昇率が、このままのペースで進むなら、1年以内に順位が逆転しそうな勢いです。なんと言うか、あちらこちらで、あまりにもスゴイことになっていて、文章で説明できるのは、その内のごく僅かとなってしまいます。来月以降も、Agile_Cat が気づいた、面白い視点をご紹介してきますので、お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/7月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月

Posted in Research by Agile Cat on January 2, 2014

Stat Counter で見た、2013年 12月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-74W
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

いつものように、2013年の 11月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしてみました。 項目としては、1:Browser/2:Browser Version/3:Browser Version(Beta)/4:Mobile Browse/5:Operating System/6:Mobile OS/7:Mobile Search /8:Social Media/9: Platform の順です。なお、一番最後の項目 9 が、これまでの Mobile Vendor から、Platform に変更されています。

おそらく、年明けからだと思いますが、Stat Counter の内容が大幅に変更されています。 ただし、これまでと同じデータも取り出せるようになっているため、この 12月分までは、従来型のチャートで構成しています。 なぜ、Stat Counter 変化したのかというと、PC/Tablet/Mobile を統合して、全体のトラフィックを比較したいからだと推測しています。 つまり、これらのプラットフォームごとに分析することも大切ですが、すべてのプラットフォームを総合的に比較することが、きわめて重要な切り口になってきたからだと思います。

Android が Windows を、出荷台数ベースで軽々と追い抜いているのを見てそれぞれのプラットフォームを隔ててきた垣根が、もう、無意味なものになってきたと、Agile_Cat も感じていたのです。 そんな矢先の Stat Counter の変身は、とても素晴らしいものであり、来月からは、この連載の内容も、少し変えたいと思っているところです。 どうぞ、ご期待ください。

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Browser Version B 日本

Browser Version B 世界

4

Mobile Browser 日本

Mobile Browser 世界

5

Operating System 日本

Operating System 世界

6

Mobile OS 日本

Mobile OS 世界

7

Mobile Search 日本

Mobile Search 世界

8

Social Media 日本

Social Media 世界

9

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

TAG index

なお、本題とは関係ありませんが、Windows の リモート・デスクトップ・サービスを使って、このブログにポストするという形に、元旦から切り替えています。 手元の環境を軽くしたかったので、MacBook Air 13 + 11 と、iPad と、Nexus 7 だけにデバイスを絞り込んでしまったのです。 しかし、Live Writer が必須なので、そのために Windows リモート・デスクトップを使うことにしています。 また、このポストをご覧いただければ分かると思いますが、18 枚のビットマップを作成し、それをテンプレートに貼りこんで、それぞれにリンクを貼るというのは、けっこう面倒な作業です。 それを、リモートで、しかもトラックパッドでと考えると、かなり不安なところがありましたが、やってみると意外と簡単だったので、ホッとしているところです。 ーーー これができれば、なんでもできるはずなので、とても嬉しいです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/6月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/11月

Posted in Research by Agile Cat on December 5, 2013

Stat Counter で見た、2013年 11月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-6Z1
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

いつものように、2013年の 10月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしてみました。 項目としては、1:Browser/2:Browser Version/3:Browser Version(Beta)/4:Mobile Browse/5:Operating System/6:Mobile OS/7:Mobile Search /8:Social Media/9: Mobile Vendor の順です。

世界のモバイル・ブラウザについて、先月に Opera が大躍進とお伝えしましたが、それは 10月26日に発生したピークによるものであり、10月末には元のレベルに戻ってしまったようです。 Stat Counter には、以下のように解説されており、また、ボットではなく、正当なトラフィックだったとのことですが、説明が難しい現象だったようです。 Opera ファンである Agile_Cat としては、とても残念な結果なのですが、Motorola Lazr でも、Nexus 7 でも、そして iPad でも、快適に使えるブラウザですので、よかったら、お試しください。

On 26 September, we saw a large increase in traffic from Opera browsers. This activity was not bot-related and appears to have been entirely legitimate. Opera traffic returned to more usual levels at the end of October. Unexpected but legitimate spikes in out stats do happen (e.g. in Mexico on 1  July 2012 browser states) albeit that was unable to provide explanations in every case.

この Opera に関する変動と同様に、シェアを大きく動かしているのが、ソーシャルにおける Tumblr の存在です。とりわけ日本で、さらには世界でも、10月に大きくシェアを伸ばしていますが、先月のチャートには、このような極端な傾向は現れていなかっと記憶しています。いったい何が起こっているのでしょうか?

そして、PC ブラウザですが、2ヶ月間にわたって続いていた IE の躍進が止まり、11月は Chrome が伸びるという展開になっています。なにかにつけて、話題となってきた Windows 8/8.1 ですが、iPad や Android タブレットを脅かすものにはならないというのが、いまの 一般的な評価だと思います。 この IE に関するシェアの動きも、そのような状況を裏付けているのかもしれませんね。

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Browser Version B 日本

Browser Version B 世界

4

Mobile Browser 日本

Mobile Browser 世界

5

Operating System 日本

Operating System 世界

6

Mobile OS 日本

Mobile OS 世界

7

Mobile Search 日本

Mobile Search 世界

8

Social Media 日本

Social Media 世界

9

Mobile Vendor 日本

Mobile Vendor 世界

___space
ーーーーー

TAG index

日本のモバイル・サーチですが、3ヶ月連続で Yahoo のトラフィックが伸びています。 8月に Google が盛り返しましたが、9・10・11月は Yahoo が頑張っています。世界のモバイル・サーチを見ると、Google による寡占が続いており、それと見比べることで、日本市場の特異性がお分かりいただけると思います。 そして、圧倒的な iOS デバイスの強さというのも、日本市場における、もう1つの特異性です。 そして、Android も強さを発揮しており、その他の OS によるシェアが、ほとんどゼロというのも、日本ならではの傾向だと思えます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/10月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/6月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/5月

%d bloggers like this: