Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research, Strategy by agilecat.cloud on February 8, 2016
Cloud Computing: Trends and Predictions for 2016
Dick Weisinger – February 4th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-trends-and-predictions-for-2016/
_ formtek
A recent study from Soliant Consulting reported some interesting milestones for cloud computing in 2015:
 
Soliant Consulting の最新レポートには、クラウド・コンピューティングが 2015年に達成した、いくつかの重要なマイルストーンが記されている。
 
  • Sisley_1663 percent of businesses have a private cloud.  82 percent of businesses use a hybrid cloud, and 88 percent of businesses are using the public cloud.
  • 64 percent of businesses say that in 2015 cloud computing helped them to reduce waste and energy consumption.
  • The federal government estimates that it’s saved $5.5 billion because of its move to the cloud
  • Amazon’s share of the cloud market is 30 percent compared to Microsoft Azure’s 10 percent share.
  • Small businesses spent $15.5 billion on cloud services in 2015.  Total cloud revenues reached $64 billion.
 
  • 63% の企業が、プライベート・クラウドを使っている。そして、82% の企業がハイブリッド・クラウドを利用し、また、88% の企業がパブリック・クラウドを活用している。
  • 64% の企業が述べているのは、2015年におけるクラウド・コンピューティングが、無駄を排除し、また、消費電力を削減したという点である。
  • 米連邦政府は、クラウドへの移行により、$5.5 billion の経費削減が達成されたと推測している。
  • クラウド市場における Amazon のシェアは 30% に達し、Microsoft Azure は 10% となっている。
  • 2015年の中小企業は、クラウド・サービスに対して $15.5 billion を支出している。 そして、クラウド全体の規模は、$64 billion に至っている
 
Where’s the cloud computing market going?  Here’s some predictions for what we might expect in 2016:
 
このクラウド・マーケットは、いったい、何処へ向かっていくのだろうか? 2016年に起こると予測される、いくつかの事象を、以下に列挙する:
 
  • Expect the migration to SaaS applications to grow only stronger.  SaaS generally comes with cost savings and simplicity.  It also helps businesses improve their overall agility.
  • Data is moving to the cloud.  By the end of the year Soliant Consulting estimates that 36 percent of all data will have migrated to the cloud.
  • Containers will increasingly be used to build cloud-based distributed applications.  Container technology like Docker and CoreOS should grow significantly this year.
  • Data storage costs will continue to plummet.  Data storage is being used as a loss leader by cloud vendors to get data into the cloud.
  • vendors hope to see revenues from things like security management, analytics and applications.
  • Security concerns won’t go away this year.  Expect there to be continued attacks on the cloud in 2016.  Customers will continue to demand tougher cloud controls and security.
  • A renaissance for IT groups could happen this year.  While the cloud is impacting the size and scope of many IT groups, businesses also recognize that shadow IT needs to be reigned in.  Centralized handling of cloud operations will save money and ensure more secure solutions.  Expect IT to be more involved in cloud purchases and with vetting of cloud applications and infrastructure.
  • Big enterprise software companies like Oracle, SAP, Hewlett Packard, and IBM will struggle.  Changing their business models from on-premise software to cloud-based applications will be challenging.

 

  • SaaS への移行のみが、大きな成長を達成すると予測される。一般的に言って、SaaS はコストを削減し、運用を単純化する。そして、それぞれのユーザー企業のビジネスに、敏捷性をもたらすことになる。
  • データの保存先が、クラウドへとシフトしていく。Soliant Consulting によると、2016年の末までに、すべてのデータの 36% が、クラウドへ移行するとされる。
  • クラウド・ベースのアプリケーションの配布において、コンテナの利用率が継続して上昇していくだろう。Docker や CoreOS といったコンテナ・テクノロジーが、今年は急成長すると予測される。
  • データ・ストレージのコストは、急降下し続けるだろう。大量のデータがクラウド・ストレージへと移行することで、データ・ストレージは凋落のシンボルとなる。
  • ベンダーたちは、セキュリティ管理/分析アプリケーションなどから、収益をあげようと試みるだろう。
  • セキュリティに関する懸念は、今年も消え去らないだろう。 そして、2016年も、クラウドへの攻撃は止まらない。顧客たちは、クラウドによる強固なコントロールとセキュリティを要求し続けることになる。
  • 今年は、情シスにもルネサンスが起こる可能性がある。数多くの 情シスが、あらゆる規模と範囲において、クラウドの影響を受けている。 その一方で、数多くの企業は、シャドウ IT の制御が必要だと認識している。中央集権的にクラウドを運用することで、経費が削減され、よりセキュアなソリューションをもたらされる。 情シスに期待されるのは、クラウドの購入に対して積極的に関与し、また、クラウドのアプリとインフラを審査していく姿勢である。
  • Oracle/SAP/HP/IBM といった、エンタープライズ・ソフトウェア企業は苦戦を強いられるだろう。それぞれのビジネス・モデルを、オンプレミスのソフトウェアから、クラウドベースのアプリケーションへと変更することは、困難を伴うものになる。
 
ーーーーー
On Monday2015年を総括すると、クラウドの勝利宣言の年だったように思えてきます。タイトルに ー in the cloud ー を掲げている Agile Cat にとって、これほど嬉しいことはありません。このような展開になると確信したのは、2012年だったと記憶していますが、そう思わせてくれたのが、「クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく」という、ReadWriteWeb の素晴らしいコンテントでした。その頃のポストで、もう一つの印象に残っているものとして、「クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない:それは 経営者の務めである」という、GigaOm の抄訳も紹介しておきたいです。ここで言う経営者のイメージに当てはまるのが(Google と Facebook は別格)、Agile Cat 的には Netflix の Reed Hastings なのですが、その理由については、「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2」の最後の方を読んでもらえれば分かると思います。その意味では、Uber の Travis Kalanick も、Airbnb の 三人も、そのような才覚の持ち主なのでしょう。 コンシューマだけではなく、エンタープライズにおいても、クラウドが大爆発する 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
 

Comments Off on Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ! すでに運用され、実績を上げているという!

Posted in AI ML, Google, Strategy by agilecat.cloud on October 28, 2015
Google moves to artificial intelligence for search queries
Juha Saarinen – Oct 27 2015
http://www.itnews.com.au/news/google-moves-to-artificial-intelligence-for-search-queries-411046
 
_ it news
 
Google is increasingly turning to artificial intelligence and machine learning to stay on top in web searches, the company has revealed.
 
Google は、人工知能と機械学習への依存度を高め、Web 検索における優位なポジションを維持していくことを明らかにしている。
 
Google scientist Greg Corrado told Bloomberg a large amount of the several millions of search queries entered by web browsers have been interpreted by the RankBrain AI system.
 
Google サイエンティストである Greg Corrado は、Web ブラウザから送信される検索クエリのうち、すでに数百万というレベルのものが、RankBrain AI システムにより解析されていると、Bloomberg に語っている。
 
Google-on-MacRankBrain system deals with difficult searches.
 
According to Corrado, RankBrain embeds large amounts of written language into mathematical entities interpretable by computers. This enables Google’s search engine to offload unfamiliar search words and phrases to RankBrain, which can guess which other terms have similar meanings and present relevant results.
 
Corrado によると、RankBrain が実現するのは、コンピュータにより解析される数学的エンティティへ向けた、大量の言葉のエンベッドとなる。それにより、Google の検索エンジンは RankBrain に対して、知らない単語やフレーズをオフロードできる。そして、同様の意味を持つ用語の推測や、その時点で関連性の高い結果の推測が、可能になっていく。
 
Google is investing heavily in artificial intelligence and machine learning, and RankBrain has become the third most important “signal” in the company’s web search algorithm mix, Corrado said.
 
Google は、人工知能と機械学習に、多額の投資を継続している。そして、同社の Web 検索アルゴリズム・ミックスにおいて、RankBrain は 3番目に重要な「信号」となっていると、Corrado は述べている。
 
The difference between AI systems such as RankBrain and Google’s existing “signals” that make up its algorithm for searches is that while the latter are based on discoveries and insights from developers, they do not learn.
 
検索のためのアルゴリズム構成という視点でみると、RankBrain のような AI システムと、Google における既存のシグナルには違いがある。つまり、後者は、開発者の発見や洞察に基づいているが、それ自身が学習することは無いのだ。
 
RankBrain has been in operation for several months now, and Google believes the AI system is better than even experienced people at guessing which results should rank at the top for ambigious queries.
 
RankBrain の運用が開始されてから、すでに数ヶ月が経っている。そして、Google は、曖昧なクエリに対して、トップにランク付けすべき結果について、経験豊富な人々の推測よりも、この AI システムの方が優れていると捉えている。
 
Search engineers at Google asked to predict the ranking of difficult queries got 70 percent of the answers right, whereas the AI system guessed correctly in 80 percent of cases.
 
Google の検索エンジニアたちは、厄介なクエリに対するランキングにおいて、70% の正解率を求められてきたが、この AI システムは 80% の正解率に達しているようだ。
 
Artificial intelligence and machine learning are rapidly developing, with giants such as IBM, Apple and Facebook all seeking to harness the technologies to gain a competitive edge.
 
人工知能と機械学習に関しては、IBMAppleFacebook といったテック・ジャイアントたちが、先を競って開発している状況にある。そして、すべての企業が競争力を得るために、このtテクノロジーを活用しようとしている。
 
Microsoft this year released its machine learning Project Oxford set of application programming interfaces and software development kits on open source code repository Github.
 
Microsoft も、今年に入ってから、Project Oxford という機械学習のセットをリリースしている。それは、 API と SDK のセットであり、オープンソース・コード・レポジトリである Github 上で公開されている。
 
The company today announced the language understanding intelligent service (LUIS) public beta for Project Oxford. LUIS lets developers build models that understand natural language queries and commands for their applications.
 
そして、同社も今日、この Project Oxford のための LUIS (Language Understanding Intelligent Service) に関して、パブリック・ベータをリリースした。この LUIS を活用することで、自然言語によるクエリやコマンドを理解するモデルを構築できる。 そして、開発者は自身のアプリケーションのために、そのモデルを利用できる。
 
ANZ Bank is currently working on an expert AI system, seeking to take advantage of the large amount of progress in computing technology, storage and networks over the past decades, as well as the big data volumes now available for analysis and interpretation.
 
また、ANZ 銀行は、エキスパート AI システムに取り組んでいるところだ。そして、これまでの数十年にわたって、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで、大きなアドバンテージを得ようとしてきたが、いまは分析と解析のための、Big Data にも取り組み始めている。
 
ーーーーー
google-55aなにかを、やっていると、思ってはいましたが、こんなレベルに達しているのですね。 やはり、大きな課題を持っているところは強いです。Google の検索アルゴリズムなんて言われてもチンプンカンプンですが、人工知能と機械学習を取り入れると精度が上がる、、、というのは、なんとなく理解できます。 単なる Web 検索から始まった Google ですが、意思表現という視点において、曖昧にして唯一の手段である「言葉」と真正面から取り組みながら、ここまで到達したのですね。 これからも、大いに期待したいです。 ちなみに、ANZ 銀行の話は、オーストラリアとニュージーランドの事例のようです。 Juha Saarinen さんの郷土愛です :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が 中国の AI 企業に出資: この最大のインターネット市場に復帰できるのか?
Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Google の Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Facebook の Open Graph により、マーケティングに質的変化が訪れる
Facebook の Open Graph により、SEO に大変革が訪れる
Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
  

Comments Off on Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ! すでに運用され、実績を上げているという!

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-idc-says-the-second-wave-of-the-cloud-is-coming-but-only-1-percent-fully-prepared/
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
 
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
 
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
 
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
 
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
 
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
 
Other findings from the IDC report include:
 
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
 
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
 
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
 
ーーーーー
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
 

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

中国の清華大学が Western Digital に対して、なんと US $3.8 billion も投資している!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses by agilecat.cloud on October 2, 2015
China’s top university invests $3.8B into US hard drive maker
Steven Millward – Oct 1, 2015
https://www.techinasia.com/chinas-tsinghua-university-pays-38b-15-stake-western-digital/
  
_ tech in asia
China’s prestigious Tsinghua University is investing a whopping US$3.8 billion into hard-drive maker Western Digital, reports Bloomberg.
 
China の名門である Tsinghua University が、ハードドライブ・メーカーの Western Digital に、なんと US$3.8 billion も投資していると、Bloomberg が報じている
 
Tsinghua-pays-3.8B-Western-DigitalIt’s China’s biggest ever tech investment in the US. It tops the US$1.75 billion that Lenovo paid for IBM’s PC division in 2005, as well as last year’s acquisition of IBM’s server business by Lenovo for US$2.3 billion.
 
この、US テクノロジーへ向けた China の投資は、これまでを超える最大のものとなる。つまり、2015年に Lenovo が、IBM の PC 部門を買収した時の US$1.75 billion だけではなく、やはり Lenovo が昨年に、IBM のサーバー事業の買収したときの US$2.3 billion も凌駕するものとなる。
 
Today’s deal represents an approximate 15 percent stake in Western Digital, which has a market capitalization on NASDAQ of US$16.26 billion. The investment is made through a company named Unisplendour, also referred to as Unis, which is largely owned by Tsinghua University and its subsidiaries.
 
今日(10/1)の取引額は、NASDAQ で US $16.26 billion の時価総額を有する Western Digital の、全株式における 15% に相当するものとなる。そして、この投資は、Tsinghua University と、その子会社が所有する、Unisplendour(通称 Unis)という会社を介して行われている。
 
Although Unis has a track record of working with major tech companies such as Intel and HP, Western Digital may be hoping in private that the deal doesn’t cause security concerns among consumers or corporate clients related to dealing with a firm that has such close ties with the Chinese state. Unis is a publicly-traded company in China.
 
Intel や HP などの大手テック・カンパニーに対して、これまでに Unis は実績を積み上げてきているが、Western Digital としては、この投資が民間レベルの合意で収まることを期待している。つまり、China の社会と経済において、なんらかの密接な関係を有している、個人もしくは企業が、セキュリティ上の懸念を示さないと目論んでいるのだろう。なお、Unis は、China の上場企業である。
 
“Unis’s board member will be restricted from participating in discussions that involve government contracts, sales or products and services, and other such sensitive matters,” says Western Digital in its announcement (PDF link) to shareholders.
 
Western Digital は株主に対して、「 Unis の経営陣は、China 政府との契約により、販売/製品/サービスといった情報と、関連する機密事項について、説明を制限されている」とアナウンスしている。
 
ーーーーー
Asia PacificCloud News Asia 用のトピックを拾っていると、このところ Tsinghua の名前を、よく見かけます。一番 多かったのは、以下のリストの最後にある、Micron の買収話です。 これには、米政府も慎重であり、また、台湾政府も大反対という、状況のはずだったと記憶しています。それにしても、清華大学(Tsinghua)の資金調達力はすごいです。 もちろん、国有の大学なのでしょうから、Unis などの企業を介在させるにしても、実質的には中国政府が、Western Digital の株式を所有することになりますよね。 世の中、ものすごいスピードで、突っ走っているようです。_AC Stamp
Intel investments in Tsinghua may benefit China over processor development
Unlikely Tsinghua-Micron merger would spell trouble for Taiwan
Hong Kong Mobile OS Company Aims To Beat Android, Apple
China and the Global Semiconductor Space Are Consolidating
Tsinghua Holdings to invest RMB30bn in smartphone chips
The Man Behind The Move On Micron: A Q&A With Tsinghua Unigroup’s Zhao Weiguo
ーーーーー
<関連>
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーをリストアップ!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近していく欧州と中国
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
 

Comments Off on 中国の清華大学が Western Digital に対して、なんと US $3.8 billion も投資している!

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government, Tencent by agilecat.cloud on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
http://www.businessinsider.com/tech-leaders-greet-chinese-president-2015-9
 
_ Business Insider
 
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
 
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
 
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
 
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
 
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
 
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
 
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
 
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • JD.com CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
 
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
 
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
 
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
 
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
 

Comments Off on 習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Google, Network by agilecat.cloud on August 6, 2015
Google is its own secret weapon against Amazon & Microsoft in cloud computing
By New York Times – 17 Jun, 2015
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2015-06-17/news/63540797_1_microsoft-azure-amazon-web-services-cloud-companies
 
_ Economic Times
 
Google is wielding a new weapon against Amazon and Microsoft for cloud computing customers: itself.
 
Google だが、クラウド・コンピューティングを改善するために、Amazon と Microsoft に対して、新しい武器で挑もうとしている。
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources, perhaps the largest on the planet. These include disclosures about Google’s ultrafast fiber network, its big data resources and the computers and software it has built for itself.
 
Google は、自身のクラウド・ビジネスを利用する企業に対して、以前よりもオープンに話しかけている。 そのため、この地球上で最大だと思われる、Google のコンピューティング・リソースについても、詳細が明らかになってきている。そこには、Google の超高速ファイバ・ネットワークや、ビッグデータ/コンピュータ/ソフトウェアといった、自社で構築してきたリソースも含まれている。
 
Check Out this Workshop near LA For you are in the LA Area (or willing to travel for an interesting workshop), join my friends Frederick Van and Joeseph Linashke for their workshop at nearby Joshua Tree.  These guys have worked hard to put together a really excellent program... you can visit the website to see everything that is included! New Interview Up with Ron Martinsen I had an interview with the extremely nice Ron Martinsen.  Head on over Ron's photography blog to have a loosee!  He also has a nice discount code on my textures tutorial, in case you have been waiting for a good deal!' Daily Photo - A Great Day at the Google HQ! Wow that was a cool experience.  Those guys and gals over there are super-nice.  You never know...  I guess maybe Google seems somewhat intimidating from the outside, but after I met guys like Cliff, Brian, and Chip -- I felt right at home. I gave an hour-long talk in one of their theaters there.  It was super-packed and people were standing all around because seats were gone.  We were graced with the presence of one Sara Jane Todd from @Peachpit to help out selling books - and we sold out!  Also, my Brazilian friend Fabio, the editor of Abduzeedo was there too, so it was great to see him. The Authors@Google (video link) program has a neat deal where they subsidize books, so Googlers don't have to pay full price.  I saw all kinds of cool stuff and took a lot of pics.  I have to get most cleared with Google Corp Comms before I can release... but I nabbed shots of a spaceship, a new pseudo-holodeck, and more mysteries await!  We even got to eat lunch there in the Google cafeteria, which had some of the most excellent food I've ever had in such a setting... they even have a small organic farm on the campus... well, I could go on and on...  but I was very impressed and happy to meet so many enthusiastic people! The video should be done in the next 2-3 weeks or so.  We've got good-man Brian at Google slaving away on editing the whole thing together! from Trey Ratcliff at www.stuckincustoms.com Flicker
Trey Ratcliff
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources.
 
The aim is to position Google as a company capable of handling the biggest and toughest computational exercises, lightning fast. The disclosures follow earlier moves by Google Cloud Platform, as the search company’s cloud computing business is called, to show off its data analysis capabilities.
 
その目的は、最大かつ最高のコンピューティング身体能力を、光の速さでハンドリングできる企業として、Google と位置づける点にある。一連の開示は、Google Cloud Platform の動向に追随するところから始まっている。それは、検索会社のクラウド・コンピューティング事業と呼ばれるように、データ解析能力を誇示するものとなっている。
 
Details like the ability to pass information between Europe and the United States in less than 100 milliseconds, and a practice of fully backing up user data in nine different locations, make Google seem both cutting edge and even bigger than most people suspected. But the company may also be borrowing a playbook from Amazon Web Services, which in 2013 started disclosing some mind-blowing metrics about its global computing network.
 
その能力の詳細はというと、Europe/United States 間のデータ送信を 100ミリ秒以下で完了し、また、9ヶ所に分散されたロケーションにユーザー・データをバックアップするという、人々が推測する以上の最先端かつ最大規模の存在として、Google を映し出すものになっている。さらに同社は、Amazon Web Services の脚本をなぞることも可能だ。2013年のことだが、AWS はグローバル・コンピューティング·ネットワークに関して、いくつかの素晴らしい指標を公開しているのだ。
 
At an event Tuesday for Google Cloud Platform – Google’s name for the computing, storage and networking it sells to business – Google will name the Taiwanese phone maker HTC as a customer. HTC has used Google to build a new kind of computing architecture that enables smartphone apps to update data fast and reliably to many devices at once, and look efficient even when the phones get poor reception.
 
この火曜日(6/16)に開催される Google Cloud Platform(企業向けに販売されるコンピューティング/ストレージ/ネットワークの名称)のイベントで、Google は Taiwan のスマホ・メーカーである HTC を、その顧客として公表する。新しいコンピューティング・アーキテクチャを構築する存在として、HTC は Google を採用している。それは、スマホ・アプリの高速アップデートと、大量のデバイスに対する一括処理を実現するものであり、また、通信環境がプアな場合であっても最善を目指すというものだ。
 
On Wednesday, a senior Google executive is expected to give what the company says will be an unprecedented look at the overall Google network design. This includes key tools that enable large-scale management of computing devices across the globe, according to one customer.
 
そして水曜日には Google の幹部が、そのネットワーク・デザインについて、前例のない様相を示していると、言及するだろうと期待されている。あるカスタマーによると、そこに含まれる重要なツールは、世界中に点在するコンピューティング·デバイスを、大規模なスケールで管理するものになるという。
 
telegeography-map“We are managing 2 million to 3 million smartphones in this network,” said John Song, the senior director of engineering at HTC. “Google is the only player in cloud that owns lots of fiber-optic cable worldwide, and it replicates its users’ data in nine different places at all times.” That kind of control, he said, enables users to do more technically difficult things.
 
HTC の Senior Director of Engineering である John Song は、「私たちは、このネットワーク上で、200万〜300万台のスマートフォンを管理している。Google は、世界に張りめぐらされた光ファイバ・ケーブルを所有しているという意味で、唯一のクラウド・プレーヤーである。そして、すべての状況において、9ヶ所の異なるロケーションに、そのユーザ・データを複製している」と述べている。彼によると、この種のコントロールがユーザー企業に提供されることで、より困難な技術的課題であっても実現できるという。
 
Song said HTC also looked at the cloud offerings of AWS and Microsoft Azure, along with IBM and Alibaba. Google was the dark horse, because it does not operate in China, and HTC wanted to be everywhere in the world. Google’s technical dedication won the day.
 
Song の発言によると、HTC は AWS と Microsoft Azure や、IBM と Alibaba からのクラウド提案も検討したようだ。そして、HTC はグローバルをサポートしたいのに、Google は China で使えないため、ダークホース的な存在であったようだ。しかし、Google の技術的な取り組みが、今日の勝利につながっている。
 
“The other salesmen just wanted to take orders,” he said. That may not be a winning approach for a mass of customers, but it does suggest how each cloud player is reflecting the nature of its core business.
 
つまり、「他社のセールスマンは、単に注文を取りたかっただけ」と、彼は述べている。 Google のアプローチは、マス・マーケットで勝つためのものではないだろうが、それぞれのプレイヤーにおけるコア・ビジネスの性質を反映した、クラウドへの取り組みという観点を示唆している。
 
Amazon, a retailer, is offering computing at scale and ease of use in data analysis. Microsoft, with decades of business ties, stresses its interoperability with current systems and data tools. And IBM has lots of high-level data analysts.
 
Amazon は小売業のメリットを活かし、規模のコンピューティングと、容易に利用できるデータ分析を提供している。Microsoft は、数十年におよぶ企業システムでの実績をベースに、現状のシステムおよびデータ·ツールとの、インターオペラビリティを押し出している。また、IBM もハイ・レベルのデータ分析を、数多く有している。
 
“Each of the cloud companies wants to store and process all of a company’s data,” said Sharmila Mulligan, co-founder and chief executive of ClearStory Data, a corporate data analysis company, who described all of the companies as “extremely partner-friendly” with companies like hers, owing to their urgency to offer more big data services.
 
企業データ分析会社 ClearStory Data の、Co-Founder and Chief Executive である Sharmila Mulligan は、「それぞれのクラウド企業が、顧客であるユーザーの、すべてのデータを保持/処理したいと考えている」と述べている。彼女は、「きわめてパートナー・フレンドリー」だと、それらの企業を表現している。 それは、ClearStory Data にも似たものであるが、その背景には Big Data サービスを急いで提供したいという、思惑があるという。
 
“Data analysis presents a stickiness – once you’ve put your corporate data in one of them and you’re analyzing it, you won’t move out,” she said. “You’ll be constantly ingesting new data – how could you afford to move? If they own your data, they own you.”
 
彼女は、「データ解析は、きわめて粘性の高いサービスである。それらのクラウドにデータを預け、すでに分析しているなら、他への移行は考えなくなるだろう。つまり、常に新しいデータが取り込まれている状況で、移行を考える余裕があるだろうか? それらのクラウドが、あなたのデータを所有しているなら、あなた自身を所有していることになる」と発言している。
 
Nobody crunches data like Google, and the new portrait of its resources is intended to show that handling almost any corporate task will be easy for it. Google Cloud Platform has built out specialties in areas like manufacturing, genomics and media to handle industry-specific needs on a global basis.
 
Google のように、データを高速処理しているクラウドはない。同社のリソースが写し出す光景は、大半の企業におけるタスクの処理を、簡潔なものにしようという発想である。Google Cloud Platform は、グローバルにおける業界固有のニーズに対応するものであり、また、製造業/ゲノム解析/メディアなどの分野に特化したかたちで構築されている。
 
“We have 90 points of presence around the world,” said Dan Powers, a Google Cloud sales executive, referring to places customers can get access to the Cloud.
 
Google Cloud の Sales Executive である Dan Powers は、「世界に点在する 90 の PoP(points of presence)を有している」と述べているが、その数自体が、同社のクラウドにアクセスできる場所を示すものとなる。
 
A point of presence, or PoP, is where a company’s computers get direct access to the Internet and a local telecommunications service provider.
 
それらの PoP はダイレクト・アクセスを実現するものであり、ユーザ企業のコンピュータを、インターネットやローカル通信サービス・プロバイダに接続していく場所となる。
 
Leah Bibbo, a spokeswoman for AWS, said her company currently had 53 PoPs worldwide. Also Tuesday, AWS announced that it would offer data analysis in Spark, a technology for handling very large data loads that is rapidly overtaking existing methods.
 
AWS のスポークスマンである Leah Bibbo は、現時点において 53ヶ所の PoP を、ワールドワイドで展開したと述べている。そして火曜日の AWS は、Spark によるデータ分析を提供すると発表している。このテクノロジーは、大量のデータをハンドリングするものであり、また、既存の方式を上回るとされている。
 
Powers also said Google runs 2 billion containers, or ways of managing software globally, every week: “We hope to run billions for customers.”
 
その一方で、Google の Powers は、ソフトウェアをグローバルで管理するために、1周間で20億個というペースで、コンテナを拡散しているという。 そして、「数十億のコンテナを、顧客のために拡散したい」と述べている。
 
ーーーーー
google-55a2009年のことですが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳のポストで、ネットワークに投資していく Google のスタンスを知りました。 そして、このポストで紹介されている HTC のコメントを読むと、その長期的な戦略が結果を生み出し始めたのだと思えてきます。 さらに言えば、膨大な数の Android デバイスに対して、アプリやコンテントを供給していくシステムとネットワークは、ある種の IoT だと捉えることも可能です。 これからも、継続してネットワークに投資していくであろう、Google の動きに注目ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google の アジア・データセンター戦略とは?
 

Comments Off on Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Comments Off on IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

%d bloggers like this: