Agile Cat — in the cloud

Apple と VMware がタッグを組んで、Microsoft Office を挟撃する

Posted in .Selected, Apple, Byod, Post-PC, VMware by Agile Cat on October 30, 2012

Apple, VMware Gun for Microsoft Office
http://wp.me/pwo1E-561

By
Mike BartonEmail Author – 10.23.12
http://www.wired.com/insights/2012/10/apple-vmware-microsoft-office/

_ WIRED

Can Apple, VMware take down Microsoft Office?
Photo: Wired.com/Jon Snyder

Does Apple see the iPad as a business device? Of course it does. It just doesn’t like to say so in public, writes Wired Enterprise’s Klint Finley.

Apple は iPad を、ビジネス・デバイスと認識しているのか? もちろん、そうだろう。 ただ、公には、それを言いたがらないと、Wired Enterprise の Klint Finley は述べている

On Monday, we received yet another indication that Apple is refining its tablet for use inside the business world. According to a report from CRN citing sources with knowledge of the project, Apple and VMware have joined forces to provide iPads with access to an online version of Apple’s iWork, a suite of office applications. The two companies didn’t immediately respond to requests for comment, but in recent months, CRN has proven to be a reliable source for news on VMware…

月曜日のことだが、そのタブレットをビジネスの世界で利用できるよう、Apple が磨きをかけているという指摘を受けた。その レポートによると、あるプロジェクトの情報を CRN が引用しているとされている。 具体的には、Apple と VMware が連携し、Apple の iWork および Office Suite アプリケーションの、オンライン・バージョンへのアクセスを、iPad から可能にするという。この両社は、いまのところコメントを拒んでいるが、この数カ月の間に、VMware に関する信頼できるニュースについて、CRN はウラを取っているようだ。

According to CRN, the new offering will include hosted versions of Apple’s Pages, Keynote, and Numbers applications running in Apple’s data centers, and these will run alongside VMware’s IT management suite, known as Horizon Application Manager. The applications will be served up to iPads, CRN reports, using VMware View, a tool that provide machines will remote access to virtual desktops running Windows and other operating systems.

その CRN によると、この新しいサービスには、Apple のデータセンターで運用される、Apple の Pages/Keynote/Numbers などの、ホスティング・バージョンが含まれることになる。そして、Horizon Application Manager と呼ばれる、VMware の  IT Management Suite と組み合わせられる。一連のアプリケーションは、VMware View を利用する iPad もサポートすることになると、CRN はレポートしている。このツールにより、仮想デスクトップに対してリモートでアクセスするマシンが実現され、そこで Windows などの OS が実行されることになる。

imageAs CRN notes, Apple and VMware are already working together on VMware Horizon Mobile for iOS, a product that lets business employees use their personal smartphones for work by keeping company data and applications completely separate from personal applications — while giving companies the ability to remotely wipe all company information from an employee’s phone, Finley writes

CRN が指摘するように、すでに Apple と VMware は、Horizon Mobile for iOS を共同で開発している。このプロダクトにより、企業のデータとアプリケーションは、パーソナルなアプリケーションから完全に分離される。そのため、企業の従業員たちはパーソナル・スマホを、自身の作業においても利用できるようになる。つまり、従業員たちのスマホから、すべての企業情報をリモートで排除する機能も、社内の管理者に与えられることになると、Finley は述べている。

The Horizon suite includes Enterprise Connector — an cloud identity management system that provides a “single sign-on” for multiple cloud applications, including Salesforce.com, Webex and Workday — and Policy Manager — a tool for managing user permission and controls across applications and contexts. It seems likely that VMware’s main role in this project would be in controlling which iWorks documents users have access to and giving companies the ability to delete those documents if an employee leaves.

Horizon Suite には、多数のクラウド・アプリケーション(Salesforce/Webex/Workday など)に “single sign-on” を提供する、クラウド・アイデンティティ管理システムである、 Enterprise Connector が含まれる。 そして 、アプリケーションとコンテキストを横断するユーザーの、パーミッションとコントロールを管理する Policy Manager というツールも提供される。おそらく、このプロジェクトにおける VMware の主要な役割は、ユーザーがアクセスする iWork ドキュメントの、コントロールにあると思われる。そして、その従業員が退職する際に、それらのドキュメントを削除する能力が、会社側に与えられる。

imageVMware has branched out into several other new areas in recent years. It created the open source cloud platform called Cloud Foundry. It acquired the open source virtual network company Nicira. And it jumped into the office/productivity market with its Zimbra and SlideRocket acquisitions.

この数年の間に VMware は、いくつかの他の新しいエリアへと広がっている。 まず、Cloud Foundry と呼ばれる、オープンソース・クラウド・プラットフォームが開発された。 そして、オープンソースの仮想ネットワークを提供する、Nicira を買収している。 また、Zimbra と SlideRocket を買収することで、オフィス/プロダクティビティ市場へと参入している。

All these bets could be lucrative new frontiers if open source virtualization tools like Xen and KVM — to say nothing of open source cloud systems like OpenStack and CloudStack — cut into VMware’s traditional product sales. But the broader strategy is for VMware to insert itself into practically every aspect of a company IT infrastructure, from servers to mobile devices, both within private data centers and in the public cloud.

もし Xen や KVM といった、オープンソースの仮想化ツールが、VMware における従来からのプロダクト・セールスに干渉するにしても(OpenStack や CloudStack のような OSS クラウド・システムは言うまでもなく)、すべての前述の試みは、利益を伴う新しい分野になり得る。 しかし、VMware における大局的な戦略は、プライベート/パブリックのデータセンターは言うまでもなく、サーバーからモバイル・デバイスにいたるまでの、企業  IT インフラの全局面に対して、自社のテクノロジーを注入していくことにある。

ーーーーー

imageこの提携が具体化するなら、iOS を搭載する iPhone/iPad という人気のデバイスで、BYOD を容易に実現していく道筋が見えてきますね。 そして、この Horizon ですが、昨年の 9月に GigaOM が、VMworld のレポートとして、詳しい記事を提供しています。 それから1年が経ち、BYOD に対する理解が深まり、また、Apple のデータセンター戦略が進んできた中での、新しい展開として捉えることが可能です。 続報がありましたら、継続してポストしていきたいと思っています。image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
最適な MDM(Mobile Device Management)ポリシーを構成するためには?
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく

 

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 12, 2012

“Essex” version of OpenStack debuts
http://wp.me/pwo1E-46v
By
Paula Rooney | April 5, 2012
http://www.zdnet.com/blog/open-source/essex-version-of-openstack-debuts/10737

image

Summary: The fifth release of OpenStack, code named “Essex,” debuted today, with enhanced quality, usability and extensibility across enterprise, service provider and high performance computing (HPC) deployments, the project announced. Essex is integrated in Canonical’s Ubuntu 12.04.

Summary: Essex というコードネームの、OpenStack における 5回目のリリースは、品質/有用性/拡張性を向上させたものであり、エンタープライスおよび、サービス・プロバイダ、HPC デプロイメントに対応するプロジェクトだという発表があった。 また、Essex は、Canonical の Ubuntu 12.04 とインテグレートされている。

ーーーーー

In a week when it was upstaged by rival open source CloudStack,OpenStack got a shot in the arm with its fifth major release, dubbed “Essex,” on Thursday.

オープンソースのライバルである CloudStack に話題を奪われた週だったが、その木曜日に OpenStackが得たのは、5回目のメジャー・バージョンアップとなる、Essex というカンフル剤だった。

The “Essex” release, which is said to contain more than 150 new features, was developed by more than 200 developers, the open source project noted in a statement today, which highlighted the core improvements, including:

Essex のリリースには、150 以上の新機能が含まれ、また、200 人以上のデベロッパーにより開発されたと言われている。このオープンソース・プロジェクトは、今日のステートメントにおいて、コアとなる改善ポイントを強調したが、その中には以下の項目が含まれる:

  • imageOpenStack Compute (code-name Nova) – Focus on stability and integration with Dashboard and Identity, including enhancements to feature parity among the tier one hypervisors — making it a seamless user experience across each hypervisor — improved authorization and live migration with multi-host networking. There were also contributions to support high-performance computing and additional block storage options, including support for Nexenta, SolidFire, and NetApp storage solutions.
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – Significant new features to improve compliance and data security with the ability to expire objects according to document retention policies, more  protections against corruption and degradation of data, and sophisticated disaster recovery improvements. Also new capabilities important to service providers including the ability to upload data directly from an authenticated web page and the ability to restrict the maximum number of containers per account.
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – The first full release of OpenStack Dashboard provides administrators and users the ability to access, provision and automate cloud-based resources through a self-service portal. The extensible design makes it easy to plug in and expose third party products and services, such as monitoring.
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – The first full release of OpenStack Identity unifies all core projects of the cloud operating system with a common authentication system. The technology provides authorization for multiple log-in credentials, including username/password, token-based and AWS-style logins.
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – The Image Service received several key updates to improve usability, authorization and image protection.
  • OpenStack Compute (code-name Nova) – 安定性と、Dashboard との統合、そして Identity にフォーカスし、認証を改善するティア・ワン・ハイパーバイザーのパリティと、マルチホスト・ネットワークを用いたライブ・マイグレーションの拡張も含む(個々のハイパーバイザをまたいだシームレスなユーザー・エクスペリエンスを実現)。さらに、HPC(high-performance computing)および、Nexenta/SolidFire/NetApp のサポートも含めた追加型ブロック・ストレージ・オプションも、コントリビュートされている。
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – ドキュメント・リテンション・ポリシーにしたがう、重要な新機能によりオブジェクトに期限を定め、コンプライアンスとデータ・セキュリティを改善する。また、データの破損と劣化からの保護および、DR 機能の洗練させるための改善も含む。さらに、サービス・プロバイダにとって重要な機能として、認証された Web ページからの、ダイレクトなデータのアップロードと、アカウントごとの最大コンテナ数の制限も含まれる。
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – OpenStack Dashboard における初めてのフル・リリースは、クラウド・ベース・リソースに関するアクセス/プロビジョニング/自動化の能力を、セルフ・サービス・ポータルを介してアドミニストレーターとユーザーに提供する。 たとえばモニタリングのようなサードパーティーのプロダクトおよびサービスは、拡張可能なデザインにより、そのプラグインとエクスポーズを容易にする。
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – OpenStack Identity における初めてのフル・リリースは、クラウド・オペレーティング・システムの全てのコア・プロジェクトを、共通の認証システムを用いて統一していく。このテクノロジーにより、マルチ・ログイン証明に関する認証が提供され、また、Username/Password と、トークン・ベースの AWS-style ログインも取り込まれる。
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – Image Service に関しては、ユーザビリティおよび、認証、イメージ保護を改善するための、いくつかの重要なアップデートが施されている。

NASA, Rackspace, Intel, Dell, Canonical-Ubuntu, HP and SuSE are among 155 companies that support the open source cloud OS architecture.

このオープンソース・クラウド OS アーキテクチャをサポートする155 社の中には、NASAおよび、Rackspace、Intel、Dell、Canonical-Ubuntu、HP、SuSE などがいる。

Citrix was an original backer but this week switched gears, dropped OpenStack and donated its CloudStack to Apache to try to build up support for that open source cloud OS effort.

Citrix は元からの支援者であったが、今週に方向を転換することになった。 つまり、OpenStack から離れて、CloudStack を Apache を寄贈し、オープンソース・クラウド OS の確立を試みる。

Red Hat and IBM have also demonstrated support for OpenStack but have yet to announce it publicly. Red Hat purchased OpenStack-focused Glusters last year and its sponsored open source Linux project recently integrated OpenStack in the latest rev of Fedora.

さらに、Red Hat と IBM も、OpenStack をサポートする意思を示しているが、まだ、公にはアナウンスしていない。 昨年のことだが、Red Hat は OpenStack にフォーカスする Glusters を買収している。そして、Fedora の最新 Rev に OpenStack を統合するという、オープンソース Linux プロジェクトをサポートしている。

One OpenStack backer said it may take time for the open source cloud OS market to shake out but he has made his bet.  “We are in an early market, and it will take 5-10 years until we potentially see a single winner.  In the near term, there will be many winners and there is little profit in handicapping the game in absolute terms,” said Alan Cohen, VP Marketing, Nicira. “Nicira likes the raw energy and momentum toward open cloud frameworks.   We are deep and public into OpenStack — we love the community, the innovation –  but we also have other customers who use different cloud management frameworks.  At the end of the day, customers will make this decision.”

ある OpenStack 支援者が言うには、オープンソース・クラウド OS 市場は、時間をかけながら淘汰と再編を繰り返すことになる。 そして、彼はそこに賭けている。「 私たちは、黎明期のマーケットにあり、ハッキリとした勝者を認識するまでに 5年~10年を要するだろう。  また、近いうちに、数多くの勝者が出現するだろうが、絶対的なゲームにおけるハンディとしての、きわめて小さな利益を得るだけだ。Nicira は、オープン・クラウド・フレームワークに対して、少ない労力と推進力で取り組んでいきたいと思ってている。   私たちは、OpenStack の本質をパブリックにコミットしている。 つまり、そのコミュニティとイノベーションを評価しているのだ。しかし、その一方で、異ななるクラウド・マネージメント・フレームワークを利用する顧客も有している。  結局のところ、最終的な判断は、顧客に委ねられるだろう」と、Nicira の VP Marketing である Alan Cohen は発言している。

ーーーーー

TAG indexこのところ、Apache へと路線を変更した CloudStack に、話題という面では遅れをとってしまった感じの OpenStack ですが、以下の <関連> にもあるように、Red Hat/IBM/Sony といったメジャー・プレイヤーの動きも気になりますし、AWS API をめぐる Eucalyptus や CloudStack とのつばぜり合いも気になります。しばらくの間は、この辺りにホットな話題が集中しそうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference

 

コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Mobile, Post-PC, VMware by Agile Cat on September 2, 2011

How far can consumerization go for enterprise apps?
By
Derrick Harris Sep. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/how-far-can-consumerization-go-for-enterprise-apps/

_ Gigaom

During VMworld this week, talk of consumerization — or the rise of consumer applications and devices in corporate settings — was everywhere, stemming from VMware CEO Paul Maritz’s and CTO Steve Herrod’s mobile- and application-centric keynotes. Included in Herrod’s presentation was talk of a new Dropbox-like application called Project Octopus that will let users safely store, access and share corporate documents. It all so sounded so promising, and then someone asked me whether it will actually get used.

今週の VMworld では、コンシューマ化の話というか、コーポレート設定されたコンシューマ用のアプリケーションとデバイスに関する話が、VMware CEO の Paul Maritz と、CTO の Steve Herrod のセッションに登場してきた。 この二人は、モバイルとアプリケーションを中心としたキーノートで、その話題を繰り返していた。 Herrod のプレゼンテーションに含まれていたのは、Project Octopus と呼ばれる Dropbox のような新規アプリケーションの話であり、企業のドキュメントを、ユーザーが安全にストア/アクセス/シェアさせるものになる。 その全てが有望に思え、また、それは実際に使われるのかと、私に尋ねる人もいた。  

imageIf employees already use Dropbox, she asked, why would they want to use a different service to do essentially the same thing while at work? The truth is that I don’t know. I can see why employers would want them to use a separate service, but will employees stand for it?

すでに従業員が Dropbox を使っている場合にと、彼女は切り出してきた。 そして、仕事なのに、本質的には同じサービスを、彼らは使いたがるだろうか、と聞いてきた。 結果は見えないというのが、実直な回答だろう。別のサービスを、経営者が使いたがる理由は見えてくるが、それを従業員は支持するだろうか?

I tend to agree with my colleague Stacey Higginbotham, who noted while reporting on VMware’s mobile play, “While enterprises will love the ability to control who can access their data, employees may not want to give up the ability to use their own tools and choose who they share their files with.” Of course, it’s not so much a question about Dropbox or Project Octopus as much as it is about the role of consumer applications in corporate settings in general.

同僚である Stacey Higginbotham が ” VMware’s mobile play ” でレポートしていた、「 エンタープライズ側は、そのデータにアクセスできる人をコントロールする能力を持ちたがるが、従業員側は自分のツールを使い、自身のファイルを誰かと共有することを諦めないだろう 」という考えに、私は同意しかかっている。 もちろん、それは、Dropbox や Project Octopus に疑問を呈するものではなく、さらには、コーポレート設定されたコンシューマ・アプリケーションの、一般論としての役割を否定するものでもない。

There’s no denying that consumerization is real. Employees really are demanding the ability to use their personal devices rather than company-issued BlackBerrys and laptops. By and large, employers seem content let them do so because it takes productivity to a whole new level. That’s one of the megatrends driving VMware’s new focus on mobility and applications: if personal devices can’t be locked down from a security standpoint, it wants to make sure enterprise applications and data can be.

コンシューマ化が現実のものであることは、誰も否定できない。 従業員たちの本音は、会社から提供される BlackBerrys とラップトップの組み合わせではなく、自身のパーソナル・デバイスンの活用である。 全般的に見て、それにより新しいレベルの生産性が促進されるため、会社側は自由にさせるだろう。 それは、モバイルとアプリケーションの可能性に注目する、新しい VMware を促進させるメガ・トレンドである。つまり、セキュリティ見地からパーソナル・デバイスを禁止できないなら、エンタープライズのアプリケーションとデータを、そこで上手く動かすことが要求される。

クリックで拡大 ⇒

Consumerization even has made its way into traditional enterprise applications thanks to the advent of Software as a Service. Business users accustomed to clean, simple web-based consumer applications in their personal lives expect the same thing from web-based business applications. As Zendesk COO Zack Urlocker asked in a post last year, “Why buy and manage complex infrastructure or applications when a simpler approach will get results faster and cheaper?”

コンシューマ化は、SaaS の到来により、伝統的なエンタープライズ・アプリケーションの中でさえ、その活路を見出している。 ビジネス・ユーザーたちは、私生活においてもクリーンでシンプルな、Web ベース・コンシューマ・アプリケーションに慣れている。 そして、Web ベースのビジネス・アプリケーションにおいても、同じことを期待される。 Zack Urlocker は Zendesk の COO として、「シンプルなアプローチにより、迅速で安価な結果を得られるのに、何故、複雑なインフラストラクチャやアプリケーションを購入し、管理するのか?」と、昨年のプログポストで疑問を呈している

But there’s a difference between applications that either emerge from business settings or that are only relevant to businesses, and consumer-focused applications that prove themselves useful in business settings. Beyond social tools such like Socialcast and Chatter (no one could legitimately suggest Facebook, for example, as the inter-office communication channel), I’m not so certain it will be easy to get employees to give up the consumer applications they’ve already begun using for business needs.

しかし、ビジネス設定から生じるアプリケーションあるいは、ビジネスに関連するだけのアプリケーション、そして、ビジネスにおける有用性を従業員が証明する、いわゆるコンシューマにフォーカスしたアプリケーションには、それぞれ違いがある。 たとえば Socialcast や Chatter といったソーシャル・ツールと超えたレベルで(たとえば、オフィス間をつなぐコミュニケーション・チャネルとして、Facebook が適法だと提案できないだろう)、すでにビジネスの必要性において、従業員たちが使っているコンシューマ・アプリケーションを断念させることが、それほど容易だとは確証できない。

Dropbox is just one example. Look at Amazon Web Services, which grew popular among enterprise developers despite not having been sanctioned by IT departments. Despite an endless supply of vendors selling private cloud software and alternative hosting providers pushing “enterprise cloud computing,” AWS still dominates cloud computing. Maybe that’s because anyone within the organization who has used AWS really likes it and won’t settle for less. Or look to Google Apps, which has wormed its way into many companies by this point.

Dropbox は、一例である。 IT 部門が容認しなかったにもかかわらず、エンタープライズデ・ベロッパーたちの人気者となった、Amazon Web Services を見るべきだ。 プライベート・クラウドを構築するソフトウェアのベンダーや、「エンタープライズ・クラウド・コンピューティング」を押すホスティング・プロバイダが、その代替物を果てしなく供給するにもかかわらず、AWS は依然としてクラウド・コンピューティングを支配している。 何故かといえば、AWS を使用する組織内の誰もが、ほんとうに気に入っているからなのだろう。 つまり、不満ながら受け入れる、という状況ではないのだ。その一方で、Google Apps を見てみると、その方針に則って、数多くの企業の中へと進み込んでいる。

image

Application providers aren’t stupid, either. When AWS and Google recognized the money to be made by selling to businesses, they got started with all sorts of security and identity management improvements. They both even undertook the effort to achieve certification for the Federal Information Security Management Act (FISMA) to be able to win lucrative federal-government deals. It seems only logical that other new consumer-based services will follow the money, too.

同時に、それらのアプリケーション・プロバイダは賢明である。AWS と Google は、サービスを企業に販売することで、収益が上がると認識したとき、あらゆる種類のセキュリティと ID 管理について、それらの改善を開始した。さらに両社は、利益をもたらす連邦政府との取引に参入するために、Federal Information Security Management Act(FISMA)証明の取得にすら着手し始めた。 それにより、コンシューマ・ベースのサービスに参入する、その他の企業においても、論理的な収益への道が開かれたと思われる。

注記: FISMA の取得は、このポストの時点 ( 2011/9 ) で、すでに完了しているはずです。

Given that iPads, iPhones, Android, AWS, Gmail and so many other tools have made the transition from the consumer world to the business world, it just seems a bit off base to suggest that enterprise applications mimicking useful consumer applications will suddenly catch on. Sure, companies might buy them and mandate their use, but that doesn’t mean employees still won’t use their preferred services, or that they’ll be happy about the change.

iPad や、iPhone、Android、AWS、Gmail といった数多くのツールが、コンシューマの世界からビジネスの世界へ移行しているとすれば、有用なコンシューマ・アプリケーションを模倣するエンタープライズ・アプリケーションが、突如として流行しだすという示唆は、基本から少し乖離しているように思われる。 もちろん、そのようなアプリケーションを企業が購入し、使用を義務づけるかもしれない。しかし、それにより、従業員たちが好みのサービスを使わなくなり、その変化に満足するかといえば、そのような事はあり得ないのだ。

Feature image courtesy of Flickr user Pete Prodoehl.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

vmwareおそらく、いま、多くの人々にとって一番の関心事は、このコンシューマとエンタープライズの IT 交差点ではないかと思います。 ちょうど、TechCrunch『 VMworldカンファレンスで発表されたVMware Horizon Mobileは、企業がユーザのSamsung製品に二重人格を与えることができる。製品がHorizonでセットアップされていると、暗号化された仮想マシンになり、そこからユーザは仕事のためのアプリケーションやデータにアクセスできる 』と紹介されていましたが、さすがは Gigaom で、一歩 踏み込んだところで、とても良い記事を書いてくれたと思います。 こういう記事は、ロジックが何処に向かうのか、まったく検討がつかないので、訳していてもスリリングで楽しめます(時間もかかりますが)  :)  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

企業データにアクセスするモバイルと、セキュリティとの関係を真剣に考る
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

VMworld – Maritz – レガシー・アプリケーションは、もう口紅では繕えない

Posted in .Selected, Events, PaaS, VMware by Agile Cat on August 30, 2011

VMware’s Maritz: No more putting lipstick on legacy apps
By
Derrick Harris Aug. 29, 2011, 6:39pm PT
http://gigaom.com/cloud/vmwares-maritz-no-more-putting-lipstick-on-legacy-apps/

_ Gigaom

Speaking to a jam-packed room of thousands, VMware CEO Paul Maritz kicked off today’s VMworld conference by declaring, once again, the advent of the cloud era. If you don’t believe him, just look at the numbers. As Maritz highlighted, there are now more virtual workloads deployed worldwide than there are physical workloads. There is 1 VM deployed every six seconds. There are more than 20 million VMs deployed overall.

今日、VMware CEO である Paul Maritz は、すし詰め状態になっている数千人のオーディエンスに、クラウド時代の到来を改めて宣言することで、VMworld カンファレンスをキックオフした。 もし、彼が信じられないなら、この数字を見るべきだ。 Maritz が強調したように、いまや、世界中に展開された仮想サークロードは、物理的なワークロードよりも多いのだ。 6秒ごとに、1つの VM がディプロイされていく。 そして、ディプロイされた全ての VM の数は、2000万以上に達しているのだ。  

Assuming that most of those are running atop some version of VMware’s hypervisor, there’s a lot of reason to care what Maritz has to say about the future of the cloud. His company will have a major role in defining the transition from virtualization to cloud computing.

それらの大部分が、VMware ハイパーバイザーの各バージョン上で実行されるなら、Maritz が語るクラウドの未来は、傾聴すべきものとなる。 そして、仮想化からクラウド・コンピューティングへ向けた移行の定義で、VMware は主要な役割を受け持つだろう。

Maritz noted that there’s a lot of hype around the cloud, even acknowledging that “We at vmworld are not immune to cloud fever,” but it’s more than just a fad, he said. Maritz thinks there are three very profound, and very real, forces driving the move to cloud computing: modernization of infrastructure; investment in new and renewed applications; and entirely new modes of end-user access.

Maritz は、クラウドの周辺に数多くの誇大宣伝があることを指摘し、「 VMworld に集まった私たちもクラウド熱に免疫がない」とさえ認めている。 しかし、単なる流行よりも、多くの事柄があるとも言う。 Maritz は、クラウド・コンピューティングへと向かう推進力について、きわめて深遠で現実的な、3つの事柄を考えている。それらは、インフラストラクチャの近代化であり、新規あるいは刷新されたアプリケーションへの投資であり、完全に新しいエンドユーザー・アクセス・モードのことである。

However, there’s a big difference between what drove the world to deploying 20 million VMs and what will drive it to modernize infrastructure even further with the cloud. Consolidation largely drove the move to virtualization, but applications and mobile devices will drive the move to cloud computing.

しかし、2000万の VM をディプロイしてきた推進力と、クラウドを見据えた近代的なインフラストラクチャをディプロイする推進力には、現実世界との距離感において、大きな隔たりがある。 仮想化への移行を、主として促進させたのはコンソリデーションである。 しかし、クラウド・コンピューティングへの移行をドライブするのは、アプリケーションとモバイル・デバイスになるだろう。

On the application front, Maritz looks to “canonical applications.” “When canonical applications change, that’s when you see really profound change [across the computing ecosystem],” Maritz said. He pointed to bookkeeping applications as indicative of the mainframe era, and to ERP, CRM and e-commerce as the defining applications of the client-server era.

そのようなアプリケーションの最優先項目として、 Maritz は「規範的アプリケーション」に目を向けている。 「規範的アプリケーションが変化するとき、ほんとうに深遠な変化が(コンピューティング・エコシステムの随所で)見えてくる」と、Maritz は言う。 彼は、メインフレーム時代の指標として経理アプリケーションを挙げ、また、クライアント・サーバ時代を特徴づけたアプリケーションとして、ERP/CRM/eCommerce を指摘した。

Real-time and high-scalability capabilities — both in terms of traffic and data — are driving the development of new applications. Being able to analyze data days after it’s generated, or to adapt to new traffic patterns within days, just isn’t good enough anymore. We can’t keep “putting lipstick around” current applications and expect them to meet these new demands, Maritz said.

リアルタイムとハイ・スケーラビリティの能力が、トラフィックとデータの観点において、新しいアプリケーションの開発を促進させている。 生成されたデータを数日内に分析することや、新しいトラフィック・パターンに数日内に順応することでは、もはや不十分である。 現在のアプリケーションに 「口紅をつけて」維持していくことや、新しい要求を充たしていくことには無理がある、と Maritz は言う。

How we write those applications also will be critical, because they’ll have to run on a variety of non-PC devices. We’re approaching the intersection of consumerization and next-generation enterprise IT, Maritz explained, which means that companies like VMware have to plan for very serious change. Running enterprise applications on consumer devices, especially of the mobile variety, is a big change.

それらのアプリケーションを記述していく方式も重要になる。なぜなら、それらのアプリケーションは、多様な非 PC デバイス上で動く必要があるからだ。 私たちは、コンシューマ化と次世代エンタープライズの IT 交差点へアプローチしており、また、VMware のような企業は、きわめて重大な変化に対して、きわめてシリアスに準備しなければならないと、Maritz は説明した。 エンタープライズ・アプリケーションを、コンシューマ・デバイス上で実行することが、とりわけ多様なモバイルで実行することが、大きい変化である。

They’ll have to embrace things such as HTML5 to enable cross-platform applications, and new programming frameworks to attract young developers that demand a simple, dynamic development experience. Companies will also have to figure out how to secure corporate data against the myriad threats that accompany employees downloading apps willy-nilly and operating often on unsecured (0r at least less-secured) networks. VMware CTO Steve Herrod actually will be highlighting VMware’s role in the mobile ecosystem at our Mobilize conference next month, and it’s safe to assume these will be among the topics he addresses.

たとえば、HTML5 のような、クロス・プラットフォームのアプリケーションと、新しいプログラミング・フレームワークを受け入れなければならないだろう。それにより、シンプルでダイナミックな開発エクスペリエンスを求める、若いデベロッパーたちを惹きつける。 企業サイドとしても、コーポレート・データを無数の脅威から守る方式について、理解しなければならないだろう。その時には、従業員によるアプリケーションのダウンロードを否応なく受け入れ、時には、セキュアとは思えない(少なくともセキュリティ・レベルが低い)ネットワーク接続が生じることになる。 VMware CTO である Steve Herrod は、来月に Gogaom が主催する Mobilize カンファレンスで、モバイル・エコシステムでの VMware の役割を強調し、彼が取り組むトピックにおいて、それらがセキュアだと推測するだろう。

Maritz, of course, thinks VMware has strong plays in all of these spaces — vSphere, Cloud Foundry, Horizon, the list does on — and he highlighted them. However, as my colleague Stacey Higginbotham pointed out while highlighting the key VMworld trends, VMworld isn’t alone in making this realization. It has major competition, including from companies like Microsoft that know both the enterprise and the consumer spaces very well.

もちろん Maritz は、それら全ての空間で VMware が力強く機能していると考え、また、vSphere/Cloud Foundry/Horizon といったラインアップを強調した。 しかし、私の同僚である Stacey Higginbotham が指摘するように、VMworld のキートレンドを強調しても、こうした変革は VMworld 単独で達成できるものではない。つまり、エンタープライズとコンシューマの領域で、広く認識されている Microsoft などと、大きな戦いを繰り広げなければならないのだ。

Every year at VMworld, Maritz highlights the movement toward cloud computing and how VMware is driving that migration. In large part, he’s right every time on the latter point. Now that almost everyone is on board with Maritz’s vision, though, I’m interested to see how long VMworld, and VMware in general, continues to drive the discussion around the future of IT.

VMworld では毎年、 クラウド。コンピューティングへ向けた移行と、それを促進する VMware を、Maritz が強調してきた。 大まかなところで、彼が指摘するポイントは、つねに正しい。 いまでは、ほとんどの人々が Maritz のビジョンに乗っているが、どれだけ長く VMworld と VMware が魅力的であり、また、未来の IT をめぐる論議を促進させるのか、その点に私は興味を覚える。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageこれと言って、VMware を贔屓するつもりはありませんが、Maritz の話を楽しみながら、未来の IT を想像するのは、とても楽しい事です。 Ray Ozzie が愛想を尽かして辞めてしまってからというもの、次のオピニオン・リーダ-は誰にと、すこし心配してしまいましたが、さすが Paul Maritz、たいしたものという感じです。引き続き、VMworld に注目していきたいです。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と Openstack
VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

 

%d bloggers like this: