Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定している!

Posted in .Chronicle, Alibaba, Amazon, Businesses, Research by agilecat.cloud on March 31, 2015
Amazon Web Services will lose money on $6.6 billion in revenue this year, says analyst
Matt Rosoff – Mar. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-will-lose-money-on-66-billion-in-revenue-this-year-says-analyst-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Amazon’s cloud computing business is growing fast and will grow from $4.6 billion in revenue in 2014 to $6.6 billion in 2015 and $9.2 billion in 2016, according to estimates by Citi.
 
Amazon のクラウド・コンピューティング事業だが、Citi の推計によると、2014年の $4.6 billion から、2015年の $6.6 billion へ、そしてさらに、2016年の $9.2 billion へと、その売上高を急成長させていくようだ。
 
what-is-awsBut its margins are razor-thin — Citi estimates it lost $123 million in 2014, and will earn only $69 million by 2016.
 
しかし、そのマージンはカミソリのように 薄い。 同じく Citi は、2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎないと推定している。
 
Amazon Web Services helped kick off the cloud computing revolution, where companies use online services for basic computing infrastructure like data storage and processing power, rather than relying on big banks of computers in their own data centers. AWS is widely considered to be the largest player in the market, ahead of Google, IBM, Microsoft, and others, but Amazon has never revealed exactly how big it is.
 
Amazon Web Services は、クラウド・コンピューティング革命を引き起こした存在である。それにより、ユーザー企業は、自身のデータセンター内にコンピュータを大量に配置するのではなく、基本的なコンピューティング·インフラであるデータ・ストレージやプロセシング・パワーを、各種のオンライン・サービスに委ねるようになった。AWS は、このマーケットにおける最大のプレイヤーであり、Google/IBM/Microsoft などに対して先行していると認識されているが、その正確な事業規模に関して、Amazon は明らかにしていなかった。
 
Now, Amazon is going to start breaking out AWS results in its Q1’15 earnings report, which is expected to come in late April.
 
しかし、ようやく Amazon は、4月下旬に開催される予定の 2015年 Q1 収益報告会で、AWS における収支を公開するようだ。
 
aws-revenue-margin-expected-citiCiti research
 
To come up with its estimates, Citi used prior comments from Amazon’s management, published financial information about cloud competitors like Rackspace, and other information from Amazon’s earnings reports. It believes AWS’s margins are lower than competitors because of “aggressive price cuts, heightened investment, and public cloud offering (which typically carries lower margins than private cloud services).”
 
そこでの数字を予測するために Citi が利用したのは、Amazon 首脳による以前のコメントや、Rackspace などのクラウドで競合する相手の公表財務情報、そして、Amazonの収益レポートから情報などである。そして、AWS は、積極的な価下げや、多大な投資を行い、また、パブリック・クラウドという特性を持つため(プライベート・クラウドとの比較という意味)、競合他社よりもマージンが低いと捉えている。
 
Amazon will also break out retail revenues in North America and the rest of the world (“International”). Here are Citi’s estimates for all three segments:
 
しかし、Amazon は、North America と International で、そのリテール・ビジネスを急成長させている。 上記のチャートが示すのは、Amazon の三事業に関する、Citi の推定値である。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aたまたまですが、昨日はプライベート・クラウドの難しさに関する抄訳をポストしましたが、その反対に、いまのパブリック・クラウドは、利益を度外視しても、シェアを確保しなければならないという、難題に立ち向かっているという感じですね。そして、プライベートを標榜する企業が、いずれはパブリックに流れてくると確信しているのでしょう。 攻める側も、守る側も、ぎりぎりの線で戦っているのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on March 21, 2015
新参入の Century Link と、充実の Equinix、そして インドに参入する Xiaomi ・・・
 
cna-banner
 
この 3月は、Alibaba のアメリカ進出があり、その他のクラウド/データセンター関連トピックが、影に隠れてしまったという感じです。 しかし、欧米勢のアジア進出も活発であり、昨日には「Equinix opens flagship DC in Singapore」というニュースが報じられていました。また、「CenturyLink expands its public cloud platform to Asia-Pacific region」に記されているように、ついに Century Link のアジア進出が始まるようです。
 
Equinix人の大勢いるところにはモバイルがあり、モバイルが沢山あるところにはクラウドがあり、クラウドが大規模に展開されるところにはデータセンターが作られる、、、という、きわめて理にかなった順序で、アジアのデータセンター需要が、さらに猛烈に加速している感じがします。 そして、あちらこちらで暴れ回る Xiaomi ですが、「Xiaomi to set up data centre in India by June」に記されているとおり、ついにインドにもデータセンターを構築するようですが、「No data centre in India: Amazon Web Services」というふうに、Amazon は慎重な姿勢を貫いています。
 
3月に入って 3週目ですが、そのほかにも、以下のようなクラウド/データセンター・トピックスに溢れている APAC です!
 
3/4: Australia Post completes data centre overhaul
3/6: Equinix’s Melbourne data centre to open in weeks
3/6: Worldwide server market grew 4.8% in shipments, Gartner
3/6: Mitac expected to see growing cloud computing sales in 2015
3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
3/12: NextDC betas open DC management tool
3/16: Inside AusPost’s switch to active-active data centres
3/17: How Telstra axed modular from Clayton data centre design
3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
3/18: Scale wins in Aussie race for cloud racks
3/20: Taiwan white-box server makers land orders from Apple
3/21: Public cloud provider expands managed services in Asia
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaBARCELONA, Spain ― Korea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for fifth-generation (5G) wireless technology. The 2014 Mobile World Congress (MWC) featured the benefits of 5G over today’s long-term evolution (LTE) tech, the Internet of Things (IoT), Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
② 3/5: Banking Technology vendors likely beneficiaries of E-Commerce boom
IndiaIt may not be a windfall gain but definitely signals an increase in potential business opportunity. The rise in e-commerce and e-commerce driven transactions has meant a significant jump in banking transactions. Numbers clearly validate this story. Industry-wide data provided by the Reserve Bank of India (RBI) website suggests that outstanding credit card loans stood at Rs.30,300 crore as on 31 December 2014, up 24% from Rs.24,400 crore a year ago.
 
③ 3/11: First city-wide dashboard launched in India
IndiaChennai in India has just launched the country’s first city-wide digital dashboard, and plans to open it to residents in two to three months. The dashboard gives the city’s officials easy access to data that earlier took months to collect and format, said Satyarupa Sekar, Project Director of the Chennai Data Portal and Dashboard project, according to local media.
 
④ 3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
SingaporeSINGAPORE: ST Telemedia on Tuesday (Mar 17) announced that it has completed the acquisition of land to develop its flagship data centre facility in Singapore. The communications, media and technology investor said the land is located at Defu Lane and is in close proximity to mature data center clusters. The 150,000 square feet facility will be built with the highest Tier-III industry standards, as well as other building certifications such as LEED and BCA-IDA Green Mark.
 
⑤ 3/15: OnePlus to launch OnePlus Two smartphone with 4GB RAM
ChinaNow the company has announced the successor of OnePlus One named ‘OnePlus Two’ priced at USD 538. One Plus Two feature a 5.5-inch full HD LTPS display with 2,560 X 1,440 pixels resolution. The device is be clocked at Snapdragon 810 processor with 4GB RAM. Rumours suggests that smartphone will run on Google’s Android 4.4 KitKat Operating System, while some are speculating that it will run on company’s custom platform.
 
⑥ 3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
TaiwanChina-based Alibaba Group has said it plans to set up a NT$10 billion (US$319 million) non-profit venture capital fund in Taiwan to finance local young entrepreneurs to build up a business on its e-commerce system. The funding also aims to assist local youths develop and market related products and services to China via Alibaba, the Internet service company said in a statement.
 
⑦ 3/16: NAB director Geraldine McBride defines new banking technology future
AustraliaNational Australia Bank director Geraldine McBride is the poster child for a new breed of board member: she’s a technology-savvy futurist and digital strategist. Her role in NAB’s historically staid boardroom is to identify the technological trends taking over its customers’ lives. She is steering the bank through the waves of technological disruption washing over the sector, leading it into “a new, personalised, experienced-based economy,” as she describes it.
 
⑧ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu. According to the Nikkei article, Itochu has taken an 18% stake in the lending company, so the latter’s market cap is valued at over 1 billion yen ($8.4 million).
 
⑨ 3/11: Xiaomi’s updated budget smartphone, Redmi 2, launches in Singapore
SingaporeWhile Xiaomi’s budget Redmi 2 is hotly anticipated in India, its launch in Singaporetoday was somewhat muted in comparison, with very little fanfare. Xiaomi’s Redmi 2 retails at S$169 (US$122) in Singapore. Put side-by-side with its predecessor, the Redmi 1S, it will seem like nothing much has changed on the surface. Despite being slightly lighter and thinner, it sports the same 4.7-inch IPS HD display and 720×1,280 pixel screen resolution as the 1S.
 
⑩ 3/2: Singapore startup Skoolbo out to boost education for millions worldwide
SingaporeSINGAPORE startup Skoolbo said its game-based education platform, which runs on Microsoft Corp’s Azure PaaS (Platform-as-a-Service) offering, has reached more than five million students in 22,000 schools globally over the past 12 months. Skoolbo aims to improve learning experiences, particularly in English and Mathematics, among children aged four to 10, Microsoft said in a statement.
 
ーーーーー
cna_6この、「Huawei debuts new CloudMall data center solution with Baidu」と「ZTE launches the cloud data center uSmartDC Solution」という2つのポストは、冒頭で紹介したトピックと比べると、ちょっと異色な感じがします。 この分野における中国巨大企業が、揃いも揃ってクラウド・ソリューションに乗り出してくるようです。 おそらく、中国のクラウド企業も二極化されていて、この Huawei と ZTE のような国策を推進するための事業者と、Alibaba や Xiaomi のような外貨を得るための事業者が、それぞれのポジションに応じた戦略を展開しているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた

Posted in Alibaba, Asia Weekly by agilecat.cloud on March 15, 2015
ついに Alibaba は、Snapchat にまで資金を提供する ・・・
 
cna-banner
 
Alibaba の動きが活発です。 3月4日の Agile_Cat に、「Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出 」という抄訳をポストしましたが、それ以外にも、各方面への資金提供を積極的に行なっています。 昨年の IPO で手にした莫大なキャッシュを原資にした、アジアからアメリカへ向けての、本格的な進出が始まっています。
 
Alibaba今週末のことですが、 TechInAsia が「Alibaba invests $200M in Snapchat 」を、そして Business Insider が「Chinese e-commerce giant Alibaba is investing $200 M in Snapchat at $15 B valuation 」をポストしています。 そして BI の記事の方には、いま Snapchat が進めている $500 M ファンディング・ラウンドとは、別物の出資になると記されています。
 
また、Alibaba はアジアのスタートアップにも積極的に資金を提供しており、その中には「Snapdeal drums up custom in Slumdog’s Dharavi」や「Quixey CEO Tomer Kagan on the company’s close relationship with Alibaba」のように、Softbank と共同で出資するケースもあるようです。
 
今年に入ってからの、Alibaba の出資に関連するトピックを探してみたら、以下のものが見つかりました。 春節の休みなどを考えると、実質的に 2ヶ月の間の出来事です。同社の資金力もさることながら、その陣営を急いで拡大していこうとする、バイタリティに驚いでしまいます。
 
3/5: Alibaba buys US$383 mln stake in TV programme producer Beijing Enlight
3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
3/4: Taiwan forcing out Alibaba over investment violations
2/15: In taxi app merger, a surprising alliance between Alibaba and Tencent
2/10: Alibaba pushes its mobile OS with $590M investment in phone maker Meizu
2/6: Alibaba’s financial affiliate takes 25% stake in Indian payments service Paytm
2/3: Alibaba to launch $130M foundation to invest in Hong Kong entrepreneurs
2/2: First Xiaomi, now Alibaba: Ouya takes another step into China with $10M deal
1/14: Alibaba acquires China’s biggest adtech company, AdChina
1/14: Alibaba may be planning to build massive ‘Alibaba Town’ in South Korea: report
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
AustraliaSYDNEY, AUSTRALIA, Mar 10, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Today, IBM announced the opening of its newest SoftLayer cloud center in Sydney, Australia. As part of IBM’s $1.2 billion investment to expand its cloud services, the new facility joins Melbourne in meeting the growing customer demand for scalable cloud solutions with global reach in Australia.
 
② 3/8: Acer Octon promotes SDN-based business communication
TaiwanAcer Octon, a joint venture between Acer and US-based multimedia application developer Octon, demonstrated its new cloud-based PBX business-use communication solution at the MWC 2015. The IP solution, dubbed “abPBX Plus,” is able to offer cloud-based services plus advanced communication services such as file sharing, IP voice calls and teleconferencing to clients.
 
③ 3/1: India Govt bans Gmail for official work, to monitor staff
IndiaThe government will be monitoring online activities of bureaucrats on official computers, block content which it feels is adversely affecting the productivity of the babus and also have a right to delete e-mails or internet history on such computers after intimating the user. The measures are a part of twin notifications issued by the Narendra Modi government on February 18 by which the use of private e-mail networks like Gmail and Yahoo has now also been officially banned for all government use.
 
④ 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaKorea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for 5G wireless technology. The 2014 MWC featured the benefits of 5G over today’s LTE tech, the IoT, Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
⑤ 3/10: Gamevil tops among Korean mobile game publishers in global
KoreaGamevil said Monday it has been ranked the highest among Korean mobile game publishers in terms of mobile game sales at application stores such as Google’s Play market and Apple’s Appstore. According to the “Top 52 Publishers of 2014″ report released by a global mobile app analytics agency App Annie, Gamevil was listed in 11th place among the global mobile game publishers, up 15 steps from a year ago.
 
⑥ 3/9: Tech Mahindra opens sales office in Hanoi,Vietnam
IndiaTech Mahindra is bringing jobs and IT expertise across the region by opening its Vietnam sales office in Hanoi. Tech Mahindra is present in Vietnam since 2012 and has experienced an increase in the number of customers especially in the banking sector in the country. It has come a long way since 2012 and today it boasts a strong ecosystem in Vietnam comprising established product vendors and local partners.
 
⑦ 3/12: Weibo ends 2014 with slow but steady growth, has 176M MAU
ChinaWeibo, China’s Twitter-like social network, continues to grow – albeit slowly. Weibo ended 2014 with 175.7 million monthly active users (MAUs), which is up 36 percent year-on-year, and up 5.2 percent from Q3 to Q4. Although many have talked about WeChat making Weibo irrelevant, it seems that Weibo is standing its ground against the hugely popular messaging app (WeChat is close to 500 million MAUs) despite a number of areas of overlap between the two social networks.
 
⑧ 3/8: Xiaomi likely to launch Redmi 2 in India this month
IndiaNEW DELHI: It looks like Chinese manufacturer Xiaomi is all set to launch the Redmi 2, its next-generation, entry-level smartphone in the Indian market. The company is currently running a contest on its India Facebook page which features a word puzzle. Participants who are able to find three key features from the puzzle qualify to get priority access passes to buy the company’s upcoming smartphone.
 
⑨ 3/10: 90pc traffic comes from mobile devices: Myntra
IndiaBANGALORE, INDIA: Myntra shared that 90 perecent of its traffic is being generated through mobile devices. Close to 85 percent of this traffic is driven by Android, iOS and Windows platforms. Interestingly, over 50 percent of the mobile traffic is coming from Tier II & III cities. After China, India ranks second in consumers accessing the internet for online shopping through mobile devices, according to a recent study.
 
⑩ 3/11: Malaysia draws up cyber security plans till 2050
MalaysiaMalaysia is reviewing its National Cyber Security Policy as part of broader plans to strengthen internet security in the country, Deputy Minister of Science, Technology and Innovation, Dr Abu Bakar Mohamad Diah (pictured, right) announced. The revised policy is expected to be ready in two years, said Dr Amirrudin Abdul Wahab, CEO of Cybersecurity Malaysia, which is reviewing the policy with the National Security Council (MKN).
 
ーーーーー
cna_6この週の Top-10 には入りませんでしたが、Baidu が Android ベースの独自 OS を諦めたというニュースが、とても気になります。 誰もが知っているとおり、いまの中国で最も勢いのあるスマホは Xiaomi であり、その MiUi が Android フォークの先頭を突っ走っているという状況です。 アジアの王者である Samsung でさえ、独自 OSを という観点では、Tizen の展開に苦しんでいるようです。そう考えると、Xiaomi のビジネス・モデルの方が、一歩も二歩も先行しているわけであり、大きく変化してきたアジア・スマホ勢力図を、この Baidu の撤退劇が裏付けているように思えてきます。_AC Stamp
Forking hell! Baidu gives up on its Android-based OS
Baidu ends support for Android platform
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
 

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Apple is losing the tablet market it created with the iPad
Dave Smith – Feb 25, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-tablet-market-share-2015-2
 
_ Business Insider
 
Global tablet shipments are rising, but a new report from Strategy Analytics says Apple’s tablet market share continues to slip, despite its utter dominance just a few years ago. Based on Strategy Analytics data charted for us by BI Intelligence, the iPad’s global market share dropped 20%, from a 32.6% share in 2013 to 26.1% in 2014.
 
Strategy Analytics の新しいレポートによると、グローバルにおけるタブレットの出荷台数は上昇している。 しかし、このタブレット市場で、わずか数年前には圧倒的な優位性を誇っていた、Apple のシェアは下落し続けている。Strategy Analytics のデータをベースに、BI Intelligence が作成したチャートを見ると、グローバルにおける iPad は、2013年の 32.6% から 2014年の 26.1% へと、6% ほどシェアを落としている。
 
Tablet 2014
BI Intelligence
 
注記: チャートの文章の内容に、食い違いがあります。とりあえず、チャートに合わせて文章を修正していますが、あくまでも参考としてください。 Strategy の Web ページも調べてみましたが、有償レポートの購入ページであり、確認できませんでした。
 
Strategy Analytics says the leading tablet makers can no longer “rely on inertia alone” as other smaller players are beginning to offer cheaper tablets with competitive features. But Apple CEO Tim Cook is still confident in the iPad, especially in businesses: Last month, he said the company’s partnership with IBM could help “move the dial” with sales, and the rumored 12-inch iPad could certainly improve Apple’s tablet market share, especially if it offers businesspeople more features for advanced productivity.
 
Strategy Analytics に言わせると、充分な機能を備えた競争力のあるタブレットを、弱小メーカーが安価に提供し始めるにつれて、もはや大手メーカーは「慣性に依存」するだけの存在になっているようだ。しかし、Apple の CEO である Tim Cook は、とりわけエンタープライズにおいて、これからの iPad に自信を覗かせている。先月に Cook は、Apple が IBM と提携したことで販売が促進され、また、ウワサの 12-inch iPad が必ず Apple のシェアを回復させると述べている。さらに、優れた生産性を必要とするビジネス・ユースに対して、より多くの機能を提供するときに、その傾向は顕著になると続けている。
 
ーーーーー
Post-PCスマホのような小型化が不要で、大型のバッテリーの搭載も容易なタブレットの世界は、すでに価格という要因が、もっとも重要になっているのでしょうかね?  さらに言えば、もともと PC を持っていない、途上国のマーケットが、このマーケット全体を押し上げているので、iPad が苦戦している状況となっているのでしょうか? 上記のチャートの、赤い [Other] の内訳が知りたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
iPad オーナーの 約半数が、2年以上も昔のモデルを使っている
iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
IBM と Apple: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
%d bloggers like this: