Agile Cat — in the cloud

Hybrid File Sharing の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!

Posted in Hybrid, Storage, .Selected, On Monday by Agile Cat on March 17, 2014

Hybrid File Sharing: Blending Public and On-Premise Storage Options
http://wp.me/pwo1E-7kf
By Dick Weisinger – March 10, 2014 SEA-ME-WE 5
http://formtek.com/blog/hybrid-file-sharing-blending-public-and-on-premise-storage-options/

_ formtek

Businesses have relied on simple network file share drives for years.  Today, cloud file sharing services like Box and DropBox are becoming popular in the consumer world and to some extent within businesses.

それぞれの企業は、何年もに渡って、シンプルなネットワーク・ドライブに依存し、ファイルを共有してきた。しかし、今日では、Box や Dropbox といったクラウド・ファイル共有サービスが、コンシューマの世界で人気を博し、また、ビジネスの世界へも入り込んできている。

 Terri McClure, senior analyst at ESG, said that “although online file sharing and collaboration applications have provided a number of benefits for customers, they also report a number of ongoing challenges following adoption. Security is viewed as the biggest challenge among current Online File Sharing (OFS) users and the most significant concern among potential users. There is a shift in demand, and users now want the ability to retain some data in-house. With recent issues surrounding internet surveillance, we can expect to see a greater demand for hybrid cloud deployments that let enterprises choose where their data is housed – on premises, in the cloud, on US soil, or in a specific country.”

ESG のシニア・アナリストである Terri McClure は、「 オンラインでファイルを共有し、コラボレーションを促進するアプリケーションは、その顧客たちに対して、数多くのメリットを提供してきたが、山積みにされている課題については、これからの展開においては継続的に取り組んでいくともレポートされている。現時点における Online File Sharing (OFS) ユーザーにとって、最大の課題とみなされているのはセキュリティの問題であり、また、潜在的なユーザーにとっても最大の関心事となっている。 つまり、ユーザーたちは、一部のデータを社内に保持する能力を求めており、そこには異なる需要があるのだ。インターネットの監視という最近の問題に関連して、ハイブリッド・クラウド環境に対する需要が期待されている。つまり、データを収納する場所を、オンプレミスやクラウドから、さらにはアメリカ国内/国外から、それぞれの企業が選択できる環境が求められている」と、発言している

A recent report by ESG had the following findings:

ESG の最近のレポートは、以下の所見を提供している。

  • Only 9 percent of organization allow all categories of their data to be stored on third-party cloud-computing services
  • 84 percent of organizations have used public cloud computing services to store some of their business data
  • 36 percent of organizations worry that data stored by third-party public cloud services might experience accessibility issues.
  • 69 percent of organizations show “extreme interest” in being able to use a file sharing service where data could be selectively stored either in the cloud or in on-premise storage
  • 9% の法人が、サード・パーティのクラウド・サービス上に、そのカテゴリに応じてデータをストアすることを許可している。
  • 84% の法人が、パブリック・クラウド・サービスを使用し、そのビジネス・データの一部をストアしている。
  • 36% の法人が、サード・パーティのパブリック·クラウドにストアされたデータに対して、アクセシビリティの問題が発生する可能性を懸念している。
  • 69% の法人が、クラウドとオンプレミスの双方を採用することで、データに応じてストア先を選択できるファイル共有サービスに、きわめて強い関心を示している。

McClure said that ”IT groups realize that they have alternatives that may better meet their need for balancing control, security and leverage of existing assets.  Simply put, it’s a matter of providing customers with a choice.  The cloud is great for some data and use cases, but others, especially data sets that need to stay behind the firewall, need to be addressed and accessed differently.”

「 それぞれの法人における IT 部門は、既存に資産に対する、より優れたた管理/安全性/活用をバランスさせるという、自身のニーズを満たすであろう選択肢が存在すると認識している。簡単に言えば、それらの選択肢を顧客に提供することで、この問題は解決する。クラウド・サービスは、いくつかのデータやユースケースにとって最適であるが、とりわけ、ファイアウォールの背後に置くべきデータ·セットに関しては、それとは別の考え方で取り扱い、また、アクセスする必要がある」と、McClure は述べている。

ーーーーー

このポストを訳し終えて、プライベート・クラウドに関する記載が無いことに気づきました。 NSA による通信回線の傍受という、クラウドに対して大きなインパクトを持つ行為が、全体的な流れをオンプレミスへと、押し戻しているようにも思えます。そして、ファイアウォールの内と外に置くべきデータを整理し、それらをブレンドする機能を用意すべきという発想は、あらゆる法人および組織に受け入れられる、ゴールというよりはスタートを定義するものなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない

Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから

Posted in Hybrid, Research by Agile Cat on November 25, 2013

Hybrid Cloud Computing: Businesses will Ultimately Blend the Best of Private and Public Clouds
http://wp.me/pwo1E-6Wp

By Dick Weisinger, on October 24th, 2013
http://formtek.com/blog/hybrid-cloud-computing-businesses-will-ultimately-blend-the-best-of-private-and-public-clouds/

_ FormTek

“In the past three years, private cloud computing has moved from an aspiration to a tentative reality for nearly half of large enterprises.  Hybrid cloud computing is at the same place today that private cloud was three years ago; as actual deployments are low, but aspirations are high,” notes Gartner in a recent press release.

「 これまでの 3年間において、プライベート·クラウド·コンピューティングは、およそ半分近くのエンタープライズたちを、強い願望の世界から、暫定的ではあっても現実的な世界へと、移行させてきた。そして、いま、ハイブリッド・クラウド・コンピューティングが、3年前にプライベート·クラウドが居た場所へとやってきた。 つまり、現実的なデプロイメントの比率は低く、願望の世界を強く抱かせている」と、Gartner が最近のプレスリリースで指摘している

While half of large enterprises already have already set up private cloud services, there are few examples of hybrid cloud solutions.  Despite that, Gartner sees hybrid cloud services as the best way for businesses to balance parameters like cost, performance and security, and they expect that nearly three-quarters of large enterprises will have hybrid cloud deployments by 2015.

すでに、半数のエンタープライズがプライベート・クラウド・サービスを構築しているが、ハイブリッド・クラウドのソリューションとなると、その実例も稀である。それにもかかわらず Gartner は、企業におけるコスト/パフォーマンス/セキュリティといった要因をバランスさせる、最良の方法としてハイブリッド・クラウド・サービスを評価している。そして、2015年までには、大規模なエンタープライズの 3/4 近くが、ハイブリッドクラウド環境を所有するようになると予測している。

Building a hybrid cloud isn’t easy.  There are both technology and cultural challenges that businesses need to overcome.  Thomas Bittman, vice president and distinguished analyst at Gartner, said that private cloud technologies are “relatively immature and evolving.”   And he notes that “an ingrained IT culture focused on technical expertise doesn’t fit a fully automated, self-service model that requires a service-oriented, team approach.”

ハイブリッド·クラウドの構築は、容易なものではない。 つまり、それを採用する企業は、テクノロジーとカルチャーの両面において、いくつかの課題を克服する必要がある。 Gartner の VP and Distinguished Analyst である Thomas Bittman は、「プライベート·クラウド・テクノロジーの進化は、相対的に見て未熟なものである。テクノロジーにフォーカスすることが身に染み付いた情シス・カルチャーは、サービス指向とチーム・アプローチを必要とする、完全に自動化されたセルフ・サービス·モデルに適合していない」と述べている。

Cloud computing provides very attractive benefits to businesses.  Bittman said that “virtualization reduces capital expenses, and standards and automation reduce operational expenses.”  But he warns that  ”too often, private cloud projects are started by choosing a technology, but technology itself does not solve the transformational people and process issues.  It is much better to focus first on an approach to make transformative changes.  In many cases, that means creating a separate organisation outside of traditional IT processes — at least to incubate these projects — and focusing first on a simple project that has buy-in between IT and IT’s customers.”

クラウド·コンピューティングは企業に対して、きわめて魅力的なメリットを提供する。Bittman は、「 仮想化により資本支出が削減され、スタンダードとオートメーションにより運用コストが低減される」と、述べている、そして、「 あまりにも多くのプライベート・クラウドのケースにおいて、テクノロジーの選択によりプロジェクトが始まっているが、人々とプロセスを変革するという本質的な課題を、テクノロジー自体が解決することは有り得ない。それは、変革へと目を向けさせる、最初のアプローチとして、優れたものであった。多くのケースにおいて、従来からの IT プロセスの外側に、それまでとは異なる組織を創りだした。そして、少なくとも、いくつかのプロジェクトをインキュベートしたはずだ。さらに言えば、ハッキリとした経済的な指標を持つ、シンプルななプロジェクトが、情シスと社内ユーザーとの間で、やりとりされたはずだ」という、警鐘も発している。

ーーーーー

TAG indexプライベートから、そしてパブリックから、ハイブリッドへと集約されていくのでしょうね。 エンタープライズではなくとも、仕事というものを考えてみれば、答えは明らかです。 すべからく、情報とは、公開と非公開、そして、その間のアイマイな領域に属しているのですから。。。 そして、そのデザインは、情報の所有者であるユーザー自身が行うべきものであり、テクノロジー・ベンダーに頼っても、カルチャーに関する答えは帰ってきません。 決してドラスティック変化することのないカルチャーを、少しずつでも日々変化させていくという、地味な努力が必要なのでしょうね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?
Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?

Posted in .Selected, Cloud Stack by Agile Cat on March 28, 2012

Citrix’ CloudStack Lets IT Build, Control Their Own Amazon-like Clouds
http://wp.me/pwo1E-43T
by Vance McCarthy
http://www.idevnews.com/stories/5138/Citrix-CloudStack-Lets-IT-Build-Control-Their-Own-Amazon-like-Clouds

image

This month, Citrix is shipping CloudStack 3 to let enterprise IT easily build, operate and manage flexible Amazon-style clouds. CloudStack 3 aims to allow IT to use various hypervisors, network equipment and other resources for private, hybrid and dispersed clouds for global operations. IDN speaks with Citrix’ Cloud Platform vice president Peder Ulander.

今月のことだが、Citrix は CloudStack 3を出荷している。 それにより、エンタープライズ IT の構築/運用/管理が、柔軟な Amazon スタイルで容易に実現される。 つまり、CloudStack 3 の狙いは、ワールドワイドで運用される、プライベート/ハイブリッドなどの分散型クラウドのための、ハイパーバイザー/ネットワークなどのリソースを容易に利用させる点にある。 こうしたことを確かめるために、IDN は Citrix の Cloud Platform VP である Peder Ulander を取材した。

___space

↑クリックで拡大 ↑

By the end of March, Citrix will ship CloudStack 3 to let enterprise IT more easily build and manage flexible Amazon-style clouds to meet its changing needs.

3月の終わりまでに Citrix は CloudStack 3 を出荷し、柔軟な Amazon スタイルの環境でエンタープライズ IT の構築と管理を容易にし、変化するニーズを充たしていくことになる。

CloudStack 3’s open approach lets IT use popular hypervisors, network equipment and other resources to build and manage scalable clouds for worldwide operation, Citrix’ Cloud Platform vice president Peder Ulander told IDN.

CloudStack 3 のオープンなアプローチは、評価の高いハイパーバイザーや、ネットワーク機器などのリソースを活用し、ワールドワイドで運用されるスケーラブルなクラウドを構築/管理させていくことだと、Citrix の Cloud Platform VP である Peder Ulander は IDN に答えている。

“Enterprise CIOs today are already enjoying easy access to cloud services through Amazon, DropBox or other popular services,” Ulander said. “While cloud’s ability to provide easy access has been great for developers and even business users, it’s also creating headaches for CIOs. IT likes the cloud’s self-service and low-cost, but they also need more control.”

「エンタープライズ CIO たちは、すでに Amazon や DropBox といった人気のサービスを介して、クラウド・サービスに容易にアクセスしている。 こうしたアクセスを提供するクラウドの能力は、デベロッパーだけではなくビジネス・ユーザーにとっても素晴らしものとなるが、CIO たちにとっては頭痛のタネにもなっている。IT 部門は、クラウドのセルフ・サービスと低コストを好むが、より多くの制御を必要としている」と、Ulander は言う。

A lack of control causes IT to needlessly worry about how to enforce security or policy, ways to ensure end-to-end visibility of operations, and even how to comply with licenses, Ulander said.

コントロールの欠如は、セキュリティおよびポリシーを実施する方法や、End-to-End オペレーションにおける透過性、さらには、ライセンスの適合といった観点で、IT 運用者に不要な心配事をもたらすと、Ulander は言う。
He explained that CloudStack is architected to deliver a “balanced approach” to cloud – where devs and end users can enjoy the freedom and simplicity of Amazon-like clouds, and where IT retains or retrieves control.

彼は、クラウドに対する「バランスのとれたアプローチ」を実現するために、CloudStack をデザインしたと言う。それにより、デベロッパーとエンドユーザーは、Amazon ライクなクラウドがもたらす自由と簡潔さを享受し、さらに IT 運用者は、コントロールの維持/回復を実現する。

How CloudStack Goes Beyond Traditional Server Virtualization

_ CloudStackCloudStack differs from conventional on-premise server virtualization platforms because it operates like an Amazon or Google cloud, which are both focused on horizontal scalability and offer support technologies that break the barriers around traditional server virtualization, according to Ulander.

Ulander によると、CloudStack は Amazon や Google のクラウドのように動作するため、従来からのオンプレミス・サーバーによる仮想プラットフォームとは異なるものとなる。それらのクラウドがサポートするテクノロジーは、水平方向へのスケーラビリティを持ち、従来からの仮想サーバーに関連する障壁を打ち破る。

“CloudStack looks at your resources as ‘pools’ of resources, so we assemble them, operate them and manage them. And, this can be done on a global scale, just like the Amazon public cloud approach,” Ulander told IDN. “In comparison, server virtualization optimizes a single machine to a single rack.”

「CloudStack は、ユーザー・リソースを「リソース・プール」として認識するため、それらの組立/運用/管理が可能となる。 そして、Amazon のパブリック・クラウドにおけるアプローチのように、グルーバルなスケールで、それを実現していく。 こうした新しい発想とくらべて、従来からの仮想サーバーの場合は、シングル・ラックに対して、イングル・マシンを最適化するだけのものである」と、Ulander は IDN に答えている。

CloudStack 3’s open and pluggable architecture approach, based in large part on Citrix’ acquisition of Cloud.com, allows IT to leverage popular hypervisors, network equipment and other resources to the cloud. 

CloudStack 3 におけるオープンで、プラグインに対応したアーキテクチャのアプローチは、その多くの基本パートを Cloud.com(Citrix が買収)に依存している。 それにより、IT 運用者は、ハイパーバイザーやネットワーク機器などのクラウド・リソースを活用できるようになった。

imageCloudStack works with Xen, KVM, VMware’s vSphere, Oracle VM or Citrix XenServer. A single cloud deployment can even contains multiple hypervisors, Ulander said. “CloudStack provides a cloud platform to leverage VMware, Oracle, Citrix and Red Hat infrastructures, and this flexibility lets enterprises build large scale clouds without the need to learn new tools or technologies.” Support for Microsoft hypervisors is coming in 2012, according to reports.

CloudStack は、Xen/KVM/VMware vSphere/Oracle VM/Citrix XenServer などと協調できる。そして、シングル・クラウド・デプロイメントの中に、多数のハイパーバイザーを取り込むことさえ可能であると、Ulander は言う。 そして、「CloudStack は、VMware/Oracle/Citrix/Red Hat などの、インフラストラクチャを活用するクラウド・プラットフォームを供給し、また、そのフレキシビリティにより、新しいツールやテクノロジーを学習する必要なしに、顧客企業に大規模クラウドを構築させる」と明言している。いくつかのレポートによると、Microsoft のハイパーバイザーに対するサポートも、2012年には実現される。

The CloudStack approach means scalability is no longer limited to a single rack. Users can distribute across the enterprise or even on a global scale and still retain management controls, he said. “CloudStack offers a single, unified command and control center to manage all resources worldwide.”

CloudStack のアプローチは、もはやスケーラビリティが、シングル・ラックに限定されないことを意味する。 ユーザーは、エンタープライズのスケールにおいて、さらには、グローバルなスケールにおいて、そのディストリビューションを実現するが、マネージメントのコントロールも維持できると、彼は発言している。 そして、「CloudStack は、全世界のリソースを管理する、統一された単一のコマンドと、コントロール・センターを提供する」と加えた。

Under the covers, CloudStack 3 provides these features:

こうした前提のもと、CloudStack 3 は以下の3点を提供する:

Cloud-Optimized Virtualization Platform. CloudStack’s hypervisor-agnostic architecture does not compromise on functionality or utilization. “Other multi-hypervisor solutions can remove up to 90% of functionality and then re-layer in support for high-availability, disaster recovery and storage,” Ulander said. “Rather than dumbing-down virtualization and then building it back up, we marry technologies to optimize the outcome.”

Cloud-Optimized Virtualization Platform. CloudStack の、ハイパーバイザーを選ばないアーキテクチャは、機能と有用性において妥協しない。

「他のマルチ・ハイパーバイザー・ソリューションは、(それぞれの仮想化機能を)最大 90% まで取り去った後に、高可用性/DR/ストレージのサポートを(独自に)再レイヤ化していく。 こうした、仮想化に機能低下をもたらし、同じものを再構築するという手法ではなく、CloudStack は個々の仮想化機能を最適に取り入れたかたちで結合をしていく」と、Ulander は語っている。

Orchestration Layer. CloudStack comes with an important orchestration layer, adding support for self-service, automation and storage. “So, with this approach, users can create policies for their cloud resources, not just a single cloud, and run them on a global scale,” Ulander said.  Also, CloudStack lets current hypervisor users easily stand up these more controllable clouds with CloudStack.

Orchestration Layer. CloudStack は、重要なオーケストレーション・レイヤを取り込むことで、セルフ・サービス/オートメーション/ストレージを加えていく。「したがって、このアプローチを用いることでユーザーは、シングル・クラウドだけではなく、グローバル・スケールでクラウド・リソースを動かすための、ポリシーを作成できるようになる」と、 Ulander は言う。 さらに、CloudStack を用いるユーザーたちは、

最新のハイパーバイザーを容易に立ち上げ、より以上のコントロールに対応するクラウドを構成できる。

Support for Multiple Network Hardware, Architectures. CloudStack is integrated with Citrix NetScaler to let users support VPN [virtual private networks], security groups and other special network configurations, Ulander said. Beyond virtual networking, CloudStack also works with physical equipment from Juniper, Cisco and others.

Support for Multiple Network Hardware, Architectures. CloudStack と Citrix NetScaler を統合することで、VPN [virtual private networks] やセキュリティ・グループといった、特殊なネットワーク・コンフィグレーションがサポートされると、Ulander は言う。 つまり、CloudStack は、仮想ネットワークの向こう側で、Juniper や Cisco などの物理的な装置とも協調する。

“We’ve found different enterprise customers need better network support than they might get with an Amazon-style cloud – things like multi-tiered networks, or ways to secure [traffic] moving over private clouds or a virtual router,” Ulander said.

「私たちは、それぞれのエンタープライズ・ユーザーが、Amazon スタイルのクラウドから得ることになるネットワークのサポートと比較して、さらに良いものを必要としていることに気付いた。つまり、マルチ・レイヤ・ネットワークや、プライベート・クラウドや仮想ルーターの上で、[トラフィック]を安全に動かす方法を超えたものである」と、Ulander は言う。
For service providers, CloudStack enables new and customized network service offerings.

CloudStack はサービス・プロバイダのために、カスタマイズされた新しいネットワーク・サービスをサポートする。

Intuitive User Interface. CloudStack sports a new UI to simplify tasks related to building, launching and managing workloads on the cloud. Support includes self-service administration, advanced orchestration and automation.

Intuitive User Interface. CloudStack は、クラウドにおけるワークロードの構築/展開/管理に関連するタスクを、シンプルに見せるための新しい UI にフォーカスしている。 そこには、セルフ・サービスのアドミニストレーションおよび、先進的なオーケストレーションとオートメーションが含まれる。

In specific, the CloudStack Events Console gives users visibility into the activity within their clouds including normal events and other more serious alerts that may include the starting and stopping of VMs and access to guests via the console. The CloudStack dashboard shows aggregate system capacity usage and alerts based on events happening within the cloud.

特に CloudStack Events Console は、標準的なイベントや他の重要なアラートも含めた、クラウド内のアクティビティに関するビューを提供する。そこには、コンソールを介した VM や ゲスト OS の開始/終了といった、きわめて重要な機能が含まれるかもしれない。 また、CloudStack ダッシュボードには、システム全体の使用容量および、クラウド内で発生したイベントに基づくアラートが表示される。

Open Source Licensing, Community. CloudStack was built leveraging open Java and Apache technologies, and is available under the GPL licenses so all source code is open. The CloudStack.org open source community currently has 25,000 cloud building members worldwide. The open source version of CloudStack has 60,000 downloads.

Open Source Licensing, Community. CloudStack は、オープンな Java と Apache のテクノロジーにテコ入れすることで構築され、また、GPL ライセンスの下で利用が可能なように、すべてのソースコードがオープンである。現時点におけるる  CloudStack.org オープンソース・コミュニティには、25,000人のクラウド構築メンバーが参加している。そして、 CloudStack のオープンソース・バージョンは、60,000 回もダウンロードされている。

The newly-launched Citrix Ready Cloud Community offers easy access to some 2,200 products and services verified to work with Citrix cloud solutions.

新たに立ち上がった Citrix Ready Cloud Community は、2,200 種類のプロダクト/サービスへの容易なアクセスを提供し、また、Citrix クラウド・ソリューションを用いた作業の検証を行なっている。

OpenStack Swift Integration. CloudStack 3 supports Swift, the OpenStack object-storage technology for creating redundant, scalable object storage using clusters of standardized servers to store petabytes of accessible data.

OpenStack Swift Integration. CloudStack 3 がサポートする Swift は、OpenStack のオブジェクト・ストレージ・テクノロジーであり、Betabyte クラスのデータをストア/アクセスするための標準化されたサーバー・クラスターを用いて、冗長性とスケーラビリティを実現する。

One early cloud adopter, car shopping website Edmunds.com, found a lot to like in CloudStack.

クラウド・アーリーアダプタである  Edmunds.com(カー用品ショップ)は、CloudStack の優れた点をよく知っている。

“Edmunds.com needed an elastic, stable infrastructure that would give us a simple and rapid way to update our products to serve the millions of car shoppers who use our site,” said Emil Ndreu, Edmunds’ associate director for system engineering. “Citrix CloudStack has been… infusing efficiency into our process so that we can quickly generate award-winning site tools and highly-rated mobile apps nearly as soon as we come up with them.”

Edmunds の System Engineering 部門の No.2 である、Emil Ndreu は、「Edmunds.com が必要としたのは、エラスティックで安定したインフラストラクチャだった。 それは、私たちのサイトを利用する無数の顧客にサービスするプロダクトを、簡潔かつ迅速にアップデートするための方式を、教えてくれるものであった。 Citrix の CloudStack は、私たちのプロセスに対して効率というものを注ぎ込んできた。それにより、アワードを受賞するほどのツールを素早く作成することが可能になった。 そして、きわめて評価の高いモバイル・アプリが、もうじき提供される」と、発言している。

A full production version of CloudStack 3 will be available by the end of March.

この、CloudStack 3 のフル・プロダクション・バージョンは、3 月末までに提供されるだろう。

ーーーーー

_ CloudStackこの記事を訳してみて思ったのは、ハイパーバイザーに関する多様な考え方があり、また、CloudStack がシンプルなハイパーバイザーを追求している点です。 NIST の Security and Privacy にあるように、肥大化したハイパーバイザーはセキュリティ上のリスクを増大させるようです。 また、OpenStack における Hyper-V の問題で、Microsoft は Cloud.com に期待していたと説明する記事がありましたが、それだけのノウハウが CloudStack に詰め込まれているのだと思えてきました。 ーーー

ーーーーー

<関連>

Citrix の CloudStack 3 がデビュー! すべての規模のユーザーにセキュアな OSS クラウドを
クリエーションラインが展開する、CloudStack/MidoNet/Cloudian 統合戦略とは?
Citrix が Cloud.com を買収!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 

クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

Posted in Businesses, Research by Agile Cat on July 28, 2011

Economics of Cloud Computing: When Does Moving to the Cloud Make Sense?
By Dick – July 13th, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2247

_ formtek

Moving IT operations to the cloud saves money when compared to using on-site computing facilities. That’s a premise that’s increasingly believed, but the truth of which actually depends on a number of parameters.  A group of academics from the Pennsylvania State University looked at the economics of cloud computing and concluded that cloud computing currently makes the most sense economically for small businesses and applications with small workloads.

IT オペレーションのクラウドへの移行は、オン・サイトのコンピューティング・ファシリティ利用と比較して、コストを節約する。  それは仮説であり、その信頼性を高めているが、何が真実かといえば、数多くのパラメータに依存するという現状にある。 Pennsylvania State University のアカデミック・グループは、クラウド・コンピューティングの経済的側面に注目し、現状では、経済的に小規模なビジネスと、低いワークロドのアプリケーションに対して、意味をもたらすという結論に至った。

The researchers divided costs into categories of being “quantifiable” and “less quantifiable”, and “direct” and indirect.  Given this division, they constructed a matrix showing the classification of various costs.

この調査に参加して研究者たちは、コストについて「定量化しやすい」、「定量化しにくい」、「直接的」、「間接的」というカテゴリを定義した。  そして、この定義を前提として、各種のコストを、以下のマトリクスに分類していった。

The report considered the two option of pure in-house and pure cloud-based hosting, but it also considered combinations of the two approaches, which it termed as “hybrid” options.  In the hybrid model, they identified vertical partitioning and horizontal partitioning.  With vertical partitioning an application might be split so that part of it reside on-premise and another part of it resides in the cloud.  Horizontal partitioning replicates some parts of an application in the cloud and, as load on the application increases, usage can burst or spill over onto servers running in the cloud.

このレポートでは、ピュアなイン・ハウスとピュアなクラウド・ベース・ホスティングという、2つの選択肢について考察している。 しかし、その2つのアプローチの組み合わせを、「ハイブリッド」オプションと命名し、合わせて考察している。  この ハイブリッド・モデルにおいて、彼らは、垂直の仕分けと、水平の仕分けを認識している。  垂直の仕分けでは、アプリケーションは分割され、あるパートはオンプレミスに存在し、別のパートはクラウドに存在するようになるだろう。  水平の仕分けでは、アプリケーションの一部がクラウドにリプリケートされ、そのアプリケーションの負荷が増大するにつれて、クラウド上で動作するサーバーへ向けて、過大な負荷が溢れ出ていくことになる。

imageThe report found that “ (i) complete migration to today’s cloud is appealing only for small/stagnant businesses/organizations, (ii) vertical partitioning options are expensive due to high costs of data transfer, and (iii) horizontal partitioning options can offer the best of in-house and cloud deployment for certain applications.”

このレポートから、発見できるものは、以下のとおりである。(i)  現状におけるクラウドへの完全な移行は、小規模/不活性な企業/組織にのみにアピールする。 (ii)  垂直の仕分けは、データ転送におけるコストにより高価な選択となる。 (iii)  水平の仕分けは、特定のアプリケーションにおいて、ベストなイン・ハウス/クラウド・ディプロイメントを提供し得る。

ーーーーー

最近は、お馴染みさんになってきた Formtek ですが、今日のは、ちょっと解釈が難しいですね。 Agile_Cat の理解では、Hybrid を考えるときに、どのような仕分け方があるのかという視点で、タテ/ヨコを定義しているのかと・・・?  それにしても、文中のリンクからの論文も面白そう :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している
パブリック・クラウドがエンタープライズ市場を制する理由

RightScale の MyCloud は、Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現する

Posted in Game, Hybrid, Interoperability by Agile Cat on June 10, 2011

RightScale brings Zynga-like hybrid clouds to the masses
By Derrick Harris Jun. 7, 2011, 7:55am
http://gigaom.com/cloud/rightscale-brings-zynga-like-hybrid-clouds-to-the-masses/

_ Gigaom

Cloud-management platform provider RightScale is launching a new service to help customers manage private and hybrid clouds similar to what RightScale customer Zynga does with its vaunted Z Cloud infrastructure. Hybrid cloud computing appears to be the end-game for many companies’ cloud strategies right now, and RightScale’s new MyCloud service might represent an ideal way of thinking about the model. 

クラウド・マネージメント・プラットフォーム・プロバイダーである RightScale は、プライベートおよびハイブリッドのクラウドを管理する顧客を支援するための、新しいサービスを立ち上げようとしている。それは、同社の顧客である Zynga が自慢する、Z Cloud インフラストラクチャに類似したものとなる。 ハイブリッド・クラウド・コンピューティングは、数多くの企業における、現時点のクラウド戦略の大詰めになるように思われる。そして RightScale の新しい MyCloud サービスは、このモデルについて考える際の、理想的な方法を示すのかもしれない。

imageRightScale’s new offering provides the proverbial single pane of glass through which to manage private-cloud infrastructure based on either Eucalyptus Systems or Cloud.com as well as public cloud-based resources that are managed via RightScale. And although Zynga built its RightScale-based cloud setup from scratch, RightScale CEO Michael Crandell said it offers what might be the ideal model for doing hybrid cloud computing. Rather than focusing on simple cloudbursting, which Crandell calls “naive” in certain situations, Zynga honed in on standardization as a focus of its cloud efforts.

RightScale の新しいサービスは、Eucalyptus Systems あるいは Cloud.com をベースにしたプライベート・クラウドのインフラストラクチャだけではなく、RightScale を介してパブリック・クラウド・ベースのリソースも管理するという、評判のガラス・パネルを提供する。Zynga はスクラッチから RightScale ベースのクラウドを構築してきた。 しかし、今回のサービスにより、ハイブリッド・クラウド・コンピューティングを実現するための、理想的なモデルを提供していくと、RightScale CEO である Michael Crandell は発言している。ある特定の状況において「頼りなくなる」と Crandell が言う、単純なクラウド・バーストに焦点を合せてデザインするのではなく、Zynga はクラウドにおける作業に焦点を合わせた標準化へと向かっていった。

imageBy utilizing standard server templates, Zynga is able to stage, test and launch games in Amazon EC2, then easily migrate them to its private cloud when the time comes by launching a cluster of identically configured servers in-house. Last week, RightScale opened its MultiCloud Marketplace, which is like an app store for infrastructure configurations that features a wide range of templates for everything from web servers to Hadoop clusters. With MyCloud, users can now create their own Zynga-like experience by utilizing Marketplace templates on private cloud infrastructure as well as in the public cloud.

Zynga は標準的なサーバー・テンプレートを利用することで、ゲームのステージングと、テスト、そして立ち上げまでを 、 Amazon EC2 で行えるようになった。 そして、同様にコンフィグレーションされたクラスタを立ち上がるタイミングになったときに、それらをプライベート・クラウドに、容易に移行させていった。 先週のことだが、RightScale はインフラストラクチャのコンフィグレーションのためのアップ・ストアのような、MultiCloud Marketplace をオープンした。そこでは、Web サーバーから Hadoop クラスターにまでいたる、広範囲におよぶテンプレートが強く押し出されている。 MyCloud の Marketplace テンプレートを利用することで、プライベート・クラウドに加えてパブリック・クラウドにおいても、ユーザーは Zynga のようなエクスペリエンスを構築できる。

Another use case for MyCloud, Crandell said, might be to spread different components of an application architectures across both public and private resources. Depending on bandwidth costs and the need for high-speed interconnects, it might make sense for certain parts (e.g., an on-demand processing engine) to run in the public cloud while others remain on premise.

MyCloud のユースケースでは、アプリケーション・アーキテクチャにおける個々のコンポーネントを、プライベートとパブリックのリソースをまたいだ形で配布できると、Crandell は発言している。 ネットワーク帯域のコストと、高速接続の必要性に応じて、特定の部分(たとえばオン・デマンドの処理エンジン)をパブリック・クラウドで走らせ、その他はオンプレミスに残すといった方式が、意味をなすかもしれない。

Crandell will be present at Structure 2011, being held June 22-23 in San Francisco, to discuss the future of cloud application platforms and what issues they’ll need to address as mainstream interest picks up. MyCloud is currently available for free through an early access program, although more-functional, and paid, Standard and Enterprise versions are on the way.

6月 22-23日 に San Francisco で開催される Structure 2011 に、Crandell は出席するだろう。そして、クラウド・アプリケーション・プラットフォームの将来と、彼らが取り組むべきメインストリームとしての、テーマについて議論することになる。 MyCloud はアーリー・アクセス・プログラムの期間にあるため、現時点では無償で利用できる。 そして、更に機能を加えた、Standard と Enterprise の有償バージョンが開発中とされている。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

とても評判の良い RightScale ですが、Zynga のインフラストラクチャを構築していたのですね。これで、なんとなく、その理由が分かったような気がします。 そして、今後の関心事になっていくと思われる、パブリックとのハイブリッドという流れにおいて、とても優位なポジションを確保しているように見えます。 要チェックですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る
Elastic Beanstalk とは? – Amazon CTO の Werner Vogels が語る
Heroku は、Facebook のオフィシャル・クラウド・アプリケーションになれるのか?

 

Microsoft と Toyota は、自動車用のクラウド・プラットフォームを Windows Azure で構築する

Posted in Green IT, Microsoft by Agile Cat on April 7, 2011

Microsoft and Toyota Use Cloud to Connect Cars, Homes and Users
By
Ryan Kim Apr. 6, 2011, 2:55pm PT
http://gigaom.com/2011/04/06/microsoft-and-toyota-use-cloud-to-connect-cars-homes-and-users/

_ Gigaom

Microsoft and Toyota are jointly investing $12 million in a bid to build a cloud-based platform that will connect cars, homes and electrical smart grids. The joint venture, announced today, will be run out of Toyota Media Services and will leverage Microsoft’s Windows Azure cloud computing service, creating a platform for mobility apps that can encompass communication, GPS, power management and safety.

Microsoft と Toyota は、自動車/住宅/スマート・グリッドを接続するクラウドベース・プラットフォームを構築するために、共同で $12 million を投資することになった。 今日(4/6)に発表された、このジョイント・ベンチャーは Toyota Media Services と Microsoft の Windows Azure クラウド・コンピューティング・サービスを活用することで、コミュニケーション/GPS/パワー・マネージメント、そして安全をカバーする、モバイル・アプリケーションのためのプラットフォームを作成する。

Image(8)

The companies see the partnership as a way to build next-generation telematics systems that can touch a wide array of end points and allow users to almost carry on conversations with their cars, their homes and the smart grid. It goes beyond current telematics efforts like the Microsoft-developed Sync and Toyota’s Entune, which are more in-car solutions.

この両社は、広範囲におよぶエンド・ポイントに接続される、次世代のテレマティックス・システムを構築するためのパートナーシップを見据えており、また、自動車/住宅/スマート・グリッドとユーザーを結びつけようとしている。そして、Microsoft が開発した Sync や Toyota の Entune といった、現時点におけるテレマティックスの領域を超えた、自動車内でのソリューションを目指している。

“This is about a platform for applications that can be delivered from the cloud; it might be delivered to the in-car GPS system or through the phone with the car as an end point. But it’s a cloud platform,” said Microsoft CEO Steve Ballmer.

それは、クラウドから配信される、アプリケーションのためのプラットフォームである。 つまり、エンドポイントとしての自動車に対して、車載の GPS システムや電話を介して、サービスを提供するものとなる。 しまし、それはクラウド・プラットフォームであると、 Microsoft の CEO である Steve Ballmer は発言している。

When fully realized, the platform could enable a range of use cases. Car owners could start their vehicles and air conditioning systems remotely through a smartphone and could also turn on their home heating system from their car using the same platform. The system could also help cars talk to smart grids to understand the best time to charge when network demand is low. The service could also help vehicles operate more efficiently, saving energy.

それが完成するとき、このプラットフォームにより、対象となるユースケースが実現される。 自動車のオーナーは、スマートフォンを介してリモートで、エンジンをかけてエアコンを始動できる。また、同じプラットフォームを介して、車の中から住宅の暖房システムをオンにできる。 このシステムは、電力需要が低いタイミングを理解するために、自動車とスマート・グリッド間での対話も実現することになる。 つまり、このサービスによりエネルギーを節約し、自動車を効率よく管理すことも可能になる。

Akio Toyoda, president of Toyota Media Services said the venture fits into Toyota’s larger goal of creating vehicles that provide greater utility, efficiency and delight for users. The platform will appear first on electric and hybrid cars next year in the U.S. and Japan and will take four years to reach maturity. Ultimately, the service could touch other non-electric cars.

Toyota Media Services の社長である Akio Toyoda は、電力事業に効率をもたらし、ユーザーを満足させる自動車を作りだすという、Toyota の大きな目標に、この新しいベンチャーを適合させると発言している。 このプラットフォームは、アメリカと日本で来年い販売される EV/ハイブリッド・カーとして登場し、また、4年をかけて成熟していくことになる。 最終的には、EV 以外の自動車に対しても、同じサービスを提供できる。

While Toyota said it will consider similar partnerships with other companies, the deal is a good one for Microsoft. It highlights another major company building off the Windows Azure platform and gives it momentum in taking a similar approach to other car manufacturers. It will also be another way for Microsoft to push apps like Hohm, an energy management application that could be repurposed for vehicles. Toyoda said the car-maker chose Microsoft not only because of its more than 10-year relationship with the software giant but because Windows Azure allows Toyota to quickly ramp up services in the 170 countries where it operates.

Toyota は、他社との類似のパートナーシップも考慮すると発言しているが、今回の提携は Microsoft にとって重要なものとなる。 つまり、Windows Azure プラットフォームと大企業との関係を強調することで、他の自動車メーカーへの類似のアプローチを促進するものとなる。 さらに、Microsoft にとっては、自動車のためのエネルギー管理アプリケーションである、Hohm などのアプリケーションを再プッシュするための道も開ける。 Toyoda は、Microsoft を選んだ理由として、両社間の 10年以上の関係だけではなく、Toyota がビジネスを展開する 170ヶ国で、Windows Azure を迅速に展開できる点をあげている。

It’ll be interesting to see if other car companies turn to Microsoft to build similar systems. Even if they don’t, Toyoda said the expectation from consumers is that telematics system will be able talk to each other regardless of their underpinnings.

他の自動車会社が、類似のシステムを構築するため Microsoft を選ぶのかどうか、その点が興味深い。 たとえ、そうならないにしても、 そのテレマティックス・システムが、他のシステムと会話できることが、ユーザーからの期待になると、Toyota は発言している。

To learn more about connected cars come to our Green:Net event on April 21 in San Francisco.

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

これまでの両者間におけるパートナーシップが、順調に進化していると思って良さそうな内容です。 スマート・グリッドという視点においては、両社とも自動車と住宅という、消費者に近い側からのアプローチを考えていることが明白です。 そして、いずれは、公共事業側からアプローチしてくる Google と出会うことになるのでしょうが、 そのときには反目しあうのではなく、協調という道を選んで欲しいと思います。 それを、誰もが願っているはずです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
Google は電力事業にも参入するのか?

 

Win 7 ネットブックと、Android タブレットが共存する、LePad Slate を Youtube で

Posted in Google, Microsoft, Mobile by Agile Cat on February 21, 2011

はたして、この LePad Slate はスゴイのか、スゴクないのか?
Hands on: IdeaPad U1 Hybrid with LePad Slate

__AC Stamp 2実は、Agile_Cat も、Windows 7 のネットブックと、10インチ Android タブレットを、目的に合わせて使いわけようと、着々と準備を進めている段階にあるのです。 さらに言えば、このようなギミック・ソリューションには、もともと目がないのであります。 というわけで、どのような仕掛けになっているのか、ちょっと所見を述べてみたいと思うのでありま~~~す。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

まず、カポッと外して、タブレット部分だけで Android が動くわけですから、あたりまえですが、ここに ARM のチップや、バッテリーが組み込まれているわけです。 ”クエスション” なのは、Windows 7 をドライブする、CPU やメモリーなどが、どこに配置されているかという点です。

このデモを見限り、それらはクラムシェル側の、キーボードの下にありそうですね。 なぜなら、ARM で動く Windows 7 は、まだ、これからのプロダクトだからです。 そうなると、たとえば Atom チップなどを実装する必要があり、バッテリーも含めて、それらがタブレット側に入っているとは思えないからです。 もし、そうなら、クラムシェルにカポッとはめたときに、その重さで向こう側にひっくり返ってしまうはずです。

そうならずに、しっかりと座っている状況を考えると、このキーボードの下に、それなりの重さを持ったアセンブリが実装されていることになります。 さらに推測していくと、CPU から、メモリから、バッテリから、、、Windows 7 に必要なパーツはすべて、クラムシェル側に実装されていて、はめこまれたタブレット側は、単にディスプレイとして機能しているだけではないかと思えてくるのです。

たしかに、Android がバッテリー切れになっても、Windows 7 ネットブックとして機能するはずですし、その逆も有りえるはずなので、なかなか面白い発想だとは思うのですが、かなり お・も・く なっているはずで、スゴイのか、スゴクないのか? よく分からない製品となっているように見えるわけです。 二台持つのと、いったい何が違うの? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Android 3.0 Honeycomb を Youtube で!
Android が出荷台数で 世界 No.1 に – 2010 Q4 の調査
Windows for ARM が、1月の CES で発表される?
ついに Windows for ARM が – CES 2011 より
Nokia は Intel との連携をあきらめ、Microsoft と手を組むのか?
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

%d bloggers like this: